青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「航海~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~舌 舌~ 舍~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~
航海~
~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 艦隊~ 良~ ~良い

「航海~」 1347, 13ppm, 8499位

▼ 航海~ (238, 17.7%)

12 話を 76 間に 4 後に, 歌, 話は, 途中で 3 あいだに, うちに, ことは, 途中に, 間には 2 ことを, 後は, 方に, 日の, 有樣, 準備に, 準備を, 碇を, 習なる, 術を

1 [162件] あいだあんなに, あいだじゅう彼は, あいだまったく, あけくれだった, あげくマルセーユへ, いく晩かは, おも, お差図, ことか, ことだ, ことなぞを, ことについては, ことや, さまも, ただひとつ, ために, できる小, できる風, はじめネープルス港を, ほんの記念, やり方を, ような, ように, 一部始終や, 事に, 事を, 事務を, 五日目には, 仕事に, 例として, 八日目かに, 内容全部が, 列に, 初期における, 力によって, 努力, 参加者中に, 収入が, 可能性は, 司令官ディアスが, 名声も, 問題が, 困難さだけが, 困難という, 圖に, 報告に, 報告を, 夜中における, 夢しば, 夢も, 失敗や, 好奇心を, 如きは, 始終を, 実地経験さえ, 實際も, 帆船には, 常識から, 幾年を, 役には, 後で, 後では, 後なる, 後には, 後一つの, 後翌, 後陸に, 志実に, 快楽, 思い出も, 愉しいさま, 成績に, 技術との, 技術の, 技術を, 描写としては, 方は, 旅を, 日和が, 時に, 時にも, 書を, 最初の, 最後の, 最終の, 朝を, 未来, 本をしか, 果てに, 歴史が, 歴史に, 汽船の, 法を, 消息が, 準備は, 無事を, 物語を, 状態も, 理論家さえも, 留守の, 留守中に, 疲労と, 益に, 目標が, 目的であった, 目的に対して, 目的は, 相応に, 知識等については, 知識製造の, 短い船, 研究せらるる, 神であった, 第一先登者, 節は, 範囲も, 純益からも, 終りに, 終わりごろ, 終わりを, 経験に, 経験者として, 經驗と, 続行に, 羅針盤は, 自筆日誌を, 船だ, 船中で, 船出に, 船客の, 船客は, 艦隊だけでも, 術に, 計画の, 記事を, 記事出版の, 記念に, 記憶が, 記憶を, 記録者として, 試みを, 話が, 話でありました, 話印度の, 話新しい, 詳細な, 途に, 途中のみとは, 途中ふとした, 途次同, 配慮などの, 里程を, 間この, 間とても, 間の, 間中私は, 間絶えずしっくり, 関な, 際の, 難所たり, 難所にて, 頻繁な

▼ 航海~ (138, 10.2%)

9 つづけて 7 して 5 続けて 3 つづけた後, 無事に, 祈る 2 すること, つ, つづけた, つづけました, 卒業し, 好みません, 終えて, 続ける船乗, 續けて

1 [90件] いたしました, おやり, させて, した, したこと, したつきり, したもの, した位, しなければ, しようとでも, すませて, するつもり, するので, するのに, する一回, する時, する普通, する老, する船, せねば, たのしみに, つづけようと, つづけようという, つづけること, つづけるなんて, できるだけ楽, なすに, なせり, へて, やっと終えた, やめて, やめよう, やめようとは, 企て勇敢, 休む, 信じなければ, 倶に, 共にする, 冒してまで, 刺戟した, 助ける所, 取るもの, 営んで, 困難ならしめた, 報ずる手紙, 奨励し, 好まないと, 始めて, 学び始めたの, 安全に, 定期に, 導き給え, 引受けると, 彼は, 思い出し黒潮, 思い立ったの, 惠みなば, 想像した, 愛し南海, 持って, 指揮する, 敢行した, 楽しいと, 楽しんだ, 楽み過ぎ, 済まし二度目, 済ませて, 祈るという, 禁じないならば, 終えると, 終って, 継続する, 続けたいでなければ, 続けただ, 続けた後, 続ける, 続け彼女ら, 続け遂に, 續けたことは, 習って, 聞き外行, 行った, 試みたこと, 試みて, 試みる時, 試みる葉子, 護る神, 軽蔑し, 遂げ得たの, 遂行した

▼ 航海~ (96, 7.1%)

