青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祠~
祭~
祭り~ 禄~ 禅~ 禍~ 福~ 禮~ 秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~

「祭~」 3056, 29ppm, 3975位

▼ 祭~ (1106, 36.2%)

36 日に 18 日の 10 日には 98 ために, ように, 日を, 時に, 際に 7 ような, 夜の, 太鼓の, 日が 6 前の, 日は 5 ことを, 後には, 行列の, 頃に 4 やうに, 前に, 夜に, 庭に, 日, 話を, 週の

3 [24件] あとで, あとの, ことで, ことは, ときの, やうな, 中心と, 事を, 前夜の, 夜は, 夜を, 姿は, 季節に, 家へ, 後に, 時にも, 時は, 晩に, 準備を, 用意に, 祝詞の, 行列を, 話は, 週に

2 [65件] ある折, たび毎に, ための, ときに, ときには, ない月, のち時花歌の, 一条で, 一条は, 上席に, 中に, 人出が, 仕度が, 儀を, 入つて, 前夜には, 前日の, 前觸, 口を, 場に, 夕, 夜が, 夜紫宸殿の, 太鼓まだ, 季節だ, 宵祭の, 家までは, 幹事を, 庭へ, 当日には, 後すぐ, 思想に, 恋歌を, 戦車競技に, 折お, 掛小屋で, 支度で, 方は, 方へ, 日と, 日などには, 時には, 晩の, 景気を, 朝の, 木に, 楽しさ, 歌と, 準備で, 準備として, 濟みぎはの, 相談を, 真中へ, 祝いに, 祝詞に, 稽古囃子が, 行列に, 見物に, 詞から, 賑は, 踊りから, 週が, 雑沓の, 頃には, 鬼の

1 [703件 抜粋] あいだは, あるお, あるとこ, ある前, うれしき月, おかげで, おつかい, お供物, お囃子, お客で, お客に, お祝, お祝いを, お神輿が, お餅, かずかずの, かへさ, ことが, ことだった, ことな, ことについても, ころイタリアパドワの, ころ渡した, ごときは, さらに, さわぎだ, それも, つき物, ときだつた, ときどういう, とき人間の, とき十字架を, とき君が, とき小, とき水瓜, とき神官が, ところは, ところへ, とりどり, どよみを, ない節供, はじまる丑, はなしを, ひと日, めでたく終る, やうなぞ, ようだ, ようだった, ようで, をり, アト・ホームが, カムズが, クリーチは, ダンス・パアティが, デモンストレーションの, ニイや, ビラ, マチネー, モスコー広場に, ランナーに, 一つに, 一人に, 一夜あはれにも, 一条が, 一条に関する, 一条の, 一般共通性などは, 一週中に, 三日前から, 世の, 世話人の, 世間師泣かせ, 両方の, 中心を, 中心人物として, 中日という, 予備の, 事だった, 事は, 二三日前に, 二日めの, 人ごみの, 人を, 人数は, 人混みへ, 今は, 今夜一夜だけは, 今朝見つけ, 仕方は, 代表的な, 仮装衣裳飾り物花瓶装身具や, 仲間に, 仲間入を, 休みの, 休を, 休暇を, 会場である, 会計を, 余興に, 余興相撲で, 來ん, 例に, 供へ, 供物に, 供物働く, 傅統が, 催しに, 催物の, 儀式には, 儀式は, 儀礼からも, 儺負人や, 兆候と, 光景を, 共同が, 内容も, 写真を, 分裂した, 列に, 列の, 初めを, 初日で, 前って, 前には, 前一日, 前夜か, 前夜という, 前夜バジル神学校の, 前夜又は, 前後だった, 前後必ず, 前日, 前日に, 前日ほとんど, 前日夕方近くな, 前触, 前週, 午後で, 卵が, 卵の, 口上だけ, 古伝の, 句だけに, 右翼と, 合唱を, 名は, 名殘, 周旋人は, 唄, 唱歌隊舞踊隊, 囃し鳴物, 囃子や, 固き自明, 地であろう, 執法僧官シャーゴ, 執行せられた, 場, 場合祓へを, 場所に, 壇を, 声が, 外に, 多い月, 夜その, 夜とでも, 夜には, 夜ばかり, 夜も, 夜らしい, 夜シル, 夜チェホフが, 夜ルイコフの, 夜別れ, 夜吉原の, 夜宮には, 夜巷の, 