青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「稽古~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

種~ ~種々 種々~ 種子~ ~種類 種類~ ~稱 稱~ 稲~ ~稽古
稽古~
穀物~ 穂~ ~積 積~ ~積り 積り~ ~積ん 積ん~ 積極~ 穏~

「稽古~」 3693, 35ppm, 3290位

▼ 稽古~ (995, 26.9%)

182 して 53 つけて 21 した 13 する, 見て 10 したり 9 したの, やって 8 始めた 7 したこと, すませて, すると, はじめた, 励んで 6 始めて, 授けて 5 しても, はじめたの, 受けた, 積んで, 附けて

4 [11件] させられて, したが, したもの, するので, つけた, つけられて, やめて, 受けて, 終えて, 見に, 見る

3 [18件] したので, した時, しました, しまって, するという, するの, するよう, する時, する気, する者, つ, つけたり, やる, 休んで, 積んだもの, 続けた, 続けて, 見た

2 [50件] いたして, いたしました, うけて, おさせに, かこつけに, させて, されて, したお蔭, したところ, した人, しては, しながら, しなくちゃ, しなければ, しようと, しろと, すますと, するあれ, するから, すること, するとは, するにも, する方, つけながら, つけに, つける, つけるの, つづけて, はじむ, はじめたが, はじめたこと, みるよう, やらせて, やり出した, 付けて, 励み糸竹, 励んだ, 受けること, 始めた所, 始める, 待って, 思い立った, 授けること, 止めた, 済ませて, 終って, 終ってから, 終へて, 続けさせて, 見物し

1 [407件] いたしおりまして, いたしました自分, いたしましょう, うけたとき, うけに, おえ汗, おし, おすまし, おつづけ, おろそかに, お励みあっ, お始め, お聞きくださいます, きいて, きびしくした, こうの, こおうとは, こちらでも, ことわろうと, さした, させいい, させた, させたの, させてよ, させながら, させられたさうですが, させられたん, させられるので, させる, させるため, させるの, させるもの, させるよう, させる上山作, させ天, されたそして, されました, しかけて, しこの, したかれは, したがって, したそう, したです, したと, したという, したとき, したとも, したわけ, したんで, した一ぜん飯屋, した事, した幾度, した所, した聲, した覚, しだして, してから, してやった, してやるだけで, してやるつもり, してる時, しないの, しないので, しなかったこと, しなくても, しに, しはじめたらまた, しまうと, しましたが, しましたその, します, しますから, しませう, しませうね, しまつて, しもし, しや, しゆくゆく, しよう, しようか, しようかと, しようという, しようといふ, しようとして, しようとは, しろ, しろとは, しハイキング, し一回, し出した, し午後, し滅多, し美容術, し装置, し鈴木静一, し食っては, すすめると, すっぽかしたこと, すべき身, すまして, すましてから, すまし一町, すませますから, するか, するだけに, するって, するに, するのに, するやう, するよ, するわ, するん, する丈, する人間, する座敷, する時分, する暇, する様, する氣, する為, する身分, する間, する頃草刈先生, せがむ者, せぬの, せねば, せよ, そんなに早く, たのしむ表情, たのしんで, たのむ, たんとなさる, ちょっと覗き, つけさせ自分, つけそれ, つけたの, つけてさえ, つけてや, つけながらも, つけられたもの, つけること, つけるし, つけるそれ, つけると, つけるには, つける事, つける気, つける気位, つける部屋, つける鋭さ, つけ始めた, つけ往々, つけ書抜きを, つづけさせた, つづけさせて, つづけたしかし, つめば, なさいますと, なさいますの, なさいますので, なさるいろいろ, なさるの, なさるもの, なされたな, なし午後常磐木倶楽部諏訪商店浮世絵陳列会, なし庄司, なすって, なまけること, なまじいに, ぬけるわけ, のぞき広, のみするもの, はげんで, はじめさせた, はじめたおかげ, はじめたという, はじめたとき, はじめだした, はじめて, はじめて居ります, はじめよう, はじめられたでしょう, はじめる, はじめること, はじめるまでには, はじめるオレ, はじめる年頃, はじめる最初, はじめれいのと, はじめ遊戯ごとにも, へたる窓, みながら, もしたこと, やすむ, やったの, やったり, やった後, やつた, やめた, やめたと, やめろとて, やめ左右, やめ道具, やらされた, やらなければ, やられては, やらんのかい, やりました, やり始めた, やるから, やる場合, 一昨日済ませた, 一時間だけ, 中止させ, 了り, 二人も, 休ませなかったので, 休みますと, 休み弟子中, 休み息, 休み皆, 休むと, 休むという, 休むん, 休んだこと, 休んだの, 全部引き継がせ, 兼ねての, 出します, 初めたが, 初めたの, 初めた時, 初めてからは, 初めない, 初めました, 初められた, 初めること, 初めると, 初める時々, 努めたけれども, 励みあうこと, 励みそして, 励みな, 励みまだ, 励む, 励むため, 励むの, 励むべしと, 勤め茶, 勧められて, 勵んで, 十二時まで, 厭がっ, 又続け, 受けさせること, 受けそう, 受けたこと, 受けたし, 受けたの, 受けた後, 受けてる, 受けてると, 受けてるという, 受け八方巻雲, 口実に, 口實に, 君に, 声を, 夢中に, 始めその, 始めたが, 始めたの, 始めたので, 始めたらしく幼少, 始めだした, 始めてから, 始めねば, 始めました, 始めようかと, 始めようと, 始められたの, 始められた最初, 始めるから, 始めること, 始めると, 始めるところ, 始めるの, 嫌いお, 実地に, 家でし, 専一と, 小一時間, 小笠原流の, 少し聞, 希つて仕度に, 度々拝見, 延ばして, 彼から, 待ち合せては, 待つ姿, 御父, 必要と, 念がけて, 思い立ったの, 怠けて, 怠ったこと, 怠って, 怠っても, 怠らないの, 怠らなかった, 怠りがちなる, 怠るわけ, 想い出した, 拒むという, 拝見した, 拝見せず, 授かり帰宅後日, 授けた, 授けてる若い, 授けに, 授けまた, 授けられた, 授けるため, 授けるのに, 授ける時, 断ったり, 断ること, 断わり湯, 楽しみに, 欠かすこと, 済して, 済ましたあと, 済ました青年たち, 済ませたのち, 済ませると, 済ませ私, 為て, 為るの, 熱心に, 片附ける, 特色と, 直して, 積み直させるだけの, 積み見物, 積めば, 積んだから, 積んだこと, 積んだという, 積んだ巧者, 立聞きを, 終った, 終った時私, 終った深, 終つた小, 終りて, 終る, 終るまで, 終るよう, 終わった, 続けたが, 続ける事, 続行する, 繰り返したの, 續けて, 續けるなら, 聞いたり, 聞いても, 聞感に, 聴いて, 聴かされる, 肯んぜず色々, 致させました, 致したにより, 致して, 致します, 致し今日, 致し遣しけるに, 致す様, 見せた新劇協会, 見ただけでも, 見たり, 見つづけ学校, 見られたこと, 見ること, 見冬, 規則正しくやっ, 観た上, 試すの, 進めた, 遊ばすの, 重ねた結果, 重ねて, 鍛い込んだ, 長い間, 開く, 附けてから, 附けながら, 附けるの, 附ける場合, 随分やった, 隣の, 離れますと, 離れると, 願いたい, 願ったもの, 願ったら翁, 願って

