青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「経~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

終る~ 終日~ ~組 組~ ~組ん 組ん~ 組合~ ~組織 組織~ ~経
経~
~経っ 経っ~ ~経つ 経つ~ 経営~ 経済~ ~経過 経過~ ~経験 経験~

「経~」 5377, 52ppm, 2247位

▼ 経~ (2051, 38.1%)

26 来て 15 来たもの 12 いる 9 後に 8 今日の, 来た 7 いない, いるの, 今日に 6 きたの, 日本に 5 いた, いるので, ゐた, ゐる, 始めて, 私は 4 いるうち, いること, いるもの, これを, ゆくこと, 後の, 来たの, 来た道, 来ると, 江戸に

3 [18件] いるか, いるから, いると, きた, ここに, ゐるうち, 京都へ, 今の, 入って, 奈良に, 帰って, 彼の, 彼は, 或る, 来た自分, 此の, 登るもの, 薄い氷

2 [83件] いたが, いないという, いよいよ懇意, いるだけに, いるという, いるに, いる今日, きた者, くると, ことさらに, この村, これは, そこに, その年, つきせぬもの, なおその, またわけ, やつと, ゆくゆきかた, わたくしは, われも, ゐるが, ゐるけれど, アンドレイエヒミチは, シナに, ミュッセに, ロシアの, 一つの, 一人の, 万暦の, 之を, 京大の, 京師に, 京橋辺の, 今も, 今日は, 今日生国魂神社前に, 何ひとつお, 例の, 克服し, 内地に, 再びその, 利根川を, 勅免ありしか, 化けかかって, 唐太, 大黒を, 安土へ, 少しも, 尾花沢に, 後世の, 後筆録せられた, 徳本峠を, 急速に, 数名の, 日本へ, 明治の, 最近の, 来たか, 来た日, 来た時代, 来た生活, 来た経験, 来ました, 東山の, 次の, 歴史的に, 江戸表へ, 湯本に, 源之助が, 現戸主雄太郎氏, 生きて, 発展し, 発展した, 神人と, 私の, 穂高岳に, 自分の, 虚妄と, 行くうち, 詩の, 都へ, 馬琴が

1 [1650件 抜粋] あたりを, あの姿, ある団体, あわれ和島丸, いたこと, いつかは, いないため, いないの, いました, いまは, いよいよ簡単, いるが, いるため, いるのに, いるらしい相手, いる一見, いる女怪, いる現在, い彼女, おりながら, おりヨコハマ, お上, お通, かの震災, きたという, きた事, きた千太郎, きた奇怪, きた宮様, きた彼, きた捜査課長, きた毎日, きた運命, きた長い, くるならば, こういう研究, ここで, ことに因る, このよう, この女, この時代, これへ, さう, さらに命じた, しかも彼ら西洋人, しまいました, すっかり色, そのこと, その同志, その孫乾, その悲しみ, その晩年, その深刻, その確実, その花びら, その面目, それほどひどい, それを, だんだんに, つ, ついに再び廃頽堕落, ついに来りし, できあがったの, とうとうこの, とおく富士川, どこまでも, なお書斎, なにかの, なんの, はからずも尊治, はじめて事実, はじめて臨床医家, ふたたび従三位参議, ふるえの, まして黒衣, またかろく叩いた, また梯子, まだ, まわりに, もう上流社会, やうやく掘り当てられた, やっと歴史, ゆくうち, ゆく容相, ゆく生活史, ようやく先, ようやく大いなる, ようやく故, よくネレ, よりよい, わが国に, わたしは, ゐない, ゐよう, ゐるとも, ゐるらしく演, アゼルバイジャン共和国の, インド地方に, ウンテンベルグの, カケス畑に, ガラッ八, コチラへ, シカチェ府に, シャールマーニュ帝の, ジャンという, タヒチ島に, チッチッといふ, トボルスクから, ドーラギリーの, ハルビンに, バビロン捕, パリーは, ビンビテーという, ブダガヤへ, プレスティシモに, ペキンまで, ボアロー・デプレオーに, マンサニヨまで, ヤッと, ラサを, リーヴァへ, ロマノフ, 一々の, 一ビン買い小売りを, 一九五〇年までの, 一八七三年五月初旬に, 一層純, 一度で, 一挙北部フランスに, 一滴の, 一里六丁美江寺駅に, 一重また, 三代目柳枝に, 三峰口の, 三枝未亡人は, 三田の, 三里三石駅, 上の, 上京不可能であろう, 上方の, 上海の, 下り一番線, 下山から, 下谷竹町の, 世にお, 世に問, 中の島監獄へ, 中野重治と, 九州を, 九郎右衛門の, 二人の, 二国より, 二石人あり, 五か月近い, 五竜岳に, 京都に, 人の, 人間の, 人類の, 今新しい, 今日まで, 今日私たち作家は, 今村明恒博士が, 仏蘭西に, 他界の, 仙台に, 企画院総裁と, 伊勢国に, 伊那諏訪へと, 住める茶舗美登利屋, 佐渡に, 何年か, 余輩は, 使の, 価値の, 信全に, 俺の, 僕の, 先生が, 兎にも, 全く枯れた, 八月三日江戸表へ, 六人の, 兵頭一力が, 其の使い, 内裏の, 再びパリ, 再び地上, 再会すべきで, 出された鮹, 出来て, 刃物ヶ崎に, 初めて真, 別山に, 利根の, 効果如何を, 募集された, 北京に, 北国に, 十日佐和山城に, 千駄が, 半年の, 去月二十五日帰洛二十九日御, 又か, 友人アボットに, 受けつけ許可, 古猫, 右の, 各府県, 吉舎に, 同じく, 同じ山道, 名古屋へ, 吾妻村の, 呼坂へ, 和蘭陀の, 喧伝せられた, 四国西国で, 四月浅草常盤座に, 回想し, 国内の, 地球上には, 執筆された, 墜落した, 変転した, 外国へも, 多可郡を, 夜の, 大なる, 大塩峠を, 大尽の, 大正と, 大正十四年に, 大蔵卿に, 天保二年に, 天地の, 失くなると, 奈良朝と, 女としての, 妻の, 姉さんの, 姿かたち痩み, 学んだの, 守田勘弥が, 完成された, 宮峠に, 家に, 宿屋の, 小室の, 小楢俣, 小竹堤を, 少しずつ, 居たが, 居ぬの, 居ようとは, 居り又, 居るには, 居るのに, 山中最大の, 岐阜という, 岩国の, 島原で, 川を, 巨勢博士が, 帰りました, 帰るので, 帰村す可く, 平太夫, 幸手の, 広東に, 廬山を, 引揚ぐるほどに, 張旭, 彼らは, 待つしるし, 後は, 後其と, 後浮世絵は, 後裕佐は, 御前へ, 御庄川を, 徳川家康から, 忽ち懐土, 思はるるかな, 恵比須町に, 愈々欧州中原, 感受の, 成り上った少数者, 成熟期に, 或人, 房州の, 折角荒蕪, 提出した, 攻めて, 敵の, 文久元年の, 文明の, 新らしい, 日向さんも, 日橋川を, 早い年, 明治に, 明治二十年の, 昔の, 春琴の, 昭和の, 晩年における, 晴信に, 最も明, 朝倉家に, 朝廷への, 木場の, 未だ泣かす, 本官の, 本当の, 本社へ, 札打天照教まで, 来たいろいろ, 来たかは, 来たその, 来たという, 来ためぐりあわせにはなかなか意味, 来たイデオロギー, 来た事, 来た人, 来た作者藤木氏, 来た否定, 来た官能, 来た恋, 来た歴史, 来た為, 来た現実, 来た町, 来た秀吉, 来た者, 来た苦労, 来た道程, 来なければ, 来りしや, 来るの, 杭州に, 東京より, 東京日日と, 東方に, 東洞院の, 東海道を, 東須磨に, 松永久秀の, 果して案内状, 栂の, 桃園の, 棠軒に, 槍ヶ岳の, 横浜から, 樹の, 次のが, 次第に警備, 歌の, 正木直彦先生が, 此学統より, 武男は, 死体は, 気がついて, 水戸に, 江戸の, 池ノ平小屋へ, 決定したる, 沙魚釣りの, 泉の, 津の, 流伝した, 消されたるもの, 渡来した, 湯瀬温泉に, 滝ノ上鶴子から, 漸くモンテ・クリスチ, 漸く叫んだ, 漸く海, 漸く表面, 無傷の, 牛込御門土橋に, 物質にまで, 猶其価値, 王また, 現われて, 現象として, 生れた三番目, 生命の, 甦る者, 町では, 病癒て, 療する, 登る路, 白根万座更に, 皇室に対する, 目白の, 相当の, 真に仕事そのもの, 真東, 石仏道を, 砂より, 社会小説の, 神戸の, 神武天皇その, 私が, 科学的の, 秩父盆地に, 突然と, 立山温泉に, 笠置へ, 等に, 米沢の, 紀伊の, 紛失しおえぬ, 終に森林帯, 結婚に, 編纂された, 美妻を, 美濃路へ, 而も, 職総, 肥後国に, 脳の, 腕を, 自分自身の, 舟を, 良師へ, 花咲くべき, 英国の, 茶の間へ, 菓子を, 董卓の, 藩制という, 蝦夷へ, 行かなければ, 行く生活過程, 行った, 行われて, 表現される, 西した, 西側の, 見さ, 覚悟は, 角間新田の, 設計図を, 誘導する, 読み返すと, 謡曲, 議了せられた, 豊後に, 負傷者の, 賦せる, 赤石連山に, 赦免の, 越中の, 足袋の, 身延に, 軍人巡査警手などに, 転送された, 迎えの, 近代に, 近代資本主義的文化を, 返書を, 送りこまれたの, 通用門に, 遂に一時代, 遂に先生晩年, 遂に救, 遂に贖い, 達し得た, 遠く小石川の, 遼金また, 野獣化したる, 金春の, 金銭に対して, 鉄道に, 鎌倉時代に, 長安や, 長浜に, 閏二月二十九日八幡の, 関の, 関西に, 院, 階下の, 難波の, 雲坪先生ぶらりと, 青墓へ, 非義, 音信する, 項羽本紀には, 頗る事, 顕われるだろう, 飛鳥山に, 馬籠中津川へ, 駒ヶ岳に, 高瀬川の, 魯西亜の, 鳥首から, 鷲羽小屋へ, 鼻の

