青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「菩薩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~
菩薩~
華~ 華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~

「菩薩~」 1051, 10ppm, 10889位

▼ 菩薩~ (323, 30.7%)

6 姿が 5 ような 4 ように, 像を, 画像を, 示現を 3 像が, 愛の, 疾いは

2 [17件] おからだ, おすがた, お像, こころです, 乳より, 乳頭と, 危坐せるあり, 名を, 宝前に, 御手, 心という, 方が, 画像が, 船旗を, 行, 頬を, 顔は

1 [253件] お作, お守りも, お守りを, お守札, お影像, お施主たち, お臍, お計らい, お顔, ことじゃ, ことぢゃ, ことを, こと象王とは, ごとき姿, ごとき嬰児, ごとき真善美, ごとく, ご影向, さりげなく, すが, ために, ほんとうの, もつ微妙心, もとに, やうな, やうに, やきもち, ようだ, ようであった, 一つの, 上で, 下位に, 世界には, 主張された, 乗り物の, 乳頭から, 乳頭より, 五座である, 人々である, 仏使の, 仏法が, 仮名を, 仮面以前に, 伝記によっても, 位往生すれ, 体験内容たる, 使者と, 修業に, 修行地また, 偉大性が, 像である, 像に, 像には, 像は, 具名で, 再来だ, 再来では, 再来とも, 列の, 利益を, 前を, 勢至菩薩のと, 化影が, 化身が, 化身だ, 化身で, 化身である, 化身と, 化身とさえ, 化身として, 化身な, 化身などとは, 半眼という, 口憑や, 口辺に, 口辺のみ, 号を, 合掌の, 名が, 名において, 国, 在り方と, 地位であり, 坐禅せられた, 境涯でさえも, 墓標, 壇に, 夢は, 大い, 大きな画, 大乗起信論を, 大幅の, 大幅も, 大悲です, 大戒, 大旗, 大論に, 大道に, 大願を, 夫人の, 如き賢, 如く利他, 如く群青, 妄執五時説教は, 姿じゃと, 姿だ, 姿である, 姿では, 姿と, 姿も, 姿を, 姿態そのものに, 子孫だ, 守り袋だった, 守り袋は, 守り袋を, 宗教, 尊容な, 小さな祠, 山は, 峰, 峰を, 嶺, 嶺から, 嶺だ, 幢が, 幢を, 幢墨染の, 広大無辺な, 建立する, 弟子に, 張り見世を, 形に, 徒から, 御使, 御像, 御化身, 御在所, 御在所往昔より, 御声, 御弟子, 御影, 御指量, 御涙, 御苦労などは, 御託宣は, 御誓いだ, 御頭, 御首, 微笑とは, 心備はれり, 心奥には, 念願です, 恩恵に, 意味が, 愛読者であった, 慈眼が, 態度を, 戀ヶ窪香骨土と, 所行に, 手, 手に, 手のひらの, 手を通して, 指南によって, 指導を, 指左手の, 挨拶, 教義でも, 方へ, 方も, 旗竿を, 書いたもの, 木像は, 本体, 本尊に, 本願な, 歴然と, 殺人と, 渇仰者だ, 犯跡を, 玉枝, 王様の, 理想です, 生れかわりとでも, 生活すなわち, 生活と, 生活態度は, 画像でございます, 画像は, 白い豆府, 相を, 相絵千枚, 真言を, 眼は, 石塔は, 示教を, 神告が, 祥と, 祭日には, 祭礼を, 称号に, 称号の, 種々相を, 稱號に, 立像の, 立像を, 笈摺を, 笑みに, 第一, 粒も, 精神は, 絶えざる悩み, 胸に, 般若の, 荘厳に, 行に, 行は, 行を, 裳下に, 見果てぬ夢だ, 言うところ, 言葉だって, 言葉や, 語にも, 説く教, 説法を, 論部の, 賢明三馬鹿の, 路が, 軸が, 軸を, 連山, 連嶺南アルプスの, 遊びが, 道, 道こそ, 道です, 道として, 道を, 道場が, 金像じゃ, 間の, 雪峰と, 霊場であります, 頂で, 頂上です, 頭を, 顔と, 顔の, 顔色を, 願を, 龕か

▼ 菩薩~ (72, 6.9%)