▼ 稽古~ (420, 11.4%)

14 通って 11 来て 9 行って 6 かよって, 行く 5 きて, 行くと 4 夢中に, 通ふ 3 なると, 來る, 入った, 出かけて, 出て, 参ります, 来る娘, 行くの, 通った

2 [22件] かよった, なって, ふけって, やつて, 事寄せて, 力を, 励んで, 夜を, 来た, 来たこと, 来たので, 来るかい, 没頭し, 熱中し, 熱海まで, 立ち会, 行ったの, 行ったもん, 費用が, 身を, 通つてゐる, 通は

1 [285件] あらわして, ありあまる時, いくうち, いく途中, いそしみその, いそしんで, いって, うちこむ, うちこんだり, うちこんで, おいで, おくりだし姑, お出でなさい, お集り, かかった, かかった四五日, かかって, かかりますと, かかりませう, かかること, かかるの, かかるん, かかる前, かけられて, かこつけて, かよいその, かよいだした, かよいはじめて, かよわせて, きた帰り, くちばしを, くるそう, くるついで, くる武家, しちゃ, して, しばしば立ち会い, すると, でかけさえ, でかけて, でかけますのよ, とりかかった, なったよ, なにが, なりましょう, なる, なるが, はいらないの, はいれ, はかれら, はげみ少し, はげんで, ひと汗, ふけり夜, ふけり居り候, ほんとにゆく, まいります, まいりまするので, もって, もっと力, やって, やって来た, やって来たので, やられまゆみ, やられる運命, やるよう, ゆき半, ゆく, ゆくが, ゆくこと, ゆくなと, ゆくの, ゆく俳優たち, よこし給え, スネに, ベートーヴェンの, 一緒に, 上げました, 上りました時, 両老, 乗り込んで, 事寄せ日夜, 休む間, 余念が, 余念も, 來いと, 來たつ, 充てたならば, 入って, 入らなかった件, 入る, 入る三益, 出かけた, 出かけたか, 出かけます, 出かけようと, 出かけること, 出かけるので, 出かけるやう, 出かけ私, 出しますから, 出たきり, 出たし, 出でて, 出ないと, 出なくては, 出ようと, 出られる頃, 出ると, 出るの, 出るよう, 出る先, 出席した, 出懸るので, 出掛けお, 出掛けたり, 出掛けようとして, 到るまで, 加わらせるやらして, 励み読書, 励むつもり, 参りますと, 参りまする娘, 参ります根津, 参り候, 参り相当物, 参るよう, 参る腕前, 城を, 寄るの, 寄るので, 寄越しなさったの, 小鰭, 常に小鳥, 年齢は, 往かぬもの, 往くの, 往く師匠, 往っ, 往ッた, 往ッて, 忙しくて, 忙殺され, 念を, 憂身を, 成りますと, 手すきの, 招がる, 掛かるの, 支那の, 於ては, 日を, 書く字, 来あわせて, 来さして, 来たっきり, 来たって, 来た人, 来た時, 来ても, 来ないかと, 来ないの, 来ないよう, 来なかった, 来なくなって, 来ました, 来ますから, 来られます, 来られる様, 来りし時, 来るから, 来ると, 来るには, 来るの, 来るもん, 来るよう, 来るん, 来る事, 来る子供, 来る小娘たち, 来る小娘達, 来る近所, 来んの, 槍を, 模刻した, 横浜まで, 欠かすこと, 毎朝十一時から, 浅原蕗子が, 浮き身, 浮身を, 熱心し, 熱心だ, 熱心であった, 用いられた, 疎いわれわれ, 白魚の, 着手の, 私の, 移ったり, 稽古を, 立ちあ, 立ち会つて, 立ち合わなければ, 立会は, 精を, 耳を, 苛め抜かれて, 行, 行かないし, 行かないの, 行かなくては, 行きたくなかったが, 行きはじめて, 行きました, 行き合わすとは, 行くかを, 行くこと, 行くその, 行くといふ, 行くとき, 行くとは, 行くなぞ, 行くにも, 行くミツセル夫人, 行く日, 行く時間, 行けば, 行った, 行ったって, 行ったもの, 行ったら叱言, 行った留守, 行つたのも, 行つて毎日親分の, 見えるが, 費したと, 近所の, 通いたいと, 通いはじめたの, 通いました, 通います, 通い出した, 通い出して, 通い始めてから, 通い幼い, 通うおなじ, 通うところ, 通うの, 通うのに, 通うやら, 通うよう, 通う子供たち, 通う時, 通う気, 通う若者, 通う途中, 通う道, 通おうと, 通おう思うてるねん, 通ったこと, 通ったその, 通ったところ, 通ったり, 通った関澄桂子さん, 通ってた時分, 通ってるの, 通つて居る, 通つて来, 通ひたる, 通ふとい, 通ふより, 通わせました, 通わせるよう, 通わせる方, 通わせ銀子, 通わねば, 遣られる, 遣る, 鋭さが, 隣へ, 顔出さなかった, 顔出しする, 飽く事, 馳け

▼ 稽古~ (325, 8.8%)

