青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「疑惑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

當時~ 疊~ ~疑 疑~ ~疑い 疑い~ ~疑う 疑う~ ~疑問 疑問~
疑惑~
~疲れ 疲れ~ 疲れた~ ~疲労 疲労~ 疵~ ~病 病~ ~病人 病人~

「疑惑~」 1067, 10ppm, 10449位

▼ 疑惑~ (315, 29.5%)

8 もって 7 抱いて 4 容れぬ, 抱くよう, 挾む者 3 持って, 避けること

2 [22件] いだいて, いだく向き, どうする, もちながら, もつて, パジエツト先生に, 惹き起すこと, 感じたの, 感じて, 感ずる, 感ぜざるを, 抱いたこと, 持ち初め, 持った, 挾むべき點, 晴らす事, 深くする, 生じた, 解いて, 解くため, 解くもの, 起させる所以

1 [238件] あらひざらひ打ち開け, いだいたこと, いだいては, いだいてると, いだいてる者, いだかせひいては, いだかせ互いに, いだくよう, いだくを, いっさい吐き出し, いっそう深めた, いよ, うえつけたり, お解きなされます, かけざるを, かけたくなる, かけて, かけられても, きかせて, さえ僕, さしはさむよう, すっかり払う, そそったの, その儘, だんだん意識, といたやりかた, とくに多少の, はっきりと, はらして, まねかずに, まねくもと, まねく誰, もう一度考へ, もたせた, もたらすかも, もたれて, もたれるお, もちだし戦う国, もちだすと, もちました, もつだけの, よび起こして, わしに, エリザベスの, ハッキリさせなけれ, 一刻も, 一層深めました, 一掃する, 一掃せしむべき, 一杯に, 与えられて, 二人へ, 今は, 今や自分自身, 今日まだ, 他に, 他人に, 何うし, 何と解いたら, 促すが, 兄に, 先に, 免かれる, 出来るだけ, 北槻中尉らが, 去れ, 受ける様, 口に, 叱つたかと, 含んだ眼付, 呼び起こしたの, 呼び起したもの, 唆られる, 喚び起させる種, 固く包んだ, 増して, 増し手, 増すで, 増すであろう, 増大せしめる, 姉の, 宿して, 密かに, 察して, 少しでも, 差し挾む余地, 引き易い, 強く染めつけた, 強めながらも, 強めること, 強める種, 後では, 徹底的に, 忘じ, 思いだすと, 思いつかせるよう, 惹き起し, 惹く者, 感じた, 感じない譯, 感じながら, 感じなければ, 感じは, 感じはじめて, 感ずるよりも, 感ぜられし, 慰めようと, 懐いたまま, 懐いた人, 懐いた何れ, 懐いた時, 懐いてたの, 懐かせしめて, 懐かせられて, 懐き先方, 懐くこと, 打拂, 打消すかの, 抑へよう, 披瀝した, 抱いた, 抱いたから, 抱いたわけ, 抱いた一夜, 抱かざるを, 抱かせる政治的効果, 抱かぬでも, 抱かれて, 抱かれ居る様拝察致候得共常識, 抱き, 抱きお, 抱きながら, 抱き出した, 抱き出した彼自身, 抱き自分, 抱くどころか, 抱くもの, 抱くん, 抱けば, 押えて, 招いた, 招かないよう, 招くに, 招くには, 招くばかり, 拭い去る, 持たざるを, 持たせずして, 持ちましたが, 持ち厳重, 持ったけれども, 持ったの, 持ったので, 持つが, 持つ癖, 挟むもの, 挾まないのみか, 挾まぬでも, 挾みし所, 挾みて, 挾み當時支那, 挾むべき余地, 挾むべき餘地, 挾むもの, 挾んだ獻帝, 挾んだ者, 排除し, 掛けたの, 提出したい, 支持し, 故意先方に, 散ずること, 明らかに, 是として, 晴らしたい, 晴らし得ないよう, 晴らす工夫, 晴らす方法, 有ち始めた, 植えつけぬという, 次々に, 残しこの, 残す必要, 段々ハッキリと, 民衆の, 氷解する, 決せんこと, 消し去る, 消散する, 深くしたらしかった, 深めた所作, 深めて, 深めるの, 無理に, 現は, 生じかけて, 生じたため, 生ずるが, 生ずるであろう, 生みさりとて, 生み混乱の, 生むにも, 産み流言蜚語, 疑い深くそれ, 發表した, 知らぬこと鐘鬼, 確かめようと, 確かめるため, 致さぬよう, 蒙ること, 蒙ろうとも, 表示し, 見出したの, 解いてから, 解かなければ, 解くため全部発表, 解くと, 解く方法, 解く鍵, 解決し, 解釋する, 認めずには, 誘い出したの, 誘致し, 説き志津子さん, 起こさなかったばかり, 起こした, 起さしむる, 起させたの, 起させないよう, 起したという, 過去に, 避けるため, 除くこと, 除く状態, 除去する, 露骨に, 頭から