3 謂へば 2 呼んだこと, 稱する

1 [65件] あったと, あって, いい世自在王仏, いい境内, いう, いうとも, いって, いふと, そっくりの, その寄進者, なったもの, なつて, なられたじゃ, なられたぢゃ, なり仏, なり更に, なるといふ, ほか四菩薩, 一々附會, 一室に, 一緒に, 丹波山大, 云う言葉, 云える, 交渉の, 仏とは, 仏の, 仏鉢と, 信仰し, 八万四千の, 号づけ, 同じく新しい, 同じよう, 同時で, 同様の, 呼ばれ必らずし, 呼んだ例, 呼んで, 声聞, 声聞との, 存じます魔, 寅藥師とは, 密通した, 崇めたもの, 思いしは, 思はれた遊女, 思われた遊女, 摩利支天とを, 明王は, 書いた旗, 最も親しき, 月光菩薩とが, 有して, 無量寿如来と, 申ししいにしえ, 称えれば, 称され大社小祠, 西藏本來の, 見て, 言わずに, 言われたよう, 誤り勿体なき, 謂えば, 金文字で, 顕れ北陸道

▼ 菩薩~ (67, 6.4%)

4 礼を 2 默し

1 [61件] あるいは阿, あれ程の, いかなる形貌, いま日蓮の, かなり推古仏, こう答え, さすがに, そうした重厚, そのかみの, そのまま雲, それを, ちらちらと, とうてい大衆, どこでも, まこと, またその, 一切の, 一切衆生を, 七日七夜泣き続け, 下敷と, 乃し, 事実の, 作仏行を, 億の, 八万の, 八幡大, 千部の, 半空, 卯月八日に, 同じ挙措, 塗香もて, 大抵お, 大般若経, 女人に, 実に有難い, 密教のみ, 寛平中, 御老體也, 思ひしより, 恍惚として, 智慧を以ての, 智慧殊勝で, 更にその, 染物屋に, 毒竜退治で, 河水の, 焼香塗菩薩は, 牛車に, 猶更, 私から, 稚気溢れたる, 群衆を, 胴体から, 能く, 自分より, 自分等ばかりの, 行末の, 親しく体験, 身慥へや, 身體肥滿せり, 釈尊に

▼ 菩薩~ (65, 6.2%)

2 あって, もとの, 悪業の, 深般若波羅蜜多

1 [57件] あらわれたの, ある日, お作りに, お慈悲心, お書き, お護りある, この峰, それであります, われら凡愚煩悩の, シナに, 一体くるくる, 乗った象, 仏性を, 仮にこの, 佇立し, 全身を, 出でてかの, 出なかった時分, 化身し, 南海に, 哭いて, 大乗の, 妙に, 始まりだ, 娑婆世界の, 対象として, 居て, 居られて, 居るので, 彫って, 待って, 御保証, 御来迎じゃわい, 思い思いの, 手を, 探検一行に, 控へて, 教育した, 歌ふ, 求児擁護の, 浄善の, 無いから, 無声の, 現れて, 現われて, 皆白檀, 約束の, 維摩居士に, 舞い出す, 般若の, 虚空に, 言へば, 迎えて, 迎えると, 遊化に, 雲に, 龍宮に

▼ 菩薩~ (63, 6.0%)

3 越えて 2 少し上げ, 念ずるもの, 疾翔大力と, 鳥より

1 [52件] おも, おもふべく, お蘭さま, きょうは, して, すえ奉ること, なくしては, 乗せて, 信ず, 信ずる事, 信仰し, 冷評し, 出して, 同じ道, 呼び寄せ山行, 天狗だ, 孔子に, 尋ねて, 山に, 待つて, 念じて, 招きたるよな, 拝すると, 拝せん, 拝むべき場合, 拝もうと, 拝んで, 持つて, 本尊の, 流出し, 流出す, 画いたならば, 祀り礼拝, 祈念し, 篤信した, 素材の, 経て, 繞る, 美女の, 自覚してる, 表現し, 見出すとともに, 親に, 讃し, 負かしたきもの, 越えこの, 通るもの, 非常に, 頼むには, 顏子に, 餞別に, 高僧知識に

▼ 菩薩~ (41, 3.9%)

