青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「番~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番
番~
番目~ ~番頭 番頭~ ~畫 畫~ ~異 異~ 異なる~ ~異に 異に~

「番~」 7784, 75ppm, 1511位

▼ 番~ (1596, 20.5%)

15 右は 12 来るの 11 ような, 札を, 者が 8 老爺は, 邇邇藝の 7 男は 6 おやじは, 小屋へ, 方へ 5 人が, 声が, 客の, 家へ, 札所を, 爺が, 部屋の

4 [17件] お倉, じいさんに, ところへ, 凶, 前を, 堅造だ, 女房が, 御寺, 捕物の, 汽車で, 爺さんが, 男が, 神尾喬之, 老人が, 通りへ, 部屋から, 馬場や

3 [24件] おやじが, わかいもの, ソナタ, フエミニストの, 中間が, 來る, 八は, 大地主, 女は, 室の, 家の, 小屋に, 席に, 座敷へ, 御用聞と, 方が, 方は, 清七, 男の, 種吉は, 老夫婦, 讃美歌の, 金持に, 金持の

2 [138件] いけ好かない人, いない踏切, おせんちゃんを, おやじに, お婆さんは, お客さんが, お客は, お客も, お金持, かみさんの, ことを, じいさんが, じいやに, ときに, ところに, やうに, ように, をぢ, アホウドリが, オーサと, グリスペイントで, フエミニストは, ヴァンサンは, 一人が, 一人で, 一将が, 三太, 三太の, 与八である, 中でも, 乱暴者で, 事に, 人々は, 人の, 人氣者で, 人達が, 仁岐の, 元締みた, 六助, 六蔵と, 六蔵や, 兵に, 兵を, 前へ, 呉服屋で, 喜八に, 喜八爺の, 国楽は, 坂本さんが, 士と, 大吉と, 大通りが, 大通りは, 女房の, 娘が, 娘の, 学者で, 客が, 室で, 室という, 家に, 家までは, 将士は, 小侍, 小僧たちに, 小屋の, 小屋を, 小舎の, 少年が, 席から, 席を, 座に, 座敷である, 廻って, 役を, 御用聞, 御用聞が, 情知りで, 成績を, 支那もの, 旗ふり爺さん, 日記を, 札所に, 札所の, 札所へ, 松平源次郎に, 歌詞, 正直者です, 武士が, 武士に, 武者たちは, 死を, 澪木なんぞに, 澪木の, 爺さんに, 爺さんは, 爺やだけ, 男に, 百松, 百松それに, 盛り場で, 盛り場の, 直接原因は, 眼を, 種吉が, 競馬も, 第二, 紙札に, 繁昌に, 美しい娘, 美人だ, 美人と, 老爺が, 老爺を, 者で, 者に, 者へ, 良い水, 色娘に, 色男の, 蝶では, 評判娘でした, 警官の, 豊吉が, 豊吉も, 豊次が, 身上を, 車には, 連中は, 部屋が, 醜婦の, 醜男だ, 野呂は, 金持で, 顔を, 高く客, 鴛鴦の, 鼻つまみだった

1 [1044件 抜粋] あくびより, あひだ, あれと, あんちゃんの, いない時, いるところ, うちには, うら街, おかた, おっさんに, おまわりさんは, お二間, お吉, お客さんは, お客様が, お客様も, お方, お白州, お部屋, かね合いで, かみさんとが, かみさんを, からめ手詮議です, くるまで, ことは, この家, ごも, じいさんさえ, じいや, すぎ婆やを, すんで, たましい, できる処, ときでさえ, ときは, とたいそう, ねり物, ひょうばんをとるようになったのも, びりつこである, ぼくは, むさ苦しい部屋, めぐって, ものが, ものは, もの龍平, よだ, を組, ウインチに, オシャベリで, オーサという, ガスケル家は, キンちゃんと, クロロが, コルトだった, コルトーと, コーターマスターが, スイッチを, ソナータアレクサンダー皇帝に, チェリーが, ドアを, ニールスが, ニールスっ, ノーソフの, バスで, ピアノの, ピカピカする, フェミニストの, フエミニストが, フォックス, ブラツクストンホテルへ, ヘ長調, ホーテンス第, ルウレット台の, ワルツが, 一士が, 丈高い, 三太郎と, 三太郎は, 三浦喜太夫へ, 三造だった, 上に, 上りが, 上客である, 上田で, 下つ, 下り汽車, 下島甚右衞門と, 下男七八人又, 与三郎が, 与三郎道化役の, 与八が, 与八でございます, 与太郎と, 丑松であった, 中から, 中では, 中の, 中間は, 久八という, 久兵衞だけで, 久兵衞の, 乱暴者と, 亀さんが, 事ゆえ源次郎を, 事件については, 二階で, 云った通り, 五階に, 亭主これらの, 亭主孝行の, 人で, 人は, 人入れ稼業に, 人達は, 仕事について, 仕事も, 仕方が, 仲間に, 伊作は, 佐吉爺さんである, 使に, 侍たちは, 係り合いと, 傍部屋貸, 傳六といふ, 傳六三人目は, 働きひとつで, 働き者の, 元素と, 元締めか, 兄は, 兎口の, 入口の, 八, 八って, 八百善が, 六蔵, 六蔵この, 六蔵どんや, 六蔵も, 兵が, 兵らも, 兵六七騎を, 兵隊たちは, 内第, 円舞曲, 処へ, 凶だった, 出来かと, 刀が, 分限者の, 初等トウダンスと, 前に, 助手も, 勝負しか, 勝負終っ, 勤めの, 勧進帳これを, 北村を, 十二曲共に, 南圓堂の, 厨室を, 口から, 口真似を, 右門流が, 名が, 名人盤面から, 名力士, 名物女越後生まれの, 名義に, 吝ン坊, 呼び声を, 哨兵一隊は, 商科の, 喚いて, 嘉平次までが, 四人が, 因縁を, 土蔵であった, 地主の, 地域に, 坂本さんと, 坂本さんは, 堅ゾウすらも, 場所へ, 増田屋へ, 士へ, 声, 声又は, 夜に, 大きな男, 大原が, 大妖, 大尽だ, 大尽屋敷だ, 大町人, 大盗賊, 大通で, 大金持, 大長者, 大鯛, 天野五郎太夫は, 夫婦者は, 夫婦連れの, 奏鳴曲は, 女などに, 女にも, 女の子の, 女中が, 女形, 女形瀬川菊之丞の, 奴すぐ, 好い男, 妻が, 妻を, 娘, 娘である, 婆やと, 子が, 子息がと, 孝行者で, 宇佐美左内は, 客である, 客という, 客は, 客人の, 室であった, 室には, 室賀信俊と, 家には, 家を, 宿屋に, 富士屋へ, 寝小屋が, 専門部の, 将士がわらわらと, 小さな女の子, 小冠者に, 小姓に, 小娘よ, 小屋くらゐ, 小屋である, 小屋にも, 小者が, 少年の, 尾関甚左衛門を, 山形君を, 山車に, 峠かな, 巻物なら, 席へ, 帰って, 幇間醫者で, 平造が, 店に, 座敷では, 廃止御, 弁護士金井角蔵氏に, 弥吉という, 強者で, 役である, 役人二人が, 役目が, 後これより, 徒目附であった, 御客大貫さん, 御用聞銭形平次の, 御馳走に, 思いつきで, 性悪娘を, 性惡娘を, 怪しみを, 恵明寺に, 我が難問, 戸田を, 所にて, 手下も, 手伝いです, 手前どもへ, 手品使の, 持物など, 操子で, 教室には, 文化の, 斎藤なぞは, 料理店で, 新谷勝太郎会計の, 方で, 方角を, 旅籠屋だ, 日にゃ, 早川が, 早道である, 昇降場には, 時と, 時には, 時は, 時源次郎が, 智慧者な, 曰く, 書生が, 有名な, 本命の, 本郷弥次郎という, 札で, 札所, 札所でありまし, 札所名東郡国府村の, 札所常安寺は, 札所薬王寺に, 材木屋に, 村垣さんです, 東三だ, 東海さんなんかは, 松山さんや, 松平源次郎と, 松野豊後守は, 柔道四段の, 柴山補欠の, 案内は, 梶さんと, 槍を, 槍術が, 模範兵に, 次席である, 歌ご, 歌合に, 止宿人では, 正直者さ, 正直者みたいな, 正直者見たい, 武士であろう, 武士にでも, 武士達は, 武者でも, 武者は, 民主主義者と, 水夫が, 水潜りの, 池に, 沢村さん二番の, 洋服裁縫店の, 浪士が, 清水寺へ, 源兵衛に, 澪木まで, 無頼漢も, 爺さんです, 爺さんへ, 爺に対する, 爺や, 爺われを, 物持で, 物持に, 物語はと, 犯人は, 甚さんと, 生命は, 男も, 留守を, 番太だ, 異名である, 白洲から, 百姓に, 百松だけ, 盛り場を, 監室へ, 目ざとい爺, 看守が, 福井文吾が, 種吉さ, 種吉も, 窓硝子が, 立つところ, 競馬の, 竹崎観音, 節は, 約束ある如く, 納経所で, 素封家です, 綾吉, 総帥が, 線路伝いに, 練習曲ことごとく, 縹緻佳しだ, 美人の, 美男だ, 美男子という, 老いた妻, 老人は, 老人戸田安吉は, 老爺から, 老爺という, 老職, 老舗らしい, 者ここを, 者の, 者へは, 者や, 者を, 者共は, 耳に, 肉屋の, 肩を, 腰抜けで, 膝下でさえ, 自動拳銃が, 自慢の, 與三郎が, 與三郎道化役の, 舞を, 舞楽の, 良い男, 良い男丹波屋, 色男だ, 若い細君, 若い衆に, 若侍, 若夫婦, 若者で, 若者は, 苦心談といった, 草取りの, 落語家, 蒔絵師と, 蓮っ葉娘で, 蓮葉娘で, 薄情者俵屋の, 藁ぶとんが, 虎さんそれに, 虎さんは, 虎猫と, 衆見苦しい, 裕福な, 襖の, 要るもの, 親仁の, 親爺も, 観音へ, 解けるとき, 言つた向, 許可なくし, 許可を, 試合を, 詰所が, 話だった, 誰といふ, 調子は, 諸大名, 護良親王を, 豊吉と, 豊吉に, 貞女だ, 貧乏でした, 責め手を, 貴島太郎兵衛が, 貸して, 賛美歌で, 賢人が, 贋金使いの, 軍功は, 返答と, 逞ましい, 遊女屋山城屋その, 部屋といったっけな, 部屋に, 部屋まで, 配列等を, 醜男で, 重職ながらに, 野呂さんも, 野呂も, 金持が, 金持ちの, 金棒曳きで, 金棒曳です, 鈴であった, 銀兵衛が, 錦繪の, 長者に, 長者らしい, 門番は, 間呉清源は, 阿倍の, 陰火と, 集まつた, 電車で, 霊場, 霊場を, 非人か, 音, 順序を, 頭役得が, 首が, 馬の, 馬場屋敷住まい, 馬場屋敷居住高音という, 馬車まで, 鶉籠を, 黒さんと

