青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「美女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~美し 美し~ ~美しい 美しい~ 美しき~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~
美女~
美濃~ 美術~ ~群 群~ ~群れ 群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義

「美女~」 1002, 9ppm, 11374位

▼ 美女~ (280, 27.9%)

6 ために 5 姿を 4 前に, 娘は

2 [32件] ためには, ひとりに, 像を, 哀れ深くやるせない, 声が, 外に, 姿が, 姿に, 姿は, 愛撫を, 手を, 掌に, 死体は, 死骸に, 物凄さ, 素晴らしい姿態, 群が, 肉体が, 肉体に, 肌を, 肩が, 胸の, 裸身と, 見世物が, 謎の, 面にも, 頸筋は, 顔が, 顔の, 顔を, 風采は, 魅力は

1 [197件] あらゆる向き, あら捜しが, いろ艶, うちから, おくつ, おもかげ, おもば, お茂, お茂與, お酌, からだを, ことを, そばで, ひとみに, ふところに, やうな, やつれという, やわらかい肉感, ように, わななく, ゐなかつた原因, カップルなど, スパイが, 一つと, 一人が, 一人と, 一人に, 一人は, 一団を, 一対が, 一群でありました, 上に, 中には, 俤を, 倒影が, 傍近くで, 像に, 像の, 写真は, 前へ, 半裸の, 口元を, 古寺の, 名が, 名に, 名の, 名は, 名残りを, 唇から, 唇は, 四人までが, 国爾は, 圓顔が, 場合に, 場合にも, 夥しさ, 大理石像を, 大群の, 大群を, 奇蹟で, 奇蹟でしょう, 如, 如きもの, 如く哀切, 姿あり, 姿態と, 威ある如くむせび泣く如く, 媚にも, 嬌態と, 容姿に, 小さな円い, 小まん, 山の, 巨花を, 帯の, 幽精, 幽霊が, 幽霊である, 影かとも, 御夫婦仲, 心いかばかり, 心を, 心中という, 心中といふ, 性格や, 恋物語といふ, 情合いを, 愁えを, 愛嬌も, 手に, 接待にのみ, 放埒を, 数を, 方な, 施術は, 標準も, 横顔を, 死が, 死の, 死は, 死体の, 死顏の, 死顔の, 死骸の, 死骸は, 死體は, 気紛れに, 氣高, 浅黒い顔, 涙が, 涙を, 湯上りの, 為に, 焼きつく, 父親は, 片頬, 生肌, 産地と, 白竜馬を, 盲人においてをや, 眉目濃く, 眉目薫る, 眼ざし, 瞼に, 研究に, 私語を, 立像は, 立像を, 笑顔と, 笞に, 細い肩, 細い透る, 給仕などを, 絵も, 絵を, 繪を, 群の, 肉体は, 肉体振り乱した, 肉體振り亂した, 肌に, 肖像を, 肩へ, 背後に, 胴体とは, 胴体の, 胴体を, 胸にかけて, 胸を, 脣の, 腰部の, 臨終の, 色香に, 艶や, 若い主人夫妻, 苦悩の, 苦惱の, 蒼白い魅力, 蓮台そして, 蕊かと, 虹の, 蝋人形は, 蠱惑にも, 衣を, 袖を, 裸身, 観察や, 言った事, 評価が, 話が, 誘惑に, 象徴である, 赤いくちびる, 足は, 酌に, 長く身, 陰毛を, 靈が, 面ざし, 面で, 面一人ごとに, 面影を, 音声である, 頬, 顔で, 顔では, 顔として, 顔は, 顔へ, 類ひ, 首付きの, 髪が, 髪の, 鬢の, 魅惑を, 魔力であった, 鳩尾に

▼ 美女~ (143, 14.3%)