3 出ようと, 出ること, 出発する 2 参加し, 羅針盤を, 馴れて

1 [81件] あこがれて, ある興奮味, いるもの, おもむきつ, かなり時日, この風, さしつかえないよう, すぎず医者, そのガラン洞, たえないほど, ついた, でる物語りだが, とびこんでから, どうぞ平和, なくては, ひとしいもの, みな飽きあきし, 一度でも, 上ったので, 上って, 乗ったエブスウオウス, 乗った人, 似て, 何か, 充分に, 出かけて, 出かけました, 出かけるところ, 出たの, 出て, 出てから, 出ても, 出で, 出ようとは, 出るし, 出ると, 出るに, 出るん, 出れば, 出立せしめる, 出航する, 利用さ, 利用した, 博物学者及び, 参加する, 堪えるあらゆる, 堪え得るだけの, 大いに役立つ, 大西洋へ, 就くこと, 就ては, 工業に, 差支えを, 弱った例, 従事する, 応用せられる, 慣れないの, 手を, 於いて, 於ける將軍米准那, 於ては, 最も必要, 本船が, 無知識, 病み疲れた者, 百十日で, 相違ない, 耐えるか, 舵機の, 船酔いの, 行くん, 要する石炭, 見る見る風, 退屈し, 適しない, 長じ, 関係した, 限って, 陸上の, 青空と, 飽いて

▼ 航海~ (85, 6.3%)

2 ほんとうに, 無事だった, 無事に, 非常に

1 [77件] うまくゆく, おだやかさう, おだやかで, かなり順調, きっとひどかっ, これまでは, さほど困難, しけ知らずの, しない, すでに有名, その後も, たしかに有難から, ただ大きな, ただ考える, とうとう一頭, とてもできる, どうしても好みません, ない颶風, なかなか楽, なんとなく物悲し, はじめから, まことによかっ, ますます楽, まず平穏, アメリゴの, パナマ地峡に, ビール箱や, 一ヵ月か, 一五〇〇年三月九日発途中ブラジルの, 一五二一年の, 一寸珍, 一日でも, 不慣れだった, 不相変退屈, 何事も, 冬期においては, 初から, 十日乃至, 同船者から, 困難であった, 大げさだった, 大変に, 大変無事であった, 大通を, 失敗であった, 実に愉快, 岸伝いにしか, 帆船に, 彼にとっては, 彼を, 往復二年かかる, 必ずしも物, 快適だった, 恙なく, 愉快な, 既にかかる, 日月星宿を, 日本開闢以来初めて, 暴化の, 期せずし, 珍らしい, 異様な, 相当苦しく, 神戸からは, 私には, 素敵に, 終った, 結果としては, 続けられた, 綱具の, 船醉拔きの至極, 諭吉が, 退屈な, 長くかかっ, 面白くなくなる, 順調に, 風の

▼ 航海~ (84, 6.2%)

2 が, になりたい, の目標, は密教

1 [76件] がいかに, がこ, がこの, がその, がただ, がまだ, がよほど, がタッパン・ジー, が乘つて, が伯耆, が富士山, が小さな, が平和, が当然, が慄気, が来た, が海上暴風雨, が王, が空模様, が羅針盤, が苦しめられた, が讚岐, であったそう, でまた, としての心構え, として支那海, として有名, と呼ばれ, と談話, にありました, にすぎない, にとってもまた, には一つ, には地中海, には見, には非常, にも用, に及び, に取り, に対する需要, に恐れられ, に掠奪行為, に知られ, に航路, のいい, のたより, のやう, の余裕, の圖, の報告, の夢, の守り, の心, の楽しみ, の標的, の歿後十三年, の祈願, の膽, の視力, の誰, の錯覚, の集り候処ニ, はそこ, はまだ, はよく, は往々, は羅針盤, は陸, は難破, もその, もまた, も紡ぎ, や船乗人, よ, をもっ, を導く

▼ 航海~ (81, 6.0%)

3 のある, の出来事 2 に船, に風波, の船, は唯風

1 [67件] いろいろキリシタン, かは分らぬ, たくわえられた反抗心, だから, でありましたので, での祭日, でふと, でトゥロット, とつぜん水平線, にある, にいつのまにか, にも書けなかった, にカルタ, に一度, に一時的, に何, に撮影, に書き, に本, に死なね, に死亡, に海賊, に深海, に病死, に自分, に被告, に貝殻, に遭遇, のこまかい, のもの, の五晩, の出来ごと, の半ば, の多く, の大, の小遣, の気まぐれ, の汽船, の無聊, の船舶, の諸, はその, はそれ, はただ風, はとにかく, は一, は一切外国人, は例, は全然, は格別, は毎日, は特に, は病人同様, は笑, は誠に, は風, ひどい暴風雨, また上陸後誰一人病気, も全然, も毎日, より彼地, ゴロゴロあばれ出さない, 同じ部屋, 失われたと, 居ても, 最も悩む, 読むよう

