青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

積極~ 穏~ 穏やか~ ~穴 穴~ ~空 空~ 空しく~ 空中~ ~空地
空地~
~空想 空想~ ~空気 空気~ ~空虚 空虚~ ~空間 空間~ 穿い~ ~突

「空地~」 1611, 15ppm, 7242位

▼ 空地~ (331, 20.5%)

31 なって 5 して 4 なつて, 出た, 出て 3 小屋を

2 [26件] お由良, なりいぶせき, 人が, 出ました, 出ると, 向いて, 好める樹木, 小屋住まいを, 少くとも, 引返すと, 投げ出された鉄材, 新しい貸, 於て, 来て, 根気よく, 梨箱の, 溝が, 穴を, 立って, 繁きゑのこぐさ子ら, 繋がれた牛, 義兄は, 聳えて, 腰を, 蓆を, 見憶えの

1 [228件] あった工場, あった異様, あつまつて, あらわれること, ある, ある大きな, ある杏, ある淋しい, いたの, いた人達, いて, いること, うつって, うはばみ, うめて, おでん屋の, かすかに, かなり大きな, くずれた柵, これを, さしかかると, さまよって, すぎないもの, すらりと, その土, それぞれ掘る, それを, たくさんより, たった一本, たどりついたの, つないで, つめ襟の, つれて, でて, なったの, なった友人亡大下藤次郎氏, ひと先ず, ぶらんこの, まばらに, むかって, むしろを, もって, もろじにも, やさいを, やってきた, やつと, よごれた幕, イリリヤが, ゴム長を, テントほどの, テント張りの, トムの, ヒョッコリと, ビンの, ビールの, ボロ帛, 一つの, 一人の, 一人据わっ, 一匹の, 一団林の, 一本の, 一本大きな, 一番近い, 一軒の, 七ツの, 三棟の, 下りて, 並べられた, 並んで, 二三軒しもた, 井戸を, 人間が, 仮小屋, 似た疎, 佇んで, 住んで, 何かの, 何やら真っ黒, 來て, 倒れて, 傘屋が, 入り其処, 全部トタン張りの, 円い屋根, 円や, 出てから, 列を, 区画を, 區劃を, 十歩の, 口を, 古材木, 向った右側, 向った高い, 向って, 向つて, 呼んだ, 咲いて, 在るポプラ, 垣が, 埋めて, 塚を, 壁を, 夜に, 大きい国旗, 大きい酒蔵, 天幕張が, 夫婦者らしい, 婦人たちが, 子牛, 寢ころん, 小さい家, 小さな家, 小屋がけを, 屯ろし, 山を, 巨大な, 建って, 建てた仮, 建てた假舞臺, 建てて, 建てならべた米庫, 建てられたお, 建設し, 廻ると, 彼等が, 往って, 急に, 手ッ取り早い, 手代の, 抱いて, 拡げた店, 擴げた店を, 放して, 故意と, 敷き並べると, 新舶来英国聴音機, 日本人の, 書卓を, 月光が, 本堂そこのけの, 来ました, 杭を, 東洋の, 枝葉おおい, 桁七つに, 棄てられた後, 植えられた山茶花, 植える果樹, 水を, 氷屋の, 流れて, 現わし, 生い茂って, 生えた木, 生えた雑草, 生えた青桐みたい, 生える小, 生木の, 百方工面し, 盆栽棚が, 石を, 砂場を, 私の, 積まれて, 積みあげた死屍, 積んで, 突き入って, 突立っ, 立った, 立つて, 竹の, 紅殻色で, 細長い粗末, 綱わたり, 置き放しに, 腹這いに, 腹這にな, 茣蓙を, 草が, 草を, 菜漬樽や, 落ちて, 葡萄が, 葡萄棚さえ, 蓙を, 蓮の, 行って, 製造場も, 西へ, 見すぼらしい庵, 見世物小屋が, 見覚えの, 豆だの, 走り込んで, 足を, 蹲んでも, 転げ落ちたかと, 軽業が, 輪を, 近い証拠, 近く外からでも, 迷って, 逃げ込むより, 過ぎぬが, 達した, 配属将校の, 釣られて, 鋳掛の, 鑄掛の, 開かれて, 限られ娘子供, 集うて, 集つた, 集まって, 集めると, 集る子供達, 集合し, 雑木と, 面した三軒建, 面して, 顔を, 飛石を, 馬上打球の, 馬糞が, 高さ一丈, 高さ一丈位

▼ 空地~ (305, 18.9%)

