青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「砂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

短く~ 短刀~ ~石 石~ 石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~ 石田~ ~砂
砂~
砂糖~ ~研究 研究~ 研究所~ 砲~ ~破 破~ ~破っ 破っ~ ~破れ

「砂~」 4526, 43ppm, 2653位

▼ 砂~ (1159, 25.6%)

304 上に 79 中に 70 上を 38 上へ 31 中から 25 中へ 20 上には 18 上で 13 ように, 上の 10 うえに 9 ような, 上 8 なかに, 中を 6 上から, 白さ, 道を 5 上にも, 光る河原, 敷いて 4 つぶの, 数ほど 3 なかから, 上では, 中の, 城の, 数も, 文字, 様に, 花

2 [41件] かなしさ, こまかな, つぶに, ところも, なかで, やうに, バリケード, バリケードを, マジノ線を, 上も, 下から, 中で, 付いた跡, 出洲を, 垣を, 塔, 塔をば, 多いコッド岬, 多い街道, 小径が, 小径を, 層が, 山が, 底に, 数, 數も, 斜面に, 渦が, 灰, 白く乾いた, 目から, 窪みに, 箱を, 粒が, 線が, 線を, 色と, 表面を, 赤い小径, 雨が, 音を

1 [357件] うえを, うちに, うねりが, おうち, お家, かおりが, かかったもの, かがやき白し, かすかに, かぶって, きらめく河原, ことなどを, ことを, こぼれるの, ごとく砕かるる騒音, ごとく遍し, ごとし, ごとしじゃ, ご門, ざわめきが, しろき真砂, せいです, そとへ, ために, ついた下駄, ついた饅頭, つまったトランク, つまった大きな, ところからの, ところで, とびかかるの, とりどりな, ないこと, なかなる, なかの, なかへ, なか石の, においが, においを, はいったパン, ひくい島, ふかい歩道, へに, へばり着いた掌面, ほとりまで, ほろ, ぽかぽかした, ま, まじった波, まじった泥地, まじつた, まま静かに, みえて, ものと, やうけむり, やうでした, やうな, やり場が, ようでした, ようなけずり, 一つ一つに, 一とこが, 一匙を, 一粒に, 一粒一粒が, 三角の, 上が, 上だった, 上において, 上にごろん, 上につき, 上にでも, 上にど, 上まで, 上や, 上より, 上をは, 上岩の, 上芝地の, 下からも, 下にでも, 下にな, 下の, 丘であっ, 丘に, 丘ばかり, 丘を, 中, 中からは, 中である, 中には, 中は, 中ほどに, 中まで, 乾いた道, 乾上る, 亡霊の, 亡靈の, 光った木, 光り, 光りと, 入った箱, 入った麦, 六倍くらい, 凹みに, 凹穴の, 出た処, 出て, 出洲に, 割れ目を, 力に, 勇士だ, 厄難の, 厚さ五分, 原が, 原小, 原空眼薄ら, 向うの, 向に, 向ふ, 吹きま, 唐草模様を, 噴出によって, 国に, 土堤沿いでも, 地雷を, 地面へ, 地頸, 城には, 城郭の, 堆積った, 堆積以外の, 堆積層を, 堤が, 堤であった, 堤に, 堤にな, 堤は, 堤防が, 堤防も, 塔を, 外にも, 多い土, 多い崖, 多い広い道, 多い白く光る, 夢, 大壁, 大波は, 如き常に, 如くくだかるる小さき, 如くこまか, 如くこまかく, 如くに, 如く天下, 如く点ずるところ, 如し彼等自らの, 家を, 富士, 小山とが, 小山を, 小道が, 小高いところ, 屑などが, 層の, 山々であった, 山から, 山と, 山や, 山を, 山也, 岡が, 岸に, 島, 島が, 島だ, 島で, 崖が, 崖に, 崩れる岩角, 崩れる音, 崩れ方の, 崩れ落ちるうねうね, 巖也, 川という, 巨大な, 平地と, 平地に, 平地の, 広い河床, 床を, 底から, 底で, 底の, 底を, 御用心, 微粒を, 急斜面で, 急斜面を, 息蒸の, 悲しさ, 押し工合, 拡がりを, 捨炭ひらふこ, 捲き上る道, 数光り, 文字である, 斜面が, 斜面だった, 斜面を, 斜面急, 方に, 方へ, 方陣は, 日に, 明るさ, 普及し, 最後の, 村道ばかりが, 枕がくづれると, 検鏡または, 楼隆恩門に, 様な, 權利を, 毒瓦斯砂の, 水を, 水差や, 沫を, 河原の, 河原へ, 波の, 波紋, 洲が, 流れが, 流れる河, 流れる音, 流出が, 浜に, 浜辺に, 浜辺は, 浪元に, 浮き上り, 海と, 海ばかり, 海岸を, 海底だった, 海底を, 深い路, 深みに, 混った, 渚を, 湯に, 湿り, 溜って, 溜まりよう, 溢れいでは, 滝を, 灰が, 烟りが, 焼ける暑, 煙に, 燃ゆる, 爲に, 玉, 現れて, 畝を, 白いその, 白い実相, 白い彎曲, 白い路, 白い道, 盛れ上がった後ろ, 盛れ上つて, 盛上った, 目つぶし, 目つぶしです, 目方は, 真白きに, 砲臺を, 破片が, 穴から, 穴の, 穴を, 窪みが, 窯跡は, 竜巻な, 粉を, 粒で, 細かな, 細長い洲, 結城左衛門の, 緩やかに, 肌が, 膨張性, 舞い込んだこと, 色から, 色が, 色せる, 色で, 色は, 色まで, 色も, 色を, 色銅板の, 花ば, 薄明り, 行く先は, 表面に, 表面は, 表面へ, 衾に, 触れる音, 話でも, 誘惑の, 谿は, 豐富な, 貝に, 足あと, 足跡も, 趾が, 跡が, 路に, 踏み心地, 身なれ, 軟らかいところ, 輝き種々の, 運搬が, 道が, 道だ, 金色にも, 鈴といふ, 鈴を, 鋳型を, 鏡に, 鏡のうへを, 門春は, 間々には, 間から, 間からは, 間を, 降るの, 難, 雨だった, 雨を, 霧の, 面を, 音し, 音に, 風, 飛來を, 飛来に, 飛来を, 鳴るの, 麺麭粉が, 黄色いひどい地質, 黄色と, 鼠色の

▼ 砂~ (851, 18.8%)

34 踏んで 14 かけて 12 蹴って 11 掘って 8 噛むよう 6 入れて, 捲いて, 蹴立てて, 運んで 5 まいたよう, 浴びて 4 まいて, 巻いて, 掘れば, 河の, 踏む, 踏む音, 離れて

3 [18件] かむよう, しきつめて, つかんで, つけて, まき上げて, 一つまみ掌に, 分けて, 噛むやう, 噛んで, 払って, 拂ひ, 撒いた, 撒いたよう, 見て, 踏み, 踏む足音, 蹴つて, 蹴立て

