青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親父~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~親分 親分~ ~親切 親切~ 親友~ 親子~ ~親戚 親戚~ ~親方 親方~
親父~
親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~ 観客~ ~観察 観察~ ~観念 観念~

「親父~」 2361, 23ppm, 5080位

▼ 親父~ (624, 26.4%)

6 ところへ 5 前へ, 方が 4 ことは, 代から, 房五郎は, 所へ, 重兵衛 3 ことだ, やうに, 代理を, 妾の, 市五郎は, 志を, 方は, 頭の

2 [62件] ことから, ことで, ことを, ために, ほうが, ように, 事を, 二代目に, 人柄は, 仕業だ, 代からの, 代までは, 代りに, 休んで, 処へ, 凸凹頭を, 午吉は, 同じ道, 名を, 命日の, 善六の, 圓太郎が, 圓太郎に, 多の, 大事な, 奴が, 子分で, 家を, 峰之, 幽霊, 彦太郎は, 彦太郎自慢の, 後見を, 方から, 方に, 方の, 日に, 死がいの, 源太郎に, 源太郎は, 源太郎も, 溜めた身上, 為に, 片腕を, 理窟である, 由五郎は, 留助は, 病気を, 目が, 眼を, 私を, 耳に, 自分勝手と, 言葉が, 話を, 遺言を, 遺言状が, 重兵衞, 頭を, 顔を, 首の, 首へ

