青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

聞き~ ~聞きました ~聞く 聞く~ ~聞け 聞け~ ~聞こえ 聞こえ~ ~聞こえた ~聲
聲~
~聴い 聴い~ 聴き~ ~聴く 聴く~ ~職 職~ ~職人 職人~ 職工~

「聲~」 8561, 82ppm, 1359位

▼ 聲~ (2751, 32.1%)

132 出して 79 あげて 77 かけた 73 掛けました 47 かけて 42 して 40 出した 38 掛けて, 掛けると 35 聞いて 32 立てて 30 立て 27 聞くと 25 あげた 24 かけると, ひそめて 23 かけました 22 出すと 21 掛けたの, 擧げて, 立てた 19 放つて 18 出しました 17 聞いた, 落して 16 合せて, 發し 15 出すの, 掛けた, 揃へて, 放ちて, 限りに 12 かける, 掛けます, 聽い, 聽く 11 き, たてて, 張りあげて, 張り上げて 10 上げて, 出したので 9 出したの, 出します, 張上げて, 掛けられて, 掛けるの, 揚げて, 絞つて, 聞きながら 8 上げた, 掛けても, 聞く 7 あげました, 低めて, 掛けましたが, 殺して 6 低くし, 懸けて, 掛けた者, 擧げた, 發する, 絞りました, 耳に, 聞いたの

5 [12件] かけます, かけられて, 出すなよ, 出すので, 出せば, 呑んで, 密めて, 掛ける者, 立てること, 聞いた時, 聞くこと, 聽いた

4 [20件] あげたの, あげるの, かけたの, かけるに, きいた, しるべに, はりあげて, 出しながら, 出す, 出すところ, 出すん, 勵し, 合せた, 後に, 發した, 立てながら, 立てました, 立てようと, 立てるところ, 聞きて

3 [52件] あげたが, あげながら, あはせ, いだして, かけたが, かけられると, かけるの, させて, さへ, たて, ひくめて, ひそめ, ひそめた, ふりしぼつ, ふるはして, まねて, 出したが, 出すこと, 出すもの, 勵まし, 呑みました, 大きくし, 張り上げました, 張り上げます, 張り上げると, 張上られ, 懸ける, 抑へ, 掛けたもの, 掛けようと, 掛け乍ら, 揚て, 搾りて, 殘し, 涸らして, 潜めて, 眞似し, 立てさせないため, 立てたの, 立てたり, 立る, 絞ります, 耳にも, 聞いてから, 聞きつけて, 聞けば, 落した, 落しました, 震は, 顫は, 高くし, 高めて

2 [135件] あぐ, あげたり, あげます, あげる, おとした, おとして, お聞き, かぎりに, かくれば, かけ, かけしにさ, かけたり, かけても, かけながら, かけられた時, かける者, かける間, かければ, かけ正太, かしくはやし, かしく客を, きいて, ききて, きく, きくと, こ, しのんで, しぼつ, しぼりぬ, する, そろへて, たてずに, たてた, たよりに, だして, はげまして, はなつて, ばながく, ひそめながら, もつて, 低くした, 低めた, 其ま, 出させない爲, 出されて, 出し, 出したかも, 出したこと, 出したもの, 出してる, 出しまして, 出すから, 出すに, 出す人, 出す者, 出せ, 合して, 合はせ, 呑みて, 呑むの, 呑んだ, 嗄らして, 寫して, 尚も出し, 度々聞いた, 張あげ, 張りあげます, 張り上げるの, 張上げました, 得て, 懸くる者, 懸ながら, 懸るに, 持つて, 振り絞つて, 掛けさせると, 掛けたが, 掛けたと, 掛けますと, 掛けようとして, 掛けられたので, 掛けられると, 掛ける, 掛けるお, 掛ける迄も, 掛しかば, 掛るに, 揃へ, 揚げ, 揚げしもの, 揚げた, 擧げたの, 擧げつ, 擧げました, 放ち曰, 放つ, 放つたの, 止めて, 此町には, 洩して, 洩らすに, 浴びせました, 潜めた, 潜めました, 發す, 瞬間思ひ浮べ, 私は, 立てずに, 立てたかも, 立てなかつたの, 立てぬと, 立てる, 立てるな, 立てるの, 立てるので, 續けて, 耳の, 聞いたこと, 聞いたやう, 聞いたり, 聞きつけようと, 聞くたび, 聞くとき, 聞くの, 聞くより, 聞く所以, 聞く時分, 聞て, 背に, 荒らげて, 追うて, 長く引い, 顫はせ, 高めた, 齊ふる

1 [852件 抜粋] あげ, あげしめよ, あげその, あげた年, あげはじめ血, あげようと, あげるそもそも, あげるばかり, あげる描き終, あげる瞬間, あげアプロヂ, あげ呻きて, あげ屋根, あげ身顫, あたへ, あはれむにつけても山中の, あら, あらは, うちあげて, うばひさつた, えも隱さ, おしでない, おとし, お擧げ, かけさせると, かけたので, かけたらすぐ, かけたら菊ちやん, かけた宿引, かけた方, かけつつ, かけなければ, かけは, かけましたが, かけやう, かけようと, かけようとして, かけられた, かけられたこと, かけられたの, かけられようといふ, かけられる氣, かけられ親し, かけること, かける八五郎, かけコリヤ, かけコレ, かけ乍ら, かけ引き上げまた, かけ微笑, かけ私, かけ覺, かなし何, かなたに, きいた刹那, きいても, きかず, きかなくつて, ききたり, ききつけるの, ききつつ, きき澄し, きくの, きけやとて, くもらして, さつし, されたので, したから, した少女ら, しだした, しながら, しばしば聞いた, しみじみと, すぐ呑み込ん, すると, するわ, する小鳥, せられる, その男, た, たづねて松, たててから, たてる, たのしんで, つ, つぶして, とがらせて, とめさせた, なしつ, のんだ, のんで, はせスカンヂナヴィア, はばかりぬ, はり上げて, ひきのばした, ひくめた, ひそめました, ひそめます, ひそめるやう, ひそめ手足, ひそめ流し眼, ひろげて, ふりあげて, まろば, みたの, もてた, もて思ひを, もて言, もらせば, り, ハッキリ聞いた, レコードに, 一度聞い, 三人は, 三田は, 上げたので, 上て, 上られしにぞ, 不謹愼, 中心に, 二將は, 交へながら, 代表した, 伴つて喧嘩でも, 伴ひつ, 伽の, 低め, 低めながら, 何に, 併せて, 使ふと, 假し, 傳聞し得た, 先だてて, 全く知らず, 全身から, 出さうとしての, 出さうにも, 出さずに, 出させた, 出させるん, 出さないで, 出さない丈, 出さなければ, 出さぬ彼女, 出しかけたの, 出しさうに身體, 出したか, 出しただけ, 出したところ, 出したらい, 出したら殺すつて言ふん, 出した爲め, 出した顏, 出してから, 出しても, 出しとんと, 出しに, 出しはじめて, 出しましたので, 出しますそれ, 出しますと, 出しサア僕, 出し其の, 出し初め, 出し夫, 出し額, 出すつもり, 出すといふ, 出すにぞ, 出すわけ, 出す元, 出す外, 出す能, 出せしなり其譯, 出だして, 切斷する, 制した, 制して, 勵まして, 博した所, 博し始めて, 合せたの, 合せましたが, 合はせる, 合わせて, 向けないでは, 呑み, 呑みつ, 呑むので, 和らげて, 咳し, 嗄し, 噴上げよ, 地上の, 埋めたとも, 多くの, 太い溜息, 太く語調, 好む, 嬉しさうに, 寄せられて, 密めコレ彌, 密め御, 察して, 寢ながら, 小さくし, 少しひそめ, 少し顫, 尖らせなくたつて, 帶びた氣を, 平調に, 幽かに, 引く, 引ツ張り, 引ツ張る, 張あげた, 張りあげては, 張りあげる, 張りあげ清元, 張り上げ, 張り上げなくとも, 張り上げる, 張り上げるやう, 張り上げる時, 張り上げ鉢, 張上げたが, 張上げる, 張上て, 張上遂に, 張揚默れ, 待つ宵, 待つ迄も, 後に二階, 後世に, 得た末流詩人, 得ようといふ, 心待ちに, 忍ばせ, 忍ばせて, 忍びながら, 怒らして, 怒らし斯, 思ひ出せ, 惜まざりき, 惜まず, 感じただけ, 慕ひ, 憚りながらしがみつかう, 憶えて, 懸けければ, 懸けられた, 懸けるに, 懸ければ, 懸させ目, 懸らる, 懸らるれば, 懸られ其方共此金子八十兩, 懸コレサ音吉殿大分閙, 懸其日, 懸寧, 懸暫らく, 懸若旦那樣, 成して, 成すべき分子, 截せ, 戰かせ, 打興ずる, 抑へた, 投げあつ, 投げ掛けた, 押へる, 拵へて, 持つた戰士, 振たて, 振り立て, 振り絞り乍ら, 振り絞る外, 挾んだ, 掛くれば, 掛けずに, 掛けただけで, 掛けたとき, 掛けたやう, 掛けたわけ, 掛けた土百姓土百姓, 掛けた姪, 掛けた第, 掛けなきや, 掛けも, 掛けられても, 掛けられ急, 掛けるまでは, 掛ける八五郎, 掛ける庄八, 掛ける間, 掛ければ, 掛け合つた, 掛け如何, 掛け盜人, 掛しにより, 掛られ平, 掛るうち姿, 掛る故, 掛這入, 掲げたもの, 揚ぐ, 揚げながら, 揚げ今日, 揚げ神, 揚わ, 揚人殺し, 揚馬鹿な, 擧げこの, 擧げたといふ, 擧げなかつたならば, 擧げると, 擧げ私, 支へて, 放ちいふ, 放つた, 放つに, 斂めて, 日本精神に, 暗闇の, 曇らせ, 曲者に, 書いて, 有りつたけ, 柱時計が, 梯子段の, 歇めなかつた, 此上なき, 殺さうと, 殺してた, 殺すやう, 氣にも, 沈まし, 沒せしむ, 洩らしたリルケ, 洩らし合, 浪人夫婦は, 浴せかけるの, 浴せて, 消して, 添へる, 漏らした, 潛びて泣き居, 潛める, 潜めつ, 潜めます, 潜め我一ツ, 潜め竊, 無理に, 無視する, 生ぜしむこれ, 發さしめた, 發しつれ, 發せしめる, 發揚する, 發明し, 眞下から, 眞似る, 知べき筈, 知らないの, 知られて, 確かめると, 社に, 秘めるの, 突調子も, 立し, 立つるの, 立てさせずに, 立てそう, 立てたさ, 立てたほど, 立てつつ, 立てては, 立てないといふ, 立てなかつたし, 立てようとして, 立てられたので, 立てられやう, 立てると, 立てるとか, 立てるやう, 立てるを, 立てる力, 立てる氣力, 立てる者, 立てバツ, 立て化粧, 立て皆, 立て鳴いた, 籠め, 絞つた, 絞つて人, 絞つて友人, 絞りましたが, 絶たないの, 絶つに, 維持し, 續ぐことを得ざりき, 續ける啼き, 耳とく, 聞いたかと, 聞いたと, 聞いたので, 聞いたばかり, 聞いたら, 聞いた人, 聞いた年, 聞いた馬車, 聞いても, 聞かう, 聞かざるなし, 聞かないうち, 聞かない事, 聞かなかつた彼, 聞かぬこと, 聞き, 聞きあなた, 聞きけ, 聞きたいと, 聞きたい錦葉, 聞きつけ, 聞きつけました, 聞きつける, 聞きつけるころ, 聞きつけるには, 聞きつつ, 聞きとめた最初, 聞きは, 聞きわけたやう, 聞き乍ら, 聞き付けたの, 聞き姿, 聞き得たり, 聞き東北, 聞き知りて, 聞き自身, 聞き覺め, 聞くが, 聞くとも, 聞くなり, 聞くに, 聞くを, 聞く民俗, 聞く由, 聞く頃, 聞こうという, 聞た, 聞たり, 聞より, 聞付けて, 聞付て, 聞付隣家の, 聞權三も, 聞流して, 聴いて, 聽かせられ, 聽きつけ, 聽きま, 聽き分けよう, 胸の, 脊に, 與へ, 荒だてる, 落し, 落してつ, 落す, 落着けて, 葵館に, 親しく伺つて, 訪うて, 語つてゐる, 談じ, 跡に, 辿りて, 迫つたものに, 追つた, 送り或は, 送ると, 連呼した, 鎖して, 長々と, 長く引く, 長く引つ, 階下に, 隔てるのに, 雉子, 青空に, 音づれた, 顫せ, 風の, 飮んで, 高うし, 高く唄う, 鳴けよとぞ, 鳴らして