夜店で, 夜我等の, 夜景は, 夜白衣の, 夜空かな, 夜空に, 夜総ての, 夜群集の, 太鼓は, 太鼓わつ, 奉仕者は, 奉納余興で, 女房の, 如きは, 如きも, 如き初夏, 如き大祭, 如き式張り, 如き輿, 如く京都の, 始まる少し, 始を, 姿なり, 娘であった, 娘に, 客と, 宵であった, 宵と, 宵宮に, 宵宮の, 宵祭で, 家に, 家の, 宿に, 宿を, 寄附に, 實行方法を, 射的ででも, 山車を, 巷に, 席に, 帰りぎわ混雑を, 幄舎に, 年久しい, 幹事な, 座に, 庭であります, 庭は, 庭も, 庭を, 式に, 式には, 式は, 式ばかりは, 式作法に, 式行はる, 強飯の, 当日である, 当日でした, 当日と, 当日の, 当日までに, 当日人々が, 当日大隈故, 当日思い思い, 当日私は, 当日遊びに, 形であろう, 形骸だけが, 後こ, 後ならで, 後の, 後四十余日昇天祭の, 後念仏を, 御祓には, 御馳走である, 御馳走は, 忌あけには, 思いを, 恋歌は, 恐れは, 悪口を, 意に, 意味が, 戦車競技の, 手を, 手伝いに, 折に, 折の, 折も, 招きに, 招待が, 提灯が, 提灯を, 支度を, 支度法事祝い事の, 放免の, 方が, 方を, 方賑し, 施主と, 日から, 日ごとに, 日だった, 日であった, 日であり, 日である, 日では, 日など, 日などは, 日なりけり, 日にのみ, 日にばかり, 日の出來事を, 日までに, 日みたいだ, 日らしい, 日らしく着, 日をさえ, 日寢あかぬ, 日本一太郎の, 日美くしき, 日葵橋ゆく, 日赤い, 明日を, 明月に, 時なぞ, 時など, 時などで, 時よりは, 時一週間ばかり, 時分から, 時分なれ, 時分に, 時廓に, 時教父の, 時裸の, 時金棒引に, 晩だった, 晩には, 晩を, 晩餐を, 景氣に, 晴着も, 晴着を, 曲馬団, 月と, 月に, 朝ミュンヘンの, 期日が, 期日の, 期間中メーンストリートは, 木と, 末は, 条に, 条文に, 案内に, 案内状が, 楽しみの, 様子は, 様式の, 様相も, 樂と, 機会に, 欠くべからざる供物, 歌の, 残り物, 残暑かな, 気分が, 気分を, 気味には, 法だ, 法よりも, 浪に, 海ゆきと, 混雑の, 済むまでには, 済んだあと, 渦の, 準備に, 準備は, 準備即ち, 漢字採用以前の, 濟むこ, 濟んだ, 火の, 灯に, 灯の, 為の, 片鱗が, 物忌を, 物見高い人垣, 物語を, 犠牲に, 獅子, 用に, 由で, 由來を, 番だ, 當日には, 疲れも, 發起人の, 白い仔羊, 盛んな, 相談でも, 真似を, 真唯中, 真相を, 示威の, 礼を, 祈祷だの, 祝を, 祝詞と, 祝詞などでも, 祝詞などは, 祝詞は, 祝賀の, 神歌には, 神社である, 神遊びが, 祭場であった, 稚児を, 種類と, 競馬に, 竿の, 笑い歇むのを, 笛吹き, 第四週, 笹竹を, 答には, 節キリスト教徒が, 範囲は, 精進は, 系統が, 紐育の, 終りにも, 終りを, 縁つづき, 縁日なぞに, 美女がちやん, 翌日だった, 翌日の, 職や, 肉は, 腰を, 自由な, 興を, 色つけ卵の, 艶なれ, 花火であろう, 花車と, 花車や, 藁人形あり, 藁人形には, 行わるるとき, 行事など, 行事などに, 行事の, 行事も, 行列にぎやか, 行列には, 行列みたいに, 街で, 街は, 表情は, 見せ物に, 見物と, 計画も, 記, 詞の, 詞も, 試合から, 話でも, 話に, 調楽に, 謹慎の, 議會の, 護法実と, 豪華さにも, 賑いを, 賑やかさは, 賑わいを, 賓客として, 起りで, 足を, 踊に, 踊りを, 踊を, 踊場で, 身柄は, 車過て, 近づいた春, 迫った十日, 追憶は, 週は, 週間だった, 遊びそれからまた, 運びに, 過ぎた後, 遠音も, 遺跡である, 野外の, 鉾や, 録音で, 鐘の, 鐘は, 間のみ, 間俳優らが, 陽気な, 際には, 際綾羅錦繍の, 集まりを, 雑沓な, 雑踏とを, 露店に, 頃, 頃寺院に, 頃本郷の, 風流男とを, 飾りか, 飾りの, 馬鹿騒ぎの, 騒ぎを, 黒い瞳

