青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「萩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 菩薩~ 華~ 華やか~
萩~
萬~ ~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~ 落す~ ~落ち 落ち~

「萩~」 1523, 15ppm, 7622位

▼ 萩~ (490, 32.2%)

15 花が 11 花は 10 舎の 9 花を 8 花の, 餅を 74 中に, 枝に, 花むらを, 茶屋の, 葉の, 門の

3 [11件] 一枝に, 千松の, 小枝, 方や, 枝もとををに, 枝を, 舎門下の, 花と, 花も, 袖垣し, 露

2 [45件] うら葉, うら風, くさぐさを, こぼる, しきりにこぼれ, しげみが, しげみに, すだれ, その初, はな, ような, 上に, 中垣荒れ, 勢ひ, 原, 叢の, 古枝, 咲いて, 四五株しか, 城下も, 家先生が, 影に, 戸のへ, 株が, 根に, 根元に, 猪之, 白い花, 繁みの, 繁りが, 舎に, 舎へ, 花くれぐれ, 花ざかり, 花で, 花サそんな, 茂みを, 茶屋に, 葉を, 葉毎には, 袖垣に, 間で, 間に, 露かな, 面影を

1 [275件] いけて, うしろから, うしろに, うつろひ, うねりが, うわ風, おもかげ, お萩が, ことが, ことで, この気味, こぼるる, こぼれて, しげきなる, しげみなどを, しげみの, しずれに, しだれた池, すこしく乱れたる, そばへ, ために, とぼしき花, なかに, はうも, ひとむら, ふしては, へに, ほそくなまめかしい, やうなる, やうに, わきに, ステッキ鶉豆なぞ, ナヨナヨと, 一叢に, 一句を, 一束を, 一枝を, 一株に, 上の, 上葉に, 上葉をや, 上露, 下こそ, 下も, 下葉, 下辺から, 世帯, 中の, 乱るる, 二役を, 五倍も, 人だった, 人だつた, 人の, 人吉田松陰は, 伏枝を, 俺の, 側には, 傍へ, 兄弟衆お, 切株五六十あり, 刈株寸ばかりの, 初花, 前, 前に, 千松にな, 原でも, 叢が, 叢に, 叢生した, 古枝に, 句, 句の, 名と, 咲き乱れた庭園, 咲き散る, 咲くこの, 園と, 坊主株が, 城下に, 城主三十六万九千石毛利大膳大夫様で, 城主毛利輝元の, 外から, 天井です, 如きも, 字では, 字は, 字も, 字を, 実が, 実録とか, 客人から, 宴の, 家が, 家を, 容態の, 小さな花束, 屋門下の, 山辺の, 岩国屋敷の, 差しのべる手, 床下が, 序幕, 庵, 御門この, 忠臣片岡外記は, 撓やかな, 政岡でも, 政岡といった, 政岡の, 散りの, 文句を, 方は, 方へ, 旧枝, 早咲, 月, 枝か, 枝が, 枝で, 枝などは, 枝などへ, 枝や, 枝大方折れし, 枝折戸屋根なし, 枯れ叢, 枯葉を, 柴折戸だ, 柴折戸金目垣などと, 柴折戸金目垣木立が, 栞, 株に, 株の, 根いつでも, 根かぶ, 根が, 根などを, 根の, 桜漬も, 植え込みの, 植った, 植込おしろいの, 植込みが, 植込みの, 様子を, 此引馬野には, 死が, 殿様が, 河豚党は, 泥を, 流れに, 港までは, 現在の, 生えたと, 生えた赫土, 町とは, 盛りかな, 盛りといふ, 短い小さな, 笠島なども, 箒を, 簀戸を, 籬で, 素姓も, 細杖に, 絵は, 絵や, 編籠銅羅甕壺徳利紙銀細工竹細工扇子団扇櫛など, 繁りたる処, 美を, 老木は, 背の, 臙脂乱れ, 舍が, 舍の, 舍中島の, 舍先生と共に, 舍塾で, 舍大人落合直文先生の, 舍巴戟天舍二先生の, 舎, 舎が, 舎では, 舎号を, 舎塾という, 舎塾の, 舎門下としての, 花かな, 花さきに, 花さく溝の, 花ざかりだ, 花ざかり同勢集め, 花ずり, 花ちりこぼる, 花ちる, 花でなく, 花として, 花とも, 花などは, 花なら, 花については, 花に対して, 花ぬける, 花を以て, 花及び, 花咲く, 花壇の, 花女郎花もしくは, 花妻と, 花妻名誉の, 花尾花葛花なでしこの, 花房が, 花散りつくしぬ, 花散る, 花枝である, 花清香閣の, 花瓣も, 花追, 芽と共に, 芽に, 芽摘みし, 若芽から, 若葉に, 若葉の, 若葉は, 若葉を, 茂った小径, 茂って, 茂みから, 茂みで, 茶屋と, 菩提寺天樹院に, 葉が, 葉に, 葉も, 葉叢を, 葉末に, 葉白き, 薄彩色, 袖垣から, 袖垣を, 裾を, 裾模様の, 足もとへ, 軟かい枝, 透き通るよう, 遊びせ, 運命も, 道に, 野趣を, 長者といふ, 長虫いじりが, 長虫遊びに, 門か, 間から, 雨, 露や, 露よ, 露拾はば, 鞭が, 顔が, 餅さえ, 餅そばなどの, 餅とを, 餅に, 餅の, 餅は, 餅や, 餅やら, 餅よりも, 養子を, 馬場に, 馬飛騨の, 黄葉である, 黄葉は

