青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見ました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見つけ~ ~見つけた 見つけた~ ~見つめ 見つめ~ ~見つめた ~見ない 見ない~ 見なけれ~ ~見ました
見ました~
~見ます 見ます~ ~見ゆる 見ゆる~ ~見よ 見よ~ ~見よう 見よう~ ~見られ 見られ~

「見ました~」 1064, 10ppm, 10475位

▼ 見ました~ (715, 67.2%)

22 これは 9 それは 8 誰も 6 何んの, 私は 4 あまりの, 中には, 何の, 何も, 外はいちめんの 3 さすがに, そこには, そこにも, それが, それらしい, やっぱりそれ, 三輪の, 成程, 物を, 酒の

2 [43件] あの晩, お杉, この男, これが, その時, どこにも, どの女, ひどく裕福, ふしぎな, またいつか, もうくるくるし, よく呑み干し, ナーニ嘘でした, ハッと, 上にも, 二階の, 二階は, 何でも, 元の, 元より, 八五郎さんが, 其處は, 大した收, 寅吉さんは, 床下には, 影も, 手拭一と, 来て, 次の, 死に切れずに, 決然たる, 無論入口, 然し私, 父親が, 相變ら, 眼の, 眼は, 矢張り私の, 自分の, 臭いの, 若い娘, 血潮の, 見たかと