▼ 聲~ (1219, 14.2%)

44 して 43 する, 聞えた 41 した 37 聞えて 16 聞える 12 するので, 耳に 11 聽えた 9 きこえて, したので 8 響いて 7 聽える 6 しました, 私の, 聞えます, 起つて, 起る 5 すると, 答へ 4 出なかつた, 妙に, 洩れて, 聞えると, 自分の, 言つた, 起つた, 響いた

3 [22件] きこえる, したかと, したと, するの, それに, だん, 二人の, 交つて聞える, 出ない, 叫んだ, 彼の, 微かに, 應じた, 手に, 洩れた, 答へて, 耳を, 聞えたので, 聞こえて, 聽えます, 高いぞ, 高かつ

2 [70件] あがる, おなじ感情, しだした, します, するかと, するでは, するやう, するん, する故, その中, その口, その沈默, それを, ない, まう一層, やつて, ジヨバンニの, 不意に, 中から, 云ひました, 何か, 何處から, 何處からか, 傳は, 入り亂, 出ねえ, 出ませんので, 合圖だ, 大きかつ, 奧の, 好きだ, 平次の, 彼に, 彼女の, 急に, 掛ると, 揚つた, 明らかに, 機の, 洩れる, 漏れます, 發せられた, 答へる, 耳には, 耳もとまで, 聞えたと, 聞えたの, 聞えました, 聞え出した, 聞かれる, 船の, 訊ねた, 豫ての, 身に, 轟いて, 遠くから, 遠くに, 郎女の, 野面に, 錯雜し, 闇の, 際立つて, 雜然として, 響く, 響くと, 顫へて, 風に, 高いよ, 高くなり, 高くなります

1 [649件 抜粋] あが, あがりました, あたりからも, あたりが, あちこちに, あつた, ありました, あります, ある, あんまりよい, いい加減な, いくども, いつまでも, いつも笛, いひ始めた, いふ, いやに, うしろから, うめくよう, おこった, おさ, おづおづ何, かう囁くの, かかりました, かかるまで, かけて, き, きこえその, きこえそれ, きこえましたが, きこえます, きこえやがて, きこえ次に, きこえ靴, けた, けんどん, こだまに, この女, これでも, さうだと, さうぢ, ささやいた, したの, したやう, したり, した樣, しづかに, しない, しない筈, しめやかに, しや, しやがれて, しルリ, し出したの, すぐに, すぐ傍, すつかりとれない, するか, するコレ, する日, する氣遣, する聲, する馬, そこからも, そこここでした, そこここに, そこにも, そちこちの路地から, そつくりだ, その奇異, その時, その銀杏, それから彗星, それとなくはつきり, それ位の, それ自ら狼の, だんだんに, だんだんはつきり, だんだん嗄れ, ちょっとやん, つ, つづいた, つづいて, とぎれとぎれに, とだえると, とまると, とんだ, とんで, どんな風, のろくさく, はいり始めました, はしやいだ, はじめてその, はたと止つて畢, はつきり耳の, はりの, ひびいた, ひびきわたり天井, ひびき日本, ふるへて, ふるへ紙, ほ, ほてつた耳, ぼー, まざまざと, まじつて話す, またした, またどこ, またへま, また一, また少し, また彼女, また聞え出した, まだ耳, まだ遠く, もうまつたく思ふ, もう襖, もつれる風, やかましい, やかましいと, やむ, やめられるの, よくありません, よく聞きとれる, クククと, ザワザワと, ドッと, バルコンから, ヴェリチャーニノフに, 一しきり谷, 一つし, 一どきにかち合う, 一ぱいに, 一時に, 一杯に, 一種の, 一齊に, 三田の, 上ずつたり, 丘に, 久し振りに, 事實すこし, 二つに, 二種類ある, 二階の, 二階まで, 云つた, 井戸端まで, 交つてそれが, 交つてゐる, 他からも, 他の, 低いで, 低くつて, 低くて, 低くな, 何處かで, 余の, 佛法僧と, 佳くて, 俄かに, 傅はります, 僅かの, 充ちて, 先づ別れ, 先で, 先刻から, 入口に, 其の心, 其の方, 其の黒い, 其所からも, 其處に, 内心に, 再びきこえた, 再び元, 再び枯草, 出たが, 出て, 出ないし, 出なかつたの, 出なくな, 出なくツ, 出ませんでした, 出る, 出るかと, 切れ切れ, 到る處, 刺を, 前よりも, 十一時過, 又余, 又後, 口々から, 口を, 叫んだとき, 合唱の, 呼びかけたけれど, 呼びます, 呼び入れます, 咽喉に, 喉へ, 喉を, 喘ぎ喘ぎ下人, 嗄が, 嗄れて, 嗄れ唾, 土間でした, 地下に, 地獄の, 堤の, 壺に, 夕暮の, 外側で, 夜風の, 夢の, 大きいん, 大きくなりました, 大きくなる, 大きな緑, 天井の, 天皇の, 天窓から, 威嚇的に, 完全に, 室の, 家の, 宿の, 寄せては, 寫して, 少し落着き, 少し鹽辛, 少ない, 尖つて來, 尚沈ん, 屆か, 屆く, 山から, 山に, 山彦に, 平次が, 平次を, 平次をの, 幽かに, 庄次の, 店中に, 廊下に, 彼女に, 彼等の, 彼處でも, 待遠い, 後から, 心から笑つて, 心の, 忍びやかに, 快く顫, 惡るいからね, 惱ましい, 慰める, 應じました, 應じます, 懸崖の, 戸を, 打水の, 持ち前の, 掛りました, 掛ります, 擽つたい程人, 擽るやう, 教壇の, 新内に, 旅人の, 日ましに, 明月と, 時々洩れる, 時々聞える, 晴天の, 暫く私, 暫時の, 最先, 月光の, 木戸の, 本當, 村の, 林の, 柱を, 樂器の, 次ぎから, 次で, 次の間から, 次第に大きく, 止んだ, 此處まで, 殘つた, 毎日毎日森の, 水の上から, 水を, 決して其の, 沈む, 泡の, 波の, 洞ろに, 洩れたので, 洩れます, 洩れ聞えます, 活東さんと, 流れた, 流れの, 消えて, 消えると, 消え失せ愛ちやん, 涼しく聽, 混つて辰つ, 渡だつた, 湧き起りうす汚ない, 湧き起ります, 漏れました, 漸く靜まつ, 澄んで, 激しく抗議, 激情に, 燃えるやう, 父の, 物に, 玄關まで, 瓦を, 甚だい, 甲走ると, 男の子では, 町内一ぱいに, 留つてそこで, 疳走つ, 痛々しく袂, 白い, 百姓たちの, 皆こたまだ, 皆の, 盛りこぼれました, 盛んと, 相交, 相當門番的威力, 短かく, 礑と, 祭文語りの, 私達の, 稍高かつ, 空に, 空氣を, 突つ走ります, 突拔け, 突然私, 突貫け, 立つ, 立つた, 筒拔け, 答えた, 細々と, 終ると, 絶えないの, 絶え入るやう, 縺れ合つて, 繁の, 織る曲節, 續い, 續いた, 美しくまた, 美しく天滿村, 美しく小さく響く, 群集の, 義男の, 老人の, 聞え, 聞えある, 聞えさうな寂し, 聞えたやう, 聞えた丈, 聞えた時鶴子さん, 聞えた筈, 聞えては, 聞えてを, 聞えぬかと, 聞えはじめた, 聞えはじめたの, 聞えましたので, 聞えませんので, 聞えるそれ, 聞えるだけ, 聞えるといふ, 聞えるの, 聞えるので, 聞えるばかり, 聞えるん, 聞える事, 聞える四邊, 聞える度, 聞えジヨバンニ, 聞え來, 聞かれるの, 聞きたい, 聞きやう, 聞こえた, 聞こえたが, 聞こえました, 聞ゆる, 聽え, 聽えなかつた, 聽きとれなかつた, 聽き取れた, 聽へる, 肝高に, 肺腑を, 背後から, 自分自身の, 致すゆゑ傍, 臺所と, 良い, 若くも, 茶器一組しか, 薫風に, 藤左衞門と, 蜂の, 蜜蜂の, 表の, 裏の, 覺束ない, 訊いた, 訪ふ, 詩人の, 變だ, 變つて腦天から, 變な, 谷, 賑やかに, 起って, 起つたが, 起りかけた, 起りました, 起り急, 起るの, 身體に, 車窓から, 轉倒し, 轟くと, 近々と聞え, 近くに, 返辭, 追つかけた, 追ひ掛ける, 途切れると, 途斷れ, 途絶えて, 通つ, 遙かに, 遙かの, 遙に, 遠く且遙, 遠方に, 遠波, 部屋の, 鋭く切れ, 鋭く聞えます, 鋭ど, 錯綜しつ, 錯雜つた, 鎭まつ, 長閑に, 間を, 間近く聞え, 間違つても, 附加へ, 降るやう, 院長の, 階下に, 隣の, 離れた所, 雷霆の, 電車の, 震へ, 霎時聞え, 靜かに, 靜まりかへ, 非常に, 響いたので, 響きました, 響き渡る, 頻りにきこえる, 頻りに落ち, 顫へ, 風の, 馬場の, 騷ぎ立てる, 高いと, 高うなりまし, 高くとが, 高くなつ, 高くなるで, 高まつ, 高まり一切, 高鳴ります, 麥の

▼ 聲~ (1114, 13.0%)

