青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舞台~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~興奮 興奮~ 興行~ ~舌 舌~ 舍~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台
舞台~
~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~

「舞台~」 7581, 73ppm, 1555位

▼ 舞台~ (1752, 23.1%)

166 上で 127 上に 77 上の 35 上では 30 上を 25 方へ 24 方を 18 上から 17 上へ 16 中央に 15 ように 12 真中に 11 上には 10 端に 9 方で, 方に 8 ような 7 まん中に, 前に, 前の, 正面に, 生命を 6 上でも, 中に, 奥から, 幕が 5 うえに, ために, ほうへ, イメージを, 上は, 下に, 奥の 4 イメージが, 下の, 下へ, 奥に, 奥へ, 幕を, 役者の, 後方に, 経験を, 裏で

3 [24件] うえの, ことで, すぐ前, イメージは, 下で, 中央で, 中央には, 人物が, 前へ, 印象が, 印象を, 味を, 姿を, 役を, 様な, 横から, 横に, 横の, 演技を, 空間を, 背景に, 足場に, 雰囲気は, 額縁の

2 [86件] うしろに, うしろの, うしろへ, おもかげ, かげで, ことを, まん中へ, ものを, やうに, イメージの, 一方から, 上が, 上下で, 上手から, 上手に, 下から, 下手に, 両が, 中央を, 中心に, 二人は, 人と, 人物の, 人物は, 人物を, 仕事, 仕事を, 光景を, 制約といふ, 前で, 前には, 前端にて, 前端へ, 周囲に, 大劇場, 天井に, 奥で, 奥を, 女が, 姿は, 左の, 左右に, 左奥の, 左手には, 役どころも, 役者は, 方から, 方が, 方の, 方は, 時計の, 柱に, 構造が, 檻の, 正面には, 正面の, 気分を, 消耗品だ, 生命, 生命と, 生命は, 生活の, 男に, 秘密を, 空気を, 端から, 経験が, 美, 背後に, 背景と, 脈搏, 芝居に, 芸に, 芸を, 衣裳は, 袖に, 装置も, 観が, 言葉, 足場を, 隅に, 隅の, 雰囲気, 顔は, 魅力が, 魅力は

1 [765件 抜粋] あいまに, あちこちに, あらさ, うえから, うえじゃあ, うえでは, うえへ, うしろで, うちで, おもしろさ, お坊主連中, お稲, かげから, きわまで, ぐるりに, こつちには, ことその, ことに, さいご, すがた, すぐ下第, すぐ右側, せりふとしては, そがの, そとの, その時々, そばに, そばの, それよりも, たのしさ, ための, つくる一帯, つもりで, ところから, ない役者, ぬれ髪, はうへ, はふ, ひらけて, ほうで, ほうです, ほうらしい, ほうを, ままに, まわりに, まんなかで, まんなかに, まんなかへ, まんまの, ものとして, やうな, やりとりが, ゆかへ, ゆかも, ようで, ようであった, アクターといふ, イメエジと, イメーヂが, イメーヂは, オーケストラこう, カーテンの, ギャップが, コツを, ストリップを, セットかと, トラビアタは, ハムレットには, ハムレットは, ピントが, マンナカへ, リアリズムと, リアリズムは, レコオドを, レビューの, 一役者たるを, 一方に, 一端に, 一般的利用, 一部が, 一隅に, 三分の一くらいは, 三分の一ほどが, 三方を, 上だけ, 上だけから, 上だけの, 上である, 上でしか, 上ででも, 上でなけれ, 上での, 上と下とで, 上と下との, 上なる, 上にだけ, 上にまで, 上にも, 上ばかり, 上へは, 上より, 上下に, 上六七間も, 上手と, 上手へ, 上方一文字幕の, 上演に, 上演壇の, 上絵の, 下は, 下まで, 下手まで, 下手を, 世界では, 世界とは, 世話を, 世話装束の, 両側に, 両方から, 両端に, 両股, 両袖, 中には, 中を, 中央での, 中央は, 中心には, 中程柳の, 事を, 二人に, 五色雲の, 人々は, 人には, 人形た, 人物といふほど, 人間だけに, 人間は, 仕事が, 仕度を, 他には, 伝統から, 何処かで, 余熱が, 信条である, 修業乃至, 俳優から, 俳優について, 偏質的発達と共に, 側の, 傍に, 傍観者と, 光景で, 光景也, 入口だ, 入口シテ柱で, 全盛を, 六代目を, 円天井の, 写実化乃至, 写真を, 凡てであった, 出口まで, 出来も, 出来を, 到達し得る, 制約によつ, 前を, 前方へ, 前面右手に, 力士へ, 力演に, 勉強を, 動きも, 千秋楽と, 単調な, 参考に, 友代は, 収入だけ, 口上に, 可懐さ, 右から, 右側二列に, 右半が, 右手には, 右手より, 右方に, 右端から, 合い間, 名は, 名優は, 名残は, 向うに, 唐人衣裳を, 四十面相は, 図では, 国定忠治なら, 地域に, 地域の, 垢を, 場面と, 変化にばかり, 外から, 外で, 外に, 外の, 夜は, 夢に, 大きさ, 大きな二重円形, 大略を, 大立物を, 大魔術, 天井から, 天井まで, 奥には, 女の, 女は, 如く眼前, 如く酔ひ, 妙子を, 姿には, 娘が, 完全なる, 完成へ, 実際に, 実際を, 実際問題, 実際殊に現在, 実際運動, 実験室の, 寂しさ, 寄席へ, 小さいもの, 小春とを, 少女と, 左側に, 左右から, 左右山の, 左奧手には, 幕は, 幻像が, 幻影を, 幻象, 幽霊を, 幽霊一件だ, 広い空洞, 広さ, 庇はじなどが, 床を, 序幕の, 底だ, 建設に, 廻らないこと, 廻るよう, 形式にな, 形式美が, 影響についても, 役と, 役目を, 役者じゃ, 役者という, 役者としては, 彼女に, 彼女は, 彼方で, 彼方の, 後に, 後ろの, 後方から, 後方は, 後方へ, 心持が, 心持を, 急変に, 性根に, 恋を, 恰好は, 悪ふざけが, 悪党ぶりを, 情合いが, 情熱を, 想描も, 意匠にも, 意趣は, 成功を, 成功不, 所謂目附柱の, 手欄に, 扮装の, 扮装を, 技術の, 披露が, 指揮を, 掃除で, 支度に, 支那兵たちに, 方だけが, 方とを, 方向に, 方金屏風を, 旋転する, 日の, 明りか, 明星と, 映画は, 普遍性を, 暑さ, 有機的な, 条件に, 松に, 板つきたるに, 板には, 板の, 板張に, 染之, 椽の, 極まりなく発展, 楽屋だった, 楽屋へ, 構へ, 構造に関する, 構造や, 様子に, 様子を, 様式化に, 様式化による, 模様から, 横について, 横迄, 橋がかり裏の, 檻を, 欄干に, 歌を, 歌声とともに, 歌舞伎役者を, 正面からは, 正面その, 正面を, 正面丁度, 氾濫の, 泣き声を, 浅草の, 準備を, 演技は, 演技即ち, 潮汲に, 濡れ場が, 焼けたという, 照明が, 照明は, 照明係は, 照明度は, 片側に, 片端をだに, 片隅を, 牡丹燈籠, 特徴, 特色と, 狂言を, 狩人が, 珍らし, 現実味これは, 生きが, 生活は, 用意が, 用意などが, 用意は, 略中央に, 発達した, 直前まで, 真の, 真ん中へ, 真下に, 真中へ, 真中まで, 真正面であった, 真正面に, 礫の, 祝にと, 神秘さ役者たちが, 科白よりも, 稽古が, 空中の, 空虚を, 立て役者と, 立て役者に, 立女形と, 端を, 第四, 範囲に, 約束, 紅車を, 経験は, 統一的な, 続きを, 綜合芸術で, 縁に, 置いて, 美を, 群集の, 者に, 背後が, 背後の, 背景の, 背景画家が, 自信を, 自分を, 興行なし, 色どりゃ, 色調と, 色調によ, 色調を, 芝居には, 芝居より, 芝居よりも, 花には, 花やかさを, 花形に, 芸さえ, 芸それぞれに, 芸と, 芸とは, 芸にな, 芸の, 芸ばかり, 芸も, 芸術くらゐ, 芸術の, 芸術を, 芸術家では, 芸術的進化を, 茶番の, 華やかさと, 華美に, 藤夜叉を, 表現に, 袖が, 袖まで, 装置を, 装飾から, 裏とに, 裏には, 裏へ, 裾へ, 要求と, 見えるの, 見本と, 親王さまみたい, 言葉が, 言葉としての, 言葉に, 言葉を, 記である, 記憶の, 記述が, 記録や, 詩と, 話で, 説明, 説明である, 調子は, 諸様式, 豊けさは, 赤布を, 足場が, 踊り子に, 踊子たちは, 軽快文学は, 近くで, 近代化も, 近代化劇場文化の, 造形的イメエジに, 進行から, 道具は, 道具立て入れ, 道化です, 道化に, 邪魔を, 醸し出す幸福感, 金屏風の, 銀子を, 限定を, 限界と, 隅へ, 雅子を, 雪と, 電灯の, 青や, 音楽的情調を, 音羽屋より, 額縁は, 顔を, 顔見物, 飛六法は, 饂飩屋も, 骸骨である, 魅力がよ, 魅力そのものは, 魅力の, 魅力を

▼ 舞台~ (1213, 16.0%)

51 出て 27 立って 18 して 16 立つこと 14 立つて 12 なって 11 於て 8 立つと 7 上って, 現われて, 登場した 6 かけられた 5 出ると 4 なつた, 上せて, 出る, 出ること, 出るの, 現れて, 登って, 興味を, 見入って

3 [14件] かかると, かけた, のぼること, 上した, 上った, 向って, 現はれた, 現れた, 登場し, 登場する, 立ちたいと, 立った, 立つ時, 立てば

2 [66件] あがって, いたんだね, いるとき, かかりその, かかり柵, かかる, かけあがって, かけて, かけられる, かける, かけると, しろスクリーン, する, ずいぶん高い, それを, ついて, なりますから, なる, のぼせられたの, ゐる, 上せたる嚆矢, 上ること, 上ると, 上るの, 上演された, 上演する, 伏った, 使用される, 倒れて, 再現する, 出た時, 出ても, 出で, 出なければ, 出るとき, 向けた, 向つて, 姿を, 接する機会, 於ける芸術, 於ては, 来て, 気を, 求めて, 活躍する, 現はれ, 現わ, 立たせて, 立ちました, 立ったかの, 立ったの, 立ったよう, 立つたこと, 立つたの, 立つ俳優, 立つ場合, 納得させる, 見ること, 踊るの, 閻魔さまで, 面して, 顔を, 飛びあがって, 飾って, 馴れた女優, 駈け上がって