1 [440件] あとでも, あの祿, いいなり次第, いた時, いふこと, いる頃不自由, おかげで, おかげも, かたき討, かたみでございます, が, くせだった, くれた金, こういう気持, こと, ことなら, ことに, ことや, こと阿, する事, する表情, そういういい, そばに, そばへ, つくったタガ, とこで, とこへだって, ところで, ところに, ところへも, ところドクトルで, とこイ連れ, と趣, どこさ, はね上げた土, は口, へンリー, ほうからは, まえで, もうにん, やうな, やったこと, やって, やって来た家業, やり損, やること, よい辰, ような, わからない子供, ジャン, フョードル・パーヴロヴィッチ・カラマゾフの, ホーキンめが, 一代も, 一件で, 万兵衛が, 万助は, 三回忌に, 下手糞な, 不身持に, 与次郎は, 世話にな, 中風死に, 丹精で, 九郎右衛門だ, 了簡で, 事も, 二代目だ, 云うまま, 云う通り, 云付で, 五兵衞と, 五兵衞も, 五郎には, 亡くなりましたは, 交遊は, 人殺し野郎と, 人相を, 仁兵衛は, 仁兵衞は, 仇を, 仇敵を, 仇討が, 今日の, 仏様の, 仕事の, 仕事を, 仕事場へ, 仕入れて, 仕業で, 仕送で, 仙太が, 代と, 代に, 代理で, 仲間で, 企みは, 企らみ, 伝右衛門, 伯良を, 位牌に対しても, 位牌へ, 位牌を, 佐七は, 余威は, 供養にと, 保険金なぞ, 借金が, 借金も, 借金証書に, 値うちが, 兄だ, 兄弟の, 先へ, 入る学校, 入れると, 兵衛に, 其手紙に, 出して, 判を, 別荘が, 利助に, 利助を, 利助一生の, 力でも, 力を, 勝夢酔という, 勝造という, 勝造といふ, 印象が, 印象も, 厳しいところ, 友達の, 口から, 口もとを, 口癖で御座いました, 古外套, 古洋服, 吉五郎お, 吉兵衛が, 名, 名に, 名は, 名前に, 名声も, 君から, 命は, 命日で, 命日は, 和助は, 啖呵なんて, 善八が, 善悪は, 喜びやうといつたらなかつたさうだ, 嘉助が, 噂を, 図星を, 圓太郎の, 圓太郎は, 土地で, 土産か, 在所から, 地盤だろう, 場合よりも, 墓ひとつ見, 墓へ, 墓詣り, 声, 声色を, 売僧が, 変死が, 大切な, 大岡五郎左衛門, 奉還金の, 奴も, 奴を, 如きは, 妾と, 妾に, 姿は, 娘らしいでしょう, 子だ, 存生中から, 孫兵衞は, 安右衞門, 実の, 室へ, 家それも, 家に, 寝て, 寝付いた時分, 寝床が, 寝言か, 寝言だけは, 寝言は, 寝言も, 小屋で, 小左衛門という, 岩吉に, 岩吉には, 岩吉は, 島鵆や, 市次が, 希望通り醫者に, 帰らぬうち, 帰りを, 帰るまで, 帰る迄, 年が, 年忌を, 幸三郎は, 幸右衛門という, 幽霊には, 庄作に, 店の, 店受で, 建てた家, 引き合わせかも, 弱味を, 形見の, 後が, 後妻に, 後妻を, 後生が, 後継ぎを, 心では, 心得違いで, 忠兵衛も, 忠兵衛を, 忰も, 怒るの, 恩を, 息子だ, 息子と, 悠々たる, 悪口ばかし, 意向が, 意向に, 意志も, 意志を, 憂鬱を, 所業を, 所為かい, 手で, 手前少し, 手助けを, 手紙に, 手紙を, 手許を, 拝領ものか, 拳法の, 持って, 持つて, 指の, 掌に, 掌を, 方だ, 方で, 方であれ, 方を, 旧主小野政秀さまの, 時に, 時分であった, 智恵に, 書いたもの, 松蔵の, 松藏の, 校長さんを, 株が, 梶四郎兵衛も, 業, 横山町の, 橘家圓太郎と, 機嫌を, 歌川多門という, 歌川多門の, 正阿弥, 武右衛門は, 死がいを, 死それに, 死に, 死に目や, 死に顔も, 死を, 死んだこと, 死んだ時, 死んで, 死体が, 死体を, 死骸を, 残して, 殺された刻限, 殺された時刻, 殺された晩, 殺される日, 気が, 気に入ってるよ, 気に入らないこと, 気持ちを, 気持は, 決心を, 治兵衛を, 法螺丸が, 浩平は, 浪人者や, 淋しいよう, 源兵衛は, 為めや, 無二斎, 無鉄砲を, 玄洋が, 玄龍は, 琢堂に, 甚五郎は, 生きて, 生きとる中, 生死行方が, 甥と, 甲斐が, 留守に, 留守を, 番だ, 番に, 癖な, 白玉喬が, 百日間の, 看病を, 眞似, 真意の, 眼顔を, 着物について, 知り合いの, 石塔に, 磯野小左衛門という, 神様に, 祥月命日聊か, 私が, 私には, 私にも, 私は, 私まで, 秘書と, 結核性の, 統計院幹事の, 縄を, 縄張を, 繩を, 繩張内で, 考えの, 耳へ, 職業よかもずつと, 職業を, 肖像画に, 肚が, 肩の, 背後へ, 能書と, 能書なる, 脇差を, 腕前を, 腰かけて, 腰へ, 腰巾著だ, 膝から, 臨終において, 臨終にまでも, 自叙伝を, 自慢話の, 與次郎は, 舟が, 船頭を, 萬兵衞が, 萬助は, 葬式の, 薄は, 血を, 表看板で, 親友に, 親父が, 言うこと, 言ひ得ない, 言ふ, 言分は, 言葉の, 許しが, 許へ, 話と, 譬えは, 讐仇を, 谷口金五郎を, 豊年が, 賜である, 起しに, 足音をよ, 跡目など, 身の上も, 身代り代弁者に, 身体に, 身体を, 近江兄弟など, 運命だった, 道徳派が, 道行きを, 遺した三万両, 遺した三萬兩, 遺品だ, 遺品だつ, 遺言から, 遺言だ, 遺言通りに, 遺言通り素木と, 酔狂で, 酔興にも, 金十郎様が, 金十郎樣が, 銭許り遣, 鑑識で, 長い, 開墾した, 間に, 頓死の, 頭, 頭が, 頭には, 頭は, 顏で, 顔が, 顔さへ, 顔で, 顔なぞが, 顔に, 顔の, 類に, 風流心から, 馬鹿ア, 駒八の, 駒平みんなその, 骨董い, 骨董いじりは, 髪を, 鼾声が

▼ 親父~ (420, 17.8%)

15 死んで 5 生きて 4 死ぬ時 3 一生も, 出て, 口を, 娘を, 来たの, 来て, 死んでから

2 [31件] あるもの, それで, それを, どこからか, カンカンに, 厳ましくっ, 呑んでばかり, 塩梅が, 大旦那, 娘の, 子供の, 家に, 将軍の, 帰って, 怪我や, 息子に, 持つて, 東京へ, 武家上がりで, 死ぬと, 死んだので, 死んでも, 殺されたんで, 殺されて, 病気で, 腹を, 見て, 言うには, 達者で, 頭を, 骨董に

