青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覗き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

規則~ ~規定 規定~ ~視 視~ ~視線 視線~ ~覗い 覗い~ ~覗き
覗き~
~覗く 覗く~ 覚~ ~覚え 覚え~ ~覚えた ~覚える ~覚悟 覚悟~ ~親

「覗き~」 1200, 12ppm, 9413位

▼ 覗き~ (228, 19.0%)

20 行った 18 来た 15 来て 7 来たの 6 行って 5 来たが, 来たり 4 ゆくと, 來た, 来る, 行くと, 行つた 3 來ました, 立った, 行ったり

2 [15件] きては, くるの, なる, 來る, 出た, 往った, 来た元吉, 来るが, 来るもの, 行く, 行くこと, 行くの, 行ったの, 行つ, 降りて

1 [93件] いき夜, いくなんて, いった, いったが, いったこと, いって, いつたらいつも, いつては, いらしたん, かかりましたけれども, かけつける筈, きたこと, きて, くる, くること, くるので, くるほど, なったり, なつた, なりました, まいりましても, やって来た, ゆくの, ゆく丈, ゆく野郎, 一太刀伸ばした, 上って, 來たり, 來たんだ, 來ます, 出たらしく, 参りました, 参りましたらあの, 寄って, 帰った天満, 往っては, 来たそして, 来たつもり, 来たという, 来たというくらい, 来たもの, 来たん, 来た人達, 来た時, 来ては, 来ても, 来ましたよ, 来やがって, 来よる, 来るから, 来ると, 来るという, 来るなんて, 来るに, 来るの, 来るわ, 来るん, 来る三吉, 来る事, 来る場合, 来る子供, 来る度, 来る彼女, 来る者, 来る連中, 来る馬鹿, 東京中の, 檜物町へ, 立った健三, 立って, 立つて, 立寄るよう, 行かねば, 行きしかも, 行くが, 行くもん, 行くよ, 行くよう, 行く段, 行く者, 行こうと, 行ったかと, 行ったが, 行ったので, 行ったもの, 行ったん, 行つても, 行つて妹の, 行ッた, 這入つた, 這入ると, 遣つた, 集まる

▼ 覗きながら~ (102, 8.5%)

4 言った 3 云った, 言つた 2 この柳, 入船町の, 八五郎は, 歩いて, 言いました

1 [82件] いた, おつぎ, かう思, こう云った, こう言った, これから三十分, しきりに踊つて, そう云う, そっと訊く, その中, その段, その真暗, その着氷, ひと口に, またそう, また云い出した, また訊いた, まだ八月六日, ゆつくり, ゆるせよ, オンコッコは, カットの, クツ, バスケツトに, 一度素通り, 両手を, 二階を, 云って, 云つた, 今度は, 何かしら冷やかに, 何やら會話, 何度も, 写真を, 卓子で, 南ヘルス産の, 又なにか, 叔母ちゃん下へ, 取次を, 口惜し涙, 呟いた, 咄嗟に, 固唾を, 声を, 大きな声, 尋ねる, 小声にて, 幾つも, 幾分切口上, 彷徨し, 心太や, 悪態口を, 感動し, 手袋の, 折柄どこからか, 是から, 正面の, 段々来, 水の, 水茶屋の, 父の, 甲野さんに, 答えた, 羨しく思っ, 考えて, 聞こえて, 聞耳を, 背後向きに, 腕組みを, 腰を, 自分たちの, 自然の, 茱萸の, 莞爾と, 言ったの, 言葉も, 訊いた, 訊き返した, 訊ねた, 通った, 頭の, 頭を

▼ 覗き込ん~ (93, 7.8%)

13 でいた 9 でいる 7 で, できた 6 でみる 3 で居る, で見た 2 でくる, でゐる, で行く, で見る

1 [37件] であちこち, でいった, でいます, ですぐ, でその, でそれ, でた, でとどめ, でなどおった, でなんにも, ではげらげら, では手, でみた, でも深い, でゐた, でジーッ, で云い添えた, で云った, で仕立屋, で其処, で哀願, で居た, で往, で思い出そう, で急, で意味, で指図, で春, で歩いた, で牧博士, で町, で紫, で聖降誕祭, で見たら, で説明, で鏡子, で際どい

▼ 覗き込んだ~ (84, 7.0%)