▼ 番~ (837, 10.8%)

369 して 20 しながら 17 勤めて 13 させて 12 すること, するの 8 つとめて 7 したり, 待って 6 した, 呼んで 4 する, するため, 漕いで 3 いたす我等, しなければ, しました, するん, たのむとある, 延ばすこと

2 [24件] いたして, さして, させられて, させること, したい, したん, した棟梁, してただけ, してるん, しようと, しろと, し他, するつもり, すると, するには, する役目, たずねた, つけて, 亭主は, 務めて, 命じて, 命ぜら, 注文しました, 頼んだ人

1 [282件] いいつかっちまってね, いいつけた, いいつけられて, いたしおるおやじめ, いたしどう, いたしました, いたしましょう, いひつけられた, うながして, おかれ常時, おくぐらいの, おけないので, おねがいいたします, お命じ, お願い申す, かえりみて, かけて, けなしつけ玉子焼, さがしました, さこうという, さして居た, さして置かっし, さしといてよ, させ, させあと, させたの, させましょうか, させられました, させられるため, させられ雨, させる, させるが, させるため, させるつもり, させるなんて, させるん, させフランス, させ次いで, させ自分, されたと, されて, しお婆さん, したが, したという, したといふ, したの, したふたり, したもの, した紅矢, した警官, しつつ, してたよ, しては, してやらうと, してやるん, してやろうと, してると, してるの, してるひとり, してるんだい, してるポリモス, してを, しとおしたいもの, しときどき, しとれじたばた, しないで, しましたが, しますよ, しよるん, しろ, し内儀, し刑事たち, し或いは, し昼間, し牛, するかな, するから, するくらい, するだけ, するったって, するって, するという, するところ, するほど, するほどなんて, するやら, するよう, するよりも, するらしくて, するわけ, するロボット, する丈, する下役人, する下性, する人, する伸子, する勤, する場所, する娘, する年, する店員たち, する必要, する気, する積, する者, する良人, せい, せられて, せんと, そつと, たのむぞ, たのむと, たのんで, つかまつる手, つけるん, つづけたが, つづけて, つづけました, つとめあやしい, つとめたん, つとめた四人, つとめた旗本, つとめた武士, つとめてその, つとめに, つとめました, つとめるの, つとめる手はず, とって, とらえよ, どっかの, ながく勤め, なし言語, ぬけて, のこして, のぼらせた, はじめました, まだ使っ, まって, やったり, やって, やめたので, やめて, やめなければ, やり出してから, よく気, コープランドが, ブゾーニの, 一人見つけた, 三十年も, 下つ, 下つた, 下らなかったところ, 中どころと, 予期し, 付けて, 代って, 仰せつかって, 仰せつけられたから, 使うと, 倍に, 免ぜられた, 入れさせ水, 入れたう御座いますから, 兼ねた小僧, 兼ねた平七, 出して, 切りかえて, 切望せなけれ, 励まして, 勤めた, 勤めたかも, 勤めたこと, 勤めたという, 勤めたの, 勤めた男, 勤めますこと, 勤められたこと, 勤めるよう, 勤める一色幾次郎, 勤める事餘, 勤め東照宮, 取つて, 受け取る, 口説いた一升入, 叩いて, 吩咐かって, 呼びだしロボットが, 呼び出した, 呼び出して, 呼ぶこと, 呼出そうと, 命じたること, 命じられて, 命ぜられた, 命ぜられた寛永十八年, 命ぜられて, 命ぜられてから, 命ぜられまた, 増設した, 外されたという, 宵前宵後暁前暁後と, 寺僧に, 少年が, 帝は, 引いて, 当り籤, 待ちながら, 待ち受けて, 待ち待って, 待つ, 待つてたらしい, 忘れなかった私, 所望する, 打った好, 持ちながら, 指して, 振り廻して, 掃除させ, 撞き出して, 支えながら, 教えて, 斬り殺した上, 桐板の, 殺して, 求めようと, 漕いだ男, 漕ぎ柔道, 為せました, 爲し, 爲せる, 狼狽させる, 理想と, 申付置頓て, 相手に, 眠らせたり, 睨みつけましたが, 知って, 知りながら, 破られて, 禁ぜざりき, 積算する, 突かれた, 立たせて, 経て, 置いて, 自分の, 致して, 舞った, 薬で, 行つて見, 表す行, 表わし種々, 見あわせること, 見ただけ, 見ながら, 見破られたかな, 覘い, 解かれた, 解かれ次日二十三日, 言いたがって, 言いつかって, 訪ね品物, 設けて, 設けようと, 許されず, 謡い日, 買へと, 越えなかった, 越えなかつた, 送ったあと, 適当の, 間違へ, 附けるやう, 集めたら融通, 集めて, 雇ったり, 離れたが, 頼まれたわけぢ, 頼むなりとて, 頼んで, 頼んである

▼ 番~ (529, 6.8%)

28 なった 25 一番の 21 なって 18 なると 13 なつた 10 なりました 9 なる, 当って 8 なるの 7 廻って 5 して, なったの, 立って, 行けと 3 なったが

2 [24件] あたって, おあたり, それを, なぐられた, なった時, なつて, なるやろな, やとわれて, わたして, 世話し, 仮寓し, 住んで, 廻った, 当ったので, 当った看視人, 当った者, 当つて, 御案内しな, 残して, 福田へ, 立たせて, 自分の, 近いところ, 電話を

1 [310件] あがりそこ, あがりつい, あたったが, あたったの, あたつ, あたつた, あたらないん, あたりました, あの女, あるので, いいました, いた病人, うない, おさむ, おり誰とも組, お三, お泊り, かければ, かつがれた梓さん, かなり落着, きいて, きた時, くるりと, この丸, これを, ございます, されるわけ, したん, すぎないが, するの, するよう, する方法, すわる人, ずっと囁き続け, ずるい真似, せられ三年, そのお, その老人, たしかめて, たずねるまでも, たった一人, たつた一人, たづさはつて, たてて, たのむ, つけ, どうする, なったけれど, なったぞ, なったという, なったので, なったよう, なったらしいだが, なったらどう, なったら私, なったら美辞麗句, なったわけ, なった宗方善五郎, なった瞬間, なつたら, なつたわけ, なにが, ならなければ, なりし時, なりそのうち, なりたかつたり, なりますと, なりますね, なりますよ, なり度, なるか, なるぞ, なるだろう, なるとば, なるん, なる寂寥, なれば, なろうじゃ, なろうって, のった, まわすの, まわって, まわるの, みつかって, もと鍛冶屋, やっても, やらせれば, やり込める, やるから, よばれたの, ゐたお客樣, キャメルの, スッポリと, タキシを, ピースの, 一人の, 一八五二年に, 一番, 一番と, 一番という, 一番捜す, 一番間違っ, 一番間違つて疊へ, 丁度いい, 三種ある, 上役が, 下ろしたもの, 下落し, 下駄を, 中った, 中った賢い, 中って, 中つて, 中押しで, 乗るほう, 五人連の, 五手組梅原弥左衛門森民部丞門屋助右衛門寺村半, 人だす, 人の, 今これこれの, 仕事を, 付いて, 付けて, 付けるわけ, 会ったから, 伴れられた, 伺候し, 住まわせるため, 住み込ませたの, 何句か, 何屋の, 使って, 來合せた, 促されると, 修羅物を, 入れて, 入れると, 六回続け, 其場へ, 其處から, 出ると, 勤められるよう, 取つて, 召し出されたちょうど, 召し出された以上, 召使って, 各俳優, 合祀の, 命じて, 問えば, 嗤はれた, 嗾か, 坐り朝夕, 坐を, 堀久太郎であった, 姪を, 宛て, 家を, 寝ずの番を, 小幡隊と, 小柳町の, 小粒を, 少しく疲れたらしかった, 履物を, 川村さんの, 左から, 帰って, 廻した, 廻つて來ました, 廻り合わせるの, 引き渡して, 引き渡すぜ, 引っぱって, 当たったフステエデ名誉領事夫人, 当たった会計, 当たった数学, 当たって, 当ったこと, 当ったため, 当ったもの, 当った一組, 当った勘弁勘次, 当った坑夫, 当った女, 当った姉妹, 当った客, 当った家, 当った年, 当った時, 当っとるん, 当ること, 当る前, 当る患者, 当る者, 当る規則, 当選した, 御座候由御, 御膳を, 成つた, 戸口を, 手渡して, 打向い, 折入, 拝登する, 指命される, 支度が, 数うる, 斬らせるか, 於知母と, 更わった, 来た, 来たよう, 来て, 来ても, 檜扇取っ, 止めて, 残つてゐました, 残るもの, 殘つてゐる, 汽車を, 泊って, 津保見三十四番に, 渡しけるが, 渡るとの, 点滅し, 牛など, 犬を, 用いて, 申しつけて, 申置くべし, 當つた婦人に, 當つた島の, 當つてゐた, 當つてゐない, 當つて居た, 當り, 當りし, 皆の, 直接談判で, 相談し, 相違ない, 知って, 空いて, 立ちましたが, 立った, 立った浅野, 立つこと, 立帰り家に, 籠めた, 組む, 続いて, 置いて, 置かれる時, 聞いたらあの, 聞いて, 聞くと, 聞くの, 聞けと, 職を, 聾者に, 自宅で, 自身番を, 至る迄, 致す田舎寺, 船具部以外の, 落ちた, 落ちて, 蜥蜴人と, 行くこと, 行って, 見つかって, 見つけられ叱られも, 見乍ら, 見掛けた女, 言いつけて, 訊いて, 負けたら今日一日, 賄賂を, 賑は, 赴いた隼人正純, 起きて, 起されはじめて, 身を, 車持皇子は, 軽るく, 近い洒落れた, 近く隙を, 返り雲竜ところ, 這入って, 通って, 違ひありません, 重心を, 間狂言那須の, 附いて, 限つて共演しろ, 集りウイ, 雇い入れました, 雇われた, 雇われたもの, 雇われて, 雪ちゃんは, 非ず, 革命博物館を, 頼んで, 顔を, 食って, 食事の, 食事を, 驚いたの, 鷄を

