青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~行きます ~行く 行く~ ~行け 行け~ ~行ける 行ける~ ~行こう 行こう~ ~行っ
行っ~
~行った 行った~ 行ったら~ ~行つて ~行われ 行われ~ ~行われた 行われた~ 行事~ 行儀~

「行っ~」 31312, 301ppm, 321位

▼ 行っ~ (27425, 87.6%)

835 しまった 576 みると 437 見ると 283 しまいました 219 みた 198 見て 197 みよう 188 いる 185 見た 166 いた 165 くれ 157 いて, しまったの 149 いるの 145 しまう 131 下さい 121 しまって 111 いたの 109 しまうと 88 みて 86 おいで 82 来て, 来る 79 見よう 72 みようと 71 みました 67 みようか 65 くれと 64 了った 63 参ります 61 しまうの, 帰って 56 そこに 55 来ます 53 みましょう 52 みる 51 いる間, それを, みたが 50 見ようと 47 いると, まいります 46 くれた, やろう, 来い 45 見ても 44 ください, みますと 43 おくれ 41 しまいます, みたいと, 聞いて, 自分の 40 いらっしゃい, 何か 39 いない, しまったん, 待って, 見たが 38 見ましょう 37 いること 36 見る 35 そこの, みること, 調べて 34 やる, 来た 33 いたん, くる, 来ると, 見ました 32 いるよう 31 おしまいに, ごらんなさい, らっしゃい, 来たの, 見ますと 30 みろ, 御覧なさい, 買って, 遊んで 29 そこから, やって, 来たん, 話を 28 いるん, きます, みましょうか, 何を, 見ること 27 いたが, しまったので, やろうと, 一緒に, 様子を 26 くれれば, 了う, 来ましょう, 来るよ 25 みれば, 見ようか 24 どうする, 見たいと 23 いました, しまったか, みても 22 みる気, 来よう 21 くれないか, そこで, やると, 取って, 訊いて, 貰って 20 います, いるから, しまったが, みようかと, やれ, 仕舞った, 水を 19 いたので, ごらん, しまいそう, しまうこと, やるから, 手を, 来いと, 顔を

18 [17件] いたこと, いるが, いるという, くれる, こい, しまえば, しまったから, しまったこと, しまったと, みるが, 彼の, 来ようと, 来るから, 来るが, 見ましたが, 見る気, 見れば

17 おくん, くるよ, くれたの, くれるか, しまったあと, しまったよう, 私の, 立って

16 いるか, いる留守, みないか, みましたが, みようじゃ, 参りました, 扉を, 探して, 来ました, 見たの

15 [15件] きて, しまうん, しまひました, みたの, みるか, みるつもり, もらいたい, 一と, 戸を, 来ますから, 来ますよ, 来るぞ, 自分で, 見せた, 見せて

14 [17件] いいか, いたと, いるうち, おれ, くれという, くれると, くれるの, しまうよう, しまおうと, しまった後, みたこと, みようよ, もらうこと, やった, 下さいよ, 腰を, 見ろ

13 [15件] いいの, いるので, くるから, しまいましたよ, しまったという, すぐに, すわった, みたい, みるの, よいか, よかった, 今度は, 見たこと, 話して, 貰うこと

12 [15件] いたもの, いないの, くると, くれい, くれ給え, しまってから, みませんか, もらって, やろうか, 例の, 帰りに, 戻って, 見なければ, 見ましょうか, 見ようじゃ

11 [32件] いたという, いた時, いなかった, いるところ, いるはず, いるもの, いろ, おいでに, お茶を, きいて, くれませんか, しまうので, しまえ, それに, ちょうだい, みなければ, もらおう, もらった, やること, 下すった, 仕事を, 呉れと, 声を, 来なければ, 来ましたよ, 来るぜ, 相談し, 見ます, 貰いたい, 貰った, 身を, 酒を

10 [25件] あげよう, いたか, いたとき, いた間, いないこと, いらっしゃいまし, いるし, いるそう, くれました, しまいましたが, しまうという, しまおう, それから, みようという, やったり, ゐる, 坐った, 居るの, 彼を, 御覧に, 泊って, 置いて, 見たい, 見るが, 頭を

9 [29件] いるに, おります, くれたまえ, くれること, くれん, しまったそう, その帰り, それが, みたいの, みたり, みな, みます, みろと, やりました, 上げて, 下さいな, 人を, 参りましょう, 左へ, 挨拶を, 来たいと, 泊めて, 用を, 立った, 見たところ, 見ようかと, 見給え, 静かに, 頂戴

8 [43件] あげて, あげる, いいん, いたから, いたり, いらしった, いるのに, いる時, お出, お呉れ, きたの, きますよ, くれるよう, ごらんに, しまうなんて, しまったよ, しまったり, しらべて, その上, ます, みたいわ, みようかしら, もらいたいと, もらおうと, よく調べ, 下さいと, 今では, 会って, 家の, 居たの, 彼女の, 御馳走に, 持って, 来るわ, 留守, 留守だ, 着物を, 見たいよう, 見たん, 誰も, 連れて, 金を, 頼んで

7 [50件] あの男, いないと, いなさい, いる人, いろいろの, おいでよ, おやり, くるわ, くれたり, くれて, くれろと, これを, しまうから, しまうし, しまったもの, しまっては, とって, まいりました, みたいもの, みては, 上げましょう, 下さらない, 主人の, 二人で, 二人の, 休んで, 何かの, 呼んで, 外を, 彼は, 最後に, 来たこと, 来たと, 来たよ, 来な, 来ますわ, 来ようかと, 来るからね, 水に, 私が, 見た時, 見ましょうよ, 見るか, 見るの, 見ろと, 覗いて, 貰おう, 買物を, 障子を, 馬を

6 [71件] いたし, いた時分, いるあいだ, いるかも, いるとき, いるわけ, いる娘, おくれよ, おじぎを, おりました, お上げ, お休み, お辞儀を, くるぞ, くんな, しまうか, しまうぞ, しまうもの, しまった時, その日, それらの, たしかめて, まだ帰っ, みたいという, みたい気, みたところ, みたらどう, みない, みるわ, やるぞ, やるよ, よいの, らっしゃいまし, ドアを, 上げようと, 下さる, 下の, 了いました, 了って, 事情を, 助けて, 勉強する, 勝手に, 参りますから, 呉れ, 寝て, 居る, 彼が, 明日の, 来たか, 来た人, 来た方, 来なさい, 来ねえ, 来ようか, 横に, 無理に, 父の, 独りで, 留守だった, 花を, 茶を, 見たくて, 見たくなった, 見ようという, 言いました, 貰う, 逢って, 門を, 首を, 髪を

5 [111件] あげましょう, あげるわ, あなたの, いたため, いつもの, いないが, いながら, いましたが, いますよ, いらしたの, いらっしゃいよ, いるとは, いる事, いる筈, いる者, お金を, かえりに, きますと, くるぜ, くれたので, くれば, くれまいか, くれるもの, くれるん, これも, しまいたい, しまおうという, しまったかと, そう言っ, そこへ, その人, その女, その時, その結果, たんだ, どこへ, ひとりで, ひろ子は, ほしい, ほしいと, まいりましょう, みたくなった, みますか, みよ, みようぜ, みよう八, もらいましょう, もらう, やったの, やっても, やりましょう, やります, やるが, やるつもり, やるん, やれば, やろうかと, らッし, わたしは, 一しょに, 一本の, 丁寧に, 下さいね, 下さいまし, 下を, 人の, 借りて, 働いて, 先に, 其処で, 外の, 尋ねて, 居た, 御覧よ, 御馳走を, 本を, 村の, 来たが, 来たのよ, 来ますと, 来給え, 欲しいと, 気を, 泊った, 洗って, 火を, 留守であった, 目を, 相談しよう, 確かめて, 私は, 考えて, 自分が, 荷物を, 行けないこと, 見たいという, 見たいの, 見たまえ, 見たら, 見たり, 見ようよ, 見るつもり, 言った, 訊くと, 訊ねて, 誰かに, 貰いたいと, 近所の, 途中で, 金に, 隠れて

