青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「秀吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

祠~ 祭~ 祭り~ 禄~ 禅~ 禍~ 福~ 禮~ 秀~ ~秀吉
秀吉~
秀子~ ~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋 秋~ 科~ ~科学 科学~

「秀吉~」 5914, 57ppm, 2037位

▼ 秀吉~ (1700, 28.7%)

21 それを 8 笑って, 自分の 6 信長の, 如水の, 彼の, 急に 5 いいました, そこの, 彼を, 手を, 早や 4 いった, ここに, そのとき, ひそかに, 何か, 大声で, 家康の, 見て, 馬を

3 [22件] いって, うなずいて, それに, 中国に, 予定の, 利家の, 家康と, 彼に, 彼らを, 心の, 敢て, 敵の, 此の, 母の, 癇癪を, 眼を, 膝を, 苦笑し, 蚊帳の, 顔を, 顧みて, 馬上から

2 [111件] いいつけた, いうの, うなずいた, お嬢さん好き名流好きで, かうあしら, ここから, ここを, このとき, この日, こんどの, さきに, さも, すぐ, すぐそれ, そういい, そういっ, そう聞く, そこで, そこへ, その夜, その日, その時, それへ, それらの, そんなこと, ひとみを, ふいに, ふと目, またふと, やくざ者の, よく辛抱, エライ人間を, 万人の, 両手を, 主人の, 云った, 京へ, 人に, 仰山に, 何べ, 何を, 俄に, 先に, 光秀を, 別室で, 制して, 前後の, 努めて, 勝家の, 半兵衛の, 又辛抱, 叫んだ, 呆れ返つて, 呼んだ, 外交の, 夢想家の, 大真面目, 子供の, 安土へ, 寝室で, 小田原陣にも, 小首を, 尾張の, 左右に, 左右の, 床几を, 座に, 当代の, 念を, 恐ろしい男, 日頃放言した, 是が, 時代の, 杯を, 毒気の, 気絶し, 江北の, 浴後の, 満足した, 滂沱たる, 無造作に, 相かわらず, 石垣山に, 石垣山の, 礼を, 秀吉で, 立った, 笑つてきい, 答えたの, 総攻撃, 縁に, 織田信雄と, 群臣の, 耳を, 自信満々城攻めなどは, 茫然自失うなだれた, 茶を, 行長の, 許さぬ, 許して, 諸将, 起きて, 軍を, 適当に, 銚子を, 長浜の, 関白と, 頗るの, 頭を, 馬の背から, 高らかに

1 [1290件 抜粋] あきらかに, あっさり頷い, あとを, あらかじめこの, あれ以来京都へ, いう, いうだろうと, いきなり寧子, いちど安土へ, いったい何処, いつでも, いつのまにか母堂, いとやすやすと, いま三木城ひとつすら, いま帰した, いよいよ勝家, いよいよ持宝院, うしろから, うしろを, うなずくのみ, おかしそう, お伽衆を, かならずしも悪意, かなり寛大, かまわず本堂, かれら, きゃつめかならずこうくるな, こうつぶやき, こう宥, ここへ, こっちから, このたび大戦, この一勢力, この一美丈夫, この場合, この夏, この少年使者, この敵, この栄, この群衆, この薄い, こよい, これにも, これも, ごく少数, さい先よし, さして急がず, さっきから, さびしく思う, さらに凝視, さらに高野山, しきりにその, しげしげと眺めた, しばらく黙っ, しんけ, すぐにも, すぐ別間, すぐ指, すぐ部下, すこしうるさく, すこし鼻白んだ, すっかり気に入っ, すでに子供, ずっと通っ, そういう点, そう告げ, そう察し, そこでは, そこに, そのあいだ, そのお, そのつけ目, その三人, その健卒たち, その匆忙, その図, その夏, その彦右衛門, その後間もなく, その折, その明示, その死, その簡素, その肚芸, その足, その農家, その顔, その馬印, それでも折々, それには, それ程な, そんな小細工, たくさんな, ただ床几, たつた数人, たとえ寸分, たわいの, ちょっといや, ついにかれ, ついに年来, つくづく言った, つねに不愍, つぶさに見, ときどき尾張, とびつくよう, どうしてもその, どう捻出, どちらかと, どんな顔, なおそこ, なお云っ, なお台所部屋, なお縷々, なお雑士たち, なお馬, なにげなく受け取っ, なんとなく毛利氏, にやにや笑い顔, のたりのたり馬, はっと胸, ばかな, ひとりで, ひとり笑っ, ひとり詫び, ひょいと小首, ふかく垂れた, ふたたび指, ふたたび馬, ふっとあきらめ顔, ふと眼, ふり向いて, べつに一構想, ほとんどその, ほんとに怒った, ましな, まずこういった, まず主, まず高松城, またし, また他, また信長, また急, また汗, また輝政, まだ一城, まだ絶望, まるで彼, みずから場所を, むくと, むっくり起き, もうろくした, もう心, もう政宗, もう馬, もちろんそれ, もはや実子, やがて云った, やさしく於通, やや物, やり場の, よくその, よくようす, よく知っ, よろこびを, よろこんだが, わが眼, わざとその, わざと彼ら, わざわざ出向い, アッサリ信雄に, クエリヨの, クスリと, フンフンフンで, ペスを, ヤアと, 一々迎え, 一介の, 一向に腹, 一夜書写山に, 一応唇, 一旦源姓, 一番着の, 一見の, 一通の, 三井寺に, 上方の, 上紙を, 不審そうに, 中国の, 中国征伐の, 久しぶり心まで, 之に, 九州征伐の, 予備軍の, 事々に, 事前に, 二人を, 五右衛門を, 京都まで, 人々が, 人並は, 今にも涙, 今まで, 今京都を, 今陣中に, 他の, 伊勢の, 会は, 体を, 何と, 例の, 供の, 促さるるまま, 信玄や, 信長以上の, 信雄を, 偶然そう, 先頃の, 全軍, 六月末以来小牧から, 再言, 凝然と, 出かけるとき, 刀狩検地転業の, 切支丹の, 初めてこういった, 初めて軍, 前後のも, 力いっぱいの, 勇躍し, 勿論非常, 北近江の, 十月の, 半眼の, 危ぶんで, 即日一書を, 却ってなぐさめた, 却って越後, 双眼鏡という, 受け取ったと, 口を, 叱った, 右近の, 吉川小早川の, 同級だった, 向う側の, 呂宋兵衛に, 呉服山を, 周到な, 呼ばわりながら, 咳一声し, 唯々として, 嘆じた, 囁くよう, 囲いの, 坂道を, 増田長盛を, 変を, 外に, 多くの, 多芸郡の, 大いにてれ, 大いに笑っ, 大げさに, 大吉寺の, 大変喜ん, 大度寛容の, 大満悦, 大義名分を, 天下に, 天正十八年小田原攻めの, 太閤と, 奥州は, 妻の, 姫路を, 孤城の, 安土城の, 官兵衛の, 実にいや, 実はしめた, 宣教師の, 家康といふ, 家来筋だ, 容易に, 寔に, 寝床の, 寺内の, 将座, 小姓の, 小松寺を, 小牧へ, 小谷の, 尼ヶ崎に, 尾張中村の, 山崎合戦で, 屹と, 左の, 左右を, 希望した, 帯びて, 帷中の, 平井山の, 平伏して, 平然たる容子, 幾歳に, 床几場に, 度胆を, 弁次郎の, 当り前だ, 当時こういう, 彼らから, 彼女たちが, 征韓の, 後年溺愛した, 後者の, 従者を, 徳善院玄以に, 心を, 忘れて, 思いやられるの, 思う, 思って, 思わず目, 急いで, 恐れげも, 悟らないの, 悦服させた, 惚, 想像した, 意にも, 意志で, 感心し, 憂うるの, 我慾と, 戦国的英雄である, 戦捷者の, 所属部隊姓名原籍等について, 手綱を, 承知しない, 拝命の, 持宝院の, 振返って, 援軍の, 政宗に, 教場へ, 敢然信雄, 数正を, 文字どおり南船北馬の, 新政を, 於松に, 日々官兵衛の, 早口に, 早速にも, 時を, 暫し呆然, 曽呂利新左衛門の, 朝陽の, 木の, 木下藤吉郎の, 未明の, 本軍を, 杖に, 東浅井の, 桑名の, 森勘八高政に, 榛名也徳川家康は, 機嫌よく, 欣然その, 歓びきって, 正直おどろいた, 武田家の, 歩き出し山下, 死ぬ間際, 死んで, 毎日よく, 氏郷に対して, 民と, 気の, 気宇が, 気軽に, 永徳にとって, 決して気, 河内北山で, 泣いたの, 浅野長吉を, 海陸の, 深更まで, 渋面を, 湖岸から, 湯桶の, 湯漬を, 満足な, 滝川一益の, 激怒した, 烈しく命令, 無意識か, 然し凋落, 熱心に, 状筥を, 独りで, 猿の, 猿智慧に, 現地を, 生涯如水を, 男ざかりの, 疾くに, 病み衰, 癇癖の, 盃を, 直ちにその, 直ちに長浜, 直家を, 直接二三の, 真反対, 眼で, 着々天下統一, 知つてゐた, 石井山の, 破綻なく, 神父らに, 秀吉自身の, 秀政へ, 秀長の, 突然切支丹教師追放, 立ちなおる, 笑うの, 笑つてお前たちは, 答えました, 箸を, 簡単明快に, 紗の, 絵図の, 織田信長の, 美濃一円の, 翌四日, 翌日軍を, 考えこんでから, 聚楽に, 聞き惚れるよう, 肚で, 胸を, 腰を, 腹蔵なく, 自分から, 自分で, 自分へ, 自己の, 至極気楽, 苦笑した, 茄子の, 蔀の, 蜂須賀彦右衛門に, 行かなかった, 衾も, 褥から, 見えざる母, 見せて, 見向きも, 見直すよう, 言下に, 誓約を, 説明し, 諸侯を, 諸般の, 護送の, 買って, 赤い扇子, 足羽山に, 身の, 輿に, 迎えも, 近日の, 逆らうこと, 途方も, 遂に関白, 遊んで, 都市経営策として, 酔態を, 金持喧嘩せず, 長浜城に, 長秀に, 開放主義である, 陣小屋に, 陣幕を, 隣を, 鞍腰を, 頭にも, 額に, 風呂が, 飽気に, 首と, 馬の, 馬も, 駄々を, 驚歎した, 高山池田などの, 鳥取攻城中の, 黄昏の, 黙々眺め, 黙笑

