青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「表情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

衞~ ~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情
表情~
~表現 表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~

「表情~」 6672, 64ppm, 1783位

▼ 表情~ (2129, 31.9%)

355 して 151 した 37 浮べて 30 したが 25 見て 22 しながら 19 浮かべて, 見ると 17 うかべて, するの, 浮べながら 16 する, 浮べた, 見せて 14 示した, 顔に 13 もって 12 しました, 泛べて, 示して, 見せた 10 持って 8 たたえて, もつて, 失って, 少しも, 見た 7 すると 6 すること, 作って, 持つて, 浮かべながら, 眼に, 続けて 5 したの, したので, するか, 含んで, 浮かべたが, 示したが, 見せたが, 観察した

4 [16件] 作った, 保つて, 呈して, 歪めて, 泛べ, 浮かべた, 湛えて, 現わし, 眺めて, 私は, 装って, 見せながら, 見せるの, 見ては, 観察し, 露骨に

3 [33件] うかべた, したまま, するから, するもの, つくった, つくって, むき出しに, 与えた, 与えて, 交しかは, 保ちながら, 動かさなかった, 動かすこと, 変えて, 変えなかった, 帯びて, 彼は, 忘れて, 忘れない, 想像し, 想像した, 感じた, 持つ香水, 正直に, 注視した, 浮べたまま, 浮べました, 美しいと, 自分の, 見せる, 見たこと, 読んだ, 面に

2 [86件] ありありと, いつまでも, うかがいながら, うかがった, うかべながら, うかべる, かえず, かえずに, かえて, かえなかった, かたくし, された, したあと, したか, しただが, したと, したもの, したり, しつつ, しましたが, します, するかを, するが, するので, つくりあいそ笑い, ほぐして, まざまざと, みせながら, みつめた, みて, むやみと, やわらげて, わたしは, チラと, 一つも, 主と, 交互に, 保って, 保つた, 具えて, 刻んで, 口端に, 呈すること, 変えた, 変えること, 変へ, 失つた, 巧に, 引緊めました, 強めて, 彼女の, 微塵も, 思い浮べて, 想像する, 持つもの, 最も進化, 残して, 気に, 泛べながら, 注意ぶ, 浮べるの, 湛へて, 満面に, 目に, 硬くした, 硬ばらせ, 硬ばらせた, 示し, 示し少し, 示し得た試, 示すこと, 絶えず頭, 自由に, 装いながら, 見せたの, 見まもった, 見るの, 誤魔化すこと, 読むこと, 読んだので, 読んで, 讀んで, 連想させ, 雕りつけ, 顔いちめんに, 顔から

1 [815件 抜粋] ああ私, あざやかに, あそばして, あなたは, あらは, あらわさなかった, あらわして, あらわし始めた, あらわすまいと, あらわに, ありのまま響かせ, いかにも爽やか, いきなり叩きこわし, いくらかぼっとした, いたしました, いたしましたほんとう, いっそう強め, うかべ, うかべそのうえ, うかべとびだしたよう, うかべようと, うかめ, うごかさなかったので, うごかしたと, おくつたきり口, おれは, お増, かえしたきり, かえたあなた, かえるの, かくすこと, かすめる陰影, かまえて, くずさぬまま, くずしながら, くみ取って, この犬, この瞬間, こまかに, こわめ, ごらんなさい, さぐるよう, さして気, させる, し, しあまり口, しいかにも, したがる女, したこと, したつもり, したという, したまま口, した一座, した人たち, した仮面, した商人, した娘たち, した時, した花子, した見るから, した魯迅, してなかったらうそ, してるメルキオル, しないという, しないん, しばらくは, しますね, しめした, し傍, し口ごもりながら, し強いて, し涙ぐんで, し脇, し重々しい, じっと見つめ, じっと見詰め, すこしも, するかしら, するそうして, するであろうか, するでしょう, するよう, する人, する人ぢ, する男, する筈, する額, そこな, そなえて, そのま, その一挙手一投足, その咄嗟, その眉, その美しい, その顏, それからがっしり, それと気づかれる, た, たたえたこの, たたえながら, ただよわしながら, ただ涙, たつぷり, ちつとも, ちらりと頬, つくつた, つくらずに, つくりあげて, つくるの, つけろと, つづけて, できるだけ正確, とつた, とらえて, とり戻して, とり繕って, どうにも読み取りよう, どんなふう, どんな些細, なおも冷やか, なさいました, なさいますが, なさるので, なす, のぞかせて, はつきり眼に, ひき締めて, ひとりでに浮べ, ひめた声, びくともさせる, ふと眼, べつにすれ, ほとんど一つ, ますます陰性, まだよく知っ, まね過ぎる, みつめながら, みてと, みとめた, みると, みわたして, もう一度思い浮かべた, もう少し腹の中, もち始めた, もったもの, もった円顔, もった女, もっと静, もつた人間達, もつ現し方, もみ消す彼, やって, やどしながら, やめたこと, やわらげ千葉道場, ゆがめる事, ゆるめず編集室, よく見, よみとろうと, われわれは, キッと, コビリ付かせ, ジッと, チラツカせた, ハッキリさせ, マザマザと, 一しょう, 一刻毎の, 一層冷酷, 一層底, 一瞬泛べたが, 一途に, 一際異様, 不動ならしめる, 不思議な, 不意に, 与えては, 与えること, 予期しない, 二つ目に, 交しかわし馬, 仕お, 代る代る読みくらべ, 伴は, 作つて差向け, 作つて見た, 作りそして, 作るため唇, 作るなどは, 使い分けて, 保ったま, 信じて, 側に, 兄の, 全く必要, 其面上に, 円滑に, 出すといふ, 加えて, 加えるの, 助けて, 努めて, 動かさずきいて, 動かさない, 動かさない着実さ, 動かさなかつた, 勝手に, 包まずに, 包んで, 厳粛に, 取り出したので, 取り返した, 古都に, 可愛い若武者, 否定する, 含まない唇, 含んだ夢殿, 和げるため, 唇に, 唾を, 喪つて急に, 回復し, 固定させた, 圓滑に, 変えずに, 変えず帽子, 変えず畠, 変えたあの, 変えた海, 変えないまま自然, 変えはじめた, 変えますね, 変えむしろ, 変え驚き, 変へぬ, 大きく, 天井に, 太い縦皺, 失い白い, 失うと, 失った彼, 失った顔, 失った顔付, 失つた顔付を, 失つて右手で, 失つて行く, 失ひ語ること, 失ふの, 失わず嬉嬉, 妹は, 媒介と, 子細に, 完成させる, 実演すべき, 小麦肌色の, 展い, 崩さないよう, 帯ば, 帯びたが, 帯びるだろうという, 強いて排, 強いて隠す, 形造る, 彼らに, 忘れたもの, 忘れた顔, 忘れまいと, 忘れろと, 怕れ, 思いうかべると, 思いだして, 思い出したの, 思い出し突然, 思い切り誇張, 思い描きふと, 思い比べて, 思い浮べ乍ら彼, 思うと, 思ひだすと, 恐ろしく誇張, 恣ままに, 恰も仮面, 感じたの, 感じなかつた, 感じると, 慷堂は, 憎悪する, 抑へ, 抑制し, 投げて, 抜き去って, 抹殺せよ, 押し殺して, 持ちこたえて, 持ち続けること, 持った婦人, 持った男, 持つた六十二三, 持つの, 持つ眼, 持續した, 挙げたかと, 捉えること, 掠めぬこと, 探るよう, 描くこと, 撫でる, 改めない, 明かに, 明示し, 映すやう, 暗くした, 曲げた千鶴子, 更に冷厳, 月に, 有つて居る, 柔げどこか, 模倣する, 横切った, 欲すること, 殺して, 殺すこと, 毎日見せつけられ, 水, 決して見逃さなかつた, 沁みじみ見ること, 沈めた主婦, 没した大理石, 泛べたままとみに, 泛べたまま静かに, 注意深く眺め, 洗面所の, 浮かべたきり, 浮かべた意味, 浮かべちょっと, 浮かべなるべく, 浮かべまいと, 浮かべましたが, 浮かべる, 浮かべ必ず, 浮かべ頬杖, 浮ぶ, 浮べ, 浮べたかと, 浮べた眼, 浮べる, 浮べるので, 浮べ地, 浮べ姉, 消さなかった, 深く刻ん, 添えて, 湛えたその, 湛えた彼, 湛えど, 湛へ, 湛へた面は, 漏らすこと, 漲らせながら, 潜めて, 無気力に, 猫の, 現した, 現は, 現わす, 理解し, 生かして, 生まれて, 生んで, 用意しました, 異にする, 痛ましく思つたの, 発します, 発見する, 益々深く, 目の, 眉に, 眉間に, 眺めその, 眺めながら, 眺める程, 眼を, 矢代は, 知って, 知らない相手, 知り抜いて, 知ること, 研究し尽くした, 硬くし, 確めながら, 示さないこと, 示さないと, 示したこと, 示したと, 示したの, 示します, 示し始めるの, 示すでも, 示す能面, 私が, 私への, 稍暫し保つ, 窺うよう, 第一, 素直に, 素通しに, 絵姿の, 緊張さした, 締め, 美の, 習うの, 自分が, 自分自身に対する, 自然に, 致しまして, 葉子に, 蔽うた, 融合させ, 血色の, 表わさずに, 表現する, 装い斬人, 装つてゐる, 裏付けて, 覆うて, 見せなから乾, 見せはじめた, 見せられた, 見せること, 見せるでも, 見せ変, 見たくも, 見ただけでも, 見たとき, 見たら伸子, 見た人, 見た瞬間, 見た私, 見つめて, 見てから, 見てと, 見て取ったの, 見ながら, 見のがした, 見まもって, 見よ, 見るとも, 見るよう, 見る度, 見わけること, 見分けてから, 見守った, 見習うん, 見落さなかった, 見逃さなかった, 視続けること, 視線を, 觀察し, 評して, 試むるだけで, 認めたこと, 認めること, 読まうと, 読みたくなり思わず, 読み取った, 読み取り得て, 読み幾島, 読み採ろうと, 読むの, 読むひま, 読もうと, 誰も, 讀みます, 讀もふとした, 豊かに, 走らせて, 追いました, 追って, 追ひました, 遠慮なく外部, 重く沈ませ, 鏡に, 閃かすこと, 限りなく見, 陰欝に, 隠して, 隠しながら, 隠し得ずに, 隠す暇, 集めて, 露出し, 静かに, 額ぎはでうかゞつてゐる, 顔いっぱいに, 顔一杯に, 類型化し, 類型化した, 馬の, 魅入られるよう, 鶴見は

