青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「貴方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~貰う 貰う~ ~貰っ 貰っ~ ~貰った 貰った~ 貴下~ 貴公~ 貴女~ ~貴方
貴方~
貴族~ 貴様~ 貴殿~ 貴重~ ~買 買~ ~買い 買い~ ~買う 買う~

「貴方~」 7634, 73ppm, 1540位

▼ 貴方~ (1778, 23.3%)

25 ような 19 事を 18 やうな 14 ために 13 お心, ことを 12 お顔, 方で, 過去の 11 ように 10 お名前, お噂, 前に 9 心を, 方が 8 お話を, やうに, 手に 7 お手紙, お父様, 御意見 6 お傍, お口, 事だ, 所へ, 為に

5 [13件] ものです, 事は, 云ふ, 作品の, 傍に, 処へ, 口から, 御両親, 方に, 有仰る, 様に, 誤解です, 顔を

4 [18件] お仕事, お姿, お家の, お言葉, お身の上, 事ばかり, 前で, 御勝手, 御病気, 御都合, 手が, 方へ, 様な, 話を, 通るの, 顔が, 顔に, 顔は

3 [42件] お友達, お宅, お店, お手, お手柄, お書き, お気持, お考え, お蔭で, お話は, お身, お身体, お部屋, お頭, ところへ, 云う事, 人格を, 代りに, 仰言, 側に, 声を, 外に, 大事な, 奥さんに, 妻に, 実の, 家の, 幸福を, 御親切, 御話, 心の, 愛は, 手で, 方から, 本当の, 目が, 眼から, 眼は, 眼を, 胸に, 言葉は, 部屋へ

2 [136件] おつ, お世話に, お住居, お兄様, お出でに, お名, お国, お墓, お室, お家は, お居間, お差し図, お帰り, お志, お情け, お持ち, お父さんに, お父上, お癪, お目, お耳, お胸, お脇差, お腹は, お荷物, お話が, お電話, ことだ, ことは, ところでも, ところに, ところは, と同じ, は, やって, 下宿の, 事が, 事心配してる, 云う通り, 仰し, 仰しゃる所, 仰云, 位置を, 位隔てなくし, 作が, 作品が, 信仰に, 偉い所, 健康と, 健康の, 健康を, 傍が, 傍を, 優しい御, 先の, 処に, 前でございます, 前です, 叔父御, 噂を, 場合に, 声が, 奥さんという, 奥さんの, 妻じゃ, 姉さんは, 子に, 家に, 幻を, 座敷だ, 弟子に, 御人格, 御意思通り, 御手, 御父様, 御用の, 御迷惑, 御運, 心が, 心は, 心持を, 応募原稿は, 恋の, 想像も, 意見と, 愛情が, 手を, 手紙は, 手紙を, 折角の, 指一本でも, 教育と, 教訓に, 方にも, 方の, 方は, 本心を, 来るの, 此処へ, 為です, 為には, 為を, 物に, 独創である, 生命は, 番です, 病気を, 病院に, 目的は, 眼で, 眼に, 眼力には, 知らない間, 社会的地位や, 神に, 神の, 秘密を, 空骸に, 筆跡に, 罪は, 罰が, 考へ, 胸の, 脳髄の, 自由で, 自由に, 補助者の, 要ると, 言を, 計畫, 許へ, 足もとの, 跡を, 身に, 身体も, 頑固な

1 [971件 抜粋] あいまいでない, い, いいやう, いう事, いまの, いらっしゃるところ, うちに, おいでなさいました, おうち, おうはさ, おこのみ, おため, おっしゃること, おっしゃる意味, おみ足の, お世話には, お丹精, お人形さん, お作りに, お側に, お力で, お取り調べ, お同意, お声, お妹さん, お嫁入, お嬢さんを, お子さん方です, お家こんな, お家で, お家に, お家へも, お察し, お小さい, お少さい時分, お帰りなさる, お座敷へ, お役, お得, お心持, お手伝い, お払い, お挙げ, お母様の, お気に, お為, お父さんと, お父さんは, お生命, お穿き, お考, お考え違い, お職業, お腕前, お蔭ばかり, お見舞, お言, お詞, お話では, お説, お謡い, お足から, お身内, お辞, お選び, お門, お靴, お養父様, お髭, かえるまで, こういうお話, こったからって, ことたいがいの, ことに, こわい顔, ご迷惑, すきな, そのお, その内, その幸福, その美, その願い, それはね, ためじゃ, ためなら死ん, ためには, ための, ですか, とけえでも, とこへ, ところの, ところへまで, なさ, なさること, なら何, なんざ女に, はづば, はまるであて, は十, は商人道, は無理, ひがみだわ, まア其の, もってるもの, ものじゃ, もので, も察する, やさしい燃える, ようじゃあ, わきに, を直し, アルバムの, トランクの, ポケットの, 一九〇瓩説は, 一生の, 一番御, 一種の, 三分一も, 下駄が, 不器用な, 不実と, 両三日来, 乾分の, 事ぢや, 事に, 事計り思っ, 云いなりに, 云うよう, 云う所, 云う文芸, 云ったとおり, 云ふと, 云われる, 亡くなった父君準, 亢奮し, 人相を, 今の, 今日ある, 今迄, 仕事が, 仕事の, 仕事を, 仕業に, 代理で, 仮面さえ, 仰しゃった通り, 仰しゃるような, 仰やられるその, 仰云った憂鬱感, 仰有るとおり, 仲よしの, 伯母様です, 伯父さんに, 伯父御, 体に, 何です, 作を, 作品に, 作品も, 供の, 保証で, 借金の, 偏見が, 側の, 傍は, 傍へも, 優しいの, 兄さんで, 児だ, 其の大きな眼, 内に, 冬の, 出世でございます, 出世を, 分身な, 制作上の, 前じゃけれども, 前では, 前の, 前を, 力には, 勝ちは, 博大の, 友人と, 友達と, 叔父さんの, 叔父さん貴方高輪田長三根西夫妻夫から, 叔父上の, 叔父朝夫君に, 叔父様の, 口は, 古い古い一千年前, 号令が, 名刺を, 名前を, 名義を, 名誉心の, 命から, 命令に, 唇を, 商売道具は, 問答を, 噂ばかり, 国を, 在らっしゃる, 地位も, 場合と, 墓と, 声でした, 声は, 変貌に, 変貌には, 夢中遊行から, 大嗜, 天才的技術で, 天才的頭脳によって, 天賦は, 夫は, 奥さんと, 奥さんを, 奥方の, 奧さまに, 女房じゃ, 奸策を, 好みから, 妹さんは, 妹御をと, 妻と, 妻にでも, 姉さんが, 姉弟中で, 姿が, 姿を, 娘に, 嫌ひ, 子等の, 学んだパリ, 宗教は, 宝物の, 家, 家だけ, 家へ, 家宅の, 家庭は, 宿舍YWCAを, 寝台の, 対話が, 尋ねて, 小さかった, 小さな跫音, 小説が, 居るの, 嵌口令, 巧妙な, 常にから, 幸ひでない, 幻で, 幻影という, 店子で, 引負は, 弟御, 強情に, 形が, 影法師を, 役では, 待って, 御かえり, 御一身, 御令閨, 御作を, 御先祖, 御冗談, 御出懸け, 御助け, 御勝手ぢ, 御召つかいでございます, 御名誉, 御噂, 御声, 御好意, 御婚礼, 御子息ぢ, 御学問, 御定紋, 御室, 御家来, 御宿, 御心中, 御思案, 御恩, 御惠, 御意見通り, 御手許まで, 御推察, 御教導, 御本, 御様子, 御機嫌, 御母さん, 御注意, 御為, 御父さま, 御生活, 御発意, 御耳, 御製作, 御言葉, 御記憶, 御説どおり, 御身御, 御難儀大概, 心に, 心中奥深く, 心境は, 心持とが, 心持は, 心配もさう, 志を, 怒りは, 思う圖書, 思つてる, 思召は, 思召をもちまして, 性命を, 恩惠を, 息子さんの, 悔悟僕は, 悪い処, 悪知恵だった, 情けが, 意に, 意志でなかった, 意見は, 意見如何云々, 愛する女, 懐中から, 懐中に, 所の, 所持の, 所為でございます, 所要の, 手の, 手代で, 手生の, 手際を, 披露も, 持って, 指を, 捜さなければ, 接吻で, 推量では, 新聞を, 方でも, 方には, 方へばかり, 方針も, 旦那に, 暮しぶりを, 書類を, 有だ, 有為な, 朋友ぢや, 望む通り, 未来が, 末の, 来た時私, 棲んで, 様なる, 様子も, 樣に, 権利が, 死を, 母親だった, 気に入ったん, 気分が, 気持ちを, 汕頭での, 洋服よ, 消息を, 深い実は, 準備行為を, 為すべき所, 為ばかりを, 為めを, 爪先へ, 父上さんよりは, 物か, 物も, 特殊な, 独創な, 率いて, 理想の, 生きて, 生きる死ぬに, 生存説が, 生活は, 生長を, 異常な, 病気です, 癇癪声さえ, 白絣の, 目に, 直感が, 眼の, 眼鏡を, 着物は, 知らないうち, 研究材料である, 祖先荏柄平太様とは, 禿げ振り, 空骸は, 立場に, 立派な, 筆鋒には, 約束は, 線かしら, 考えを, 聴覚に, 肉体でなく, 胤を, 胸を, 胸中も, 脳裡に, 腕が, 腕時計嗤って, 自由です, 自白以外に, 荷物って, 華魁ね, 處は, 虹も, 行く先, 行方が, 行為に対して, 衒学さに, 袂の, 襲撃された, 見られた第, 言う事, 言ひ, 言ふこ, 言れる, 言葉に, 言葉を, 計画, 計算に, 許かも, 許に, 許を, 証書通り私の, 評判がい, 詩を, 詩才は, 話したい事, 誤信を, 説に, 読んだの, 請いに, 證書通り私の, 豊な, 財は, 責任では, 貴方は, 貸して, 質問よりも, 赴任された, 足に, 跡目相続を, 身には, 身の上だけは, 身の上を, 身体では, 身体は, 身辺には, 身體にも, 躯に, 迂闊屋さんには, 述べる一句一句, 送つて, 過ちゆえ私は, 遠い御, 遺品を, 部下が, 都合に, 重大な, 間違いです, 闡明を, 阿爺さん, 随意の, 電話で, 面形の, 面影は, 頭で, 頭は, 顔さ書いてる, 飛行機は, 香水が, 體の, 鳩尾辺へ

▼ 貴方~ (1484, 19.4%)

22 私を 17 私の 10 何を 9 それを, 此の 6 私が, 私と 5 今まで, 御自分, 私に, 誰です, 貴方の 4 あたしの, それが, そんなこと, どなたです, 何う, 何か, 何です, 妾の