▼ 秀吉~ (1667, 28.2%)

23 前に 13 ために 11 すがた, まえに, 意を, 手に, 方から 9 前へ 8 顔を 7 命を, 姿を 6 姿は, 旨を, 軍は, 陣に 5 問いに, 眼は, 軍に, 養子と

4 [14件] うしろへ, 下風に, 使いとして, 側に, 左右に, 方は, 機嫌を, 眼が, 眼を, 耳に, 耳へ, 許へ, 陣へ, 麾下に

3 [34件] ことだ, ところへ, ほうへ, ような, 主力は, 使者を, 側室に, 出現と, 声が, 大軍を, 妻として, 帷幕に, 心を, 怒りに, 怒りを, 所へ, 手から, 手へ, 方で, 方へ, 甥で, 眼も, 肚を, 薬籠中の, 許に, 軍が, 軍勢は, 軍門に, 陣を, 陣門に, 非を, 面は, 顔いろ, 養子に

2 [114件] うしろに, うながす上洛, かたわらに, きりだした話, ことばに, ごときは, そのことば, ふところに, ほうが, もとへ, ものだ, ものと, やうな, やうに, やつに, やり口を, ように, わきに, 一生に, 下に, 人物に, 今の, 使いを, 側へ, 側近の, 出陣が, 前には, 前にも, 前まで, 前を, 双璧と, 受売りを, 口癖は, 名を, 名代格で, 命で, 場合は, 大軍が, 大軍は, 天下に, 天下を, 天性で, 好意を, 好機嫌, 威光を, 家康についての, 家臣の, 寝首を, 小さな欠点, 小さな自我, 帷幕では, 幕下に, 床几の, 後に, 後を, 御寵愛, 御意の, 心に, 心の, 心は, 心事を, 意に, 意の, 戦法は, 手勢は, 手紙を, 招待に, 掌の, 敵意を, 方が, 旗幟を, 時代に, 智恵袋で, 智謀威力で, 書も, 書状を, 書簡を, 望みは, 朝鮮征伐に, 朝鮮征伐の, 本陣へ, 案内で, 横顔を, 死後三成一派が, 母も, 母を, 涙に, 為には, 物です, 物に, 目に, 眼には, 答えは, 策を, 織田軍に, 老母の, 肚は, 背後を, 胸には, 胸を, 脳裡に, 膝に, 身は, 軍を, 軍勢に, 軍容は, 長浜城の, 陣から, 頭を, 首級を, 馬に, 馬の, 麾下にも, 麾下は