2 似て, 呼びかけて, 辻斬が, 髣髴せり

1 [33件] あるまじき邪悪, お暇乞い, たとえられるよろず, たとえ卑しい, なって, ものを, 三十三身ある, 似ず仙家, 助けられて, 勧むれ, 参らする, 参詣し, 合致しよう, 夢中に, 幾たびか, 待ち合せの, 徴されよう, 数の, 敵する能はず, 斯かる, 来るほどの, 祈請, 神酒を, 縁の, 見るよう, 跪座立礼三拝し, 近づく事, 逢はれた, 違ひない, 鉦を, 附会した, 面謁した, 高められた

▼ 菩薩~ (34, 3.2%)

2 が立ち, のよう, は見世物小屋

1 [28件] か吉祥天女, が愈々, さえがやや, とこの, と影, など描い, において嬰児, に必要, に親しむ, のおん手, の一躯, の作家, の前, の口辺, の夢, の姿態, の幅, の深, の相好, の足下, はおもえ, は多く, もその, も庭, や青ざめた, よりは確か, を私, ノ線

▼ 菩薩~ (19, 1.8%)

1 [19件] あわれと, お見放しなすつた, お誓い, その肉, 仏も, 仰せられたごとく, 出現せね, 同じく, 同じく尊ん, 在俗の, 定めしか, 居られるありがたい, 左様に, 恐らく何処, 照覽あれ, 笠を, 羅漢も, 邪婬の, 閉口の

▼ 菩薩という~ (11, 1.0%)

2 方は 1 あのやさしい, お方が, のは, のを, ものは, ような, 人間の, 奈良朝時代の, 男

▼ 菩薩~ (9, 0.9%)

1 が一段と, が雲, とを撮した, に登り, はちょいちょい, は割愛, は後者, への登攀, を除い

▼ 菩薩連嶺~ (9, 0.9%)

1 が悠久, さえ靄, に関して新, の南半, の南端, の南面, ほど山名, を中心, を写し

▼ 菩薩とは~ (8, 0.8%)

1 かかるなつかし, 一種の, 人心の, 如何なる神, 心の, 心得ずただ, 自分の, 自覚せん

▼ 菩薩~ (8, 0.8%)

1 から来る, でありかつ, に出る, に相当, のよう, の如法, の話, をやっ

▼ 菩薩~ (6, 0.6%)

1 ちっとも分りません, 仏の, 何か, 何ぞの, 否酒, 金色光に

▼ 菩薩には~ (6, 0.6%)

1 この清らかさ, 一々何, 思想の, 猿が, 皇子誕生の, 難陀

▼ 菩薩として~ (5, 0.5%)

2 仰がるる 1 仰ぎたいの, 尊びます, 現わ

▼ 菩薩とも~ (5, 0.5%)

1 いい富士浅間菩薩, いふべく他, なるよう, 信仰し, 呼んだり

▼ 菩薩~ (5, 0.5%)

3 般若波羅蜜多を 2 般若波羅蜜多

▼ 菩薩~ (5, 0.5%)

1 が果して, とはイスラム教徒, ともいふた, と稱, は唐時代

▼ 菩薩~ (5, 0.5%)

2 その中 1 が之, が集まっ, の行

▼ 菩薩さま~ (4, 0.4%)

1 がこの, が来られる, とて番茶, のよう

▼ 菩薩~ (4, 0.4%)

1 は其神, を授け, を授け奉る, を許される

▼ 菩薩~ (4, 0.4%)

1 から世界, に外, のこと, は今

▼ 菩薩来迎図~ (4, 0.4%)

2 にし 1 の雲, ほど固く

▼ 菩薩おん~ (3, 0.3%)

3 かかか

▼ 菩薩~ (3, 0.3%)

1 あつて, なお可, 後に

▼ 菩薩である~ (3, 0.3%)

1 ことは, という自覚, と言つて

▼ 菩薩でも~ (3, 0.3%)

1 わからないところ, 招来せね, 探し出して

▼ 菩薩といった~ (3, 0.3%)

1 ことは, ので, ように

▼ 菩薩といふ~ (3, 0.3%)

1 ものが, 方で, 方の

▼ 菩薩との~ (3, 0.3%)

1 二つが, 区別が, 問答です

▼ 菩薩なり~ (3, 0.3%)