10 隅に 7 方へ 6 一隅に, 中へ 5 草の 4 向うには, 片隅に, 闇を, 隅の 3 ような, 一所に, 中に, 中央に, 向うの, 枯草の, 草原を, 隅には

2 [29件] うちに, ところへ, まんなかに, まん中から, まん中に, むこうの, ように, 一方の, 上に, 上は, 中で, 中央には, 人に, 入口の, 前に, 前へ, 前まで, 前を, 向うに, 多いの, 多い街路, 所で, 所まで, 方を, 明るさ, 枯れ芦, 真中に, 遙か, 間に

1 [173件] あたりから, あたりを, あるの, ある新開地, うちでは, かれ草, ことだらう, すぐ向, その辺, ちょうど真中, ところで, ところどころに, ところに, ところは, どこかに, どの辺, どの邊, ないこれ等, はいり口, ほうから, ほうで, ほとりに, ままに, まま耕作され, まわりの, まん中へ, むこうに, やや小高い, ようである, マン中に, 一つへ, 一所だけに, 一所へ, 一端で, 一端に, 一部と, 一部を, 一部分に, 一隅へ, 上で, 上へ, 上を, 中お, 中であった, 中には, 中の, 中へは, 中ほどを, 中央にて, 中央の, 中心に, 中程を, 乏しいこの, 二三本の, 人混みを, 人群れを, 仕事に, 仕事場へ, 侘しい明るさ, 俄か, 傍まで, 入り口に, 入り口へまで, 入り口まで, 前で, 前には, 半分が, 半分以上は, 南は, 叢と, 叢の, 古井戸, 古祠の, 向うから, 向うは, 向こうに, 向こうの, 向側には, 周囲の, 四方を, 土を, 地面は, 塀ぎわに, 塀で, 塚の, 外には, 外へ, 多いそして, 多いところ, 奥には, 奥の, 小屋に, 尾花が, 左の, 広さ, 彼方遙か, 後ろに, 感じで, 所に, 所へ, 持主の, 新しい對屋, 方から, 方が, 方角へ, 日和に, 暗いなか, 東側には, 東北の, 松の, 板囲いなどばかり, 桜は, 梅の, 棕櫚の, 森を, 横で, 樹の, 機械屑だ, 正面の, 此方に, 死体ふたつ, 水は, 水溜を, 清浄な, 濡れた細い, 片すみに, 片側建物よりに, 犬の, 眞ん, 眞中に, 真ん中ほどに, 真中から, 真中で, 真中の, 真中は, 真中へ, 真中頃まで, 石の, 祠は, 端に, 臨時火葬場を, 芝生に, 芝草も, 花壇の, 草にも, 草は, 草ぼこり, 草むらの, 草ッ原では, 草原へ, 草叢橋の, 草場に, 萩桔梗は, 落日あかあか, 裏の, 踊屋台の, 踊屋臺の, 辺から, 近くまで, 道場は, 遠方から, 間の, 陽の, 隅っこに, 隅つこ, 隅ッこに, 隣りに, 雑沓は, 雑草の, 雜草の, 雪を, 露店は, 鬼ごっこや

▼ 空地~ (179, 11.1%)

6 横切って 5 残して 4 利用し 3 取って, 斜めに, 見ると, 通って

2 [15件] へだてて, 借りて, 周囲に, 塞いで, 広野に, 持って, 斜に, 横に, 横ツ飛び, 歩いて, 求めて, 突っ切ると, 置いて, 越して, 隔てて

1 [122件] いじった, うずめて, かこんだからたち, かもしかの, ぐんぐんと, こちらへ, さがして, さまよって, すかして, すてて, たがいに, ながめたの, ななめに, のこし空地, へだてた隣家, まわって, みて, むやみに, めぐらして, コートに, トッ走っ, 一間ほど, 中に, 何か, 作って, 作りながら, 作り短い, 作るん, 使うこと, 充たして, 凵の, 出て, 出ようと, 切りひらきそれ, 前に, 劃し低き, 劃する曲線, 区切って, 半丁程も, 占めこの, 占領する, 取り巻いて, 埋めて, 埋めること, 外れて, 多少借りる, 好んで, 存し, 安く借り, 少し荒っぽく, 廻ると, 彷徨し, 彼は, 彼方此方見まわし, 快く貸し与え, 慥えました, 抜けて, 抜ければ, 挾んだ火薬庫, 掘りかえしたり, 控えおでん屋, 控えたこの, 有って, 有つた学者, 果して, 検めるの, 横ぎった, 横ぎって林から, 横ぎつて玄關に, 横ぎりかけた四五歳の, 横ぎりコラント亭の, 横切った, 横切つたり, 横切り部落, 池の, 決して無, 火元とて, 生ぜり, 発見する, 目がけて, 眺めて, 突っ切って, 突切って, 耕して, 背後に, 自から, 行き尽して, 裸の, 見つける子供, 見て, 見やった, 見る, 見れば, 見下して, 見出すこと, 見廻って, 見附け右, 覗きますと, 覘うのは, 譲つても, 買って, 賜は, 贖ひ, 走って, 走り抜けて, 越した向う, 越すと, 距てて, 踏査する, 通い諸侯, 通った時, 通りぬけ, 通りぬけそして, 通り抜け静か, 通るの, 道場に, 選んで, 遺すのみ, 隔て, 離れて, 駆け抜けて, 駈けぬけ