4 [202件] あげるから, あとは, あの人, いいです, いたお, いたころ, いたよう, いた頃, いても, いなければ, いらっしゃいと, いらっしゃるの, いるぞ, いるとかで, いる中, いる時分, いる私, いろいろな, いろと, おくれと, おやりよ, おりません, お前の, お父さんの, お聞き, きくと, きた, きたいと, きたこと, きたまえ, きたん, くださいまし, くださいませんか, くるからね, くるが, くれない, くれなければ, くれぬか, くれましたが, くれる人, くれ私, くれ行って, こいと, これは, こんどは, ごらんなさいまし, しばらくする, しまいたいと, しまいたいの, しまいは, しまうかも, しまうだろう, しまうに, しまうまで, しまう気, しまえと, しまおうかと, しまったところ, しまったとさ, しまったのよ, しまっても, しまや, そうな, そこい, その中, その帰り道, その男, たずねて, つれて, どうしよう, どこかへ, のぞいて, ひそかに, ますか, みたいが, みたいん, みたら, みたん, みないと, みべ, みましょうよ, みようや, みるよ, もらいます, もらうなり, もらうの, もらうよう, やったもの, やっと, やらあ, やらないと, やりたいが, やりたいと, やりたまえ, やれと, らしたの, らっしゃいよ, ゐた, 一つの, 一人の, 上から, 上げるから, 下さった, 両手を, 並んで, 中を, 今の, 今は, 介抱し, 他の, 何が, 何でも, 何の, 働いた, 出来るだけ, 別の, 医者を, 半七, 参りまする, 参りますわ, 受話器を, 口を, 同じよう, 呉れた, 壁に, 夕方に, 夕飯を, 夜の, 大声で, 女の, 女房に, 好きな, 始めて, 娘を, 家へ, 居りました, 居りますから, 居ると, 岸本は, 彼女が, 御覧, 急いで, 手当を, 手紙を, 捜して, 日が, 昔の, 暮して, 来いよ, 来たという, 来たもの, 来てから, 来ては, 来ても, 来ないか, 来ましょうか, 来や, 来らあ, 来るの, 案内を, 次の, 歌を, 母の, 池の, 湯を, 相談を, 私を, 窓の, 第一, 縛って, 聞くと, 自分は, 見たいもの, 見たい気, 見たらどう, 見ての, 見ては, 見で, 見な, 見ないか, 見ようや, 見届けて, 誰に, 貰いましょうか, 貰います, 貴方の, 起して, 足を, 路を, 踊って, 車の, 返して, 金の, 開けて, 陽気に, 静かな, 食事, 食事を, 飯を, 驚いた, 魚を, 黙って

3 [369件] あいつが, あげるよ, あそこで, あそこに, あとには, あの娘, あやまって, いい, いいこと, いいでしょう, いいと, いいよう, いい加減な, いい空気, いただきたいと, いたとか, いたところ, いたわけ, いっしょに, いては, いな, いないという, いないよう, いない場合, いますか, いますが, いません, いようと, いるかと, いるかを, いるであろう, いる兄, いる処, いる留守中, いる長男, いる頃, いろいろと, おあげなさい, おいて, おくれでないか, おっかさんに, おふくろの, おまえの, おる, おれと, おれば, お乳, お勝手から, お宮を, お寝みなさい, お母さんに, お目, お目にかかって, お目にかかろう, お礼を, お茶でも, お通, お遊び, お酒, かえって来, からだを, きな, きなよ, きますからね, くるかな, くるん, くれたが, くれたこと, くれたよ, くれって, くれても, くれはる, くれます, くれますか, くれるかね, くれるから, くれるだろう, こう云った, こっちから, こようと, ごらんよ, さがして, しまいそこ, しまいましたので, しまいますよ, しまうが, しまうよ, しまおうか, しまおうかとも, しまったとの, しまったろう, しまったわ, しまったわけ, しまってからも, しまふ, しまわれた, しまわれては, すっかりとまりました, そうし, そこを, そのこと, そのまま帰っ, その扉, その晩, その話, それで, それと, それとなく様子, それの, それは, だしぬけに, だった, とうとうその, とれ, どこか, どこかで, どこかの, どこで, ほかの, ほしいという, まいりまする, まいる, また戻っ, まだ帰らない, みい, みたいな, みたいなと, みたいよう, みたかった, みたくて, みたところが, みたらその, みたらば, みますよ, みますわ, みようとは, みようとも, みるかな, みるから, みるて, みる事, みんなと, みんなに, もう一人, もどって, ものを, もらいたいの, もらいたいん, もらうと, もらったり, もらった方, もらわねば, やらなければ, やるからな, やろうじゃ, やろうという, やんなさい, ようすを, よくその, よく聞い, らっしゃるし, わけを, わたしが, ウイを, レコードを, 一時間ばかり, 一生を, 三つ五銭の, 上げましょうか, 上げるわ, 下から, 下さいますか, 下さいませ, 下さいません, 下さること, 下さるでしょうね, 下さると, 下さるの, 下さるん, 下されば, 不意に, 両手で, 久しぶりで, 久し振りに, 了い, 事の, 二人を, 二階の, 今夜は, 今帰っ, 伝えて, 伸子は, 何う, 何に, 何にも, 來ましょう, 倒れて, 僕の, 兄の, 先生に, 先生の, 其処に, 冷たい水, 勉強したい, 半分ばかり, 博士を, 厄介に, 台所の, 右の, 名刺を, 向うの, 呉れないか, 呉れるの, 四ツ, 土地の, 地上に, 声の, 売って, 変な, 夜遅く, 大勢の, 夫婦に, 奥さんと, 奥さんに, 女を, 好いか, 妹の, 姉さんの, 姿を, 子供の, 実物を, 寝かして, 寝た, 寝ること, 少しは, 居ります, 居るもの, 居るん, 左の, 帯を, 帰ると, 平気で, 庭の, 庭を, 彼らの, 彼女は, 彼女を, 御らん, 御父さん, 御覧な, 復た, 急に, 悠々と, 戸外を, 手に, 手伝って, 振り返って, 振り返ると, 掃除を, 掛合って, 断って, 明日は, 時を, 暫くする, 書いて, 書類を, 最初に, 木の, 本物の, 机の, 来たい, 来たばかり, 来たまえ, 来たよう, 来てよ, 来なくちゃ, 来なさいと, 来ようかな, 来るからな, 来る間, 橋の, 欲しい, 此の, 残りの, 母に, 汲んで, 海の, 湯に, 無事に, 熱心に, 現場の, 男を, 畑の, 留守でした, 留守です, 留守な, 留守に, 留守の, 皆に, 相変らず, 相談する, 看病し, 眺めた, 眼の, 石の, 私に, 穴の, 空を, 窓から, 立ちました, 立派に, 笹野の, 筆を, 米を, 終う, 耳を, 聞けば, 聴いて, 腰掛けた, 船の, 色々の, 芝居を, 花見を, 苦労する, 薪を, 西の, 見えなくなって, 見たいなあ, 見たいん, 見たくなって, 見たくなりました, 見たころ, 見ちゃ, 見ない, 見べが, 見ようかしら, 見ようでは, 見るから, 見るより, 見るん, 見る勇気, 見ろ行って, 観て, 訊けば, 診て, 話した, 話そう, 貰いたいもの, 貰いたいん, 貰うつもり, 貰うよう, 貰ったが, 貰ふ, 遂には, 遊びましょうよ, 遠くの, 遣って, 銀行の, 門番に, 隠れた, 雪の, 電話を, 電車に, 青い小さいの, 静養する, 頼むが, 食べて, 飲んだり, 飲んで