2 [60件] いじって, かけられたり, かぶせ, かぶせて, かむやう, けって, ざくざくと, ざらざらと, すくいました, すべって, すべりました, つかんだ, のけて, はこんで, はらって, はらつて, ふんで, まいたり, まき水, 兄が, 入れた袋, 取って, 叩き付けると, 吹いて, 吹散す, 噛むが, 少しずつ, 得るには, 戴いて, 払いながら, 払つて立ちあがる, 払ひ, 抜けて, 持って, 指で, 捲きて, 掌で, 掘つて, 掘り出して, 掬いあげ掌, 掴みあげて, 掴んで, 換へ, 撒いたの, 撒くこと, 撒くところ, 攫んだ, 敷いて, 洗って, 浴せられて, 海岸まで, 混えた, 用意せよ, 盗んで, 着けたま, 積む, 穿って, 踏むよう, 闇に, 飛ばして

1 [536件 抜粋] あげて, あらって, あらわに, いたるところ, いちめんに, いぢ, いぢくつ, いれては, うしろへ, うち払っ, うるほせば, かきあつめ西洋館, かきのけて, かきまぜて, かき乱して, かき寄せては, かけ, かけずに, かけたが, かけたという, かけたよと, かけてから, かけられ汽車, かけるよう, かける者, かけ合う無, かけ外敵, かけ水, かけ蓋, かすめて, かすめるばかり, かぶせる振り, かぶったり, かぶつたの, かぶる, かむせ地面, かむって, かむ様, きしませて, きしりつ, きれいに, くずしながら, くれて, けちらし, けとばしましたので, ける様, ころがして, ごっそり持っ, さあっと, さら, さらに北西, しいて, しきつめた大手, しき床, しめらして, しめらせて, すくいあげた, すくって, すくつてシャワー, すこしずつ, すこしばかり, その上, たたきて, たどると, ためて, つかむが, つかむと, つかむやいなや, つかんでは, つきやぶって, つついた, つつんだ旋風, つみ上げて, つめて, つめる, とぎさる, とばさずまた, とばしたが, とばして, どうした, どんどん港内, ならして, ぬって, のける, のぞいての, はき寄せた, はこびに, はたかなくツちや, はねあげて, はねのけて, はね上げて, はらいのけると, はらい落すの, はらつた, はらひおとすと, はらひながら, はらわねば, はるかに, ばら撒いた, ぴょんぴょんと, ふきあげる風, ふきとばせば, ふみつつ, ふみながら, ふみ外して, ふむよう, ふむよりくづれて, ふむ足音, ふむ靴音, ふりかけて, ふり落し, ふるって, ふるつて, ぶちまけやしねえさ, ぶちまけられたよう, ぶち込んで, ぶっかけた, ぶつかけ, ぶつけられたのに, ほって, ほりつつ, ほるよう, ほろほろ零し, ぽんぽんと, まいたよ, まいたら雨, まいた広場, まきあげて, まきあげる川風, まきそれから, まきたてるほど, まき大講会, まき黒い, まく, まぜた風, まぜること, また方々, もって, もりあげたり, もりあげて, もり上げたそば, よろしと, アメリカへ, ザクザクさせ, ドシドシ押し込ん, バサバサかけ, 一, 一つかみ取っ, 一握, 一杯つめた, 一杯ぶち込まれた, 一杯入れる, 一足ぬきに, 三杯ほど, 上げて, 両手で, 五六尺も, 交えた空風, 交て, 他邦, 使つて外壁の, 使用し, 充たした大きな, 入れたその, 入れたの, 入れた石油缶, 入れます, 入れる, 入れるという, 入れるとか, 冷やしました, 出して, 出す三流四流, 分ければ, 割り込みます, 動かして, 動かす, 匂は, 半分ほど, 卷けども, 去らなかった, 取りきたって, 取りきたり, 取りまぜて, 取り出して, 取り替えるから, 取分けて, 口に, 叩きつけ怒ったよう, 叩きながら, 同時に見てる, 吐かせるため, 吐かせる間, 吐きだし積みあげて, 含んで, 吸って, 吸取紙, 吹き, 吹きこんで, 吹きつけて, 吹きつけるよう, 吹きまくり堤防, 吹き上げて, 吹き上げました, 吹き出すという, 吹き払って, 吹き掛ける, 吹き立てて, 吹き飛ばして, 吹く吹く, 吹く飯蛸, 呑みますから, 嘗むる心地し, 嘗めたであろう, 噛ませないで, 噛み土, 噛むに, 噛むより, 噛む不足, 噛む如きもの, 噛む思い, 噛む思ひの, 噛む想い, 噛んでも, 圍める, 地へ, 均して, 塗って, 塗れる如き顔, 大切に, 容れて, 密着させ, 少し入れ, 少し含ん, 山の, 山もり, 崩した, 崩して, 崩せば, 己れ, 巻いた突風, 巻き上げて, 巻き起しこれ, 巻くが, 帆村の, 平に敷き均した, 幻に, 幾度掬ん, 底と, 弄くつて, 弄びながら, 引っかけなかったわけ, 後足で, 御覧その間に, 息で, 想像し, 懸けた腰抜武士, 打ち上げて, 打っかけて, 打って, 打つ, 打掛けて, 払いのけて, 払いのけながら, 払い更に, 払い落して, 払うから, 払うと, 払おうとも, 払つてゆるやかに, 払つて加藤は, 払つて立上がり, 払つて起きあがり, 払ツて, 抓んで, 投げかける仕事, 投げたよう, 投げ込んだり, 披き, 抱く所, 押しこんで, 押しては, 押し流して, 押流す, 拂つて立つ, 拾って, 持ち出す荒川, 持ち去る, 持ち来ること, 持ち込んだり, 持上げて, 指の, 指もて掘り, 挙げて, 振りかけ子供, 振り払, 振り敷いて, 振るい出しながら, 捲きあげた, 捲き上げて, 捲き上げココヤシ, 捲き上げ紅塵万丈, 捲き礫, 捲く, 掃いたり, 掃いて, 掃き幕, 掃き領民, 掘じって, 掘ったらどう, 掘ったり, 掘っても, 掘つたら血, 掘りかえした, 掘りながら, 掘り下げると, 掘り穴, 掘り窪めて, 掘り立てられて, 掘り起した拍子, 掘り返したところが, 掘り返し初め, 掘ると, 掘る音, 掘ろうと, 掘返し初め, 掛けた例, 掛ければ, 掛け土橋, 掩ひ, 掬って, 掬っては, 掬んで, 掴む小, 掻きよせた, 掻き分けて, 掻き去り一時間一生懸命, 掻き掻き大, 掻き起すと, 掻廻し, 掻集め, 握って, 握つて, 握れば, 握んで, 揺すらなかった, 撒いたお勝手, 撒いた床, 撒いた競技場, 撒いて, 撒きひろげその, 撒き白木, 撰びて, 攫んで, 散らした星空, 敷いた平, 敷いた庭, 敷いた御, 敷いた房, 敷いた様, 敷いた様子, 敷きその, 敷きつめた単調さ, 敷き一部分, 敷き品評会, 敷き盛砂, 敷き藁, 敷くまえに, 東京全市の, 気に, 水に, 永久に, 沈めて, 河に, 河底に, 洗い流れ, 洗い落す力, 洗う, 洗うほどに, 洗つてゐる, 流して, 流しはじめました, 流す山, 浮き上げぼそ, 浴せかけるやら, 浴せた, 浴びた, 浴びたり, 浴びる, 浴びる山鳥, 海岸から, 浸す音, 淘げて, 深さ五分, 混ぜ醤油, 渡つて来る, 滑らかな, 潜って, 潜つた様に, 潜つた樣に, 潤さんと, 濕らす, 火で, 煉る, 照らし微風, 産する, 用意すれ, 盛った植木鉢, 盛って, 盛つたり, 盛つた植木鉢へ, 盛つた無蓋車に, 盛りあげては, 盛り上げて, 盛り上げ的, 監督人の, 眺めて, 砂金だ, 示し, 示しし人, 積むだ別, 立てぬほどに, 築き上げる川, 紙の, 肉に, 胸へ, 膝の, 草鞋へ, 菓子箱の, 落さなければ, 落した, 落して, 落とし塵, 蔽被ぶせ, 被せて, 被って, 被る, 装ったよう, 見た, 見たまま, 見つめて, 見ましたらその, 見まわして, 見る所, 詰めて, 詰めようが, 貯えて, 走つたため, 越えて, 足の, 跳ねかした, 踏みくだく者, 踏みて, 踏みながら, 踏み入江, 踏み分けつつ, 踏み固めて, 踏むかな, 踏むと, 踏む跫音, 踏む踏むと, 踏む蹄, 踏んだ力士, 蹄の, 蹈もう, 蹴あげながら, 蹴つて其場, 蹴りつ, 蹴りつけながら, 蹴るに, 蹴るよう, 蹴る音, 蹴上げたり, 蹴上げながら, 蹴立てた, 蹴立て埃, 蹴飛ばしたよう, 転がして, 転じ忽ち, 辷って, 運ぶの, 運んだ, 運んだ運んだ, 選り分ける役, 選り別ける, 配合した, 陶器の, 集めて, 集めること, 離れ群, 雲の, 靴先で, 顔に, 飛し, 飛ばし驢馬, 飛行機から, 食う, 食った鰈, 食わせるからは, 骨を

