青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「範~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

管~ 箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~
範~
~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ 築地~ ~簡単 簡単~ 簾~ ~籠 籠~

「範~」 1913, 18ppm, 6420位

▼ 範~ (710, 37.1%)

16 少僧都 15 御房 10 のす, はその 9 は, はそう 8 は自分 6 は何, は眼 5 の講義, の身, はすぐ, は性善坊

4 [11件] である, と性善坊, のことば, のまえ, の姿, の手, の袂, はそれ, は師, は顔, も性善坊

3 [13件] がいう, その人, なの, のうしろ, の声, の眼, はこの, はそっと, はなにか, は今, は弟, は朝, は足

2 [47件] か, が今度, が何, が講堂, という一個, という人物, とを心, に向っ, のいる, のそば, のゆく, の室, の帰途, の弟子ども, の心, の眉, の眸, の耳, の肉体, の胸, の腰, の膝, の顔, はあわて, はうなずい, はここ, はしみじみ, はすでに, はそういう, はそんな, はどこ, ははっと, はやがて, は先, は叡山, は姫, は山, は庭, は法衣, は答え, は胸, は輦, は首, は驚いた, へ, も口, をながめ

1 [424件] から垂示, から財, がいかに, がいっぱい, がうなずい, がおそろしい, がかた, がここ, がそこ, がためらう, がどう, がふたたび, が上がろう, が上っ, が下山, が今, が佇ん, が出, が室, が山, が巨, が師, が明日, が昔, が板戸, が果たして, が橋, が止める, が歩みだす, が水桶, が求められ, が片隅, が答える, が罪, が藁沓, が詫びる, が追いつい, が遷化, が部屋, が門口, が門跡, が面, じゃない, じゃ今, だった, だって人間, だ法然, っ何, であった, であります, であると, でさえ, です, ですが, というもの, といったそう, とが復従兄弟, とてもいつ, となり, との間がら, とは何者, とも闘っ, とを思い比べれ, と僧正, と共に念仏門, と慈円僧正, と知る, どのまた, どの青蓮院さま, にいえ, にいわれ, にご, にすら勝る, にとってはそういう, にとっては今日, にとっては有益, にとって心, にとどまる, にはいきなり, にはよく, には一日, には一語, には凡, には力, には当然, には感じられた, には料理, には範宴, にむかっ, にもすこし, にも分らなかった, に会わせろ, に似, に対して慈円, に対して飽くまでも, に対する諸, に御用, に料紙, に求通, に禅閤, に賜わった, のいただかぬ, のいない, のうごき, のうしろ姿, のかわり, のこころ, のこと, のごとき, のすぐれた, のする, のちかい, のほのか, のまわり, のやつ, のよろこび, の一語, の今, の低く, の体, の体質, の信じる, の修行, の前, の参内, の向けた, の呼ぶ, の唇, の問い, の問題, の天稟, の存在, の学才, の宿望, の将来, の小賢しい, の居所, の帰り, の弟, の当惑そう, の後, の後ろ, の心境, の性格, の性質, の意, の意志, の所在, の挙止, の方, の日々, の旨, の来る, の楯, の横顔, の気もち, の注意, の痛切, の痩せ, の登岳, の知識慾, の笑顔, の答え, の細首, の肚, の脚, の衒学, の袖, の観察, の足, の足もと, の跫音, の身辺, の輪郭, の返辞, の隠し女, の頬, はあつく, はあまりに, はありあり, はいう, はいずれ, はいた, はいっ, はいった, はいつ, はいつの間にか, はうしろ, はうなずいた, はうなずき, はうれしい, はおくれ, はおよそ, はかく, はきょう, はぎょっと, はくりかえし, はこう, はごうごうたる, はさし俯, はさっき, はすこし, はすず, はぞんぶん, はたたみかけ, はただ今, はだまっ, はつぶやい, はつぶやき, はつま先, はともかく, はどき, はなお, はなぐさめた, はなんと, はひざまずい, はひところ, はひろい, はふたたび, はふと, はふり向き, はほっと, はほとんど, はほほ笑み, はぽろり, はまた, はもいちど自分, はもう, はやはり, はやむなく, はやわらかい, はゆうべ, はようこい, は一乗院, は一体, は一句, は一同, は一年余, は一応, は一日, は一昨日, は一歳, は一目, は不安, は不死身, は両手, は五ヵ月, は人々, は人間, は今や, は今日, は仏陀, は何となく, は依然として, は俺, は側, は全身, は再び, は冷ややか, は初めて, は別れ, は前, は参朝, は口, は叱った, は同じ, は呼びとめ, は唇, は四, は堂, は夙く, は大きな, は大地, は天恩, は女, は学寮, は宿房, は小声, は小首, は帰る, は床, は引ッ, は弟子僧, は弟子僧たち, は彼, は彼女, は従い, は復従兄弟, は心づよい, は思いがけなかっ, は恐ろしく, は悠久, は感激, は慟哭, は房, は手, は手さぐり, は数年前, は文字, は新しく, は日, は曲, は書, は朝麿, は木, は机, は東山, は案内, は桶, は橋, は欄, は歩い, は死し, は死ん, は水桶, は水煙, は河内, は泣き竦ん, は浄土寺, は浅瀬, は涙, は濡れ鼠, は炊事場, は熱い, は片, は牢, は狂わしい, は玉日姫, は生れた, は痛切, は白い, は白金襴, は眩い, は瞼, は礼, は礼儀, は神, は立ちあがっ, は立ちどまっ, は立ちどまった, は笠, は筆, は答えた, は箭四郎, は紅い, は網代牛車, は縷々, は翌年, は考え, は聖光院, は背, は胸苦しく, は膝, は自覚, は苦笑, は見えなかった, は訊こう, は誰, は起きだし, は車, は辞し, は追い払っ, は退がっ, は退がろう, は逃げなかった, は通った, は長座, は闇, は霜, は頭, は食物, は駈けだし, は骨, は鹿, は黙然と, へいう, へも断っ, へ向っ, また来る, もうれしく, もここ, もこれ, もその, もちかごろ, もまた, もやがて, も今, も以前, も師事, も心もとなく, も思いだし, も意外, も愛くるしい稚, も決心, も法隆寺, も熱い, も耳, も見入っ, も遠く, も頭, も駈けつづい, よりは遥か, をこれ, をさがし, をさがし出し, をさし, をつれ, をのせ, をよべ, を会わせろ, を先, を出せ, を嫉妬, を子ども扱い, を少, を座主, を憎悪, を本堂, を監視, を盲愛, を膝, を見る, 何とも体, 吐かして