1 いにしへより, 仏なりな, 西金色の

▼ 菩薩~ (3, 0.3%)

1 仏も, 天蓋の, 羅漢の

▼ 菩薩太夫~ (3, 0.3%)

1 その息子, は光悦どの, もまた

▼ 菩薩山脈~ (3, 0.3%)

1 である, の主要部, は滝子山

▼ 菩薩~ (3, 0.3%)

1 であった, に達した, への達成

▼ 菩薩~ (3, 0.3%)

2 で米 1 が少し

▼ 菩薩~ (3, 0.3%)

1 が少し, のやう, 見たいですよ

▼ 菩薩練道~ (3, 0.3%)

1 が寺, の如き, の面

▼ 菩薩越え~ (3, 0.3%)

1 をし, をした, をする

▼ 菩薩あるいは~ (2, 0.2%)

1 仏哲が, 弘法大師の

▼ 菩薩から~ (2, 0.2%)

1 小丹波を, 山越えでございました

▼ 菩薩さながら~ (2, 0.2%)

1 の人影, の姿

▼ 菩薩たち~ (2, 0.2%)

1 がかりに, の御

▼ 菩薩たる~ (2, 0.2%)

1 ことを, 心に

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 ということ, などとなん

▼ 菩薩であろう~ (2, 0.2%)

1 とまた, ともさ

▼ 菩薩では~ (2, 0.2%)

1 ないであろう, 不動明王は

▼ 菩薩とともに~ (2, 0.2%)

1 仏徒三乗の, 俗間に

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 んだ, んです

▼ 菩薩など~ (2, 0.2%)

1 いう時代, 申して

▼ 菩薩なら~ (2, 0.2%)

1 こういう人間並み, 何となさる

▼ 菩薩にとっては~ (2, 0.2%)

1 われを, 見るという

▼ 菩薩よりも~ (2, 0.2%)

1 うるわしい遊女, やさしい守り

▼ 菩薩らしい~ (2, 0.2%)

1 ものは, 像が

▼ 菩薩ポケツト~ (2, 0.2%)

1 の中, よりウイスキー

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 刻ムダケノ適当ナ, 称スベシ

▼ 菩薩來迎像~ (2, 0.2%)

2 の樣

▼ 菩薩像羅漢像等~ (2, 0.2%)

2 を刻んだ

▼ 菩薩及び~ (2, 0.2%)

1 妙王金剛薩, 秩父の

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 仏, 仏御岳四顧山また

▼ 菩薩必ら~ (2, 0.2%)

2 ず飛び込んで

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

2 の張り店

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 縁経, 行経

▼ 菩薩来迎~ (2, 0.2%)

1 が代表的, や山越

▼ 菩薩来迎像~ (2, 0.2%)

2 の様

▼ 菩薩爲禪陀迦王説法~ (2, 0.2%)

2 要偈

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 というの, は菩薩像

▼ 菩薩裸男~ (2, 0.2%)

2 を顧み

▼ 菩薩~ (2, 0.2%)

1 天の, 明王も

▼1* [161件]

