青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「繁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

縁~ ~縁側 縁側~ 縁談~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~ 總~
繁~
繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ ~繰返し 繰返し~ ~續 續~

「繁~」 1029, 10ppm, 10786位

▼ 繁つて~ (87, 8.5%)

15 ゐた 10 ゐて 9 ゐる 4 居た 3 居る, 居るので 2 ゐる間, 居ります

1 [39件] その中, たまたまその, まるであたり, ゐたが, ゐたので, ゐた唐もろこし, ゐた草葺屋根, ゐました, ゐるが, ゐるこの, ゐるので, ゐるもの, ゐる初夏, ゐる図, ゐる坂道, ゐる夕陽, ゐる大きな, ゐる小径, ゐる後ろ, ゐる昼, ゐる楠, ゐる窓先, ゐる裏庭, ゐる谷, ゐる針葉樹, ゐる馬車廻し, 如何ばか, 居た野茨, 居て, 居りその間, 居り低い, 居り油蝉, 居るから, 居るところ, 居るの, 早くも, 時には雨後, 香しかつ, 高く突き

▼ 繁~ (87, 8.5%)

3 ことを, 井を, 刀を

2 [12件] ことで, 一刀を, 側へ, 口から, 成長を, 手を, 方に, 方は, 方へ, 歩き去る, 歯形や, 父は

1 [54件] いただきから, この畫, ためから, ため一向, との影, ふり上げた, ほうは, ような, わざと投げられた, 一刀でありました, 三人は, 世話に, 中で, 二人は, 五人だった, 亡くなった時, 人気や, 兄であり, 兄弟の, 刀が, 刀であります, 噂だけは, 声が, 奴は, 姉達だ, 寝て, 庭では, 成人し, 成功に, 手に, 手は, 方を, 暑中休暇は, 楽しそう, 母親が, 母親の, 気色の, 氣色の, 泣声が, 背の, 若い時, 行った, 言葉が, 言葉を, 話に, 贔負ばかり, 遊び廻っ, 障子の, 頬へ, 頭を, 顏, 顔, 顔へ, 鼻を

▼ 繁~ (85, 8.3%)

2 [14件] その生立ち, どこに, やり返す, ビク, 何か, 何と思, 妹と, 妹を, 岸本の, 役場へ, 手と, 消防の, 立ちあがりながら, 肩を

1 [57件] あざ笑って, いきなり彼女, この三志, しゃべりだしたが, すこし身, そう言っ, その絵, どうなった, どう思った, また母, まだ帰つて来, よく, グッと, グツと, コップを, 一郎の, 三十三四の, 三度声を, 三度聲を, 九紋龍の, 何を, 何処へ, 何處へ, 倒れた木, 受けて, 喜びながら, 喫驚し, 土木関係の, 坂本に, 平気で, 急いで, 悪人では, 指の, 早や, 未だ匍いも, 桝酒を, 欅の, 次郎に, 死にお, 殆ど毎夜, 泉太の, 点頭いて, 父と, 父に, 父の, 皆の, 相槌を, 節子の, 見慣れない伯母, 言い合って, 言下に, 誰よりも, 近くに, 離座敷の, 頤を, 風邪を, 黙って

▼ 繁ちゃん~ (62, 6.0%)

32 の大きく, はお, は大変, も大きく

1 [51件] お出, お蜜柑, か, が, が三号, が兄さん, が大きく, が学校, が迎え, じゃない, だって父さん, だという, では, との影, にも一冊, に声, に負ける, のこと, の亡くなった, の影, の御, の御蔭, の時, の暴れ方, の桑, の次席, の肉体, はああ, はあれ, はそれでも, はもう, はノノサン, は一頃, は三鷹, は六年生, は子供, は私, まで眼, もいくらか, もいらっしゃい, もお, もお出で, もこれから, もよく, も夜, も学校, も気, も種痘, を借り, を遣る, 見たいに