1 [814件 抜粋] あがった, あきたの, あきるの, あらは, あらわれた団十郎, あらわれて, あらわれること, あらわれると, ありて, あるもの, あるを, いそいだ四十面相, いたし候, いたそう, いた金さん, いた頃, いやでも, いられた役者, いる, いる人, いる真一, いろ, うつして, うつ伏, おし並び楽器店, おとらぬ熱心さ, おどり上がると, お立ちに, かかつて, かかり今井, かけあがり奥, かけさせた, かけたの, かけたら是非一度, かけた築地小劇場, かけられしかも, かけられたの, かけられたもの, かけられなくつて, かけられると, かけられるん, かけられ新進作家, かけること, かけるといふ, かけるところ, かけるの, かけるもの, かける場合, かける意義, かける際, かけ上つて, かけ今頃, かけ白, がっくり倒れた, きらびやかな, くりひろげられた注目, こころを, この両者, この二つ, さしつかえるから, さらけ出した, さらしたり, さわりますから, したこの, したの, したら京都言葉, したら関東言葉, した小説, した短, した短篇, した話, し応接間, すると, するには, するの, せ, せりあげて, せり上げたいほどの, その党, その日, それらの, そんな凄味, た, ただ一人のみ, たった以上どこ, たって, ついた出語り, つづけられて, でる, とった黙阿弥, とびだして, とりいれたの, とり所謂海外出稼, どんな不思議, ない魅力, なじんでは, なったと, なりその, なりましたよ, なります中の間, なると共に, なるの, なるもの, なる場合, なる演出, ねばって, のせて, のせないでは, のせるという, のせる予定, のぼされること, のぼす時, のぼせたらおそらく真に, のぼせまた, のぼせられるよう, のぼせられる場合, のぼせるべきもの, のぼった俳優, のぼっては, のぼらなくなった, のぼり政治的, のぼるか, のぼるまえには, のぼる五ヵ年計画, はいらした, はか, はなやかな, ひらりと, ふさがれて, ふる紙雪, ぶっ倒れ, まぎれも, みるの, よく似た, よく見る, コクを, ツイと, マイクを, ロンドンの, 一つの, 一人きりだった, 一役を, 一番近い, 上がって, 上がるばかりに, 上されたら, 上して, 上す, 上すには, 上する, 上せた, 上せたの, 上せた時, 上せられたこと, 上せられて, 上せると, 上せ卑俗, 上ったため, 上ったの, 上った役者, 上った生身, 上つたものが, 上らないこと, 上らない時, 上り来れり, 上るころ, 上るといふ, 上るなり, 上る事, 上る傑作, 上ろうと, 上演され, 上演した, 下りつくと, 下りると, 両手を, 並んで, 乗せたり, 乗って, 乗りだした, 乗り出した, 乗り出すの, 乗り込んで, 乱入し, 人間の, 付いて, 伏さった鐘の, 伏せられた鐘, 伴つて行く, 似たもの, 似た敷板, 佇んで, 何を, 何等期待を, 使いて, 使うよう, 使ひたる, 俯伏した, 借りた, 入って, 入り, 入りびたって, 入ろうと, 全く動作, 冷淡な, 出したの, 出した方, 出し大統領, 出たがり仕事, 出たくない舞台, 出たとか, 出た瞬間, 出てから, 出ないまでの, 出なかったとか, 出ぬこと, 出られないとか, 出られない長い, 出られね, 出るすぐ, 出るほか, 出るまで, 出るフランスの, 出る前, 出る小, 出る時間, 出る真際, 出入し, 出勤し, 列び仏, 列んだ姿, 初めて, 刻々の, 動いて, 即してるもの, 取つて, 口を, 合って, 同じです, 名残が, 向い立, 向かって, 向けたとき, 向つて使用, 向つて右側, 君の, 吸いつけられて, 呼びだされました, 咲いて, 唆られた, 嘲笑を, 在るかの, 坐って, 坐つて, 垂れ下りさき, 執り小刻み, 多少の, 夢中に, 大芝居, 奇々怪々事は, 奈落へ, 安置し, 実演された, 実物の, 実現する, 実際立った, 容れられないため, 尽くして, 居たん, 居た六, 展開する, 帰って, 幾分でも, 幾筋かの, 引きつけられて, 引出して, 引附けられた, 彼の, 恋人を, 情熱を, 憧れるもの, 懸けられること, 成功した, 戻つて, 戻り, 所謂装置なし, 押し出されないとも, 押出して, 拠る, 持ち越す無礼者, 据えたり, 掛けないつもり, 掛るの, 接しようと, 描き出すこと, 撒き散らしたの, 斎藤茂吉を, 於ける一切, 於ける並大名, 於ける俳優, 於ける俳優以外, 於ける神秘, 於てこそ, 於ても, 時の, 暗く速く展開, 曝して, 未だ嘗て見ざる, 本馬を, 来り門口, 来ると, 桜間金太郎氏の, 横行せしめた, 殆どそっくり, 殆ど何ら, 残った人々, 残って, 殺人の, 比較し, 求めた, 求めるもの, 求める歌舞伎, 江戸末期の, 活動し, 活気も, 流す涙, 溢れ真実, 漂ったメイエルホリド, 演ずる時, 濃くなった, 烈しき働, 特に季節感, 特別能, 現して, 現はれました, 現はれる, 現れただけ, 現れた破綻, 現れない, 現れました, 現れる加藤泰通子夫人, 現れる時, 現れ滑稽, 現わし, 現われ, 現われしこと, 現われたと, 現われては, 現われるや, 生き写しである, 生活が, 用いられる道具, 異様な, 発揮する, 登せても, 登りました, 登るそ, 登るに, 登る時, 登場させ, 登場しよう, 登場せられた, 登用しよう, 目に, 眺め入, 眼と, 私一人しか, 移して, 移植された, 穴を, 立たした今度, 立たせしかも, 立たせますよう, 立たせようと, 立たせること, 立たせるの, 立たせれば, 立たねば, 立たむか, 立たれると, 立たんよりは, 立ちこれ, 立ちたいという, 立ちたいん, 立ちたい希望, 立ちて, 立ちならべる大方, 立ちますと, 立ちみなさん, 立ち又は, 立ち得るの, 立ち自ら脚本, 立ち鍛えに, 立ったとき, 立ったら忘れたり, 立った人, 立った女優, 立った程, 立った素人能, 立っても, 立つ, 立つが, 立つその, 立つた人々, 立つた経験, 立つだけの, 立つといふ, 立つなン, 立つに, 立つの時期, 立つひと, 立つもの, 立つ一二, 立つ事, 立つ傍ら, 立つ有様, 立つ望み, 立つ決心, 立つ立たないは, 立つ筈, 立つ者, 立つ見込み, 立つ連中, 立てるが, 立てる身, 立とうかなどと, 端役ながらも, 精力を, 終始した, 絶望し, 置いて, 置くと, 美しい声, 美しい背景, 耐へ, 背を, 能く, 臨むという, 舞い込んで, 花の, 花道が, 若干の, 落ちたん, 落ちて, 虫一つ塵も, 蝋燭を, 表現する, 要求する, 見えないで, 見えないので, 見せつづけて, 見せて, 見られるやう, 見るだけの, 見る一例, 見入り耳, 見出さなければ, 見物に, 観衆の, 解放しなけれ, 誕生する, 諸外国, 赤黒い渦, 足が, 跳ねまわって, 躍らした, 躍らせるよう, 躍り出して, 躍る操人形, 転用する, 較や, 輝く金屏風, 近いよい場所, 近い方, 近い男女, 近い食卓, 近すぎ, 返つて, 退屈し, 通ずる出入口, 連れ出そうと, 適しない, 適用する, 選んだかと, 重大の, 長く残つた, 間が, 間近な, 関係の, 降りて, 限り全く, 集まって, 靉靆き, 面する桟敷, 鞠唄うたいし, 飛び上ったの, 飛出しても, 飾られました時, 馴らされた眼, 高く綱

▼ 舞台~ (697, 9.2%)

29 見て 9 眺めて, 踏んで 8 観て 7 見せて 6 見ると 5 休んで, 見つめて, 見るよう, 覗いて 4 作って, 踏んだこと 3 その時, はなれて, 去って, 見ながら, 見詰めて

2 [38件] すかして, つくって, ひろげて, みつめて, やめて, よく観察, 中心と, 予想しない, 作り掛, 公開し, 初めて観た, 利用し, 削り直せと, 前に, 占領する, 廻して, 引上げて, 御覧に, 持って, 指して, 散歩し, 横切りかける, 睨んで, 知って, 絶えず見せ, 置いて, 考えたり, 見せられて, 見たこと, 見るやう, 覗く, 読者の, 踏むこと, 退いて, 透して, 離れた, 面白くする, 飛廻りやがて

1 [510件 抜粋] あげると, あれほど, いったり, いつも寝室, いわば掃ききよめた, うしろに, うろつく, おいた八畳, おも, お江戸, かすめる, くるくると, くッ, ぐっと薄暗く, こさ, こしらえおわったところ, こしらえここ, こしらえたり, ご見物, さへ, しかけたところ, しずかに, しつら, しつらえ衣裳, しづかに, しまい込むよう, しました, しまふと, じっと見, すますと, すませて, その舞台, それぞれの, た, たのしむゆとり, たびたび見物, ちらと, つい昨日, つかい女, つかう時, つかったの, つくる一つ, つけしかも, つとめる, つとめる必要, つとめる気, できるだけ立体的, とおって, どうしよう, どこまでも, なしいつかしら, なして, ねらって, のし歩くの, のそのそ歩きまわる, のぞきますと, のぞき見するの, はじめて見物, はなやかに, はみだすほど, はみ出す程, ふみならしたいへん, ふむこと, ふんで, ぶらぶら散歩, みせて, みたの, みた時, みながら, みること, みると, めがけて, もう一度見, もう一度静か, もつこの, もつて, やめたの, やめたん, やめた理由, やめると, よくみ, よく三晩, よこぎる, よそに, わたしは, イメーヂとして, ギリシア近辺へ, トチッたり, パリで, ペルシアか, メイエルホリドの, 一幕並べる, 一心に見, 一応見まわっ, 一緒に, 一転し, 一面に, 七廻り廻らせろ, 上手から, 下から, 下がって, 下りて, 下りると, 下手へ, 与えよ, 与へ, 与へよ, 中心として, 予想した, 予想せざる, 二十畳ばかりとして, 二度しか, 二度までも, 云為する, 人が, 人生の, 人間と, 今に, 今日はじめて, 仕組まなければ, 仮想し, 休むこと, 休むやう, 休む事, 休む様, 休んだこと, 伝統と, 何とも謂, 何とも謂えぬ, 作ったの, 作った富豪, 作りあげること, 作りまして, 作ります, 作り出すこと, 作り私達一同, 使って, 使用する, 俟つ, 借りた一連, 借りて, 公表する, 公開した, 再現し得る, 凝視し, 凝視する, 刮目期待し, 制約し, 削り直さずおん大将, 創りあげる要素, 創り上げた, 創り出すこと, 創造し得た, 創造する, 力一杯に, 力強いもの, 力強く踏まえ, 動き得ないもの, 勤めい, 勤めた, 勤めたと, 勤めて, 区切る強い, 半ば廻し, 半回し, 半据ゑ, 単に演出者, 去ったあらゆる, 去つて, 去り御園, 取り扱わずもっと, 取巻いた大勢, 取材と, 叩きこわしたそう, 叩く音, 右手から, 向いたり, 含めた劇場, 呼吸し, 唄で, 唯一の, 回して, 囲む桐, 囲んで, 圧する所, 埋めて, 塗りあげる, 塗り上げた劇的天才, 売り物に, 変えた柬埔寨国, 変えて, 変化し, 外に, 外国に, 多少ビクビクし, 多彩に, 大きくまわす, 失って, 実現せん, 客席から, 対象と, 小山内先生演出の, 小走りに, 少しでも, 少しも, 展開するであらう, 屡, 崩壊させる, 工夫し, 左から, 左へ, 左右する, 巧く引つ, 師匠の, 幕を, 平ヶ岳の, 平気で, 幾つかの, 床の, 度外視し, 廃めて, 建て或は, 廻させて, 廻させました, 廻り道具, 引き下がって, 引緊めたであろう, 引込んで, 弥次り飛ばし, 張って, 当時と, 形成し, 征服した, 征服する, 待ち望んで, 待つの, 御つとめ下さいまし, 御存じの, 御見物, 心得た, 志す青年子女, 応用した, 急造し, 悪写実, 想像し, 意識し, 意識しなけれ, 意識する, 感じる努力, 懸命に, 手伝いに, 手本に, 打って, 投げる個人, 担いでろっ, 拝見に, 拵えるのに, 拵へ, 持たなかった, 指し, 指導した, 捨てた日本, 捨てて, 控えて, 提供したい, 撤去せ, 撰ぶこと, 攫ったヘンダスン, 放浪する, 斜めに, 明かるく, 昔ながらの, 昔に, 是非見たい, 最後に, 楽しく観た, 楽しみに, 構へ, 標準に, 横ぎり花道に, 横ぎり過, 横切って, 横断させ, 正面に, 此家の, 歩いて, 歩きまわっても, 歩き回って, 歩き廻つて, 歩く所, 歩く芸, 歴史に, 歴史にと, 求めるなぞ, 江戸に, 注意し, 注視した, 活かす, 海外に, 済まして, 滅茶, 滅茶滅茶に, 濁穢, 照らして, 照らすあかるい, 燃え立たせ俳優諸君, 甘く見た, 生気ある, 用意する, 発見します, 目がけて, 目指しては, 相手の, 真暗に, 眺めた, 眺めたらしく察しられるあたり, 眺めながら, 眺める教育, 眺め出した, 眺め終ると, 眺め舞台以外, 睨むと, 睨むよう, 睨めて, 瞶めて, 知らず知らず, 知るに, 示した, 示す語, 社会から, 神聖な, 私は, 移すこと, 移すため, 立てて, 等分に, 組立てたおれ, 絶え間なく, 締めて, 考えると, 考へると, 股に, 背景と, 背負って, 芝居に, 若い時, 荒さない為, 荷車で, 薄暗くし, 薬院中庄に, 行き過ぎて, 装うたる貴族的, 見い見い片手, 見ずに, 見せたい気, 見せたがるといふ, 見せた時, 見せはじめた, 見せようとして, 見せられちまって, 見せられ私, 見せる人, 見せ続けるだらう, 見た, 見たいとは, 見たが, 見ただけ, 見ただけで, 見たの, 見たり, 見た役者達, 見た時, 見た直後, 見た眼, 見つつ, 見つめるのみ, 見てまで, 見ても, 見ないうち, 見なるほど, 見ますと, 見ようと, 見られるもの, 見ること, 見るたび, 見るため, 見るにも, 見るの, 見る様子, 見る約束, 見ダメ, 見下して, 見下すやう, 見入った, 見入った時, 見守った, 見守るよう, 見物させ, 見舞台, 見込んで, 見返す, 見返す瞬間, 見送る時, 見限つたやう, 見限つたらしいの, 視詰めて, 覗きますと, 覗き見するの, 覗下す, 覗込むようにしていたっけ, 観せられて, 観たこと, 観たもの, 観ながら, 観なければ, 観なほ上演禁止, 観ようと, 観る際, 観れば, 観客の, 設え観客, 設けた, 設けた小野, 設けて, 設へ, 詩人の, 識る, 貸したの, 貸すがと, 賑やかに, 走りながら, 走りま, 走る鼠, 踏まえて, 踏まえること, 踏まして, 踏まずに, 踏ませると, 踏まねば, 踏みすすむ音, 踏みつづけて, 踏み何となく, 踏み抜いて, 踏むこと三十年, 踏むため, 踏むという, 踏むの, 踏むの機会, 踏むよう, 踏む時, 踏んだだけ, 踏んだの, 踏んだ一女性, 踏んだ十二三, 踏んだ揚句, 蹈む事に, 近づけること, 返せ, 退いた押鐘津多子, 退いた老, 退く決心, 退けば, 退屈に, 逐われた不幸, 通って, 通りかかりワーリャ, 通り抜けて, 造って, 造つてそこで, 造り周囲, 進行させ, 選んだもの, 選択し, 邪魔し, 重苦しくしかも, 重苦しくバラバラ, 開展したりき, 闊歩する, 闊歩せね, 降りて, 離れて, 離れない, 露す, 露骨に, 頭に, 飛びおりて, 飛び廻り曲, 飛んで, 飛退く, 飾り淋しい, 飾ることそのもの, 飾ると, 飾る名篇, 飾る小さき, 首里という, 駆け下りて, 駈けまわって, 駈け廻った, 駈廻り女の子, 験めて