1 [528件 抜粋] ああそれ, あいにくに, あちらでも, あちらの, あのころ, あのしさう, あの向側, あの大男, あの女, あの弓, あの邊, あの騒ぎ, あべこべに, あまりわかりませんでした, あること, あるの, ある夜, あれは, あれらは, あれ以上進捗し, いかが, いずれも, いっこうどうと, いつも金持ち, いづれも, いまその, うすくて, え, お内儀, お吉, お春, お机, お筆, お粂, お蝶さん, お豐, かわいそうで, きたないふう, くるりと, こいつは, ここでも, ここの, こちらには, この三軒, この上, この人, この女, この方, この法林道場, この田庄平, この美しい, この鑑定, これからとてもなおなおどういう, これも, こんなりっぱ, こんな美しい, さうかと言つて, さっぱり訳, さて腑, ざんねんなことにはもう間に合いませんでした, しかし直ぐ, しばらく眺め, しょせん何, じつにうまい, すぐには, すぐ分りました, すっかり見, すると, すると名刺, そういうこと, そう言え, そこの, そこまでは, そこも, そのおもしろかっ, そのま, そのままきわめて無, そのまんま, その中, その中佐渡, その偉, その根元, その目, その結果, その舌, その表情, その頃, それから先, それっきり何にも, それつ, それつ切り, それでございます, それで直ちに, それなり目が, それも, それらしき, それらは, それ以上は, そんな具合, そんな細工, た, たしかに夢, たしかに遭難前, ただこれ, ただ一階, ただ年, ただ磨き, たちまち, たった一銭二厘, たとえば版画, たぶんいま, だんだん聞く, ちっとも似, ちょうど鳩, つひに, つまりこの, とうとうおしまい, どうか旨く, どうしてなかなか抜け, どうしてもいけなかった, どうしても夜中, どうしても大男, どうしても心からさっき, どうしても智慧蔵, どうしても病氣, どうしても聴か, どうしても聽, どうしても行方, どうして一旦興奮, どうです, どうもそれでは, どうもはつきり, どうも古い, どうも当り, どうも気に入った, どこへか, どちらも, どの方, どの部屋, どんなもの, なあにと, なあにな, なかなかこれ, なかなか大変, なかなか思う, なにぶんにも, なるほど, なるほどたいへん, なんとなく怪しい, なんにも火, なんにも見えませんでした, なんの, なんらそれ, ひっそりと, べつに口, べつに変った, まあその, まあ古い, またのそのそ, また黙っ, まだ其處, まだ手許, まだ若い, まるっ, まるつ, まるで紙鳶, みょうな, もうグーグーと, もう事, もう今, もう間違い, もう黄色, もしかしたら, もとより分かろう, もはやその, もはや指, やがてニヤリと, やがて嬉しい, やっぱり何, やっぱり若い, やつぱりそれは窓からでも, やつぱりズット見かけない, やはりその, やはりまじめ, やはり何, やはり其処ら, やはり駄目, よく, よくよく困っ, よく乾い, よく人, よく分りました, よその, イヌや, ガラツ八が, ダイヤモンドは, ツイその, ハテ解らん, ルビーの, ルリさんは, ロザーロは, ロチスターさまは, 一丁人の, 一人の, 一人も, 一向汁粉店, 一目見る, 一直線な, 一端かき入れ, 一銭も, 三七郎が, 三七郎の, 三人共縁日とか, 三十両は, 三日も, 三軒とも, 三銭二厘しか, 下女の, 下手人は, 不思議な, 不破数馬の, 与三郎と, 両国の, 中から, 中間の, 主人は, 久助は, 乞食一と, 事件が, 二人の, 二人共お, 人も, 人間らしい者, 今夜の, 伯父は, 伸一先生は, 何かしら寄せくる, 何しろあの, 何と, 何とも, 何にも, 何やら教えられた, 何事も, 何分夫, 何矢つ, 何者である, 何處へ, 余程よく拭き取っ, 例の, 偏屈な, 僕は, 僕も, 元気な, 先生が, 全くお, 全然駄目, 兩の, 兩側は, 兩國の, 六ヶ月前まで, 兵十は, 其処には, 其時は, 其處で, 其處にも, 其處も, 冷たいの, 別にそれ, 別に變つた事, 別に變つた手掛り, 別段変った, 割合あたたか, 加代姫は, 区長は, 十五に, 十文の, 十時ごろに, 千枝子は, 古代奸黜なる, 叩いても, 合点の, 君の, 唯もうこ, 商人だけに, 善悪可否は, 団子坂迄の, 困つたこと, 坊主らしい, 堀周吉は, 売れ残りの, 外に, 外には, 多分海, 多助は, 多少似た, 大友君の, 大抵は, 大阪方の, 夫には, 女には, 女は, 如何にも美人, 妙な, 妙に, 子どもの, 守将高山右近長房以下悉く, 実に恐ろしい, 実に酷, 実は一見, 寄贈本ばっかり, 寝しなに, 小早川という, 少しも, 山家には, 崇巌院の, 工合よく, 帆村の, 平常は, 平次は, 年の, 幸いにも, 幸い召使, 弁信の, 当然そうなる, 彫ること, 彼は, 彼女の, 後に, 御返事も, 御隱殿裏, 忽ちハラハラと, 忽ち物凄い, 忽ち猫, 思わしい掘出し物, 思わず声, 思想的に, 急に, 怪塔王の, 恋しい吉井様, 恐らく分娩, 息を, 惜しいこと, 慶長小判は, 成る程, 戸は, 扉は, 手がかり無し, 手帳の, 手頃の, 扨是非, 掛け蒲団, 教室の, 文夫の, 文学の, 文盲な, 文箱が, 斑も, 新聞にも, 日も, 日照り續き, 旧時には, 早いの, 早生れでも, 昨夜酉刻半, 是も, 暗いので, 暗くて, 最早や, 最早何, 朝は, 朝詣り, 朝露に, 本人の, 東洲齋には, 栃は, 構への, 正眼に, 此の, 此場合食べ, 此處は, 此處も, 死ぬと, 死ぬ気, 殺された嫁, 気にいらぬの, 気の, 汚い硯, 江戸には, 池の, 池や, 洋服の, 海老錠は, 涙を, 清次郎の, 源左衞門は, 火は, 火繩は, 焼跡の, 煙脂で, 犯人には, 狐猿の, 狩島右門は, 猫の, 瓜は, 生憎天氣續, 生憎顔が, 甲斐が, 番台に, 番頭の, 疑われるよう, 痩型の, 発音は, 白の, 白ば, 皆ちがいます, 相変らず黙りこくっ, 真の, 瞳は, 矢張り厄年は, 矢張り巽九八郎の, 矢張り言ふ, 矢張大き, 知らないふり, 知らぬ存ぜぬの, 石の, 碧血が, 私には, 私の, 空から, 空善も, 突然顔, 竜之, 竪坑の, 笹野新三郎は, 箱は, 精巧驚くべき, 紋次郎を, 紙片一つ持っ, 細い格子, 結局, 絞殺された, 繪も, 老婆とは, 背の, 背中合せに, 脈は, 腕を, 自分としては, 自分は, 若い二人, 若さ, 薬師さまより, 行燈は, 被告は, 言葉の, 証拠が, 説明と, 誰あっ, 證據は, 賣れ殘, 赤瓦や, 足跡も, 路の, 身体が, 身體が, 轟の, 近頃の, 近頃は, 返事が, 連日の, 運転手の, 酒は, 金の, 金銀珠玉は, 錠前は, 錢などは, 鍵が, 鏡に, 長崎屋が, 門並小, 門野の, 間に合いません実に, 間もなくあの, 降ったか, 陸前の, 階段が, 隱居や, 雨戸の, 霧が, 頗る立派, 頭の, 題が, 香ばしいこと, 馬が, 駕籠が, 高麗村という, 髪の毛が, 黄金の, 黄金塔は, 鼻の

