青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見られる~ ~見る 見る~ ~見れ 見れ~ ~見ろ ~見上げ 見上げ~ ~見上げた ~見事
見事~
見出し~ ~見出した ~見出す 見出す~ ~見廻し 見廻し~ ~見当 見当~ ~見方 見方~

「見事~」 3097, 30ppm, 3919位

▼ 見事~ (1262, 40.7%)

12 成功した 8 當りました 7 發光する 6 それを, 外れました, 失敗した, 成功し, 的中しました 5 やつて, 出来て, 咲いて, 当りました, 斬って, 自害し

4 [11件] 仇を, 出來, 切られて, 効を, 当って, 折れて, 死んで, 生害し, 落第した, 裏切られて, 頸動脈を

3 [14件] きまって, パスし, 光って, 切断し, 喉笛を, 外れて, 失敗し, 引っくり, 的中し, 自分の, 裏を, 裏切って, 負けた, 首を

2 [90件] あてました, して, その裏, つんのめって, ぬかるみの, はずれて, まかれた, やって, 一蹴した, 二羽を, 使命を, 切って, 切り抜かれて, 切り拔かれ, 切断され, 切腹し, 十日間娘に, 千切られ, 千年壊れぬ, 取って, 咲き乱れたさま, 咲くなんて, 咲くの, 咽喉を, 土間に, 報復された, 外されて, 失敗って, 失敗に, 完成した, 建てたより, 当てが, 彼の, 征服する, 後を, 心の, 心臓を, 成功しました, 成長する, 打ち破られて, 押倒しました, 摧いた, 救って, 敗北しました, 敗北を, 斬られて, 斬り下げたもの, 書けて, 枝を, 極って, 死ぬ, 死ぬこと, 死ぬため, 没落し, 済まして, 演じた, 焼けて, 生長し, 発育し, 発達した, 的中した, 相手を, 眼を, 破れて, 破壊し, 禿げた頭, 禿げ上, 肩すかし, 背徳漢かも, 胸を, 脂肪が, 腹を, 自殺し, 芋刺しに, 虱の, 裏切った, 見破りましたが, 解決し, 解決した, 認められて, 赤銅色を, 跳ねつけて, 返り討さ, 逆襲した, 遂げて, 達成された, 適中し, 適中した, 銀色の, 髷を

