青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「秦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~私たち ~私達 ~秋 秋~ 科~ ~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~
秦~
~秩序 秩序~ 称~ ~称し 称し~ ~称する 称する~ 移~ ~移し 移し~

「秦~」 1005, 10ppm, 11001位

▼ 秦~ (205, 20.4%)

13 始皇の 6 始皇が, 始皇帝が 4 始皇は, 始皇帝の, 始皇帝や 2 とこへ, 商鞅が, 声, 始皇帝は, 始皇帝を, 徐福の, 文化の, 文化は, 時代に, 照王が

1 [148件] おこな, ことを, ために, ところで, なにがしとかいふ, ほろびた事, やり方は, 一統と, 下に, 不在中, 不法なる, 世が, 世乱れた, 乞伏熾盤に, 乱世の, 予期に, 住居は, 作, 使者曰く軍が, 傳統的政策と, 先祖である, 先祖と, 制度に, 制度を, 前に, 博士で, 博士として, 友人の, 古書と, 古書は, 合従策が, 名で, 名称に従って, 君, 呂不, 哀公が, 商鞅は, 国の, 国へ, 國に, 國人, 士に, 大軍に, 天下に, 天下を, 如きは, 姉が, 始皇, 始皇と, 始皇とか, 始皇に, 始皇を, 始皇以來の, 始皇帝と, 始皇帝なら, 始皇帝天下を, 始皇帝頃から, 始皇漢の, 姑さんが, 姿は, 威名は, 嫂の, 孝公に, 宣公が, 宰相たり, 宰相であり, 家の, 小篆前漢の, 居所を, 山川が, 帝と, 広武将軍碑, 弾圧に対してさえ, 後に, 徐福が, 心に, 恵王蜀を, 手を, 手先に, 政府に, 文は, 文公の, 文化が, 文化に, 文化や, 断で, 方が, 方で, 昭王に, 昭王齊の, 昭襄王の, 時に, 時にも, 時代にな, 時代や, 時代頃から, 時學問が, 時是の, 時武都の, 暴政を, 朝に, 朝廷から, 朝廷には, 榮華は, 横に, 歴史を, 毛人, 氏神が, 焚書は, 爲に, 版圖に, 状況を, 玉版や, 王が, 王に, 王妃が, 王妃は, 王宮へ, 甘茂, 白起といふ, 白起を, 穆公の, 穆公大いに, 笑い方, 經傳諸子を, 繆公の, 肩を, 膨脹の, 良臣は, 莊襄王の, 行先は, 襄公が, 言つた, 調子には, 豪傑肌な, 豫讓の, 辺防を, 造, 造の, 造漢の, 間に, 間の, 閔王の, 関心が, 陋を, 霊感も, 頌徳碑を, 顔を

▼ 秦~ (107, 10.6%)

5 言った 3 笑った 2 すぐに, ふいに, 尋ねた, 彼女に, 私に, 私の, 立ち上って, 陳振

1 [83件] ぎごちない, このこと, これに, これを, しみじみと, じっと阿, その一語一語, その間を, それでは合従, たて続けに, だしぬけに, なにか深く, なにか腑, なんだか泣い, へんに, もうその, もと西北方, ゐたが, トルコ族や, 上衣の, 中央の, 中策を, 主張した, 二世に, 二人の, 亡びた, 何かを, 何とも知れぬ, 何一つ隠そう, 六国の, 六国同盟の, 六國を, 千枝子の, 半ば飲み残した, 卓上に, 吐きだすよう, 告白的な, 呟いた, 周の, 大西路の, 室に, 少しくぶしつけ, 巧みに, 彼女を, 彼等に, 彼等の, 微笑し, 恐らく教え, 意外に, 懐を, 日に日に落魄, 日劇の, 是非とも彼, 晴れやかに, 梅安の, 楽しそう, 次第に憂鬱, 気付いて, 水徳を, 洪の, 眉根に, 真先に, 眼を, 破壊された, 私よりもずつと, 窓際の, 笑顔を, 素直に, 腹蔵なく, 腹部に, 見合って, 賛成だ, 車道の, 辞し去った, 逃出した, 通訳を, 遠いこと, 遮った, 鄭重に, 長い間沈黙, 露骨に, 顔を, 黙って