▼ 番~ (355, 4.6%)

13 廻って, 来た 7 来て 5 きて, ついて 4 まわって, 立って 3 いて, 千兩の, 来たの, 来ると

2 [24件] あくそれ, きた, くると, しらの, 七十五銭で, 七十五銭に, 來た, 來て, 來る, 出て, 出来たから, 叫んだ, 回って, 太田に, 振るので, 捨てて, 来たん, 来ました, 来るの, 私か, 答えた, 終って, 隣へ, 靴を

1 [244件] あいたん, あきましたら早く, あけて, あければ, あたる, あって, あの巡査, ありますからな, あるの, いいかね, いうとりましたよ, いって, いつに, いないので, いなかった, いなくても, いまして, いらぬまで, いるらしい, うちだ, きたそれ, きたとき, きても, きましたから, くるの, このお, こむから, これを, さがして, したいかな, して, しらは, しらを, しら手代まで, しら格で, しら格の, しら物頭お, すぐに, すぐ回っ, する様, すわって, せわしくそれ, そこに, そっちへ, ちょと, つづけさま, てら船, できるだけ, どうにかこうに, にっこりし, はじまった, はじまったところ, めぐって, もう二人, やってきました, やって来ました僕たち, ゆだんなく, よかろ, よくする, よくでる, よろし, わかった頃, カモの, スプラッシュを, ビフテキで, 一つ大きな, 一人座敷へ, 一人通つたので, 一番札に, 一言も, 丑時, 主として霊感, 九十尾釣った, 乱されること, 二人とも, 二円の, 二十五点, 二日目の, 今空く, 仕事の, 他の, 付きその, 何か, 何で必要, 使われて, 入って, 内職に, 再び近づい, 出た, 出るぞ, 出るって, 出るわい, 出来ましたから, 出羽長瀞の, 切腹の, 勝手に, 勤めること, 南伝馬町の, 去つて, 参りました, 又大人, 叫ぶから, 同じく粉川寺, 同国紀三井寺三番が, 周旋する, 呼びかけるので, 和泉の, 四人に, 回つて來た, 地下室に, 垂幕の, 塩から, 壁に, 声を, 売れて, 夜寝る, 大和の, 大津の, 奈良の, 嫉ましげ, 子供で, 客の, 富突きが, 居るし, 履物を, 山城宇治の, 岡寺八番が, 常連の, 廻つてゐる, 廻つて来た, 廻つて来ん, 引っ込むと, 当つたの, 彼に, 後任だろう, 心得て, 性に, 折よく, 振るの, 播磨安志の, 教へて, 旗を, 早い方, 明かないという, 明き六月初め, 最高で, 有るのに, 木戸札を, 札を, 来そう, 来たかと, 来たとき, 来たなど, 来たのよ, 来たよう, 来たらしく女房, 来たんで, 来るから, 来るまで, 来る迄は, 板の, 柄に, 案山子の, 欠伸催すべき, 残して, 残って, 毎夜十人米味噌は, 毎日新聞紙を, 毒に, 水中の, 池の, 沈んだ声, 河内の, 注意を, 済むと, 演ぜられた, 濟んだ, 火を, 特に呼ばれ, 狂ったん, 璧州の, 甦る, 畏敬に, 當り, 發車する, 直ぐに, 睨みつけて, 石像の, 石山寺十四番が, 秀次これは, 私が, 私に, 立つ砂山, 答えて, 粗忽で, 続いて, 続けて, 総出で, 續い, 肉なり, 胴を, 膳に, 膳部を, 自若として, 良くヴァイオリン用, 落ちたの, 蛇の目の, 行方不明に, 衣裳腰の物などを, 表を, 見つけたって, 見まわって, 見張って, 解けるまでの, 言いますが, 言った, 許可された, 説破しました, 諏訪部三十郎様に, 起きたらしく窓, 越前大野の, 越後与板の, 足りない, 足場の, 蹲って, 辛いという, 近づくと, 近江の, 迫って, 迷亭先生の, 追い込んで, 退屈そうに, 遊びに, 遊女屋でも, 運んで, 違うからって, 長谷寺九番が, 開いた店, 附いたは, 霊岸島の, 順次に, 頤を, 頭取に, 驚いて

▼ 番~ (282, 3.6%)

8 へかけ 7 のお, の友人, の屋敷 5 の先生, の方, まで 4 に住ん, の二八九一番, の御, の旦那樣, の親 3 の家, の旗本, の旦那, の殿様, の火, の若旦那

2 [25件] であるが, でその, で開業, に松村彦太郎, のある, のおや, のし, の一条, の一部, の叔母, の大, の往来, の御厩谷, の或, の旦那様, の病院, の美濃部方, の親戚, へのし, へ出かけ, へ出た, へ相談, へ行っ, を出た, を散歩

1 [150件] かにあった, から下, から丸の内, から歩行, から瓦町, から遠く, から青山, から黒煙, が又, が近い, だそう, だの四谷, でありました, でいろいろ, でちょいちょい, でも半蔵門寄り, で古, で屋敷, という土地, とやらへおかえり, と下宿, と飯田町, なる川島家, にあつ, にある, にいた, にいる, にお, にそう, にもある, にもちょいちょい, に住む, に化け物屋敷, に尋ねた帰る, に屋敷, に急ぎました, に曲がる, に波崎漂, に移り, に訪う, に速成学館, の, のお嬢さん, のさる, のよう, の一角, の七不思議, の三宅三郎, の下宿, の与謝野先生, の井戸, の伊沢先生, の伯父, の住居, の内, の友人等, の叔母さん, の台, の名物, の土手下, の土蔵二階, の地理, の堀内源太左衛門, の夜, の姫様, の宅, の小川様, の小浜, の小田切邸, の屋敷町, の島田邸近く住, の広い, の斎藤, の旗本小田切久之進方, の旗本藤枝外記, の旧, の本邸, の村田造六, の栗橋様, の桜, の武家屋敷, の殿様お待ちかね, の治右衛門邸, の波崎, の淋しい, の湯, の火事, の熊谷三郎兵衛, の片柳, の独逸人, の番町知らず, の皿屋敷, の石川, の石川様, の神尾, の私, の腰, の自分, の自宅, の自邸, の舊友, の花岡家, の藤枝, の藤枝外記, の親類, の言葉, の説明, の邸, の門, の阿久沢, の青山主膳, の青山播磨, の養家多門方, の駒井能登守, はそこそこ, はどの, は何, は東京, は町, は黒, へは遠ざかっ, へもずいぶん, へんいったい, へ参っ, へ帰った, へ廻っ, へ廻った, へ引っ返した, へ来, へ母上, へ行, へ行く, へ行った, へ行ったら, へ行つて, へ訪ね, へ越し, までが一目, までといったよう, まで出向, まで往復, まで行っ, まで行つて, もさんざん, も下, も土手下り, をはじめ, を出, を南, 迄行つて

▼ 番~ (233, 3.0%)

3 信如の, 声を

2 [12件] あったから, いないか, お倉, ここへ, すみました, 主人の, 何しとるだ, 平生でも, 私の, 私藤野さんが, 答えた, 非常に

1 [203件] あけるが, あっと, あまり名誉, いいぞ, いいました, いつあく, いや十本, おずおずした, おとなしいからね, おとなしい男, おみや御前云々, お上がり, お犬様, こう言っ, この冬, この屋根, この池の, この老人, さして重い, して, すぐに, すげなく断わって, すっかり掃除, ずっと詰め, せ, そこへ, その特殊, それであろう, そんな俺, でて, とばされて, どうおし, どこの, どっちへ, どれか, ないか, ひしと身, ほとんど同時に終ったらしく, もう誰, やめろ, よくバイロン, よほど馴れ, わたしの, アザラシも, アル中で, カペエを, クロイツァーと, ドルィドィリッツと, ノートルダムの, ブッシュが, ブライロフスキーと, ベッキイに, ボウ・ブラメルの, ヨシツネさんと, ルービンシュタインのが, レナーの, レヴィツキー, 一号の, 一年です, 一年交代である, 一息した, 一流である, 一番やさしい, 下心なし, 不機嫌な, 不破萬作以上の, 両三度, 両袖, 二側目の, 云った, 人を, 今ちょっと, 休業した, 何う, 何だか怪しい, 何時です, 何處の, 倉庫の, 傑出した, 八五郎の, 六七人目に, 六号へ, 出て, 出ないよ, 出来ないよ, 初めの, 勝てるもの, 十一時だ, 千三である, 去ろうと, 叫びつづける, 叫ぶ, 台所の, 各物頭五人, 吹上奉行の, 呟いて, 命ぜられた通り砂地, 四分の三マイルも, 垢すり旗下と, 塩沢丹三郎でございました, 墓掘り人の, 外科の, 多年の, 大乗寺どちらも, 大抵私, 太刀川時夫, 太鼓を, 実力が, 宵の, 小姓の, 小屋の, 小森蓮蔵, 小網町の, 少しあと廻し, 少しむずかしい, 少し世間, 居ない, 山王町の, 山田三十郎三番は, 常盤町の, 平河町の, 年の, 廊下から, 廊下で, 当り前である, 御家法, 必ず幾子, 忌々しがった, 忘れても, 思つたよりも, 怪訝な, 怫然と, 恐れ入って, 愛す同類, 感歎した, 成り立つて, 我を, 手で, 数人の, 敲かれぬよう, 於宮の, 早朝に, 春さんで, 暁方の, 望楼の, 村方百姓等へ, 東福寺の, 柄にも, 次の, 気の毒そうに, 泰平時代と, 渡されたもの, 満天の, 濁声高く, 煮たり, 熊田市兵衛小姓頭は, 爺さんの, 猿の, 現在ある, 用心に, 男が, 番太郎と, 直ちにパイプ, 着物を, 知って, 石福海, 神前に, 空手では, 篠崎さんや, 米に, 米友の, 綺羅子さんと, 習って, 老中若年寄の, 能登守様の, 苦笑いも, 苦笑した, 言い足した, 言った, 言って, 評定所付きの, 試験勉強で, 詰切酒, 誰が, 誰だ, 誰と, 負けて, 責任上すぐす, 足の, 返事の, 逆上せきつて, 遅かつ, 遥拝で, 金網や, 鍬を, 階下に, 電話局じゃ, 静かに, 飛び下りて, 駿河町の, 魚や, 鳶頭一人です, 龍宮寺第

