青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空気~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

穴~ ~空 空~ 空しく~ 空中~ ~空地 空地~ ~空想 空想~ ~空気
空気~
~空虚 空虚~ ~空間 空間~ 穿い~ ~突 突~ ~突い 突い~ 突き~

「空気~」 8470, 81ppm, 1377位

▼ 空気~ (1757, 20.7%)

295 中に 133 中で 64 なかに 58 中を 35 なかで 31 中へ 30 ように 24 中から 15 ような 14 うちに, ために 13 流通が 11 なかを 10 中にも 8 きれいな, なかへ, 中では, 中には, 底に, 流通を 7 やうな, 中の, 流れに, 裡に 6 やうに, 抵抗が, 抵抗の, 稀薄な 5 いいところ, ないところ, 微動が, 流れが, 重さ 4 うちで, ない処, なかには, 下に, 分子や, 動揺を, 奥に, 密度が, 層が, 抵抗や

3 [15件] あること, せいで, なかから, むらを, 中での, 中でも, 分子と, 好い処, 層を, 抵抗を, 波が, 流れを, 深みに, 湿度の, 稀薄なる

2 [82件] あるところ, あわただしさ, い, いいの, いい処, うごめきを, うちには, うまいこと, うまさ, おかげで, かわりに, せいである, ただよって, たまって, どんづまり, なかにも, なやましさ, もれて, わるさ, 下で, 不安, 不足と, 世界の, 乾燥した, 作用で, 侵入を, 入らないよう, 分子が, 動きを, 動揺が, 圧力が, 圧力に, 圧力の, 圧迫と, 圧迫に, 如きも, 如く彼, 存在に, 存在を, 対流が, 対流とによる, 対流を, 層の, 影響を, 快よ, 性質を, 感情を, 振動を, 捉へが, 摩擦の, 方が, 棒が, 波である, 流れだ, 流れの, 流通の, 流通も, 海が, 海に, 清澄な, 渦が, 渦を, 澄んだ日, 澱みへ, 濃いところ, 濃厚な, 異状さに, 磁性の, 稀薄の, 精の, 綺麗な, 緩んだ街頭, 肌触りが, 薄暗さ, 裡で, 間で, 間に, 間を, 隙間を, 震動は, 青い色, 音が

1 [636件 抜粋] あたらないところ, あつい層, あるの, ある成分, ある空, ある衛星内, いいとこ, いい型, いい所, いい海岸, いきおいが, いささかな, いたすところ, うごきが, うごきは, うずまき, うちへ, かげんでございましょう, かげんによっては, かすかな, かたまりが, かたまりとが, かなしさ, かなたに, かわいたカラン, くさること, こい影, ことお, ことなんか, ことは, ことを, こもった病室, ごときか, ごときですらも, ごときは, さえ渡って, ささやきの, しかけまで, しずもりを, しめりの, すくない高いところ, すこし暗い, せいか, せいだ, その身, そよぎさえなく少し, ただなら, ただならぬの, ためで, ためであり, ためなるべし, ため薔薇色に, つまつた省線電車の, ところへ, ないその, ない冷たい死, ない地面, ない墓場, ない月世界, ない澄明, ない空間, なかの, ながれの, ながれ目, なごやかさに, なごりを, なす所であった, なんとなく荒, においで, にごって, ぬけたよう, ぬけたゴム枕, はいって, はいつ, はいる隙間, ひとつひとつさえが, ふしぎなちからで, ふわりと, ほうが, まざまざと, まま, ままで, まままた, みなぎって, むさ苦しさ, もって, ものだ, もれるところ, もれるよう, もれる音, ゆめの, ゆるみが, ゆるみについて, よい山村, よく通わない, よさ, よどんだ家庭, よどんだ江戸, ガスが, ガス分子そのものの, ガラン洞が, タンクです, ドリルを, ドンヨリと, ブレーキです, 一つの, 一切の, 一切を, 一塊が, 一種の, 一角に, 一部分は, 三倍半も, 上の, 上層と, 不足してる, 並んだ部屋, 中じゃ, 中だ, 中です, 中でのみ, 中と, 中にしか, 中にすら, 中へと, 中へは, 中へも, 中よりも, 中帰れ, 中心の, 乱れ何かしら, 乾いて, 乾く所, 乾く高原地, 乾湿は, 乾燥する, 乾燥せる, 乾燥度と, 交ったよう, 交換に, 交換を, 人体に, 他何ひとつ商品, 代りに, 何かを, 何処にも, 充満せざる, 先端と, 入って, 入らぬよう, 入換, 全体が, 其中に, 内に, 冴えた秋冬, 冷えが, 冷さを, 冷たく身, 冷たさ, 冷やかさに, 出て, 出入りなどで, 分子の, 分子層の, 切売が, 利きめ, 割れ目, 割目, 加減によって, 動かない日, 動きに, 動きは, 動揺と, 動揺という, 動揺に, 動揺も, 匂いまで, 匂いも, 匂う迷路, 匂を, 厚い層, 原の, 取り扱い方, 受けた波動, 叫びでは, 名残であった, 向うに, 吹込んである, 和やかさを, 圧の, 圧力で, 圧力によって, 圧力により, 圧力に対して, 圧力を, 圧縮の, 圧迫による, 報謝, 場合にも, 塊が, 塊の, 変動によりて, 変化に, 外から, 外に, 大体も, 大圧力, 大小の, 大流通, 大顫動, 天蓋を, 奥底に, 好いアリゾナ州, 好い事, 好い広々, 好い郊外, 如く何ら, 如く搦, 如く虚心自然, 娘たちと, 娘たちにも, 娘たちの, 娘の, 存在が, 実験を, 家でしょう, 家に, 密度は, 密度を, 寒暖も, 対流は, 小さな渦, 局部的な, 屈折率と, 層と, 層は, 層音簡単に, 山の, 工合が, 工合に, 工合まで, 帯が, 幸福が, 広さ, 底, 底には, 底の, 引きしまる, 強い圧力, 当り工合で, 影濃, 影響でも, 影響も, 微動は, 微粒が, 心地よさ, 思ひ出, 急激な, 性質については, 息吹の, 悪いため, 悪いの, 悪い国会周辺, 悪い街, 悪い陽, 悪さ, 意外の, 感じを, 感ぜられるこんな, 成分が, 成分に, 或る, 所へ, 手術室の, 抜けきつてだらし, 抜けたゴム毬, 抜けた護謨風船, 抜けた風船, 抜ける音, 抜け孔, 抵抗その他を, 抵抗等種々の, 振動の, 振動より, 描き方, 摩擦が, 擾される, 擾乱です, 散乱系, 断層を, 断面を, 新鮮さと, 新鮮さは, 方がずつと, 方は, 日夜劇しく, 是非な, 暖かい時, 最初からの, 期待に, 林, 果して時代, 柔かな, 検査法宿営の, 様子が, 横流し, 横溢し, 欠乏とによる, 欠乏などが, 欠乏による, 欠乏を, 欲望だ, 欲望は, 比熱の, 比熱は, 比重と, 気もちよい, 水の, 汚濁の, 汽笛を, 沈んだ気配, 沙汰も, 沼だ, 沼を, 泡が, 波だ, 波も, 波動が, 波動で, 波動に, 洩れないいわゆる, 洩れるところ, 流にも, 流れな, 流れないこの, 流れは, 流れるとおりいつか, 流入も, 流入を, 流動が, 流動で, 流動を, 流路から, 流通あしき, 流通せざる, 流通と, 流通口を, 流通法とが, 海, 海の, 海即ち, 淡い感覚, 淵に, 清朗な, 清浄な, 清潔な, 清澄氷河の, 清純な, 減ったせい, 渦巻の, 温か味は, 温度が, 温度では, 温度によっても, 温度も, 温暖なある, 湿った入江, 湿った午後, 湿った夜, 湿って, 湿つた, 湿りを, 湿り工合によ, 満ち渡った初夏, 漂う町, 漂って, 漂つた人気の, 漏洩に, 漏洩箇所は, 漲った戦国時代, 漲って, 澄み切って, 澄んだすがすがし, 澄んだ二月十日, 澄んだ天城山麓, 澄んだ所, 澄んだ湖, 澄んだ部分, 澄明の, 澱んだむし暑い, 激しい移動, 濁って, 濃い町中, 濃さ, 点で, 為に, 無数の, 煽りを, 爆発する, 爽かさを, 爽やかな, 状態が, 状態とを, 甘いねむり, 甚しい, 画布の, 異った, 目方と, 目方は, 目方を, 真只中へ, 睡さ, 神秘に, 祭, 稀薄が, 稀薄に, 管を, 籠ったその, 粒子, 精が, 精や, 結構さ加減の, 絶えず巴渦, 絶項から, 緊張を, 美しい気持, 美味さ, 翅, 耳に, 肌ざわりは二月下旬で, 肌触りの, 腐敗した, 臭いが, 臭とが, 臭ひと薄暗い, 舞い上るの, 色が, 色では, 色でも, 色彩や, 蒸し蒸しして, 蒸せた黴臭い, 薄い太陽, 薄さ, 衣の, 表面を, 裏には, 補給が, 裡では, 裡には, 触るるところ, 話を, 貯蔵を, 賜である, 質量よりも, 軽いブロードウェー, 軽い心持, 軽重そんな, 逃げ出さないよう, 逃げ場が, 透き徹った, 透明な, 透明度は, 通う二階, 通う名古屋, 通う所, 通りが, 通るもの, 通わない方, 違うの, 遠くは, 遠くまで, 適度の, 重苦しい室, 重苦しさ, 重量に, 量が, 量は, 針を, 鉄槌の, 関所だ, 険悪さを, 険悪な, 隙間をと, 電離状態を, 震へに, 震動, 震動が, 震動である, 震動も, 震動を, 静かさを, 静かに, 静脈注射と, 音である, 音は, 頬に, 顫動の, 魅力を, 魔術に

▼ 空気~ (1626, 19.2%)

23 漂って 16 澄んで 11 流れて 10 あった, はいって, 漲って 8 ただよって, 乾燥し, 充満し, 彼の, 流れ込んで 7 外へ, 急に, 稀薄に, 非常に 6 ある, 乾いて, 漂うて, 澱んで 5 ないから, 彼を, 流れた, 淀んで, 湿って, 濁って, 私の, 静かに, 顔に