1 [1115件 抜粋] あとに, いいつけ, いうところ, いまの, いる所, うえに, うしろを, うまれた時, お咄, かねての, くるの, こころは, ことばが, ことばとして, ことばの, ことばを, この旭日昇天, ごとく明朗, さしがねで, すきごころに, すすめに, ずっと前, そこに, その後を, その眼, その道にかけての, そばを, ための, てらてらした, どこか, ぬかりでも, はなしは, ひそかに, ひょうきんには, ほうからは, ほうに, まえの, まわりに, ものだった, やること, ゆく手, ゆるしに, よろこびかたは一通り, わたくし事, 一将校時代から, 一生の, 一行を, 一軍師として, 上に, 上府じゃ, 下向と, 不明を, 不臣, 不足と, 世代, 中国軍が, 中國征下は, 中央的存在と, 中軍は, 主人信長の, 主力を, 主張は, 九州征伐以前に, 了解を, 事蹟を, 二人である, 云い分, 五奉行の, 人がらが, 人心懐柔は, 人物を, 人間を, 仕方は, 他出を, 代人として, 令は, 仲日ごとに, 休んだ禅庵, 会盟の, 位置は, 住むには, 作戦は, 使いと, 使い亀井重茲, 使として, 使者が, 侍側に, 供人たちは, 保証によって, 信条だった, 偉業を, 側には, 側を, 偽らぬ心事, 催促濃, 先手を, 先鋒が, 先陣は, 全領内, 六感は, 兵は, 兵馬も, 内意と, 内治戦功, 冷めたい心, 出先は, 出放題の, 切望は, 別動隊, 到着を, 前では, 前名, 副将として, 創造による, 功の, 動向については, 勝利に, 勢威日に, 勧降状を, 包囲軍を, 北政所への, 千成瓢箪が, 単独講和あたりから, 双眸は, 反転突進が, 口吻そのまま, 口述する, 古城の, 叱りを, 各陣所, 同情は, 名は, 名代総, 呉, 周囲は, 味方と, 命として, 命は, 命令は, 唇へ, 唐入り, 唯一の, 営へ, 営内に, 土木が, 地位は, 城地であった, 城普請の, 城長浜も, 場合であっ, 墨付を, 声だった, 声に, 声は, 変装な, 多くの, 大きな影, 大人物たる, 大器を, 大将座を, 大慈悲, 大気に, 大気や, 大活躍, 大軍と, 大軍には, 大軍二万が, 大軍大垣の, 天下は, 夫人北の, 失敗の, 奇警な, 女房の, 好んだ桃山模様, 如き大人物, 如く閨門の, 妻の, 姉婿である, 姿が, 姿と, 姿の, 威力が, 威力は, 威風あたりを, 嫉妬と, 子飼, 孝養を, 官兵衛に対する, 実検に, 宣教師追放の, 宣教師追放令によって, 室へ, 家中亀井重茲の, 家庭閨門の, 家来じゃ, 家来でしょう, 家臣で, 容れるところ, 宿所中院の, 密使が, 密書を, 寛度を, 寝首などは, 寵室に, 対呂宋強硬外交は, 将として, 小さな惨め, 小姓衆, 小憩を, 小説を, 尾について, 居城は, 居室を, 左右には, 布陣の, 希望による, 席から, 帰るところ, 帰国を, 常の, 床几場と, 底意にたいして, 座下に, 座右に, 弟あの, 弟秀長が, 強引な, 強硬外交は, 影を, 後たるべき, 後援を, 得意さを, 御前へ, 御用絵師なら, 心からな, 心へ, 心中なお, 心信事は, 応急策も, 怒る理由, 怒罵が, 怖るべき, 思うところ, 急なる, 性分に, 性格にも, 恩寵を, 恩顧を, 悪しみ, 情を, 意によって, 意中は, 意向が, 意図においては, 意志を, 意気の, 愛に, 愛情を, 愛顧を, 態を, 態度だ, 慎重な, 憤怒は, 戦いな, 戦備であった, 戦捷軍が, 戦闘準備は, 所在如何, 手ぐちとしては, 手によって, 手の者が, 手もとへ, 手中において, 手兵約, 手紙が, 手紙は, 手許へ, 押しの, 持久長攻策の, 指図で, 指揮する, 捕虜と, 提議が, 揶揄に, 播磨平定の, 擡頭を, 政策を, 救援を, 数日の, 敵と, 料簡が, 方からも, 方に, 方により, 方も, 旗の, 旗本たちより, 日本一の, 昨夜の, 時この, 時にも, 時代にな, 時代にも, 智略を, 書は, 書簡は, 書面に, 服装は, 望む既定方針, 朝鮮侵略後に, 朝鮮出兵も, 朝鮮征伐を, 朝鮮征略そのものが, 木像首を, 本意でない, 本拠, 本軍も, 本陣地, 本陣近く, 本音としては, 来襲に, 柳ヶ瀬戦捷の, 植えた徳望, 構想は, 横山城, 次に土まんじゅう, 正面切っ, 武勲と, 死去と, 死後諸, 歿後三百五十年目に, 母が, 母と, 母の, 母までが, 母思いな, 比では, 気しきを, 気まぐれで, 気勢を, 気性を, 気持は, 気質どおりだ, 決して踏まない, 注意を, 浪漫的な, 深情, 添状に, 温情から, 湯殿は, 滞在中に, 為に, 焦躁とも, 熱意には, 父は, 特性は, 狂気は, 独断かくまでと, 猛撃が, 率いて, 理想を, 生れ故郷の, 生命を, 甥だ, 用ひた, 申し入れを, 男ぶりに, 留守城を, 番頭穏健着実顔色を, 痛嘆は, 癇癪の, 癖である, 発狂の, 登城時刻やら, 目が, 目の, 目前で, 直筆に, 相違さ, 真を, 真情は, 眸に, 眼いろ, 眼で, 眼とが, 眼にも, 眼中に, 着陣が, 短い羽織, 石井山へも, 礼が, 祐筆大村由己は, 神速なる, 禁令は, 立った本丸予定地, 立場に, 第二, 筆だ, 答えが, 答礼使が, 策は, 精兵が, 精鋭の, 繰言, 義子と, 習慣だ, 老母妻の, 耳には, 職に, 肚としては, 肚裏に, 胆いりで, 背に, 胸に, 胸中では, 脇小姓朝野弥平次加藤孫一, 腰巾着と, 腹では, 腹心木村隼人佑を, 臣たるのみ, 自信を, 船も, 苦慮する, 虫の, 行動が, 行装一列が, 袂に, 装いも, 襟へ, 要求だけは, 親ぐらいな, 親孝行は, 言には, 言葉に, 訊問にたいして, 託した一書, 証文を, 説に, 謀将の, 譜宗氏家記毛利家記黒田記略清正記等各, 賞として, 赴いて, 足跡にも, 蹉跌を, 身にとっては, 身の上に, 身辺に, 軍と, 軍令は, 軍兵たちが, 軍勢が, 軍状にも, 軍略に, 軍隊こそ, 辛労にたいして, 近状を, 追撃が, 追放令によって, 追放令は, 進撃が, 進撃に対して, 進撃ぶりを, 進路へ, 遑なき, 遺した桃山芸術, 遺言を, 部屋へ, 野合を, 鋭鋒を, 長篠の, 閉じた唇, 防備線が, 陣中に, 陣地へ, 陣屋へ, 陣所だった, 陣所の, 陣見まわりで, 隆々たる, 面から, 面だましい, 鞍に, 頭に, 頭脳には, 頸から, 顔には, 風采が, 養女に, 養子でも, 養子の, 馬じる, 馬上の, 馬前に, 馬塚, 駒の, 高いびきに, 髪を, 鳴らす木琴, 麾下堀秀政の, 鼻の

▼ 秀吉~ (540, 9.1%)

6 信長の 4 利休を, 天下を 3 それを, 死ぬ

2 [35件] たつた一人, 一足天下統一に, 不世出の, 之を, 信長に, 信雄を, 光秀を, 兵を, 別格最大の, 剃髪し, 大坂, 奥州を, 姫路へ, 存分の, 家康を, 小牧山で, 小牧山の, 山崎の, 床几を, 征明の, 政宗の, 最も怖, 朝鮮征伐の, 来たと, 毛利と, 目を, 眼を, 筑前守時代に, 自分に, 自分の, 言つた, 訊くと, 越前に, 関白に, 馬を

1 [450件] あずかったという, あっさりし, あって, あのよう, いう, いうそば, いうたか, いうと, いうので, いう嫡孫, いかに信雄, いかに土木, いかに官兵衛半兵衛, いたら, いちばん早かっ, いった, いって, いつか自分でない, いつもじっと教師, いぶかると, いまその, いまや天下人, いま温室の, いる, うしろに, うしろへ, おそれたの, おもしろいこと, かくも, かさねて問う, かつては, かの女, こう呟い, こう早く, ここから, ここで, ここに, ここを, この一局戦, この勝敗, この北, この大, この天主閣, この方面, この松の木, さきに, さらにその, すき勝手, すこし儼, すゝめ家康が, そういう, そう簡単, そこで話, そこまで, その一枚, その優越, その前駆, その問題, その愛児秀頼, その方たち一族, その頂点, その頭角, それまでの, そんなに謙遜, そんな事, たずねた, たずねると, だまって, ちと困った, つまずけか, とうに観, とてつもない事, どういう心意, どこかへ, どれほど御, どんな態度, どんな眼, なした三木城, なにか特別, なみだ, にらみつめて, ひそかに, ひっ返して, ひょいと横, ふいに, ふたたび上月, まずこの, またここ, まだかつていちど, まだ下, まだ信長, まだ子ども, まだ日吉, まだ藤吉郎, まだ貧乏時代, まったく前古, みずから彼の, もうそれ, やがて大, やはり二, やはり杖, やぶるるか, ゆるし又, よい女房, よい程, よく知つて, よろこぶかと, わしは, カラカラと, キリシタン追放令を, マニラ総督に, 一番よい, 一目見る, 一騎驅けに, 三七信孝を, 三万の, 三木城の, 三木城へ, 上座から, 上月城を, 上杉景勝に, 下から, 不図, 中国から, 中国で, 中国の, 中国を, 中国出征中は, 中国探題として, 中国攻めの, 中央の, 主唱し, 乗取った時, 九州に, 九州征伐を, 九通しか, 乞うて, 二つの, 二三人の, 二十五万の, 云いたい放題, 五右衛門に, 京都へ, 亭主と, 人の, 今なお, 今までに, 今日までの, 伊勢に, 伊勢路へ, 伏見に, 休息に, 会津を, 会津守護の, 但馬から, 住むと, 住んで, 佐和山に, 何かの, 何の, 何事かを, 俄然口, 偉くても, 僭越な, 先君の, 先生に, 光秀に, 光秀の, 入って, 入城し, 入洛ち, 全軍六万二千, 内大臣と, 出て, 出ても, 出で, 利休の, 利家を, 前線に, 前進し, 加わって, 勝つの, 勝てば, 勝入へ, 北の, 北国出陣を, 北条征伐を, 北条氏を, 北条氏政を, 南洋主として, 南蛮寺を, 博多で, 博多に, 印南野に, 即刻それに対して, 去った後, 口述する, 名を, 名護屋に, 呂宋兵衛に, 呵々と, 呼んでも, 命令ずくに, 問うたが, 喪服した, 困った顔, 変を, 外へ, 外出の, 多少癇癪, 大きく云った, 大仏殿を, 大口あい, 大坂の, 大垣へ, 大大夫, 大成し, 大気という, 天下人などに, 天下経営の, 天正十五年, 奮戦し, 姿絵を, 威権を, 子なり, 宇都宮に, 実地検分し, 家康よりも, 容子に, 容易に, 宿望であった, 察した通り, 察知した, 寧子へ, 対して, 対象と, 小田原の, 小田原城攻囲の, 小田原攻めの, 小田原陣から, 小田原陣の, 小谷から, 小谷城進撃を, 尼ヶ崎まで, 尼ヶ崎辺に, 尾張から, 居城を, 山陽に, 川中島の, 左様に, 帰国した, 常に仲, 床几の, 庭へ, 建造した, 弁じ終るの, 弱冠十八名も, 後世まで, 後詰を, 徳善院へ, 心の, 思いつつ, 思いのほか早く, 思い出されて, 急に, 恋着した, 恐いかと, 恐れた人間, 悟って, 惜しむもの, 意を, 感じるところ, 憎んだ佐々成政, 戦わずして, 戦功として, 戦場における, 戸を, 手に, 手柄を, 折ふし四国平定の, 抹消し, 指さしていう, 挫折する, 振り上げた杖, 振舞を, 掲げて, 改めてくるなら, 改めて媒酌, 攻めて, 故郷に, 数万の, 数正を, 新手の, 新時代, 方針を, 日本に, 日本中の, 早暁に, 明けて, 明智を, 易々として, 更に之, 書を, 書中で, 最初の, 望見し, 朝鮮征伐のみ, 朝鮮遠征軍の, 木下藤吉郎と, 木下藤吉郎という, 木下藤吉郎といふ, 本丸へ, 本営名護屋に, 村重の, 束ね家康, 来るまでは, 果して副, 柳ヶ瀬戦況の, 根来征伐を, 武将にかけては, 歩みよると, 死に, 死に代, 死んだの, 死んで, 母を, 毛利家と, 毛利重能を, 氏家と, 氏郷を, 民衆の, 気付かなければい, 永徳の, 求めて, 泣いて, 淀君へ, 淀君を, 清洲会議以後の, 灯も, 無二, 爭亂を, 特にこの, 特に猿, 犬山に, 犬山城に, 現われて, 生れた, 生れて, 生前大阪城を, 用いたの, 用ゐた, 申さるるよう, 留守の, 疑つたら彼, 疑ること, 疾風迅雷で, 発するに, 目ざす敵, 目の, 直接攻め, 真夏の, 真実憂い, 真田に, 眠りに, 矢田川原で, 礼を, 秀次を, 私慾を, 移ること, 突立ち上つて冠を, 立った後, 策すところ, 算家毛利重能を, 築いた新城, 築堤し, 素直に, 細川父子へ, 細川越中守忠興を, 織田信孝の, 考えこむと, 考えたの, 考えられるの, 聚楽の, 聞いて, 腹を, 自分たちへ, 自分へ, 興を, 花の, 若ければ, 茂山から, 茶を, 草履取に, 荒削りに, 蓄へ, 薨じ, 薩摩の, 藤原氏に, 蘭丸とともに, 蜂須賀塾に, 補足した, 襟を, 見えたらこの, 見た, 見たとおり, 見ると, 見るに, 覚よき, 訪ねた折, 試みたという, 諸大名, 諸大老, 譲ったか, 負け惜しみを, 費やして, 貿易だけは, 起した四国攻略, 起して, 起ったので, 越前から, 軍の, 輔佐する, 農村の, 近ごろメキメキ, 近江から, 逞しい騎馬, 遥かから, 配置代えを, 鎮めて, 長浜に, 長浜の, 関白と, 関白として, 関白を, 関白太政大臣の, 降伏し, 陣, 陣廻りに, 雪の, 非常に, 音頭を, 頭を, 風流の, 養子として, 馬で, 駿府城に, 高台から, 高松城を, 鳥取城を, 鹿之