▼ 番~ (192, 2.5%)

8 の大 4 と絵本, のカタリ, の体裁 3 というもの, を見

2 [11件] に, には西, にも載る, に出, のほか, の上, の前頭, の紛失, や鸚鵡石, を見た, を配っ

1 [144件] から言, か逸話, があるべき, がつくられる, が亡び, が作られ, が出た, が出来た, が各, が当て, が来る, が發刊, が相当, が見えない, だから, だけの獲物, だけはどうか, だけをたより, だって嘘, だの懸想文, だよもや, であれ, ですが, ではすむまい, では単に, では大きく, では西, でよく, で三役, といふの, といふもの, とは少しく, とほぼ, と並べ, などが麗々しく, なるもの, における彼, にします, にしるされた, にすべて, にのつて, には, には一茶, には両, には入れ, には団五郎, には幕の内, には晩花氏, には狂言作者, には谷風梶之助, には金澤丹後, にむかった, にもその, によって今日, に乘, に事実相違, に勘亭, に大きく, に掲げられた, に明記, に書かせし, に桟敷代上等金一円八十五銭, に梅阿弥, に淡島椿岳, に記した, に載らねえ, に載る, のございます, のたぐい, のヘン, の一変化, の一枚, の一進歩, の三役, の切れ, の前頭何番目, の前頭筆頭, の匂う, の墨, の小結どころ, の張出, の捨てどころ, の時, の横綱, の横綱三役, の用紙, の第, の關脇, の順序, は, はあまり, は二銭切手, は前, は創業以来特殊, は天子, は市井郊外, は幕ごと, は座頭, は特に, は皆, は違う, へ載つた, へ載る, よりも非常, らしい, をうけ取っ, をたより, をつくる, をどんなに, をよく, を一々, を丁寧, を作っ, を作り, を作る, を入れ, を出す, を取り出し, を取出し, を工夫, を彦作氏, を懐中, を手, を投げ付けられ, を抱い, を拵, を持参, を書き直し, を染め出した, を澤山, を発行, を盗み, を編成, を繰っ, を置い, を見ました, を見る, を触れ売りする, を配らず, 入れたの, 坐下, 売りの, 配り, 配りにも

▼ 番~ (173, 2.2%)

10 言はれた 7 なった 3 いえば, なる, 言つても 2 なって, 云われて, 口上言い, 指を, 称して, 言は, 言われた娘, 評判の

1 [131件] あるから, いうだけ, いうので, いうほどの, いうよりも, いはれた富, いはれた身上, いふ, いふので, いわれた富, いわれた御, いわれた油屋, いわれる美しい, おなじ夜, きまった本因坊, きめられたこと, きめるか, この若者, さがったこと, さがったためし, した先代木村重友, すつかり, その孫, それだけの, だ, なくご覧, なく負け, なったが, なつて, なりしゆえ, なりつぎ, なりて, なりました, なること, なるの, トラック運転手と, ポオタアと, ワッショイワッショイ, 一々指さす, 一緒にな, 三番とは, 下ったこと, 下ること, 二列縦隊で, 二十人あまり一しょには, 二重の, 云う大きな, 云えば, 云って, 云ふ, 云ふも, 五十番との, 五十番とは, 五番が, 五番とに, 低く数語, 使い走りを, 入れ交えて, 六番とに, 共同で, 十三番の, 十五番と, 取り違えたと, 叫んで, 号す各, 向いの, 呼ばれた時, 呼ぶ, 呼ぶこと, 四番と, 大変親密に, 婢さん, 宿から, 対坐し, 役割とが, 御飯を, 忽ちの, 思いましたが, 成ると, 教えられて, 数へ, 明智探偵事務所とへ, 書いて, 札の, 来た, 極まつ, 済まぬうち, 申すと, 男衆を, 番号が, 相談し, 石油ランプを, 称さなければ, 称された江戸幕府独特, 称する将軍さま, 称する星, 立てつづけに, 立てられて, 第五番, 第百四十番, 膳部係とに, 若い者, 藤八拳を, 覚えて, 言うか, 言うの, 言えば, 言っちゃ, 言っても, 言つ, 言われたガラッ, 言われた万両分限, 言われた十九, 言われた大黒屋, 言われた好い, 言われた小町娘, 言われた油屋, 言われた美男, 言われた蒔絵, 言われる万両分限, 言われる方, 記したる館, 記して, 話を, 誤信し, 逃げたん, 進みましたが, 電話番号が, 順々に, 順に進ん, 順次に

▼ 番~ (166, 2.1%)

5 の一人 3 と源助町, のお, のひとり 2 が, がいた, が立っ, と部落, の中, の目, の矢柄源兵衛, はびっくり, は声

1 [134件] かも知れない, からすぐ, があたふた, がそう, がそれ, がたのし, がもの憂, が二人, が二度, が云った, が交代, が会わせる, が出, が取次ぎ, が寄り合っ, が急, が慌て, が眠っ, が脇玄関, が見張っ, が詰めきりであった, が門, が附き, きっと護衛, だが, だぞ, であって, であろうと, でその, でないもの, で手紙, とか足軽, と一人, と十九人, と城戸守り, と女たち, と藤吉郎, と話し, なども主人, なども駈けつけ, に, にいた, にしめし, にせられ, になにか, には, によって罪人同様, にソッ, に事, に何, に固められ, に密告, に尋ねられた, に引っ立てさせ, に承, に捕えられ, に教え, のうしろ, のとがめ, のほう, のもの腰, の両端, の交代時間, の備え, の六尺棒, の名, の大迫玄蕃, の小屋, の座蒲団, の影, の役, の手槍, の方, の玄蕃殿, の眼, の神尾喬, の籍, の組, の群, の者, の者共, の身, の部屋, の長屋, の隙, の顔, の首, は, はあっけ, はあわて, はすぐ, はなにか, はもう, はハッ, は交代, は具足, は十一番首飯能主馬, は十年一日, は叱っ, は少々ぞっと, は役所, は木戸, は棒先, は直ちに, は素槍, は舌っ足らず, は莨, は部将, は非番, は頷き合っ, は鼻, へ向い, へ告げた, へ実否, へ眼, またはその, も才, や黒鍬, よりカク, をし, をつとめる, を一室, を云い, を代表, を伏せ, を出張, を勤め, を故意, を斃, を斬っ, を斬り, を片づけ, を疲れさせ, 及び芝源助町

▼ 番~ (127, 1.6%)

316 ぞ, な 52 がこいつ, ということ, という気, とか宿直, と思った, ね, わ, 結構

1 [63件] おれにもと, かの成績, から, からいよいよ, からその, からよ, から大概, から残念, か一向, か轉轍手, がとてつ, がはやく, が休め, が僕, が八十九番, が妙, が殿, が級長, が誓っ, が豹一, が頼まれれ, けれどどう, けれど特に, ここへ, このへん, ぜと庄吉, ぜ自信, ぞといわぬ, つた, つたのさ, つたのさ危ない, つた男で, つて, という, というよう, というん, といふ, ときのう, ときめ, とさ, とつげる, とみえる, と云い, と嬉しい, と市民, と思, と思つて, と是, と言, と言った, と誰, どんな成敗, にんじん, のという, のにスケヤクロウ, へっつんのめっ, よお次, よと大声, よ猫ちゃん, わね, ゾ, 此ん, 男が

▼ 番~ (118, 1.5%)

13 の娘 7 の句 6 のお話, の子 4 のお姫さま, の女の子 3 の女 2 と十一番め, のまるい, の兄, の夫, の少年, の彫刻, の息子, の文字, を動かし

1 [57件] かの赤さん, が君, じゃ, そして三番め, です, で至誠奉公, という仰せ, ととい, にあらわれた, にいた, にたい, になる, には小林君, には日済し, にもぐっ, にバッタ, に六出秀平, に原田敬策, に声, に愛し, のいちばん末, のかけ, のわが, の使者, の倉, の四角い, の大伴, の姉, の姉ちゃん, の婿, の幾次, の弟, の昌平, の歌, の歌集, の玉葉和歌集, の男, の石上, の稲氷命, の結び目, の若, の若い, の部屋, の門, の風雅和歌集, の駅, の鶏, はあぶられ, はあぶられよ, はぬすまれよ, は焼き殺され, までま, まで来た, まで番号, をお, を中村さん, を妊娠

▼ 番~ (114, 1.5%)

15 の株 12 の親爺 8 の老爺 3 の吉六, の夫婦, の女房, の小屋 2 が声, で駄菓子, のむす, の提灯, の老人

1 [57件] がおぞましい, が来た, が草鞋, が見張っ, が見張り, が警戒, が迷惑, が迷惑そう, だの, という特別, との関係, と云う, と呼ばれ, と手前, と綽名, などいう, などの中, など唱, なんざアな, にあけ, にでも訴え, のかみさん, のよう, の事, の制止位, の前, の嚊, の如く, の娘, の子供, の平助, の木戸, の横, の爺, の爺さん, の由, の菓子, の要作さん, の野郎, の金棒, はこの, はそう, は今さら, は心得, へ問い, まで加え, や同心たち, や権助, や權助ぢ, や町同心, をし, をたずね, をたずねた, を呼ん, を相手, 庄七由蔵も, 或いは

▼ 番~ (110, 1.4%)

9 あつた 3 お手 2 卒業しました, 妾の, 漸と, 訊けば, 銀流しみたいな

1 [88件] あがりましたら伺候, あつて成績, いたけれど, いまは, お二人, お出向, お留守, お米, がす, くすぶって, ござりまし, ござりまする, しかもお, せう, そのこと, それからは, たって, てま, でも, な, はありません, はある, は二・一, は今日, は初めて, は情, は頭, は騷動, アルサンドロ街から, シウマイやき, シュウマイと, 一丁目から, 一代に, 三十分も, 三年生に, 三番と, 二十五六の, 互いに上手, 今一人は, 仕事やる, 俗に, 僕が, 僕は, 入学しました, 出たん, 出た奴, 出張って, 功刀の, 勤めたもの, 十人の, 卒業し, 参りました, 参るよう, 合格した, 唯扁平, 声を, 多忙な, 大沢数馬という, 好色漢の, 家に, 家財と, 彼女は, 是非発たなきゃなら, 望遠鏡の, 来て, 枯木の, 次々と, 此方で, 殿中に, 港務局の, 滿足し, 用の, 白い蝶, 私は, 立つと, 細井君は, 終る試合, 結構な, 綾吉と, 自分は, 茂丸が, 菊太郎君が, 表二階の, 見張つて, 起きて, 通して, 青年が, 麹町の