3 [18件] 中, 人間の, 今から, 他の, 何の, 何も, 失礼ながら, 女の, 妾を, 少しも, 本統に, 正直な, 男だ, 秀子を, 自分の, 誰方です, 貴方で, 酒のみ

2 [77件] あの中, あの方, いつまで, いまの, おえらい, お宅, お幼少時分, お腹が, きつと, そこで, そちらを, そのよう, その中, それで, それに, どうして御存じ, どこから, どなた様で, なにか, ほんとうに, また亢奮, まだ御存じ, もう私, よくお, 一生涯誰にも, 今の, 今夜は, 何うし, 何にも, 何んで, 何んにも, 何位財産を, 何処に, 何方から, 何時にか, 余ほど, 信じなさらんと, 僕の, 八重垣町の, 又亢奮, 国老だ, 妙な, 寐て, 小夜子さんとは, 平岡を, 御存じでしょう, 御存じない, 御父さん, 思想家で, 悪口は, 憎いと, 探偵し, 書いて, 書生時代よりも, 最早一遍, 朝から, 本当の, 気が, 永く御, 派手な, 然う, 熊吉を, 生きて, 生活と, 白昼公然, 知識の, 秀子の, 私共の, 立派な, 立派に, 羨ましいのね, 自分で, 苦痛を, 蕪木も, 誰方でした, 零して, 高岡の

1 [1140件 抜粋] あたしが, あなたが, あのはた, あのやう, あのテーブル, あの不審, あの人達, あの初めて, あの嬢, あの小, あの所業, あの時, あの時計, あの標本室, あの渡辺さん, あの特一号室, あの瑞西, あの駆逐艦, あまり愉快, あれと, あんなに強く頼もしく, あんなの, いかが, いきなりこの, いじめられッ子, いったいなに, いつもソンナ問題, いつも重厚, いまその, いまでも, いま糸と, おあがりなさい, おそらく, お一方, お兄さん, お剣術, お天気屋, お嬢様の, お慈悲, お手紙, お母さんに, お泣き, お知りなさるまい, お若い, お薬, お言ひで, お身内, お連様, お邸, かなしい人, きっとお笑い, きっと一度, きっと面, くどいん, こういうミニヨン, こう尋ね, ここへ, こっそり赤い, このどちら, この上, この手紙, この病棟, この私, この袋一つ, この道場, この頃大変風流, これからどうする, これから十年, これから男ざかり, これへ, これを, こんなとこ, こんな処, こんな方, ご存知なかっ, さうし, さぞ殉教的, じきにそんな, すこし静か, すでに葛木さん, すべてを, そうお, そうして御, そうは, そう感, そう考え, そねえ, そのこと, その光景, その場, その娘, その実験, その手, その殺害方法, その解放治療場内, その風精, それだ, それでも男子, それ等の, そんなにまあ唐天竺, そんなにも, そんなに恐れなさる, そんなもの, そんな人, そんな本, そんな頭髪, たぶんその, だらしが, ちっとも紅く, でもほんとにまだ, どうか, どうかやすん, どうしたら, どうしてここ, どうしてもう少し私, どうしてもその, どうしても妾, どうして養生所, どうせ妾, どうなさいます, どう解釈, どこへ, どちらから, どなたさんで, どのやう, どんなにお, なぜあたし, なぜ大将, なにを, のんきです, まあ, まさか私, また何だ, まだ人, まだ日本, まだ私, まるで代言人, まるで相手, まア何, もう, もうお, もうドクトル, もう御, もう知っ, もう覚え, もって, もっともっと才能, もつと, やっと二つ, やっぱり貴方, やはり七十郎, ゆっくりお, よい時代, よく似, よく御存じ, よく覺, よろこんで, わざと私, アノ那の, ア・プリオリから, ウヰルソン君が, エーテルや, クリヴォフ夫人を, シュテッヘの, スクルージさんで, スペイン語が, ソンナ性格の, トテモ幸運な, ハニッシュの, ボルシェヴィキを, ユリが, レヴェンスチイムの, 一つの, 一ノ関の, 一体何者, 一体年齢が, 一図に, 一度緒, 一生懸命貴方の, 一體何處へ, 七日目毎に, 万能の, 三度目に, 下半身不随, 不徳なる, 不断から, 世界の, 両手を, 了簡ぢや, 二十日を, 二度目の, 云われたでしょう, 人形の, 人間, 今が, 今に, 今何か, 今夜, 今女中無し, 今日われわれ全体を, 今日曲馬を, 今日無用の, 今朝の, 今自分, 仕合わせな, 他所を, 仲, 体が, 何かしら, 何ぞの, 何だって, 何でございます, 何と, 何と思ひます, 何ぼ, 何んかて, 何んです, 何事も, 何処へ, 何処迄, 何故そう好奇, 何故わたくし, 何故何うに, 何故鹿子, 何方まで, 何日も, 何時までも, 何様で御座います, 何處へ, 余りに怨, 余り邪慳, 信じないん, 偉いお方, 健筆家でいらっしゃる, 兄上, 先刻食事係の, 先生の, 全く計画, 其の声, 其の条件, 其の頭髪, 其を, 写真を, 决し, 分らないと, 初めから, 別々に, 別に荷物, 別室に, 到底捉えられず, 到頭企んだ, 前後不覚だった, 勤を, 千駄木の, 南国の, 厭で, 又そんな, 又皮肉, 反対の, 可哀, 右策とは, 名主だ, 向島の, 唯邪魔, 善くなれます, 喫驚なさる, 嗤われます, 団員では, 園長が, 地方の, 堅過ぎる, 墓すきな, 変って, 変りましたね, 外科医な, 夢を, 大変な, 大方目が, 大橋文右衞門樣と, 天才的な, 夫程, 失禮ながら, 奥さんや, 奥山大学を, 女だけを, 好い時代, 如何したら, 妙に, 妾ばかりじゃ, 姉に, 始終私, 嫌な, 孔夫子に対して, 学校へ, 宇宙の, 定めし満足, 実にお, 実に現金, 家の, 富山を, 小さいいい妹, 小熊といふ, 少数の, 尽力しよう, 屍体を, 屹度私を, 左様考へ, 巧みに, 帆村氏かと, 幕切の, 年寄りだ, 幽霊塔に, 弁護士じゃ, 弾丸が, 当然私, 彼に, 彼等が, 御ふるえ, 御主人, 御仕事, 御子息さん, 御存じで, 御存じね, 御客様, 御法令一点張り, 御相, 御迷惑, 心外だ, 心臓が, 志津子が, 怎んな, 思ってる人, 急に, 恐しい殺生戒, 悪いお父さん, 意地が, 感心です, 慌てもの, 成程, 手が, 担がないでも, 掘つて, 描く絵, 救われるの, 教えて, 文科へ, 斯う, 新富町へ, 新聞記者さん, 日頃の, 明日にも, 明朝の, 昨夜妾を, 昨日の, 是から, 普通の, 書物を, 最後の, 最早そんなにおなり, 未嘗て, 本堂へ, 本当にそんな, 本当に呆れる, 本当に臆病, 本當, 来て, 東京です, 東京は, 東儀様で, 松山を, 森虎造の, 楽屋の, 機関車を, 欺かれたの, 此処に, 此地へ, 此家の, 此處で, 此頃荒ん, 死んだこと, 死んで, 殴り返さないでしょうからね, 段々私, 毎も, 気でも, 氣が, 水の, 氷滑りを, 決して怒らない, 沢山召, 油断の, 法王から, 津多子を, 浅草海苔とか, 深夜の, 瀧川様の, 無事に, 無口な, 父の, 片倉どのより, 牢を, 狭山さんでしょう, 猶だ, 現在より, 甚蔵が, 生物学と, 男らしくない, 画家に, 病気な, 白い浴衣, 皮肉を, 盡力仕, 直ぐに, 相当の, 真に秀子, 真逆, 矢崎さんです, 矢張り儲かる, 知って, 知らないと, 石炭焚き, 確かに, 神の, 神幸といふ, 秀子が, 私という, 私な, 私共に, 私達の, 秋子さんを, 窃に, 算盤を, 細心の, 紳士だった, 結婚しない, 絵画上の, 綺麗だった, 綺麗な, 罪の, 美女ヶ原に, 考える事, 聞いて, 腎虚な, 自働手記, 自由に, 艇を, 芸妓と, 芸術家です, 若いやう, 苦労する, 蔵の, 虎なんかと, 行つてらつ, 被仰るでせう, 見て, 見物し, 言つと, 許して, 読者の, 誰に, 誰の, 誰方さまで, 謡曲が, 豪気です, 貴方が, 貴方わたしは, 貴方御, 起きなすつた, 足利は, 躾が, 近眼だ, 近頃余つ, 途中から, 遊びに, 達雄さんに, 遣る気, 那樣哲學は, 酒を, 酔つていらつ, 醉つていらつ, 重い顔色, 長い事外国, 長い月日, 間有る, 随分お, 随分馬鹿, 隠居でも, 露西亜には, 音響振動によって, 頻りと, 頼りに, 顔を, 飛道具を, 餘まり爺, 饒舌りすぎる, 騎士の, 高代という, 髭が, 鳥取じゃ, 鼻高々と

▼ 貴方~ (946, 12.4%)

24 たが 10 私の 8 私に 7 たと, 此の 6 お出, それを 5 一ノ関の, 妾を 4 何の, 私を 3 お出でに, お帰り, ここへ, たから, 一人で, 僕に, 好きだ, 持って

2 [64件] あの方, あんまり私, おいでに, お亡くなり遊ばした, お生れ, お考え, これまで, すきです, そのこと, その気, それほどに, たお, たでも, たばかりでは, たよりも, た文学者, た自身, どうして義務, どれ丈け, 中風にでも, 今にも御, 今日まで, 今述べられた, 何も, 何故私, 余り目覚しい, 余計な, 先に, 兵隊さんに, 其の人, 其処に, 助けて, 又馬鹿, 奥さんを, 女から, 好きな, 始から, 幾何仰し, 彼の, 御存じの, 御得心, 御承知, 御結婚, 御自分, 御自身, 必要だ, 忌でございます, 来たの, 来て, 泣くべさ, 然う, 矢つ, 秀子に, 秀子を, 精神病者である, 結婚し, 能く, 若しお, 苦痛を, 茲へ, 親御に, 解悟だの, 風呂に, 飽きて