▼ 経~ (736, 13.7%)

78 読んで 39 あげて 17 上げて 11 読むの 9 よんで, 唱えて, 誦して 7 読誦する 6 教えて, 誦んで, 読みながら, 読む, 読む声 5 読んだり 4 読みに, 読むと 3 あげた, 誦した, 読みました, 買って

2 [44件] あげる, あげること, あげるの, きいて, くり返して, とって, とりに, やめて, よむの, 借得て, 唱えた, 唱えながら, 唱え磐, 安積艮斎に, 尊敬し, 小声で, 引いて, 手に, 担ぎ込み, 書いて, 留めて, 着て, 習って, 聞いて, 聴いて, 見て, 解きほぐして, 誦するを, 読ませて, 読みあるいは, 読みはじめた, 読み陀羅尼, 読むこと, 読むでも, 読むという, 読むとか, 読むよう, 読もうと, 読誦し, 読誦しつ, 講じて, 講じ奉らば, 講ぜられしかども, 遊ばして

1 [414件] あげお, あげたと, あげたり, あげた外, あげつ, あげながら, あげなければ, あげに, あげはじめた, あげました, あげましょう, あげるか, あげると, あげるのよ, あげる彼, あげ夫妻, いた, うけたまわり車, おつむに, お読ませ, お読み, お読みなさいます, お読み遊ばす, くりかえしながら, くりかへ, さぐり腹這い, しずかに, して, すすめる老人, すませお, そらんじて, たくさん献上し, たくさん読んだ, たてると, たのみますと, たんと読ん, つ, つぎたして, つづけました, とどめて, となえた, となえて, とらば, とらんとて, どうか日本, なしこれ, はじめおった, はじめた, ひき伝奏, まくらに, みんなで, もって, やめた, やりながら, やりました, やるから, よく読むべし, よませたり, よみながら, よみに, よみはじめた, よみました, よみ出した, よみ始めた, よみ始めたり, よみ違えて, よむ, よむごとく暗誦, よむと, よむとは, よむ古木, よむ坊さん, よむ場合, よむ声聞こゆ, よめとの, よんだり, わからないで, わしは, ケンヤクし, ケンヤクする, モグモグ口, 一ぺんに, 一巻手渡しし, 一年に, 一目なりとも, 上げずに, 上げた, 上げた後, 上げてると, 上げないと, 上げに, 上げられて, 上げること, 上げるの, 上げ膳, 上野守に, 二三枚ひっくり返し, 二回繰り返し, 二日ばかり, 二通りよみました, 伊勢の, 伊沢氏に, 何か, 使として, 供養し, 保持する, 入れた守袋, 写さなければ, 写して, 写し仏, 写すこと, 出して, 出版する, 出鱈目に, 切りすてるから, 初め已今当の, 刻ませ妖怪退散, 前に, 前の, 勧進し, 勿体ないが, 北静廬に, 取って, 取出しさ, 取出す間, 受け父蘭軒, 受取って, 口の, 唱うるぞと, 唱えたうえ, 唱える, 唱え托鉢, 唱げる, 唱へ, 唸りながら, 四半分ぐらいに, 執って, 売った時, 大王殿下に, 太子に, 太田錦城に, 太郎殿と, 始めるところ, 安積艮斎海保漁村に, 宮中に, 崇尚, 幾万遍読ん, 引て, 弾いた, 弾いた盲僧, 弾くに, 弾くの, 弾くやう, 御存じでしょう, 御教授申, 徳育の, 心無き者, 忘れなかつたが, 念ずると, 悉く未, 懐に, 懸けまして, 手前え, 承わり, 抛って, 披きゐ, 拝見せし, 指して, 捕えながら, 捧げ諷経, 据えて, 推したので, 携え右手, 擬ひ写し, 支那人の, 教うる, 教えたり, 教えられて, 書いた方, 書いても, 書きません書きかけたお, 書くわたし, 書写し, 書写せられ, 朝鮮に, 枕元で, 欲しいという, 殺したという, 殿下に, 民間に, 求めに, 沢山読め, 沢山買いたい, 治め其の, 泉豊洲に, 法華の, 注し四年九月, 流れて, 流通せる王有ら, 海保漁村に, 漁村竹逕の, 熱心に, 父の, 獲て, 用ゐ, 申して, 発明した, 知って, 知らず字, 知らないと, 知らないのみか, 私ごとき, 私に, 私の, 稽古し, 積め込んで, 空中に, 立てようとして, 立願し, 粗末に, 細, 綜機に, 繙けるよう, 繰返す門前, 置いて, 置き以, 習ひ損ねし, 考え歴代, 考ふる, 聞いた, 聞かされたって, 聞かせた僧, 聞きつつ, 聞きながら, 聞きまた, 聞くこと, 聞くと, 聴いたり, 背景として, 背負って, 色々と, 艶に, 被った甲斐, 被り男, 見たが, 見また, 見ろと, 見宮, 見宮島, 視るに, 覚えて, 覚える暗記力, 解かむ, 訳した, 詳しくいえ, 誅し勢威, 誦げてる, 誦させ, 誦さなく, 誦したまえ絶えず, 誦したまでよ, 誦したり, 誦しつつ, 誦しながら, 誦し一句, 誦し仏名, 誦し出そうと, 誦し始めた, 誦し居たり, 誦し手, 誦し礼拝, 誦し粗衣粗食, 誦し続けた, 誦すと, 誦するごと, 誦するに当たり, 誦するも, 誦する事, 誦する例, 誦せられる声, 誦せるのみ, 誦まれて, 誦みあげ, 誦みさし, 誦む, 誦むで寺に, 誦むとその, 誦むと厄を, 誦むの, 誦むのが役で, 誦む事鈍かっ, 誦む父この, 誦んだ, 説きし年, 説き終われり, 説解せん, 読せられた, 読まされても, 読まされること, 読ました, 読ませた, 読ませたと, 読ませ祭典, 読まない, 読まなくっちゃ, 読まなければ, 読まぬて, 読まれて, 読みいかにも, 読みおわり繩目, 読みおわると, 読みかけると, 読みかたわら, 読みかつ, 読みそこ, 読みその, 読みだした, 読みつづけた, 読みなさい, 読みましょう, 読みます, 読みまた, 読みやがるか, 読み上げさせて, 読み上げて, 読み仏, 読み供養, 読み傍ら, 読み出したの, 読み出すその間, 読み又, 読み坐禅, 読み夜中一睡, 読み奉り候, 読み始めて, 読み始める, 読み左, 読み念仏, 読み感, 読み或は, 読み明めむ, 読み昼下り, 読み終えて, 読み終ると, 読み香, 読むからと, 読むが, 読むそう, 読むだけ, 読むに, 読むは, 読むべきを, 読むもの, 読むわけ, 読む僧, 読む折, 読む時, 読む真似, 読む身体, 読む身体ぢ, 読む頃, 読め, 読めば, 読もうとしても, 読んだ, 読んだりなんか, 読んだ事, 読んだ僧たち, 読んだ恥ぢ入, 読んだ所見, 読んだ由, 読んだ間, 読んでしも, 読んでばかり, 読んでる間, 読誦した, 読誦しよう, 読誦し奉, 読誦し続けた, 談じ, 請け取りまして, 諷誦する, 講じては, 講じ又, 講じ史, 講ずるのみ, 講ずれども, 講ぜしめたこと, 講ぜられまた, 講述註疏せられ, 負い鉢, 買いに, 買うこと, 買うて, 買った, 躋寿館に, 転じさせその後, 転じて, 転読し, 転読す, 軽視する, 載せて, 遺嘱, 重んじて, 錆びた声, 長々読んだ, 長く読む, 門前の, 音吐朗々と, 頭に, 頻りに読ん, 食い敗, 養子に, 驚喜せしめた