1 [313件] あすこに, あちらから, あった, あったもの, あって, あの様子ゆえ, あるいは眼, あると, あるわけ, あわてふためいて, あんな人, あんな馬鹿, あんまりいけ図々しくっ, あんまり突っ, いうた, いうとった, いけないのでさ, いやで, いろいろ云つて, いろんなこと, うう生まれた, うちじゅうの, おこって, おそろしく怒つた, おれの, かなり放, くるので, さうでお前, さう言つて, したかも, して, そうしろ, そうであった, そう考え, その竈, その話, それでし, そんな乱暴者, たんのうし, つんぼの, どうしても承知, どうも気, どんなに難儀, どんな人, どんな男, どんな運命, なくした驢馬, なくなりましたが, にがり切っ, ばばあどのへ, ひとりで, びつくりし, ぴょこぴょこお辞儀, ふり向いて, ぺこぺこ頭, ほんとうに, まいりました, またなんか, また慾, まだボシャボシャ, まだ元気, まだ身代, まだ道楽, もう一年, やかましいの, やったん, やっぱ喧嘩, やると, キトクで, ドレ位, ハコを, バリカンを, フッと, 一人で, 上つ, 上より, 上野の, 下の, 下駄を, 世間態のみを, 両親を, 中, 乗つて, 乗り込むん, 云うの, 五六日前に, 亡くなって, 亡くなつたえ, 亡くなつて, 亡くなります時, 仕入れから, 付いて, 何か, 何万という, 何度も, 何故山, 作兵衛子供が, 例の, 保険金欲し, 俺の, 傍に, 僕に, 僕ん, 八釜敷い, 再び生, 処え, 出来るだけの, 初音を, 医師で, 十六年あとに, 十六年も, 又そんな, 又言った, 古い本, 古道具の, 叱った, 君に, 呼び寄せられた, 善人なら, 喋舌り出したら堪らない, 喘息に, 土地を, 変な, 外して, 大きな拳骨, 大声あげ, 大病で, 天下一の, 奥から, 婿を, 嫌な, 子供を, 存命中に, 存生で, 学生は, 寝付いた間, 寝床で, 寢てから, 小便に, 小僧を, 居ないので, 居なくなったから, 屋敷奉公致し, 山へ, 帝劇で, 帰ったらお, 帰つて来や, 帰れば, 帳場にでも, 庭の, 弁解する, 引いて, 彼女の, 彼等に, 後から, 御家人だった, 復帰した, 復讐を, 心配しとる, 怒って, 怒ること, 急死した, 急病だって, 恟りし, 息を, 息子は, 悪い, 悪いから, 悪いのよ, 悪魔と, 慌て, 手を, 承知しません, 投げつけたん, 拵へ, 持って, 攫われた日, 教えたの, 斬殺した, 斯う, 斯んな, 日勤の, 昔アメリカの, 昨夕から, 時々あの, 暗い顔, 最適任者, 未だ達者, 来とるじゃろ, 来やしないかと, 来ると, 校長排斥を, 株屋は, 案じるから, 棺桶に, 横に, 正月名主さまの, 此の間髭を, 死ぬとき, 死ぬ前, 死ぬ年, 死ねば, 死んじゃ, 死んだからと, 死んだそう, 死んだと, 死んだの, 死んだもの, 死んだらお袋, 死んだら屹度俺, 死んだ時, 死んぢ, 死んでからという, 死んでからは, 死んでしまつたらもう, 段々愚, 殺された時, 水鼻を, 永, 沁, 泳ぎ渡った大川, 洋銀の, 海と, 渡しませんから, 無理算段の, 然う, 然言つて, 煩いまして, 煩って, 熊の, 牢屋へ, 牢死した, 猿を, 生きとる中, 申しますの, 留守に, 病氣だ, 病身だ, 癇癪を, 百姓を, 皆な, 相談に, 相談ぶたねえ, 看板を, 真の, 知ったらさぞ, 知つたら, 破産した, 社宅を, 筆まめに, 経営し, 縁起を, 羨しい, 聞いたらば, 聞きつけて, 聴きに, 背後で, 膝を, 若い給仕娘, 苦労を, 草葉の, 菊太郎君の, 行くならと, 行ったぜ, 行方知れず, 行立ちません, 見つかったん, 見ても, 見限って, 親父の, 言いつけたわけ, 言う故, 言った, 言ったけれど, 言って, 言ば, 言ふ, 言葉を, 討った, 討つた, 話しよったが, 諺を, 負傷を, 貴方だけの, 買った東京, 質田を, 起きて, 身延山へ, 迎えに, 送つて, 道樂で, 適任って, 遺書と, 邪魔に, 醉っ, 金に, 金属の, 釣を, 長屋の, 間違えて, 階段を, 露店の, 非常に, 面倒だ, 頑張って, 頑迷で, 額に, 顔を, 飛んで, 飲んだくれてばかり, 飲用する, 香具師の, 馬鹿なら阿

▼ 親父~ (388, 16.4%)