2 [1085件 抜粋] ああも, あげても, あげようと, あすこの, あっちへ, あなたが, あの, あの楽器, あべこべに, いいかい, いい値, いず, いたお前, いたそう, いただいた時, いただかなければ, いたはず, いた所, いた母, いた男, いた留守中, いった, いつに, いないところ, いないらしい, いなかったので, いまい, いましょう, いますけれど, いようじゃ, いらっしゃいます, いらっしゃること, いられました, いるお前, いるその, いるだろう, いるつもり, いるとか, いるらしい, いる場合, いる姿, いる子供, いる息子, いる日本, いる暇, いる隙, いれば, いろいろ話し, うちの, おいでやす, おかみさんに, おさらい, おしまいなさる, おばあさんは, おやすみ, おゆるし, おりそう, おりまして, おりますでしょう, おれが, お三輪, お休みなさい, お別れ, お勢, お土産, お嬢さんの, お春, お泊まり, お米, お聞きなさい, お花さん, お話を, お静, お風呂場, かせぐかな, きかせて, きたと, きたらどう, きなさい, きました, きめて, くださいと, くださりませ, くだされ, くるという, くるよう, くれたあの, くれたもの, くれたん, くれた時, くれぬかと, くれは, くれまた, くれるという, くれる者, こういっ, ここに, ここを, この上, この人, この画, こようよ, こられた, ご覧なさい, しきりに何, しばらく休息, しまいたかった, しまいには, しまいましたの, しまいますが, しまうじゃ, しまうそして, しまうつもり, しまうところ, しまうわけ, しまったかも, しまったこの, しまったその, しまったでしょう, しまったなんて, しまったはず, しまったらどんなに, しまった方, しまった跡, しまひさ, しまわれました, すぐと, そう言った, そこでも, そして言った, そのとおり, その下手人, その器械, その娘, その島, その帰り路, その後の, その旨, その次第, その裾, その辺, それから先, それから汽車, それっきり, そんな事, たんだい, ちっとばかり, ついに世界的, つかまえて, ていねいに, とっくりと, どうした, どこにか, どんなふう, なにか手伝っ, ひと働きし, ぶらぶらし, ほしかった, まいりますよ, ますよ, またあの, またのぼる, また立, みたいよ, みたかね, みたくなりました, みたそう, みたのよ, みたらよかろ, みないかと, みましょうと, みません, みようかな, みるかい, みるという, みるまでは, みろよ, みんなを, めまいを, もう一つ, もらうか, もらうん, もらえて, もらおうか, もらったこと, もらっては, もらわれません, やったが, やっとそこ, やるかな, やるとも, やる気は, よいもの, よく見る, よろしい, らっしゃいね, わたしの, ゐるが, オペラを, カシムの, カーテンを, コーヒーを, スケッチした, ドアの, ノートを, ベッドの, ポチを, ラムプの, 一切の, 一度見, 一晩泊っ, 一泊した, 一番に, 一秒の, 一週間も, 三浦の, 上げます, 上げる, 上げるの, 上ましょう, 下さいそうして, 下さいましよ, 下さいナ, 下さるそう, 下さるわねえ, 不在であった, 世話に, 中の, 久しぶりに, 了うのであった, 了ったら, 二人きりで, 五クローネルの, 京都の, 人々は, 今度帰っ, 今日も, 仕事に, 仕舞う, 伊豆の, 会えば, 伸子が, 佇んだ, 住もうと, 何とかいう, 係りの, 俺が, 停止する, 傘を, 僕は, 元気な, 先方の, 出して, 刀を, 初めてその, 劉表に, 勝手の, 十一時に, 半蔵は, 単衣, 参じます, 参りますよ, 又同じ, 友達を, 叔父の, 受けて, 叫んだ, 右へ, 君に, 呉れこの, 呉れました, 呉れること, 呼吸を, 和尚に, 問いただして, 喋って, 団子を, 土蔵の, 坐って, 坐禅を, 夕方まで, 夜に, 大きな声, 大体の, 大工さんたちの, 奇妙な, 奥様の, 女中を, 好い草食, 姉と, 姐さんに, 娘の, 子供を, 学問を, 安達の, 実際に, 宿を, 寝ろと, 尋ねますと, 小石を, 少しでも, 尺八を, 尼に, 居たん, 居なかった, 居りまして, 居るところ, 屋敷の, 山刀を, 左に, 左手の, 席に, 帰ったきり, 帰りには, 幾度も, 当って, 役人に, 彼に, 彼等の, 後の, 御新造に, 御飯を, 思いがけないよう, 怪我を, 悪いという, 愉快に, 成功した, 手や, 手袋を, 拝を, 挨拶する, 探りを, 支那卓の, 放した, 教えを, 断わって, 新たに, 新聞を, 日の, 日当たりの, 映画を, 是, 昼寝を, 時間を, 景色の, 暮せ, 書き役, 月の, 木を, 未だ帰っ, 来いっ, 来う, 来たこの, 来たって, 来たとも, 来たらどう, 来た男, 来なん, 来ますが, 来ようという, 来るからと, 来るという, 来るん, 来る方, 板戸を, 柄杓から, 椅子に, 植物に, 槍を, 橋を, 歯の, 死んで, 母親の, 気がついて, 水で, 水浴を, 汽車が, 汽車を, 泊まろうと, 泊りましたが, 泣いて, 津軽海峡を, 渡して, 焼いて, 父が, 父母の, 牛乳を, 犬に, 狐を, 玄関に, 生命の, 留守を, 番頭の, 病室の, 白粉を, 皆が, 皆と, 皆んなに, 相談しなけれ, 看板娘の, 知って, 知らん顔を, 確めて, 祖先の, 穂吉に, 立ちどまって, 立ったり, 竹を, 箱根竹を, 紅茶を, 紹介した, 絵を, 綿帽子を, 縁の, 置けば, 聞きあわせると, 聴けば, 肩を, 能く, 腰へ, 膝の, 自分と, 自害した, 臭いを, 良いの, 芸者と, 苦労した, 蒲団を, 蘭人について, 蚊帳の, 行くえ, 襖を, 見せたの, 見たいとこ, 見たけれど, 見たところが, 見たらそれ, 見たら定めし, 見た上, 見た方, 見てくれ, 見ないでは, 見なくては, 見ねえ, 見べ, 見ませんか, 見ようじゃあねえか, 見ようね, 見よう行って, 見るって, 見るよう, 見事に, 見張ったは, 見物し, 親方の, 解放し, 試合を, 詫びを, 話しましょうよ, 話せと, 話の, 誰が, 調べると, 諸君の, 警察へ, 貰いたいの, 貰うの, 貰えば, 貰わなければ, 質に, 路ばた, 身体を, 農業を, 逢うつもり, 遊びましょう, 道場の, 遣ろうと, 野原中へ, 銀の, 長いこと, 開いた, 間もなくみんな, 障子の, 雨戸を, 雲の, 電燈を, 面でも, 音楽を, 頂戴な, 頭で, 頼みさえ, 頼んだ, 風が, 食うと, 食べさせて, 食器を, 首に, 馬の, 髭剃っ, 麓の

