青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「背中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~肯定 肯定~ 肱~ 育ち~ 肴~ 胃~ 胆~ ~背 背~ ~背中
背中~
背広~ ~背後 背後~ ~背景 背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸 胸~

「背中~」 5383, 52ppm, 2244位

▼ 背中~ (1699, 31.6%)

133 向けて 34 丸くし 30 流して 24 向けた 20 叩いて, 見せて 17 丸めて, 撫でて 13 まるくし, 向けたまま 10 つけて, 叩いた, 向けると, 押して, 曲げて 9 さすって, まるめて 8 なでて, 突いて, 見て 7 たたいた, むけて 6 たたいて, 下に, 撫でながら

5 [13件] さすりながら, どやして, ぽんと, もたせかけて, ポンと, 並べて, 円くし, 向けること, 拭いて, 流した, 猫背に, 眺めて, 突かれて

4 た, どやしつけて, 叩きながら, 向けようと, 平手で, 打って, 洗って, 見せたまま, 見ると

3 [35件] かがめて, くっつけて, こすりつけて, こちらへ, たたきながら, どんと叩い, なでながら, なで砂, のばして, のばすよう, まげて, まるくした, むき出しに, もたせて, トンと, 一と, 丸くした, 力まかせに, 叩いたり, 合わせて, 向けながら, 壁に, 強く叩い, 抱いて, 押されて, 持って, 掻いて, 揉んで, 擦って, 日に, 流しながら, 真直に, 突いた, 突かれた, 貸して

2 [90件] こすつて, こすりながら, こっちに, こっちへ, さすった, さすったり, さすつて, して, たたいたあと, ちょいと, つ, つたって, とおりこし, とんとんと, どやされて, どやしつけました, どんとついた, どんと突いた, ながめて, なでさ, ひっぱたくの, もって, ゾーッと, ツーツと, ボリボリ掻い, 一つトンと, 丸くなさっ, 伝って, 使って, 借りて, 八五郎の, 円めて, 円る, 刺された時, 刺されて, 反らす, 叩いたの, 叩いた親仁, 叩き下ろした音, 叩くと, 叩く者, 向けたが, 向けた人, 向けても, 向けるやう, 向け合って, 寄せかけて, 弓なりに, 後から, 悔恨と, 戸に, 打たれて, 打つの, 抱いた手, 押され青年, 押しながら, 押すよう, 指で, 掴もうと, 掴んで, 撫で, 撫でさ, 撫でた, 撫でると, 橋に, 此方に, 殴打した, 波の, 洗わせながら, 流させて, 流したり, 流しに, 流しはじめたの, 流しはじめて, 流し合つて, 激しく打たれた, 火に, 目がけて, 目の, 突きとばした, 舐めて, 裸に, 見せた, 見せる, 見ねば, 見ること, 軽く叩いた, 這って, 離れて, 高くし

1 [868件 抜粋] あたためて, あてたまま, あてるよう, あぶって, あぶる恰好, いきいきと, いくらまるく, いためつけて, いやつていふ, うしろに, うちぬきうしろ, おいて, おしつけて, おっつけて, おながしいたしましょう, おやじに, お向なさいます, お拭き, お流し, お貸し, かいて, かがめながら, かきわけて, かたくし, かの女, かゆがる, ぎちぎち磨り始める, くっつけるん, くねらし木乃伊みたい, くらわすと, くりぬいて, ぐいと高く, ぐんぐん小突いた, ぐんぐん押し, けられるの, こすった, こすって, こすらせて, こすりつつ, こづいた, こづいたこづいた, ころがり落とさせたり, ごそごそ這, さいて, さぐつてゐるやうな気, さすったぐらいの, さすりさ, さすりは, さすり子守唄, さするよう, さらして, した名, した身体, じかに輝らし, じろじろみつめ, じろじろ眺め, すこし温め, すべっこい壁, すりあわせながら, すれすれに, せつかれせつかれして, そっと突いた, そむけて, たたいたら新田潤, たたかれた, たたかれたのに, たたかれて, たたきつけながら, たたきますと, たたく手, ちょっと視た, ついた, つかみ, つきとばすよう, つき出して, つく, つけたかべを, つけ太刀, つっつく, つつきぬ, つつき低い, つねられるたび, つねりはじめた, つまんで, つめたくぬらす, どしん, どしんと, どやされたやう, どやし, どやしつけた, どやしつけられた, どんとくらわした, どんと前, どんと叩きました, ながしたり, ながしましょう, ながめながら, なぐられながら, なぐりつけひねくり回すの, なで, なでまわしました, なでると, にらみつけるもの, ねじくり, のぞき見る機会, はたいて, はっと叩いた, ひっつかみずぶりと, ひっつけると, ひとつ叩いた, ひと撫でし, ふくらませた, ふくらませて, ぶたれるよう, ぶって, ぶつ真似, べっとり濡らした, まだ見た, まつすぐ, まるくうづく, まるくしました, まるく高め, まるめたり, まるめ所帯, まるめ見るからに, まん, みせながら, みせやにわに, みつけ出す, むきだしに, むけあう, むけなよ, むけまるで, むけ一目散, むけ駕籠, むりにのばしてごう, もう一度さす, もたせかけしばらく, もたせかけ出された茶, もたせかけ考え込んで, もたせ合わせ五方, もたらせながら, やや猫背, やられたっきり, ゆすつた, ゆすぶりその, ようごろうじませ, よじって, クルリと, ゴシゴシ拭き, ゴツンと, ジッと, ソファーの, タタミへ, チョッキの, トントンと, ドシンと, ドンドン押され, ピンと, ブッスリ突き刺し, ボリボリかき, マッサージし, 一つたたい, 一つぶん撲っ, 一つドヤシ付け, 一つ叩かれ, 一つ喰は, 一つ引撲く, 一つ打ったら, 一ぱいに, 一刺しに, 一層丸く, 一応揉み終る, 一直線に, 三つ殴つた, 三四郎に, 三藏の, 上に, 下りると, 丸くな, 丸く前かがみ, 丸め, 丸めた白髪頭, 丸めるやう, 丸めるよう, 丸め中腰, 丸め小さい, 丸め机, 丸め海風, 丸出しの, 乗越え頭, 乾かす為, 乾して, 二ツ三ツ叩い, 二三度痛く, 伸ばしながら, 伸縮させ, 使用する, 僕は, 優しく撫で, 光らせながら, 六人の, 円くした, 円くナオミ, 冷いものが, 凩が, 凭せかけて, 出さねば, 出しました, 出し給, 出せ, 分けて, 刺された, 刺したこと, 刺したの, 刺して, 刺す, 力一ぱいごつ, 力一杯どやしつけ, 力強く叩い, 匐いのぼった, 半ば出し, 半分ほど, 反らすよう, 叩いた人, 叩いても, 叩かれた, 叩かれて, 叩きあったり, 叩きア, 叩きモシ, 叩くこと, 叩する, 合わせさあ, 合わせましょう, 向いて, 向けうずくまって, 向けおまけ, 向けくたびれて, 向けしゃくり上げて, 向けたから, 向けたくなった, 向けたままいつ, 向けたもの, 向けた彼, 向けた時, 向けた陋劣, 向けつとめて, 向けてと, 向けてらつし, 向けますと, 向けられたその, 向ける, 向けるとき, 向ける習慣, 向け両手, 向け中, 向け合う, 向け平気, 向け横, 向け泣きじゃくったという, 向け管絃楽団, 向け街道, 向け足ば, 向け部屋, 吸い着かせて, 喰らわせその, 圓くして, 土手へ, 地面に, 堅くし, 墨や, 壁へ, 大地へ, 存分に, 寄せかけると, 寒がり, 小さな革, 小川に, 小突いて, 小突きつづけた, 小窓, 屈めて, 屈めるよう, 左右に, 平めかして, 幾つか, 幾度も, 座席から, 廻して, 引きさきっこして, 引抱え, 張り付け正面, 強く打つた, 強く押した, 彼の, 往來に, 御寄せ, 心棒に, 思いざま, 思ひきつて, 憶えて, 扉に, 打たれた, 打ちますよ, 打ち叩いた, 打ったです, 打った時, 打つて, 打つ者, 打や, 折って, 抱いたまま, 抱いた雨宮青年, 抱えられながら, 抱くやう, 押えた, 押されるよう, 押しつけながら, 押してでも, 押し出されたよう, 押し出されるよう, 拭かうと, 拳骨で, 持たせて, 持つ, 指先で, 掠めて, 掠めるやう, 推着い, 掻く力, 揺らうと, 揺ろうと, 摩つて居る, 摺って, 撓まして, 撫ぜたり, 撫でおろしながら, 撫ではじめた, 撫でられた, 撫でるやう, 撫で撫で, 撫り, 撲った, 擦った, 擦りむくの, 擦るぐらいは, 擦ると, 擦るよう, 支えて, 支へて, 散々探った, 敲かれて, 敲きましょうな, 斜に, 斜めに, 新八, 明るくした, 春日に, 暖めながら, 曲げてばかり, 曲げ十字, 曲げ隔たり, 板壁へ, 棍棒によって, 椅子に, 椅子へ, 歩き廻った, 毆り, 水が, 水底に, 汗で, 波うたせて, 洗いましょうか, 洗つてゐた, 洗つて終に, 洗わせる客, 流さうと, 流さして, 流しあうの, 流しには, 流しましょうと, 流す, 流すこと, 流すと, 流すに, 流す三助, 流す光栄, 流す時使, 流れて, 浮かすよう, 浮ばせた, 深く曲げ, 温めだしたの, 湯面へ, 滅多打ちに, 濡らしながら, 火で, 炙られて, 無心に, 焼いた, 照らされながら, 照りつけて, 熱く撫でた, 爪で, 片方は, 生蛤, 畳に, 発達させる役に立つ, 真つ, 眺めながら, 眺めること, 睨んだもの, 瞶めて, 硝子戸に, 磨りつけるやう, 突いたが, 突いたり, 突かれるよう, 突きて, 突き伏せる度毎, 突き通さうと, 突くと, 突くんで, 突つかれ, 突ッつい, 立ったまま膝, 立てて, 立身で, 細君の, 縦に, 考えて, 胴切に, 腰を, 舟の, 草の, 蔽うて, 蜒らせ, 行つ, 衝立障子に, 見せしきりに, 見せたがらないよう, 見せたりこ, 見せなかつたこと, 見せなければ, 見せ一斉, 見せ合うという, 見せ秋, 見たくないよう, 見ただけでも, 見た途端, 見つめました, 見まもった, 見られて, 見るやう, 見る見る盛上げた, 見上げて, 見守るだけ, 見送った, 親鶏と, 診ながら, 調べつづけました, 貸しました, 貼りつけたまま, 走り降りて, 起して, 跼め, 踏んづけて, 踏んづけられる羽目, 蹈んで, 車海老の, 軽くたたいた, 軽くたたき, 軽く叩い, 軽く打ち, 轉が, 辷った途端, 辷らせては, 這いまわるの, 這い廻るよう, 這うよう, 這上っ, 通った, 避けたり, 鉄の, 銀の, 鋭くはためきつけた, 鋭く光らし, 防火壁に, 障子に, 離した, 離して, 雨に, 震わしながら, 革紐で, 革鞭の, 飛魚の, 食っ付けたが, 骨に, 髪で