▼ 空地~ (177, 11.0%)

32 あって 17 ある 11 あった 5 あつた, あつて 4 あるの 3 あったり, あります, あるという, あるので 2 あったが, あったので, ありそこ, あれば, この町, 出来て, 現われた, 開けて

1 [75件] あいた, あったから, あったの, あったはず, あつたり, あつて日, あり, ありさえ, ありその, ありますが, あり伐り残された団栗林, あり半鐘, あり忍返し, あり空地, あり竹, あり茶室, あり雑草, あるから, あるが, あるばかり, あるん, ある其處, いくらも, からっぽに, ございます, ございますそれでも, そこここに, その廟跡, たちまち出来上がり, ない, なかった, ひらけて, ひらけ細い, ひろがって, ほとんどない, まだ相当, もうちゃんと子供, ポッカリ明い, 今朝は, 出来た時, 出来上って, 出来上つて, 出来今, 到る処, 半島状に, 取って, 取つて, 多かった, 多く場所, 延びて, 往来から, 急に, 手に, 有りまして, 横仆わっ, 残されて, 沢山に, 無い, 熱い日光, 目立ち旅人, 真直に, 窓の, 竹垣を, 芋を, 行手に, 見いだされた, 見える, 見えるの, 見つかったが, 見下せた, 鉤のてに, 開けられて, 隅から, 雜草の, 騒動の

▼ 空地~ (126, 7.8%)

13 出た 9 出て 4 出ると 3 投出せば, 行って 2 出たが, 大きく胡坐, 行かないの, 這入って, 降りて

1 [84件] いそいそと, おりて, かえさないよう, かけ込みながら, ころがり落つるボール, さっと一同, さまよいだした, ざわめきながら, そっとおろしました, たどりついた, だしがらを, つ, できたの, にげようとして, はいると, はいる者, ぽかり, まわると, もって, よびあつめられ世良田, ワーッと, 一室を, 三人は, 來ては, 入ったナースチャ, 入って, 入つて, 出かけて, 出されたの, 出たとき, 出ましたので, 出よう群衆, 出る, 出張した, 制帽を, 吉岡流兵法の, 呼びだして, 夜鷹宿を, 天幕を, 寝て, 導いて, 幕が, 建てて, 建て一言, 引かれて, 引き摺り込まれて, 引っぱって, 引込んで, 忍んで, 悠々と, 戻って, 持ちだして, 持って, 斬り捨てて, 映ったが, 来て, 水輪なりに, 現れた, 眞に, 真に飛鳥, 眼を, 空の, 立ち戻つて, 糸瓜の, 置て, 群れ立った, 耕地へ, 行くと, 行った, 行つて友達と, 行つて見る, 誘った, 貧民窟の, 踊り舞台を, 踊り舞臺を, 逃げ込んで, 連れ出した, 運ばれたが, 避難する, 釣られところどころ, 集まって, 霜解けを, 飛下り彼方, 鯨を

▼ 空地~ (103, 6.4%)

4 お喜多, 遊んで 2 仕事を, 向うが, 老夫妻, 話して, 隅の

1 [85件] あの三番原, いちめんに, いま唐もろこしが, さぶ, そこに, そこの, その先, その周囲, たったひとり, つまりその, ところどころに, とっ捉, ばさばさ音, ひとりで, まん中に, やって, やっとくれ, ゆっくり休んだ, シャ嗄れ, チョンガレ夫婦の, テニスの, ヒーッという, 一人の, 下役の, 二人が, 五六人の, 亜鉛板の, 人を, 人通りなぞ, 休んで, 体操を, 余興が, 僅かに, 其処には, 其處には, 厚く繁った, 原始的な, 夏など, 多勢の, 女役者らしい, 子供たちが, 子供の, 家などは, 富士が, 彼の, 恐らくラヂオ, 戦いよ, 拳斗屋の, 支那の, 斬り捨てに, 晝でも, 最初の, 板片や, 歓送され, 殺されて, 毎日若様を, 油の, 無駄に, 父は, 石段だけは, 磯五と, 私達の, 竹竿に, 粗末な, 緑の, 腕白は, 興行したい, 興行中の, 芝居を, 花火が, 草の, 草ッ原夜などは, 草茫々真っ昼間でも, 行水を, 見番が, 起り, 逢引し, 遊ぶよう, 長持の, 陽に, 雀が, 電車終点だ, 食い殺させようと, 養鶏を, 魚芳たちは