▼ 範~ (239, 12.5%)

11 に於 7 に屬 5 を擴張 3 である, に於い, は極めて, を脱し

2 [17件] が, が野, で最も, といふもの, に亙つ, に入らぬ, に入る, のもの, の中, の廣狹, は狹, も亦, を出でず, を定め, を擴げ, を擴め, を狹

1 [170件] およびこれ, から脱し, から言つて, から遠く, から遠ざからう, がせめて, がひろく, が制限, が如何, が廣, が廣すぎ, が思つた, が擴大, が最も, が極めて, が段々, が漸く, が狹, が狹い, たらしめたりき, だ, だけにしか存, だけを目標, で, であつ, でいへ, でないから, でなら, ではない, ではなかつた, ではなく, では前, では容易, では彼女, では戯曲, では支那, では昌造, では直ぐ, では西洋, では飯田町あたり, でもかなり, で一, で歩合, で知る, で結婚, で蕪木, となる, とを定める, とを自分, と秩序, なども知りたかつた, にある, においてすでに, における他者性, にさ, にしよう, にせよ, について木版, にて實行, にて研究, になる, にはいつ, にも二人, にも屬, にバラ, に亙り, に入, に入らん, に入れる, に入れん, に制限, に包含, に及ぶ, に同情, に固定, に就, に屬さ, に思索, に推し及ぼす, に於ける, に最高, に渡つて, に狹め, に自我, に行, に觸, に進める, に長, に閉ぢ籠め, に限られた, に限定, に驚かされた, の, のあらゆる, のずつと弘, のみに感ずる, の事, の人々, の使用, の個人, の内, の國民, の境, の大きい, の字形, の家族, の專門家, の廣, の沿革, の狹, の狹いも, の界隈, の空, の經驗, の自治制, の自然, の造庭, はきはめて, はどれ, はもつ, はより, は周, は如何等, は廣, は廣い, は廣いし, は微細, は更に, は次第に, は甚だ, は相, は解らない, は豆, は錢形平次, は限られる, も今, も種類, やバス, や經濟上, より外, をどうしても, をひろく, を中古, を出, を出てず, を出でない, を出ない, を同じく, を吾人, を善く, を固く, を廣め, を思はせる, を感ぜし, を承認, を拔, を持ち, を擴大, を異に, を知つた彼等, を知る, を研究, を脱する, を超え, を超えた, を越え, を越えた, を逸脱, を適宜, を離