1 [10818件 抜粋] из, あげないでいい, あげる事, あったよ, あの二眼, あの山, あの高速度輪転機, ありのままの, あわれな声, いい月夜, いけば, いただいたの, いたとの, いたらよかろ, いた万年屋, いた埼玉在, いた彼等二人, いた独身者, いた長い, いつまで, いないらしいん, いなさるかね, いますがね, いよいよ決心, いらっしゃいましたの, いるあらゆる, いるだろうか, いるもし, いる不, いる再び, いる女中さん, いる弘, いる最中, いる石油, いる訳, いろいろふしぎ, うかがうと, うんと責め, おいでの, おくれよね, おしまいです, おった日ごろ, おまけに, およろしかっ, おらんの, おりますよ, おれそして, お伝えなさい, お勧めする, お婆さんに, お春どん, お照, お礼, お葬式, お買い, お願いを, かぎで, かまを, きたらしいの, きます私, ください拙者, くるいうて, くれそれからまた, くれたわい, くれないこと, くれまっ, くれるでは, くれる羅馬, くれ生れた子, けっして道楽, こうして子供, ことわっ, この四月, この浮標, この阿, こんなこと, ごらんなされました, さがし当てたこと, さらに私鉄線, しきり, しばらく仰向い, しまいたい気, しまいましたけれど, しまいわたし, しまうがね, しまうまでは, しまったあの, しまったまま, しまったろうと, しまった死神, しまわないかな, しゃがむが, じっと下, すぐ又, すすぎ物, すわったころ, そいから, そうして前後, そこでわたしたち二人, そこで手ばなし, そしてまた, そっと私, そのこわれかけた, そのよう, その刀, その夏, その床, その時分, その真似, その腸, その贋物, その雑報記者, それからは, それから新地, それっきりに, それとなく耳打ち, たしかに会津屋, たのしいッてこ, だんだん夕暮, ちょっとその, つい目, て何, とうとう別居, とけて, どうかしよう, どうも他, どんなもんだい, なぐったん, なにしない, ぬきやの, はじめて姫君, ばっさり, ひと月ばかり, ひろげて, ふり返る, ほとほとと, まああれ, ましたネ, まず第, また妹, まだドーア, まっ黒に, みいオイチニイの, みたい善光寺, みただけの, みたらまた, みたら白官舎, みないから, みねえ, みませんかと, みよう何ん, みるけど, みる時刻, み給えあれ, もうすぐ帰る, もう少しウツリ, もし知っ, もらいたいな, もらうつや, もらおうという, もろうた, やがて宣教師, やったのよ, やはりこの, やられるやつ, やりますけれどね, やるわざわざ, やろうかとも, ゆくの, ゆっくり話しましょう, よい運, よく和子, よく飽和, らしたん, わざわざ注文, ゐるの, アントワープの, エレヴェーターという, カルモチンを, クリヴォフの, コーヒーでもの, シニョオル・ムッソリニに, スーッと, ダブルの, テンパンへ, ナオミの, バスで, ビールを, ブラインドを, ペータアさんに, ママを, モヤへ, ルーズヴェルトと, 一々調べる, 一二応答が, 一刻ばかり, 一層ひどく, 一日じゅうそこに, 一晩とめ, 一生の, 一線に, 一颯いきなり, 万七親分の, 三吉に, 三本の, 上げただけ, 上げるつもり, 上菓子を, 下さらないけれど, 下さる訳, 不在な, 世帯を, 中井さんアミ, 主筆に, 乱暴を, 事件の, 二三日を, 二度の, 二間梯子を, 五六日お世話に, 人々に, 今から, 今度桂川を, 仏事を, 仕舞い度いが今, 仙女に, 休みねえ, 会おうこんな, 佇んだが, 体よく, 何とでも, 何年も, 作品の, 供養を, 倒れそう, 傍の, 元気よく, 先夜初めて, 入れられて, 六地蔵さんの, 具に容態, 再び戻っ, 凍えて, 出演者と, 初めて大, 利根の, 前日よりも, 助けたよう, 勘太は, 北沢を, 十分ほど, 升田を, 半殺しに, 博物館を, 厳しい立派, 参りますという, 又一両, 友達の, 取戻して, 古市に, 右肩を, 同じ麻布, 向うに, 呉れたまえ, 呉れる約束, 呼んだ, 唸りを, 喜太郎を, 四十日ほど, 団栗を, 土橋の, 地袋の, 埋められいっさい, 塩原家の, 売切れるか, 外国商館に, 夜中に, 大いに弔問, 大使館の, 大学を, 大河内子爵は, 天皇の, 奉公先を, 女房と, 妓一人で, 始終の, 子供が, 孫を, 定まった食事, 室の, 家財秘密書類など, 寐ましょう, 寝るからと, 専右衛門は, 小使だ, 小屏風, 小野派一刀流を, 少なくも二三日, 居たよ, 居ない, 居りましたが, 居る八重, 届書を, 岩の, 川原の, 差支えないと, 帰ったかと, 帰りそびれて, 帽子と, 幹に, 店員達と, 弁護士さんに, 引返したと, 当分は, 彼方で, 待つ間落, 従兄なる, 御殿の, 御覧なさらない, 徳田球一志賀義雄その他の, 忠助と, 思わずハッと, 恭しく引き, 惚れて, 慰み半分に, 戦うこと, 戻りしなに, 手下の, 手近の, 投げ出した小判, 拙者から, 指切断を, 捜した, 掛け帰り, 掲示場へ, 摘もうと, 放浪生活を, 教育を, 文字盤を, 断わられつけて, 方々へ, 日本から, 早くお誘い, 明かりを, 春画を, 昼間の, 暖い, 暫く身, 暮らす気, 最初からの, 朝から, 木戸でも, 本願寺橋の, 来うぞ, 来たほう, 来た最初, 来なくっちゃ, 来ましょうね, 来られてから, 来るだよ, 来る云うちゃったり, 松山の, 果たして何, 案内し, 森岩雄に, 楽しめる, 横翳し, 欲い草を, 此の世を, 死んだという, 殺す以上, 氏が, 水牢へ, 江島屋の, 沢山林町からの, 泉の, 泊るんさ, 注意深く小屋, 活きたよう, 海を, 涼しげに, 渋茶と, 満足なら, 漁師の, 火山弾や, 無心すれ, 焼鉱炉, 父を, 物乞いしなけれ, 狼に, 玉子と, 現場で, 生の, 用箪笥の, 男や, 留守と, 病よりは, 白茶けた葦, 皇帝に, 直かに, 相手を, 眩しい光り, 矢萩は, 石舟斎の, 確り両方, 祟るつもり, 秋田雨雀さんなどと, 稼ぎため, 突然開いた, 立ち止まり小首, 竜蔵に, 箇的な, 糞土を, 索道を, 経を, 絵の, 縋った, 置こう, 翌年の, 考えること, 聞きたい話, 聴音器などの, 脆くも, 膳棚の, 自然だろう, 船倉の, 色が, 芸を, 英語でも, 荒れ海, 葉子は, 蕾の, 虚無僧の, 血の, 行灯や, 被下, 襟を, 見せたいもの, 見せる事, 見たい様, 見たものの, 見たらわかるだろう, 見たら成る程, 見た彼女, 見ないけれども, 見ましたら, 見よういい, 見よと, 見るよってに, 見ろへっ, 見張っては, 親子で, 解剖したい, 訊きただすと, 訪問した, 試た, 話し込んで, 説教の, 調べた, 諸越花魁, 警視庁と, 責め馬の, 貰うか, 貰おうい, 貰わんけりゃ成らんという, 賞めて, 起立した, 踏みとどまり, 軽く, 近くへ, 追いやられたり, 通辞に従い, 進ぜましょう, 遇わせました, 過ぎ去った自分, 遠いむかし, 郁次郎殿と, 酒が, 重苦しい冗談, 金網の, 鉄砲で, 鍛えたん, 長くいる, 開いたから, 間もなく鈴子, 陣十郎か, 隣村山口の, 雪に, 震災以来の, 音羽の, 預けるの, 頼めば, 飛び込んだイヤ首, 食べる時, 飲みながら, 餉台の, 馬好きの, 驚かして, 魚屋へ, 鶏を

▼ 行っても~ (1845, 5.9%)

34 行っても 26 いい 14 いいの 13 いいん 12 いいと 10 同じよう 9 いいよ 8 い, いいけれど 7 いいが, よいと 6 いいかい, いいでしょう, それは, 同じこと, 好い, 誰も 5 仕方が, 私は 4 いいか, いいこと, いいです, いいわ, それを, 何を, 可い, 同じもの, 自分の

3 [23件] いいかと, いいから, いいがね, いいだろう, これと, しかたが, どこまで, よい, よかった, よかろう, よさそう, 同じである, 女の, 好いと, 好いの, 宜い, 容易に, 差支ない, 果てしが, 無駄だ, 相手に, 青い壁, 駄目だ