54 あつた 42 云つた 38 言つた 23 叫んだ 13 いつた 11 答へ 10 笑つた, 話して 8 云ふ 7 物を 6 云ひ, 何か, 呼んだ, 笑ひ出した, 笑ふ 5 いつて, 怒鳴つた, 物も, 眼を, 言ひ, 言ふ

4 [11件] 叫んで, 呶鳴つた, 呼びかけた, 囁いた, 斯う, 歌を, 眼が, 笑ひ, 言つて, 訊いた, 話を

3 [19件] あらう, いった, かう云, せう, それを, ヴェリチャーニノフは, 云ふと, 人を, 叫びながら, 唄つた, 啼いて, 怒鳴つて, 歌ひ, 相談し, 私を, 續けて, 言った, 話し合, 話し合つて

2 [46件] いふので, おつぎ, かう言つて, ささやいた, たしなめた, やつて, 一緒に, 云つてゐる, 云は, 他の, 仰しやつ, 何かを, 口々に, 口眞似し, 叫ぶと, 呼んだり, 唄を, 喚んだ, 囁いて, 塚道の, 彼女は, 復習し, 怒鳴るので, 愛ちやんが, 挨拶し, 數を, 殆ん, 母に, 獨語を, 玉が, 目を, 私に, 笑いだした, 笑つて, 笑つてゐる, 答へて, 聞いた, 言ふと, 言へ, 訊ねた, 話した, 話しながら, 話し出した, 議論を, 附け加, 靜かに

1 [645件 抜粋] あとから, あの娘, ありがたう厶, あれは, あツ, いいました, いつたら老人, いつた時, いつもおなじ, いふ, いふこと, いふだらうと, いふの, いぶかる兵士, うたつた, うたつて, ええと, おけさ, おしつけるやう, おそるおそる云, おはなし, おまけに, お伺ひ, お勝手の, お和讃, お染, お題目, かう告げたの, かう呶鳴, かう歌, かう言, かう言ひつ, かう詞, きっぱりと, きめちやつて, ぎいと鳴いた, くり返した, こほろぎがないてゐる, こんな咄, ごさ, さういひました, さう云, さう云つて, さう呟き金側, さう言, さえずりはじめ露, ささやいたので, ささやかれる, さわがしかつ, しきりに戲談, しみじみ, すぐに, すぐ歸, すぐ眼, そう應, そしてずつと, その人, その耳元, その脚もと, それが, それで非常, そんな風, たしなめて, たずねた, たれかが, だ, ちる, つづけた, つまらないおしゃべり, とぎれ, どうせさう, どなつて行, どなりたてる男, どなりつけた, どなり立てた, ないた, なかばなほ巣窟へでも, なんだか私, ねち, ねつとりした, はじめかけた, ひどく怒つ, ほとんど囁く, ぼそぼそ私, ぽつりぽつりいひだした, またお前, また折々, また話し, むづかつて行く, もつて, やつぱり暗く, やはり間, やりましたよ, やるが, やるの, やれよ, ゆつくり, わあと, わかりますが, わめきながら, わめき乍ら, わめき散らして, わめき立てて, わめき立てるので, わめくの, ゐるかと, ガラガラと, キツパリ答へて, キャッ, ケンも, ゲラ, サイラスに, スイチヨと, パーヴェル・パーヴロヴィチが, フッと, ベシーが, ボーイがは, ヨサコイと, ワメキ立てながら, 一人の, 一寸と, 一度か, 一度に, 一枚二枚と, 一歩あるい, 一遍靜まつた, 一體に, 丁寧に, 丁度芝居, 不明瞭な, 事の, 二つ三つ泣いた, 二三間先から, 二時間半もしや, 二言三言答へる, 云つた切り氷峰は, 云つて, 云つてぢつと, 云つてゐた, 云つてブレイスブリッジは, 云つて居る, 云つて心持頭を, 云つて愛ちやんは, 云つて歸つて行つた, 云つて玄關まで, 云つて自分の, 云はれた, 云ひ切つた, 云ふた, 人拂ひ, 人聞きの, 今度こそ, 仰つし, 仰山に, 何ごとかを, 何でせう, 何とか答, 何んで, 何人も, 何遍と, 例へば梟, 傍の, 催促した, 僅かに, 先づ子供等を, 先づ酒を, 先刻からの, 先生先生と, 再び愛ちやん, 冷笑し, 出た, 出來, 出先き, 助手の, 勘次へ, 半ばまで, 又, 又言, 口ごもりながら, 口ずさむ, 口の, 口を, 叫ばれました, 叫ばれる方, 叫びたい恐ろし, 叫び返したり, 叫ぶだらう, 叫んだが, 叱つた, 叱り附けた, 叱るやう, 合唱した, 同じ問い, 吠えたてて, 告げた, 呟やいた, 呶鳴つたので, 呶鳴つたのは, 呶鳴つた婆さんが, 呶鳴り合うた, 呶鳴る, 呻いて, 呼ばれると, 呼びかけたけれども, 呼びかける目の下, 呼びかけ乍ら轅, 呼びました, 呼びますよ, 呼び上げて, 呼び起して, 呼ぶ, 呼ぶと, 呼ぶもの, 呼ぶ者, 呼んだが, 呼んだの, 呼習ひし, 咄, 咽喉のずつと, 唄うて, 唄が, 唄つて行つた, 唄の, 唄ひ, 唄ひ出し, 唄ひ通る, 唇の, 唱ひ出した, 唱ひ出す, 唱へながら, 唸つて, 唸りはじめた, 問うた, 啼きたてる鳥, 啼きながら, 啼き立つる鳥, 喉の, 喚いて, 喚きたて, 喚きたてた, 喚くと共に, 喚ばれるまでは, 嚴しく, 嚴然と, 囁き交した, 囁くよう, 囁やくを, 四方から, 四方を, 四行詩を, 四邊の, 夜を, 大島節が, 大聲, 奧へ, 奧座敷へ, 女の, 女王樣が, 女王樣に, 妻を, 始めた, 子供の, 子供を, 子蛙, 富之助の, 寧ろ鋭く, 尋ねました, 尋ねる, 小さくす, 小供ら, 小僧を, 小柄な, 少し鳴い, 居るです甚だしき, 左吉松は, 幽に, 幾分の, 弟は, 彼が, 彼は, 彼女に, 後ろから, 得意らしくかう, 微笑を, 忙しさうに兎, 念じながら, 念を, 念佛を, 怒鳴りつけた, 怒鳴り乍ら店, 怒鳴るとめしめし階段, 怒鳴るもの, 怒鳴れ, 怖, 急ぐよう, 恁う, 恐らくは彼, 悧發な, 想像した, 慣れ切つた早い, 憐れな, 懇願した, 戯談を, 房江は, 持ちかけたでは, 指圖を, 採決を, 撲つた, 故郷の, 文學談を, 斯うし, 新任の, 早くも, 明かに, 明日の, 昔話を, 朗讀する, 朝の, 未だ泣かない, 杉田の, 東京の, 枕も, 果てしも, 極めて淡白, 槇と, 樂しむ, 歌うた, 歌つてゐる, 歌つて親しい, 歌はう, 歌ひ出した, 歌ふ, 止めて, 此方へ, 歩いて, 歸つて來る, 氣輕さうに云つた, 泣いた, 泣かねば, 泣きと, 泣き出した, 泣き出したヂョウジアァナ, 泣出し, 注意する, 流行歌などを, 浪花節を, 渚が, 源吾が, 滿ち, 濁つた, 無茶苦茶に, 無遠慮に, 然かも膝, 熊野を, 片眼, 物が, 猫が, 由が, 申されました, 申しました, 申しましたが, 申し上げました, 異見を, 異議の, 登美子に, 白状し, 直譯, 相吉さん, 眞面目に, 眠つてゐた, 矢張低く, 短く一聲, 碎けた, 祈祷し, 祕密だ, 祷つた, 私の, 私は, 端的に, 笑いだして, 笑ったり, 笑つ, 笑つてし, 笑つてやつた, 笑つてゐた, 笑つて了つた, 笑つて寒, 笑つて菊池君は, 笑ひました, 笑ひ出し, 笑ひ出しました, 答えた, 答へながら, 答へる, 精一杯怒鳴りで, 素氣なく, 縫物の, 繪本を, 繰り返して, 續けた, 罵つた, 義ちやんに, 耳を, 耳打ちし, 聞かうと, 膝を, 自分だけ, 自分を, 自分自身に, 船頭が, 花屋を, 若い方, 英語らしい, 西三河といふ, 觸れた, 觸れる, 言ったが, 言って, 言つ, 言つたのも, 言つてお, 言つてから, 言つてしばらく, 言つてカラ, 言つてユキを, 言つて一寸, 言つて夜風の, 言つて子供の, 言つて年の, 言つて無作法に, 言つて私たちの, 言つて聞かせます, 言つて首を, 言ひ足した, 言ふとともに, 訊く, 訊ねる, 訴へ, 訴へる, 詰問した, 話が, 話しかけそして, 話しかけたり, 話しかけなければ, 話しつづけて, 話してを, 話しはじめた, 話し掛けながら, 話し込んで, 話すその, 話す分, 語つてゐた, 語り出した, 説教を, 誰かを, 誰とか, 誰れ, 讀みだした, 讀み上げた, 讃めて, 貫兵衞は, 賑は, 贊成した, 起して, 辛うじて答, 近くに, 返事し, 途で, 連續的に, 野次ったが, 閧を, 雄鷄, 集まる群鳥, 雷同した, 靜に, 面白を, 音づれた人が, 頑固で, 頻りに訊ね, 顏色を, 顫へながら, 風の, 飛び込んで, 餘つ, 首に, 駿介を, 騷ぎましたの奧さま, 騷ぎ出した, 鳩ポツポを, 鳴いた, 鳴いたと, 鳴いた竹藪, 鳴きま, 鳴き合つて舊い, 鳴き捨てる, 鳴くぶっ, 鷄が, 默れ, 鼠が, 齒痒

▼ 聲~ (674, 7.9%)

4 妙に, 急に, 相變ら 3 あがる彌, 人の, 低かつ, 次第に小さく, 私の, 顏にも, 顫へて

2 [35件] あり, あれで, いよ, さう, して, すぐに, なか, はなやいで, よく聽, 何時か, 再寂かに, 前齒, 嗄れて, 家中に, 少しも, 少し尖りました, 尖りました, 屋を, 座に, 彼女の, 彼等に, 我を, 昭, 晝夜に, 暫らく止んだ, 松風に, 殘らず, 沈んだ, 消えて, 立てずに, 聞ゆれ, 腸を, 自分に, 若々しい純, 遠くからも