▼ 秦~ (70, 7.0%)

2 が, である, の隊, は, もいま

1 [60件] がその, が一部隊, が兵五百騎, が立ち帰った, が馳せつける, すこし休め, その者, だった, であったの, と二人, と花栄, と闘ッ, と黄信, などに囲まれ, などは挙げ, なる男, の一隊, の二人, の仙人掌棒, の体, の前, の口, の妻, の家族, の怒気, の狼牙棍, の癒えない, の立場, の腸, の血, の身, の風, はただちに, はまた, はやがて, は仰天, は兵, は切歯, は奮然と, は慚愧, は憤怒, は我, は目的, は花栄, は血走った, は金鎧さんらん, は首, は馬, は馬上, は騎虎, ばかりでなく, また楊林, も五体節々, も共に, も横ッ, や花栄, を八ツ, を呼べ, を小癪, 第六

▼ 秦啓源~ (53, 5.3%)

2 のこと, の方

1 [49件] から私, があと, が斯, が日本, が東京, であった, ですか, と二人, と二人きり, と印刷, と波多野洋介, についての双璧, には奇妙, には逢えず, に伝える, に理解, に至急, の人柄, の姿, の心, の愛人, の愛人柳丹永, の生活, の腹心, の言葉, の近況, はほぼ, は一人, は以前, は公言, は巧み, は彼, は彼女, は故意, は日本側, は更に, は最も, は知ってる, は自分, は謂わ, への伝言, も凶, も可, も時折, を捉えた, を改めて, を星野, を訪れ, を誘った

▼ 秦~ (44, 4.4%)

2 言わすれば

1 [42件] いった, きいたが, なにか言う, ならつて, やった汽船会社, 人質だった, 今月の, 仕え漢, 会は, 会ひ, 併呑された, 併呑せらる, 來り仕, 入つた事, 入り頑固, 勸めて, 去った, 各, 向っては, 向ふ, 宇垣や, 客遊し, 対抗すべく, 従属しよう, 心服する, 招かれそれ, 挨拶を, 歸しか, 派遣し, 渋沢秀雄も, 用ゐ, 用ゐられた, 紹介した, 自動車まで, 至るまでの, 與へ, 行つた儒家は, 説いたの, 逢ひ, 重用された, 韓を, 食わせた物

▼ 秦~ (27, 2.7%)

1 [27件] あんまり分らず, いい出した一事, その切崩し, やはり疊, シャ, 一人きりで, 中間で, 今どこに, 他邦, 何か, 六国を, 六畳の, 又, 同居し, 四海混一した, 変えたの, 大辻と, 天下を, 始皇に, 巴蜀地方を, 文句を, 日劇へ, 昭襄王の, 来て, 東京から, 滅び漢, 遊學し

▼ 秦~ (25, 2.5%)

2 の一族, の墓

1 [21件] が伝へた, が夢, が帰化人, である, といふもの, といふ大きな, との關係, と話す, になつ, に此河勝, に見出され, の家, の故郷, の血, の西洋, は一度, は代々, は心, は秦, も御多分, 悩むこと

▼ 秦~ (21, 2.1%)

1 [21件] しばらく話す, 五月以後の, 会ひ, 傳へて, 兵を, 千枝子とは, 千枝子も, 向い合って, 呼んだの, 張儀という, 張儀との, 張儀の, 彼女とは, 星野と, 星野は, 楚と, 波多野との, 相並び, 秦漢と, 趙と, 關係せしめ

▼ 秦~ (21, 2.1%)

