青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「至っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~自覚 自覚~ ~自身 自身~ 自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~ 至~ ~至っ
至っ~
~至った 至った~ 至って~ ~至り 至り~ ~至る 至る~ 至極~ ~致し 致し~

「至っ~」 2475, 24ppm, 4881位

▼ 至っ~ (1220, 49.3%)

41 いる 20 始めて 15 私は 12 いない, いるの 7 いること 5 いたの, いるが 4 いないの, おります, しまった, 一つの, 僕は, 彼の, 彼は, 自分の

3 [16件] いた, いなかった, いるから, いると, おらぬ, これを, それは, なおその, はじめて, わたくしは, 一種の, 乏しい, 二つの, 初めてその, 大に, 私の

2 [37件] いないと, いるという, おりません, お銀様, ここに, この書, それが, なお, はじめて人間, ひそかに, ふぐの, ますます猖獗, みると, ようやく, ようやくこの, よかった, 世の, 何の, 余地と, 初めて意識的, 初めて現われた, 初めて真, 初めて箱根, 外に, 幕府の, 彼が, 急に, 新しいこと, 欧羅巴の, 此の, 私が, 突如と, 竜之, 自分は, 良かった, 過大なり, 非常に

1 [949件 抜粋] あきらめて, あっさり賄賂止め, あまりにも, いい, いかに重大, いずれも, いたとは, いたろうか, いちじるしい変化, いないかの, いないが, いないので, いなかったせい, いまだ鳴かず, いや死因, いよいよその, いよいよ本格, いよいよ西欧, いようとは, いるけれども, いるひと, いる一箇, いる大体, いる点, いわゆる天皇制, おとなしいが, おめおめ帰りたくなる, おらないの, お前の, お絹, かえって遅れる, かすかに, かねて, かねての, かの桃林, がんりきは, ぐさりと, ことごとく粋, ことに増加, このよう, この二つ, この物語, この語, これほど, これも, こんな不思議, さほど世間, さらに主要, さらに詳しく, すぐさま破壊, すっかり感心, せいが, せば, そこで, そこで初めて, そのエネルギー, その一線, その問題, その大罪, その志士的口吻, その火, その筋, その解放, それに, それまでの, そろそろと, ただ肩, たちまち世, だね, だんだん隣人, ちらちら雪, ついに力尽き, ついに恐るべき, ついに有名, ついに鎌倉, とうとう私財, ときに, どうも勝手, なおこれ, なお世間, なお惑溺, なお眼, なお蝦夷, なお鹿頭時代, なるべく不都合, にやりと笑った, にわかに悟った, はじめていくら, はじめてさすがに, はじめてルネッサンス以来, はじめて八百屋, はじめて同地, はじめて常識, はじめて意識, はじめて折助根性, はじめて海浜往復, はじめて聞くべし, はたと動かなくなった, はっ, ひとりうらみなげいた, ぴたりと, ふと微笑, まさにミイラ, まさに月, ますます無口, まずこれ, またゆるやか, また熾, また行く手, まだ動かず, まだ日本, みれば, むつかしく時として, もう脉, もはや故国, もはや隠し切れなくなった, やっと今, やはり伊太夫, ゆっくり御, ようやく二, ようやく出版, ようやく右馬允貞盛, ようやく寛容, ようやく御, ようやく救護物資, ようやく権大納言, ようやく風力, よくなった, よもや漱石, わが身を, われ知る能わず, アタシが, イスラムの, イタと, エタという, エホバが, エルンスト・ファブリチウス博士, カミナリ組の, クリームばかりの, ストライキの, スールー海が, ダテと, ドチラにも, ドーブレクを, バクハツした, ヒダと, ホントの, マルサスが, ミノの, ヨブに, ロシア皇帝に, 一の, 一同が, 一層強度, 一昔前に, 一段とくつろぎ, 一瞬怨めし, 一般に, 七福神組は, 三人の, 三方損の, 下女も, 不器用に, 不規則であった, 世人に, 両者は, 両軍相引き, 主上に, 主役の, 九十郎一層, 二つに, 二千メートル近い, 二千名の, 五ヶ日間に, 人々が, 人々最後の, 人を, 人生の, 