青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「看護~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相撲~ ~相談 相談~ ~相違 相違~ 省~ ~眉 眉~ ~看板 看板~
看護~
~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真 真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~

「看護~」 3754, 36ppm, 3226位

▼ 看護~ (2316, 61.7%)

23 の顔 19 の手 18 が, が二人 17 をし 12 になっ, の方 11 の姿 10 が来, の一人, を相手 9 は, はその 8 がその, であった 7 がまた, が來, の白い, の白衣, の腕 6 が一人, が入っ, が出, が私, である, という職業, になる, に頼ん, を呼ん

5 [12件] が持っ, が来る, が答えた, だった, と一緒, に, の, のよう, の名, の杉野さん, をつけ, を連れ

4 [17件] というもの, となっ, に命じ, に手, の中, の中川, の仕事, の代り, の前, の口, の甲野, はそれ, は彼女, は驚いた, みたよう, もその, や女中

3 [43件] がお, がそれ, がベッド, が戻っ, が手押車, が草履, が薬, が言っ, が言った, という立場, との間, と二人, にたすけられ, にたのん, になりたい, に両手, に分け, に抱かれ, に渡し, に聞いた, に聞く, に質問, のいない, のやう, の制服, の君岡, の声, の後, の眼, の肩, の視線, の言葉, の話, の部屋, はそう, は云った, は何, は私, をつれ, を二人, を呼んだ, を従え, を見た

2 [161件] あがりの, からきい, から確め, から紫外線, から聞いた, があった, があの, がいった, がいる, がそう, がそつ, がどう, がはいっ, がやっと, が云った, が交代, が何, が出る, が又, が受持, が向う, が大変僕, が室, が小便, が廊下, が廻っ, が彼, が急い, が扉, が時々, が来た, が来ました, が注射, が注射器, が病室, が痰吐, が立っ, が笑い, が訊いた, が靴, が飛ん, だから, だと, だという, だろう, であつ, でありました, であること, であるに, です, という, といっしょ, とが同時に, として働い, とそれから, と云う, と交代, と入れ違い, と口, と喧嘩, と女中, と患者, と母, と産婆, と顔, などの病室, にそう, になった, になつ, になり, にも来, に一等, に云う, に云った, に云われ, に任せ, に促され, に催眠術, に向かっ, に向っ, に命じた, に惚れ, に挨拶, に施けた, に案内, に気, に渡した, に用, に美人, に自分, に言った, に訊いた, に附, のうち, のお, のこと, のひと, のほう, の上草履, の両手, の兄, の小谷さん, の居た, の常見キミエ, の指紋, の有無, の杉本さん, の横, の沖, の白服, の秋山さん, の背中, の見習, の足音, の運ん, の食事, の養成所, はでは, はまた, はもう, はゐる, はベッド, は一々, は中, は室, は容態表, は廊下, は急, は扉, は無言, は直ぐ, は相, は眼, は矢張女, は立っ, は自分, は部屋, は階下, は顔, は首, もつい, もみな他, も一人, も付い, も来た, も立つた, や患者, や澤田さん, らしい手, をよん, を一人, を伴, を呼び, を呼び出し, を寝かした, を小さい, を捉え, を督励, を見, を迎, を雇う