▼ 砂~ (359, 7.9%)

11 は俺 10 の子分, の家 8 の大将 7 は言っ, は言った 6 を殺す 5 が, だ, に会った, に俺 4 のこと, の親分, はしかし, はそれ 3 が言った, の言葉, の話, は大きな, は笑った, は聞き流し, を殺そう

2 [20件] が俺, が言う, と一緒, のあと, のかわり, のリャク, の子分格, の耳, の言う, はそう, はちゃんと, はどういう, は参加, は慷堂, は答えない, は黙っ, を俺, を慷堂, を殺し, を殺せ

1 [203件] からの軍資金, からもせしめたらしい, から侠気, から呼ばれ, から聞い, から聞いた, があきれ, がいささか, がそれ, がどういう, がどなった, がなぜ, がふらり, がまるで, がリャク屋, が丸万, が今, が何, が取りなす, が怒声, が慷堂, が横, が注文, が瀬良照子, が略した, が皇道派支持, が言っ, が買い取った, が遮った, だってお前さん, でなく丸万, でなく矢萩, とともにあくまで, とは会ってない, とは喧嘩別れ, とは親しく, とは関係, ともとは兄弟分, と俺, と同じ, と向い合った, と矢萩, と親しい, などと言った, などに会わなきゃ, などを, なん, に, にいつか啖呵, にたしなめられ, につく, には身うけ, にばれ, にもし, にもすでに, にもたしかに, にやられる, にやり手, にオンブ, に会おう, に会わせた, に会わなかったら, に会わね, に対してそれだけ, に心, に殺される, に猪沢, に矢萩, に示した, に聞いた, に行かせれ, に言う, に言っ, に誘われた, に連れられ, に酒, の, のあの, のいわば, のところ, のなじみ, のほう, のバシタ, の一, の一派, の不参加, の人間, の前, の唱え, の埋めあわせだったら, の場合, の子分扱い, の小皿, の心中, の悪口, の手, の殺害, の気に入った, の眼, の細君, の葉巻, の親分ぶり, の計, の話しぶり, の野郎, の金, の顔, は, はあざける, はあっさり, はいぶかし, はおい, はおなじみさん, はきっと, はさっそく, はし, はじれった, はすぐ, はすでにもう, はその, はそれで, はどう, ははずされた, はほくそえん, はまるで, はやり手婆, はカイナ, はネギ, はネクタイ, は事もなげ, は今, は内, は力んだ, は北満, は口, は和服, は外, は大分酒, は女, は寝なかった, は左手, は当時, は急激, は悪く, は昂然, は気, は注釈, は生きた, は眉間, は破廉恥, は箸, は自分, は舶来, は若い, は苦り切っ, は草履, は葉巻, は虹口側, は裏切り者, は複雑, は親分, は言う, は話, は足, は阿片, は険しい, は飛行機, は首, は高圧的, への俺, ほどの遊び人, もあと, もそう, もその, も俺, も可哀そう, も同様, も殺す, も画策, も近く, も避けた, より年上, を, をすでに, をやる, をバラ, を俺たちテロリスト, を先輩, を景気, を殺させよう, を殺さなかったら, を殺せない, を殺せなかった, を狡い, を生かし, を知った, を結ばせよう, を罵っ, を罵った, を自分ひとり, を見すえる, を見据えた, を通して

▼ 砂~ (324, 7.2%)

5 まみれて, 埋めて 4 もぐって, 顔を 3 して, なって, 埋れて, 塗れて, 腰を

2 [25件] おしつけて, その名, ついた片, ついて, つけて, ねて, めりこんで, 三四日う, 三四日うずめなけ, 伏し, 伏して, 反射する, 吸われて, 埋って, 埋まって, 埋もれて, 居る, 擦られる痛, 書く字, 溺れた私, 立って, 立てる, 腰かけて, 落した, 落す

