青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「美し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~置け ~罰 罰~ 署~ 署長~ 羅~ 羊~ ~美 美~ ~美し
美し~
~美しい 美しい~ 美しき~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~ 美濃~ 美術~

「美し~」 5752, 55ppm, 2095位

▼ 美し~ (4922, 85.6%)

68 がある 65 である 63 です 4536 であった 35 を持っ 29 というもの 28 だった 23 でした 19 なの, を見せ 18 に心, はその 17 を持つ 16 があった, だと, であつ, を感じた 15 の中 14 のある, を見る 13 ではない, ではなく, とその, は, をもっ, を感じ, を感じる, を持った 12 をもつ, を増し 11 がその, は何 10 があつ, に打たれた, に目, に見とれ, のため, はそれ, は眼, を見 9 といふもの, はない, を増す, を感ずる

8 [12件] だつた, でしょう, ですが, のよう, はこの, はどう, を失っ, を現, を発揮, を発見, を示し, を示す

7 は全く, は私, よ, を見せる, を見た

6 [11件] が出, が残っ, であります, に恍惚, に打たれ, は比類, もその, を, を強調, を感じさせる, 気高さ

5 [26件] うな, があっ, があります, がない, がよく, が匂, が彼, が私, だろう, にある, に於, に胸, に輝い, に魅せられ, のこと, の上, の外, は決して, は無類, もない, を十分, を味, を想像, を持つた, を知っ, を示した

4 [63件] うであるが, がありません, が俄, が現われ, が生れる, が益々, じゃない, だったの, で, であって, であらう, でありました, でせう, でその, ではなかっ, ではなかつた, で僕, という, ということ, といったら, と若, と表情, などは素晴, にうたれた, にひかれ, に於い, に比べ, に見惚れ, に近い, ね, のうち, のやう, の方, の裏, はまさに, は人, は又, は少し, は彼女, は消え, もまた, も賢, をその, をたたえ, をもった, を云々, を今, を保つ, を想, を愛し, を教, を求める, を添える, を満喫, を産む, を発散, を眺め, を知らない, を知る, を認め, を説く, を身, 中尊

3 [106件] が, がありました, があるなら, がかえって, がそこ, がまた, がまだ, が人, が何, が分っ, が増し, が感じられた, が感じられる, が確実, が見える, が見られる, だらう, であの, であると, であろう, で輝い, とお, とづゝしりとした手あたり, とでも言, となる, と優し, と同時に, と清らかさ, と無邪気さ, と醜, にうっとり, になっ, には比, によつて, に似ず, に何, に充ち, に圧倒, に富んだ, に引かされ, に思わず, に感歎, に打たれる, に溢れ, に眼, に私, に見えました, に見とれる, に酔ひ, に陶酔, に驚き, のもの, の典型, の点, はいつ, はいよいよ, はかえって, はさすが, はそういう, はそんな, はただ, はどんな, はなんとも, はもはや, は一層, は人間, は今, は何とも, は勝平, は単に, は認められるだらう, は誰, も, もあれ, も尋常, も格別, やその, や温か, をこの, をまだ, をよく, を一層, を保っ, を保障, を加え, を印象, を呈し, を失った, を失はぬ, を守る, を愛す, を所有, を持ち, を描く, を本当に, を滿, を生かし, を知り, を私, を競う, を表現, を見出す, を誇る, を語った, を讃, 優しさ