▼ 表情~ (861, 12.9%)

24 あった 20 浮んで 16 あらわれた 14 ある, 浮んだ 13 浮かんだ 12 あつた 10 浮かんで 9 あらわれて, 彼の, 現われて 6 ありありと, 彼女の, 急に, 見えた 5 うかんだ, なかった, 変った 4 あって, 出て, 此老女の, 現れた, 現れて, 私の, 顔に

3 [15件] あらわれるの, ありました, あるという, あるの, あるばかり, すべてを, その顔, 変って, 浮かんだの, 浮んだが, 現われた, 生意気だ, 翳って, 見えて, 非常に

2 [35件] あとかたも, あり, あるから, うかびました, かわって, そこに, その小さい, たるんで, ない, はつきり想像出来る, みなぎって, よく分る, 伊代の, 何に, 何よりであり, 動いて, 動かなくなった, 動きました, 堅くなりました, 少し硬く, 崩れると, 感じられる, 浮びました, 消えると, 田部には, 直ぐ私, 硬ばっ, 美奈子の, 自分の, 華やかな, 見られた, 閃いた, 静止し, 頭に, 鮮やかで

1 [529件 抜粋] あざやかな, あったが, あったこと, あったので, あまりきっぱりしすぎ, あらわれたが, あらわれたので, あらわれると, ありあり一同, ありその, ありましたが, ありますね, あり彼, あり得るもの, あるが, あるだけ, ある濃淡, ある筈, あんまり豹, いかにも困った, いかにも美しい, いきなり硬く, いくらか, いくらかでも, いちいち彼, いっそう豹一, いつも変らず, いつも女, うかびその, うかびへえ, うかびましたが, うかび唇, うかぶちょうど, うかべて, うかんだこと, うかんで, うごいた, うまいから, うまいと, うるさいので, おかしいと, おそらく彼, おぼろげに, おもむろに現れ, お秀, かわいかった, がらり変っ, きりッと, くっきりと, くもつて, けわしくなる, このお, この人, こは, これに, これらの, さっと閃, さつきの, すこぶる興味, すつかりなくなるやう, そうした露子さん, その結果, それぞれに, それぞれ違つてくる, それを, それ等の, そろそろと, ぞっとする, たえず伯母さま, たたえられて, たたかれる苦痛, ただようて, ただよって, たちまちその, たちまち変った, だん, だんだんに, ちっとも解らなかった, ちょっと濁っ, ちよつと, ちらちらし, できて, できないで, できる, できるもの, ところどころに, どうしても判然, どうならう, どうもはっきり腑, どうも不, どう想像, どことなく緊張, どの顔, どれにも, どんなに醜い, なかつた, なくくぼんだ, なくって, なく先刻方眼瞼, なく微動, なごやかに, なぜか, なんともいへず, なんとも愛嬌, にわかに釈, のせられて, のびやかな, はいりやすい, はしった, はっきりし, はっきりと, はっきり残っ, はっきり見える, ひきしまった, ひきしまって, ひきしまり眼, ひどく少なかった, ひどく情慾的, ひどく自由, ひらめいた, ひろ子の, ぴったり自分, ふたたび静止, ほのめいたの, ほんのチョット, まず数えられる, まだはっきりと, まるでなかっ, まるで平和, まるで彼, まるで違っ, みうけられる, みなぎった, みなのどかに, みるみる柔らい, もうそれ, もとに, もれて, やがて訝し, やわらいで, やわらぐと, ゆるみ躯, ゆるんで, よぎった, よみとられた, わからなかった, わからなかったので, わかる, わずか歪んだ, われわれにと, われわれの, われ知らず自分に, アリアリと, エンゼルの, ガラス越しに, キッと, クルクル動い, チラチラチラと, ツイ鼻の, ビクリと, プラスの, 一めんに, 一人一人手に, 一人切りに, 一瞬に, 一瞬ぱっと, 一瞬天願氏の, 三たび変っ, 上って, 上つた, 上手であっ, 不可能に, 不断の, 丑松の, 中心にな, 乏しいて, 二人の, 今も, 今日は, 今朝から, 今迄, 伸子に, 何か, 何となく凄み, 何となく居, 何んとも, 何処と, 余り異様, 余り露骨, 余程真に迫つて, 余程間, 俄に, 俄然として, 俺に, 俺を, 停止する, 僕には, 全く特異, 全体として, 凄いほどに, 凍てついたよう, 凝り固まったよう, 出た, 判ると, 判然分らなかった, 判然分らなかつた, 刻まれて, 前に, 力なく, 力の, 加わって, 動いた, 動いたかと, 動いたかに, 動いたこと, 動いたと, 動く訳, 十中八九まで, 去らなかった, 又墮落, 取れて, 口か, 可なり, 同一な, 君助まで, 嘗て覚えた, 固くなった, 国民全体に, 在りの, 壊れて, 変つた, 変つてし, 変りその, 変り印象, 変り鋭い, 変るに, 外的条件の, 多い, 多いの, 多い時, 多少現われ, 夜光虫の, 大きいので, 大きく動いた, 大事です, 大写しに, 大切である, 大袈裟です, 大陸らしい, 失せて, 失われると, 如何にも真剣, 妙に, 妻ま, 嫌ひであつ, 子供たちの, 宇治の, 安川に, 完全に, 実際に, 容易に, 宿って, 将軍とは, 少しづつ晴れ晴れ, 少しで, 少しも, 岡の, 峯子には, 崩れ小学校, 巧みであっ, 巧みに, 平板で, 引き立たない, 弛緩し, 強くなっ, 強く刻まれ, 強ばって, 当然とは, 形容の, 彫りこまれるよう, 彼に, 彼等には, 彼等の, 徐々に失われた, 微笑めい, 必要, 必要な, 忽ち醜く, 思はず崩れて, 想像できなく, 意外だったらしく, 意志の, 感じられ思はず舌打ち, 感ぜられるだけ, 感取される, 憎しみの, 我国の, 我知らず外へ, 投げやりでした, 拡った, 掠めすぎる, 掠める, 掻き動かされて, 散々待たされ, 文体に, 文次の, 既に唯一, 日本人の, 早くも, 明るく暗く変化, 明るく浮き出した, 明るく若やい, 明瞭な, 易った, 時と, 暗く活気, 暗示する, 更にない, 更にわからない, 期せずして, 東京の, 果して植物, 格別ばかげ, 極めて上手, 概してあまり, 機械的な, 欠けて, 次々と, 次々に, 次ぎから, 次第におさまる, 次第に変った, 次第に歪んだ, 次第に生き生きした, 次第に途方, 此処まで, 此方に, 歪んで, 殆ん, 残って, 殺されなくては, 毛の, 水を, 永遠なる, 泛びあがって来, 泛び上っ, 泛び上った, 泛ん, 泛んだ, 泣いて, 泣くよう, 活溌に, 流れた, 流れたよう, 流動的で, 流露し, 浮かび, 浮かびあがって, 浮かびそれ, 浮かびました, 浮かぶ, 浮かぼうと, 浮かんだほど, 浮かんだもの, 浮かんだ様子, 浮きあ, 浮ばざるを, 浮びます, 浮び二三度, 浮ぶが, 浮ぶの, 浮んだに, 浮んだの, 消えて, 消えないうち, 消え失せた, 消え長い, 深まった, 深刻に, 湧いたよう, 満ちて, 溢れたところ, 溢れんばかりに, 漂うて, 漂って, 漂つてゐた, 漲った, 漲つて, 漲るの, 激変し, 無いばかりか, 無く眼, 然し突然, 特に私, 狐火の, 率直だ, 現れたが, 現れました, 現れるたび, 現われたが, 現われたり, 現われる, 現われるほど, 現われ室, 生むあらゆる, 異様に, 発見せられる, 発見出来るだらう, 白々しく思われた, 百パーセントに, 皆の, 目だって, 目だつて, 目に, 目まぐるしい移り変り, 目立つ, 相手の, 眉から, 眼と, 眼に, 石垣や, 硬かった, 硬ばる, 確かに, 私に, 穏やかに, 空々しかつ, 突然物凄い, 窺われました, 笑いかがやい, 粉砕された, 経過する, 絶えずあらわれ, 絶えずチラチラと, 絶えず刺す, 緊張から, 美しい顔, 自由でなかつた, 自由に, 自虐的であり, 薄いの, 薄笑いと共に, 薄笑ひと共に, 虚無的でなかつたなら, 街燈の, 表はれ, 表われ, 表われました, 表側の, 見えおかしく, 見えたよう, 見えなかつた, 見えなくなった, 見えなければ, 見える, 見えるし, 見え出しました, 見たいばかりに, 見たかった, 見なれたもの, 見る見る崩れた, 見る見る硬, 言ひ, 言葉が, 認められた, 認められたから, 読まれた, 読まれました, 豆ランプに, 豊かであった, 象牙の, 走った, 走ったの, 起ったの, 返って, 運動の, 過去の, 違つて来た, 遠方から, 遺族の, 醸し出すもの, 鎮まり返って, 閃いて, 険しかった, 随分変化, 隘れ, 際どくちくりと, 隱れ, 雄弁に, 雄辯, 露骨で, 青銅の, 顔いっぱいに, 顔の, 顔色に, 顔面に, 類型化され, 黒い髪毛, 黒川の, 鼻を