▼ 秀吉~ (319, 5.4%)

5 謁し 3 代って, 会って, 取っては, 謁を, 顔を

2 [17件] いいました, いわせれば, くれた子, この由, しても, ついた, ほのめかす, 与へる力, 人質を, 会った, 向って, 怖れられ, 投じ水野忠重, 比べると, 狎れるな, 至つては, 謁した

1 [265件] あたれ, あてて, あらずして, いわれたが, いわれて, おくれじと, おくれた将士, かぶせもって, くらべ秀吉, こういわれ, こう挨拶, こう智恵, こころよからぬ, させろ, させろ秀吉, ざん訴し, して, してさえも, してやられて, してやられん, しろ皇室, すがり旧主, せがんで, せよ家康, そそがれ秀吉, そんな暇, たいし何ら, たいし山陰道, たいし関白, ただすこと, つ, つき今度, つけたの, つけば, つづく隊列, とつて, とりまさに, とり母, とり青年逆境, ない素質, なつた, なにか限り, なり太閤, なり安土, なろうと, にらまれると, ねだって, のみ込ませるよう, ひきとめられて, ふかく帰依, ほのめかしたが, まずこう献策, まみえ前線, むかって, むかっては, やぶれるなどは, よく馴, よりて, わかれて, 一切を, 一口実を, 一歩も, 上洛を, 不満を, 与えて, 与へ, 乏しいもの, 乞うた, 乞ふて, 事実上の, 云わせると, 亡ぼされ土民, 仕える身, 伊丹城中一年の, 伏した, 会い, 会いかえって, 会いたく云いおきたいこと, 会いましょう, 会うと, 会ってから, 伝えた, 伝えて, 似て, 何か, 何事か, 使を, 使者を, 侍し, 侍りその他, 促されて, 信書を, 催促され, 傾倒し, 全力を, 内緒で, 内通し, 再度答えた, 出あいました, 分らせたい, 切支丹を, 前以, 加担し, 加担しなけれ, 加担を, 劣らないもの, 反抗し, 取って, 取次いで, 向い, 告げて, 味方し, 味方する, 命じ姫路, 命ぜられる, 和を, 問うた, 圧しつぶされて, 圧倒的な, 報じたので, 報わんと, 報告し, 報告した, 売って, 大帆船, 始まったが, 実利を, 寄って, 対抗し, 対面した, 小田原石垣山の, 屈するの, 属した, 差し出した巻, 帰さねば, 帰服せぬ, 当らせたり, 当るの, 征伐され, 従いた, 従う将士, 復命した, 心を, 心窃かに, 忠信の, 忠誠を, 念を, 思取られぬ, 恃んで, 悔みを, 意を, 愛されてを, 慫慂された, 憤激を, 應じ, 手を, 打ち込んで, 抗し, 抗する者, 抱いて, 抱き込まれると, 招かれてからは, 拠るが, 挑まれたが, 接したの, 接してからは, 攫われてからの, 攻められ娘三人, 救われて, 敗けた柴田勝家, 敵対行為を, 新しく興山寺, 於ける態度, 於て, 於ては, 時ならぬ, 暇を, 暇乞いを, 来たの, 欠けた手腕, 款を, 死なれて, 毒づいて, 比して, 比すれば, 気脈を, 油断を, 注意した, 渡した, 渡したの, 満足な, 滅ぼされた時, 献じたが, 献言し, 用いられたという, 留められて, 異存が, 発し小田原城, 目礼を, 相談する, 示して, 示唆され, 立ち向う理由, 答えたの, 素直に, 紹介した, 組せず, 続いたの, 続く数多, 臣下の, 臣事し, 臣事する, 自分の, 致された形, 致されて, 與へる, 裏切らしめ秀吉, 見せた, 見せて, 見立てられて, 訊いて, 訊問せられた, 討たれて, 託して, 話し初めて, 誓紙を, 語った, 説かれて, 説こうと, 謀られて, 謁する, 謁せんとして, 譲らざる英雄, 譲らなかったの, 貰われて, 賭けるか, 贈り好, 贔屓され, 辛く当っ, 迫った, 逐われたの, 通じて, 通じ伊勢, 通報され, 通報し, 過ぎないの, 達した, 重用された, 野望ある, 金子千貫で, 鎗先を, 降は, 降ると共に, 限らず人間像, 随身し, 随身する, 随身を, 雌伏する, 靡き秀吉, 面倒を, 頡頏する, 頷かれた, 願ひでた, 飛躍の, 馬を

▼ 秀吉~ (249, 4.2%)