1 [708件 抜粋] ああいう, あたしの, あのお嬢さんたち, あの保険会社, あまり有平糖, ある工藝品, あんな玩具, いかに苦心, いくらどなった, いたとき, いちばん御機嫌の, いて, いま乱暴し, いやだ, いらして, いらっしゃらない方, いらっしゃるん, いらつし, いるからよ, うんと立, おいそれと最初, おっしゃいます通り, おっしゃること, おりるん, おわらい, お伴れなすつ, お入れ, お出させ, お出でなすっ, お出で遊ばし, お出向, お友達, お困りでせう, お嫌, お宅, お幼, お引受け, お役, お忘れ, お思ひなさるなら, お慕いなさる, お手紙, お抱き, お望み, お望みなさる, お瀧さん, お父様, お目, お示し, お穿き, お考え違い, お聞き, お裁縫姿, お見え, お解り, お話しなす, お誂えだ, お買い取り成さる, お賤さん, お選び, お飽き, かう云, ここで, ここに, この事件, この先, この子, この室, この家, この手紙, この方, この書物, この解放治療場, この赤松, これまでに, これを, こんないたずら, こんな人, ごらんに, ご無事, ご自分, さうし, さうなれ, さう言つて, さう酷く, さもさ, じいっと目, すきだ, すでに長岡家, せか, そういう困難, そうやっ, そう云っ, そう熱心, そう頑固, そのお, そのつもり, その一冊, その傍, その勝山さん, その岩, その弟, その御, その深刻不可思議, その為, それが, それくらいの, それ迄に, そんなにお, そんなにし, そんなに念, そんなに昂奮, そんな気ぢ, そんな破滅, そんな軽率, たがいらっしゃればこそ, たくらいの, たといっしょ, たと同じ, た主人, た何, た御, た時代, た羽田, だまって, ちゃんと始末, ついて, とめて, どういう態度, どうしてもお, どうしても私, どうだ, どこかに, どんなお, なにか疑念, なにを, なれ, なんでしたなら, まあ能う考へ, また下手, まだお, もう一度ライン河, もう起き, もしごらん, もし幸, もし私, もし辛抱づよく, もっと早く, やって, ゆけば, よほど大胆, わざと平凡, わたしを, アノ女を, アノ室へ, アノ様に, エトナ火山の, オドワカル殺しの, サンタルシアが, ズット以前から, ポオを, モヨ子さんと, 一つ, 一人占めに, 一寸好い, 一方の, 一日裸体で, 一杯余分, 一番怖, 一緒に, 一軒の, 七分私が, 三好ばかり, 下総へ, 不快に, 不本意, 世に有る, 世間へ, 中座された, 丸部道九郎さんです, 久しくお, 乗って, 了簡で, 予定どおり帰国なさる, 二十年前に, 二度目に, 云ふんなら, 云われる津多子夫人, 亢奮し, 人殺しを, 今の, 今御覧, 今日に, 今日の, 今朝この, 今朝美保子さんの, 仏印で, 仮りに, 仰しゃったとおりに, 仰云ろう, 仰有ること, 仰有る事, 伊香保から, 伊香保で, 会うと, 伝来の, 住んで, 何う, 何でございますなら, 何と, 何とか些, 何人にも, 何処へ, 何處かの, 何處へ, 余り片意地, 例証に, 例證に, 側に, 催眠中お母様の, 僕の, 元より, 兄だ, 入らつし, 全印度, 其旦那に, 其爲に, 其程苦しい, 再三打, 冗談を, 出てずぷりと, 出れば, 到底此, 制止し, 剣術が, 加野さんに, 労役に, 勘当され, 勞役に, 包を, 医学生だ, 半信半疑と, 半蔵, 厭だったら, 去年の, 口で, 口笛で, 只今にも, 召上った, 可愛いのよ, 可愛くて, 向うに, 命を, 喫驚する, 嘘を, 噂される, 堪忍し, 塔婆を, 壁の, 夜遅く, 夢うつつの, 大事な, 大変すきです, 大変すきな, 大好きだ, 大学に, 奏任待遇と, 奥向の, 奥様で, 好いとも, 好きだった, 好きです, 好きに, 妊娠させ, 妾なんぞに, 妾に, 娘に, 孔夫子よりも, 安全に, 家が, 家出を, 寺を, 小さくて, 少からぬ, 少しずつ, 居ないと, 居らっしゃるから, 居るなんかは, 屹度殺した, 左様云つて, 帰ってからに, 幇助した, 平常お母様, 弁償なさらう, 引き取るに, 引受けて, 弟を, 当時汽車の, 当然帰らね, 当面の, 後に, 後見に, 得たり, 御不承知, 御主人, 御入院, 御勘当, 御存じなら, 御心配, 御用心, 御看病疲れ, 御立成れた, 御覧なさった, 御覧に, 御話しなすった, 御迷惑, 御逗留, 心さみしく, 必ず使命, 忌な, 忌に, 忠言者と, 思い違いを, 思うよう, 思召す通を, 急に, 恋しくつて, 恋しくなり, 恋を, 息が, 悪いから, 悪くて, 悪戯を, 情けを, 愛想が, 感じられないなんて, 慰労を, 戀しく, 所持する, 投げて, 抱き留めて, 拒絶する, 拿捕された, 持つて, 指し示して, 掏賊でも, 掛けて, 探し求めて, 操縦し, 改心し, 斯うし, 新生涯, 日本に, 昔の, 昨晩, 昼寝してるだらう, 晝寢してるだらう, 最も適任者, 最初に, 最初の, 有仰つ, 本人を, 本心を, 本統に, 本野という, 来しっても, 来たん, 松明から, 楽しんで, 権田時介へ, 横合いから, 横浜から, 正しく私, 正木先生の, 此事の, 此処で, 此処に, 此方の, 此道を, 歸つた其跡に, 死について, 死ぬなら私, 死刑を, 殘念が, 殺される番, 殺したの, 殺って, 水を, 水臭いからさ, 泣きながら, 泳返し, 流人村の, 涙を, 湯に, 満足なさる, 演奏家である, 爾までに, 狆を, 独身で, 狭山様に, 猟った, 現にそれ, 琵琶の, 生命を, 番頭に, 疑い深くとも, 病院を, 療治を, 発明した, 白鷹先生に, 盗賊を, 真実なら, 眠られぬ夜, 知らないとは, 知るわけ, 確かな, 福岡を, 秀子と, 私から, 私と, 私ツ許へ, 私位居たら, 穴掘, 立ち聞きの, 立派な, 童謡と, 端の, 算出した, 算哲博士の, 紙谷伸子と, 素性も, 紳士らしくない, 結婚なさる, 絶えずお, 総てを, 總てを, 美しいから, 美紅姫の, 聴かんと, 臨済か, 自から, 自ら作せる, 自分の, 若し孤児, 若し私, 若様なれ, 苦しまれた事, 英国大使館の, 茶の間へ, 萬事宜しく, 藤村の, 行った敷物, 行って, 被來ら, 要求した, 見せて, 見逃して, 親友親友って, 親爺の, 角右衞門さんです, 言い立てたと, 言うほど, 言つ, 計畫, 計算せられた, 訪ねて, 設計図の, 訳を, 話したい事, 語つ, 謂われるよう, 警視庁で, 譯を, 貴方の, 貴方自身の, 買ってる程, 買つ, 賭け試合, 越えて, 越後様に, 身體の, 軍服を, 迷惑し, 迷惑する, 遅くお, 達者でいらっしゃらなけれ, 遠からず, 遭難の, 郊外の, 金え, 間を, 陰気臭くし, 隠れて, 隠居なされ, 電話を, 青木さんです, 音譜を, 顔色を, 飛び込んで, 髪を

▼ 貴方~ (572, 7.5%)

11 お目 5 お眼 4 助けて, 気が 3 おわかり, お願, 代って, 何も, 向って, 少し話, 御相談, 折入っ, 話して, 読んで

2 [51件] お目にかかつて, お礼を, お話し, お頼み, お願いし, しても, それ程御, そんなこと, むくいた事, わかつて, 一から, 一つの, 上げたん, 不思議な, 休養を, 会って, 何返, 叱られましたわねえ, 向かって, 吩付けられた, 好いたの, 始めて, 家庭の, 少々お, 差上げて, 平和が, 強制は, 御伝え, 御厄介, 御目, 御話, 御迷惑, 必要な, 怪我でも, 惚れて, 愛想を, 打明けて, 承知し, 接吻を, 書いて, 残酷に, 汲んで, 背きは, 背きました, 裏切りは, 詫ま, 詫る, 話さないん, 話したい為, 逢い度, 限らず初めて

