青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

街路~ ~街道 街道~ 衛門~ ~衝動 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣
衣~
~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~

「衣~」 6520, 63ppm, 1831位

▼ 衣~ (1778, 27.3%)

217 着て 22 脱いで 21 着けて 18 きて 17 着せて 16 つけて, 身に 12 出して, 脱して, 著て 10 纏って, 著た 8 纏ひ, 著け 7 かけて, 透して 6 まとって, 着し, 着る 5 濡した, 着かえて

4 [17件] お肌, ぬいで, 手に, 擣つ, 着せずに, 着せられて, 着た一人, 着た坊さん, 着た男, 着更, 縫って, 縫ふすべ, 纏うて, 脱ぎ捨てて, 薫るばかりに, 買って, 重ねて

3 [19件] お着, きせて, ぬぎすてて, もって, 剥ぎ取り, 取って, 持って, 振って, 着せること, 着た, 着たまま, 着た医員, 着た小柄, 着ること, 纒って, 纒ひ, 見ると, 頭から, 風に

2 [80件] お送りいたします, きた女, けがし妖怪, した少女, そめつ, つけた人相, つけた若い, とおして, はがれて, ひっかけて, ふわりと, まとうて, まとつて, みづから, 一まい, 下に, 与へると, 付けた少女, 借りて, 前と, 剥いで, 剥ぎ取ること, 吹いて, 墨に, 引いて, 投げたり, 搴げて, 整へて, 更へ, 更め玉ふ, 染める, 洗う, 濯いで, 用意し, 畳み席, 目も, 着せたもの, 着せません, 着たお, 着たの, 着たり, 着た一巨人, 着た人, 着た幽霊, 着た老, 着た老人, 着た若い, 着ては, 着一本歯, 着汚れたる上靴, 着頭, 縫うて, 纏ふ, 纒う, 肩に, 脱いだ, 脱がして, 脱がせた, 脱ぎすてて, 脱ぎ蝉, 脱ぐと, 薫染せしめる, 被いで, 被せて, 被せません, 被た, 被って, 袷に, 裝ふ, 裾まで, 裾短かに, 見て, 見るに, 解いて, 買った, 身受なし, 返して, 造り與へん, 隔てて, 風呂敷に

1 [1052件 抜粋] あたえ財, あのよう, あらためて携, いかにせん, いただいたものの, うけ永遠き, えんとて, おさ, お貸し, かえて, かかえしおしお, かかえて, かかげつつ, かかへて, かけたまやかしもの, かけられて, かさねてふるえ, かついだまま, かついで, かなぐりすてると, かなぐり捨てるよう, かぶり幕, からげて, きせず, きせたお, きせ馬, きたよう, きた夷狄ども, きた者三人いずれも, きちんとき, きなければ, きよそ, きると, き白い, くつろげ伸子, ここに, これに, さぐるに, さばいて, さらしたの, したよう, しだいに侵し, しとやかに, しぼる心, じっと見つめた, ずたずたに, そっと人間, その御方, それも, ぞろりと着, たくしあげ白い, たった一枚, つかんで, つくろひつ, つけその, つけそれ, つけたが, つけたジーグフリード, つけた人形, つけた僧形, つけた奥田博士, つけた小僧サン, つけた警官, つけた農家, つけながら, つけるやう, つけ屍体を, つけ手, つけ空揚げ, つけ紅, つけ繊細, つけ豊穣, つけ銃, つけ麻, つまんだふくよか, とおした, とらむとする者には, どっさり積んだ, なげうち馬, なほし, ぬいだらスッカリ丈夫, ぬぎすてそこここ, ぬくぬくと, ぬけて, のせて, はおって, はがれるの, はがれ裸体, はぎ取られ鞭, はずす, はらひ杖, ば早く, ひき裂いたり, ひっかけたまま, ひっかけ頭部, ひるが, ひろげて, ふとんに, ほしたりと, まくった膝, まくり上げる, まといあたり, まといさっき, まといイギリス刺繍, まとい手, まとい玉堂, まとい緊皮, まとい花帽, まとい金銀, まとい鳳衣博帯, まとう古, まとった侍女, まとった十七, まとった女主人公, まとった東洋人, まとってるアール河, まとはず釣竿, まとひアレルヤ, まとひ色染め, まとわす手つだいを, もてその, やらう, よそひ, わかちて, カーテンの, キリリと, グッショリと, デイアネラに, フワリと, 一さじおなべの, 一枚つくる, 一枚新調した, 一枚脱い, 七三に, 与えむ, 丸げて, 二つばかり, 二枚重ね, 五枚重ね, 今語る, 他に, 以つて小さい, 何枚も, 作るとい, 侍臣どもに, 假の, 偶娼に, 僅に, 円げて, 再びフランス, 冠婚喪祭の, 出させて, 分ち合, 分つは, 刺し貫いたという, 剥いだ, 剥がれて, 剥ぎ去つて, 剥ぎ取り原始的赤裸, 剥ぎ神, 剥ぎ金冠, 剥で, 厚く着こんだ, 収めて, 取られて, 取りて, 取り出す, 取匿, 受けて, 受出し, 召したる妃, 吊り外衣, 吾に, 商う家, 噛み破つたの, 地面に, 売って, 売りて, 外した, 大なし, 失い最後, 奪う, 奪つて, 奮発する, 好んで, 少しずつでも, 左右に, 巻いて, 干ければ, 平常着に, 引きて, 引き下げた, 引き裂いて, 引っぱるよう, 引っ張り元気, 形見に, 得て, 快くまとってる, 恵んだ男, 惜み, 意味する, 懸けたという, 我が身に, 打ちしが, 打懸け, 打返して, 投げかけ金扇, 択び自己, 抱えて, 拂ひ呉れ, 拘して, 拵えて, 拾いあげると, 持ち出して, 持つ者, 指して, 振う万里, 捨てること, 捲った膝, 捲り上げて, 掛けて, 掴んで, 換うるも, 摺ったもの, 撲って, 擦り切ること, 改める人, 新ならしめん, 易え, 更う, 更えた, 更へて, 替えて, 月光に, 望むもの, 来た彼女, 染めて, 染めむ料, 染めん料, 棄てむとするなり, 正して, 殘り, 求道者の, 汚しくさって, 汚せり, 河原の, 洋服に, 洗いおわる, 洗い居たる, 洗えりその, 洗ふも, 洗濯屋へ, 浸して, 涙の, 清め身, 湿おして, 滴る燦, 濡すを, 濯ふ, 灰水で, 為す, 熱愛する, 牽いて, 牽き袖, 用いられる, 用意してる, 病人に, 白い脂肪, 真っ紅, 着, 着かえさせる, 着かえるが, 着が, 着くる時ウィルヘルム・テル, 着けこれ, 着けたまま井戸端, 着けた人たち, 着けた六十, 着けた男, 着けた紛うよう, 着けた門前町, 着けるが, 着け手, 着け気力, 着け給, 着け草鞋, 着こみ頭, 着しならむ, 着し新, 着ず彼女, 着せかけながら, 着せず人前, 着せず申しましょう, 着せその, 着せたらば, 着せた小鳥, 着せなかつたの, 着せぬ玄蕃允, 着せましたところが, 着せられたやう, 着せられ綺麗, 着せるという, 着せ其上, 着せ美しい, 着せ高, 着そのうえ, 着たお蔭, 着たという, 着たひと, 着たもう, 着たるが, 着たる暴き狼隨處, 着たる聲, 着たクララ, 着たプロテスタント派, 着たレスパネエ夫人, 着た二人, 着た二十四五, 着た仏様, 着た僧侶たち, 着た判官, 着た十七, 着た厨子王, 着た園長, 着た女の子, 着た妻, 着た姫君, 着た婆さん, 着た容貌, 着た少年, 着た怪神, 着た敵兵, 着た束髪, 着た白髪, 着た眼もと, 着た細君, 着た肉体, 着た若い衆, 着た莞爾, 着た醜, 着た青白い, 着てなんか, 着ること前, 着るに, 着るべしと, 着るよう, 着る者, 着る身, 着一本, 着仄か, 着周代, 着幾重, 着手, 着換え袈裟, 着替へて, 着泥草履, 着流したよう, 着流しの, 着白い, 着白鉢巻, 着目, 着膨れて, 着藤, 着装, 着覆して, 着鎖, 着顔, 着飾った天平, 着飾つた子供, 着高, 着黄金, 砧で, 破いて, 祓への, 穿たしめ半ば, 突き破って, 窓庇の, 竿に, 粧わしめて, 結べ, 絡うたごとく, 給はり, 綾どる, 締め直しました, 縫いあげて, 縫い食, 縫うに, 縫ひ, 縫ふ, 織りそれ, 織り成せり, 織ること, 織るは, 織ッ, 纏いて, 纏い狐, 纏うたるいづれも, 纏ったその, 纏った一人, 纏った老人, 纏ひたり, 纏へる, 纒い, 纒うてゐる, 纒つたと, 纒わねば, 美しく摺っ, 美む, 羽の, 羽織る身, 肌ぬぎ, 肩より, 背中に, 胴なかだけに, 脱いだが, 脱いだ時, 脱いだ蛇, 脱がうとして, 脱がせて, 脱がせ長, 脱ぎしディアナ, 脱ぎすて学生服, 脱ぎて, 脱ぎ去って, 脱ぎ捨てた文明, 脱ぎ捨て化粧, 脱ぎ終って, 脱ぎ続けるの, 脱ぐ拍子, 脱した時, 脱すること, 脱せざるか, 腰に, 自分で, 色に, 著こんだ, 著し腿, 著せずに, 著たる, 著よと, 著ん, 著寝る, 藉り, 藏むる小桶二つとの, 衆に, 袒ぬぎ, 被ぎ, 被せぬと, 被せると, 被った, 被つて横, 被らしめ輓歌, 裁する, 裁て送んと, 裂いて, 装うに, 裸なる, 製し轎, 褫う, 襲う, 襲へ, 覆って, 見たという, 見た時, 見よその, 見るて, 見送った, 解かなかった, 解きかけて, 解くと, 解くにつれ, 読みつ, 誰れ, 請け出しに, 買ったとか, 買ひ, 贈られたる場合, 走る針, 身請し, 返しなば, 返す風, 退けようと, 透かして, 透すほど, 透通るの, 途に, 造る如く我等こ, 遠くから, 避けて, 重ねし唐桟, 重ねた, 重ね着ぬ熱地, 鎧の, 長く曳き, 隠しければ, 霑し, 願いまァ, 飾つて快, 飾るため, 首巻の