▼ 番~ (67, 0.9%)

30 がらです 10 がらの 6 がらに, がらは 3 がらと 2 がらが 1 がら, がらから, がらにおいて, がらにおいても, がらにばかりは, がらばかりは, がらほりもの, がら以来すっかり, ことだ, のは

▼ 番~ (63, 0.8%)

7 電話を 3 行った 2 十手の

1 [51件] お頼み, かけたの, かけてんねんわ, このこと, ご案内申しな, た, たぞ, たびたび電話, たまひ, たら腹, たんだ, つ, のると, られる相手方, 一言尋ね, 争ふ, 何か, 使を, 出仕する, 合図を, 声を, 射る千束矢, 小走, 巡わっ, 引き渡すなんて, 御案内, 持って, 案内し, 泊った, 物見安らぐ跼, 直ぐ電話, 着いた時, 移った, 移り大分奮発, 筆紙墨の, 落ちた, 藝者が, 行かなければ, 行きました時, 行き支那料理食ひつ, 行き支那食, 行けば, 行っても, 行つて去年死んだ, 通されて, 進達成る, 長調, 長調作品五〇, 電人, 預けて, 駈込んで

▼ 番~ (60, 0.8%)

14 ている 11 ていた 3 てい 2

1 [30件] かくしてつねに, ていました, てお, てかよう, てその, てついて行く, てなっ, てみよう, てより, てゐた, て不, て五助, て即座, て居た, て居る, て弓, て彼女, て後, て必ず, て曰く, て欲しい, て此, て粉骨砕身, て見よ, て訪問客, て酒, て青龍刀, ながら考え込ん, ながら跪坐ん, めいに

▼ 番~ (58, 0.7%)

2 よろしい, 四番も, 指しました

1 [52件] あるので, いないデュト通五八番地, いるなあ, お上がり, きびしく内外とも, ぐっすり寝込んだ, この頃, これに, さがって, しなければ, すぐだ, するし, するといふ, すれとも, せず何, できない, なにさまおぼえ, びっくりした, ふさが, よく, 三番も, 二十五点です, 五番も, 六番も, 冬なんぞに, 出て, 別に不審, 叱られたあと, 大して苦, 女中も, 実演出来る, 宿の, 居るから, 店の, 廊下にて, 延ばして, 弾きつづけて, 役割とは, 手合せし, 承知しなかった, 最初から, 楽じゃ, 気に入らぬ様子, 知らなかつたやう, 碁を, 立ち投げ, 笑ったほど, 置いた, 聊か逡巡ぐ, 自分のに, 良い曲, 話して

▼ 番という~ (51, 0.7%)

6 のが 4 のは

1 [41件] ことが, ことも, ことを, すばらしい金属, ところが, の, のか, のから, のな, ように, わけで, 三ツの, 人, 人が, 仕事が, 処を, 分限者大藩の, 医者を, 危い, 受験証票を, 名儀, 地名が, 家が, 密偵の, 将軍家直属の, 小さな石, 役の, 成績で, 所であろう, 既製洋服が, 木札の, 由緒を, 番号の, 約束だった, 群集であった, 者も, 職業が, 自宅から, 身上の, 頭の, 風に

▼ 番~ (46, 0.6%)

5 のホール 2 では, に住む

1 [37件] そうし, だ, だと, でお, では定評, では陽子以外, で一寸口, で踊っ, といふの, には戦争犯罪容疑者, に居る, に帰り, のダグラスさん, のダン, のマネージャー, の前, の四ツ辻, の塀, の定, の庭, の朋輩, の横, の裏, の路傍, の陳列所前, ははじめ進駐軍専用, は人, は倫敦市, へはいる, へ尋ね, へ来, へ行った, へ足, へ通っ, を出, を出た, を的

▼ 番~ (45, 0.6%)

2 がつけられ

1 [43件] からし, がいま, が一つ違, が何, が在, が打つ, で失敗, と舊暦年號, に熱した, のあるべき, のため, のやう, の出, の早, の早い, の附いた, は一〇三, は一二九番, は梅, は無, まで打っ, まで教, も書き出してない, をいく, をそろへる, をつけ, をもつた, を云つて荷主, を僕ら, を入れ, を全然, を占つて貰, を合せ, を問, を打つた, を振り出し, を書いた, を示す, を聞き, を聲, を見たら, を見る, を記入

▼ 番~ (42, 0.5%)

3 の通行 2 の首, はやれやれ

1 [35件] がい, が争い, が他所行き, が六尺棒, が四人, が妙, が斉, が立話, ただ奉公, っ, では納まり, という, となりぬ, と云, などはここ, にちょっと, に先, に押しもどされ, のなか, の内, の子弟, の方々, の江戸行き, の組, の頭, はうるさ, はヘドモド, は顔, も據, も業, や同心, らしく思われますが, をこれから, を振り切っ, 見張厳重

▼ 番です~ (40, 0.5%)

11632 ぜ, の

1 [16件] から, からえ, からお父さん, からも少し, かエステルおばさん, か公衆電話, が, ぞ, って, ね, ねこりやち, のねいい, ものね, もの三人めの, わネエ, わ妾

▼ 番~ (39, 0.5%)

2 に出入, に這入っ, の前, の方

1 [31件] がどれ, だってそう, でお, で八人, で坊ちゃん, で繰り返された, で遊ん, と云, なきは, などは大いに, なんかで, にいた, に一年, に待たし, に泊りこんだ, に行っ, に迎えた, に這入りこん, に遠ざかる, のあと, の内, の夜, の暗い, の様子, の破牢, の若い, の道具, の隣, の頃, を守っ, を思い出し

▼ 番でも~ (34, 0.4%)

2 して, よろしい, 口を, 私より

1 [26件] あろうか, いいから, いいです, おおせつかって, お民, かげんが, するが, するがい, するよう, するん, する事, すれば, なくこの, なく無論, のびのびと, 付けようと, 住みさ, 切ろうかと, 席順だけは, 無いのに, 置いて, 酒が, 醉拂つた野呂の, 重罪犯人でも, 釣って, 鳴るとき

▼ 番~ (33, 0.4%)

2 だ船, におりるだ, にその, に睨ん

1 [25件] でお母さん, に, にお, にどなる, にワイシャツ, に世話, に傾く, に呑牛, に家々, に家じゅう病気, に彼, に徹夜, に指, に本, に洗いっこ, に湯, に留守居, に直す, に瞬い, に被っ, に走った, に隔週, に隙, に飯, に養っ

▼ 番~ (33, 0.4%)

2

1 [31件] いっちょうやっ, から神鬮, か教員, がそれ, がひきとめた, が二人, が大, が思いだした, が棒, が金襴, さんじゃござんせんか, に化け, に面会, のひとり, のほう, の一人, の倅, の問題, の年老いたる, の役目, の言葉づかい, の露西亜人, はそば, はつぶやいた, はわが, は木履, は槍, は立騷ぐ, は縁側, も外, 断れ通しては

▼ 番から~ (32, 0.4%)

2 上った坑夫

1 [30件] ある暗い, お帰り, お膳, ご老中職, 七番まで, 三十四位に, 三十番までを, 三番の, 上って, 上に, 下駄を, 二十番まで, 二十番までを, 二階の, 五目めしと, 八番までの, 出て, 十番も, 古川雑色綱坂を, 告げること, 帰館した, 弓矢奉公まで, 本を, 来たの, 残らず話, 炊事係台所ボーイ番兵お, 焼売と, 皇帝暗殺計画に関する, 眼を, 褒めちぎられたとき

▼ 番~ (31, 0.4%)

3 きに 2 に出, に外, に梅野, に死骸, に竹山

1 [18件] きには, に入, に入った, に切符, に問題, に始め, に家, に心安く, に手, に月代, に来た, に気がついた, に顏, に顔, に駆け出す, に駈け付けた, に駈け出す, はどなた

▼ 番だった~ (29, 0.4%)

2 かしら, じゃない, ね, のでくれた

1 [21件] か, かなあもう, からそれから, が殆ど, が狸, が落ちた, ぜ, な, のか, のさ, のでいま, のです, ので夕方, ので矢島先生, のよ, ようです, んだ, んです, 人の, 堀尾家の, 筈です

▼ 番~ (28, 0.4%)

1 [28件] かいドーナリヤ, つれの, ないか, ほかに, 下足番や, 二番は, 出前持などを, 品芳楼も, 女中までが, 女中を, 家畜の, 宿の, 寄席の, 庭掃き, 彌次馬や, 御使番, 料理人や, 案内人と, 武者だ, 牢屋同心, 番明きの, 短気な, 自身番などを, 船頭たちが, 近所の, 野次馬や, 釣瓶の, 門衛は

▼ 番士たち~ (28, 0.4%)

1 [28件] あわただしく働い, がいっせいに, がわっ, が並ん, が待ちあぐん, が追いかけ, だの, である, と共に戦, にはそれ, に尋ねました, に近づこう, に騒がれ, のあいだ, の会話, の住む, の小屋, の詰め所, の話, はいずれ, はこの, はぜんぶ, はわあ, は不審そう, は呆ッ, は城下町, は小手, へ早口

▼ 番~ (28, 0.4%)

3 の声 2 か知らん, の鳴く, を耳たしか

1 [19件] から起き, か知らない, がしきりに, が勇ましく, が唱い, が啼いた, が孤独そう, が鳴いた, が鳴く, だから, だと, とうたい出す, に熟睡, の啼声, の音, もきいた, も唄, も四番鶏, を聞い

▼ 番には~ (25, 0.3%)

1 [25件] おわこの, かわりの, それが, ないと, なり給, バックハウスの, 七手与, 両御番, 中納言の, 中院, 信長自身演技に, 六手組細野九郎右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には, 四条隆資の, 寄合与, 小上, 弓鉄砲頭鳥井四郎左衛門上坂源之, 役に立つ, 後備関勝蔵都合其勢六千余騎人数多し, 戸田大隅守殿同, 手廻小姓与, 真向きな, 筧甚五右衛門という, 老人が, 蒲生忠三郎家康の, 馬廻十番には

▼ 番~ (22, 0.3%)