人間並の, 今や制御, 今日の, 他力宗に, 仲よく互いに全身, 伸子を, 何うにも, 何で世人, 何人か, 何故という, 余は, 作戦に, 侘しい家庭, 価値尺度財である, 便利な, 俄然私, 健吉くんを, 働きを, 優しいもの, 先生の, 全くその, 全く備わる, 全く唸っ, 全く声, 全く悪し, 全く気が付かず, 全局面, 全然覆えされた, 全部は, 公即ち, 六条村橋入口妙法院領三畝三歩の, 兵馬は, 其山に対して, 内蔵助の, 再び僕, 再び天, 再び接近, 再び現実的, 冷やかなる, 処世上変則の, 分ったこと, 分らないはず, 刑名, 初めてエリー, 初めてハッキリした, 初めて事, 初めて以前, 初めて公然と, 初めて哲学的方法, 初めて弁証法, 初めて性格, 初めて数百石, 初めて方便, 初めて日本, 初めて熱心, 初めて理解, 初めて真向, 初めて窮鼠猫, 初めて自重, 初めて言い得る, 初めて逆, 初めて高燥, 到る所, 前に, 北岐の, 匹偶を, 十年苦学の, 南より, 単純化の, 却って景隆, 又, 双生児の, 反抗が, 収入が, 只の, 右眼の, 合する, 名利を, 吹き出しました, 呉清源は, 和算の, 哲学論理学心理学など, 唖然と, 唯天, 四百余人の, 国民が, 地質学上の, 塩は, 墓碑祠堂成り, 変光星の, 多少変, 大いに怒り, 大いに相違, 大事ほとんど, 大坂江戸に, 天正の, 太子御, 失望の, 女軽業の, 如何なる智者, 妙な, 始まったこと, 始めて処置, 始めて新た, 始めて用語, 嫡子には, 孑遺無けん, 安全を, 完全に, 官窯は, 実は現実内容, 宣教師を, 家道衰え, 寝食安から, 審問に, 小生の, 少し, 少しく苦しまぎれ, 少年が, 居らずに, 川は, 左団次の, 左甚五郎が, 巨眼だ, 市区改正の, 師柴野栗山に, 平然たる面, 幼稚だった, 弱々しいが, 張道陵によって, 彼らの, 彼らは, 彼らを, 彼等の, 往々他, 後閑邸へ, 得体の, 御満悦, 心理学者が, 必ず拇印, 忠兵衛は, 念にも, 忽ち道, 思わず新聞, 恋愛至上という, 悲劇が, 愈々本当, 愛の, 感覚によって, 慶長の, 成ったとの, 成善は, 戦いの, 手を, 押すな, 振り返って, 探検時代から, 改めて, 政宗も, 政治, 教学局と, 文学上の, 新しいもの, 新緑に, 新規お, 日本へ, 昔の, 映画も, 春陽堂が, 普通の, 更に二百株, 更に其の, 更に新, 最も洗練, 最佳, 最早小事, 有機物が, 本人無上の, 本国の, 本来の, 本物に, 松前侯密貿易を, 枳園は, 柱上に, 査定通りの, 桃山文化という, 梓は, 検事の, 極まったところ, 極度の, 極点に, 様子を, 次の, 次第に認められ, 欲しいと, 正しいので, 正統経済学派の, 殊勝な, 毛色転じ, 民藝の, 民衆の, 気楽そうじゃ, 江戸の, 汽車は, 沖縄島に, 洋学の, 浄土欣求の, 浦塩から, 淋しい光景, 満腹が, 漸, 漸く出来上った, 漸く政所執事, 漸く結末, 漸く衰えはじめました, 烈しく旋回, 無慙な, 無関心な, 燕王国に, 物理学の, 物資補給船二隻を, 特にそうだ, 犬が, 猶存, 玉石の, 珍しいもの, 甚だしく差別, 由利先生が, 甲斐の, 畢竟マットン博士, 白葦黄茅の, 白髯が, 益々四恩, 盛に, 目に, 直接可測, 真に個人的自己, 真の, 眼前に, 着類を, 知ったの, 知識人の, 社会は, 神の, 福原局長は, 秀吉に, 私たちの, 私一人は, 秋山男爵と, 稀だ, 稿を, 突然に, 窮極する, 立像は, 第三者が, 筆紙を, 節調を, 米友の, 純粋な, 終ったが, 絵図面でも, 絶対的な, 美学研究の, 義兄が, 考えの, 聖書に, 職人の, 肉体の, 胡坐を, 臣下の, 自分が, 自己の, 自然科学が, 自由詩それ自体の, 花やかな, 苦悩は, 茫然自失為す, 菊王も, 落着き払った顔, 薩摩煙草は, 行きつまって, 西に, 角が, 詔し, 誤謬は, 読者に, 読者も, 諷刺の, 諸侯の, 謂わゆる, 豁然として, 貿易の, 賽児を, 躊躇は, 身心を, 軽石降り, 追, 逆わ, 逆上ぎらいの石川淳も, 速力に, 遂に事, 遂に信仰, 遂に副, 遂に本丸, 遠くの, 釉薬も, 重大に, 錬金術の, 鎖国令が, 降って, 隠れ切支丹の, 雪は, 露滴派道雪派花翁派雪荷派本心派道怡派の, 音楽に, 頭が, 顧れ, 馬生を, 駒井その, 驚きは, 高山登攀者の, 鬼小僧は, 黒死館に