1 [1454件 抜粋] おびたゞしく行き, かと思った, から, からその, からやがて, から何, から受附, から掌, から病院, か何, か母親, があったろう, がある, がい, がいた, がおった, がお供, がくり, がさし出した, がしたがっ, がすっかり, がそろそろ, がちょっと, がつき, がとつ, がどうも, がない, がばたばた, がひどい, がぶすぶす, がやっ, がゐない, がアルコール, がガーゼ, がスッカリ眠つて了つて, がズボン下, がハッキリ, が一々, が一度, が三人, が上, が乱れ, が二つ, が二十四時間, が交, が会釈, が個人, が傍, が入口, が全作, が前, が半身, が去る, が叫ん, が各, が呼び, が器量, が土地, が夜, が妙, が安, が寝, が小首, が居, が居合わした, が帳面, が広間, が当時, が後継者, が忽ち, が恒川氏, が悪口, が愕, が憎い, が手, が手術, が揉ん, が教諭, が文学好き, が昨日, が暗いだだっ広い, が枕, が椅子, が毎日通つて來, が気, が氷, が治療室, が泪, が洩らした, が渇き, が激しく, が熊吉, が玄関, が生れた, が病院, が白状, が眠っ, が着る, が立ち上っ, が紹介, が美しい, が自分, が行つて, が見せられた, が見当, が言ってた, が説明, が貞世, が赤い, が近く, が這入っ, が遠慮, が配置, が銭湯, が附い, が階段, が電話口, が頭, が頼信紙, が風呂, が首, が駆けこん, が騙し, さー, じみた二十五, その子供等, だがね, だけで好い, だそう, だったバラさん, だとばかり, だの巡査, であったが, であらう, である事, でした, でなければ, ではすこし, では許されません, でもつい, でも云わない, でよかっ, で妾, で来, で紙, という一曲, といえ, とお, とか乃至, とが二人がかり, とが枕頭, とが黙っ, とこつちの武井さん, としての信用, としての技術, としての範囲, としての資格, としてロア・グルノウ記念療養院, として教育, として雇, とでいくら, とに別室, との関係, とはからまり合っ, とは死体, とは違う, とを傭, とハリー, と一しょ, と三四名, と中西, と信子, と医師, と同様, と婆, と家内, と幾, と慎太郎, と母親, と爭, と私, と親しく, と話, と變ぢ, と顔見知り, なぞいう, なぞの第, などが患者, などが警官, などのいる, などの廊下, などの穿き, などは好まなかつた, ならそれ, なんかにいう, なんてもの, にあと, にお, にお尋ね, にき, にさえ出来ない, にその, にだけそう, にでもなる, にとっても不便, になだめられ, にならう, になります, にはなり, には便器, にまかせた, にまで見捨てられちゃうでしょう, にもあてはめられる, にもはっきり, にも今, にも劣らぬ, にも頼み, によって行われ, にキノシタさん, に一種生理的, に云, に代筆, に似, に先立っ, に切られた, に反問, に叱りつけられ, に名前, に呼び醒まされた, に委し, に対, に対する疑い, に小さい, に当っ, に後, に患者, に憧れはじめた, に手伝わし, に扶, に援, に時刻, に枕許, に注射, に生まれ付い, に相談, に示した, に紙片, に聞いたら, に脈, に見つかり, に言われる, に託し, に読みまわされたらしく, に迷惑, に連れられ, に醜業婦同様, に附文, に電話, に頼んだ, のいる, のお母さん, のこしらえ, のする, のただならぬ, のところ, のはる, のよく, のらしい, のテニス場, のラージュ嬢, の三村, の世話, の乙女, の人, の体, の俤, の先, の全身, の写真, の勇敢, の勤務, の周到, の唄う, の大前掛, の奴, の容態表, の小池さん, の山田さん, の差出した, の弟, の徹夜, の心理, の恒子さん, の戻っ, の手付き, の払塵, の数, の望み, の案内, の様子, の残し, の溜, の父兄, の白前垂, の目, の看病, の知らない, の秋草, の立場, の素晴らしい, の群, の肉, の胸, の葉山さん, の見る, の訓練, の認可, の諸井さん, の返事, の金切声, の隙, の青蛙, の靴音, の顔色, はあなた, はあわ, はいささか, はいつも, はいよいよ, はお, はおどおど, はお辞儀, はかなり, はさ, はしきりに, はそういう, はそんな, はただ, はついてる, はと見る, はどこ, はなし, ははっと, はほかの, はみな, はやがて, はわざと, はオシャベリ姫, はグングン, はチラホラ, は一人, は不審そう, は不足, は二人共, は二度, は云, は今日, は何でも, は依然として, は倉地, は先, は再び, は冷静, は到頭, は勢, は医学, は又, は口, は呼吸, は四六時中雁江, は大, は妻, は子供, は小声, は少しく, は巳之助, は幼い, は当節めった, は彼等, は心得, は怒った, は感激, は手押車, は挿入物, は文太郎, は時々, は暫く, は果して, は止め, は気の毒そう, は水, は深く, は熟睡, は用事, は病院, は皆献身的, は真面目, は稍高慢氣, は立ちあがっ, は笑わず, は続け, は胸部, は落付, は行かなく, は言い, は警察, は起き, は軽く, は返答, は鋭き, は院長, は難所, は須美子, は飲み残し, は鳥渡, へ云った, までも幻, もあれ, もいやがる, もおります, もこの, もそこ, もつきそっ, もなく, もみんな親切, もゐなかつた, も一様, も不安げ, も俄, も出かけ, も同じ, も多数, も岡, も彼, も時計, も流石, も看護卒, も笑, も自分, も見えた, も赤い, も遠ざけ, も頭, も麻酔, やなどの役, や人々, や入院患者等, や医学生たち, や妹, や年, や梅村医師, や生徒, や看護卒, や警官たち, や近所, よかよっぽど, らしい人, らしかったろう, をうらん, をたのん, をどう, をひとり, をもとめ, をやっ, をやりすごし, をよんだ, をドナリ, を仰付けられた, を使わなかった, を傭, を傷害, を勤め, を叱り飛ばす, を呼びとめ, を呼び起した, を呼ぼう, を女給, を尋ねれ, を市, を恐れた, を手伝わし, を指し, を揺り起した, を本邸, を殴らせろ, を殿, を病院, を突き飛ばし, を罵る, を見かける, を起す, を逃がさない, を選定, を雇っ, を頼みたい, を顧みた, ノ必要ガ起ルト, 其の子供等抔, 第一号以前, 降りて