▼ 航海~ (64, 4.8%)

13 ている 9 ていた 3 ていました, て来た 2 てゆく, てゐる, て来る, ながら, 何の

1 [26件] そこから, つつある, ていなけれ, ていよう, ていらつ, ているだろう, てから川, てきた, てこの, ては春, てゐた, てキュバ, てジヤヴァ, て大陸, て時化, て海岸線, て無人島, て異, て行きたい, て難破, ながら船, メキシコに, 夜は, 暴風雨が, 最前線の, 難くよろず

▼ 航海する~ (53, 3.9%)

3 ことは 2 のだ, 巡航船の, 時には, 船が

1 [42件] うわさを, ことに, ことを, たびに, ということ, というよう, となる, と脚氣, には天気, のである, のとは, のになく, のは, の間に, ものに, ものは, もよい, ような, ように, よりも八日拘留, ハックニー, 世界数ヶ所の, 事は, 人々, 人は, 今の, 強国は, 方が, 方法だ, 時は, 時僕は, 時間は, 様な, 樣な, 汽船を, 能力にも, 航海者は, 航路を, 船だけにしか, 船と, 船の, 鹽を

▼ 航海~ (31, 2.3%)

2 出来る

1 [29件] あった, ありますのに, たいへんに, つづけられたの, できなくなりそのうえ, どんなに辛く苦しく, はじまりました, ポルトガル国の, 一瞬の, 予定通りに, 十五日か, 千数百年前に, 困難でございました, 往きと, 惹き起した結果, 止った, 漂流に, 無事に, 盛んである, 真珠の, 終わって, 終わるまで, 絶えて, 続いた, 続けられないの, 航海者ヘンリの, 行われたの, 退屈な, 開け商業

▼ 航海~ (31, 2.3%)

3 を伝習

1 [28件] が本職, でとにもかく, との研究, なの, には際立つ, に及ぶ, に長ぜる, の伝習, の優秀, の幼稚さ, の心得, の我が, の手並, の授業, の書物, の英才, の講義, の講義筆記, の鼻祖, は星, もしくは機関, も巧, や数学, をも修めました, を五年学, を学んだ, を知らぬ, を習った

▼ 航海には~ (22, 1.6%)

1 [22件] お前たちの, さして不自由, しかしお陰様, しばしば順風, ぜひあの, なくては, ソーッと, 三十六時間以上は, 之を, 乘客の, 困らなかった, 夥しき鐵材, 弦月丸に, 方向を, 日本まで, 東海岸の, 極めて安全, 珍しい食物, 第三国人の, 船医が, 薩珊王朝は, 近海航路と

▼ 航海~ (20, 1.5%)

1 [20件] あつた, そのため, その上, その星, それを, どんなこと, オオストラリアへ, フランスの, 偶然拉致する, 出あったいろいろ, 大砲を, 暴風を, 無聊に, 真白に, 経験した, 見張員, 迷信は, 送ること, 造花の, 那覇港に

▼ 航海した~ (19, 1.4%)

2 後に, 見聞記を

1 [15件] があれ, ことが, ことの, ことも, ことを, ときの, のが, ので, のである, のであろう, 事も, 最も邪悪, 港港の, 経験の, 者だっても

▼ 航海~ (17, 1.3%)

2 にある, の中

1 [13件] から見る, では彼ら, では従前, においてその, において明, にもあった, にマラバル辺, に見え, の叙述, の報告者, は蒙昧生活, やキャプテン, や漂流記

▼ 航海~ (14, 1.0%)

2 をし

1 [12件] が甲板, として受取り, とそれから, とともに副, なり, に素晴, のヘラァ・ルドウィッヒ, の声, の失策, の小川中佐, の柴田少佐, は決して

▼ 航海~ (13, 1.0%)

1 [13件] いうので, こういう訳, 幾百里離れた, 探検とを, 斯う, 晶子の, 未知の, 無事の, 無線電信, 穏やかな, 聞き幸便, 貿易とに, 貿易によって

▼ 航海から~ (11, 0.8%)