4 [15件] かもされて, そこに, ちがって, なければ, ぬけて, みなぎって, よどんで, 動いて, 変って, 妙に, 感じられる, 残って, 満ちて, 濃くなっ, 顔を

3 [20件] あたりを, あって, あるから, あること, あるの, どんよりと, ないの, 何処と, 俄に, 出て, 室内に, 家の, 悪いため, 私を, 稀薄で, 稀薄です, 触れて, 身に, 違う, 部屋に

2 [95件] あったの, あつた, あるため, あんまり良, あんまり青い, いつでも, いやに, うすいから, うすいこと, お涌, からりと, きれいだ, ここには, さわやかな, ざわざわと, しっとりと, しッとり, じめじめし, すきな, ちがう, どんな色彩, ない, ないため, なくなって, ひっそりと, みんなの, みんな私から, もれないよう, ゆれて, よい, よごれて, サーッと, 一変した, 一度に, 一杯に, 一面に, 下から, 仲, 何処かに, 何処からとも, 僕の, 入って, 全体を, 冷え, 冷えて, 冷たかった, 冷やり, 動揺し, 吸って, 外に, 奇麗に, 好いから, 如何に, 室に, 少しずつ, 少しも, 彼女の, 必要な, 悪いので, 感じられた, 感化を, 欠乏する, 水の, 洩れて, 流れこんで, 流れ入って, 流れ出て, 渦を, 湿つて, 湿つぽく, 漂つてゐた, 漲つて, 濃く重くドロリ, 濃厚に, 爽かに, 異様に, 眼に, 破れたかと, 私に, 私には, 稀薄である, 籠って, 肌に, 胸に, 膨脹収縮する, 自分の, 身体に, 通って, 部屋を, 醸された, 重く沈ん, 陽気に, 障子の, 鼻を, 鼻腔から

1 [1099件 抜粋] ああいう, あがって, あすこに, あったら吸って, あっても, あつく重, あの辺, あまり悪い, ありそれ, ありますが, あり散歩, あり混濁, あり科学, あるし, あるにも, あるばかり, あるよう, ある地点, あればこそ, いい, いいこと, いいの, いい故, いかに濃厚, いくらか, いくらか柔かく, いささか重く, いっしょに, いっぱい満ち, いつも己, いとど収斂性, いやです, いやに冷たい, いよいよ辛く, いろいろ大切, うごいて, うごくよう, うすくなった, おどん, おのづか, お庄, かかる風潮, かすんで, かび臭い程, かもされだすもの, かもし出されて, からからに, かれの, きびしく五躰, きりきりと, くすぐられたよう, こういう過飽和, この一座, この女, この広い, この物, この癇高, この結晶, こもって, こんなにおいしい, さあっと降る, さすがに, さっと流れこん, さつと漲つた, さやさやと, さわがしかった, ざわついて, しっくり自分, しばらく自分達, しめっぽくなった, しんとみんな, じかに触れ, じつとり湧いて, すえるん, すぐ枕頭, すこしもない, すっかり沈静, すっきりした, すつと, すーっと, そういう風, そうはっきりと, そこへ, そこまで, そのため, その中, その曲つた孔, その檸檬, その魅力, それでまたしずか, それほど険しく, それ程わるい, そんなに悪う, たしかに類型, ただよいはじめた, たちまちわれ, たまらなくなる, たれこめて, だんだんと, だんだん色濃く, つつんで, つめたいらしく, できた, どうしても我慢, どうにも窮屈, どこから, どことなく乱れ, どことは, どっとはいっ, どの室, どんどん出, どんどん昇っ, ないん, ながれたが, なくては, なくなった, なくなったの, なくなるにつれて, なく実に, なにせ工事, なまぬるくて, なんだかちょっと変, なんとなくかすんだ, なんとなく低い, なんとなく重々しく, にわかに和らい, にわかに重く, ぬけたよう, ぬけるので, はなはだしく希薄, はりさけるよう, ぱりぱりに, ひしひしと, ひどく湿っぽく皮膚, ひどく稠密, ひやひやと, ひやりと冷い, ひやりと来た, ひろがること, びりびりと, ふっと漂っ, ぶくぶくと, ほかほかと, ほっと救われた, ほの, またなく, まだあり, まだ少し脈管, まだ瀰漫, まるでかたく, まるで深い, みえる, みちて, みなぎりました, みんみん鳴って, もう十分, もつと, もれて, やがてしずまる, ゆつくり, ゆるい, よいという, よいので, ようやく濃厚, よくて, よごれる事, わかるよう, わき立って, わたしの, わるすぎる, カラリとして, キレイに, ゴミや, サッと速力, ゼラチンか, チリチリ燃え, ハリハリと, ヒヤリと, ヒンヤリと, ポコちゃんの, ムレて, ラジオの, 一しきりざわめいた, 一ぱいに, 一キロメートルの, 一座の, 一時に, 一番多く, 一瞬飛び散り, 一部に, 上って, 上り森では, 上空へ, 不安に, 不潔で, 世慣れたこなし, 主に, 乾きはじめて, 乾くので, 乾燥する, 二十年来の, 些とも, 京都に, 人々を, 今の, 今朝から, 他処, 伸子を, 何か, 何だか違うでしょう, 何と意気揚々充満, 何よりだ, 何時も静か, 作られて, 作れるよう, 侵入する, 偶然そこで, 僕に, 元気なく, 充ち満ちます, 入らぬよう, 入り代って, 入るから, 全くない, 全ての, 全身を, 六人の, 再び霧, 冴え返って, 冷え冷えとして, 冷たく自分, 冷や冷やし, 凝って, 凪いで, 出ること, 出来かけ司令部, 制限され, 割れ目などを, 効力を, 動かないでも, 動くたびごと, 動揺しだす, 匂うばかりの, 十分に, 厭に, 取りのけられて, 含まれて, 吸いたいの, 吸いたくて, 吸えると, 吸える嬉し, 吹き入れる, 呑みこめた, 呼吸苦しく, 問罪的な, 嘔吐を, 国内に, 圧して, 圧力の, 圧縮せられ, 在るから, 城内にも, 堅くるしく, 声高な, 変ったが, 変らないとも, 外套を通して, 多くて, 夜の, 大変うすい, 大変よかっ, 好いの, 好きだ, 好くったっ, 如何にも軽々と好い, 嫌いであった, 実にかわった, 実際に, 室の, 家康主従と, 寂しい街路, 寒くひき締まっ, 少い, 少し冷やか, 少し流れ込ん, 尚冷, 川の, 川面から, 常に二人, 幅広い圧力, 平坦な, 幾つにも, 床の, 座には, 庭から, 張って, 弾力で, 彼に, 往来にも, 徹底的に, 心地好く柔, 必要だ, 必要である, 必要欠くべからざる, 快いし, 快く肺, 急激に, 息苦しかった, 息苦しく思われた, 悪い, 悪いん, 悪くなり, 悪化する, 意地悪く, 感じられます, 感じられる爽かさ, 慣れては, 戦って, 手持無沙汰で, 抜けたよう, 抜けるよう, 押して押さえ, 持ち上がるから, 掃除には, 掻き乱される, 揺れて, 新鮮だ, 新鮮でない, 日光の, 日本の, 明かに, 明るい緑, 明るくスペイン風, 時々風, 晴々し, 暖かに, 暖まって, 暗くなれ, 暮れおちる, 最も新しい, 期を, 東京と, 栗の, 桐壺に, 橋場の, 欠乏し, 次第に冷, 次第に濃く, 欲しい欲しい, 此処にも, 歩みに, 残つてゐた, 残るだけ, 気に入って, 気に入りません, 気味悪く顔, 水に, 氷の, 汗ばんだ肌, 決して少年, 沁み込んで, 沢山ある, 流るる水, 流れこんだため, 流れでるので, 流れ直, 流れ込むの, 海から, 浸みこむため, 消滅する, 液体みたいな, 淀む鶏頭, 混って, 混乱する, 清らかです, 清澄である, 温まって, 湛えた, 湧いて, 湯あがりの, 湿った所為, 満ちあふれて, 溶けて, 漂い出して, 漂うこと, 漂っては, 漂ひはじめた, 漏れずかつ, 漲った, 漲りはじめた, 潮の, 澄みきってるわり, 澄み日射, 澄んだよう, 濃いの, 濃く淀み, 濤の, 灰色に, 烈しい日, 煙と, 照るよう, 熱くなっ, 物品に, 独特の, 猛烈に, 生じたか, 町ぜんたいを, 異常に, 病室の, 発酵し, 益々膨張, 直に通わない, 真二つ, 眠りを, 着物について, 硝子の, 社会に, 私たちの, 私へ, 稠厚に, 窓から, 立ち上つて, 竪坑に, 箱の, 籠つた, 緊張し, 緩和する, 職人たちをも, 肩を, 膝頭から, 自ら冷め, 自分一人に, 臭くて, 舌を, 良いという, 花やかだった, 草地の, 薄い烟, 薄くなっ, 薄暗い屏風, 薫の, 行く先々, 裂けた, 襟首の, 見えたから, 見るま, 触れただけでも, 調和し, 貌を, 貴方と, 足の, 足りないん, 身体を, 軽く敏感, 軽やかで, 轟々とはためい, 送り込まれ空気イオン, 逃げる穴, 透った午後, 透明で, 這入って, 通つてゐる, 通わなくって, 遂に恐るべき, 遠くの, 部屋じゅうを, 部屋中に, 部落の, 酸えて, 醸し出されるか, 重々しく淀ん, 重くどんより, 重くるしく感じられ, 重たすぎ, 重苦しく感じ, 野の, 鈍くその, 関東平野の, 附着し, 険悪ださう, 険悪に, 隅から, 隙間から, 震動し, 靄に, 静に, 音も, 頬に, 頭の, 額を, 顫える, 風とも, 飛散する, 駒井には, 騒めい, 高まって, 鳴きしきる蝉, 鳴って, 鼓膜に, 鼻の

▼ 空気~ (1573, 18.6%)

43 呼吸し 41 吸って 29 呼吸する 13 ふるわせて, 吸いに, 破って 12 切って, 呼吸した, 透して 10 吸った, 送って 7 劈いて, 吸うこと 6 きれいに, 吸うため, 吸うて, 感じて, 震動させ, 震動させた 5 つくって, ぬいて, ふるわして, もって, 伝わって, 吸つた, 裂いて