2 亡ぼすもの

1 [19件] とっちめて, はじめ支那の, ほろぼし五年, もうシン君, 亡ぼそうという, 他国人として, 定む四百, 尊んで, 探したが, 日本人だった, 椎す博浪沙, 見た, 見つめた, 見出した, 見戍, 討ち五城, 重んじ, 非難し, 頭に

▼ 秦~ (18, 1.8%)

3 の文化 2 と唐宋, の時代, や唐宋 1 だとか, と代, にかけてのこと, の世, の政体, の篆隷, の間, の際, へかけ

▼ 秦~ (15, 1.5%)

1 [15件] が燕, となつ, に仕え, に封じ, に放った, に聞かせる, の処, の十三年頃, の御, の心, の掌握, の歡心, の誅, は王道平, を叱

▼ 秦~ (12, 1.2%)

1 [12件] ごときに, でしょう, では, という者, とはいずれ, と一騎打ち, なりと, に勝る, の屍, は予, も討死, を重用

▼ 秦~ (12, 1.2%)

1 [12件] にて, に多い, に沿, の一夜, の孔子様, の泥土, の盛, の街, の酒家, へ入っ, へ行っ, らしい心もち

▼ 秦さん~ (11, 1.1%)

1 [11件] が騒ぎ, と何, と言った, どうした, について田舎, にも高松行き, のところ, の所, は足利時代, 来て, 阿英さん

▼ 秦豊吉~ (11, 1.1%)

1 [11件] から, が来, この夫婦, と三月東宝進出, に逢った, に電話, の, のとこ, のみ, の曰く, を訪れた

▼ 秦時代~ (9, 0.9%)

1 から支那民族, では書籍, には字數, には朕, には遂に, に藏書, の古城, の書寫, より現時

▼ 秦~ (8, 0.8%)

2 秦漢や 1 張儀の, 波多野は, 漢の, 漢代の, 趙や, 隋や

▼ 秦~ (8, 0.8%)

1 が, がその, が祭った, という, とを分たん, の國, を使つて, を生める

▼ 秦美新~ (8, 0.8%)

2 を作つた事實 1 の文, を作つた罪, を作りかねまじき, を書き, を書く, を谷永

▼ 秦漢時代~ (7, 0.7%)

2 若くば 1 からその, にて黄老, の匈奴, を通じて依然, 即ち中国草莽期

▼ 秦~ (6, 0.6%)

2 ならば, にちかき, は山中

▼ 秦~ (6, 0.6%)

1 という大将, の部下, はこの, はひと息, は命令, も囲み

▼ 秦以前~ (5, 0.5%)

1 において既に, には上下とも, には見, の支那, は上下

▼ 秦~ (5, 0.5%)

1 に横, の西, は楼, も藍關, を越え

▼ 秦張儀~ (5, 0.5%)

1 のよう, の術, の詭弁, の類, をただ

▼ 秦~ (5, 0.5%)

1 が宣州, であるらしい, の兄, はその, は巡検ら

▼ 秦という~ (4, 0.4%)

1 のです, 姓の, 男は, 苗字な

▼ 秦吉了~ (4, 0.4%)

1 がいつか, が飛ん, の籠, や鸚鵡

▼ 秦~ (4, 0.4%)

1 あらためてこの, ちょっと奥, に逢えるだろう, はいろ

▼ 秦始皇~ (4, 0.4%)

1 が海内一統, に体, に至つて自ら皇帝, 遣方士徐福

▼ 秦専務~ (4, 0.4%)

1 と名古屋, と相談, のところ, より一言挨拶

▼ 秦~ (4, 0.4%)

1 などの各所, に出る, の日比野六太夫, を衝いた

▼ 秦~ (4, 0.4%)

1 で終つて, の諸, をも除き, 亦一時悔

▼ 秦から~ (3, 0.3%)

1 以後の, 兩漢時代にかけて, 離れて

▼ 秦~ (3, 0.3%)

1 た, 外套を, 張儀も

▼ 秦~ (3, 0.3%)