2 [360件] いじらしさ, いたましさ, か, からも今, から云っ, があ, があれ, がいま, がお, がこの, がこもっ, がしみ, がすべて, がそれ, がどんなに, がなく, がなにか, がはっきり, がわからなかった, が一つ, が今彼, が伴う, が信じられない, が分つ, が勝平, が匂い, が場所柄, が好き, が少し, が崩れ果て, が当初, が彼女, が心, が恐怖, が最も, が殘つて, が波, が溢れる, が漂つて, が現, が現れ, が産んだ, が発揮, が発散, が目, が約束, が衰えた, が見えた, が見えなけれ, が身, が輝きます, が輝く, さえある, だから, だが, だけで, だったが, だという, であったから, であること, であるとも, ですから, でなければ, でまだ, でもなかっ, で優る, で女, で存分, で役者, で滴る, で瑠璃子, で被布, と, といい, というの, というよう, という様, という点, とそれから, とである, となっ, となり, とに充ち, とよろこび, とをその, と云, と云うべき, と云っ, と威厳, と希望, と気高, と異, と神々し, と耳, と聡明さ, と艶, と言, と言う, と調和, と貴女, と賢, と静けさ, と高貴さ, と魅力, などというもの, などと申す, などの樣, なり, にうたれる, にお, において今, におどろいた, にかがやいた, にくらべ, にくらべれ, にし, にすぐ, にその, には嬰児, にひどく, にびっくり, にふさわしい, にまで仕上げ, にみとれ, にもかかわらず, に久慈, に変り, に妙, に富ん, に対する讃美, に就, に就い, に彩られる, に怖, に惠まれ, に感じられた, に感動, に我, に抵抗, に支配, に次第に, に気づいた, に深く, に満ち, に突然, に見えた, に見える, に見向き, に輝く, に陶然, に非常, に驚い, に驚いた, に驚く, に驚嘆, に驚異, に魂, に魅せられた, のない, のま, のまま, のゆえ, の一つ, の世界, の乏しい, の僅か, の内容, の山, の底, の故に, の最も, の標準, の残っ, の為, の眞白, の種類, の見すかされる, の頂点, の風格, はあたり, はあった, はあの, はありません, はある, はかう, はかくべつ, はこの世, はこれ, はずっと, はたとえる, はちょっと, はなかっ, はほとんど, はまた, はもとより, はやはり, はわが, は一入, は一通り, は人間離れ, は何もの, は依然として, は僕, は八月, は分り, は前, は在る, は増し, は奉仕, は如何, は妙, は形容, は彼ら, は心, は恰も, は我々, は日毎, は春, は昨夜神田, は時, は極彩色, は此の世, は此少女, は死, は毒婦型, は涙, は清潔, は無名, は無限, は特別, は玉, は男, は目, は知つて, は算, は素人, は興奮, は華美, は血, は見た, は言, は言語, は譬, は造花, は鍛錬, は非凡, は類, は驚くべき, ばかりで, へと戻す, への感動, ほどの刺戟, もあっ, もありません, もある, もこの, もよく, も下女, も健やかさ, も半分, も品, も富山七之助, も少し, も忘れる, も持っ, も消え, も滅法, も睫毛, も私, も若, も類, やまた, やよく, や悩まし, や気高, や聲, よりも寧ろ, よりも慎, をあらゆる, をうた, をそのまま, をそれ, をまず, をも発見, をボンヤリ, を与え, を与える, を主体, を交換, を享楽, を人間, を以つて, を何, を信じ, を備, を備え, を公衆, を具, を出し, を器, を増した, を多く, を奪う, を尊ぶ, を少し, を彼, を心, を忘れ, を忘れる, を思い出した, を思わせる, を愛する, を感じない, を感じます, を感激, を撒き散らし, を教えた, を教えなかった, を有, を末期, を残し, を殺し, を活かす, を深め, を添えた, を湛える, を漂わせ, を生む, を生地, を發散, を知った, を知つて, を知らぬ, を破, を羨む, を羨んだ, を考へる, を與, を芸, を表わし, を見いだした, を見せた, を詠嘆, を話す, を詳細, を誇るだらう, を認めた, を語, を語る, を説いた, を讚, を賞する, を輝かし, ガラッ八, 尊さ, 愛らしさ, 深さ, 美しさ, 逞しさ, 面白さ