▼ 祭~ (308, 10.1%)

15 して 6 行ふ 5 見に 3 した, する, すること, するという, するもの, 営んだ, 期して, 行うの, 見ようと

2 [16件] すると, するの, するよう, する人, する時, する村, する風習, やって, 営んで, 機会に, 盛大に, 看るに, 行うこと, 行った, 行って, 記念する

1 [223件] あとに, いう, いたすであろう, いとなむと, いとなむ神社, うけても, おこなう人, おこなう宮殿, おほ, かけて, この二十三日, この日, させるという, させるとか, されて, したから, したこと, しただけ, したと, したという, したもの, したもん, した時, した記念, した遺風, した頃, しない月, しましょう, しようという, すべき日, するかと, するとは, するなどと, するのに, する家屋, する島, する年, する度, する感覚, する日, する毎, する民, する永い, する神, する臨時, する農民漁民たち, する風, せぬ者, せねば, せん, そう呼び, そなえ涙, たつた二度, なさしめた処, なさるの, なしたの, なし孝愍皇帝, なす, なすに, ぶち壊した群れ, まねて, むかえようと, もよおした神主, やったの, やった時, やめさせようという, やりました, やる, やること, やるという, やれば, よく勤める, オコナイと, ソウミン祭と, 一名屏風祭とも, 三箇で, 五月頃真夜なかに, 享け, 享けたまう, 享ける, 今ここに, 伴ふ, 伸子と, 修す, 修せしめた, 修業としての, 催さぬの, 催しいささか, 催しその, 催した, 催した時, 催して, 催しながら, 催す事, 全国にわたって, 共にする, 別に, 助けかく, 勤めたため, 受けずわが, 受けに, 受けまた, 同じ八月, 営みやはり, 営み従って, 営み得るわけ, 営み酒宴, 営むこと, 営むという, 営むに, 営むにも, 営むよう, 営む例, 営もう, 営んだこと, 営んだといふ, 嘗と, 執り行, 執り行う, 執り行ったこと, 境として, 大よそ, 夫人に, 好ましく思ひ, 始めたと, 始め大, 嫌つて留守を, 完全ならしめる, 当て込みて, 当て込み今日, 当て込んで, 待ちわびて, 待ち兼ねて, 待つため, 怠った制裁, 悦んで, 意味し, 感深く, 慎しみ営むなら, 持つとい, 掌どる, 掌る, 控えて, 控へて, 擧行した, 敍したる, 施行する, 日本で, 書けという, 本社の, 来させる準備, 東北や, 機會に, 済ますドイツ人, 為るかと, 照し, 燕待つ, 申し謹み仕えたの, 皮切りとして, 盆と, 目の, 相手に, 看る, 知って, 知つてゐる, 知らないの, 石に, 祝う, 祝うきょうび, 祝し合つたの, 祝ったの, 祝って, 祝ふために, 祝ふための, 祝わせるため, 終った, 終ること, 総参り, 背景に, 致して, 致しますと, 致し岐陽王, 行う, 行うが, 行うため, 行うと, 行うので, 行う例, 行う習い, 行う類, 行ったの, 行った後, 行った教会, 行つた, 行ひ, 行ふた時の, 行わないと, 行わぬから, 行われたマルクス, 表示し, 見くらべて, 見し貧家の子幸, 見せたこと, 見せに, 見たいと, 見たいとか, 見たくて, 見たくなきゃ千鶴子さん, 見て, 見ね行った時, 見ること, 見るため, 見るの, 見れば, 見物に, 観た筈, 観て, 迎えるため, 遊ばされて, 録音した, 開けば, 音楽つきで, 高槻で

▼ 祭~ (207, 6.8%)

3 他の, 笑い出した 2 ここで, 午後でない, 噴き出した, 町から, 考えた, 言った

1 [189件] あった, あつた, あの袋, いかにも子供, いかにも極り, いつか昨日と, いつも小, いまだに詳しい, おかしい言葉, おろそかでなかった, きょうで, こうして恙, この問題, この市, この方, この記念, これにて, さう, さつそく咳払い, しても, すっかりどぎまぎ, すなわち田植, すべてそこで, すんだと, すんで, そういうもの, それに, とても笑い, どうだった, なさるの, びつくりし, ほとんど例外, また六騎, また笑い出した, まだかの, まだなかなか盛ん, まだ一度, まだ來, まだ子供, まだ続い, もうかるもの, もう一層凄い, もう一度改めてこの, やめるの, やや悠長, ゆうべで, わが帰省中, わが爲, ウエールズの, ギオンに, ハアハアいつ, ムッと, レーリー総長の, 一年に, 一番熱心で, 一週間の, 三月の, 三月末の, 下の, 不気味に, 主として其処, 九月十五日十四日の, 乾小屋を, 今から, 今宵から, 今度は, 介添人たり, 何日だつた, 何神社の, 何遍目を, 佛蘭西から, 例年以上賑わっ, 俄かに, 儀を, 全く我心, 全く釋詁, 八月十五日と, 内の, 再び手, 出来ない, 出来るだけ, 刈り上げ祭りの, 初められた, 別に, 前年の, 労働者を, 動物学者の, 勞働者を, 勿論どう言, 十一月である, 十一月四日または, 十年たっ, 十月初旬から, 又慰安, 古い祭, 古くは, 同じもの, 同じ四月, 同じ部屋, 呟いた, 呟いて, 四月三日に, 声を, 夏至祭であった, 大きいもの, 大へん, 大倭宮廷の, 大嘗祭の, 大変賑やかやった, 大王廟の, 女性的だ, 始まった, 始まりました, 婦人達と, 季節の, 家々の, 家に, 密かに, 小卓, 小生が, 少し前, 居酒屋へ, 山車も, 常から, 平年よりは, 強制しない, 彼邦には, 思い出した, 思った, 手を, 打傷の, 敵の, 新嘗祭の, 既に済ん, 明らかに, 春と, 昨秋土地の, 昭和十九年だった, 暮れぬ, 有る, 村の, 橋の, 正月に, 正月初めの, 正月十四日なり, 此である, 殆ん, 毎年正月十五日に, 毎年秋に, 氏后によって, 津島祭の, 済んで, 溜息を, 漢土には, 父を, 特に尊き, 獨立した, 甃石道に, 生き御, 用心し, 皆この, 盛んである, 盛んは, 睦月の, 祭でも, 祭服の, 空想し, 笑いだした, 笑い出して, 絶えて, 自分の, 興奮し, 茶を, 行はれた, 複雑な, 見たくないもの, 親族朋友の, 訴へる, 起き上がって, 近世の, 通例町の, 鄭重を, 闌なり, 静かな, 韃靼人には, 高い岩壁, 魚を, 黙って, BC何世紀の

▼ 祭~ (205, 6.7%)

