青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「發~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~発達 発達~ 登~ ~登っ 登っ~ 登り~ ~登る 登る~ 登山~ ~發
發~
~白 白~ ~白い 白い~ 白き~ ~白く 白く~ ~白状 白状~ 白粉~

「發~」 1419, 14ppm, 8137位

▼ 發~ (283, 19.9%)

22 てゐる 8 て居る 5 てゐた 4 それを, て來, て居た 3 たり, て, てこの, てし 2 てをり, て書き, て行, になりまし, 以て, 來る, 反閇

1 [210件] さうなもの, そのうち, その清し, その用い, その結果, その翌, その道を, それが, それで講堂中, それと, それの, ただそれ, たりこの, たりし, たりと聞く, たり得, たり諸方, たり部分的組織, たるに, つつ, つつ多分, ていと, ている, ておる, てかく, てそこ, てその, てそれ, てそれ以上, てちよこん, てのみ合理化, ては各自, ては如何, ても厚, ても自然, てゆく, てわめき立てる, てをります, てアツ, てウトウト, てテルニイ, てトロイア軍, てフランス在留, てフレデリック, てマリア, てマルクス主義文學, てモオトン, て一日, て三月二十九日, て世界平和, て之, て九州, て九條家, て了, て二ヶ年, て二船其島, て五穀, て人事, て人民, て今元氣, て今後股, て他, て他宗, て何, て先方, て先生, て全, て全く, て八, て半身, て各自, て同氏, て夕べ, て外部, て大和, て奧州, て女, て女房, て存在, て家々, て家人, て富, て少し, て島袋, て廣さ十一里三十二町半, て建築, て彼等, て情致, て懷, て或は故に, て戴かなけれ, て打ち, て掩殺, て支那, て政治上, て早く, て昨年, て智惠, て暗に, て朗らかさ, て東洋, て東西, て枕, て此醉漢, て歴史, て歸京, て歸朝, て歸途, て死んだ, て段内閣, て汽車, て深き, て滿艦, て漸く, て異, て直ちに, て看到する, て私, て立ち上り, て答案, て縁側, て繩目, て繪筆, て自己, て艪, て落葉, て虚構, て西, て走り, て遊女崇拜, て過去數年間いろいろ, て部屋, て長い, て韓, て頭, て額, て飛, て饑民, て齒, ながら人生, ながら燃え, ながら賣り歩く, はしまい, やうといふ, よだれ, アキリュウスの, ヘケレベツ, ヤイ久兵衞汝は, 一海を, 丁度此日質の, 三五郎に, 不知不, 中にも, 乘客たちのうへに, 今は, 伸び長ぜん, 何樣やら, 例の, 光明が, 八月十日に, 公然と, 其の下部, 其の語, 其金の, 刀などに, 初めた, 又松林密, 各省地方官に, 同じ途, 同月三十日に, 城壁に, 如何に, 從つて自己性を, 或日庄兵衞, 才を, 揚句の, 教理の, 方が, 易い, 昔し, 曉の, 更に無限, 有力なる, 木造を以て, 枝を, 模造碑を, 橄欖島に, 民その, 湯氣の, 演説壇上に, 無事に, 狐に, 現在を, 生を, 畢り, 病を, 砂石を, 碁盤を, 私と, 竭さる, 給ふ, 經過の, 膝を, 自から高聲, 草を, 車軍後より, 途次新宮及箱根に, 長驛短亭, 鴻の巣の, 黒煙東方に

▼ 發する~ (202, 14.2%)