11 ために 10 時に 5 口を 4 時には, 時は, 音が 3 つもりで, ような, 客の, 日に, 最中に, 男は, 話を

2 [26件] あとで, すむまで, ための, つけかたも, むずかしいもの, ように, 三味線に, 休みは, 場所は, 声が, 始まるまで, 娘が, 帰りに, 方が, 方は, 方法は, 時にも, 時間が, 晩は, 浄瑠璃を, 済むの, 男と, 相手を, 窓に, 間に, 隙を

1 [214件] あとな, あとの, あること, うちよかろ, おり子供, お相手, ことだった, ことで, ことである, ことばかり, ことも, し甲斐, し直しだと, すむまでちやんと戸, すんだの, そら箏, たびごとに, たび武蔵から, ため, ためだ, ためで, ためです, ため一時絶息した, たんびに, つもりです, ときいつしよ, ときに, ときには, ときは, とき相手に, ない二日, ない時, なかから, はじまつ, ひとたちを, ほうを, ほかの, ほどが, ま, やり直しといふ, やり直し四時迄, ようすを, ようだ, ノートを, プラン宣伝の, 三味線が, 三味線の, 上で, 世話を, 中でも, 中途で, 事を, 二字が, 人々へ, 人が, 仕方では, 代が, 便を, 俳句を, 儀御請申上候, 光景を, 前日に, 剣術は, 劍士は, 厳重さで, 厳重な, 厳重慎重であった, 口が, 口も, 合図の, 合間などに, 合間合間に, 唄三味線が, 問題には, 回数を, 地獄が, 声であった, 声と, 声も, 外に, 太鼓の, 始まる頃, 娘たちは, 客が, 尺八や, 師匠で, 帰りだ, 帰りな, 帰りなどに, 帰り道で, 帰途なら, 座敷の, 弓鳴りが, 弟子も, 当日実際, 形體にて, 往復に, 後で, 思いの外早く, 意味で, 態度だ, 成果を, 技倆という, 折私は, 指図を, 数日間兼俳優教師たる, 方へ, 方も, 方法まで, 方法も, 方法第, 日から, 日が, 日その, 日では, 日と, 日伊沢蘭奢は, 日割りだの, 日午前十時からなんて, 日数が, 日数は, 日日曜の, 日本画, 日藍子が, 明くの, 時から, 時そこへ, 時たまりかねた, 時など, 時にまで, 時の, 時まで, 時より, 時よりは, 時分に, 時加減し, 時間だけ, 時間です, 時間は, 時間一つ守れない, 晩にね, 晩舞台で, 暇を, 曲を, 最中であった, 最中でも, 最中と, 最中には, 最後に, 最後の, 根本要件である, 棒を, 楽屋に, 概念な, 様は, 様子を, 歌だ, 歸り, 殆ど大, 流行時代だったら瞬く, 減った原因, 点で, 為参殿の, 為外国行きの, 為局口御, 為方であっただろう, 爲に, 爲め横山町の, 猛烈繰り返し, 現場へ, 琴の, 男に, 目的の, 相手に, 眞最中, 真っ最中スーッ, 真似も, 真似や, 石渡三蔵が, 秘伝で, 程度不充分と, 積まない芝居, 筆を, 約あり, 紹介を, 終った頃, 終るの, 結果から, 絵も, 絶る, 興を, 行きや, 詰んだ声, 話に, 赤毛氈など, 身振りを, 辛いの, 辛さ, 通知を, 道順で, 邪魔じゃあねえか, 邪魔なり, 邪魔に, 邪魔を, 間は, 間も, 間自分手摺りから, 際でも, 際に, 音などを, 響きでございます, 順序は, 順番が, 題目が

▼ 稽古~ (168, 4.5%)

5 済むと, 済んで, 済んでから 4 して 3 はじまると, はじめられた, 積んで, 終ると

2 [13件] あった, あると, あるん, すむと, はじまって, はじまりました, はじまるまで, 始まつて, 始まると, 始まるの, 終ったの, 終った頃, 終って

1 [111件] あったかい, あったが, あったの, あって, あつたかい, あまり派手, ありますので, あります済んだらすぐ, ある, あるから, あるね, あるの, いくらでも, いそがしいのよ, いそがしくなれ, いった, いま終った, うまくゆきませんでした, おくれたので, おくれて, お休み, きびしいのね, きびしかった, きびしすぎ, きびし過ぎた, くりかえされたり, こんなに心, さぞよく似合, すむごと, すんだ, すんだとき, すんだやう, すんだ部屋, すんで, すんでから, すんで後愉快であった, その日, そろそろはじまっ, たのしめたの, つづけて, てらに, てら月謝, できたもの, できたん, できないと, できぬ勝手, できますもの, ないから, ないだけ, はじまつて, はじまりましたから, はじまるんで, へりとや, まるで出来ない, みんなやられたら, よいは, よくきこえる, スツカリ済む, パッタリ絶えた, フイだ, ホントに, 一通りわかる, 三時すぎから, 休まれた, 休みだ, 伝統に, 充分出来なかつた, 充分出来る, 出來, 出来ない, 出来ない場合, 出来るかと, 前の, 厳しいお方, 好きで, 始まった, 始まってから, 始まらうと, 始まる, 始まること, 始まるので, 始まる日, 始まる時刻, 始まる頃, 始まろうと, 始る, 少しも, 暴いと, 残って, 済んだの, 済んだら天ぷら食, 済んだら残って, 済んだら釣竿, 済んだん, 済んだ後, 濟んだ, 無茶苦茶に, 熱心に, 父の, 病みつきで, 終らぬこと, 終わったか, 終わったらしい, 行われた, 足らん, 足らん稽古, 足りない恨み, 遅くなっ, 遅くなった, 願いたいと, 願われようかと

▼ 稽古~ (164, 4.4%)