1 [571件 抜粋] あけつ放しの, あまりに高, ありません, あわてた樣子, いまだ路, いろいろに, ええなあ, おだやかに, おほ, およそ其領地, お城, かくして生れ, かく呟く, かけしが, かけずに, かけねど, かの幹, きのふの, こ, この地上, さすがに, さだかなら, さながら曰, さやさや, さ蠅, したが, しつかりと, しない, しなかつたの, しばらく聞え, すごい, すつかり萎れ, その内容, その味はじめ厭, その後から, その後ろ, その時もうけ, その近づく, それで, そんな枯れさびれた, そんな生, そんな風, ただ女, たちまち滅ぶ, たちまち烈風, たつた一度きり, ちやうど, つっ走った, つぶやきぬ, どうかする, どうでも, どう云, どう聞い, どんな雨, なかばふるへ, なくいかに, なつかしい, なほ一層, はずみます, はつきり聞え, ぱつたり, ひ, ひくいかすれ, ひたと止んだ, ひびきみんな, ひびけり, ふるへて, ますます高まっ, また, またこの, またさらに, またたくま, また同じ, また高い, まだお前, まだわたし, まだ慄, まだ殘つて, まだ私, まつたく夏, むしろ沈痛, もうその, もうどこ, もうほとんどひそひそ聲, もう大人, もう殆, もつと, もとより未だ思ひ, もと聲, よく聞えます, よく聞える, りんと, ろくに出なかつた, わかやいだ艷めいた手, われながら, われ等の, カラカラと, ギヨブツコーギヨブツコー或は, クリストフ・デトレェヴに, ツイ激しく, ツイ荒く, ツイ鼻の, ビールを, マスクの, マリブランの, 一つの, 一つも, 一匹や, 一寸亂, 一層高く, 一朝ごとに, 一段と優しく, 一緒でした, 一體何處から, 七月の, 三四分前に, 三度かれ, 三階から, 不安と, 不思議な, 不機嫌で, 世にた, 世間に, 中, 久しぶりな, 二三杯の, 云ふ, 井戸の, 亡ぶまじ, 亦甚だ, 人を, 人生を, 今にも喰つて, 今までと, 今までの, 今夜初めて, 今迄, 今迄よりも, 低いが, 低いけれど, 低い明瞭, 低くさ, 低くしかも, 低くその, 低く然し, 何の, 何事ぞと, 何時も, 何等今, 何處から, 何處に, 併し, 俚耳に, 先の, 全く嗄れ, 其處に, 再び私, 再び續, 冴えますが, 冷たく響きます, 冷淡な, 凄まじいばかりの, 凄慘, 凛々と, 凛とし, 出せない, 初夏の, 別に優しい, 到底文字, 前より, 前通り, 動けどその, 勿論の, 却つて此二人の, 又湧き, 叢の, 口の, 古の, 古賀も, 只空, 呑むとも, 呻吟啼泣, 咽喉から, 喇叭の, 喉の, 嗄れた中, 嗚咽に, 嚴しくなります, 四十前後の, 四方に, 四方構はず響き渡ります, 四面より, 基音として, 塞りぬ, 壓し潰された, 夏の, 夕暮の, 多くなる, 多くの, 多少得意, 夜陰に, 天に, 天まで, 天上に, 太いが, 太い人, 奈何に, 始めて晴々, 官舍の, 室戸岬の, 密やかに, 寒しこの, 寒天を, 寢床に, 實は, 小さい, 小さいが, 小さい男の子, 小さかつ, 小さくなりました, 小迷, 少しうるんだ, 少し嚴, 少し明瞭, 少し濡れます, 少し皺, 少し高, 少壯, 山中でなけれ, 岬に, 峻烈でした, 市に, 幅を, 平安朝では, 平次には, 幽に, 底に, 庭に, 廊下の, 弱弱しく, 強かるべし, 強くなる, 彈み, 彼が, 彼女を, 彼方の, 彼火坑より, 彼等が, 待つて, 後ろの, 得意げに, 微かで, 微なり, 心持濕ります, 心配さう, 忘れられない, 思はず大きく, 思ひの, 恥か, 恨めしさうに, 悲しい響, 悲しさ, 悲しみと, 悲愴でした, 悲鳴に, 想ふ, 愈, 愈々尖つた, 意味も, 愚か人の, 我が中學, 我が友, 我骨を, 我骨髓に, 手に, 手術室の, 折るれども, 押し拂, 持つて, 改まりました, 故意ならず, 文吾の, 文壇全, 斷續し, 日に, 日曜日の, 旦那樣三味線は, 早く我等, 明らかに, 昔と, 春先から, 昨夜よりも, 昨日まで, 時としては, 時にとつ, 時代の, 暴風の, 曇ります, 曲者の, 曾つて何處かで, 最初の, 朗に, 朝, 朝明まされり, 未だ遏, 柔らかく喜び, 柱を, 森と, 森に, 極めて圖拔けた, 權勢にも, 次から, 次の, 次第に喧しく, 次第に少, 次第に激しく, 次第に甲走つ, 次第に疳, 歎息に, 止まなかつた, 止んだ, 此時少しく, 此變な, 歩く足音, 殆ど樂聲を, 殆ど聞き分けられない, 殊に哀れ, 殊に興, 段々高く, 殺して, 水に, 氷峰から, 氷峰に, 永遠に, 決して太く, 沈んで, 河鹿の, 泣くやう, 流行的な, 海龜の, 涙とともに, 滅切遠く, 漸, 漸く大, 漸次に, 漸次世界的音色, 潜め乍ら妙, 潮の, 澄んで, 激情と, 激情に, 濕ります, 濡れてを, 濡れました, 濡れます, 無しただ, 無駄を, 牧童の, 物々しく低くなります, 物忘れゆく, 物柔らかな, 狂瀾怒濤の, 狹蠅の, 甚だ弱々しく, 男の, 町内中響き渡る, 異常に, 皆に, 皺びて痩せた, 益々盛, 目黒の, 直ぐに, 直に彼, 直りましたが, 直泣く, 相喚び, 眞劍である, 磯曲に, 祕めた, 神に, 祭りの, 私に, 私には, 私は, 空に, 空にまで, 突然調子, 立てずただ, 立てずシン, 立てねエ, 立て得ないから, 答へ, 籠つて聞えません, 紛れも, 細細と, 絶えて, 絶えない, 絶える, 絶え沈む, 絶え間が, 絶間が, 繁ながら, 續い, 續けて, 美くしく, 義雄に, 義雄の, 老僧, 老夫, 耳に, 耳にも, 聞いたん, 聞えても, 聞えないから, 聞えないで, 聞えないので, 聞えなかつたが, 聞えなくなりました, 聞えねども, 聞えません, 聞かねども, 聞くもの, 聞く可, 聞覺が, 胸がを, 臆すること, 臍から, 自然に, 若々しくて, 若いが, 苦痛と, 荒浪を, 萬人の, 落ちついて, 藤野さんで, 蚊の, 血の, 衰えて, 被害者の, 覺えず, 言つた, 言葉の, 訛つてゐる, 話しの, 話に, 誰とも, 變つてゐた, 變に, 路地一パイに, 身の, 軟かで, 輕く, 辛うじて噛殺, 辛辣に, 近く又, 近頃聞く, 通行人の, 遂に聞く, 違ふ, 遙と, 遠くから, 遠く近く, 重く忽ちに, 野に, 野呂と, 野山に, 量り知られぬ, 錆の, 鏘, 間髮を, 闇の, 陰に, 隆吉に, 隙間だらけな, 隣席の, 隨分大きく, 隨分穢い, 雄の, 集まつて, 雜司ヶ谷の, 雲に, 雲雀ぶ, 雷の, 震へて, 非常に, 音響を, 響いたので, 頗る激, 顏容に, 類なくめでたし, 風や, 馬車の, 骨身に, 高くあたり, 高くすれ, 高くて, 高くなつた, 鳴る, 鷲を, 黯然として

▼ 聲~ (533, 6.2%)

23 應じ 19 驚いて 12 出して 11 耳を 8 つれて 7 力を 5 なり, よりて, 目を 4 なつた, 出した, 心を, 驚かされて 3 似て, 引かれて, 續い, 誘はれて, 關する

2 [30件] うたへば, さへ, すかす樣, まじつて, まだと, ハツと, 叫びつ, 叫んだ, 叫んで, 向ひ, 呑まれて, 呼は, 呼ぶ, 呼べば, 和し, 壓せられ, 家内の, 寸分違は, 從はずには, 應ずる, 此頃此處の, 皆も, 目が, 笑つた, 耳傾け, 聲を, 覺え, 話して, 語る, 霞の

1 [347件] あこがれぬ, あなたは, あやしみあへど, あやを, あらず色, あらは, いつた, いと好く, いふ, いろいろの, うち顫, うれしといふ, おびえて, お君, お高う, かう言ひつ, かぎらずいろいろ, かぎるやう, ぎつくりして私は, ぎはしく散, くるまれたもの, この僅か三ヶ月間, こめられて, これは, さめし時, しおどろけば, したがって, したもの, して, しやべ, すこし浮, そう肯定, そつくりに, そのこと, ちが, つ, なぐさめられ柔らかき, なって, なります, なり彼町人體, なり最後, なり男姫, なり貴, なり默, なるが, なること, なるやう, なる條, なれた, ひとりごちながら, ひよい, ひるみや, びつくりし, ふいと, ふと氣, まくし立てながら, まさるさび, まじって, まじりたり, またはつきり, めぐつて, めざめた君達, もれくる一ふし, やや氣上つた調子さ, よく似, よばは, よばはり, わめきながら, わめき散らすの, イドメネーその, ガラツ八は, コレ段右衞門左右に, ソレ其者共を, ハツとして, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ヨーイサンヤレ是は, 一言二言交へる, 一驚を, 上りしは, 不思議な, 不當, 乘つて來た, 二人とり, 云つた, 云ば, 云ふ, 交つてチヤラチヤラチヤラチヤラ聞え, 交つて八五郎の, 交つて富江の, 今更ハツ, 今迄の, 伴はれ, 似た, 何か, 何の, 何もかもききほれ, 何事をも, 依つて互, 充ち天下, 其の覺醒, 其方家主をも, 凡てが, 出來, 力が, 力なき, 力は, 勢ひ, 化して, 千登世は, 半二も, 又し, 取次した, 口ずさんで, 叫けんだ, 叫び乍ら, 叫び出したいほどの, 叫び立て, 叫ぶは, 叫ぶを, 叱られしかば, 向つて, 向つて閉ぢ, 含まれて, 周旋させた, 呼はるにぞ, 呼びあるきて, 呼びかけたが, 呼び止められた, 呼び起されて, 呼び醒まされて, 呼んで, 呼止めた, 和しつ, 和しぬ, 唄つてゐた, 唱ひ, 唱歌を, 問うたり, 啼く虫, 喚いた, 喚き合, 喝とぞ, 嘘の, 囁いた, 囁く, 夜は, 夢は, 大屋根, 如何に, 妨げられて, 娘分は, 安五郎は, 完たく, 家の, 尋問られしか, 對し, 對する, 導かれて, 少しも, 少し角立て, 嵌めて, 幾度と, 廣告した, 引かされて, 引きかへ, 引き寄せられて, 得意を, 從ふなげやり, 御軍, 微笑する, 微笑を, 心惑ひ, 思はず首, 恐れた殊勝さだつた, 息を, 惹きつけられながら, 愛想つかし, 感傷の, 慴えた, 應じた, 應ずるが, 應ずる響の, 我慢が, 抑揚を, 披露なすにぞ, 押へ, 提唱された, 搖醒す, 撼られつ, 於ては, 早く目覺め, 春三郎は, 暑さ, 替ふるて, 會つた, 朗讀し, 朝夕を, 杉村は, 梯の, 森の, 機の, 欺され, 歌つて居た, 歌ふ, 歩を, 母親らしい, 比較する, 氣が, 水軍の, 池の, 泣きながら, 泣き出した, 注意が, 注意を, 活かさずば, 混つて不, 混つて何といふ, 溺れて, 滿ちた, 激發された, 特色が, 獵犬の, 現は, 由ると, 申されたる有, 申入れました, 疾く此, 癖が, 發する, 發音します, 發音致しまし, 皆, 目ざめるので, 相談を, 私は, 私を, 移りしとき, 稱へ, 笑つて, 笑ひ, 笑ひ交し, 答へ, 紛れて, 紛れも, 素ツ破, 縺れて, 繰り返した, 置けば, 罵りければ, 罵れば, 耳が, 耳をも, 耳傾けた, 耳傾けよう, 耳貸さず, 聽える, 聽き, 聽く, 聽從する, 胸中の, 膽を, 自分も, 自分を, 與力ども心得, 若しや, 苦情を, 藍暗, 表は, 袁, 袖を, 親しみたいもの, 親父の, 觸れ, 言つた, 言つて僕の, 言つて口を, 言つて笑つたのである, 言つて若い, 言ひ, 言ひける, 言込ける, 訊いた, 訊ねた, 詛ひ, 話しながら, 語り合つて, 語るもの, 説明する, 説明を, 諄々と, 謂ツて, 讀みます, 讀み出した, 讀んだ一例, 變つた, 變つたと, 變つて其處で, 變つて行く, 變り, 變る, 走り退く一人, 起き上つて窓, 超えよ超えよ亞伯罕, 足踏みし, 身の毛を, 較べては, 近かった, 近く交る, 送られて, 連れ各, 連兩人を, 運轉手が, 遠慮し, 遠藤の, 遽だ, 醒むれ, 里を, 隨つて書きとらせた, 集まつた人達, 雜つてときどき, 雜つて下司どもの, 雜る, 青き蚊帳, 青年はめつた, 靜寂が, 非ざること, 非ず, 頼んで, 顏を, 飛起き, 驚いたの, 驚いた人達, 驚かされた, 驚かされたの, 驚きし老爺, 驚き家内, 驚き目醒め, 驚き見返れば, 驚き覺め, 驚き迯出さん, 高く低く節, 魅せら, 鯨波の, 鳴き乍ら, 默れ, 默止愚人め今朝檢使吟味の, 默止爾等は