▼ 背中~ (1371, 25.5%)

24 背負って 19 負って 18 乗せて 17 して 16 つけて 15 しょって 13 のせて, 手を 10 水を 9 受けて 7 くくりつけて, のって 6 子供を, 廻して, 感じながら, 聞いて, 負つて 5 おぶって, しがみついて, とまって, 乗って, 入れて, 感じて, 負うて, 顔を 4 つかまって, 妙な, 聴いて, 隠して

3 [15件] がらつかせ, きいて, しっかりと, まわして, むすびつけて, 冷汗が, 向って, 夢を, 汗を, 痣が, 聞きながら, 聴きながら, 負われて, 跨って, 重い荷物

2 [96件] ある, いたして, うけて, おぶさって, おぶさりながら, おぶつ, かけて, かけられて, かついで, くっついて, くっつけて, くっつけるプロペラ, こびりついて, しよつて, すく, すぐ貨物列車, せおって, せまって, その人間離れ, それを, ついて, とびついた, とびました, とりつけて, ななめに, のせたり, ぴったりくっつい, まわした手, もうすこしで, ガラス戸を, クッションを, 両手を, 並べて, 乗せたが, 乗せたまま, 乗ったが, 乘せ, 二筋の, 何か, 兵児帯で, 冷や汗が, 冷水を, 初老の, 受けながら, 向けられて, 吸ひつい, 噛みついた, 声を, 大事な, 居る子供, 廻したまま, 廻すと, 引っかけて, 当てて, 当る, 感じそのままふらふら, 感じた, 手加減の, 担いで, 担って, 掛けて, 掴まって, 敵の, 書いて, 氷を, 汗が, 波を, 浴びせた, 湧いて, 突っ立てたまま, 立って, 立つて, 立てかけて, 組んで, 絶えず僕, 縛りつけて, 翼を, 背嚢の, 背負い上げて, 背負は, 腕を, 荷物を, 見せて, 視線を, 負さつて, 負った, 赤い布, 載せた, 載つて, 酸素の, 金の, 陽が, 陽を, 雪の, 雪を, 頭を