▼ 範~ (199, 10.4%)

6 であった 4 とであった, は云った 3 の声, の言葉, は廊下, は金剛杖, は首, よどこ, を迷わした

2 [13件] がいる, が云った, が姿, の姿, の方, はそう, はまた, はヒョイ, は怒鳴った, は立ち上がった, も群集たち, よちょっと, よ帰っ

1 [138件] お助け, か首尾, が, がつづい, がねえ, がよろめき出た, が上がった, が伏見街道, が大, が日頃, が杖, が横口, が現われ, が真っ先, が酔い, ことごとく参っ, だ, だけが後, つつしめ口, であったが, であるが, でその, では, でもあった, という人間, とが黙然, とに別れ, との出現, との物の怪, とは不敵, とは大, とは定遍, とは小次郎, とを相手, と大, と浮藻, と申し, と申す, と連れ立ち, と連れ立っ, などもっとも, に至っ, のいらいら, のやった, の体, の前, の大きな, の女, の尋ね, の眼, の耳, の蛇, の顔, は, はあっち, はいかにも, はいぬ, はこう, はこの, はそこで, はどうして, はひどく, はまず, はやがて, はよろめい, はゾッと, は一向, は一方, は一足, は京都, は今, は以前どおり, は冷笑, は出口, は利口, は十数間ひた走り, は吃驚, は吼えた, は吼え出した, は呻いた, は呻く, は喋舌, は喜ん, は嗄れた, は執念深く, は夢中, は奥, は威猛高, は屏風, は庭, は怒っ, は思わず, は恐怖, は愉快そう, は感激, は振り返った, は最初, は林, は槻, は歩き出した, は浮藻, は狂気, は生け捕った, は眼, は矢, は突い, は笑い出した, は答え, は背後, は興ざめた, は袈裟太郎, は足, は足踏み, は部屋部屋, は闇, は頓に, は驚き, へ云っ, へ云った, もポカン, も業師, も盲人, も笑う, よありゃ, よどう, よ安心, をし, をはじめ, をも雑, をよくも, を失おう, を探し廻っ, を放さなけれ, を睨んだ, を迷わせ, を迷わせろ, 控えて, 行って

▼ 範~ (129, 6.7%)

4 はいった 3 はすこし 2 と宗業, の館, は, はそう, は何, は十八公麿, は思わず, は院

1 [106件] か, がいった, がかぶり, がきょう, が何, が叱りつける, が問う, が沓, が直垂, が答え, が答えた, が青蓮院, さえ介, だけにはよく, であった, ではあるまい, ではない, といえ, とはべつ, と十八公麿, と蔵人, などはめったに, なの, には分っ, には古雅, にもお, にも加盟, に会った, に告げた, の子, の意志, の正直, の眉, の耳, の膝, の苦しい, の袖, の足もと, はあたり, はあぶない, はあわただしく, はこもごも, はさし, はすぐ, はそこ, はその, はそれ, はちょっと, はなにか, ははたと, はひそか, はひとくち, はふたたび, はふと, はふり, はもう, はもだえた, はやがて, はやっと, は吉光, は同情, は器, は奥, は客室, は寝所, は幾度, は弟, は当惑, は後白河法皇, は心, は時刻, は暗然, は机, は樹蔭, は歌人, は法皇, は渇, は病気, は眼, は誰, は貴人, は足, は身辺, は返辞, は迷惑, は鞍, は顔, は首, は驚いた, へ仰せられた, もそっと, もまた, もやがて, も人, も吉光, も呆れ, も唖然, も奥, も宗業, も思わず, も見あげ, も見える, や宗業, をのせ, を憎み, 有範