▼ 表情~ (727, 10.9%)

13 あつた 7 それを, 云った 6 私の, 顔を 5 彼の, 彼を, 彼女の, 眼を, 私を, 自分の 4 伸子が, 帰って, 彼は, 答えた, 黙って 3 いった, いる, うなずいた, こたえた, 云つた, 伸子を, 口を, 私に, 見て, 言った

2 [38件] あつたの, いいました, いつた, いつまでも, きいて, それは, もって, ゆき子は, よろよろし, わかる, 会釈を, 伸子に, 何か, 凝っと, 凡てを, 南原杉子を, 受話機を, 天井を, 夫人の, 屹度結婚しよう, 彼に, 感情を, 打開けた, 机に, 栄二を, 歩いて, 無言の, 田部は, 目を, 私と, 私は, 笑って, 自分たちを, 訊き返した, 迎へる, 部屋の, 頭を, 鼻を

1 [532件 抜粋] あたしの, あたりの, あたりを, あっち側から, あつて, あと戻りを, あの人, あらゆる品々, ある淋し, いうに, いそいそと, いちいち電話, いま出, いるの, いる自分, いろいろと, いろいろに, いろどられて, いわゆる毒婦, うなずいて, うめいた, おどけて, お君, お茶を, かたく握りあわされ, かなり複雑, かみさんたちの, がりがり大, きざまれて, きっと首, ぎゅっと眉, ぐふん, けれども全く, けんかでも, こう云っ, こう言い, こちらは, こちらを, このさま, この地帯, この話, これに, こんな疑問, さう答, さつさと, しかし平然と, しかし確信, しきりにあたり, しきりにいらいら, しきりに責任感, しずまりゆく戸外, しなだれかかりました, しばらくは, しばらく五郎たち, しばらく佇ん, じっとわが子, じっと夫人, じっと此方, じっと眺め, じろじろ笏, じろりと弥次, すぐ視線, すこしも, そうやっ, そう云い, そう云った, そう答えた, そう言っ, そこい, そこに, そっぽを, そつと, そのおやじ, そのさわぎ, そのなか, その中国人, その扉, その新聞, その男, その通り, その顔, そらされ唇, それに, それほんと, たおれて, ただ眼球, たれさがって, だまって, だらしなく笑った, ちょっと片手, ちらっと目, ちらりと見た, つかつか庭, つくばいの, つとめて相手, つらぬかれて, つり上げ, つんと立, とっくの, とり残されると, どういうもの, どうやら相互, ながめながら, ながめるの, なにかぶつぶつ独り言, なにかを, なんだか能面みたい, にこにこ笑い, にやにやし, にやにや笑った, にらみま, にわかに生き生きし出した, ぬっと顔, のたうちま, はあそれ, はる子は, ひき下げながら, ひくいイス, ひつそりと, ひとりだけ, ひとりフォークを, ひとり笑わず, ひろ子を, ふいと, ぶうっと, ぶつかりそう, ぶつぶつと, ぶらさがって, ほとんど噛みつく, ほの暗い明り, ぼんやりと, ぼんやり山田, ぽかんと呼出し, まっすぐに, みつめた, みて, みなまで, みにくく見えた, むきだしに, むっと黙っ, もう一口, もう自分, もつて, ものぐさくのろのろと水を, やがて達弥, やはり人, ゆっくりと, ゆっくり椅子, わかつた, わたくしは, わなわなと, ゐられるも, ゐる杉夫, カクテルの, カーキ色の, キョロキョロと, キョロキョロ青春時代を, グラウンドの, コンパスと, サト子の, ジッと, タバコの, テワスの, テーブルの, ドイツ銀行の, バットの, ヒョイと, ピアノに, ピアノの, ピッタリと, ベアトリーチェは, レンズの, 一同を, 一心に, 一心に凝視, 一歩一歩と, 丁寧に, 丁度怪談, 三々九度の, 上って, 下を, 不機嫌だ, 両手で, 両眼, 丸い石, 主任という, 主任の, 久美子の, 乙女が, 事細かに, 二人の, 二人は, 二階へ, 二階への, 云いその, 云い不安そう, 互に眼, 五郎を, 交る, 人なつこい眼, 人よりも, 人形の, 今度は, 仕事に, 伸子たちの, 伸子は, 体操する, 何かを, 何ごとかを, 何を, 併し, 傍目も, 僕たちの, 僕に, 僕を, 入って, 入つて, 八五郎の, 内ポケット, 再びスタスタ, 冷たく視線, 凝つと, 凝と, 凝乎, 判った, 別の, 前や, 十分心もちは, 十左衛門に, 千種を, 博士と, 厄介な, 厚い唇, 参木の, 又のみ, 及び腰に, 叔父を, 取り組むかを, 受けとめふたたび, 受けとりなに, 受取る, 口の, 口元を, 呟いた, 呟いだ, 周次を, 味気ない, 呼びかける, 和一郎が, 問いかけた, 喉の, 噛み締められて, 囁いた, 四辺の, 壁の, 多喜子は, 多計代, 多賀子が, 大きくのびのび, 大東屋, 夫君の, 奥の, 女は, 姉を, 始中, 嬉し相, 子供が, 子供の, 宏子を, 実を, 寝て, 察しられた, 察する, 寧ろ哀れむ, 尋ねました, 小さい眼, 小枝, 小枝が, 小枝子は, 少佐自身では, 少年に, 山田を, 巌の, 平然と点頭い, 平馬が, 幸太郎は, 幾度も, 床から, 店に, 弁の, 引き留めまた, 彼女に, 復員の, 微笑した, 微笑ませた, 応へる, 忽ち充たされ, 思わず何, 急に, 意外な, 意外にも, 憤りでなくいかめしい, 懇願する, 或る, 戸棚の, 房江が, 扉口に, 手で, 手を, 手近い, 打診なさり, 押えながら, 押っ被せ, 拳を, 挨拶された, 振り向いた, 振り返りました, 收斂した, 放心した, 新しい本, 新事態, 旧友遠山三郎の, 早坂氏は, 明らかであった, 明らかに, 明智に, 明智を, 時々さほ, 時々クン, 時々眼, 時には僕, 書いて, 机上に, 来られたので, 松本平の, 極まるもの, 横合から, 横眼に, 樽り, 欄干の, 次の, 此方を, 歪ませて, 母は, 比企すげ子が, 毛布の, 毛糸の, 気が, 氷の, 汗を, 沈黙し, 沢田美津子が, 洩したこと, 海を, 海岸に, 溪から, 滑な, 漂って, 濃い睫毛, 無意識に, 無暗に, 無邪気に, 煙草の, 熱心に, 父を, 父親の, 物いいかねた, 現はれ, 生産する, 甲斐の, 甲斐を, 男は, 畳の, 癇の, 登って, 登美子を, 皮財布の, 目の, 目も, 直接これを, 相手の, 眉間に, 真名古の, 眠りこけて, 眺めて, 眺めてから, 眺めながら, 眺めるの, 瞬きも, 矢代に, 矢代を, 知らぬ顔を, 示して, 示すと, 礼を, 私にも, 私も, 空を, 突立っ, 窓の, 窓外薄暮の, 立ちすくんだ, 立ち上り, 立ち止まった, 立ち現れる瞬間, 立って, 竜太郎の, 笑いも, 笑うとも, 答えて, 答えると, 素子は, 索漠と, 綾子は, 緊張し, 置かれる手, 翌日は, 考え込んだ, 耳を, 聞いて, 聞き入って, 聴いて, 肩を, 背の, 脱け, 腰かけて, 腰の, 自作の, 自分が, 自分を, 良人を, 若い女, 薬指に, 虱を, 蜂谷を, 蜜柑の, 表現され, 表現する, 表現できる, 見くらべながら, 見ぐるしくへどもど, 見つめた, 見つめたの, 見ま, 見る, 見廻すの, 見覚えが, 見詰めて, 見詰めながら, 見返して, 見送って, 視線を, 解るよう, 言いました, 言うの, 言つた, 訊ねた, 話しあつ, 話しかけ質問, 話の, 誇張を, 語って, 警官から, 谷村さんの, 質問を, 踊って, 身を, 身動きも, 軽く千鶴子, 返事も, 通つてゐた, 通りすぎて, 通り過ぎて, 避難民の, 部屋に, 重吉は, 釘を, 鏡の, 鏡を, 開くと, 阿賀妻は, 附加えた, 階段を, 雀右衛門を, 集って, 面を, 頬を, 頼母夫人を, 顔は, 食事を, 飯を, 飲ませて, 駆使され, 高城の, 髪に, 鳩が, 默つ, 黙った, 黙つて, 鼈四郎は