1 [880件 抜粋] あせもが, あった, あてがいますと, あてがった拍子, あらわれロープ, あること, あるよう, あるズボン, ある女, いくつかの, いて, いばって, いるお祖父さん, いるの, いる春松, うけたほっこりした気分, うず高く, おいて, おうと, おかけに, おのりください, おぶさったまま, おぶさりました, おぶさると, おぶった, おぶつたま, おわせただけ, おんぶする, おんぶなさい, お太鼓に, お担ぎ申しあげ, お灸, お芳, かくし左, かくすわけ, かくれるよう, かじりついた, かじりつきました, かたまって, かつぎあげたの, かつげるくらいの, かんじて, きこえる思ひが, く, くいついて, くくりつけたまま, くくりつけられて, くっつけた跛, くつつい, くらわせること, ぐいぐいと, こすられて, この絵, こぶ, ささえたそして, さして戦う, さす春日, さばいて, しがみついてると, した, した三十人, した時, してやった刺青, しばりつけました, しみ出る程汗, しょいこんで, しょい上げて, しょった, しょったままなおもあたりをあさっている様子, しょった一刀, しょった籠, しょった赤坊, しょわされて, じんわりと, すきとおったコブ, せまる足音, そうっと乗せる, そそけ立って, そっと杖, その袋, それぞれの, ぞっとさむけ, たいへん熱い, たけると, たらして, ちょこんと乗っけ, ちょっと腫れ物, ちんまり結んだ, つかまりながら, つけた, つけたま, つけた馬上, つけ地図, つばさを, つめたい水, できもの, とびそれ, とび乗る, とまったの, とまらせ太鼓, どしん, なすって, なにを, なると, なんとはなし, ねっとりと, のせたまま, のせた下女, のせた百本あまり, のせました, のせ後ろ手, のっかって, のぼって, のりますと, はっきり彼, はりつく, ばかに, ひきずった裳, ひだの, ひっかけた丈, ひっかけるよう, ひったり, ひとつ大きな, ひとりおんぶし, ひやひやする, ひらりと, びっしょり冷汗, ぴたりと, ぴったり接し, ぴよんぴよん動く, ふっかけて, ぶちまけた, ぶち撒け, ぶつかつて, ぶつつかつ, へたばりついて, へばり着かぬよう, またがった, またがったまま, まとって, まはり, まわって, みょうな, むしろ包み, むちが, むつとして, もって, ものを, やっこ凧の, やつと, ゆさぶられて, よじのぼって, よじ登った, よじ登ったり, らんらんたる, わたしは, ゐて, ゐる春松, エピキュリアン同志の, コツンと, ステンシルした, スヤスヤと, ナイフでも, ハンケチを, ピカリと, ピシピシと, ピストルの, ピタリと, プスリと, プツリと, マッチ箱ぐらいの, ヨードチンキの, 一つと, 一ところだけ, 一二の, 一人または, 一切を, 一撃を, 一文字で, 一杯日を, 一荷物しょい込み, 一面の, 三つの, 三本の, 下げて, 与えたので, 与えられる掌, 乗せた, 乗せると, 乗っかったこと, 乗っかって, 乗ったその, 乗りなさい, 乗り竜宮見物, 乗る, 乗るなんて, 乗ッ, 乘つて塀を, 乳呑児を, 二ヶ所銃弾を, 今こうして, 仙人掌の, 伊助と, 伊藤の, 何が, 何やら重, 俗に, 傷つけられた, 優しい母, 入って, 入れられるの, 八束を, 円い座布団, 凭り, 凭れて, 出っぱって, 出るあたり, 刃物が, 刺さりましたので, 刺繍された, 刺青を, 千恵にも, 印刷し, 厚い筵, 取り付けては, 受けつつ, 各種の, 向つて私, 吸いついた, 啖ひつい, 噛りつい, 四歳ばかりの, 園子が, 在り, 坐椅子, 垂らして, 垂らし手, 垂れたまま, 執拗に, 墨や, 壺の, 大きい包み, 大きく月, 大きなもの, 大きなコブ, 大きな叺, 大きな布, 大きな氷, 大きな汗, 大きな箱, 大きな雑嚢, 大蛇の, 太陽が, 太陽の, 如何にもだらりと, 安置した, 密着させる, 寒いもの, 寝かせて, 小さいランドセル, 小さい背びれ, 小さな万燈, 小刀が, 小柄が, 少しばかり, 少し雪, 屋号を, 山や, 平に伏し, 平手うちでも, 廊下へ, 廻る, 引っ掛けること, 引つかけて, 引剥が, 張りつけるが, 強くしがみつい, 当がっ, 当たって, 当つた, 当てるもの, 当る所, 彫って, 彫らせました, 彫るの, 忍びよって, 感じお, 感じられた, 感じ乍ら, 感じ外, 感ずるよう, 投げかけた, 投げられるだろう, 押しあてたその, 押しつけて, 押し当てるよう, 押し込んだ, 押っ被さる, 担いだ屍体, 括りつけられた隠し切れない旗, 拳に, 掘立小屋, 掛け四本, 掛り傷, 掴み上げて, 擦って, 支持する, 散った髪, 斜に, 斬りつける機会, 日影を, 旭日と, 映って, 書かれて, 木魚でも, 杖を, 板を, 棒を, 模様の, 模様画を, 横に, 止った虱, 武士では, 残って, 気を, 氷でも, 汗の, 流れる, 流れるの, 流れる線, 浴びたの, 浴びて, 浴びながら, 深く一太刀, 湿った草, 漂ひか, 火が, 灸を, 無数の, 照りつけ汗, 熱ばんだ, 熱泉を, 燃しつづけるよう, 片足突きかけ, 物を, 狐が, 獲物の, 琵琶を, 甲羅が, 男の, 番号を, 疲れて, 白いきれ, 白いど, 白いもようが, 白い筋, 白い糸屑, 白く染め抜い, 白糸を, 眞綿を, 真赤な, 眼なんぞ, 着け黄色, 着物や, 短剣の, 確と, 私の, 私を, 穴が, 突き出た瘤, 突ったっ, 突つたつてゐた, 突つ立つた, 突立て, 窓の, 立つや, 笑いを, 筋違の, 箭が, 粘らして, 糸の, 納めて, 紗の, 紙幟を, 組み幽霊, 組んだまま, 結びつけて, 結びつける, 結び付けられた猿, 結んで, 縛りつけた, 縛り上げたまま, 繩を, 置いて, 美和子は, 聞き流して, 聴かせながら, 聽い, 肱を, 背負いやがて, 背負い寺, 背負い胸, 背負うこと, 背負うゴザ, 背負えば, 背負った, 背負ったり, 背負ったパラシュート, 背負った刺青, 背負った身, 背負ってるん, 背負ってる手代, 背負つて縞の, 背負ふ, 背負わせられて, 背負われて, 臆病な, 舁いだ, 茨を, 荷物, 荷物や, 蒲団が, 蓄電池を, 薪木を, 藁すべが, 蚤が, 蠅が, 袋を, 西北の, 覆ひかぶさつて, 見るも, 角の, 触れた, 話題を, 負いました, 負い半, 負い巻き畳んだ粗い, 負い片手, 負うた侍女, 負うよう, 負う一つ, 負さり, 負った牧二郎, 負った籠, 負った赤坊, 負ぬ, 負はれました, 負ぶさった事, 負ぶさった六十路, 負ぶさつて野桑, 負ぶし, 貼って, 貼紙が, 赤い大きな, 赤ちゃんを, 赤児を, 起き直って, 跨がって, 跨りながら, 躱れ, 載せ, 載せて, 載せ彼女, 迫るよう, 這い上りますと, 運命が, 重いもの, 重なり合って, 釘づけ, 釘を, 鉄カブトを, 長い髪の毛, 長さ四フィート半, 門番たちの, 附けた, 隠れるよう, 集まるよう, 雪泥が, 雲の, 鞍おい, 鞭の, 音が, 響く船, 頭目が, 題目を, 風を, 飛びあがって, 飛びかゝりその, 飛びつくやら, 飛び乗つて, 飛び乗るが, 飾紐の, 馬乗りに, 高く高く突, 鱗が, 鴉が, 黄色い布, 黒い大きな, 黒鞘を, 鼻を