3 帰って 1 久しぶりに, 帰りせえ, 帰る度, 帰英した, 歸つて來る, 歸つて來るなり, 氣分が, 船長の

▼ 航海では~ (11, 0.8%)

1 [11件] あり極めて, これ程の, ございません, コンゴー海岸より, 別に, 大変重要な, 彼も, 暴風と, 炭庫に, 私が, 船中の

▼ 航海~ (11, 0.8%)

1 [11件] あす一日で, こうして無事, イルベリイ氏, 大切だ, 実にへ, 彼女には, 日数経, 暑い旅, 済ませて, 第二, 途中で

▼ 航海日誌~ (11, 0.8%)

1 [11件] であ, である, にも記さなかった, に書かれ, に記し, の筆, や何ポンド, をつけ始めた, を付け, を書き出した, を書く

▼ 航海~ (9, 0.7%)

1 がレーダー, が叫んだ, が同船, どうだい, の一人, の声, はそういう, はガリバルジー, は顔色

▼ 航海者たち~ (8, 0.6%)

1 があと, が初めて, に地球, のうやうやしい, は又, もどの, をかなり, を感化

▼ 航海にも~ (7, 0.5%)

2 度々出逢つて居ります 1 この風, たくわえられるもの, 免かれ, 加わったと, 適ししたがって

▼ 航海者ヘンリ王子~ (7, 0.5%)

1 がアフリカ西海岸, がヨーロッパ西南端, であった, の活躍, の理念, の精神, を動かし

▼ 航海者ヘンリ~ (6, 0.4%)

1 の事業, の仕事, の如き, の始めた, の歿後二十年, の活動

▼ 航海会社~ (5, 0.4%)

2 の水夫 1 と云, に使, の汽船

▼ 航海~ (5, 0.4%)

2 略から, 略の 1 略は

▼ 航海しなけれ~ (4, 0.3%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ばならぬ

▼ 航海しよう~ (4, 0.3%)

1 というたいへん, とし, とは思わない, と思え

▼ 航海という~ (4, 0.3%)

1 ことから, のが, 神秘的な, 考を

▼ 航海日記~ (4, 0.3%)

1 とか航海, と長崎, などはどの, をひろげ

▼ 航海~ (4, 0.3%)

2 のこと 1 の折, の科学

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 から今村, から漂流, と語つた

▼ 航海でも~ (3, 0.2%)

1 したならば, 役に立つ人間, 甲板が

▼ 航海など~ (3, 0.2%)

1 する理由, 不可能で, 云えば

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 よるひると, 耕作生活にとって, 造船術の

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 この頃珍, と保険会社, と時計

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 かい, を修了, を読んでるでしょう

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 のそれ, の第一人者, の貪慾

▼ 航海日数~ (3, 0.2%)

1 だけが積み込まれ, も乗客, を要する

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 の白人, を認められ, 及び製造業

▼ 航海~ (3, 0.2%)

1 から脱却, は適用, もしくは出航後自然

▼ 航海記録~ (3, 0.2%)

1 から始め, から読者諸君, とも称すべき

▼ 航海せし~ (2, 0.1%)

1 むることだけが駒井の, 船に

▼ 航海その~ (2, 0.1%)

1 中で, 針路としては

▼ 航海だった~ (2, 0.1%)

1 と言う, ので知世子

▼ 航海できる~ (2, 0.1%)

1 くらいりっぱ, 姿勢に

▼ 航海です~ (2, 0.1%)

1 から, がミミカ

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 出發, 赴いたり

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 の大胆, 同時に貿易上

▼ 航海中暴風~ (2, 0.1%)

1 に吹かれ, に遭っ

▼ 航海中用~ (2, 0.1%)

1 の無い, も多い

▼ 航海事業~ (2, 0.1%)

1 における嶄然, の衰微

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 にし, を失っ

▼ 航海史上~ (2, 0.1%)

1 の躍進的機運, 珍しからぬ

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 の新しい, をひらき

▼ 航海日和~ (2, 0.1%)

1 のいかに, を最新式

▼ 航海条例以前~ (2, 0.1%)

2 に得

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 が静か, をともし

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 の事務, の海図

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 に便乗, の船員

▼ 航海~ (2, 0.1%)

1 による, に錯誤

▼ 航海貿易~ (2, 0.1%)

2 を盛

▼ 航海通商~ (2, 0.1%)

1 に力, の道進歩

▼ 航海通市~ (2, 0.1%)

1 に非, の策

▼1* [153件]