▼ 疑惑~ (190, 17.8%)

15 眼を 11 念を 7 中に 6 目を, 色が 5 眼で, 雲を 3 念に, 眼は, 色を, 雲が

2 [17件] すべては, ために, 中から, 内に, 前に, 影が, 心を, 晴れぬ様子, 波が, 深さ, 淵に, 的に, 眼が, 瞳を, 種に, 雲に, 餘地が

1 [89件] あるの, いろを, うちに, かかるの, かたちで, きっかけに, つのった右門, とおりであった, どこかに, どん底へ, ない心, まま残され, 一件が, 下に, 世界に, 世界の, 中の, 中心に, 中心人物小田切久之進については, 事ばかりを, 伴は, 余地が, 光り, 凝り固まった光りでは, 危險をも, 塊で, 増すばかり, 声を, 存するところ, 存在を, 対象と, 対象を, 嵐が, 幾つかを, 底深, 廉が, 影とが, 影や, 影を, 心の, 念が, 思いを, 情が, 想ひ, 態度も, 戦慄が, 投影としか, 指さし示すが, 断片が, 星と, 時代から, 時期においては, 晴れる事, 暗雲が, 根は, 森に, 歩みを, 波に, 海, 海の, 渦が, 渦の, 点を, 焔が, 病菌は, 白い雲, 目で, 目の, 眸を, 眼から, 眼も, 眼もて, 矢を, 種で, 種をも, 種子であります, 色から, 表情が, 裏打を, 視線を, 解けない心持ち, 解決法が, 言葉を, 重大さに, 雲と, 雲の, 雲は, 黒い塊, 黒雲を

▼ 疑惑~ (129, 12.1%)

5 あった 3 ある, 湧いて, 私の 2 あって, こもって, ひきつけられた, わき起って, 根ざして, 残って, 生じた, 生じたの, 疑惑を

1 [97件] あつた, あらば, あるの, いけない考え, いつの, おこって, かけられて, かるい嫉妬, こびりついてを, さっそく住田, すぐ融ける, すぐ頭, その三つ, その眼, ただよいはじめて, ちらと, つよく起こった, どんなに子供, なんだか本当にそうあったらしく思われ, ふかくなっ, また廣まつ, まんまと的中, むくむくと, ようやく濃厚, わいた, わき上がりました, 一番深かっ, 三人を, 不幸に, 事実である, 人心を, 保留される, 其の分, 再び起こっ, 動きます, 募るの, 又もや強い, 国民の, 多くの, 孕んで, 実現する, 心に, 懸ると, 持上った, 映りましたので, 時には薄らぎ消え, 残っちゃ, 浮び上って, 浮び上つた, 浮んで, 消えると共に, 深くな, 深くなっ, 深く差し向けられる, 湧いた, 湧き上がって, 湧き上って, 満ちます, 然しその後, 現はれ, 現われるとは, 生じたにも, 生じて, 生ずるよう, 産み出されて, 百出し, 的を, 皆の, 真剣な, 眼鏡を, 知らない他人たち, 破れある, 私を, 突然と, 立罩める, 続いて, 続くの, 胸を, 自分の, 覆いかぶさり, 解けた, 解なかっ, 語られて, 起った, 起つた, 起つたので, 起つて, 起らないでは, 起らぬ, 起りました, 起り其の, 遂に恐るべき, 雲の, 青天に, 頭の, 頭を, 高まれば

▼ 疑惑~ (83, 7.8%)