1 [909件 抜粋] あおって, あぐる, あたつ, あの佝僂, あの飾り太刀, いっぱいくわされた, うらぎられました, おまにあい, お抽斗, お杉婆, お茶らか, かかって, かつぐとは, きまりここ, ぎいっと開かれた, くずれて, くつがえされたの, くらわせたが, この公式, この問題, この大, この試験, この青年, これは, ご自害, しくじった, しくじったり, しごいて, してやられたの, すくったの, すみました, すること, ずらかるかも, そだつ, その上, その利腕, その場, その急所, その空疎, そむいて, それこそ, それは, それも, ぞんじます, ちりばめた鞍, つくって, できました, とびこしたの, とんだが, なって, なるでしょう常, はずれた, はねつけし美登利, はねられた版下, ひっ外されて, ひらいて, ふくれて, ふところの, ふは, ふるいならしたところ, ぶち欠かれ, まいて, みえる, もう一度面, もえます一年越し, やっつけたの, やってのけた, やってのけて, やってのけるたち, やって退けた, やりとげたの, やりやがった, よこせ, アテが, カヴァーし, ガラッ八, サクリサクリと, タドンだ, ダブった二重, ハンドルを, ピンと, メズサを, ヴェルモットの, 一パイ引っかかっ, 一杯食わされた, 一番かつい, 一着を, 一等二等を, 三上の, 三番棒で, 下りぬ, 不合格, 中って, 之を, 乗りこなすぢ, 乗り逃し, 乱れて, 事件を, 二町程, 五六間も, 亡ぼして, 人工的に, 人殺しを, 仕上げさせたら何, 仕事の, 仰け反, 仰け反りました, 伝へられるやう, 伸びます, 体得し, 作ります, 保たれて, 修覆されるでしょう, 倒して, 倭文子さんと, 傑作を, 働いた, 働きましたぞ, 僕を, 儀助の, 先生だけで, 光るので, 克服し, 入つて, 入れますが, 全館すべての, 其の中, 典型の, 再生産, 凧を, 凶難を, 出し投げを, 出来さいすり, 出来た聖護院大根, 出来るの, 出来上ったぞ, 出来上つて, 出来上りだんだん, 出来上り吾ながら, 出来賑やか, 刀で, 分けて, 切り上げて, 切り崩したその, 切ること, 切取られて, 刎ねられた, 判るの, 刺して, 刺客を, 剃り落して, 削り落したり, 前に, 割かれて, 割り切つて, 割腹し, 助かって, 助け返して, 勝った, 勝つこと, 勝つた瑠璃子, 化かされたと, 北川氏の, 十文字に, 却下され, 又水, 及第なさいました, 収支を, 取つぐなはれたる, 取り返そうと, 取付ける手際, 受けとめて, 古びた王女像, 台盤に, 右の, 同じ場所, 吹き飛んだ轟きに, 呑み乾した中田屋杉, 呑干し, 命中, 命中したらしく, 命中である, 咲いたので, 咲きかけて, 咲きますので, 咲き右手, 咲き競っ, 咲き誇つて, 唯物論と, 喉を, 喰い割ること, 回復された, 図星を, 国際化した, 報讐し, 売れること, 変身できる, 大きくなり, 大きく葉, 大之進, 大村父子や, 大物を, 天寿を, 失せしめて, 失戀した, 失敗する, 失敗の, 奪い取られたこと, 女優としての, 妖物邸に, 学びとって, 完全である, 完成せられ, 実った麦, 実行し, 富士の, 射とめた, 射止めて, 射殺し, 小狗, 尖った唇, 岩から, 嵌まって, 左右に, 巻を, 平均し, 床の, 建築し, 弁証法的に, 引くり返ります, 引っ懸っ, 強化する, 弾丸を, 当ったの, 当った事, 彫り上げたの, 彼は, 彼女は, 征服した, 御予言, 御令息, 御進行, 復讐され, 復讐した, 心中を, 心得て, 必殺の, 忘却し, 応砲が, 悪魔的に, 感じこれ, 成し得る者, 成功したらしい, 成功致しました, 成敗遊ばしまし, 成熟した, 成長し, 手が, 手掛かりを, 打ち壊して, 打ち破られるの, 打ち落して, 払って, 承諾する, 投げる, 投げ捨つるくだり, 折れたそう, 折れ或は, 抜かれたその, 抵抗する, 押切って, 担がれましたよ, 拒絶し, 拡がった主, 持ち出して, 挙げて, 挿けて, 捌かれては, 掃除され, 揃って, 描きあげた横物, 描きます, 撃ちぬかれたの, 撃退した, 撮影され, 擦りぬけて, 放り出され老人, 敗北した, 整った螺旋紋, 整って, 整理し, 敵を, 文字通り粉微塵に, 斬った自信力, 斬らぬと, 斬り伏せるやう, 斬り割かれた佐吉, 斬れたと, 斬れよ, 断行された, 日焼した, 早変りを, 昇天し, 映るくらい, 晴し, 晴れて, 書いた, 書いて, 書きあげた詩, 書き弁舌, 書けるはず, 朝寝坊を, 林檎を, 果された, 枯れし花壇, 柳の, 検証を, 極彩色され, 横顔の, 欺かれて, 歌ひ, 止めて, 此の, 歩調を, 死のう, 段が, 決まったと, 治右衛門の, 沿岸へ, 泳ぎまわる, 泳ぐぞ, 流露された, 浮彫りした, 消え失せて, 源十郎を, 溶け込まされて, 滑るが, 滿開なさる, 漏斗形に, 潰し崩しどう, 澄み渡つて, 灰洗ひ, 炎上し始めた, 無一文に, 焼けたもの, 爛, 物的証拠を, 狂って, 献身すべきや, 玄蕃の, 現れて, 現場を, 生かされて, 生きたまま, 生きる, 生きること, 生捕りました, 異った, 當つたのが, 當らなかつた, 疊の, 発見した, 發達し, 白く積もっ, 百足の, 皆の, 盃の, 盗み出されて, 直なる, 真っ向から, 真直に, 着陸した, 矢を, 石垣から, 砕いて, 破った, 破られかの, 破られた, 破壊れ, 破産し, 示して, 祭壇が, 禿げて, 私の, 空想的に, 突かれて, 突き破りそれ, 突拔いた, 突破された, 立ち合いまして, 立て過, 立体的な, 第二砲台, 箱の, 粧った支那美人, 紅い林檎, 終止符を, 組み立てた, 結って, 結ぶ, 結末を, 縄を, 繁って, 繁茂し, 繍された, 繩を, 羅門塔十郎の, 義務を, 翼を, 耕されて, 耻を, 肱を, 育つと, 育て上げられたの, 背負い投げきまっ, 背負い投げを, 背負投げを, 胴へ, 脚を, 脱線し, 腰を, 膝まで, 自分が, 自害なされませ, 自然を, 花を, 花咲き, 花開いたので, 荒磯の, 落第, 葛岡へ, 薙ぎ払った, 蘇生せしめられた, 行われて, 術中に, 裁決させられた, 装ひ, 裏切ったの, 裏切られたの, 裏書きされた, 西洋文学の, 覆えした釈迦, 覆されまして, 覆へ, 見える, 見えるの, 見舞って, 解いた教え子, 解剖した, 言ひ切つた, 訓練の, 証を, 試験に, 説き伏せるか, 説明する, 諸侯の, 豪傑連を, 負けて, 貫き其, 貫通した, 賞典競馬の, 足を, 踊つてのけ, 蹂躙され, 蹴飛ばして, 身を, 輝いて, 返報され, 追い払ったわけ, 逆用する, 逆証され, 這った, 通つた, 通つた險の, 通人の, 造り上げて, 逮捕する, 達成しつ, 遮られて, 釣りだしに, 長くなる, 開かれた片手, 開けて, 間違いであった, 隈なく, 階段を, 雄大で, 雪子を, 露れた, 音楽に, 頭蓋骨を, 額を, 飛び損ねて, 飲み乾すの, 飾るので, 騎士的だ, 鯨の, 鴨と, 鶴彌, 黒衣の