▼ 衣~ (1235, 18.9%)

44 上に 43 袖を 38 裾を 30 下に 19 ままで 18 袖に 15 襟を 13 ような 11 中に 109 ように, 下から, 裾の 8 上から 7 上へ, 前を 6 やうに, 胸に, 袖で 5 ために, ひだの, 下で, 童子が, 衿を, 裾が, 襟が 4 ままに, まま起き, 棚の, 肩の, 肩を, 色は, 袖の, 裾に, 襞の, 音が

3 [27件] うえに, なかに, やうな, 下には, 下より, 中で, 事を, 兩人は, 少女の, 帯を, 方は, 歌の, 男が, 男の, 白地の, 皺の, 端を, 肌を, 色を, 袖は, 裳を, 裾かけ, 裾は, 裾も, 襞に, 襟に, 間から

2 [64件] うちに, すそを, そばに, なまめかしい青, なりで, はじを, ひだに, ひだまで, ひだを, セルを, マイニンゲン夫人を, 三尺帯を, 中へ, 事は, 人が, 塵を, 外に, 姫は, 姿なよなよ, 彩織で, 後の, 方へ, 模様の, 歌, 正月元日に, 水いろ, 片袖, 生絹が, 男は, 皺を, 着ながし, 端が, 紋付の, 紐を, 綿を, 縞の, 胸から, 胸を, 膝を, 色の, 色ばかり, 色も, 色や, 色相映じ, 藍紺縞よ, 袂で, 袖へ, 袖も, 袖左右より, 袴の, 裾から, 裾で, 襞を, 襟から, 襟の, 襟元に, 身と, 間より, 雫, 青黛頭可愛らしき, 音, 香と, 香に, 香を

1 [643件 抜粋] あの鈍, あやしくも, あるごとくに, うえから, うえには, うえの, うちへ, うち紺の, うつり香と, おもさ, おもみ, お人影, お先煙草の, かくしより, かくしを, かげから, かたびらを, からまって, きぬの, きれいな, くずといった, こと, ことである, ことなれ, ことわからなく, ころ最も, ごとき艶, ごとし日に日に, ごとまろく, ごと服せり, したに, じみな, すそさへ, すそに, すそは, せなうるほひ給ひき, そ, そでを, その胸板, その袖, その高士, たては, たもとに, つまなれ, つもりな, とても深い, どこが, どれが, なかを, なびき方, ぬげおちようとして, ひとだ, ひまから, べべを, ほかに, まくり手に, まとい方, ままじゃがの, ままとびだす, ままにて, ままにても, ままの, ままふと, ままフイと, ままベッドから, まま冷, まま医局まで, まま周章ただしく, まま呼つけられ, まま床の, まま廊へ, まま廊下づたいに電話室に, まま怪しげな, まま戸外に, まま書斎へ, まま格子戸を, まま畳へ, まま紅い, まま縁側に, まま行かれない, まま起き出し, まま跣足で, まま道場へ, まま首を, まんまで, むさくるしさ, やつれに, ゆるやかな, よく乾き, よほどシナ風, カラーは, スカートが, ソデで, バチスト麻の, ボタンに, ボタンを, ポケットから, ポケットへ, ポケットを, メレンスの, ラマ僧が, 一つで, 一つの, 一つを, 一条が, 一枚まとつ, 一枚看板ぢや, 一番下の, 一種を, 一端で, 一筋の, 一針ごとに, 三重と, 上っ張りを, 上の, 上ゆ朝月夜さやかに, 上衣の, 上衣は, 下の, 下は, 下へ, 両端を, 両肌, 両袖, 両襟, 中の, 乞食みた, 乱れるやう, 乱次く, 乾かしやう, 乾く程, 事につき, 二つの, 二枚重ねなどという, 五十年, 人, 人であっ, 人である, 人も, 人影が, 人達の, 人達は, 仙も, 代とともに, 伯父と, 伶人それに, 例に, 便衣を, 俊寛が, 候と, 僧侶が, 僧将の, 儘で, 儘に, 儘前の, 儘表へ, 先生たちが, 先祖たる, 兩人共に, 兵士たちが, 処だ, 凹みに, 出物は, 切れ口から, 前が, 前も, 前側と, 勧化ぐれえ, 包に, 半ばを, 単物に, 厚い菩薩像, 口説が, 古くなった, 右ポケットを, 右袖に, 君, 君の, 土を, 在りかが, 在りかを, 地など, 地は, 坊さんを, 場合には, 場合は, 夏羽織を, 外へ, 大きな裂け目, 大僧正は, 大嘴鸚鵡我, 大股に, 天使を, 夫人老いたるも, 奇妙な, 女, 女が, 女の, 女も, 女人の, 女小袖, 女性が, 好みも, 好女子ひとり, 如き小川顕道, 妖人が, 姉たちが, 姫ふりむき, 姫振向き, 姿だった, 姿で, 姿に, 娘, 婦人が, 媚かしい, 嫗が, 官女が, 容を, 寒け, 寝衣, 寝間着を, 射る絹, 小柄の, 少女は, 少年が, 尻っぱしょりで, 尼さんが, 尼僧, 工合も, 左の, 布を, 帯が, 帯ひろ裸で, 広さ, 広袖から, 弁慶縞で, 当つた鼠, 彩を, 影ちらちら, 後褄を, 御召を, 御宛行, 御装束, 御裝, 怪物を, 恋ひ乱れ, 恰好を, 意を, 懐の, 懐裡へ, 戰ぎと共に, 所員たちの, 所員たちは, 手法は, 托鉢僧二人グリップ村の, 扣鈕を, 投身せん, 折り目を, 披けて, 振が, 捌きが, 擦り帯, 数々, 文の, 料と, 方々の, 方で, 方に, 旅僧の, 暖かさ, 材料的性質や, 染糸の, 柔艶を, 柳条に, 梅を, 棚へも, 楯は, 楽人たちが, 模様などからも, 樹梢に, 次第にうすく, 気勢が, 気勢に, 氷れるごとき, 汗ばみて, 汚れを, 洋婦人が, 洗濯でも, 流れ工合を, 瀟洒たる, 火に, 焼けると共に, 爲めに, 爺, 爽なる, 片肌を, 狐阿, 生地の, 生地を, 生産に関する, 用を, 用意なく, 用途が, 男と, 男を, 白い浴衣, 白緑や, 白襟で, 皺には, 皺にも, 盗人と, 目を, 直観的性質は, 着流しに, 着流しの, 着物であった, 着物に, 破れたのに, 破れた袖口, 破れで, 神あり, 神が, 神この, 神も, 神官でも, 神官達は, 禅匠が, 窶れ, 童を, 童女像は, 童子は, 端に, 笑貌の, 筒袖で, 粉の, 糊を, 糸も, 紐などの, 紐も, 素足で, 紺の, 絡った, 絡つた白い, 絹袈裟を, 綻びたるは, 綾も, 綾を, 綿の, 総を, 線が, 線と, 線などでも, 線は, 縞も, 縞もの, 縞目も, 縫い直しに, 縫直しを, 繕朝夕の, 美しさ, 美人あるべし, 羽ネを, 者多く, 肌ざわりに爽涼を, 肌ざわりもさっぱりと落著く, 肌は, 肩が, 肩に, 肩は, 肩先が, 肱の, 背に, 背を, 背後に, 胸ひろく, 胸へ, 胸釦を, 脇が, 腕も, 腕を, 膚に, 膝に, 臀の, 色あたかも, 色が, 色くち, 色さえ, 色と, 色をかへ, 色彩みだれうかぶ, 色朦朧と, 色濃, 色香を, 艶麗を, 若僧の, 若旦那さ, 若者は, 薄さ, 薫が, 薫も, 薫物の, 藍帯の, 衛府の, 衣紋を, 衣袋に, 表に, 衾を, 衿は, 袂と, 袂を, 袖から, 袖が, 袖さへ, 袖そえ, 袖と, 袖もて, 袖や, 袖下かいくぐっ, 袖口にも, 袖口ばかり, 被を, 被衣を, 装で, 装を, 裏が, 裏ほのかに, 裏を, 裙が, 裙を, 裙裾は, 裡に, 裳が, 裳裾の, 裳踵に, 裾ちひさき, 裾ひる, 裾をも, 裾短に, 褄その, 褄裳を, 襞, 襞が, 襞である, 襞より, 襟あしから, 襟と, 襟垢に, 襲ね, 襴に, 西洋少女が, 許に, 許へ, 説は, 謎を, 變り, 赤い色, 起源を, 身に, 身を, 身動ぎで, 返しとござりまし, 返歌は, 迷信を, 遍路に, 里馴れた, 重さ, 重ね着で, 重ね着の, 重荷ある, 鈕を, 長い四角い顔, 長き曳き, 長さ, 長さ四十里, 間に, 間へ, 関を, 陰に, 陰鬱な, 隙を, 需要を, 青年が, 青年たちが, 音し, 音それ来た, 音信, 音障子に, 頃な, 顏を, 類が, 類好に, 館, 香か, 香が, 香りまでも, 高士は, 鬆開した, 鬼, 鯨も, 鼠色に

▼ 衣~ (541, 8.3%)

10 身を 9 して 6 包まれて, 小倉の, 着かえて 5 ほは, 着更 4 なりませう, 包んで, 描いた絵様, 摺りし昔, 着換, 着替えて, 黒繻子の 3 くるまって, なって, 引かけ, 手を, 白の, 絽の, 緋の, 羽織を