▼ 至っては~ (1127, 45.5%)

8 これは 7 彼の 6 これを 4 固より, 殆ん, 沙汰の, 私の 3 いずれも, 彼は, 日本の, 明白に, 私は, 遙かに

2 [30件] これと, これに関する, その最も, それが, それは, どうする, どこに, 今に, 今は, 他の, 何の, 僕も, 先生自身も, 吾, 始めから, 尚更の, 彼らは, 愚の, 慥に, 決してそんな, 珍中の, 真の, 純然たる, 絶対に, 言語道断だ, 言語道断の, 論外だ, 論外である, 遺憾ながら, 閉口を

1 [1012件 抜粋] あくまでも神経質, あのあり, あまりにも, あらゆる柔和, あれだけの, いかにこと, いかに入道, いかに彼, いかに鈍感, いくら視詰め, いずれの, いっそうその, いったい何, いつかの, いやしくも老中職, いよいよ恐れ入りました, いわば書巻, いわゆる世人, いわゆる微, おのおの独自, おのずから遣り, かかる場合, かつて前例, けっして昔, こういう点, ここから, ことごとくわが家, ことにその, ことに甚だしい, このなめくじ, この両方, この二機とも, この函, この官吏, この岩登り, この種, これこそ, これらの, こんなこと, さして多く, さらさらなく, さらにその, さらにフンパン, さらに奇中, さらに讃嘆, さらに驚くべき, すこぶる無意義, すっかり胆, すでに大半虜, すでに施し尽き, すでに論外, すべて土地毎の, そういう考え, そうでなかった, そう都合, そのいと, その上, その今, その余りに, その偉功, その名前, その意味, その昔日露戦争, その注意, その無垢, その禁令, その罪, その肯, その衣服, その記事, その足もと, それと, それらの, そんなこと, そんな大金, そんな物, たしかに二つ, ただそれ, ただに, ただ悲惨, ただ滑稽そのもの, ただ縮緬, ただ軽薄, ただ食い飲み, たといシナ皇帝, ちと一, ちょっと他, ついに猜疑, どういい, どうにも悲痛, どう捉え, どのくらい, どれも, なおさらであります, なおさらに, なお更, なお甚だしく, なお非常, なかなか個人, なって, なんらの, はじめ快, ひそかに, ひたぶるに, ほとんと, ほとんど夢, ほとんど当初, ほとんど文学, ほとんど絶無, まことにふかい, まさに言語道断, また別, また茫漠, まだまだ夏, まったく中尉独自, まったく唖然, まったく言語道斷, まるで小僧, まるで蒼い, まるで誇大, みだりに動かすべき, むしろ不憫, むしろ多き, むろん疑問, もうムリ, もう人間, もう千年, もう戦争, もっとずっと着実家, もっと安らか, もとより天下, もはやあやふや, もはやそんな, もはや今日, もはや情念的, もはや赦すべからざる, やはり八丈島, ようやくある程度の, よその, よほど景気, わが心中, われながら, われら不幸に, われわれ大少, アテナイ市民のみが, オゲ・ポンスケなど, シーズン交際場裡の, ニライソコモイは, バルザックが, パーシウスが, ブルジョア婦人雑誌の, モンセーニュールの, ローマなど, 一つ目小僧の, 一人の, 一切の, 一場の, 一層怖く, 一層酷く, 一層風, 一月考え続け, 一珍斎どころか, 一考を, 七メートル三〇ぐらい, 万人の, 三国氏とか, 三種の, 上古より, 下に, 不寝, 不明の, 世人は, 世間知る, 並々ならぬ, 主として碾割, 乗客から, 事実上住居と, 二人の, 二十六節の, 二重にも, 互いに一致, 五人を, 五百万ドルから, 五郎蔵の, 人意の, 人間の, 人類の, 今なお, 今尚, 今日世界の, 仏徒が, 仕事に, 仮令そこ, 体を, 何だか稀薄, 何とも拙劣, 何を, 何人も, 余程持出す, 作者などの, 依然隅田川, 信玄公が, 僕が, 元勲宿将多く, 先生は, 全く一人前, 全く並ぶ, 全く人間以上, 全く変, 全く奇抜, 全く小さな, 全く弱り, 全く意外, 全く数え切れない, 全く暗愚, 