▼ 看護~ (129, 3.4%)

32 して 6 した 5 受けて 3 したと 2 うけて, してから, してな, しようと, すること, 受けながら, 小さい妹

1 [69件] いたしました, いたします事, うけられながら, させながら, させます, させませんと, させるならあれ, された, しいまさっき裏, したが, したの, したので, した医学者たち, した母, した疲れ, しても, してやったそれ, してる妻, しました, する, するの, するので, する方, せず看護婦, せよと, どこまでも, なさいました, なし旅立, なすって, はじめましょう, ひきうけて, もって, 一人で, 一任した, 五月蠅が, 人々に, 他の, 仰せつけられたの, 元に, 兼ね仕儀, 受けた事丈, 受けながらも, 受けました, 受ける身, 尽した, 尽して, 引き受け島人, 引受けつ, 怠らず最も, 怠らないよう, 怠らなかったばかり, 怠りその, 意識した, 手伝うの, 打捨て, 施したほう, 業と, 母は, 結びつけるの, 続けながら, 続け安らか, 自己の, 致して, 致しますので, 要するという, 請けるお, 頼んだぞ, 頼んで, 願いたいという

▼ 看護婦さん~ (127, 3.4%)

3 と一緒 2 がき, が私, だよ, のいふ, を困らした

1 [114件] おやすみ, からリボン, から一様, から押し上げ, か何, が, がいた, がいます, がおいで, がきっと, がなにか, がにこにこ, がほんの, がスッカリ同情, がテレス, が云う, が今日, が側, が出かける, が半ば, が寝台車, が居ます, が戻, が手, が持っ, が歸ら, が死人, が水道栓, が特別, が見送っ, が見送つ, が親切, が言, が走つ, が軽く, が鉄かぶと, この窓, こんな病人, しばらく二人, すまないが, そりゃ間違っ, だ, だけのよう, だったバラさん, だな, だわ, でございましょう, でした, でせう, とあそん, とふたり, ともう, と信子, と相乗, にいろいろ, にお, におっしゃっ, にお世話, にその, にでも患者, にまかせ, にもだれ, にも少し, にリボン, に余計, に助けられ, に告げ, に私, に笑われました, に聞かれる, に脈, に見られる, に読ん, に遠慮, に頼みましょう, に頼ん, に頼んだら, のいない, のこと, の呼び, の声, の寝息, の居ない, の巣立ち, の平気さ, の手, の手助け, の眠っ, の話, の間, の隙, はだまっ, は御覧, は次, は泰子, は病室, は硝子, は自分, は行儀, へ迎え, までちょっと, まで喜ん, もあの, もただ, も一般, も癒, も看護婦さん, も看護婦さんぢやあ, や主人, らしく人前, をそば, をやとっ, を送っ, を連れ

▼ 看護~ (106, 2.8%)