2 [23件] ある瓢箪形, するらん, つ, つつまれて, つつんで, 三尺を, 勝え, 勝るならずや, 半纒, 同じ色, 描いた繪樣, 摺つけますらをの, 摺り着て, 於ける色襲, 書付令服児欲得と, 着換えて, 紅い帯, 紺の, 腕を, 袴一人は, 角帯を, 赤い帯, 鴇色の

1 [396件] あらためた, あらためて徐に新郎新婦, ありといは, ある文句, いたわられて, お着, お着換, お蝶, かえて, かかりて, かかり路傍, かじり付いたから, かぜを, かみついて, かりもの, かをると, きかえて, くるまった女, くるまりながら, くるまれて, くるみ帯, くるんで, くれないの, ぐる, ぐるぐると, ごりごりした, さはって, さはつ, さわりあの, したチキン, しっかり噛, しました, しめ繩を, しようかしら, しん, し摺り, すぐ変ります, すったという, するからと, するが, するもの, するわざと, するん, すれながら, せまる, その豊富, そめたき柳, そろばん, たすきがけに, たちやかへ, ついた蚤, つきて, つけて, つつまれたまま, つつまれた白骨, ときん篠懸け, とまるとも, なえたる帶, なおして, なったの, なつた, なりとして, なりましょう, なります, なり髪, なるでねえか, なると, なるの, なるよう, ぬぎ換, はつぎが, ぶっさき羽織, ほころびを, ほはし, ほんとうに, ませる子ろ, まだ巻かれ, まつはれ, まつわりつくの, やはり袴, やわらか物, よき匂い, よき帯, よりて, よろこびつける草虱, われを, ゴムの, ゴム靴という, ステッキを, セル袴洗い晒しの, チーズが, マッカの, 一剣を, 一生を, 三尺帯を, 世を, 乾草の, 人形の, 仏の, 仕立てさせた, 仕立てること, 仕立て直すこと, 免じて, 入る, 入れた, 八反の, 兵児帯そして, 刺し暁, 前垂がけで, 前掛細帯, 包まれたこの, 包まれたぼんやり, 包まれた体, 包まれた彼女, 包まれた身体, 包まれると, 包まれ揃って, 包みて, 包めども, 千断れかかった, 半纒引き, 博多の, 友禅と, 双子縞の, 古い帯, 古びた透綾, 合わせて, 同じ薄もの, 同じ裳, 向はれ, 向ひ, 吹き込むよう, 吹き込む風, 唐縮緬の, 唐衣を, 堪えぬ玉骨, 墨染の, 変つて帯広解で, 変るセル, 大巾縮緬の, 太刀を, 妻子の, 守り窶れる多く, 寒さ, 寛服を, 寝衣, 対の, 対照せし, 小倉縞の, 尺を, 山の, 山吹匂を, 山吹色の, 巻きくるんで, 帯は, 帯も, 平ぐけの帯, 広袖の, 弛んだ帯, 彼は, 御納戸色繻珍, 徹る, 心を, 思いも, 怪し気なる, 愛想もこそも, 應ず, 應ぜ, 我れ, 手が, 扱帯を, 押しつける, 接吻せん, 掩はれた, 換えた, 換て, 換へ, 摺ったという, 摺らゆな, 摺りけむ, 摺りつ, 摺りつけ丈夫, 摺りつけ著む日知らず, 摺りて, 摺り付けて, 摺り着けきむ日知らず, 摺る色, 摺附ける, 新らしき, 於て, 昔風な, 映って, 春は, 暖かく大地, 更うる, 更えしめ, 更えた, 更へる, 書き付けきせむこもがも, 書き付けた名, 替えて, 有漏, 服を, 朝出, 朝夕の, 朝寒の, 木綿の, 本献上, 朽葉色の, 染みて, 染めいまだ, 桂舟が, 検校帽子を, 欺かれたブルンヒルデ, 歩きながら, 毛繻子に, 毛繻子の, 気がついた, 水色の, 汗を, 波形の, 派手な, 派手な仕, 海水帽を, 涼しさ, 淡紫, 滲み出る黴, 漆の, 漣立ち, 濺ぎ暁嵐峰より, 状を, 珠を, 現われて, 異なれやう, 痣蟹の, 白い足袋, 白ちりめんの, 白地の, 白絹の, 白縮緬の, 白茶の, 白葛布の, 白装束親の, 直して, 真昼の, 真紅の, 眼を, 着かえた, 着かえただけでも, 着かえながら, 着かえるだけの, 着かえ潔斎, 着かへる事, 着せ変えると, 着て, 着る物, 着代えた入道, 着代えるま, 着換えさ, 着換えたが, 着換えようと, 着換えるつもり, 着換えろと, 着易, 着替えたまま, 着替えても, 着替えました, 着替えもう, 着替えると, 着替え姿, 破れたる帽子, 秋の, 稍, 竹の, 笈を, 算盤絞り, 簑笠を, 籠手臑当と, 紅い仕, 紅い袈裟, 紅の, 紅入りメリンスの, 紅梅萌黄の, 純白の, 紫中形の, 細いシゴキ, 細紐を, 紺脚絆笠を, 絣の, 網代笠を, 網代笠風呂敷包を, 綿の, 締めて, 編笠を, 縋り付きつ, 縞目も, 縫いこみ人々, 縮緬のへ, 織ったらば, 繻子では, 美斑とでも, 羽団扇などを, 肉附を, 肌を, 肌衣を, 肌身の, 股引を, 肩を, 腰衣を, 茶色の, 草鞋を, 菊花を, 萱草色の, 落つる松, 著かへ, 著け, 著更, 著替, 葛織, 蔽い裸体, 蔽は, 薄い薄い肉色, 薫染せしめなさい, 薫染せしめる, 藁縄の, 藍無地の, 虎頭を, 蚊帳を, 血が, 術策を, 衣更える, 袖を, 袴も, 袴を, 袴角隠しも, 裁っても, 裏白き, 裹まれた, 裹まれて, 裾短, 襞多き, 襟の, 襦袢を, 襷を, 見ゆる哉, 角帯麻裏草履その, 触れたりとて, 誰か, 赤いたすき, 赤い長靴, 赤味帯びたる, 赤帯を, 赤手拭い幾千という, 足袋雪駄履き, 軟へ, 軽やかな, 透けり, 逢て, 遍ね, 過ぎぬであらう, 過ぎまいと, 重ねた白地, 重ねる浴衣, 野花の, 銀糸の, 錦紗の, 錦襴の, 長過ぎる, 附けた紋, 附けて, 限るも, 隠して, 隠れ四顧, 隱し, 霞の, 露を, 青磁色の, 非ず, 飛鳥の, 食に, 飾られ背, 馴染し, 馴染を, 高足駄, 鬢鬘し, 鯨骨入りの, 鶯色の, 麻の, 黄の, 黒い小倉, 黒い帯, 黒絽の, 黒鵞絨の, 鼈甲の, 鼠ちりめんの, 鼠縮緬の

▼ 衣~ (273, 4.2%)

13 を着た 12 を着 8 の裾 5 の上 3 がない, をとつ, を着換え

2 [11件] であつ, で胸, に鉄無地, やタオル, を換, を着かへ, を着かへた, を着せ, を着る, を着換える, を脱ぎ捨て

1 [204件] かと思ふ, から埃, から始末, から挙動, か何, がつけ, が一枚, が乾い, が出, が殖えた, が汗, が脱げないなら, が觸, が買, が賣れなけれ, この帶, だつて幾ら, だツ, で, であるが, でこすつた, でも買ふたら, で古い, で押し拭っ, で早く, で横, で水, で美しゅう, で背, で踊, とか小遣い, とした, と帯, と羽織, と袴, どういんだ, ながら頸, などもある, なども余り, など拵え, など捨て, なんか欲, なんか着せ, なんぞ呉れ, にて紋, になる, にひっかかる, にも止, に包まれ, に同じ, に困つた, に更め羽織, に着換えた, に竹, に細かい, に綻, に緋, に荒繩, のいい, のうち, のかすか, のそで, のたもと, のなまめかしい, のやう, の亘, の代り, の価値, の入, の古い, の合せ目, の始末, の心部, の様, の泥, の用意, の皴, の着こなし, の着つけ, の縮緬, の色, の表, の袂, の褄, の襞, の襟, は, はいらない, はえ, はお, はこんな, はすっかり, はそこ, は一向, は二枚, は唐棧, は泥だらけ, は焙る, は白地, は皆紺, は相, は絶えず, は薄い, は解決, は赤, は黄八丈, ばかりでいる, までも剥, まで皆, もすべて人, もその, も一枚, も丸燒, も持たず, も着, も着ずし, も着換え, も綺麗, やら袴, や書籍, や袴, よりも子, をこさえ, をこさえなけりゃいけない, をしぼっ, をとり, をぬぐ, をひつ, をびっしょり, をまた, をやつ, を一つ二つ, を一つ買つて, を一揃, を一枚一枚, を一緒, を乾かさね, を出し, を前, を包む, を取り, を取り出し, を宿, を干し, を干す, を引つ掛ける, を後, を急い, を投げ込み, を拡げ, を持つてる, を改めて, を整え, を棄て, を櫻, を欲しい, を汚し, を沢山, を灸つて與吉, を焦した, を着かえ, を着けた, を着けね, を着せる, を着換えた, を着替え, を着直し, を私, を絞る, を綻ばせ, を縫, を縫い, を縫う, を縫っ, を織った, を脱い, を脱がされる, を脱がせ, を脱がせた, を脱ぎ替えよう, を脱ぐ, を葉鶏頭, を著, を著換, を衣, を被, を被っ, を被布, を解い, を貰つて, を買い, を買う, を買つて, を賣, を質屋, を透せし, を高く, 拵えんで, 欲しくつて, 汚すと, 濡れたやう, 畳みて, 着た, 脱げないの

▼ 衣~ (232, 3.6%)

30 の中 12 に入れ 7 へ手 5 に突 4 から時計, の手紙 3 から, にある, にしまった, に手, の底, を探り

2 [16件] から一通, から何やら, から出し, から出した, から財布, に両手, に投げこんだ, に投げ込んだ, に突っこん, に突込み, に突込ん, に蔵, の銀時計, は何所, へ入, を裏