1 [2449件 抜粋] あどけなさ, あらゆる魅力, あわれさ, おそろしさ, かな, からさらさら, から劇的要素, から来る, から言え, があふれ出, があり得る, がいったん, がかんじ出された, がそれぞれ, がとらえられ, がどれ, がひし, がほとんど全く, がもっと, がわからなけれ, が一入, が一際, が五体, が今後, が信二, が偲ばれ, が傷つけられず, が光, が分らなくなる, が剃刀, が又, が君, が問題, が増さる, が夜目, が好ましかっ, が宿っ, が帰っ, が引立, が忽ち, が想い出された, が慥か, が残る, が浮き立つ, が滞る, が無条件的, が生まれた, が發揮, が磨きだされる, が美しい, が至る, が蝋細工, が見いだせるであろう, が評判, が身振り, が酒造り, が際限, が頭, が鮮やか, こそは木下杢太郎氏, この私, さえ生ん, さながらで, そう云った, そのままに, その意味, その美し, ただそれ, だけでした, だけで栄養, だけは信じ, だそれ, だの神秘, って空虚, であったろう, であり幹, であるの, である帰って, であろう我恥, でおひたし, でこの, ですかな, でそれ, ではあるまい, では日本国中, でまた, でも無かっ, でキラキラ, で三十, で光っ, で名, で彩っ, で晴れ, で枝, で民器, で相, で肩, で貫こう, で野次馬, という言葉, といふこと, といふ点, とかわい, とがある, とが感じられた, としてこれ, として永遠, として遺され, とつよ, とでもいおう, とともに夏, とにおいて退歩, とに打たれ, との云い合い, とはいつしか, とは一脈相, とは全然, とは永く, とは言語, ともいはれるべき, とを並べて, とを持った, とを説い, と不可思議さ, と何となく, と共に氣, と勁さ, と同じく, と喜び, と好める, と寸分, と心, と怜悧, と感じる, と最深, と此世, と深沈, と澤山, と物, と甲賀家, と眺め, と節廻し, と脆, と親し, と誠実, と転調, と醜悪, と類, なぞてんで, などこの, などはあまりに, などは妙, などもそう, などを省みる, なので, なんか目, に, にあまり, にいのち, においてあるいは, においては比類, において出色, において無力, にかけては並ぶ, にさらに, にすっかり, にちょっかい, についてはいまさら, につながっ, にとやこう, にはあきあきしました, にはどこ, には他, には参っ, には密, には母, には粗服, には雪子, にほほ笑ませるだろう, にまじまじ, にまで輝, にもいろいろ, にもやはり, にも何, にも拘はらず, にも比, にも種々, にも逢った, によってそれ, にわれら, に一層, に予て, に似, に何度びつくり, に傾倒, に内容, に加え, に卑しい, に吸いよせられ, に唸, に圧される, に夢中, に女たち, に対しても正し, に対する才能, に左内, に引かれました, に影響, に徹する, に恵まれる, に感じた, に感銘, に所望, に打ち込んだ, に救, に極度, に段々, に気, に泌, に淡く, に溢, に潜ん, に照, に牽きつけられた, に理解, に相違, に移る, に缺けたところ, に肚胸, に落着, に見とれます, に見惚れる, に誇張, に賛美, に轉化, に過ぎ, に邂逅, に金五郎, に閣下, に驚かされ, のうえ, のそれぞれ, のもと, の久し, の余り眩惑, の力, の原因, の夢, の完成, の幾何, の悦び, の感銘, の故, の極み, の殘つて, の淵源, の現れる, の眺め, の端々, の綜和, の裡, の象徴, の隅々, はありき, はいっそう, はいま豹一, はかなり, はさま, はせいぜい, はそれ自身完全, はたまに, はどうも, はなん, はひとしお, はみられなかった, はよく, はイエス, はスマート, はブラームス以前, は一寸, は万山, は並々, は人類, は伎芸天女, は何者, は充分, は勿論, は単, は古, は名人芸, は喩えよう, は増加, は多く, は大衆文芸, は娘, は実に, は寒, は山, は工藝的, は年頃, は底, は彼, は心底, は恢復, は慶長美術そのもの, は故郷, は日ごと, は時に, は月, は本当に, は極楽, は次第に, は比, は永い, は洋画, は消え失せ, は減殺, は激情, は疑いはじめ, は目のあたり, は真正面, は神気寒倹, は窶れた, は純粋, は紺碧色, は練られない, は考えられない, は舞台, は花以上, は表現, は西, は見, は視覚, は詠嘆調, は譬へば, は身, は透明, は金蔵, は陰影, は非, は驚く, は鳰鳥, ばかりを云つて, への傾注, への理解, への郷愁, また, また畳, まで急, もいわゆる, もさる, もなかっ, もわずか, も人間以上, も全く, も凜, も問題, も年, も情, も拔群, も時, も死んだ, も水, も減った, も絶頂, も要求, も身内, も飛, やいきいき, やわらかな, や単純, や尊, や整然たる, や柔らかい, や生命, や繁華さ, や雲, よい香気, よりは外国語, よりもむしろ, よりも天上, よりも肉体, よろこばしさ, をあらわし, をいつも, をえがき, をきわめて, をさらにまた, をしみ, をそなえ, をたのしむ, をつくり出し, をどういう, をのみ求め, をひきたてる, をぼく, をみとめ, をもちろん, をもなほ, をも奪っ, をも鋭く, をわすれる, をグラッドロン, を一層生き生き, を与えた, を主張, を人, を仕事, を以て塗りつぶし, を伝へ, を保証, を偲ん, を僕, を全然, を冒涜, を初めて, を力説, を匂う, を取り戻した, を同胞, を吾, を味わった, を問題, を圧縮, を売っ, を失いました, を失わなかった, を如何にものびのび, を学ぼう, を将来, を巧妙, を引き出そう, を影響, を心行く, を忘れない, を思う, を思ひ出し, を恥づる, を意識的, を感じたい, を感じ合う, を我々, を把掴, を拝む, を捕えた, を描いた, を教わる, を旋廻, を有し, を来る, を楽しみ, を歌, を正目, を永い, を求めた, を涜, を減じた, を漲らし, を物語る, を現した, を生ん, を疑う, を目当, を知りすぎ, を示します, を称, を種々, を精神, を絢, を美し, を育て, を褒め, を見せます, を見ろ, を見棄てる, を解, を記述, を誇示, を語ろう, を調和, を讃め, を賦与, を辞退, を追及, を選ぶ, を鍛, を開きました, を際, を頌, を高価, 不仕合わせ, 儚なさ, 可愛らしさ, 悩ましさ, 故に世界, 柔らかさ, 潔さ, 畏しさ, 良さ, 貴さ