全く正当, 全く沙汰, 全く知らない, 全く顧, 全然万葉歌, 全然相反, 典型的なる, 内乱の, 冤枉の, 凡そ一国が, 出発の, 分けても, 初めから, 到底, 到底水彩画, 則ち, 前書なし, 匡衡も, 十二分に, 十指を, 南アルプスに, 単に貞子, 厖然たる, 厳選最も, 双方激昂の, 古いほどが, 古代の, 古来支那で, 只干瓢, 右の, 各宗教一, 合議の, 同じこと, 同一です, 君子国の, 周知の, 問題に, 団員の, 在府党は, 声の, 外国との, 多くの, 多分の, 大して感心, 大体三百円から, 天下の, 天下無類だ, 奥州の, 女の, 如何なる小さな寺, 如何にも孝心, 妻君が, 始終を, 子供に, 学校のみ, 安心税の, 実にびっくり, 実に及ぶべからざる, 実に壮烈, 実に年七石五斗, 実に感嘆, 実に明治当代, 実に滑稽, 実に遺憾, 実状を, 実際知らなかった, 宵越しさせぬ, 容易に, 富貴の, 察心術読想術観心術を, 寧ろ醜, 審美的, 専ら中下, 尋常一様の, 小乗の, 小次郎も, 少しく初期, 少しく物騒, 少しイカツ, 少なくとも目下, 尤も軍陣, 層一層, 山林を, 山野を, 崩壊し, 巧者ぶった, 市岡中学時代から, 常住な, 常軌を, 年と共に, 幾十回と, 座付作者でも, 当の夫人, 役者が, 彼と, 後人の, 復た, 微細に, 心窃かに, 必ずその間, 思想の, 恐らくただ, 恐らくは古池, 恐らく数えきれない, 悪事である, 情ない話, 想像に, 愈々少い, 意外の, 愛想の, 慴伏ある, 憤慨し, 我々は, 我輩には, 或は私, 所謂谷の, 手足を, 扮装も, 抽象的で, 持たぬ者, 振り向くもの, 探偵小説界に, 放免以外舎人, 政宗も, 文字ある, 文献学的な, 断じて比類, 新聞記者の, 日の, 日本アルプスにおける, 早仕舞を, 明代を以て, 明瞭なる, 春日局に, 時にまるで赤児, 晩香の, 更にそれ以上感傷的, 曾ての, 最も役に立つだろう, 最前から, 最早私, 未だこれ, 本書と, 本来が, 村に, 東京市中行く, 東沢と, 松陰を, 果して作者, 栄吉も, 梯子を, 極めて抽象, 概ね創設, 次第にこの, 正に, 正に世界無比, 武将大名と, 武門に, 殆ど必死, 殆ど零に, 毎年花ちる, 毫も認め, 気は, 水多く, 江戸音曲中の, 決して二宮尊徳, 決して是認, 没人道も, 流言飛語とかと, 浦島の, 海に, 涙なく, 渡辺篤の, 濃か, 火葬が, 無数と, 無論毫も採る, 然に, 燐火も, 物質文化まで, 独り異彩を, 猶更粗末, 珍と, 現に死牛馬, 現在この, 瓜や, 甚だ香しく, 生産は, 画帖書帖の, 白さ, 白犬は, 百五十万も, 益々科学的知識, 盲断に, 相手の, 真にせまれる, 真に沙汰, 真に鎖国, 真面目に, 知るなき, 石田と, 研究を, 確かに, 社会的実践に, 禍いの, 空に, 空想と, 立志伝中の, 笑止の, 筆算式代数学の, 節も, 粗放蕪雑野武士の, 紛然雑然として, 結婚と, 絶大な, 繁茂の, 美しい, 美の, 翡翠の, 老公に, 肉身の, 臆病と, 自ら天下御, 自分より, 自然と, 至極簡単, 良いレコード, 芝居では, 花嫁は, 苦痛の, 荒れ切った悪, 著者自身と, 藤岡あたり灰八九寸つもり, 藩地以上に, 蟄居中さらに, 血液だけが, 被害者なり, 裸で, 要するにその, 見るから, 見るも, 解しがたい, 言いたいこと, 言行不一致も, 言語同断と, 言語道断じゃ, 言語道断であります, 言語道斷である, 話が, 話の, 語原よりも, 誠に吾等ファン, 説いてない, 誰にも, 貝と, 貴公も, 赦すべからざるもの, 身ぐるみ剥い, 農夫にも, 近世科学と, 迷信と, 通常の, 遂にそこ, 運輸交通の, 過去四十五年間私は, 道西入道も, 遺憾乍ら未成品である, 都に, 金魚も, 銕の, 長い年数, 限りなき, 隋唐文化圏内における, 際限なく多い, 雪と, 非常稀有の, 面白いと, 韻文詩劇として, 頭数に, 養蟲園の, 馬も, 驚かざるを, 驚嘆の, 鬼火の, 鮮やかな