7 それを, 家康も 3 苦笑し

2 [13件] またこの, またそれ, また直ちに, 一緒に, 入城した, 同意の, 官兵衛も, 心の, 急に, 折れて, 死を, 流石に, 見て

1 [206件] あの日, あらぬ方, いた, いと慇懃, いなければ, うなずいた, うなずきました, かねて, かれに, かれを, くだけて, ここでは, この二日, この地, この多事, この慶次郎, これを, こんなマスコット, すぐ座, すでに観念, そういっ, そこを, その一人, その意気ごみ, その日, その武力統一, その気, その直後, その胸, それのみ, それまでの, ただ凝然, ちょうど書面, つかれたか, つりこまれて, つり込まれて, ともに見る, はたと当惑, ひとたび自己, ひとつの, ひどく慎, びっこのように共に, またあの, またそう, またその, またつぼみ, また一部隊, また他愛, また光秀, また右顧左眄, また同夜, また同罪, また大垣, また当然, また彼, また心耳, また播州, また星, また滅多, また瀬兵衛戦死, また知っ, また破れ, また義兄, また軍, また遺志, まだ北陸, まだ広間, まだ後方, まだ熟考中, やはり持っ, やや手, ゆるすところ, ニタリと, 一人の, 一度京坂, 一応工事場, 一旦は, 一瞥の, 不自由な, 世間の, 世間も, 之を, 亦固執, 京都まで, 人間民と, 今に, 今は, 今日で, 信長の, 信長も, 傑人であっ, 充分意識的に, 共々涙, 共にその, 共に閉じ籠っ, 内心常に, 出でて, 出向かおう, 初めて気がついた, 初めて耳, 勘気を, 医師も, 去りがてに, 参加した, 友の, 同じく十三日, 同じよう, 名残に, 固着し, 壮年, 夙に景勝, 大いに笑っ, 大慾だ, 学び得なかった, 官兵衛の, 小姓も, 小柄である, 少々顔負け気味, 尠なから, 居ぬ行列, 席を, 帰依し, 常に, 常になく, 幼君の, 床几に, 床几を, 座を, 彼の, 後陽成天皇の, 従わざるを, 思い出して, 思い出すこと, 思った, 思って, 思わず床几, 意外に, 愚天下の, 戯れた, 扈従の, 承諾した, 指を, 攻めあぐんだ, 政宗の, 敵に, 時には, 更けるを, 枕頭に, 機嫌の, 次第に膨脹, 此の, 武田信玄も, 死んだ, 気の, 気の毒そうに, 気軽に, 沈黙し, 清正も, 熱し主従, 熱心に, 猜忌の, 知って, 知らぬ家康, 破顔一笑し, 神ならぬ, 禁教令を, 立ち会って, 立ち待ちし, 笑い利家, 笑うほか, 終に氏郷, 縁へ, 老いて, 聞いて, 肚を, 背中で, 胸に, 腹背に, 膝を, 自分の, 自分も, 自身剣光戟風の, 舌を, 苦笑し出した, 茂山を, 行糧を, 西洋音楽を, 訓令を, 質子を, 起ちかけた, 過分な, 酒を, 重用しなかった, 金を, 長久手の, 長秀に, 閉口する, 陽気に, 鞍へ, 頭を, 頷き頷き聞き終った, 顔を, 養子じゃが, 馬を, 驚いたらしい, 黙然とうなずいた

▼ 秀吉~ (211, 3.6%)

13 して 3 待って, 見つめて, 見て

2 [12件] さして, さしていう, たたきつけて, 中心に, 待った, 怒らせて, 敵と, 比べて, 繞る, 軽ん, 選び得る者, 駿府城に

1 [165件] いかに無慈悲, いみ嫌い始めて, いやな, かういふ風, かかえ起した, かこむ近, ここに, さしてである, さしまねいた, そこで, たしなめた, たずねて, たたえて, とらえて, どういうもの, にたにた見まもった, ひいきに, ひかえその, めぐる五人, めぐる惑星, めぐる老母, やぶり諸, よく識, よんで, わが殿, 不当に, 中に, 中国へ, 中心と, 主人公として, 亡すだらう, 人蕩らし, 今も, 仮りに, 仰いで, 仰ぎみられなかった, 伐たんの, 信じ秀吉, 信頼した, 修正する, 側面から, 出し金, 刺さんこと, 刺戟したらしく, 刺激した, 前において, 勇気づけました, 古今第, 呼びつけるの, 呼びました, 咎めること, 喜ばせて, 囲む騎馬一団, 圧するに, 好みて, 好色と, 子どもあしらいに, 安心させる, 寄せつけて, 封じて, 小牧山で, 帰依せしめ, 待つ余裕, 御落胤, 心から感謝, 怒らしむることになり, 思い泛, 思うとき, 思はせるさすが, 急襲し, 恐れさせ一世, 恐れない最初, 恐れるもの, 悲しませて, 愛したこと, 感嘆させた, 慕うよう, 成りあがりもの, 戸主と, 扶けたことの, 扶けよ, 拔擢しなかつたらう, 招待する, 挟撃する, 挫き得る, 振向いたが, 挾撃し, 挾討ちの計略と, 措いて, 措いては, 撃取に, 播州の, 支えて, 支持する, 教訓しよう, 敵として, 日本国王に, 是と, 望み見て, 柱と, 桃山城の, 歓呼の, 殺さなければ, 殺しても, 殺すため, 求めた時勢, 牽制し, 狙う敵方, 理解し, 生んだの, 産み頼朝, 疎むよう, 疑いむしろ, 盟主として, 真から, 真っ暗な, 眺める, 知って, 知らねえ奴, 知る者, 破つたが, 破ること, 立往生に, 筆頭として, 経て, 経家康, 罵りし憤慨, 自己の, 裏切って, 裏切りまた, 見かえした, 見た, 見た事, 見ながら, 見るに, 見る気もち, 見んと, 見上げた, 見捨てたも, 親類の, 観るに, 観る眼, 観時代, 討たずにおいて, 討ち取る好機, 討つべきこと, 討て, 訪い, 訪れて, 誘って, 説きつけるという, 論ず, 起せし尾張国, 迎うる, 迎えた, 迎え上げた, 迎え石山, 送り出しながら, 逸したこと, 長浜佐和山の, 防ぐつもり, 除いて, 顧みて, 養子という, 驚かせたといふ

▼ 秀吉~ (160, 2.7%)

7 家康との 3 いえば

2 [14件] アパートの, 争ふこ, 会った, 同じよう, 和を, 如水の, 官兵衛とは, 家康は, 対峙の, 対等の, 小牧山で, 干戈を, 彼との, 手を

1 [122件] いえここ, いえども, いえ家康, いふと, いよいよ対蹠的, かれの, この若い, ご会見, すぐ察しられた, その先頭隊, その直参たち, その軍, その軍旅, ちがって, どっちが, なお二言三言, なった, のるか, ふたりきりの, よく馴じん, 一戦を, 七八騎の, 三使の, 三成とは, 上杉家との, 不和である, 不和に, 並んで, 予て懇, 二日間を, 二者の, 伊那丸の, 会うて, 会うまでは, 会合の, 伯仲し, 信輝とは, 信長以前の, 信雄の, 信雄卿とは, 共通する, 切支丹教徒の, 勝入だけが, 勝入とでは, 勝入との, 勝家との, 協同し, 又左どの, 反對, 古い馴染, 同じく, 同じこと, 同じ尾張中村, 同年の, 同時に馬, 同行の, 名のりまする, 名のり本名を, 名乗って, 和し, 和し相, 和すこと, 和睦した, 和睦なされた, 士を, 大納言家康, 如水は, 媾和し, 安土に, 官兵衛とが, 官兵衛とを, 官兵衛らに, 官兵衛を, 家康と, 家族の, 対して, 対峙し, 対峙しうる, 対陣し, 少年とは, 弔合戦を, 徳川氏との, 思いを, 戦うべく意気, 戦ったの, 戦って, 戦つたが, 戦ひ後, 戦ふこと, 打合わせて, 摩耶の, 改名した, 数正との, 景勝とは, 月見せぬ, 氏政とは, 申しましたか, 申し清洲以来, 直面する, 相犯す, 眼を, 秀吉を, 秀吉自身も, 秀忠とは, 称すること, 答えるだろう, 織田徳川聯合軍との, 肩を, 蘭丸は, 蜂須賀小六の, 覇を, 言ふも, 話して, 諜し合わせ, 諮って, 講和し, 起居を, 足軽時代からの, 錚, 長浜が, 闘えば, 鼎坐し

▼ 秀吉から~ (76, 1.3%)