▼ 美しかつ~ (206, 3.6%)

1278 たこと 7 たの 6 たが 3 たと, たといふ, たので, たもの 2 たかと, たに, たやう

1 [40件] たいちめん, たか, たかの, たから, たけれど, たそして, ただけに, たであらう, たであらうか, たであらうと, たでせう貧, たといつたん, たといへよう, たならば, たなら一段と, たばかり, たばかりで, たほんとう, たゆき子, たらうと, たら決して, た人質, た何, た噂, た国太郎, た姿, た少女, た束の間, た此, た毛皮, た物, た白瑪瑙, た眼, た秋, た空, た綾羅, た肉體, た評判, た頭髪, た魁車

▼ 美し~ (47, 0.8%)

2 し其の, 思い悲しき, 思へり, 誰ぞ

1 [39件] いいあわれと, いうに, いえども, いふとも, おもうところ, きこしめし定めて, す, するの, そう思った, なげく男, 乙女を, 云はる, 云ふ, 仰ぎ見る欄干, 傳へらる, 思い甘き, 思はば, 思惟し, 愛で稱, 我に, 書き来たる獄, 父上に, 眺めて, 聞こしめして, 自らお, 褒むるが喜ばしく, 見し, 見た尼, 見つけた時, 見つつ, 見ば人, 見ら, 見る, 見る日, 見不思議, 見民衆, 言いだす心, 言い悪しき, 讃む

▼ 美し~ (45, 0.8%)

4 のは 2 のである, もので

1 [37件] あの包まれた, おもろ, が経済的, が譲吉, ことが, ことでございます, ことに, とかで, のか, ので, のに, もの, ものが, ものだろう, ものであり, ものである, ものとも, ような, ジョン, 作は, 作者は, 彼の, 文学が, 替え玉の, 様な, 歌である, 歌ばっかり, 素晴らしい寶冠, 言葉だ, 言葉らしい, 言葉日本の, 詩が, 詩を, 詩歌の, 語が, 變へ, 麗わ

▼ 美し~ (45, 0.8%)

4 いる, いるの 3 ゐる

1 [34件] い, いた, いたが, いたので, いますね, いらしたわね, いるが, いること, いるので, いるよう, おいて, おかなかった, おられたこと, きかせたの, この世における, それは, よい時勢, われらの, ゐます, ゐるあの, ゐること, ゐるの, ゐるばかり, ゐるツンボ, 居た, 居る, 居るので, 御機嫌であった, 我々は, 歌つた, 誇大に, 語る人々, 長く記憶, 食べて

▼ 美しすぎる~ (25, 0.4%)

2 ために, ほど美しい, 女が

1 [19件] からでもま, とゆき子, と感じた, のでなにか, ので却つて, ので女性間, のと, のに, のよ, ほどの美し, よこいつの, ダイヤモンドの, 娘時代であった, 情景を, 秘書を, 築山の, 薔薇色の, 面ざし, 顔も