6 ことに 4 ことも 3 ことは, ことを, のが, のだ, のである, ものが, やうに, 力の

2 [11件] ことが, ところの, のです, のでなく, のは, ものである, やうな, 事が, 事を, 各別, 所の

1 [146件] あれは, か, からお, からね, こと, ことなき, ことなく, ことならん, ことにな, ことまた, こと疾患聖者の, こと能はず只だ, ごとに, ために, つもりで, つやに, といふ前, とき俥の, とき海軍長官宛に, ところありし, とパツ, と云, と信じる, と共に揚州, と同時に, と如何, と燃え立つ, にし, には事件, には鈍い, にほ, にクラウジウス, に從, に心血, に當つて, に至, に至り, に至りし, に若く, に際して直接與件, のだつた, のであつ, のであらう, のでありました, ので患者, のに, のも, のやら, のを, の抽象は, の資に, ばかりで, ばかりでありました, ばかりになつて, ほどのもの, ほどの刹那, まぎはになつて, までは仕事, ものだ, もので, ものでなく, ものと, ものなく, ものなら, ものに, もののみが, ものを, もの皆歌を, や一天麗朗, や日日新聞紙上, よ, ような, を事, を見る, 一種の, 下等動物である, 中心をも, 也, 事あり, 事に, 事は, 二三日前僕は, 以前に, 以外に, 位の, 光, 光線は, 六日前で, 其の微分子, 分別の, 前に, 前教師等を, 前日は, 力は, 器具に, 場合には, 妨碍や, 學究的に, 微子, 必要が, 所あらしめ, 批評を, 折は, 方法も, 日に, 時で, 時の, 時も, 時わたしは, 最初の, 榴彈二發三發空に, 樣に, 毎に, 決議を, 汽船を, 海蛇丸の, 清らかな, 燐光性の, 爲の, 理由の, 病も, 石神井川也, 積りです, 笑聲が, 筈故, 等の, 統監部も, 經驗の, 習慣が, 者が, 者は, 能はず氣の, 自然の, 船は, 若い水兵達, 薇薔花香百合花香菫, 處は, 西暦千六百五十年頃の, 言葉にも, 言語の, 警蹕の, 豫定だ, 迄には多分, 鐵道馬車に, 音による, 香氣は

▼ 發した~ (109, 7.7%)

5 のは 4 ので, やうに 3 のが, のである 2 がそれ, ことを, のであつ, のであらう, ものか, ものであり, 動機を, 日の

1 [74件] あとへ, かを知らない, が私, ことが, ことだ, ことなどをも, ことは, ことほど, ことも, この叫び, さうだ, ところと, としたなら, と見, にせよ, のだ, のであ, のです, のでせう, ので二三, ので有らう, ので此宿, のと, ばかりの彼, まへる, もので, ものである, ものと, ものに, もののある, ものの多く, やうです, んか, んだ, んです, 三藏は, 事と, 人々は, 位である, 余は, 僕等の, 四臺の, 場合には, 天賦の, 女子の, 姿です, 學問では, 客は, 宿痾を, 幾多の, 復讐心も, 所を, 故蒲壽庚は, 歎聲に, 水が, 火事の, 熱は, 當時の, 私の, 竹内節の, 筋肉の, 者が, 聲は, 處汽車の, 行爲なら, 言葉で, 詩人たちは, 詩人らが, 語で, 道教は, 量子論と, 音を, 顏が, 駿介の

▼ 發~ (104, 7.3%)

3 時に, 銃聲 2 人では, 前に, 時は, 準備に, 貴君樣に, 際は

1 [86件] お幸, お方なり, お袋に, ことを, ごとく, されやう, ピストルを, 上り一番汽車に, 上り列車が, 事情憐むべきものが, 二三日前は, 光景にまで, 列車な, 前の, 前夜も, 功を, 取廻しゆゑ重役衆には, 國と, 家の, 彈丸に, 彈丸は, 彈丸を, 彈丸以上に, 待ち遠しさ, 御供親父も, 意義を, 折には, 支度は, 數日前の, 文化とは, 日から, 日が, 日に, 日までに, 日取, 日取りは, 時にも, 時までに, 時刻おそ, 時刻と, 時高天の, 曉から, 曙の, 最も久しく, 氣分を, 汽笛が, 汽車ある, 汽車で, 汽車に, 汽車にて, 火箭それが, 火箭救助を, 爲めに, 爲め驛遞の, 状の, 獵銃の, 用に, 用意が, 用意を, 用意をと, 直前でも, 直前に, 直前にな, 知らせを, 短銃の, 石鏃の, 砲聲が, 神と, 神話に, 精神は, 終列車で, 經路は, 考も, 英國機で, 藤重なれ, 行爲を, 蹟を, 身を, 運命も, 銃聲と共に, 鐵砲を, 際あやぶまなかつた, 際お, 際には, 際旅行に, 際第