7 ために 3 人も, 暇を 2 人に, 女子に, 婦人は, 手に, 手を, 為附添として, 礼を, 者を

1 [77件] ある人, うちに, おかげか, お手傳, お方々, かたわら節子が, ことに, ことも, ためつき添っ, ため怖い, ため踏留った, つかれも, つづきの, ひまに, ひまを, もとに, ものの, ようでしょう, 下で, 世話を, 事が, 人の, 人を, 人達に, 便が, 便宜上最も母屋, 制度は, 力であった, 労が, 務めです, 原則としても, 口さがし, 地位に, 天使優しい, 女が, 婦人の, 尼いま燈を, 尼か, 尼の, 尼は, 幾日これも, 心得など, 心得を, 恩を, 手すきを, 手は, 手落ちでない, 料金取り立て, 新待賢門院廉子, 方が, 方を, 方法を, 時を, 本場京都岩倉村の, 氷嚢など, 注意を, 深切は, 為に, 為当地に, 爲に, 片手間にこそ, 由さぞかし, 甲斐が, 甲斐も, 疲労や, 真心や, 禮詞を, 者が, 者は, 者四五名送られた, 衆は, 連中とても, 連中は, 都合上そう, 都合上次の間から, 隙を, 難有さ身

▼ 看護~ (90, 2.4%)

14 ていた 8 ている 5 てくれ 4 て居る 3 てくれる, てゐた, て居た 2 てきた, てくれた, てここ, てやりたい, てやる

1 [40件] この元気, つつおり, てあげ, てあげた, てあげる, てくれました, てくれられました, てさしあげ, てすこし, てその, てとうとう, てもよくならなかった, てもらう, てもらえ, てもらった, てもらふ, てやっ, てやつ, てやりましょう, てゐる, て下さる, て仮令, て何十年一日, て呉れた, て呉れます, て呉れる, て居ます, て居ります, て故郷, て氷嚢, て病院, て貰つた, て面はればれ, ながらその, ながら寝る, に来, また七日々, もし死ぬ, 合ひます, 彼に

▼ 看護~ (88, 2.3%)

4 です

2 [34件] たる躰面, だけのこと, で看護員, としてそして, に睨返, に立, に迫害, のその, の傍, の面, はいかに, はそ, はやや, は事もなげ, は他, は何気なく, は傾聴, は冷, は声, は実際, は従容, は微笑み, は我, は手, は現在おの, は異議, は看護員, は落着, は身, は軽く, は静, は頸, は顔, を一睨せり

1 [16件] でさ, でさえあれ, という躰面, といふ躰面, とかッ, とかツ, に向, に向い, のいひ, の謂出, はひしひし, は怪, は怪む, は海野, は海野がい, は犇

▼ 看護~ (87, 2.3%)

4 余念の, 身を 3 来て 2 あたって, 当った, 当って, 心を, 疲れて, 行って, 骨を

1 [62件] あたる一方, いくらか心, おいで, お疲れ, かかりきりであった, ここへ, つくした, つこうもの, つとめて, つとめますが, なれて, のこしおかねば, やって来た, ゆくと, 一任した, 一生懸命で, 一番熱心な, 不調法を, 他念も, 余念なく, 充血した, 出ること, 出る仕組, 力を, 加わり枕頭, 努めた, 努めて, 向ひ, 夜も, 帰って, 帰つて来た, 当たろうからと, 徹夜を, 忙しくて, 怠り無りしかども, 懸命に, 手が, 手を, 来た, 来たん, 来りしより, 歸つて來た, 残して, 没頭した, 浴した, 熱心という, 疲れたから, 疲れたのに, 疲れたわ, 疲れた人, 疲れた夫人, 疲れた羽島さん, 疲れた顔, 疲れても, 疲れ顔, 盡した, 職人たちも, 行き度, 身の, 通われて, 限らず総べて, 馳せつけて

▼ 看護~ (84, 2.2%)