3 求めて 2 つれ去って, 一と, 前に, 吹いて, 形容する, 愛し女, 見て, 追ひ廻す水泳, 釣り寄せては

1 [122件] あつめて, あつめても, あつめ錦繍, いたわり慰めつ笠, いとも軽々と抱き上げました, うか, かたわらに, この山奥, さらい家, その上段, そやす合言葉, とった, とったか, ながめて, にらんで, のせたこと, のせて, はじめその他の, みんな欲し, よぼ, わが物, 一つ手に, 二人雇い入れ, 二人雇ひ入れ, 介抱役に, 伴つて出かけ, 伴ひ, 侍らして, 侍らせて, 側女に, 先方へ, 具せられたり, 助けて, 助ける工夫, 募られては, 包んだ拵えもの, 君から, 囚へて, 囲おうって, 多数収容し, 夜中に, 失った人, 奪うて, 奪ったと, 奴隷として, 好む, 好むが, 好むよう, 好む意味, 好んで, 妻に, 娶った上, 将て, 小藩者, 引立て一, 形づくるため, 従へて, 快天王, 思い出した, 悉く集めた, 所有する, 手中へ, 手活けに, 抱きかかえた長羅, 抱き寄せ長い, 抱き起し急, 捕え来り酌, 捕え神, 捜して, 捜し出すこと, 掠めんと, 探して, 描いた日本, 描いた筆, 描きましたこと, 損じては, 携えて, 撰りすぐり, 書きのこしたやう, 木像と, 根引し, 梢に, 漁っては, 漁つては, 漁りに, 物悲しく見上げました, 犯す悲願, 献上箱の, 疑うこと, 発掘した, 相擁し, 眺めて, 睨みつけて, 知って, 羽掻締に, 蓄わ, 虐殺し, 行灯の, 見せよ, 見た, 見ないツ, 見ようとして, 見る場合, 観賞し, 記すだけ, 誇り悦ぶべき, 説いて, 財貨と, 贈った, 贈り日夜, 輸入し, 追い尚, 追っかける信念, 造る整形外科室, 連れて, 進めて, 選び出させると, 集め千人, 集め淫蕩無比, 養い娼婦, 黒小袖を, 龍平の

▼ 美女~ (102, 10.2%)

2 あられも, いない, 一人嫣然として, 居る, 泣いて, 片田舎に, 犬に, 立って

1 [86件] あったとは, あつて, いかにも親し, いた, いたそれ, いつの間にか年, いないの, いま皺くちゃの, いる, いること, いるじゃ, おったが, お好き, かすめて, かりにその, くるりと, こちらを, この頃, こんなふう, さながら藍隈, しばらく三味線, ずらりと出来上っ, その蓮糸, のって, まるで水, みんな惚れ, キラキラ光り, タバコを, 乗って, 二十人ばかり, 侍く, 侍を, 六人滿身の, 其の掌, 其家の, 冬の, 出て, 化石した, 化粧え, 向かい合って, 咄嗟に, 嘗ては, 噂を, 地味な, 娘たちの, 安川嬢かと, 居たの, 平民に, 影を, 彼の, 微笑する, 恰度その, 悪鬼に, 悲嘆に, 手に, 手を, 暫らく三味線と, 果しない, 横顏を, 横顔を, 毒婦でも, 毛氈の, 狩り集められ名主附添, 獅子使いの, 現われて, 男の, 男裝した, 白痴の, 白衣を, 皎い, 私達は, 端坐し, 練る, 美くしい, 自分の, 茶を, 葉巻を, 蝶の, 血みどろに, 路傍の, 身に, 身を, 通るぜ, 銀毛の, 非現実的, 鹿の

▼ 美女~ (92, 9.2%)

2 何処か

1 [90件] いった, ここの, この中, しずかに, そうして頭, その顔, ただはずかし, とかく相手, どうなった, なかった, にっこりと, びつくりしたらしく, ぴったり背, ほおずきの, もう自分, やっと呵責, わずかの, テーブルに, ワクーラの, 三十人いた, 世にも嬉し, 久米一に, 云うまでも, 京都を, 人間の, 人面獣身の, 人面獸身の, 何処に, 俳優として, 全く形容, 八朔の, 刎飛んだ, 十二の, 去った, 又算, 夜つ, 大方妙心, 好きだ, 容易に, 密と, 小町, 少ない, 引合は, 当時十八歳なりし, 彼を, 後者に, 心騒敷眼恐, 忽ち愛嬌, 恋の, 情知らずか, 感じから, 手を, 掌の, 日本美人そっくり, 星の, 未亡人だ, 梢の, 森に, 概ね彼, 横倒しに, 殆ん, 殊に目指される, 氈車に, 浮舟の, 潮の, 炉を, 現われて, 白皙の, 眼を, 破れて, 立ち去った, 立直って, 美女なりに, 膝を, 船の, 良い男, 色好みの, 莞爾し, 袂を, 褄を, 襟が, 西江大将の, 親しげ, 誇りかに語を, 起直った, 身を, 銭形平次の, 錢形平次の, 頭を, 顫へ

▼ 美女~ (58, 5.8%)