▼ 發~ (38, 2.7%)

3 多大の 2 對し, 立つポエヂイ

1 [31件] なつた, なる相, 乘つた, 乘らむとて停車場に, 云ふ, 依るしか, 係る熔岩流, 先じ, 先だつて, 再發, 加勢せん, 可なり大, 孜々力を, 感ずるに, 應じ, 應じました, 懲らす別, 於ける醫者, 生れつきたる, 當つての, 終るもの, 臨みて, 行つたが, 見えても, 資するは, 迅雷の, 防いだに, 防がんため, 防ぎ刑, 防ぐをえたりしものを, 預つて力

▼ 發~ (37, 2.6%)

2 平伏なし, 息を

1 [33件] いつたやう, いつた人, いふ者が, きめて, なつた, なつて, なれば, 一息吐て, 云つてある, 同時又は, 噂の, 定め天聲, 平伏しける, 平伏して, 御溜息, 心得て, 怒りの, 思ひ能, 思へど, 文化の, 書いて, 決定しました, 燃立其明りに, 相伴ひ, 答へて, 言ふ, 計に, 計りに, 計り御請申, 計り驚き, 面に, 顏赤らめしが, 驚きし

▼ 發~ (24, 1.7%)

1 [24件] ことが, ことに, ことは, たちまちを, つもりです, てゆく, て行く, といふ前日, とき巴屋へ, のだ, のです, 事は, 二三日前の, 前に, 前には, 前の, 前倉吉から, 四五日前にも, 時に, 時にね, 時には, 汽車を, 汽車汽船が, 馬の

▼ 發~ (23, 1.6%)

1 [23件] して, はじめること, やる必要, 二ヶ月餘も, 傳へ, 出獄させた, 助けたもの, 受けて, 同じくし, 奬勵する, 延ばした, 待ち佗びながら, 待ち暮すほど, 待つ間, 放免せん, 止めたの, 止めた事, 沮み東亞, 用意し, 祝し志操, 記念する, 迎へ, 重ぬる

▼ 發~ (21, 1.5%)

2 茲に

1 [19件] いつに, こ, すと, どうでも, まだ未定, やはりわたしたち, 二日前から, 來月の, 命中危險に, 後ろの, 明日に, 明朝に, 獄中で, 眞に, 秦漢時代から, 豫期の, 路易には, 跳ね上って, 遠慮も

▼ 發せし~ (16, 1.1%)

2 むるに

1 [14件] お言葉, と, といふこと, に似ず, は天氣, むるのであらう然, むるよりは, むる所以なる, もの成らん, を見, 口より, 日なり, 語の, 譫語のみ

▼ 發せず~ (13, 0.9%)

2 に居る

1 [11件] その動かざる, にはおられなかった, にはゐられなかつた, に人間, むば越ゆる, 人々の, 小氣味, 或は若し, 新聞以外に, 是れ, 而も

▼ 發せられた~ (13, 0.9%)

2 ことは

1 [11件] かの事情, のであります, ものの, 數回の, 文書に, 日本の, 泣き聲が, 者である, 處女の, 質問は, 頃に

▼ 發表せられた~ (12, 0.8%)

1 [12件] から私, が, のは, ものである, ものは, りき彼等は, 全部の, 其隨筆は, 改正憲法の, 講演の, 高安月郊譯, 3論文である

▼ 發見せられ~ (12, 0.8%)

1 [12件] しもの, その機械場, て其年代, て支那學, て日, て見る, はしまい, また勾玉, 其内容から, 後漢時代, 而し, 電子の

▼ 發見せられる~ (11, 0.8%)

1 [11件] ことは, といふやう, と其進展, のであります, のでた, ので日本, もので, ものには, ものは, 日を, 樣

▼ 發~ (10, 0.7%)

2 水脈曳の 1 その内部, て金銀寶玉, 一葉の, 學術上の, 慘憺の, 無上の, 肆ままに, 詰腹を

▼ 發~ (9, 0.6%)

1 もう始まつ, 十月下旬と, 直ぐにも, 絶えず延ばされ, 言った, 評した位, 近づいて, 迫つてゐる, 魔の

▼ 發され~ (9, 0.6%)