1 [241件] あぐらを, あしあとの, ありて, いざよふ影, いたるまで, うずめて, うずもれた状能, うずもれて, うずもれながら, うつり出づ, うづまり, うづまる始末, うづもれ, うづもれた, うなじや, うまつてし, うもれ, うもれた, うもれて, おろしたのち, かける, かざす色, からだを, ころべは, さいたしたたか, さいて, しても, しみこみよぶん, しみたらしく内容, しみて, しみる水みたい, しみ込んで, すわったまま, すわって, すわつて, そ, その死骸, それと, たれた, ついた, つっ伏した, とった武子さん, どっかり腰, ならない加, なりたいもの, なる, ねようと, のたうつ蚯蚓, のりあげた, はまりこんで, ひつ, ひとしく彼, ひれ伏して, ふさがれる, ぶちまける, べったりと, まぎれる小, まくよう, まぶして, まぶれた, まぶれつ, まみれし青貝, まみれその, まみれた木造, まみれた食いかけ, まみれた髪の毛, まみれてるといった, まみれながら, まみれ私, まろべば, めり込んで, ゆれる光る青空, ゑがく, ウマイと, 上りて, 両側の, 乗り上げて, 交つた溢米が, 人なき, 人影の, 伏す時, 伏せた, 休んで, 似た模様, 住んで, 何か, 何やら書き, 倒れた, 倒れた婦人, 倒れて, 入つて, 写った影, 列なる千古, 刺しこみきっと, 刻まれたその, 刻める文字, 千鳥の, 半分埋れ, 卵を, 吸い込まれて, 吸われるよう, 吸われる吸われる, 呟くごとく彼女, 喰い込む音, 喰止まる, 嗚呼忠臣, 坐ったなり, 坐り込んで, 坐る者, 埋つて, 埋まった遊泳靴, 埋まつて, 埋まりましたわ, 埋まれた楕円石, 埋むるまでなくとも, 埋めた儘性急, 埋められたり, 埋められる憂, 埋め其唇, 埋め誠に, 埋もれ, 埋もれ又は, 埋れし青き, 埋れた廃墟, 埋れながら, 埋葬しよう, 塗みれた, 塗れた大きな, 塗れた藁草履, 塞がれて, 寝そべって, 寝そべりながら, 寝て, 小さな白い, 小さな趾あと, 小さな路, 尻もちを, 尻餅を, 帆布を, 帰したが, 座った, 当って, 影おち, 急に, 成り蠅, 戯れる音, 打ち寄せて, 抱かれる時, 押し付けられて, 押っ, 指で, 挫かれる, 掩われた, 插した, 文かけ, 昇つてゆきました, 映ったの, 書かれた字, 書き, 書き書き, 来て, 来るを, 横たふ, 残すなり, 水の, 水を, 沁み込むよう, 没するひかが, 沿うて, 波の, 浸み, 浸みれば, 消な, 消ゆる, 混った, 溢れるよう, 滲み, 滴る音, 漉せば, 潜った, 潜った足先, 点々として, 点描され, 焚火し, 照らして, 照りくる陽, 照りつけて, 煮え込み, 片膝, 生えた儚, 白井権八や, 相会, 砂窪地の, 私の, 突きたてて, 突き當てる, 突き立てた左膳, 突ツ伏し, 立てて, 結び巌, 絶え, 纒はれ, 置き筆, 肱を, 腰かけたま, 腹這ひ, 落ち, 落ちて, 落つ影, 蔽われたもの, 蔽われて, 蠅居り, 親しい感じ, 触れた, 触れる音, 誇らざれたと, 賺し込む頑民, 足あとを, 足を, 跡も, 跪まずき, 踊る小, 踏み固められて, 車輪を, 転げ回つて, 轉げて, 近い席, 隠れて, 雑草が, 雷管の, 露の, 音を, 頭を, 頭押しつけ, 食い込む二人, 首を, 馳しり, 髪を, 鮮かな, 黒い, 鼻先を

▼ 砂~ (302, 6.7%)

4 入って, 流れて 3 あつた, ついて, 一面に, 凝って, 出る, 洩る, 落ちて, 飛んでも

2 [30件] ある, あるの, いっぱいたまっ, き, き婆さん, しいて, ないの, へずられるだろう, へずられるへずられるの, まいて, まるでパン, バラバラ障子, パツパツとはね, 上から, 乾いて, 墜ちて, 少しも, 恐ろしくって, 撒いて, 数丁も, 敷いて, 日光に, 水を, 波を, 海底を, 濛々と, 白くて, 眼に, 足の, 風の

1 [210件] あった, あったり, あって, あっと, ありあの, あると, あるなあ, あるはず, あるばかり, いちめんに, いっぱい, いっぱいありました, いっぱいに, いっぱいはいっ, いっぱい着い, いつぱいよ, うすい靴下, お島, かきならされて, かけ落ちる, かたまって, からだの, きしきし鳴りました, きとは, きれいに, ぎらぎらと, くずれた, くずれて, くずれ出して, くずれ枯れた草木, くだけるの, ぐらぐらと, こごえて, こすり上方, こびりついて, ざらざらと, ざりざりして, しかれて, しきつめられ終った朝, しだいにふくれ, じゃりじゃり云い, じゃりじゃり家々の, すこしつい, せまいガラス, その進路, たって, だんだん谷底, ちっとも見あたらなかった, ちらばって, ついた, つかうが, つきかけたので, つづく, つまって, つもって, できた, ところどころ刳り取られ, とぶ場合, とんで, どんどん掘れる, ない, なくなったらふたたび, なだれ込みそう, はいったから, はいって, はいつて, はいりこんで, はらはらと, ばら, ほろ, ぼこぼこと, ぽこ, まかれてるため, まじつてゐる, まぼしく, まみれ付いて, もうもうとまきあがっ, もって, もり上がって, わたしの, キラキラと, ズスズスッと, チラ, チラチラチラチラと, ドシドシ波を, バラバラッバラバラッと, パラ, パラパラと, ピカピカ光っ, 一ところ深く, 一ぱいつまつて動い, 一ぱい入っ, 一寸も, 一本の, 乏しく幸便, 乏しく横, 交って, 光って, 入つて, 入れて, 凍ると, 凝つて, 出るので, 動くこと, 動くばかり, 勢好く, 十坪余りの, 千鳥に, 厚く敷い, 口には, 堆積した, 塗られたり, 多くなっ, 夜の, 夜気を, 好きな, 寄らぬ, 小山の, 小石を, 山の, 崩れると, 崩れる時, 彼の, 押し寄せて, 掘れて, 敷きつめて, 敷きつめられて, 日が, 日の, 時々パラ, 最もダイナマイト製造, 月光に, 樹の, 殆ん, 水に, 波に, 津浪の, 浮き乱れて, 海の, 深いから, 深くくらく, 深くて, 混っと, 渦を, 港口に, 湧き, 溜まり小さい, 溢れる, 溢れると, 無いので, 煙の, 独りこの, 猛々しく焦け, 疊の, 白くまき, 白く光つて, 皆ずぶずぶに, 盛って, 盛られて, 目に, 目には, 目も, 石の, 立たなくって, 立って, 立つ埃, 簡単な, 絶えずおだてられ, 綺麗に, 聰くな, 舞い上って, 舞い立って, 舞い落ちる雨, 舞って, 落ちだんだん, 落ちるから, 落ちる雨, 蛍の, 血のりで, 被って, 覆うて, 触れない程, 足裏, 跳ね上った, 踊って, 踏まれて, 透いて, 這入っちゃって, 這入って, 這入るの, 遠い彼方, 鉱毒の, 門を, 闘牛士の, 附いて, 降ったり, 降るだけの, 降るばかり, 雪の, 雫と共に, 露われ, 音なく, 音を, 飛んで, 食器や, 高い窓, 高くなり, 鴨川石か, 黄粉の, 黄色い

▼ 砂~ (120, 2.7%)