航海いたすのです, 航海米国からの, 航海からはまだ帰れまい, 航海ぐらい惨めな, 航海さおやじはおそく, 航海しかできない脆弱, 航海したいなどという愛着, 航海しませんから暑く, 航海すこぶる便を, 航海すべきだから糧食, 航海すべきではない, 航海すら既に頗る危險, 航海すればよかっ, 航海せしめるに成功, 航海せよとの命令, 航海せんと欲する, 航海だけで下りたハアバアト, 航海だけを期間に, 航海だったらそんな手足, 航海だらうかと考へ, 航海であったのに私一人, 航海であったろうかわいそうに, 航海できないじゃない, 航海でしたがその, 航海とか遠いこと, 航海との驚くべき機械, 航海なぞすると, 航海などは別に珍, 航海ならおか, 航海なり人生の, 航海におけるすべての, 航海にかけては北濠洲の, 航海にとっては嵐よりも, 航海にまで危険が, 航海によってちぢんで, 航海はじまっての大, 航海ぶりで晴れ間, 航海への冒険者, 航海ほど気味の, 航海ほどには吹いて, 航海または征戰の, 航海までには艤裝が, 航海やって来ればだ, 航海我想像の, 航海より帰り来て, 航海らしき感を, 航海を以て一五六五年十月三十日無事に, 航海を通じて陸地が, 航海ブリック型補助機関附きの, 航海一人ずつ下船, 航海一切の仕度, 航海三十五日目にし, 航海中アメリカやイギリス, 航海中ウイルヘルムスハフエンへ入港, 航海中シヤトルに近く, 航海中スペインおよびポルトガル, 航海中一時快方に向いた, 航海中一猴過って海, 航海中一番船員の間, 航海中七月九日に暴風, 航海中二月二十七日海上においてフランス, 航海中壞血病に罹る, 航海中安全進航の表, 航海中当直の夜, 航海中最長距離なり, 航海中梨枝子を退屈, 航海中気が変, 航海中汽船のごとき, 航海中海に落ちた, 航海中深夜一つの火の玉, 航海中牛は逐, 航海中私は身体, 航海中籐の寝, 航海中船の動搖, 航海中船医の船室, 航海中船客が戯れ, 航海中薩摩の大島沖, 航海中誰も真紀子, 航海中軍艦乘組員の最も, 航海中随一の見物, 航海予告を調べ, 航海仕り智見を, 航海切符は買ってなかった, 航海區域が一段北, 航海に残した拭う, 航海図きりしたん, 航海図切支丹ころびに関する, 航海報告書にその, 航海大家マゼランと一所, 航海学六分儀の使用, 航海学教科書におけるごとき, 航海の本, 航海安全の祈願所, 航海家ハンノーやフェニキア人たち, 航海で少し, 航海愉快な航海, 航海技術を急速, 航海技術研究家としてただ, 航海指針のうち, 航海檢者の, 航海描写としたら, 航海は一ヵ月二航海半位, 航海日和畳のよう, 航海日數は正しく, 航海日記付録を指, 航海日記写書送り申候間, 航海日記応接一冊を西郷ニ, 航海日誌羅馬綴の日本語, 航海時代と香料, 航海を海中, 航海や星, 航海条例と植民地貿易, 航海条約だという, 航海業者にも割合, 航海業者ヨリ徴集シタル船舶資本ヲ以テ遠洋航路, 航海毎航海一人ずつ下船, 航海測量練習所と称した, 航海準備をととのえ, 航海状態からし, 航海王以来の帆船時代, 航海用トランク泰造用のインノヴェーション・トランク, 航海用精密機械は外国, 航海目標として書き入れられ, 航海砲術等が盛ん, 航海の学生, 航海世に, 航海経路やこの, 航海経験がある, 航海者たるの資格, 航海者サ・ダ・モストが旅行記, 航海者ハノンが発見, 航海者ハンノーの周航, 航海者ヘンリーはすでに, 航海者ヘンリ以来一世紀の間, 航海者ヘンリ王子以来の, 航海者偉大な冒険家, 航海者等は陸地, 航海者貿易商人たちの間, 航海船一杯に魚, 航海苦勞の目的, 航海術天文医学万事に博学, 航海術等に至る, 航海記事漂流中の覚書, 航海記録中より拾っ, 航海をし, 航海であろうか, 航海の海軍将校上り, 航海里程二千七百七十六マイルに達す, 航海によって世界, 航海鐵道の擴大, 航海長ルドウィッヒ大尉の考え, 航海長僕らの水遁, 航海長小川中佐は大変