▼ 繁さん~ (55, 5.3%)

2 が居ない, に命じ, の居ない

1 [49件] お遊び, から今年一月, がき, が久しぶり, が取っ, が口, が居れ, が来, が笑う, が附き添う, という婆さん, という息子, と予, と岡村, にことづけよこした, に不足, に会っ, に於ける, に逢えたら, のお, のところ, の声, の家, の屋根, の手, の活, はおかし, はきっと, はご, はただ, はどう, ははなしませんでした, は兄, は兄さん, は十人並以上, は大した, は性格, は本意, は東京, は無事, は率直, は笑顔, は結婚, は遊び, は黙っ, もう寝た, もこの, も後, 勤めはじめたし

▼ 繁~ (46, 4.5%)

2 あれども, うらびれて, し白し, 会う, 取っても, 向けた, 咳き入る寒き, 喜ぶ, 生れたれこ, 篩ひ

1 [26件] あずけて, うつ櫓, して, しても, し思へば, し沁むる艾, そそぎぬ, ほととぎす鳴き響むなる声の, ゆすり来, 出て, 取っての, 取りまかれる時, 可有, 命じて, 旅の, 来るかも, 汐に, 流るる, 異なる物, 組付いた, 至るまでの, 苦笑しつ, 見て, 言って, 貫き垂, 配する積り

▼ 繁~ (40, 3.9%)

3 訊いた 2 また墓ん場, 大公孫樹, 次いだ, 答えた, 言った

1 [27件] お救い出し, して, ふいに, また借金, 一度愚図り始めたら, 出すの, 力を, 向いの, 子供心に, 守り固めて, 岸本の, 帰って, 幼少い, 庭伝いに, 早く承知, 死んで, 父と, 父の, 珍しいもの, 節子の, 誰よりも, 酒肴を, 頭を, 顏のか, 顔の, 顔を, 香雪という

▼ 繁~ (32, 3.1%)

1 [32件] が小, しこの, して, し今日, するそれ, すると, せしむるだけの力, で且つ, とに最も, とを保たし, とを阻害, と阿, なる邑落, な部分, にて鳥, にひき, のため, のやはら, の上, は國是, をその, をはかる, をほこつて, をもたらし, をもたらした, をもたらせる, を小樽, を希, を望む, を極, を遺す, 若くは

▼ 繁~ (28, 2.7%)

2 仰ぎ乍らニタ, 知って, 見た, 見つけ慌てて

1 [20件] それまでに, めずらしがらせた, 制え, 割きて, 北島に, 厭わずして, 厭わないで, 後ろ向きに, 悦ばすであろうと, 抱いて, 振向いて, 断りたいと, 相手に, 省くもの, 省けるが, 省ける所以, 言い宥めた, 負って, 養うため, 養って

▼ 繁青年~ (21, 2.0%)

1 [21件] が何, が関係, が魔王, によって殺されなけれ, に云っ, に対する命令, に話しかけられ, の意図, の訪ね, はいない, はその, は云いつづけました, は云いませんでした, は強く, は泣い, は答えませんでした, は計画的, は訪ね, は黙っ, へ云っ, や会長

▼ 繁~ (19, 1.8%)

4 一緒に 2 並んで, 乳呑み, 狂女お 1 いって, そうして東三, 云います, 安へ, 正彦と, 絹子夫人と, 言った, 顔の, 顔を

▼ 繁~ (16, 1.6%)

2 ね, ねが云った, ねじゃ, ねであった, ねな, ねはどこ, ねは町じゅう, ねは答えた

▼ 繁~ (16, 1.6%)

1 [16件] かわるがわる父, この下宿, そこに, そこへ, もはや故人, 一緒に, 元気で居る, 兄と, 可憫さうに, 思わず聞耳, 相次いで, 真黒に, 知らない町, 聞く泉太, 舞台で, 逃げそこなっ

▼ 繁~ (16, 1.6%)