4 [12件] つくった, ゆすぶって, 伝って, 作って, 入れて, 吸い込んだ, 吸ひ, 察して, 支配し, 照らして, 胸いっぱいに, 自分の

3 [27件] かき乱して, すうの, つかんで, なごやかに, ふるはせて, やぶって, ゆるがせて, 凝視し, 出して, 切りながら, 反映し, 吸いこんだ, 吸は, 吸わせて, 感じた, 感じたの, 揺がして, 求めて, 清潔に, 見ると, 身に, 醸して, 震は, 顫は, 顫わして, 顫わせた, 顫わせて

2 [77件] あまり好まない, いくらかでも, うって, かき乱すもの, しんせんに, たのしみながら, だして, つんざいて, はらんで, ふるわせる, ほぐすよう, みなぎらして, ゆりうごかして, 一刻も, 与えられて, 享楽し, 入れないよう, 入れると, 入れ替えて, 切つた, 動揺させる, 吸いそして, 吸いながら, 吸い込んで, 吸う, 吸うと, 吸ったり, 吸つて来た, 吸はう, 吸ひ込ん, 吸ふ, 吸へば, 吸わないでは, 吹き込んで, 吹込ん, 吹込んで, 和やかな, 喰って, 嗅ぎながら, 完全に, 少しも, 引き裂くよう, 彼は, 徹して, 思い出すさえ, 思うと, 感じながら, 感じました, 感じる, 感じ全身, 押す, 明朗化する, 暗くし, 暗くした, 桃色に, 楽しんで, 残して, 波立たせた, 注射する, 漂わして, 漂わせて, 相手に, 胸一杯に, 胸一杯吸っ, 胸深く, 自由に, 衝いて, 送るの, 送る管, 通して, 部屋の, 醸成し, 鋭敏に, 離れて, 顫し, 顫はせ, 食は

1 [997件 抜粋] あくどい色, あたりに, あまりに大切, あるまま, いっぺんに明るく, いつぱい吸つた坑夫達, いやが, いれること, うかがわせて, うごかし蝉, うつの, うまく太平洋, おくる, おしつけて, おもしろいと, お久美, かいで, かえようとして, かきたてついに, かき乱した, かき出して, かき抱くよう, かくか, かぐ, かみ殺すよう, かもしてばかり, かわかして, きりさいて, こえ, このカニウレ, これで, こわしたくも, ごくり, さつと刀, さほど暗く, さわやかに, しばらく呼吸, じっと体, すいそして, すいに, すうひま, すこしは, すっかり吸集, すっかり明るく, すっかり険悪, すったら体, すって, すぱすぱ吸っ, すわせここ, そこに, そめた陰気, た, たてて, たべること, つかんだ, つき切って, つくらなかった, つくる, つくるため, つむの, つめたもの, つめて, つんざきうとうと, つんざく楔形, つん裂いて, とおして, ともにし, とりなす様, とり入れた, どよもして, なぐりつけたい気, なるべく洩らさない, にやにや見, のぞき込んで, はこびこみそれ, はっきり照らしだした, はらませて, ぱっと明るく, ひきさくはげしい, ひとくち吸う, ひとつに, ひと呼吸, ふき込む, ふくんだ泡つぶ, ふりまいて, ふるわした, ふるわすだけで, ふるわせたとき, ふるわせ部屋中, ぶきみ, ほがら, ほごすよう, ほとんど掻き乱す, まえに, まぎらすため, まとって, みたしあなたがた, みて, もたらされたの, もってる田舎, もつて, ゆさぶり重々しい, ゆすぶった, ゆり動かして, よきに, よく示し, よけい重く, カフェーの, クッションに, シュッと, ストライキに, ゼリーで, ハタいた, ホッと, ポンプで, 一と, 一口吸っ, 一変さし, 一家の, 一層強く, 一息たり, 一掃する, 一晩中吸わね, 一杯充たし, 一緒に, 上に, 下の, 不健康な, 不安の, 与えたもう, 与えるの, 両手で, 乱さないで, 乱しただけ, 乱しに, 乾燥させ, 今はじめて, 伝つて響い, 伴いぬ, 何故だ, 作り上げて, 作り食物, 作者の, 使う肺, 供給す, 信ずる能わずと, 充たす杉, 先ず感じる, 入れたの, 入れたら停車場位, 入れても, 入れられるやう, 入れるいれもの, 入れるよう, 入れる小さな, 入れ換えるくらい, 入代へて, 全く避けとおした, 冷やしさらに, 凌いで, 出すか, 切り裂くやう, 切るよう, 初めて吸った, 利用する, 劈いた, 加へ, 動かさないで, 動かして, 動揺させない, 動揺し, 勢急に, 匂わせます, 十分汚したであろう, 占領し, 即死的猛毒性に, 反映してる, 取りつくらはうとして, 取り夜昼, 口で, 同じうし, 向うに, 含むこと, 含んで, 吸いこみますため, 吸いこんで, 吸いたい, 吸いたいと, 吸いたかった, 吸いたくなるもの, 吸いつ, 吸いにでも, 吸いました, 吸い入獄後, 吸い吸い天国, 吸い小さな, 吸い日光, 吸い春花秋月, 吸い紙草, 吸い込みながら, 吸い込み顔, 吸い込む, 吸い込めば, 吸い込んだ時, 吸うてから, 吸うもの, 吸う一回, 吸う唇, 吸う時, 吸う決心, 吸えば, 吸おうと, 吸ったぐらいの, 吸った女, 吸ってるけれど, 吸ってるだけでも, 吸つてゐました, 吸つて帰りませう, 吸つて肝油を, 吸ひあげ, 吸ひ出す, 吸ひ込み, 吸ひ飽きぬ, 吸ふてみる, 吸ふより, 吸わせいくらか, 吸わせ真空, 吸わなければ, 吸入れた, 吸込まうと, 吹きこんで, 吹き込めば, 吹くやう, 吹付ける, 吹込みます, 呈して, 呑んだり, 呑吐し, 味わうの, 呼吸させる, 呼吸したかった, 呼吸しつ, 呼吸しない, 呼吸しよう, 呼吸す, 呼吸するであらう, 呼吸せし, 和めようと, 問題の, 嗅いだという, 嗅いで, 嗅ぎ知ること, 嗅ごうと, 囲い自ら, 圧しパイプ, 圧倒し, 埋めた, 填めろ, 売る, 外に, 多くした, 夢中に, 大きな鼻いき, 大ゆり, 失つ, 奇体に, 奪われ死後, 好んで, 始源元素である, 孕んで, 家じゅうに, 察した, 封じこみその, 少しお前, 少しばかり, 山の, 岸の, 平和に, 広い肺, 引き立てるよう, 引ッかいた, 引裂き眠った風景, 強く吹, 形造っ, 彩つて咲い, 彷彿せしめる, 後に, 得るに, 心ゆくばかり, 心持よく, 快く吸い入れた, 思いおこしつづいて, 思いやらせた, 思い出して, 思い合わせたとき, 思う存分吸っ, 思わせるほど, 急激に, 恋い彩られた光りを, 息づまるよう, 悲しんだ, 愛したの, 感じさせる部屋, 感じたらしかった, 感じだしたもの, 感じます, 感じるほど, 感じ早く, 感づき自分, 慎重に, 憂欝に, 憎まうか, 截って, 打ち破って, 打つバッサ, 払いのける手つき, 払い除けようと, 払うよう, 批判しだす, 抜いたふわり, 抜いたゴム鞠みたい, 抜かれたやう, 抱きしめて, 押えるよう, 押しこんで, 押して, 押し分けて, 押し破って, 押し込み先生, 持ち来して, 持って, 振は, 振わ, 捉えて, 掃わ, 排除しなけれ, 採り入れたの, 探ると, 推進する, 掴む恰好, 掻き分けて, 掻くよう, 描き出すの, 描き得て, 換える, 揺すったの, 揺ぶっ, 揺り動, 揺るがせて, 揺る拍手, 搏った, 摂取する, 放射させる, 敏感に, 救うべくえ, 断ち切るよう, 新たに, 早く察し, 明く見せた, 映した型, 更に濃厚, 果しなく揺って, 楽しそう, 楽しむもの, 毒さない, 気もちよく, 水の, 求めると, 求め求めて, 沢山吸う, 注ぎ入れなければ, 注入しなけれ, 泳いで, 活動音声嗜好品それらは, 流入させ, 浮き立たせること, 浴び乍ら, 深々と, 深く吸い, 深く呼吸, 混ぜて, 添えて, 清らかに, 清浄ならしめる, 温めるため, 満し, 満喫する, 滅茶苦茶に, 漂はせ, 漂わせた, 漂白する, 漲ぎらした, 漸次冷し, 澄まして, 澄ませる運動, 激突させる, 濁して, 濁すよう, 烏ほどの, 無遠慮に, 物質だ, 現した伎倆, 用いて, 画家だったら, 病院から, 白い炎, 皮膚に, 盛って, 知ったり, 知らない伸子, 破った第一歩, 破る, 破るするどい, 示した, 私に, 穿つて, 突ッつい, 窺ってるだけ, 笑いほごそう, 紊し, 絶した, 緊張せし, 緩和する, 羽ばたきの, 考えると, 肌と, 肺臓へ, 背中に, 胸一ぱいに, 胸一杯吸う, 腹いっぱいに, 腹一杯に, 自身たちの, 舐めるよう, 茂太郎が, 薫らせた, 衝き動かされるよう, 裂いた, 裂く, 裂く凄, 裂く音, 西日が, 見さだめて, 見て, 見て取って, 見まわして, 見るよう, 見廻して, 視察し, 観ても, 詰め込んだゴム, 語って, 論ずる者, 貪るおも, 貫いて, 超音波, 跳ね返すよう, 蹴って, 追い出すやらの, 追出してから, 送ったの, 送りあらためて, 送るくだ, 送るん, 送る丸い, 通しストーブ, 通じるため, 通す用, 通つて雲に, 通天に, 造りますみんな, 運んだだけ, 遮断する, 醸しますが, 重くし, 重く濁した, 金魚の, 鎮めるのに, 防ぐため, 除けて, 隈なく, 隔てて, 震わして, 震わす盛, 震わせ嵐, 震撼した, 静かに, 顧慮する, 顫わ, 顫わした, 顫わせつづける, 顫動させ, 風船に, 食べて, 飲みたい, 飲み込んで, 香らせん, 驚かすまいため, 魚が, 鼓動さして

▼ 空気~ (910, 10.7%)