1 てある, てそれ, て來, て兵隊, て薙刀振り, 允恭天皇は, 原子は, 同時に發賣, 強奪された

▼ 發された~ (9, 0.6%)

1 がその, が出征, ためで, と思ふ, のかも, のでありませう, のである, のです, やうに

▼ 發したる~ (9, 0.6%)

1 か, こと, のにて, は午後, は我手中, ものは, ものも, 愛は, 際には

▼ 發せられ~ (9, 0.6%)

2 て居る 1 がちである, てき, てゐる, て東京地方裁判所, オヽ九郎兵衞能こそ, 其圈外の, 返答説明が

▼ 發~ (9, 0.6%)

1 そりや, 主人を, 伊勢路に, 何うかし, 來た, 參つて了ひました, 愛敬者なり, 無頓着で, 評判の

▼ 發見せし~ (9, 0.6%)

2 物に 1 むるに, もの共に, もの精製石棒の, 事有り, 土噐の, 所なり, 者あり

▼ 發~ (8, 0.6%)

1 てその, ても調べ直す, てゐる, て以, て呉れる, て死骸, て石, て見たら

▼ 發~ (8, 0.6%)

1 ことに, ことは, のでなけれ, のは, やうな, よりも破らね, 心と, 抑も

▼ 發しよう~ (8, 0.6%)

3 とした 2 と言 1 し, としてゐる, ともしません

▼ 發~ (8, 0.6%)

1 こと, との古, と聞き, に果し, を待ちつ, 人も, 同八時三十分爆聲, 眞實の

▼ 發~ (8, 0.6%)

2 になった, になる 1 じゃなかった, て如, になっ, 夕方沓掛驛に

▼ 發せん~ (7, 0.5%)

3 とする 1 とした, と欲, と欲し, と欲する

▼ 發つて~ (7, 0.5%)

2 行きました 1 からまる, から死亡者, しまつ, まだどれ, 疲れ切つた暗

▼ 發見せられた~ (7, 0.5%)

1 でもありませう, のが, のです, のでそれら, もので, 後には, 貝塚として

▼ 發って~ (6, 0.4%)

2 行って 1 ロンドンへ, 行くよう, 行くん, 行っちまいましたがね

▼ 發つて來~ (6, 0.4%)

1 たと, たらしいの, た秋篠, て浦富海岸, るといふ, る時

▼ 發~ (6, 0.4%)

2 青年とな 1 ところの, 動物で, 娘です, 心が

▼ 發表せられたる~ (6, 0.4%)

1 が今本島アイヌ, が其の, は明治四十四年一月十五日, ものを, 諸説を, 頃石黒忠悳翁偶

▼ 發すれ~ (5, 0.4%)

1 は大, ば千住, ば千葉, ば印度洋, ば萬人

▼ 發せね~ (5, 0.4%)

4 ばならぬ 1 ばならない

▼ 發つたの~ (5, 0.4%)

2 です 1 は七月, は子, は遲

▼ 發には~ (5, 0.4%)

1 その進歩, まだ十分間, 年八十の, 明かに, 間も

▼ 發~ (5, 0.4%)

1 その中, ない二人, 是非に, 歸館も, 自分の

▼ 發~ (5, 0.4%)

1 たるを, て内裏, て終に, 候儀と, 水も

▼ 發~ (5, 0.4%)

1 である, であると, な告白, な歡び, な活動

▼ 發表せられ~ (5, 0.4%)

2 て居ります 1 てから渠, て居る, 其の内容

▼ 發見せ~ (5, 0.4%)

1 む, むとする努力が, むとする努力も, むとする心との, む折には

▼ 發見せる~ (5, 0.4%)

1 もニユートン, も世, ニコチン酸で, 心持で, 者が

▼ 發見物中~ (5, 0.4%)

1 には灰, に在り, に在る, に存在, に猪

▼ 發き立て~ (4, 0.3%)

1 さしもの, て死んだ, て谷口金五郎殺し, 到頭荻野家

▼ 發すべき~ (4, 0.3%)

1 か, と怒りつ, 時では, 言葉では

▼ 發たう~ (4, 0.3%)

1 が地雷火, といふ氣, としてゐる, と思つて

▼ 發つた後~ (4, 0.3%)