▼ 表情~ (610, 9.1%)

87 なって 48 なった 10 変った, 変って 8 なつた, なるの 7 似て, 富んで, 返って 6 なったが, なる, 注意し 5 なりながら 4 かわって, して 3 なり, なります, なると, ぶつかると, 富んだ眼, 気を, 現われて, 私は, 見えた, 隠さず心

2 [28件] かわった, かわりながら, したところ, た, どこか, なりました, なるもの, 一種の, 乏しい, 乏しいから, 似たもの, 何か, 充ちて, 困惑の, 変つ, 変りは, 変りました, 変わって, 帰って, 戻った, 接し女性, 本能的な, 現は, 移って, 見えて, 輝いて, 返った, 隱さず

1 [301件] あからさまな, あって, あふれて, あらわして, あらわに, あらわれて, ありありと, あるいはまた彼, あるかげ, あるといふ, あるの, ある不安さ, ある美し, いくらかの, いくらか知識的, いたく心, いたましいほど, いっその, いらいらした, うかべると, おびえるの, おびえ出したとも, おぼれて, お雪ちゃんは, かえり, かえるの, くもった, くらべて, こころづいたとき, こわばって, しっくり合っ, しろ氣, すぎないという, すぎないの, そっくりだ, そのこと, その時, たいへんぴったりした, つきささって, とけ合った若く, とざされて, とぼしい故, とんで, どこやら, ないかという, なったかと, なったかも, なったとき, なったの, なった娘, なった蜂谷良作, なった養策, なつて, なにか唯ならぬ, なにか皮肉, ならうと, なられ式, なりあたり, なりいくぶん, なりかかったが, なりどうにか, なりましたの, なりやっと, なりゆだんなくあたり, なりキッ, なり一歩, なり両手, なり二人, なり八人, なり北原ミユキ, なり口, なり弥生座, なり彦太郎, なり押しつけるよう, なり目, なり膝, なり袴, なり陽, なるか, なるかを, なること, なるだろうと, なるとは, なるに, なるね, なるので, にじむ何, はつと, はなはだ不思議, ひとくせ籠った, ぶつかつて, へばりつく羞恥, ほかならないの, まざまざと, またチラッと, また自然, みえないん, みせて, みちて, みるみる惨苦, もどり, やせこけたおどおど, ゆらいだ, よく似, パッと, パツと, リズミカルな, 一種不思議な, 一致が, 両親と, 主人の, 乏しいの, 乏しい乏しいといふ, 乏しい表情, 乏しかった, 人を, 人性の, 人間的な, 仕込むには, 代って, 代りました, 似ず妖艶, 何かしら意識した, 何らかの高下, 何物も, 依って, 依つて可, 依て, 充ちた肖像, 入れかわって, 入れ代って, 共通な, 出た安堵, 出て, 出る奇声, 出会うの, 加えて, 動きが, 半分の, 即して, 取りつく島, 口もとを, 合ふも, 嘘は, 困った, 執拗に, 変ったので, 変つてドン, 変つて来た, 変つて直人は, 変り眉一つ, 変る, 変るおも, 変ること, 変化が, 変化し, 変化の, 外ならなかった, 失恋の, 好い加減胸, 嫉妬に, 実に現象的, 富んだ神田, 富んだ鳶色, 富んだ黒い, 對し, 小夜子は, 少しほほ笑み, 就いては, 就て, 就ては, 帰った, 帰りました, 弁解する, 引き入れられるやう, 彼女はぞ, 微かにでも, 微笑の, 応じて, 怖れ, 急激な, 恐れを, 恐ろしいもの, 恐怖と, 愉快な, 意を, 感染します, 憐れを, 我々の, 戻って, 戻りそれから, 戻る, 打たれて, 持つて, 接する時, 接近させた, 支配され, 敏感だった, 新たに, 昔の, 暗い憤怒, 最も奥深い, 月丸は, 木崎は, 柔らかな, 歪み果てた頬, 歴史と, 残酷味を, 殺気らしい, 気がつかなかつたかい, 気がつくと, 気づいた男たち, 気づいて, 気付いて, 沈むの, 注意した, 注意する, 添えて, 満々と, 満たされて, 溢れて, 漂ふ, 漲って, 濃くなり, 独特な, 珍らしく, 現すこと, 現はれ, 現はれた, 現れたの, 現れ出した仙吉, 生じる無理, 男性本能としての, 異常な, 痴鈍な, 目が, 瞬間いまいましい, 磨きを, 示すだけ, 祖国の, 穏かに戦を, 立ち返って, 立って, 笑を, 答えようとも, 紙を, 素子の, 綜合せられ, 習慣に, 胆を, 自分を, 至っては, 苦痛らしい, 茶入の, 衣裳によって, 表はさ, 表はれない, 見えそれ, 見えたが, 見える, 見えるが, 見えると, 見えるばかり, 見え鼻, 見せて, 見せるだけ, 見られないの, 見入り, 見入る感じ, 見物人は, 触れるとも, 読まれ出した, 読みとれたので, 變る, 負けて, 転じた, 輝いた, 辞退の, 近いもの, 近いやう, 返り, 返ると, 過ぎないと, 違ひありません, 違ひない, 適して, 適つてる, 還った, 酔いしれるの, 隠しよう, 霊感的な, 露骨に, 顕す自分, 顕せば, 顕れない彼, 飛躍する, 餘程の, 驚いたが, 驚きの, 魅了された, 魅力を

▼ 表情~ (536, 8.0%)

23 中に 9 ない顔, 中には, 動きを 8 なかに 6 うちに 4 動きも, 変化も

3 [15件] あるの, うちで, うちには, ま, ままじっと, やうな, 下に, 中から, 中で, 動きは, 変化に, 大袈裟な, 底に, 歪んだ固い, 線を

2 [35件] ある女, ある手, ある顔, うちにも, かげに, ために, どこかに, ないまま, ない仮面, ない声, ない表情, なかから, まま高品さんの, まま黙っ, ゆたかな, クルクルうごく, 一つ一つを, 上に, 中を, 何処にも, 動きに, 動きの, 変るの, 変化が, 奥に, 底から, 明るさ, 死んだ顔, 物凄さ, 硬ばる, 美しさ, 蔭に, 變化が, 輝きである, 顔に