▼ 美し過ぎる~ (21, 0.4%)

1 [21件] お婆さんでは, からかどちら, からだ, からだろう, が粗, ために, ため女房お, といつぞや, と思, と思っ, と思った, と思つて, のでなんとなく, のと, ほど美しい, やうに, ように, 女を, 山の, 私は, 程で

▼ 美し~ (12, 0.2%)

1 [12件] あこがれいでし, する愛我, て荒仕事, 優い, 宿つて居る, 御座まし, 思ふこと, 恋の, 楽屋障子にを, 落ちたまり, 見える文句, 輝やい

▼ 美しいちょう~ (11, 0.2%)

1 [11件] がありました, がたくさん, がひらひら, が花, でさえ平気, のどこ, の翼, はたずねました, はひらひら, は独り物思い, は見た

▼ 美しそう~ (11, 0.2%)

2 な女 1 であるが, なふくよか, な一枝, な人, な娘, な徳義上, な異名, に見え, に見える

▼ 美し~ (10, 0.2%)

4 大和や 1 依頼人秋川ひろ子嬢が, 塗壺笠や, 姿は, 少女よ, 方で, 池は

▼ 美し~ (10, 0.2%)

5 をあり 4 の家 1 の居る

▼ 美し~ (9, 0.2%)

1 おおおお, おおおおおお, けしの, 冬帽子, 小鳥網, 島田の, 桜貝, 萩女郎花優し, 高野山

▼ 美し過ぎた~ (9, 0.2%)

2 からで, ために, のです 1 ので私, のよ, 客が

▼ 美しその~ (8, 0.1%)

4 海道 1 化粧を, 性向行動を, 精神を, 行蹟を

▼ 美しながら~ (8, 0.1%)

2 日本中で 1 ひきつける魅力, 今度は, 次の, 死んだもの, 然ら, 自分の

▼ 美しさそれ~ (7, 0.1%)

1 が煉瓦色, に惜しみ, は実に, は建物, は極東, は生き, をつくづく

▼ 美しいもよう~ (5, 0.1%)

2 のある 1 のきれ, のむかし, の陶器

▼ 美しいま~ (4, 0.1%)

1 なじりには, ぼろしで, ぼろしの, まで死なせる

▼ 美しさそのもの~ (4, 0.1%)

1 だつた, に古, に惹かれ出し, のみを求め

▼ 美したり~ (4, 0.1%)

2 して 1 する美文, また私

▼ 美し~ (3, 0.1%)

1 つた, ッた, 唐人で

▼ 美しかりき~ (3, 0.1%)

1 極めて美し, 興會に, 饑ゑて橡を

▼ 美し~ (3, 0.1%)

1 なるを, なる女房, な大義名分

▼ 美しすぎ~ (3, 0.1%)

1 ていやに, て彼, て誰

▼ 美し~ (3, 0.1%)

2 ほひは 1 行ったの

▼ 美し~ (3, 0.1%)

2 思ふ 1 と外

▼ 美しよう~ (3, 0.1%)

1 として居ります, とする, と思う

▼ 美し~ (3, 0.1%)

1 の, のさ, は神

▼ 美し音色~ (3, 0.1%)

21 に聞きとれし

▼ 美しいくつ~ (2, 0.0%)

1 だのぴかぴか, でしたろう

▼ 美しいこ~ (2, 0.0%)

1 ちょうが, ちょうは

▼ 美しい死~ (2, 0.0%)

1 によって, を遂げた

▼ 美しい死顏~ (2, 0.0%)

1 も明日, を指しました

▼ 美しい死顔~ (2, 0.0%)

1 が始め, を指しました

▼ 美しうございます~ (2, 0.0%)

1 か, こと

▼ 美しかかる~ (2, 0.0%)

2 夜を

▼ 美しさあなた~ (2, 0.0%)

1 のよう, は何処

▼ 美しさガラツ八~ (2, 0.0%)

1 が物, の懷ろ

▼ 美しさ不思議さ~ (2, 0.0%)

1 と申しましたら, に至っ

▼ 美しさ云~ (2, 0.0%)

2 ひ表し難い

▼ 美しさ以上~ (2, 0.0%)

1 にこの世, の力

▼ 美しさ以外~ (2, 0.0%)