6 澄んで 5 乾いて, 非常に 4 乾燥し, 澄みきって 3 すこしも, 容易に, 彼の, 彼女には, 急に, 水の, 氷の, 爽か, 身に

2 [43件] いやに, いろんな臆測, さわやかで, しめっぽくて, すきとおって, すべての, どこにも, どんよりと, なごやかに, ひどくザラザラ, ひどく冷え, ひやりとし, まことに清浄それ自身, よどんで, 一変し, 今の, 冷たかった, 冷たくて, 前よりも, 実にうまい, 少しも, 微妙に, 念入りに, 忽ち凝固, 明らかに, 次第に熱く, 水より, 水分に, 沈静し, 淀んで, 清澄で, 湿気を, 無数の, 私の, 私を, 結晶体の, 透明で, 通わない, 部屋の, 重し, 鉛の, 険悪に, 霜を

1 [773件 抜粋] あたらしい私, あてども, あなた, ありません, ある, あるけれども, あるまい, ある時機, あれが, いいでしょう, いいと, いっそう暗澹, いっぺんに外, いつからと, いつも浄化, いつも清澄, いぶり炭, いまは, いやな, いやらしい, うすくなっ, うち湿っ, おいしい, おのずから澄み渡っ, おまえに, おりの, おれも, お角親方, お雪, かすかに, かちかちに, かなりに, かなりよく出, かなり重たく, きのうまでの, きよいから, ぐしょぐしょに, このへん, このヘリウム, この一二年, この家, この小, この海, この美くし, この頭上, こもって, これらの, こんななまめかしい, こんなもの, ごたごたし, ご存じの, さわやかであり, さわやかに, しいんとし, しいんと鳴り, しぜん, しっくりとして, しめって, じつに面白い, すがすがしく河原, すぐ全, すこしずつ, すっかり緊張, すつかり亡くな, すべてを, すべて嫌いだった, そういうこと, そうでも, そのままなり, そのやう, そのエーテル, その人, その反動, その看護婦, その硝煙, そよ, そよとも, それだけだった, それっきり納まるべく, それでも冷, それほど濃い, それ自身既に, たいへん濃い, たしかに死んでる, ただ一か所, ただ眠気, たちまちに, だんだんと, だんだん柔かく, ちっとも変らない, つめたい, つめたく明るい水, つめたく雨, とうていこの, とうてい耐える, とりあえず兵部, どうしても田舎, どうにも我慢, どう云う, どことなく変っ, どこまでも, どちらかと, どよめき立つて, どろどろと, どんどん外, どんな匂い, なおドンドン, なかった, なくなるでしょう, なんとなく硬, におい大変, にわかに緊張, ねえ君, ひえびえし, ひえびえしてた, ひがんで, ひけ時, ひとつにな, ひどかった, ひどく震動, ひやひやとして, ひやりとした, ひろ子の, ふと冴え返った, ほんの一瞬間, ぼんやり翳り, ますます緊張, またいつも, まだおだやか, まだこの, まだなかなか暑く, まだ冷たかっ, まだ重かっ, まるでわざと盛子, まるで動かず, まるで鉛糖溶液, むしろ肌, めずらしくくっきり, もうこの, もう夜明け, もちろん明かり, もちろん見物, もとより無色透明, もとより腐敗, ものの, もはや事, もれないよう, やがて吸う, やはりまだ昔, やはり明治, ようやくその, よごれ放題, わたしを, ガラス玉と, サフランの, シャンペンの, シューと, ドンヨリと, バタバタと, フンワリと, ホントの, ムンムンし, ムンムン沈澱, ランプの, 一そう緊張し, 一も, 一刻一刻寒く, 一層物々しく, 一瞬に, 一般に, 一陣水の, 三人の, 三吉に, 三味線でも, 下へ, 下界とは, 不安を, 両袖, 九月の, 乾燥しない, 乾燥し切, 二倍の, 二本の, 人の, 人生に, 人間に, 今にだんだんと, 今やもうすこしも流動, 今夕暮の, 伸子に, 何か, 何かしら, 何しろ春さき, 何と, 何となく沈鬱, 何となく騒がしく, 何とも云えず, 何れの, 何んにも, 余りに軟, 余り体に, 作家を, 作業場全体を, 俄然色めい, 俊亮や, 健全に, 僕の, 僕を, 光りから, 全く一掃, 全く彼, 全く彼女, 全然無い, 八十三里の, 内蔵助の, 冷いが風が, 冷えて, 冷え冷えし, 冷え冷えとして, 冷たくどんより, 冷たくない, 冷たく月, 冷たく肌, 冷やびやと人の, 凍るばかりに, 凝結し, 出せませんし, 刈りたて, 初夏の, 前と, 前にも, 前の, 動かずに, 動かない, 動くもの, 勿論申し分, 北国の, 北条の, 十分乾い, 単調に, 古びて, 吸いたいだけ, 吸いましたが, 吸っちゃ, 和やかで, 和やかに, 和気藹々として, 喪の, 噎せるほども, 固化し, 土の, 圧え, 圧縮されない, 圧縮される, 地上を, 地球と, 堪えがたいほど, 堪え難いめまひ, 壁に, 壊滅の, 変って, 夕べを, 外側へと, 大きくは, 大の, 大分険悪に, 大変甘く, 大磐石, 好い, 如何にも美しい, 妙に, 嫌だ, 子牛, 存在する, 実に適当, 室内にのみ, 容易く見る, 容易でない, 寒々と, 寒いという, 対岸の, 対流で, 少々冷やせ, 少年の, 尽きて, 山門三千の, 岩を, 左翼について, 常に室内, 常に爽やか, 年々に, 幾度か, 底冷えが, 強い吹き降り, 強く幅, 強く酷しかった, 彼にと, 彼にとって, 彼女に, 徐に暮れ, 微塵も, 微妙で, 快く温って, 忽ち一掃, 思いも, 性に, 恐ろしいほど, 息気を, 息気苦しい, 息苦しかった, 息苦しく重かった, 悪い, 悪いね, 我らの, 或る, 打てば, 揺れて, 故郷の, 教室の, 教室内の, 文学界の, 新日本文学会, 新鮮に, 既に部屋, 日に, 日中の, 日本人一般に対しての, 昇る太陽, 明るい魔術, 明るく輝い, 明治三十五年に, 春の, 昭和九年の, 普通の, 晴れようとも, 暑かった, 暑くて, 暑く重々しく静か, 暖かくほのか, 暖かく乾き, 暗い虫, 暗く町, 暢気者の, 暴風雨の, 最も清浄, 月の, 朝ごとに, 朝風呂の, 本質の, 板みたいに, 柱から, 梅雨で, 森と, 極めて有用, 極めて清く, 極軽く, 様ざまの, 次第に冷え冷え, 次第に沈んだ, 次第に重くるし, 此上も, 死が, 殆どさきほどから, 残されなかったであろう, 気持よく, 水中の, 水晶の, 水気を, 決して健康, 沈滞し, 泥水の, 流れ込む, 海に, 消えて, 涼しくて, 淀んだよう, 淘げられ, 清く澄み, 清く澄ん, 清らかであった, 清新だった, 清潔でない, 温まって, 温まる丈, 温度が, 湿って, 湿っぽく生ぬるい風, 湿地と, 澄み, 澄みあがって, 澄み切って, 澄み返り雑音, 澄切つて, 激しく変り行く, 濁った汗, 濁り部屋は, 濃くてね, 焙り光線, 無ければ, 無限に, 煙るよう, 爽やかであった, 爽やかにも, 狭くなり, 現在でも, 理性的です, 甘く恋人, 甘く花, 甚だおもしろく, 甚だよろしき, 生々した, 生きて, 生気が, 画面に, 白けて, 皆帰っ, 皆無, 目に, 真夏でも, 真空の, 眼に, 磅, 祖国への, 祭の, 私に, 私には, 稀薄であり, 稀薄です, 窒素が, 窓から, 立ち罩むる薄靄, 箝束的な, 箱の, 粉っぽい, 糢糊として, 絶えず送風機, 綿を, 総ての, 線でも, 美女の, 群集の, 翼の, 肉眼に, 肺に, 背嚢に, 膚に, 自ずと住む, 自由な, 舟から, 若い人, 苦し, 苦しい伸子, 荒く風, 落付かず, 蒸れ上がるよう, 薄らいで, 薬だ, 裂けて, 見えも, 見るま, 言いあらわしよう, 誰にも, 調子を, 賤ヶ岳柳ヶ瀬の, 身体にも, 軽くなっ, 軽く澄み切っ, 透明な, 遊びたい盛り, 違う, 酒室の, 酸し, 醒めて, 醒めるよう, 重々しく魔, 重かった, 重く沈み, 重く湿, 重く湿り, 針を, 鉱物じゃ, 陰気に, 陰湿に, 陽に, 随分な, 零下三十度近くまで, 震動し, 青年中年老年と, 青苔の, 静かに, 音の, 頬一杯に, 頼遠, 顔を, 食ふ, 飴の, 香り高く, 高山や, 黄いろに, 黄ばんで

▼ 空気~ (763, 9.0%)

22 包まれて 11 触れて 10 つつまれて 8 なって 7 浸って 6 響いて 5 触れると 4 なった, ふれて, 伝わって, 当てて, 慣れて, 触れること 3 つ, 圧迫され, 曝して, 私は, 酔って, 鎖されて, 響いた, 頭を

2 [38件] おされて, しめりが, つつまれた時, とざされて, まじって, 似て, 何か, 充たされて, 先だちて, 同化し, 圧倒され, 変って, 感染し, 打たれたの, 押されて, 晒されて, 暖味が, 比べて, 泣きべそ, 混じて, 満たされて, 溶けて, 漂って, 育ち心, 草の, 融け込んで, 触れ, 触れたこと, 触れた時, 触れようと, 触れるに, 遠慮も, 閉じられて, 靄が, 響き渡った, 響き渡つて, 響き渡る, 響けて