▼ 舞台~ (465, 6.1%)

5 私の 4 あつた, 踊って 3 倒れて, 女に, 見て, 見ると, 見るよりは, 見馴れた書割, 観客の

2 [27件] あたしの, お京, すると, はたらいて, やって, やれるか, 何を, 倒れたと, 初演された, 古典的な, 女の, 始終憎らしい, 客に, 役者が, 気の, 演ぜられた, 演って, 目を, 立廻りを, 蛇を, 血を, 行われる実物, 見た, 見るの, 見るよう, 観たもの, 観ると

1 [377件] あなたの, あらうとは, ある程度不愉快, あれでは, あゝいふ, い, いっぱいに, いよいよ本式, いろいろな, うたうの, うたって, うたわせられまして, おきまり, おこなわれ例年, おどって, お目, か, かけ合ひで何, きたえた真理子, くりかえすこと, こういう役, この釣狐, これを, さういふもの, さう云, さして流行らせた, しかも扮装, しくじったと, しつかり見得, しばしば姿, すくっと, すぐに, すっきりと, する調子, その上, その姿, その艶, その華々しい, それと, それに, それも, それゆえ出し物も, それを, だそう, できないといふ, ときどきみる, どうした, ならば, なら本, なんか貴方, なんと悲し, はく銀色, また違った, まづ一, まるで支那芝居, みせたらそれ, みる, もって, やったブラック, やるの, やるよう, やる習慣, わたしの, われわれの, カンが, ガーリンの, スポイルされた, スポット, ズウズウ弁を, ツンと, テキパキやっ, バタフライを, フィナーレの, フランス劇の, ヘタバッたり, モスクビンが, モヘルの, ヨーロッパ各国に, レーヤーチーズと, ロレツ廻らず, 一人の, 一人滑稽な, 一度も, 一斉に, 丁抹の, 三十五万ドルの, 上下の, 上半身肌脱ぎに, 上半身肌脱ぎにな, 上演され, 上演される, 上演したれ, 下廻が, 二人の, 二十人ほどの, 人生を, 仕上げた女, 会員のみの, 伯竜の, 何が, 何もかも自然, 余興らくがきの, 使う勘平, 使う細引, 使う縫いぐるみ, 使う脇差, 使う腰掛, 使う藪畳, 使う金貝張り, 使う銀紙, 使って, 信乃が, 俳優が, 俳優の, 倒れたという, 倒れたとの, 倒れたの, 倒れたまま, 倒れた後, 倒れるの, 倒れるよう, 停止した, 傑作と, 催された月並能, 働いて, 働かせ, 働くという, 僕が, 充分に, 先代松本健三翁の, 光るくれえ, 八の, 公判が, 写真の, 出せなくな, 出場を, 分別に, 初公演, 剣の, 動く伎楽面, 勤めた僚友, 勤めながら, 化粧をこそ, 卒倒し, 即席記憶の, 口上を, 可なり, 台詞を, 同二十八日, 名のった, 名古屋の, 吹き出しさ, 吹き通し, 咳が, 喀血しちまっ, 喋ってるので, 喋られて, 嘗て演ぜられた, 在来の, 坐ったまま動き, 坐って, 城壁が, 声が, 売るもの, 多年相当の, 大いに色っぽい, 大がかりな, 大きい声, 大きな丸い, 大の, 大勢に, 大勢を, 大正以後の, 大魔術, 失敗した, 失敗する, 奈良の, 女優としての, 姉の, 孕独楽を, 安達に, 小さなそして, 小山内薫訳演出の, 少しく上づった気持, 山口淑子の, 幕が, 幕を, 役者と共に, 彼が, 彼女は, 御馳走を, 悲劇を, 情死者の, 慟哭した, 成功し, 成功を, 戦争の, 扮する, 提灯を, 放送室を, 散歩の, 新富座救助の, 旨い事, 昨日と, 最後に, 最期を, 未だ人々, 本雨, 柔弱低, 案外に, 椅子に, 楽屋の, 権八に, 欧洲中原の, 歌いたいという, 此所に, 歪められて, 死ぬの, 死ねれば, 殺されたの, 母が, 毎月又は, 気が, 気づかせられたもの, 気狂いに, 水を, 江戸中の, 決して見る, 泣いた涙, 泣き伏して, 活かさなければ, 活動写真の, 活躍し, 消えも, 混乱を, 演じられる人形, 演じ得ないわけ, 演ずる劇そのもの, 演ぜられたの, 演ぜられて, 演ぜられてること, 演ぜられました, 演ぜられるため, 演ぜられる一つ, 演ぜられる演劇, 演奏し, 狂言でし, 狐やら, 狐を, 猥褻な, 現代劇としての, 用いる付け髯, 用いる金貝張り, 田舎の, 男役であった, 白いガイコツ, 百合子が, 皆んなを, 目ざましい働き, 目ざましい奴, 相当面白く, 眠くなっ, 眺めるの, 眺める濃い, 着る衣服甲冑, 着る衣裳, 着る裳模様, 知りきった顔, 知る機会, 私らの, 秘かに, 稼いで, 稼ぐだけ, 稽古に, 稽古を, 突如と, 突然に, 立つ, 笑えば, 笑ったの, 第一列, 素晴しい, 絶えず道化, 緬甸の, 繋がれたの, 繰返して, 翁自身に, 考へちまった, 聞いたこと, 聞き覚えの, 能は, 脆くも, 腕組を, 自分の, 自転車競争の, 舞い始めたので, 舞うの, 舞って, 舞ふより, 舞台の, 色っぽい女, 芝居が, 芝居見物を, 芸較べ, 若宮が, 草の, 行なわるる演劇, 行はれた, 行われるの, 衣裳を, 被て, 裏が, 裸体を, 見せようと, 見せられる時, 見たあの, 見たが, 見たため, 見たと, 見た光丸, 見た艶麗優雅さ, 見た若い, 見ますとき, 見ようと, 見られると, 見る, 見るから, 見る事, 見る二人, 見る信濃屋, 見る女, 見る時, 見る気, 見る色男, 見る若, 見る黒紋, 見栄を, 見物席は, 親方に, 観せる芝居, 観た人, 観て, 観ても, 観名優, 観客から, 観客を, 観活字, 試演会飛入に, 議論する, 谷崎菊池両氏の, 赤い花, 足を, 踊ってたまま, 踊っては, 踊らせたらどう, 踊らせ歌わせる, 踊りながら, 踊りを, 踊るとき, 踊る柄, 踊子の, 踏み台に, 身ぶりよろしく, 軽くち, 辛いので, 逢うの, 遊ぶそれ, 遠くから, 鍵渡し式, 閻魔の, 音楽会で, 項羽と, 顔馴染みの, 飛んだり, 高砂を, 鴈治郎のを, 鷺娘を

▼ 舞台~ (342, 4.5%)