2 上洛を, 信長へ, 茶の湯の

1 [70件] いっこう冴えた, いとま, いろいろ問われた, すっかり甘い, そう優しく, そっと, そのこと, その捕縛, とがめられても, ひき合わされたので, ひそかに, ほとんど最後的, もらったの, ゆるされて, 一山へ, 二人を, 云いふくめられて, 云った, 云って, 付せられた条件, 便りが, 催促も, 先頃こういう, 光秀へ, 公に, 初めて三百七十石, 十三日付けの, 厚遇を, 取り上げて, 取次を, 名を, 吟味を, 命令が, 堀秀政へ, 官兵衛へ, 家康へ, 引立てられて, 得たの, 徳川家康の, 忌まれるべきでも, 愛されて, 数正の, 於次丸の, 日本側の, 明へ, 求めた誓紙, 特に付けられた, 特に思慮, 現在の, 疾く便りした, 私信で, 約された微々たる, 聞けば, 自己の, 許された天正十七年, 謙譲を, 豊前の, 貰いうけ, 貰って, 賞に, 賞めて, 質問を, 贈られた一樽, 逆攻, 進上する, 選ばれて, 金采を, 附けて, 陣中へ, 非常に

▼ 秀吉~ (50, 0.8%)

4 の御 2 がおこし, のご

1 [42件] からの直, から上杉家, から拝領, がわれら, が傍聴, が傍聴席, でご, にはひと方, にわりあてられました, の, のお, のお力, のかお, のところ, の力, の命, の威勢, の家臣, の密命, の将来, の帷幕, の手もと, の時, の胸中, の面, はあたたかい, はこんど, は伊那丸どの, は呂宋兵衛, は毛利, は美濃攻め, へすがり, への土産, への目見得, へよしなに, へ取りいったら, へ身, もかんにん, や徳川家康公, よりの御, をよびとめられ, 仰せられけるは

▼ 秀吉~ (44, 0.7%)

2 むかって, 向って

1 [40件] いったこと, おくらんと, これを, さし出した血書, しばしば苦境, ぶつけたの, 一書を, 不平を, 云った, 伝えれば, 何か, 便りも, 加担と, 加担の, 向ってこそ, 告げた, 告げようと, 味方を, 和睦の, 和議を, 報じ, 報告する, 官兵衛から, 宛てた幾通, 宛てて, 尋ねた, 年賀にでも, 復命すべき, 款を, 目見得の, 答えに, 訊ねた, 詫びを, 語るにも, 誰が, 贈る, 返簡, 達しられた内勅, 降を, 随身を

▼ 秀吉との~ (39, 0.7%)

2 会見は, 和睦にか, 間に

1 [33件] あいだに, あいだを, いきさつにも, はなしは, 不和は, 交情と, 交渉は, 使者の, 働きであった, 半歳にわたる, 単独会見の, 友誼は, 和睦が, 和解以後には, 問題である, 対戦に, 対立もはや, 対立観念も, 手切れも, 打合わせも, 接触は, 接近に, 義理合いもあっ, 腹芸を, 行きが, 親しみと, 談笑が, 長い長い友誼, 開戦が, 間の, 間は, 間を, 関係が

▼ 秀吉には~ (38, 0.6%)

2 つてサイコロを

1 [36件] おのずから秀吉, ここへ, さしたる武勇, しばしば禁園, そういう点, そう思われ, その懸念, とてもこれ, とんと分らぬ, にらまれて, ひと目見, もう一人, やがて秀吉自身, わかって, 五郎左の, 人の, 今は, 今日の, 充分, 分って, 到底そんな, 北近江より, 姉が, 実子が, 寸毫も, 心得難き, 心許なく思われる, 拾い物の, 故郷の, 早くから家康, 甚だ忠誠, 用の, 要意, 重大な, 頓着が, 頻りと

▼ 秀吉自身~ (36, 0.6%)

2 が認め, は淀君

1 [32件] からし, がいっこう, がこと, がそれ, が到着, が置き残され, が若, すらも, すら内心, の, の先駆, の出馬, の前線出馬, の力, の失敗, の心, の渡海, の素地, の説明, はずっと, はふつう, は伝統, は工人, まッ先, も, もじっと, もゆるし, も同月六日, も座所, も昼, も案外, 来て

▼ 秀吉~ (29, 0.5%)

1 [29件] からお, からきっと, からそっと, がお越し, がその, とも小牧, になり, にはさらに, には是, にも明け, に会わせ, のお, の傍, の大, の将来, の思し召し, の申さるる, の近習方, はやはりよほど, は仰っしゃいました, は私, へお, へ誓紙, へ近づいた, より御朱印, より心, をはじめ, を越水, 御自身

▼ 秀吉~ (27, 0.5%)

2 はある, はない, は無い, 有つた

1 [19件] あつた, かの女, さえ北陸, さへ, すら或, その側臣, それは, はありました, はなく, は無く, もある, もない, もなかっ, も無い, も無く, イヤハヤ大, 何と, 何といつ, 大いに心

▼ 秀吉とは~ (23, 0.4%)

1 [23件] いつかは, おのずから苦労, そこから, たがいに, つい先頃, とうに完全, 世界地図の, 何様だったろう, 何者だ, 全然逆, 反対で, 地勢の, 寧ろ仲, 心からゆるし合っ, 思わなかった, 手を, 比較に, 清洲時代からの, 父親が, 親戚の, 誰だ, 違うという, 違ふと

▼ 秀吉~ (22, 0.4%)

3 家康の 2 家康は, 家康を

1 [15件] ナポレオンやの, 信長を, 大御所の, 家康さえ, 家康に, 家康も, 家康や, 家康をさえ, 徳川家康に, 松井友閑なども, 柴田が, 柴田勝家は, 武骨な, 秀次も, 荒木村重の

▼ 秀吉~ (20, 0.3%)

1 [20件] で諸, として明らか, の, の先手, の兵馬, の寄手, の山之手隊, の手, の旗幟, の条件, の死者, の死者三千三百余名, の田中砦, の甲冑武者, の目, の軍勢, へつこう, へ加担, へ応ずる, へ自己

▼ 秀吉~ (20, 0.3%)

1 [20件] がちょうど, が展開, が山崎, が迫る, とのあいだ, とは途中, に倍, に帰し, のあと, のしっ, のすべて, の一銃隊, の大, の弓銃, の急調, の敗北, の方, の疾風迅雷, はあの, を打たなかった

▼ 秀吉という~ (19, 0.3%)

2 人は

1 [17件] のだった, もの, ものが, ものの, ものを, やくざ者賭博打の, 一将の, 主体を, 人物と, 人間は, 先輩な, 名を, 大将の, 実物を, 珍名を, 男を, 者の

▼ 秀吉家康~ (15, 0.3%)

2 の上

1 [13件] があれ, とあわただしく, という世界歴史, に至る, の人物比較, の小牧山, の硬軟二道, の関係, は勿論, もいい, をはじめ, を其殿, を除け

▼ 秀吉にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] より大きな, 一泡ふかせん, 何がな日常, 信忠にも, 劣らないその, 心待ちに, 感心した, 手に, 発して, 見られない書巻, 解け利家, 認められ殿上人, 語らず彼, 辱じた

▼ 秀吉への~ (14, 0.2%)

2 迎合から, 迎合といふ 1 お遺物, ことばであった, 修正的な, 反逆は, 否定を, 対立感と, 帰順小田原攻めの, 情誼上黙し, 親しみは, 賀の

▼ 秀吉さま~ (12, 0.2%)

1 [12件] からおかしく, からウン, のお気に入り者, の帷幕, の幾度, の麾下, は合戦, は山崎, へ大事, もお, もよく, も仲よく

▼ 秀吉としては~ (12, 0.2%)

1 [12件] この敵, その年, なお何とか, ようやく倦み疲れ, 勝家の, 大柄な, 天下の, 山城の, 当然な, 知って, 自身三木城に, 蟹江大野また

▼ 秀吉よりも~ (12, 0.2%)

2 信長よりも 1 いっそう天才, はるかに, 一層切支丹, 一足お先へ, 一足先に, 九つも, 人生に, 大のり気, 若く見えた, 非常に

▼ 秀吉どの~ (10, 0.2%)

1 お手, から遣わされた, と東海, には世にも, にわたし, のお, のさむ, の指図, へお, へ計らえ

▼ 秀吉~ (10, 0.2%)