菩薩あり無量の, 菩薩かの化身でしょう, 菩薩こそ真に私ども, 菩薩これは大, 菩薩さすがに拔, 菩薩しぐれをり, 菩薩がたに, 菩薩すなわち外護の, 菩薩その台座の, 菩薩だけが残ったと, 菩薩だったのである, 菩薩であってその, 菩薩であり南無句如来, 菩薩でありこして真に, 菩薩でなければ行けやしません, 菩薩というに対して卑しい俗法師等, 菩薩とが佇立し, 菩薩とでもいいよう, 菩薩とまで言われた行基, 菩薩どうかこの嘘, 菩薩どうぞ足どめを, 菩薩ないし人師もしくは, 菩薩などは仏像彫刻と, 菩薩なども皆音楽, 菩薩なんて誰が, 菩薩なんとよい思いつき, 菩薩にあたり合戦で, 菩薩において自己の, 菩薩においてはこの差別, 菩薩においてもこれを, 菩薩にもなること, 菩薩によって開かれた後, 菩薩に対する声聞の, 菩薩のみが独り利他の, 菩薩ふうのあ, 菩薩ふと思ひ出したる風, 菩薩ふるみちや, 菩薩通ずるこの, 菩薩への不信を, 菩薩までお出, 菩薩までがいつかしら裴如海, 菩薩が行く, 菩薩わがために, 菩薩を以て終身の, 菩薩を以てまでも任じて, 菩薩依ッテ初, 菩薩計畫ハ心, 菩薩一員増したる事疑い, 菩薩一度相模川の, 菩薩一隅にずらりと, 菩薩下界の人, 菩薩不動明王摩利支天べん, 菩薩二躯を造る, 菩薩の化身, 菩薩を蔭子将門, 菩薩に元, 菩薩信仰の深い, 菩薩の腰, 菩薩入不二法門と, 菩薩冀はくは感応, 菩薩内心女夜叉に突如, 菩薩加護あらせたま, 菩薩化身と主張, 菩薩には加茂大明神, 菩薩十一面観音阿弥陀如来聖観音の四仏, 菩薩十二神将などの像, 菩薩鬼王だ, 菩薩南無かんぜ, 菩薩即ち無言語菩薩, 菩薩及天人四衆吾於過去無量劫中求法華経無有, 菩薩及諸佛所説吉凶時日善惡宿曜經を見れ, 菩薩に普賢菩薩, 菩薩呪藏一字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 菩薩四天王寺にあった, 菩薩には見飽かなかった, 菩薩坐禅の巌窟, 菩薩城太郎のうえ, 菩薩声明の奥義, 菩薩声聞の衆, 菩薩菩薩なんと, 菩薩天子重興佛法, 菩薩太陽マジックの歌, 菩薩太陽マヂツクの歌, 菩薩女人に反感, 菩薩如意心陀羅尼經や曼珠室利菩薩呪藏一字呪王經, 菩薩威霊を仮し, 菩薩孔雀明王がお, 菩薩彦名を, 菩薩少しも腹立てたる, 菩薩少年の姿, 菩薩へ出, 菩薩に月光菩薩, 菩薩微笑しながら, 菩薩念ずらく魔軍鳥形を, 菩薩忽ち立ちどまりて, 菩薩愛宕山権現ところの氏神, 菩薩愛宕白山摩利支尊天べつして, 菩薩る時, 菩薩手輕なところ, 菩薩にし, 菩薩折伏ヲ現, 菩薩捨身の地, 菩薩摩利支天の名号, 菩薩摩薩摩訶般若波羅蜜, 菩薩決して辞まぬだろ, 菩薩の夕陽, 菩薩智火に不祥, 菩薩更に筆を, 菩薩成道時, 菩薩のもと, 菩薩枕邊にお, 菩薩果報めでたくなり, 菩薩を尊し, 菩薩様我が家にとっての福の神, 菩薩樹皮の厚い, 菩薩は観世音菩薩, 菩薩歌うけたま, 菩薩水上清き石清水, 菩薩涅槃を修むる時身, 菩薩濁世に生まれ, 菩薩獅子に乗つ, 菩薩産土の神, 菩薩画像に近づいた, 菩薩発心因縁十王経という日本, 菩薩直伝の智恵授所, 菩薩というの, 菩薩神社と登録, 菩薩祭れふァふ, 菩薩秀吉が存分, 菩薩の軍功, 菩薩私次第で, 菩薩究竟地ニモ尽ク知ルコト能ワズ唯仏ノミ窮了ス, 菩薩立像にみえる, 菩薩竜樹菩薩が現われ, 菩薩とりて, 菩薩あり謡言, 菩薩聖徳皇と示現, 菩薩聖衆の如く, 菩薩のごとき, 菩薩宮殿鰐口也, 菩薩苦行者左門の姿, 菩薩菩提樹下に修道, 菩薩華氏城に遊行教化, 菩薩薩摩の薩, 菩薩の詞, 菩薩装束などの言葉, 菩薩西の峠, 菩薩観門義注秘訳, 菩薩誓願して, 菩薩かに功徳殊勝, 菩薩連嶺中で最も, 菩薩連嶺等は情ない, 菩薩鈴庫倉掛乾徳山みな一見識をもっ, 菩薩霊験記という足利時代, 菩薩がニコリ, 菩薩面して眼, 菩薩鞍馬山を聯想, 菩薩とが美しかっ, 菩薩頼光綱八郎田原藤太みんなのお力, 菩薩頼朝に事, 菩薩鷲峯山に仏