▼ 聲~ (429, 5.0%)

6 する方, ない嗚咽, 中に 5 やうに 4 調子が, 調子も, 限りに 3 した方, やうな, 主を, 冴え, 大合唱, 家を, 耳に, 聞えて, 聞ゆる, 調子を

2 [28件] あらん限り, うちに, うるは, さびしさ, するところ, するの, とほり, どよめき中之町の, もれるに, やうで, 下より, 中から, 中には, 主は, 大年増, 太い人間, 婦人, 持主が, 方の, 樣子では, 爲に, 物々しさ, 程を, 細く清しき, 調子や, 議論を, 鳥が, 鳥である

1 [308件] あちこちに, あはれなる, あるもの, ある時, ある筈, いかにも力, いと善き, うちには, うつくしく發, うとうやす, うらがなしさ, お喋べり, お角, お谷, かぎりの, かぎり唄ひ, かなり賑やかで, がや, ことを, こと三階に, こる茅店, これに, さびしさ飛び立つ, しかも消し, したしさ, したで肥つたおかみ, した親分, しづまつたあとで, する, するあたり, するまで, すゞし, そばへ, だみ, どよみが, どよみは, ない挨拶, なかからも, なくなるほど, なつかしさ身, はげしい時代, はて, ほかは, まだ若若しい, めでたきを, めでたさ, やうだ, やうであり作ら, やうなり, やがて物, ゆくへを, ような, ように, よさ, よろこばしきアルペジオ, われを, をやみ, アクサンが, アクセントの, アヌンチヤタが, ヂオメーデース全, ヂオメーデース陳じ, 一群を, 下々役人は, 下から, 下に, 下ヤア, 下司が, 下忽地和吉, 中かに, 中にも, 中より, 主が, 乾いた聲, 事に, 二部合唱を, 云つた巡遊の, 云ふ, 云ふこ, 人が, 人の, 他には, 何か, 何たるを, 來る, 保證, 優れて, 先生は, 兩君も, 内へ, 出づるところ, 出ぬ口, 出るやう, 別れが, 力では, 力士あがり, 力足り, 友人等を, 反しから, 反響に, 只中に, 叫びを, 可愛いの, 合唱が, 合致した, 名が, 名を, 周旋と, 命により, 問答が, 喧囂さへ, 噪し, 囁きが, 囁きを, 因業を, 地位が, 塚の, 外には, 大いなるメーリオネース, 大きい方, 大波, 大笑, 大騷ぎ, 好かりし, 如き心, 如き謠, 如くに, 如く凡そ内, 如何に, 妙と, 威力その, 婦人だ, 婦人の, 婦人は, 媚めかし, 宅へ, 宅を, 定まつ, 寒さ, 寫眞機なり, 對峙から, 小言だ, 小言を, 山の上の, 岸より, 幸吉が, 幾種が, 弱々しさ, 弱さ, 強さ, 後に, 恐しさ, 悲しき, 悲しきや, 悲鳴をも, 惑を, 慄へる, 懷か, 我心魂に, 所在を, 抑揚や, 掛つた家柄まさか, 新聞編輯苦心談北劍の, 方が, 方へ, 方を, 時を, 會話も, 有り無し, 朗々たる, 朗らの, 木戸番で, 木魂ばかり, 果敢なさ, 樣だ, 樣で, 樣で無い, 樣な, 樣に, 欸乃に, 汽笛と, 注意に, 洩れぬやう, 流行の, 海と, 消えた靜, 淙々たるを, 清しさ, 湧き立つた時, 源は, 滿ちわたれる, 漏れぬ蓄音機演奏室, 漸く聞え始めた, 潔きこの, 烈しさ, 無きが爲め, 爆發と共に, 物凄さ, 特さらに, 猶絶間, 獨唱が, 玉響き, 王メネラオス衆に, 男は, 男馬士の, 畢る, 發議で, 皺枯れた, 礑と, 稱へ, 穩かに, 立たないと, 笑を, 範圍に, 篇に, 細まる, 細音も, 終に, 終らぬうち, 絶ゆる, 絶間に, 絶間全, 綿蠻たるに, 美しきを, 美しさ, 美を, 老けた頃, 而も, 耳目に, 耳邊に, 聞えたこと, 聞えた許, 聞えないの, 聞えぬにや, 聞えるところ, 聞えるやう, 聲あり, 肩を, 背後に, 能く, 茅蜩の, 落ちて, 蕭や, 融け合つて, 裏聲で, 規則で, 親切もしくは, 言質では, 評隲に, 語の, 語る不思議, 語即ち, 調子そのものから, 調子で, 調子では, 調子などは, 調子に, 調子には, 調子にも, 調子の, 調子まで, 調子をも, 調子高に, 議論が, 起る處, 軟さをば, 透る我が, 連絡だけは, 野性を, 野暮な, 鋭き鷲, 錆で, 錆や, 限りで, 限り叫ん, 限り笑つた, 限り高く, 限り鳴い, 隣びとらし通り過ぎを, 集りである, 靈, 靈の, 音いろ, 音いろによつ, 韻から, 韻劔の, 響いて, 響が, 響きから, 響きは, 響で, 響と共に, 響を, 顏を, 類似にも, 餘韻が, 餞別を, 騷が, 高い元, 高い騷, 高か, 高きは, 高さ, 高低に, 魅力的な, 鯨鐘の, 鼕, 鼻聲で

▼ 聲~ (333, 3.9%)

31 立てずに 8 聞えた 7 立てさせずに 6 する 5 聞える 3 かすかに, して, 無し, 聞えて, 聞えない

2 [20件] いまは, かけずに, した, なく, なく泣い, なく泣く, よわり足, 出せずに, 私の, 聞えず, 聞えない物, 聞えぬ, 聞かず男, 聞かれない世の中つて厭, 聞ゆ, 蛇く, 調子も, 雨音も, 震へ, 高くなり

1 [221件] あつた, あはれの, いださずその, いつしか聞えなく, いとのどか, うれしく, かくや, かけずあたふた, かけなかつた筈, きいた, きこえずささやく姿さ, きこえて, きこえなかつた, きこえなくなつ, これに, さうだ, さうなら目つき, さびしや, さわやかに, したやう, しない, しなかつた, しなければ, しませんでした, すつかり, すゞしく, ずぼずぼと, せぬ, その話, たてずこつちも, たてないのに, だんだん高く, つぎ, つよく心, なか, なきは, なくいつ, なくうろつい, なくかたち, なくちら, なくどんどん, なくふる雪, なくフカフカ, なく凉, なく動い, なく數語, なく滑って, なく笑, なく色, なく虎髯大尉, なく降りつづい, なく降りつづく, なけれど, なし, なにも, のどけき, はげしく陳, はつきり聞えました, ぴつたりやむとどこかの, ほがら, ほとんど聞い, まじつた, もう出ない, もう聞えません, もう途絶え, よくて, よく甲高い調子, わざと反り身, わたしには, 一言も, 丸で, 之れ, 乞食の, 交つて聞えた, 交る, 亦此弊, 人の, 低い, 低く, 何となく誇らしく, 何やら遠い, 何んと, 傳へぬ, 優しくは, 凛とし, 出さないから, 出したくなるぢ, 出せやしません, 出ないまで, 出なくなりました, 出ねば, 割栗石を, 動く力, 口笛も, 哀れを, 唯その, 嗄れて, 圓い, 地に, 女の, 女の子の, 嬉しさ, 容赦ない, 實は, 形も, 得たい, 得出さ, 得立, 微に, 微風の, 急也, 息詰つてるやう, 恰好も, 恰幅も, 悲しき天, 或は全く, 或日, 手も, 打萎れた, 掛けずに, 掛けずにか, 掛けず手, 掛けは, 斯くぞ, 斷乎として, 明るく響いた, 時々は, 時々聞く, 時々高く, 暑きが, 最う聞く, 構はず躊躇する, 樣子も, 次第に力, 次第に揚, 止りぬ, 氣が, 浮ける雲, 涙に, 涙も, 涸れ果てました, 漸く落ちつい, 烈しく顫, 無きなげきあり, 無く塒, 無しこの, 玄米の, 男に, 皆感心, 皺が, 眞面目くさ, 矢つ, 碌に, 確かに, 立てさせず反抗, 立てず, 立てず何, 立てず子供, 立てず直ぐ, 立てず苦しみ, 立てず身動き, 立てず音, 立てない, 立てないで, 立てない氣味, 立てませんが, 立てられない, 立てられなかつた, 立てられなかつたと, 立てれぬ程, 立て得ず兩手, 終らぬうち, 美しく, 聞いたと, 聞いた事, 聞えず唯, 聞えず小春, 聞えず靜, 聞えないて, 聞えないの, 聞えない叔父, 聞えなかつた, 聞えなくなつ, 聞えました, 聞えました又, 聞えませんや, 聞かず又, 聞こえた, 聞こえて, 聞分けぬ, 聲に, 聽え, 聽えずなり, 聽える, 聽き, 色も, 花街の, 華やいだ, 足音も, 跫音も, 身を, 途切れ勝ち, 遂には, 遠くに, 遠慮深, 鈴の, 長閑に, 集つた, 雷の, 震へれば, 霞に, 靜まつた, 音も, 餘所ならぬ, 高くなつた, 高く壽ぎ, 高く賣り, 高けれど, 鳴いては, 鳴かなかつた, 麗かなりぶらり