3 の隙 2 に伴, の手, の鳥山宇吉, は毎日

1 [73件] から花, か看護婦, がぬっと, がフランス語, が一人, が必要, が患者, が手数, が挨拶, が控え, が死ぬる, が生き返った, が生き返つた, が男性, が真面目, が笑い, が薬室, だと, ではない, では有り得ない, でも近寄ろう, とが五, とし, としてお, として故郷, として雇, とは刑事, と同じ, と赤沢夫人, なん, には囚人, には給料, に対しても何ら, に尋ね, に採用, に選んだ, のやう, のよう, の夜間無断外出, の如く, の姿, の方, の服, の様, の理解, の白服, の話, はたまらん, はどうしても, はみんな気違, はみんな気違い上り, は不馴れ, は先, は又もや, は怪しげ, は斷, は病苦, は驚い, ほどの自由, もあります, も二人三人, も男, も要らなかつた, や女中達, をつけ, を先登, を去らしめ, を呼ぶ, を図, を森タバコ屋, を殴り殺す, を辞任, を附ける

▼ 看護婦たち~ (66, 1.8%)

2 が彼, が鳩, のなか, の立去る, の行動, は彼

1 [54件] がしくしく, がヘーイ少佐, が三人, が嬉々, が容易, が崩れ出した, が数え歌, が正気, が自分, が行っ, が陽気, だけが眼, とやさしい, と共に教諭, と声, にいっ, におくられ, にたん架, にとりまかれ, にもこれから, にも気付かれない, に多く, に彼, に持て, に持て余された, に貞世, のうち, のばらばら, のほう, のよう, の冥福, の前, の声, の沈黙, の清浄, の白い, の白い冷たい, の眼, の駈けつけた, はあわて, はいた, はいつ, はおどろい, はなんと, はまた, は勝手, は始め, は患者, は旧, は私, もその, も軽い, を出迎え, を手伝わし

▼ 看護婦長~ (44, 1.2%)

2 と乳繰, に飽き

1 [40件] から憎まれ, から振る舞われ, がせかせか, が來, が死体, が知らせ, すら満足, だつた, であり女, とがはいっ, とですっかり, とに挨拶, との会話, とひそか, とを連れ, なんかは部長先生, にでも逢っ, にとどけられ, にとり入った, に叱られた, に廊下, に打ち明け, のやう, の世話, の声, の所, の盛り, の連れ, の部屋, の黒, はこの, は今, は快活そう, は毎朝, は氣象, までお, や看護婦達, らしい物, をつとめ, を訪ね

▼ 看護する~ (41, 1.1%)

4 ことに 3 ものが 2 者の, 責任が

1 [30件] お民, からぜひとも, ことによって, そぶりが, ために, ため身分を, といふ風, と言, には何, にも都合, に実, のが, のであった, のであつ, のは, まことに万事, ものの, ものも, ような, を見, 人達の, 傍嬰児の, 四人の, 母親らの, 男子, 目的から, 義で, 者あれ, 計画を, 迄となつ

▼ 看護~ (39, 1.0%)

2 となっ, と云ってた

1 [35件] から一つ上, か何, がそれ, がちょっと, がやかましく, が傍, が出した, が卑屈, が四五人, が平生, が栗本, が見つけ, が防寒服, だった若者, なりにそういう, にぬがし, には看護卒, の営内靴, の機嫌, の私物箱, の端々, の肩, はた, はホヤ, は一人, は同じ, は営内靴, は老人, は負傷, は負傷者, もつい, も来, も軍医, をした, を志願

▼ 看護婦達~ (38, 1.0%)

2 がスリッパ, を遠ざけた

1 [34件] がえらい, が一日交代, が入院患者, が崩れ出した, が手術器類, が枕元, が顔, とは隨分, と恰も, にまざまざ, にサイン責め, に押えつけられ, に極端, に訊い, のうた, の一々, の二人三人, の同情, の唇, の寄宿舎, の手, の白, の目, の私語, の顔付, はお, はやはり, もさ, も相談, も足, をすぐ, を呼び集め, を始め, を指揮

▼ 看護~ (26, 0.7%)

1 [26件] がつい, がぶら, が大きな, が廊下, が脇の下, が苦々しく, だった, でその, とが相談, とは帰還者, に喰っ, に小声, に訊ねる, のこと, の物々し, の苦々し, の返事, は, は勤務, は医務室, は右, は大勢, は帳簿, は扉, をし, を見る

▼ 看護~ (21, 0.6%)