▼ 範~ (79, 4.1%)

7 示して 2 たれるの, 人民に, 垂れて, 天下に, 民政主義の, 示した, 示す知恵

1 [58件] かえりみて, かのレクラム文庫, ぎゅうぎゅう踏みつけ, これへ, しめすの, そこに, たれると, とるの, やって, わが神楽坂毘沙門様, アメリカの, 世界に, 九代一鐵の, 前者に, 取って, 取つたもの, 取らないもの, 取るといふ, 取る必要, 合衆国に, 國民に, 垂るべき, 垂れその, 垂れたも, 垂れようでは, 垂れると, 垂れるどころか, 垂れるの, 垂れる人, 垂れ給う, 垂れ自らそれ, 婚姻の, 封建そのものの, 授け曙, 民家に, 求めて, 求めること, 独逸に, 生捕りと, 示された詔, 示しそして, 示した家祖たち, 示し師表たる, 示すこと, 示すと共に, 示すべきであるに, 示すほどの, 示すもの, 示す為め, 示す貞節, 示せば, 紹述する, 置き殷, 諸外国, 貴方方, 趙雲に, 身に, 近代に

▼ 範~ (63, 3.3%)

5 の墓 42 が火, のほう, の亡霊

1 [48件] から出, が何, が待機, といえる, と彼, と義経, と途中, などに向っ, なら景時, には一霞, には甘, にも碌, に仕, に対してはさ, に対しても義経, に強い, に諮っ, のある, のいた, のそば, の二弟, の作戦, の助け, の墓守, の大軍, の子, の後見, の指揮, の指揮下, の攻め口, の本軍, の立った, の陣, の霊, はいちど鎌倉, はうけ取った, はすぐ, は二言, は平家, は煮えきらない, は総, は腹, も能登守教経, も院宣, を側, を初め眷属功臣, を瀬田, を説い

▼ 範~ (50, 2.6%)

1 [50件] いったいどこ, うなずいて, かつて米国遊学中, この安元二年, さすがこの, さて措き, すこぶる弱気, それは, たいへん快く, たしか, ちらと, にやにや紹介, ひとまず客館, べつに気, ほろりと, まず両国友好, よいあんばい, 一篇の, 世間には, 事もなげに, 使いに, 傍らから, 十五歳の, 君前を, 哀訴し, 国庁の, 大きく手, 大原成頼は, 媒人役として, 彼女が, 意識を, 朝から, 殷の, 江戸の, 熱心に, 病床に, 皇后大進という, 石段の, 素蘭軒の, 美しい妻, 膝の, 自ら迎え, 茶碗を, 赤松氏の, 起き上がって, 身体が, 途方も, 静かに, 額を, 顔を

▼ 範~ (38, 2.0%)

2 子か, 所従に

1 [34件] むかし周易の, 一族が, 世を, 二人という, 五行傳などは, 人柄にも, 兄とは, 右に, 和子十八公麿は, 墓参から, 女で, 妻が, 子が, 子じゃろう, 子にて, 子一鐵とは, 家庭という, 小廟, 席左右には, 後嗣を, 意中も, 所の, 条に, 様子に, 横顔を, 死んだ時, 注成る, 父で, 甥に, 病気に, 眼には, 筮法の, 邸は, 邸へ

▼ 範~ (32, 1.7%)

4 するに 3 すべきもの 2 云ふ

1 [23件] あっては, した日支両国, した時代, して, し従来, すべきでしょう, すべき位置, すべき校歌, すべき美点, すべき道, すべき面, すること, するところ, するには, するの, する総合開発, せよと, なすべきもの, なつて, 娘の, 対面中に, 祖神人の, 纐纈源吾の

▼ 範圍内~ (32, 1.7%)

7 に於

1 [25件] であるの, ではどこ, では相互, でもなほ, でも何, で各, で尤も, で斷, で遂行, ならば, においては表現法, において暫有的前階的, にはなく, には自分, に在, に存, に止まらない, に汝等, に留まつ, に立ち入らせた, に終始, に置かん, の地, の漢字, の田圃

▼ 範宴少納言~ (20, 1.0%)