1 [120件] からつまみ出さなかつた, からとりだし, からもはみだし, からドロップ, からプリューシキン, から一枚, から一道, から二通, から五十法紙幣一枚, から例, から先刻, から出せない, から反古紙, から取り出し, から取出す, から古風, から名刺入れ, から小さな, から巻煙草入れ, から干した, から幾度, から手紙, から手錠, から掏, から新聞, から星野, から朱色, から格子紙, から棍棒, から点火器, から白耳義, から紙幣, から警察章, から金時計, から釘, から鈎, から鍵, から食, があった, が無くなっ, が肩, だの, で重ね包み, といふもの, とか其他, と同じ, なんかにははいり, にあった, におさめ, にぎしぎし, にしまいこんだ, につめ, にゃごほうびの麦, に入ってた, に入る, に入れた, に匙, に収め, に収めた, に在る, に大事, に大切, に弄, に押しこんだ, に押し込む, に押込ん, に持つてる, に片手, に突っこんだ, に納め, に肩, に腰, のところ, のよう, の何処, の処, の拳銃, の整理, の時計, の紛失, の辺, の重, の金貨, は何, は最う, は綴布だらけ, へしまった, へねじこむ, へ入れ, へ口, へ各所, へ押込ん, へ月, へ深く, へ隠し, もたるん, も小さい, やら手箱, より逮捕状, をかつい, をさぐっ, をさぐり, をつくってる, をつめこむ, をとりよせ, をのこらず, をのせ, をまさぐ, をジャラジャラ, を入れ, を叩き, を寝台, を引っ, を捜し, を探す, を探っ, を探れ, を握っ, を検め, を検めた

▼ 衣~ (216, 3.3%)

3 篠懸の

2 [12件] すずかけの, そのスラリ, 千太郎が, 垢つき汚れ, 汗の, 泥まじり, 翩, 衣桁に, 言はでもの, 鈴鹿の, 骭に, 鶸茶にけ

1 [189件] あくまで白く, あやの, あらざらむ, いたくぬれ, いつ拵えられ, いとど乾かず, うしろ側が, おどろくに, かかげられわたし, がさが, けずって, けむりの, ここを, この通り何ん, この雨着物, これに, これは, さかれ目, さけ飛びちる火粉, そこらに, その男, その高貴, ただ凄い, だいなし, とぼしくとも, とまり, とり出されぬ, とんだ粋, どこも, ないから, ないよう, なるべく短く, ひどく潮垂れ, ひろがって, へなへなに, まだ薄い, まったく認められ, まるで雫, もうカバン, もう十年, もちろん病院, やめました, われの, シヤツと, ペツポのを, マンを, 一八〇六年式の, 一層色, 一度氷島, 一枚だ, 一樣に, 七岳めぐり, 三紋の, 上衣は, 世にも少ない, 互にとり, 今日, 今昔物語にも, 今萌えいでし, 伯父長庵が, 傍らの, 六股の, 冬に, 凍る鴛鴦, 千太郎の, 半分引きめくった, 即ち春, 只明暮, 唐松の, 嘸待詫, 土と, 垢に, 城の, 墨染めである, 外ならぬ, 大らかに, 天人の, 女ながらも, 女服である, 如何にもし, 嬰児の, 宅下げする, 客に, 家内の, 寒さ, 寒を, 少しも, 山を, 岩の, 崩れ落ちて, 左の, 左右より, 左腰の, 布製である, 幾十回と, 彼が, 彼女の, 必ず別, 忽に, 恰も祠, 悪を, 悪魔の, 我が姪, 所謂社交である, 打慄, 払ふ, 斑, 新しく色とりどり, 明暮思ひ, 染まらない, 柩を, 棒の, 榮光の, 模様の, 此方のにて, 水色友仙の, 汗に, 汗にて, 汚れて, 浜へ, 温かいよう, 湯煮, 潮垂れては, 濡れまっ, 濡紙を, 濱風に, 炎の, 煙の, 燕尾服と, 爲方なし, 甚く, 由ある, 異なれども, 発見されなかった, 白く顏, 白の, 白地で, 着よけむ, 着色し, 砥粉に, 破れあるいは, 破れて, 破れ二人, 破れ手足, 破れ肌, 禅僧の, 空然, 第九天, 細い緻密, 紺に, 紺の, 紺青色で, 綻びたりと, 緩く包みし, 美しい紺黒, 膝の, 臭き物, 葉を, 薄く且つ, 薄紅, 藻の, 蛇の, 衝立の, 裁ちぬひし少女, 裂け綻び鬆, 裘などに, 誰に, 誰も, 身体に, 野原篠原萩の, 鈴懸, 長く廣くし, 長庵, 長持ちが, 雨に, 雪の下なる, 青き火, 青色の, 音が, 颯々の, 飛で, 飛んだ意氣, 香って, 高倉の, 鱗の, 鶴の, 鹿の, 麻の, 黒の

▼ 衣~ (144, 2.2%)

4 えの 3 えを, かかって 2 日に, 汗に, 許へ

1 [128件] あったから, あらうと, あるでしょう, ある私, いつか釈け, いつどこ, いまだにこの, ううい, うすら寒そう, え, えする, えに, え移り変わり, おいて, お寝間着, かかってる衣服部屋, かすかに, からみついて, この世の, こんなに膨らん, じっとり偸汗, すっかり練れる, そうした心理的, その大腿, ただよって, ちょっと肌, つかんで, できて, とこに, とてもよく似あふ, とび出す, ないうち, なにか内側, にじんで, はだけて, はだけ肥えた肉, はりに, ひどく潮垂れ, びっしょり湿れる, ふと風, ふわりと, へせんや, ほしい時, まだ手, みえる, みな, よれよれに, コゼットの, パン粉を, 一向似合っ, 一時に, 一枚あれ, 一枚と, 一枚ほしい, 一枚ほしく, 一種の, 丁度似合, 三十一字で, 三枚出し, 下り昨夜花咲き亂, 中に, 事は, 事木場の, 二三枚ある, 五六枚外へ, 仕附糸, 似合って, 使ひ, 冷たく乱れ, 出て, 出来上った, 剣の, 去られた夫, 同じく緋, 命の, 垂れて, 壁に, 大へん, 嬉しくて, 宮子の, 左前, 干して, 干竿, 幾重にも纏いつい, 彼女に, 後から, 掛かって, 揺らぐ, 文を, 木場の, 染まらない, 欲しいとは, 歩くとき, 段々なくなっ, 汗くさく, 沼山と, 沾れ通る, 浮き出て, 溝を, 申立と, 申立の, 申立は, 申立る, 着崩れて, 空の, 綻び出したり, 纏はれ, 肌に, 肌まで, 薄紫に, 行はれた, 衣紋竹に, 装填された, 見えたり, 見えるの, 覗いて, 詰まって, 誠を, 赤くなり, 身受金也と, 身賣, 通らぬ理屈, 遂に現代, 長身の, 青い, 麹町へ, 麻で, 黄金色の

▼ 衣~ (114, 1.7%)

3 云ふ

1 [111件] ある故, いいこの, きた日, させ後列, し, しよう, し春, し深山, し蘿摩, し血, し角, し金銀, す, するの, する話, せるもの, そうして宝石, そして跣, その人, その他の, となえて, なさん, なさんと, なし化粧品, なって, ならむ, なりました, なる, なると, なるの, なる場合, ぼろを, またことに, もんぺを, われ云ひぬ, 一腰の, 二布だけに, 云い白鶴, 云ひ, 代る是非, 伯父姪の, 住と, 住とは, 住も, 体との, 剥ぎ取らむ, 取り替えようそれから, 古下駄, 同じ布, 同じ色, 名詞の, 唱え先達以外, 夏帽子とを, 外套と, 外套とを, 大なる, 対照すれ, 帯とに, 帯を, 帽子とは, 手早く着, 折目の, 改めしか, 新しいの, 村の, 枕とが, 毛糸の, 氷との, 洋袴との, 為し, 爲し, 白ズボンは, 白地の, 白無垢と, 白髪頭アーントネリの, 着かえ, 着換えが, 称し小片, 称する布, 綿と, 縦呂の, 縮紗の, 美しき花, 羽織と, 老人の, 胴抜の, 膚吹き分つ, 色等しかるべし, 蒔絵の, 袍と, 袴とを, 装飾とを, 裳との, 襦袢を, 襲ねを, 角帯とを, 赤革の, 金いろ, 金色の, 銘仙の, 青い帯, 青帽を, 青磁色の, 靴下を, 頸飾りとを, 頼みしを, 飛びまする処, 食とを, 食を, 養老の, 高下駄を

▼ 衣ずれ~ (101, 1.5%)

74 の音 4 のよう

1 [23件] がし, がする, がどこ, が夜, が爽やか, が耳, が聞えなくなった, が近づいた, とが部屋, に, に耳, の, のおと, のぐあいや何, のひびき, のやう, の匂い, の外, は立て, へ源五, もせず, もせぬ, をも聞きのがすまい

▼ 衣~ (90, 1.4%)

5 なく裳 2 悉く改めて気, 貼らず足

1 [81件] あります, いらないが, うつくしく蓑虫, おくせ, こうなっ, こればかりは, すっかり板, すつかり汚れ, その怒れる, そろえて, つくれまい, つけずに, ところどころすりやぶれ, とりました, ない始末, なかった, なくこうして, はえある心地, みんな揃いだ, むしろご, もうほころびた, やがて破るべし, 上げるが, 主家興亡の, 其白足袋も, 冠も, 出せば, 出て, 剥ぐべ, 參り, 同じ返事, 吹靡い, 変って, 奪われて, 少しづゝ, 徹されて, 我を, 扱帶も, 持餘し, 掛けて, 新しき鶴, 新衣, 晴れやかに, 棄て珠数, 殊更袖, 毛皮も, 汗で, 濡れて, 濡れも, 物さびしかっ, 珍饌も, 疊も, 白い手甲脚絆, 白い涸れた, 白くなつた, 白であった, 着更, 粗末な, 納めつと, 素足の, 結局着, 綻び裸同様, 綿さはに, 脱がず帯, 萱草色を, 薄物であった, 袖に, 袴も, 裏衣も, 解めた, 足り食, 進ぜようがのう, 酒も, 重たき心地, 鈴虫の, 長庵, 雨や, 鞋も, 頭巾も, 食も, 髪の毛も