▼ 見ました~ (26, 2.4%)

3 でございます

1 [23件] が隨分これ, この火鉢, さ, でございますが, でございますけど, です, ですが, とおなじ, は, はそれ, はどうして, はまったく, は今しがた革鞄, は何でも, は凌雲閣, は後, は昨夜, は私, は貴方, もやはり, や, んです, 道時は

▼ 見ました~ (26, 2.4%)

2 に私

1 [24件] かういふ園長先生, すぐに, たとい一命, どうした, に, にはふっくら, には以上, には私, に今, に仲間, に先程, に初めて, に女, に思い当りました, に真っ先, の校長先生, の私, はいきなり, はなんとも, はまだ, は夢心地, は思わず, は顔中血だらけ, も落葉

▼ 見ましたけれど~ (25, 2.3%)

1 [25件] お雪, これが, そこにも, その点, とても眠れなく, どこにも, どこへ, わざわざ立っ, シベリヤを, タルの, ドチラを, ナオミの, 二度とも, 今は, 何にも, 別に何, 女の, 少しも, 此樣に, 毛利家に, 白雲は, 私の, 竹藪の, 随分おそろしい, 面白くも

▼ 見ましたけれども~ (20, 1.9%)

4 そこは

1 [16件] いやいや何, すこしも顔, そのほか, それは, それらしい, そんな娘さん, まさか三度, 乗りません, 仏壇の, 何を, 何分雪, 冠も, 帽子らしい, 更に分らず, 白い紙, 見つかりませんでした

▼ 見ましたがね~ (15, 1.4%)

2

1 [13件] お夏さん, こう敦盛, こっちの, この塔婆, どうなすった, どうもこっち, 何しろ若い, 何を, 右の, 女という, 官軍の, 郷里で, 青銅の

▼ 見ましたから~ (14, 1.3%)

1 [14件] その死骸, それらが, まあ大抵, わたしは, 九兵衛は, 今度はの, 実によくわかった, 彼女の, 戸を, 母さん私は, 海の, 私は, 空手じゃあ, 詰まらぬ事

▼ 見ましたとき~ (12, 1.1%)

4 は美しい 1 にあの, にいいました, にそれ, には本当に, に誰, ね, はお, ひごろ自分

▼ 見ましたので~ (12, 1.1%)

2 じぶん 1 お待ちし, すつかり, 主水正, 事情は, 二人とも, 何心なく, 喫驚する, 実はその, 徐は, 糺して

▼ 見ましたところが~ (11, 1.0%)

1 [11件] お師匠さま, この, 今いうた, 今まで, 大變味, 実に馬鹿気, 果して静脈血, 盗人を, 簡単に, 計らずも, 阿父さん

▼ 見ました~ (9, 0.8%)

2 船が 1 あれは, あれを, おめ, 多勢居る, 無数の, 私は, 蚤に

▼ 見ましたところ~ (8, 0.8%)

1 その中, その按摩, なるほどこの, まだ村岡, クルクルと, 大いに効果, 子按摩, 思いあたる記事

▼ 見ました~ (7, 0.7%)

1 え, それともまだ, 今のを, 定めし山口, 知れませんので, 見たに, 郵便局は

▼ 見ました~ (6, 0.6%)

1 云ったが, 云ふ, 女中は, 申しますの, 言つて驚いた, 記して

▼ 見ました~ (5, 0.5%)

1 あのこと, その方面, また先輩, また長途, みんなが

▼ 見ました~ (4, 0.4%)

1 ですよ, で御座いますよ, やがな, やしらん

▼ 見ました~ (4, 0.4%)

1 はこれ, はござりませずまた, も間違い, を飾り

▼ 見ましたこと~ (3, 0.3%)

1 とがややこしく, とその, は我々

▼ 見ましたその~ (3, 0.3%)