214 にし, になっ 3 があっ, である, の隅, へ出, へ行く 2 だ, であった, に毎日, のある, の一隅, の隣, へ出る, へ毎日, へ通っ

1 [102件] か, から, からの三味, から幾度, から流れ出る, がある, が要る, だか, だと, であつ, であらう, でお, でその, ではじめて, では木刀, でみんな, でむやみ, で先生, で取り落し, で大事, で手紙, で朋輩, で行われる, で谷村, といふところ, としては銀座裏, として取残された, と云う, にあてられた, になつ, になつて, にならない, には二三人, には来ん, に出, に出入り, に同道, に帰っ, に引っ込ん, に引込ん, に徃, に戻る, に群がっ, に行く, に衣服, に通っ, のピアノ, の五番, の亜鉛屋根, の庭, の手伝い, の方, の有様, の看板, の積り, の窓, の読合せ, の関係, の電気蓄音器, の鴨居, は, は三階, は此処, は毎年本所御舟蔵, へおれ, へかがん, へかよわせ, への階段, へは出, へゆき一時間半, へ上っ, へ入る, へ出かけ, へ南部僑一郎, へ向, へ大体週, へ太夫連, へ女, へ帰り, へ引っ張っ, へ引返す, へ戻る, へ来てた, へ案内, へ現われ, へ行, へ行き, へ行っ, へ行った, へ見物, へ遊び, へ降り, もなく, をほか, を持っ, を捜し廻つた, を覗い, を覗き込む, を訪ね, を飛び出した, ヘ二組トキマッテイタガ, ヲ出

▼ 稽古~ (150, 4.1%)

3 引取つてからでも 2 して, できる, 五から, 少くとも, 明日の

1 [137件] あると, いつの間にかすてられ, いないか, お宅, お母さんに, お済みです, かなりきびしい, かなり手間どる, きびし過ぎる, この次ぎ, させて, したこと, するが, するけれども, する家, すんだすんで, すんだよ, ずっと続け, そっちのけで, その貧乏, それきりに, それほど激しく, そッちのけ, できなかつたやう, とうとうおじゃん, ともかくも, とれた, どうです, なかなか金銭, のびて, ほんの二三度, まず跡, まだる, まだ始まらぬ, まだ終っ, やかましかった, やめます, わたしへの, スッポか, 一日四時間以上は, 三時からの, 上手下手の, 不幸に, 乱暴だ, 了ったらしく, 二ヶ月か, 二五八三六九の, 五の, 今日からでも, 今日だけ, 休まなかった, 休みだ, 休みであった, 休みである, 休みでございました, 休みです, 休んだが, 休んで, 何です, 余りに激烈, 例年の, 僅か四年, 充分です, 全然諳誦, 勿論其外一切, 勿論経済法, 十二時からの, 十二時に, 午前ち, 午前六時半から, 厳格である, 古田織部正や, 命賭けでなけれ, 四ヵ月休みに, 四五度しか, 夜更くる, 大好きだ, 女学校の, 嫁入り道具という, 孩児じゃ, 家計の, 容易に, 少しも, 嶋の, 弟子達は, 当番仕事の, 後々まで, 恐らく一週間, 懸命だった, 打止めに, 断わって, 日が, 日課であった, 明後日から, 最後に, 有意義に, 本当にやらせる, 柳生や, 檜の, 止めて, 止めに, 毎年七八月は, 毎週一囘といふ, 滅法荒く, 激しかった, 激烈であり, 無いはず, 無類に, 熱心だ, 熱心で, 生命を, 相当やかましく, 石橋の, 私が, 稽古や, 簡単な, 終らないぞ, 結構です, 翁が, 自分に, 自由で, 致しません親掛り, 英語よりも, 菊田も, 衣裳や, 表情を, 西洋の, 見合せて, 誰よりも, 辞退した, 長くする, 門中の, 閃くまま, 間もなく我, 随時に, 雑だ, 頗るきびしい

▼ 稽古~ (142, 3.8%)

20 ている 16 ていた 8 てゐる 3 て居た, て置け 2 たり, ています, ておきなさい, ておけ, てお出で, てもらう, て居ります, て居る, て貰

1 [74件] それから, たりし, たりカント, たり又, てありし, てい, ていたなれ, ていまし, ているらしい, ていれ, ておいたら, ておりました, てからツナシマ, てごらん, てさえ行け, てしっかり, てしつかり磨き, てその, てその他, てそれから, てなさい, てはります, てまし, てみとう, てみよう, てみる, てもらっ, てもらつ, てやっ, てやった, てやらん, てらア, てゐ, てゐた, てゐます, て上げよう, て出す, て労, て取れ, て口紅, て四時, て夜, て完成, て寝物語, て居りました, て愈々, て打った, て来, て来た, て来ました, て病氣, て置かなかった, て置きたい, て置こう, て西洋, て見たら, て見ます, て随分, て音量, て頂きたい, て頂きます, て頂く, ながらいざ, ながら眼, に出かけ, に行きたい, やっと乗れる, トコセキナヨ, 一家を, 一廉の, 一週間に, 度いんだ, 最後に, 特別に

▼ 稽古~ (84, 2.3%)

3 やめて 2 いたします, して, するが, 同時同, 精が

1 [71件] あり飛行機, あるし, いつに, いらぬ事, お午ぎりで, この頃, させて, した, したいし, したが, したこと, してないので, しないで, しないという, し試合, し馬, するよう, すれば, ずいぶん猛烈, ずっと続け, せずに, せず幼, せぬに, それである, だいじでは, だらけて, つけられる, つみて, できず下調, できませんでした, どんどん片, なく七人, はじめたい, はじめられて, はじめるよう, みたいと, やってるの, やつた, やめさせて, やらずに, よからう, ろくにした, 一と, 一通は, 不必要, 中止に, 事ある, 今日は, 出來, 出来き候, 出来ないが, 出来ない位, 出稽古も, 勤まった力松, 十分で, 始まったの, 少しは, 弟の, 怠りない, 捨てられないと, 時には長唄, 杉崎女史の, 止めよう, 烈しかった, 熱心に, 目當てが, 矢張り同じ, 積んで, 終りかけで応用作文, 見に, 長年母と

▼ 稽古する~ (59, 1.6%)

3 のだ 2 ことが, のである, のは, 其の次, 馬鹿騒ぎの

1 [46件] うちに, ことを, さま折々, それが, つもりで, ということ, とこうして, ところで, とすぐ, と云, と云った, と古, と同じく, にはこんな, にはした, にはじめ, には必ずしも, に何百フラン, に当たり, ねん, の, ので, のであった, のでございます, のでなくっ, のよ, ほうが, ほどの腕前, ほど通人, ものが, ものの, ようで, ような, わ, わけで, んだ, んです, グランドオペラの, 人が, 余地の, 便宜が, 児女百三十人余七八歳より, 前に, 即ち近代, 小娘が, 部屋の

▼ 稽古した~ (57, 1.5%)