▼ 聲~ (110, 1.3%)

6 云ふ 4 一しよ, 一緒に 2 なり, 倶に, 諸とも, 諸共に

1 [88件] あの奔放さ, いつたら, いひは, いひ節, いひ體, うるほひを, さも嬉し, そのフオツクス・トロツト, その合間, それから時々, それを, なさんと, なつた, なりかしこ, なりて, なりぬ, のみなりき, はしやいだ, ひびくと, ほれり, オルガンの, シクシク泣く, 三味線の, 三四人の, 下町の, 云つたら, 云ふとき, 云ふも, 交つて聞え, 交り, 京阪電車の, 代つて仕舞, 同じである, 同じ樣, 地響と, 大隅とは, 天半の, 姿とは, 子供らしい, 對談した, 彼女の, 思はれぬ程, 情との, 成り不平, 折檻に, 春松の, 格子を, 格式とを, 梵鐘の, 植木屋の, 榮さんの, 樂器との, 櫂の, 櫻花丹楓に, 此處に, 氷峰とは, 沈んだ調子, 澄んだ鈴, 申しますの, 申しますもの, 痙攣的な, 直ぐに, 相手が, 知つて果敢ない, 稱ふる, 空想とに, 穿物の, 細君の, 聞いて, 聞くの, 花束の, 覺え, 言語の, 變じました, 變れる, 賑な, 足音が, 過ぎ去らじ, 違う, 非常に, 響く, 顏付と, 食物と, 首を, 騷, 驅け, 鶯の, 齊しく

▼ 聲高く~ (55, 0.6%)

4 笑つた 3 笑ひ 2 呼んだ, 笑つて

1 [44件] あの女の子, けっけっと嗤, さけぶ生徒, ひとりの, ゲーレスに, フアビアニ公子に, 世間話を, 之を, 云つた, 云つた人々に, 又玉海, 口走つた, 叫ばれて, 叫びあ, 叫びて, 叫んだ, 叫んだの, 叫んで, 吼えた, 呼びあげるので, 呼びて, 呼ぶに, 呼べり, 呼んで, 命令した, 咳を, 唄ひ踊る, 唸つた時, 家の, 尋ねかけた, 彼の, 彼は, 牛舍より, 申渡さる, 笑はずといふ, 笑ひつ, 笑ふ, 聖母への, 胸を, 語りあ, 讀み上げられる毎, 追うた, 雲に, 鳴いた

▼ 聲~ (54, 0.6%)

2 人の, 誰れだ

1 [50件] いろいろで, ざれ唄, ざわめきが, ざわめきは, それから又, どつ, ほのかに, よその, レアのや, 人を, 低い叫び聲, 何, 何とも云, 何に, 俥の, 其他雜多の, 口中に, 口笛きれ, 叫び聲やに, 叫喚は, 喉を, 囁きを, 夜明けに, 夜風の, 天窓の, 客の, 幻とより, 打ち解けた雜談, 押し殺した泣聲, 朝がらすが, 涙で, 物音は, 男性的颯爽たる, 町人の, 白鳥などは, 笑い聲が, 罵しり聲, 與吉の, 舌たらず, 行縢を, 話し聲, 豆腐屋の, 足音は, 身振, 選手たちの, 鈴の, 面もちや, 革で, 顏を, 風の

▼ 聲~ (42, 0.5%)

3 のが 2 かに負, つたのだ, つた氣が, と思

1 [31件] え, かに笑, からこつち, が, がちよい, がぶたれ, が初めて, が渠, が險, ぜ明神下, つた, つたで, つて, つてさつき聞えた, つて猫撫で, つて聞く, といふ, とてここ, とは思ひ, とも言ひたい, と思ふ, と見る, な, なす, ね, ねえ, のに, のは, よほんとに, 俺は, 御町内

▼ 聲~ (40, 0.5%)

82 て人

1 [30件] ていはく, ていふ, てさ, てなそん, てほどなく, てもう, てやみぬ, てアントニオ, て云つて, て仰せ, て何, て呼んだ, て寄つて, て我名, て戸, て斯, て早, て最う, て歌, て沼, て潛, て登山者, て程なく, て笑, て老公, て讀經, て輒, て運ん, て黒き, やはる

▼ 聲では~ (34, 0.4%)

5 ない 3 あつた, 言へ 2 なかつた

1 [21件] ありませんが, あるまいな, いへ, つきり, ないあいつ, ないか, ないが, ない其處, なか, なかつたか, なかつたから, なく續, もとよりない, ものを, 云へ, 大きな一喝, 無い聲, 物も, 申されぬが, 申上げられません, 話せなかつたの

▼ 聲と共に~ (31, 0.4%)

1 [31件] からだを, そこはかとなく森, ぽんと, ガクリと, ポカッ, 一翼は, 何だか底意地, 何遍と, 來て, 十八九の, 千切つた樣な, 向うを, 壇を, 大混亂, 女の, 我が, 扉は, 扉を, 束の間に, 檜の, 汁を, 無二無三に, 皿小鉢の, 矢張り障子は, 私の, 穴から, 草の, 落せし提灯, 起きあがる, 野村は, 飛んで

▼ 聲あげ~ (28, 0.3%)

11

1 [17件] ていひけり, てうた, てかこみ, てヒッポトオス, て兩手, て其親愛, て噛まるる, て御者, て戰馬驅, て曰, て泣きもい, て羽, て藍光, む, 先に, 祈り曰ふ, 長庵殿そりや

▼ 聲にて~ (28, 0.3%)

1 [28件] あゝ好い, いふ, はじまる, ア, アレルヤを, アントニオよ, ゲーレスが, 並る, 何れも, 力あり, 叱り付外記, 呼ぶ, 喝采す, 忙しく鳴く, 應と, 我は, 歌ひあふ, 歌ひつぐ, 歌ふ, 然言聲, 物いはんもうし, 當所は, 笑へば, 續い, 詩歌を, 誦じ, 豚を, 長く引い

▼ 聲~ (25, 0.3%)

1 [25件] のみ憚, はや, へうつ, へうるみ, へなまめき, へまざまざ, へまじ, へものうき, へ二三年前, へ出さなき, へ出ず縋り, へ宗助, へ定か, へ寒く, へ己, へ幽, へ昔, へ朽ちぬ, へ洩れぬ, へ猶, へ立てない, へ耳, へ聞, へ聞え, へ聞えぬ

▼ 聲~ (24, 0.3%)

16 や言 4 やい 1 やありません, やなく, やねえ, や云

▼ 聲には~ (24, 0.3%)

2 私は

1 [22件] いつもの, おきみ, まだ何處, もはや爭, 不思議な, 何故か妙, 俺の, 出さず義雄, 出さなかつた, 出で, 力が, 勝ち誇つた響, 夫人の, 妙に, 得意らし, 或る, 拍手なんどのみ, 機械を通じて, 氣も, 深い諦め, 激しい意途, 無頓着に

▼ 聲あり~ (22, 0.3%)

2 ていふ, 力あり, 勝沼よりの

1 [16件] て, ていと, ておうおう, て一, て噴氣, て嫉妬, て旅人, て絶えず, て陷穽, て靈, て默, 人に, 友を, 命あり, 汽車は, 涙あり

▼ 聲にも~ (19, 0.2%)

2 力が, 心づくべき筈

1 [15件] あらゆる點, どうやら聞き憶え, どこか, まるで叱られ, ゆるい波, ヒステリイにも, 何か, 凛とした, 女の, 安らかな, 怒が, 拘らず世間, 棘が, 顏にも, 驚かざりきといふ

▼ 聲でも~ (18, 0.2%)

2 出して, 聞こえるか

1 [14件] あつた, あるやう, 出さなきや, 出したこと, 掛けて, 掛けながら, 掛け乍ら, 掛け乍ら寄つて, 立てたの, 立てられては, 立てられると, 練習が, 聽い, 解ります先

▼ 聲ばかり~ (15, 0.2%)

2 呼んで

1 [13件] きこえて, それにも, だらうか, で, であつ, でたしなめた, で直ぐ, で鹿, 尖り出した喧嘩, 微風も, 窓で, 聞かされて, 聽い

▼ 聲なき~ (14, 0.2%)

1 [14件] かの者, も, ものを, 哀れの, 墓の, 墓門の, 影ばかり, 歡樂手を, 死人は, 笑いが, 聲の, 身を, 釣臺の, 顏にて

▼ 聲から~ (13, 0.2%)

1 [13件] だんだん世界, であるが, はつきりと, 乾干, 使ひ, 大砲の, 恐るべき, 想像し, 掛聲を, 推して, 空想した, 聞いた, 電報が

▼ 聲だけは~ (13, 0.2%)

1 [13件] どうする, 凛として, 塀の, 大袈裟です, 天地の, 妙に, 惡く, 慥かに, 朗々と, 浮んで, 草花の, 辛くも聞える, 驚いても

▼ 聲です~ (13, 0.2%)

31 から高い, が世辭, が甘く, が説明, ぐにじゆんが答へ, それに, つて, ね, ねことに, の

▼ 聲のみ~ (13, 0.2%)

2 何時に, 高く聞えぬ 1 しろし, 今に生, 息ある, 悲し, 殘り, 聞えて, 聞えるにぞ, 高し, 鳴り響き

▼ 聲きこ~ (12, 0.1%)

111 ゆまた

▼ 聲ある~ (11, 0.1%)

1 [11件] かたに, は, はひとり筧, ばかり靜, も, ものも, 人の, 湖や, 由を, 空は, 限り高らかに

▼ 聲~ (11, 0.1%)

1 [11件] すけく, よく知つて, 三聲しか, 二聲を, 何かを, 何ぞの, 慰めか, 接吻か, 枕に, 物音が, 足音か

▼ 聲にな~ (11, 0.1%)

4 つて 1 つたのを, つて太政官は, つて姉の, つて平次に, つて渠の, つて裂けた, やめる

▼ 聲とは~ (10, 0.1%)

2 はつきりかは 1 うつて, かうも, しないの, その月, わが睡り, 思はれない異, 狹い, 調子の

▼ 聲なく~ (10, 0.1%)

1 またやさしき, 唇から, 安眠する, 思慮なく, 歩み, 流水語らず, 涙なし, 玉兎靜かに, 練つて來る, 言葉なく

▼ 聲などが~ (10, 0.1%)