▼ 背中~ (612, 11.4%)

19 方へ 10 上で, 上へ, 方に, 毛を 8 ように 7 子を, 子供を, 方が, 荷物を 5 うしろに, ような, 傷は, 方から 4 上に, 上を, 子が, 子は, 皮を, 赤ん坊を

3 [14件] ほうに, 上の, 下で, 下に, 中へ, 子供は, 方まで, 灸の, 皮が, 籠の, 肉を, 荷を, 袋を, 骨の

2 [52件] かゆいところ, ことは, こぶ, ところに, どこに, へんに, ほうが, ほうで, まんなかに, 一つも, 上から, 上にて, 傷が, 傷痕が, 傷痕を, 児に, 児を, 具合は, 凄まじい傷, 刺青に, 女と, 子供と, 孫に, 寒い炉, 左が, 左肩胛骨の, 所で, 斑が, 毛が, 汗を, 火の, 痛いの, 瘤が, 瘤に, 瘤を, 着物は, 竹の, 筋が, 紋が, 肩胛骨の, 色が, 荷物の, 荷物は, 赤ん坊が, 赤ん坊に, 赤ん坊は, 部分が, 重い荷物, 重荷を, 釦が, 雪を, 骨が

1 [327件] あいた海水着, あいだに, あたりの, あたりまで, あたりを, あちこちが, あとについて, ある部分, うえから, うえの正太を, うしろから, うしろで, うるさい子供, お子, お客さまを, かがんだこの, かたいもの, きたない古い茶壺, くぼみに, くぼみや, これさえ, しこたま重い, しばに, しばを, すぐ後, すじの, するどいトサカ, ぞくぞくする, とこが, ところたたい, ところで, ところパタパタ, どくろ, どこかに, どろ, ない鵞鳥, ぬけるぐらい, ひくひく微動, へりでは, へんが, ほうとか, ほうにまで, ほうへ, ほくろを, まがったおじいさん, まがったねずみ, まがった老人, まるいガラス, まんなかあたりに, まんなかから, まんなかだ, まん中を, まん中上寄りの, みさ子が, むくむくと, もたせられないよう, ものが, ものは, やうな, やうに, ようじゃ, ようすを, ようであった, ギザ, クロチルドの, コブの, コブを, スウッと, スロオプに, ズダ袋の, トサカみたいな, バンドに, ホクロを, ホックが, ボタンを, マン中あたりに, ランドセルの, ランドセールを, リユツクサツクには, ロースか, 一ツも, 一字が, 一字た, 一方の, 一方を, 一部へ, 一部分に, 丁度左肩胛骨の, 三人の, 三角に, 上い載っ, 上では, 上には, 上部の, 下から, 下の, 下まで, 両方から, 中央近く, 丸い白い髯, 丸さ加減, 丸め方, 丸味, 乳呑児を, 二節目ぐらいを, 人を, 仏像を, 伊織が, 伊織を, 個所に, 健に, 側だ, 傷からは, 傷も, 像が, 光の, 光る古, 児の, 兒を, 入口へ, 内に, 冷たい籐椅子, 処だけは, 処に, 処へ, 処を, 凹みそれから, 出るスリップ, 初男, 刺青が, 刺青という, 割目から, 動かし方, 包みから, 包を, 半面へ, 厄介物と共に, 反つた, 右に, 名まえ, 向いて, 向うに, 四角いふた, 圓い, 坊やは, 塔大きな, 夕日が, 大きな包, 大きな腫物, 奥から, 女の子に, 女は, 女を, 嬰児が, 嬰児を, 子, 子どもと共に, 子どもは, 子の, 子供が, 子供に, 子供の, 子供へ, 子供も, 子供をから, 定紋だ, 寒くなる, 寒暖計に, 小さな黒子, 小児に, 小猿, 少し開いた, 川を, 左側に, 帆を, 帯と, 幼児を, 弁当包みを, 弘法さまの, 弾丸は, 形を, 影が, 影で, 影に, 後に, 後ろに, 怪黒人と, 恰好なぞは, 愛撫と, 感覚には, 戦傷が, 所の, 手だけは, 擽つたい南京豆, 文字は, 文身を, 斑点が, 方だ, 方にも, 方の, 方は, 方へまで, 方を, 曲り工合と, 曲り様, 曲るの, 有様を, 木彫の, 材木が, 柱に, 棺が, 模様から, 毛の, 毛皮が, 波の, 泥を, 流しっこ, 涙の, 淡白い処, 漆塗へ, 火傷に, 無電機, 熱い痛さ, 熱くなる, 物を, 物干, 猿は, 甕の, 生毛, 甲殻骨の, 男は, 疼痛が, 痛さ, 痛みに, 痣の, 痣を, 瘡蓋も, 瘤と, 瘤起が支え, 瘤起を, 白い紋, 皮にも, 皮の, 皮膚が, 皺に, 真ん中に, 真中あたりに, 真中が, 真中の, 真中を, 着物が, 着物も, 石地蔵を, 石膏帯は, 砲弾の, 破れた所, 神々しさ, 神様を, 私には, 稜から, 穀象虫を, 空地を, 突先に, 突起物に, 端に, 笈物も, 籠が, 籠にも, 籠へ, 紋ばかり, 線の, 羽根を, 翼が, 老母に, 肉が, 肉に, 肉の, 肉付, 肝ゾー, 肝臓の, 肩甲骨の, 背嚢が, 脊椎骨から, 腐ったリンゴ, 色の, 色は, 若様と, 若樣, 荷が, 荷物が, 荷物で, 荷物へ, 葛籠の, 蒲団, 蓑毛と, 薄暗がりを, 藁を, 處には, 蜘蛛の, 袋から, 袋の, 見えるまで, 貝がら骨の, 貼紙, 赤ちゃんは, 赤坊を, 赤子は, 辺りからは, 辺りを, 辺を, 近くに, 逆に, 重荷の, 野ざらし彫りは, 金庫から, 鈴が, 銀杏の, 隠し黒子の, 雑嚢の, 頂の, 風をよけて, 風呂敷から, 風呂敷は, 騎手は, 骨な, 高い椅子, 黥を

▼ 背中~ (351, 6.5%)

15 手を 7 かけて 6 廻して 4 背負って 3 掛けて, 突き貫ける, 負って

2 [16件] おぶさった, つけられるわけ, のせて, のぼりつこうと, はいって, 乗せて, 入れて, 呼吸が, 噛り付いた, 廻って, 当てて, 突つ立つ, 結びつけて, 脇差を, 自分の, 藍墨で