6 ことが 3 のだ 2 って駄目, 丈な

1 [44件] かと思う, からその後, からであった, から大分上手, がこの, が何分, が此方, きりまだ, くらいだ, くらゐだ, ことは, ころ襄子は, しそれから, だけはうつし, つもりだ, ということ, という訳, と云, の, のだろう, のです, はずは, ばかりで, まえ, ものか, ものだ, ものでございます, ものでした, ものです, もんや, もン, よ, んじゃ, んだ, んです, ヴァイオリンを, 事が, 事だろう, 人でありませう, 切りシテとしては, 外国人の, 時に, 浄瑠璃を, 甲斐は

▼ 稽古~ (51, 1.4%)

4 へ行く 2 で私, などという看板, へでも潜り込ん, へは宵, を調べ

1 [37件] からの案内状, からはやはり, からは矢張り宵, から帰っ, があり, しもたやの, だったの, で, で広, で祝宴, という, というもの, となっ, と云う, と打合せ, などへ通う, にこの, に通, に通っ, の二階屋, の師匠, の方, の格子戸, の看板, へいった, へかよい, へかよった, へもゆかなくなった, へも出入り, へ尋ね, へ抛りこん, へ日参, へ来, を承ろう, を持っ, を見張ってる, を開い

▼ 稽古~ (38, 1.0%)

2 に綴暦, を包んだ, を広げた, を註文

1 [30件] があった, が二冊位, が投出し, で見馴れた, として残つて, など持っ, なんか出し, にむかっ, に過ぎぬ, のはいった, の古い, の書体, の板木, も置い, や大阪板, をひらい, をよみ尽くし, を借り, を借り出し, を入れる, を売っ, を小脇, を届け, を注文, を見, を見た, を読み出し, を開い, 抱えた娘, 抱えて

▼ 稽古~ (38, 1.0%)

2 に剣道用, に胴, に袴, のまま, の袖, を着

1 [26件] ではなく, など下, に小倉, に白い, に着かえ, に稽古靴, に紺木綿, に緑, に道具, に黒塗日の丸胴, に黒袴, のまま夢中, のよう, の上, の尺, の襟, はしぼる, は汗, へ手, もハカマ, も持ってない, や袴, をつけ, をぬい, を下, を売っ

▼ 稽古~ (36, 1.0%)

2 勝手な

1 [34件] お忙, きたえたこの, きたえ上げた腕前, すまして, せうか, その稽古振り, たいそう才, つくづく天下, もしてらつ, もし玉, ハッと, ヘト, 一日休みだ, 一見うま, 下手が, 之だけは, 二時半近くに, 冴子を, 十分で, 夜も, 夜更しを, 夢中に, 女の子等の, 居やがる, 帰つて来升と, 座へ, 当分遊べない, 昼休みの, 楽屋浴衣を, 泰子を, 父の, 田村の, 私は, 覚えて

▼ 稽古~ (31, 0.8%)

3 も仕込ん 2 から帰っ, が新, をし

1 [22件] から歸つて, から歸つて來, から芝居, で過当, というの, として弾く, などは及び, の上, の數, の様, はしなかった, はずいぶん, は全然, もする, も自分, やスポーツ, や掃除, をさせたなら, をする, をやっ, をやめさせ, を始めよう

▼ 稽古~ (28, 0.8%)

2 いえば, いっても, なると

1 [22件] おんなじ日, お墨摺り, しよう, そちは, なるや, 云ふも, 取持, 台所とを, 同じよう, 同じ方法, 思ったの, 思わず勝負, 技の, 振れ込んで, 準備の, 申しましても, 真剣とは, 考えられて, 触れ込んで, 違ハず, 野球の, 鯨飲との

▼ 稽古から~ (25, 0.7%)

7 帰って 2 来て

1 [16件] あがった野中又五郎, かえって来た, つづいて, まだ帰らず, アストージェンカの, 出て, 初めて此頃, 夕方家へ, 家へ, 帰つて来, 帰つて来る, 帰ッて, 渡辺は, 真直伸子が, 身を, 駈足

▼ 稽古でも~ (25, 0.7%)

9 して 2 しばらく休ん

1 [14件] あるめいし, ございませんし, したもの, したら立派, したん, しようかと, なかろう, やろう, 仕たるかと, 出来るよう, 始めようか, 始めようかしら, 涙が, 続けて

▼ 稽古~ (24, 0.6%)

1 [24件] から, からと言っ, からゆっくり, から来い, がかなり, さう, そうだ, つて, で, という, といふ, と云っ, と思っ, と言っ, なと思ふ, な稽古, ねえ, のの, やつて, よ, わッ, 十時か, 渡辺が, 稽古だ

▼ 稽古~ (24, 0.6%)

1 [24件] じゃあるまい, だとか, であつ, であるが, でございますので, ではない, というところ, とされ, とみえ, なので, なのでね, にてはじめて, にて多, には朝, には武者小路氏作, にまた, に必ず, に来, に翁, のよう, は三, は月三回, も残り, をはずす

▼ 稽古~ (24, 0.6%)

2 の先, の怪我

1 [20件] だ, だの鎖鎌, にすぐ, にも, の仕合, の石突, の響き, は亀一, は二度目, をつけた, を供えた, を借り, を取り下ろしました, を受け損じた, を手, を抱え, を持っ, を突きつけた, を選び, 受けられるかな

▼ 稽古にも~ (21, 0.6%)

1 [21件] なりますからね, また立ち合う, 一人で, 其前も, 出る必要, 堪えられないで, 差支える, 往かず只, 書物の, 本式で掛からせる, 来られまいと, 等しい彼, 精を, 精彩が, 行って, 足を, 身が, 通は, 通ふ, 通わなくなった, 鎧の

▼ 稽古~ (21, 0.6%)

4 の上 2 にされ, にし

1 [13件] としてまた, にがっくり, に上った, に余人, に使う, に俯伏, に致しまするで, のやう, の前, の朋輩, の横手, はからっぽ, を促しました

▼ 稽古には~ (20, 0.5%)

1 [20件] いい, いる, いること, お定まり, こんな本, たんぽの, 一ヶ月半といふ, 六日の, 取り掛かること, 彼女が, 最も不向き, 来て, 来なかった, 来ぬ, 礼儀作法も, 精を, 紋十郎から, 至極便利, 身を, 随分困りました

▼ 稽古~ (20, 0.5%)

1 [20件] お邪魔, からこの, である, でござるが, です, でと謙遜, なかなか味, なれば, にそれ, に先輩, に癇癪, に突然, に腕, に話, の或, はさしたる, は少く, は降り, もみんな, 最も多く