3 今度は, 例の, 前に

2 [13件] やがて昨日, よほど筋書き, 乱暴な, 人生の, 伝兵衛宅の, 完全に, 東京に, 現在の, 生活の, 相愛する, 真暗で, 進んで, 黒幕の

1 [307件] あまりに, ありますが, ある瞬間, いずれも, いつもかの, いつもより, いつも彼等, いつも暗い寂しい, いまうしろに, いやだ, おのずから兵部, お坊主さんたち, がっしりよく組, ぐっと調和, こっちで, この二階, この戯曲, この見物, さうは, しかし革命劇場, しばらくそのまま, しばらくは, すてられない, すべて戸締りを, すべて芝居がかりで, その上, その他の, その戦場, その時代, その近所, その間に, それが, ただいま百目蝋燭, ちょうど幕, ちょっと清書, つとまるから, づーっと, とても辛かっ, とにかく西洋, とんとんと, どうかと, ない, なか, なかつた, なかなか大人, なかなか根, なるべくその, なんと明暗, なんの, にぎやかで, のべつ明暗, はずむお客, ひらかれて, ひろまり波瀾, ほとんどことごとくが, ほとんど闇黒, ほの, まさにこの, また人間, まだあと, まだはじまらぬ, まだ日本, まだ昔, まっくら, まづ皆無, まるだし, みごとな, もう江戸, もう誰, もちろん西域, もって, やはりよく知った, やはり赤い, やめると, やるがい, よく喋舌, よしず, りっぱでした, わたしたちみんなを, アテネに, クラリ, チョンと, チヨンと, ツューラウという, テーブルを, バテレン信徒を, パリで, ブルガリヤの, プラツトフオームである, ペンキの, ホールを, ポポー, レビゾール, ロシアな, ロンドンに, ロンドンの, 一つ毎に, 一八六一二年彼女が, 一口で, 一回毎に, 一変しなけれ, 一日でも, 一般に, 万福寺の, 三幕目砂村隠亡堀の, 上手障子内に, 中, 中央よりも, 主に, 主役の, 之から, 二人が, 二度開い, 二階らしい, 京都で, 京間では, 今の, 今チャンドラナート・パープ, 今後しばらく, 今後寧ろ, 今日から, 今日よりも, 仮設の, 仲蔵も, 低くその, 佐四郎人形を, 何うかと, 何と悪魔, 何処でも, 何処までも, 倉座敷で, 僕が, 先妻マドレエヌの, 全く一変, 全体を, 八畳と, 再び丸天井, 再び浪漫的色彩, 再び薄, 凡ゆる, 切組描割で, 初まった, 判然しない, 別の, 前景の, 北半球に, 十六世紀に, 卑わいな, 南洋に, 又沈黙, 取り払われ三十人, 同じ入谷田圃, 同じ市長, 国民学校教師野中弥一宅の, 変って, 変わらねえ, 外国でも, 多少不満, 大きい, 大きいの, 大人の, 大体想像が, 大凡以前庚申堂や, 大変な, 大汗, 大膳ばかりで, 大荒れ, 大豪華, 大阪で, 天人だ, 奇妙に, 奉天に, 子供の, 安房よりも, 完全な, 実に役に立ちます, 実に急激, 富士裏附近時候は, 将来果して, 小高い砂丘, 尠く, 居所がわりに, 展開した, 山伏の, 幾度と, 庭であります, 廻って, 廻る, 強度に, 彼の, 彼自身を, 必ず常に人界, 必ず常に超, 急に, 急転し, 恋愛に, 恰も美学, 或は西洋, 戦場, 戦場舞台は, 戯曲の, 戸外に, 拝見しませんでした, 拳闘の, 数キロメートルの, 数多いソヴェト同盟, 数百倍に, 文学に, 新劇が, 新劇協会だ, 新式の, 新築された, 日本の, 明るく近くなく, 明暗空間観衆との, 明治と, 暗くならず, 暗くなりぬ, 暗くなる, 暗黒, 更に大きく, 月下の, 有楽座, 木造の, 本領外の, 村の, 東京の, 桜の, 横浜郊外に, 樫の, 檜で, 次の, 次第に薄暗く, 正方形であるらしい, 正面からばかり, 此瞬間を以て, 殆踏ん, 江戸川です, 決して面白く, 河沿いの, 活気を, 流石気持, 浅草公園の, 溜池の, 漠として, 漸次堕落, 無茶苦茶に, 無論同じ, 熱演主義で, 燃えるよう, 燈火の, 特定の, 現代日本の, 生きるもの, 申すまでも, 白ペンキ塗の, 直ぐです, 真っ暗である, 真暗に, 真砂座で, 神戸の, 私の, 空しい, 空に, 空虚, 空虚である, 突然暗転, 第一幕, 箱崎松原の, 紐育だ, 緊張し, 美しい幻象, 脚本上演の, 舞台でなく, 舞台でなくなった, 色づき濁った空気, 色づき濁つた空気, 花の, 薄暗く緋, 薄闇, 行儀わるく, 見ませんでした, 見られなくなる, 観せられないの, 言うがまでも, 記述の, 設けないが, 豪壮華麗なるほど, 赤や, 車軸を, 農民小屋の, 連絡なき, 配役の, 銀座街頭の, 鎌倉に, 長からず, 降霊術, 陰惨の, 陰惨や, 隅田川を, 霧に, 青天の, 非常に, 面白かつ, 頻りに進ん, 驚くべき多方面, 麺麭屋の

▼ 舞台~ (316, 4.2%)

25 出て 6 出ると 4 上って 3 あがって, 出た, 出る, 出れば, 持ち出して, 連れて

2 [21件] かけて, でると, 乗り出して, 会社員が, 出ても, 出ようと, 出ること, 向って, 寝た人たち, 来て, 来り, 歩いて, 殺到する, 片足を, 現われて, 登場した, 眼を, 立つて, 行って, 踊り出して, 飛びあがって

1 [221件] あがったとき, あがったの, あがりましょう, あがり胴間声, あがる, あがると, あがるの, あがるらせん形, あげて, あげますよ, いつと, おあがり, おしやられて, おっこちて, おりる階段, お稲荷様, かかる, かかる前, かかる足どり, かけつけ幕, かける, かけるだから, かけ上った, きこえら, こっちの, じっと眼, そのまま上げた, つくりものの, つれて, でる, でるという, でる衣裳, とび上って, とび出して, どなり込んだ話, ななめに, のぼって, のり出さなくっちゃ, はねあがりました, ひょいと紋付き, まともに, ゴーシュを, ドーンと, ビクビクし, ポタ, 一枚看板で, 上が, 上がって, 上がること, 上がる柄, 上せる, 上った, 上ったでございますが, 上ったといふ, 上ったの, 上つ, 上らうとして, 上らないで, 上らなくつちや, 上りお, 上る, 中折を, 乗り出すには, 乱入した, 二〇人の, 人形と, 代理として, 倒れた時, 光線を, 入り込んだ, 入る花道, 入る門, 出かけに, 出かけるやう, 出したところ, 出したらどんな, 出たがるの, 出たこと, 出たよう, 出たり, 出た時, 出ちま, 出づべしといふに, 出ては, 出ました, 出ましたところ, 出ますと, 出ようかな, 出られない, 出られなくては, 出られなくなった, 出られること, 出りゃシャン, 出るいや, 出るけいこ最中, 出るたび, 出るため, 出るという, 出るには, 出るの, 出るよう, 出るん, 出る前, 出る役割, 出る時大分キヤ, 出る機会, 出る程, 出る芸術家, 出る藝人, 出ろと, 出入りする, 出勤する, 出発した, 向いて, 向かって, 向けて, 向つて眼, 吹いて, 呼び上げられて, 喚く, 大きくうつしだされ, 姿を, 子供達が, 巨大なつくり, 差出して, 帰り中, 引っぱり出して, 引出して, 怒鳴る, 急いで, 惹き付けられて, 懸る途端, 押出した, 拍手を, 招くこと, 持ち出すより, 持ち込むこと, 持出しゃしません, 持出し見附柱, 捲いて, 描き出した空想, 散って, 整列し, 斜めに, 昇り橋懸へ, 来なさい, 来り久しぶり, 来ると, 楽屋へと, 気を, 決定的に, 浪が, 滑り出たの, 現すよう, 現るる, 現れたの, 現れて, 現れるの, 現われた, 現われたが, 現われると, 現われるの, 登った晩, 登場させ, 登場させる, 登場しよう, 登場する, 目を, 私と, 移し植えられたの, 空の, 突進した, 立たせたら縮まって, 立たないけれども, 立ちたいつて, 立った, 立ったが, 立ったら仮令, 立っては, 立つこと, 立つといふ, 立つなら立つで, 立つの, 立つ身, 立つ迄は, 立戻, 糶出さない筈, 背を, 行く道, 詰めて, 誘惑する, 赤い眼, 走って, 走つて, 走り別れる, 踏出して, 躍り出そう, 躍り出た, 軍人さんが, 転げ上がると, 近頃初めて上, 逃れ出して, 逐い遣られたもの, 通う村, 通ずる扉, 連れ出しは, 金春会の, 集まり宮城遙拝, 雑巾を, 靴で, 顕れる熊野, 飛びだして, 飛び出したが, 飛び出したの, 飛び出したもの, 飛び出した間抜け役者, 飛んで, 飛出したん, 駆け出て, 駈けて, 駈け出した

▼ 舞台~ (263, 3.5%)

8 あって 4 出来て 3 あつて, つくられて, できて, 変って, 設けられて

2 [16件] ある, なかった, まわると, 出来上つて, 廻る, 廻ると, 急に, 暗くなる, 気に, 江戸で, 煌々と, 現われたの, 私の, 詩人を, 造られて, 面白くない

1 [204件] あたし大事だ, あった, あったから, あったり, あっちへ, あつて鼓, あらわれだしたが, ありありと, ありそして, あるの, あるので, あるのに, ある程度観客, ある花道, あろうとは, いくつありませう, いつまで, いやな, いやに, おのきれいなかぶり, おもしろいといふ, かかる東京, くるくる廻っ, ぐんぐんずり, ぐんと引き立っ, こうまで, この日本国中, ございますので, さういふ方面, しきりに思われる, しつらえて, すぐに, すっかりかわる, すつかり, すむと, ずっと遠い, そういう形, そこで, そつくり僕の, それなりに, そろそろと, たった一人, だ, だらけきつて, ちっとも栄えねえ, つくられた, つとまろうか, できるよう, どんなふう, ないなど, ないの, なかなか広い, はっきり写っ, ひなびた造花, ひろげられて, また変る, また沸き出し, もてなくなる騒ぎ, やうやく, やたらに, パッと, ピカデリー劇場である, フランスだ, 一杯に, 不安でしょう, 二三度こはれ, 交る, 今までに, 今までの, 今日の, 伴うもの, 俄かに, 僕を, 先入主にな, 入用だった, 再び明るく, 出て, 出来たところ, 出来たの, 出来るらしい, 出来上って, 出現し, 創造される, 動く様子, 勝ちすぎる, 勤まらないの, 十分見物を, 半廻し, 単調で, 回って, 塹壕の, 変っては, 大きいこと, 大殿中層南面に, 天竺だった, 女優独特の, 始まって, 始まると, 実現される, 室内にでも, 寂しいの, 寸分の, 専門家に, 少しずつ, 展開された, 展開し, 常に拒ん, 幕あいには, 平原から, 平板に, 広ければ, 建てられその, 廻されてを, 廻ったみたい, 廻ってからが, 廻つたのを, 廻つて行く, 廻り出したらミシ, 引つ立たないわけ, 引緊まっ, 彼女の, 御殿の, 必要な, 怖いよう, 想像された, 想像できる, 懶れ, 成功すれ, 戯曲の, 抜けるほど, 持つ希望, 据ゑてあるやうな形だつた, 掛けて, 換って, 早く眼, 明るくなっ, 明るくなった, 明る過ぎる, 時を, 暗くなっ, 暗闇に, 暗鬱に, 最濃厚, 月光の, 有って, 欲しいと, 此の, 泉殿式の, 活気横溢出, 浮き出させて, 済んで, 済んでから, 牛肉屋の, 独立した, 狭いので, 狭くなっ, 甲の, 盛んに, 目に, 瞼に, 知らず識ら, 私達の, 空っぽに, 突然まつ, 立って, 立派に, 紹介され, 続いて, 聯想された, 臨時祭記には, 色彩を, 芸術的で, 華やかな, 著るしく, 薄気味悪い暗転, 衆人注意の, 行く手に, 表は, 装置衣裳を, 裸娘の, 要求する, 見える, 見せられるといふ, 見せるよう, 見られたらと, 見られるよう, 見る見る緊張, 見事に, 観客に, 踏み抜けるほどの, 踏めませんわい, 踏めるという, 転じると共に, 辛い, 近畿で, 進まうと, 進むにつれて, 違うから, 開展した, 顰め面, 驚歎の, 高くて, 高く見えた, 鼻の

▼ 舞台から~ (159, 2.1%)