1 した, すぐ階下, する, ハツキリと, 何かの, 其處から, 夜中に, 有力な, 賑やかに, 遠くの

▼ 聲まで~ (10, 0.1%)

2 出して 1 其の儘, 耳について, 聞き分ける耳, 變つてぺちやくちやとお喋り, 變つてゐた, 逸んで, 顫はせ, 風の

▼ 聲掛り~ (10, 0.1%)

1 があり, がある, で, である, で來, で勘定奉行, で萬一, で行く, の家柄, は一世

▼ 聲高き~ (10, 0.1%)

1 を開き, アイアース彼を, クロニオーン, ポリテース, メネラオスパトロクロスの, メネラオス今, メネラオス即ち, メネラオス王に, 一鳥遂に, 使者を

▼ 聲とが~ (9, 0.1%)

1 いつとは, した, また耳, 交, 入り交つて, 森の, 洩れた, 聞えて, 遠く微か

▼ 聲よりも~ (9, 0.1%)

1 おくれて, もつと, 一層明, 實功を, 峰から, 廣く, 更に情ない, 禽の, 自分の

▼ 聲をも~ (9, 0.1%)

2 立てずに 1 きかず一, 出しがたい, 得立てず, 想像させる, 立ず死したりけり, 立ず泣ける, 聞かなかつた

▼ 聲である~ (8, 0.1%)

2 のだ 1 が佛法僧, けれどもしかも, ことを, といふこと, に反し, のを

▼ 聲~ (8, 0.1%)

1 のであつ, のである, ので盲目, ので返事, のねえ叔母さん, んだ, んです, 古しそ

▼ 聲より~ (8, 0.1%)

1 さめて, ひそやかに, もつと, 三つ下であり, 外には, 外何事も, 明け初めて, 生る

▼ 聲一つ~ (8, 0.1%)

1 しない, で二十人, のため, 出さぬ樣, 出せないほど, 立てないの, 立てなかつた, 聞えません

▼ 聲高らか~ (8, 0.1%)

1 なり, にうたつた, に叫ん, に歌, に誦し, に謳つて, に題目, に鳴き叫び嵐

▼ 聲それ~ (7, 0.1%)

1 が木魂, が聞える, は二つ三つ先, は例, は昨夜, も次第に, を聽

▼ 聲を以て~ (7, 0.1%)

1 一國の, 喧擾し, 天下の, 脅すかの, 詳しく説明, 運命の, 酷どい

▼ 聲揚げ~ (7, 0.1%)

21 てその, てクロニオーン, て命乞, て累祖, て衆

▼ 聲その~ (6, 0.1%)

21 中にて, 儘に, 枕に, 詞とともに

▼ 聲だけ~ (6, 0.1%)

1 であと, で其聲, で驚いて, 聞えて, 聽いた, 送つたん

▼ 聲として~ (6, 0.1%)

1 それが, ほとんど信念, 其一端を, 出て, 婦に, 聞いて

▼ 聲など~ (6, 0.1%)

1 いろ, なほありあり, 云つて徒らに, 年はと, 懸合, 遙に

▼ 聲遠く~ (6, 0.1%)

3 きこゆ 1 消えて, 霧晴れむとす, 響きわたりて

▼ 聲いと~ (5, 0.1%)

1 あはれなり, 喧し, 大なり, 蕭や, 賑は

▼ 聲かけ~ (5, 0.1%)

21 ておん身, 文右衞門并びに, 根限に

▼ 聲する~ (5, 0.1%)

2 日なが 1 かたに, に心付き, 方を

▼ 聲といふ~ (5, 0.1%)

2 ものは, ものを 1 事が

▼ 聲までが~ (5, 0.1%)

1 何となく不, 其らしい, 筒拔けに, 賑やかに, 顫へて

▼ 聲いさましく~ (4, 0.0%)

1 して, 引揚げし, 揚げて, 駈け拔けし車

▼ 聲しか~ (4, 0.0%)

1 出さない人, 立てること, 聞えて, 聲を

▼ 聲だけが~ (4, 0.0%)

1 ある, たつた一つ朗, 不氣味, 笑つ

▼ 聲でした~ (4, 0.0%)

1 がそれでも, が妙, の, わね

▼ 聲でない~ (4, 0.0%)

2 ものとして, 語が

▼ 聲とも~ (4, 0.0%)

1 つかぬ聲, にあだなら, 獸の, 聞かれた

▼ 聲とを~ (4, 0.0%)

1 そつくりそのまま, もて重ねて, 思ひ又, 持つた女

▼ 聲なりと~ (4, 0.0%)

1 いひき, いひ色, 存ぜし處, 稱へ

▼ 聲によ~ (4, 0.0%)

1 つていう, つて人生の, つて打消され, つて菩提へ

▼ 聲らしい~ (4, 0.0%)

1 のが, ものが, 叫びを, 音も

▼ 聲無く~ (4, 0.0%)

1 其色の, 練り來る, 露落ち, 靜かに

▼ 聲絶え~ (4, 0.0%)

21 てはまた, て浦

▼ 聲~ (3, 0.0%)

1 ぐるのみ, つと叫び, はせ手

▼ 聲~ (3, 0.0%)

21 ツぱい怒

▼ 聲きこえ~ (3, 0.0%)

1 この斷崖, てうる, 初めて斷續

▼ 聲この~ (3, 0.0%)

1 事を, 耳を, 色を

▼ 聲たてる~ (3, 0.0%)

2 を噛 1 小川の

▼ 聲だけでも~ (3, 0.0%)

1 いまの, 地方民は, 聽く

▼ 聲だつた~ (3, 0.0%)

1 が, が何となく, が濡雜巾

▼ 聲だらう~ (3, 0.0%)

1 いつでも, か, が坐

▼ 聲であり~ (3, 0.0%)

1 わが邦, 同志たちの, 月夜の

▼ 聲との~ (3, 0.0%)

1 初對面, 爲めに, 間に

▼ 聲などの~ (3, 0.0%)

1 もつて, 聞ゆる, 靜かに

▼ 聲などを~ (3, 0.0%)

1 判斷する, 擧げたり, 聞きながら

▼ 聲なら~ (3, 0.0%)

1 よう覺, 氣には, 澤山だ

▼ 聲のみが~ (3, 0.0%)

1 その靜寂, 忙しく響く, 空間を

▼ 聲ほのか~ (3, 0.0%)

1 にさ, になり, に白く

▼ 聲までも~ (3, 0.0%)

1 よく似, 能承知致せ, 荒々しく叫んだ

▼ 聲をか~ (3, 0.0%)

2 くるを 1 くる知人

▼ 聲三聲~ (3, 0.0%)

1 呼んで, 試みる樣, 鳴いた

▼ 聲二聲~ (3, 0.0%)

1 が甚だ, と聞い, もうれしく

▼ 聲低く~ (3, 0.0%)

1 お八重, 聞えて, 語られる物語

▼ 聲喧しく~ (3, 0.0%)

1 大立, 廊下を, 木棉の

▼ 聲大きく~ (3, 0.0%)

2 いふに 1 いつて

▼ 聲張上げ~ (3, 0.0%)

21 て歌

▼ 聲無き~ (3, 0.0%)

1 に疑ひ, 石の, 葬列は

▼ 聲立て~ (3, 0.0%)

1 て怒鳴つた, て走る, ばあやに

▼ 聲聞き~ (3, 0.0%)

1 て, 立石が, 覺え

▼ 聲聞く~ (3, 0.0%)

1 ときに, ヘクトール慄然と, 夏の

▼ 聲あつ~ (2, 0.0%)

1 て, て神

▼ 聲あはれ~ (2, 0.0%)

1 なりければ, なり啼ける

▼ 聲あまり~ (2, 0.0%)

1 の事, 鳴音

▼ 聲あわ~ (2, 0.0%)

2

▼ 聲うる~ (2, 0.0%)

1 はしき民, はしく

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 君は, 箱の

▼ 聲かと~ (2, 0.0%)

1 あやまたれつ, 疑はれるやう

▼ 聲がか~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 聲がずつと~ (2, 0.0%)

1 さきに, 近づいて

▼ 聲がど~ (2, 0.0%)

1 つとおこり, つと起つた

▼ 聲きく~ (2, 0.0%)

1 に, 時

▼ 聲くら~ (2, 0.0%)

2 ゐは

▼ 聲こそ~ (2, 0.0%)

1 わたれ, 立てなかつたが

▼ 聲こそは~ (2, 0.0%)

1 この受驗制度, 微なれ

▼ 聲これ~ (2, 0.0%)

1 を傳, を明し

▼ 聲ざし~ (2, 0.0%)

2 柔きしのび

▼ 聲しのばせ~ (2, 0.0%)

1 て泣いた, て笑ひだ

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 徐ら次の間に, 那方なる

▼ 聲たて~ (2, 0.0%)

2 て笑

▼ 聲だった~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことは

▼ 聲だに~ (2, 0.0%)

1 聞えぬ, 遁さじと

▼ 聲つき~ (2, 0.0%)

1 それから當時, も少し

▼ 聲でかう~ (2, 0.0%)

1 お文, 叫んだ

▼ 聲とか~ (2, 0.0%)

1 物音とか, 眞情の

▼ 聲とで~ (2, 0.0%)

1 南國の, 東西兩國の

▼ 聲とともに~ (2, 0.0%)

1 ドアが, 不意に

▼ 聲とに~ (2, 0.0%)

1 おどろきて, 目を

▼ 聲などに~ (2, 0.0%)

1 叔母さん心覺え, 耳を

▼ 聲なる~ (2, 0.0%)

1 いつの, 故不思議

▼ 聲なれ~ (2, 0.0%)

1 どもわれらとい, ばなり

▼ 聲について~ (2, 0.0%)

1 子供等も, 聲量の

▼ 聲にわ~ (2, 0.0%)

2 つと泣き出す

▼ 聲はりあげ~ (2, 0.0%)

1 て, て叫びいふ

▼ 聲ばかりが~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 聲ひとつ~ (2, 0.0%)

1 せぬ五萬, 聞えないやう

▼ 聲ぶり~ (2, 0.0%)

2

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 出し二日, 頓狂な

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 づ起る, づ逸早く

▼ 聲めでたき~ (2, 0.0%)

1 女兒あり, 小鳥を

▼ 聲をは~ (2, 0.0%)

1 づますれば, づませて窕子は

▼ 聲をば~ (2, 0.0%)

1 懸ず拔打, 途切す

▼ 聲を通して~ (2, 0.0%)

1 さへ, その聲

▼ 聲ララ~ (2, 0.0%)

1 と叫べり, など我

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 の歡び, の物

▼ 聲以上~ (2, 0.0%)

1 には聽, に耳

▼ 聲勇ましく~ (2, 0.0%)

1 引入れる車門口, 御物見下

▼ 聲叫ぶ~ (2, 0.0%)

1 が早い, よと見る

▼ 聲叫ん~ (2, 0.0%)

1 で棺, で眞正面

▼ 聲同時に~ (2, 0.0%)

1 今一人乘組んで, 物あり

▼ 聲呼ん~ (2, 0.0%)