▼ 経~ (400, 7.4%)

17 文句を 13 中に 9 名を, 声が 7 ように, 中の 4 文が, 文句は 3 なかの, ような, 千部写経を, 文は, 文句

2 [23件] ワリアンテスの, 一節を, 一部を, 中にも, 代わりに, 功徳の, 名前は, 声などに, 声は, 声を, 声トタンに, 文とて, 文を, 文句が, 文句の, 方は, 末に, 本を, 種に, 舅から, 解釈が, 許に, 註釈書すなわち

1 [269件] あげられる時分, あとでは, いかなる書, いずれでも, いのちうつつを, いる処, うちに, おさらい, おつとめらしい, おはるの, お話を, お諭し, お講義, きみ, こと, ことが, ことで, ことです, ことは, ことばの, ことばも, ごときは, ごときもの, すんだあと, ため登山した, むすめ, むずかしい講釈, ものがたり, やうな, ようで, ようにしか, よみかたが, コーラスを, トビラ絵そのまま, ルコンストリユクシヨンを, 一つも, 一端が, 一節や, 一辞句を, 一遍位は, 七字より, 七部門から, 三つでありまし, 三字が, 三経を, 上部に, 下へ, 中で, 中でも, 中などには, 中には, 中を, 中程から, 主旨で, 予言は, 二字について, 五行説に対しては, 仏部が, 代に, 仮名序の, 仰々しさ, 住心品の, 住滅を, 体と, 作物の, 作物も, 偈に, 偈文を, 偽撰たる, 僧の, 内, 内容を, 写本や, 写経を, 写経一巻, 出る小, 切れ目に, 切れ目切れ目には, 刻成せられた, 前の, 力に, 功力心願それも, 功徳でしょう, 勅勘ゆるされ, 勢至の, 化け物見たい, 十六巻が, 半分を, 印度, 印象によって, 取り乱し方, 受持者に, 口を, 合唱みたいであった, 合唱梵鐘の, 同胞であった, 名だけは, 名と共に, 名も, 名前, 吸血伝説を, 唱え方, 営を, 図書番号とが, 図解を, 墓という, 声も, 声やら, 声和し高まりつ, 声怠らざりけり, 変名から, 大原理, 大学教授などにも, 大学講義の, 大臣の, 太い線, 奥に, 女との, 妙理について, 妻であった, 妻にな, 姉を, 子である, 子の, 子熊谷虎一だった, 子道家と, 子頼尚, 学術は, 宗致と, 寸箆坊が, 島に, 工作も, 帝大, 帝大を, 帳面御, 弟だ, 弟である, 弟九条良平が, 弟業盛が, 弟長良の, 律部の, 後見と, 御望み叶, 御本, 御選択, 復専本を, 心に, 恪勤にな, 息づかいに, 意を, 戒法に, 所縁を, 所謂神農本草経である, 扉絵か, 承諾を, 抜萃や, 教ふる, 教ゆる, 文, 文句ぐらい, 文句だの, 文句なぞ, 文句など, 文句も, 文句一つも, 新解釈, 方が, 方に, 方には, 早い頃, 早く縮, 暗示が, 暗誦を, 書いて, 書を, 曼陀羅浄土五祖の, 最中に, 最後の, 有難味は, 本が, 本文は, 条に, 梵本が, 梵本の, 森という, 様, 次男時平は, 歌才を, 正蔵秘密部の, 此歌は, 残りの, 残欠本, 済むの, 版木で, 生んだ穏子, 用でも, 用意も, 疏抄を, 発端毎に, 百万遍を, 百川を, 目的は, 真っ最中いきなりドカン, 真面目は, 眼の, 眼玉だ, 知らざる方向, 石碑が, 碑の, 稽古を, 稽古最中の, 竜と, 章句を, 端を, 第に, 第二, 箱が, 精神であります, 終るの, 終る頃, 経堂に, 経巻は, 緯書が, 美しい文, 胤である, 良注釈, 蔵律蔵は, 血すじな, 血書きこれ一つで, 行を, 衍儀でも, 裏に, 言葉で, 言葉と, 言葉という, 言葉とは, 話でも, 話以外は, 語を, 読みかた, 読み方や, 読者が, 諷誦の, 講釈を, 転読が, 転読の, 転読も, 通りでは, 遠離功徳分, 遺文は, 邸に, 邸は, 邸へ, 長さ, 長子であり, 間だけ, 間シーンと, 間待っ, 韋提希夫人の, 領地や, 題号を, 題名である, 顔を, 願ほど, 願解きで, 類でも, 飛狸著翅狸は, 館から, 驚きは

▼ 経~ (194, 3.6%)

2 いずれも, 妙月長者という, 時平に, 橘の

1 [186件] あまりにも, いまだ見当り, うその, うめいた, かなり豊富, きょうは, きれいに, こ, こういい, こういうやり方, こう責めた, ここで, この下話, この在, この爾前, これで, そう思った, そう考える, そこで, その宅, その頃としては, それと, それは, それを, そんな有様, ぞっと身ぶるい, ただ念仏往生, つづいて, どうした, なにゆえ天下一, にがし春, はや一拍子, まさか穏子, みだれて, むずかしくってねえよ, もう寸時, もう遅い, ものしずかに, やおらその, ようやく済んだらしく, よまねえん, よんで, わからないで, わからないもの, エルサレムの, サダマリという, チベットで, 一は, 一切経三部三万三千巻に, 一行も, 三基ならべ, 三巻十章より, 上の空に, 上品な, 不了義経, 主として解脱, 九条兼実や, 乱調に, 二人を, 五十歳も, 今宵は, 今浅草, 仏伝で, 仏教経典の, 仏説の, 仏陀に, 他に, 何, 何と何, 何の, 何を, 何時かは, 何気なく二人, 保ち難し, 信仰の, 先刻から, 先達から, 全体にわたって, 八十一歳で, 再び徐々にしかし, 前から, 功徳に, 勝鬘夫人という, 北の方を, 医統正, 印度舎衛国王波斯匿と, 又すっぽり, 反古に, 同じ土手, 四恩の, 土を, 声を, 大抵持っ, 姫の, 娘から, 娘が, 娘を, 完全な, 完本では, 宝を, 宝玉の, 実に絶唱す可, 専らこの, 幾度も, 弘安二年九月十三日の, 当代屈指の, 後京極摂政で, 心に, 忘れたかの, 快く答えた, 念を, 急に, 恐懼し, 息を, 感激の, 慥に, 憂色に, 成経で, 手で, 手を, 支那の, 故意と, 敗れて, 教を, 既成の, 日本人の, 早くどうにか, 早よ, 昔から, 昨夜の, 景物として, 本願を, 梵本が, 機嫌よく, 次の間に, 此未定稿本である, 殆ど直覚的に, 永い間, 決して他, 法華経勝鬘経維摩経の, 生憎, 用意し, 畏まって, 番の, 益々窮, 直ぐに, 直接個人の, 真の, 知って, 知らない, 知りませんけれど, 祐親の, 突然声, 第一四十二章経, 簾を, 紅の, 素問と, 維摩居士という, 老子の, 耐え切れず大声, 般若心経で, 苦笑いし, 著者不詳の, 衆生の, 説くの, 読まずただ, 読まぬ, 読み申さず候えども, 読むため, 読むという, 読めぬこと, 読める, 豊かな, 負はね, 身体が, 釈尊の, 陀羅尼である, 除くとして, 陽成光孝の, 頭を, 頼朝の, 顔を, 首を, 馬鹿に, 鶫を, 鸚鵡返しに