3 花道を, 身を 2 下りて, 帰って, 持って, 昨日始め, 消えて, 走って, 飛び出して, 飛んだつもり

1 [137件] お客に, きいたインド, ここ久保本の, これほどまでの, さへも, すぐ近く, すこしは, すこし遠のい, とびおりて, はみ出て, みるならば, ノルウエ人ならぬ, フーッとは, 下の, 二ヤードばかりの, 二本の, 仏前に, 伸びあがった, 何か, 何が, 何ものかを, 何等の, 例の, 俳優が, 傘さして, 僕たちは, 出て, 出る音楽, 去って, 呼びかける何もの, 呼びよせ衣服, 堂上へと, 墓所じゃ, 夜会服の, 奈落に, 姿を, 客の, 客席へ, 客席へと, 客席まで, 客席を, 小説の, 少しでも, 帰ると, 引きあげて, 引込んで, 引退し, 引離して, 影を, 彼の, 後跳び, 情の, 感得した, 抜け出して, 拝見いたしました, 挨拶を, 放さずに, 文学を, 日本女の, 林成年が, 桟敷や, 楽屋の, 橋がかりへ, 法月弦之, 流れて, 消えうせて, 消えたとき, 消えた役者, 消えた橘八郎, 消えた踊子, 消えると, 消え去ったとき, 消したの, 消して, 溢れて, 生れるもの, 疲れて, 直接影響を, 相場師が, 眼を, 祝辞を, 笄を, 精い, 締め出しを, 美を, 聞えて, 聞くこと, 脱け, 色々の, 艶や, 花道をずつと, 芸術的に, 落っこちそう, 落っこちる心配, 葬られねば, 裏へ, 見えなくなって, 見ると, 見上げた時, 見所まで, 見渡した土間, 見物し, 見物席へ, 負けずに, 追いだされたあの, 追いだされて, 退いて, 退却し始めた, 退場し, 退場するであろう, 逃げ出しました, 遠いところ, 遠ざかつたか, 遠ざかり舞台的生命, 遠ざかる作家, 降りて, 離れてると, 青年俳優の, 響いた, 頭が, 飛びおりさうに思う, 飛び下りたつもり, 飛び下りた積り, 飛び下りて, 飛び下りようと, 飛び出しそう, 飛び降りたつもり, 飛び降りたよう, 飛び降りる気, 飛び降りる気持, 飛んだ気, 飛んで, 飛降りたつもり, 飛降りると, 駆逐され, 駆逐しよう, 駆逐せられ

▼ 舞台では~ (150, 2.0%)

2 お綱, 今丁度, 善人ばかり, 夫婦の

1 [142件] あのよう, あの派手, あの黒川, あの黝, ありましたが, ありませんよごれますわ, あり得ないの, あるが, いかに名人, いとど可憐, お神楽, かなり美しかっ, そこに, そのとき, それゆゑ刻々, たしかに三つ四つ, ない, ないかという, ないが, ない独り演説, なかつた, なく, なくこの, なるべく赤い, にわかじみた, にわかぢみた, まだ信吉, まゆみが, むずかしい, もう, もう妙子, もう始まっ, アテナの, アルマンを, コメディ, コーラス, シンミリした, ターバンを, トルトウスカヤ舞踏団の, ピエロに, ピシーンピシーンと, ベズィメンスキーが, マルグリットの, 一つに, 一人の, 一刻も, 一向才能, 三国志の, 三平等の, 不可能な, 主役の, 二十世紀茶釜が, 人々の, 今し, 今前芸と, 今夜の, 今死んだ, 仕出し根性を, 以下も, 任原が, 何か, 何が, 何を, 余興を, 倫理観から, 全く軽演劇, 全然変った, 動きの, 化石の, 十三から, 十四日の, 十幾年前と, 半裸体, 南洋踊りという, 原作の, 喧嘩場から, 嘗て試みられなかつた, 大判事清澄, 大成功, 大胆千万にも, 失敗である, 始終, 子供の, 幕が, 幡随院長兵衛だ, 平気な, 引続い, 当日の, 想像の, 成功した, 拙い音楽, 拝顔の, 政党こそが, 新作の, 春の, 春風小柳という, 昼田楽十番を, 暴君鴈治郎に, 本間教子の, 椿姫が, 次の, 歌ひ, 正宗白鳥徳田秋声国木田独歩真山青果二葉亭四迷の, 死んだ石, 殆ど見る, 海土蔵の, 演劇的に, 無数に, 牡丹の, 現は, 留じいさんが, 盛んに, 睨みの, 空中に, 立ち廻り, 築地座の, 精力絶倫だつた, 細面に, 肝腎の, 脇役の, 色の, 芝雀, 花の, 菊五郎の, 華やかに, 蛙の, 表現されず, 表面に, 見られない, 見られない活, 見られなかつた演出上, 見られる, 見るが, 見物の, 誰が, 赤星ジュリアが, 長髯, 間狂言の, 随分長い, 顧みられて, 飛び上るよう, 高田せい子舞踊研究所の

▼ 舞台~ (127, 1.7%)

5 なって 2 して, なったの, なる, なること, 同じよう, 客席とを, 楽屋の, 見物席の, 観客席との

1 [104件] あんなにいき, いえる観, いわれた向こう, この雰囲気, したせい, したならば, したもの, したメロドラマ, したロマンス, した叙事詩, し十数年間組織的詐欺, し背景, すること, するもの, する事, する巧妙, する新, する流行歌謡曲, する狂言, する筋, する論者, せるため, ぜんぶの, どこか, なったけれども, なったこと, なったその, なつた, なつて, なりあるいは, なりそこ, なりて, なりぬ, なるであろうか, スクリインとに, スクリーンとの, 不思議に, 云うの, 云うもの, 人体力学とで, 仮面仮面と, 伝六が, 作品との, 俳優なら, 全く異, 別れる, 号するもの, 名づけたもの, 向かい合った, 喝采が, 地とでは, 客席を, 平時との, 廊下とは, 弁慶は, 役者とに, 心がけの, 戯曲とは, 文学との, 新劇畠の, 映画と, 書き割り, 桟敷で, 楽屋裏とを, 機会を, 歌舞伎座案内所の, 歌舞伎芝居の, 比較し, 瀕死の, 火事場と, 無理の, 申すべきで宝塚, 睨めつくら, 神殿との, 私との, 緊しく, 能狂言の, 自分との, 自宅とを, 舞台うら, 若い観衆, 見たつる, 見傚, 見物とが, 見物とは, 見物席と, 見物席との, 見較べて, 観客との, 観客とを, 観客を, 観客席とを, 観客席の, 観客席は, 観衆とを, 観覧席との, 言うて, 謎の, 違つて距離に, 違ふ, 釣鐘が, 関係なく, 面して, 高坐

▼ 舞台監督~ (124, 1.6%)

3 としての博士, と俳優 2 としての自分, と作者, の技倆

1 [112件] から独立, がその, がどんなに, がゐる, が作者, が出来, が劇場主, が喙, が教師, が整備, が文学者, が脚本演出, たり劇場支配人, たるヘル・プロフェソル, たるマネーヂヤー, たる水蔭, だの振りつけ, であり俳優, である, である必要, です芸術家, でなければ, でもさうです, でも一人, で指導者, とか照明, としての責任, として今度, として将, として知つて, として聞えた, とは何, とをし, とを兼ねた, と同等, と衝突, などは一度, なり楽長, について, にでも叱られた, になられる, になりたい, になる, に徹夜, の, のお許し, のさし, のみじめさ, のアントワン, の上山草人, の上手下手, の下手, の代理, の傀儡, の優れた, の助手, の助言, の台帳, の奇智, の役目, の悩み, の想意, の意向, の意志, の意見, の所謂, の指定, の操縦, の権限, の機転, の気, の準備, の第, の職能, の腕一つ, の花房一郎, の談義, の責任, の門, の鞭, の鳴らす, はきさく, はこの, はこんな, はその, はなかなか, は一座, は上等, は何やら, は前, は十五場, は大体, は学者, は強, は気の毒さうに言, は狼狽, は理由, は自分, は舞台, ばかりで, までが, もこれ, も亦, も人, も劇場経営者, も芝居, らしい男, をした, をやられ, をやる, を問題, を引受けた

▼ 舞台~ (100, 1.3%)

7 の人物 4 では, の妖気 3 の写実主義, の効果 2 の所作, の翁, の言葉, の革命

1 [71件] から消えうせる, で, でその, で仕組ん, で同時に, で変形, で拍手, で活躍, で演じた, で演出, で走つ, と興行上, においては真実, にのみ働かす, に人間, に放射, に於ける, に未だ嘗て, に横行, に活かし得る, に発散, に示す, に美, に表現, に躍動, のフアンテジイ, のマンネリズム, の一役, の人材発見, の修業, の修練, の俳優, の凡て, の出来事, の刃傷, の口, の同じ, の命脈, の大額, の女性生活, の娘, の実現, の幕霞, の形, の感覚的効果, の扮装, の旅行, の時間, の最高顧問格, の機械的装置, の河原崎権十郎役, の演出効果, の獅子王, の生命, の生命感そのもの, の生活衝動, の発見, の約束, の統一, の絵画的効果, の練習, の聖人, の自分, の芸, の距離, の酷評, の隅々, の首領, の鼻, より望とき, を右往左往

▼ 舞台装置~ (100, 1.3%)

3 のこと, をやる 2 に金, のよう, の中, や何, をなさる, をやっ

1 [82件] がいる, が出来上った, が飛びつく, じゃ百姓, だと, である, である安, ではもう, で上演, で蒼白く, で貴族, とか舞台監督, とか衣裳, とこの, として古典, とその, とともに快く, とは人目, とリアリスティック, と云, と衣裳, などすべて, などにどうしても, なんぞをなさる, にこりすぎる, について最後, にも衣裳小道具, にやや, に煩わされ, に関する質問, のひな, のプラン, の変つた工夫, の外, の手伝, の手配, の模型, の機械的進歩, の法, の点, の美術的効果, の背景布, の芸術的革新, の著作権, の見すぼらし, の責任者, の遊戯, の階段, は, はたいがい, は平凡, は概ね, は米斎君, は著しい, は見物, は誰, めいた小, もあっさり, もする, もなすった, も少々, も絵画, や不体裁, や台本, や多彩, や女優, や役者, や演出, をする, をなすった, をはじめて, をまたは, を他, を作った, を取りかえる, を変え, を展開, を想い出す, を施す, を米斎君, を見る, 第五場

▼ 舞台には~ (82, 1.1%)

2 もう厭, 人影も, 桜の, 華やかな, 閻魔の

1 [72件] あかあかと, いって, うんとある, かかる登場者, このとき聖壇, しばらくの, じかに光, すでに狼狽, その噂, その後もずつと, ただ屏風, ちょうどいい, とうてい乗らない, どっしりと, ない, なにごとも, なにも, なんともいえぬ, なんの, のぼせられないぢ, ひとすじの, ふたりの, まことにあ, もう楽人, エンディングという, デスクに, ピエロが, 一方から, 一疋の, 一面に, 二人の, 今神楽司の, 伊藤痴遊君が, 出ませんでした, 割合に, 古びたビロード, 多いの, 季節に, 小姓一人のこっ, 小鳥が, 幕が, 強い憧れ, 役者を, 彼の, 後見人が, 悪く納つた茶室, 惹きつけられても, 明治の, 時ならぬ, 晴着を, 椰子の, 毒々しい更紗模様, 法王の, 注意を, 渓流あり, 立ったが, 立てませんよ, 絶対に, 緑色の, 美しいかざり, 花園に, 茸の, 蝋燭の, 見られない真剣, 誰と, 誰も, 赤青黄色と, 過去の, 鉄の, 降りしきる雪紙, 隣間近なり, 黄色ッぽい

▼ 舞台稽古~ (64, 0.8%)

4 の日 3 の時 2 の話, へ十一時前, 始まる, 第二日

1 [49件] かメルズリヤコフスキー小路, があった, がある, する, だと, だ十時, でヘト, で冴子, となる, なり, なれば, にか, にくちばし, にもまた, にゆく, に来ない, に立ち, に費した, に馳, のある, のま, の前日, の晩, はとうとう, はまだ, は三時, は五, は十二時, は午前六時半, は最後, は衣裳, は間もなく, へブッツケ, もあり, も怠り, をし, をした, をのぞき, をみる, をやっ, を一昨日, を終え, を見せた, を見た, を見る, 無し, 第一日, 終ったの, 終って

▼ 舞台~ (56, 0.7%)

3 花道も, 見物席も 2 客席も, 広く思はれ, 生活も

1 [44件] あり, ある, あるしね, あれで, いさ, さうだが, その十九年あたり, つづいて, とかく休みがち, どう変っ, ひとかたまりに, ふだんもちッとも, みて, ゆるぐばかりの, よく出来た, ろくろくに, ダレた, ダレたがる, プログラムの, 一二ヶ月前に, 丁度その, 予想せず, 事実早期において, 余り見, 健全に, 出来て, 同様で, 同様の, 大きく回りかけ, 大き過ぎる, 宙に, 忽か, 映えるかも, 桟敷も, 毎日見, 狭いし, 蝦夷奥州関東関西中国四国九州と, 見たしと, 見ないで, 見窄, 観衆も, 許されないので, 踏めるもの, 面白う見え