▼ 空地には~ (65, 4.0%)

2 むやみ無計画に, 血飛沫が, 鶏を

1 [59件] ああいう, あはれ誰が, いって, いつの間にか五六人, おでん燗酒の, おとなの, そこだけ, たくさんの, だれも, つつじが, どこの, ふんだんに雑草, もう青い, アイスクリームの, カンテラや, 一杯青い, 上等な, 五六羽の, 井戸が, 人為的な, 伜が, 何も, 冷たく錆びた, 十人いた, 古代エジプトの, 可なり, 唐もろこしの, 唐もろこしを, 四五匹雄犬が, 地均し工事の, 型ばかりの, 夏から, 大きな石灯籠, 夫婦が, 子どもの, 子供と, 居らなかった, 幾つかの, 既に馬, 早咲きの, 木羽葺の, 板囲いが, 桑畑も, 楓や, 毛布や, 犬と, 生きた柵, 秋草が, 稲荷の, 脊の, 色の, 草などが, 西洋馬三匹と, 覗いても, 足を, 青菜まで, 静かな, 食物の, 黄昏を

▼ 空地~ (54, 3.4%)

2 子供たちの, 有望な

1 [50件] ある, あるが, かなり広かっ, こうした水, すっかり昏れ, たいして広く, だらだら下り, どれも, なし干物, なるほど, ひろくいくらでも, ほどなく土, めずらしくなかった, 一つも, 一時ベビーゴルフ場に, 丁度姉崎家, 九尺ばかりの, 乾いたこと, 五六百坪の, 五本の, 人の, 人間の, 凄いほどにも, 勿論の, 北に, 取り分けて, 台所の, 土人達の, 子供たちで, 子供の, 家々が, 市内処々に, 庭に, 新製式な, 日を, 明の, 植木屋が, 比較的に, 浅草の, 火事を, 無数の, 畑と, 真昼かの, 紺屋の, 羅宇しか, 花壇を, 草の, 見えなかった, 道路よりも, 雪を

▼ 空地~ (34, 2.1%)

3 樹木と 2 いっても, 三河屋と, 新開の

1 [25件] いうより, いふに, なし置くもの, なって, なってるが, なつて, なりしに, なりその, 云うよりも, 云う空地, 云っては, 人家の, 向い合った大きい, 呼ばれて, 嚴重な, 大きな新しい, 少しばかりの, 接して, 物置の, 私は, 空地の, 見えたかも, 言つては, 雪風であった, 高い煉瓦塀

▼ 空地~ (21, 1.3%)

1 [21件] あった, あるし, あるので, あるわけ, ある方, あろうから, その花, ついに地価, ないの, ないので, ないのに, なくなると, 商業街も, 多い, 多いが, 弟切り草が, 明るくなった, 明るさ, 畑も, 見出すこと, 見物人で

▼ 空地まで~ (16, 1.0%)

1 [16件] たどりついた時, だて, つづいて, やって来ると, 下りて, 出て, 出ろ, 出向くよう, 引っ立てろ, 捜しに, 来て, 毎日油断なく, 行く, 行くと, 辿りつく, 顔を

▼ 空地から~ (12, 0.7%)

1 [12件] あげる烏凧, 一丁とは, 三本の, 先斗町の, 往来の, 忍び込んだに, 振りかえって, 焚くので, 男の, 節穴越しに, 花屋敷の, 見えて

▼ 空地では~ (8, 0.5%)

1 あったが, あるが, ある季節, 切り合いが, 女相撲の, 子供角力が, 家を, 香具師が

▼ 空地~ (7, 0.4%)

1 地境等に, 幅二町ぐらいの, 新しく均ら, 空井戸や, 空館を, 草原も, 邸外に

▼ 空地~ (6, 0.4%)

1 し町中, つたのを, なるほど曝し, のが, のを, 真昼間

▼ 空地でも~ (6, 0.4%)

21 あると, それが, なるべくそれ, 見るやう

▼ 空地にも~ (6, 0.4%)