3 のは 2 が, がそのまま, が御, が相手, ので, ものである, 時には, 時の, 時彼女は, 時粗い

1 [61件] お絃, がそこ, がその, がどうして, がやがて, がジメジメ, がニッ, が一目, が乱れた, が何, が右, が居士, が期待, が校長, が無論, が異物, が磯野, が私, が色変り, が色變, が見れ, ときその, ときには, ところに, のだ, のだった, のである, のでございます, のでびっくり, のを, ばかりで, ものだった, ものです, やうに, ようだった, 三人は, 上に, 事なども, 人の, 俊子の, 刹那突然, 太郎丸, 姿, 川島は, 彼の, 後に, 時お, 時に, 時私は, 時突然, 時驚いた, 爺は, 男は, 目と, 眼を, 箱の, 細君まで, 縁の, 藤吉, 面を, 鷺太郎は

▼ 覗き込む~ (83, 6.9%)

26 ように 13 やうに 2 のだった, のであった

1 [40件] かと思う, ことが, ことは, ことも, ために, と, とその, とやっぱり, と例, と其処, と内, と女, と小さな, と彼女, と意外, と暗い, と杢, と棺, と福野流体術, と花崗岩, と重々しい, と長い, にはよほど, のか, のが, のでこっち, のでした, のです, ので此, のを, ほど子供, わけに, んだ, 三人の, 事は, 二人の, 此方の, 水夫の, 身毒の, 輪の

▼ 覗き眼鏡~ (56, 4.7%)

7 の秘密 5 のこと 2 のよう, の一件, の仕掛, の影

1 [36件] がとりどり, が子供, が望遠鏡, して, です, で南洋, で見る, という心配, なんか作った, にし, にでも向う, にぴったり, に映る, のすぐ, の一端, の像, の円筒, の効果, の底, の弱味, の種紙, の経験, の花, の装置, の遊戯, の道具, の鏡, は忘れず, をとり外し, をゆすり, を作り上げた, を取りはずし, を秘めた, を見る, を買つて, を通してすべて

▼ 覗き~ (45, 3.8%)

2 のところ

1 [43件] からのぞい, からニューッ, から中, から其方, から再度, から叫んだ, から地下, から目, から舞台, から見えぬ, から見せ, から見た, から見下ろす, から風, から首, があっ, がある, がこしらえ, がまるく小さく, が作っ, が切っ, が明い, さえわかれ, です, にヒョイ, のした, のふた, のわき, の方, の蓋, はある, はよく, は彼処, へ当てた, へ自分, もある, をひらいた, をみつめ, を下った, を凝視, を探させろ, を発見, を通してお玉

▼ 覗き込み~ (29, 2.4%)

6 ながら 2 ながら言った, に来るだろう

1 [19件] それから左, ついこの間, ながらコツコツ, ながらソロソロ, ながら大宅, ながら悦子たち, ながら歩き続けた, 地底の, 彼を, 必死に, 懐中電燈で, 机の, 眩暈を, 細かい繊維, 美しき手, 袋の, 釜の, 驚く所前, 黒き外套

▼ 覗きこん~ (28, 2.3%)

9 でいる 4 でいた 2 で, でも底, でゐる, で見たら 1 でいます, できた, でみた, でみる, でもただ, でゐた, で見る

▼ 覗きこんだ~ (26, 2.2%)

2 なんといふ, のは, ような, 者が

1 [18件] が今, その息, といふで, ときその, ときは, ところそれを, と思う, ままそれまで, ものだ, 係官たちも, 少年も, 慶子の, 所では, 時から, 森啓之助は, 男こそ, 男は, 者は

▼ 覗きこむ~ (21, 1.8%)

4 ように

1 [17件] ことが, だけで, とそれ, とソーンダイク, とブロズキー, と伊兵衛, と正造, と薄暗い, と雑魚, のだ, のであった, のを, やうに, んです, 人だつ, 自分の, 顔を

▼ 覗き~ (20, 1.7%)

2 見しに, 見れば

1 [16件] あつと, いふやう, それともこんな, 二つの, 余念も, 吐息つく, 吐息つくづく, 帶に, 斜めに, 旧の, 枝垂る, 猫撫聲, 笑みつ, 身を, 追従笑い, 驚きたる

▼ 覗き~ (17, 1.4%)

1 [17件] から外, から後方, から忍び笑い, から眼, が切っ, が方々, が鳩, だ, にお河童さん, のところ, の下, の向, の向う, の直ぐ下, はもと, ほどの穴, をあける

▼ 覗き~ (17, 1.4%)

4 をする

1 [13件] それから, て, て各々方, て弥, でもし, に知っ, に赴く, までやった, もできなかった, も出来ない, らるる, をし, をしました

▼ 覗きから~ (13, 1.1%)