▼ 経~ (129, 2.4%)

4 けり, ける 2 ある, けん, して, よれば, 嫁した, 拠って, 節を, 説いて, 説く弓

1 [103件] あふもの, あるか, あるやう, ある文句, ある睡眠, ある過去心, ある青色青光, いつて, おちつきやっと, けむ, けり今, けるこの, ければ, ここの, この事, この菩薩, この願い, し, し伊勢, ちがいなかった, ときて, なかだちを, なぞらえて, はかように, もとづく故, ゆらぎの, よく似, よったもの, よるべきである, わかき僧, 一さいの, 一礼し, 仕へるやう, 伴われて, 似あわず優柔, 似たる当時, 似た未定稿本, 併せ分て八巻, 依って, 入れる, 六根清浄ヲ, 出て, 千字文四書五経の, 反するが, 取っても, 向い祷るに, 周錫, 和し, 困せん, 在っては, 多いたとえば, 大きな矛盾, 嫁し, 孔雀王経と, 孝についてか, 就いて, 就き三時, 弥勒の, 彼の, 彼女たちも, 徳が, 忙しきも, 怒りを, 我は, 掴みかかろうとして, 描かれた浄土, 教ゆる, 於て, 明かである, 書いて, 書かれて, 月の, 杯を, 殺されたので, 毛民国の, 渡って, 現われた幻想, 申す五臓六腑, 眼を, 移つた, 符合する, 紺青色の, 袂を, 見えたので, 見えたり, 見えるの, 見ゆるからとて, 訴えたり, 詳しく書い, 語られて, 説かれた言葉, 説明し, 読誦大乗の, 謳われて, 跋した, 近づいて, 述べて, 通じ説, 過ぎない, 養はれ, 高宗は, 鶯なく, 黄帝の

▼ 経~ (96, 1.8%)

4 すんで 3 ある 2 あります, すむと, 済んで, 酔臥たるを

1 [81件] あって, あまり軽少, ありますね, あり説経, あるから, あるという, ある七日目, いなくなった今, うなずきながら, これを, ござるはず, して, じつは人手, そばに, それに, ただちに, てるの, どうだの, はなしに, まいったそう, もう一度溜息, もう村, もつと, ものを, わかると, 一巻その, 一番古い, 三尺ほどの, 三百十五度に, 世に, 五人ばかりの, 五郎十郎の, 仏堂に, 何者であろう, 先に, 内大臣に, 分かるだろう, 包含せられ, 即是, 収めて, 国民全体の, 在俗の, 始まった, 始まったらしく閉めきった中, 始まりさらに, 始まりました, 実朝, 尚朗々, 島に, 巧く, 常になく, 御簾の, 急に, 恋慕と, 成人し, 或は枳園, 新田党の, 杯を, 浜辺を, 済むと, 特殊の, 箱根権現に, 終つて偈に, 終ると, 終わって, 綱を, 聴え, 自ら南海漁夫と, 自ら庭に, 行われて, 袂の, 見ると, 解るくら, 読めぬという, 辿りついた土手, 違い儀式が, 遺つて, 酔い泣きし, 間に合うかも, 鞅掌した, 顔を

▼ 経~ (73, 1.4%)

3 いって, なり緯, 康頼とを 2 して, 康頼とが

1 [60件] いい九経, いい六経, いうので, いえば, いふ者も, いへども, かなり激しい, きいたが, こんがらがつて, さとって, しそれ, し他, し勤皇, し重, し隋唐, し食事, すべきが, するならば, する芸術的手法, なって, なるだけの, 両大蔵, 云うもの, 云ふも, 俊成, 僧侶学校で, 取組んで, 同じだ, 名づく, 呪文が, 大へん, 実氏とは, 小平は, 平中との, 康頼との, 康頼とは, 康頼に, 康頼基康を, 心理学に関する, 想像以上の, 意気が, 所行讃経の, 挾み合って, 改めました, 数み, 数珠を, 書し茎, 木魚の, 父俊成とを, 申しましても, 申しまするもの, 申すの, 祝詞とは, 緯と, 緯との, 茎を, 蒙古, 言われ主張, 道家との, 顔を

▼ 経ても~ (65, 1.2%)

2 一寸とも, 廃せざりし, 彼等は

1 [59件] ありのままの, いっこう御, お前の, ここの, この遺, さらに改正, その分限, その立場, その金, つねに根源, なお且つ, なお人, なお怠る, なお正, なお民衆, なほ僕等の, なんともなく, なんら甚だしい, まこと, まるまるその, 一つ松の, 一向この, 世には, 世界で, 五年経, 伐り倒すこと, 何で忘れ, 何等捜索上, 作家という, 依然として残つて, 出来ない, 友人からは, 変はらぬ, 婦人二人は, 子が, 常に新しい, 床の間の, 徒に, 心火を, 忘れて, 恵瓊は, 感情の, 抜けないもの, 書道上で, 未だ欧羅巴, 未だ見えぬ, 死なず多く, 死に依つて血族相承, 残つてゐた, 残るもの, 消えないもの, 無益だ, 眼前見る, 磨滅せず, 立派な, 絵かきに, 解決せず, 還らない時, 長く残つたの

▼ 経~ (60, 1.1%)

2 と吉致, の実弟吉致

1 [56件] があれ, がこれ, がともあれ, が住む, が住ん, が新手八百余人, が軽く, さえも粛, さっそくだ, という豪族, としては夙に, とは一, とは前々, と会った, と共に計ろう, と渋川刑部, と脇屋義助, などお, などの久我家六条家組, なり, にただし, に次ぐ, に託しましょう, のふたり, の名, の実弟, の密書, の弟, の弟吉致あたり, の心, の手の者, の抱い, の直書, の舎弟吉致, の要求, の近臣, の部下, は, はいま使者, はまだ, はもう, は三十三歳, は下座, は事, は城外, は奥, は案外, は言外, は黙っ, も中国, も入っ, も無言, も立ちかけた, も阿波, を紹介, を諭し

▼ 経~ (55, 1.0%)

3 の言 2 のため, の告状, の奏, の家来

1 [44件] からお, が代っ, が去, が此言, だ, だった, とが来た, との地位, との対峙, とは共に, とは恰も, と聞い, と興世王, と足立郡司判官武芝, に手つだわせ, に承知, に紹介, に見破らるべき, の三者, の二人, の兵, の処, の営所, の四子陸奥守満快, の嫡孫, の方, の示威運動, の虚構, の訴, の讒奏, の邸, の釈明, の館, は, はどう, は仲, は口, は憤慨, は未だ, は清和源氏, は秋ごろ, は貞盛, へそう, も新任

▼ 経之は~ (48, 0.9%)

2 はぎ野, 去った, 母の

1 [42件] あたりに, あれほどの, いやな沈んだ, うずくよう, ぐいぐい近寄っ, せき込んで, その年, その時, その言葉, たたみかけて, ただうなずい, たちばなはぎ, つま戸の, ていねいに, なお手, ふたたび庭, へいぜ, 仕えの, 先まわりし, 冷笑った, 北の, 呆れ返ったなか, 唖然と, 声の, 女とは, 宿酔らしい, 弟の, 懲しめる, 或る, 手を, 母へも, 池を, 異腹の, 裏の, 赫として, 起きあがった, 近よったはぎ, 近よる, 鋭く呼び立った, 額に, 顔を, 馬の

▼ 経~ (45, 0.8%)

3 大和一国の 2 オナラも, 酔たれ

1 [38件] あげて, あり律, あるが, いた, いまだ説かざりし, お読みなさいます, し一寸様子, その間に, たくさんある, どんな供養, またこれ, ようやく今, ようやく妙境, ろくに知らない, 上げずひどい, 亦た, 今度の, 俊寛も, 勇将では, 嫌いだし黒住, 実は恋歌, 彼らの, 敦盛も, 梵語, 沢山誦ん, 烈火の, 碌, 落ちて, 覚えさせられた, 覚えようと, 読まず礼讃, 読まない方丈, 読まれた, 読まんし, 読み自分, 読むといった, 院同様時代の, 願つてある