2 と大きく, と書き入れ, はこの

1 [16件] じゃよ, そんなこと, だ, だか, と十七, と言, にした, の功名, の名のり, は誰, は貴殿, までは知らぬ, まで討っ, を最後, を自邸, 挙げて

▼ 番~ (20, 0.3%)

3 何たら 2 だった, 四番の

1 [13件] いずれに, おい君今夜は, するの, それくらゐ, 三番で, 二千番存在し, 五番以下に, 今日は, 何人か, 大き過ぎる, 目付の, 稽古した, 過ぎた後

▼ 番まで~ (20, 0.3%)

2 させ藤助

1 [18件] あつて, あり, さらつて行く, して, そこで夕食, 一寸五分ぐらいから, 下がったの, 付し事, 位を, 入ったの, 取りたり, 御覧なすっ, 明日の, 総軍, 舟入りの, 落ちるか, 行って, 負けられそれ

▼ 番~ (19, 0.2%)

1 [19件] からフッツリ, ずつを入れた, に冬越し, の獲物, の紅雀, の闘鶏, の離れぬ, の飼い, の鶯, は水脈, をした, を売っ, を手, を見せよう, を買いました, を贈呈, 家の, 目を, 電話かけなさった

▼ 番さん~ (19, 0.2%)

1 [19件] かでお, があがる, がお, じゃ今夜, だったかしら, だの, だの八番さん, でいらっしゃいます, で先刻, で御用, というの, と順に, にお客樣, にし, のあの, のお, は御存じ, は長吉さん, もやっぱり

▼ 番~ (19, 0.2%)

1 [19件] だけ早く, では無理, とは全力, と三番機, にひっきりなしに, に命中, に席, のガソリン, の機銃射撃, の爆弾群, はただちに, は一等うしろ, は丘, は手際, は火, は編隊長機, へのせ, もあおられた, も翼

▼ 番番頭~ (19, 0.2%)

4 の文六 3 の要 2 の伊之助, の幸三郎, の金蔵, の金藏 1 が始終, が揉手, の伊之助さん, の和助

▼ 番として~ (18, 0.2%)

1 [18件] お供に, ごろごろし, しょんぼりと, 仕えてから, 使われて, 名を, 大阪の, 女団洲の, 家中の, 松野豊後守加役として, 残されて, 残るの, 江戸じゅうにも, 浅黄の, 現れるジョン, 瓜盗人の, 載せて, 鳴り響いて

▼ 番~ (17, 0.2%)

2 の女房, の娘

1 [13件] から流し, でも見掛けなかつた, で念, で聞い, で聽, で見染め, で訊く, によつて, に居る, のお, の方, へ一瞥, へ幾度

▼ 番~ (17, 0.2%)

2 を左

1 [15件] でウイ, と十六番通り, にも荷車, に来, に滑りこんだ, に追いこんだ, のクロス, の宿, の方, の爆発事件, の遠く先, の高架線, へさしかかった, へ駈け出した, を歩い

▼ 番する~ (16, 0.2%)

1 [16件] うちに, くらいの小味, という世にも, ところだ, と一汎, と猴下り, のにたる, ものが, ように, を禁じ, 必要が, 愚を, 根拠は, 犬と, 者一人も, 間は

▼ 番といふ~ (16, 0.2%)

2 成績を

1 [14件] あの綺麗, ところを, ものが, ものを, わけだ, 名人だ, 大きいの, 大金持, 札を, 秀才だ, 美人が, 處でも, 身上を, 醫者を

▼ 番~ (16, 0.2%)

1 [16件] がある, といふの, といふもの, といふ名, といふ語, と昔, の中, の主体, の先, の台本, の方, の本態, は翁, は青年, もさ, も其一種

▼ 番~ (15, 0.2%)

2 のです

1 [13件] のだ, のであります, のである, のでわし, のでカウント, ので決心, ので貞之助, ので食後まつ, のよ, のわかるでしょ, もので, んだ, 嗜好で

▼ 番~ (15, 0.2%)

2 能つ引い, 雌は

1 [11件] かの種狐, てし, にあて, になつて, にも震, の丹頂, の梟, 目の, 野兎, 鳥, 鳩

▼ 番~ (15, 0.2%)

2 の途中

1 [13件] から仕方, から続々, か三番坑, だ, で働く, で竪坑, には坑夫, に這入った, のその, の入口, まで, まで下り, まで降りました

▼ 番とは~ (14, 0.2%)

2 下らぬ大, 下りませんよ 1 いえ多少, 下がらぬ東軍流, 下らない鹽, 下らぬ程, 中, 手が, 舟が, 誰と, 違う別, 違って

▼ 番~ (14, 0.2%)

2 を命ぜられた

1 [12件] という事, といっ, と同じ, の記, もできる, をすすめた, を命ぜられ, リスルマデハ必ズ見, リノ祈祷ヤ何ヤイロイロ諸方ヨリ頼ンダガオレガ初, リヲシカタクルシクテ出勤ガ出来ヌカラ御, リヲセメタソレカラ以前ヨリイヨイヨ悪, 仕候段

▼ 番~ (13, 0.2%)

2 が殺された

1 [11件] がやって来る, だ, であろう, で千両, で当時私, というの, としての生活, にやらされ, のお, は容色, を嫁

▼ 番~ (13, 0.2%)

3 の第 1 が行われ, が読売新聞, であるから, に六勝二敗二持碁, のうち, のトップ, の今, は呉清源, をやり, を観戦

▼ 番~ (13, 0.2%)

3 が鳴る 1 が高らか, が鳴りましょう, で部署, とすべて準備, の鳴る, はおれ, はもう, は勢揃い, は城外, を吹かせ

▼ 番息子~ (12, 0.2%)

1 [12件] が付い, が右腕, だ, に震災, の久チヤンこと阿部久, の処, の妻, の清二郎, の潔, の直, の逞しい, はまだ

▼ 番~ (12, 0.2%)

4 の商品 2 の方程式, の部分的交換 1 の価値尺度財, の未知数, の物, の能

▼ 番附面~ (12, 0.2%)

1 [12件] では張出, における如く洋画家, にその, にもそれだけ, に四役, に見惚れ, の位争い, の体裁, の極印, の絵, の美しい, をもう

▼ 番~ (12, 0.2%)

2 の一部 1 というの, と京, に入った, に属する, の, の伍長, の武井夕菴, の第, までの列, までの諸

▼ 番であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, が卒業, が四文銭, が渋谷殿, きみや, し年, とかいう話, と思います, のは, ように, 母にとっては

▼ 番である~ (11, 0.1%)

21 から今朝, から行っ, ことを, だけに鎌倉, と思え, のに, 加藤閑吉は, 普通選挙の, 露子とて

▼ 番にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] おかみさん, たのんで, なれる方, 一間見た, 五番にも, 何より私, 怪しまれずに, 擴が, 用うべ, 雇って, 雇はれ

▼ 番~ (11, 0.1%)

1 [11件] が告げ, が知らし, に訊ねた, の一人, は先, は懶, へいう, へ向っ, へ賄賂, を説け, 自身曳い

▼ 番小舎~ (11, 0.1%)

21 あり, で寝, で待っ, ともいう, の付近, の前, の戸, の扉, へ這

▼ 番~ (11, 0.1%)

1 [11件] が下った, が進んだ, すすんで, で行く, は佳境, は御, は滞り, は進んだ, もだんだん, も終り, 次第に取り進んだ

▼ 番~ (11, 0.1%)

1 [11件] があたりまえ, がこう, がそこ, がそっと, がつと, というの, と女, の名, の手腕, は言葉, もありやしません

▼ 番~ (11, 0.1%)

3 の堤 1 と呼ばれ, には非常, の周囲, の崩れた, は美くし, は貯水池, は近頃, を見下し

▼ 番町方面~ (11, 0.1%)

2 それからそれ, の火勢, の状況, の避難者 1 だ本郷, の煙, の煙り

▼ 番五郎~ (10, 0.1%)

1 が大阪者, じゃ, です, という名前, のうしろ楯, のところ, の右腕, の方, の黒幕, はどん

▼ 番勝負~ (10, 0.1%)

3 の第 2 を見 1 である, で私, にことごとく, を三番, を見物

▼ 番~ (10, 0.1%)

1 がまだ, で七里, に捕えられ, の方, の目, の胴の間, の試運転, はまだ, も出まし, やまた

▼ 番では~ (9, 0.1%)

2 ないかと, なかった 1 ありませんの, ない, ないでしょうか, ないわ, 置かないぞ

▼ 番以下~ (9, 0.1%)

2 の籾 1 がすべてこれ, である, でなくちゃ, と来, には下らなかっ, に落ちる, は第

▼ 番~ (9, 0.1%)

1 がその, が牛, なるべく急げ, に代っ, に何, に牛, は笹, は途中, は離れ

▼ 番教室~ (9, 0.1%)

2 の地下 1 であつ, で三田文学紅茶会, にした, に三千人, に出, に行く, の古色蒼然

▼ 番~ (9, 0.1%)

5 を勤め 1 ですか, の坑夫たち, まで十八時間ブッ通し, も庄兵衛

▼ 番衆町~ (9, 0.1%)

1 ってどこ, に地所付き, に地面, のあたり, の岩波様, の方, の殿様, へ引っ越し, へ来

▼ 番ごと~ (8, 0.1%)

1 いがみあって, だぜ, どしんと, の間, 借りにばかり, 繰り返されぬいた言葉, 聞く, 驚かされながら

▼ 番じゃ~ (8, 0.1%)

1 ありませんか, あるまいかと, ございませんか, ないか, ないから, ないの, はよう入る, 予が

▼ 番までの~ (8, 0.1%)

1 三曲だけに, 勘定方が, 将兵を, 山車最後の, 旗を, 目録が, 籤を, 諸将

▼ 番入り~ (8, 0.1%)

3 をし 2 をさせ, をした 1 をする

▼ 番書記~ (8, 0.1%)

3 のかま猫 2 の三毛猫 1 は三毛猫, は竃猫, は虎猫

▼ 番~ (8, 0.1%)

1 だった, に, にもどき, に斯, に邂逅, 怯えるな, 間違って, 驚くぜ

▼ 番~ (8, 0.1%)

1 ご吟味記録, じゃ, でゆうべ人切り, といっ, にぶちこまれ, は上, は同じ, は左

▼ 番町辺~ (8, 0.1%)

2 はさらに, は殊に 1 の武家, の濠際, へ行っ, を見渡す

▼ 番部屋~ (8, 0.1%)