1 には出なかった, のもの

▼ 美しさ其以上~ (2, 0.0%)

2 に鍛錬

▼ 美しさ江戸中~ (2, 0.0%)

2 の見世物

▼ 美しさ清らかさ~ (2, 0.0%)

1 はとてもとても, 気高さそのもの

▼ 美しさ真実さ~ (2, 0.0%)

1 には胸, 闘って

▼ 美しさ精神~ (2, 0.0%)

1 のリズム, の気高

▼ 美しさ露~ (2, 0.0%)

1 の味, を誘っ

▼ 美しさ静かさ~ (2, 0.0%)

1 で人, 深さ

▼ 美しすぎた~ (2, 0.0%)

1 せいであった, のでふと

▼ 美しすぎ私~ (2, 0.0%)

2 を信じすぎ

▼ 美しずくめ~ (2, 0.0%)

1 ばかりを狙っ, ばかり狙っ

▼ 美しつつ~ (2, 0.0%)

1 ヨブを, 意義あり

▼ 美しとて~ (2, 0.0%)

1 もてはやす類, 決して我

▼ 美しとも~ (2, 0.0%)

1 薊の, 見えずヂュリエット姫

▼ 美し~ (2, 0.0%)

1 は泣き, は青麥

▼ 美し~ (2, 0.0%)

2 國の

▼ 美し我が~ (2, 0.0%)

2 山河

▼ 美し歎賞~ (2, 0.0%)

2 する微妙

▼ 美し~ (2, 0.0%)

2

▼ 美し虎杖~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ 美し謳歌~ (2, 0.0%)

1 して, し崇拝

▼ 美し過ぎ~ (2, 0.0%)

1 浅薄に, 端正に

▼ 美し黄金~ (2, 0.0%)

1 の, のおばしま

▼1* [232件]