1 にさえも亡びなかった, の名, の法令

▼ 秦以後~ (3, 0.3%)

1 に復び, の支那, の書

▼ 秦古書~ (3, 0.3%)

1 に出, の批評, を精讀

▼ 秦~ (3, 0.3%)

1 は商鞅以來, へ入, を治め

▼ 秦支配人~ (3, 0.3%)

1 が支配人, と樋口, は此

▼ 秦明花栄~ (3, 0.3%)

1 そのほか, の二将, は

▼ 秦星池~ (3, 0.3%)

1 が六十一歳, は胡, を師

▼ 秦総監~ (3, 0.3%)

1 か, ではない, 遂にやって来られた

▼ 秦諸子~ (3, 0.3%)

1 の中, の各, 及び漢

▼ 秦豊吉氏~ (3, 0.3%)

1 だの川浪道三氏, と三月, などはロココ時代

▼ 秦さん私~ (2, 0.2%)

1 が助ける, は貴方

▼ 秦さん秦さん~ (2, 0.2%)

1 と言った, 阿英さん

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 と言ふから, よ

▼ 秦では~ (2, 0.2%)

1 旄頭騎という, 無くて

▼ 秦とは~ (2, 0.2%)

1 同一に, 實に

▼ 秦には~ (2, 0.2%)

1 全く通じなかった, 及ばないよ

▼ 秦亀一名筮亀~ (2, 0.2%)

2 あるひ

▼ 秦始皇帝~ (2, 0.2%)

1 が天下, が皇帝

▼ 秦宗吉~ (2, 0.2%)

1 とある, の胸

▼ 秦宗吉氏~ (2, 0.2%)

1 が, である

▼ 秦式部~ (2, 0.2%)

1 が曲芸, という人物

▼ 秦徳純氏~ (2, 0.2%)

2 との間

▼ 秦明ら~ (2, 0.2%)

1 がたちどころに, も

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 の, の亂

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 といえ, の墳墓

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 が一曲, と云う

▼ 秦漢以前~ (2, 0.2%)

1 の古代, の樣

▼ 秦漢以後~ (2, 0.2%)

1 の記録, も歴代

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 に焚かれた, の厄

▼ 秦王之~ (2, 0.2%)

1 を悦びたれ, を聽

▼ 秦王晋王~ (2, 0.2%)

1 は怯, を何

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 ならねど, の焚書

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 には彼, には秦

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 と言う, の唄

▼ 秦進忠~ (2, 0.2%)

1 は若い, をはじめ

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 という処, へ往

▼ 秦~ (2, 0.2%)

1 と隔たり, は行人

▼1* [163件]