▼ 見事~ (1198, 38.7%)

22 ものだ 17 もので 15 ものが 12 ものでした 10 ものであった 9 花を 8 のが 7 ものです, ものを, 花の 6 のは, ものである 5 筆跡で, 美しさ, 肉汁 4 のを, 出来で

3 [14件] ものじゃ, ものだろう, ものでありました, ものであろう, ものは, 仕事を, 体格を, 弧を, 恰幅です, 梅の, 決戦戦争を, 絵を, 花が, 調和を

2 [84件] ぐらゐカラカハれた, ことは, ことも, ところを, ながめ, のである, のです, ほど別れ際, ものぢや, ものであります, ものでございます, ものとは, ものな, ものも, もんだ, んだ, ダイアモンドの, ダイヤが, 一株の, 事は, 作を, 使者だ, 働き, 働きを, 勝利を, 品を, 大きいの, 失踪ぶりです, 女乗物, 女夫雛, 宙返りを, 寝台の, 島田髷では, 巻き落しを, 後ろ袈裟虚空を, 恰好, 恰幅, 恰幅で, 恰幅に, 成功を, 成績を, 手文庫の, 手際です, 敗北を, 文身が, 料理の, 曲線を, 書体で, 最期を, 松でございます, 松は, 構成に, 海老や, 漆黒の, 瓢箪の, 畳の, 白い牡丹, 短刀が, 石の, 筆蹟だ, 筆蹟で, 米饅頭と, 絵が, 線を, 腕を, 花環を, 菊を, 蛇の, 袈裟掛けだ, 袈裟掛けに, 見事な, 豹の, 軽業を, 速さ, 速度で, 道具だ, 銀色の, 銀髪に, 雪景色を, 鞍を, 鞘が, 髭を, 魚である, 魚を