2 とざされて, 利助も, 囚われて, 胸を, 苦しめられて

1 [73件] くるまされました, くるまれた顔, さらに, して, しろ何, つつまれて, つれて, とじ込められて, とっさに, とらえられ何, なって, なやみ何とぞ, なる, ひき込む恐い, ひまどって, ぶつかったもの, ぶつかって, みたされながら, むかって, 人々を, 似たよう, 充たされて, 充ちた, 充ちた冷眼, 充ちた工人, 充ちた眼, 充ちた眼付き, 初手から, 包まれしかも, 包まれて, 包まれるの, 囚えられ, 囚われ出したが, 寝入りばなの, 對し, 恐縮し, 悩まされつづけて, 悩まされて, 悩まされながら, 悩まされるよう, 悩まされ続けて, 悩みだした, 打ちひしがれたお, 打ちひしがれたお礼, 捉われ, 捕えられて, 掻き乱されて, 曇りを, 止って, 沈み入る, 満ちた冷眼, 火が, 燃えたその, 瞳を, 移行いたします, 胸さわぎし, 脅かされた, 苦しめられた, 苦しんで, 苦悶し, 襲われない訳, 責められるまま, 責められる心理, 輝いて, 迷ひ, 逢着せざる, 過ぎぬ, 遭遇した, 鎖されて, 陥って, 陥るよう, 陥入った, 驅られ

▼ 疑惑~ (81, 7.6%)

1 [81件] あったものの, あとから, あるが, いまだ一度, いまやまったく錯綜, いよいよ深く, この先, これで, さらに数倍, さらに現われ, そもそも何事, どう解こう, なお永く, なかなか解くべく, にわかに高まりました, ひとつの, ふと足, また疑惑, まだその, もはやそれ, やがてその, やはり吉川, よくわれ等, われ等に, 一層深まりました, 主として並木先生, 事件の, 二の次として, 二倍に, 依然として疑惑, 僕が, 僕の, 其の人々自身, 内に, 再び新しい, 前より, 動いた, 咀われ, 外への, 大體右, 少しも, 尤もだ, 常に, 強く高くなる, 形式にたいする, 彼の, 思いの外に, 恐ろしい, 抱いて, 抱かなかった, 明瞭りした, 晴れかかるので, 晴れたが, 正しかった, 殆ど起らなかった, 段々と, 決して傍聴人, 決して彼, 海の, 深まったらしい, 無残にも, 無殘, 無駄だ, 物語の, 畢竟無知, 疑惑を, 益, 直に釈けた, 相手が, 確信の, 稀薄に, 繁くなった, 茲に, 落ちつきようが, 薄らがなかったさ, 融けぬらしい, 解けそう, 誰の, 遙かの, 間違って, 顔に

▼ 疑惑~ (68, 6.4%)

2 なって, 不滿, 昏迷に, 詮索欲とに

1 [60件] おののきを, して, その背後, ふしぎ感だった, まだ身, 不安とが, 不安とに, 不安との, 不安とを, 不安に, 不安の, 不安を, 不幸と, 不満で, 云えば, 云っても, 兄が, 共に黒い, 冷笑を, 利用の, 動揺を, 同時にそれ, 哀悼と, 喜びと, 困惑の, 失望に, 妄迷を, 嫉妬とが, 嫉妬とで, 嫉妬とに, 嫉妬に, 嫉妬の, 忌まわしい快楽主義, 怨嗟の, 恐怖に, 悔のみ, 憶測の, 戦慄とを, 故障を, 暗雲の, 法律用語の, 混亂とに, 煩悶とを, 社会の, 絶望と, 絶望の, 自己分裂に, 苦悩と, 苦悩の, 苦悶の, 苦痛と, 誤解とを, 警戒との, 辛酸と, 迷いと, 逡巡を, 遠慮とが, 非難と, 驚嘆の, 驚愕の

▼ 疑惑~ (24, 2.2%)

2 知らぬ偉大

1 [22件] あつて, あなたの, ある絶望, いかなる悪魔, きれいさっぱり, さしはさまなかった, なく同じ, なく斷言, なく迎え入れられました, はさみません, 一掃され, 恐怖も, 抱いては, 抱かなかった, 挟まなかった, 歸趣も, 残らないよう, 消えて, 無理ならぬ, 生じて, 絶対に, 要するに通り過ぎる

▼ 疑惑~ (14, 1.3%)

1 [14件] 不吉の, 不安や, 不快を, 亢奮や, 勝手な, 失望を, 好奇から, 希望や, 後悔や, 心配に, 母の, 煩悶を, 臆説を, 虚勢も

▼ 疑惑とを~ (11, 1.0%)

1 [11件] もって, 世間の, 代表し, 光厳の, 包むところ, 思つては, 思合せ, 感じながら, 懐くの, 持って, 露骨に

▼ 疑惑から~ (9, 0.8%)

1 出て, 出発し, 出発する, 同情の, 救はれ, 疑惑が, 発足し, 種の, 起って

▼ 疑惑~ (6, 0.6%)