5 化けて

1 [53件] お生れ, くらべられたもの, ござりまする, して, そんな器用, たわむれ宴楽, とりまかれて, なって, ふりむく素振り, めぐり会, よろこべ, ネキタイを, 一瞥を, 中食を, 二十五万両の, 代へて, 似せそれ, 似て, 侍かれ, 化けるの, 化し相貌殊, 呼び留められて, 囲まれて, 寝酒の, 就いて, 崇敬を, 息を, 愛さる, 愛されたいため, 手を, 打ち込んで, 持たせつ手, 月ふれ, 果敢ない想, 椅子を, 気化し, 眺め入って, 繋がって, 蠱惑を, 見える, 託して, 話しかけるよう, 話しかける勇気, 譬えられて, 賄われて, 転化し, 辞して, 逢い恋文, 逢ったが, 逢つて遠慮なく, 遠い涅槃, 遭い大きな, 間違ひもありません

▼ 美女~ (40, 4.0%)

2 二人きりで, 見れば

1 [36件] いうよりも, いわれた腰元, きめて, さし向かい, すべき一口, その世界, なって, なるわけ, アイビキし, 一緒に, 佳人, 侍は, 判りその, 契ったという, 婚姻し, 寝床で, 思われるに, 手を, 来て, 桜狩の, 猛犬, 申す者, 約束を, 美男が, 美男との, 美男を, 美酒とを, 見ゆれど, 認めて, 語らふ場合, 謳われた灘波屋, 變つた, 酒宴の, 雲の, 飛仙を, 高貴の

▼ 美女~ (21, 2.1%)

2 二人の

1 [19件] あつた, あつて, これが, まことに絵, マルシャという, 一人は, 久しいもの, 名高かった, 好んで, 姉は, 婦人と, 将軍の, 年紀が, 心は, 故伊藤公, 智慮が, 苦労を, 袂を, 輝き宝石

▼ 美女たち~ (17, 1.7%)

1 [17件] がいずれ, が互いに, が料亭, が琴, が白い, が豊満, に仕える, のその, の十本, の面, はことごとく, は前代, もみんなやう, も王女, も驚倒, よりも繊細, を追廻す

▼ 美女~ (16, 1.6%)

1 [16件] あらばと, ありながら, その他の, ただの, びっくりした, また英雄型, みなその, 住まわせること, 出るし, 勇士も, 妖怪の, 居ないの, 彼の, 現場に, 羞じらう容色, 裸も

▼ 美女ヶ原~ (13, 1.3%)

1 [13件] で薬草, というそれ, というの, と申します, にお, になります, に今, の花, は咲, へお, へ行きます, までどの, を後

▼ 美女では~ (10, 1.0%)

4 ないが 1 ある, あるが, ない, ないだろうか, なかった, フランシスフォードグレースキューナードの

▼ 美女~ (9, 0.9%)

1 お前に, からだ, がそろそろ, ということ, というで, と己惚れるなら, と思った, ねえそれ, 全くそう云う

▼ 美女である~ (8, 0.8%)

1 ことが, ことは, ことよ, だけに凄味, と噂, と御覧, 小谷の方と, 必要は

▼ 美女~ (8, 0.8%)

1 が大, が彼, でいよいよ, で売り出した, の命乞い, の好評, の役, を説く

▼ 美女~ (8, 0.8%)

1 と最も, は, はその, はそれぞれ, は花, は鬼神, よりも白痴, を伴

▼ 美女との~ (4, 0.4%)

1 世にも不思議, 交渉を, 頭に, 首だけを

▼ 美女よりも~ (4, 0.4%)

1 確かである, 美しい, 美しく艶, 護国寺詣り

▼ 美女から~ (3, 0.3%)

1 いつしか苦味, じつは山神さん, 呼びかけられて

▼ 美女であった~ (3, 0.3%)

1 のか, ばかりでなく, 場合又

▼ 美女~ (3, 0.3%)

1 のであった, のに, んです

▼ 美女には~ (3, 0.3%)

1 今後も, 再会したい, 得てしてああいう

▼ 美女に対する~ (3, 0.3%)

1 一般の, 暴君の, 細かしい観賞

▼ 美女ばかり~ (3, 0.3%)

1 だったの, である筈, でできた山脈

▼ 美女善女~ (3, 0.3%)

2 のよう 1 に仕立てられた

▼ 美女美男~ (3, 0.3%)