3 間に合うよう 2 なった, なって, なると, 一冊の, 出て, 呼ばれて, 関係した, 際会し, 集まって

1 [184件] あたる, あと三日という, あやめ団子, ある先輩, いう, いくらかの, いく子どもたち, おどる踊り, お春, きっぱりと, こしらえて, この弥勒歌, この軍艦, こんなくだらねえ, さきだつ一週間, さきだつ七週間, さへ, されて, したいと, そのおばあさん, それは, つれて, なぜ林檎, なつた, なにか, なんとし, のりだしたわけ, はぐれやしめえし, やあ村長殿が, やはりこの, ゆくまでは, よく似, よりて, わざわざ祭壇, カテリイヌにも, キリストを, ダリヨは, ハルモニュウムを, バンドマスターの, パリの, パリへ, フレッドさんが, モスクワへ, 一週間の, 上演される, 世界各国から, 乗じて, 乗込んで, 仕える者, 仕奉る神, 他の, 会釈し, 伴なう, 伴の, 似た意味, 似る, 佐太郎は, 作るヒトミダンゴ, 使う皿, 使われる専門家, 來り臨む, 供せん, 供へ, 催す村芝居, 先だつこと一日, 先だつ数日前, 先つ, 先立つ六週間, 全校生, 出すの, 出できといふ, 出なければ, 出ましたな, 出るという, 出る放免, 出初めや, 出席した, 出掛けたの, 出掛ける, 出来たもの, 出逢, 列し死しては, 列すること, 列席した, 初めてその, 匹敵し, 参じた, 参加した, 同じ事, 向って, 呼ばれ明日, 唱えた言葉, 夥しい犠牲, 夥しい犧牲, 大統領が, 奉仕する, 対応し, 對し, 小兼, 就いて, 就ての, 屋根の, 山車の, 巨額な, 帰ったが, 弘法法然は, 当つて, 当る, 彼が, 往くごとくなりき, 御代替り, 急の, 招かる, 招かれて, 招待した, 拠ると, 持ち出す桙, 接して, 新嘗, 於いて, 於いても, 於けるシャーマン, 是非働かね, 會せり, 村の, 来た時, 来て, 来ましたがね, 松を, 歌にまで, 歌を, 此山の, 此戯あり, 歩いたり, 殊に, 毎年行われる, 決して自分勝手, 沸きたたせた, 法事に, 涜れ, 演じられた仮装舞踊劇, 牛乗式が, 犧牲を, 用ゐる, 田楽舞が, 町の, 発しそれ, 的射を, 目の, 着飾らせたわが, 矢を, 砂の, 社参し, 私を, 立つ放免, 紛れて, 絡んだ遺恨, 縁あるべき, 縛られる印度民族, 美くしい, 肝要である, 花が, 花を, 行かれて, 行きたいと, 行つた事を, 行ふ, 見ても, 訊いて, 詣ずる, 読む経, 身を, 軍部にたいする, 迎え送らるるナルコ神テルコ神, 近いの, 遇った直樹, 鉄兜の, 間に合うこと, 間に合わないから, 関係の, 雪子の, 音楽を, 飴屋が, 鶏の

▼ 祭~ (191, 6.3%)

7 あって, すむと 4 ある, 行はれ 3 ありまた, あるの, 行われた, 言う 2 あつて, あるので, 来て, 来ると, 終ると, 言った

1 [145件] あった, あったこと, あつた, あります, あり二代目, あり八百七名, あり各, あり毎年, あり稲ちゃん, あり舞人, あり録音, あるが, あること, あるさ, あると, あるという, あるもの, ある日, おこなわれるの, お経, きて, この二つ, この連中, この頃, さあかえた, しばしば外敵侵犯, すきである, すむとともに, すむ途端, すんでから, すんで後に, その中, その時, その通り, その長い, それな, つづき一番あと, つゆ晴れ, できるよう, どういう規模結構, どうした, どうなっ, どんなもの, はいって, はじまった, ふゆと, また一種, まつりである, もう四五日, やって来る, やりたか, やれないので, チョコチョコと, ペンを, 一つだけ, 一九二八年に, 一人のこった, 三ヶ月連続に, 上野に, 不浄の, 乗って, 今でも, 今年ある, 來ました, 催されお, 催されこ, 催されそして, 催され次, 全市こぞって, 八歩かぞえる, 冬と, 冬の, 十九日に, 又見もの, 取り持つ緑, 可なり, 各地で, 同刻, 執行されます, 好きであった, 始って, 始まるから, 娯楽の, 娯樂の, 平和祭と, 待ち遠い, 後ろから, 必ず恭謹, 数においては, 新嘗祭に, 施行される, 明年に, 明日だ, 春の, 最も大切, 本当だ, 村, 来た, 来るたび, 来るたびごと, 来る丁度, 極彩色でと, 歩いて, 氏子の, 永い歳月, 済んで, 済んでから, 滞りなく, 盛んに, 目当てだった, 祝われて, 秋其に, 笑い出した, 終って, 終れば, 絶えたこと, 絶えるとかいう, 繁昌すれ, 行はれた, 行はれたる, 行はれる, 行わるる予定, 行われた坪内逍遙博士, 行われて, 行われる, 行われること, 行われるの, 誰ん, 起つた, 起つたので, 近いた, 近い頃, 近づいた, 近づいたので, 近づいて, 近づくが, 近まっ, 近付いて, 通つてゐる, 過ぎて, 過ぎても, 過ぎれば, 過ぎ北方, 非常に, 食いだしたの

▼ 祭~ (85, 2.8%)

3 いって 2 そして早, なって, よく似, 云うの, 云はれ, 同じ意義, 呼んで, 称し

1 [66件] あっし二人だけ, いうと, いうとの, いうので, いうよりも, いえば, いっても, いひ十二月, いふ, お萩に, お萩の, この武蔵府中, し云えば, ちがって, であった, なったの, なり全, なり又, なり毎年平和祭, なれば, ぼくとは, カーチャと, フォン・コーレンは, 一緒に, 並んで, 云っても, 云ってる所, 云ふも, 動物学者の, 同じからん, 同じ頃, 同日に, 同様の, 大書した, 女の, 季節, 対立し, 幣帛の, 我邦の, 接吻を, 清暑, 烏の, 申す方, 神楽の, 神社の, 祭の, 称し酒香酢脯, 称し麦, 稱ふ, 翌年の, 自分の, 芝居見物とを, 見えて, 言って, 言はれ, 言ふ, 言ふも, 言われ隔年, 記して, 誌し, 諦めこれ, 譯すべき, 重って, 降誕祭とに, 顔を, 騒動とは