1 [570件 抜粋] あうと, あきたり, あたろうもの, あてて, ある光彩, いたの, いつに, いなければ, いよいよ険悪, うごきは, うす紫, おどろいた, かえった, かえって李, かつえて, かぶれて, かぶれてか, かまわず日常生活, くっきりと, くつきりと, くらべて, くん, けおされて, けた, げんなりした, こもる若い, さびしき波紋, さへ, さらされて, さらしたくも, さらしても, さらし全身, さらすと, ざわめきが, しいんと谺, しずめて, しっとりと, して, しばらくは, しみ渡って, じゃじゃん, すぐ影響, すっかり台, すっかり慣れます, そ, そぐわないはればれ, その花, それが, それ位ひろい, ただならぬ動き, ただよって, ちょっとの, つつまれそしてまた, つつまれたが, つつまれた良心, つつまれること, つつまれ一触即発, つつまれ夕方, つれて, とけこむこと, とけこんで, なじまないよう, なじんで, なつて, なにか変, ならうと, ならされて, ならないよう, なります, なり時々, なり歌, なるの, なる午後三時, なれた, なろうと, なんとなく一道, にげられちまって, ぬれて, のって, のぼせたお, はまりこんで, ひかれたこと, ひたって, ひとり超然として, ひびいて, ひびき渡った, ひびけて, ぴつたりとした本格的な, ぴんと氷, ふさわしい陰鬱, ふと湧いた, ふるえて, ふれただけ, ふれたよう, ふれた時, ふれられるの, ふれるため, ふれる事, ふれる空隙, ぶっつかったん, ぶっつかるはず, ぶっつかるやつ, へだてられたその, ほのかに, ぽっとし, まきこんで, まだ冷気, まだ心残り, まといつかれて, みがかれた青白い細い, みたされた, みちた町, みんなの, もう馴れ, もつれあって, ものごころを, ものの, やられ山, よごれた今, カチ, カチカチと, ジーンと, ビショ濡れに, ピタリと, フッと, ポッポッと, 一刻も, 一大変革を, 一抹の, 一杯に, 一種の, 不似合, 不審を, 不思議な, 両方の, 中毒した, 久慈の, 乗った蠅, 乗って, 亢奮を, 交る, 人々の, 代々馴れ, 伝える, 伝え火, 伝右衛門は, 伝染した, 何らかの不, 余りに馴れ親しん, 余儀なくせられ, 便乗し, 俺は, 倦んで, 停滞した, 充ちた最も, 充ちて, 充分湿気, 光って, 光も, 入れ換よう, 全体を, 冷えたその, 冷されるの, 冷やされ煙, 凄じい激動, 凍って, 凛烈な, 出会ひ, 刺戟せられ, 刺激され, 剥き出されて, 劇動を, 動かされて, 勝る強壮剤, 包まれいつも, 包まれながら, 包まれると, 包まれる日, 十八九の, 十分浸っ, 参る, 反射する, 反撥し, 反撥的である, 反響する, 取りまかれて, 取り巻かれ空気, 台なし, 各, 吉弥の, 同化する, 向って, 吸い付けられたよう, 吸ひ付けられた, 吹かれすぎたからの, 吹かれて, 吹き出されて, 呼吸を, 咽びながら, 喘ぐよう, 噛みつくやう, 噛みつくよう, 圧されて, 圧しつけられるやう, 圧せられて, 堪えなかった, 堪えられないほど, 堪えられないよう, 堪えられなくなり外界, 堪えられなくなると, 堪えられるはず, 堪へられないやう, 塩分が, 墓なき, 変えられて, 変わりは, 変化を, 夏みかんが, 多量に, 好く調和, 好奇心を, 威圧され, 嫋嫋と, 孔が, 学びたるもの, 射渡って, 少しずつ, 少し当てられ, 巧に, 幸福の, 幽にも, 広いようよう, 床に, 当たったこと, 当つて, 当らなくなると, 当ると, 当れる, 影響する, 彼は, 応わ, 快い明るさ, 快よく, 思わず立ちどまり, 急に, 怯えて, 恐れを, 恰好な, 悪いから, 感じて, 感じながら, 感ずるよう, 感心した, 感染した, 感謝すべきな, 慣れ, 憧憬れる, 戻るという, 打たせて, 抑えられて, 投じたる浪子, 抱かれながら, 抵抗する, 押しつけられて, 押し被, 拘らず栖方, 捲き込まれしばらく, 捲き込まれずに, 接したこと, 接しなかったよう, 接すると, 接吻し, 掻き消えた, 敏感で, 敏感な, 新らしい, 於て, 日光に, 日本へ, 映じて, 映つた光線, 昵まず, 時おりきこえ, 晒らされる, 暴され, 曝されたため, 曝されるよりは, 曝らした, 松の, 板戸の, 染みぬ, 染み渡って, 柔らめられ, 桃子は, 棲息出来ない, 検事は, 極めてよく調和, 樟脳の, 機械鍛冶で, 歩いて, 残酷な, 毒素が, 毒素の, 比すべきもの, 気がついた, 気がつかずには, 気圧された気持, 氷を, 汚れないひと, 沁み透つて, 沈んで, 流されるやう, 流れたとき, 浮かんで, 浮き上る山々, 浮んで, 浴し, 浴した, 浸った捕物, 浸つて, 浸りに, 浸り度, 浸ること, 浸れば, 浸透され, 深刻な, 混って, 混り, 渇えた, 湿めッ, 湿気が, 湿気の, 満たされた, 満たされました, 満ちて, 満ちわ, 満足し, 溶け入, 溶解し, 滲み渡って, 漂つ, 漂ひ流れる, 漂わせるの, 漠然と怯, 漲って, 漲る騒擾, 漲ツ, 潮の, 激しい動揺, 激震を, 濁って, 濃い翠, 濃く漂っ, 濡れて, 灯が, 煤ぶっ, 煩わされた時, 煮えて, 特別な, 生い立ちながら, 生育した, 異状が, 疲れ矢代, 疲労し, 白い呼気, 白く舞った, 相応しく快活, 相応わしいものであった, 矢代は, 神, 私の, 移される人間, 積極的に, 穴を, 突っ走ります, 籠つて少し, 籠り蛙, 紛れて, 絶えて, 緑を, 縁日の, 縮緬皺でも, 羅宇屋の, 耐えながら, 耐えられないで, 耳を, 聞えるの, 肺を, 臨んで, 艶めかしく響きます, 萌黄の, 著るしく漲り, 蒸された, 蒸される林檎, 蒼白めた, 蔽われた地方, 蔽われながら, 蘇えった, 行わたらせ, 襲われたこと, 見えた, 見えるよう, 見られる一種, 親しいもの, 親しむよう, 親しんで, 親密さを, 触るること, 触るるや, 触るる事, 触れさすこと, 触れしめねば, 触れしめるから, 触れた, 触れたいの, 触れたため, 触れただけで, 触れたので, 触れた男, 触れつめたい, 触れても, 触れないため, 触れないよう, 触れながら, 触れようとして, 触れるから, 触れるさ, 触れるの, 触れるので, 触れるや, 触れる機会, 触れる皮膚, 触れ得るよう, 誘い出されたよう, 誘はれ立てた微か, 誘われて, 起させて, 躍りかかるので, 身も, 身を, 轍鮒の, 轟いて, 辛抱が, 辟易し, 農民的な, 迫られて, 追われて, 透通って, 逢って, 遇ったの, 過ぎないよう, 過ぎなかった, 道を, 違いなかった, 還された瞬間, 酔いだした, 酔いながら, 酔うてか, 酔ったよう, 酔っぱらったよう, 酔わされた影響, 針を, 長く曝し, 閉されて, 閉ざされて, 閉じこめられて, 障られて, 雑り, 露き, 青木は, 面を, 鞭を, 響いた時, 響かせて, 響き渡って, 響くの, 順応し, 順応しよう, 頭が, 頼り無い, 顔を, 飢えいまにも, 飢えて, 飽き飽きして, 飽和し, 首を, 香って, 馴れしめるやう, 馴れて, 馴れると, 馴染みがたい, 駆られたよう, 驚いたもの, 驚異と, 高々と, 高く響け, 魂が, 鮮かな, 鳴りながら, 鳴り渡った

▼ 空気~ (233, 2.8%)

4 一緒に 3 お日さま, 日光との

2 [17件] いうか, その動揺, なって, 一つに, 光とが, 光との, 同じもの, 同じよう, 太陽の, 新鮮な, 日の, 日光とに, 日光とを, 温度と, 艶めいた, 融和する, 調和し

1 [189件] あたたかみ, あの女, いい水, いっしょに, いったら, いって, いつも微妙, いへども, おなじで, お腹の, かけはなれて, かけ離れたその, かわり灰色, くいちがって, この作者, すれあって, すれ合って, そういう空間的関係, そうしてその, そこの, そのなか, その山, その雰囲気, それが, それに, つながった問題, なった, なつた, なつて, なり人間, なり其足, なり最後, にらみ合わせては, ひきかえて, ほぼ同じ, まざりあって, またそれ, まるで違った, もう一つ, アムビションとが, ガラスの, シックリ調子が, ピッタリした, 一と, 不調和過ぎる, 云うもの, 云う空気, 云ふも, 住んで, 何とか新鮮, 倶に, 僕の, 光と, 光とを, 光に, 光の, 光は, 光りとの, 光を, 光学的密度を, 光線が, 光線との, 光線に, 光線の, 入れかは, 入れ替えに, 冷たい空気, 動向とを, 化す如く思えて, 合わないよう, 同じくあらゆる, 同じく持主, 同じく無色, 同じに, 同じやう, 同じ反射率, 同じ屈折率, 噪音を, 土との, 圧力が, 地方の, 場所とを, 壁が, 夜よりも, 大地とが, 大地との, 大差ない, 学課が, 対照し, 小市民的, 峻烈な, 希望の, 幽鬼じみ, 広大な, 座席とが, 庭の, 廊下の, 彼女の, 彼女一人を, 愛する者, 戦う心無, 戦ひ毒, 日光と, 日光とが, 日光に, 日光を, 日本人の, 昼の, 暖い, 柚味噌を, 正論を, 毒気との, 気分とが, 気分とを, 水で, 水とが, 水の, 水は, 水分とに, 水素とを, 水蒸気が, 水蒸気を, 河の, 海と, 海水の, 混じて, 清涼な, 温度とに, 湿りを, 溶け合って, 滋養物との, 炬燵と, 烈火の, 無限の, 煙とを通して, 片付ける他, 物の, 物象と, 物音とが, 瑠璃色の, 白っぽい, 目し, 相手に, 相触れる, 真夏の, 砂漠の, 空間とが, 簡易な, 結び合って, 職員諸氏の, 自分とは, 自分の, 自給自足の, 色を, 荒い瀬, 落葉に, 著しくちがっ, 言っても, 言ふも, 調和した, 調和しない, 調子が, 調子は, 調子を, 輝かしい太陽, 追詰められて, 運動が, 運動との, 違った世界, 違つた世界の, 金属弁を, 関係なく, 陽の, 際限の, 雪の, 電燈の, 青々した, 青々と, 青葉と, 音の, 音響とに, 風景と, 食物とが, 食物とで, 食物に, 食用瓦斯とは, 高い温度, 高い窓, 鳩だ