2 のお 1 だから

▼ 美女あの~ (2, 0.2%)

2 石原の

▼ 美女あり~ (2, 0.2%)

1 その面白玉, と聞く

▼ 美女~ (2, 0.2%)

1 寿は, 藤の

▼ 美女お仙~ (2, 0.2%)

1 の茶屋, は現

▼ 美女~ (2, 0.2%)

1 小山すみれかに, 思ひがけ

▼ 美女しかも~ (2, 0.2%)

2 その上半身

▼ 美女であれ~ (2, 0.2%)

1 ばこそ業, 僕の

▼ 美女という~ (2, 0.2%)

1 のは, ものは

▼ 美女とて~ (2, 0.2%)

1 仮借する, 空気の

▼ 美女とは~ (2, 0.2%)

1 いえいずれ, 何んな

▼ 美女とを~ (2, 0.2%)

1 我がもの, 見比べるの

▼ 美女など~ (2, 0.2%)

1 坐らせて, 曾て

▼ 美女なり~ (2, 0.2%)

2 先生を

▼ 美女~ (2, 0.2%)

1 涙なし, 花咲く

▼ 美女二人~ (2, 0.2%)

1 が山巓, を加え

▼ 美女八百余人~ (2, 0.2%)

1 が蓄えられ, を選ん

▼ 美女坂道~ (2, 0.2%)

1 を登る, を通らぬ

▼ 美女実は~ (2, 0.2%)

1 草野の, 高尾の

▼ 美女月光~ (2, 0.2%)

2 に人魚

▼ 美女蒼白い~ (2, 0.2%)

1 顏肩に, 顔肩に

▼1* [105件]

美女あとから蘭堂, 美女うつむきたるまましばし, 美女お金の方, 美女かも知れないな, 美女からはその身辺, 美女がちやんと, 美女がまことの母, 美女すなわち王を, 美女そのものを予想, 美女それも相当, 美女たちまち来り夫婦, 美女たらざること, 美女たるをもて, 美女だけが場違いの, 美女であり世にこれ, 美女であるなら時に思ひあがる, 美女であるらしいことは, 美女ですよ, 美女でないことが, 美女でなければ困る, 美女でももし彼女, 美女としか見えなかつたの, 美女として有名である, 美女としての人格が, 美女なぞの絵を, 美女なら西丸御, 美女なりに醜女は, 美女にて有れば, 美女にでも化けるの, 美女にとっては命とも, 美女にも化ける才能, 美女ひとりとみ, 美女への憧憬が, 美女までをいくら送っ, 美女峠茶屋, 美女よしや傾城の, 美女をや伴ひ, 美女を以て池の, 美女アダリイは悠一, 美女フィオーナは持前, 美女ヘレンにあ, 美女ベッシェール夫人の為め, 美女マタ・アリの去来, 美女マルセルが帰っ, 美女ラッケ・メレの舞踊, 美女美男ニ嗾ケテ家庭ニ紛紜ヲ, 美女ヶ原花の中, 美女一丈青扈三孃などよりは姐, 美女一人を抽籤, 美女三人が控え, 美女に申す, 美女争うて迎え入れ, 美女二人双舞山巓上去巓一尺余, 美女五十基の磔柱, 美女代表であわせ, 美女伊豆屋のお, 美女佳人は隠し, 美女佳妓の侍, 美女入浴之図, 美女十人に, 美女四十八人を選ん, 美女より遥, 美女坂材木坂などの名, 美女与里小浪梅野は, 美女多しと伝へ, 美女に遊ぶ, 美女は胡, 美女小町そのものの顔, 美女の高み, 美女巧雲のこと, 美女悲泣す, 美女を曳かる, 美女才女ありとある, 美女才媛等と美しい, 美女捜しの隊, 美女据置かるる, 美女揃いの上, 美女う聴く, 美女来って只今我, 美女椅子に直る, 美女殺戮の図, 美女狩出の大, 美女狩出しの役目, 美女王クレオパトラは二人, 美女皇クレオパトラが敵, 美女目明しの文吉, 美女を, 美女知らずのお, 美女立兵庫にお, 美女結び文を手, 美女縋るがごとく, 美女美男崇拝はどこ, 美女自殺の結末, 美女英雄豪傑の出, 美女の花, 美女の名, 美女薄雪はその, 美女西施を呉王, 美女観察のため, 美女へ下りる, 美女赤星龍子だった, 美女の扉, 美女が大, 美女飛燕のこと, 美女食物は器