2 でそうして 1 に筆紙墨類, の名折れ, の襖, へ投げ込ん, へ落着, 第一

▼ 番した~ (7, 0.1%)

1 ああ祟, と思う, まひし, んだ, 人という, 女房も, 時分

▼ 番たび~ (7, 0.1%)

2 奢ってばかり 1 じゃない, そう云う, そう簡単に, とり殺されてたひにゃ, のこと

▼ 番とも~ (7, 0.1%)

2 負けました 1 これサ, なり同時に, まかされた, 私が, 顔馴染らしく

▼ 番三番~ (7, 0.1%)

1 では, という頭, ときめられた, と一々, と忽ち, と順次, の人

▼ 番~ (7, 0.1%)

1 が八歳, したの, するの, なばかり, の千兩箱, の従姉, の息子

▼ 番~ (7, 0.1%)

1 から典薬頭, になる, のうち, の定員, の詰める, や嘱託医, を勤め

▼ 番~ (7, 0.1%)

1 のある, のきまった, の兵学教頭, の宝物, の巨大, の蔵方, は平城

▼ 番士小屋~ (7, 0.1%)

3 のほう 1 と糧秣庫, には医療品, の前, の脇

▼ 番~ (7, 0.1%)

1 で, で働き, で惜しい, で落し, の方, は吉川英治氏, を後

▼ 番~ (7, 0.1%)

1 が売物屋, でも雪の下, となります, と段々, になる, の生蕎麦, を黒バナ

▼ 番してる~ (6, 0.1%)

1 から早く, というよう, なんてわが, のだ, 兵隊さんに, 歩哨から

▼ 番僧たち~ (6, 0.1%)

1 がいり, が彼, はうまく, は主税, は監寺, は聞く

▼ 番~ (6, 0.1%)

2 とあった, と出た, の神籤

▼ 番~ (6, 0.1%)

1 から四番原, なら門内, に来た, の入り口, をななめ, 御火除地

▼ 番~ (6, 0.1%)

1 から馳, にゃあ, に居た, の丘, の廻廊, の欄間

▼ 番だろう~ (5, 0.1%)

1 といわれる, と云いました, と思い, と思った, な

▼ 番にて~ (5, 0.1%)

1 やくそくどおり咲耶子, 東京に, 気分すぐれず, 訪はる, 隙に

▼ 番ばかり~ (5, 0.1%)

1 して, するの, するよう, ァ酒, 打つて

▼ 番~ (5, 0.1%)

2 に出た, を命ぜ 1 に立たせた

▼ 番太鼓~ (5, 0.1%)

1 がなる, が囃され, と知られた, の大, を待っ

▼ 番~ (5, 0.1%)

1 から降り, で入, で歸つた, になります, にも先

▼ 番~ (5, 0.1%)

2 は乃ち盛岡監獄署 1 に転宅, に転居, に轉宅

▼ 番~ (5, 0.1%)

1 じゃ, といっ, の御, の提灯, を御覧

▼ 番~ (5, 0.1%)

2 の演出, の演能 1 の標準

▼ 番船艙~ (5, 0.1%)

1 に戦車, の中, の底, はまだ, へつれ

▼ 番~ (5, 0.1%)

3 仰付 1 仰付候旨, 仰付置候処

▼ 番詰所~ (5, 0.1%)

1 と言っ, に控え, の前, の噂, へ投げ込まれ

▼ 番非人~ (5, 0.1%)

1 が生活難, すなわち俗, とかその他各種, などになっ, の如く

▼ 番~ (5, 0.1%)

1 が鳴い, といふ, にて立つ, にて食い, の鳴

▼ 番あけ~ (4, 0.1%)

1 であった, で城下, になる, を早く

▼ 番かも~ (4, 0.1%)

3 知れない 1 知れない不安

▼ 番たち~ (4, 0.1%)

1 といっしょ, にたっぷり, に不当, の影

▼ 番~ (4, 0.1%)

2 やありません 1 やな, やによつ

▼ 番とが~ (4, 0.1%)

1 一歩一歩つつしみぶ, 前後し, 立会で, 電話番號の

▼ 番なんか~ (4, 0.1%)

2 無視し 1 のこして, 怖くて

▼ 番へて~ (4, 0.1%)

2 一目散に 1 弓を, 臂張り

▼ 番へとぞ~ (4, 0.1%)

2 い坐ると, 日あたりを

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 が生活, ないでは, の言う, は

▼ 番トラック~ (4, 0.1%)

1 に勤め, のギャレジ, の主人, を引い

▼ 番~ (4, 0.1%)

2 の段 1 にシッカ, までよく

▼ 番下げ~ (4, 0.1%)

2 にする 1 された永田杢次, になっ

▼ 番~ (4, 0.1%)

2 の十八番 1 しばしば国許, の一つ

▼ 番分隊士~ (4, 0.1%)

1 じゃない, として当直, の一拳, は実に

▼ 番四番~ (4, 0.1%)

1 が足りない, と二十人あまり一しょ, と順々, はもう

▼ 番困る~ (4, 0.1%)

2 ことは, のは

▼ 番士一同~ (4, 0.1%)

1 がそれ, と源助町, もそれぞれ理由, を霞

▼ 番太小屋~ (4, 0.1%)

2 も自身番 1 か自身番, もねえ

▼ 番夫婦~ (4, 0.1%)

1 が食堂, に云い付けられ, をのぞい, を置いた

▼ 番役人~ (4, 0.1%)

1 はそんなに, は頑固, も仰天, を顧みました

▼ 番指し~ (4, 0.1%)

2 て二番, て幾番

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 の囚徒, の男の子, の車, の酔っぱらい

▼ 番明き~ (4, 0.1%)

1 ですが, でそのまま, になった, の延びる

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 がぽつり, が六〇, ではない, は一・四

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 でさ, で負かされた, で負けた, に負けた

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 だ, でもない, はおれ, をつけ

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 せに, はせ, はせだ, を為

▼ 番町あたり~ (4, 0.1%)

1 の大, の大名屋敷, の暗闇, へまでも噂

▼ 番町邊~ (4, 0.1%)

1 ではあこがれる, にいつ, の人一人正忌日, の屋敷

▼ 番~ (4, 0.1%)

2 三番と 1 三に, 二十九番は

▼ 番紅花~ (4, 0.1%)

1 の紅, の衣, は余りに, 及び風信子

▼ 番~ (4, 0.1%)

31 として列内

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 である, の頃, まで続く, を終っ

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 に一人一人檻車, の戸, の方, の鉄

▼ 番試合~ (4, 0.1%)

1 の合図, はこうして, をいいつのる, を各所

▼ 番~ (4, 0.1%)

1 で猴, で申し, で詈, を解する

▼ 番近く~ (4, 0.1%)

1 にある, の西洋, 坐って, 坐つて

▼ 番あと~ (3, 0.0%)

1 から殺された, から遅れ, であの

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 ちゃの, 上がりに, 二人さん御酒台ゴブが

▼ 番かの~ (3, 0.0%)

1 お札所へ, 札所だ, 能を

▼ 番ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ところに, 大きなブローニング, 銅線を

▼ 番この~ (3, 0.0%)

1 時立ち構えで, 真紅な, 通りです

▼ 番ごと喧嘩~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 番さえ~ (3, 0.0%)

1 してりゃそれで, できるか, とって

▼ 番さき~ (3, 0.0%)

21 に駈け付けた

▼ 番させ~ (3, 0.0%)

1 てとりあえず, て半, て置い

▼ 番して~ (3, 0.0%)

1 てやる, て呉れ, て貰

▼ 番でございます~ (3, 0.0%)

21 から

▼ 番でした~ (3, 0.0%)

1 かな, から, が夜半

▼ 番とか~ (3, 0.0%)

1 あって, なんとか世間てい, 人夫や

▼ 番とに~ (3, 0.0%)

1 入れさせた, 南京蟲が, 芝居へ

▼ 番との~ (3, 0.0%)

1 ほかは, 差も, 席が

▼ 番とを~ (3, 0.0%)

1 やすやすと, 打ち通した室, 脇へ

▼ 番など~ (3, 0.0%)

1 いうて, いろいろたのまれる, お梶

▼ 番なら~ (3, 0.0%)

1 おトンカチ, 十番の, 威勢よく

▼ 番なんて~ (3, 0.0%)

1 それは, 少し変, 武士の

▼ 番にでも~ (3, 0.0%)

1 なつて, 何にでも, 就職し

▼ 番にまで~ (3, 0.0%)

1 仕上げた, 窮命させられ, 罵られて

▼ 番のり~ (3, 0.0%)

1 の店開き, らしい品物, をさせた

▼ 番~ (3, 0.0%)

2 鶉を 1 言葉も

▼ 番への~ (3, 0.0%)

1 山越は, 様な, 鼻薬それらもと

▼ 番までを~ (3, 0.0%)

1 内藤君と, 横田君と, 高谷君と

▼ 番めの~ (3, 0.0%)

1 はフナクイムシ, は下っぱ, を左

▼ 番もの~ (3, 0.0%)

2 抵当に 1 のあいきょうぶり

▼ 番らしい~ (3, 0.0%)

1 小侍, 男であった, 肥後細川侯の

▼ 番ブイ~ (3, 0.0%)

1 につながれ, に近づいた, に集中

▼ 番乗り~ (3, 0.0%)

1 でよかろ, の名のり, は吉田沢右衛門

▼ 番以内~ (3, 0.0%)

1 です, でなければ, にはなれ

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 であつ, で出た, のところ

▼ 番備え~ (3, 0.0%)

1 の池田勝三郎, の池田勝三郎信輝, 坂井右近の

▼ 番僧さん~ (3, 0.0%)

1 から聞く, が私, は話せ

▼ 番六番~ (3, 0.0%)

1 の五島, の備え, もよろしい

▼ 番初め~ (3, 0.0%)

1 に捻った, に死骸, のもの

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 にゐる, の机, の者

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 というもの, などという地名, または丑年縄受

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 の醤油, へ出, も敷金

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 の構造樣式, は宋代, 又は光塔

▼ 番多く~ (3, 0.0%)

3 眼に

▼ 番大きな~ (3, 0.0%)

1 打撃を, 根本的な, 見事なながめです

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 がどっさり, などがジロジロ, を探す

▼ 番始め~ (3, 0.0%)

1 にある埋れた, にフト頭, に申しました

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 はあまり人, は五月一杯, は六月

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 のいった, の少い子, の若い

▼ 番役所~ (3, 0.0%)

1 の屋根, までさし立申候, まで御

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 右筆衆御伽衆御, 役一統の, 火除け

▼ 番最初~ (3, 0.0%)