2 出来ず見殺に

1 [19件] かいなく, ししかられても, して, しないので, し叱られても, し激励, すべき身, せず其上家財着類金子, せねば, たのむ, つけずに, 出來, 効あらず, 受けないで, 実によく行き届いた, 容易でない, 届いたん, 結局それを, 長い間

▼ 看護した~ (15, 0.4%)

1 [15件] ことの, ために, つもりです, という逸事, と認めるなら, のは, ほうが, ものは, 友の, 彼の, 忠實な, 滝太郎の, 看護婦が, 若い婦人, 飴屋へ

▼ 看護~ (15, 0.4%)

1 [15件] あんたに, したものの, しても, その受持, できさ, むしろ溢れる, 事務である, 五子夫人が, 友達などが, 新一郎の, 殊勝であった, 母親の, 登子が, 窓に, 頼まれれば

▼ 看護~ (15, 0.4%)

1 [15件] が千恵, と, と前かけ, のうへに松葉, のなか, の上, の浜子, の裳, の首, ばかり着, をきた, をぬい, を着ず, を着出す, を脱い

▼ 看護婦会~ (14, 0.4%)

3 へ電話

1 [11件] から派出, から牛込, から看護婦, から臨時, がありまする, で周旋, との園遊会, の会長さん, の白い, は何番, へかけ

▼ 看護婦室~ (12, 0.3%)

2 の棚, へ顔 1 に挨拶, に物悲しい, に薄, の前, へ来る, へ行く, を出る, を通りかかった

▼ 看護人なにがし~ (11, 0.3%)

1 [11件] であつ, といふ人, におや, に就い, に打, に霊感, の友情, の唐突, の当夜, はキリスト教徒, は手当

▼ 看護され~ (10, 0.3%)

3 ていた 1 つつ明治四十年十月十四日光誉春琴恵照禅定尼, て, てこう, て死ぬ, ながら暮し, ながら死ぬ, ながら死ぬなら

▼ 看護~ (10, 0.3%)

2 だが, だっただ, なんての, にゃなれねえってえだが 1 なんか何, のこと

▼ 看護~ (9, 0.2%)

1 それに, 僕たち弟の, 叔母の, 思いやりで, 注意の, 療法の, 祈願にも, 言って, 金目を

▼ 看護~ (9, 0.2%)

2 の出 1 が来, でもない, とも思われる, のよう, をした, を勤め, を呼び出さなけれ

▼ 看護~ (8, 0.2%)

2 効を 1 しきれぬと, ついて, できて, 不行届に, 大變, 足りないせい

▼ 看護~ (8, 0.2%)

1 つれを, なにかで, 一族を, 家政を, 弟の, 心労執筆に, 焼け跡整理に, 食べものの

▼ 看護~ (8, 0.2%)

1 だという, でやっ, の不用意, の厄介, の口, の態, の狂態, も手

▼ 看護には~ (7, 0.2%)

1 たいへん手数, 出来るかぎり, 特別な, 真の, 碧梧桐氏や, 過ぎたるもの, 閉口だ

▼ 看護婦服~ (7, 0.2%)

1 と帽子, と白木綿, のほか, の上, の五十女, の浜子, を着

▼ 看護婦さんたち~ (6, 0.2%)

1 が非常, に通有, のそれ, は, は今朝, は助手

▼ 看護~ (6, 0.2%)

1 がありえない, がつきまとっ, として附隨, に対しても社会, の如く, を抱え

▼ 看護~ (5, 0.1%)

1 どれ程, 彼は, 死ぬ, 秩序を, 間違ひなく癒せる

▼ 看護ぶり~ (5, 0.1%)

1 に動かされた, のこまやかさ, はそれ, はひと, は通り一ぺん

▼ 看護られ~ (5, 0.1%)

2 てウトウト 1 て天才ショパン, ながらこう, 何処かの

▼ 看護婦見習~ (5, 0.1%)

1 で入る, に住み込んだ, や掃除婦, をした, をつとめ

▼ 看護婦養成所~ (5, 0.1%)

1 があり, というもの, に三ヵ月以上, へ入学, を開設

▼ 看護婦ども~ (4, 0.1%)

1 がくすくす, がわいわい, が笑った, の其詰所

▼ 看護婦二人~ (4, 0.1%)