2 は又 1 で云つて, は殊に

▼ 發見せられたる~ (4, 0.3%)

1 もの, 眞實は, 穴居式家屋は, 説教文

▼ 發見物~ (4, 0.3%)

1 に由つて充分, に由つて確知, を檢, を調べ

▼ 發される~ (3, 0.2%)

1 ところが, のは, まで默つて

▼ 發しない~ (3, 0.2%)

1 で實, 思想の, 暗い不機嫌

▼ 發しなかつた~ (3, 0.2%)

1 のだ, ものが, 二人は

▼ 發しました~ (3, 0.2%)

1 から四十二歳位, がこの間, がこんな

▼ 發~ (3, 0.2%)

1 むとして, むとしてまた成らず, むと約し

▼ 發たし~ (3, 0.2%)

1 てやつ, て當藝, て筑紫

▼ 發たせ~ (3, 0.2%)

1 てきた, てその後, て上げよう

▼ 發~ (3, 0.2%)

1 から死んだ, つた短い, とするらしい

▼ 發といふ~ (3, 0.2%)

2 事に 1 晩赤井左門の

▼ 發なる~ (3, 0.2%)

1 により末頼母敷小兒, 事は, 企業心を

▼ 發~ (3, 0.2%)

1 もの然, 時は, 煩惱の

▼ 發動力~ (3, 0.2%)

1 にあらず, に因り, を持つ

▼ 發百中~ (3, 0.2%)

1 するといふ, だつた, である

▼ 發見せられし~ (3, 0.2%)

1 は傳寫本中, 當日に, 親鸞聖人像は

▼ 發見せられない~ (3, 0.2%)

1 がしかし, のです, ものであるなら

▼ 發足せし~ (3, 0.2%)

1 が三人, が此六郎兵衞, は十二月十四日

▼ 發き立てる~ (2, 0.1%)

1 のでうつ, わけにも

▼ 發さうな~ (2, 0.1%)

1 小僧を, 眼の

▼ 發させ~ (2, 0.1%)

1 てゐたらう, 科人の

▼ 發したらしく~ (2, 0.1%)

1 一歩は, 宗祖紫琴女の

▼ 發しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならなら

▼ 發します~ (2, 0.1%)

1 と加太, よ六月二十日

▼ 發しられる~ (2, 0.1%)

1 ので殆, 言葉の

▼ 發せざる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 樣心掛くべき

▼ 發せる~ (2, 0.1%)

1 忿を, 活動家也

▼ 發~ (2, 0.1%)

1 と白眼汝, なくては

▼ 發たれる~ (2, 0.1%)

1 までのあいだ, 樣子が

▼ 發つた~ (2, 0.1%)

1 が同, 筈だ

▼ 發つて何處~ (2, 0.1%)

2 の港

▼ 發つて行~ (2, 0.1%)

1 つたけれども, つたので

▼ 發とも~ (2, 0.1%)

2 はげしいとも

▼ 發とを~ (2, 0.1%)

1 重んじて, 重んずる者

▼ 發まで~ (2, 0.1%)

1 一時間半ほど, 小銃を

▼ 發までに~ (2, 0.1%)

1 もう四十八時間, 加集その他の

▼ 發らしき~ (2, 0.1%)

2 眼ざし

▼ 發~ (2, 0.1%)

1 五十五分電鐵にて, 午後二時豐橋着其處まで

▼ 發展しやう~ (2, 0.1%)

1 とはさすが, とは錢形平次

▼ 發直前~ (2, 0.1%)

1 に榮, に補給

▼ 發表せられし~ (2, 0.1%)

1 が尋, 最後の

▼ 發表せられる~ (2, 0.1%)

1 實驗物理學の, 豫定で

▼ 發見せざる~ (2, 0.1%)

1 を得なかつた, 者が

▼ 發見せられず~ (2, 0.1%)

1 とて全然, 石室の

▼ 發見せられました~ (2, 0.1%)

1 が私共, ので休學

▼ 發見せられます~ (2, 0.1%)

1 がやはり, が勾玉

▼ 發見た~ (2, 0.1%)

1 場所は, 時僕は

▼ 發達したがる~ (2, 0.1%)

2 話が

▼1* [156件]