▼ 舞台姿~ (52, 0.7%)

2 のまま, の写真, をそのまま, をたしかめる, を見

1 [42件] から着想, か何, がどうやら, が恋しく, が福岡, である, でお, でもお, とはまた, などが胸, などに胸, にこがれ, にそんな, にどうも, にソックリ, に似, に出, に別れる, に贔屓, に迷っ, のタキシイド, のポーズ, の彼女, の維盛卿, の逢痴, はあんなに, はその, もイヤ, も拝見, も見, や豆写真, をいよいよ, をば衣裳, をみた, を一度, を回想, を描き, を私, を見せた, を見る, を連想, を長い

▼ 舞台~ (47, 0.6%)

2 が完成, としては殆完全, の持主, の立派, はよく, は今

1 [35件] がむしろ, がわたくしども, が美しい, だけへ精魂, で名前, で本当, というもの, とのひらき, にはその後十年, にもどこ, に凋落, に安定感, に対する記憶, に持たせる, に見覚え, のま, の下地, の写真, の善悪, の混合, の話, はたしかに, は持つ, は数回, は泣く, へすっと, へと判然区別, へ乗っ, もよし, よりはそうして, らしくなるが, を仰ぎ視た, を持っ, を持つ, を明り

▼ 舞台効果~ (38, 0.5%)

2 のため, を目標

1 [34件] ある服装, からいふ, が大きい, が違つて, たとえば悲劇, によって商業的, に相当, に置かない, のみを主眼, の十分, の大きい, の奥ゆき, の弱い, の統一上, はあるだろう, ははからずも, をあげよう, をあげる, をあらわす, をなし, を主として, を出す, を十二分, を収めた, を念頭, を挙ぐべきことであります, を挙げる, を生む, を発揮, を目指す, を考え, を重んじ過ぎ, を高めるべく, 殊に心理的境遇

▼ 舞台芸術~ (36, 0.5%)

2 である, の萠芽, を吾人

1 [30件] いづれを, から主, がこ, が従来演劇, が生れなかつた, といふもの, としての存在, として能楽, となっ, によって浄化, に一種, に於ける, に結びつけ, に絶えてない, の一分野, の個人主義, の分析的研究, の場合, の本質的要素, の研究, の組織, の魅力, はきつ, は一見, は欧米, は狭い, を創り出さう, を創造, を表現, を通じて人間

▼ 舞台として~ (30, 0.4%)

1 [30件] あつたらしい, 一見没交渉, 今の, 其上に, 其処に, 内地では, 占められて, 営まれる人間, 壮大なる, 展開され, 展開された, 屡伊豆の山, 山や, 巣鴨, 建設した, 恋愛と, 書かれて, 殆ん, 残されて, 津軽の, 演ずる劇的, 演ぜられて, 無競争選挙, 物騒を, 現代を, 直径六十フィートばかりの, 華々しく鎬, 華麗な, 雑誌は, 頻に

▼ 舞台でも~ (29, 0.4%)

2 さう

1 [27件] ある, あるから, あるまいという, くさい, この通り, そう, その当時, それに, もしも我々, サロンでも, スクリーンでも, 一つでした, 主役を, 人を, 何を, 公演を, 再現できたら, 割に, 半泣き, 場内の, 大辻大, 戯曲でも, 横顔が, 眠る悪, 石鹸を, 結構である, 見て

▼ 舞台俳優~ (28, 0.4%)

3 のうち

1 [25件] が交, が参加, だから, でありそれら, であり演劇, でなければ, でも, で間に合う, としては相当, として断然群, とは全然, と太刀打, と映画俳優, なしには, になりたいさうだ, のそれ, の演技力, の資格, はスクリイン, は当分, を志す, を追, を通じてまだ, 乃至は, 特に新劇俳優

▼ 舞台表現~ (28, 0.4%)

6 の進化 2 である

1 [20件] からもつ, が出現, が統一, だという, として成功, として頭, となっ, と現実的, なるもの, によってその, に成功さ, に行き, の一つ, の中, の工夫, の貴重, の関係, は俳優それぞれ, を見せるでありませう, を試み

▼ 舞台~ (22, 0.3%)

2 する為

1 [20件] から新た, が真面目, こそ劇道擁護, された, された堂々たる, された女, されなかつたかといふ, され世界, され彼, したもの, して, しようとして, し得るか, するほう, である, に堪へるすぐれた, の創造的全面, をもつ, を想像, を試み

▼ 舞台~ (21, 0.3%)

2 なるもの, に成功

1 [17件] だと, である, であること, でなければ, では, なの, なもの, にしろ, にといふ意味, にはこの, にはまだ, には心憎い, には未だ, にも様々, にも著しい, に何等創造, に処理

▼ 舞台芸術家~ (21, 0.3%)

1 [21件] がたと, が企図, である, といふ名, としてそこ, として新しい, として竹本義太夫, とは云, によつて, に一度, の一部, の手, の真摯, は一斉, は唯, は恐らく, は演劇, は経済的窮乏, は脚本, らしい特殊, を出した

▼ 舞台との~ (20, 0.3%)

2 間に, 関係を

1 [16件] あいだの, ちがいの, ちょうど中間, 交錯した, 席を, 提携へ, 板挟みに, 理想的な, 距離は, 辛酸を, 通路を, 違ひ, 間には, 間の, 関係について, 非現実的

▼ 舞台けい古~ (19, 0.3%)

2 だが

1 [17件] である, で十一時, で徹夜, とは言, にし, にクサ, に入った, の始まった, の時, の筈, の間, まだ間, もめちゃめちゃ, も自分, を見, 故ホテル, 済んだの

▼ 舞台~ (17, 0.2%)

2 楽屋の

1 [15件] スクリーンを, 仮装舞踏会の, 唄い方, 土佐まがいの, 天井土間貴顕の, 政治舞台の, 映画を, 書割の, 桟敷を, 楽屋で, 興行振りは, 茶番や, 議会だけ, 高座でも, 高座と

▼ 舞台以外~ (17, 0.2%)

2 ではまるで

1 [15件] では普通, では殆ど, で五代目菊五郎, で初めて, で着る, で自作, にはどちら, には一面識, に別に, に局限, に彼, のヴィアルドオ夫人, の他, の彼, の彼等

▼ 舞台一面~ (16, 0.2%)

2 の平

1 [14件] にかざられ, に乱闘, に争う, に垂れ, に散乱, に漲り渡る, に踊り出したら, の処, の広場, の雪, の青白い, を本物, 耀く緑, 荒れ狂うので

▼ 舞台全体~ (16, 0.2%)

1 [16件] が暁, としては渾然, としては観ない, にいくつ, に注意, のトオン, の効果, の印象, の相貌, の統一調和, の考案, の調和, の造型的, を作者, を入, を覆う

▼ 舞台開き~ (16, 0.2%)

3 も見 2 の狂言

1 [11件] とだけしか演ら, には六代目, には左団次, に出勤, に団十郎, に堂々, に大阪, の当時, の時, をなせし, を行い

▼ 舞台にも~ (15, 0.2%)

1 [15件] ある程度それ, おしみなく, かういふ, その顔, ピストルの, 上され, 上らなかったが, 出して, 出るよう, 出れば, 持たせなくっちゃ, 本質的に, 登場した, 立つといふ, 舞台裏にも

▼ 舞台より~ (15, 0.2%)

1 [15件] この俳優的空想, この南條さん, もっと物, 一層スクリーン, 二階の, 以上の, 客席の, 歴史の, 流行と, 移して, 考証家と, 足を, 長く敷いた, 隣席の, 面白かつ

▼ 舞台装飾~ (15, 0.2%)

1 [15件] について, に凝り出した, に新, の実際, の必要, の最近傾向, の研究, は前, は決して, は由来, もその, も亦, を生み, を職業的背景画家, を話しだした

▼ 舞台正面~ (14, 0.2%)

2 に道, やや右手寄り 1 だけが歴史, にただ, に出, に大きく, の天井, の簾, は座敷, は樫, を切っ, 小高き丸石

▼ 舞台という~ (13, 0.2%)

2 のが, のを 1 ジャーナリズム様式の, 事に, 四角い箱, 四角い限られた, 段取りな, 特別な, 異なった性質, 祭壇を通じて, 腰な

▼ 舞台における~ (13, 0.2%)

1 [13件] メリザンドの, 両役者, 並大名を, 女性であった, 実朝, 居丈, 幻想を, 怪談は, 暗さ, 極端なる, 源之助の, 神秘なる, 行動力は

▼ 舞台そのもの~ (12, 0.2%)

2 の進歩 1 から, が個性, が土俵, が観衆, の上, の劇的魅力, の構造, の笑顔, はマットウ, を非常

▼ 舞台~ (12, 0.2%)

1 [12件] から誘い手, が何, つたのです, つた教壇を, つて, といったの, とか云っ, と思ふ, と折紙, と言う, なんていう, のと

▼ 舞台といふ~ (12, 0.2%)

3 ものは 2 ものが, ものを 1 のは, ものに, 仕組みは, 仲介なし, 特殊な

▼ 舞台一杯~ (12, 0.2%)

31 におり, にのさばり出し, にもつれ合った, に大きく, に手配, に暴れ廻る, に鳴り渡った, のもの, を動き

▼ 舞台中央~ (12, 0.2%)

1 [12件] には劇場主川上音二郎, には華麗, にポッカリ, に一列, に上手, に白樺, に立ち停, に立った, に組み立てられた, の天井, の幕前, まで運ばせ

▼ 舞台での~ (11, 0.1%)

1 [11件] やうに, ように, 冴子は, 友代の, 問答が, 大袈裟な, 役も, 日夜を, 歪んだ互い, 興行を, 芝居も

▼ 舞台とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] かくあるべし, かけ離れて, そうでしょう, より理想的, 別人の, 区別せられ, 反対の, 演技の, 申されない, 違うわ, 関係の

▼ 舞台よりも~ (11, 0.1%)

1 [11件] かず枝, その子, もつと, イイナ・ブルスカアヤを, サーカスや, 一そうすばらしい, 数等低い, 現実の, 生活の, 芸術的に, 遥かに

▼ 舞台しばらく~ (10, 0.1%)

7 空虚 1 は横笛, 空, 空し

▼ 舞台を通じて~ (10, 0.1%)

1 柳永二郎と, 生活を, 発表され, 示さるべきもの, 自分が, 見事に, 観客に, 観察した, 観衆に, 静かに

▼ 舞台度胸~ (10, 0.1%)

1 がつい, がなく, が出来, で何食, というの, のある, のせい, は申し分, もなかなか, を末期

▼ 舞台装置家~ (10, 0.1%)

2 と帽子 1 が何とか, が芝居, であり演出家, の為め, はなるべく, もあり, も随分, をし

▼ 舞台生活~ (9, 0.1%)

1 といふもの, の上, の経験, の裏, はどう, は察しる, は華やか, をし, をする

▼ 舞台~ (9, 0.1%)

1 と限つて, のもの, の作り笑い, の教壇, の浴衣一枚, の現代服, の緞子, の通常服, の靴

▼ 舞台的生命~ (9, 0.1%)

2 を創造 1 が発見, が稀薄, たり得る, のリズミカル, はある, を保つ, を失つた例

▼ 舞台~ (8, 0.1%)

3 のだ 1 ので来月, ので興味, のに何, んだ, んです

▼ 舞台において~ (8, 0.1%)

1 その弱点, もっとも豪胆活溌, シャイロックの, 初番, 咄, 発見しうる, 紫玉の, 羽衣の

▼ 舞台にかけて~ (8, 0.1%)

1 どこか, 見たら面白から, 見て, 見なくては, 見ると, 観客の, 話を, 退屈で

▼ 舞台にて~ (8, 0.1%)

1 卒倒しつ, 室は, 家の, 日本全国人に, 時事新報記者ひよこ, 脳溢血を, 負傷し, 道成寺の

▼ 舞台化粧~ (8, 0.1%)

1 が一層, のまま, の奥, をすれ, をザッ, を拭き落す, を施す, を落した

▼ 舞台的成功~ (8, 0.1%)