▼ 萩~ (168, 11.0%)

65 の顔 4 と菊女 3 の手, はこう, は床

2 [15件] がいた, の一生, の姿, の心, の書いた, の胸, はうつろ声, はそう, はその, は何ん, は叫んだ, は声, は大, をし, を誘惑

1 [114件] あのよう, から離れ, がそんな, がぼんやり, が以前, が可愛く, が情深い, が明暦義党, が普通, が書いた, が甦った, が苦しめられ, が茫然, が誘拐, じゃ悪漢ども, ではあった, とは一頭, とを乗せた, と右内, にとってのこの, にはそんな, に向かっ, に対してはただに, に対するということ, のその後, のよき, の一行, の冠, の前, の命, の宥免状, の情深い, の態度, の方, の決心, の生命, の痴呆状態, の眼, の肩, の苦痛, の足, の身, の身の上不便, の首, はあれ以来行方不明, はあわて, はここ, はこの, はそっち, はそれ, はほとんど, はフーッ, は一向, は不快そう, は人々, は他愛, は全く, は全身一刹那, は助け, は叫ん, は土間, は坐り, は夢中, は大事, は大声, は女装, は娘, は嬉し, は思った, は怪訝そう, は恐怖, は手, は櫃, は無造作, は痴呆, は痴呆状態, は眼, は素直, は菊女, は虫部屋, は足, は躊躇, は近習, は返辞, は部屋中, は露路, は面食らっ, ばかり守っ, へ強いた, へ握らせた, へ渡した, へ躍りかかった, へ飲食, ももちろん, も奪い取られよう, も家, も雀, をその, をたらし, をも加え, を人, を側, を前輪, を取られよう, を坐らせた, を守っ, を民弥, を浅草, を渡した, を目ざし, を認め, を誘拐, 君も, 様に

▼ 萩~ (95, 6.2%)

11 咲いて 3 人の 2 いいという, さかりだ, 上ぞ, 咲きみだれて, 描いて, 花ま, 花散る

1 [67件] あります, ある, いまだ咲い, うれしかつ, おもはゆげ, こぼれて, こぼれます, こぼれる, こぼれるほど, さき女郎花, したや, すきか, すすきがけふ, ただただうらめし, たわ, ついて, ほのかに, ぼつぼつ咲き初めた, またこの, もうここ, もとと, 一株もう, 一番好きだ, 上も, 上を, 下葉, 中, 乱れ咲き柿, 二つ三つ, 今も, 先ず衰え, 原, 叔父たちの, 取りつくろって, 古枝に, 咲きこぼれて, 咲きだして, 咲き葛, 多い, 奔放に, 径へまで, 忍んで, 散るという, 来て, 来ても, 殊にうつくしい, 濃やかに, 無いという, 眞晝の, 真昼の, 絵の, 繁り芒, 花, 花ずり, 花ずりうつろへば, 花を, 花咲ける, 花妻, 若芽を, 葉を, 葉毎, 葉毎葉毎に, 蕾んだ曼珠沙華, 話を, 長く延び, 露の, 青空の