▼ 祭~ (59, 1.9%)

4 あつた 2 知己の

1 [53件] あの名高い, い, いて, おしょうろ, お暇, この日, これも, さ, たいていの, どこの, どのへや, ね今頃, みた事, もうけたもの, サーカスを, ドンチヤン騒ぎ, 人びとの, 人出が, 仮装の, 何んの, 例年通りお, 出来あって, 出逢, 及ばない, 四月八日を, 堀田道空が, 売られる物, 大人連は, 大分入りが, 山木家の, 帰省し, 應分の, 日本一太郎と, 早引けだ, 明日は, 楽しい, 機関助士は, 河原に, 済んだこと, 町は, 皆んな張りきつ, 皆んな張り切っ, 神官が, 花火や, 若い衆が, 茶番狂言が, 街は, 表通りを, 評判の, 還暦作家祝ひと, 里神楽, 鞍馬の, 馬の

▼ 祭には~ (50, 1.6%)

2 ないの, 良家の

1 [46件] お互に, お渡御, お誂, きまって雨, とても純, なくては, なぜか, なんとか間に合わせたい, ひとり庁の, ぶざま, よく時間, 一匹だ, 三把の, 会社が, 土穂餅または, 夜八つの, 女が, 小児が, 屡政治的策略, 岩村先生が, 怪しい事, 怪物が, 悲しげ, 新稲, 族中男女尽く, 有名な, 杉の, 東京からも, 歩を, 歯が, 水着を, 牛を, 物忌と, 特に後, 相應, 私は, 稼ぎに, 色々好い, 花踊が, 衆人と, 諱忌の, 赤飯土用中には, 近在の, 間が, 間に合わずただ, 青簾を

▼ 祭~ (39, 1.3%)

1 [39件] あるが, いよいよ旬日, これに, さらばさらば, しだいに度, する, せずに, その一つ, なかった, ほんのすこし, またネンブリ, まだ全くは, もうとっくに済んだ, やはり行われ, 一緒に, 例外とは, 全く衰微, 同じよう, 変れば, 寧ろ平常, 少なくは, 日曜も, 早とうに, 明日の, 来て, 決して粗末, 済んで, 無いとは, 祇園会の, 窓の, 終ったの, 終りけり, 絢爛として, 近づいた四月一日, 近づいて, 過ぎて, 部落を, 鍋一つ, 駄目で

▼ 祭~ (38, 1.2%)

2 の夜, の日

1 [34件] ありて, で近年, と宗教的行事, などには恐ろしく, なり, なり其外三女神, には神輿, に出, に勇, に參加, に彼猿, に御輿擔, に産穢, に見初めた, に馬, のあつ, のある, のごとく, のやう, の境内, の季節, の時ぐらゐのものでした, の歸途, の第, の節, の翌日, の行列, の雨, は今日, は四五月頃, は淋し, をもう, を思ひ浮べ, を見

▼ 祭~ (36, 1.2%)

2 謝肉祭の

1 [34件] お六, ニコラウス様の, 三春駒など, 墓詣り, 大祓へに, 奴隷や, 宗教式典の, 室寿ばかり, 山口祭の, 式の, 村の, 正月において, 正月十一日の, 物詣などに, 盆や, 盆を, 祇園御霊祭りや, 祇園祭など, 祓などの, 祝ごとの, 祝宴の, 秋祭あるいは, 節日に対する, 縁日を, 蚤取粉打つ, 行事と, 行事の, 踊りに, 踊りの, 踊りを, 辻占と, 辻占の, 遊山の, 麦の

▼ 祭つて~ (31, 1.0%)

5 あります 3 ゐる 2 あつて, あるから

1 [19件] ありました, ある, あるが, あるの, あるらしいが, あるバツカス, ある事, ある八神, ある奥, ある所, ある浅間, お寢, お還り遊ばされました, その怒り, どんなこと, ゐた禮拜物, ゐるの, ゐるのに, 居り田舍

▼ 祭という~ (27, 0.9%)

6 ものが 3 のが, のは 2 のを, ものは

1 [11件] うちにも, ことが, ものを, 催しが, 口言葉は, 大祭の, 娘でしょう, 理科大学学生年中行事の, 背景については, 言葉の, 語も

▼ 祭~ (26, 0.9%)

4 ねえ 2 宵宮の

1 [20件] からそれ, からゆ, から九時半, から宵, から蒟蒻, から飯, が祭, つた天候険悪で, つて, という, という日, といっ, とか是, と云, と感心, なうまた, ネ, 余, 公然も, 町内の

▼ 祭にも~ (15, 0.5%)

2 供物一つ持っ

1 [13件] いつもの, かの古今集, しないの, ぬさ, 出られず出仕, 招かれて, 来て, 用ゐ, 色々ある, 行けなかった, 行った, 調度掛という, 関聯し

▼ 祭~ (15, 0.5%)

1 [15件] に, に尹, に酔うた, の其道, の女, の措置, はひどく, は信じない, は愧, は汝等, は義舍, を向井, を見, 各, 程畿

▼ 祭~ (11, 0.4%)

2 行く 1 いつたそこ, 勅使と, 参詣する, 夫れ, 来たの, 続く芒野, 行きたくな, 行く連中, 行こう

▼ 祭でも~ (10, 0.3%)