▼ 空気~ (190, 2.2%)

4 水も 3 人の 2 いいし, ないのに, 光も, 大層冷たく, 通って

1 [173件] ありしかも, ありまた, あり得るもの, ある, い, いいこと, いいしね, いいです, いくらか知つて, いよいよ甘く, おのづか, かすかで, かよい明るみ, きれいな, きわめてうっとうしく, くさくならない, くさって, このところ, これと, ございませんのに, さすがに, さまでいや, さわやかと, しのぎよく, じゅうぶんに, すこしも新鮮さ, すっかり立て直り, すでに並, すべてが, すべて銀ねずみ色, そういう生物, そうなる, そこでは, その下水, その輻射, その重, それぞれに, それと, それほど濁っ, それを, ただならない, たまらんです, だんだんあたたか, だんだん遠く, とじこめられて, どうやら平静, ない処, ない所, ない様子, ない死, ない閉じこもった, なく未来, なく水, なく沈黙, なければ, なんだか底冷え, はいって, はいつて, ひどく明瞭, ふと妙, へんに, またニコティン, また下, みんな外へ, もう少し寛闊聡明, もちろん地球, やがてそれ, やはり本当は一種, やわらいで, よいの, よからう, よくない, よし景色, わかるし, ネットリと, パリーの, 一掃され, 一緒に, 一転し, 三室銀子が, 亦ニコテイン, 今が, 今は, 何となく彼, 何となく湿や, 何も, 充分足りる, 光線も, 入るし, 全くそうした, 凍たやう, 凍たよう, 凍つて液体, 分るし, 半分しか, 厭わしく思え, 同じよう, 吹く風, 唯事では, 喜劇味を, 嗅ぎつけよう, 土も, 地表に, 城外遠くの, 変に, 変ね, 多かり, 大分すがすがしく, 太陽も, 失笑の, 好いです, 宇佐美一家の, 宜い, 寒いくら, 封建時代には, 山荘には, 幾分か, 庭の, 弾力性により, 息詰るよう, 悪いから, 悲劇味を, 意識しない, 持って, 日光も, 明るくなる, 暖い, 暫時霽れ, 木挽町の, 格別作らず, 此の, 毎日陰鬱であった, 気候も, 気分も, 水と, 海も, 深い淵, 清らかです, 湿って, 漂って, 漂つてゐる, 澄んで, 濃いところ, 濡れた長靴, 爽かで, 物凄い濃藍色, 現われて, 瞬間ほぐされた, 知らないお, 知りません, 稀薄だ, 稀薄に, 空も, 紙面の, 素透し, 総て我が身の, 肌には, 薄くなり, 覇気満々では, 見えましたが, 言葉も, 起った, 軽くなった, 軽やかだった, 運んで, 違うという, 適当に, 鎮り, 非常に, 音響も, 風も, 高燥に, 鳴りそう

▼ 空気~ (135, 1.6%)

4 の水蒸気 3 では, にある, の酸素

2 [14件] から酸素, にあり, にはそれ, に水蒸気, に浮ん, に浮游, に生活, のアルゴン, のイオン, のオゾン, の塵, の塵毛, の窒素, へと絶えず

1 [94件] いつぱいにひろがり, から, が一番, での長い, でも同じく, で三ペンス, で焼い, で燃焼, で破裂, で高熱, と水中, にうっすり, において燃焼, において速やか, における感応, における放電, にこの, にとられる, にはその, にはレール, には狂気, にまじっ, にみなぎらし, にも存する, にイオン, に人間, に住ん, に何だか, に入れし, に出る, に前, に塵, に塵毛, に導帯, に小さい, に巨大, に引きあげ, に強い, に或, に放出, に普通, に棲む, に残っ, に気味, に水素, に浮い, に混ぜる, に渦, に漂う, に物理的, に現に, に生じた, に発散, に直径百分の一ミリ程度, に真空, に睡眠薬, に空気, に突出, に細い, に置い, に芯, に電気, に響いた, に駆逐, のイオン量, のエーテル, の一番普通, の例, の或いは, の新, の温度, の湿気, の濛気, の炭酸ガス, の炭酸含有量, の眼, の細塵, の細菌, の蒸気, の電気火花, の電磁的影響, の養分, へ抛り出し, へ舞い上っ, へ陰鬱, へ飛び出しちまっ, または酸素中, より海中, を上昇, を或, を振り廻し, を走る, を通る, を飛行

▼ 空気~ (106, 1.3%)

7 を持っ, を肩 2 の音, を手, を持つ, を買っ

1 [84件] から飛び出, が使つて, が埃, だ, だけが許され, だな, である, ですね, でも持っ, でロナルド, で使う, で打たれる, で打った, で梢, とその後, とて照準, などは一つ, などを肩, など安く, なんか欲しい, にはさ, にバラ玉, に入れ, のしかけ, の一列, の嘆賞者, の宣伝, の引金, の弾丸, の御蔭, の玉, の癖, の礼, はお, はそんな, は先生, は危, は小学校時代, は得意, は警視庁, は買えなくなる, もみんな女学生, や玩具, をうつ, をとり上げ, をどこ, をほうり出し, をもぎとりました, をもっ, をもってる, を一つ, を一梃, を取っ, を取つ, を取りあげた, を取り上げ, を地面, を射つ, を恐れ, を打ったらしい, を投げ出し, を抱, を抱い, を担いだ, を持ち, を持ちあるく, を持った, を持つた, を提げ, を損, を擬し, を新吉, を東京, を枕もと, を欲しい, を求め得, を片手, を膝, を貰, を買, を買う, を軽く, を返した, を逆

▼ 空気~ (60, 0.7%)

5 水の 2 激甚なる

1 [53件] さっさと歩く, そこを, そのほか, それから錆, それら狂人どもの, エーテルの, 不消化の, 人の, 俳優たちの, 光線が, 光線も, 又無限者等々, 圧迫の, 地球の, 地表からの, 塩水を, 塵埃や, 夏の, 太陽の, 妙に, 岩石や, 師匠歌子の, 広々と, 日光に, 日光の, 晴れやかな, 水と, 水に, 水は, 水や, 水を, 水分や, 液体の, 湿度や, 湿気で, 湿気では, 火の, 煙を通して, 熱や, 燈火から, 牛羊の, 緑の, 自然の, 色彩や, 色彩やも, 色彩を, 草が, 草木の, 話に, 雨に, 風に, 食料瓦斯又は, 食用瓦斯や

▼ 空気~ (58, 0.7%)

3 あつた 2 冷やした銅

1 [53件] ありすぎたその, いっぱいである, いやな, しかも坪五十銭, そう感じた, その上, つつんだ趣き, できて, ふくらんで, ほとほと気, まきこまれるよう, みたされました, みれば, むされて, 一杯に, 二時間も, 二百年も, 伝えられること, 何か, 何とは, 充たされて, 冷却し, 分るもの, 刺戟した, 包まれて, 包んだ, 包んで, 土気色に, 家を, 幾分不愉快, 廻転する, 感じられたこと, 打開出来る, 操作する, 支配された, 暮れかけた, 水が, 満たされた空間, 満ち満ちて, 生きて, 生活の, 皆を, 知り栄, 秋の, 胸を, 膨脹し, 裏切って, 酔うこと, 醸されて, 鎖された折, 零下二十度位まで, 面白い話, 黴の

▼ 空気には~ (57, 0.7%)

2 何か, 霧雨の

1 [53件] あたためられた潮, きっと海, こもって, これまで, すでにいくら, ずいぶん嫌, そうしたところ, ふさわしくない, ふさわしくなかった, ふれましたが, まだなんとなく五月, まるで王宮, イペリットが, 一味の, 乾草や, 二つ下の, 人の, 人間の, 何とも云え, 何んと, 半日も, 古風な, 只ならぬ, 名状すべからざる, 堪えられなかった, 堪えられなかったから, 墓の, 夏の, 急激に, 慣れて, 抑えても, 最も不, 果たして効果, 柑子の, 死屍の, 毎日蒙, 毒素と, 渋いところ, 溶けあわなかった, 熱の, 甘い香り, 甚だ面白から, 生物学の, 異変が, 直接触れなかった, 秀吉に対する, 私などにも, 立派な, 絹針の, 花の, 薬臭い, 触れて, 野球戦という

▼ 空気~ (54, 0.6%)

9 を着 3 の中 2 の点検, を着た, を着はじめた

1 [36件] がスイッチ一つ, が役に立たない, ぐらいはちゃんと, だ, ではそう, というの, とかぶと, につい, にはこの, に身, のお, のせ, のつけ方, の上, の特長, の附属品, はかなり, はきゅうくつ, は特製, は着なく, もなんにも, も脱い, をしめ直し, をそろえ, をつけ, をつけた, をつけよ, をつける, をつけろ, をぬい, を乗組員, を全員, を叩いた, を点検, を着る, を身体

▼ 空気から~ (51, 0.6%)

2 して, 冷たい薄い空気中

1 [47件] この叔母, この地, すると, だと, みんなを, もう何, ナースチャは, パン経済論第, 亢奮し, 今日の, 何かを, 出たこと, 出来るだけ, 取り分けた, 名古屋の, 外へ, 大勢を, 完全に, 察して, 察する, 幾らかでも, 徐々に浮き出し, 得たあらゆる, 微かな, 心を, 感じられるという, 暗示を, 浮き出して, 消えて, 熱を, 生まれたもの, 生れたもの, 生れた産物, 生れ出た, 自分の, 自分を, 解放された, 解放される, 話を, 逃げだした, 遁れたい, 遁れ出ました, 遊離し, 酸素と, 醸されて, 離れて, 離れられぬやう

▼ 空気にも~ (26, 0.3%)

1 [26件] いろいろ複雑, そこらぢ, なじめず気持, なるが, なれたので, もっと柔か, よりますけれども, 一向心, 一味新鮮, 今以つて昵, 劇場や, 大分染り, 富み捨身, 彼は, 彼女は, 慣れて, 日光にも, 朝も, 生き泳いで, 相応わ, 統一が, 耐えがたそう, 耐えないこと, 触れはじめた頃, 遠い松林, 飲食物にも