2 [88件] あなたは, いいかしら, いいけど, いいさ, いいじゃ, いいって, いいという, いいね, いいのよ, お前は, お国自慢, お静, この人, これで, すぐに, そうである, そうな, そこに, その山, その評判, それが, どこにも, ないし, ほかの, よいが, よいよう, ようが, よろしゅうございます, わたしは, ポッカリさ, ムダだ, 中, 予想は, 人に, 人の, 人間の, 仕様が, 何かしら山の, 何の, 使って, 先生の, 冬行っ, 出て, 同じであろう, 困ること, 外泊は, 大切に, 大同小異です, 失策った, 女に, 好いが, 好いけど, 好いです, 安心し, 実際には, 山の, 差支えは, 市電は, 彼は, 心の, 手を, 日本の, 晩の, 果しの, 森ばかり, 歓迎し, 気の, 水の, 決して美, 無駄でしょう, 直ぐに, 相手が, 立派な, 立派に, 結果は, 苦しんだ, 評判が, 話は, 起るその, 路ばた, 近頃は, 通用する, 遠くなる, 金が, 金には, 限りが, 際限が, 面白くない

1 [1370件 抜粋] ああええ, あとは, あの子, あまり体, あらましは, あるまいよ, あんまりみかけない, あゝうまい, いいけどね, いいってんで, いいところ, いいや, いい事, いい親類, いかなる家, いけないの, いずれ病院, いつでも, いつも衰弱, いやこれ, いるん, うちの, うよ, ええが, おかしくないだろう, おそいと, おそらく完結, おとなしくしてる, おなじでしょう, およそあい, お医者さん, お土産, お役人, お日さま, お艶さん, お茶漬, お関, かかる立場, かまわないと, かめへん, きょう立つ, くさりである, くらいの, ぐうたら何時に, こういう鄙びた, こうな, こっちへ, この二, この偐紫楼, この刺青, この国, この有志家, この町, この調子, これほどに, こんな光景, ごッ, しかしわが家, しまわないの, じきにまた, すきだらけだった, すぐ傍, すぐ立派, すたり物, せいぜいの, そうで, そう云う, そこへ, そのあと, そのひろがり, その先々, その夜, その小林君, その後に, その林, その考え, その話声, それだって, それほど困る, それ位だ, そんなボロ, たかくとる, ただ肯定, たにし, だいじょうぶか, ちゃんととりまき, つまらん, つまりませんよ, どうにもなり, どう見誤っ, どのみち一月, ないから, なお狭く, なかなか田舎, なんの, にらまれるそう, ばかに, ふえて, へえそんな, ほとんど吹け, ぼくは, まず同じ, また年ごと, また落ちあえる, まだ座敷, まだ本物, まだ行先, まるで迷宮, みんなそれぞれ面白い, むだな, もうお母さん, もう会社, もう誰, やって, やはりめくらやいざり, やはり江戸, よいけれども, よいとまで, よいの, よい景色, ようござん, よかったであろう, よくって, よく冷えた, よしと, よろしいけれど, よろしゅうござりましょうか, わかりますし, わしが, わたしの, イタリアに, カラあぶれ, キャデーに, キリストの, ケロリと, スリーピー・ホローの, チベット人として, ハケ口を, パーリーの, フランスでも, ヘヒトのと, ホシ芋と, ムダだろう, ヨーロッパに, レンラクは, 一さい苦情の, 一人前の, 一向不審, 一向面白く, 一年と, 一度階段, 一滴の, 一目で, 一行の, 丁寧である, 万事この, 丈八郎には, 三千代は, 三時間半に, 三返行っ, 上手な, 下へは, 下町情調が, 不純である, 不足を, 世間を, 中学校へ, 九十郎が, 予定の, 二ヶ月も, 二人だけで, 二十銭は, 二時間も, 二階へは, 人だ, 人は, 人形が, 人臭いよう, 人間を, 今と, 今までの, 今度は, 他の, 他国の, 仰有ること, 伊賀訛りで, 会って, 似たり, 体温の, 何でしょう, 何んにも, 何物かが, 依然として前, 便所に, 信長公の, 俺の, 傍観者の, 僕たちは, 兄さんに, 兄の, 先生先生と, 免れない, 全く油断, 兵部は, 其処を, 処方書を, 出すべき手紙, 出逢わない, 分らぬもの, 列が, 別物でしょう, 前の, 助ります, 動かない, 勝つ見込み, 医者は, 十年後には, 南国らしい澄み透った, 危険の, 参ちゃん参ちゃんで, 受取る時, 古い形, 只田舎, 可愛がられると, 合う服, 同じくりかえし, 同じな, 同じ口上, 同じ姿, 同じ話, 同一く, 同様に, 向こうで, 君達だけが, 周囲と, 品物が, 喧嘩ばかり, 噛まれて, 四里以上ある, 国情を, 土産に, 坐禅を, 壮士が, 売れなかった, 変えないこと, 変りありません, 変る途端, 夏行っ, 多勢ある, 大きな屋根, 大ガタガタ, 大丈夫元の, 大分丁寧な, 大小を, 大戦後は, 大概似た, 天草女の, 太郎を, 夫婦な, 女性である, 女房の, 好いまた, 好い日曜, 始終我帝国, 嫋々として, 子供に, 子細は, 学士院が, 安心だ, 宜いでしょう, 宜しゅう御座います, 家も, 家庭らしくなりました, 寂しかった, 寄宿舎の, 寝て, 小さな髷, 少しで仕上, 尚更ない, 尽きる様子, 居なかったろうが, 屋根裏に, 山は, 山また, 山深く, 屹度印度へ, 島田虎之助の, 川下へ, 左様だろう, 差支えあるまいと, 差支えないと, 差支が, 帰還する, 平家の, 平然として, 年代史的に, 床の間の, 引返させること, 弾は, 当座は, 影も, 彼に, 彼の, 彼女の, 彼等自身以外の, 得るところ, 御勉強, 御宅, 心は, 必ず俥, 志を, 快く自分, 思索は, 悪くない, 悪びれさせないだけの, 惜しくない, 戦争しない, 所謂異国の, 手遅れや, 招いた方, 捕まらない, 授業時間に, 故障なく, 数日しか, 文女が, 新たに, 日の, 日本国でない, 昔の, 昨今相馬殿の, 時々光る, 時間として, 暗黒の, 最初の, 朗唱に, 本当の, 村の, 来訪者が, 松ばかり, 果てしの, 柿ばかり, 森の, 構わないと, 横町は, 機械に, 歓迎を, 正月は, 死んだあと, 残る一人, 母を, 気付かないで, 水地ばかり, 水源に, 決してインド, 決して尻, 決して道草, 油断せず, 泊めて, 泥棒は, 流行る徳川, 海が, 海野三千雄で, 淋しい一人身, 混雑するでしょう, 清水の, 満員ばっかり, 灰の, 無代だった, 無駄かも, 無駄である, 無駄足だ, 煙管を, 熔岩流を, 爪弾きを, 特別めい, 独立の, 生命が, 田舎まわりの, 男子の, 町だった, 番頭や, 白い小, 皆三百年, 益は, 目立つ, 直に向き合う, 相当に, 相手は, 真面目に, 矛盾である, 知らずに, 知らない知らないで, 石の, 砂っ, 研究費が, 私お父つぁんに, 私身体の, 種馬にばかり, 空想の, 突き当りません, 竜泉寺の, 箱根笹の, 米の, 紅白二つの, 終わらない代物, 絶えず嘲ら, 綺麗だ, 美事に, 義貞の, 聴える, 職業に, 肩ひじ怒らした, 胡麻の, 腹の中まで, 自分で, 自分自らの, 自然は, 自身では, 舞台の, 色事が, 花ばかり, 若い丈夫, 若し相手, 草の, 落ち付いた, 落つか, 葺くの, 藩中不平の, 行々子には, 行かなくても, 行き止りは, 行き着くまでは, 行ける, 行った夜, 裏の, 西洋の, 見たいが, 見ないよう, 見られないだろうな, 見られぬはず, 見られるから, 見られる出来ごと, 見ること, 見出し得まい, 覚えて, 親戚へ, 解釈上の, 許しません, 誰とも, 誰にでも, 誰人も, 諸国の, 負傷者で, 買われませんから, 赤色花の, 跳ね付けられて, 身の, 車掌の, 辛抱が, 近付くこと, 追い出されそう, 退屈する, 通ります, 逢う当, 逢って, 遅くは, 道は, 道路が, 遠い山々, 部分的な, 都合の, 野は, 野薔薇が, 金は, 釣ること, 鎚音の, 長かった, 間に合いません, 関西から, 附きまとって, 陽氣な, 際限を, 離れること, 難所切所は, 電報一本で, 霧茶店で, 面会せず, 面白そう, 頼まれて, 食う道, 食を, 餌に, 馬鹿囃子位の, 驚くだろうけれども, 髪結床へ, 魚も, 鳩は, 鹿も, 鼻の, 鼻ッつまみの