1 その大きな井戸, ダリヤコスモス日まわり白粉の, ダリヤコスモス白まわり, 大川の, 小屋掛けの, 苜蓿の

▼ 空地~ (5, 0.3%)

1 のであった, のである, ので彦太郎, ので祭礼, んだ

▼ 空地などが~ (5, 0.3%)

2 あって 1 あった, 町に, 随所に

▼ 空地一杯~ (5, 0.3%)

1 に何, に商, に商売用, に積重ねられ, 落葉し

▼ 空地であった~ (4, 0.2%)

1 がその, がもしも, ために, 頃から

▼ 空地にな~ (4, 0.2%)

3 つてゐ 1 ツて

▼ 空地へと~ (4, 0.2%)

1 伸ばして, 出て, 目差して, 言葉巧みに

▼ 空地へも~ (4, 0.2%)

2 テキ屋が 1 忍んで, 誰も

▼ 空地です~ (3, 0.2%)

1 からやみ, がこ, がここ

▼ 空地などに~ (3, 0.2%)

1 家を, 寢そべつて, 屯集し

▼ 空地なども~ (3, 0.2%)

2 あって 1 あり子供達

▼ 空地面それ~ (3, 0.2%)

3 が端

▼ 空地かと~ (2, 0.1%)

1 思うと, 思ふと

▼ 空地からの~ (2, 0.1%)

1 反射熱や, 花火で

▼ 空地であっ~ (2, 0.1%)

1 てその, て北

▼ 空地である~ (2, 0.1%)

1 が悪童, としてもここ

▼ 空地という~ (2, 0.1%)

1 ところを, のは

▼ 空地といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものは

▼ 空地として~ (2, 0.1%)

1 取残された場所, 存す

▼ 空地との~ (2, 0.1%)

1 境に, 間には

▼ 空地などへ~ (2, 0.1%)

2 一人で

▼ 空地などを~ (2, 0.1%)

1 あわせると, 歩いて

▼ 空地なり~ (2, 0.1%)

1 しに, ゆえに名

▼ 空地なる~ (2, 0.1%)

2 をソ

▼ 空地にでも~ (2, 0.1%)

1 小屋住居を, 雪の

▼ 空地一パイ~ (2, 0.1%)

1 に飛廻, に飛廻っ

▼ 空地三脚~ (2, 0.1%)

1 の台, の臺

▼ 空地右手~ (2, 0.1%)

2 は屋敷

▼ 空地~ (2, 0.1%)

2 の新しい

▼ 空地西~ (2, 0.1%)

2 が根戸川

▼1* [76件]

空地あけずに葦, 空地あって童子出生, 空地あらゆる所に, 空地いっぱいに塊, 空地草原ででも, 空地かに出て, 空地からは爪先上りの, 空地しに, 空地さえあれば, 空地しかなくその, 空地じゃあるまいな, 空地その端っこに, 空地だけでは, 空地だの塵芥捨て, 空地だらけな周囲, 空地であり地面は, 空地でしかなかった, 空地でばかり凧を, 空地といった方が, 空地とでもいいそう, 空地とも畑とも, 空地と共に初めは, 空地なぞに棄てること, 空地などおもいおもいさがし廻った, 空地などで多勢の, 空地などでは啓吉の, 空地にかぼちや, 空地にてもよくできる, 空地にね事件の, 空地に関して第一, 空地あすこから, 空地のみ僅に, 空地のみが多く殺風景至極, 空地のみを捜し求めて, 空地ばかりです, 空地ばかりが多く稍, 空地へでも連れ出しそう, 空地へは出たが, 空地もう一つ売店が, 空地らしく幻の, 空地をめぐってからたち垣が, 空地を通してその名, 空地バスの通る, 空地一方は畑, 空地三間をへだてた, 空地に植え込ん, 空地二天門の辺, 空地井戸のあり, 空地今日は晴れ, 空地全体を池, 空地なる古, 空地出たが最後, 空地同様の小さい, 空地向うに一棟, 空地で境, 空地昨日川手氏が自分自身, 空地林園多くし, 空地樹幹の際, 空地をおおう, 空地沢山な人通り, 空地浅草寺附近などの野天, 空地の灯, 空地画家は五世田芳柳氏, 空地直ちに山の, 空地粗末な葭簾張, 空地続きになっ, 空地したたる柳, 空地自分達の小屋, 空地も何, 空地は山, 空地越しに役宅, 空地路地の奧, 空地道路は忽ち, 空地の小さな, 空地飲食店寺の門, 空地黒く湿つた土