▼ 萩丸様~ (87, 5.7%)

6 を誘拐 2 は, をここ, を奪っ

1 [75件] から宥免状, が, がまだ, が大好き, が誘拐, ご無事, さあさあこっち, だ, でございましたのね, というよう, という十八歳, とを我ら, と宥免状, などどう, などを誘拐, にご, には他, には文字, に宥免状, に無理, に異変, に相違, に筆, に邂逅, のい場所, のお, の命, の命大切, の引き渡し, の御身, の文字, の書いた, の無残, はどう, はなく, は仔細, は犠牲, は申す, もお, もつれて, も何, も青塚, をお, をおのれ梶子, をお守り, をお返し, をこの, をご存知, をさがし出し, をし, をなお, を人質, を元, を党, を取り戻そう, を取り返し, を取り返す, を和歌山城下, を奪いました, を奪い取っ, を姉小路様, を守護, を当方, を惨殺, を抱え, を捕えました, を擁し, を敵方, を易々ここ, を残し, を紀州表, を連れ, を騙しすかし, 殺そうと, 決して貴

▼ 萩~ (73, 4.8%)

2 なかった, 刈られぬ, 好きな, 眼を, 薄は

1 [63件] あれほど, いかにも恩, いちばん手前に, いつたいいま, いらいらし, きびしい仕置, きれいな, こうは, しおらしくうなだれ, すがれて, それだけ告げる, それを, そんなもの, つまらぬこと, どんなもの, なにを, なよなよと, はや散り, ひとことも, まだヴェランダ, まっさおに, もう息切れ, もう長い, ゆれつつ, わたくしの, わなわなと, 一つ二つ綻び, 一尺ほどの, 二人を, 今を, 伸びはじめた, 何となく好き, 別に欲しい, 十六だった, 咲きぬべから, 咲くの, 夫宇治の, 奴婢曲輪から, 寝台の, 小次郎の, 已に刈られ, 彼の, 憎いかと, 折れて, 捨てがたい, 故郷へ, 昨日宅から, 最早花, 月影を, 機嫌を, 江戸より, 田舎乙女の, 白い花, 相手に, 秋萩でし, 笑いながら, 花盛りである, 蒿, 蜂蜜よりも, 血を, 野に, 黄色に, 鼻腔から

▼ 萩~ (57, 3.7%)

2 刈りに, 咲かせて, 折り芒, 散り過ぎぬべ, 紫に, 見て

1 [45件] いたましむ, いためしか, おこして, くぐつて, ともかく療養所, なびかし此家, にらみつけながら, もうけて, やって, わたる秋, 一ぱいに, 三株買っ, 五六羽で, 分けて, 分け妻, 勤めて, 吹くよう, 妻問ふ, 御重, 念ふ, 折ったり, 持たせて, 採つて, 描き加えました, 旅立て播州加古川, 根分けし, 植えこんで, 植えて, 植る, 植ゑたるに就き, 植ゑて剥寺を, 植ゑて萩寺と, 植替ふ, 流が, 演ず, 発し芸州, 編んだ折戸, 苅りに, 見ながら, 見るたび, 見る俳句生活五十年, 見舞つた, 詠んだ一首, 通り越して, 駅で

▼ 萩~ (37, 2.4%)

3 芒の 2 卯木との, 月

1 [30件] いって, いふと, すすきと, すれすれに, そっくりである, なり鹿, 云う名, 会う機会, 南天の, 呼べば, 唐津は, 字面は, 尾上岩藤が, 山口の, 広島に, 廣島に, 急に, 月かね, 月の, 木犀と, 桔梗は, 添いたかろう跡目, 添寝を, 瓜二つだ, 瓜二つと, 申します, 紫苑の, 茅と, 薄の, 飛雁の

▼ 萩~ (36, 2.4%)