1 [349件] あえかな, あまりにも, あらわれること, ありたけ, ありったけを, あるすばしこい, ある二階建, ある仮面, ある手頸, ある眼, あんばいは, いい先生, いろいろを, ういういしさ, うえで, うえに, うしろに, うちから, うちにだけ, うつり目, うまいまずいは, かたい甲羅, かわいらしさ, けだかさ, ことである, この場合, しかたや, しつかりした鑑別, すべてで, せいだった, そして更に, つよい顔, とおり軟かく, とざされた顔, どこかには, どこにも, どこ一点にも, どんな変化, どんな瑣末, ない, ないその, ないちょうど, ないの, ないリンカク, ない世界, ない人, ない処, ない削げた, ない動物, ない器械, ない彼, ない東京大阪あたり, ない死者, ない病身, ない目, ない盲目, ない眼, ない石, ない能面みたい, ない順, ない順つて, ない顏, ない顔つき, ない顔付, ない顔面, ない魚形, なかで, にぶくなった, ひとつひとつは, ほかに, まま, ままああ, ままぞろぞろ, ままで, ままやがて, まま倦怠し, まま大きい, まま奥へ, まま左手に, まま廻れ, まま暗号書を, まま検事を, まま氷りついた, まま深い, まま相手は, まま矢代の, まんま, もっとも正しい, もとに, ものである, ものを, やり場が, やり場に, やわらぎの, ようでない, ようでも, ように, ニュアンスを, ハイフエツツの, ムゴタラシサ, ヴアラエティ生活様式の, 一つである, 一つであろう, 一つとして, 一つ一つにも, 一件を, 一切を, 一断面, 一部分から, 一部分と, 一面は, 三人の, 三拍子揃った, 上で, 上にも, 下から, 下で, 中国は, 中心である, 中見る, 乏しい女, 乏しい支那商人, 乏しい男, 乏しい貌, 交錯する, 人々が, 人々の, 代りに, 仮面が, 伝える意味, 伝達とか, 何処かに, 俳諧, 借り物である, 働きで, 儘前屈みの, 元軍医, 内には, 内輪な, 写真であった, 凄さ, 凄まじいこと, 凹凸だけが, 出来る人, 分らない顔付, 力あり, 力で, 力の, 力は, 動かないまつ, 動かない面, 動き, 動きから, 動きと, 動きをも, 動くの, 卑しさ, 印象に, 取り立てた変化, 可愛らしさ, 否定によって, 和らぎといった, 固定した, 型によって, 基と, 場合の, 壁のせゐである, 変つた, 変り易い, 変化さへ, 変化と, 変化などについても, 変化の, 変化を, 変化をも, 外に, 多い口, 多い眉毛, 多い眼つき, 大きく顕れる, 大げさな, 太い皺, 失せた勤め人たち, 失せた白々しい, 失せた顔付, 奇怪至極さは, 女達が, 婦人車掌の, 子供らし, 子供を, 寸毫の, 小さな影, 少い至極善良, 尠い, 巧さ, 巧みな, 差と, 平靜さや, 幻想の, 幽かな, 底には, 影さえ, 彼女の, 彼等に, 往来する, 後づけし, 後に, 後を, 微動さへ, 微細な, 徴候は, 思い切った類型化, 急所を, 怪奇に, 怪美に, 恐ろしかった, 悲しさ, 意味だけは, 意味は, 意味を, 意気の, 成熟し, 所有者が, 所有者では, 技巧で, 技巧や, 把握は, 抑揚の, 持ち主で, 持ち主であり, 持主でした, 持主でも, 推移は, 放棄である, 散漫に, 方が, 早き動き, 暗示によって, 曇りが, 朦朧と, 朴訥穏和な, 根に, 棚下しを, 横綱が, 横行に対して, 機能を, 機関が, 正直さかけ, 正確さ豊富さ微妙さによ, 死んだ板, 死んだ顔貌, 民衆から, 気分で, 氷りついたよう, 決して上品, 決然たる, 流れが, 流れの, 浮ぶ人, 淫蕩性, 深い静的, 満干の, 滿干, 濁りを, 無いやう, 無い事, 無い女, 無い眼, 無い顏, 無くな, 無智, 焦点であり, 特別に, 特徴が, 特殊な, 狂気じみ, 現れたの, 現われて, 甚七が, 男だった, 男を, 男女によって, 画像が, 番頭さんみたいな, 白さ, 百姿百態を通じて, 盛んな, 相似性どころで, 真似を, 眼は, 矛盾は, 矢萩に, 硬さ, 神原喜作を, 秘密, 移らない無表情, 程も, 種類を, 緊張だけは, 縹渺性に, 美, 美に, 翳を, 翻訳は, 老若の, 聲を, 自由さは, 自由な, 色を, 艶や, 著しい顔, 表現を, 裏が, 裏で, 裏には, 複雑な, 複雜な, 見えるの, 誇張に, 諸相は, 謎を, 警視庁の, 變化も, 變化を, 豊かさ柔軟性と, 豐かさは, 貧しさ, 起す単純色, 連中とが, 違いから, 配りだった久慈, 重さ, 重味, 鈍い呆け, 閃きを, 間から, 間を, 限界の, 陰影が, 陰欝さに, 險しくなる, 雑多に, 面白さ, 音色を, 韻律的魅力に, 顔であった, 類似点を, 餘り動かない, 魅力は

▼ 表情~ (511, 7.7%)

8 少しも 7 急に 5 変らなかった 3 なかった, 何か, 殆ん

2 [30件] かなり複雑, きれいに, して, すぐに, そこではたと, どこか, ない, ないながらも, なくなって, まさに奇怪そのもの, まだほぐれません, わかりませんが, 一瞬激しく, 予期に, 可なり, 実にみにくかっ, 彼の, 彼女に, 微動だ, 微塵も, 悲しげ, 暗い陰鬱, 歪み足, 消えた, 消え失せて, 痕も, 直ぐ恢復, 若い主人, 見えなかった, 見られなかった

1 [422件] あきらかに, あったけれども, あまり上手, あやしく歪んだ, ありありと, ありませんでしたけれど, ある時, いかなる言葉, いかにも円満, いかにも忘れ, いさ, いつか母親の, いつしらず彼女達, いつの間にか驚異, いつまで, いつもこれ, いつもの, いつも濁った, いまでも, おげん, おごそかであり, おじいさん似だ, おた, およしなさい, お延, かえって健三, かくの, かなり病み老け, がっしりとして, ことにその, この, このやう, このよう, この一事, この男, これは, これほど, さうい, さっと変っ, さまざまだった, さまざまである, さまざまに, さも珍しい, しないの, しなくなって, じつは裏返された, すぐ消えた, すぐ瞼, すぐ葉子, すこしも見られなかった, すこしファブル, すっかり変っ, すつかり涸れ, すでに設計者, すまいと, そこには, そのため, そのま, そのままの, そのゼイゼイ, そもそも何, それだけで, それほど困つた, それまでの, それを, そんなふう, たしかに普通, ただの, たちまち譬え, だらしない, だんだん押しつぶされた, だんだん薄らい, ちっともない, とたんに変っ, とっさに, どうかあざわらっ, どうかした, どうだ, どうであろう, どこかへ, どこにも, どちらかと, どの顔, どれも, どんなに小さい, どんな名優, どんな小説家, なおも衰えなかった, なお深まっ, なかなか豊か, なくそれ, なくて, なごやかに, なほも, なるほどと, なるほど公, なんだか明るく, なんともいえない, なんにも生じ, にわかに険しく, はっきりせず, ぴしゃりと, べつに乱れ, ほぐれて, ほぐれはじめて, ほとんどわからなかった, ほとんど恍惚, ほんとにめずらしい, まことに有難い, ますます歪ん, ますます深まっ, ますます私, また一風変, また平和, まだ子ども子ども, まちまちだった, まちまちで, まったく変っ, まったく特別, まつたく美しい, まるで一刻, まるで低能兒, まるで彼女, まるで泣い, まるで笑, みにくくねじれ, みるみるうち, みるみる変っ, みるみる緊張, みんな同じ, むろん解らなかった, もう平静, もう怒り, もっと歪ん, もつと, もともと冷酷, やっぱり死骸, やはり人形, よく動き, よく聞きとれない, よほど賢い, わからなかった, わざとらしくて, カラス天狗の, ヒステリックに, ベートーヴェンの, マスクの, レオナルド・ダ・ヴィンチの, 一向に朗, 一層はげしく, 一層愼まし, 一層濃く, 一斉に, 一日も, 一様に, 一生忘れられないだろう, 一瞬, 一瞬こわばる, 一瞬ほぐれました, 三たび変った, 上海や, 不吉な, 不得手であります, 世界の, 両方とも, 中, 久江にと, 乏しかった, 乏しくない, 亭主の, 人に, 人間を, 今でも, 今にも泣出, 今まで, 以前より, 何とも形容, 何ものかに対して, 何んと, 何んな, 何事も, 何処かに, 何十年後の, 何故か飽くまでも頑としてむつ, 何時の間にか消え, 何等かの, 作ったもの, 依然として動かない, 依然として石, 依然白痴, 俄かに, 保が, 個性の, 傲岸で, 僅かに, 僕に, 優しい哀願, 全く同じ, 全く破, 全体に, 全然分らず, 全然現われ, 兩親の, 写生する, 写真よりも, 冷静である, 凝固し, 出て, 分からなかった, 分らない, 分らないが, 別人の, 刻々と, 刻々に, 動かない, 動かなかったが, 勝ちほこつた笑ひ, 半分以上消え, 南さんの, 単に今, 単に型化, 即身化身捨身, 各々冷めたい, 和尚には, 団十郎による, 図星を, 固より, 固定し, 圧せられて, 堅くなっ, 堪らなく彼, 壁に, 変った, 変って, 変らないよう, 変らなかったが, 夏の, 大体から, 大変千葉先生に, 大抵は, 大阪市には, 天下一品であった, 天下無類の, 如何なる言葉, 妾と, 娘, 子供時代からの, 定かでない, 実に愛嬌, 実に憎み, 容易の, 尋常とは, 少し曖昧, 少なくも大人, 尽くその, 左枝に, 平一郎に, 広川そっくり, 当然予想, 役所へ, 役者の, 役者や, 彼が, 彼ら二人をも, 彼女の, 彼女を, 復讐の, 微風ほども, 心に, 忘れようとして, 忠利に, 忽ちその, 忽ち誇示的, 忽然とし, 怒ったとき, 怒りと, 怒りに, 怖ろ, 性格表現の, 恐怖で, 恐怖に, 息を, 想像の, 愈疑惑, 慈悲という, 憂鬱であった, 戦時めき, 振り落されて, 掌を, 揃いも, 揉みくちゃに, 描けも, 明らかに, 明るくその, 明るくなり, 明るくむしろうきうき, 明智の, 暗い富山, 木彫りの, 案外率直, 極く, 極度に, 極真面目, 次第に凄く, 次第に顔, 次第に黒く, 歓喜に, 此う, 歪んだ, 死に微動, 死鬼の, 残つてゐる, 段々空虚, 母の, 毫も見当らなかった, 決して, 決して乏しく, 汽笛の, 沈んでる, 沈澱性を, 沈痛である, 沈静され, 泣くよりも, 泥人形の, 注意し, 洋服を, 浮んで, 消えむしろ, 消え去って, 消え去りがてにも, 消え眼つき, 涙でも, 淋しげ, 渋面ばかり, 漸くほぐれます, 澁面ばかり, 無くなった, 無意識に, 無気味という, 無氣味, 父の, 現われない, 男を, 異常な, 異様に, 痛いたしかった, 発狂の, 白ば, 白痴の, 益々硬い, 盛子の, 目下最大限度にまで, 真剣に, 真紀子も, 硬ばりました, 硬直か, 確かに, 私たちの, 私に, 私には, 私の, 私のより, 程よい読書, 穏か, 穢されては, 突然するどく, 笑つてゐた, 笑つてゐる, 笑つて居らず, 笑ひ, 笠で, 素朴に, 結局微動も, 罕ならず, 翻訳を, 聖画等の, 自然に, 船中の, 花を, 苦悶の, 落ちると, 複雑で, 見えないが, 見えなかつたが, 見せなかつた, 見せながら, 見せようと, 見て, 見ものでした, 見る見るもと, 見受けないよう, 見当らなかった, 見物人に, 見馴れたガラツ八, 親父の, 解らなかつたが, 記憶に, 誰が, 誰の, 變らなかつた, 豊かで, 足の, 遂の, 遊部と, 違って, 遽かに, 酒の, 釣針に, 長閑に, 陰鬱に, 隠されて, 隠すこと, 雨の, 電車の, 静かで, 静かな, 音声として, 頗る拙い, 額眉頬の, 類の, 風の, 香水とは