2 によつて, を収めた 1 となりました, などあつ, に刺激, の陰

▼ 舞台である~ (7, 0.1%)

1 からである, けれども河岸, ことは, といわれ, のか, もしかりにあの, 日その

▼ 舞台への~ (7, 0.1%)

1 やるせない想い, 交渉が, 出しかたを, 反動と, 呼応であります, 情熱を, 関心を

▼ 舞台へも~ (7, 0.1%)

2 寝たん 1 どつた, のぼせられると, 出たこと, 出ないよう, 立つよう

▼ 舞台~ (7, 0.1%)

1 におなじ, に頑張っ, の一隅, の椅子, の自席, は柵, 幕と

▼ 舞台廻し~ (7, 0.1%)

1 がいない, だと, というよう, の役目, の策士, を以て任じ, を菊五郎

▼ 舞台的魅力~ (7, 0.1%)

1 としなけれ, と混同, なるもの, に酔, の数々, は結局, を素直

▼ 舞台~ (7, 0.1%)

1 が並べられ, に着かえ, のまま, の帯紐, の振袖, をつけ, を調べ

▼ 舞台衣裳~ (7, 0.1%)

1 にお金, に働かす, の華やか, はダンディ, を含め, を片付け, を着た

▼ 舞台うら~ (6, 0.1%)

1 から見, にさがっ, にのこし, には小さな, にひとり, のざわめき

▼ 舞台じゃ~ (6, 0.1%)

1 ありません, はかまを, 天人に, 平気な, 棒に, 負けて

▼ 舞台なら~ (6, 0.1%)

1 そのコスチューム, それでいい, サアサアサア, 兎も, 尚結構, 諸事に

▼ 舞台なり~ (6, 0.1%)

2 スクリーンなりの 1 シーンなりを, スクリーンなりに, 俳優なりの, 或は映画

▼ 舞台まで~ (6, 0.1%)

1 弟子の, 張り出して, 続く, 舁が, 血汐に, 行くこと

▼ 舞台下手~ (6, 0.1%)

1 から少年少女, にちょ, には大きな, に坐り, に走り去る, より庭先

▼ 舞台写真~ (6, 0.1%)

2 の絵はがき 1 とかまたは, をつなぎ, を挿入, を集め

▼ 舞台指揮~ (6, 0.1%)

1 と舞台整備, について, に関して共同, をなす, を或, を需め

▼ 舞台監督者~ (6, 0.1%)

1 であつ, ではない, といふ者, と見, の資格, を一人

▼ 舞台なる~ (5, 0.1%)

1 ものが, ものに, ものを, 以前の, 空間的制限と

▼ 舞台について~ (5, 0.1%)

1 完全な, 打合せそれから, 演出上の, 無遠慮な叱, 語り得るやう

▼ 舞台へは~ (5, 0.1%)

1 やっとむりをして, 出なくなつ, 子供が, 現れて, 行くが

▼ 舞台~ (5, 0.1%)

1 で殺された, に抜け, の奈落, の日刈小屋, までは次第下り

▼ 舞台照明~ (5, 0.1%)

1 さえも深紅, のライト, の関係, の青, は消え

▼ 舞台的伝統~ (5, 0.1%)

1 があつ, といふ, とは何, を反映, を無視

▼ 舞台的因襲~ (5, 0.1%)

1 とは即ち, に囚, に拘束, に縛られた, の標準

▼ 舞台いっぱい~ (4, 0.1%)

1 によせ合い, に拡, に燃え上っ, の豪華絵巻

▼ 舞台うらで~ (4, 0.1%)

1 ピストルの, メランコリックな, 見送りに, 銃声

▼ 舞台~ (4, 0.1%)

1 何ぞの, 出稽古の, 舞台裏から, 蘆屋の

▼ 舞台こそ~ (4, 0.1%)

1 亡き先生, 先生が, 惨めである, 異なれお

▼ 舞台であり~ (4, 0.1%)

1 かつは, その富士, バーナード・ショウの, 昔から

▼ 舞台です~ (4, 0.1%)

1 か, からそんな, って, ってね

▼ 舞台にでも~ (4, 0.1%)

1 いるよう, 出て, 現われるよう, 生れ変る事

▼ 舞台びらき~ (4, 0.1%)

1 には団十郎, には団十郎一門, に上演, の二番目

▼ 舞台へでも~ (4, 0.1%)

2 出て 1 つかって, 行って

▼ 舞台めいた~ (4, 0.1%)

1 小高い物, 感じだった, 抱擁を, 高壇

▼ 舞台わき~ (4, 0.1%)

1 にいた, に持っ, のうずら席, の細

▼ 舞台上手~ (4, 0.1%)

1 から下手, に立樹五六本, の横, まで逆戻り

▼ 舞台俳優志望者~ (4, 0.1%)

1 として再, の中, の組, を主体

▼ 舞台~ (4, 0.1%)

1 ではかれ, では幾度, の彼, の生活

▼ 舞台建造物~ (4, 0.1%)

1 が失われ, が白い, の実物, を持つ

▼ 舞台技巧~ (4, 0.1%)

1 が用, とをもつ, の冴え, は前

▼ 舞台明く~ (4, 0.1%)

2 なる 1 なりて, 成りて

▼ 舞台気分~ (4, 0.1%)

2 を高潮 1 の演出役, を作る

▼ 舞台~ (4, 0.1%)

2 一場に 1 一幕に, 二場に

▼ 舞台~ (3, 0.0%)

3 い古

▼ 舞台たる~ (3, 0.0%)

2 兄の 1 や飽くまでも

▼ 舞台だけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 明るく巨大

▼ 舞台だけの~ (3, 0.0%)

1 売り物じゃ, 役者だって, 芸名か

▼ 舞台であっ~ (3, 0.0%)

1 てこの, てそこ, て同

▼ 舞台であれ~ (3, 0.0%)

1 ば独白, 自分の, 苟くも俳優たる

▼ 舞台でし~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ている

▼ 舞台でなく~ (3, 0.0%)

1 てはない, なつた, 活字で

▼ 舞台とか~ (3, 0.0%)

1 俳優とかは, 或は劇場, 言ふ

▼ 舞台とも~ (3, 0.0%)

1 変つて居, 芝居の, 言うべき場所

▼ 舞台に対して~ (3, 0.0%)

1 た, 成太郎の, 無理な

▼ 舞台をば~ (3, 0.0%)

2 初めての 1 遺憾なく

▼ 舞台一ぱい~ (3, 0.0%)

1 にくりひろげられた, に眼, の出迎人

▼ 舞台協会~ (3, 0.0%)

1 の山田, の監督, の諸君

▼ 舞台及び~ (3, 0.0%)

2 演壇 1 映画の

▼ 舞台~ (3, 0.0%)

1 にならん, は琵琶湖, を何

▼ 舞台女優~ (3, 0.0%)

1 でなければと, としてたまたま, 気どりの

▼ 舞台左手~ (3, 0.0%)

1 から滄浪, は小高い, より旅姿

▼ 舞台~ (3, 0.0%)

1 をあなた, を保ち得ない, を重んじろ

▼ 舞台指揮者~ (3, 0.0%)

1 が稽古, たること, であり演劇教師

▼ 舞台~ (3, 0.0%)

1 の小高い, の柱, の開いた

▼ 舞台演劇~ (3, 0.0%)

1 の本質, の複製, の鑑賞

▼ 舞台的訓練~ (3, 0.0%)

1 の必要, を積ませる, を経た

▼ 舞台目がけ~ (3, 0.0%)

1 てふり, て投げつけさせる, て風

▼ 舞台空虚~ (3, 0.0%)

1 になる, のまま, の上手

▼ 舞台経験~ (3, 0.0%)

1 から云った, にもよりけり, を通して自分

▼ 舞台~ (3, 0.0%)

1 へずらせ来, へ行っ, よりファウスト登場

▼ 舞台近く~ (3, 0.0%)

1 に踊っ, に進ん, へ踊り

▼ 舞台革命~ (3, 0.0%)

1 の主潮, の蜂火, はかく

▼ 舞台革命家~ (3, 0.0%)

1 の主張, の興味, の試み

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 らへ, らを

▼ 舞台からは~ (2, 0.0%)

1 すでに何人, まだ台詞

▼ 舞台がかり~ (2, 0.0%)

1 でいう, の出

▼ 舞台じゃあ~ (2, 0.0%)

1 その色, 睨が

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 がたに, がたの

▼ 舞台だけで~ (2, 0.0%)

1 考へても, 見ても

▼ 舞台だった~ (2, 0.0%)

1 のである, のに違い

▼ 舞台だって~ (2, 0.0%)

1 あんな大きなの, 見て

▼ 舞台でした~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 舞台でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば見せられない

▼ 舞台とでも~ (2, 0.0%)

1 いうもの, いふ風に

▼ 舞台どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, ですか

▼ 舞台なぞも~ (2, 0.0%)

2 設けられた二百畳

▼ 舞台など~ (2, 0.0%)

1 眼中に, 頭に

▼ 舞台などが~ (2, 0.0%)

1 出来て, 導きにな

▼ 舞台などは~ (2, 0.0%)

1 眺めなかつた, 見る気

▼ 舞台なりし~ (2, 0.0%)

1 牛若の, 装束を

▼ 舞台なれ~ (2, 0.0%)

1 ばさして, ば実在

▼ 舞台においては~ (2, 0.0%)

1 ただ幕ごと, シテなにがし

▼ 舞台にかけても~ (2, 0.0%)

1 わからぬこと, 面白くない

▼ 舞台については~ (2, 0.0%)

1 別段に, 徒に記事

▼ 舞台にとって~ (2, 0.0%)

1 最もふさわしい, 神の

▼ 舞台にまで~ (2, 0.0%)

1 引き出すこと, 登場し

▼ 舞台のうへで~ (2, 0.0%)

1 姫君の, 朗読を

▼ 舞台ばかりに~ (2, 0.0%)

2 気を

▼ 舞台へと~ (2, 0.0%)

1 進みました, 間もなく現れた

▼ 舞台みたい~ (2, 0.0%)

1 になっ, に何時

▼ 舞台よき~ (2, 0.0%)

1 ところに, 所に

▼ 舞台よりは~ (2, 0.0%)

1 その方, 見物の

▼ 舞台をも~ (2, 0.0%)

1 作者は, 踏んで

▼ 舞台上手寄り~ (2, 0.0%)

1 にそこ, に大いなる

▼ 舞台中継~ (2, 0.0%)

1 さもなければ講談, の時間

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 としての顔面要素, として活躍

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 に雨, の常

▼ 舞台全面~ (2, 0.0%)

1 に物凄き, の軍勢

▼ 舞台前方~ (2, 0.0%)

1 に引き出し, の

▼ 舞台前端~ (2, 0.0%)

2

▼ 舞台右手~ (2, 0.0%)

1 にはその, に立つ

▼ 舞台右手半分~ (2, 0.0%)

2 は広

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 の改革, ふ黒幕

▼ 舞台左手奥~ (2, 0.0%)

2 を流れいる

▼ 舞台後方~ (2, 0.0%)

1 には車, に現れ

▼ 舞台意匠~ (2, 0.0%)

1 について, の下図

▼ 舞台感覚~ (2, 0.0%)

1 ともいふべき, を喪失

▼ 舞台技術~ (2, 0.0%)

1 と相, を生み出し

▼ 舞台普請~ (2, 0.0%)

1 の話, をほぼ

▼ 舞台条件~ (2, 0.0%)

1 から来る, である程度

▼ 舞台構造~ (2, 0.0%)

1 であります, にはギリシア劇

▼ 舞台様式~ (2, 0.0%)

1 の紹介, を想像

▼ 舞台横手~ (2, 0.0%)

1 のチョボ, の小

▼ 舞台深く~ (2, 0.0%)

2 天幕の

▼ 舞台演出~ (2, 0.0%)

1 それから観客, の高

▼ 舞台演技~ (2, 0.0%)

1 では到底, を見る

▼ 舞台的イメージ~ (2, 0.0%)

1 が戯曲創作, を咀嚼

▼ 舞台的効果~ (2, 0.0%)