1 [278件] あが, あてがった, あらい鼻息, いれて, おあがり, おのせ申した, おのせ申す, おぶつ, おんぶいたしました, おんぶし, お捻りが, かくして, かけた, かけたいの, かけた解剖台面, かける感じ, くっついて, くつついた, くつ附け, くらったの, くるりと, こすりつけた, ごしごしこすりつけた, さしこんで, さっと刀, しがみついて, した, しょう, じつとり, するの, せおいこんだ, そう言葉, そつと, それを, ぞろりと掛けた, たちまち流星鎚, たらしたかっこう, つくほど, つくわけ, つけた二枚, つけて, つめかけて, つるさがって, とびあがった, とびこんだらおれ, とび乗って, とまった蠅, ぬけたのよ, ねじ上げた, ねじ曲げ片手, のせたよう, のっけて, はいあがりそれから, はすかい, はね日, ひっかかって, ぴったり, ぴったりと, ぴつたり, ぴつたりと胸を, ふん跨り, ぶっ切ら棒, まはつ, まわした, まわして, まわし差して, まわって, むけて, よじのぼって, クッションを, グッタリと, ジカに, ズブリと, チクチクします, ドスを, ドンと, ピシャリと, ピッタリと, ピュッと, ポタポタ浴び, 一撃を, 一斛の, 乗せたり, 乗せながら, 乗っかかったり, 乗っかって, 乗っかりねえ, 乗って, 乗ってさえ, 乗りかかりますと, 乗りかかり右, 乗りかけられて, 乗りました, 乗る, 乗る時, 乗れ, 乗れるもの, 乘りかかります, 二三寸浅傷を, 京子は, 何だか棒, 倒れ込んで, 入れるん, 六文銭を, 六文錢を, 冷水を, 割りつけた一刀, 十文字に, 反抗的な, 叩きつけるよう, 叩っ込む, 叩つ込む, 叫びかけた, 右衛門が, 吊るし手, 向って, 団扇の, 垂らし白, 垂れて, 塗りつけたの, 天, 天秤を, 太平洋の, 寄った局部, 寄って, 小さなふろしき包み, 小刻みに, 小桶, 岡本が, 帯で, 帯を, 廻しそのままズルズル, 廻したなり, 廻したり, 廻した大刀, 廻した手, 廻しながら, 廻し家路, 廻し片足, 廻そうと, 廻った手, 引かぶせ, 引っかけた老人, 引っかけて, 引っくり返して, 引担いだ, 引背負っ, 張りついてるン, 当てやがった, 彫るの, 御免とも, 感ぜられた, 懸けて, 手でも, 投げかけたもの, 投げつけられた, 抛り上げて, 抜く, 抜け通ったまま, 抱きついた, 抱きつくよう, 担いで, 括しつけられた, 括りつけて, 括りつけ左, 指先で, 挨拶を, 捲きましたが, 捻じ上げ窓, 掴って, 掴まられて, 掴まると, 掻き寄せるよう, 攀じ登って, 斜にかけて, 斜めに, 本が, 松葉が, 柔かい着物, 柳吉は, 桜の, 櫻の, 毒づいて, 水でも, 水を, 氷を, 池が, 沢山の, 流して, 浴せかける, 浴びながら, 深さ, 淺傷を, 渡して, 炎さ絡まっ, 無雑作, 物を, 瘤を, 白く月, 眼を, 矢筒を, 短剣を, 穴を, 突きさ, 突きさして, 突き刺さりました, 突立った, 突立つたわけぢや, 突込んだり, 立って, 立派に, 紙を, 紙片を, 細い髪, 結びつけました, 結びつけられたという, 縛りつけ荷物, 羽蟲が, 背中へと, 背負いこみねえ, 背負い込みそのまま, 背負い込んで, 背負う, 背負ったこと, 背負ったん, 背負わされた, 背負わせて, 胸へ, 脊負って, 脊負つた, 腐りが, 腕を, 自然と, 荷を, 衝突って, 裂傷を, 触らないよう, 言葉を, 訊いた, 話しかけて, 負いかけて, 負い足, 負った, 負を, 貫き出て, 赤ちゃんを, 足蹴に, 跨がって, 跨って, 跨りながら, 跳び乗った信一, 身体を, 軽く廻し, 軽く手, 載せた古本屋, 載せて, 辷り込んだ, 迫られること, 追いかかって, 這いあがったが, 這い上ること, 通るほど, 鉄砲笊を, 長く垂らし, 隠し, 隠しながら, 雨は, 雨も, 雲龍の, 雷神を, 鞭が, 音が, 額を, 飛びつきな, 飛び乗った, 飛び乗って, 黒い繻子, 鼻の

▼ 背中~ (273, 5.1%)

5 ぞくぞくする, ぞくぞくと 4 見えて 3 まがって, ゾクゾクし, ゾーッと, 寒くなっ, 見える 2 ぞくぞくし, ぞくぞく寒く, むずむずする, ムズムズする, 冷たくなる, 寒くなった, 寒くなる, 現れた, 痛いの, 露出された

1 [224件] あたたまって, あって, ありその, ある, あるいは小屋, あるいは小舎, あるけれど, あるの, あんまりくろい, おしつけられて, かゆいよ, きらりと, くすぐったくなる, くすぐつたいやうな, くたびれる, くたびれるという, くっつきそう, ぐっしょり濡れ, ぐんぐん遠ざかっ, こちらに, こちらへ, こわばって, こんなに美しい, さぞむれますでしょう, さむくなりました, さわりそう, じっとりし, すこしずつ, すこしふくれ上った, すこし汗ばん, すっかりかくれ, すっかりぬれ, すれて, その温まつ, それを, そッくり一目です, ぞくぞく寒かっ, ぞっとさむく, ぞっとした, ぞっとする, ぞっと寒く, たしかにわれ, だるいよう, つかえるか, つかれて, つまると, つめたくなっ, づきづきと, ないと, ならんで, なんだかしびれた, なんとか元, なんとなく骨, ぬけるよう, ぬっとあらわれた, ぬれました, はげて, ぱくりと左右, ひやりとし, ひー, ぴったりと, ふくれあがり上半身, べったりと, ほころびて, ほどよくひんやり, まえへ, まがるほど, まともに, まるくな, まるでウルシ, まる見え, むき出しに, むくむく動きだし, むごたらしく現われ, むずついて来る, むづむづして来る, むれるでしょう, もうさかり, やがて耐えがたく熱く, やぶけて, ゆれる割合, らくになった, われて, グッショリさ, スウッと, ズリ落ちようと, ゾクゾクし始めた, ゾクゾク寒い, ゾコゾコッと, ゾッとした, ゾッとする, ゾーゾーし, ゾーゾーする, ゾーゾーなっ, タコの, ベッドに, ホカホカ温かく, ムクムクと, ムズ, ムズが, ムズムズし, 一ばんひどい, 丸くて, 丸見えに, 亀甲形に, 二つに, 人間の, 仕やう, 写って, 冷えびえして気もち, 冷く, 冷たくなった, 出たよ, 割れるよう, 動揺めく, 半分ばかり, 卓子に, 向きたいだけ, 圓く, 壁に, 声も, 好きだ, 字でなくっ, 寒いから, 寒い気, 寒かったり, 寒くなり, 寒くなります, 寒け, 小さいた, 少しどい, 少し抑えつけられる, 少し汗ばむ, 山の, 引っ込んでは, 強ばって, 強張っ, 当って, 彼を, 微風で, 思いがけなくヒヤリ, 急に, 悪くゾクゾク, 惜しい, 接し天井, 掻いんだよ, 掻くな, 揉みほぐされると, 日の, 暖かくなる, 曲がった, 曲がってるため, 月光に, 棒の, 楽な, 樽の, 此處に, 歯痛の, 汗ばんだ温く, 波間へ, 洗面所の, 海老の, 減って, 温まるの, 漆黒で, 漸く没する, 無理に, 焼かれるよう, 焼けつくよう, 熱くな, 熱くなる, 牡丹の, 猫背に, 痒いよう, 痛い, 痛いから, 痛いが, 痛かった, 痛くて, 痛くない, 痛くなる, 痛みますが, 痛む, 痛んで, 瘤の, 眞つ, 眞正面に, 真っ白な, 真ん丸い, 真赤に, 眼に, 眼の, 破れ根っから, 羅紗地を, 肩から, 膨れて, 落ちた, 葡萄色で, 蝦の, 蟻の, 血だらけに, 血痕や, 裂けて, 見えたが, 見えたの, 見えました, 見えるよう, 見たい, 觸ります, 赤むけに, 軽いの, 軽くなる, 邪魔を, 重くなった, 重くなる, 閉まると, 陽にあたって, 陽子に, 隙間も, 隠れるほど, 青いつたつ, 静止し, 黒くぽっつり, 鼠色フェルトの