1 [416件] あった, あの毒薬, あるたった, うっかり見せられない, おたのみし, おっかけられた人, お一方, お任せする, お会い, お出でを, お別れ, お勧めする, お尋ねしよう, お弟子入り, お怪我, お手紙, お歳暮, お気の毒, お目にかかりそれから, お目にかかりたいって, お目にかかること, お知らせし, お知らせ致したい, お祖母さま, お聞き, お聞き申したい, お見せする, お詑びします, お詫びします, お話ししなけれ, お話した, お貸した, お費, お逢, お隠し, お頼みした, お頼みしたい, お頼み申せ, お願いが, お願いする, きせて, きょう, きらはれるの, くっついて, こうし, この号外, この私, この調査書類, この道場, こんな事, こんな手紙, こんな詩句, さげすまれるの, さし上げて, さわりましょうから, さわると, したところ, しちまったのよ, して, しろ爾, しろ私, ぜひ教え, そうし, そう打ち明けなけれ, そそんな, その脅迫状, それから省吾さん, それに, それを, そんな事, そんな非道, だつて, だまって, ちゃんと解る, ついて行きたいと, つかまるでしょう, つたえないで, つたえるしか, つれなくする, とても重大, とびかかるところ, とんだ御, どうお, なって, なら何, なんかどう, なんでも, ぬけられちゃ, はた, ひきとって, ひき継がれて, まかして, まるで同情, めぐり合えないなら男, もちと, よろこばれたいでしょう, よろこばれたいと, よろしくとの, わからない事, わかりますか, わざわざ来, ホテル経営の, ワザ, 一つお, 一人お, 一寸岡惚れでしょう, 一度あの, 一度お, 一生涯喰える, 一言お, 万一の, 上げたいと, 上げたの, 上げますよ, 上げる事, 不機嫌, 与うるから, 云いたいの, 云いましょう, 云うの, 云ひませう, 云ふ, 云われたいろいろ, 些と, 人望が, 仄めかしたの, 今お, 今心を, 仕えて, 仕た事, 代えて, 仰って, 会いたがって, 会いに, 会うて, 会う興味, 会ったとき, 会ってから, 会は, 会ひ, 会ふ, 会へて, 会わなかったら私, 伺って, 伺つたら解るでせう, 伺ひたい事, 似て, 何か, 何が, 何と, 何を, 何処までも, 何所迄も, 保証し, 借りたい位, 充分責任, 八分は, 再會, 出来ること, 分らないの, 分りますまい, 分りませんか, 分るの, 分んなさる, 初めてお, 別れたあの, 刺客です, 助けられたの, 勘で, 勸める, 十両貸し, 十分な, 十年さきでも, 千疋ぐらい, 反して, 取っちゃ, 取って, 取っても, 取つて, 取つて奈何, 取り出させるの, 同じよう, 向うと, 向かいアノ通り, 向かっても, 向っていう, 向ってこそ, 向つて, 向つて手, 吸わして, 呉れるので, 味つて戴けない, 呼びかけて, 唾を, 喋れるの, 夫の, 奪われるだろうとは, 好事を, 好意を, 嫌われる様, 嫌味を, 安心し, 実を, 害を, 家を, 容し, 實を, 射殺され, 對し, 對する, 少しお, 少し伺い, 少し命令, 尽して, 左様打ち明けなけれ, 差しあげる最初, 差上げたいもの, 差上げたもの, 差上げた桟敷, 幸福が, 度々来, 当って, 当つて怪我, 彼の, 従いて, 従属を, 從屬を, 御内縁, 御執心, 御尋ね申したい, 御心配, 御恩返し, 御挨拶, 御氣, 御注意, 御縋り申し, 御苦労を, 御話し, 御話しました, 御願ひし, 御願ひ申し, 心からお, 心を, 忠告し, 怒らねば, 思いつかれたこと, 思わせまいとして, 恋して, 恋を, 恋着するだろう, 恥かしい, 恨まれたら此の世, 悉皆預け, 惚れてるのよ, 惚れてる訳ぢ, 惡い, 感じさせて, 感付かれない, 戴きました小鳥, 手を, 手紙が, 手紙を, 打かりまし, 打ち明けたくて, 打ち明けて, 托します斯, 投げ出して, 抗う事, 折り入って, 抜かれりゃア, 押掛けら, 指されて, 挑戦し, 捕まったので, 捧げて, 捨てられ其の, 授け給うたもの, 掛かって, 提供し, 提供します, 支配しつくされ, 改心し, 攻められて, 教えて, 教わった兵法, 敵いっこない, 敵ひつこない, 文句を, 料理方だ, 斬られて, 斬られるとも, 断るも, 映るかと, 是から, 是非とも, 書いたあの, 書かれたことぢ, 書き直しさせたと, 書き送らうと, 服ませる, 本を, 本音を, 来て, 案内し, 楽でも, 此の, 此処で, 死ぬの, 死んで, 殺されないよう犬, 殺されるの, 殺される覚, 殺される覚悟, 殺される訳, 気附かれる, 永久の, 決定し, 活殺の, 海の, 添遂げ, 渡して, 無理に, 焦れて, 甘えて, 生写し, 申し上げたうございます, 申し上げた霊性, 申上げ, 申上げね, 申上げよう, 申上げる, 申訳を, 疑いを, 相手を, 相談が, 眠らせて, 矢を, 知らせること, 示したに, 祈る, 私の, 突当りまして, 結婚し, 給仕し, 罪有り, 羽根は, 聞いて, 聞て, 能く, 脚色し, 腐れ付いて, 自分の, 自分を, 被入しつ, 見せたいもの, 見せたくないのよ, 見せられないほど, 見付けられたの, 見放されたら地獄, 解らなくったって, 言ふべき, 言残した, 訊いて, 訊き度, 訴えたという, 試されたいと, 話さない方, 話しかけたまえから, 話しかけて, 話したこと, 話したんで, 話した事, 話し度, 話を, 認められようと, 誨へて, 誨へらるる, 責めさいなまれること, 費わ, 賢者の, 赦された積, 近付く機会, 返して, 迫りわっ, 迷う様, 迷惑を, 送って, 送つて, 逢いてえという, 逢いに, 逢うまで, 逢えば, 逢って, 逢つた, 逢ふと直に, 逢わないほう, 進げる, 違いない, 違い無いでしょう, 違ひありません, 都合の, 金を, 間違いないです, 関係の, 限て, 電報した, 頂戴する, 頼まない, 頼んで, 願って, 食つてか, 養生くらい, 首ったけです, 首を, 骨の, 黙つて

▼ 貴方~ (324, 4.2%)

16 愛して 3 お欺, 殺して, 見損なって

2 [28件] お尋ねする, どうしました, 介抱し, 仕合せに, 信じて, 公然辱, 助けなきや, 呼んだの, 呼んで, 好いて, 安全に, 度外に, 御知り申し, 思って, 恐喝した, 愛する力, 抱いて, 探して, 欺いて, 瞞し, 社会的に, 私が, 私は, 罰する事, 自分の, 苦しめると, 讃めて, 選んだかと

1 [243件] あくまでも支持, あの人, あは, うっちゃらかして, おみかけした, お召しです, お呼び止めした, お呼び申した, お引き止めし, お引受け致しました, お愛し, お招き, お救い, お止め, お置き申したく, お見かけ, お見着け, かばって, こき使つて, ここから, ここへ, この家, この病院, この部屋, こんなに, しかく愛する, すうっと, そりたての, つかまえて, ですか, とっちゃった, とても怒, どうかし, どこまでも, なくしては, なんとかし, ばけもの, ば心中に, へこませるか, みて, もう一度小鳥, よく知, わるくは, タラシ込ん, 一つ思いっきり, 一人ぼっちに, 一人占めしてる, 不快に, 中心として, 主人に, 五十円で, 亡くさせたの, 伴侶伴侶と, 何日私が, 使ったけれど, 侠客と, 信じますよ, 信用し, 充分愛する, 入れないよう, 出してから, 初め代診会計それから, 初め代診會計其れ, 初め大概の, 別にどう為, 刺したの, 助け爾, 励ましたり, 勤人に, 包まうと, 又市, 友達みたいに, 取殺そうと, 取逃がされたの, 命の, 咎める者, 喪っては, 喫驚させる, 回診した, 困らせるなどと, 変装させる, 大事に, 天国に, 威かして, 嫉むで, 嫌いだ, 存じてを, 安心させる, 害しも, 密告する, 寐か, 射ては, 射てはと, 将軍家だ思う, 尋ねて, 導いて, 導き近づけて, 尾けて, 屋上庭園へ, 屋敷で, 帰さない事, 幸福に, 弔問の, 引きとめたの, 引っぱり出して, 弟あつかい, 当大学, 待って, 待つて, 御案内, 御養子, 心から好き, 思い出させました, 思ふ存分, 思ふ者, 怨み出し夫婦仲, 怨むですよ, 怨むばかり, 怨む怨み, 恐喝しよう, 恨まずには, 恨みる筋, 恨む訳, 恨んだの, 恨んでる, 悪くは, 愛しつづけて, 愛してなんか, 愛してを, 愛し続けて, 愛すお前, 愛する, 愛するからよ, 愛するよう, 愛する心, 愛する様, 愛する気持, 愛せぬなどと, 愛せるかも, 感じて, 慕って, 慰めて, 憎いひと, 憎み怒りましたが, 憎めるでしょうか, 手籠めに, 抱き上げて, 招待する, 捉えて, 捉へて, 捕縛します, 探したん, 探訪ね, 撃つの, 擇びはしませんよ, 斬るなんて, 斬るん, 斬る役, 本当に苦しめ, 棄てて, 棄てる気, 欺いたの, 欺す, 欺すまい, 此から, 此の, 殺さずには, 殺すという, 殺す事, 殺す訳, 求めても, 泣かすの, 深い深い夢中遊行状態, 深く強く愛すれ, 深く深く尊敬, 犯人が, 狂人と, 狩猟に, 理解し, 理解しつくし, 理解できる, 疎む心, 発見した, 相手取って, 相棒に, 真個に, 眺めること, 知って, 知ってると, 知つてから, 知らないで, 知らないん, 礼拝し, 称讃し, 突出すべ, 精神科学の, 絞首台上に, 絵描きぢや, 縛る必要, 置いて, 美しいと, 義理責に, 胸に, 自動車に, 苦しめに, 苦める, 萩原へ, 見せたいや, 見せて, 見たとたん, 見て, 見てから, 見ねえの, 見張って, 見送つて, 解いて, 訪ね貴方, 警察の, 護って, 責めるわけ, 賤しみ, 質に, 踏み付けに, 身請し, 車夫馬丁同, 車夫馬丁同様の, 迎に, 逃がす工夫, 連れて, 邪慳な, 酔わしたい貴方, 銃口の, 随分長い, 隣桟敷へ, 離して, 離しませんわ, 離れちゃった, 頼つてゐ, 頼みに, 頼んで, 飲みつぶさせて, 高空病に, 鳥だ

▼ 貴方~ (287, 3.8%)

10 私も 4 余っ程 3 そうお

2 [15件] あんな男, あんまり好かない, さう思つて, さぞ御, ですか, 一緒に, 人間が, 公明正大なら, 叔父様も, 御承知, 御散歩, 快くは, 相変らず, 知つてゐる, 覚えて

1 [240件] あの辺, あれ程, あんな家業, いつか被, いよいよご, いよいよ深く, いらつし, いろんな迷, うお, う好, う屋根, おつき合い, おやり, お仲間, お出でにな, お取り, お壮健, お婆さんに, お客様です, お小遣, お弾き, お掛合いてえ, お着替え, お祭り, お筆さん, お聴き, お若けり, お草臥, お諦め下さいまし, お非番, きっとあの, こういう処, ここへ, こころもとないので, この仲間, この女, この婆, この方法, この様, これから男, ごらんに, ご存じな, さっさと転向, しっかりし, しましょうね, すこし伊東, ぜひ一緒, そうせっせと通わない, そのぎりぎり, その新式, それぢや, それは, そんなに言, たいへんです, ついでに, どうぞそれでも, どこかへ, ひとつ鉱毒地へ, ふくまれて, ぶらぶらし, ほんとにお, まあ何, まえには, またアダ, みっともないよ, やって, やっぱりあんな, やっぱりこの, やっぱり恐怖組, やつぱり年寄は, やはりシュテッヘ, やはり私, よくし, よろこんで, アノ屋敷へ, バイロンの, 一つ御, 一つ科白の, 一切位肖, 一度お, 一度診, 一生懸命にねえ, 一生涯忘れない, 一通り見, 上りませんか, 下駄で, 亦あんまり體, 人から, 人間です, 今晩は, 今迄の, 仕樣, 以前は, 伝染らない, 余りな, 余り男らしく, 余程不思議, 余程頓馬, 倒れた, 借りて, 傳染らない, 元を, 先刻から, 勿論もう百合子, 十分に, 危険に, 口ほどには, 只今の, 可哀想です, 嘸かし御, 嘸御, 因果なれ, 国に, 変りましたな, 多分御存じ, 多助も, 夢を, 大変ね, 大志を, 大概に, 好きだ, 如何です, 姉に, 子は, 孤独な, 安き日, 定めし多く, 宜く心掛け, 実に困難, 少しつくっ, 屹度泣く, 帰つてご, 幸福でいらっしゃいます, 幻だ, 序に, 庶か, 彼処の, 彼処を, 往って, 従来の, 御いでやす, 御下りなさる, 御同藩, 御存, 御存じでしょう, 御存じの, 御存知の, 御安心, 御弁解, 御気付き, 御立派, 御自分, 御覽, 御読み, 御賛成, 御飯を, 復員の, 心得て, 心残が, 恟りなすったろう, 愈, 戦闘に, 戰鬪に, 折角中へ, 掴まつて, 故郷懐しゅう, 斧田さんも, 斯う, 旅の, 日出雄も, 早う帰つて下, 早く買物, 明日帰ります, 星ま, 是れ, 是非大島を, 是非来, 書いて, 最う半信半疑, 最う長居, 本艇を, 東京で, 東京の, 桜井さん贔負じゃ, 正い道, 此へ, 此処へ, 武士の, 気を, 水司又市を, 江戸児じゃあが, 泣いて, 泣かねえば, 注意なさい, 浮世が, 深山理学士は, 瀬川君を, 父を, 独逸人を, 田中で, 男子で, 男子の, 疲れてるだろうから, 痴情が, 相当に, 真の, 真剣を, 矢張お, 矢張お年を, 矢張り悪い, 矢張り権田さんの, 知ってるん, 知つていらつ, 知らないのに, 神経質の, 私の, 私みたいな, 私を, 秋蘭も, 絆や, 経過が, 罪な, 考え過ぎるん, 肯って, 臨時の, 草臥私も, 見つめる癖, 見て, 親孝行を, 貴方の, 長いもの, 間さん随分, 隨分執念深い, 頭が, 類焼の, 餘程頓馬ね, 馴染甲斐の, 驚いたで, 默つて被, 黙って