▼ 衣~ (76, 1.2%)

4 に手 3 から名刺, に両手, へ手 2 から手巾, から蟇口, にぬくめ, に納まりぬ, の中, の裡, へ突込ん

1 [49件] からゆっくり, からピストル, から万年筆, から半, から御殿持, から手帳, から把, から敷島, から新しい, から煙草, から燐寸, から短銃, から莨, から蝋マッチ, から袱紗, がちやう, じゃ駄目, でこれ, にあります, にさし, にし, に入れ, に入れた, に収め, に堆く, に容, に手巾, に捻込んだ, に殘つた, に片手, に納, のなか, のマッチ, のマツチ, の口, の時計, の紙入, へ, へまた, へ両手, へ捻込ん, へ掴, へ蔵, より一袋, を探っ, を探り, を探る, を膨らまし, 至る処手

▼ 衣~ (65, 1.0%)

3 揚げても, 父は 2 あつた, それを

1 [55件] あらわれた神, あるきまわり人, おざんす, おっ通したほど, きゃっ, こうこういう, こしら, さあ, その肩, それが, それすら, ひたと板戸, ひょいと出, まとわれるの, ゐられます, 働いて, 元気よく, 出て, 包んだもの, 包んだ兵士, 包んでる, 土に, 埋まつた, 夜露に, 姿かくす, 姿を, 寒風に, 居た, 揚げます, 本堂を, 檜扇を, 汗を, 深編笠を, 現われてか, 現われましょう, 生命を, 眼かくし, 突立った, 肩から, 胡坐かいた, 膝っ, 蔽うた馬上, 蔽うよう, 蔽って, 蔽われた電燈, 薄ぼんやり, 藪入に, 解いた髪, 諸虎, 足に, 身を, 通して, 防ぎとめられは, 鰯を, 鼠に

▼ 衣摺れ~ (47, 0.7%)

31 の音 3 のよう 2 が聞こえ

1 [11件] がさざめいた, がさらり, がした, がはらりと, が寝静ま, とともに廊口, と共に, などから身もだえ, もほのか, も憚, を聴く

▼ 衣~ (44, 0.7%)

2 薄き夜, 足袋類

1 [40件] いたことか, おびて, よべの, キャラコの, キャラコも, シュミーズや, ネクタイは, リボンの, 下の, 下帯などが, 下着類が, 下肢が, 仏壇返しや, 何かに, 何かを, 口腔を, 学校靴や, 寒ざらへ, 小袖や, 帯が, 帯を, 本堂の, 枕が, 毛布が, 汗ばんだ襦袢, 潤はん髮や, 盛装の, 縁なし, 繻子の, 肩衣や, 胴着や, 腐れた襦袢, 航海一切の, 花の, 蝗や, 袈裟が, 袖を, 袷綿入などを, 褌などを, 黒の

▼ 衣姿~ (41, 0.6%)

3 のまま, の女 2 のま

1 [33件] が物の怪, であったろうが, で出, で奥庭, で寒, で緑, で脛, で蒲団, で降り, とが逆光線, なる豊子, なれば, になり, に女, のお, のしどけなく, のまま自分, のまま裸足, のまま酌, の伯母, の少年, の島原城, の慎, の狂気, の白拍子, の紳士, の葉子, はもう, は慥, も盆節季, や鈴, を屹, を彼

▼ 衣もの~ (29, 0.4%)

1 [29件] が脱げ, ぐらいの場所, でふるえ, に綟綟, のうえ, のこの, の中, の縞, の縞柄, の縞目, の膝ずれ, の色, の襟, は肌, まで着かえさせ, もです, もビッショリ, も欲, より持ち合せ, をき, を引ッ, を着せる, を着た, を着換えまし, を背負っ, を脱ぎなさい, を脱ぐ, を重ね, 一枚にな

▼ 衣一枚~ (26, 0.4%)

5 では

1 [21件] だけしきゃ着, である, でしょうね, で乗鞍ヶ岳, で凌いでる, で左, で慄, で窓側, として硝子戸, と古書数巻, にて夜, に二日分, に細帯, に肌寒い, の全身, の気温, は私, をかけ, をつけてる, 着るでは, 違うと

▼ 衣~ (26, 0.4%)

1 [26件] たるべき樅, で自分, にすぎない, に伊達, に輝い, のヒダ, の特種, の特製品, の胸, の褄, はもう, は中堂, は彼女自身, は支那語, は燦, は貧し, もその, もはつきり物色, も卷, も弓矢, も鬘, をきこん, を作つて貰ふつ, を作ら, を著, を著せ

▼ 衣絵さん~ (25, 0.4%)

2 の顔

1 [23件] が婿君とこ, が手縫, が此辺, が生き, が若手, だ, に其の, の, のもう, の友染, の姿, の心, の手縫, の白い, の眉, の血, はお, はそれでも, を, を地獄, を知つて, を衣絵さん, を詩人

▼ 衣にも~ (17, 0.3%)

1 [17件] ある水晶, ほんの少し, また手, 包み切れない魅力, 堪えないよう, 堪えぬらしい妻, 堪へないやう, 火が, 現れて, 白を, 着更, 耐えずという, 耐えそう, 草の, 覚えて, 車にも, 間に合いそう

▼ 衣~ (16, 0.2%)

1 [16件] いた, いた絹, いるか, 云ふべき, 休之, 凛と力づよく, 呉れたこんな, 呉れたん, 寒さうに, 居ると, 狐貉を, 経あるき, 自分の, 荒縄の, 行こうネ, 釣り竿を

▼ 衣~ (16, 0.2%)

2 の像

1 [14件] がねだった, が僕, といっ, になっ, に渡し, に衣, の手, の木像, ばかり焼け出され, ばかり片, も決して, を拝む, を男, を納め

▼ 衣から~ (15, 0.2%)

2 袷に

1 [13件] はみ出た長身, まっ白な, スッポリと, 分れぬ先, 取った小片, 垂れて, 引出しゃせぬか, 悉皆脱ぎ去っ, 時計を, 月の, 脱却せし, 藍田の, 蟇口を

▼ 衣~ (15, 0.2%)

2 て寒

1 [13件] かえ, たるが, たるヱスタ, たる婦人, たる春, たる父母, てなれき, て戻れる, て藁草履, て遊べる, て飛び, て鬢, て黒長靴

▼ 衣~ (15, 0.2%)

2 の中

1 [13件] から一枚, から一葉, から巻尺, から抜き出した, から時価一千万円, にある, にし, に潜ませ, の底, の間, を探つ, を探り, を碧血

▼ 衣~ (14, 0.2%)

2 の刻み

1 [12件] なりを形づくっ, につつまれた, に近く, の布置, の強調, の感じ, の手法, は意味, は非常, も仏像, をなで, を描き

▼ 衣~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] てはや, といふ句, のこと, の晴着, へせし, へて甲板, へにし, へをする, へを完了, をし, をした, をする

▼ 衣~ (14, 0.2%)

2 に薫じ, に裾, に風 1 に満ち, の雨, を吹い, を吹き, を濡, を翻す, 悉く沾, 湿りて

▼ 衣ちやん~ (13, 0.2%)

1 [13件] がギクリ, と関取, の後々, の鎮座, の防壁, はこれから, はタヾ, は教会, は温泉, も紹介, を店, を独専, を誰

▼ 衣美食~ (13, 0.2%)

1 [13件] で楽しみ, と高い, に狎れ, に肥えた, に飼い馴らされ, に馴れた, の生活者, の賄, をほしい, をもとめる, を希, を知らぬ, 大きな邸宅

▼ 衣羽織~ (13, 0.2%)

2 をきた, を着 1 が綻びた, です, に透し, の肩, の背中, の裾, をお送り, をフワリ, を着た

▼ 衣~ (12, 0.2%)

1 [12件] づき他, づき腕, なしや, なんだらう, はかずば, ろや, ろらかに, 何か, 何かで, 分らぬボロボロ, 綿入れを, 装束か

▼ 衣には~ (12, 0.2%)

1 [12件] なにかの, 何と云う, 別に尋, 厚く綿, 昔は, 晴衣の, 朱が, 水色太白の, 男の, 瞋恚の, 紅い血, 露霜が

▼ 衣かけ~ (10, 0.2%)

8 の松 1 て見えさせたまう, の枝

▼ 衣~ (10, 0.2%)

2 て, て黒襦子 1 つつなれ, つつ馴れ, て冬獵, て我, て薄, よそひ

▼ 衣~ (10, 0.2%)

1 かへこ帯, か分りません, か敷布, けれど大, とえ, と思っ, のは, のを, もう雫, KSよ

▼ 衣では~ (10, 0.2%)

2 もう涼し 1 いけないらしいどなた, なかった, なく古い, やりきれなくな, 全く熱, 外の, 寒いくらい, 涼しすぎる

▼ 衣~ (10, 0.2%)

1 ことと, ことも, に未だ, ものなり, ものを, よ爺さん, を得ず, を見, 白を, 者と

▼ 衣一つ~ (10, 0.2%)

1 かけた儘, でぶるぶる, でまっぴら, で下女, で或いは, にした, になっ, になつて, 涼しい風, 着て

▼ 衣着せず~ (10, 0.2%)

2 に浴びせかけます 1 ずけずけ言った, と申します, に私, に言, 実を, 張遼は, 素人を, 言ひきりました

▼ 衣~ (10, 0.2%)

1 と襦袢袴下, のまま, の尋常, の釦, まで, を洋服, を着, を着た, を着たる, 不甲

▼ 衣という~ (9, 0.1%)

1 ところです, ものを, ような, 地獄の, 服装で, 言葉さえ, 語は, 語も, 軽い装い

▼ 衣とも~ (9, 0.1%)