8 くりの 1 くりでした, くりなどで, くりや, くり屋が, 眼だけを

▼ 覗き見る~ (12, 1.0%)

2 気は 1 ことが, ことも, ことを, に出, に厳格, に底, に忽然, に空, ように, 時山鳥一羽葎を

▼ 覗き~ (11, 0.9%)

3 しなかった 1 しなかったと, しなかったん, せずに, せず知れきったると, せず知れ切つたる, せねば, なだらかで, 覗かれも

▼ 覗き歩い~ (10, 0.8%)

2 ていた, ている, て居る 1 て, てうろつい, て夜もすがら, て格別閑却

▼ 覗き~ (9, 0.8%)

3 して 2 やらせたの 1 させ股, してからが, するにゃ, やるやう

▼ 覗き見し~ (8, 0.7%)

3 ていた 2 ている 1 ておった, てまいりました, てゐるで

▼ 覗き~ (7, 0.6%)

2 しないかと 1 しないが, ぢめた, ひどいで, ひどいでしょう, 案内者も

▼ 覗きそう~ (6, 0.5%)

1 であった, でいながら, な所, にした, にする, に屋

▼ 覗き出してる~ (6, 0.5%)

1 というよう, のと, のを, 半開の, 窓の, 頸筋に

▼ 覗き~ (5, 0.4%)

2 つかりして 1 あつた, 新派悲劇に, 流行つて困つ

▼ 覗きつつ~ (5, 0.4%)

1 その遊戯, 丸髷の, 歩いた, 歩いたが, 生田前へ

▼ 覗き~ (5, 0.4%)

2 手拭で, 眼鏡を 1 前にも

▼ 覗き加減~ (5, 0.4%)

1 にし, にワナワナ, に声, に立ち上った, の鼻

▼ 覗き~ (5, 0.4%)

1 で松の木, で漸く, ば年, まして言いました, もうに

▼ 覗きそれから~ (4, 0.3%)

1 声を, 引返して, 梁に, 顔を

▼ 覗き下ろし~ (4, 0.3%)

1 て, ていた, て脅した, ながら云った

▼ 覗き~ (4, 0.3%)

1 てシャツ, て右腕, て来ます, て鳥

▼ 覗き~ (4, 0.3%)

1 に固い, に頼みまし, の前, は少し

▼ 覗き覗き~ (4, 0.3%)

1 した芝居, だんだん花屋, 歩いた, 歩きました

▼ 覗きこみ~ (3, 0.3%)

1 それから腕, ながら作者, 茶の間に

▼ 覗き~ (3, 0.3%)

1 が, と, 所百兩包を

▼ 覗きその~ (3, 0.3%)

1 上に, 成分を, 比は

▼ 覗きたる~ (3, 0.3%)

1 少女あり, 貫一は, 髪の

▼ 覗きカラクリ~ (3, 0.3%)

1 のやう, の前, よりも轆轤首

▼ 覗き~ (3, 0.3%)

1 に利用, の秘密, を塞がざる

▼ 覗き硝子~ (3, 0.3%)

1 に眼, の外, の方

▼ 覗きおろし~ (2, 0.2%)

1 て, ていた

▼ 覗きこもう~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

1 してる, っけが

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

1 云えば, 称する懸崖

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

2 はつて

▼ 覗き下ろした~ (2, 0.2%)

1 のである, 時は

▼ 覗き乍ら~ (2, 0.2%)

1 寧ろ往来, 甚だ自信

▼ 覗き乍ら身近く吉野~ (2, 0.2%)

2 と肩

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

1 がかすか, が出来

▼ 覗き幾度~ (2, 0.2%)

1 か気, か氣

▼ 覗き廻っ~ (2, 0.2%)

1 たりマア, ていた

▼ 覗き廻つて~ (2, 0.2%)

1 ゐたの, ゐましたが

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

1 のところ, の根

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

2 の深潭

▼ 覗き~ (2, 0.2%)

1 の人物, を手

▼ 覗き見した~ (2, 0.2%)

1 のであった, 行為に

▼ 覗き見た~ (2, 0.2%)

1 ことが, 奇怪な

▼ 覗き読みし~ (2, 0.2%)

1 てああ, ている

▼ 覗き込もう~ (2, 0.2%)

1 とした, とする

▼ 覗き饑ゑて鳴き~ (2, 0.2%)

2 鳴きては

▼1* [163件]