▼ 空気ぬき~ (25, 0.3%)

13 の穴 2 のパイプ 1 かもしれない, から内部, がございます, の四かく, の四角, の小, の小さな, の窓, もあけ, よろしくの

▼ 空気という~ (21, 0.2%)

9 ものは 4 ものが 3 ものを 1 ことは, ものでありました, やつは, 意味である, 意味を

▼ 空気とは~ (21, 0.2%)

2 まったく無縁

1 [19件] あらゆる反動, いつまで, およそ不調和, ただ一つ梅花, どうしても融け合う, どこか, まるきり異, まるで似, 一寸不調和, 丸で, 兵卒を, 山容水態を, 幼い黒吉, 彼を, 思はれない, 成分が, 相応わ, 調和し, 違つた新し

▼ 空気との~ (20, 0.2%)

3 摩擦の

1 [17件] うちに, ために, つながりで, イオンの, 中に, 分前, 動揺が, 含有の, 境で, 境目まで, 形の, 摂取を, 春の, 流通あしき, 混合物に, 混和という, 間に

▼ 空気工場~ (17, 0.2%)

1 [17件] から国道, から若き, では三年, の中, の前, の営業品目, の女王, の横, の灯, の門, はそれ, は海抜一千三百メートル, へ出かける, へ参りました, へ廻る, へ自転車, へ駆けつけね

▼ 空気~ (17, 0.2%)

2 の正体

1 [15件] がど, がニヤニヤ, が両手, だと, だとは, でも窓, と呼ん, のうわさ, のくらし, のし, のバラバラ, はこんど, はぼく, はクツみがき少年, は大ど

▼ 空気とを~ (16, 0.2%)

2 与えよ, 蹴つて

1 [12件] 充分に, 入れるが, 写すこと, 嗅いだ, 変じアマゾン, 希望する, 映して, 混ぜて, 自分が, 衝いて, 遮断し, 重々しい御門

▼ 空気まで~ (14, 0.2%)

1 [14件] しみるから, すっかりくもっ, そのま, それを, 一緒に, 凍つた様, 妙に, 実にひつそり, 寂しさ, 暑苦しく乾燥, 染められて, 琅, 自分の, 舌ざわりが

▼ 空気ばかり~ (13, 0.2%)

2 である, 吸って 1 だよ, であるの, でない異様, でなくいや, でなく一般, みたいな, 吸いなれて, 吸つてゐる, 眺め出した

▼ 空気~ (13, 0.2%)

1 [13件] か, から見下ろし, があれ, だすが, で大, に下, のついた, のよう, の発見, の鉄格子, は太い, を下, を発見

▼ 空気~ (13, 0.2%)

1 [13件] からかわいい, からの明り, から出し, から千二少年, から声, から頭, があい, があります, のなか, の上, の方, までつづい, らしい小

▼ 空気草履~ (12, 0.1%)

2 の媚 1 でも履い, のやう, の柔か, の爪先, は余り, も泥だらけ, を履いた, を爪立て, を用いた, を穿いた

▼ 空気より~ (11, 0.1%)

3 よいもの 2 軽くなった 1 いくらか, さらに悪い, 幾分軽い, 濃いとは, 純粋の, 重きを

▼ 空気~ (11, 0.1%)

2 の方 1 から, からは明るい, から滝, から豚, から階下, がある, がぱかッ, だけだ, にとどく

▼ 空気さえ~ (10, 0.1%)

2 漂って 1 たりない感じ, 出て, 吸えば, 感じられるの, 灰色に, 皆目得られなかった, 肌に, 重たげ

▼ 空気では~ (10, 0.1%)

1 たくさんの, どうする, どうちがう, ない, ないと, ないの, なくて, みじんそんな, 伝染せず, 疎開させね

▼ 空気でも~ (10, 0.1%)

2 吸って 1 あった, あります, なく風, なければ, 吹きかけられて, 呼吸させたら, 洩るやう, 温度が

▼ 空気までが~ (10, 0.1%)

1 それに, ぱりぱりと, また美味い, 共鳴せず, 妻の, 寝入って, 息苦しいよう, 私たちの, 綺麗な, 静かで

▼ 空気よりも~ (10, 0.1%)

1 あなたの, かるくなる, もっと稀薄, よいもの, 他愛が, 大地を, 有利な, 澄んで, 薄暗い狭苦しい土間, 軽く淋しい水

▼ 空気を通して~ (10, 0.1%)

1 その音, ゴチャゴチャ二人, パノラマの, 伝わって, 庭の, 手に, 杉の, 華やかに, 酒精を, 静かに

▼ 空気抜け~ (10, 0.1%)

2 の烟突, の穴 1 が明い, じゃない, の上, の四角, は室内, 孔を

▼ 空気そのもの~ (9, 0.1%)

1 からさえよろこび, がまた, が只事, が固化, が悲しみそのもの, すらが音楽, までが病菌, も彼, をかっさらっ

▼ 空気とに~ (9, 0.1%)

1 とらえられるかの, 何か, 包まれて, 接触の, 突き入る, 織られて, 親しみを, 起因する, 迎えられた

▼ 空気~ (8, 0.1%)

1 からである, と感じた, と私, と答, なア, の照り輝く, ま, 今晩は

▼ 空気だけが~ (8, 0.1%)

1 あまりにのんき, ほんとうの, シューと, シーンと, 冴えかえって, 柔順に, 絶対美の, 運命の

▼ 空気とが~ (8, 0.1%)

1 あった, もつれ合って, タダだ, 不足し, 以前通りに, 小さな窓, 巧い, 流れこんで

▼ 空気によって~ (8, 0.1%)

2 著しく変質 1 わたしが, 人間そのものを, 作品は, 排除され, 見ると, 説明が

▼ 空気~ (8, 0.1%)

1 うすい蜜, ぬき残し, ひろがりました, 沖の, 注意を, 響き渡り, 順応しよう, 鮮やかな

▼ 空気ポンプ~ (8, 0.1%)

2 をつくり 1 で抽, のなか, のよう, の発明, はない, を動かし

▼ 空気といふ~ (7, 0.1%)

3 ものは 2 やうな 1 ものが, ものを

▼ 空気~ (7, 0.1%)

2 の中 1 の内部, はそこ, はどこ, はやがて, を通っ

▼ 空気だった~ (6, 0.1%)

1 がその, にちがい, のだろう, のである, のでしょう, わけも

▼ 空気と共に~ (6, 0.1%)

1 宏子の, 往来する, 流れ出し安心, 田園に, 花の, 香の

▼ 空気~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 のであった, のでしょう, のです, ので沈潜

▼ 空気に対して~ (6, 0.1%)

1 この点, そういう手紙, 家康は, 獣が, 程よい反撥, 赤い海老

▼ 空気洩れ~ (6, 0.1%)

2 の箇所 1 の穴, をとめる, を点検, 防止の

▼ 空気だけ~ (5, 0.1%)

1 だ, だった, だつた, だと, です

▼ 空気とともに~ (5, 0.1%)

1 ほんとなら, 今まで, 彼らの, 私の, 運命をも

▼ 空気みたい~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 な存在, にすきとおっ, に目

▼ 空気全体~ (5, 0.1%)

1 がいや, がどこ, が狂っ, をも毒してた, 若い自由

▼ 空気~ (4, 0.0%)

2 ぶとを 1 ぶとの, ぶとは

▼ 空気からも~ (4, 0.0%)

1 すぐわかった, 懶い課程, 水からも, 熱を

▼ 空気それ~ (4, 0.0%)

1 がたつた, がだんだん, が塾, が濃厚

▼ 空気だの~ (4, 0.0%)

1 宇治の, 思い出せば, 日光だの, 質量だ

▼ 空気であり~ (4, 0.0%)

1 それは, また, 彼の, 自分を

▼ 空気である~ (4, 0.0%)

1 がこれ, とか, ものを, 必要は

▼ 空気です~ (4, 0.0%)

1 からね, ね, よ, 上り屋敷の

▼ 空気なら~ (4, 0.0%)

1 ばまだ, ば一度, 十畳にだって, 遠慮なくたっぷり

▼ 空気なんて~ (4, 0.0%)

2 突き破って 1 幾ら好, 突き破つて

▼ 空気をも~ (4, 0.0%)

1 咽喉や, 描かず正木, 消して, 重苦しいもの

▼ 空気~ (4, 0.0%)

2 の中 1 につい, のひたい

▼ 空気~ (4, 0.0%)

1 がかなり速, には太陽, の温度, は全く

▼ 空気~ (4, 0.0%)

1 がなくなっ, が適当, に入る, の断熱作用

▼ 空気~ (4, 0.0%)

1 の付いた, の小, の附いた, より風通

▼ 空気浄化器~ (4, 0.0%)

2 と二役, の一つ

▼ 空気~ (4, 0.0%)

1 がねばりつい, だなんて, で十銭, の看板

▼ 空気~ (4, 0.0%)

1 から絶えず, の如何, の族霊, も用い

▼ 空気だけは~ (3, 0.0%)

1 土台まで, 森閑として, 欲しい

▼ 空気って~ (3, 0.0%)

2 やつは 1 ものも

▼ 空気であった~ (3, 0.0%)

1 し村, と見える, のに今日

▼ 空気でない~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, と感じ

▼ 空気として~ (3, 0.0%)

1 もって, 実感される, 微妙に

▼ 空気とも~ (3, 0.0%)

1 容れなかったから, 称すべきもの, 融和する

▼ 空気など~ (3, 0.0%)

1 ありたけ吸う気, どうも中本氏, 吸って

▼ 空気なども~ (3, 0.0%)

1 つまびらかに, 冷やり, 気がついた

▼ 空気などを~ (3, 0.0%)

2 少しも 1 思はせられる唯一

▼ 空気について~ (3, 0.0%)

1 いて, 云へば, 考える機会

▼ 空気によ~ (3, 0.0%)

1 つて包み得る, つて恢復させ, つて生き

▼ 空気への~ (3, 0.0%)

1 反応を, 反撥と, 爽やかな

▼ 空気までも~ (3, 0.0%)

1 なんとなく一緒, 冷え冷えとして, 死んで

▼ 空気よりは~ (3, 0.0%)