▼ 稽古~ (16, 0.4%)

2 が一本, で射られ, に射られ, に火口, を一本, を飯倉 1 ではある, と違つて, の間違い, の間違ひで人

▼ 稽古部屋~ (16, 0.4%)

2 そして昨日, に入れました

1 [12件] から, から不, から不気味, では時々, で父, にい, に相, に相対, の人々, の隣りです, へ集, へ集まっ

▼ 稽古ごと~ (14, 0.4%)

1 [14件] で大人, なぞ思い, にも, にも岡目八目, に行き, に過し, はどんどん, もする, も一人, も思う, も習わされる, をお, をさせ, をやつ

▼ 稽古ぶり~ (13, 0.4%)

2 を見

1 [11件] であった, である, に顫, は容赦, は烈しく, もごく, もずっと, もまるで, を注視, を無遠慮, を見る

▼ 稽古~ (11, 0.3%)

1 [11件] ないかいな, 今日は, 他人の, 勉強を, 家の, 工夫も, 思うて, 百日紅, 素振りを, 芝居へ, 遊びなども

▼ 稽古~ (10, 0.3%)

2 はほとんど 1 が来なくなっ, が来る, なる娘, にもっ, の機嫌, はいつも, は階下, を相手

▼ 稽古など~ (9, 0.2%)

2 一向しない 1 したが, してやって, つけくれますので, はじめて, やろうとは, 悦び手, 真剣専門の

▼ 稽古振り~ (9, 0.2%)

1 が判る, が酷烈, が鞭撻, なの, の峻烈, の猛烈, までがらり, や能, を眺め

▼ 稽古~ (8, 0.2%)

1 なんかし, メルズリヤコフスキー小路に, 何かに, 何かを, 新型の, 知らないが, 試合か, 難渋至極と

▼ 稽古させ~ (8, 0.2%)

1 ている, てもらう, ても経済, てやる, てゐる, て行, て頂きたい, て騎銃隊

▼ 稽古まで~ (8, 0.2%)

3 して 2 したと 1 お父さんは, させられて, なすったか

▼ 稽古~ (8, 0.2%)

1 とあらためられ, と名, と改名, にて開演, のしくじり, の計画, は以来, を再興

▼ 稽古朋輩~ (7, 0.2%)

1 が五, だから, でおなじ, ですから, にも親しまれ, に暇乞い, のなか

▼ 稽古しなけれ~ (6, 0.2%)

2 ばならない, ば役に立たない 1 ばいかぬ, ばならなかった

▼ 稽古です~ (6, 0.2%)

21 からねつい, から御, の, よあいつ

▼ 稽古では~ (6, 0.2%)

1 こんなにハッキリした, なくて, 今もっ, 仕方が, 指南役が, 浅原蕗子が

▼ 稽古なんか~ (6, 0.2%)

1 してないん, しない代り, そっちのけに, できるもの, 初めて, 言葉は

▼ 稽古~ (6, 0.2%)

2 十一時前に 1 いって, いらつし, ブッツケに, 出たが

▼ 稽古三味線~ (6, 0.2%)

4 の音 1 が鳴っ, を買い求める

▼ 稽古帰り~ (6, 0.2%)

2 に毎朝用 1 に無断, のきいちゃんみいちゃん, の娘, らしいの

▼ 稽古通詞~ (6, 0.2%)

1 からのぼれなかつた, から陞, たること二十年, となつ, の少年, の若輩

▼ 稽古しない~ (5, 0.1%)

1 くせに, でも器用, で料理法, で遊ばせといた, といけません

▼ 稽古とは~ (5, 0.1%)

1 いえこの, お羨ましい, 知って, 見えませぬな, 違って

▼ 稽古などを~ (5, 0.1%)

1 させ始めたもの, した故, つけて, はじめた, やって

▼ 稽古始め~ (5, 0.1%)

2 にも吉例 1 の勧誘状, を行, を行い

▼ 稽古~ (5, 0.1%)

1 がある, で噛, に若衆, の娘世界, の生活

▼ 稽古~ (5, 0.1%)

1 に出し, のごく, の安価, の本箱, の薙刀

▼ 稽古終った~ (5, 0.1%)

3 のが 1 ところで, のは

▼ 稽古され~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていない, ていました

▼ 稽古したい~ (4, 0.1%)

1 という, と思, のです, んだ

▼ 稽古せよ~ (4, 0.1%)

21 といふ話, と勸め

▼ 稽古~ (4, 0.1%)

1 ので, ので一つ宛アゲ, んだに, んで

▼ 稽古などは~ (4, 0.1%)

1 しないが, しませんでした, 役には, 自宅で

▼ 稽古なら~ (4, 0.1%)

1 この上達, ば体当り, また日, 又日

▼ 稽古より~ (4, 0.1%)

1 仕込まれない外道, 外には, 始めて, 易いと

▼ 稽古不足~ (4, 0.1%)

1 である, の欠点, は恐ろしい, ほど

▼ 稽古最中~ (4, 0.1%)

1 だ, で仕切場, にし, のところ

▼ 稽古道具~ (4, 0.1%)

1 の方, へ箱根, をかけ, を障子越し

▼ 稽古したら~ (3, 0.1%)

1 どうだろう, 月光の, 覘いが

▼ 稽古したる~ (3, 0.1%)

1 ことなく, ことなら, よし

▼ 稽古しなく~ (3, 0.1%)

1 ちゃいけない, ちゃ彼, ては到底

▼ 稽古じゃ~ (3, 0.1%)

1 あるまいし, ないの, アッハッハッ

▼ 稽古すれ~ (3, 0.1%)

1 ばいい, ば日本一, ば月光

▼ 稽古だの~ (3, 0.1%)

1 何のと, 寝坊が, 物真似の

▼ 稽古である~ (3, 0.1%)

1 が投げ, と答, 一時に

▼ 稽古でございます~ (3, 0.1%)

3

▼ 稽古について~ (3, 0.1%)

1 僕の, 多く語る, 語って

▼ 稽古ばかり~ (3, 0.1%)

1 して, では, 澤山させられ

▼ 稽古らしい~ (3, 0.1%)

1 大兵の, 稽古と, 音が

▼ 稽古三味~ (3, 0.1%)

1 と物売り, の調子はずれ, の音

▼ 稽古仲間~ (3, 0.1%)