4 みんな水晶だ 2 いっぱいだ, ただ砂, 冷たい浪, 用意し, 真珠に

1 [106件] いいほどに, いくつもの, いっそうきらきらと, きれいに, この日本ライン, こんなに冷たい, さら, さらさらと, しだいに上がっ, しゃくねつし, しんしんと, すつかり流れ, その夜, たちまち山, だんだんと, つきものだ, どうした, どこから, どん, なくなって, ひどい, ぷすうぷすうと, ほうって, まきあげられて, ますます彼, めらめらと, もうそこ, もうまっ白, もとの, やうやう粘土, よく爆藥工業, ギラ, ダイナマイトに, 一々五金, 一粒も, 一面に, 世界の, 乾き定まり, 人と共に, 何地の, 余程深く, 供給し得ぬ, 先刻とは, 先程休んだ, 其の水, 北へ, 北風に, 去りその, 四方から, 固くて, 大部分中流, 崩しても, 底だ, 手のひらを, 支那の, 春の, 暗くて, 朱砂錫水銀の, 東京市中に, 汐臭い, 浪が, 浴びる埃, 海岸か, 深く湿っ, 溶岩の, 濡れて, 灼けて, 灼熱の, 然る, 焼け切って, 焼け塩, 熱くって, 片栗粉の, 生物の, 白くて, 白く偃松, 白く粒, 白珊瑚の, 白粉の, 盛り上がり川上, 目も, 真珠と, 眩いくらい, 祭礼にも, 穢れず波, 粒が, 終の, 結城山城守の, 絶えず吹き, 脛の, 腹まで, 膝の, 膝頭まで, 襟の, 見る見る乾き, 踏むたび, 踝まで, 蹄鉄屋の, 金銀, 金銀の, 雨に, 顕微鏡検査に, 飛び猛, 黄色い, 黄色く美しかった, 黄金の

▼ 砂~ (81, 1.8%)

3 一緒に 2 丈高い, 柘榴, 空気とを, 蠅の, 金とを

1 [68件] いえば, いっしょに, うだったという, すれすれに, その向う, それから最後, とざした草屋, なって, なり, なり青く, ほとんど見分け, まじりて, また海, やけ石の, コンクリートの, 一所に, 一途に, 云うやつ, 云う物, 云つても, 交へて, 交る, 來て, 呼ばれる星, 呼ぶ村, 土が, 埃, 埃と, 変わって, 完全に, 岩と, 岩とを, 岩地に, 岩塩の, 松の, 松林で, 松林であった, 死の, 殆ど見分け, 毛髪とを, 水と, 水とで, 水に, 水の, 水煙り, 氷とが, 汐気と, 海の, 海藻と, 炎を, 烈風と, 烈風の, 玉石の, 石とで, 石鹸で, 砂との, 砂とは, 碧い, 粘土とに, 細石の, 腐った水, 落葉とが, 落葉を, 見分けにくい, 言われたら砂, 話題は, 音と, 風とに

▼ 砂~ (77, 1.7%)

28 の喜三郎 9 の親分 5 の兄哥 2 の, の喜三郎兄哥

1 [31件] から放水路, が聞い, では, となっ, と改称, にいた, のト, の佐藤惣之助氏, の南端, の喜三郎親分, の境, の大, の岸, の崖崩れ, の或, の新, の濟, の空地, の素人屋, の親分さん, の記, の賣出し, の通り, の通衢, は深川, へつづく, へ來, まで引返した, や亀井戸, を拔, を突切つて

▼ 砂~ (64, 1.4%)

8 砂利の 5 小石を 4 土が 3 粘土や 2 小石の, 小石は, 水を, 泥は

1 [36件] そういうもの, はまなすの, まの, ま清し, ゴミを, バラスの, バラス玉石などを, 三箇は, 土などに, 土を, 大磯の, 小石や, 小砂利, 川水の, 影の, 時には大粒, 枯芒, 水は, 河の, 泥の, 泥水を, 浜屋敷, 浪に, 灰で, 灰や, 石ころの, 石の, 石第, 砂利また, 礫が, 粘土が, 粘土で, 粘土では, 藻草に, 道やを, 金剛砂を

▼ 砂ほこり~ (62, 1.4%)

4 にまみれ 3 が立ち, のなか, を浴びた 2 が川風, の立つ, や見物人

1 [43件] が分厚く, が容赦, が尻, が感じられる, が濛々, が私たち, が立っ, が立つ, が立つらしく, が舞い込ん, が足, が遠く, であった, で空, とでチクチク, にさらされ, にみんな, に濁つ, に雨, の中, の楠公さん, の渦, の畳, も, もいつ, をさ, をまきあげ, をまき上げ, を上げ, を低く, を叩い, を吹きこん, を吹き当てる, を払っ, を浴び, を立たせ, を立て, を肺, を見た, を載せ, を防ぐ, 白く立ち昇っ, 立てて

▼ 砂~ (52, 1.1%)

3 ざらざらする, できて 2 あつた, おおわれて, 汚れて

1 [40件] あつたの, いつまでも, かまどを, こしらえる盆景, ざらざらし, ざらざらした, たいがい少し, たいへんだ, できたもの, ところどころ小高い, みたして, もと塩池の, もどろでも, よろしい, 一ぱい詰っ, 充たして, 先づ天然の, 埋めたり, 塔を, 塗られたもの, 塞ぎこれ, 岩磐の, 息を, 成て, 描かれた人像, 文樣を, 此砂は, 氣味の, 洗つてそれを, 漆喰を, 漉した鉄分, 白くなっ, 白くなった, 真っ黒に, 磨いて, 芹や, 鋳型を, 顔半分も, 黒く二, 黒く塗りいる

▼ 砂~ (44, 1.0%)

3 泥も, 石も

1 [38件] あるが, くらくは, ぐりがひよろりと出, さらさらと, しつとり, ついて, ついては, つかないが, つき泥, なく, なく海, また吾, また真っ黒, もうはき清めてない, よい自然, わが悩ものうけれ, 一つぶずつ, 一面に, 入れて, 動かない, 原始よりの, 咽ぶ音, 小石も, 払わずに, 拂はずに, 流れるの, 浴びるだろう, 石塊も, 立てない器用, 細かい砂, 船も, 落尽くさず, 見える, 附けば, 雛の, 青草も, 飛ばさな, 麁末に

▼ 砂馬さん~ (37, 0.8%)

3 はあの 2 には砂馬さん, のところ, の考え, は何, を慷堂先生

1 [24件] から聞いた, が先生, が行ってた, が見舞い, と一緒, と何, と大分, には好都合, にひきあわせよう, に慷堂先生, の名前, の言葉, はしょっちゅう, はどう, はなんて言ってた, は俺, は矢萩, は言っ, は阿片, もお, もつかまらなかった, も単なる, も悲堂先生, も支那

▼ 砂~ (36, 0.8%)