1 で充満, と相対, の中堅, の方向, はおそろしい, は若干, は鼻唄, も命拾, を眼下, を突落

▼ 秀吉からの~ (9, 0.2%)

1 いいつけ, 内意へ, 心入れの, 手紙は, 早打が, 書面で, 派使は, 献議だ, 贈り物と

▼ 秀吉~ (9, 0.2%)

1 からおれ, からお前, から関白, がその, が智, とか義経, ともいえよう, と云っ, 俺の

▼ 秀吉と共に~ (8, 0.1%)

1 働くこと, 切に彼, 尾張の, 御出馬, 来て, 笑声を, 襲せ, 賤役を

▼ 秀吉より~ (8, 0.1%)

1 きつかり百年前, ほかに, 一つ年上であった, 六ツ年下の, 小さいくらい, 背の, 重治の, 陣中から

▼ 秀吉である~ (7, 0.1%)

1 から信長, から小田原陣, から秀吉, がこの, が当時, とか内輪事, 只今の

▼ 秀吉とて~ (7, 0.1%)

1 まだこの, 予の, 偽れぬ, 反け, 実は勝敗, 明日は, 気の

▼ 秀吉なども~ (7, 0.1%)

1 その組, ただ自己, もし十六, 主人信長の, 今いろいろな, 光秀の, 這般の

▼ 秀吉からも~ (6, 0.1%)

1 そういわれた, 一槍を, 五万石の, 心から惚れ込まれ, 戦捷を, 頻りと

▼ 秀吉にとって~ (6, 0.1%)

1 この北, せっかく平和, 両の, 北条氏は, 日本国中その, 重大な

▼ 秀吉に対する~ (6, 0.1%)

1 千利休より, 忿懣の, 礼の, 秘密の, 諸将, 軽蔑は

▼ 秀吉ほど~ (6, 0.1%)

1 では, な人, な人物, な神算鬼謀, な者, 周囲にも

▼ 秀吉時代~ (6, 0.1%)

1 からの古い, にあり, にわたる安土桃山文化期, に一時杜絶, に既に, に生まれた

▼ 秀吉~ (6, 0.1%)

1 の, の唐詩選, の文化, の絶大, は文化開拓, は更に

▼ 秀吉麾下~ (6, 0.1%)

1 の八千, の将士, の異色, の者, の面々, の黒田官兵衛

▼ 秀吉からは~ (5, 0.1%)

1 その日, 何の, 命を, 大もて, 将来も

▼ 秀吉などは~ (5, 0.1%)

2 凡そ世評 1 どの科目, まだ日吉, 何を

▼ 秀吉なる~ (5, 0.1%)

1 ものの, 人の, 名が, 対象に, 者の

▼ 秀吉にとっては~ (5, 0.1%)

1 何とも忘れ, 実は相当, 岐阜への, 慾を, 驚異である

▼ 秀吉よりは~ (5, 0.1%)

1 もっとお, 一つ年下であった, 五ツ年下だ, 家康でございます, 武門の

▼ 秀吉以下~ (5, 0.1%)

1 ではなかっ, の者たち, の軍, の軍勢, 近づくと

▼ 秀吉この~ (4, 0.1%)

2 有様を 1 山寨には, 眼で

▼ 秀吉ごとき~ (4, 0.1%)

1 に弄ばれ, はそもそも, 一将の, 小人物

▼ 秀吉であった~ (4, 0.1%)

1 がそう, が北国, と伝えられる, と気づく

▼ 秀吉といふ~ (4, 0.1%)

1 やくざ者賭博打, 人が, 王侯の, 親分が

▼ 秀吉としても~ (4, 0.1%)

1 当然その, 待って, 無理を, 精いっぱいの

▼ 秀吉以外~ (4, 0.1%)

1 にない, に背後, の誰, の諸侯

▼ 秀吉~ (4, 0.1%)

1 からは浅野弥兵衛, から検死, から見れ, の不利

▼ 秀吉ずれ~ (3, 0.1%)

1 に媚, の下, の乱臣賊子

▼ 秀吉だった~ (3, 0.1%)

1 か制令, が起きる, のか

▼ 秀吉だって~ (3, 0.1%)

1 信長の, 政宗を, 若いとき

▼ 秀吉であり~ (3, 0.1%)

1 その秀吉, その秀吉以上, その糾合

▼ 秀吉とか~ (3, 0.1%)

1 ナポレオンとか, 家康とか, 徳川家康とかいう

▼ 秀吉とが~ (3, 0.1%)

1 天下の, 小牧で, 恋い争って

▼ 秀吉として~ (3, 0.1%)

1 何ともすまぬ, 心づよい, 頗る効果的

▼ 秀吉とても~ (3, 0.1%)

1 主筋の, 問われれば, 粗略には

▼ 秀吉などとは~ (3, 0.1%)

2 ケタ違ひ 1 大きな差

▼ 秀吉にとっても~ (3, 0.1%)

1 このさき, 相当苦心の, 良敵を

▼ 秀吉はと~ (3, 0.1%)

1 いえば, つこうつ茶, 見ると

▼ 秀吉主従~ (3, 0.1%)

1 が泊りこみ, に勧める, は船

▼ 秀吉何者~ (3, 0.1%)

3

▼ 秀吉即ち~ (3, 0.1%)

1 上州に, 信孝の, 当時の

▼ 秀吉夫婦~ (3, 0.1%)

1 が側, のこう, は聖観音

▼ 秀吉対家康~ (3, 0.1%)

1 と見, の和睦, の手切れ

▼ 秀吉死後~ (3, 0.1%)

1 など北条家, の十数年間, の数年間

▼ 秀吉~ (3, 0.1%)

1 な情炎, な色彩, な駄々っ子精神

▼ 秀吉直属~ (3, 0.1%)

1 の二万, の部将, の高山右近長房

▼ 秀吉袋攻め~ (3, 0.1%)

2 の奇陣 1 の秘帖

▼ 秀吉こそ~ (2, 0.0%)

1 ゆるされるなら声, 自分の

▼ 秀吉すら~ (2, 0.0%)

1 初めて見る, 淀君の

▼ 秀吉その~ (2, 0.0%)

1 人を, 答を

▼ 秀吉たち~ (2, 0.0%)

1 に処置, は亭主

▼ 秀吉たる~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものも

▼ 秀吉だけが~ (2, 0.0%)

1 招かれた, 見えない

▼ 秀吉だの~ (2, 0.0%)

1 ヒットラアでも, 家康だ

▼ 秀吉だろう~ (2, 0.0%)

1 と, な

▼ 秀吉でも~ (2, 0.0%)

1 あの部屋, 文句が

▼ 秀吉~ (2, 0.0%)

1 ので, のです

▼ 秀吉など~ (2, 0.0%)

1 よく聞かされ, 水鳥の

▼ 秀吉においては~ (2, 0.0%)

1 嫌疑が, 日本の

▼ 秀吉にたいして~ (2, 0.0%)

1 一通の, 彼が

▼ 秀吉について~ (2, 0.0%)

1 参戦し, 宣教師たちの

▼ 秀吉によって~ (2, 0.0%)

1 実家の, 継がれたもの

▼ 秀吉に対して~ (2, 0.0%)

1 嘗て敵対行為, 尽すべき任務

▼ 秀吉に対しては~ (2, 0.0%)

1 一向利き, 肚の

▼ 秀吉ばかり~ (2, 0.0%)

2 でなくおよそ

▼ 秀吉ひとり~ (2, 0.0%)

1 が老母, して

▼ 秀吉ほどの~ (2, 0.0%)

1 人物は, 夢は

▼ 秀吉~ (2, 0.0%)

1 が要らざる, にまんまと

▼ 秀吉やら~ (2, 0.0%)

2 それを

▼ 秀吉らしい~ (2, 0.0%)

1 物云いであった, 豪快さが

▼ 秀吉らしく~ (2, 0.0%)

1 そこで彼, もない

▼ 秀吉を通じて~ (2, 0.0%)

1 二百目玉の, 信長へ

▼ 秀吉一箇~ (2, 0.0%)

1 の業, の独立

▼ 秀吉二十六万~ (2, 0.0%)

2 の大軍

▼ 秀吉以上~ (2, 0.0%)

1 なもの, の天才信長

▼ 秀吉~ (2, 0.0%)

2 する者

▼ 秀吉光秀~ (2, 0.0%)

1 などの当, の勝敗

▼ 秀吉嫌い~ (2, 0.0%)