2 すすきに, 庵の, 水だまはね, 目を, 鼬の

1 [26件] うらびれを, かぎる, かくれて, すすきの, なって, ススキに, 一枚の, 今宵の, 伏し薄, 会つてそれを, 似て, 合わせたもの, 吹きよせられて, 対い合っ, 戯るる, 来り藩政府, 歌を, 絡んで, 置く露, 萩さき山蟻の, 蔽われた崖, 跡目を, 近い見島, 長虫遊びを, 隱れ, 雪の

▼ 萩~ (30, 2.0%)

2 女郎花の, 山吹が, 芒が

1 [24件] すすきや, 女郎花などが, 尾花が, 山口の, 撫子の, 柿の, 桔梗の, 桔梗や, 桔梗を, 満天星や, 白樺や, 芒に, 芒の, 芒や, 芒を, 芙蓉が, 芙蓉の, 草花が, 薄が, 薄などを, 薔薇などを, 角力取草が, 酸漿で, 鶏頭の

▼ 萩丸殿~ (27, 1.8%)

3 を虫部屋 2 を連れ

1 [22件] いつ何時頃, おはいりくだされ, かアッハッハ, が, ご機嫌, であろうと, にはお, に他, に宥免状, に対し我ら手, の首, は我ら, は行衛不明, をお守り, をお釣り, を口説きましたなら, を奪い返されましょう, を奪われぬ, を紀州, を説きつけ, 殺された後, 頑として聞き入れませぬ

▼ 萩~ (24, 1.6%)

2 枯れ萱, 薄も

1 [20件] おしまい, おもて, すすきも, ちりました, どうやらいい, なき原, まじれる, またさうである, まだ盛り, 今や咲, 咲かうと, 夏萩などが, 大きくなった, 桔梗も, 消え入りたげな忍び音, 濡縁に, 瞿麦も, 笑ましげ, 芙蓉も, 高原の

▼ 萩~ (21, 1.4%)

2 と稱, の先, の門, を見物

1 [13件] とか申しまし, となし, と云え, にしよう, には萩, に至る, の方, の萩, の近く, は三分, へ寄った, も突, も突っ

▼ 萩さん~ (17, 1.1%)

1 [17件] かあれ, が安心, こうしてこんな, といいます, とおつし, とはまつたく, なら僕, になん, の健康, の実家, の役に立つ, の現在, の病気治療, は一旦, をなんと, を幸福, を心から

▼ 萩丸君~ (9, 0.6%)

1 が若い美しい, との三人, にお, にご, を人質, を介抱, を眼前, を連れ出させる, を連れ出すであろう

▼ 萩之進~ (9, 0.6%)

2 のほう 1 が江戸, というやつ, とやらが残し, の屋敷, は御寝所, は黙っ, を窮命

▼ 萩江鞍馬~ (9, 0.6%)

1 がお力, が三五郎, が其辺, とお, に頼まれた, の世, の手, は分別, は狼

▼ 萩~ (8, 0.5%)

1 おほか, というの, とも侮り, のさかり, のたぐい, の中, の枯れ, の枯伏

▼ 萩などが~ (7, 0.5%)

1 あつて, 水に, 生けて, 見える, 雑草と, 額縁に, 黄紫とりどりの

▼ 萩~ (6, 0.4%)

2 か夫婦 1 そうです, といい, と思つた女, なんて

▼ 萩には~ (6, 0.4%)

2 雀が 1 しかと, しかと頼め, 此聯想が, 関係なく

▼ 萩にも~ (6, 0.4%)

1 つる, どうだ, 丹波の, 女郎花にも, 疑わしい色, 頼み父

▼ 萩~ (6, 0.4%)

1 に斬り, の東郊, の東郊松下村護国山, を一覧, を一覽, を発し

▼ 萩桔梗~ (6, 0.4%)

1 であらう, などであらう, などの助け, などの匂, に微風, は露

▼ 萩桔梗女郎花~ (6, 0.4%)

1 から白菊, などがこの, などの名, などの褄, の若芽, は私

▼ 萩丸様自筆~ (5, 0.3%)

4 の宥免状 1 とは思われぬ

▼ 萩~ (5, 0.3%)