4 それを 3 何う, 職人祖父は

2 [19件] おれに, おれを, ひどく有峰さん, またヨーロツパ, 一生懸命に, 何か, 僕を, 商売が, 山を, 忠義者でした, 急に, 息子の, 悦ぶどころか, 田舎政治家の, 石の, 私が, 紅屋の, 翌る, 自分の

1 [340件] ああ見え, あいつの, あそこへ, あつた, あの女, あんな気象, いっそう得意気, いった, いつた, いないんでな, おれの, おろおろし, お前に, お前の, お暇, お談義らしかった, がんこで, きさま, こっくり行き着いた, この娘, この頃何ン, これだ, さすがに, さぞ口惜し, さぞ悦ぶ, さっきから, しきりに気味, しきりに算盤, じいさんが, すぐまた, すこし思惑, すこぶる上機嫌, そこに, そこらが, そのうち本気, そのまま緊乎, その中, その二, その晩, その瞬間, その老成, その都度, それだけ言っ, そんなおかしなこと, そんな人間, ただの, たびたび同じ, ちょっと自慢, つかつかと, とても律儀, どうした, どうして亡くなった, どうだ, どうもお客, どこに, どこへ, どこを, どんなに喜ぶ, どんな人間, なかなか商売, なぜあんなに長く, なに者だ, なんでもかでも, はいって, まあまあいい, まことに片意地, またそれ, また堪らなく, また親父, まだ存生, まだ息, まだ生き, まだ眼, まだ知りますまい, みぞを, もう別段憤らう, もう半分位気, もう心, もう物, もう直に死にます, もう酒, もと旦那様, やっきと, ゆうべから, よい辰, よくここ, よく都合, アグーシャと, アメリカなどへ, ガニマールや, ガムシャラに, パイプを, 一か, 一も, 一九一八年に, 一人娘で, 一人娘の, 一段声を, 一郎の, 七年前に, 万戸屋の, 丈夫です, 三九郎と, 上方で, 上機嫌だった, 下水用の, 中地派で, 二十年隠し通し, 二百十日の, 二百四十石領りました, 五平と, 人から, 人に, 人事不省お母さんは, 今もつ, 今此地, 今頃雑誌でも, 仕入れを, 低い声, 何かの, 何でも, 何と, 何とも云, 何な, 何に, 何の, 何んな, 何処へ, 何故あんなに長く, 俄然箸, 俺に, 俺を, 倅が, 倉の, 僕の, 八ヶましい, 其の老成, 其の鎗術, 其所の, 内地から, 再び一隅, 刺青を, 助役だ, 動けねえほどの, 勿論おふくろ, 半面森春涛門下の, 半面森春濤門下の, 卓子の, 即ち利家, 口が, 古風に, 君と, 君に, 君も, 呑気に, 啣え, 堅いから, 堅人に, 変な, 外の, 外へ, 夜分で, 夜分でも, 大地主, 大嫌ひだ, 大正九年の, 大胡座, 大酒飲み, 失望し, 失業者だ, 妙な, 子供に, 子供に対して, 子供の, 学校以外の, 安心し, 安永の, 宗家当主の, 実に酷い, 家が, 家に, 寄せ附けないって, 小作人たちには, 小心で, 少し取, 少し逆上, 少し顔負け, 居りましねえが, 山の, 差当り善い, 市場でも, 幕府の, 年い, 年と, 年とっ, 幼年学校の, 幾つと, 庭で, 廓の, 当年とっ, 彫青, 彼には, 後家縄を, 得意だった, 必ず逃がさん, 忰の, 怒つて, 恩知らずだ, 恭, 息子あっ, 悪党だ, 悪漢だ, 悪魔を, 悶絶した, 愚な, 慾張ってる, 戦争で, 戸板に, 承知しない, 散々待たせ, 斡旋の, 新五郎と, 旋盤工で, 日本運輸の, 昔気質の, 昨年の, 是が, 更に調子づい, 来なかったかね, 梨子売を, 極堅い, 此の, 武右衛門と, 歯を, 死ぬるし, 死んだの, 死んで, 殺されたか, 毎日の, 毎日詩を, 気の, 気の毒な, 氣の, 氣紛れで, 水雷専門の, 汗を, 江戸者じゃ, 洋盃を, 洗濯竿の, 流石に, 浦賀の, 涙を, 涼しい顔, 清蔵むすこは, 渋い顔, 湯玉を, 漸く気がついた, 潔白な, 炭焼小屋で, 無筆でございます, 煩そう, 片眼, 犬畜生も, 珍しくどこ, 珍妙な, 現に村, 田島屋の, 町道場を, 留守だ, 留守で, 當前に, 病気に, 病気疲れで, 病身だ, 百二十石の, 相場で, 相場師の, 相当に, 相手に, 眞赤にな, 眞面目に, 眼を, 眼鏡を, 知って, 私に, 私の, 種まき権兵衛の, 穏やかな, 突殺され, 糸瓜を, 素的だ, 続けて, 老る, 職業が, 腕を, 腕組みを, 腰が, 腹を, 膝まで, 自分にも, 苦い顔, 苦り切って, 茶を, 荷物を, 荷馬車ひきだ, 蒼ざめかみつく, 薬売り, 蘭方医で, 行き交う子供, 裏の, 親父の, 言いました, 言って, 訳が, 評点が, 諺の, 赤ん坊を, 車夫の, 農奴であった, 迷惑した, 過って, 道化役者の, 酷いよ, 金を, 銀子が, 長吉が, 開墾地の, 間違ったけれど, 阪井猛太だ, 青い顏, 非常な, 頑固な, 頭ごなしに, 頭を, 頻りにブツ, 養子にて, 首を, 馬喰町の, 黙って, 鼻の