▼ 貴方がた~ (270, 3.5%)

14 のお 10 の心 5 の中 4 の前, の味方, の手, の方, の運命, の間, もこの, も信じ 3 はその, は人間

2 [54件] にはさぞ, には胸, に向う, に寄せる, に希いたい, に感じ, に感じる, に敬念, に献げ, に私, に話し掛けよう, に誘う, に謝, に近づく, に逢える, のよう, の御, の心持ち, の愛した, の旅, の歓楽, の淋し, の皮膚, の祖先, の罪, の自然, の苦しみ, の過去, の鼻, はかかる, はこの, はそれ, はとくと, は今, は今何, は私, は過去, は静か, への味方, への情愛, もお, もその, も日本化, も私, も血, も貴方, をかく, をまとも, を卑し, を同化, を想い, を想う, を朋友, を近い

1 [95件] にお, にかなり, にけが, にご, にでくわし, にない, にはちと, にはまだ, にはわかってる, には嬉しい, には是非必要, には法名, には特別, には迷惑, にもお, にゴルフ, に便利, に囁い, に密告, に比べ, に比べる, に課せられ, に逢え, のうち, のおちどか, のお世話, のこの, のする, のどちら, のほう, の不注意, の事務所, の先生, の力, の大, の成, の此処, の法律的審問, の法律眼, の父さん, の父親さん, の眼, の立身出世, の自動車以外, の褒めた, の見, の責任問題, の質問, は, はあの, はいい, はお出で, はここ, はそんな, はたぶん, はどう, はどんな, はまるで, はもう, はもっと, はわれわれ, はスエズ, はユーゴ, は何, は何者, は其の, は危ない, は多分, は失敬, は少し, は御存じ, は捜し, は易介, は本島, は看病, は結婚, は艇外, は越中, への挑戦状, もきっと, もほしい, もよく, も一所, も一束, も之, も僕, も大変, も誠に, を日本, を殺す, を狼狽, を疑っ, を祝福, を義士, を苦しめ

▼ 貴方~ (181, 2.4%)

11 一緒に 5 私との 4 あの六号室, 二人で, 私は 3 一処に, 云ふ, 御一緒, 私とが, 私とは, 私の

2 [19件] かう云, 一緒の, 三阪と, 両人で, 別れます, 別れる位, 同じだ, 同じよう, 呉羽さんの, 妾とが, 妾との, 妾とは, 平岡との, 握手した, 清水町に, 秀子とを, 結婚する, 話を, 酒を

1 [97件] あの令嬢, あの妹さん達, いうぐらいの, お兄様, お別れ, お喋りを, お打合せ, お母さんの, お許嫁, お話した, お顔付き, さし向い, したら何, したら死んでも, して, しても, でしたらうか, でしたろうか, ですか, どちらかが, どんな新, どんな関係, なぐられても, ふとしたこと, もっとも親しく, わたくしだけの, カルロ・ナイン嬢と, スレ違ったこと, ダンネベルグ夫人との, 一旦お, 一緒にな, 三好と, 二人だ, 二人っきりで, 二人ゐる, 二人人は, 云う侵入者, 云つても, 仲が, 住みたいン, 何んな, 別れたって, 別れる話, 刺しちが, 同じです, 同じ国, 同じ白蟻, 同棲し, 同様に, 同様の, 向い合って, 啀み, 喋って, 多助ばかり, 夫婦約束を, 奥様が, 妾の, 婚約した, 家中の, 己と, 御同道, 御約束, 新居を, 暮す女ぢ, 本省へ, 松谷秀子とが, 校長と, 此世で, 決闘する, 汽車に, 洋吉さんの, 申し不束, 盟約の, 知って, 秀子さんは, 秀子と, 秀子との, 秀子の, 私さ, 私と, 私に, 笠井との, 結婚し, 結婚した, 結婚したい, 結婚しました, 自分とは, 色々と, 言葉を, 談判を, 豊野の, 逃げよう, 遊べなくなるの, 違って, 邂逅した, 限ったこと, 離室の

▼ 貴方~ (150, 2.0%)

16 のお 11 の御 65 はお 3 がお, と私, にお 2 が御意, のこと, も他人

1 [97件] いい処, お珊, お置き遊ばせ, からのお, から宜しく, から離れ, があの, があんまり, がおいで, がお出で, がお越し, がここ, がその, が只今お湯, が御, が正面, が私, が象山先生, が途方, だから, でございますか, でございますから, では, で中村半次郎様, と何, なら取ついで, に, にお願い, にだけ打ち明けたい, には初孫, には後々, には追, に只, に対して御新造様, に差し上げる, に差上げ, に来, に楯突いた, に直接, に逢わぬ, の, のいらつ, のおみ足, のお気, のほか, のほのめき, の人相, の卓越, の変事, の小唄, の幻想, の御方様, の御用, の書き遺した, の為, の神速, の親御様, の記, の霊, の馬, はこれからどう, はすぐ, はどうか, はどうして, はどうぞ, は京浜国道, は何, は何ん, は前, は尾州家, は山浦内蔵助さま, は御, は殿様日頃, は私, は遂に, ばっかり, へかかっ, へ御, へ財宝, までのお, まるで野原, もお, も以後, も仰し, も直ぐ, も私, も老, も胃, をお, をこ, をたずね, をどこどこ, を始め, を思っ, を私, を罪, を背負いまする

▼ 貴方には~ (108, 1.4%)

2 かないません, 厭よ, 少くとも, 甚, 私が, 解らんの

1 [96件] あのひと, あれが, いまみたいな蒸れきった, おさらばです, おわかり, お内儀, お分り, お初に, お気の毒, お目, お秀さん, かなわない, かなわないところ, このわけ, これまで, ご存知が, すつかり参つち, そう見え, その区分, その未來, その未来, その答, それが, たしか三丁目, ただそう, どんな人, ないん, なにも, まだお, まだ定期的, むずかしいと, よく分らない, よく判つて貰, チャンと, トウトウわかった, 一言だ, 一言だって, 不必要, 云ったって, 云わぬ積り, 何も, 何んな, 偽りを, 全で, 其答は, 切つてお, 初めてお, 到頭時計, 勝算が, 又お, 命を, 困りますね, 変化の, 好かろう, 子供は, 安穏な, 察して, 少しも, 左様見え, 幸福だった, 幸福だつた, 従四位下の, 御わ, 御免下さい, 御想像, 復職の, 恥しいけれど, 悪いしらせ, 愛想が, 是が, 未だ之, 江戸表不案内と, 浮名が, 済まねえけれども, 済みませんが, 用が, 百足ちがいという, 續い, 考えられて, 聞えましたか, 芸術を, 苦痛に, 解らないで, 評価が, 誰よりも, 謝します, 負けです, 負けます, 貴方の, 軽蔑され, 逢つては, 関係の, 隠して, 面白くない, 頼まん初め, 飛んだ御

▼ 貴方から~ (71, 0.9%)

3 見れば 2 借りて, 直に御

1 [64件] いただいたハンカチーフ, いつまでも, お詫, かれこれ云, くれぐれもお詫び, そういう妄信, そんなに嫌, よう言う, よく兄さん, 一言教会へ, 下さる様, 云って, 云つ, 人形の, 伺って, 催促が, 先に, 先生に, 勝った方, 受けるには, 可然, 喜んで, 国手に, 堅い約束, 外国船の, 女に, 嫌はれ抜い, 安心の, 宜しゅう仰しゃっ, 島田へ, 帝国ホテルに, 幡江さんの, 御不審, 御依頼, 御挨拶, 御注意, 復讎され, 復讐され, 慥かに, 拒絶される, 教えられて, 本当の, 本音を, 来たの, 機嫌を, 氷の, 決して秀子, 法官諸君に, 澄子さんの, 私に, 私は, 聴き鵜飼邦太郎, 自分を, 視線を, 言って, 評せらる, 話して, 貰つて幸福だ, 贈物が, 返答を, 逃げられるでしょうか, 金を, 電話を, 頼んで

▼ 貴方~ (52, 0.7%)

2 厭でも

1 [50件] ひとりで, ひとりは, めしものが, 一つどう, 一人, 一人だけ, 一人で, 一人でない, 一人な, 一人の, 一人は, 一人よ, 一方は, 一盞, 世辞にでも, 互ぢや, 出かいなどと, 加減が, 国どこ, 堅くなすっ, 宅へ, 寒うございませう, 察し遊ばし, 屋敷だ, 屋敷と, 手を, 拝みなさるの, 持ち下さいますか, 控えなさいまし, 早くおいで, 月様の, 望の, 検べよ, 疑り遊ばすと, 疲れでございましょう, 癪には, 盃を, 目に, 米は, 米を, 美い, 義理堅い, 聞きなさいよ, 聴き下さいますか, 裏は, 見な, 詫は, 話しましょう, 酷いぢ, 静まりあそばせそれでは

▼ 貴方にも~ (48, 0.6%)

3 見て 2 お礼を, 御話

1 [41件] あるいや, いらっしゃいって, おわかり, お出で願う, お目, これは, すまないこと, ぜひ手伝っ, その場, そんなに感覚的, ちゃんと衣服, やはり分りません, 一度お, 一度見せ, 似合はんさすが, 似合わない大きな, 似合わない迂濶, 似合わねえ其様, 催眠薬を, 分る, 呆れて, 困りますな, 報告し, 宜しくつて言つて, 御心配, 御経験, 御自身, 悦ばれ自分, 想像し, 想像できる, 手伝って, 百合子にも, 直きお, 私にも, 種々お世話に, 美津さんにも, 言出し, 近々そんな, 逢へる, 都踊は, 関係が

▼ 貴方~ (36, 0.5%)