覗きあっちへ飛ん, 覗きあつた, 覗きあら栄ちゃんだ, 覗きある時こんな, 覗きみやに, 覗きおって白粉, 覗きおったな, 覗きお茶にし, 覗きかけて蒼白い, 覗きぐあいに生えて, 覗きけるに宮, 覗きこういう町に, 覗きこちらを覗きし, 覗きことさらに打, 覗きこまれている, 覗きこまれるものとしては, 覗きこみいきごんで訊いた, 覗きこめば顔, 覗きこめる隙間の, 覗きこんだなり一生懸命に, 覗きざまに雪洞, 覗きした芝居も, 覗きしっかりしろとか, 覗きすぐにまた, 覗きそこの簾, 覗きそれが栄二, 覗きだんだん花屋の, 覗きちょいと襟もと, 覗きつぎにそれ, 覗きてをぢさん居る, 覗き読んで, 覗きではあるが, 覗きでもしようもの, 覗きというのは, 覗きどころの騒ぎ, 覗きなさることが, 覗きには行かれない訳, 覗きにも行かなかったので, 覗きのうそうで, 覗きはつとしたる, 覗きばかりしないで, 覗きべそをかく, 覗きほんの二粒か, 覗きまた一番古い, 覗きもしやがらねえって, 覗きアしません, 覗きわらじはない, 覗きてい, 覗きなったり, 覗きアッと思う, 覗きジェルテルスキーは意外さ, 覗きパン燒き窯, 覗き上げるやうに, 覗きの腕, 覗き乍ら八五郎に聲, 覗き乍ら水茶屋の親爺, 覗きを見る, 覗きおかみさんの, 覗き伊奈と筑摩, 覗き伴藏はキャッ, 覗きを見た, 覗き候所篠宅の戸, 覗き入り蒔いた種, 覗き其結果比良坂の絶誓, 覗き出しそうに, 覗き出しかけた彼の, 覗き出した美人の, 覗き出てる百日紅の, 覗き分けをし, 覗きの所, 覗き包みをほどき, 覗きた, 覗きひ乍ら, 覗き合いながらさっき, 覗き嗚呼我ながら, 覗き土蔵の壁, 覗き地殻を調べ, 覗きをかけ, 覗き外郎を購ひな, 覗き天候に就い, 覗き太郎なに見た太郎, 覗き女童の戯, 覗きのし, 覗き小さい声で, 覗き小声にて, 覗きと稱, 覗き川上の母子乞食, 覗きくなつたん, 覗きを窺, 覗き廻りさえすれ, 覗き廻ること二三軒, 覗き彼女の垂髪, 覗き往来の人達, 覗き愛賞措かざるに, 覗き或は頷き或は, 覗き悄れたる, 覗き數丈の高, 覗きであったから, 覗き星覗きと云え, 覗き暮す生活は, 覗き松井くんはその, 覗きで見る, 覗き機巧で聞い, 覗き機関が哀れ, 覗き機関電気手品盲人相撲評判の大蛇, 覗き歩くうちふと, 覗き毒々しい口ぶりで, 覗き気味で尋常, 覗き火の見を仰い, 覗き猫撫で声で云い出した, 覗き申候に崖, 覗き白翁堂はわな, 覗き目と目を見合せ, 覗き目鏡で海底, 覗き直ぐに不躾, 覗き相識の高尾氏, 覗き眼鏡みたいなもの, 覗き破れ笠や腰蓑, 覗き秋林ウォルガバイガルなどの百貨店, 覗き穴みたいな小, 覗き穴彼女は, 覗き穴発見のいちばん大切, 覗きひ, 覗き窺うなど以ての外, 覗きの緒, 覗き三次元の, 覗き絵みたいにすばらしい, 覗きの天井, 覗き自動車は義務, 覗き自家のに及ばない, 覗き萩丸の眼, 覗き蝶車の金具, 覗き行かぬはなく, 覗き見しないでもなかつた, 覗き見するものが, 覗き見できるように, 覗き覗き前の所, 覗き覗き包みをほどき, 覗きも来ない, 覗き警部が会話, 覗きの來, 覗き質問いたし升, 覗き起きたのと, 覗き越しにも一つ, 覗き込まれて先, 覗き込まれぬため非常な, 覗き込まれると澄子, 覗き込みなさるのん, 覗き込み泣き出すと驚い, 覗き込み相になつ, 覗き込むこえでそう, 覗き込めば見られ, 覗き込やうにし, 覗き込んでる二つの, 覗き返し急に何, 覗き遊ばして, 覗き遠くでは鶏, 覗きが少し, 覗き障子の白い, 覗き雲海の上, 覗きを揺っ, 覗き騷きが烈しくて, 覗きの鼻梁