1 [839件 抜粋] おくり物, お年玉いただいた, お手前, お料理, お筆, お胴, お菓子に, お鞍, からだつき, くらい平然と, ぐらゐ君の, こと, こと人の, この枝垂桜, ごちそうを, さむら, しかし心持地味, ぜいたくな, そうして珍, その一間, つやも, と武蔵, のでございます, のでその, のでよく, ので此, ので荘, のと, のりに, ひさしを, ほどの変貌, まあ御, もの, ものであり, ものに, ものま, もんでしょう, もんや, ように, わけ, アンサンブルが, インメルマン・ターンを, イヴニング・ドレスが, カフェー, ケーキだった, コレクションは, コーヒ茶碗なども, シンメトリイを, スタアトを, スプールが, スロープを, センチメンタルな, ダイヴイングを, ディヴァンの, トマトの, トランクへ, トンボ返り, ハヤクチである, ハンカチーフを, パイプを, フェニックスと, プレーであった, モスクを, モーターボートを, ルイ十六世式の, ロシアの, 一二九番の, 一個の, 一年の, 一撃を, 一文字造りの, 一本と, 一矢の, 一篇の, 一言じゃ, 一足飛び, 一領の, 七宝細工を, 下着, 不自然な, 世界を, 中音は, 亀背である, 二つの, 京壁稲荷と, 人に, 人形が, 人形でした, 仮想を, 伝統が, 住宅の, 体当り, 体系を, 作り方を, 假想を, 健男児は, 傷を, 優越を, 光を, 八字髯を, 八橋という, 八橋といふ, 典型は, 円柱に, 冴えを, 出來榮え, 出来だった, 出来でございました, 出来ばえであった, 出来栄えであります, 出来栄じゃ, 出来栄を, 刀だの, 刀掛には, 切口, 切腹を, 刺青の, 創造を, 効果を, 動物の, 動物も, 勝と, 勝負だった, 包囲作戦です, 十箇の, 協力が, 原始林に, 双方の, 反駁の, 叙述に, 口髯を, 古典的文学を, 古陶器, 名前を, 向日葵の, 吾妻富士の, 告白, 和声法は, 品々が, 品でした, 品も, 唐もろこしを, 唐子の, 器だ, 四肢であろう, 図が, 土臺の, 坊主だ, 垂直線を, 塔でした, 声を, 壺を, 大仏壇, 大作は, 大判の, 大太刀, 大小を, 大幅で, 大木で, 大根一本が, 大樹が, 大湾, 大花瓶, 大鯛, 太さ, 太刀を, 女という, 女乘物, 妙味が, 威勢の, 季節に, 宛然生身の, 宝持ち, 宝玉を, 宝石なども, 実が, 実例を, 室である, 富士びたえ, 寝返りを, 射撃の, 小松が, 小楷, 尻餅を, 屋根を, 展観が, 山桜の, 島田さ, 崇高な, 巴旦杏が, 帯を, 帽子を, 幅を, 幻想は, 庭園へ, 庭苑の, 建物が, 弓と, 引き手だ, 当身を, 形を, 形式を, 彫刻の, 征服でしょう, 征矢で, 御所車に, 心がけを, 忍術ぶりでは, 思いがけない美しい世界, 恰幅その, 恰幅でした, 恰服と, 態度で, 懐中煙草入が, 成功でした, 成功は, 成果を, 戦死を, 手だ, 手つきで, 手仕事であります, 手箱です, 手紙を, 手綱染めか, 手繰り振りで, 手蹟じゃ, 手蹟で, 手際で, 扱いを, 技巧家では, 拵えの, 振舞いを, 推理で, 放れ業であった, 数枚が, 敵の, 文字を, 料理を, 断層であろう, 日和に, 早業だった, 春が, 景趣では, 暗渠の, 最後を, 最期だ, 最期である, 月夜だ, 有様を, 望遠鏡が, 木版印刷に, 本染めの, 朱塗紫の, 松林が, 林檎が, 林皆其中を, 果物に, 果物や, 枝を, 染羽二重を, 柿いろ, 柿の木が, 格闘振りに, 桐の, 桜の, 桜並木が, 椿の, 業だった, 業蹟を, 楮紙である, 構へで, 構造である, 槍床の間を, 様子に, 樂しい, 橋であります, 檜材の, 武者ぶりの, 武装行列と, 歴史である, 殿下だ, 毛虫である, 民器を, 沃野を, 洋服を, 洗い出しの, 浮彫の, 深傷, 混凝土の, 清少納言の, 渓谷である, 渦を, 滝が, 潮を, 濃緑色に, 煽りを, 父の, 片鱗が, 牛じゃのう, 牛には, 牡馬な, 物さ, 物で, 物でした, 猫たちで, 王室の, 現はれである, 瑠璃草が, 生活図が, 甲虫は, 男であった, 男ぶり, 画である, 畜犬が, 癇高いう, 登場ぶり, 白い石, 白髪に, 百合の, 的中ぶりに, 盛りを, 看板を, 真珠より, 眺めでした, 着眼です, 着陸ぶりであった, 石畳み, 磚や, 神妙剣, 立廻りを, 竹で, 笏杖その他一月前に, 筆跡です, 筆蹟である, 筆蹟でござる, 筋肉の, 箪笥類を, 紅梅の, 紙に, 細工で, 終盤を, 組合せから, 結合を, 結構で, 絨毯の, 統制で, 綿帽子が, 緋鯉さへも, 緑門も, 繍い, 織物や, 繼竿を, 美丈夫を, 美味い桜, 習慣だ, 老人だ, 老木の, 肉汁澤山で, 肖像を, 肩掛を, 胸の, 脚と, 腕の, 腕前です, 腸だ, 腹に, 自刃の, 自然さを, 舞踊台を, 舟脚で, 色を, 色素定着法で, 芝生である, 花である, 花冠を, 花房を, 花柱を, 花畑で, 花茣蓙が, 芸を, 芸術であった, 芸術作品の, 芸術家だ, 若駒, 若鶏, 茄子の, 草花を, 菊の, 菓子折でした, 華足付きであった, 落馬だった, 葉脈の, 葡萄を, 葡萄棚が, 葡萄畠を, 蒔絵で, 蒔絵の, 蓮根が, 蕊を, 薔薇だ, 藝當だ, 虎の, 蜒り, 蜜柑山を, 蝶は, 血した, 血色を, 街路だった, 装を, 裏地の, 製作で, 裾野の, 襟脚が, 親和では, 觀世縒でした, 角板が, 計略じゃ, 訓練によ, 訓練は, 記録であっ, 詐欺な, 詩だ, 説明が, 調子で, 警戒ぶりである, 貴方の, 赤い色, 赤松の, 赤瓦が, 赤絵である, 赤銅色の, 赤鼻の, 足を, 蹄の, 身の, 身体です, 軸へ, 辮髪を, 退陣ぶりを, 透彫, 通訳ぶりを, 造庭を, 逸物で, 遊山船で, 運転ぶりを, 道具で, 道路で, 醜態を, 野菜が, 金具を, 金蒔絵を, 金鞍が, 銀髪と, 銀鼠であっ, 錫杖を, 録音のが, 鎌形の, 長い船体, 門前払いなるほど, 門構の, 闘魂身構えであった, 隊伍を, 雁来紅を, 難船, 雪では, 雪国の, 青い色, 青錆, 面皰を, 鞍の, 順序で, 頬笑ましい, 頭だ, 題簽を, 額は, 類推論法でも, 風情であろう, 風船は, 飛躍を, 飾りで, 飾りを, 馬に, 馬を, 駒下駄が, 騎手ぶりを, 體術です, 髯だろう, 髯に, 鮎が, 鮮やかさで, 鯉です, 鰺が, 鱗翅類が, 鳥です, 鳶を, 麗人を, 黄金の, 黒光りを, 黒絹の, 黒馬が