3 つてあの, つて何時か 2 つても, としたら

1 [26件] からお話, から云います, から包まず, から打明け, から申します, つてさう, つてずい分, つて余計な, つて入, つて其位な, つて同じ, つて好かない, つて思当る, つて生涯一人で, つて矢っ, つて私だつ, つて若い, つて誰も, つて鼻を, ということ, という事, とは云わぬ, と読者, ッて, 誰だ, 貴方だ

▼ 貴方~ (35, 0.5%)

8 自身の 2 冗談ばかり, 自身が

1 [23件] いそぎですか, 一所に, 一泊遊ばせ, 休みです, 得心で, 心あたりが, 心配には, 扶持を, 承知なら, 承諾なす, 気分でも, 気分は, 注文の, 無理と, 立腹は, 紋付を, 考えに, 自身だけで, 自身とを, 親切も, 迷惑で, 遠慮無く, 雜

▼ 貴方さま~ (31, 0.4%)

4 のお 2 よく御存じ

1 [25件] お一人, お内儀さん, が一決心, が帆村, こそ, ですか, とは気, にいたしまし, にこんな, にも御機嫌, に斬られ, のご, のため, のよう, の御, は, はどちら, は一体どう, は尾高, ばかりで, もお, もです, も其の, をお, をお尋ね

▼ 貴方~ (29, 0.4%)

2 愛想を

1 [27件] あげる手紙, おたより, お引渡し, お気の毒, お目, お詫びを, お譲り, 一週間に, 厚く御礼申上げ, 向って, 属して, 御内命, 御寄稿, 御恩, 御迷惑, 心底から, 打ちやしたと, 振り向きましたから, 申すの, 置て, 能く, 話して, 説明する, 請うの, 贈った物, 隠しだてし, 預けて

▼ 貴方~ (28, 0.4%)

3 うかして 2 うか, う云う, 考へてるだべさ

1 [19件] うかしましたか, うしたら, うです此癖, うなす, うなすった, うも何とも, う遊ばした, か好き, だと, ですか, の事, の病気, も心配, をそんなに, をなさり, を其樣なに考込むでゐらツ, を考へ, を言っ, を遊ばした

▼ 貴方だって~ (21, 0.3%)

1 [21件] ああそう, そうです, そう云う, その位, ふーむと, やっぱり蒼い, 何時か, 党員かも, 大切な, 小諸言葉が, 少しは, 後に, 御存じの, 生涯一人で, 着られるわ, 私と, 私どもと, 種々此方, 責任が, 間に合いませんから, 鼻を

▼ 貴方との~ (21, 0.3%)

7 間に 2 縁を

1 [12件] お話が, 境の, 婚約を, 御関係以外, 永くも, 生前の, 結婚の, 結婚問題は, 談話に, 談話において, 邂逅を, 面です

▼ 貴方~ (20, 0.3%)

2 と一緒

1 [18件] お給仕, が千世ちゃん, が悪く, だつて, と一, には稚, に御, のこと, のよう, の事, の大好き, の申, はあの, は疑わず, は眼, は見, を助ける, を甥

▼ 貴方に対して~ (17, 0.2%)

2 何か, 成功した, 責任が

1 [11件] このよう, 不忠な, 世界の, 充分恨み, 公開状の, 恥しかったり, 悪意を, 書く手紙, 法医学専門の, 申上げられません, 罪ならぬ

▼ 貴方より~ (15, 0.2%)

3 外に 2 他に, 私が 1 一寸は, 二つ上, 其条理御立被, 多くの, 御爺さん, 敝藩官長江御, 早く位牌, 餘つ

▼ 貴方一人~ (15, 0.2%)

3 に身 2 が手頼ぢ, で見なく 1 だ, でそういう, でも拙者一人, なん, の影, の超, は忘, を嫌つた

▼ 貴方自身~ (15, 0.2%)

2 は何

1 [13件] が壁, が手, でないでは, のお, のため, の心, の答弁, の靜, はどう, は所長さん, も心, も矢, よりも悲しい

▼ 貴方~ (15, 0.2%)

1 [15件] から聞い, が未だ, が気分, だってい, だっていいかげん, と一緒, にだって売っ, に却, の腹, の道, の顔, はその, は知らず, は貴方達, も案外

▼ 貴方~ (14, 0.2%)

1 [14件] から助け, と何, に再, に合せる, のお, のこと, のやう, の主張, の卒業, の喜悦, の目, の順番, も覚え, を御

▼ 貴方とは~ (13, 0.2%)

1 [13件] お話を, これから口, もう久しい, 今まで, 今日始め, 今迄, 信州以来の, 充分に, 全く違った, 別段に, 従来浸, 御相談, 親御の

▼ 貴方なら~ (13, 0.2%)

2 貴方なら

1 [11件] それを, ば博学ゆえ, ば喜ん, ば貸し, よく分るだろう, 何為こんな, 好いという, 御存じで, 御存知に, 怎ん, 決して抱き留め

▼ 貴方~ (13, 0.2%)

2 の御

1 [11件] が御, が此處, の爲, は, は殿樣日頃, は見上, へ御, もあ, もさう, も篤と, を罪

▼ 貴方こそ~ (12, 0.2%)

1 [12件] いつも此, お戻りなさる, お逃げなさい, からかって, さぞ御, ロマンチストで, 屁理窟ばかり, 強情です, 気楽じゃ, 気楽ぢや, 無理を, 貴方の

▼ 貴方これ~ (12, 0.2%)

1 [12件] じゃどうしても, とお, どうなさつた, はあの, はです, は何, ほしい, ほどの痛み, をお手本, を会社, を所持, 迄屹度どこ

▼ 貴方という~ (12, 0.2%)

2 ものを 1 こわくかけがえ, ものが, 人は, 字を, 存在は, 方が, 方には, 方の, 方は, 竪琴の

▼ 貴方ばかり~ (12, 0.2%)

2 では 1 じや, そうやっ, だ, でございますよ, です, でないお嬢様, なん, 殺しは, 目を, 酷い目

▼ 貴方その~ (11, 0.1%)

1 [11件] 人の, 品だけは, 御了簡, 指環を, 時なんぞは, 樵夫の, 欄干に, 潰島田に, 疵ほんとにもう, 病気と, 身態は

▼ 貴方~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつた, あつたらかう為る, あらうが, いて, すって, せう, 十三人目よ, 居らっしゃるん, 独立の, 獨立の, 貴方の

▼ 貴方どう~ (11, 0.1%)

1 [11件] あそばして, かなさり, しました, でございましょうつい少し, でございましょう土間, なさるおつもり, なさるの, なすったの, なすって, 云う訳, 云ふ

▼ 貴方この~ (10, 0.1%)

1 妓には, 妓は, 宇宙艇を, 押しづよい顔を, 節では, 花御, 頃ずっと, 頃どう, 頃の, 頃めっきり

▼ 貴方って~ (10, 0.1%)

2 云う方, 方は 1 きらいッ, とても俗, 云うひと, 人は, 変ったわね, 貴公子みたいよ

▼ 貴方への~ (10, 0.1%)

1 おたより, お世話の, フランネルね, 小包を, 手紙しか, 手紙を, 最初の, 熱中の, 申しわけな, 評価が

▼ 貴方それ~ (9, 0.1%)

2 は正気 1 から何, じゃア, だのに, は信心, をお, を悲しく, を露西亜的宿命論

▼ 貴方たち~ (9, 0.1%)

1 がユーゴ, だけが幸福, にお, の歓迎会, の部屋, は意地わる, は級長さん, も加盟, を私

▼ 貴方でした~ (9, 0.1%)

21 か昨夜お嬢様, か爾, ね, ねえ唯, の, よ, わたくし貴方だけは

▼ 貴方です~ (9, 0.1%)

21 かと怪訝顔, からどうして, から私, か大場医学士, か私, わ, 夫でこそ

▼ 貴方~ (9, 0.1%)

2 のです, んだ, んです 1 のでしょう, んで打った, ンか

▼ 貴方みたい~ (9, 0.1%)

2 な人 1 な可愛い, な呆れた利己主義者, に文明的, に正直, に男, に皆, に肥つて

▼ 貴方もう~ (9, 0.1%)

1 お帰り, お母さんの, たくさん上れ, わたくしの, 三十にも, 些と, 何歳に, 行ったの, 行つたの驚ろいた

▼ 貴方だけは~ (8, 0.1%)

2 お信じし, お信じできる 1 あの娘, 仕合せな, 椅子に, 真面目に

▼ 貴方以外~ (8, 0.1%)

2 に何 1 にです, にはありません, にはない, に好き, に恋人, の方々

▼ 貴方本当に~ (8, 0.1%)

1 お独身, この夏, 何処も, 偶には, 来て, 来ましたら篤, 私が, 貰って

▼ 貴方さえ~ (7, 0.1%)

2 承知し 1 しっかり後楯, よかったら, 成功し, 気に, 諾と

▼ 貴方そんな~ (7, 0.1%)

1 きたない浅っぽい考え, 事が, 事を, 御冗談, 怖い顔, 所へ, 頸の

▼ 貴方とも~ (7, 0.1%)

1 ある人, あろうお, いよいよ結婚, 口を, 思へないけど, 計画とも, 計畫

▼ 貴方に対する~ (7, 0.1%)

1 寸志と, 復讐だけは, 復讐は, 愛の, 愛着が, 無言の, 私その

▼ 貴方~ (7, 0.1%)

1 え昼間, ロミュアル, 二十二まで, 口癖の, 此方は, 疝癪で, 舞の

▼ 貴方まだ~ (7, 0.1%)

2 手の 1 あの事, 二十日も, 八里余でございます, 当分こちらに, 書くん

▼ 貴方あの~ (6, 0.1%)

1 事を, 仲間から, 女って, 屏風を, 座蒲團なんぞも, 男は

▼ 貴方でも~ (6, 0.1%)

2 御金 1 お母様でも, まだお, みのがして, 可けな

▼ 貴方にとって~ (6, 0.1%)

1 どういう方, 千円にも, 未知である, 突然である, 肉親の, 遺憾ない

▼ 貴方また~ (6, 0.1%)

2 其様な 1 その姉さん, 来たよ, 来て, 水戸の

▼ 貴方~ (6, 0.1%)

1 かて血, 他の, 叔父さんに, 奥様は, 日出雄少年を, 濃紅姫

▼ 貴方此方~ (6, 0.1%)

3 へお 1 は, へ入, を見

▼ 貴方そう~ (5, 0.1%)

1 仰しゃるが, 御立腹, 思って, 思ってる, 思召します

▼ 貴方~ (5, 0.1%)

2 や御座いませんです 1 やありません, やあるまい, やない

▼ 貴方では~ (5, 0.1%)

1 ないと, ない義兄, なしに, 分らねえから, 私を

▼ 貴方なんか~ (5, 0.1%)

1 きっとお, 思う通り, 森の, 治ったと, 生活の

▼ 貴方よりも~ (5, 0.1%)