3 は時子

1 [13件] が絵, に呼ばれた, はいつの間にか, はすぐ, は丁度, は家, は少し, は弱りきってる, は椅子, は絵筆, も朝子, を想つて, を考へる

▼ 繁婆さん~ (16, 1.6%)

1 [16件] が来やしてない, が永い, が話し, の方, の背中, の話, は, はすぐ, はなお, はやっぱり, は出来上っ, は変, は手拭, は木皿, は背, もさすが

▼ 繁れる~ (14, 1.4%)

1 [14件] 場に, 小陰に, 林である, 枝と, 梅の, 森を, 源氏山が, 窓に, 藪の, 郷に, 間に, 雑種の, 雑草も, 青き葉陰

▼ 繁~ (14, 1.4%)

3 を浴び

1 [11件] が少女, が立ち, が風, に乗った, に吹きつけられ, に小, に成つて, のため, のなか, の霧, をあげ

▼ 繁~ (12, 1.2%)

2 と辺鄙, の地, をしらざる 1 な所, にて家數, のしからし, の所, の暖地, の江戸

▼ 繁~ (7, 0.7%)

1 であるとして, なの, なる手數, な事實, な生活, になる, を脱

▼ 繁つた~ (6, 0.6%)

1 ところも, 全く芝居, 常緑木, 幽, 強い枝, 高い公園

▼ 繁~ (6, 0.6%)

21 がこの, とやらは喜田川志津子, のみは殆ど, の遺作展覧会

▼ 繁~ (6, 0.6%)

1 から涼しい, のしづく, の海, の間, をかき分け, を除去

▼ 繁しい~ (5, 0.5%)

2 街の 1 人通りの, 土地がらだけに, 港町

▼ 繁という~ (5, 0.5%)

1 侍は, 女中が, 家では, 患者で, 者である

▼ 繁とは~ (5, 0.5%)

1 一緒に, 似ても, 何者かの, 殆ど同じ, 片隅に

▼ 繁~ (4, 0.4%)

2 てい 1 ている, てくる

▼ 繁つた春日山~ (4, 0.4%)

4 も既に

▼ 繁~ (4, 0.4%)

2 倉が 1 また近所, 君子まで

▼ 繁~ (4, 0.4%)

2 なる近世的都市 1 となった, な時期

▼ 繁~ (4, 0.4%)

1 なる議論, な神学, に亘る, に亙る

▼ 繁つた木立~ (3, 0.3%)

1 が見えはじめ, は其枝, を聳

▼ 繁つた枝~ (3, 0.3%)

2 を路 1 から水

▼ 繁つた森~ (3, 0.3%)

3 の中

▼ 繁つた竹~ (3, 0.3%)

1 が生え, のよう, を十本

▼ 繁つてそれ~ (3, 0.3%)

1 がいつ, が月, に吹き入る

▼ 繁である~ (3, 0.3%)

2 と解 1 かと考える

▼ 繁とが~ (3, 0.3%)

1 お手引き, もう眠っ, 驚きの

▼ 繁との~ (3, 0.3%)

2 交遊など 1 交遊回顧談なども

▼ 繁まで~ (3, 0.3%)

1 一同そこへ, 一緒に, 例の

▼ 繁~ (3, 0.3%)

2 てゐる 1 て小さな

▼ 繁~ (3, 0.3%)

1 の妻, の言, は六十近く

▼ 繁吹き~ (3, 0.3%)

1 が來, と一緒, を上げ

▼ 繁~ (3, 0.3%)

1 が来た, と女中, は私

▼ 繁延し~ (3, 0.3%)

1 ていた事, ておった, て今日

▼ 繁生し~ (3, 0.3%)

1 この果物, て霜後, 夏花の

▼ 繁~ (3, 0.3%)

1 の間, は時々, は義雄伯父

▼ 繁~ (3, 0.3%)