▼ 背中から~ (234, 4.3%)

7 おろして 5 水を, 胸へ 4 手を 3 冷水を

2 [20件] おりて, 一と, 一箇所槍で, 下された孫, 匕首を, 卸して, 取り出されたま, 後ろ襟へ, 撃たれて, 浴びせた, 突いた傷, 肩へ, 胸の, 胸を, 脇差を, 腰へ, 親方が, 足の, 頭高に, 飛び降りて

1 [170件] いくたびとなくぞくぞく襲ふた, えぐられるまで, おりたこと, おろされた四男, おろされると, おろしますと, おろし奥, おろし足, かかる相手, かけて, かめを, けたたましい下足番, ころげ落ちるところ, しっぽにかけて, しみ込んだよう, ずッ, そっと抱きしめた, それぞれに, とび下りて, にじみ出る汗, ぬき取った衣, のぼって, はえて, ひと突き, ふりおとされそう, ほかほか煖, ぼつり, まる出し, むずつきはじめる, やられたらしく左肩胛骨, ゑぐられるまで知らずに, コー羽根が, サロメチールを, ジリジリと, ズタ, ドシンと, ドリルで, ホカホカと, ポンポン打つ, 下が, 下して, 下りてから, 下ろした蔵太郎, 下ろして, 下ろし帽子, 下腹部腰胴へと, 両脚へ, 中へ, 二の, 二人を, 云いましたので, 五体が, 伊織までが, 其の救命帯, 冷汗が, 出て, 刀の, 刀を, 刺されて, 刺されなかったの, 前へ, 剥がされた, 匍ひ, 匕首で, 匕首の, 十文字に, 卸された男, 取り出された円み, 取り出された円るみ, 取卸してか, 口の, 右の, 呼吸器を, 四肢に, 報告され, 塔の, 大きな弓矢, 大きな荷, 子供を, 宇宙服を, 寒くなった, 小林君の, 尻尾まで, 左の, 左肩胛骨の, 引き仆, 引っこ抜く暇, 引つこ拔, 彼の, 後ろの, 怒りの, 怖いもの, 悶々と, 扉の, 抱きあげて, 抱きすくめた何, 抱き締めて, 押しやるやう, 拜む人は, 振り向いた女, 振り落されて, 振り落そうと, 昇りかけた日の出, 更に二三尺, 槍で, 死ぬまで, 浴びて, 海老茶色の, 淡く射し, 深々と, 湯気を, 滑って, 熱い湯, 玉造の, 田楽刺しに, 白鳥を, 真っ赤な, 真上へ, 眺めても, 眺めました, 突かれて, 突き伏せられた, 突き刺されたもの, 突き刺され一, 突き透しました, 縫はれ, 縫われ獣, 羽織を, 肩に, 肩首へ, 肱に, 肺臓を, 胴にかけての, 胸にかけて, 脇腹が, 腋の下へ, 腋の下を, 腰にかけて, 腰を, 腰部へ, 膝の, 自由の, 花籠を, 草を, 落ちた破片, 落ちて, 落っこちたもの, 裂けて, 裳へ, 裾や, 西日を, 見ても, 見ました祭礼, 見ると, 覗き込んでる, 豚吉を, 赤子の, 追はれる, 逃げ出すこと, 通ってらあ, 鉛筆を, 降りかけるじぶん, 離すと, 離れて, 離れると, 雲かと, 風呂敷包みを, 飛びおりるなり, 飛び降りましたが, 鰯雲が

▼ 背中~ (163, 3.0%)

5 よりかかって

2 [11件] それを, ペンを, 何か, 凭れ跼んで, 拳骨を, 横に, 泣いて, 目を, 眠って, 索結びに, 縛られて

1 [136件] うんとお尻, おして, お叩頭, かぶりを, がす, きいて, くつくつ笑い出し, くびれた手足, くみあわせまた, くるくる回った, ぐつすり眠つてしまつてゐた, こすり取られたらしく白っぽい, さしずを, しきりに子供, しっかり目, する芸, ずって, そのまま深い, その手首, ちょっと舌, つながって, とんと閉ッ, はねた, ふつて, ぶつかりひどく, ほえて, むすんで, むにゃむにゃいっ, やわらかい堆積, ゆっくりと, ようやく喰い留める, よかった, よりかかる, わたくしは, わめいて, エイッという, グッタリと, ゴツンゴツンと, ピリピリする, 上野の, 下へ, 二三寸ずつ, 云った, 亡くなって, 人を, 佐吉に, 何かが, 何度泣いた, 倚り掛かる, 凭れ足, 刎ね, 十文字に, 去って, 受けまさあ, 叩いて, 土手を, 壁に, 壁を, 声も, 声を, 大地を, 夫人は, 奥様や, 女らしく結び飾り, 子供が, 寒風に, 寝て, 寝入, 寢て, 小さな頼り, 幼児が, 庇いながら, 廻し始めるの, 廻って, 彼の, 待って, 待つて, 後ろを, 悲憤の, 感じ取って, 手を, 押し止めようと, 押へて, 括って, 持ち上げるよう, 挟むくらいに, 揺れ七兵衛, 支えながら, 新たに, 木の葉の, 機械の, 死んで, 死んでしまつたぢ, 母親だけに, 母親の, 気が, 気持よ, 泣きわめいた, 泣き出す事, 物を, 独言の, 眠て, 眠り始めて, 眼を, 知って, 答えた娘, 籠拍子を, 組み合うて, 組み合せたまま, 組み合わせさて, 結んで, 締め着け, 聞いたまま, 聞いて, 聞きながら, 聲も, 聴いたこと, 聴きながら, 聴き流しながら, 聴くと, 肘を, 腹這いに, 自動銃が, 蠅が, 補って, 西日に, 言って, 言つた, 赤ン坊が, 踊ったって, 躍るの, 運んで, 防ぎながら, 項に, 鳴りつづけて, 鼻を

▼ 背中~ (97, 1.8%)