▼ 至っても~ (112, 4.5%)

3 なおその 2 これを, 彼は, 私は

1 [103件] お蝶, お角, かなり遺っ, かね, この光圀, この点, ごく少数, その付近, その生死, その真相, その辺, それを, てんでローマ法王, どうする, なおその間, なおそれ, なお交通不便, なお能, なお被害民, なお許さず, なお農民, なにごとも, はっきりと, ひどく降っ, またこれ, まだそう言っ, まだムク犬, まだ便所, まだ全く終っ, まだ欧州哲学的, まだ紀平式ヘーゲル, やはりそうであります, ドサクサまぎれ, 上杉景勝と, 上等な, 不朽の, 世間からは, 久しくわたくし, 二度とあの, 五人いる, 人間を, 依然たる, 依然としてこの, 偶, 先刻で, 全くの, 北方の, 十条に, 同じく歴史, 同じ精神, 声を, 変らないの, 大概な, 太陰暦の, 失せたこと, 妻女山の, 容易に, 小鳥の, 尚二種族, 尚或, 尚精神病院, 尽きぬ, 山法師, 幼い時, 彼の, 彼らの, 忘れること, 怖るべきである, 悉皆真, 或る, 数学と, 日本の, 日本国は, 明治の, 未だ一種模糊退嬰, 本来浮浪民である, 決してこの, 決して社会, 決して絶え, 沙汰の, 油断しない, 洋菓子を, 消えは, 無論変る, 瓜の, 甚しく, 疑問と, 皆昔の, 相変らず, 相棒も, 空んじ, 立ち得ず不惑, 純関西風すき焼, 練塀小路の, 自分が, 衰えぬそう, 解けて, 起きる気しき, 違って, 露伴先生の, 頻りに行われ, 風流という, 駒井を

▼ 至ってから~ (6, 0.2%)

1 この暴風雨, では, もっとも甚, 初めは, 実にまた, 彼は

▼ 至ってか~ (2, 0.1%)

1 名字と, 陸象山直覚的究理の

▼ 至ってこそ~ (2, 0.1%)

1 当然なり, 開眼の

▼1*

至ったり餓死し, 至っちゃあ何しろ時勢, 至ってからは遊芸の, 至ってさえもなお日本文化, 至ってまでなお内々, 至ってまでも北陬海岸地方には