1 な暗い, な比喩, の体

▼ 繁~ (3, 0.3%)

1 し万暦三十七年, し茎, するとともに

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 からしめた, く行く

▼ 繁これ~ (2, 0.2%)

1 も富岡先生, を受け止めた

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 が続いた, そしてその

▼ 繁ちゃん父さん~ (2, 0.2%)

1 がお, は独り

▼ 繁ちや~ (2, 0.2%)

1 んさ, ん早く

▼ 繁ちやん~ (2, 0.2%)

1 が帰つて, の病気

▼ 繁つたの~ (2, 0.2%)

1 が其頂, である

▼ 繁つた山~ (2, 0.2%)

1 だ, を出

▼ 繁つた楊柳~ (2, 0.2%)

2 の間

▼ 繁つた樹木~ (2, 0.2%)

1 から蝉, の影

▼ 繁つて花~ (2, 0.2%)

1 はふさふさ, も盛りだつた

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 いる蔦葛, 両葉

▼ 繁であった~ (2, 0.2%)

1 が毛ムクジャラ, のには

▼ 繁であり~ (2, 0.2%)

2 下は

▼ 繁といふ~ (2, 0.2%)

2 男は

▼ 繁とを~ (2, 0.2%)

1 引連れて, 相手に

▼ 繁ながら~ (2, 0.2%)

2 立秋を

▼ 繁には~ (2, 0.2%)

1 内緒に, 母の

▼ 繁はじく~ (2, 0.2%)

2 椿の

▼ 繁はじろ~ (2, 0.2%)

2 っと白い

▼ 繁ひとり~ (2, 0.2%)

1 がいっ, が云つて

▼ 繁~ (2, 0.2%)

2 死んで

▼ 繁伊勢~ (2, 0.2%)

2 の山中甚作

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 が円味, の泣く

▼ 繁叩き~ (2, 0.2%)

1 ながら言った, ながら頷い

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 を分け入る, 繁きが

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 もいた, も一時あれ

▼ 繁文褥禮~ (2, 0.2%)

1 の限り, や宮中むき

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 そのなか, の數

▼ 繁狂人~ (2, 0.2%)

2 のが

▼ 繁~ (2, 0.2%)

2 ほそきその

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 のいとも, の苦しき

▼ 繁~ (2, 0.2%)

1 に記さ, の事

▼ 繁茂っ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼1* [181件]