▼ 表情~ (228, 3.4%)

10 なかった 5 ない 3 ありません, 見せずに, 見せなかった

2 [11件] あらわれない犬, さすがに, して, なく彼, なく聞き流し, ほぐさず用事, 感情も, 無い木偶, 現わ, 示さなかった, 見えなかった

1 [182件] あたりの, あって, あらはれた, あらわさなかった, あらわれませんが, ある程度まで, いくらか, うかべずに, うごいて, うごかさない, おちついて, お見うけする, かえぬ相手, かわらずまことに, この切れッ端, さして劇, さだかでなくなる, しぜん, した, しないで, そういう手荒い, そのとき, その全身, その正座, そぶりも, それに, それにつれて, そんなに突飛, たくみに, たとえば一ト月前, どんな唐, ないかわり, ないさ, ないその, ないの, ない事, ない畫, ない言葉, ない静か, ない顔, なくいかにも, なくおだやか, なくさつさと, なくさつと, なくすらすら, なくそんな, なくて, なくりんご売, なく他人, なく余生, なく初代, なく向う, なく声, なく微動, なく悠々, なく空, なく聴い, なく自分, なく見おろし, なく親しげ, なく身動き一つ, なく透きとおる, なければ, なごやかに, なしに, なし得べきこと, なにも, はっきりし, はつきりし, ほとんど變ら, まがうところ, また同じ, また広い, みえなかったまるで, みずに, やうやく和らげられ, やさしく感じられた, ゆき子には, ゆたかに, わりに自然, タイプも, 不平の, 争われず霊魂入り, 亦かの, 人間よりは, 今は, 今日の, 伸子の, 何も, 健康そうな, 先刻飯を, 冷かなほどの, 出た, 出来まいと, 動かさずに, 動かさず突然, 動かさぬ, 動かなかった, 勘定の, 卑しむ気, 単なる憂, 反抗する, 含まれるだろうが, 固かった, 固まろうと, 固定した, 圧し潰されて, 声の, 変えず, 変えずに, 変えず全て, 変えず黙り込んで, 変えないで, 変えなかったが, 変って, 大きく名, 媚を, 完全だ, 宛も, 崩れようと, 帯びて, 平常どおり柔和で, 彼女が, 微動だ, 忘られない, 忙しさうに, 思い出されて, 想像する, 感ぜず語りはじめた, 成さぬもの, 所詮は, 所謂活, 手伝つてぐんぐん, 持たないが, 持たない線, 明るくなった, 昔と, 本質的に, 柔和で, 泛べ, 浮べずひたと, 浮べないで, 浮べなかった, 浮んでは, 消えて, 淋しげ, 無い, 無くお, 無くさっさと, 無く悠々, 無く言います, 無く顎, 現れぬの, 現わし, 目について, 目の, 着物の, 知り結局彼, 示さず陣小屋, 示さない, 美しいが, 自殺者特有の, 自然に, 血の気までも, 複雑で, 見えなかつた, 見ずに, 見せず先生, 見せては, 見せない, 見せませんでした, 見せ合わなかった, 見て取られず長谷川, 言葉も, 言葉少く, 言語動作も, 認められず一様, 越智の, 近代的の, 重苦しいもの, 鈍ぶく, 頭の

▼ 表情~ (129, 1.9%)

5 なって, なつて 3 一緒に 2 いったって, 態度とが, 線とが, 肉附の

1 [108件] あの草笛, いうより, いったら恐怖, いつたらない, いひ声, いひ歩くとき, いよいよ昂揚, いわれても, おだやかな, おちついたやさしい, おちついた微笑, かわつた, すきま, すべての, そぐは, そして気魄, ちぐはぐな, とったもの, なった, なるから, なるの, むっつりし, シカタも, ネバネバした, リズムが, 一皿の, 三角の, 不健康そうな, 二つの, 云うもの, 云ふ, 云ふも, 云わねば, 人を, 人心の, 何かを, 其の詩歌, 内的表情の, 冷笑と, 力を, 動きに, 動作を, 及び發聲, 口調とで, 叫びを, 同じよう, 堅く握り合せた, 場合とを, 声の, 声色を, 太い興奮, 姿勢は, 姿態と, 小市民気質, 少しも, 微笑みが, 恰好を, 意味の, 感動と, 態度とに, 態度に, 態度を, 憐憫の, 手の, 挙動で, 擧動と, 放心した, 朗らかな, 来ては, 母なる, 気持とは, 涙とが, 清廉の, 温かい劬, 潤いの, 無愛相, 発す音声, 結び合わされた, 置き代え始めた, 肩と, 自分に, 若い年, 若い年齢, 落着きとを, 融合した, 血の気の, 行届いた動作, 見えたが, 見え出したの, 見て取れた, 言うもの, 言葉を, 足どりとで, 身ぶりとが, 身ぶり手つきである, 身体の, 身振りに, 軽快な, 輝かしい眼, 釣り合うよう, 長いまつ毛, 雑多な, 音声とには, 頼むにも, 額の, 風采とを, 驚愕の, 骨格とを

▼ 表情には~ (85, 1.3%)

2 あきらかに, 何の, 少しも, 幸福感が, 闘争的な

1 [75件] いざと, いろいろある, おそるべく, おやまた, これまで, しずかさや, すでに思春, それらしい, ちっとも皮肉, ちょっぴり嘲弄, なにかの, はじめて母親, ひろ子を, ふだんと, まぎれも, またそれ, まだ調子, みじんも, もはやかくしきれない, 一様に, 一致した, 不快そうな, 不思議に, 乏しいし, 乏しいので, 些かの, 今までとは, 何かしら私の, 何やら腑, 何んと, 何ヵ月かの, 何等の, 何處と, 信頼と, 冷たい固いもの, 出さなかつたが, 又し, 反感と, 受付の, 変な, 天蓋を, 完全なる, 宙に, 影も, 彼が, 微塵も, 微笑し, 怒りと, 怒りの, 恐る可, 意味あり, 憎悪と, 明らかに, 春雪解けの, 時々苦痛, 暗鬱な, 歴然と, 母を, 気を, 永い退屈さ, 注意する, 淡い混濁, 激しい驚き, 無かつ, 無関心, 犯罪者の, 用心深いところ, 疑惑と, 確に, 私が, 秘密な, 苦しそう, 軽侮と, 鋭さを, 非常な