1 が気, と母, は驚い, を救い出し

▼ 看護婦云々~ (4, 0.1%)

2 のこと, の一言

▼ 看護婦学校~ (4, 0.1%)

1 が卒業, に入る, に口, の病室

▼ 看護婦等~ (4, 0.1%)

1 に従事, の往来, は何, を睨め着け

▼ 看護~ (4, 0.1%)

3 の本 1 は定

▼ 看護~ (4, 0.1%)

1 です, など学術的, の実例, の要領

▼ 看護疲れ~ (4, 0.1%)

1 と寝不足, のした, の身体全体, をみせ

▼ 看護という~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, 特殊な

▼ 看護婦さん達~ (3, 0.1%)

1 だった, の着換室, はどの人

▼ 看護婦みたい~ (3, 0.1%)

1 なの, な不潔, な清潔さ

▼ 看護婦仲間~ (3, 0.1%)

1 では博士, の噂, の通りことば

▼ 看護婦試驗~ (3, 0.1%)

1 が受かつたら, の日, は以前

▼ 看護~ (3, 0.1%)

1 のま, の長い四角い, の鼠色

▼ 看護から~ (2, 0.1%)

1 喰べ, 間代食費まで

▼ 看護された~ (2, 0.1%)

1 ことは, 時の

▼ 看護せし~ (2, 0.1%)

1 めんと, 時と

▼ 看護って~ (2, 0.1%)

1 下さらぬか, 居たらしい母親

▼ 看護つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたが, ゐたらしい母親

▼ 看護とで~ (2, 0.1%)

2 平復退院

▼ 看護によって~ (2, 0.1%)

1 やがて三人, ようやく蘇生

▼ 看護人たち~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 看護婦がわり~ (2, 0.1%)

1 に, に父

▼ 看護婦ガ~ (2, 0.1%)

1 寝ルコトニナッタ, 見ツケテ附イテ来タノ

▼ 看護婦上り~ (2, 0.1%)

1 なの, のよう

▼ 看護婦主任~ (2, 0.1%)

1 の室, を呼ぶ

▼ 看護婦共~ (2, 0.1%)

1 がキャッチボール, の氣嫌

▼ 看護婦婦人患者~ (2, 0.1%)

1 を手当次第妾, を手當次

▼ 看護婦患者等~ (2, 0.1%)

2 は彼

▼ 看護婦生徒~ (2, 0.1%)

1 の一年生, の椿山

▼ 看護婦相手~ (2, 0.1%)

1 に病人, に船員赤石

▼ 看護婦部屋~ (2, 0.1%)

1 だったらしい, を覗い

▼ 看護婦長一人~ (2, 0.1%)

2 を除い

▼ 看護~ (2, 0.1%)

1 がいつも, は居候

▼ 看護~ (2, 0.1%)

1 に連絡, へ連れ

▼1* [165件]