1 を重要, 即ち声

▼ 舞台的完成時代~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ 舞台的拘束~ (2, 0.0%)

1 を転じ, を離れ

▼ 舞台的教育~ (2, 0.0%)

1 を授け, を施す

▼ 舞台的経験~ (2, 0.0%)

1 が発声映画, のある

▼ 舞台的脈搏~ (2, 0.0%)

1 が感じられる, を伴つて

▼ 舞台的臭味~ (2, 0.0%)

1 が生じ, を基調

▼ 舞台的表現~ (2, 0.0%)

1 である, によつて

▼ 舞台監督ジョルジュ・ピトエフ~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 舞台監督万能~ (2, 0.0%)

1 の時代, の風潮

▼ 舞台監督等~ (2, 0.0%)

1 が常に, のすべて

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 でもあった, でもあつ

▼ 舞台美術家~ (2, 0.0%)

1 が考案製作, などがそれぞれ困難

▼ 舞台脚本~ (2, 0.0%)

1 と映画脚本, の場合

▼ 舞台花道~ (2, 0.0%)

1 が出来, には百目蝋燭

▼ 舞台花道楽屋桟敷~ (2, 0.0%)

2 のるゐすべて皆雪

▼ 舞台芸能~ (2, 0.0%)

1 と宴席芸能, も古い

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 舞台~ (2, 0.0%)

1 の人達, の畑

▼ 舞台馴れた~ (2, 0.0%)

1 演種に, 藝人の

▼1* [346件]

舞台あると否, 舞台あるいは幕裏の, 舞台いつもの処, 舞台うしろ高輪の海, 舞台うす暗くなりまた, 舞台能の, 舞台お伝は囃子方, 舞台かけで村, 舞台からになる, 舞台からの乗込みである, 舞台からのみ戯曲創作の, 舞台がちやんと, 舞台ぐらいの大きさ, 舞台けい古一景を二度宛, 舞台けい古十二時すぎからと定, 舞台けい古扮装でちゃんと, 舞台けい古楽屋も冷房, 舞台けい古珍らしく道具, 舞台これが楽屋, 舞台これからの新劇, 舞台しらへの, 舞台ごと奈落へずりこむ, 舞台さえ必要の, 舞台ている, 舞台すこし暗くなる, 舞台すこしく明るくなる, 舞台ずれがしてやがる, 舞台せましと大, 舞台そういう場所が, 舞台そっくりの照明電気, 舞台そのままの可, 舞台それは一つ, 舞台ただ充満の古狐, 舞台たらしめむ事を, 舞台たりし彼, 舞台だけでも大変な, 舞台だけとは限らない, 舞台だけに山水は, 舞台だ思えば何, 舞台やありません, 舞台ってそりゃたしかに, 舞台っていうものは, 舞台つづいて第一人者, 舞台づらがよく, 舞台てめえを叩きつけ, 舞台であったことによる, 舞台できるのと, 舞台でござんすもの, 舞台でしか見たこと, 舞台とかがこの世の中, 舞台とかに上演し, 舞台とが異様な, 舞台としか思われずわけても, 舞台としての競技を, 舞台としては書けないこと, 舞台とで板ばさみに, 舞台とばかりは云えない, 舞台とをはんぶんに, 舞台と共に見物席の, 舞台どきようを, 舞台ながらもおとなしい, 舞台なぞ国宝級の, 舞台なりというもまたなんぞ, 舞台なんてものは, 舞台にかかつた, 舞台にかけてはいつも評判, 舞台にては幕が, 舞台にのぼつて, 舞台にばかりなずんで, 舞台によつて徐々に, 舞台に対してさえ賞賛の, 舞台に対しても同様その, 舞台に対する私の, 舞台に関する限り今までの, 舞台ああいう, 舞台のみを観た眼, 舞台のよこに, 舞台はいふまでもなく, 舞台はといふよりも, 舞台ばかりじゃないん, 舞台ぶりは一段, 舞台へかかつてゐる, 舞台の白く, 舞台ほどの明るさ, 舞台ほどもある広い, 舞台ほの暗く正面の, 舞台また少し暗く, 舞台までも見物が, 舞台めいている, 舞台ものここへ, 舞台やうやく赤く, 舞台やや暗し, 舞台らしい舞台を, 舞台われらのため, 舞台をさえ具えたならこれ, 舞台をとほり過ぎた爽やかさ, 舞台をのたつく悪習, 舞台をよこざる, 舞台を以て人生最大の, 舞台を通して見せると, 舞台を通じてのその表現, 舞台ッ子にさえわけ, 舞台見タ通リノ女装ヲサセテ, 舞台バナへ雨漏り, 舞台メカニズムの綜合的研究, 舞台ロクローの踊る, 舞台ワクのない, 舞台同合掌礼拝, 舞台一ぱい絢爛と飾られた, 舞台一場と同じ, 舞台一方の片隅, 舞台一面ナメまはす, 舞台三個処におおいなる, 舞台三段返し糶上げ, 舞台三間の間正面桜, 舞台三階総出大出来, 舞台上下に柳, 舞台上手石の鳥居, 舞台上東西には宝樹八株, 舞台並びに観客席の, 舞台中ごろが一番, 舞台中ざあと音がし, 舞台中大笑ひ客, 舞台中心の演劇, 舞台中毒かも知れない, 舞台事務所で宇野信夫, 舞台今日の俳優, 舞台以上にわたし, 舞台仮面劇もしくは舞台仮面舞踏, 舞台仮面舞踏である, 舞台俳優不信の声, 舞台側面の狭くるしい, 舞台公演が一ヶ月, 舞台再びもとの, 舞台凡てのもの, 舞台出入りの単純, 舞台出演料が十万円, 舞台刻々暗くなり, 舞台前景の向う, 舞台劇作家と演出者, 舞台労役の組織化, 舞台効果以外に能, 舞台効果等の考案, 舞台化粧以上に白く, 舞台化粧用の三番ピンク色, 舞台千本桜椎の実, 舞台半回り刑場の内部, 舞台印象を観客, 舞台取り分け鼻の, 舞台右手奥の方, 舞台右手寄りに切石, 舞台右手竹林の外れ, 舞台向きの特殊, 舞台四方の桟敷, 舞台回しになる, 舞台変ずれば役者, 舞台天井の鉄筋, 舞台好き更に精力絶倫, 舞台好みの文金高島田, 舞台なる楽, 舞台かげ子, 舞台容姿を歌舞妓的整頓, 舞台寄りの特等席, 舞台専用のもの, 舞台屏風の蔭, 舞台廻って三浦屋, 舞台廻ると宇都宮, 舞台徐々に移動, 舞台必ずしも時代遅れでは, 舞台に暗く, 舞台性強調曰く芝居は華やか, 舞台戯曲においてその, 舞台批評にくり返される, 舞台持ちの扇, 舞台挨拶にでも出る, 舞台据えらるべき, 舞台掛りの差出す, 舞台撮影を以て第一人者, 舞台改良家は恰も, 舞台放送教育という十項目, 舞台政治の芝居, 舞台も踏ん, 舞台整備とを含む, 舞台文芸部と役者以外, 舞台に並ん, 舞台映えのしない, 舞台暗くなる電光, 舞台暗黒となる, 舞台月光にてほの暗し, 舞台を着た, 舞台を上げます, 舞台栄えばかりを主眼, 舞台桟敷花道みな雪にて作る, 舞台楽屋万端取りかたづけの, 舞台楽屋住宅を持ち, 舞台横一面に腰, 舞台機構演出それらの組合せ, 舞台機構論戯曲論を映画専攻者, 舞台次第に暗くなる, 舞台正面三枚橋上下駒寄せ黒塗りに白く, 舞台正面下手寄りに廊下, 舞台正面中央の青, 舞台正面源右衛門の住家, 舞台正面質素な西, 舞台にうかび, 舞台の匂, 舞台溶明すると, 舞台演芸をそっくりそのまま, 舞台照明舞台衣裳を含め, 舞台熱心が一層, 舞台燦然として明るし, 舞台独特の魅力, 舞台じ来る, 舞台そっくりの, 舞台などの人々, 舞台登場するが, 舞台白粉の顔, 舞台的トリックに関する演技上, 舞台的リアリズムの追究, 舞台的価値が云々, 舞台的写実の妙境, 舞台的印象も亦, 舞台的失敗に終つた結果, 舞台的完成が必ず, 舞台的工夫を凝らさなけれ, 舞台的幻象の描き, 舞台的形式的のもの, 舞台的成果とみ, 舞台的成長にも拘はらず, 舞台的手段の発生, 舞台的手法を寛大, 舞台的暗示を受け, 舞台的材料を欠い, 舞台的条件がその, 舞台的構成についてある, 舞台的欠陥である, 舞台的独白の一見本, 舞台的生命感を盛る, 舞台的真実の把握, 舞台的習癖を不用意, 舞台的脈搏生彩ある魂, 舞台的興味の有力, 舞台的装置を取除い, 舞台的装飾舞台的設備は演劇, 舞台的見本を提供, 舞台的設備は演劇, 舞台的進化は近代, 舞台的野心を捨てる, 舞台的革命は演劇そのもの, 舞台的革新に役立つた, 舞台監督それらのもの, 舞台監督万能主義を支, 舞台監督万能論はかく, 舞台監督俳優並に舞台装置者, 舞台監督兼主役の吾輩, 舞台監督兼作者となった, 舞台監督助手が駄目, 舞台監督右側に居る, 舞台監督専用の見, 舞台監督畑中蓼坡氏の決定的功績, 舞台監督的な能力, 舞台監督舞台美術家などがそれぞれ困難, 舞台監督装置家道具方といふやう, 舞台真上の鉄骨, 舞台真中奥深に, 舞台真剣だが, 舞台真赤な幕, 舞台知識の根拠, 舞台研究者は一斉, 舞台禁止で幕, 舞台稽古これは関係, 舞台稽古並みの入り, 舞台稽古久しぶりで女形, 舞台稽古了って十二時, 舞台稽古二幕目の建築場, 舞台稽古十時開始といふ予定, 舞台稽古四の, 舞台稽古序幕から, 舞台稽古日には武者小路氏作, 舞台稽古見物に誘おう, 舞台稽古電話で渡辺はま子急病, 舞台等マールイ・ツェアトルのたるみ, 舞台紅色の靄, 舞台紐育をこれ, 舞台絵姿と題する, 舞台絵巻が如実, 舞台練習室に居りました, 舞台美術の研究, 舞台美術マネージャーに振附け, 舞台美術研究等の科目, 舞台群衆と比べる, 舞台背景と番組書, 舞台背景そのものが実地, 舞台能役者その他の敬虔, 舞台ともなる, 舞台舞台ですか, 舞台花道迫出し之は劇場, 舞台の上, 舞台芸術論から引離し, 舞台薄暗くなる, 舞台衣裳自弁であるが, 舞台表現上極めて低級, 舞台表面だけで底力, 舞台表面上の表現, 舞台装置その後しばらく間が切れ, 舞台装置万端の工夫整頓, 舞台装置大道具小道具の仕掛け, 舞台装置専門家のよう, 舞台装置機械化更に演劇, 舞台装置照明舞台効果等の考案, 舞台装置照明衣裳等の物資的困難, 舞台装置者の努力, 舞台装飾家である, 舞台装飾家今日までの音楽家, 舞台装飾見物席の設備, 舞台裏手でがやがや, 舞台ゆ, 舞台見ずやと指さしたまう, 舞台見所は勿論, 舞台設備の設計, 舞台設備等いうもの, 舞台認識の中, 舞台としての慣用, 舞台課長とし, 舞台諸事不行届きでありまして, 舞台かになり, 舞台趣向の笑, 舞台辰巳角に立つ, 舞台近所の或, 舞台進行といふ名, 舞台道具として三つ, 舞台道徳から見, 舞台の夕, 舞台間近かの客席, 舞台関係芸術家が何, 舞台へ引, 舞台によって養われた, 舞台があわただしく, 舞台音楽などです, 舞台顔はさのみ美しい, 舞台よ余り, 舞台風情を十分発揮, 舞台飾りがし, 舞台の匂, 舞台馴れて来た, 舞台