3 言ふべき 1 いふべしと, なりて, 変らば, 成ぬべし汝, 言うべき藕糸, 言えぬ

▼ 衣とを~ (9, 0.1%)

1 あたえわれわれ, あわただしく持っ, つけてるだけ, まといつけるインド風, 交互に, 借りて, 彼に, 揃えて, 重ね前

▼ 衣をも~ (9, 0.1%)

1 はいだ, コゼットに, 奪い取ろうと, 携うべ, 携えずに, 着けんかと, 知ぬ, 纏へ, 纒へ

▼ 衣~ (9, 0.1%)

2 の材料 1 の原料, の必要品, の改善, の点, の資, は従前, をその

▼ 衣通媛~ (9, 0.1%)

2 の兄媛, の名代, の藤原郎女 1 のこと, の事, を進め

▼ 衣~ (8, 0.1%)

1 がそう, が側, が確信, などでさえ妙, などはずいぶん, の顔, は初め, や津田

▼ 衣紛上野~ (8, 0.1%)

8 初花

▼ 衣~ (7, 0.1%)

2 て花 1 て, て入る, て玄徳, て若き, 餓に

▼ 衣~ (7, 0.1%)

4 がたで 1 がたの, がたを, と云

▼ 衣~ (7, 0.1%)

1 と云え, ように, 人足が, 姿で, 桃の, 王政復古なら, 私の

▼ 衣など~ (7, 0.1%)

1 いはんも, ショウ, 乾ながら, 引き繕, 悉く盗み取られた, 更へて, 着て

▼ 衣だった~ (6, 0.1%)

1 が例, そうだ, のである, ので兵卒ども, 事は, 腐敗物の

▼ 衣でも~ (6, 0.1%)

1 あるまいぢ, よいが, よい巻き, 持って, 着ようと, 私は

▼ 衣まで~ (6, 0.1%)

1 して, すっかり新調, まっかに, 後で私, 急行, 質に

▼ 衣~ (6, 0.1%)

1 に摺り, に書き付け, の染料, の襞, は染まらない, へ摺り付けそれ

▼ 衣着せぬ~ (6, 0.1%)

2 物の, 直談判を 1 そのお, 批評を

▼ 衣~ (6, 0.1%)

2 の王, の郎女 1 と呼んだ, ひめと

▼ 衣食住~ (6, 0.1%)

1 いづれも, のあらゆる, のこと, のごとき, の様式, 共に禪家

▼ 衣しょう~ (5, 0.1%)

1 などまい, をつけ, を着せました, 漆器ちりめん浴衣が, 税などを

▼ 衣といふ~ (5, 0.1%)

1 ことなり, 名の, 物を, 草を, 衣は

▼ 衣として~ (5, 0.1%)

1 よく取出し, チースを, 住む, 其の功, 生きて

▼ 衣なく~ (5, 0.1%)

1 して, 住むに, 喰うに, 武器なく, 食なく

▼ 衣なども~ (5, 0.1%)

1 すっかり磨滅, 夏の, 必ず尋ね出させる, 昨夜のとは, 木萩の

▼ 衣~ (5, 0.1%)

2 包んで 1 つけて, 屆けしが, 話せば

▼ 衣もて~ (5, 0.1%)

2 その胸 1 まゐる, まゐれ, 己を

▼ 衣より~ (5, 0.1%)

1 いっそう神聖, 他には, 出づればなり, 払い庭, 預りたる文

▼ 衣を通して~ (5, 0.1%)

1 光りか, 光りかがやき広大, 光りかがやくばかり, 光るとも, 出ましたから

▼ 衣~ (5, 0.1%)

1 着セラレルノガ嫌イデアッタガ, 着テ門マデオ迎エニ出ル, 解キ褌ヲ, 踏洗フヲ, 風ニヒルガエシタ颯子

▼ 衣巻さん~ (5, 0.1%)

1 あんた衣巻さん, というお, とかいうひと, の御, は知っ

▼ 衣~ (5, 0.1%)

1 でぐるぐる, で巻いたらしい, には生なまし, の下, を巻いた

▼ 衣~ (5, 0.1%)

2 ひて 1 ひたるその, へる児等, へる兒等

▼ 衣うち~ (4, 0.1%)

2 かけて 1 掛けたる几帳, 被いて

▼ 衣きせず~ (4, 0.1%)

1 おはなし, に斯, 直言したい, 越前も

▼ 衣きせぬ~ (4, 0.1%)

1 ことが, 反撥が, 正成の, 物の

▼ 衣する~ (4, 0.1%)

2 てふかき 1 に支那, の意

▼ 衣たる~ (4, 0.1%)

1 やとり, 懲役人の, 百般の, 者と

▼ 衣だけ~ (4, 0.1%)

1 つけ座敷, では, で頸, 着て

▼ 衣だの~ (4, 0.1%)

1 お俊, 中古で, 廊下だの, 負革

▼ 衣であり~ (4, 0.1%)

1 これ以上の, また一種, 彼等の, 黒暗

▼ 衣~ (4, 0.1%)

1 ので横乗り, ので私, んざお, んです

▼ 衣などは~ (4, 0.1%)

1 その紗, 帝王の, 或いはまた別種, 着せて

▼ 衣なら~ (4, 0.1%)

1 たとい五つ紋, で, ばぬぎ, ば三枚

▼ 衣にて~ (4, 0.1%)

1 乘馬を, 昔隱者これを, 椅子に, 窓を

▼ 衣ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなく彼, で手足, 昼間見た, 袈裟も

▼ 衣らしい~ (4, 0.1%)

3 ものを 1 女物が

▼ 衣~ (4, 0.1%)

1 と呼びなし, の, の梭, の機

▼ 衣巻たち~ (4, 0.1%)

1 が来た, の例, はその, もおまえ

▼ 衣水子~ (4, 0.1%)

1 の快, ははや, は夜中, は山嶽志

▼ 衣~ (4, 0.1%)

2 ふ童女 1 ふ村娘, へる少女

▼ 衣~ (4, 0.1%)

1 つ, を著, 香の, 香も

▼ 衣~ (4, 0.1%)

1 の屈曲, の揃っ, の線条, をかなり

▼ 衣~ (4, 0.1%)

4 還郷

▼ 衣あり~ (3, 0.0%)

1 木綿物も, 綿衣あり, 緑の

▼ 衣かは~ (3, 0.0%)

3 かつや

▼ 衣がへ~ (3, 0.0%)

2 野路の 1 虱も

▼ 衣しか~ (3, 0.0%)

1 掛けてないの, 着て, 着なかつた

▼ 衣その~ (3, 0.0%)

1 下で, 外いろ, 物で

▼ 衣それ~ (3, 0.0%)

1 は嘗て, も縞目, を入れる

▼ 衣です~ (3, 0.0%)

1 から此処, ねその, よ

▼ 衣とが~ (3, 0.0%)

1 一つの, 夜着であっ, 影を

▼ 衣との~ (3, 0.0%)

1 姿に, 重ね着であった, 間から

▼ 衣なき~ (3, 0.0%)

1 に衣, 者に, 者には

▼ 衣なぞを~ (3, 0.0%)

1 持って, 着けて, 着て

▼ 衣などを~ (3, 0.0%)

1 一着し, 縁へ, 都度

▼ 衣なる~ (3, 0.0%)

1 ものを, もの此邦に, 寒酸の

▼ 衣ひき~ (3, 0.0%)

1 か, かづき, まと

▼ 衣ひとつ~ (3, 0.0%)

1 で勘当, で震え, になり

▼ 衣ひる~ (3, 0.0%)

2 よしもなき 1 がへる

▼ 衣ほす~ (3, 0.0%)

3 てふ

▼ 衣みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な形, な顔色

▼ 衣よりの~ (3, 0.0%)

2 言傳を 1 言傳と

▼ 衣よりも~ (3, 0.0%)

1 まされるもの, 優りたるもの, 優りたる生命

▼ 衣をば~ (3, 0.0%)

1 せいぜい値段, 浪り, 着せんもの

▼ 衣ヶ崎~ (3, 0.0%)

1 が正面, に来, は諏訪湖中

▼ 衣一鉢~ (3, 0.0%)

1 に空, の沙門, へう

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 に伏せ, に佩き, に佩けり

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 するの人, に於ける, を初め

▼ 衣~ (3, 0.0%)

2 の中 1 をおさえ

▼ 衣~ (3, 0.0%)

2 の句 1 というの

▼ 衣孤剣~ (3, 0.0%)

2 の身 1 の貧しい

▼ 衣小袖~ (3, 0.0%)

1 の所望, を幾つ, を送れ

▼ 衣打つ~ (3, 0.0%)

1 らん砧の, 夜寒の, 槌と

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 へなどを請求, への心持, をする

▼ 衣水子木川子~ (3, 0.0%)

1 これから日本海沿岸, などいずれ, など付添

▼ 衣洗う~ (3, 0.0%)

1 女の, 女よ, 媼の

▼ 衣物語~ (3, 0.0%)

1 に, にし, に篠

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 が大阪, が帰っ, を九州

▼ 衣白い~ (3, 0.0%)

2 シーツ白い 1 髪に

▼ 衣着たる~ (3, 0.0%)

2 はあらず 1 は誰

▼ 衣破れ~ (3, 0.0%)

3 て此肩

▼ 衣~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の衣裳

▼ 衣織女~ (3, 0.0%)

1 をし, 見驚きて, 見驚而

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 に叩き, のあたり, 掛け綿麻

▼ 衣草紙~ (3, 0.0%)

1 や福島清君, をよむ, 同じ享保

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 け一茶, た子供たち, 飾りて

▼ 衣衣紋坂~ (3, 0.0%)

2 と氣 1 と気取る

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 には友禅, に手, の中

▼ 衣裝箪笥~ (3, 0.0%)

1 があつ, の中, や化粧臺

▼ 衣~ (3, 0.0%)

2 を弟 1 にあたり落葉

▼ 衣~ (3, 0.0%)

1 に淡, に薄, の上

▼ 衣~ (3, 0.0%)

2 は寧ろ 1 を以て官爵

▼ 衣配り~ (3, 0.0%)

1 というた, の風, 行事は

▼ 衣うすく~ (2, 0.0%)