2 お勝手を, じっとりと, 曲って, 氷の, 赤や

1 [87件] あらわない, いいの, おののき皮膚, おばあさんの, お尻, かさかさ乾い, かたくなに, かなり暑い, がらあきに, ぐしよ濡れぢ, すぐまえ, ずきずきする, そのうち出す, とがるまい, とら尾は, のっぺらぼうで, ひろが, ぶるぶる慄, ほとんどマブーフ老人, ほとんど二重, まがりから, また火, もうすっかりいい, もう地, もう貸切り, やっと張っ, ポッカリと, 一層低く, 乳房の, 人間の, 似たり, 何万円出し, 使わずに, 俄に, 兩手を, 八ツ目鰻の, 凹んでないん, 即座に, 四畳半も, 固いよう, 塩煎, 大きく波打っ, 太い紐, 少しぞくぞく, 屈んで, 幽かに, 広くて, 床と, 庭の, 恐ろしく高く, 打たなかった, 日で, 曲がって, 曲りぜんそく, 曲り頭, 木綿の, 未だぴりぴりする, 板を, 殆ん, 殴らないで, 気づかなかった, 汗びっしょり, 油を, 洗えそう, 滝の, 濃く腹部, 焼かれその, 熊の, 白みがかり湾, 直角に, 真っ白でした, 真白くて, 真赤に, 破れ始めて, 節だらけで, 美しく少し, 蒼白く輝き, 蘇鉄の, 虎に, 褐色斑紋の, 見えない, 見えないから, 見ない方, 追手を, 重たかろう, 針で, 鞭の

▼ 背中には~ (95, 1.8%)

2 主人新三郎の, 金蓮の

1 [91件] あせに, いっぱい物, いつでも, いのうを, うんと土産物, おかん, かなり重, きっとひとつ, きっと一つ, くすんだギザ, こんなに暑い, さっき縁台の, すきとおった空気, その一本道, なにやら重, なんにもねえ, はえが, まだ柔, みんなが, やっぱり鉄, ステッキが, ドテラ, バナナの, プラス電気を, 一という, 一めんに, 一本の, 七つの, 中身だけでも, 二十面相の, 五六歳ぐらいの, 五百本千本という, 何か, 何かの, 何れも, 何を, 何物かを, 俗に, 先刻のべた, 光る海, 冷い, 冷たい汗, 冷汗が, 刀傷が, 前に, 匕首が, 右の, 唐草模様の, 大きい長い襞, 大きながい骨, 大きな字, 大きな行李, 大根を, 奇妙な, 家庭が, 少し汗ばもう, 幼い彼, 弾丸の, 彼の, 憎悪や, 手が, 新しい鋭利, 日光の, 松や, 桃色の, 森の, 欄干の, 殺した獣, 汗が, 犬の, 甲虫の, 真紅な, 短刀の, 石を, 節穴みたいな, 粟飯の, 紫色の, 細引で, 腐った稲, 赤インキで, 酸素の, 重い天下, 重石を, 銀河かかり, 鍋マッチ米の, 長煩いで, 降りそそいで, 雪が, 革で, 頭中おできの, 食料品と

▼ 背中~ (49, 0.9%)

2 次に頭, 胸とに, 胸に, 腰の

1 [41件] いわず強い, いわず手, さんざんに, それに, それにほら, なく滅多打ち, なく降りそそいだ, わなないて, 両肩, 両脇, 僕の, 兩袖に, 同じくらい, 尻の, 尻を, 後頭部とに, 思うあたり, 棟梁どもの, 浴衣越しに, 細長く伸べた, 肩の, 肩を, 背中, 背中で, 背中の間に, 背中を, 胸と, 胸の, 胸へ, 脇の下の, 脚と, 腋の下を, 腰骨と, 腰骨は, 腹じゃ, 若林博士の, 言ったの, 赤いう, 頭とを, 頭を, 額とに

▼ 背中~ (37, 0.7%)

3 肩を, 胸を 2 お蔦の, 腰の

1 [27件] さかいな口, そこらじ, まどろんで, わき腹に, クビ筋などを, ズボンが, 二の腕あたりは, 人力車の, 兩方の, 尻ペタ同志で, 後頭部に, 手足を, 歩道に, 肩で, 肩に, 胸に, 脇の下で, 脚に, 腰が, 腰を, 腹は, 膝は, 頭に, 頸を, 頸筋の, 首筋の, 鰭が

▼ 背中まで~ (26, 0.5%)

1 [26件] しみ透るよう, ずっこかすの, ハネを, 一ぱいに, 充分に, 冷汗を, 地面に, 垂らした銀色, 外へ, 大きな, 寄りかけられるでは, 抜き衣紋, 抜けそう, 抜けて, 拔けて, 掛けて, 汗を, 泥濘の, 突き通って, 緑色を, 肋骨が, 裸の, 貫徹ったで有ろう, 跳泥が, 透通る, 這い上った

▼ 背中~ (22, 0.4%)

3 腰も 2 頭も

1 [17件] あつた, いたんで, いぢ, その頃, だんだんまばら, どこにも, やがて円火鉢, グレゴール, 持って, 曲がったし, 曲げられませんでしたが, 汗で, 渋紙の, 胴も, 自然の, 髻も, 鬣も

▼ 背中あわせ~ (20, 0.4%)

2 の暑

1 [18件] ていろんな, と申す, になっ, になり, にぶつかっ, に三人, に入れ, に右衛門七, に女, に建てられた, に許された, に高いびき, のテーブル, の大, の奥蔵院, の形, の時代的双生児, の芸人

▼ 背中一面~ (19, 0.4%)

1 [19件] が強い, にかけて自来, にゾクゾク, にゾーッ, に一人, に大津絵, に大津繪, に朱入, に毘沙門天, に般若, に角, に赤, の倶梨伽羅紋, の刺青, の皮, の皮膚, ぼたんに, も同様, を完全

▼ 背中にも~ (16, 0.3%)

2 胸にも

1 [14件] ある妾, しみついて, ついて, むねからも, 一ツ赤斑の, 一房の, 夏簾が, 子供が, 文字が, 是非その, 脇腹にも, 腕にも, 膝にも, 重くどっしり

▼ 背中越し~ (10, 0.2%)

1 にこえ, にジッ, にチクタク, に中, に二人, に伸子, に椅子, に籠, に絵, に若い

▼ 背中~ (9, 0.2%)

1 があります, だとか, である, で土地, とか背負袋, としては珍, とには構造, はしばしば, や腰廻

▼ 背中にかけて~ (7, 0.1%)

1 するどい鉄, ゐた手, ギザギザの, 一面に, 弾丸を, 紅色の, 鉄の

▼ 背中では~ (6, 0.1%)

2 なく腹 1 ねんねこや, 三郎が, 汚いねんねこ, 薄ら重い

▼ 背中でも~ (6, 0.1%)

1 お流し, どやして, なでて, 叩きませうか, 幸太郎が, 見て

▼ 背中という~ (6, 0.1%)

2 やつは 1 のは, ものは, 言葉を, 説明の

▼ 背中へは~ (6, 0.1%)

2 おかめ 1 子供を, 打ち貫きませんが, 桐油紙で, 真綿を

▼ 背中一杯~ (6, 0.1%)