▼ 経てから~ (34, 0.6%)

2 であった

1 [32件] これを, こわごわ頭, すくなひこ, その荘九郎, それらの, だった, ついに船, である, またケティ, やがてそこ, 一方では, 不意と, 二人は, 偶然に, 偶然の, 内儀さんが, 前夜の, 又そっと外, 嵐に, 後も, 御門の, 忠義がましく, 或る, 改めて図書館, 木曾義仲が, 源氏が, 磯吉が, 私の, 笠置の, 舞台に, 花聟と, 選挙手続きも

▼ 経~ (28, 0.5%)

3 康頼の

1 [25件] お祓, マルコ, 仮声使い, 偉い坊さん達, 偽経, 坂上時高などは, 宝積経に, 平中との, 康頼が, 康頼との, 康頼を, 念仏が, 念仏の, 念仏を, 時高らは, 有家や, 法華経を, 法話は, 源信僧都の, 百万遍や, 盛俊の, 祝詞や, 観音経を, 譲り文をも, 讃美歌の

▼ 経ずし~ (24, 0.4%)

1 [24件] て, ていきなり, てそのまま, てついに, てまったく, てわたし, てヴァンダル族, て一足飛び, て六月, て吾妻橋事件, て士論, て学問, て左衛門少尉, て後妻, て手がる, て改作, て文壇, て猥, て直ちに, て直接, て米国, て結婚, て葬儀, て薨

▼ 経~ (22, 0.4%)

1 [22件] が去ろう, が打つ, が枕, が間もなく, だが, だった, ではなかっ, なぞはぎ, にも叫びあう, にやはり, に常, のかがんだ, のすがた, の昂った, はいった, はかっとして, もたじろいだ, をどう, を嫌っ, 文竟併合于諸家書中無, 自身にも, 自身も

▼ 経~ (20, 0.4%)

2 ヲ生

1 [18件] ガソウ云ッテ廊下ヲ, ガヒトリ家デションボリシテイル, ガ学校ニ浄吉ガ会社ニ出テ行ッタ後庭ヲ, ガ犬小屋ノ, ガ這入, ト軽井沢ヘ立ツ時モワザトコヽヘ寄ラナイデ上野駅デ, ニサエ会ワシテクレルナラ別レテモイヽワヨッテ云ッタラ別, ノコトナンゾ考エテヤルヨウナマヽジャナインダカラネ学校ノ, ノ奴, ハイナクナッテイタ, ハ既ニ七歳ニナリ小学一年生ニナルノニソノ後アトガ生レナイ, ハ辻堂, モ可哀ソウダガソレヨリ君ガイナクナルト親父ガ泣クノガ可哀ソウダッテ, モ婆サンヤ颯子ト一緒ニ集ッテ見物シテイル, ヤ辻堂, ヲヨロシクオ頼ミ申シマスト颯子ハ云ッテイル, 坊チャンハイジラシイコトヲ仰, 坊チャンヨリクーパーノ方ヲ

▼ 経という~ (19, 0.4%)

6 お経 2 のは, ものが 1 こと, その名, のを, ものは, ものも, 日本で, 本は, 経が, 経文と

▼ 経~ (19, 0.4%)

4 の作品 2 の, の労作

1 [11件] が, が二年もの間私, と私, に計った, に面目, のかよう, のため, のモデル, の債権者達, の自信, は今年ゼーロン

▼ 経たり~ (18, 0.3%)

3 し後 2 しに

1 [13件] あるいは若い, おこたりて, かの橘樹, けん躯尋常, しが, しがけ, しなり, し塲, といえり, とおぼゆる, 此洞狭う, 経験を, 読者も

▼ 経つつ~ (16, 0.3%)

1 [16件] あります, あるその, あるの, ある最近, ある歴史, ある沢山, ある生活, ある道, ある酸苦, かくも, 今日に, 展開され, 川上がはに, 自分の, 自然の, 雪深き

▼ 経でも~ (16, 0.3%)

2 あげるよう

1 [14件] あるまいから, お上げ, お読み, ねえのに, 上げて, 上げよう, 取出すよう, 唱えて, 唸り出したの, 覚えて, 誦むやう, 誦んで, 読まして, 開いて

▼ 経には~ (16, 0.3%)

1 [16件] それを, どうある, どんなこと, なんと書かれ, 三巻説と, 分りかねる光景, 宗教的な, 成等正覚広, 方便すなわち, 更にその, 江戸三百年の, 津も, 滋幹の, 父ヤ我ヲ産ミ母ヤ我ヲ, 牛は, 葬頭河

▼ 経めぐっ~ (16, 0.3%)

2 て来た

1 [14件] たりあるいは, たりしました, て, てようやく, て人, て余, て古城, て地方, て帰国, て来たらしい, て来る, て江戸, て縁, て西

▼ 経~ (14, 0.3%)

3 を学び

1 [11件] にあり, に通暁, の何事, の素読, の義, の講釈, をやかましい, を兼松石居, を攻める, を精研, を読み

▼ 経~ (13, 0.2%)

1 [13件] あつたらしい, いう一臂人, それは, ほんとうに, もって, 僕は, 四等易春秋礼記で, 大乗仏教哲学思想の, 妖怪に, 是を, 清輔卒後九条家との, 織り成された楽園, 育って

▼ 経師職~ (13, 0.2%)

4 の息子 2 の息子さん, の手 1 とのあいだ, との間, の伜, の店, の生

▼ 経~ (13, 0.2%)

1 [13件] から蜀, です, と撫民, になどかかわれましょう, には関心, に依っ, に理念, は予, もあり, も一剣, をつまびらか, を述べ, を述べん

▼ 経たる~ (12, 0.2%)

2 海亀の 1 に過, ものなり, もの也, を審, 山吹の, 所なりし, 来し方も, 相貌それらが, 石塔あり, 蛇なり

▼ 経~ (12, 0.2%)

1 [12件] だの, として二両, として五十円, とて上げなかった, と書い, などもその, の包み紙, までおい, をつけ, を帯, を納め, を贈っ

▼ 経~ (12, 0.2%)

1 [12件] が二, でありますが, と経巻, など千年, には本篇, によってお, もって, をならべた, をもつ, を持ち出し, を指し, を誦した

▼ 経~ (11, 0.2%)

2 この我, 饑ゑ饑ゑて幾夜をか 1 から限り, が, ていた, て下さい, て死にけり, に, 明け方医師の

▼ 経ての~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことだった, ことであった, ふみは, ものであったらしい, 事だった, 入洛, 力よりも, 命令伝達が, 御縁談, 菜畑で, 還り新参

▼ 経~ (11, 0.2%)

2 のです, ば 1 のか, のであります, のである, ばいかに, ばいや待ち, むありのまにまに, んという

▼ 経にも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いう卦, 云う, 出て, 書いて, 書いてなかつた, 朝鮮半島の, 禁断の, 若有女人設欲求男, 記いた如く, 説いて, 身体髪膚之を

▼ 経~ (11, 0.2%)

1 [11件] が試みた, には新しい, に千載, に著しく, の子, の歌風, の清醇, の系統, は此気運, や俊成, 程の天賦

▼ 経~ (11, 0.2%)

1 [11件] が仮, が妻, だが, では良椿法橋, でも立派, とで格, などにいたる, なども群, に裏打ち, は糊, や料理番

▼ 経~ (11, 0.2%)

1 [11件] くる年, という老臣, にのべつ, のさし, の住ん, の子, はその後, はもう, は折々, もまた, を常陸守

▼ 経~ (10, 0.2%)

21 にお, には今, に世尊, の一章, の四峰, の悪鬼羅刹, の文面, の無量寿経

▼ 経~ (10, 0.2%)

1 から帰つて, で, でその, ではなく, で室戸岬, になり, の順, は山門, をさがし, を目的

▼ 経~ (10, 0.2%)

1 が傷手, が深, どの以下, の兄弟, は危うく, は見えぬ, へ迫りかけた, も三男, をこんど養子, を尋ねさせた

▼ 経から~ (9, 0.2%)

1 はなされたスパイ, 下は, 始まる, 始めどうやら, 平中の, 易断を, 独立させ, 講義されよう, 非常に

▼ 経~ (9, 0.2%)

2 と思っ 1 かわからない, か与八自身, か何, てている, ということ, とて老人, な

▼ 経~ (9, 0.2%)

1 ありこれ, お犬, が来る, なり, なる言葉, はよく, は恐し, は恐ろしき, 御犬

▼ 経ては~ (8, 0.1%)