1 ともあつし, ともひたすら

▼ 衣かたしき独り~ (2, 0.0%)

2 かも寝

▼ 衣きる~ (2, 0.0%)

1 をうれし, 人は

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 さへて, さへる

▼ 衣こそ~ (2, 0.0%)

1 最もふさわしい, 着て

▼ 衣すます~ (2, 0.0%)

2 卯月かな

▼ 衣せた~ (2, 0.0%)

1 卑劣な, 着物の

▼ 衣せられ~ (2, 0.0%)

1 親友と, 追放に

▼ 衣だけでも~ (2, 0.0%)

1 お前の, 似合うかと

▼ 衣であった~ (2, 0.0%)

1 がさすが, ように

▼ 衣である~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 衣とか~ (2, 0.0%)

1 云娼妓も, 黒繻子の

▼ 衣ときはなち~ (2, 0.0%)

2 妹は

▼ 衣とて~ (2, 0.0%)

1 心配し, 用ゐる

▼ 衣とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, いった感じ

▼ 衣とは~ (2, 0.0%)

1 何の, 婆

▼ 衣なり~ (2, 0.0%)

1 とあり, 数百金の

▼ 衣によって~ (2, 0.0%)

1 ゆるやかに, 巧みに

▼ 衣に対する~ (2, 0.0%)

1 ある予備趣味, 愛著の

▼ 衣ばかりが~ (2, 0.0%)

1 冷しい蔭, 大きくて

▼ 衣ほし~ (2, 0.0%)

1 たり, たり天

▼ 衣もな~ (2, 0.0%)

2 よびて

▼ 衣やら~ (2, 0.0%)

1 刺繍枕が, 穢い着物

▼ 衣を以て~ (2, 0.0%)

1 装わざるか, 頭に

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 きは, ぬぎたり

▼ 衣一着~ (2, 0.0%)

2 に簡易化

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 に華麗, に風

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 際見, 飛去

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 は十兵衞死後成故, は直に

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 としておこう, とでも言っ

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 は同人伯父村井長庵, は新

▼ 衣冠す~ (2, 0.0%)

2 がたで

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 かけて, さらば綿

▼ 衣別に~ (2, 0.0%)

2 こんな姿

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 と塩, を背なか

▼ 衣~ (2, 0.0%)

2 を念入り

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 かねなど, 肌着など

▼ 衣吊り~ (2, 0.0%)

1 を懸け, 及び緩やか

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 とを真とも, の柄

▼ 衣外道~ (2, 0.0%)

1 に歸, に犯さる

▼ 衣如單~ (2, 0.0%)

1 被穿其中央, 被貫頭而著

▼ 衣小倉~ (2, 0.0%)

1 の帯, の袴

▼ 衣少し~ (2, 0.0%)

1 丈が, 斜に

▼ 衣少女~ (2, 0.0%)

1 にはめぐり会わない, の二重像

▼ 衣巾幗~ (2, 0.0%)

1 のあなどり, の辱め

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 いみじき女性ら, の知れぬ

▼ 衣干し~ (2, 0.0%)

2 たり子ら

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 は誤ち求め, ほとんど血

▼ 衣徒食~ (2, 0.0%)

1 し恋, と良民いじめ

▼ 衣悪食~ (2, 0.0%)

1 を恥ずる, ヲ恥ヅル者ハ

▼ 衣~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 衣日不知毛~ (2, 0.0%)

2 又同

▼ 衣次に~ (2, 0.0%)

1 ポケットの, 黒い襟

▼ 衣此趙璧~ (2, 0.0%)

2 を羅む

▼ 衣浴衣~ (2, 0.0%)

1 と扱き, に扱帯

▼ 衣烏帽子狩衣白拍子~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 衣無く~ (2, 0.0%)

1 しては, 喰うに

▼ 衣爾須里着~ (2, 0.0%)

2 将衣日不知毛

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 食するに, 食するを以て

▼ 衣白き~ (2, 0.0%)

1 人と, 面清

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 新しく美, 横幅結束相連女人被

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 にともしき, のほか

▼ 衣着せまし~ (2, 0.0%)

2

▼ 衣短く黒き~ (2, 0.0%)

2 臑を

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 に収めた, の中

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 の濃, の袴

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 の頃, はどなた

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 ぎかへて憩ふべし, するだけ

▼ 衣脱ぎ~ (2, 0.0%)

1 更へん, 朔日とか

▼ 衣脱ぎかえ~ (2, 0.0%)

1 て憩うべし, て転

▼ 衣脱ぎすて~ (2, 0.0%)

2

▼ 衣自ら~ (2, 0.0%)

1 織りいだし, 織り出し

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 の石垣, を勝った

▼ 衣薄く~ (2, 0.0%)

2 も寒から

▼ 衣袂皆~ (2, 0.0%)

1 しめり山風颯然, な濕

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 の紋色, 取繕う遑

▼ 衣~ (2, 0.0%)

2 を収め

▼ 衣裾長~ (2, 0.0%)

2 に着

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 や弓矢, を服

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 に落つる, の潤

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 では, は主人公

▼ 衣赤い~ (2, 0.0%)

1 帯さえ, 帯は

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 につくる, にま

▼ 衣通し~ (2, 0.0%)

1 の王, の郎女

▼ 衣~ (2, 0.0%)

2 の袖

▼ 衣食住愛憎~ (2, 0.0%)

1 の主題, の問題

▼ 衣~ (2, 0.0%)

1 に為し, の美

▼1* [525件]