1 あるらしい降りて, ないあの, ない遊戯, なし, やること, やろうかとの, 執り行って, 渡りそう, 血祭りだ, 行われる時

▼ 祭まで~ (8, 0.3%)

1 いなきゃつまらない, これが, 六カ月の, 土地に, 床磨き人は, 碧瑠璃海岸一帯に, 見たから, 豊後に

▼ 祭~ (8, 0.3%)

2 に当 1 には勿論, に其村, に於, に祓, に行, の宮廷

▼ 祭物見~ (8, 0.3%)

2 の人ごみ 1 の, のし, の前, の前後, の大, の大衆

▼ 祭~ (8, 0.3%)

1 といひ, といふこと, に反, の儀式, の風, の風俗, も他, を一種

▼ 祭見物~ (8, 0.3%)

2 に出掛けた 1 に出, に来, に登られ, に行, に行った, の

▼ 祭~ (7, 0.2%)

2 何かの 1 コースチャから, 五百年祭かの, 何かを, 斎柱祭の, 法事の

▼ 祭とか~ (7, 0.2%)

1 五十日祭とか, 何とかある, 式典とか, 田舎とか, 申す日, 葬とか, 虫送りとか

▼ 祭とは~ (7, 0.2%)

1 いえ, いかなる関係, どんなもの, 何の, 名ばかりで, 言っても, 遙かに

▼ 祭または~ (7, 0.2%)

1 ホウス祭という, 停車場へ, 御用祭と, 御的射, 瀬祭などの, 稲作に, 親の

▼ 祭~ (7, 0.2%)

1 にも彼, にトルレス, のこの, の日曜, の金曜, までモスクワ市, 斎忌の

▼ 祭~ (7, 0.2%)

1 さ連で, には棧敷, にゆきし, に参っ, に或は, に行く, に誘ひ得たる

▼ 祭から~ (6, 0.2%)

1 アメリカじゅう一せいに, 出て, 十月までの, 始まって, 枕に, 起つて

▼ 祭では~ (6, 0.2%)

2 なかった 1 これを, なくまた, 投げ遣らずに, 此点が

▼ 祭らしい~ (6, 0.2%)

1 ものだ, 一日を, 威厳と, 日を, 気分が, 気分に

▼ 祭~ (6, 0.2%)

1 に天能麻我都比登云神乃言武惡事爾相麻, に耳, の響, を奉り, を読む, を読んだ

▼ 祭つた~ (5, 0.2%)

1 といふ事, と云, なら, ので人, 小さい山

▼ 祭です~ (5, 0.2%)

1 からあと, からね, があそこ, しそれ, よ

▼ 祭といふ~ (5, 0.2%)

1 ことで, のは, のへ, ものだ, やうな

▼ 祭とも~ (5, 0.2%)

1 いう, 一致し, 其他色々の, 天下祭とも, 称ぶ

▼ 祭~ (5, 0.2%)

2 といふこと 1 の詩, をした, をやつ

▼ 祭~ (5, 0.2%)

1 にはちやん, にも出, にも雅楽, によつて組織, の御旅所

▼ 祭~ (4, 0.1%)

1 てある, て致すべし, 亦厳, 武田信玄は

▼ 祭であった~ (4, 0.1%)

1 かそれとも, ことに, ことは, ものを

▼ 祭である~ (4, 0.1%)

1 おもひで, がこの, ために, 追憶果てなし

▼ 祭などの~ (4, 0.1%)

1 名が, 慘状を, 祝詞に, 賑わいごとが

▼ 祭などは~ (4, 0.1%)

1 ただの, なかつたの, 人が, 殊に目

▼ 祭なども~ (4, 0.1%)

1 取り止めに, 市中いたる, 祟った, 臨時に

▼ 祭にて~ (4, 0.1%)

1 市中雑, 有たれ, 縫物あまた, 賑ふならん

▼ 祭までに~ (4, 0.1%)

1 とりまとめ一冊, 伯爵が, 圓熟し, 起った事件

▼ 祭~ (4, 0.1%)

1 ナシテ哭ク声タダ大, 大都督公瑾周府君, 行ウ, 重シ以テ一郷

▼ 祭~ (4, 0.1%)

1 が何百人, の祭詞, や巫術者, をも不思議

▼ 祭提灯~ (4, 0.1%)

1 と同じ, に火, の灯, の稲田ずれ

▼ 祭~ (4, 0.1%)

1 と云, をもつ, をも賣る, 及び嘯風亭等

▼ 祭~ (4, 0.1%)

2 のこと 1 の事, の礼

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 しょうろ流し, 彼岸の, 米蔵は

▼ 祭する~ (3, 0.1%)

1 ことあえて, ことと, 所へ

▼ 祭だった~ (3, 0.1%)

1 がその間, ばかりでなく, わね

▼ 祭として~ (3, 0.1%)

1 それに, 五月二日に, 最後の

▼ 祭とて~ (3, 0.1%)

1 心ばかりの, 藁にて, 貴賤老若

▼ 祭など~ (3, 0.1%)

1 いうもの, のは, むしろ御

▼ 祭などが~ (3, 0.1%)

1 あったかと, 後に, 毎年行はれた

▼ 祭なる~ (3, 0.1%)

1 かな, がため, ものが

▼ 祭なれ~ (3, 0.1%)

2 ども 1 ば妻恋

▼ 祭については~ (3, 0.1%)

1 別に言, 別に言う, 実は失敗ばなし

▼ 祭までの~ (3, 0.1%)