1 にうけ, に凭りか, に結ん, に見, に針, の汚泥

▼ 背中~ (5, 0.1%)

5 はせの

▼ 背中じゅう~ (5, 0.1%)

1 が板, が痛い, にフーフー, をからから, を硬

▼ 背中~ (5, 0.1%)

2 のと, のを 1

▼ 背中だけ~ (5, 0.1%)

1 でいい, 出して, 向けて, 少し前屈み, 見物し

▼ 背中より~ (5, 0.1%)

1 おろす, 冷汗を, 猿を, 肋の, 肩兩腕へ

▼ 背中~ (5, 0.1%)

1 出シタ, 向ケテ上半身, 向ケル, 拭イテ頂戴, 軽ク押シ出スノヲ感ジタ

▼ 背中一ぱい~ (5, 0.1%)

1 ある派手, に三百円以上, に金魚, に青い, の定紋の

▼ 背中~ (5, 0.1%)

3 はせ 1 にした, はせだ

▼ 背中いっぱい~ (4, 0.1%)

1 に刺青, に受け, に広がっ, に龍

▼ 背中~ (4, 0.1%)

1 その小児, どうか, 頭かに, 頭を

▼ 背中とに~ (4, 0.1%)

1 幅の, 汗を, 白地の, 紅斑が

▼ 背中とを~ (4, 0.1%)

2 有つ 1 かわるがわるながめた, 天井に

▼ 背中にまで~ (4, 0.1%)

1 お白粉, 埃が, 札束を, 見つけた

▼ 背中みたい~ (4, 0.1%)

1 じゃ, なあの, にだだっぴろい, にまるく

▼ 背中全体~ (4, 0.1%)

1 が切な, で怒っ, で栄介, にひろがる

▼ 背中ぐらい~ (3, 0.1%)

1 ながして, ながせない筈, 誰にだって

▼ 背中だけは~ (3, 0.1%)

1 一生触れられない, 水面上に, 皆から

▼ 背中にと~ (3, 0.1%)

1 ほる春陽, まつて, 金糸銀糸で

▼ 背中ばかり~ (3, 0.1%)

1 であった, 並べて, 見て

▼ 背中へと~ (3, 0.1%)

1 よじのぼりとうとう, フンワリやさしく, 狙け

▼ 背中流し~ (3, 0.1%)

1 てくれる, に余分, に這入らう

▼ 背中がぞ~ (2, 0.0%)

1 つと寒く, ーツと

▼ 背中さすっ~ (2, 0.0%)

1 てん, て尿器

▼ 背中しか~ (2, 0.0%)

1 見えないわけ, 見えぬが

▼ 背中だけが~ (2, 0.0%)

1 紋なりに, 道夫に

▼ 背中だの~ (2, 0.0%)

1 体じゅうから, 肩だ

▼ 背中って~ (2, 0.0%)

1 ものは, やつは

▼ 背中でしつかり~ (2, 0.0%)

2 結び玉を

▼ 背中でなく~ (2, 0.0%)

1 て, 腹の

▼ 背中との~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 背中とは~ (2, 0.0%)

1 だいぶ面積, ちがって

▼ 背中などに~ (2, 0.0%)

1 大きく出, 盛られて

▼ 背中にかけての~ (2, 0.0%)

2 感じは

▼ 背中にだけ~ (2, 0.0%)

1 では, 熱い

▼ 背中にの~ (2, 0.0%)

1 つた死が, つた美しい

▼ 背中~ (2, 0.0%)

1 出して, 見せて

▼ 背中ほどの~ (2, 0.0%)

1 木魚に, 空地の

▼ 背中をば~ (2, 0.0%)

1 くすぐるなかれ, 女が

▼ 背中をも~ (2, 0.0%)

1 たらせて, てらして

▼ 背中一パイ~ (2, 0.0%)

2 の火傷

▼ 背中向け~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て寝てる

▼ 背中打ち~ (2, 0.0%)

1 のひろく, またはセナクチ・セナコージ

▼1* [115件]

背中あたりだ, 背中あわせしたりし, 背中いちめんにくつ, 背中いですよ, 背中尻の, 背中および両脛, 背中かとおれは, 背中からは焚火の, 背中からも出て, 背中がくッついて, 背中がとびらの, 背中きらきら燦い, 背中こすつたな大え, 背中へ足, 背中さえ痛い程, 背中さすりてやる, 背中さては腕に, 背中じゃ餓鬼ゃ泣く, 背中そこに白く, 背中だけになって, 背中だけへ乗せて, 背中だけを向けて, 背中だったのです, 背中だって先刻さすった, 背中つきで恋心, 背中づたひに豊かな右腰, 背中とが重なり合って, 背中とへ火掻棒で, 背中なぞへ同じ, 背中など真白に, 背中なども永久に, 背中なんか流して, 背中なんぞを叩くと, 背中なんてあんなに無, 背中にあたって頽れた, 背中にあたり私は, 背中にあたる堂の, 背中にがい骨も, 背中にくくしあげた二人, 背中にけものの, 背中について自転車に, 背中につつかかる微風, 背中にでもどこにでも, 背中にとも布の, 背中にはがい骨, 背中にもがい骨, 背中のぼてをおろし, 背中のみ黒くほか, 背中はくらい緑の, 背中はげしくきしり合, 背中ばかりが見えるという, 背中ばかりを見せて, 背中へぐッと, 背中へだけポンポコ真綿を, 背中へなんぞへのぼらせない, 背中へべっかっこ, 背中へまでも吹き込んで, 背中へよぢ登りました, 背中までがしばしば外套, 背中までは届いてを, 背中てごらん, 背中みたような, 背中むけあるいは起き直り, 背中やらから汗が, 背中ゆすつてピヨン, 背中よりも五六分隆起し, 背中をがあんと, 背中をどづいたり, 背中ガナイターノ光線ヲ浴ビル光景, 背中ヲザット流スクライガ関ノ山, 背中ヲ調ベ深呼吸ヲサセ携帯用ノ心電計, 背中ンとこに糸, 背中一ぱい錐で揉まれる, 背中一杯朱入りの刺青, 背中一重なの, 背中一面点々とむしり取った, 背中一面蚯蚓の這い廻った, 背中丁度褌の, 背中腕両脚等に, 背中中大やけどをし, 背中全身はれあがつて, 背中全部が熱, 背中出したように, 背中へのめる, 背中半分をぺちゃんこ, 背中及び肩から, 背中叩かれ手を, 背中の脇腹, 背中同士差迫つた暗い道, 背中尾鰭などの少し, 背中左之方一寸程突創一箇所, 背中当てを荷物, 背中当のことを, 背中の臟, 背中掻けると言いました, 背中のよう, 背中洗ってくれ, 背中流しましょうかなどと云う, 背中流しませうか, 背中に赤く, 背中短いズボンで, 背中肩胛骨の下, 背中肩胛骨首筋と続け, 背中背中腰と移っ, 背中よく見, 背中と移っ, 背中腰足などに五六カ所, 背中に至っ, 背中見ること能わず, 背中貝殻骨の下, 背中汗に, 背中迄を露出する, 背中通りのウロコ, 背中頸ト各種類, 背中に帯