ああ霧だ, 衣あって節, 衣あつき故摺, 衣あらば一枚, 衣うかびつれつつ, 衣うしろにすこし, 衣うしろ手見よと, 衣うつなりたま, 衣風呂の, 衣おなじ色のみ, 衣お前の願い, 衣かたしきこよ, 衣かへしやりてん, 衣かへて心いれ, 衣からも返事が, 衣かわかしなどす, 衣がへと言うて, 衣きしは昨日, 衣きせよ, 衣きせたそら言は, 衣きせぬ云い条を, 衣きせましを太刀, 衣きた大禿頭, 衣きたるをうすき, 衣きた葬輦が, 衣きりッと裾, 衣くれないの袴, 衣ぐらい縫えますって, 衣こう左様なら若し, 衣これだけは新しい, 衣ごと首を手元, 衣さおりの, 衣さあ世話を, 衣さえ纏わぬ勇気, 衣さえも表裏が, 衣された樫の, 衣さんに限つて, 衣さん付きの禿, 衣ざはりのかすかな響とを傍, 衣ざること無く, 衣ざわりと強烈な膚, 衣した若い女性, 衣したる山伏の, 衣しめりて秋, 衣しょうなのだ, 衣しょうはこまかくおりたたん, 衣しようが散ら, 衣じゃありません袷, 衣すずしく似合いけり, 衣すなわち労働の, 衣すべてが媚, 衣すべて足拵えまでの将士, 衣すら着くるあたわざるもの, 衣すらもはおらずに, 衣すれば人みな, 衣すんべを穿, 衣ぼんちょうど, 衣ずれ足音がし, 衣せしにはあらずや, 衣せしたはれめの, 衣せずに云うなら, 衣せぬこと文武を, 衣せる積りで, 衣い食, 衣そして今日は, 衣そそぐ水にか, 衣そよぎ裾に, 衣それらは皆荘園, 衣春さらば, 衣ただ一剣を, 衣ためにうるおう, 衣たり津田家の, 衣たれ着よと春, 衣た困ったことには, 衣た賣女を, 衣だけがいつでも, 衣だけはちょっと洗い張り, 衣だつたが例, 衣ちぬされど翁, 衣ちやん玉川さん, 衣つけて寄り, 衣つけぬ常若, 衣つけ曙の神女, 衣つてどんなもの, 衣づれは依然として, 衣づれのやうなものを耳を併せ, 衣であったりした, 衣でありまして家, 衣であろうそれを, 衣でござるぞ, 衣でしたが今夜, 衣でしょうのにどう, 衣でぞべら, 衣としか見えぬちぎれ雲, 衣としては紺絣の, 衣とともに短く括りはじめた, 衣とばかり仰せられて, 衣とやらをかき合せて, 衣ないでもおまえ, 衣なぞは庄屋に, 衣なぞをも取出して, 衣などが片端から, 衣などといふ句それに, 衣などに引っかかるから, 衣などの緑いろ, 衣などを以てしるしと, 衣なに一つ取柄のない, 衣なほ干す屋根, 衣なりといえども, 衣なりとか錦衣す, 衣なんぞは着て, 衣なんて知りましねえだよ, 衣なんてものあ一つ, 衣においても認め得られるもの, 衣におけるの領なり, 衣にかけ衣された, 衣にかへたるが, 衣にすらゆな, 衣について知ること, 衣にでも花嫁の, 衣にとまつた, 衣になつて布団の, 衣にばかり執着し, 衣によする恋, 衣ぎかへむあすの夜寒く, 衣ぬきを薄, 衣ぬぎ捨に, 衣ぬぎすて水かぶる, 衣ぬれにし, 衣びのよそめを一人に, 衣ねもすこしだ, 衣のうへから銀絲で, 衣のせゐだと気がついただ, 衣のみを着て, 衣はずるりと捲れ, 衣はだけた胸, 衣はと翁まず, 衣はべりべり裂け始め, 衣おりなん, 衣ばかりにて生憎がり, 衣ばかりの曲線の, 衣ばかりを思いおこすけれども, 衣ふかい僧で, 衣へだてておん肌, 衣ほど必要なる, 衣ほどの黒では, 衣までが殺戮者に対する, 衣まとふ間の, 衣まばゆくいづれ劣らぬあつ, 衣てえな, 衣みな瞳をつぶる, 衣むと思ひ勞ら, 衣もう送りましたが, 衣もては飾らず善き, 衣もて飾り少しも, 衣もので姉の, 衣もん着て, 衣やが一方の, 衣やらととりどりの, 衣ゆかたに細紐, 衣ゆきてはやき, 衣我等は, 衣よろい直垂などの風俗画的時代, 衣わがつまならぬ, 衣われはしばし, 衣をかッぱらわれたりして, 衣をかへしてぞ, 衣をぞ絡う, 衣をだに譽め給へ, 衣とて思いわずらわざるなり, 衣ウム心得た, 衣ゴム手袋ゴム靴で結構, 衣ニシテ烈朱臙脂濃紫黄藍を翻シ, 衣ニ摺ルコトヲ詠ンダ歌ハ万葉ニハ其例ニ乏シクナイ, 衣ニ摺ル料ニシタコトハ十分ニウカヾハルヽサテれんげさうハ, 衣ヴィクトリア王朝の初期, 衣ヶ関を隔て, 衣一つ何の焼, 衣一ツになり, 衣一枚のもあれ, 衣一枚手拭をかぶっ, 衣一片の賞禄, 衣一笠身を雲水, 衣一襲を与へ, 衣一重になっ, 衣一領それ以下へは巻いた, 衣一飯にもつぶさに, 衣一魂として年, 衣三勝半七酒屋の段, 衣に遣, 衣上粉珠流不歇, 衣上袴裳だ, 衣の肩, 衣乞食の出家, 衣乞食坊主にやつしたら, 衣事木場邊の客人, 衣二月天は七律, 衣二枚重ねて, 衣二重著てかく, 衣二領鞋十足などもあげられ, 衣二食四住六の法式, 衣云々の事, 衣五人紅の草履, 衣亡魂祟りを, 衣飛去, 衣今日は夏装, 衣代りにし, 衣仰天し那, 衣伏籠にかけてそら, 衣低い天井から, 衣何処にか存, 衣愛哀埃など, 衣尚挙, 衣借られな鉢叩, 衣倦怠という衣, 衣傳説とを結び合せ, 衣光りわれは, 衣光背等ニ至ルマデ丁寧ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 衣全く失わる第, 衣其外とも垢, 衣其方事も久八, 衣其身に纏える, 衣冕峩冠すあるいは, 衣之生, 衣を革め, 衣分配の信仰, 衣切ようのもの, 衣の里, 衣利休を穿い, 衣祇園, 衣剃髪のお, 衣に兩手, 衣千太郎の, 衣博帯朱履方裙した者, 衣厳飾念うところ随意, 衣受都久之毛可禰都, 衣同じ色地模様の, 衣同様の衣服, 衣の壮屋君, 衣君牛込下宮比町の寓居, 衣吹く潮風金色の, 衣としきりに, 衣で乏しい, 衣商それもお客, 衣善き駒下駄を, 衣嚢ぐるみに, 衣嚢一杯に物, 衣四冊を棺, 衣四襲位之事, 衣地何にても三枚皆整, 衣を下した, 衣に同じく, 衣売る店の, 衣はれる身, 衣まけて, 衣冠して, 衣大冠剣を執っ, 衣奥田の宿, 衣が歌舞伎, 衣女子の幽霊, 衣食するを, 衣姿媚きて, 衣姿跣足のまま, 衣婦人のよう, 衣の場合, 衣孤劍の生涯, 衣詳に, 衣宮殿なる毘沙門天, 衣粋な, 衣小袿の紅, 衣をまくる, 衣を結んだ, 衣つづき, 衣屋氏の大, 衣山海の滋味, 衣左手に, 衣巻たち五人が訪ね, 衣巻なにがしという肥った, 衣巻大学と津田吉兵衛, 衣巻省三はいふ, 衣巻省三その他多くの作家, 衣帛髪のまま馬, 衣の末, 衣干す見ゆ, 衣と槍, 衣まくれ胸あらわ, 衣引きあぐる, 衣は我が, 衣に乱れどよむ, 衣待吾返孤衾如水已三年, 衣懐中可然, 衣る住居, 衣悪食他人よりは辱, 衣の, 衣慥か模様は染違, 衣の松, 衣房舞臺などを見めぐる, 衣に三方, 衣着つ, 衣打ち重ね丈, 衣托鉢僧団の祖師フランシス, 衣扱き等が倉前, 衣掛けたる車輪を, 衣掛け岩羽衣の松, 衣掛れり寄りて見れ, 衣へて自, 衣摺るは萩花, 衣摺れして, 衣摺れらしい音が, 衣擦る如き音を, 衣敗れ傘の, 衣なつて, 衣文童女的美あどけなさ, 衣新たなり, 衣曳きてもの, 衣更していろ, 衣更はるかに椰子, 衣更独り笑み行く座頭, 衣更着このかた, 衣書ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, 衣菊閉, 衣服用織物を手, 衣望服度宮室を漢, 衣朝な朝な穢る, 衣朝夕フランネルを適度, 衣朽ちて女郎花, 衣朽ちたるに, 衣のころ, 衣架飯袋にすぎなかつた, 衣染むとふ紫の, 衣柔らかき絹物の, 衣の釘, 衣森暁紅と文壇的, 衣模様に染めたら, 衣横幅結束相連而無縫頭亦無冠, 衣が列, 衣櫃衣服箱などに添え, 衣此場に洗, 衣にはよ生, 衣は煙, 衣の帯, 衣水子それに病気揚句, 衣水子眼玉を剥き出し, 衣水子金剛力を出し, 衣水子韋駄天走り遥か, 衣水色縮緬の帯, 衣共被晁大喜, 衣に何, 衣沙魚ダボ沙魚も名, 衣に枝, 衣河名にしおう, 衣にはちゃんとこう, 衣洗たくにたえる, 衣浅けれど涙, 衣粧顧眄を, 衣深く引被ぐ, 衣清楚でしかも, 衣の下駄, 衣濕ふうべしこそ, 衣せり老い, 衣無きに, 衣無官は申す, 衣物のだん, 衣物住は十誦律, 衣物袋を橇, 衣物金幣或は予, 衣狐貉を衣, 衣に下す, 衣玉席白骨を抱き, 衣玉食を廃, 衣玉食定まり無きが, 衣瓔珞のおん装, 衣単付同, 衣白う花の, 衣白帯した人, 衣白服の下, 衣白縮緬の兵児帯, 衣白衣緇衣黄巾青踏赤前垂れ白湯文字等服粧で職業, 衣のぱッちり, 衣着けながら躍り, 衣着けたる一美人を, 衣着けられ候ひき, 衣着せたり, 衣着せず申してずんと, 衣着せた物の, 衣着せない男でした, 衣着た伊左衛門じゃ, 衣着たきりのお, 衣着よといひし, 衣着用のそれ, 衣着裝ひて, 衣を取り, 衣を防ぐべき, 衣短き絹の, 衣石町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞ならびに同, 衣破帽自らその標本, 衣社CC団などの秘密警察組織, 衣の由來, 衣の霜, 衣種子袈裟をもっ, 衣立兵庫大礼服, 衣立烏帽子という粧い, 衣立田河原の柳かけす, 衣の模様, 衣竹冠のみすぼらしい, 衣竹紙の薄き, 衣笠貞之進というの, 衣一の, 衣を奪われた, 衣箱内に蔵す, 衣粗食を給, 衣をつけた, 衣紅衣の洋婦人, 衣紅裙青衣白衣緇衣黄巾青踏赤前垂れ白湯文字等服粧で職業, 衣紛々として大空, 衣素跣足の親, 衣紺染の兵子帯, 衣に凌ぎ, 衣明るく心, 衣に白縮緬, 衣絵さん婿君のため, 衣絵ちやん, 衣絵ちやんが喜びませう, 衣綵花を盛り, 衣総菜のお, 衣を賜わった, 衣ふ, 衣總菜のお, 衣織りなして種々, 衣織るとか悲しき, 衣はしむ, 衣美食のと夢, 衣美食派手な行動, 衣美食贅沢な生活, 衣羽二重らしい帯, 衣羽織その他さしあげましょうね, 衣というの, 衣者富木氏の邸, 衣而侑以詩曰情同牛女隔天河, 衣而飛去後, 衣股引古足袋, 衣脱ぎ捨て家々の, 衣腺病質のたち, 衣若しくは外套の, 衣草紙手振り坊主の一席, 衣菜種の上, 衣著明き火を持ち, 衣葛翁と称し, 衣に黄金, 衣れて, 衣薙刀で割く, 衣薙髪の身, 衣藍鼠無地の絽, 衣蚊帳をかぶっ, 衣を飲ん, 衣にふかく, 衣衾釵珥がある, 衣を取り, 衣袂ゆたかにたてとい, 衣袂濡るるという, 衣袋すべて手早くはずし, 衣袖漬の国, 衣被せず感じたことを, 衣はいう, 衣裁たまくし思ほ, 衣裂きて, 衣装着つけや身, 衣へと秘めた, 衣より重けれ, 衣を洗, 衣裝今は都下, 衣裾短かに十重二十重, 衣褌等を服し, 衣褪せたる紅の, 衣れの, 衣襟つき襦袢の襟, 衣の色どり, 衣襷がけのまま, 衣を執っ, 衣計りであつ, 衣豆絞りの手ぬぐい, 衣象牙のよう, 衣貧富同じく其製, 衣さむ踊れ, 衣起立と作, 衣足駄ばき, 衣跣足の姿, 衣跣足東洋然たる, 衣踏洗ふ, 衣裳の, 衣く戀, 衣追放になった, 衣透姫に小町, 衣通郎女と呼ばれ, 衣郷が, 衣へ出し, 衣ぬる夜, 衣にていと, 衣錦之栄もへったくれ, 衣長い顔を, 衣長洋袴同じく靴, 衣雨傘その外骨董ども, 衣はせ, 衣露けき秋の, 衣の野袴, 衣鞘形寺屋緞子の帯, 衣がした, 衣を寛げ, 衣のズボン, 衣風身の漂泊い, 衣して, 衣飽食や女色, 衣飾ることなど, 衣の製法, 衣香あたりをはらい, 衣香扇影ざんざめきたる花の下, 衣香襟影は紛然雑然, 衣馬装を飾っ, 衣骨立悽愴と来, 衣に苦慮, 衣をつくろふも, 衣麗しく引纏せたる, 衣黄衣の下, 衣黒き頭巾, 衣黒漆に銀泥