1 また秀吉蔑視, を標榜

▼ 秀吉~ (2, 0.0%)

1 飼の, 飼ひ

▼ 秀吉怒っ~ (2, 0.0%)

1 て, て何とて

▼ 秀吉文化~ (2, 0.0%)

2 に彩られた

▼ 秀吉方無残~ (2, 0.0%)

2 の敗北

▼ 秀吉暗殺~ (2, 0.0%)

1 の壮図, の謀計

▼ 秀吉~ (2, 0.0%)

1 に家康, に徳川

▼ 秀吉殿~ (2, 0.0%)

1 とはどう, の御

▼ 秀吉直筆~ (2, 0.0%)

1 の書面, の迅速

▼ 秀吉笑っ~ (2, 0.0%)

1 て一女倭, て許さず

▼ 秀吉自身彼~ (2, 0.0%)

2 は今

▼ 秀吉自身智略~ (2, 0.0%)

2 にまかせ

▼ 秀吉退治~ (2, 0.0%)

1 のご, の相談

▼1* [225件]

秀吉あたりから後, 秀吉ありと見ゆる, 秀吉ある上に, 秀吉あるいは清正を, 秀吉あゝ左様か, 秀吉いつ攻め来んも, 秀吉使いを, 秀吉お腹が減りました, 秀吉東海の, 秀吉かの滝川一益を, 秀吉がとかいうすべての, 秀吉くんも遊び, 秀吉こういうと, 秀吉これにて見ん, 秀吉へ遠地, 秀吉さえも智謀を, 秀吉しんの, 秀吉じしんであろう, 秀吉じゃ筑前じゃ, 秀吉それを試み, 秀吉たる者之を容れぬ, 秀吉だけの行動を, 秀吉だけはこういう場合, 秀吉だつたか制令, 秀吉ちと疲れ気味にて, 秀吉ついに丹羽長秀筒井順慶長岡, 秀吉てえ人々は, 秀吉であったならわが神州, 秀吉でありましょうそれに, 秀吉ですからなあ, 秀吉でなければちょい, 秀吉とまでなったの, 秀吉とも親しく茶道, 秀吉とやらは信長の, 秀吉とを端的に, 秀吉などがここの, 秀吉などという者は, 秀吉などと共に多少生死, 秀吉などの戦国時代に, 秀吉などよりはずッと, 秀吉などよりは遥かに, 秀吉などよりも複雑で, 秀吉ならでは夜, 秀吉ならびに関東押えの, 秀吉なりとは, 秀吉なりの個性の, 秀吉なんかも酢でも, 秀吉にさえ憚られ, 秀吉にたいする敵意は, 秀吉にだけは反け, 秀吉にばかりでなく辺り, 秀吉に対してもひいては自身, 秀吉に従い幼君守立ての, 秀吉に従って西下し, 秀吉のみであった, 秀吉のみの中央舞台では, 秀吉のみを大に, 秀吉はかの浅井長政, 秀吉はかぶりを振っ, 秀吉はかろく鞍つぼ, 秀吉はねんごろに, 秀吉はもうとく長浜, 秀吉へはそっと齎され, 秀吉へも余り無, 秀吉またちょっと考え, 秀吉まで毒気を, 秀吉までが讃められ, 秀吉め天下に敵, 秀吉もちとあぐね, 秀吉もとより夢にも, 秀吉こ手を, 秀吉よく知って, 秀吉よと肚には, 秀吉は将軍方, 秀吉わずかな間, 秀吉をとほして, 秀吉アッと気付い, 秀吉ズカズカと大股, 秀吉ニ献ジ半右衛門ニ黄金一枚, 秀吉一人の手, 秀吉一流の大見得, 秀吉つつかながら, 秀吉中心の本, 秀吉丹羽長秀細川藤孝池田信輝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆などあらかた, 秀吉主力の湖西進撃軍, 秀吉を呼び出し, 秀吉にも秀吉, 秀吉亡き後の, 秀吉人間誰もの心, 秀吉今宵がうち, 秀吉以上熟知して, 秀吉以下すべて本丸その他へわかれ, 秀吉以下主力の出払った, 秀吉以下堀尾茂助の帰り, 秀吉以下手をかざし, 秀吉以下部将たちの顔, 秀吉以下黒田官兵衛その他不眠不休にその, 秀吉以来の古, 秀吉但馬播磨のうち, 秀吉使いに向い, 秀吉信太郎雅治といい, 秀吉信孝の手, 秀吉信雄両名, 秀吉がはつきり眼, 秀吉先手の兵, 秀吉もまた, 秀吉公東照宮様と代, 秀吉公西をごらん, 秀吉公黄門様は水戸様, 秀吉に好んだ, 秀吉其夜屡小便ニヲクル, 秀吉出でて日本, 秀吉分国ノ徒党ハ云フニ及バズ, 秀吉初めて額を, 秀吉利家の間, 秀吉加担に傾いた, 秀吉加藤清正は清正, 秀吉勝家決戦の機, 秀吉勢力の推進力, 秀吉博士によって開拓, 秀吉名護屋に本営, 秀吉にのみ聞い, 秀吉在世当時を見, 秀吉壁越しに聞き, 秀吉大坂を発し, 秀吉夫人の側, 秀吉夫妻のめずらしい, 秀吉奨励もせん, 秀吉如き人を, 秀吉始め下手ながら国風, 秀吉始め麾下の諸, 秀吉子飼いの荒武者, 秀吉安土へ上府す, 秀吉家康たちも舞台, 秀吉家康三代にわたる日本統治者, 秀吉家康以外の人々, 秀吉家康清盛などの部分部分, 秀吉寧子の夫婦, 秀吉対信雄とは考え, 秀吉対勝家の, 秀吉対家康信雄の二, 秀吉小児を抱い, 秀吉小田原征伐の際, 秀吉山崎の一戦, 秀吉左馬介を憎ん, 秀吉帷幕の実権, 秀吉床几から立っ, 秀吉往々威喝を, 秀吉征伐の大計, 秀吉後顧の憂い, 秀吉得意の腹, 秀吉身たり, 秀吉感情は少し, 秀吉懐柔の策, 秀吉或は拒んで, 秀吉をふっ, 秀吉指揮下の隊, 秀吉攻勢の浸透, 秀吉攻撃の口癖, 秀吉数人のみ, 秀吉於義丸等を殺すべし, 秀吉施主のもと, 秀吉旗本である, 秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 秀吉更に進んで, 秀吉朝鮮よりの返答, 秀吉末期までは政治, 秀吉来ると聞いた, 秀吉来れりと云っ, 秀吉東下の事, 秀吉東海に家康, 秀吉柴田勝家森可成, 秀吉柵外に出た, 秀吉正直のところ, 秀吉の後室, 秀吉死なず戦いに, 秀吉歿後いくらか異教徒, 秀吉殿以下の者, 秀吉気勢を一手, 秀吉決して驚きませんが, 秀吉津島から長松, 秀吉の戦略, 秀吉淀君蒲生氏郷などの生理的症状, 秀吉のなか, 秀吉満面に朱, 秀吉滝川一益など, 秀吉勢江出馬之, 秀吉独自のもの, 秀吉生駒親正木村隼人を天王山方面, 秀吉町人の家康, 秀吉発言の際, 秀吉的政治は前, 秀吉礼讃が成り立つ, 秀吉福島市松中山左伝二人を連れ, 秀吉笑いて他, 秀吉は皆朝廷, 秀吉がしきりに, 秀吉美濃三人衆等に囲まれ, 秀吉聞いて日本, 秀吉をならべ, 秀吉自らは第, 秀吉自ら亀山城に佐治, 秀吉自体の教養, 秀吉自身楽田の軍勢, 秀吉菊五郎の柴田勝家, 秀吉著唐詩選全釈, 秀吉蔑視の男, 秀吉西下の時, 秀吉を一, 秀吉討死と聞えたなら, 秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 秀吉して, 秀吉を拭い, 秀吉近侍の小姓組, 秀吉過分な大任, 秀吉金冠を戴き, 秀吉長浜時代の加藤虎之助, 秀吉の不和, 秀吉関東征伐は今, 秀吉阻止の策, 秀吉随身の者, 秀吉非難が滝川, 秀吉飛鳥にもせよ, 秀吉馬廻りの面々, 秀吉黒茶碗感じが実に