▼ 親父~ (172, 7.3%)

4 話して 3 なって, 似て, 知らすまいとして 2 しても, そんな気持, なるの, 一つ話し, 代つて長政, 内緒で, 叱られた, 悦ばれるつもり, 相談し, 話を

1 [139件] いびられること, うまうま, お会いなさいましたら, かぶれて, さう云ツ, さう言, したところが, して, しみじみと, じゃ, せかされて, せかれて, せびっては, せびる事, そう云う, そう云っ, その話, たべさせる事, どこか, どこまでも, どやされるが, なぐられた男, なぐられて, なるん, ふりまわされてるでく, ぶん撲られる, よい息子, よびつけられて, ネクタイ, 一杯の, 一言の, 三十円か, 三百ルーブリ借り, 上の, 云い聞かせて, 代って, 会いに, 会いますと, 会うん, 会って, 似合わないあいつ, 何様な, 使われるの, 倅が, 倣うて, 僕の, 内証ちう, 出動し, 劣らぬ乱暴, 助けられたとかいう, 助けられたとかいふ, 勧めたり, 勧めて, 反く, 取りあげられて, 叱られた後, 叱られた思出, 叱られます, 合わす顔, 向って, 呼ばれるから, 咄した, 土の, 封じられて, 巾着切の, 巾着切りの, 引きかえて, 引つぱられて狐岡, 往来で, 得心のう, 怒鳴られでも, 怒鳴られるなあ, 思ふだけの, 恩返しを, 愛想を, 感心し, 打ち明けて, 新調し, 暇乞に, 書いて, 極めつけられたの, 此の, 死なれましてからって, 死なれ又, 気の毒に, 済まないから, 渡す, 申聞けましょう, 知らせない方, 知れちゃ, 知れぬよう, 確と, 糺明され, 納得させた, 聞いて, 聞えても, 聴かねえうち, 聽い, 若しやつ, 苦労を, 見つかって, 見つかりは, 見つかりましてね, 見られたら一大事, 見付かると, 見付けられ銭箱, 見付けられ錢箱, 親切を, 言いつけたが, 言った, 言ひつけられ, 訴えると, 詫を, 話したの, 話したらきっと, 話すと, 読んで, 責め殺されるん, 貰った紋付, 迷惑を, 追出されて, 送り眞面目, 逢おう, 逢おうと, 連れられて, 金を, 長い外套, 雇はれ, 難儀の, 面目ない, 頭が, 頼んだ, 頼んだる, 頼んで, 飛びかかって, 飛びついて, 飲ませたらこんな, 默つて親分を, 黙って

▼ 親父~ (117, 5.0%)