1 がいまだに, だと, の義理附合

▼ 稽古休み~ (3, 0.1%)

1 がある, であった, にいたしたく

▼ 稽古初日~ (3, 0.1%)

1 だ, だが, の方

▼ 稽古~ (3, 0.1%)

1 の文句, はまだ, や物売

▼ 稽古師匠~ (3, 0.1%)

2 が毎日店屋物 1 のほう

▼ 稽古~ (3, 0.1%)

2 を持出させ 1 を市川大介

▼ 稽古所ばい~ (3, 0.1%)

3 りを

▼ 稽古所入り~ (3, 0.1%)

2 だよ 1 が悪い

▼ 稽古~ (3, 0.1%)

1 一日, 二日, 二日十二時よりといふ

▼ 稽古~ (3, 0.1%)

2 の強い 1 のあれ

▼ 稽古致し~ (3, 0.1%)

1 候, 候よし, 申候よ

▼ 稽古離れ~ (3, 0.1%)

1 したもの, して, しては

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 やめ, 蓮さまの

▼ 稽古おさめ~ (2, 0.1%)

1 が済む, の祝宴

▼ 稽古からの~ (2, 0.1%)

1 帰りが, 帰り道に

▼ 稽古ごと一つ~ (2, 0.1%)

2 だって次

▼ 稽古さえ~ (2, 0.1%)

1 して, 自ら怠り勝に

▼ 稽古させる~ (2, 0.1%)

1 ために, のである

▼ 稽古したなら~ (2, 0.1%)

2 今頃は

▼ 稽古しとく~ (2, 0.1%)

1 のも, よってにな

▼ 稽古しねえ~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 稽古しましたら~ (2, 0.1%)

2 そろそろ人間

▼ 稽古します~ (2, 0.1%)

1 からし, のでその

▼ 稽古し出した~ (2, 0.1%)

2 のよ

▼ 稽古だけ~ (2, 0.1%)

1 だと, で祖母

▼ 稽古って~ (2, 0.1%)

1 いまなにを, ものも

▼ 稽古であった~ (2, 0.1%)

1 からまちがっ, が翁

▼ 稽古という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 言葉を

▼ 稽古といふ~ (2, 0.1%)

1 事を, 格で

▼ 稽古とも~ (2, 0.1%)

2 あるもの

▼ 稽古なさい~ (2, 0.1%)

1 ってねよそほか, よ

▼ 稽古なし~ (2, 0.1%)

1 じゃ誰, 明日より

▼ 稽古なども~ (2, 0.1%)

1 いたしますので, 致しますので

▼ 稽古なんて~ (2, 0.1%)

1 何う, 何処でも

▼ 稽古にでも~ (2, 0.1%)

1 行って, 通つて居るらし

▼ 稽古にと~ (2, 0.1%)

1 幕ごとに, 暁星学校の

▼ 稽古はじめ~ (2, 0.1%)

1 には余興, の合図

▼ 稽古ひとつ~ (2, 0.1%)

1 させて, 丸ご

▼ 稽古よりも~ (2, 0.1%)

1 師の, 話の

▼ 稽古をも~ (2, 0.1%)

1 なしつづけること, 一回の

▼ 稽古ピアノ~ (2, 0.1%)

1 でバッハ, に辟易

▼ 稽古三時すぎ~ (2, 0.1%)

1 から六時すぎ, に始まる

▼ 稽古中様々~ (2, 0.1%)

1 な修正推敲, な問題

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 って十二時, り宣伝スティル

▼ 稽古以外~ (2, 0.1%)

1 に山元町, のほん

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 があった, をはじ

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 のハープ, より計らず思いつい

▼ 稽古初め~ (2, 0.1%)

1 の時, をし

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 にぼく, を印

▼ 稽古囃子~ (2, 0.1%)

2 が面白

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

2 求真

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 に男谷道場, る

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 が口ずさん, はよし

▼ 稽古峰丹波~ (2, 0.1%)

1 とぐる, の手

▼ 稽古拝見~ (2, 0.1%)

1 したいもの, に上がりました

▼ 稽古止め~ (2, 0.1%)

1 て貰わな, にした

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 という, はみな

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 だから, を乗せ

▼ 稽古用の~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 稽古用品~ (2, 0.1%)

2 や着古し

▼ 稽古納め~ (2, 0.1%)

1 があった, にゆく

▼ 稽古終っ~ (2, 0.1%)

1 て午前六時入浴, て鈴木静一

▼ 稽古致す~ (2, 0.1%)

1 ばかりで, 所だけ

▼ 稽古舞臺~ (2, 0.1%)

1 の上, の板敷

▼ 稽古芝居~ (2, 0.1%)

1 か新派, を看る

▼ 稽古襦袢~ (2, 0.1%)

1 に袴, を近頃

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の外

▼ 稽古通い~ (2, 0.1%)

1 の娘, を止め

▼ 稽古通事~ (2, 0.1%)

1 になり, は品川兵次郎

▼ 稽古~ (2, 0.1%)

1 で, や歌舞伎町

▼1* [255件]