▼ 見事~ (82, 2.6%)

4 に平次 3 というもの 2 こんな場末, だ, である, でした, に, は誠に, まことに線

1 [61件] お姿, で, であった, であったが, です, ではある, ではない, といふもの, とても筆, と来た, と残らず, にあッ, にうたれます, にうっかり, にうっとり, にかかっ, にかかわらず, にしばらく, についてくりかえす, には無邪気, には驚かれる, にまで達した, にも驚いた, にわけ, に固唾, に彼女, に手, に打たれます, に文武, に母親, に相手, はいきなり, はいまだ, はその, はそれ, はなお, はまた, は天国, は奧, は市井事, は歴史, は近代, は驚く, ばかりが眼, またその, も物言, や潤沢さ, や独特, や背, よ, を全面的, を平次, を我々, を書き送り, を構成, を激賞, を褒めぬいた, を誇っ, を賞讚, を高台いっぱい, 美しさ

▼ 見事~ (42, 1.4%)

4 はある 3 あつた, ござりました 2 ござります

1 [30件] あつた庭, いまでも, ござりまする, さえあれ, しかも女, そぞろに, その素足, それで日向, はありません, はない, もう何, もない, キラキラと, 一介の, 一朝に, 両国の, 人の, 人間の, 今日においては, 塗も, 宮本武蔵と, 就中その, 我々子供ながら, 文句も, 日本一と, 気性も, 結局は, 纏綿たる, 豪傑には, 高価じゃ