いたのは, 發ねば止まぬ, 發から今日まで, 發かれて市, 發かれたやうに, 發き究めようとする, 發き究めることに, 發き立てたところで, 發き立てられて三百兩, 發くに至るの, 發くらつたものとして, 發けるに似, 發この辺は, 發さうな好い男で, 發さしめたる隱所は, 發されなかつたとしてもそれ, 發しかけたが突然, 發しかけたる時なりき, 發しけん竊かに店の, 發したいのである, 發したらもう締, 發したらしかつた, 發したらしい若い女, 發しつれど其聲, 發しないらしくまさに鯨飮, 發しまして千二百四十七年, 發しやしないかと思はれた, 發しられ越後高田浪人大橋文右衞門其方儀當時山崎町家主吉兵衞店に, 發し得る所の, 發し直さうと思つて, 發し逃げんとする, 發し開くただち, 發すべしとせむか, 發するできる者は, 發する光りが冷, 發する如く神の, 發す可きか, 發どんと, 發せざればなり, 發せしむべきや疑を容れず, 發せしめ陰性には, 發せしめたので時, 發せしめるまでに進ん, 發せずして日, 發せず居るゆゑ平, 發せなかつたといふ理由, 發せなければならぬ, 發せぬのかしら, 發せられなかつたあなたの, 發せられるこの忠告, 發せられるべきことを, 發せん折に臍, 發たせなければならない, 發たせることを, 發たれてからちょうど, 發たれたのが, 發ちして多摩, 發ちのあとのこと, 發ったのは, 發つたさうですよ, 發つた時刻を聽, 發つて了つて穢ない室, 發つて今年四十餘歳で歸つて來, 發つて以來富江は長い, 發つて十里許りの, 發つて故郷の備中, 發つて日光から馬返し, 發つて昨夜遲くな, 發つて枚方道を法華寺, 發つて歸るつもり, 發つて翌日上海へ着いた, 發つて行つたのだつた, 發つて越中の國, 發つ見えて機關銃, 發づゝ打つて, 發男は, 發でさえあんなに揉ん, 發とばかり御受, 發なし此度文右衞門が, 發など云ふこ, 發にて滅茶滅茶に, 發になつては, 發により段階が, 發に際して人々が, 發のみぎり濱島の, 發はさんねえぞ, 發また一發間遠な, 發までは何か, 發までもうちたれど, 發もうけたがとうとう, 發ゆゑに信じる, 發らしい瞭然と, 發らんも知れぬなり, 發りしなれば大いに, 發りやすらん一個, 發り申さず實に, 發ば何, 發クツノ件墓地が狹, 發クノ大逆政策ヲ改メズシテ支那, 發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 發スベキ教育ヲ施シタル後, 發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 發ドガン水兵は手鎗, 發向ツテ進ムヲ得ベシ, 發三發空に飛び, 發上り二等客車の隅, 發事業の補助者, 發二發巨巖碎け飛んで, 發發私の, 發當の, 發前夜築地の錦水, 發前後に書きかけた, 發及び未發, 發向いたしその, 發地域援助方策等はそれ自身, 發外遊して, 發小銃を發射, 發展しさうなの, 發巨巖碎け飛んで, 發心しての紅白粉, 發快活の光景, 發明し又宣傳, 發時代つまりアンニヤモンニヤ時代, 發東京通過其處より, 發東支那海を東上, 發準備に忙, 發脚折っ, 發現せぬ場合が, 發生物たる鬪爭, 發百中美事に指定, 發の列車, 發聲映畫は既に, 發表す可き, 發表せむとしたれどもそれすら, 發表せし當時に, 發表せない心算だ, 發表せなかつたといふ, 發表せぬ者が, 發表せられずして其の, 發表せられなかつた事實に, 發表せられぬから歐洲, 發表せる成績十數報に, 發見せしめる樣に, 發見せむか如何に, 發見せられずして發, 發見せられなかつたやうな, 發見せられませんからま, 發見られたのです, 發見物無しと雖, 發軍事に及ぶ, 發達し中には極めて, 發達し過ぎて少し, 發鍼路を右舷, 發間遠な間隔, 發,3時間半を費し, 發,3時間餘を費し