▼ 表情~ (78, 1.2%)

3 口の, 言葉の, 身の 2 体の, 優しいけれども, 毛の, 言葉に, 身振

1 [59件] おだやかな, かたく心, しぐさから, またその, ものの, わるく刺戟的, ヂェスチュアを, 世間に対する, 丹を, 云い草までを, 仕草に, 何かで, 動きの, 動作などに, 動作には, 動作を, 口ぶりが, 口調で, 合図が, 味の, 声などに, 声には, 声の, 声音を, 姿勢も, 家族の, 微笑の, 態度からは, 態度で, 態度によって, 態度を, 手真似を, 抑揚の, 明るい声音, 朗読風の, 模倣の, 歌の, 歩きつきや, 気分では, 滑稽な, 瀟洒な, 物の, 目くばり, 睫毛の, 科白の, 翳の, 腕脚の, 衣裳の, 言葉つきなどが, 言葉つきは, 言葉尻に, 趣味殊に, 身ごなしが, 身振りなど, 身振りまで, 身體の, 長髪から, 骨格にも, 骨骼を

▼ 表情から~ (53, 0.8%)

2 して, それを, 事の, 何かを, 眼を

1 [43件] あの明るい, いっそう彼, おぼろげな, くすんだ色, どちらが, はうか, ふと思ひつい, 主人は, 伸子は, 何かしら世の常ならぬ, 何事をも, 前後の, 呪咀の, 失われて, 妙に, 察する, 少し取り入る, 彼の, 彼は, 得て, 感じた, 感情の, 推して, 推せば, 敵を, 日常生活まで, 来る, 来るや, 来る想像, 残忍な, 消えて, 無意識的に, 目を, 着付けから, 見て, 見ても, 言葉付まで, 言葉以上の, 読み取られたので, 輪廓までが, 酷く引, 陶酔に, 魯鈍を

▼ 表情にも~ (51, 0.8%)

3 見える 2 かかはらずま, 道化味が

1 [44件] あらはれて, あらわれて, あらわれるが, その態度, たしかに一同, どこか, どつて, ない, ならない, なり得る, なるの, もう馴れ, ものごし, フォルチシモが, 仕草にも, 以前あれほど, 仮の, 何か, 前に, 姿にも, 寂しい翳, 富むでゐた, 少しの, 左し, 平静な, 態度にも, 挙動にも, 敏感な, 深刻な, 無関心, 無関心な, 物いい, 特殊な, 皆な, 相違なかつた, 知らぬ者, 絶えず示され, 緊張が, 苦悶の, 見えた, 見えたなどと, 言語にも, 調子にも, 通じたもの

▼ 表情~ (49, 0.7%)

5 顔で 4 のだ, のです, 顔付で 3 のである 2 ので, んだ, んです, 硬ばった顔付, 顔を, 顔付を

1 [17件] のか, のかも, のでした, のではっと, 大田梧郎が, 微笑を, 永遠な, 白痴の, 白目と, 眼つきを, 眼を, 面で, 頬の, 額さほどの, 額を, 顔に, 顔付が

▼ 表情~ (32, 0.5%)

7 な眼 2 なの, な大きな

1 [21件] だったり, でしょうもし, でないので, でクワツ, で仇, で肉體的, なやりくり, な口もと, な大きい, な小さい, な楽節, な身, な顔, な顔付, にお, にその, になっ, になつ, によろこび, に使う, に過ぎた

▼ 表情とは~ (21, 0.3%)

1 [21件] あのよう, およそ違つて, しばしば彼, そういえ, ちがって, まるでべつ, まるで異, 似ても, 似も, 全く別, 全く別人, 反対に, 同時に表現, 地上の, 変って, 平八の, 欧洲人の, 認めたくない, 違う, 限らない, 香水の

▼ 表情では~ (20, 0.3%)

3 ない, ないか

1 [14件] ありません, あるが, いけないか, いって, いつて, ないかと, ないこと, ないだろうか, なかった, なく深悪, 何も, 船も, 見分けが, 駄目だ

▼ 表情という~ (18, 0.3%)

8 ものが 4 ものは 2 ものを 1 ことが, のは, ものをも, ような

▼ 表情をも~ (17, 0.3%)

2 これは, 容るべき

1 [13件] あらわさずただ, せず助け, もって, 一つの, 作り得るだろう, 含まないとともに, 固定的に, 彼女の, 持っては, 発揮し得ぬ, 私は, 見ること, 返すこと

▼ 表情~ (14, 0.2%)

3 ている

1 [11件] こまこま線を, て, ていた, ていった, てなさる, てわたしこのごろ何, てゐた, て何, て最大, て這入っ, 合ひもした

▼ 表情である~ (14, 0.2%)

2 とすれ

1 [12件] か分からない, か胸, が笑い, が鍵, といっ, とは考えられなかった, ともつかず, と思はれる, にせよ, のにこの, のは, 処の

▼ 表情とも~ (13, 0.2%)

1 [13件] いえるでしょう, それとも単に, つかぬしかし, どこか, なつて, 不審の, 分かちがたい, 分ちがたい, 受けとれよう, 変るであろう, 恐怖の, 見えるし, 見受けられる

▼ 表情まで~ (13, 0.2%)

1 [13件] はっきりわかっ, はつきり讀める, まだ矢代, やってのけようと, 何だか一つ, 出して, 実に歴々, 用意し, 真似て, 言葉として, 認めはじめたの, 読めそう, 讀めさうに

▼ 表情とを~ (12, 0.2%)

2 取り返して 1 あくまで賞め, おもつ, もって, 一瞬の, 与えて, 感じとり受け入れたに, 感じます, 持って, 見せて, 誇張した

▼ 表情を以て~ (11, 0.2%)

2 彼の 1 クルクルと, 北川氏の, 唇に, 女性は, 掩は, 無邪気極りなく, 爛々としてか, 現場へ, 私を

▼ 表情~ (9, 0.1%)

1 が自分, つたから, つたのかも, とは思へなかつた, とは自分, と思った, と考え, のを, 私は

▼ 表情だけ~ (9, 0.1%)

2 だった, では 1 うまい役者, で本腰, 一隅で, 残されて, 誇張し

▼ 表情その~ (8, 0.1%)

2 声は, 顔付を 1 喘ぎ方, 整調みな我等の, 物ごしには, 行動の

▼ 表情でも~ (8, 0.1%)

2 浮んで 1 ある顔付, かげでは, しなければ, わかる, 動作でも, 十分に

▼ 表情など~ (8, 0.1%)

1 させるには, その他すべてブルウス・テイラアの, それらが, 一つも, 一切が, 活, 至って穏やか, 至つて穩かで

▼ 表情によって~ (8, 0.1%)

1 その話そう, であった, フリーダに, 伝える独得, 何かを, 判断する, 相手に, 逸早く吉凶

▼ 表情たっぷり~ (7, 0.1%)

1 でもあった, で早く, で話さなけれ, な光枝, な物, な米国人, に廻転

▼ 表情とが~ (7, 0.1%)

1 ただいっそう, わたくしに, 一致しない, 伸子に, 混った, 起つた, 頭に

▼ 表情動作~ (7, 0.1%)

1 についてさえ文学, のなか, はまことに, や活動女優, をすっかり, をそういう, を持つ

▼ 表情さえ~ (6, 0.1%)

1 あった, ますます苦々しく, 浮べないで, 浮んだ, 表現しよう, 見えて

▼ 表情だった~ (6, 0.1%)

1 が, がそれ, が栖方, が生前, ので蟹江, 故私は

▼ 表情です~ (6, 0.1%)

2 がいかにも 1 から, がその, が真に, ね

▼ 表情といふ~ (6, 0.1%)

3 ものを 1 のは, やうな, 言葉には

▼ 表情として~ (6, 0.1%)

1 描き出した, 現われるのみ, 目とめず, 自ら訓へと, 見れば, 読みとったの

▼ 表情までも~ (6, 0.1%)

1 して, はっきり思い出す, 一緒に, 似てると, 分るの, 見泄ら

▼ 表情姿態~ (6, 0.1%)

1 その言葉, による瞬間的イメエジ, の上, はこれ, までが浮び出, を見る

▼ 表情であった~ (5, 0.1%)

1 からである, が, がすぐ, が既に, のである

▼ 表情とに~ (5, 0.1%)

1 人を, 初て, 富んだ口もと, 序破急が, 興味を

▼ 表情などを~ (5, 0.1%)

1 こまかに, 仔細に, 思い返すと, 気に, 研究しました

▼ 表情にな~ (5, 0.1%)

1 つたのを, つて, つて我が, つて撓つた, つて汗が

▼ 表情らしい~ (5, 0.1%)

2 ものを 1 ものは, 動きは, 表情を

▼ 表情しか~ (4, 0.1%)