▼ 見事~ (35, 1.1%)

3 なあ 2 と思う, ね

1 [28件] からちょい, からです, が, があれ, がこっち, がその, がノートル・ダム寺院, が後者, が智恵者, が智慧者, が装飾, けれどもあなた, し一尾, し文言, ぞ左京, つたのを, と婆, と思われる, と申し, なア, な井上, ものほんとに, わ, ッて, ナこれ, 碗も, 美いと, 見事だ

▼ 見事なる~ (28, 0.9%)

2 ものなり, 老木也

1 [24件] ご最期, は府中, ものである, 切り岸を, 勝利を, 十字架が, 品で, 品物を, 大木也, 峡流の, 巨大の, 幅広の, 御裁決, 敵将の, 料理屋の, 朱柄の, 樹也, 珊瑚の, 生椎茸, 石門なる, 芭蕉かな, 金燈籠の, 雨降る, 髭とは

▼ 見事です~ (21, 0.7%)

2

1 [19件] がその, がそんな, がもう, が何, が何ん, が口数, が恋, が戀, が畳, が疊, が細面, けれど私, こと, な, なあ, なア, よあなた, よわたし, 事ねえ

▼ 見事~ (18, 0.6%)

1 [18件] お腕前, ご対談, ものであろう, ものでございました, もの十分武道ご, 二字に, 作である, 出来でも, 出来栄え幸いに, 戦い振りに, 戰ひ, 手の内拙者少々, 棒の, 欅板が, 獅噛み, 百姓振りだ, 筆蹟を, 釜が

▼ 見事~ (14, 0.5%)

1 [14件] いうべきもの, いうより, いおうか, ふざけたよう, ほめそやし, ほめたり, わざとらしくない, 寄手の, 思う間もなくまず, 思わざるを, 申すもの, 褒め立てようと, 見とれしが, 言うだけに

▼ 見事であった~ (13, 0.4%)

1 [13件] かそれ, がとりわけ, こと, ことなど, という, という話, と人みな, と嘆賞, と申す, な, のう, 由, 高音の

▼ 見事でした~ (9, 0.3%)

51 がさて, が丹波丹六, が平次, ね

▼ 見事だった~ (8, 0.3%)

1 この庭, ぞ, といわれる, とは申されませぬ, のでツイ自分, のに違い, のより, ものです

▼ 見事じゃ~ (7, 0.2%)

1 がわれら, ぞ, のう, ほめとら, アありません, 早うお, 見事じゃ

▼ 見事成功~ (7, 0.2%)

3 して 2 した, したの

▼ 見事~ (6, 0.2%)

2 見事 1 みごと, 筆の, 見事ことに, 見事と

▼ 見事それ~ (5, 0.2%)

1 で凌い, と観破し, にかかった, までに東, を裏切らなかった

▼ 見事失敗~ (5, 0.2%)

1 したの, して, しました, に終, に終わっ

▼ 見事この~ (4, 0.1%)

1 大役を, 彦兵衛が, 彦兵衞が, 独眼竜に

▼ 見事である~ (4, 0.1%)

1 ぞ, と信じる, と思われる, と申さね

▼ 見事見事~ (4, 0.1%)

1 だけで一切, とふざけた, とほめそやし, と褒め立てよう

▼ 見事その~ (3, 0.1%)

1 巨岩を, 弱点を, 直覚は

▼ 見事だろう~ (3, 0.1%)

1 と思う, と思われる, なんて言い出す

▼ 見事~ (3, 0.1%)

1 や, やから, や御座いません

▼ 見事でも~ (3, 0.1%)

1 あり高価, ない, 可かん

▼ 見事には~ (3, 0.1%)

2 なりましたが 1 いかないな

▼ 見事にも~ (3, 0.1%)

1 描くおそろしい, 立派にも, 鮮やかな

▼ 見事もんどり~ (3, 0.1%)

2 打ちました 1 打って

▼ 見事~ (3, 0.1%)

1 あれほどな, 喃, 実にやんわりと

▼ 見事二つ~ (3, 0.1%)

1 になった, に折れてた, に裂け分れた

▼ 見事~ (3, 0.1%)