看護お寺ビラ撒きボール箱屋, 看護お願い申す, 看護さえ思うよう, 看護させることに, 看護されるのは, 看護してる女が, 看護しはじめたかそれ, 看護しましてこの, 看護しましたがさすが, 看護し合っている, 看護すべき歳月をも, 看護づかれの人々, 看護ですな, 看護でもするみたい, 看護といふのは, 看護とにつとめて, 看護とを与えられ分娩後, 看護なさってお, 看護なり何なり, 看護にあたる私は, 看護については妻は, 看護にはずつと前から, 看護にも誠実家として, 看護に対して是非とも早く, 看護までをしてやらなければ, 看護もう三晩も, 看護やらに来て, 看護よりも手づか, 看護らんと勤むるごとし, 看護りつかれて, 看護ヲシテイマスト答エタラソンナコトカラ旦那様ノ手ノオ痛ミノコトガ話ニ出タ, 看護の注意, 看護の心事, 看護人かなたを通り, 看護人及小使医員等が駆け付けおり, 看護人同様の仕事, 看護人等の数本, 看護人達や看護婦達, 看護仕つりし其孝行を, 看護係りのサン・トーギュスタン長老, 看護兵らが薬品類, 看護医薬の急, 看護卒たるを辞せざりき, 看護卒看護婦病院関係の諸, 看護婦あたりが廊下, 看護婦あれのこと, 看護婦きりだった, 看護婦ごっこすきよ, 看護婦さんさへお, 看護婦さんだつた, 看護婦さんぢやあないか, 看護婦さん二人をお, 看護婦さん叔父さんがお, 看護婦さん足でも撫, 看護婦その他はこの, 看護婦つきで東北地方, 看護婦なみに一撃, 看護婦はじめ他の患者, 看護婦ひとり起きて, 看護婦まがいのこと, 看護婦ガ腕時計ヲ見, 看護婦キャップをのせ, 看護婦トガ滑リ台ノ時間ガ来タコトヲ知ラセニ来タノデ, 看護婦ドルス嬢にいたしまし, 看護婦ナターシャと伸子, 看護婦ハ色ヲ失ッタヨウデアルガ, 看護婦フランシス・メイスンには婦人巡査キャザリン・オコナア, 看護婦フランシス・メイスン夫人の告白, 看護婦マリーの怒っ, 看護婦メスを, 看護婦ワッと来る, 看護婦一人来り附添, 看護婦一人右に宿直, 看護婦一人病室へ入り, 看護婦一同へ, 看護婦一大隊を市会議事堂, 看護婦下枝さんらを広間, 看護婦事務室から聞き出し, 看護婦五十名のちつじ, 看護婦五名あり, 看護婦交換嬢女給店番なぞいう, 看護婦人会の必要, 看護婦付の皇帝, 看護婦付添いを散々, 看護婦代りに使われ, 看護婦代わりにし, 看護婦会長の家, 看護婦保姆タイピスト女事務員女店員見張女, 看護婦修業時代の友人, 看護婦先生が殴られた, 看護婦入り来たりて, 看護婦兼お女中さん, 看護婦刀を, 看護婦勉強いたしました, 看護婦募集の広告, 看護婦土はその, 看護婦夏過ぎて, 看護婦大谷しな殺人事件ノ攻撃, 看護婦女給等は令嬢風, 看護婦姿のノラ, 看護婦婆サンマデ附イテ来ル, 看護婦子守娘にさえ易々, 看護婦学校長であった英国婦人エジス・カヴェル女史, 看護婦学生が身構えし, 看護婦寄宿舎の名簿, 看護婦対手にわからない, 看護婦帽を頭, 看護婦帽ヘヤピンなぞのいずれ, 看護婦心配して, 看護婦志願は出, 看護婦慰安会へ行く, 看護婦時代醜聞があった, 看護婦會に入, 看護婦木曾乃この三名, 看護婦来カンチョー今日は大分, 看護婦注射の支度, 看護婦注射器を持ち来る, 看護婦派出婦下婢女給女車掌女店員など地方, 看護婦特有の, 看護婦産婆との連絡, 看護婦産科医者の助け, 看護婦用のもの, 看護婦病院関係の諸, 看護婦看守のはて, 看護婦秋草のこと, 看護婦程度の経験, 看護婦腹話術や身振り, 看護婦膝の所, 看護婦規則書を貰つて, 看護婦警察の人々, 看護婦身綺麗で容色, 看護婦軍用犬大小のタンク, 看護婦連の目, 看護婦連中がとうとう, 看護婦達患者達の顔, 看護婦長エヴェリン・ネエスというの, 看護婦長ペラーゲア・スチェパーノヴァという女, 看護婦附添いすべて患者, 看護婦雪ちゃんの子供子供, 看護婦風情の妾, 看護婦鶉七娘に引渡され, 看護に通じた, 看護形式を折衷, 看護怠らずといい, 看護慰問し聖体受領, 看護手その他が繃帯, 看護手たちの姿, 看護手看護婦などが警官, 看護振りから亡き, 看護方法以外には問題, 看護訪い来るなどで, 看護旁訪ひ來, 看護期間中だけのもの, 看護法改正に関する希望, 看護炊事洗濯など実際, 看護特志婦人会の組織, 看護上げます, 看護申上候甲斐ありと, 看護疲労れで夜中, 看護等一切の家計内事, 看護縫工などの面, 看護通信連絡等赤衛軍の後方陣地, 看護長殿今は談話, 看護長殿大西なんぼ貰えます, 看護長殿福地なんぼ恩給