2 に出る

1 [34件] があり, があれ, が遙, で何だかごたごた, で眉, なり, に, にあげられ, にうつる, にし, にとぶ, にはね, には夏, には荒々しい, にも雪, に出, に打寄せる, に腹這, のやう, の上, の盡, の背ろ, の萩, へ出, へ出る, へ掻きあげる, へ笠, へ置く, をひつ, をよろ, を打つ, を歩い, を隔て, を驅

▼ 砂~ (31, 0.7%)

4 つくや 3 かけて 2 打ち込むため

1 [22件] あがって, ざぐりと舳を, すれると共に, ついたまま, つきましたと, 両手を, 乗しあげ, 包まれて, 導く廊, 左右の, 引き上げようと, 投げつけられました, 深く埋った, 眼を, 立ち並びました, 腰を, 膝を, 草鞋の, 落ちて, 足を, 露を, 額を

▼ 砂だらけ~ (28, 0.6%)

4 になっ 2 だ, の荒れ地

1 [20件] であ, であったの, でないの, なので, な案内者, な足, にした, になった, になつ, になつて帰つて, のかんなくず, のテーブル, の床板, の手拭, の板の間, の椽側, の脚, の蠅だらけ, の階段, の顔

▼ 砂~ (26, 0.6%)

3 の下屋敷

1 [23件] から葛飾野, で勢, で子供, というところ, に抱え, のお, のこの, の元, の方, の有名, の海辺, の疝氣稻荷, は今, へお, への見送り, へ行き着い, へ行く, へ送りつけ, までわざわざ, も城東区砂町, より北, を横断, を過ぎ

▼ 砂から~ (24, 0.5%)

3 生れた娘

1 [21件] くり水, じっとりと, はいだして, ふきあがっ, 伝はつて, 出来た砂, 小さな貝, 引き出し元, 感じとった, 抜いたみたい, 抱き起して, 拾って, 掘り出しても, 掘出して, 探り出すに, 生えたやう, 腰を, 艀を, 陽炎と, 離れなかった, 頭を

▼ 砂まじり~ (24, 0.5%)

2 のど, の土, の道

1 [18件] の土壌, の地質, の小石, の強い, の水, の泥, の猛, の石, の窪, の粉雪, の苔, の草原, の赤土, の赤土道, の路, の風, 水卷き, 白きザボン

▼ 砂~ (20, 0.4%)

2 の中

1 [18件] がどうしてあんなに, がやわらかい, が乾き, が露出, たること, で, にようやく, に埋, のきわめて, の丘, の処, の小径, の白ばん, はいま, をも家屋, を貰つて, を踏む, 堆く積もり居し

▼ 砂~ (19, 0.4%)

6 ぱの 2 原であった, 粒が, 粒これだけの, 粒だけ 1 原それから, 原だ, 原だった, 原に, 原の

▼ 砂~ (18, 0.4%)

2 に, にひとりさま, へ出た

1 [12件] あの滑らか, から小松橋, に松, に殘, に輝い, の上, の右側, は三, へ飛び降り, を塞ぐ, を歩い, を歩るい

▼ 砂~ (17, 0.4%)

2 ただ砂, よ, 泥だ

1 [11件] から, から歩き, か灰, とか, とかチヨーク, とか貝, などといっ, な埋, まりに, 砂だ, 磨砂だ

▼ 砂~ (17, 0.4%)

2 に黄金

1 [15件] からニュウ, から拾い出された, から掘りだし, から発見, にうずまる, に在, に埋ず, に埋もる, に多く, に拾, に新しい, に真珠, に顔, の金, をさぐった

▼ 砂煙り~ (17, 0.4%)

3 を上げ 2 をあげ, を立て 1 がぱっと, とこれ, に悼ましくむせん, に混じたる, のため, の中, の奥, をパッ, を挙げ, を捲き上げた

▼ 砂~ (13, 0.3%)

1 [13件] が押し流し, にし, に掘り, のみあり, の上, の甕, の道, もただ, もまた, を拾いもっ, を掴む, を雨, を飛ばした

▼ 砂でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] まくよう, 何でも, 叩きつけるよう, 吐いて, 噛み当てたよう, 歯車仕掛けの, 流れない時, 浴びたよう, 盛って, 砂金に, 積んで, 詰めたよう

▼ 砂土原町~ (11, 0.2%)

3 の伊勢屋 2 の後家, へ曲がるべき 1 です, とが頭, に行った, のほう

▼ 砂~ (11, 0.2%)

2 の川, や小石底, を通過 1 の場所, の池, の淵, や岩, を棲み

▼ 砂~ (11, 0.2%)

1 [11件] で非常, になっ, の中, の波形, の浅海, の混淆, の義, の類, をすく, をすくい上げる, を積み上げ

▼ 砂馬慷一~ (11, 0.2%)

3 に会った 2 のこと 1 がコモ, だ, だって純正アナーキスト, の商売, は, はその

▼ 砂すべり~ (10, 0.2%)

10 の谷

▼ 砂~ (10, 0.2%)

3 を立て 1 が巻き, が折々, が濛, が舞いあがる, が見えます, に行手, を揚げぬ

▼ 砂~ (10, 0.2%)

1 がかならず, がふえ, で叩かれ, の中, をおいた, をアパート, を右手, を持った, を推理, を落とし

▼ 砂にも~ (9, 0.2%)

1 似たよう, 吾は, 小砂利, 岩にも, 巧みなる, 歌が, 自分の, 足らない兵, 蹄の

▼ 砂まみれ~ (9, 0.2%)

3 になった 1 になっ, になつて, になりました, になる, に二, の魚

▼ 砂~ (8, 0.2%)

1 がぐるぐるとう, が吹き, におおいまくられ, に乗じ, の中, の吹く, の由, を吹きつけ

▼ 砂~ (7, 0.2%)

2 原に 1 ちと光, ぽい道, ぽこり, ぽ畠, 原です

▼ 砂である~ (7, 0.2%)

2 から水垢 1 からお, から水, から水遊, のだ, やうに

▼ 砂~ (7, 0.2%)

3 ぶれ止めるにも 2 ぶれの 1 ぶれに, ぶれ我

▼ 砂~ (7, 0.2%)

1 が自動電報, と共にもう一度, に, の姿, はまろ, は多分, を見送

▼ 砂揚場~ (7, 0.2%)

2 の近く 1 がある, のある, のところ, の側, の空地

▼ 砂との~ (6, 0.1%)

1 うちふれ, よろこびを, 斜面だ, 河原に, 無限の, 間に

▼ 砂には~ (6, 0.1%)

1 つかないの, 今まで, 日光と, 松露が, 種類が, 粒に

▼ 砂より~ (6, 0.1%)

1 出でしミイラさ, 出でし松, 力無き, 外には, 暗き雲, 白きもの

▼ 砂ハナ~ (6, 0.1%)

1 が並ん, が立っ, が酒, っての, というの, のほう

▼ 砂いじり~ (5, 0.1%)

2 をし 1 して, にゆかう, をながめ

▼ 砂いたずら~ (5, 0.1%)

1 ではなく, とか鬼ごっこ, にし, をし, を二三度くり

▼ 砂~ (5, 0.1%)