4 おふくろも 3 お袋も, 伜も, 母親も 2 子供も, 相当な

1 [100件] あっしが, あるから, あんたを, いつの間にか背後, いない娘一人, いよ, おめ, お花, こいつの, こうだった, そういい遺しました, そう言っ, そこへ, そのため一生涯大変, それを, ちょっと片意地, どうせろくな, ないん, まもなく起き, みんな貴公の, もう帰っ, よく色々の, よろこびましょうよ, シナへ, ワアッ, 一人や, 一人息子の, 一度柳橋, 世渡り下手の, 中, 中気で, 亡くなりました私, 亡なりました, 亦今度, 今出, 今更どうしよう, 何う, 信用しなけれ, 俳諧は, 冥土に, 出ないこと, 列席した, 厭な, 同じく大阪, 喜んで, 嗄れ声, 困ろうから, 大きな胴体, 大層よろこん, 守り幾代, 尺八が, 帰って, 年を, 弁公も, 弱虫じゃが, 彼の, 待つて, 得心しまい, 心配いたしました, 心配し, 惚れ惚れと, 愉快そうに, 意外の, 愛想を, 愛相を, 手伝った, 手前は, 持餘し, 捨て置けないと, 村議の, 来やがる, 案じて, 榊原藩で, 気が, 気に, 気の, 気の毒な, 気の毒には, 氣が, 海老蔵という, 留守です, 眠れなかったと, 眼を, 私への, 終ひ, 老いたな, 自分の, 苦労を, 薬取りでした, 親母, 親父だ, 許して, 診察し, 諦めべ, 負けては, 赤いルバシカ, 起きてを, 辞職を, 酒飲みでない, 頷いた

▼ 親父さん~ (111, 4.7%)

3 に叱かられます, に聞, に頭 2 が死ん, という人, とそこ, と兄さん, にその, の代, の方

1 [88件] から聽, から送らせた, が, がいっしょ, がいま庵室, がお, がむしろ, がナカ, が会いたい, が何, が例, が出, が出直せ, が大, が工場, が懇意, が無理やり, が生き, が真似, が言います, だ, だそして, だって去年, だと, てえ人, でも, で一等船客, で退屈, というの, とこの, との健康, と云う, と息子さん, と趣味, なんかいや, に, にも三畝, にやあたし, に代っ, に似, に聞い, に話し, に雇われ, に鰻, のあと, のほう, のヘヾライさん, の内命, の受け持ち, の受持ち, の家, の手傳, の本心, の耳, の膝, の話, の贈物, の関係, の顔, はあて, はあの, はその, はもう, は一人, は一段歩, は三つ, は三畝, は世間, は余程, は傍, は当年七十二歳, は御, は棒, は相, は立ちあがっ, へへへとうれし, も, もあの, もその, ももう, もわめき, も好き, も手甲摺, も泣い, をやった, を探したら, 開いた口, 飲めよ

▼ 親父~ (88, 3.7%)

2 一番苦々しい, 殺したの, 殺して, 説き付けて

1 [80件] いやがる法, おいて, お呼びなすっ, お殺し, お雪, きつかけ, こまらしたん, こんなにたより, さらって, つかまえて, つかまへて, とられたり, どんなににくん, なだめて, にくんだか, にくんで, はげまして, はじめ二三人の, まず捨て, また引っ, みぞに, もって, 亡くした新米, 代議士に, 先生と, 出征さしたり, 剃刀で, 勘当し, 可怪く, 呼ばれては, 呼び出したの, 始終不快, 嫌ふ, 嬉しがらせる, 待って, 御存じな, 心配し, 恨んで, 悩ましたと, 憎んで, 手に, 手傳て, 持ち出す手, 持った因果, 持った子供ら, 持って, 振り返り, 排撃する, 救けるもん, 敵として, 棄て, 欺いて, 欺し, 殺したかも, 殺したとは, 殺したも, 殺した下手人, 殺した奴, 殺した新吉夫婦, 殺しに, 殺しや, 殺すだけの, 殺す装置, 殺害する, 生かして, 産んだの, 相手に, 知って, 突き落とした奴, 置いて, 脅迫しよう, 見つけた, 見向いて, 誑し込んで, 説き落して, 起こしに, 軽蔑した, 追っかけまわすという, 遂にだまらせ, 頼みます宜いか

▼ 親父~ (64, 2.7%)

6 一緒に 2 いっしょに, お袋が, 碁を, 義兄さんが

1 [50件] あっしと, あなたの, いい丸尾さん, おなじよう, おれとは, お芳, お袋は, すれちがいに, その下, とっ組, むすめ, るいとを, わたしとは, 一所じゃ, 一所に, 世帶を, 二人の, 二人一杯, 云う事, 云って, 亡くなった大, 亡くなつた, 俺んと, 兄貴の, 叔父貴とが, 同じやう, 同じイングランド, 同じ夥間, 同様に, 子供を, 対談の, 思って, 手を, 折り合いの, 折合いの, 来たら上, 来ちゃ, 母親とは, 気が, 甲乙が, 石川先生などが, 自分との, 親父の, 言ったの, 違うん, 違ふんだ, 銀子の, 銀子は, 阿母, 風船的陶酔者の

▼ 親父~ (29, 1.2%)

5 阿母 3 おふくろが, おふくろを 2 おふくろは

1 [16件] おふくろに, おふくろの, お袋が, お袋に, お袋の, お袋は, お袋を, 亭主思いの, 兄き, 先祖の, 姉さんや, 母親が, 母親に, 母親の, 母親は, 虚栄心に