2 高いもの 1 この仕事, もっとすき, 金と

▼ 貴方御存じ~ (5, 0.1%)

1 か知り, でございますか, ですか, ないけれども, の方

▼ 貴方~ (4, 0.1%)

1 え, 又は秀子, 私か, 私かが

▼ 貴方からも~ (4, 0.1%)

1 お口添え, 御願ひし, 能く, 若旦那さまへ

▼ 貴方だった~ (4, 0.1%)

2 のです 1 のか, ので

▼ 貴方なぞは~ (4, 0.1%)

1 どう思います, 仕事を, 御考, 苦ん

▼ 貴方はん~ (4, 0.1%)

1 に奢っ, のこと, また雷鳴, も御

▼ 貴方らしく~ (4, 0.1%)

1 てい, ていい, なくも, もない

▼ 貴方今日~ (4, 0.1%)

2 はどうか 1 どう遊ばした, は何

▼ 貴方御酒~ (4, 0.1%)

1 ばかり召上, をお, を召, を飲

▼ 貴方決して~ (4, 0.1%)

1 口外し, 嘘ぢや, 彼には, 私共が

▼ 貴方~ (4, 0.1%)

1 かを掴, か妾, にも有, に聞い

▼ 貴方あんな~ (3, 0.0%)

1 お使ひなん, 婆さんが, 心配を

▼ 貴方これから~ (3, 0.0%)

1 一時間ばかり, 何, 強く

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

21 う黙

▼ 貴方さん~ (3, 0.0%)

1 えろう済み, も御存じ, 少し留守居

▼ 貴方そんなに~ (3, 0.0%)

1 可恐, 私は, 離れて

▼ 貴方だけ~ (3, 0.0%)

2 です 1 ですぜ

▼ 貴方だっても~ (3, 0.0%)

1 まア松五郎さん, まア私, 左様でしょう

▼ 貴方といふ~ (3, 0.0%)

1 人が, 字を, 方は

▼ 貴方などは~ (3, 0.0%)

2 才智は 1 一度で

▼ 貴方なんぞに~ (3, 0.0%)

1 その犯人, 分らないも, 分るもの

▼ 貴方なんて~ (3, 0.0%)

2 生まれつきの 1 云いは

▼ 貴方ほどの~ (3, 0.0%)

2 方が 1 努力家は

▼ 貴方まで~ (3, 0.0%)

2 私を 1 お加減

▼ 貴方よく~ (3, 0.0%)

1 いらっしゃいましたね, 似合うのネ, 風邪を

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

1 とお, と御, と此方

▼ 貴方今夜~ (3, 0.0%)

2 も出懸ける 1 敷いて

▼ 貴方今度~ (3, 0.0%)

1 お帰, の土曜, の日曜位

▼ 貴方大変~ (3, 0.0%)

1 な者, にお, よ

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

1 で髪, の方, はどう

▼ 貴方子供~ (3, 0.0%)

1 の時分, の癖, はちっとも

▼ 貴方御免~ (3, 0.0%)

1 なさいましほほ, なさいよ, 遊ばして

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つたで

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

1 ですから, の処, の前

▼ 貴方~ (3, 0.0%)

1 の蚊帳, の雨, の鞄

▼ 貴方貴方~ (3, 0.0%)

1 が買, のその, ばかりです

▼ 貴方あたし~ (2, 0.0%)

1 の心, を恐く

▼ 貴方いま~ (2, 0.0%)

1 お買い, もネイヤ

▼ 貴方お腹~ (2, 0.0%)

1 がすいてた, が空きました

▼ 貴方お茶~ (2, 0.0%)

1 をお, を入れ

▼ 貴方お願い~ (2, 0.0%)

1 でございます, ですから

▼ 貴方からは~ (2, 0.0%)

1 なれては, 戴きません

▼ 貴方がた二人~ (2, 0.0%)

1 の心像, の方

▼ 貴方きつ~ (2, 0.0%)

1 と後, と迷惑

▼ 貴方ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものでしょう, 年の

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 や, や又

▼ 貴方じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありません, あるめ

▼ 貴方そっくり~ (2, 0.0%)

1 だったでございませんか, のあの

▼ 貴方それでは~ (2, 0.0%)

1 余りでございます, 余り尻腰

▼ 貴方だけには~ (2, 0.0%)

1 お教え, 左様さ素人に

▼ 貴方だつ~ (2, 0.0%)

1 てまだ, て実は

▼ 貴方だの~ (2, 0.0%)

2 貴方の

▼ 貴方ちょっと~ (2, 0.0%)

1 お待ちなすっ, 抱いて

▼ 貴方つてひと~ (2, 0.0%)

1 は, は心中

▼ 貴方つて云~ (2, 0.0%)

2 ふひと

▼ 貴方である~ (2, 0.0%)

1 か鵜飼邦太郎, ぐらいな

▼ 貴方でございます~ (2, 0.0%)

1 か, 日にゃ

▼ 貴方でしょう~ (2, 0.0%)

1 けど, 先代の

▼ 貴方でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば私

▼ 貴方で御座いました~ (2, 0.0%)

2

▼ 貴方とか~ (2, 0.0%)

1 そうじゃ, 仰言って

▼ 貴方とが~ (2, 0.0%)

1 私の, 結ばれる始め

▼ 貴方とても~ (2, 0.0%)

1 仔細に, 同じ事

▼ 貴方とに~ (2, 0.0%)

2 取つて

▼ 貴方どうして~ (2, 0.0%)

1 こんな処, 思い切れませんの

▼ 貴方どうも~ (2, 0.0%)

1 思掛けねえ, 蓮華班と

▼ 貴方どんな~ (2, 0.0%)

1 お仕事, 我儘を

▼ 貴方なさる~ (2, 0.0%)

2

▼ 貴方なぜ~ (2, 0.0%)

1 おじぎを, 早くやりませぬ

▼ 貴方なんぞ~ (2, 0.0%)

1 御覧なさらない, 栄養は

▼ 貴方にこそ~ (2, 0.0%)

1 あれほど, もっとも大きい

▼ 貴方にだけ~ (2, 0.0%)

1 云って, 申上げます

▼ 貴方にだけは~ (2, 0.0%)

1 信じて, 話して

▼ 貴方にでも~ (2, 0.0%)

1 そんな無茶, 秀子にでも

▼ 貴方に対しても~ (2, 0.0%)

1 妻らしい, 難題を

▼ 貴方はか~ (2, 0.0%)

2 はいさうだと

▼ 貴方はよ~ (2, 0.0%)

2 つく御

▼ 貴方ひとり~ (2, 0.0%)

1 のため, は死なさぬ

▼ 貴方ほんとに~ (2, 0.0%)

1 なさるん, 往つ

▼ 貴方まあ~ (2, 0.0%)

1 お羽織, 松茸なんぞよりは

▼ 貴方もっと~ (2, 0.0%)

1 私の, 立派な

▼ 貴方らしい~ (2, 0.0%)

1 と思, な

▼ 貴方一つ~ (2, 0.0%)

1 御読みなすっ, 頂かして

▼ 貴方一寸~ (2, 0.0%)

1 びらを, 起きて

▼ 貴方一箇~ (2, 0.0%)

1 のお, の悪縁ぢ

▼ 貴方二人~ (2, 0.0%)

1 が自分たち, に類似

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 までそんな, までのよう

▼ 貴方仮令~ (2, 0.0%)

1 当人の, 炭屋でも

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 のもん, の年恰好

▼ 貴方個人~ (2, 0.0%)

1 に宛て, のお父さん

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 の二十七年八年, へお

▼ 貴方其方~ (2, 0.0%)

1 からいらつ, へ往

▼ 貴方分ります~ (2, 0.0%)

2

▼ 貴方判りました~ (2, 0.0%)

2

▼ 貴方割合~ (2, 0.0%)

1 にうち気, に鈍い

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 体が, 入らっしゃい証拠

▼ 貴方吃驚~ (2, 0.0%)

2 いたしましたんで

▼ 貴方大事~ (2, 0.0%)

1 をお, を抱え

▼ 貴方好え~ (2, 0.0%)

2 物持つてるだ

▼ 貴方少々~ (2, 0.0%)

1 伺いたい儀, 御馳走に

▼ 貴方少し~ (2, 0.0%)

1 うと, お静まり遊ばせ

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 は二百石, は助かる

▼ 貴方御飯~ (2, 0.0%)

1 が食べられ, をお上ン

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 にかけて大切, のうち

▼ 貴方心配~ (2, 0.0%)

1 しねえが, はございません

▼ 貴方新しい~ (2, 0.0%)

2 足袋だ

▼ 貴方日向さん~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ 貴方日本~ (2, 0.0%)

1 の方, の楽器

▼ 貴方昨日町~ (2, 0.0%)

2 へ被

▼ 貴方本気~ (2, 0.0%)

1 ですか, で言っ

▼ 貴方様方~ (2, 0.0%)

1 のよう, も御

▼ 貴方無論~ (2, 0.0%)

1 暇で, 暇でしょう

▼ 貴方~ (2, 0.0%)

1 うでも, うなんですか

▼ 貴方真人間~ (2, 0.0%)

1 に成つ, に成損つた

▼ 貴方知っ~ (2, 0.0%)

1 てらっしゃらない, て居るだ

▼ 貴方若し~ (2, 0.0%)

1 其名前を, 困るならこれから

▼ 貴方随分~ (2, 0.0%)

1 暢気らしい, 苦労なす

▼1* [429件]