2 粘土かに 1 土だろう, 米か, 雪かに

▼ 砂すらも~ (5, 0.1%)

5 段々水

▼ 砂について~ (5, 0.1%)

2 ゐるの 1 あごをての, あるところ, 蟻地獄について

▼ 砂ばかりの~ (5, 0.1%)

1 ざらざらした, ような, 中に, 川, 海岸近くの

▼ 砂吐流君~ (5, 0.1%)

1 から安六君, から来た, が来, を出, を待ち受け

▼ 砂~ (5, 0.1%)

1 なん, に乗っ, に足, の腹, の蔭

▼ 砂文字~ (5, 0.1%)

2 を消す 1 であり鎌倉節, によって夏子, の婆さん

▼ 砂書き~ (5, 0.1%)

1 のオヤッサン, の御, の翁, はとんと, や大道易者

▼ 砂~ (5, 0.1%)

5 りの

▼ 砂白く~ (5, 0.1%)

2 水は 1 崖蒼き, 暮色は, 水底に

▼ 砂~ (5, 0.1%)

1 の土, の地面, の壤土, の火山灰, の石灰岩質

▼ 砂馬君~ (5, 0.1%)

1 だってしょせん, には何, はどえらい, は無理, を面白い

▼ 砂ぐれえ~ (4, 0.1%)

2 がなん, 一丈も

▼ 砂ずり~ (4, 0.1%)

1 だし, なアン, になっ, のいろ

▼ 砂では~ (4, 0.1%)

1 これだけの, ない, なくて, 巫女舞と

▼ 砂ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 でできて, 残って

▼ 砂一粒~ (4, 0.1%)

1 ずつ地, でも落せ, 入って, 入つて

▼ 砂~ (4, 0.1%)

2 は夜ごと, を作る

▼ 砂~ (4, 0.1%)

4 の建水

▼ 砂摺り~ (4, 0.1%)

1 というところ, と背, の刺身, を皮ごと

▼ 砂日傘~ (4, 0.1%)

1 の上, の下, をひろげた, を立て

▼ 砂運び~ (4, 0.1%)

2 をする 1 は朝, を愉快

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 へ, へまじり, へも

▼ 砂です~ (3, 0.1%)

21

▼ 砂とを~ (3, 0.1%)

1 前足で, 自由に, 雲の

▼ 砂と共に~ (3, 0.1%)

1 すべつて水打際まで, よくからみ, 流れ出て

▼ 砂なる~ (3, 0.1%)

2 ぞと説き示せ 1 が眼下

▼ 砂のうへに~ (3, 0.1%)

1 坐つて, 裂けて, 額すりよせ

▼ 砂へと~ (3, 0.1%)

2 顎を 1 河原一面に

▼ 砂よりも~ (3, 0.1%)

1 いっそう不安定, 小くし, 軽く風来

▼ 砂ッ原~ (3, 0.1%)

1 にかかったらしい, の路, を示す

▼ 砂~ (3, 0.1%)

3 りの

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 に走っ, に鉄, をとっ

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 につき, に上陸, をえらん

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 であるか, には雨華上人, の部屋

▼ 砂~ (3, 0.1%)

2 で雑草 1 に吹き散り

▼ 砂掘れ~ (3, 0.1%)

1 ば人, ば水, ば砂

▼ 砂深い~ (3, 0.1%)

1 和らかい地の, 小松原, 川です

▼ 砂白き~ (3, 0.1%)

1 ほとり鳥啼き, 思の, 熊岳河に

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 の毛髪, の頭髪, の髪の毛

▼ 砂~ (3, 0.1%)

1 に乗せられ, のため, の坂

▼ 砂~ (3, 0.1%)

2 と称する 1 を歩い

▼ 砂ある~ (2, 0.0%)

1 を従来, 由を

▼ 砂あるいは~ (2, 0.0%)

1 やや泥質, 珊瑚屑を

▼ 砂いや~ (2, 0.0%)

1 その遁げ状, 水の

▼ 砂がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひつて

▼ 砂きしみ~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 砂さそれ~ (2, 0.0%)

2 が上

▼ 砂だってだけ~ (2, 0.0%)

2 だほれこれ

▼ 砂だの~ (2, 0.0%)

1 これ, 煙草の

▼ 砂だらけ御汁~ (2, 0.0%)

1 といっ, と云つて

▼ 砂っぽい~ (2, 0.0%)

1 広場で, 風を

▼ 砂つぶ~ (2, 0.0%)

1 くらいの大き, て

▼ 砂でなく~ (2, 0.0%)

1 て石, て饂飩粉

▼ 砂といふ~ (2, 0.0%)

1 勿れ, 砂の

▼ 砂とが~ (2, 0.0%)

1 並用され, 後の

▼ 砂とで~ (2, 0.0%)

1 築き上げた浴槽, 自然に

▼ 砂とは~ (2, 0.0%)

1 今空中, 違うが

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 がるる, だりもと

▼ 砂など~ (2, 0.0%)

1 いつて, 引っかけないで

▼ 砂なら~ (2, 0.0%)

1 どうでございましょう, ば路

▼ 砂なれ~ (2, 0.0%)

1 ば彼等五十万, ば爪こまか

▼ 砂なんか~ (2, 0.0%)

2 ありは

▼ 砂なんて~ (2, 0.0%)

2 おっかし

▼ 砂はま~ (2, 0.0%)

1 に下り, に大きな

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 かい大通り, かい汽車

▼ 砂まで~ (2, 0.0%)

1 撒くが, 砂金や

▼ 砂もて~ (2, 0.0%)

1 満されたる, 画かれ履

▼ 砂をか~ (2, 0.0%)

1 ぶつた, ぶつて

▼ 砂をも~ (2, 0.0%)

1 たくさんに, 吹上げは

▼ 砂ッ風~ (2, 0.0%)

2 が当る

▼ 砂ホコリ~ (2, 0.0%)

1 で一パイ, を後

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 をうんと, を嗅がされる

▼ 砂吐流~ (2, 0.0%)

1 の新居春風亭, を思ひだし

▼ 砂吹雪~ (2, 0.0%)

2 をたて

▼ 砂土手~ (2, 0.0%)

1 に沿, に沿い

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 と云う, の力

▼ 砂掻き~ (2, 0.0%)

2 あますく

▼ 砂敷きならし~ (2, 0.0%)

2

▼ 砂敷ける~ (2, 0.0%)

2 径の

▼ 砂村川~ (2, 0.0%)

1 と称する, と称せられた

▼ 砂村隠亡堀~ (2, 0.0%)

1 であった, の場

▼ 砂止め~ (2, 0.0%)

2 の笹垣

▼ 砂~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 はれた巌, ふ

▼ 砂滑り~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ 砂町小学校~ (2, 0.0%)

1 から七人三中, に通い

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 であるかういふ, の紋様

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 を蓋, を見下ろし

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 からみどり色, から緑

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 に泡だち, に火照り沁み入る

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 は至る, へ唾

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 だけが水, を再び

▼ 砂走り~ (2, 0.0%)