稽古あとは任せ, 稽古ありつまらぬので大, 稽古いたしております, 稽古いただきましてご, 稽古いひましてもほん, 稽古おしなさいよ, 稽古おしやすのであったら, 稽古お願いいたします, 稽古かたがたやって, 稽古かたがた一人で行っ, 稽古かたがた二三度話しを, 稽古ぐらいはしたかも, 稽古ぐらゐしておくのが当然である, 稽古こそ日本一やかましい, 稽古これは関係, 稽古させたがデッサン, 稽古させられていた, 稽古されたいは, 稽古される師匠がたは, 稽古しかけたりし, 稽古しけるに春琴例, 稽古してると渡辺, 稽古しなかつたのは, 稽古しなきや男, 稽古しなきゃ男が, 稽古しなくっちゃならない, 稽古しなくつちやならない, 稽古しましたがあなた, 稽古しょうか, 稽古しようかといふ, 稽古しろと勧められ, 稽古し始めたロバート, 稽古し始めましたのでお, 稽古し直させること, 稽古し直すと発表, 稽古や何, 稽古じゃあない拷問, 稽古すませし端居かな, 稽古するなら往来へ, 稽古せずに仏蘭西語, 稽古せぬそうだ, 稽古せねばなるまい, 稽古せんものと, 稽古そしてあんな埃, 稽古そっちのけで芝居, 稽古その八方巻雲の, 稽古そのものには興味, 稽古それが済む, 稽古それから夕刻まで, 稽古だけじゃない, 稽古だけで能は, 稽古だけでもして, 稽古だけにて能は, 稽古だけは娯しみたい, 稽古だけやあれしません, 稽古だけをして, 稽古ださうだな, 稽古だったの, 稽古だったらそれも, 稽古だやれ舞台装置だ, 稽古だろうて, 稽古ゅうちょっと, 稽古ちゆうもなに, 稽古てんから出けへん, 稽古でございましょうか, 稽古でない海の, 稽古でなくて何, 稽古といふほどぢや, 稽古とか有閑婦人の, 稽古とが主に, 稽古として弟子たちを, 稽古としては誠に当, 稽古とてこの間の, 稽古とてもこいつは, 稽古ともだちか何, 稽古とを見得たり, 稽古どころでは, 稽古なさいます様に, 稽古なさるんです, 稽古などが行われた, 稽古などに通いだした, 稽古などにも使つて頤で, 稽古なれば一時頃, 稽古なんぞと必要な, 稽古なんぞはした覚え, 稽古なんど忙しい時, 稽古にかけ出してから, 稽古にかよひ來, 稽古にずつと立ち合, 稽古についても各種の, 稽古にても近所の, 稽古にのみ身を, 稽古によつて到達した, 稽古のみならず楽屋内, 稽古のみに力を, 稽古なれが, 稽古ばかりじゃいくらやった, 稽古ばかりをやったの, 稽古または自分の, 稽古までに癒った, 稽古みなさんやるん, 稽古もう先っき, 稽古もうすこし見て, 稽古やすみのある, 稽古やめの合図, 稽古やら練物の, 稽古やり夜歌の, 稽古よりは何と早し, 稽古をでも授けるかの, 稽古セリフが入っ, 稽古ニ行たいとて, 稽古でき候, 稽古ヘンな背景, 稽古モ稽古場ヘ二組トキマッテイタガ, 稽古成ス所以ハ, 稽古ヲシテソノ後デ方々, 稽古ヲシテヤッタモノ故ソコヘ度々行ッテ泊ッタガ, 稽古一つ受けられん奴, 稽古七時間近くか, 稽古は特別, 稽古にも有益, 稽古不充分の舞台, 稽古不十分と認めた, 稽古不足専属として将来有望, 稽古並みの入り, 稽古中クリストフの要求, 稽古中件の巡査, 稽古中彼はしばしば, 稽古中止にはならない, 稽古中泉眼科へ寄り, 稽古中渡辺篤のとこ, 稽古中菊田又例, 稽古主席この剣術大名, 稽古久しぶりで女形, 稽古事デモ出来ル様ニシテ馬迄買ワシ, 稽古事也国を治む文武二道, 稽古事年に精, 稽古二幕目の建築場, 稽古五時近くまでだった, 稽古今夜から改訂版, 稽古今日はイフゲーニア・ミハイロヴナ脚, 稽古仕舞として春, 稽古と思う, 稽古休みせずひる稽古し, 稽古うもこりゃ, 稽古何時頃ですの, 稽古作曲も入れ, 稽古に負け, 稽古冴えた柝の, 稽古に兵馬, 稽古十一歳で照吉, 稽古十二時に終り, 稽古十方不知火の今, 稽古十時開始といふ予定, 稽古に而相止申間敷, 稽古半ばで落された, 稽古に印刀, 稽古参上可然哉否, 稽古友達とみまい, 稽古もおおかた, 稽古囃しが聞こえ, 稽古の, 稽古場壁が汚, 稽古場摘み綿の師匠, 稽古場文ビルへ, 稽古天秤の取扱い等, 稽古始まらず浅香光代, 稽古始まる衣裳と, 稽古始める由言越したれ, 稽古姿に引き, 稽古学問いたし時, 稽古安積玄心斎先生高大之進, 稽古尤も今日は, 稽古屋ゴロってなあに, 稽古帝劇の裏, 稽古帰りめいていた, 稽古をあずけた, 稽古序幕から, 稽古弾きと申し上げる, 稽古彫りなどをそろそろ, 稽古徹夜こそすれ, 稽古悦ちゃんも今日, 稽古で拍子, 稽古手習も一日置, 稽古の裡面, 稽古へ行っ, 稽古政治的な勉強, 稽古断食ずいぶんいろいろやっ, 稽古仕リ候, 稽古日ぢやあるまい, 稽古日忍術に関するいろいろ, 稽古日数はひいき目, 稽古日記を物, 稽古時代の歌, 稽古朋輩錦野はな子と呼ばれ, 稽古本入れのつばくろぐち, 稽古と煙草盆, 稽古の弘, 稽古を持出し, 稽古槍穂先の代わり, 稽古欠席は許せぬ, 稽古歩くのでさ, 稽古がよく, 稽古に出席, 稽古水上における舟いくさ, 稽古が露見, 稽古済みが十二時, 稽古済んで帰宅, 稽古済んだのが, 稽古渡辺と島, 稽古為ろってえと, 稽古熱心の性分, 稽古生得て才溌, 稽古上げたもの, 稽古番桂かん治爺さんの姿, 稽古盛りの年ごろ, 稽古相手であり同時に, 稽古眞最中なる所, 稽古着一枚これがその, 稽古稽古とそち, 稽古突きの練習, 稽古にていそ, 稽古米屋のアンニャ, 稽古終り客を, 稽古が集まっ, 稽古に短い, 稽古脚本がつまらない, 稽古自分歩いて, 稽古自分書きもの, 稽古致さば大概, 稽古になつて, 稽古舞台の上, 稽古の白い, 稽古のやう, 稽古ザムライに, 稽古藤山がまるで, 稽古藤田房子が三益, 稽古仰付, 稽古をはい, 稽古襦袢鉢巻も巾広, 稽古に来た, 稽古見物に誘おう, 稽古試合だった, 稽古通事ふたりは板縁, 稽古通詞加福喜七郎品川丘次郎その他二十六名の者, 稽古鈴木静一曲で大阪向き, 稽古随分ハメを, 稽古電話で渡辺はま子急病, 稽古面白からず, 稽古を一緒, 稽古音頭取るの, 稽古は大略左, 稽古に蘭学堂, 稽古館教授にし, 稽古駄目だよ