貴方あずかるといったの, 貴方あたしお願いがある, 貴方あちらはさぞ, 貴方あれは気違, 貴方あんまり何か, 貴方らしったの, 貴方いつもお変りも, 貴方いや冗談じゃ, 貴方いらっしゃッても, 貴方いらっしゃいませんか, 貴方おじぎの仕方, 貴方おりて下さい, 貴方お気になさる, 貴方お笑いなさいまし, 貴方お菓子はいかが, 貴方お蔭様で難, 貴方お金があります, 貴方かねての心, 貴方がた三人以外に足跡, 貴方がた四人の生地, 貴方がね毎晩私の, 貴方きいて居, 貴方くらいの身分なら, 貴方ここには, 貴方ここいらは皆狸, 貴方こそはこの世の中, 貴方こそも少し気, 貴方こちらへいらっし, 貴方こっちへいらっしゃい, 貴方こないだから昼間, 貴方この間の事, 貴方この間仏蘭西へ行こう, 貴方こんな大きな脚で, 貴方さえも無理に, 貴方さぞお骨, 貴方さばき髪で, 貴方さまゆえにお, 貴方さん許やと拍子木, 貴方ざくりと釘, 貴方しっかりして, 貴方しよつちゆう羽を, 貴方じき夏の仕度, 貴方ずっとお部屋, 貴方そうして上げて, 貴方そばから置き, 貴方そら尻を, 貴方そりゃ近頃の, 貴方それ七歳の時, 貴方男だ, 貴方たいへんだわ, 貴方だけが二年も, 貴方だけにしか解らないよう, 貴方だけの事は, 貴方だったでしょうし, 貴方だったらどんなにほんとに呪っ, 貴方つてとても俗, 貴方つて人は変, 貴方つて変つたわね, 貴方つて大変な方, 貴方つて貴公子みたいよ, 貴方であってもならず, 貴方であれかうして泣い, 貴方であろうが御, 貴方でございましたか, 貴方でございましょうが, 貴方でないことは, 貴方でなくちゃ駄目, 貴方で御座いますのね私敬服, 貴方としての感想いずれも, 貴方とてもやはりそうでしょう貴方, 貴方とても猶且然う, 貴方とばかりずウ, 貴方とへの万一の, 貴方とを結び付ける最後, 貴方と共に此の, 貴方どうか多助の, 貴方どうせ御飯前で, 貴方どうぞお楽, 貴方どちらへ入らつ, 貴方どんなに心配した, 貴方ないにきまっ, 貴方なしでは, 貴方なぞに御話, 貴方などが御覧にな, 貴方などの御説諭, 貴方なども今迄, 貴方なら貰いたいと云っ, 貴方なら貸そうというの, 貴方なり叔父様なり, 貴方なんかがそう読ん, 貴方なんかにわかるもん, 貴方なんぞも遣りそう, 貴方なんとか御考, 貴方にさえ保護されれ, 貴方について私は, 貴方についてのお話を, 貴方にとってもおそらくいい, 貴方にまでそっとお願い, 貴方にもをかしいで, 貴方にゃ敷かせないの, 貴方によって自分の, 貴方に対しての言ひ, 貴方に対しては誠に済みません, 貴方のねうちが, 貴方のみ力によって, 貴方はかまはんと謂, 貴方はじめ技手の鵜飼, 貴方はと申しますと, 貴方はとも角も, 貴方はなとそれ赫と, 貴方はまっていらっしゃる, 貴方はもの覚えが, 貴方はん梯子がお, 貴方ばかりは本当に正直, 貴方ばかりをたよりに, 貴方ひと思いに, 貴方へと差出す紙包, 貴方ほどよくそれ, 貴方ほれこれで, 貴方ほんとうにそう, 貴方ぽっくり死んだん, 貴方まかせというふう, 貴方まさかねえ, 貴方まるで花魁を, 貴方まア私から, 貴方むつちりした手, 貴方もか今井さん, 貴方もしお岩様, 貴方もとつくり思案, 貴方もねえ死んだ夫, 貴方ゆえに充分, 貴方ゆるして下さらない, 貴方ゆゑ私しで, 貴方うく脳膸, 貴方よもやお忘れ, 貴方よりは富山に, 貴方は手, 貴方わたくしだって人, 貴方わたしはわたし, 貴方をも新たに, 貴方知んな, 貴方アノ窓は普通, 貴方ア両方の手, 貴方ア切腹なさると, 貴方ア安田さまじゃありやせん, 貴方ア腰掛で居る, 貴方キネマスターで誰, 貴方ジェントルマンは毎朝プレス, 貴方ソノ何んでげす, 貴方ツきりゐないん, 貴方ホントにエチオピア, 貴方マアこうな, 貴方モデルになっ, 貴方ヨ待ちなさえ, 貴方一つ下すったお, 貴方一体先程から, 貴方一向判りよらなん, 貴方一所に, 貴方一昨日の暮方, 貴方一目見て, 貴方一眼惚れ, 貴方一緒に来, 貴方七日を済まし, 貴方けと云, 貴方三つに成ります, 貴方三味線きかせて, 貴方三月日には痩, 貴方三番のお客, 貴方上下の歯, 貴方上手なんぞへ連れ, 貴方串戯じゃありません, 貴方久しい間病気で, 貴方京都へ行つて, 貴方が善い, 貴方人間の頭, 貴方今何と有, 貴方今何処にいるだ, 貴方以前からお, 貴方仰云って頂戴, 貴方何しろ真暗だ, 貴方何だか真面目でいけない, 貴方何とお聞き遊ばし, 貴方何んですねえ, 貴方何処へいらっしゃいます, 貴方何卒筆がお, 貴方何故私から, 貴方何故そんなに無情なく, 貴方何方へ参りませう, 貴方何時までもそんな, 貴方何様なにも, 貴方の下駄, 貴方兄さんが裸, 貴方先ア御自身, 貴方先刻小供, 貴方先生に云っ, 貴方其の創を, 貴方に因っ, 貴方て来る, 貴方出かけませう此方の, 貴方切符を, 貴方到頭大島が, 貴方前川さんですか, 貴方前後が分らず, 貴方前田正名を知, 貴方劇剤を分, 貴方助かって居ます, 貴方勿体もない, 貴方をお, 貴方十五日は初, 貴方十人が九人, 貴方十時過ぎましたよ, 貴方卵焼を残し, 貴方参ったんだ, 貴方口惜くって, 貴方上らぬが, 貴方召上つてゐらしつた, 貴方うございますよ, 貴方可哀そうなマリーナ・イワーノヴナ, 貴方可笑しいでせう, 貴方同じ柄で, 貴方同様に手, 貴方名前まで分ります, 貴方善いたって金満家, 貴方喜んで下さい, 貴方をお, 貴方四五人入って, 貴方困るじゃア, 貴方地獄においで, 貴方坂井さんは矢, 貴方堪忍して, 貴方にお, 貴方變だ, 貴方大きくおなん, 貴方大抵の事, 貴方天井が危, 貴方天狗様の友だち, 貴方失礼ながら何で, 貴方奥さんを持たない, 貴方奥様は先刻, 貴方女中達の箸, 貴方好き好んで出, 貴方如何かなす, 貴方にお, 貴方の郷里, 貴方始めてです, 貴方姐さんに宜しく, 貴方にやった, 貴方嬰児はいらない, 貴方いでありませう, 貴方宜しゅうございますか, 貴方実に立派に, 貴方実はね私, 貴方寒いでせう, 貴方耋けて, 貴方対私といふ対個人関係, 貴方小説なんか読まない, 貴方小遣が入ります, 貴方だ所天, 貴方川留でございます, 貴方左様な事, 貴方差当り必要だつたら, 貴方巻莨の火, 貴方が年, 貴方幾日何十日お宅を明け, 貴方府中の鎮守様, 貴方度々の事, 貴方弥之さんでは, 貴方弥弥お別れ, 貴方当時また南新地, 貴方彼処に糸, 貴方彼奴だって私, 貴方待ってくんなせ, 貴方でお茶請, 貴方後生ですから, 貴方御新造にし, 貴方御用ならば, 貴方御苦労でしたな, 貴方怒っていらっしゃるでしょう, 貴方怒らずにきい, 貴方思ってる事と, 貴方思ふの, 貴方恍惚とお, 貴方恐入りますがもう少し, 貴方悔悟なすつた, 貴方愈々出家を, 貴方憚り様ですが, 貴方憚様ですが, 貴方憤つたくてゐ, 貴方を放し, 貴方手水を長く, 貴方打ちとけて下さらない, 貴方いて, 貴方持って行っ, 貴方探して来, 貴方文士だったら御免, 貴方斬るのは, 貴方斯んな顔, 貴方ダイヤの, 貴方の事, 貴方旦那が御, 貴方明前へ突, 貴方明日ね向山, 貴方はさぞ, 貴方昨晩も食ら, 貴方はです, 貴方時江だけが家族, 貴方なれバ公法, 貴方最う少し其方, 貴方月々送るもの, 貴方有難うございました, 貴方木暮武太夫へ菊五郎, 貴方本当の事, 貴方本郷台へか, 貴方来ましたよ, 貴方東京で購つた靴, 貴方梅園へいらし, 貴方様二人の者, 貴方様何か鍋, 貴方様勉強家でご, 貴方様左様な御, 貴方様水をフト失念, 貴方様見事に働きました, 貴方次第と聞, 貴方正直だから, 貴方此娘を貰っ, 貴方此市で何, 貴方此日本全國, 貴方此様な不釣合, 貴方此毛は実は, 貴方此犬を知, 貴方此私の心, 貴方此花御嫌, 貴方武士道の神, 貴方死ぬまで一人, 貴方死んだ師匠の, 貴方段々詮索つて見まする, 貴方に懸ける, 貴方法衣の袖, 貴方注射をしなく, 貴方浅草の寿座, 貴方がボロボロ, 貴方清川さんが行ら, 貴方滅多にはねえ, 貴方無理だと, 貴方思に, 貴方特有の強健, 貴方でで, 貴方をお, 貴方生き写しなの, 貴方生涯此家にいる, 貴方で無く, 貴方田舎出来で沢山, 貴方申しお供さんお気を, 貴方だから, 貴方男子の一分, 貴方男衆ばかりの処, 貴方異類異形のもの, 貴方病人を見殺し, 貴方でも起される, 貴方皿ア割っちゃ, 貴方真面目ぢや見, 貴方着物も顔, 貴方確かりしねえでは, 貴方確りと荷鞍, 貴方にいらし, 貴方氣樂な, 貴方種々な事, 貴方納屋のわき, 貴方の君さま, 貴方結ぶの神や, 貴方考えて見なせえ, 貴方聴いて呉れます, 貴方くお礼, 貴方自分の胸, 貴方自由なん, 貴方しませうよ, 貴方色恋の道, 貴方芝居見に, 貴方苦笑しては, 貴方草鞋をおとんなさい, 貴方の露, 貴方藻西に逢, 貴方んでおや, 貴方行かないで, 貴方行くの, 貴方行つて入らつし, 貴方の中, 貴方西瓜の果, 貴方見た樣に, 貴方見たいに臆病ぢ, 貴方の処, 貴方えが, 貴方言いなり次第になっ, 貴方りに, 貴方詰らん物です, 貴方夫に, 貴方つて, 貴方買わねえでねえ己が, 貴方など這入ます, 貴方赤ん坊の著, 貴方赤樫にお話し, 貴方などを切る, 貴方足駄が沈みます, 貴方跣足ですたすた, 貴方を切られる, 貴方通常服でそして, 貴方連出して下さい, 貴方遊びに行つた事, 貴方州所持でございまし, 貴方還るまでゐらしつ, 貴方那裡のお客様, 貴方邪魔もので本宅, 貴方酔ってるのね泊っ, 貴方を提げました, 貴方長い間の, 貴方間さん貴方そんなに離れ, 貴方隣座敷に居た, 貴方青いかおを, 貴方何ともなくっ, 貴方顔なんど隠しちゃ, 貴方願って下さいません, 貴方飛んでもない, 貴方飴屋が参ります, 貴方馬鹿な事, 貴方駕籠の上, 貴方高田実ぢやありません, 貴方高輪田長三根西夫妻夫から松谷秀子, 貴方を召, 貴方麦酒なんぞを戴ける