2 いるが 1 いないし, いるけれども, 大人に, 文治に, 茶褐色を, 香に

▼ 経~ (8, 0.1%)

1 が尊く, で呻, と共に恐らく, の大きい, の起こる, は支那, は松風, も楽音

▼ 経殿~ (8, 0.1%)

1 が見える, である, とも断じて, に中, のおん悲しみ, の模様, の高, 御承服

▼ 経とは~ (7, 0.1%)

2 いかなる書 1 いかなる本, どんなお, まさしく伯父甥, 別の, 梵語の

▼ 経~ (7, 0.1%)

2 の母 1 が射た, と, といっ, の一命, は一笑

▼ 経~ (7, 0.1%)

1 が御前, には悪びれた, の老眼, はいそいそ, は主上, は心ざま, は茶器

▼ 経~ (7, 0.1%)

2 に入り 1 である, におけるのみで, の別号, は旧, を訪

▼ 経~ (7, 0.1%)

1 に至っ, のみならず, の子, は亘理権太夫, は実に, を斬る, を責め

▼ 経~ (7, 0.1%)

1 でも又は, に一説, の研究, は塾生等, を尊ぶ, を窮めよう, 不拘拘

▼ 経づく~ (6, 0.1%)

41 えの, えを

▼ 経では~ (6, 0.1%)

1 この, ございませんか, ないあの, ないかと, ないだろう, 断じてありません

▼ 経とを~ (6, 0.1%)

1 二三行ずつ, 思って, 眼の, 見くらべながら, 貰う, 預けて

▼ 経などは~ (6, 0.1%)

2 これぽ 1 ふさいで, ろくに読まず, モッタイない, 全然採らず

▼ 経めぐり~ (6, 0.1%)

1 そこに, つつ生活, ながら終に, スタニスラウスキーの, 候節信州に, 兵隊達に

▼ 経一巻~ (6, 0.1%)

2 であつ 1 であった, とであつ, を声, を読み

▼ 経之の~ (6, 0.1%)

1 うしろから, ために, 声が, 心は, 母御は, 額に

▼ 経~ (6, 0.1%)

1 はあの, はその, は御, や康頼様, をお, 御一人

▼ 経~ (6, 0.1%)

2 の許 1 などは目立たない, の塚, の弟, は参議

▼ 経~ (6, 0.1%)

2 の説 1 の諸, をもらつた, を諸, 取交えられて

▼ 経~ (6, 0.1%)

1 が始つた, したという, した時猴, し一切, とを説明, を観察

▼ 経ながら~ (5, 0.1%)

1 かなり完全, 一八七二年九月まで, 彼の, 辛うじて疏水事業, 飽くこと

▼ 経ぬれ~ (5, 0.1%)

2 どあたたかく 1 ど今, ば, ば人

▼ 経ばかり~ (5, 0.1%)

2 では, 読んで 1 読み返して

▼ 経~ (5, 0.1%)

1 てから, てかァ, てもなお, ても七年経ッ, ても世話

▼ 経ヶ島~ (5, 0.1%)

2 の築港 1 から旧, の脇屋義助, を築きあげ

▼ 経~ (5, 0.1%)

1 があつ, は最初, は此, を立てる, を竪

▼ 経~ (5, 0.1%)

1 一次に, 三, 三は, 二遺, 四十二章に

▼ 経さらに~ (4, 0.1%)

1 自己拡大の, 軍事取扱として, 重家の子経家, 飯山善光寺松本を

▼ 経だの~ (4, 0.1%)

1 日蓮の, 浄土三部経だの, 漢籍みたいな, 焼香だ

▼ 経として~ (4, 0.1%)

1 そしてその, ゐるから, 下げられたの, 加えたるユダヤ人

▼ 経などの~ (4, 0.1%)

1 如く武, 平家軍は, 読まれる頼もしい, 講義が

▼ 経などを~ (4, 0.1%)

1 お教え申し上げる, 人に, 読み上げるたび, 読んで

▼ 経よむ~ (4, 0.1%)

1 やらかく, 一の, 稚等, 窓に

▼ 経~ (4, 0.1%)

1 が先陣, が内大臣通親, るるに, る此

▼ 経一部~ (4, 0.1%)

1 は早, よむ声, を写さ, を手写

▼ 経如来寿量品~ (4, 0.1%)

2 第十六自我得仏来所経諸劫数無量百千万億載阿僧祇 1 第十六, 第十六自我得仏来

▼ 経~ (4, 0.1%)

1 の機微, の論, や漢訳, を初め

▼ 経来った~ (4, 0.1%)

1 あらゆる女, ことであります, ところを, 八十年という

▼ 経~ (4, 0.1%)

1 の子, は竹生島, へ賜わった, やら彼

▼ 経~ (4, 0.1%)

1 が日本, の輸入, は大乗仏教, を製する

▼ 経~ (4, 0.1%)

1 には法皇, に列, に東寺, は慈覚大師

▼ 経読む~ (4, 0.1%)

1 と墓, 以外手は, 山の, 程は

▼ 経読誦~ (4, 0.1%)

1 がいくらか, そのま, の功徳, の声聞師

▼ 経転読~ (4, 0.1%)

1 のこと, の布施, の行持, をいとなみ

▼ 経輝氏~ (4, 0.1%)

1 で女史, のお, の話, は霊魂

▼ 経あげ~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 てお

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 何か, 何かの, 何かを

▼ 経かたびら~ (3, 0.1%)

1 を着, を着せれ, を装う

▼ 経じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ねえか, 又御札

▼ 経です~ (3, 0.1%)

1 か一円, がその, よ

▼ 経など~ (3, 0.1%)

1 のすがた, 誦んで, 読み居る机

▼ 経なども~ (3, 0.1%)

1 千部経と, 多く読んだ, 習うたと

▼ 経みたい~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 なの

▼ 経めぐる~ (3, 0.1%)

1 ことにおいては, 不便と, 間容易に

▼ 経やら~ (3, 0.1%)

2 論やらを 1 十八史略の

▼ 経一つ~ (3, 0.1%)

1 ぐらい唱えなさい, なり, なり天台宗

▼ 経一氏~ (3, 0.1%)

1 が, であつ, の

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 などは塩浴場, の, の所蔵

▼ 経~ (3, 0.1%)

2 は年老 1 その比

▼ 経及び~ (3, 0.1%)

2 像等当 1 他の

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 をあけ, をうけ, をもつ

▼ 経廻っ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 て来た

▼ 経彙註~ (3, 0.1%)

1 に序す, の刻本, を刻す

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 といったよう, もどうやら, をさがし出させ

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 の, の吉記, の返報

▼ 経津主武甕槌~ (3, 0.1%)

2 を載せる 1 の両

▼ 経立ち~ (3, 0.1%)

1 なるかな, に逢う, 狢化婆

▼ 経竟宴~ (3, 0.1%)

3 の詩

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 が出た, ぐらいの太, の形

▼ 経行中~ (3, 0.1%)

1 などに火, の女人, 死んだ女

▼ 経覚私~ (3, 0.1%)

3 要鈔

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 の混淆地, を挙げ, を融通

▼ 経~ (3, 0.1%)

1 劫数, 劫数無量百千万億載阿僧祇, 大臣らは

▼ 経軒京水瑞英居士~ (3, 0.1%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 経~ (3, 0.1%)

3 の文

▼ 経きたった~ (2, 0.0%)

1 後にも, 複雑な

▼ 経ことごとく~ (2, 0.0%)

1 滅せん, 滅びるであろうが

▼ 経これ~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 経すなわち~ (2, 0.0%)

1 弥陀の, 真言の

▼ 経その~ (2, 0.0%)

1 方面から, 翌日も

▼ 経その間~ (2, 0.0%)

1 に完全, に稿

▼ 経それ~ (2, 0.0%)

1 がこういう, を本

▼ 経だけ~ (2, 0.0%)

1 持って, 読んで

▼ 経だった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 経だって~ (2, 0.0%)

1 浮かばれる事, 無事に

▼ 経ちゃ~ (2, 0.0%)

1 いねえ, 分る

▼ 経つつも~ (2, 0.0%)

1 今まで, 専門技術の

▼ 経つて~ (2, 0.0%)

1 からで, から聞きました

▼ 経つれ~ (2, 0.0%)

2 の疵みたい

▼ 経てか~ (2, 0.0%)

1 はりしわれ, よう二口しか

▼ 経てからは~ (2, 0.0%)