1 なかった, 有た, 無い, 見ること

▼ 表情だけを~ (4, 0.1%)

1 注意深く窺っ, 表わして, 見いだすこと, 見ますと

▼ 表情などは~ (4, 0.1%)

1 しないその, 何処にも, 少しも, 遺憾ながら

▼ 表情にまで~ (4, 0.1%)

1 ゆがめられたほどに, 感心した, 注意を, 震えおののかせたところ

▼ 表情~ (4, 0.1%)

1 油断ナク観察シタ, 浮カベテイル, 示ス筈デ, 見ツメテイタ颯子ハ

▼ 表情であり~ (3, 0.0%)

1 その作品, やわらかい調子, 無表情と

▼ 表情などに~ (3, 0.0%)

1 構わず自分, 気付かずに, 注意する

▼ 表情にて~ (3, 0.0%)

1 口を, 書の, 衝と

▼ 表情による~ (3, 0.0%)

1 ことが, のだったでしょう, 模倣は

▼ 表情ばかり~ (3, 0.0%)

1 でしたらああ, です, では

▼ 表情~ (3, 0.0%)

1 もどつて, 冷酷とも, 卑しい好色

▼ 表情ほど~ (3, 0.0%)

1 こわいもの, また夏, 善良そのものでは

▼ 表情一つ~ (3, 0.0%)

1 動かさずしいて, 動かさず強いて, 変えずに

▼ 表情態度~ (3, 0.0%)

1 となる, に搏, を見せつけられ

▼ 表情~ (3, 0.0%)

1 の実演, の幾つ, を到る

▼ 表情ある~ (2, 0.0%)

1 二階建の, 眼は

▼ 表情あれ~ (2, 0.0%)

1 ば演劇, をこそ職業的

▼ 表情からは~ (2, 0.0%)

1 ついに侮蔑, 読むこと

▼ 表情こそ~ (2, 0.0%)

1 変らなかつたが, 睡蓮の

▼ 表情~ (2, 0.0%)

1 ういつた, へ動かさなかつた

▼ 表情それ~ (2, 0.0%)

1 が現われた, が語られる

▼ 表情それら~ (2, 0.0%)

2 が群衆

▼ 表情だけが~ (2, 0.0%)

1 印象に, 眼の

▼ 表情だけで~ (2, 0.0%)

1 満足し, 用を

▼ 表情とで~ (2, 0.0%)

1 いたためし, 牢を

▼ 表情とともに~ (2, 0.0%)

1 憤然として, 聞かされること

▼ 表情なき~ (2, 0.0%)

1 歩調にて, 足どりを以て

▼ 表情などには~ (2, 0.0%)

1 一向お構い, 少しも

▼ 表情などの~ (2, 0.0%)

1 一つ一つを, 無数の

▼ 表情なり~ (2, 0.0%)

1 であること, 印象なりが

▼ 表情なる~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 表情において~ (2, 0.0%)

1 半一致, 民族的地方的な

▼ 表情においても~ (2, 0.0%)

2 その風貌

▼ 表情にかへ~ (2, 0.0%)

1 つて, つて薬局の

▼ 表情によ~ (2, 0.0%)

2 つて生かされる

▼ 表情に対する~ (2, 0.0%)

1 嫌悪を, 激しい嫌悪

▼ 表情より~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 現われて

▼ 表情よろしく~ (2, 0.0%)

1 行きづまった, 首を

▼ 表情以上~ (2, 0.0%)

1 に熱烈深刻, の表情

▼ 表情沢山~ (2, 0.0%)

1 な歯並み, の誇張だらけ

▼ 表情特徴~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 表情皮膚~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 表情科動き~ (2, 0.0%)

1 の全体的統一, の部分的工夫

▼ 表情~ (2, 0.0%)

1 の痙攣, を伸縮

▼ 表情~ (2, 0.0%)

1 の線, を特色

▼ 表情言語~ (2, 0.0%)

1 になつて, に通じない

▼ 表情記号~ (2, 0.0%)

1 などは一綴り, も音符

▼ 表情~ (2, 0.0%)

1 のこなし, 振手真似

▼ 表情遊戯~ (2, 0.0%)

1 の応用, を教え

▼1* [184件]

表情あられもない, 表情ありとあらゆる姿態の, 表情あるいは無垢なる, 表情うれしい表情が, 表情さもなく, 表情かならずそうであるべきはず, 表情かまえ書斎を, 表情かも知れない, 表情からかどちらからとも, 表情からも推測する, 表情この絵の, 表情さえも第三者として, 表情させたつもりで, 表情しきれぬほどの喜び, 表情した帝大の, 表情してるが時間, 表情しましたことが, 表情しようとする, 表情やない, 表情じゃなく中毒者, 表情じゃったし, 表情するということ, 表情せられている, 表情そうして, 表情そうした技巧には, 表情そして今まさに, 表情そのままを心, 表情そのものに相違, 表情それから演奏を, 表情たっぷり演技して, 表情たつぷりに, 表情たるや教室, 表情だけに止まること, 表情だけはさすがに, 表情だったりする, 表情だってすっかり男, 表情だつたがあれ, 表情ちらりと人を, 表情ったらなかった, 表情つまり外觀に迄現れる, 表情づける奥の, 表情であって翻訳, 表情であった去定は, 表情でありまして極, 表情であれば自ら悲哀, 表情できつと眉, 表情でしか自分の, 表情でしたわ, 表情とかそう云った, 表情とかいうことに, 表情とかに心にくい, 表情とから彼は, 表情としての文化が, 表情とだけは今でも, 表情とでも申しませうか, 表情とによって日本の, 表情との関係が, 表情と共にある場合, 表情どおりできて, 表情どんな微かな, 表情ながら落ちついて, 表情なぞは少しも, 表情などがあつて, 表情などでお心, 表情などではこちらへ, 表情などに関する詳細な, 表情なども細やかに, 表情などもをこつきの, 表情なんでもない, 表情なんか見えない, 表情なんかも色々な, 表情にかへてお互, 表情についてあなたに, 表情にのみチャームされた, 表情によっても同じベンチ, 表情に関する限り照れる, 表情のみならず身体全部, 表情はねジエィン考へ, 表情ばかりがあるから, 表情ばかりは今でも, 表情へのとどめの, 表情ほどに驚いた様子, 表情またこの山岳部, 表情または人体の, 表情までが激しいたち, 表情までは分らないが, 表情みたいに思われる, 表情もかへないです, 表情もしくは特徴を, 表情ものすごく胸を, 表情やっと歩く心持, 表情やや肉感的, 表情やらが流るるよう, 表情やを見まもりその後, 表情平凡で, 表情よくこれを, 表情よりもはるかに, 表情をかへる, 表情をかへて妙に, 表情をすら連想させる, 表情をと見こう, 表情アメチストの表情, 表情ゴールドン・サフアイヤの表情, 表情ヂルコンの表情等数, 表情云ッタ, 表情デッサン主題いづれも, 表情上手な性格, 表情下等なもの, 表情乃ち是詫なるを, 表情五十を過ぎ, 表情を去る, 表情人形のやう, 表情今にもにやりと笑いそう, 表情て友達甲斐, 表情以外さほど重大, 表情体操でも見る, 表情全体には快活さ, 表情其他をするどく, 表情処女の肌, 表情をじっと, 表情力充満ちて, 表情単純で美しい, 表情場所の光景, 表情姿体を観察, 表情姿態公共建築物の外観, 表情少く口数も, 表情廿歳の青年, 表情弱々しい微笑それから, 表情微風の表情, 表情心持の動き, 表情心理であるけれども, 表情怨恨に満ちた, 表情悪く言へば, 表情の動かし, 表情技巧を知らない, 表情把握は香水, 表情朗読的な作法, 表情森林の真昼, 表情を喰いしばる, 表情気分それらのひとつひとつ, 表情の流れ, 表情求愛の表情, 表情活動の強度, 表情のさざなみの表情, 表情深い眼を, 表情演技の誇大, 表情物ごしがいかにも, 表情物腰髯のつくり, 表情狡智横着陰險短氣, 表情的差別である, 表情を寄せ, 表情の光り, 表情眼つきや手つき, 表情との関係, 表情空々しいほど自在, 表情等数へきれない, 表情がつい, 表情絶間なく我, 表情がこ, 表情自分を送っ, 表情自己の個性的, 表情苦惱とも憤怒, 表情草間にかくれる, 表情の眼, 表情の名人, 表情の妖婦, 表情表現法でわが国, 表情見交す眼付, 表情言語挙動は人, 表情豊かな唱歌形式, 表情身体のこなし等, 表情身振りが現れ, 表情軋んでいる, 表情輕ろき優しき, 表情輝く指の, 表情迄は分らないが, 表情長い沈黙, 表情陰翳を如実, 表情青き夢の, 表情音楽的素養が一般に, 表情類型的感情を現す, 表情にゆらぐ, 表情かな微妙, 表情驚異となり