▼ 行ったり~ (877, 2.8%)

245 来たり 86 して 64 した 29 こっちへ 14 きたり 12 するの 10 すること 9 すると 8 する, 戻ったり 7 左へ 6 したの 5 したもの 4 こちらへ, したが, したこと, しました, するが 3 何か, 帰ったり, 持って

2 [16件] かえったり, したけれども, した頃, しては, しながら, しましたが, するとき, する電車, その帰り, 停車場まで, 山登りを, 岩片の, 後へ, 日本へ, 映画を, 禁止し

1 [313件] ああこの, あの頃, あまり意味, あるいは内職, あるいは見慣れぬ, ある夜, ある独逸, いきなり喧嘩, いろいろ手を, いろんなこと, いろんな目, うろうろし, おそば屋, おひろの家, おめかしを, おもしろい方, お台所, お宮の, お食事, くるくる廻っ, こうして道灌山, こっちの, これから四五日, ざんざめいて歩き廻っ, しただけ, したでしょう, したので, したらあれ, したん, したんでね, した事件, した妲妃, した方, した時, した民子, した特殊, した男, した瞬間, してさ, してな, しても, しとるのに, しない, しぼったタオル, しまいには, しまして, しますから, しますと, すべて日常の, するから, するこの, するたびごと, するため, するだけ, するついで, するという, するには, するのよ, するん, するナイビテート, する人, する人物, する人間, する仕事, する度, する時, する気持, する船, する見上げたSPORTY, する訳, する費用, せきとめられたり, そっと研究所, そのころ, そのため, そのほか, その上, その町, その程度, その著書, その連中, そろそろと, そんなこと, たいへんな, たちまち豪奢, たまには, だ, ちゅう, つまらないいたずら, でなければ百姓, とかく若, どうしてもだめ, どうしても猿公, どうも妙, どこまでも, どろだらけ, なお普通人, なかなかコマメ, なさいますの, なんだか知らぬ, ふいに, ぶらりと散歩, まあそう言った, まごまごした, またこの, またたく間に, またはちょっとした, また僕たち, また城, また娘, また或いは, また戻っ, また朝延, また病人, また音楽会, まるで阿呆みたい, もうどうしていい, もどったり, よく花, よたよたと, わたしの, イ, イな, ウエスタンの, オカマが, ガタガタと, コーヒー店には, サラディンの, ストランドへ, ヂェンニイ・リンドの, フィラデルフィアへ, ペラペラと, ヨットに, ヨハン様を, 丁度よろしい, 上京し, 上野近くに, 中華民国に, 人と, 今日婦人の, 伯母さんの, 住吉方面へ, 何も, 何や, 保土ヶ谷へ, 信州まで, 修繕し, 俳句を, 借金を, 元の, 兄の, 公使夫妻の, 其他の, 冬に, 別に, 勤め人だったら, 北側へ, 又は何となく, 又は文化式, 又他, 又思いがけぬ, 台所で, 台所に, 同情し, 君が, 吾子の, 告別式に, 器械が, 四ツ谷へも, 団子屋へ, 国学者仲間に, 土地の, 堤の, 外の, 夜の, 夜は, 夜中に, 夢という, 大きな躯, 大坂, 太いステッキ, 夫婦で, 如何にも夢遊病者, 子供を, 子供等の, 子供達の, 学問を, 実家へ, 宵に, 小屋の, 小説を, 少しの, 少しは, 就中当の, 居ても, 届かなかったり, 山に, 岩かけの, 左に, 床の間に, 店へ, 廊下へ, 建碑の, 弟を, 役所へ, 後ろへ, 忙が, 念仏に, 恩師を, 息を, 恵比寿台所と, 意味なき, 戦いに, 扉の, 押し合う群集, 招いたり, 政策の, 新吉の, 新橋に, 新聞社へ, 旅に, 日本物の, 昔は, 時々彼女, 時と, 景気が, 書物や, 朝から, 朝夕峠を, 本を, 来させたり, 来たりという, 来たりに, 来られたり, 東へ, 松の, 松竹見, 果物を, 歌を, 此方へ, 歩き廻る, 死なない人間, 水をのみに, 水瓶に, 水車小屋の, 池の, 沖縄や, 泊りがけの, 泣きごとを, 洋傘を, 活動へ, 派出婦に, 浜屋で, 海岸へ, 温泉へ, 潜りながら, 炊事場へ, 父と, 牛御前へ, 物置の, 犬や, 生活の, 田辺哲学が, 目まぐるしく勇み, 相州の, 相当まごついた, 相談の, 眼も, 知人に, 石川を, 神田の, 神社仏閣に, 突撃蜂を, 約三十分位, 縁側に, 聟を, 臆病らしい, 自分の, 自転車に, 芋や, 芝浦い行っ, 若草山に, 茶屋酒も, 落ち葉を, 落語を, 薪を, 蝋燭の, 裏門の, 裾野中探し, 見たくも, 親しい近所, 誘い合わせて, 路地を, 近くの, 逃げようか, 這入って, 進んだり, 遊ぶこと, 道具の, 配給ものを, 重湯に, 金持ちに, 銀座通や, 長く宅, 門口へ, 開けない部屋, 階下へ, 隣のを, 青年の, 静子を, 音楽を, 頬杖に, 髪結床へ

▼ 行っては~ (363, 1.2%)

6 いけない, いけないと 5 いけないよ, いけません, いけませんよ, どうだ 4 いないの, ならない 3 いかん, どうか, ならないと, なりません

2 [16件] いけないの, いけない行っては, いけませんと, いなかった, それを, どうかと, ならねえこと, ならん, クルリと, 何か, 土の, 帰って, 往復が, 息を, 泣いた, 物見を