1 の中, を一目散

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 とぎれて, を歩む

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 からそれだけ, です

▼ 砂除け~ (2, 0.0%)

1 に栽, の素通し

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 になっ, のなか

▼ 砂~ (2, 0.0%)

1 によってつらなり, へ通じる

▼ 砂馬一家~ (2, 0.0%)

1 しか持ってない, の丸万

▼ 砂馬親分~ (2, 0.0%)

1 は上海, は豪勢

▼1* [245件]

あらしに駭, 砂ぢり, 砂いいですか, 砂いくつ畳にひろふ, 砂いさごの, 砂いっぱいで, 砂うずめてゆく, 砂かと聞いたが, 砂からは湯気の, 砂がからだ中, 砂ぎもを食べる, 砂ぐらい刎ね, 砂ごと身体が下, 砂さえ敷妙の, 砂され新郎新婦の, 砂ざらつく絵馬殿に, 砂しろくしろき骨は, 砂じきだった, 砂すなわち霧島の, 砂すべりくだるも砂, 砂その上に, 砂そのもののなか, 砂こを, 砂だけが残った砂, 砂だけは一粒でも, 砂だけを見詰めながら, 砂だったからよかっ, 砂だってまっ白, 砂っぽこりで, 砂つきの小, 砂つちにはひっ, 砂つむじが舞い, 砂づめの樽, 砂でしたがそれ, 砂で御座いますから清浄, 砂とともに蟻の, 砂とも云え, 砂ながらさびし山家, 砂なぞがくしゃくしゃには, 砂なぞを眺めた彼自身, 砂などは何の, 砂なども玉を, 砂などをつれて, 砂にてその状そのかみカートン, 砂にはをどる, 砂に対する闘いであった, 砂ぬくぬくとした, 砂のうへをはしる水貝, 砂のくづれ落つるひびき, 砂のべに居る, 砂のみで絵を, 砂のむた雲母の, 砂はじつとり濡れてゐた, 砂ばかりが舞って, 砂ばかりになりそこ, 砂ふく異境に嫁いだ, 砂ほどもなおある, 砂まじり蒙古の, 砂または土, 砂までも大きくする, 砂まみれ血まみれになつ, 砂まろび遊びほれつつ, 砂みたいな土, 砂みちであるので, 砂みちづたいに行くと, 砂むしろが置かれ, 砂もぐりや海蛇, 砂ものなどを使用, 砂やら溌と, 砂よけの垣あり, 砂をけあびせる様, 砂をにぎつてはやみま, 砂をはふいばら, 砂を以てすれば, 砂アパートは二十年三月十日, 砂イソメというの, 砂イソメドバミミズシマミミズボッタヒル蝦蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の鯖蟹, 砂カベがおちる, 砂ガラス粉などについて更に, 砂ゴミみたいなもの, 砂ッパに寝ころん, 砂ッ原岩穴の奥, 砂ッ埃を捲い, 砂ッ塵でお, 砂ツ埃は大, 砂蹴ツテ高蓋四輪, 砂一つついて, 砂一斗も填められた, 砂一粒幾億万年の後, 砂一粒幾億萬年の後, 砂三津の黄土, 砂乾きゐて春風, 砂五月の空, 砂交じりの土, 砂交つてんだから, 砂人白河の大谷五花村, 砂以来の名人, 砂低ければなり, 砂の一俵, 砂とインキ壺, 砂即ちブレッドサンドと, 砂は鐘草, 砂にあふ, 砂吐く蜆かな, 砂吐流君徃訪これは丸ビル, 砂吹きあぐる白南風, 砂吹くや梅, 砂味鋼とかに分類, 砂土原藩小さい方, 砂土帯の小さな, 砂になツ, 砂塗りの壁, 砂塗れになっ, 砂壌かなたに受, 砂売りをやつ, 砂とインキ壺, 砂夕立が降る, 砂夕食の中, 砂多きが爲, 砂夢路君の友情, 砂見なくちゃ, 砂寒き低山, 砂小石は近代, 砂の納屋, 砂岩緑青を産, 砂遠なり, 砂は十九歳, 砂に立籠つて, 砂んでる, 砂弄りをし, 砂弥島と云っ, 砂を歩く, 砂径沿ひの, 砂悪戯や水, 砂ひは, 砂払いからの再転, 砂だといふ, 砂りが, 砂振いという所, 砂の第, 砂掃き工場, 砂掘り作業の如何, 砂掬いを貸し, 砂掻きよせて苗, 砂揚げの連中, 砂に, 砂文字これは一体どう, 砂文字ゴリラ男までが何, 砂書き阿呆陀羅活惚軽業なぞのいろいろ, 砂村あたりの場末, 砂村先にお, 砂村新田の稲荷前, 砂村方面へ卵, 砂村沖も皆, 砂東京の仙田木同, 砂のよう, 砂もこの, 砂の間, 砂のない, 砂の瑠璃色, 砂水銀を化, 砂河原となっ, 砂がみごと, 砂や机, 砂浴びてゐる, 砂浴びして掘っ, 砂浴びせられたる一旦の, 砂浴びるすずめゑさ食む雀, 砂の中, 砂清く松小に, 砂清らかなる処, 砂にかけ水, 砂などが注目, 砂濱ひとり來て濱鼓子花, 砂濱平地十五丁斗なり, 砂を吹出し, 砂烟りが巻きあがっ, 砂路居, 砂とに焼け爛れる, 砂という人, 砂燕梅素玄魚の三名, 砂の分析的, 砂町一丁目と上大島町, 砂町北は千住, 砂町海水浴場の榜示杭, 砂町田町川勝前から柳町, 砂を明い, 砂短い草さ, 砂石底を見るべし, 砂石泥土を迸流し, 砂石皆赤く苔, 砂石砂利などがざら, 砂石集に見えし, 砂を幾度, 砂砂糖を買, 砂砕石又は水, 砂磧中の一, 砂には鼠色, 砂窪地の谷, 砂の固形, 砂籠岸を護し, 砂紺砂の色, 砂織物漆紙などここ, 砂置いた広庭, 砂羽二重の類, 砂耕法と稱, 砂に入っ, 砂です, 砂て多し, 砂落し研磨それの組立, 砂蕎麦の格子, 砂が人, 砂袋みたいなもの, 砂袋切つて落すと, 砂製造の野心, 砂越しに突挫, 砂辷りがあっ, 砂ちゃんとしい, 砂通りに沿う, 砂運び作業にかかった, 砂道平にし, 砂釉青磁釉等これが流し, 砂が落っ, 砂の方, 砂錫水銀の氣, 砂降灰の災害, 砂だっていう, 砂によせ, 砂にぬれ, 砂の影, 砂雲漠々としてこなた, 砂雲雀優にあがれり, 砂はまったく, 砂をたて, 砂に朽ち損ず, 砂飛び出して来, 砂食いといっ, 砂饅頭に箸, 砂馬さん慷堂先生に会った, 砂馬一派の仕業, 砂馬慷一みたいにアブク銭, 砂馬自身が参加, 砂という, 砂鶻ぢやね, 砂なる