1 事情も, 語学の

▼ 経であった~ (2, 0.0%)

1 という, というよう

▼ 経であり~ (2, 0.0%)

1 その蓮華経, 仮声使い

▼ 経とか~ (2, 0.0%)

1 また彼ら, 七仏薬師熾盛光五大虚空蔵六観音八字文殊金剛童子

▼ 経との~ (2, 0.0%)

1 事は, 間に

▼ 経とも~ (2, 0.0%)

1 変はらん, 法に

▼ 経ながらも~ (2, 0.0%)

1 今日なお, 昔から

▼ 経などに~ (2, 0.0%)

1 現われて, 私は

▼ 経なる~ (2, 0.0%)

1 ことならん, ものを

▼ 経なんか~ (2, 0.0%)

1 よんで, 聴くの

▼ 経において~ (2, 0.0%)

1 いかに解せ, 与えられて

▼ 経にでも~ (2, 0.0%)

1 お求めありたい, かかろうという

▼ 経に対して~ (2, 0.0%)

1 不機嫌, 土御門家を

▼ 経ぬる~ (2, 0.0%)

1 を, 心ばせを

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 全快すべし, 十二時前後わずか

▼ 経ばかりを~ (2, 0.0%)

1 読んで, 買いました

▼ 経~ (2, 0.0%)

2 い読んで

▼ 経また~ (2, 0.0%)

1 君の, 幼少年には

▼ 経まで~ (2, 0.0%)

1 やる, 散らして

▼ 経めぐった~ (2, 0.0%)

1 ものさ, 事が

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 仏教こそは, 涅槃経よ

▼ 経をと~ (2, 0.0%)

1 言つて経文を, 頼むと

▼ 経を以て~ (2, 0.0%)

1 して, その元祖

▼ 経ビツ~ (2, 0.0%)

1 の中, の底

▼ 経一屈折~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 経上っ~ (2, 0.0%)

1 て小高い, て聚楽

▼ 経上った~ (2, 0.0%)

1 ところから, 二条良基らの

▼ 経世論~ (2, 0.0%)

1 もとより厭うべし, を知らざる

▼ 経介君~ (2, 0.0%)

1 からの所報, から次

▼ 経信以後~ (2, 0.0%)

1 の発達, の趣向歌

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 を授け, を襁負

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 などは祖流, の四男

▼ 経古器~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 ありその, あり礼拝

▼ 経史子集~ (2, 0.0%)

1 の当, や医籍

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 と書い, の祐天上人

▼ 経山寺~ (2, 0.0%)

2 の無準

▼ 経川槇雄作~ (2, 0.0%)

1 と彫りつけた, の木彫

▼ 経幡馬蹄銀~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 も武蔵会雑誌, 講話筆記など

▼ 経平氏~ (2, 0.0%)

1 から遺物, を黌長

▼ 経廻る~ (2, 0.0%)

1 うちに, ものぢや

▼ 経律論~ (2, 0.0%)

1 の三つ, を合せ

▼ 経手写~ (2, 0.0%)

2 の願

▼ 経~ (2, 0.0%)

2 をなみする破

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 と, と名

▼ 経曼陀羅~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 経朝臣御作正史~ (2, 0.0%)

2 によられたれ

▼ 経来っ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て見る

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 が述べられ, も知っ

▼ 経津主~ (2, 0.0%)

1 と武甕槌, の神

▼ 経浅草~ (2, 0.0%)

1 に行き, へ行き

▼ 経王石書塔~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 あるが, なるもの

▼ 経程を~ (2, 0.0%)

1 有せざる, 為すの

▼ 経肩衣~ (2, 0.0%)

1 とかいっ, を引

▼ 経~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 と称, 深粋

▼ 経観世音菩薩普門品~ (2, 0.0%)

2 第二十五

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 の細々, んでお

▼ 経読ます~ (2, 0.0%)

2

▼ 経軒京水瑞英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 経道滅尽せん~ (2, 0.0%)

2 にわれ慈悲哀愍

▼ 経長崎~ (2, 0.0%)

1 に留連, に赴き

▼ 経陀羅尼~ (2, 0.0%)

1 の法文, を誦し

▼ 経音義~ (2, 0.0%)

1 のため, を説明

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 すなわち, と奥書

▼ 経~ (2, 0.0%)

1 などほんの, の軍忠状

▼1* [459件]