1 [279件] あいつは, あなたに, あの掛額, あぶない, あんまり俺, いかぬ陸上, いけな, いけないかい, いけないでしょうか, いけないという, いけないとも, いけないので, いけないよう, いけないよと, いけない少なく, いけない等々, いけない置いて, いけない返事, いけなかったと, いけません行くと, いたが, いつも棒, いない, いないだろう, いないという, いないはず, いないらしい, いや, いやだ, いやよ, いよいよ袋詰め, いられない, いるが, いるがネ, いるがネと, いろいろと, おさまりが, おやしき, お志, お玉さんを, お見せした, お追従, かえり茶色甲冑, かえり行っては, かさ, くださいませんでしょうか, くださらんの, くれずひょいと, くれなかった, こづき廻される, この, このうなぎ屋, この人数, ご自身, しゃがんで, すべりこっち, そこから, そこらを, その, その亜流, その帰り, その強い, それこそ, それと, それとなく様子, たずねましたが, たとい父, つき当り, とても口, とても成立たぬ, どう, どうでしょう, どうです, どうでも, どこの, ならないの, ならない危険, ならない行かないが, ならぬこの, ならぬと, ならぬという, ならぬとも, ならんぞ, ならんとも, ならんよ, なりませんそっち, なりませんぞ, なりませんよ, なんだか変, ぬかるみに, ひたすら植物, ひとりの, ぶっかけ, まずいと, また, またし, またマント, また戻っ, また片足, また突然, また駆け, まるで嬰児, まるで方角, みつかって, むなしく家, むなしく引返し, やめるから, やらぬぞ, よくない, よく帰り, よく火, よく遊ん, よしやろう, よろめき二足, わるいん, アザラシに, シドミの, ドウかな, 一きれ, 一人, 一切の, 一向面白く, 一本二本と, 上杉家へ, 上杉治憲当時賢君と, 下さりませぬか, 下の, 下駄で, 二日休む, 亥刻, 人知れず愉快, 伊達家へ, 伝道の, 伸子は, 佐竹家へ, 何の, 価値の, 倒れるの, 先刻の, 先生の, 全く出来ない, 八五郎が, 八歩かえり, 八郎が, 冷かされこっち, 刑罰の, 別所家へ, 十日半月と, 千年や, 半治さん, 南部家へ, 危ない, 又滑っ, 友次郎兄哥の, 古代の, 向うに, 呉れまいか, 唱歌を, 困ります, 困る, 困るじゃ, 坑長の, 墓石に, 大変だ, 大変です, 夫人に, 宴会の, 専らウイスキー, 尼子家へ, 山に, 師匠の, 帰りに, 帰り帰り, 年一杯も, 弄りもの, 強請がましく, 徳川治貞米沢へ, 心づかなかったこと, 怨めしそう, 恥ずかしい目, 悪いと, 悪い姉, 戸が, 拙い, 拙いじゃ, 教えて, 敵弾の, 文を, 斉彬に, 方角が, 施を, 旨そう, 普通でない, 景陽岡に, 書いて, 検索表と, 止め首, 死んで, 毛利家へ, 水の, 水を, 泊って, 泊り朝早く, 泣いて, 洋杖で, 浮田家へ, 消えするの, 消え行っては, 混乱する, 済まぬと, 済まん事, 源氏に, 焙られて, 無縁の, 無遠慮でない, 無駄話を, 独りの, 独り楽むのでした, 玉突を, 異党, 痛い悲しみ, 皆やめ, 皆同じ, 盗んで, 目立って, 相手が, 真実に, 石に, 砂金を, 神様の, 神経的に, 私の, 私は, 立ち行かないと, 竜造寺家へ, 笑われて, 米と, 細川重賢紀州へ, 終日クララと, 組み伏せる, 結城家へ, 結局また, 結局小次郎は, 絵を, 置土産を, 義理が, 老母も, 肝心の, 良い値, 色々の, 芝居風で, 花を, 苦痛な, 草を, 蘆名家へ, 行き迷, 見ないけれども, 見られないだろう, 親類では, 話す間, 讃美歌を, 賽を, 足が, 迷惑といった, 追いつかれるに, 途中の, 道が, 部屋の, 酒を, 里見家へ, 金が, 長い時間, 門の, 面白くない, 顏や, 食事中だ, 馬の, 麦刈り草刈りを, 鼻を

▼ 行ってから~ (244, 0.8%)

3 自分の 2 お島, からだは, 彼は, 振返って, 数日を, 私は, 鉄路の, 顔を

1 [225件] あと, あとで, あまり作品, あんまり飲まず, いきなり校旗, いくらでも申せ, いつもの, いやでも, うしろから, おきの, おされるよう, おっ母さん, お島たち, お庄, お米, お銀, かこう, きゃアぱア, くるりと, こういうこと, こう云った, ここへ, こちらを, こっちで, ことし九年ぶりに, この女, これでも, これに, して, しばらくし, すぐ立ちどまっ, すっかり人間, すでに久しい, そっと球根, そのあと, それを, だった, だんだん直覚, であった, であったろう, でないと, でも, どうした, どんなつらい, どんなにため, のちなにか, はっきりと, ひとつゆっくり, ふつかめの, ほんとうに, またあたり, また彼, また水, まだ一晩, まだ二時間あまり, まだ馳せ戻っ, まもなく, まる四年, もうどの, もう三カ月以上, もう三月, もう二年近く, もう四カ月, もう大分時間, もと宏子の, やがてお, やや長い, ゆっくりお話, ゆっくり考え, ようやく気, ようやく話, わしは, エヘンと, サンドウィッチを, サンドリヨンは, ボートの, ミハイルアウエリヤヌイチは, 一同は, 一層達者, 一年も, 一月二月は, 一緒に, 一言も, 三十分ばかり, 三日目に, 三日目には, 三月も, 下へ, 与る, 両手で, 主柱, 九日にも, 二三日しか, 二三日以内に, 二人で, 二口三口で, 二度ほど, 二度崩れました, 二日立つ, 二時間ばかり, 井谷は, 今日まで, 以来若い, 会ったか, 会津と, 伸子は, 何うし, 何年目に, 何気なく振り, 俄かに, 俄然自白, 保土ヶ谷へ, 倒れろ, 僕と, 先刻の, 全く一年, 出版した, 初めて気がついた, 別に, 十分に, 十日と, 半年たつ, 半年ばかり, 半時間とは, 又ミハイロブナ, 又一しきりいろいろの, 友釣に, 右の, 右手の, 同じよう, 命令しよう, 和一郎小枝つや子と, 哲学を, 嘴で, 四半刻, 四日目の, 変な, 夕陽丘女学校が, 始めてじゃ, 娘は, 子供に, 安井に, 家の, 家へ, 小半月, 少しは, 少しばかり, 少し人間, 峠の, 工場主は, 席へ, 帰って, 幸いに, 幾分か, 廻れ右, 後とは, 後も, 後を, 従姉は, 思いッきり手帳を, 急に, 振返り岡田, 掌を, 散々ひどい, 数日過ぎ, 新吉は, 日本では, 日比谷の, 時経つ, 暫くの, 更に大いに心, 書物の, 母親は, 毎夜宇治は, 毒薬と, 気が, 気がついて, 気の毒な, 水泳を, 江西省の, 混雑を, 漸く繁み, 父親の, 生不動一まき, 着るもの, 社長に, 私が, 立ち止まった, 笹村は, 節子に, 続いて, 続けること, 美術閣での, 考えて, 聖書などに, 若しも何処, 苺を, 葉書を, 著る, 藤吉郎は, 裂罅の, 親方に, 角, 言いたまい, 言うもの, 詠まれたもの, 話す, 話そう, 詳しく知った, 足かけ六年内地は, 軽便鉄道で, 重症の, 鉄の, 銘々判読する, 間も, 間もなく一団, 間もなく其処, 間もなく女, 間もなく娵, 間もなく私, 間もなく籍, 間もなく西洋蝋燭, 雀追い, 高橋さんが, 鼓村さんは

▼ 行ったって~ (188, 0.6%)

4 仕方が, 何が 3 いいじゃ 2 仕様が, 何に

1 [173件] あいつの, あたしの, あの手並, あまり貸し, ありゃしない, あるもの, あろうじゃ, いいが, いいけれども, いいところ, いいん, いけない, いけないという, いないこと, いやでも, うしろを, えいさ, えたいの, おしまいには, おちおちしなく, おもしろいこと, おんなじな, かまうもん, かまわないところ, かまわないよ, きっと気, きっと追, これだ, こんないい, こんなに悲し, さしつかえねえ, しかたが, そういい, そういう徴候, そうざら, そう云っ, そう変る, そしてすぐ, それは, だめだ, ちっとも楽しく, ちっとも面白い, つまらない, つまらないから, つまらないが, つまらないさ, つまらないでしょう, ないわけ, はなも, まさか賊, めったには, もてやしませんよ, やはりなん, よろしいの, わかりませんよ, バレる気づかいが, ムダだ, モウ駄目よ, 一升餅持っ, 一年も, 三十円は, 三途川で, 事を, 二ツ返事でしょう, 人っ子一人居やしません, 人と, 人の, 人情に, 人間は, 今の, 仔細は, 会えるもん, 何か, 何にも, 何を, 俺は, 働かずに, 僕たちには, 先方で, 其じゃあ, 出るもの, 効験が, 勤まりそう, 匂いでも, 可愛がられやしないやねえ, 叱られちゃったところ, 同じこった, 同じこと, 同じです, 同じでねえ, 同じ戦い, 向うでは, 大した違い, 大丈夫だ, 大戦争, 始まらない, 宜かん, 家風に, 差支えないでしょうと, 差支は, 当り前だ, 役に立ちは, 御心配, 御斎, 御門を, 御飯ぐらいは, 悪い事, 我慢出来っこねえ, 所詮効, 提げられやあせん売ったって, 昼間は, 来るはず, 東京よりは, 果しが, 格別面白く, 構わないじゃ, 武装した, 歯が, 死ぬとき, 死ぬもの, 残るだけ, 殺されるもの, 泊める処, 済みっこありませんね, 災難に, 版で, 物の, 猿は, 甘い仕事, 目白より, 相当に, 矢張青い, 祇園だ, 立派に, 結局同じ, 続いてるん, 繩を, 聞いたけど, 聞いた時, 職を, 自分一人くらい, 芝居へ, 行かなくたって, 行かなくったって, 話が, 読めないから, 誰が, 誰の, 賃金が, 足が, 返り討ちに, 迷惑する, 這入れる気遣い, 野は, 長く勤まる, 間に合いませんぜ, 間に合うめ, 際限は, 雑作なく赤い, 面会所から, 面白いこと, 面白くない, 面白くも, 面白可笑しく, 鞄を, 頂きやしません, 食い物に, 食うもの, 食えるもの, 食べるもの, 駄目だ, 駄目な, 驩迎される