▼ 親父には~ (23, 1.0%)

2 それが, 借金も

1 [19件] さんざ憂, どんな事, まだ云, みんなおれが, 内証だ, 当然テロリズム, 恨を, 此方の, 死なれ待望, 気に入らないと, 氣に, 牛込に, 示す勇気, 絶えず怒られ, 義理も, 血の, 街路の, 見せたくない, 言われず困った

▼ 親父から~ (21, 0.9%)

2 店を

1 [19件] いくらかもらっ, 利息金を, 勘当された, 勘當を, 封じられて, 小言を, 承わって, 暗示を, 申し上げた事, 相当の, 罵倒された, 聞きやがったん, 茶碗を, 荷物の, 貰う時, 貰ったもの, 貴様は, 買ったん, 金を

▼ 親父~ (17, 0.7%)

42 のと

1 [11件] が, があれ, が不断, つてお, つて別に, つて懐しい, といふ火の手, と云っ, と思う, な, な飼っ

▼ 親父~ (14, 0.6%)

1 [14件] が一人, が帰つて, だ, に済まぬ, に知らせず, の, の位牌, の深見深左衞門様, はお, はもう, は承知, もあなた様, もくれた, ノ子供

▼ 親父にも~ (12, 0.5%)

2 仕込まれ自分, 兄貴にも 1 お袋にも, 倅にも, 別段の, 打明ける気, 母親にも, 済まない, 申訳ない, 種々訊い

▼ 親父~ (11, 0.5%)

2 あつた 1 これが, ゲス, 五日に, 帰りが, 息子は, 森口と, 私も, 羽根田に, 重助と

▼ 親父~ (9, 0.4%)

1 から荒布橋, が渡し, の方, の袂, まで来かかる, まで歩い, まで行け, を渡り, を渡りか

▼ 親父とは~ (8, 0.3%)

1 どうかしらん, 少しく違った, 度々口論, 違って, 違ふんだ, 金錢上の, 隨分仲が, 頃合いの

▼ 親父~ (8, 0.3%)

1 さう言, そう言っ, そう言った, そのわけ, 御用金, 義理を, 話したの, 話して

▼ 親父だけ~ (7, 0.3%)

1 あったの, あって, あつた, だ, です, では, ならいつ

▼ 親父だって~ (6, 0.3%)

1 ああやっ, お袋だって, サッと斯, 大目に, 無理やりに, 金に

▼ 親父です~ (6, 0.3%)

1 かえ, が, がね, と主婦, よお, よ私

▼ 親父さま~ (5, 0.2%)

1 か, が往く, だ, にでも知れた, もとうとう

▼ 親父への~ (5, 0.2%)

2 意見にも 1 取り繕いだった, 気がねか, 面当ても

▼ 親父殿~ (5, 0.2%)

1 に罪, まで浮び上り, も晩酌, や兄貴, を見る

▼ 親父~ (4, 0.2%)

1 お前と, 決議ん, 行っちまったぞ, 集団農場きらっ

▼ 親父でも~ (4, 0.2%)

2 何でも 1 ありこの, なかろうから

▼ 親父ども~ (4, 0.2%)

2 の世話 1 からはうるさい, が叱りつけ

▼ 親父自身~ (4, 0.2%)

1 が腹, さう思ひこんで, そう思いこん, も醫者

▼ 親父~ (3, 0.1%)

1 おふくろが, エライ亭主に, 何か

▼ 親父さむ~ (3, 0.1%)

3 はと問

▼ 親父という~ (3, 0.1%)

2 のが 1 ことが

▼ 親父どの~ (3, 0.1%)

1 だけに責, を威し, を悲しい

▼ 親父なんか~ (3, 0.1%)

1 ヒョロつい, 全くの, 舊知だ

▼ 親父なんて~ (3, 0.1%)

1 そんな半端, どうも変, 言うもなあ

▼ 親父にと~ (3, 0.1%)

3 つては

▼ 親父~ (3, 0.1%)

1 と箱根見物, は多分, は苦手

▼ 親父からの~ (2, 0.1%)

1 古帽子, 手紙を

▼ 親父がは~ (2, 0.1%)

1 ひつて, 入つて來

▼ 親父~ (2, 0.1%)

1 へ追, まあ家

▼ 親父そつくり~ (2, 0.1%)

1 なこと, なん

▼ 親父だの~ (2, 0.1%)

1 お袋だ, フーイエットだの

▼ 親父でございます~ (2, 0.1%)

1 か, という

▼ 親父では~ (2, 0.1%)