あたりに行く, 経あるき窮乏し, 経いわば人臣の, 経うたふおぼろ, 経かたにある, 経かたびら色よき小袖, 経かたびら頭巾さらし木綿の手甲脚絆, 経かなり長くて, 経かの声が, 経からも蓮台に, 経がけをし, 経国闇かき昏す恐し, 経ぐらい読むさ, 経ぐらいは読めるよう, 経ぐり見分けながら, 経ける時果して, 経ここに遷都, 経この宜都, 経さえ切れず, 経さま内大臣通雅さま従三位定家卿などと共に和歌所, 経さんでも, 経しかばおのづか, 経しかも一九一七年以後には, 経しけふの日, 経じゃあねえの, 経すくいの織, 経すべて千二百人を害, 経すら家集と, 経その他の隠し芸, 経その後の各種, 経それからシナの, 経それだけの見識, 経それで吸血鬼事件も, 経たまへ君, 経たりけむ天日を, 経たりといえども, 経たりとも見ゆる金, 経たる紙の花輪, 経たん内に仏, 経だろうと思われる, 経ちまた幾年か年, 経ちゃあペンペン草が, 経ったらしくもある, 経って定枝を, 経つて後にはヴォルテール, 経ていうのである, 経てからがよい直接, 経てからのことであった, 経てなど越えざら, 経てまでいる竜, 経てやまず, 経であって働く, 経であることは, 経でしたがこれ, 経でないことを, 経とかを読ませられたの, 経とがごつちや, 経としてのハーモニーが, 経ともどもに障碍, 経とやらはんに, 経とやらを生涯に, 経どのの所, 経なければならなかった, 経なぜ誦した, 経なぞ読まなくなつ, 経などが置かれて, 経なむ女の, 経なんぞあげない方, 経なんぞと心にも, 経なんぞを上げるの, 経なんどは読めねえ, 経にけむほのぼのと, 経にしかど昔ながらに, 経にのたまはく仏滅度の, 経によってシナ学者が, 経によるに仏涅槃の, 経に従って二十四等分し, 経のぼって行く, 経のぼった人間が, 経のみでは, 経のみが典拠でなかった, 経のみにかぎったこと, 経のみを奉ぜよと, 経はじめ新古今同人, 経ばかりよまされた記憶, 経ば調金の見込み立つべき, 経ひとつ読んだこと, 経かかった, 経ほどでは, 経または改良上の, 経みな一致して, 経むと夏山の青き, 経むと山水のながるる, 経むものか人のご, 経めぐったらしい風雨の, 経めぐつて生計を立て, 経めぐらんとの望み, 経めぐらんとその国の港, 経もう相当の, 経やがて高麗郡の, 経やらをブツブツつぶやく, 経よとまだみどり児, 経よまぬ僧と, 経より拙いやう, 経よりは泉下で, 経よりも味ひ, 経らしい節を, 経し松が枝, 経りたる榎の, 経りましたなあ, 経をも咎めず, 経アメリカのエカテンナ, 経イエスの福音書, 経カロリン諸島を航, 経ザイなり, 経ズシテ無断ニ光子ト逃亡シ所在ヲ晦マシ, 経タラフルクナルカト申スコトヲ試験シテオリマス何ヲオ, 経チャンダッテ飛ビ込ミマスヨ, 経ッテイル筈ダガマダ血壓ガ下ラナイト見エル, 経ッテスッカリ涙ガ乾キヽッテカラ予ハ布団カラ顔ヲ出, 経ツト又尿, 経テモ損セズ故ニ, 経テ吉兆ニ到着マダ時刻ガ早過, 経トシ精図ヲ緯トシ以テ遂ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須, 経ドイツが汚れた, 経ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 経ボサツのこと, 経ルニアラザレバ刑ヲ行ズ, 経ルママ思エドモ山河ヲ隔テ, 経ル後ニハ葉ハ尽ク皆赤シ, 経レバ尽ク紅ナリ霜ヲ負, 経ヶ峯の雪, 経ヶ島港のくだり, 経ヶ島附近にある, 経・時平の頃, 経にここ, 経一七七六年三月九日始めて, 経一人の所為, 経一冊に三ルーブリ半, 経一千部を一字一石, 経一寸五分ぐらい高, 経一巻諷誦する, 経一方は飯梨川沿, 経一有島武郎などという作家, 経一気に沼の, 経一節ろくによめない, 経一軸がある, 経七仏薬師燃盛光烏芻沙摩変成男子の法, 経七八種あり, 経七巻の中, 経七日之久, 経七書を読ん, 経三十余巻の絵, 経三巻を読みました, 経つたもの, 経上りたる等ことごとくその, 経上る平山図書さん, 経上巻の本願, 経上総へはいっ, 経拘漢宋, 経且つ又何, 経之でもゆうべの, 経之とはまるで違った, 経九州へ渡ろう, 経九段からお, 経亀山へ御, 経二尺くらいのから掌, 経二月を過ぎ, 経二男三郎四郎老臣では大高金右衛門, 経人数の多く, 経仁王経涅槃経等の説, 経帝また, 経今自分は少く, 経介理学士は同君, 経仏教の典籍一切, 経代りにし, 経伊賀より伊勢, 経余吾木ノ本のあたり, 経を重ねる, 経俊末の敦盛, 経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 経信以来の絵様見立て, 経信以来皆たけを高める, 経信卿は白竜, 経信大納言言われけるは, 経信白川院の御遊, 経信集にはなく, 経につれ, 経と最後, 経で良経, 経僧侶等すべて見えず, 経儒家諸子西教等を包括, 経に及第, 経元禄七年に長逝, 経光時親と代, 経八年の十月, 経八重洲口ヘ出, 経六時の礼讃時, 経六月一日を以て江戸, 経六編を制定, 経内蔵頭信基左中将清経また幼少年, 経初更後伏見布屋七兵衛の家, 経刻成の事, 経の処女, 経前後の諸, 経勝鬘経の三経, 経北会津から新潟, 経医者のドイツ語, 経十三冊は天下稀有, 経十九世紀仏蘭西ロマンチズムの時代, 経十二巻である, 経十喩を詠ん, 経半田山までくる, 経博士等のさかしら, 経博文館に入っ, 経卿歎き給, 経再来阿, 経又は経ないという, 経史漢文選等を読む, 経史百家の書, 経十部を, 経吉井川を渡り, 経和蘭文典前後訳鍵二冊唐詩選掌故二冊, 経和語抄に掲げました, 経に渡り, 経唐櫃のまえ, 経唱礼は規矩, 経喪髪である, 経営振を見, 経の, 経りて, 経四十八巻を読み, 経国安天神前を通っ, 経国策はかね, 経地面と野菜, 経坂上時高らが逆, 経基どのはおら, 経堺橋をすぎ, 経外国文学の影響, 経多くの時代, 経夜座も日常, 経夢見金鼓懺悔品に妙幢菩薩鷲峯山, 経綸も, 経大学の私学, 経大安寺縁起志義山毘沙門縁起来迎寺所蔵十界図の条, 経大徳として崇められた, 経大納言の室, 経太郎寿専というの, 経奉納の式, 経奔転摂津へ向け, 経孔伝であること, 経やまた, 経守勢をとり, 経守山に一晩, 経や内大臣実定, 経宗教改革を経, 経実感が失せた, 経宮府の内外, 経家たちは通親, 経家一人の切腹, 経家吉致といっ, 経家康の代, 経家昨夜は夜半, 経家書記の引田妙源, 経家里見義胤江田行義篠塚伊賀守瓜生保綿打ノ入道義昭, 経家駒の支度, 経宿して面, 経猶勁直, 経といった人, 経小野篁の郷, 経尽し人事を, 経山科をこえ, 経に中, 経市川口へ, 経の締木, 経師子吼品の二, 経帳子にしよう, 経帷布を着せる, 経帷衣をつけ, 経康頼はもとより, 経康頼らの心持, 経康頼等の乗船, 経康頼等三人の赦免状, 経廻つたのが日本上古, 経廻つて来た後, 経廻ろうと思う, 経石に, 経体に, 経当麻の寺, 経に至っ, 経往生の行, 経律蔵や漢訳, 経怠りない尼僧たち, 経の娘, 経を勤, 経或は式子内親王殊に, 経所納経所を目的, 経提婆達多品第十二, 経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 経数歳有母仍在, 経校正, 経省いて, 経明等の手, 経明遂高いづれも, 経など支那, 経時平あたりの歴史書, 経を累, 経月余顔貌不改, 経朝朝定がつづき, 経朝臣の家, 経本ザラツシトラ教の経本, 経本入男女名取中十三年忌には, 経本屋にあたっ, 経本等の博覧会, 経を幅ひろ, 経たりし, 経来し磴路崖谷みな眼下指頭に, 経来つた経験を, 経来り所々字句を, 経来りし人生を, 経来れり十万二十万の, 経東国へさして, 経東海道へ出よう, 経検見川の宿, 経楠木正儀和田越智神宮寺などいずれ, 経を学ぶ, 経極めて都会的な, 経楼漫筆に依れ, 経欧州大戦の余波, 経歌いはじめたわ, 経正次の経俊, 経正殿は竹生島明神, 経の幽霊塔, 経武参謀長が佐野常民あたり, 経不枯取置沙土中以水澆之俄頃復活, 経という, 経氏立派な髷, 経法然が赦免, 経法華経の御, 経法華経一部ならびに仏舎利五粒, 経法華経一部皇后筆の金剛般若経, 経注疏なんど本箱がずらりと, 経津主命即ち伊波比主命, 経津主神を奉, 経浜辺に立っ, 経涅槃経等の説, 経とか或は, 経潜ってこの, 経たる働き, 経の養女茂姫, 経猪苗代湖畔の霜枯れ, 経王寺に赴いた, 経王寺大行寺長久院西光寺等には枝垂桜, 経琵琶渓到碓冰関作, 経申すがこれ, 経画するものある, 経画無し敬死して, 経略十年間波瀾に富んだ, 経百姓に帰服, 経百海里にもわたる, 経盛時代の物, 経盛業盛の方々, 経せしもの, 経師占看, 経着実なる進歩, 経というもの, 経石巻から小, 経碑春秋外伝国語跋荘子注疏跋儀礼跋八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 経福岡を過ぎ, 経私線で姫路, 経秘密一乗の法廓, 経種々無限の遭際, 経積年うかがうところ, 経におさめられ, 経竹橋門を出, 経にもたれ, 経へおさめ, 経箱六個経本入男女名取中, 経箱経巻の包み, 経箱過去帳または応量器, 経精密計家, 経する殷々此, 経の鼠, 経素問内経霊枢, 経維摩経の三つ, 経総武鉄道汽車の発著所, 経義疏と呼ばれ, 経義質問係という, 経老人が詠んだ, 経聖書黙示録伝道書類の中, 経自身でも娘, 経で駿河, 経船坂峠をこえ, 経木山を, 経芸文章を教える, 経苑武英殿聚珍版書等に収められ, 経若狭入丹後, 経華厳の呪, 経薬師経等を諸, 経薬草諭品第五偈, 経煙りの, 経と毛利, 経訖んぬ, 経に二君, 経註二巻を撰, 経詩賦文章歴史等古代の文献, 経誦むを歓び聞く, 経誦める後姿, 経読ませて斎非時, 経読んで歩く, 経読んでるみたいだ, 経読誦会の立札, 経読誦悠然として憐笑, 経によって僧侶, 経論語素問霊枢法華経普門品は註する, 経論釈等として単なる, 経講話をパパ, 経豊島町にて一水, 経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 経がおり, 経足利氏となる, 経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 経がまわっ, 経を停止, 経や二条, 経進化の道程, 経過つて奴, 経過るとき恐怖の, 経至遠, 経遠く越後の春日山, 経の如き, 経邦兵部少輔良峰, 経邦叔父良文の子, 経での歌会, 経部律部をおさめた, 経へ再, 経金光明経薬師経等を諸, 経金剛般若寿命経などの読まれる, 経金時山の北, 経鈴鹿峠へ出, 経関係の学者, 経関白を通してそれ, 経の改修, 経陸路をこえ, 経をはじめ, 経雁川で下船, 経集註十三冊に伊藤東涯先生, 経雨夜に隠, 経霊枢次に甲乙経, 経青屋口の三加番, 経青山の大通, 経の聞える, 経音義等がある, 経送使, 経顕らのわずか, 経の金言, 経高く見ゆる世の中, 経高三郎盛綱四郎高綱の四人, 経魁五人に亜ぐ