▼ 行っちゃ~ (111, 0.4%)

6 いけねえ 5 いけない, いけないの 4 いやよ 3 いけないよ, いけませんよ 2 いけねえよ, いやだ, アいや, 工合が, 待ちこの, 日が, 駄目です

1 [71件] あんまり欅, いかねえ, いかんぜ, いかんと, いけないかしら, いけないこと, いけないと, いけないのよ, いけないわ, いけない田村, いけなくって, いけなくて, いけねえぜ, いけません, いましたよ, いましょうか, いや, いやあ, いやいや, いやです, いやなに, いやねえ, えテン, おしまいだ, だめじゃ, どうだ, どうでしょう, どうです, なぜいけない, ならねえよ, ならねえ匕首, ならねえ岡, ならねエよ, ならん断じて, ひと仕事, ァ穏やか, アいけない, ア危ない, ア厭だ, ア困ります, ア掴まる, ア遅い, ア駄目だ, ダメよ, ペパミントの, 不可ねえ, 不可んじゃ, 仙太兄哥に, 何冊でも, 何度も, 兄さんなんか, 危険だ, 反って, 困るぜ, 失礼だ, 帰りちょうど, 帰り行っちゃ, 御迷惑, 悪いの, 打ちこわし, 済まないから, 生意気に, 矢代さんに, 職人で, 見えねえでは, 詰まらないよ, 逃げまわって, 遠吠えを, 間に合わねえ, 食えないから, 駄目よ

▼ 行ってからの~ (32, 0.1%)

3 生活で 2 ことを

1 [27件] いろんな人達, お久美さん, ことで, ことである, ことでした, ことな, ことは, こと一向, この数年間, 下宿なぞを, 事ばっかりを, 仕事だった, 処分と, 半蔵の, 学資について, 成否が, 捨吉は, 描写は, 桶を, 楽しさ, 生活については, 用事に, 相談だ, 節子は, 行動は, 行動を, 身の上を

▼ 行ってからは~ (26, 0.1%)

1 [26件] いよいよ鬱屈, この世での, とくに個々人, どうなった, どうも失敗, どなたに, よくあなた, 一層気, 与平は, 別に新しい, 去年の, 名も, 呼ばれて, 平生でも, 彼女の, 思う存分可愛, 春山和尚との, 最左翼的色彩, 東野は, 深山と, 私は, 純粋の, 菊女は, 誰も, 貸家にも, 青柳が

▼ 行ってからも~ (24, 0.1%)

2 彼は

1 [22件] しようか, そればかりが, とかく民子, キンキンと, ドクトルは, 下宿の, 出迎えを, 別にせかせかせず, 少しも, 岸本は, 折に, 時々は, 時々媾曳, 毎月欠かさなかった, 浅井が, 浜屋の, 相変らずで, 社員は, 笹村の, 胸の, 芝居小屋に, 行動は

▼ 行ってね~ (20, 0.1%)

1 [20件] あなたの, あの門, えとあっ, お島, さっき取りこんだ, そいで, そう云っ, そりゃゴタゴタ, たまえ, ちょうど天気, また一席, やっぱり阿賀妻さん, 一寸目位の, 余っぽ, 僕からと, 先ず初め, 先ず私, 先達ての, 夜遅く, 言うよう

▼ 行っての~ (18, 0.1%)

2 帰りらしい

1 [16件] お国許, そっとその, アイスクリームを, 上で, 上の, 噂が, 帰りその, 帰りだ, 帰りに, 帰り途でやした, 帰途道具倉庫の, 戻りに, 次第を, 気候や, 相談だ, 荘厳さは

▼ 行っ~ (14, 0.0%)

3 いでよ, くれ, くれよ 2 くれやす 1 くれったら, くれって, くれやすと

▼ 行っちゃあ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いけない, いけないという, いけねえ, いやよ, いやーと, どうだ, どうだい, 大谷原や, 娘の, 尼様を, 気の毒だ, 立って, 送って

▼ 行ってしも~ (12, 0.0%)

6 うた 1 うたし, うたそうや, うたよ, うた土方は, うて誰, たのんで

▼ 行ったりなど~ (7, 0.0%)

3 した 1 したが, したら一代物笑い, したら武蔵, しないよ

▼ 行ってこそ~ (5, 0.0%)

1 はじめてその, はじめて大いなる, プロレタリア文学は, 多少の, 美しいの

▼ 行ってな~ (5, 0.0%)

1 今日の, 内の, 大工さんの, 常陸屋の, 此の

▼ 行ってや~ (5, 0.0%)

1 がったっ, がったん, がるん, はらへ, ッと

▼ 行ってよ~ (5, 0.0%)

1 うく頼ん, おかしいから, 何とかいう, 早く, 汽車の

▼ 行ってさえ~ (4, 0.0%)

1 くれれば, 崖から, 頑として援兵, 黙ってるくらい

▼ 行ってまで~ (4, 0.0%)

1 あなたと, うちの, したくない気, 旧弊を

▼ 行ってもよ~ (4, 0.0%)

3 ござんす 1 ござんすがね

▼ 行っただ~ (3, 0.0%)

1 あことに, がら今年ぁいいだなぃがべが, なんてまっさきに

▼ 行ったりなんか~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 行っちょ~ (3, 0.0%)

1 ったか, ってか, るかい

▼ 行ってと~ (3, 0.0%)

1 そう思いまし, どこおりなく, 思ったらそこ

▼ 行ったらしく~ (2, 0.0%)

1 聞こえなくなって, 見えたので

▼ 行ったりは~ (2, 0.0%)

1 しなかった, しませんでした

▼ 行っていう~ (2, 0.0%)

1 ことには, 有名な

▼ 行ってからが~ (2, 0.0%)

1 実際思われる, 心配に

▼ 行ってからと~ (2, 0.0%)

1 どっちが, 帰って

▼ 行ってからという~ (2, 0.0%)

1 ものぴったり, もの同輩みた

▼ 行ってからに~ (2, 0.0%)

1 しましょうよ, しようじゃ

▼ 行ってけ~ (2, 0.0%)

1 つかったの, つかるがん

▼ 行ってべ~ (2, 0.0%)

2 こは

▼1* [31件]

行っはありゃしない, 行ったちゅが去年の, 行ったちゅう話でがし, 行ったってどいつもこいつ, 行ったってのたれ死は, 行ったっても宜え, 行ったりさえしました, 行ったりとこのあいだママ薯, 行ったりなんぞすると, 行ったりもした, 行ってかがみこんで, 行ってかの女と, 行ってかべのほうを, 行ってからだって大分に, 行ってからでも見に, 行ってからとでだいぶ違っ, 行ってさこの女, 行ってすらも今日失敗に, 行ってだけはつく, 行ってちゃあんと, 行ってでもいるの, 行ってという処か, 行ってねエ先生ンとこで, 行ってはの百二十一の, 行ってはばッたり, 行ってばかりもいられまい, 行ってまでも泥を, 行ってもと来た方, 行ってもなもしを, 行ってよと言いだすの, 行ってナうちに