1 で形, で見た

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 日本帝國の, 變な

▼ 聲大いに~ (2, 0.0%)

1 あがる, 騰る

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 はオレステ, をし

▼ 聲我が~ (2, 0.0%)

2 考へは

▼ 聲振り絞り~ (2, 0.0%)

1 ていふ, て我

▼ 聲擧げ~ (2, 0.0%)

1 てより, て宿直

▼ 聲~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 聲理由~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 聲自慢~ (2, 0.0%)

1 の男, もあれ

▼ 聲荒く~ (2, 0.0%)

1 いかに傳吉汝邪辯, 云つた

▼ 聲荒らげ~ (2, 0.0%)

1 我が本覺眞如, 畢竟お

▼ 聲~ (2, 0.0%)

2 ゆく惡太郎

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 の音, の響

▼ 聲響き~ (2, 0.0%)

1 かへり見, しかばわれ

▼ 聲~ (2, 0.0%)

1 の事, の嘶き

▼ 聲~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 聲鳴き~ (2, 0.0%)

1 かはす, やまず

▼1* [362件]

あかるき空を, 聲あげどうれと云, 聲あたりに高く, 聲あの懷かしい, 聲あやしく溪に, 聲あらき氣息また掌, 聲あらくさては勿躰, 聲ありき是に, 聲ありしのみ, 聲あれは玉, 聲いづこ, 聲いなないたのが, 聲いよいよ多し, 聲うち顫ふ如くなりき, 聲うら悲しく枯れも, 聲おそろしく大股に, 聲おのづから兩袖, 聲おもしろげに, 聲かう張り上げたかと思ふ, 聲かがそつちから傳は, 聲かしましく攻め來, 聲かすかに霞, 聲かなたにも, 聲かに覺まされた, 聲かねて覺悟, 聲がかりも無い, 聲がぞツと, 聲がつつぬけて, 聲がわつと起つた, 聲がをり, 聲やつと, 聲きかばたつぬ, 聲きかずなりし時けうとく, 聲ききて勢, 聲きくよすがも有らざりけれ, 聲きけば雉子, 聲きこえければ將監, 聲きこえぬ各, 聲きはめてよし, 聲けたたましく叫んで, 聲や秋風, 聲さびしき比めづらし, 聲さんの話, 聲しきりなるアレースの, 聲しきりに聞ゆ, 聲しばしは鳴り, 聲じゃありませんがね, 聲すべてがいかにも, 聲すらもなつかしさうに立止つて, 聲すらもが異端で, 聲ずらりと行渡る, 聲せし方を, 聲せまりたり, 聲そのものにあります, 聲それらの甲高く強い, 聲とよもす, 聲たかく宜い, 聲たかく好い心持らしい, 聲たつるとき, 聲たるを認むべきもの, 聲だして罵りあふ, 聲だって惡いんです, 聲だの恐ろしさ, 聲ちかくして, 聲ぢやゆはんねえが, 聲つて懷しいもの, 聲づつを啼いた, 聲であったがそれなり, 聲でからかつてゐる, 聲でからかふ, 聲でして居る, 聲でしか語ること, 聲でしやべる, 聲でたづねてゐる聲が, 聲でなく鴎, 聲でなければ土藏, 聲でやツて, 聲とかいふ大家の, 聲としてもまた愛誦, 聲となせる牛, 聲とを以て滿場の, 聲どよむ天人の, 聲ながら百里の, 聲ながらもおろ, 聲なし人生の, 聲なすゆゑ何事や, 聲なぞで想像した, 聲などと何の, 聲などは寢て, 聲なども漏れて, 聲ならず色は, 聲なり折しも降しきる, 聲なりとして打ち興ぜむ, 聲なんか出したつて, 聲なんぞ出しやが, 聲にかはらうとして, 聲にかの女は, 聲にでも決斷の, 聲にともなはる, 聲にのみ滿足する, 聲にばかり氣を, 聲によりていと, 聲ねに力なく, 聲ねのあやに, 聲ねは睡蓮の, 聲のうへをあらゆるもの, 聲のちがひで, 聲のみを聞きて, 聲はうづしほのこゑ, 聲はかへつて私を, 聲はげしき叫喚星なき, 聲はやく絶えて, 聲はるかに聞え, 聲殺して, 聲ばかりであらう, 聲ばかりなり然るに彼町人體, 聲ばかりをつづける, 聲ひそめて, 聲ふくむ鷄, 聲ふりあげて鳴く, 聲ふりしぼりて逝け, 聲ふるはして語り終, 聲ふるはせ最此上, 聲と, 聲ほそし立ちて, 聲ほど生命の, 聲ぼくなん, 聲またきくべからず, 聲またはこの二詩人, 聲みたいに云つたの, 聲めでたく歌ひ, 聲もて汝を, 聲もろともに平手, 聲もをしまず, 聲やかましく走る馬, 聲やに耳を, 聲やら荷馬車の, 聲やらがたくり車, 聲やらを聞きました, 聲ゆくりなく一の, 聲ゆふぐれ聞ゆ, 聲ゆゑ偖は女房, 聲ゆゑ徐々立寄しに, 聲またさながら, 聲よくして, 聲よりはお母さんの, 聲わが耳を, 聲わめく聲が, 聲をぞ立てしなる, 聲をととひの, 聲をな立てそ, 聲アヌンチヤタと叫べり, 聲アルカ如ク人ヲシテ一讀骨, 聲アントニオと云, 聲カピトリウム街頭に起る, 聲ガ支那ト米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 聲コリヤ白妙何いふ事で此有樣何者, 聲ハツと立ち上がる, 聲パツと指, 聲ヒヤアと肝, 聲ビール壜に詰めた, 聲知リ鼻ニ嗅デ, 聲一時止む夜, 聲七九行にいでし, 聲三聲かなたにも, 聲三聲咆哮したかと, 聲三聲悲鳴をさ, 聲上司小劍等と共に三隈, 聲上聲と云, 聲上野の森, 聲下山の準備, 聲不平はモデル, 聲並びにその社員, 聲には絹, 聲中心より出, 聲に和, 聲の聲相和, 聲二發鍼路を左舷, 聲二種のうち, 聲二聲啼いては, 聲今人胸奧の絃, 聲低きことあり, 聲何處よりともなく, 聲聲と, 聲全く相和, 聲兩手で掴まへ, 聲公津の野, 聲其他不思議な聲, 聲其等全く慘憺, 聲初更を告ぐる, 聲到る處に, 聲は川, 聲勇ましき黒塗馬車の, 聲聲と, 聲參差として松, 聲及び外貌に, 聲双子縞の袷, 聲口上も江戸前, 聲叫びて我頸, 聲叫びし儘二ツに, 聲叫び右手のむち, 聲叫び女の體, 聲叫び聲の大, 聲叱られて蹲踞, 聲叱る聲其等全く, 聲叱咤しさ, 聲合す草田のかは, 聲合唱がアルト, 聲ゆる聲聞ゆ, 聲呑牛氷峰など義雄, 聲呶鳴つて情の激, 聲呼ばふ墓地の, 聲呼ぶ聲を, 聲咆哮したかと, 聲に救助, 聲哀れを返す, 聲哀音をしのばせ, 聲唐詩を高吟, 聲唸りを上げた, 聲問題に關, 聲啼いたと思ふ, 聲啼くとすぐ, 聲喚く聲哀に, 聲喝采する聲, 聲喧しき夏の, 聲嗄れしとおも, 聲嘆聲をあげ, 聲器物を投げつける, 聲四方に起る, 聲多く北には, 聲大帝の耳, 聲にヂュウス, 聲の作家, 聲女房のお, 聲子供の泣く, 聲寂寥を破る, 聲富貴倶に兼ね, 聲寒寒と宵, 聲寤寐の間斷, 聲少きは地質砂, 聲居酒屋の内, 聲ふかく棲む, 聲のほとり, 聲平次の女房, 聲床几から轉げ, 聲弱き聲手の響きこれ, 聲張りあぐるこころ意氣, 聲張りあげて, 聲張り上げて唱, 聲強く浴びせかけたつもり, 聲彈丸の如く飛ん, 聲微々たるものだ, 聲の耳, 聲忽ちハヽヽヽヽと, 聲急がず緩まず四曼不離の, 聲恐ろしけれど送り, 聲恰幅はなか, 聲悲鳴をさ, 聲感激方欲大擧, 聲慰めと求め, 聲懸け給へば, 聲懸りの利章, 聲の響きこれ, 聲拍手起る, 聲挨拶振りが如何にも, 聲振鈴の響, 聲掛けて耳, 聲擧動などはこの, 聲放りあげて行き, 聲故意にはげしく, 聲う云, 聲斯く曰へり, 聲早朝からはじまる, 聲春葉宙外天外花袋と新進作家, 聲春葉氏等と知り, 聲時刻が後れ, 聲普く堂に, 聲暴風となれ, 聲の枕, 聲朗らかに, 聲歡樂と, 聲止みしづまれるとき我見し, 聲正宗白鳥二氏の外, 聲汝等を虐げし, 聲沙羅雙樹の花, 聲を蹴立て, 聲に突いた, 聲洩れたり, 聲を入れられた, 聲浮屠氏は聞き, 聲清爽に其方共此度予, 聲潰れたれば身, 聲のはぜる, 聲爭鬪呼聲に續, 聲物凄い響が, 聲獨歩誰彼の二世たち, 聲玲瓏の山鳥, 聲疾く續く, 聲登る處は, 聲盛んに起る, 聲眞晝の往來, 聲短く鳴いたなり, 聲石炭の山, 聲に似る, 聲神代に響き, 聲神樂の響, 聲も相槌例, 聲も日出雄少年, 聲立たぬ可憐なる, 聲立てずに笑つて, 聲立て其所へかつ, 聲簡單なるもの, 聲純情の妹, 聲に近々と, 聲耳だつばかりにて樓下, 聲聞えしが又, 聲聞えぬその麗, 聲聞けばちん, 聲肺臟から出る, 聲つ節, 聲自然のなか, 聲致すにより何事, 聲の水, 聲艦橋に響く, 聲の聲, 聲荒らかに云, 聲落葉の蔭, 聲蜥蜴の鉛筆, 聲の光り, 聲の音, 聲に泣く, 聲袖何せよ彼, 聲ふまでも, 聲試みる樣なる, 聲諸共吾等は鐵車, 聲を吹く, 聲赤ん坊の泣きわめく, 聲路傍に喞, 聲近く聞ゆるによりて, 聲迸り辯論の, 聲透りて響く, 聲進まない返事が, 聲遠近に聞えけり, 聲金屏風の反映, 聲釣鐘の如し, 聲錢形平次はそれ, 聲長く悲鳴し, 聲障子を開け, 聲の囀り, 聲に和, 聲ほどの事, 聲響き來ぬ, 聲頻りに林中に, 聲を擧げる, 聲顏言葉つき服裝好き嫌ひ, 聲飛びついて行つて, 聲香味觸法の十二, 聲騰り光榮身に, 聲鳴いた時は, 聲鳴けかしと, 聲の小田, 聲黒きわめきさけびは