1 [20件] が, がこの, だそう, であった, であろうが, でございます, ではあるまい, という秀才, という童, という者, といわれ, とやらどんな, の入, の天質, の弟子, の授戒, はにこと, は暗い, を登岳, 入壇

▼ 範~ (17, 0.9%)

1 [17件] が, が太い, が私, が運転士, であった, とはばったり, と父島, のおやじ, のこと, のよう, の二人, ははればれ, はひたい, も前, も運転士, 銃太郎と, 銃太郎の

▼ 範~ (13, 0.7%)

1 [13件] が腹心, でいま甲胄, にすれ, に手, の事, の召次, の妹, はここ, はほか, は知る, も彼以下, を中心, を誅し

▼ 範~ (12, 0.6%)

1 [12件] こうすすめた, その時, 一族百名余を, 云うと, 女に, 子飼, 流浪した, 深く法然, 示されて, 荊州へ, 返歌を, 鎌倉の

▼ 範~ (12, 0.6%)

1 [12件] が世間的, である, としてあらゆる, として挙げ, となる, にすぎない, にたいして生まれつき敬意, をたれ, をたれん, を打, を決して, を見る

▼ 範~ (12, 0.6%)

1 [12件] が, で言下, に袖判, のいさめ, のみが知った, はいつ, は小首, は糧米, は言った, へたずねた, までがかたず, も意外

▼ 範~ (12, 0.6%)

1 [12件] がある, であるか, であるらしい, としての不動, として適切, とするだろう, の理論, はそういう, はソナータ, や方式, を得, を有っ

▼ 範~ (9, 0.5%)

1 かえって薙ぎ立てられる, 傚つた訳な, 咎めた, 對し, 属して, 帝が, 習おうと, 至る各, 載つて

▼ 範宴どの~ (9, 0.5%)

21 が山, の女性, の尊い, の求められる, は何, は黒谷, を要し

▼ 範宴さま~ (7, 0.4%)

1 お一人, が案じ, では, とご, と性善坊どの, をお, を訪ね

▼ 範宴様~ (7, 0.4%)

1 これから寒く, せっかくの, では, にさ, は根本中堂, をお, を会わせ

▼ 範覚さん~ (7, 0.4%)

1 が追って, そんな物アこっち, て人, では, とご, なん, はお前さん

▼ 範~ (5, 0.3%)

1 やむなく抗戦, 印鑰を, 同席だった, 強情を, 知らんでは

▼ 範~ (5, 0.3%)

2 や義輔 1 との間, などと云, のやつ

▼ 範宴自身~ (5, 0.3%)

1 が仏, が感じ, が誰, の苦悩, はそれ

▼ 範覚殿~ (5, 0.3%)

1 にも手, に至急, のお, もそう, もそこ

▼ 範として~ (4, 0.2%)

1 よかろう, 云われて, 残したい, 語り伝えられたこと

▼ 範~ (4, 0.2%)

1 といただき, は京, は京都, をあわせる

▼ 範朝臣~ (4, 0.2%)

1 が時めく, の屋, の館, はあべこべ

▼ 範~ (4, 0.2%)

1 などと名, などと名乗った, はどうか, ノ絵ガ

▼ 範~ (3, 0.2%)

1 垂ルへ, 垂ルベシ, 歐米ニ示スベキハ論ナシ

▼ 範~ (3, 0.2%)

1 が不安そう, であった, の言葉

▼ 範~ (3, 0.2%)

2 のお 1 の御

▼ 範~ (3, 0.2%)

1 とが以後, と吉良貞義, をおい

▼ 範綱様~ (3, 0.2%)

1 にはその後, のお, やまた

▼ 範頼も~ (3, 0.2%)

1 とやかく攻め亡ぼした, また何事, 義経も

▼ 範する~ (2, 0.1%)

1 のである, 能は

▼ 範たる~ (2, 0.1%)

1 ことを, 武士が

▼ 範とも~ (2, 0.1%)

1 ならなければ, 云わるべき優れた

▼ 範と共に~ (2, 0.1%)

1 その意味, わが君

▼ 範などの~ (2, 0.1%)

1 如くやはり, 眞僞竄亂を

▼ 範には~ (2, 0.1%)

1 二人の, 筮法として

▼ 範にも~ (2, 0.1%)