1 さらにふしぎ, 一杯だった, 三日ほど, 満足する, 見るよう, 迂濶

▼ 疑惑とも~ (6, 0.6%)

1 つかぬ妙, つかぬ顏, つかぬ顔, 不滿, 恐怖とも, 躊躇とも

▼ 疑惑をも~ (6, 0.6%)

2 挟まない言葉 1 感ぜずに, 煩悶をも, 解かなければ, 起させるやう

▼ 疑惑する~ (5, 0.5%)

1 ところへ, ゆえんに, 事に, 常識を, 点も

▼ 疑惑とが~ (5, 0.5%)

1 いっしょに, この時, 同棲し, 感涙によって, 若い心

▼ 疑惑との~ (5, 0.5%)

1 うちから, 入りまざった, 混合した, 色なる, 蹙め顔と

▼ 疑惑~ (4, 0.4%)

1 この大, ていた, てついに, 黄人種の

▼ 疑惑という~ (4, 0.4%)

1 ことほど, のは, ものが, 言葉に

▼ 疑惑~ (3, 0.3%)

2 でなければ恋 1 ともかくも

▼ 疑惑なし~ (3, 0.3%)

1 じゃ短刀, にこれ, に楽しむ

▼ 疑惑にも~ (3, 0.3%)

1 ついに解け去る, 半信半疑の, 拘らず私

▼ 疑惑ある~ (2, 0.2%)

1 ごとに, 視線の

▼ 疑惑され~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 疑惑であり~ (2, 0.2%)

1 そしてそれ, 否定である

▼ 疑惑である~ (2, 0.2%)

1 といへ, に相違

▼ 疑惑~ (2, 0.2%)

1 からしむ, のだ

▼ 疑惑など~ (2, 0.2%)

1 いろいろの, 私には

▼ 疑惑のみが~ (2, 0.2%)

1 あとに, 深いの

▼ 疑惑を以て~ (2, 0.2%)

1 その刀, 三千世界に対する

▼ 疑惑~ (2, 0.2%)

1 の一事実, の一事実たる

▼ 疑惑~ (2, 0.2%)

1 だが, な敵意

▼ 疑惑~ (2, 0.2%)

1 するの, する世評

▼1* [71件]

疑惑あらゆる弱点が, 疑惑からのことであろう, 疑惑こそ大敵な, 疑惑ういふ, 疑惑さえ彼にとっては, 疑惑さえも消えて, 疑惑させるような, 疑惑される点な, 疑惑すら懐きはじめて, 疑惑せず固い自信, 疑惑それだけである, 疑惑だけが空虚な, 疑惑だったものそれが, 疑惑だの思い思いな, 疑惑でさえあった, 疑惑ではない極めて, 疑惑でもなければ, 疑惑というもその議論, 疑惑といった形で, 疑惑とでも申しましょうか, 疑惑とになやまされて, 疑惑とを以て弁信法師の, 疑惑などはその後の, 疑惑についてアントアネットに, 疑惑には根の, 疑惑によって妨げられること, 疑惑に対してじつに最終, 疑惑のみ溢れがち, 疑惑一またぎ, 疑惑へと一般の, 疑惑ほど障碍と, 疑惑やの色が, 疑惑やら殊には, 疑惑やらが三方四方から, 疑惑らしいものが, 疑惑をさえ感じたの, 疑惑カメレオンの享樂家的逆説, 疑惑ハ事業家ノ奮鬪心, 疑惑一掃の由, 疑惑下劣で殘忍, 疑惑不安におちこんだ, 疑惑不安不信動揺そうして議論, 疑惑不定のありのまま, 疑惑の人物上方, 疑惑中宮御産祈祷, 疑惑乃至反抗は, 疑惑人間性発展の確信, 疑惑十日の後, 疑惑被爲有義萬, 疑惑圏内の一要素, 疑惑多き各篇, 疑惑嫉妬からむりにも彼女, 疑惑嫉妬憤怒憎惡, 疑惑嫉妬憤怒憎悪呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 疑惑であります, 疑惑容易に解き, 疑惑当局の圧迫, 疑惑の隅, 疑惑恐怖キッティと二人, 疑惑恐怖心は人間, 疑惑恐怖的な好奇心, 疑惑憤怒嫉妬の月日, 疑惑ひは, 疑惑戦慄さまざまな錯倒, 疑惑晴れざるもの, 疑惑煩悶もない, 疑惑煩悶懊悩を一度, 疑惑的否定的な傾向, 疑惑的敵意を彼, 疑惑絶望等の表示, 疑惑しくホッ