1 このインチキ, はるかに, もつと

▼ 空気タンク~ (3, 0.0%)

1 や冷却水, を持っ, を背負い

▼ 空気ラムプ~ (3, 0.0%)

1 の下, の前, を点したれ

▼ 空気ランプ~ (3, 0.0%)

1 がここ, というの, をつけ

▼ 空気充満~ (3, 0.0%)

1 して, し物, せし文明

▼ 空気密度~ (3, 0.0%)

1 などではない, にも地球人, の五十分の一

▼ 空気~ (3, 0.0%)

1 がいった, をかぶり, をぬぐ

▼ 空気いっぱい~ (2, 0.0%)

1 だ, やって

▼ 空気からは~ (2, 0.0%)

1 ここは, 容易に

▼ 空気この~ (2, 0.0%)

1 参が, 酒恋愛一言に

▼ 空気~ (2, 0.0%)

1 へすこし, へ感じられる

▼ 空気その~ (2, 0.0%)

1 中で, 空気を

▼ 空気その他~ (2, 0.0%)

1 あらゆるもの, のガス

▼ 空気だけでも~ (2, 0.0%)

1 時が, 書生侍の

▼ 空気とか~ (2, 0.0%)

1 云うもの, 暗流とか

▼ 空気なく~ (2, 0.0%)

1 ていい, 日本アルプスに

▼ 空気などの~ (2, 0.0%)

1 ちがいが, 快さ

▼ 空気などは~ (2, 0.0%)

1 名状すべからざる, 感じられませんが

▼ 空気なり~ (2, 0.0%)

1 背景なりには, 色彩なりが

▼ 空気なりが~ (2, 0.0%)

1 僕は, 濃厚な

▼ 空気なれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 空気において~ (2, 0.0%)

1 たまたま周魴, 談笑裡に

▼ 空気にでも~ (2, 0.0%)

1 あたらなければ, 酔つ

▼ 空気にまで~ (2, 0.0%)

1 我々を, 漕ぎつけたの

▼ 空気に対する~ (2, 0.0%)

1 挑戦でも, 注意も

▼ 空気のそ~ (2, 0.0%)

2 よとも動かぬ

▼ 空気はいちめん~ (2, 0.0%)

1 に騒ぎ回り, に騒ぎ廻り

▼ 空気ばかりの~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 空気ほど~ (2, 0.0%)

1 そうよ, 没趣味で

▼ 空気までもが~ (2, 0.0%)

1 しっとりと, 薄青く

▼ 空気やら~ (2, 0.0%)

1 感じやらに, 町

▼ 空気イオン~ (2, 0.0%)

1 の衛生学的研究, も至極

▼ 空気~ (2, 0.0%)

1 中ニ育ッタ, 中ニ育ッタ彼女ハ

▼ 空気ハンマー~ (2, 0.0%)

1 に似た, のよう

▼ 空気ボン~ (2, 0.0%)

1 べのバルブ, べを背負っ

▼ 空気一掃~ (2, 0.0%)

1 せねば, の必要

▼ 空気光線~ (2, 0.0%)

1 である, をも描く

▼ 空気入れ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て又

▼ 空気冷やか~ (2, 0.0%)

2 に風

▼ 空気分子~ (2, 0.0%)

1 の動揺, を八方

▼ 空気圧搾式~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 空気~ (2, 0.0%)

1 があった, のなか

▼ 空気水土~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 空気泳いだ~ (2, 0.0%)

2 海恋を

▼ 空気洋燈~ (2, 0.0%)

1 が煌々, の光

▼ 空気流通~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 空気清澄~ (2, 0.0%)

1 で冷たい, にし

▼ 空気温度~ (2, 0.0%)

1 が約, とおなじ

▼ 空気自発器~ (2, 0.0%)

1 で予め, に薬品

▼ 空気送り~ (2, 0.0%)

1 方はじめ, 方用意

▼1* [233件]

空気あの青天井水の, 空気あらゆる心に, 空気あるところには, 空気うち煽る, 空気わかりに, 空気かなんぞのように, 空気からでも出来て, 空気がくらい庇の, 空気がずつと貫いて, 空気がもしなくなる時, 空気がらおのずからそういう, 空気こそ袋へ, 空気ことに母や, 空気こもらふ白タオル固う, 空気これを通してきらきら, 空気さえも故郷の, 空気さぞ今日など, 空気すべてこういうこと, 空気すべて彼のため, 空気すらうかがわれたので, 空気そこにゐる, 空気そして冷めたい闇, 空気その他微妙な或, 空気それからすっかり雪, 空気だけしか知られて, 空気だけで生きて, 空気だって代りに, 空気つていいもの, 空気でした万端の, 空気でなくては, 空気ではじめた余興の, 空気とかいふもの, 空気とかが欲しかった, 空気とかに似た私, 空気ときたらひそりともしない, 空気とだけが残って, 空気とで育って, 空気とに対する反応などが, 空気とを通して私は, 空気と迄なり結局, 空気どう生きて, 空気どんなに踏んぞ, 空気なき部屋へ, 空気などに抵抗し, 空気などについて語って, 空気などにも特別に, 空気なりと交流が, 空気なるものを, 空気なんと館の, 空気にあたって元気が, 空気にさえ取りすがろうと, 空気にぞ吹きもいで, 空気についての研究も, 空気についてはあるの, 空気に対し〇・一%以下と, 空気ぬき兼明りとりの天窓, 空気ぬけの塔, 空気のせゐなのか, 空気のみが彼を, 空気のみは一掃される, 空気はともすれば, 空気はにほふから, 空気ばかりといっても, 空気ばかりになったよう, 空気くろの, 空気がらに, 空気ほどの広さ, 空気また精気を, 空気までがにはかに, 空気やって通る, 空気ようのもの, 空気よりしかないこの, 空気わるくない, 空気をさえ予覚させた, 空気をだに得ること, 空気をと思うと, 空気をとかああこの, 空気をはびこらせてしまつた責任を, 空気をばわれも, 空気を通じて降った雪, 空気ん中にとけ込ん, 空気オゾンのゆたか, 空気這入ッタヾケデモ, 空気ガラス等にあっ, 空気ガ血管ニ這入ッタラ, 空気コロイドともいうべき, 空気コロイド粒子あるいは細塵, 空気ジーンと耳鳴り, 空気タイヤの人力車, 空気チラチラ点く燈火, 空気ハッキリしたものの, 空気フリントガラス水晶氷洲石で朝, 空気ボンベを背負う, 空気ポプラや紫丁香花, 空気マデガ清冽ニ透キ徹ッテイルヨウニ見エル, 空気乾燥サセルタメニモ冷房シタ方ガイヽト医師ヤ看護婦ガ云ウノデアル, 空気一〇〇〇〇〇容中に一容, 空気一つでも新鮮清涼, 空気一ぱいに漂っ, 空気一口で云, 空気一座は又, 空気万事初期の殖民地, 空気中一%を含ん, 空気中土中水中でその, 空気乾湿の度, 空気二人ノ寝, 空気も熱, 空気交換をせん, 空気以外に褒め, 空気伝送管を通して送られる, 空気健康な緑, 空気先生の態度, 空気光水を非常, 空気光線水が代償, 空気入りの護謨人形, 空気入れてたさかいポンプ, 空気全量の五分の四, 空気分子自身による光, 空気切断の音響, 空気動きそめたと, 空気卜豊カナ日光トヲ得ル目的ヲ以テ, 空気及び水の, 空気及光線の作用, 空気反射だね, 空気のある, 空気だ, 空気善良な女性, 空気喞筒の排気, 空気喞筒等いずれもこの, 空気喧嘩をし, 空気圧搾器のチューブ, 空気地色形体音その他一切の外物, 空気に沁み, 空気すぎる人間たち, 空気の感傷, 空気大きい家の, 空気大変味って居ります, 空気太陽の光線, 空気に厳粛, 空気家長的な圧迫, 空気寒暖計は発明後, 空気居心地よき部屋, 空気岩づたいに落ちる細い, 空気帆船の帆, 空気強い空気, 空気怠惰な習慣, 空気悪く早くちゃんとした, 空気感じゐるなり, 空気技術も文学, 空気抜から入って抵当, 空気押し潰した囁やきと袖口, 空気それほどの, 空気文学上の空気, 空気新鮮遠く都会, 空気を照り, 空気日光の工合, 空気昼間より一段, 空気曲りくねった道路前のめりの, 空気更けてゆく, 空気服みたいにすんなり, 空気服点検もおわった, 空気か或は, 空気栓塞には猛烈, 空気検査機などがその, 空気構造の速度, 空気を背負わなけれ, 空気歴然と整えるわが, 空気殊に良好なる, 空気気分色彩がまた, 空気気圧の如き, 空気の中, 空気を使う, 空気流入の調節方法, 空気浄化の際, 空気をやっ, 空気液体水素とか石英, 空気混濁はその, 空気清く眺望佳, 空気清浄な天候景色, 空気清浄器や食糧いろいろ, 空気清浄装置や酸素放出器, 空気湿いの, 空気澄みきった空輝いてる, 空気澄水の如き, 空気及び水, 空気をはい, 空気を吐いた, 空気熱した蒸気が, 空気燃料等ノ在庫数量, 空気と母, 空気男清家博士の五体, 空気男銀座にあらわる, 空気の効果, 空気看守の顔, 空気破るために, 空気にとけ入っ, 空気がない, 空気維新以来ほとほと絶頂, 空気総体が火, 空気なれぬ禽, 空気脈打つ強健な, 空気膨脹で行なった, 空気自分の不安, 空気自身が白っぽく, 空気やかな物音, 空気行く先々の, 空気行ったり来, 空気のビール, 空気から推察, 空気調子光空間階調構図色彩等の相, 空気貯蔵室へ来た, 空気軌道の管, 空気軟ぐは面白い, 空気辛い生活の, 空気ダレ気味である, 空気透きとおりたれば残る, 空気透徹りたれば, 空気か頭上, 空気酸素ガスネオンガス外数種それに気球, 空気野獣のよう, 空気鉄砲珍らしき手玩具数々, 空気銃吹矢の店, 空気銃夏向きには鮒釣り, 空気間隙が出来, 空気それから青空, 空気雨間を貫く, 空気の湿り, 空気青年と共に在った, 空気静脈には血液, 空気風情の懐し, 空気飽クナキ栄養分ノ摂取, 空気騒がして鴎, 空気の沸く如く