1 よく見えた, 告げるが

▼ 範~ (2, 0.1%)

1 いった, 相談する

▼ 範~ (2, 0.1%)

2 という人

▼ 範~ (2, 0.1%)

2 を葛木

▼ 範~ (2, 0.1%)

1 ができてる, は作者自身

▼ 範圍ぢ~ (2, 0.1%)

1 やから, やない

▼ 範圍外~ (2, 0.1%)

1 にある, に投げ出さん

▼ 範太夫~ (2, 0.1%)

1 であった, には別れ

▼ 範~ (2, 0.1%)

1 に則っ, を作り

▼ 範朱治~ (2, 0.1%)

1 の二隊, 諸葛瑾

▼ 範~ (2, 0.1%)

1 の上, の人物

▼ 範綱宗業~ (2, 0.1%)

1 のふたり, の二人

▼ 範綱朝臣~ (2, 0.1%)

1 の御, は永く

▼ 範頼たち~ (2, 0.1%)

1 が一ノ谷, の源軍

▼ 範頼義経~ (2, 0.1%)

1 ごときが, の両方

▼1* [109件]

いま果てん, 範からの事で, 範こそは源三位頼政公の, 範さんとわたくし, 範せんとする, 範たちの法師, 範うには, 範という聖は, 範との夫婦が, 範などが自分の, 範なども帰国と, 範なるものが, 範に従って出来上った, 範はにことして, 範もし母上と, 範ことが, 範一部を写した, 範上人の住, 範九疇を錫, 範九章の末, 範五行傳などの五行思想, 範復如是と, 範以後の各, 範光兵部卿基経などという人々, 範光卿が御, 範其他殷に關, 範円有竹松太郎加藤東作吉田彦六戸島粂之介等々の武士, 範円等の人々, 範に仕える, 範叟道規庵主元文三年戊午八月八日, 範を拡張, 範国いまのは誰, 範国二階堂時綱小笠原政長上杉朝定同朝房, 範圍ナリト云ハルル今日日本ヲ相手方トシテ英獨協商, 範圍ニ非ズ, 範圍以上に何, 範圍小局に偏する, 範圍從つて限界の問題, 範圍狹くして, 範圍知識の領域, 範が, 範の, 範にわたって中央政府, 範という仁三郎, 範士たちが大正十四年頃, 範多川口をはじめ, 範夫婦のたのし, 範を子衡, 範の手, 範季卿という人, 範実は何と云つて, 範宴きょうはわし, 範宴さまあれを箭四, 範宴たち二人が自分, 範宴人と生れ, 範宴僧都でいらっしゃいます, 範宴僧都あなた様には思いあたる, 範宴少納言さまはどこ, 範宴殿ご出立, 範宴遁世のよし, 範というの, 範が見当らない, 範子金縢, 範意様を残し, 範數疇を脱せん, 範次郎の三人, 範氏来訪あり, 範氏範らの若者輩, 範治氏に頼ん, 範治鈴木宗忠阿部次郎成瀬無極天野貞祐九鬼周造藤田敬三黒正厳大峡秀栄等々の諸氏, 範浪切右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 範が討死, 範為馳氏や同校, 範用内に於, 範画教材として描いた, 範と云う, 範綱うじの御, 範綱さまのお, 範綱どのの御, 範綱めがいらざる, 範綱自身こそ瞼, 範臣軌の話, 範して, 範覚おいで何をし, 範覚さん疲労れたの, 範覚はさもさも, 範覚わしの仲間, 範覚ハダカ持って, 範覚一生懸命考え込んだが, 範覚以外のどの, 範覚姥にも負けない, 範覚様がこの, 範覚殿贄あげました, 範覚範覚行って, 範覚贄のハダカ, 範覚贄釜なんどに入れられよう, 範貞以下六波羅の主, 範貞様のカ, 範資貞範氏範らの若者輩, 範の軍勢, 範零陵には劉度, 範頼どのをお, 範頼源九郎義経一条忠頼といった順に, 範頼義経たちの源氏方, 範頼義経らの宇治川戦, 範頼義經兩公達に命ぜられ, 範馳, 範高トイフ者デ剣客宮本武蔵ハ, 範高ニ嗣ナク兄某家小倉藩ニ仕ヘ