1 予定で, 営みを, 間の

▼ 祭よりも~ (3, 0.1%)

1 愉しかった, 朝の, 祝よりも

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 はわけても, は無礼講, 臣の

▼ 祭~ (3, 0.1%)

2 の女 1 が專横

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 には重い, に利用, の行列

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 に於, の一章, の條

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 この男, は諸君, 働かなくちゃ

▼ 祭~ (3, 0.1%)

2 に籠っ 1 に呉侯

▼ 祭太鼓~ (3, 0.1%)

2 の遠音 1 の稽古

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 に甲斐, の女の子たち, は私

▼ 祭祝詞~ (3, 0.1%)

1 がある, という, の御

▼ 祭~ (3, 0.1%)

1 の鈴音, をなす, を絶やさぬ

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 すっぽかしけ, 運が

▼ 祭あけ~ (2, 0.1%)

1 の三日, の三日間

▼ 祭いわゆる~ (2, 0.1%)

1 大師講の, 新嘗

▼ 祭この~ (2, 0.1%)

1 日は, 祝詞には

▼ 祭これ~ (2, 0.1%)

1 は山王, を日本

▼ 祭さわぎ~ (2, 0.1%)

1 がない, をする

▼ 祭じゃ~ (2, 0.1%)

1 なッ, ねえか

▼ 祭そのもの~ (2, 0.1%)

1 は公使館, もすこし

▼ 祭だけは~ (2, 0.1%)

1 そうする, 是非夜の

▼ 祭だけを~ (2, 0.1%)

1 僧侶に, 祭といふ

▼ 祭だって~ (2, 0.1%)

1 いうのに, お酒

▼ 祭つたの~ (2, 0.1%)

1 がのち, であらう

▼ 祭であっ~ (2, 0.1%)

1 て多分, て稲

▼ 祭としてのみ~ (2, 0.1%)

1 可能で, 可能であった

▼ 祭とやらの~ (2, 0.1%)

1 掲示が, 時には

▼ 祭と共に~ (2, 0.1%)

2 御用祭又は

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 のである, ので夜ごと町

▼ 祭などに~ (2, 0.1%)

2 遭し

▼ 祭なり~ (2, 0.1%)

1 ければ, または信心

▼ 祭によ~ (2, 0.1%)

1 つては, つて淨められた

▼ 祭に際し~ (2, 0.1%)

1 日本文化中央聯盟の, 東洋史上より

▼ 祭また~ (2, 0.1%)

1 夜七夕とも, 御覧ぜよ

▼ 祭までには~ (2, 0.1%)

1 その仕事, まだ間

▼ 祭やら~ (2, 0.1%)

1 百八燈籠の, 驚目に

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 にやならん, は皆善良

▼ 祭らしく~ (2, 0.1%)

1 ワッと, 地下の

▼ 祭佐七~ (2, 0.1%)

1 が群集, は意気地

▼ 祭前後~ (2, 0.1%)

1 ってん, に聴いた

▼ 祭又は~ (2, 0.1%)

2 天下祭と

▼ 祭台村~ (2, 0.1%)

1 の小, は今

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 三日には, 四日に

▼ 祭囃し~ (2, 0.1%)

1 の練習, は聞こえ

▼ 祭官たち~ (2, 0.1%)

1 に祭器, を指揮

▼ 祭屋台~ (2, 0.1%)

1 が人, と違つた点

▼ 祭当夜~ (2, 0.1%)

2 の経験

▼ 祭書屋~ (2, 0.1%)

1 の居士, 旧子規庵

▼ 祭最終日~ (2, 0.1%)

1 にオペラ座, に血

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 とする, にくさぐさのものをつけて神

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 は神田明神祭礼, を浮かべる

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 の相, を照し

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 はくだけたる, をこのみ賜わず

▼ 祭~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 の声, の礼

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 の時, ヲ主宰シ恪勤衆ニ

▼ 祭~ (2, 0.1%)

1 もみんな揃い, を着

▼ 祭衣裳~ (2, 0.1%)

1 で山笠, のまま

▼ 祭酒錦峰~ (2, 0.1%)

1 が歿, の師

▼1* [249件]