美しあたかも渠らの, 美しあな潔しあな, 美しあるいは愛惜する, 美しいきれで縫った, 美しいけものの, 美しいこっかい, 美しいし線も婦人, 美しいたいまいをも飼いたい, 美しいたましいの所有主, 美しいちからはどの, 美しいとおしの姿や, 美しいぬしを, 美しいびろうどのドレス, 美しいふとりを見せた, 美しいみものだ, 美しい使ひ振に, 美しうございましょうともそれ, 美しうして, 美しうなって見せ, 美しうならはつた, 美しうなられましたからねえ, 美しうなりたまひし, 美しう御座いましたが心, 美しう御座いますことね, 美しかねる事柄に, 美しかもんを, 美しからむ事をのみ, 美しかをりに染みましき, 美しがってばかりいる, 美しきいなづまとこそ, 美しくらふたけたあのみいちゃん, 美しけれど毒あり, 美しけれども実用に, 美しさあまりの虐, 美しさあれこそ男, 美しさいずれはあらぬ, 美しさいふばかり無き, 美しさうな生活を, 美しさおれは天人, 美しさお客さまがぜひ, 美しさかぎりもない明る, 美しさかくまでならず, 美しさきらびやかさはまさに, 美しさこまやかさ絶え間のない, 美しさこれほどの見事さ, 美しささっき飛沫を上げる, 美しさすべての機械, 美しさそなたの, 美しさつてございませんね, 美しさても其色, 美しさほかに一斗入り, 美しさほんとうに深川中, 美しさゆえに, 美しさアヽ此処なりと幻像, 美しさモンブランの壯嚴, 美しさ万人の胸, 美しさ万象の妙, 美しさ丈でも明白, 美しさ下谷小町と言われた, 美しさ並木の青, 美しさ云々は成り立たない, 美しさ人間ぽさ, 美しさ何か及, 美しさ価値をうたった, 美しさ健康さの輝く, 美しさ優やかさ, 美しさ優美な線, 美しさ充分に写させ, 美しさ全体此の様, 美しさ其下に群巒, 美しさ前に見つる, 美しさ国土や歴史, 美しさ堅造の小堀平治, 美しさ大川の水, 美しさ奇抜さを発揮, 美しさ女の髪, 美しさ威容圧力などを感じた, 美しさ子供の片言, 美しさ岡崎公園の空いちめん, 美しさ平凡になり下る, 美しさ幾倍なるべきぞ, 美しさ形のめずらし, 美しさ彼女の眼, 美しさ得も言, 美しさ微妙な趣, 美しさ微妙さで感動, 美しさ心の奥, 美しさ性格のなだらかさ, 美しさ悠大さ, 美しさ慈悲の心, 美しさ慰藉愛と詩, 美しさ技術の美し, 美しさ日のあ, 美しさ日本の詩, 美しさ月の輝かし, 美しさ朝程霧, 美しさ木を削っ, 美しさ本当の歴史, 美しさ東京など面, 美しさ染殿の妃, 美しさ樹氷の妖異, 美しさ機能美の近代建築, 美しさ歌の技巧, 美しさ此器量で三十, 美しさ此理論とか体系, 美しさ毎年知人を招い, 美しさ洵に類稀, 美しさ深遠味神秘的な色彩, 美しさ清らかな眼, 美しさ清潔さで実に, 美しさ漂へど, 美しさ火花の散る, 美しさ無限の鼓舞, 美しさ物腥き西洋, 美しさ瑪瑙を白絹, 美しさ生活の美し, 美しさ真実のこもった, 美しさ眼鼻立ちから姿, 美しさ私たちの記憶, 美しさ穏やかさを私, 美しさ空気の清浄, 美しさ立派さは大人, 美しさ純粋さは視力, 美しさ絵にも文, 美しさ総てが夢心地, 美しさ聽く者, 美しさ肉体と精神, 美しさ肩のあたり, 美しさ背部の力強, 美しさ自然さというよう, 美しさ自由さを感じる, 美しさ自覚の底, 美しさ色彩の清鮮, 美しさ艶かしさ, 美しさ花に劣らず, 美しさ草花の香氣, 美しさ萩が乱れ, 美しさ落ちむとしてはまた飛びあがる, 美しさ虚飾ない熱心さ, 美しさ見事さ愁いと知慧, 美しさ誠実恭倹を聞き手, 美しさ誠實なもの, 美しさ調和といふ様, 美しさ譬へん, 美しさ谷水の麗し, 美しさ豊かさ恵み深さ, 美しさ豊富さ消えぬ輝き, 美しさ豪華さに捕われ, 美しさ賓客の貴, 美しさ贅沢さといつたら, 美しさ身惚れて, 美しさ身だしなみのよ, 美しさ輝しさ, 美しさ遠くの外苑, 美しさ限りもなく, 美しさ雀鯛菱鯛天狗鯛鷹羽鯛あるもの, 美しさ雄大さを感じるだろう, 美しさ頓作の才, 美しさ香料とは縁, 美しさ鳥や花, 美しさ鷹揚さ爺の愛, 美しざかりだったの, 美しすぎた過ぎ者かも, 美しすぎましたよ, 美しすぎますよ, 美しすぎ勢力がありすぎ, 美しすぎ自分に迚, 美しすぎ鶴代の手, 美しそうして結論は, 美しそして形式上には, 美したい様な, 美したくなるから讃, 美しての名である, 美してはゐたが, 美しても差支えないもの, 美しとおもふところ, 美しとのみ名け, 美しないではいられなかった, 美しせなんだか, 美しまさしくもここ, 美しまちがっていた, 美しみ見ればみな, 美しゅういらっしゃいましたとて愚僧に何の, 美しゅうござりましたので主人和泉が懸想, 美しゅうござんしたと婢, 美しよく作って, 美しらしいお人, 美し持つた娘, 美し傾倒し感謝, 美し祝福し, 美しを, 美しを怖, 美し奉るも恐れ多き, 美しのこまやか, 美しとよばれ, 美し子らは入りみ, 美し山くまの屋なみ, 美し巴里に愛着, 美し廻つてゐる, 美しれの, 美し彼等に従つて国難, 美し得る者が, 美し感嘆したの, 美し憧憬する広重, 美し才気の有る, 美し敬慕する傾向, 美し景仰し供養, 美しの実, 美し樹上に棲ん, 美し次に己れ, 美し正直な眼, 美しれを, 美しのあいろ, 美しの春, 美しざし, 美し睦びに, 美しの中, 美し紙船が涯木, 美しだ美し, 美しも白し, 美し自分も麻川氏, 美しかもなり, 美し花舞ひてぞ, 美し苜蓿の受胎, 美し英国の状態, 美しがえ, 美しかだ, 美し象徴派の巨頭マラルメ, 美しならぬ癡, 美し青大将はため, 美し非常に美し, 美しはほのか