1 にふい, の中, や菅原, を割っ, を明るめ

▼ 萩~ (5, 0.3%)

2 の駅 1 の四挺, の柏屋, は街道筋

▼ 萩~ (5, 0.3%)

1 のこと, の菓子, はもう, は古く, へ入

▼ 萩~ (4, 0.3%)

2 かば, けど

▼ 萩さい~ (4, 0.3%)

1 て, てそこ, てで, てゐる

▼ 萩すすき~ (4, 0.3%)

1 が生い茂っ, ながめまさりぬ道, など絡む, にほふ

▼ 萩女郎花~ (4, 0.3%)

1 などがあった, のよう, を毛彫り, 優しや

▼ 萩~ (4, 0.3%)

1 と目, の立て, へ透い, を透かし

▼ 萩源三郎~ (4, 0.3%)

2 でした 1 の言葉, は如何にも

▼ 萩この~ (3, 0.2%)

2 朝涼を 1

▼ 萩~ (3, 0.2%)

1 なしに, 呼び汚い汚い, 葺いて

▼ 萩どの~ (3, 0.2%)

1 のお, は三之助どの, もたんと

▼ 萩むら~ (3, 0.2%)

1 にすでに, に夕影, の中

▼ 萩ヶ原~ (3, 0.2%)

1 から山道, とあと, に兵馬

▼ 萩~ (3, 0.2%)

2 小路の 1 進医者菊川露斎の

▼ 萩~ (3, 0.2%)

1 にしきり, の彼方, の横

▼ 萩~ (3, 0.2%)

1 と申す, は振り分け, は斯

▼ 萩さき~ (2, 0.1%)

2 てみそ萩

▼ 萩だの~ (2, 0.1%)

1 女郎花だの, 桜だの

▼ 萩でしょう~ (2, 0.1%)

2

▼ 萩という~ (2, 0.1%)

1 のが, のは

▼ 萩とを~ (2, 0.1%)

1 かかえた他, 提げて

▼ 萩など~ (2, 0.1%)

1 ちょっと風情, 五種の

▼ 萩むこう~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 がうらめしゅう, がちいさい

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 すすきよ, 紫苑よ

▼ 萩~ (2, 0.1%)

2 に行く

▼ 萩垣根~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 萩女郎花地楡桔梗苅萱今~ (2, 0.1%)

2 を盛り

▼ 萩寺の前~ (2, 0.1%)

1 で返し, へ出た

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 に行啓, は毛利氏

▼ 萩更科~ (2, 0.1%)

2 の蕎麦

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 という二十一, は地上

▼ 萩桔梗芒葛女郎花~ (2, 0.1%)

2 を隙間

▼ 萩江様~ (2, 0.1%)

1 が十日, どうぞ殺し

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 とてもずっとよくなるでありましょう, の如き

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 へついた, や野

▼ 萩芒日まわり姫日まわり夏菊~ (2, 0.1%)

2 と秋

▼ 萩~ (2, 0.1%)

2 の木垣

▼ 萩~ (2, 0.1%)

1 などどっさり, 我が庭

▼ 萩路どの~ (2, 0.1%)

1 のこと, の御

▼ 萩重ね~ (2, 0.1%)

2 らしい衣

▼1* [165件]