1 の逆手, を叩き, を討

▼ 見事立派~ (3, 0.1%)

3 の名前

▼ 見事おれ~ (2, 0.1%)

1 に破られた, の手だま

▼ 見事これ~ (2, 0.1%)

1 だけのけいず, はお

▼ 見事さすが~ (2, 0.1%)

1 にござります, は一式氏

▼ 見事さ暮し~ (2, 0.1%)

1 の豊かさ, の豐

▼ 見事さ町内~ (2, 0.1%)

2 で誰

▼ 見事でございます~ (2, 0.1%)

1 がどっち, こと

▼ 見事でない~ (2, 0.1%)

1 箱根土産の, 背中が

▼ 見事とも~ (2, 0.1%)

1 言わないで, 言語に

▼ 見事なう~ (2, 0.1%)

1 でま, でまえ

▼ 見事な彫~ (2, 0.1%)

1 のある, のふっくら

▼ 見事にて~ (2, 0.1%)

1 棹を, 芝翫の

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 結構な, 見事です

▼ 見事やっ~ (2, 0.1%)

1 てのけた, て行く

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 拓本ガ出来上ル, 猫眼デ

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 を打ち破つ, を打破つた

▼ 見事人相~ (2, 0.1%)

2 も福

▼ 見事仕止め~ (2, 0.1%)

1 てくれ, て帰りぬ

▼ 見事~ (2, 0.1%)

2 に恥

▼ 見事合格~ (2, 0.1%)

1 して, って木島

▼ 見事命中~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 に当っ, に当った

▼ 見事大原幸内岸松太郎林彦三郎~ (2, 0.1%)

2 の三人

▼ 見事引っ~ (2, 0.1%)

2

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 に負けた, はその

▼ 見事成就~ (2, 0.1%)

1 させたいやう, させたいよう

▼ 見事撃退~ (2, 0.1%)

1 された, して

▼ 見事武家娘~ (2, 0.1%)

2 の嫁入り道具

▼ 見事父上~ (2, 0.1%)

2 の過失

▼ 見事瞬き~ (2, 0.1%)

2 する間

▼ 見事~ (2, 0.1%)

1 に入った, 斬りに

▼ 見事~ (2, 0.1%)

2 を蹴上げる

▼ 見事自刃~ (2, 0.1%)

1 されてしも, して

▼ 見事自分~ (2, 0.1%)

1 の糊口, を作り変え

▼ 見事過ぎ~ (2, 0.1%)

1 てこんな, て君

▼1* [224件]