からの報告を, 秦さんまだ通つて, 秦しよげて, 秦たち少数の者, 秦って奴の, 秦といふ人も, 秦とかいふ語が, 秦との大戦に, 秦ならば秦律, 秦はたち上った, 秦嫁入ってた, 秦ほろび漢ほろび, 秦一國の君, 秦一神を稱, 秦を祠らしめ, 秦中家忌寸等が遠祖, 秦苻堅猛を, 秦久武などが馴れぬ, 秦久麻をその, 秦爲狄自, 秦之先始於大業大業生大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 秦以狄道代周以覇統繼帝王變之極也, 秦伊美吉石竹の官舎, 秦に初めて, 秦の苦戦, 秦兵苦戦に耐, 秦其馨書法遒逸名声日興旧嘗遊崎陽, 秦の夕, 秦准これは詩人, 秦七雄の, 秦前漢時代の神仙怪異, 秦勝道の子, 秦両, 秦籍の, 秦古典の研究, 秦君俺ももう, 秦君稻垣君それから油とうや, 秦の三人, 秦啓源氏のこと, 秦四書頭と言, 秦国富強の端, 秦大津父は山, 秦夷狄之也, 秦始皇本紀二十六年及び陳渉世家等, 秦存韓及び卷末, 秦宗寺を通れ, 秦と約束, 秦の樟, 秦専務ハリキリの演出ぶり, 秦少将らの企図, 秦少将吉林の林大八大佐ら, 秦少将奉天軍に入っ, 秦嶺家何在雪擁藍關馬不前, 秦の塞上, 秦に杜主, 秦に強, 秦式部桜井三右衛門石橋源右衛門有竹作左衛門, 秦式部片手で棹, 秦張儀以來の合縱連衡, 秦律漢ならば, 秦慶治氏及び信濃, 秦支配人大入を感謝, 秦敏之氏とともに自由島, 秦文公終南山の梓樹, 秦文化や漢文化, 秦新聞班長などの活動, 秦旦張群杜徳黄疆等が玄菟郡, 秦明のかぶと, 秦明以下のお, 秦明徐寧呼延灼の四人, 秦明徐寧林冲楊志呼延灼そのほか二十人, 秦明林冲など, 秦明林冲みな大きくうなずいた, 秦明欧鵬黄信燕順雷横施恩穆弘鄭天寿黒旋風の李逵, 秦明病尉遅などは, 秦明総監鎮三山の黄信, 秦明自身の境遇, 秦明金鎗手の徐寧, 秦明馬麟などの連中, 秦明黄信の名, 秦明黄信らの大, 秦明黄信燕順矮虎白面郎呂方郭盛石勇と今日, 秦明黄信薛永蒋敬馬麟らの寨友たち, 秦昭王と齊, 秦時代といつても大, 秦の間, 秦晋燕周等に王, 秦曰く君のい, 秦木皮の, 秦末漢季の如き, 秦本紀あたりまでは彼, 秦来らず森氏から, 秦松井の両者, 秦を亡ぼし, 秦楚斉燕韓魏趙これらの国, 秦のやう, 秦檜さ忠良を害し, 秦檜夫人の跨, 秦檜王倫斬るべしと, 秦を以て史記, 秦武右衛門というその, 秦殆盡と記し, 秦氏十名でそれから, 秦のすべて, 秦河勝の手柄, 秦淮あたりの酒家, 秦淮河は灌水, 秦淮秣陵の詩歌おの, 秦清文などと有力, 秦清文此等が皆職, 秦清文等に協力, 秦源祐翁の方, 秦漢以來の政治, 秦漢以來南土の風化, 秦漢以來革命と云, 秦漢六朝の金石, 秦漢六朝文の中, 秦漢瓦鐺の譜, 秦漢銅印など到底, 秦漢魏六朝の時代, 秦漢魏晉五百年の間, 秦火以後に諸子, 秦火災厄の程度, 秦獻言別五百載復合, 秦玄民がため, 秦王人を楚, 秦王后が生んだ, 秦王國其人同於華夏, 秦王天下を統一, 秦王後に悔い, 秦王朱亥を虎圏, 秦王烏の頭, 秦王高祖ことごとく賊, 秦皇漢武の時代, 秦皇漢武以来日本を蓬莱島, 秦皇統一以前の支那, 秦皇統一羅馬統一以後の若く, 秦次少将, 秦穆不用蹇叔百里子之謀, 秦に載せたる, 秦策下を見よ, 秦を作り, 秦簡夫とほぼ, 秦精等弩を高楼, 秦総監どこへ行かれる, 秦良軍が旗さし物, 秦良軍五千を蔽いつつんだ, 秦蔵六だの竹源斎師, 秦蔵六氏も当日, 秦藤池などの名家, 秦誓二篇而已合而讀之一爲孱弱, 秦誰朝見川朝日橋のほとり, 秦豊吉ハリキり三月東宝進出, 秦豊吉等と川口, 秦貞子さん二十年振りの弘光慶子さん, 秦の客ここ, 秦軍大敗して, 秦の部民, 秦酒公の琴歌, 秦阿寺という人, 秦韓慕韓六國諸軍事, 秦韜玉が村女, 秦魏六朝その後本場のシナ