あり後者には, 萩いろんな山の, 萩うるしがもみじ, 萩おもしろし露の, 萩かとも見まがう黄, 萩から博多へ, 萩からの便りで, 萩がちつたり, 萩こうや万年草いちはつ狐の行灯, 萩こえし垣を, 萩さき乱れ野菊また花開く, 萩さき山蟻のゆきき, 萩さく朝風が机, 萩さん僕はやつぱり先見, 萩さん知つて, 萩じつに政岡と, 萩すすき前にはゆるい, 萩すすき観つつ隣れ, 萩すゝき, 萩その小萩, 萩それとも薄か, 萩たでの, 萩たとえそういう機会, 萩だけができて, 萩ださうですと云つて, 萩だにもすぎむとぞするといはれたる, 萩ちやんをぢさん, 萩ちる庭の, 萩ちればコスモス, 萩ていう名前, 萩つつじの株, 萩であったのは, 萩でして右片双, 萩でないか, 萩ではなく丈, 萩との恋でも, 萩のだ, 萩なぞを刈って, 萩なでしこりんどう女郎花などの秋, 萩などの秋草が, 萩などは老人の, 萩などもこの高原, 萩などを拵えて, 萩なる一女性を, 萩なれば, 萩のしたゆくい, 萩のみだれを, 萩はも風多き, 萩ひざまづく, 萩また椿朝顔の, 萩まで刈つ, 萩くしげ殿と, 萩みじかき茅, 萩みだれ小さき社, 萩むら孟宗の影, 萩もみぢの黄色, 萩もをはりの, 萩やらむ月影薄き, 萩ゆえいいえ実, 萩より傑作な, 萩よりも父が, 萩づかに, 萩ショッキがうちきらしくうなだれ, 萩ト云フコトデれんげさう, 萩ドウダンの生, 萩ニ見立テ而カモ蛇苺ノヤウニ土ヲ這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ, 萩ノコトナリ昔ハりト, 萩之ヲ衣ニ摺ルコトヲ詠ンダ歌ハ万葉ニハ其例ニ, 萩一枝石に乗りゐ, 萩中納言の息女, 萩丸事件に, 萩丸女の身, 萩丸様こと青塚の郷, 萩丸様わたしの萩丸様, 萩丸様今日まで我, 萩丸様字の稽古, 萩丸様意を翻, 萩丸様梶子に菊女, 萩丸様痴呆の程度, 萩丸様萩丸様の書いた, 萩丸様誘拐の事件, 萩丸殿何んとされました, 萩丸殿女装なれば, 萩丸殿幾歳でしたかな, 萩丸殿身も魂, 萩丸自筆の宥免状, 萩丸菊女にはこれ, 萩丸誘拐の今度, 萩之進らとかたらっ, 萩二枝を盗ん, 萩ともいふ, 萩代さん居なさるかい, 萩でも奥深く, 萩先ず目に, 萩其の他の, 萩刈る人の, 萩十足湖水の分れ道, 萩受けてあたかも, 萩咲きぬさみだれの, 萩咲き出でたり, 萩咲く秋に, 萩地方行乞の旅, 萩坪先生の歌, 萩城下林某の宅, 萩城連山の陰, 萩墨野花合わせをし, 萩多き故萩寺, 萩女郎花一幅の花野, 萩女郎花刈萱白い花, 萩女郎花地楡竜胆などが取, 萩女郎花嫁菜の花, 萩女郎花雑草にまじる, 萩姫紫苑姫菊の, 萩密柑の分家, 萩へ辿りつく, 萩が手本, 萩床下の場, 萩折りふせて旅寝, 萩擬宝珠木楡が咲く, 萩政岡忠義の段, 萩の松山, 萩枯れむとす, 萩をたい, 萩桔梗すすき女郎花の類, 萩桔梗なかに玉章, 萩桔梗女郎花なんどを三間四方, 萩桔梗女郎花りんどうそういう夏, 萩桔梗撫子もう女郎花, 萩桔梗紫苑女郎花を吹く, 萩桔梗菊芒鶏頭などの秋, 萩植ゑにけりさうし, 萩の魂, 萩模様のある, 萩正に満開, 萩水引鶏頭が次々, 萩江様何んと申, 萩江鞍馬それ以上は申上げよう, 萩江鞍馬絵に描いた, 萩泥洲に蘆, 萩津和野福山に流しました, 萩る, 萩も極めて, 萩犬虱しほん, 萩盗人の少女, 萩盛りなり, 萩真個に幽, 萩等等等野は山, 萩の料, 萩老人とおそく, 萩肉色の虎杖, 萩芒京へ一里, 萩芒桔梗などをうちくれ, 萩の摺染, 萩がしげっ, 萩菊桔梗女郎花西洋風ではチューリップ, 萩菖蒲桜牡丹の合戦, 萩蓮華つ, 萩の留守居, 萩藩府に勧告, 萩の鉢, 萩見物の褒め, 萩野菊撫子楓の枝, 萩のなでしこ, 萩露草猫じゃらしそういった雑草, 萩青芒の上