見事うしろへ振り向き得た, 見事うっちゃりを喰った, 見事かは知りませんが, 見事からかわれている, 見事はまる, 見事きわまる賢哲保身だ, 見事ぐさりと突かれた, 見事こたえたものとして, 見事ことに第五, 見事ごろごろと転び, 見事さかこみの太さ, 見事さそれこそ本朝, 見事さ人柄の上品さ, 見事さ厚朴醇美の貴, 見事さ平次の緊張, 見事さ愁いと知慧, 見事さ拵えや調度, 見事さ結晶物の光り, 見事さ背丈の高, 見事さ雲を踏む, 見事たじろがせたのであった, 見事だうむハハ, 見事だけで一切を, 見事だったろうと思われる, 見事だって面倒な, 見事だつたらうと彼女, 見事だらうこ, 見事ちと遅かった, 見事つとめて下さるだろう, 見事であってその, 見事であったろうと思われる, 見事であらせられる旨言上する, 見事であり人々の, 見事でありますが降った, 見事であるべき筈の, 見事であろうと絵, 見事でかし損ずるは, 見事でございましたがな, 見事でござったゆえでは, 見事でしょうね, 見事というわけにも, 見事というの外は, 見事というも愚かである, 見事とのこと, 見事ないけ花, 見事なしなの木, 見事なしげり工合と, 見事なやりかたは, 見事ならず著しく近代風, 見事なりしぞ, 見事なれど歩み, 見事な呑みつぷりだか, 見事な干所を, 見事な死に方を, 見事な申し開きでありました, 見事な見得を, 見事な退き振りかな, 見事な阿亀の, 見事にがちゃーんと, 見事にずつと貫かれて, 見事につけ澄ました平, 見事ぬけだしたらおれに, 見事ふたつに斬る, 見事ふりおとして身体中, 見事ぺしゃんこになっ, 見事まずこちらの, 見事馬の, 見事やったらいかにも拾, 見事やり了せる, 見事やり損じて下, 見事ゆえに強, 見事よと賞めたたえた, 見事らしい御邸, 見事らしくないがしかも, 見事が行く, 見事わたしにも指南, 見事通り越して, 見事一人が田楽刺し, 見事一年と経たぬ, 見事一本とったつもり, 見事七万両を手, 見事へ転げ落ちた, 見事両雄がな, 見事丸官を蹴, 見事二つ三つ地面をころがっ, 見事五千両を引出し, 見事仕上がったら耳を, 見事仕出来した, 見事仕止めつと聞きつる, 見事仕遂げ面目を, 見事仰向けざまとなっ, 見事伯父から奪い取っ, 見事傲慢な宮津藩, 見事優等の成績, 見事の通り, 見事兵家のいわゆる, 見事其處に居直り, 見事其霊を捉, 見事出来し損ずるは眼, 見事出鼻にさし込まれた, 見事割腹いたして, 見事十手捕繩, 見事十手捕縄を守りつづけ, 見事参るか, 見事名君のよう, 見事善根をしたる, 見事外されて踏み応えよう, 見事夜光の短刀, 見事夜来の一戦, 見事大きなのが, 見事大敵を突き殺した, 見事大高一城の者, 見事天井を切つて, 見事られたわけ, 見事奪ってお, 見事に添, 見事の首, 見事対岸の樹木, 見事射当てるならば射, 見事射止めたと信じ, 見事小太郎の誘い, 見事小鼻の脇, 見事巻き取ッて, 見事懸り候, 見事当選の栄, 見事も確実, 見事彼方の袍, 見事征服して, 見事後代の典山, 見事見事, 見事復讐して, 見事心臓を貫かれ, 見事をつかず, 見事成し遂げる人は, 見事我大敗に期せり, 見事我手に捕縛, 見事手がらを立てられ, 見事投げ槍に, 見事投げつけて以來, 見事拙者がやっ, 見事振鈴の響, 見事捕る気か, 見事描かんと思う, 見事撃ち取って見せぬ, 見事故障を直した, 見事敗北の形, 見事敵路を先, 見事文化上のヴァンダリズム, 見事料理して, 見事ッて, 見事斬られてみる, 見事斬り込んで来るなら来, 見事斬るか, 見事斬れるか斬れない, 見事日本一の親不孝, 見事李楽を両断, 見事果さねえうちは, 見事楊志の片手, 見事って印東, 見事極楽画の一部, 見事死んで見せよう, 見事泳ぎついたの, 見事消え失せたのだ, 見事の讐, 見事ひが, 見事琵琶湖が埋まるでせう, 見事申し受けようも, 見事異状がない, 見事に当っ, 見事的中した筈, 見事相手を倒した, 見事眉間をざくり, 見事真っ二つに, 見事は達引, 見事突いたかと見えた, 見事四次元の, 見事米粒だけ真, 見事紋弥を袈裟掛, 見事る縁, 見事罠弓にかかっ, 見事美代子をパンパン, 見事羽織に包んだ, 見事肘鉄砲を喰, 見事背いちめんの野晒, 見事背負投げを食わされた, 見事胸元を突き貫かれ, 見事若い時は, 見事若造を斬り棄て, 見事菊池方のやぶれ, 見事落ちてくる, 見事落ちたらその辛, 見事落第した彼女, 見事蠅男の左腕, 見事を見ず, 見事血花が咲い, 見事裏切ってしまわなけれ, 見事見事わたしにも指南, 見事見破られたのであった, 見事親類や土地, 見事やぶられた形, 見事調度も相, 見事負けたのだ, 見事貫之と同じ, 見事貰ったが算盤, 見事軽少ながら籠城, 見事追い返してしまった, 見事運んでこられた, 見事過ぎるほどの橋, 見事遣って退けた, 見事適中したという, 見事遮断されて, 見事選挙民を泣き落した, 見事金森家を取潰す, 見事金眸が首, 見事闇黒に白線, 見事雪辱した, 見事きだして, 見事頼母は自分, 見事駈けつけざまに, 見事高檢にパス, 見事髪毛をちら, 見事の失敗, 見事鳴かしてお, 見事をあかせ