てゐた, 繁えぬものとは, 繁もひはかるべし, 繁から離れて, 繁かりしかを, 繁かりしその翌年, 繁かりしかど屈せずし, 繁かるべし大, 繁ぐにも必要, 繁けど地面より, 繁けむと思はねば, 繁げつてしまつて, 繁さんあんた生きて, 繁さんお前何をし, 繁さん今度は私, 繁さん奥へお, 繁さん明日の晩, 繁さん栄養障害で脚, 繁さん真面目のよう, 繁しくなつた, 繁しくなって颯と, 繁しらけ立つ春塵に, 繁たちの常陸源氏, 繁だけ残った, 繁ちゃんお前は一ちゃん, 繁ちゃん桑の実, 繁つたあたりに出た, 繁つたら夫婦にな, 繁つたアカシヤの樹蔭, 繁つたポプラの影, 繁つたマロニエの木立, 繁つたマロニヱの木の下, 繁つた並木の葉末, 繁つた中に向日葵, 繁つた傾斜地の間, 繁つた初夏の雑木, 繁つた周圍の樹, 繁つた圍ひを, 繁つた垣を通つて, 繁つた密林の奥, 繁つた小屋に, 繁つた山々は津軽地方, 繁つた山王台皆な佳い, 繁つた岸の上から水, 繁つた峠を越え, 繁つた巨樹の根, 繁つた常緑の樹, 繁つた庭木も植ゑてあり, 繁つた径は古来, 繁つた所は暗, 繁つた木を根, 繁つた木の葉の間, 繁つた松にブラ下, 繁つた枳殻の生垣, 繁つた桜の樹, 繁つた梢のみがそこ, 繁つた榎の若葉, 繁つた槻の樹, 繁つた櫻の老木, 繁つた河岸に沿う, 繁つた泉水のま, 繁つた白木の宮, 繁つた砂丘であつ, 繁つた老松の枝, 繁つた花の一ぱい, 繁つた菜園の彼方, 繁つた葉と葉, 繁つた蓼のそろ, 繁つた藪があつ, 繁つた蘆の間, 繁つた處をお, 繁つた野原に寢轉ん, 繁つた銀杏の大樹, 繁つた陵があつ, 繁つた雑木林のなか, 繁つた雑草のかげ, 繁つた雜草の間, 繁つた青葉の面, 繁つた静かな島, 繁つていやにうす暗い, 繁つてすつかりその, 繁つてたけの長い, 繁つて中央に坐, 繁つて其間に碧漫々, 繁つて夕日が汀, 繁つて女子供が皇宮警手, 繁つて小舟も通, 繁つて柱から羽目, 繁つて猫の子, 繁つて真昼でも木下闇, 繁つて眺望は全く, 繁つて行つて神のいます, 繁つて遠方から眺める, 繁つて麓の方, 繁通った奥村繁次郎氏, 繁ですか, 繁とか清水晴風という, 繁と共に皆一字名である, 繁なぞがそれ, 繁などそれぞれ領土を, 繁などが交, 繁などという風変りな, 繁なり風呂立て, 繁なるを厭, 繁にも分けた, 繁はっちゃんを, 繁はんの処, 繁へてゐると, 繁ない所, 繁みたいな腰抜け武士, 繁む富士の裾, 繁れる見ればいける, 繁われた百艘近い, 繁ク人ノ心, 繁て日の目, 繁三郎三十八歳席順に, 繁三郎氏の母親, 繁三郎附添且又打撲為養生温泉行御聞済, 繁二子が時々, 繁伸してついに, 繁作森山汀川両角喜重丸山東一藤森省吾両角丑助堀内皆作の諸君, 繁に譲り, 繁の人, 繁博士の一閲, 繁友人野上子爵等の名, 繁右衞門殿の宅, 繁の友人, 繁君田山花袋君それから柳田国男君, 繁君説に山神, 繁を漏れ, 繁は三都, 繁の先生, 繁絶え, 繁の生れ年, 繁なるに, 繁密錯雑ナル我植学ニ在テモ資, 繁山中空へ波, 繁の顔, 繁岡さんと喜瀬川さん, 繁の顛末, 繁延し変化し複雑化, 繁延僧連茂と廃立, 繁忙しい職業に, 繁忽那吉之助小林馨がゐた, 繁するところ, 繁の趣き, 繁を削り, 繁文縟禮の弊, 繁文褥礼だ, 繁早川二郎伊豆公夫その他新進気鋭の諸氏, 繁のない, 繁の松原, 繁松下義晴の諸氏, 繁榮みたいに見え, 繁榮以て能, 繁榮國民の幸福, 繁榮策として近在, 繁榮長久の策, 繁して, 繁氏来示には陸中遠野地方, 繁谷国四郎その他の, 繁滑川浩太郎片貝巖奧平善一これだけがお, 繁漸く薄らぎ, 繁甘粕石介高沖陽造, 繁は一様, 繁盛る御府内で, 繁石井柏亭など日本, 繁細筍ハ庖饌ニ充テ絶佳ナリ此筍ノ出, 繁絃急管のしらべ, 繁を縱横, 繁緒河東茂生滋岡透そのほか, 繁茂りて晝, 繁茂り栄えた島の, 繁葉婆娑として蔭, 繁して, 繁衍功業より来たる, 繁誉宝寿徳昌善士である, 繁は真理, 繁の地, 繁霜雪の如し, 繁鳴く恨さへ