ありて獅子踊, 祭あるいは盆踊地蔵祭など, 祭いつも卯の花くだし, 祭かえりに皆, 祭かに当るらしい, 祭かねてその祭, 祭かの先祖祭を, 祭からも類推せられる, 祭がとこの新家, 祭さらばよ花籠, 祭さんや神父さん, 祭しますと慶長以来, 祭し給いその位, 祭じまいとしてそれ, 祭なは, 祭すぎには出来あがる, 祭すなわち邪神祭却の, 祭すれば三日三夜, 祭むと, 祭せん冀くは祟る, 祭そこの音楽, 祭その肉食の, 祭その他の改, 祭たるや筆, 祭だけ一人は, 祭だけで充分忍耐, 祭ださうな昔, 祭ってなんの, 祭ている, 祭つたお宮があつ, 祭つたことはいかなる, 祭つたものが神社, 祭つた事が記され, 祭つた条に, 祭つた無縁の亡者, 祭つた祠がある, 祭つた道場にこもつ, 祭つた関帝像の来歴, 祭つていふの, 祭つて其度に家, 祭つて晝お寢, 祭つて言つたのあ誰だい, 祭つられた時代が, 祭てえのは, 祭であり在留の, 祭であろうが, 祭でございまして亀甲万, 祭でしたがそれ, 祭でなくば茸狩り蕨採り, 祭で御座いますから何卒, 祭といったものらしく, 祭とかいうのでなけれ, 祭とかいふのを, 祭とかで休みだ, 祭とかをしたといふ, 祭とが本体で, 祭とにはなほ一段と, 祭との関係が, 祭とやらにて人々おのおの自己が, 祭とを二つに, 祭なぞは疑問だ, 祭などで今後は, 祭などではその日, 祭などと吐かした奴, 祭などとはもってのほかさ, 祭などとも似て, 祭などにも色々な, 祭などを営むこと, 祭なら太鼓や, 祭なりとて商舗紅燈を, 祭なんか見たいこと, 祭にあたってソヴェト同盟, 祭にあたり先ごろ下関の, 祭において今も, 祭にけふ逢, 祭にさえもパンと, 祭について十吾が, 祭についても原爆の, 祭にはかなひまへん, 祭のけはひす, 祭のにぎはひ又, 祭のみならず他, 祭はつる日の, 祭はとにもあれ, 祭ばやしがはるか, 祭ふけし夜のほど, 祭みたいにまつ, 祭めかして懐しく, 祭やなんぞが皆内容, 祭やの開かれるパンポル, 祭よりは多かった, 祭らしく見えるという意味, 祭つし, 祭をこそ待ち給ふべけれ, 祭をも行はれる, 祭を以ていふならば, 祭エルサレム宮に乗り込む, 祭クリスマス新年などの絵, 祭シャンソンパーティーというの, 祭デモンストレーションはこの, 祭ハロルド・ロスリッジを拘引, 祭プログラムよりも自分, 祭ルヲ卜鬼ト名ヅケ年々外国人ヲ捕, 祭レル故ニヤ竜神山トモ唱フ, 祭ロスリッジ君も仲なか, 祭七月十四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 祭三神丸に小舟さ, 祭上げ他の, 祭上げられたあげく一度も, 祭上卿をも勤めた, 祭二月はアレクシス・トルストイ, 祭二百六七十年後の今, 祭五十日後に行, 祭五竜祭大嘗会, 祭今日から国民総動員, 祭以前に紛擾, 祭以外に年中, 祭企画本部になっ, 祭使途中次第に詳しく, 祭供時ニ厚薄アリ諸處, 祭其翌年小野篁伝天明に移りまし, 祭が安置, 祭のもの, 祭前日にクールティーユ, 祭十月の亥, 祭真床襲衾, 祭即ち祇園会である, 祭の祭場, 祭参詣の私, 祭及び念仏踊りの, 祭である, 祭同様に村中, 祭君ひとつ君考えて, 祭君並みに扱う, 祭君天に熊手, 祭君魚はどう, 祭和楽を謳歌, 祭としての少年少女, 祭四方の鎮め, 祭四芸術祭七月十四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 祭団扇で外, 祭を乞う, 祭嘗会などと, 祭としてはときどき, 祭天教と祭祖教, 祭奠執行又は田舎江, 祭の宣言, 祭始め十二月八日では, 祭子供の日, 祭官二人は二親, 祭官巫術師らの行なった, 祭官百二十人は古式, 祭官護衛の士卒, 祭宿の主人, 祭にある, 祭山口は賑, 祭山王結綵六十余車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 祭のこと, 祭布令の件, 祭府中には大国魂神社, 祭弔慷慨の詩, 祭弥撒祭なぞと世界的, 祭当日の賑, 祭当日アメリカの共産党, 祭間もなくダルメイダ, 祭後パリーへ戻る, 祭後一週間を経, 祭後五十日の降臨節, 祭御蔭祭を観, 祭手拭で痛々しく, 祭があり, 祭新野にては睦月, 祭方々に赤い, 祭で会堂, 祭日大虐殺の前夜, 祭明十八日は観世音, 祭春分彼岸の中日, 祭時必らずこれ, 祭書屋主人といふの, 祭書屋俳句帖抄上巻を出版, 祭書屋俳句帖抄評の中, 祭がきのう, 祭月大事な交際季節, 祭来りし時イエス弟子と共に, 祭果てて後, 祭染織祭祇園祭などが代表的, 祭次にはなん, 祭歌いま一つは南方, 祭気分になった, 祭永く至らず墓塔, 祭江戸の山王祭, 祭決算が行われた, 祭に, 祭法篇に曰く, 祭浪花鑑の長町裏, 祭渡御には令, 祭湯島亀戸天神と名, 祭奉, 祭獅子であったの, 祭生きたる者は, 祭のオルガン, 祭発祥の縁起, 祭相続不絶, 祭準勅祭社, 祭祇園祭などが代表的, 祭祖教である, 祭の由, 祭祝祓除陰陽道物忌鬼霊占筮など多様, 祭祝詞註の所謂, 祭神田祭を今ここ, 祭祠致福の術, 祭に縛られる, 祭禮かしこの縁日, 祭禮時の暴飮暴食, 祭一夜ぽん, 祭焚き空, 祭籠めたよう, 祭紀念会の補助, 祭絆纏を羽織り, 祭に, 祭義篇に曰く, 祭に本尊, 祭能当時は日本全国, 祭舞踊の文献, 祭をもそよそよ, 祭葬冠婚の場合, 祭きやり唄, 祭で, 祭見る日の, 祭記事にも, 祭評判のさる, 祭もが仕掛, 祭費用を受け取り, 祭近ければ, 祭近しと子供組勢ふよろ, 祭追っつくことで, 祭過ぎぬ木を, 祭酒博士を謂, 祭酒林家は羅山, 祭酒林述斎の第, 祭酒述斎を始, 祭関東では単に, 祭姪阿, 祭降誕祭の時分, 祭音楽と歌謡, 祭風景はけつかう, 祭を陳列, 祭の子, 祭取る人