1 あった, あつた

▼ 親父~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 親父などは~ (2, 0.1%)

1 女の子だけを, 癪に

▼ 親父なる~ (2, 0.1%)

1 人の, 彼が

▼ 親父について~ (2, 0.1%)

1 思い当ったよ, 来たの

▼ 親父にとっては~ (2, 0.1%)

1 真実の, 苦心の

▼ 親父にまで~ (2, 0.1%)

1 よく間違, よく間違えられました

▼ 親父~ (2, 0.1%)

1 あんな薄, こんな騒ぎ

▼ 親父~ (2, 0.1%)

1 卿達が, 牛の

▼ 親父より~ (2, 0.1%)

1 ずっと親しく, 強そう

▼ 親父よりは~ (2, 0.1%)

1 家財の, 金銭の

▼ 親父らしく~ (2, 0.1%)

1 得意げに, 眼を

▼1* [115件]

親父あっての息子, 親父いま宋皇帝の朝廷, 親父えらい目を, 親父からも親類からも, 親父がね其癖大, 親父こそ自惚れだ誰, 親父さあね, 親父さんお母さんそれからお, 親父さんこのごろ急にグルーシェンカ, 親父さんみたいな内密, 親父さん躍起になつて運動, 親父じゃアありません, 親父それは冗談, 親父たちが何と, 親父たるものが, 親父だけが露悪家で, 親父だったと見え, 親父だったらどうだろう, 親父だつて僕, 親父だつたねハヽヽ, 親父ってちゃんの, 親父でねえか, 親父といふは煙管の, 親父とかが揉み消して, 親父とから頭を, 親父としての誓いを, 親父との仲が, 親父なぞはスッカリ気落ちし, 親父などが日本一の, 親父なども親しく教, 親父なら他言は, 親父なんぞの話を, 親父にては是なき, 親父にとも僕にとも, 親父になこう伝え, 親父に対しても誠に己ア気の毒, 親父に対するつらあて, 親父に関することなどは, 親父ははち巻き, 親父ばかり出て, 親父ばかりじゃなく開墾場, 親父ぶった質問に, 親父ほどな人間的, 親父まで騙して, 親父までが何かの, 親父め一週間も経つ, 親父もろ共浪人して, 親父よそ外の娘, 親父が出, 親父をさえ殺す程, 親父ガ云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 親父ガ云ッテヨコシタカラ尤モノコトダト初メテ気ガ附イタ, 親父ガ悦ンデ一生コノ恩ハ忘レヌト云ッタガ, 親父ガ機嫌ヲ見合ワセテ居タガ, 親父ガ死ンダカラ頼ミモナイカラ心願モ疾ウヨリ止メタ故セメテシタイ, 親父ガ隠宅カラ呼ビニ来タカラ行ッタラ親父ガ云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 親父コクリと肯い, 親父ノトコロヘ行ッタガ最早コトガ切レタ, 親父モ兄モナンニモ云ワヌ故少シ安心シテウチヘ行ッタ, 親父ヤ兄ニ云イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 親父ヨリ度々書取リニシテ, 親父出シニ使ヤガッテ, 親父一人残して, 親父一人息子一人十五歳に成候, 親父一杯キゲンでいい, 親父一番大切の用事, 親父がはじめて, 親父付きの娘, 親父以来君の心境, 親父をどう, 親父は是, 親父先生は返事, 親父八左衞門は六十以上, 親父初め餘り好, 親父南条殿は小野派一刀流, 親父右平は屋敷, 親父同志が敵味方, 親父同様地道一方で空想, 親父同様生え抜きの江戸児, 親父同様適任じゃない, 親父圓太郎に連れられ, 親父夫婦貪慾強情にて七年以前, 親父富右衞門は扨, 親父対女の事情, 親父小松内大臣左大將重盛公法名淨蓮, 親父平常なら呶, 親父広田徳翁の書, 親父往来の者, 親父憤って金, 親父抱いて寝, 親父招壽軒淺見安太郎さんは渡邊さん, 親父招寿軒浅見安太郎さんは渡辺さん, 親父教育の一席, 親父果してこの機会, 親父様こちらとても用, 親父様己の性根, 親父樣無事でと, 親父橋下を過ぎ, 親父橋寄りに葭町, 親父決議ん時手, 親父海老蔵の使い古し, 親父白猿の十三回忌, 親父益す意外の, 親父知っている, 親父祖父も家代, 親父程の骨組みと, 親父系統で心, 親父見たように, 親父見なかったか, 親父りの, 親父近頃大分若返り振りを示し, 親父をも教育, 親父達といらしつたぢ, 親父集団農場出る気, 親父高村光雲外に石川光明