1 傍に, 摸型を, 時の

▼ 見ましたそれ~ (3, 0.3%)

1 からこう, のみならず, は一人

▼ 見ましたとも~ (3, 0.3%)

1 旦那は, 竹垣の, 首を

▼ 見ましたんで~ (3, 0.3%)

1 ほんとうに, 声も, 私も

▼ 見ました時私~ (3, 0.3%)

1 の全身, は姉夫婦, は思わず

▼ 見ました~ (3, 0.3%)

1 の車, は恐ろしい, は氣まり

▼ 見ましただけ~ (2, 0.2%)

1 では, で旦那

▼ 見ましたという~ (2, 0.2%)

1 お話は, つくね芋

▼ 見ましたところ何ん~ (2, 0.2%)

1 とその, と驚く

▼ 見ましたところ貴君~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ 見ました~ (2, 0.2%)

2 この湖

▼ 見ましたもん~ (2, 0.2%)

2

▼ 見ましたよと~ (2, 0.2%)

1 云うと, 答えますと

▼ 見ました~ (2, 0.2%)

1 あの真中, それが

▼ 見ました~ (2, 0.2%)

1 が何と, が解りました

▼ 見ました~ (2, 0.2%)

1 な学校, 評判の

▼ 見ました巻物~ (2, 0.2%)

1 が行儀, で端

▼ 見ました~ (2, 0.2%)

1 でどうせよく, では台湾

▼ 見ました時自分~ (2, 0.2%)

2 が死ぬる

▼1* [98件]

見ましたあなやの声, 見ましたあなたさまのお, 見ましたおかげ樣で一生, 見ましたかにを見ました, 見ましたがどどどうした, 見ましたがの潰れた屋, 見ましたがネ貴女彼は, 見ました子供たちには, 見ましたけどそれや, 見ましたこの時から, 見ましたごぜえます, 見ましたすると按摩は, 見ましたそうですから, 見ましたそれから爪先で, 見ましたたしかに見ました, 見ましただけでも尋常一様の, 見ましたっけ三日四日が, 見ました引っ捕え申した, 見ましたときそれを単純, 見ましたときわたしは気, 見ましたとき太郎はいつか雪, 見ましたところ吉凶なかばすと, 見ましたところ大変蒼いじゃ, 見ましたところ私は何, 見ましたところ綺麗な若い, 見ましたところ頓と文意, 見ましたどうしたら再び, 見ましたなるほどとても大きな, 見ましたなんだかおそろしくなって, 見ましたある貴婦人, 見ましたのみその以前, 見ましたのよ美しい夢, 見ましたおよそ天ヶ下, 見ましたはずですが, 見ましたばかりで別に, 見ましたまざまざと見ました, 見ましたみんな根を上, 見ましたもので何, 見ましたもののこれは, 見ましたもの犬は藻西, 見ましたやらそれとも, 見ましたゆえ怺えかねて, 見ましたように, 見ましたコンドルはイヨイヨ機会, 見ましたけ, 見ましたヌーッという, 見ました一刹那に私, 見ました上役割はこう, 見ましたは, 見ました事柄の千分の一, 見ましたでは私, 見ました仙境魔界といった工合, 見ました余程違って, 見ましたし大隈伯, 見ました兄新五郎の顔, 見ました先刻はじめて, 見ました八幡の鳥居, 見ました公高でした, 見ました処小説集に名前, 見ましたに其, 見ました城中のものども, 見ましたな形, 見ましたには一寸法師, 見ましたで異形, 見ました女王樣は演奏者, 見ましたな夢, 見ました婆さんはいや, 見ました実に驚きました, 見ました山陽道の面白味, 見ました彼等が段々, 見ました痛いです, 見ました怨霊も腰, 見ました悲しみの夢, 見ました所結局こういうこと, 見ました拙者もそれ, 見ました文字はきれい, 見ました時腸を切り苛む, 見ました次第であります, 見ました正明に, 見ましたの問, 見ましたがポロポロ, 見ましたはまた, 見ました百円のお札, 見ました石器時代の土器, 見ました祭礼の町, 見ましたの中, 見ました結果気圧計などのすぐ, 見ました老爺はやがて, 見ましたで, 見ました自分の姿, 見ました色々の古典, 見ました苦しーイ夢を, 見ました菜種の花, 見ましたが何と, 見ました限りではこの, 見ました隧道を出, 見ました館長が云, 見ました馬種改良のため