1 として申します, にぶつ, に四聲

▼ 番汽車~ (3, 0.0%)

1 に乗つた, に乗り, に乘

▼ 番浮標~ (3, 0.0%)

1 が薄明, じゃけきっと, を中心

▼ 番炊き~ (3, 0.0%)

1 にかかった, の飯, をしかけ

▼ 番~ (3, 0.0%)

2 が鳴い 1 がなく

▼ 番町皿屋敷~ (3, 0.0%)

1 であるとか, のお, を利かせる

▼ 番町邸~ (3, 0.0%)

1 に馬車, は小規模, へ始め

▼ 番疲れ~ (3, 0.0%)

1 のお, もあり, もなく

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 だよ, に火, の目塗り

▼ 番粉三番粉~ (3, 0.0%)

1 となります, と段々, になる

▼ 番紅花色~ (3, 0.0%)

1 の衣, の衣つけ曙, の被衣

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 にねらい, の内部, はたちまち

▼ 番艦明石~ (3, 0.0%)

2 の艦長室 1 の艦内

▼ 番~ (3, 0.0%)

2 乏しく咲ける 1 を過ぎ

▼ 番除草~ (3, 0.0%)

1 の最中, はしない, はやめる

▼ 番頭取~ (3, 0.0%)

1 の土肥半蔵, の扱い, を勤め

▼ 番~ (3, 0.0%)

1 が勇ましく, の啼く, の歌

▼ 番あたり~ (2, 0.0%)

1 が浜口君, の或

▼ 番あっち~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 番あの~ (2, 0.0%)

1 両国中へ, 兩國中へ

▼ 番いたし~ (2, 0.0%)

1 候よし, 申由也

▼ 番おしまい~ (2, 0.0%)

1 が勝負, に会った

▼ 番かと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思ふと

▼ 番からめ手責め~ (2, 0.0%)

2 も十八番

▼ 番がま~ (2, 0.0%)

1 はつ, ゐりましたが

▼ 番くらい~ (2, 0.0%)

1 だったでしょうか, 持てるの

▼ 番くるわせ~ (2, 0.0%)

1 について書きたてた, になった

▼ 番ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 きっとなれます, 始末が

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 とウヌボレ, ね僕

▼ 番さし~ (2, 0.0%)

1 てそれから, て二勝

▼ 番してん~ (2, 0.0%)

1 の, のよなあそん

▼ 番しよう~ (2, 0.0%)

1 かペムペル, と欲

▼ 番ずつ~ (2, 0.0%)

1 指し分けに, 連れ込んだ

▼ 番せざる~ (2, 0.0%)

1 ものあらん, を得ない

▼ 番それ~ (2, 0.0%)

1 が名人右門, と襖一重

▼ 番~ (2, 0.0%)

2 びごちじゃあ気が

▼ 番たくさん~ (2, 0.0%)

1 の寄附, 釣ったが

▼ 番たび例~ (2, 0.0%)

2 の若者

▼ 番たび友達~ (2, 0.0%)

2 を呼ん

▼ 番たび土堤~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 番だけ~ (2, 0.0%)

1 でございますから, 値切って

▼ 番だつた~ (2, 0.0%)

1 けれど東京, ぜ

▼ 番てっきり~ (2, 0.0%)

2 投げた水

▼ 番であっ~ (2, 0.0%)

1 ても劇場, ても成るべく

▼ 番などには~ (2, 0.0%)

1 この内規, 決して通用

▼ 番などの~ (2, 0.0%)

1 人々が, 石火矢臺

▼ 番などは~ (2, 0.0%)

2 ない各自

▼ 番なんぞは~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 自慢に

▼ 番のみ~ (2, 0.0%)

2 おで

▼ 番ひで~ (2, 0.0%)

1 あつた, あらう

▼ 番へも~ (2, 0.0%)

1 お札を, 何番綱張れいとか

▼ 番みたい~ (2, 0.0%)

1 なコセコセ, に素足

▼ 番を通して~ (2, 0.0%)

1 一人も, 来た女の子

▼ 番スムールイ~ (2, 0.0%)

1 がゴーリキイ, に読む

▼ 番ハッチ~ (2, 0.0%)

1 の底, の舷側

▼ 番バス~ (2, 0.0%)

1 で町, には矢代夫人

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 に住ん, へ行く

▼ 番上がっ~ (2, 0.0%)

1 てください, てくださらない

▼ 番下駄~ (2, 0.0%)

1 を履いた, を穿い

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 と名乗り続け, の八十右衛門

▼ 番五番~ (2, 0.0%)

1 と立てつづけ, などの石火矢臺

▼ 番交代~ (2, 0.0%)

1 に昇っ, を待ちかね

▼ 番付け~ (2, 0.0%)

1 が変わった, には

▼ 番代り~ (2, 0.0%)

1 がおります, の晦日

▼ 番以後~ (2, 0.0%)

1 の晩年, は二円

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれおる, の前

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 か太陽先生, 負けましたよ

▼ 番刈り~ (2, 0.0%)

1 の前, の草

▼ 番列車~ (2, 0.0%)

1 でせ, でその後

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 のモートル, を入れ

▼ 番勝つ~ (2, 0.0%)

1 たんだ, と云う

▼ 番医師~ (2, 0.0%)

1 にせられ, 後奥詰

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 の兼盛, の大きな

▼ 番同じく~ (2, 0.0%)

1 一番と, 二番同じく

▼ 番喜八~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, と一緒

▼ 番土蔵~ (2, 0.0%)

1 の前, は麦秋頃

▼ 番士ども~ (2, 0.0%)

1 に気づかれ, の依頼

▼ 番士一統~ (2, 0.0%)

2 と源助町

▼ 番士中~ (2, 0.0%)

1 では, でも口利き役

▼ 番士方~ (2, 0.0%)

1 にお, の組

▼ 番士達~ (2, 0.0%)

1 も源助町, をふり

▼ 番太左~ (2, 0.0%)

2 より走り出

▼ 番太破落戸弥次馬~ (2, 0.0%)

1 の一連, の類

▼ 番奥宮鏡太郎~ (2, 0.0%)

1 とその, は用人玉垣三郎兵衛

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 に抱い, の談合

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 番と, 番四組に

▼ 番将棋~ (2, 0.0%)

1 で敗れ去つた, の第

▼ 番小さな~ (2, 0.0%)

1 物に, 田の

▼ 番屋敷~ (2, 0.0%)

1 か柳沢家, へ移った

▼ 番~ (2, 0.0%)

2

▼ 番強く~ (2, 0.0%)

1 且つ深く, 日光を

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 や丁稚, ガ頼ンダ備前ノ

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, の女房

▼ 番懇意~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 番打った~ (2, 0.0%)

1 かわからぬ, そうです

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 が進ん, も進ん

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 の講釈, を演ぜしめた

▼ 番斬り~ (2, 0.0%)

1 なんという, の名所

▼ 番早打~ (2, 0.0%)

1 が着いた, が見えよう

▼ 番札所~ (2, 0.0%)

1 の一, の観音様

▼ 番格奥~ (2, 0.0%)

1 御医師, 御医師石川貞白五十八

▼ 番歌合せ~ (2, 0.0%)

1 にもさ, の第

▼ 番浴室~ (2, 0.0%)

1 に闖入, をサッと

▼ 番片脚~ (2, 0.0%)

1 乗らんか, 乗らんかと

▼ 番狂言~ (2, 0.0%)

1 でも仕組ん, という頃

▼ 番町一円~ (2, 0.0%)

2 の屋敷町

▼ 番町學校~ (2, 0.0%)

1 が一燒, の角

▼ 番町小学校~ (2, 0.0%)

1 に学んだ, の同級生

▼ 番町随一~ (2, 0.0%)

1 の美人, 恐らく東京随一

▼ 番番頭幸三郎~ (2, 0.0%)

1 の伜幸吉, の倅幸吉

▼ 番白洲~ (2, 0.0%)

1 の吟味所, へ臨ん

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 の土岐, や儀式

▼ 番砲手~ (2, 0.0%)

1 はパイ軍曹, も皆

▼ 番神尾喬~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 があっ, をつくる

▼ 番立て投げ~ (2, 0.0%)

1 などを喰, にした

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 のご, の如く

▼ 番絶対~ (2, 0.0%)

1 というよう, というわけ

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 と言, に於い

▼ 番~ (2, 0.0%)

2 歌合

▼ 番自分~ (2, 0.0%)

1 でも美しい, よく中盤惡手

▼ 番興味~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を感じ

▼ 番草取り~ (2, 0.0%)

2 も果さず

▼ 番號順~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ, に肌

▼ 番衆たち~ (2, 0.0%)

1 に挙動, は持場持場

▼ 番衆小屋~ (2, 0.0%)

1 に腰かけ, の人々

▼ 番衆方~ (2, 0.0%)

1 なぞの当時, などの通行

▼ 番衆長屋~ (2, 0.0%)

1 に住む, はいわゆる

▼ 番負け~ (2, 0.0%)

2 て置い

▼ 番~ (2, 0.0%)

2 く清太郎

▼ 番~ (2, 0.0%)

1 と天井, の中

▼ 番長く~ (2, 0.0%)

1 隠れたといふ, 隠れて

▼ 番音楽~ (2, 0.0%)

1 にまだ, の振動

▼1* [742件]

あきで国, 番あたしあつち, 番あってその, 番あっしゃあひとまず飛んで, 番あったと思う, 番ありがたいのは, 番いが羨まし, 番いが地にすれすれ, 番いだけ品川まで, 番いとキンパラの, 番い合わそうと, 番い離れぬ一対の, 番うて一分も, 番うれる最低の, 番おさこの前, 番おしまひに小屋, 番おぼえてて下さい, 番お前さんは外出, 番お松はその, 番かすむとやおら, 番かつて見ないほどにも, 番かで中学校以来の, 番かなどと栄二は, 番かまではお金が, 番からの知らせだ, 番からめ手詮議のつる, 番がね世話に, 番がわりにいっとき, 番くらいの成績が, 番くるはせいろ, 番くれないサンヘ, 番ぐらい上に, 番ぐらいにならないと, 番ぐらいにはなれる積り, 番ぐらゐの人に聞く, 番ぐらゐの所だらうが, 番こぐらゐに, 番こぢや, 番これを, 番ごとこれぢや案内者, 番ごと敷居から外れます, 番ごと籠められて, 番ごと繻子張を持出した, 番ごと自分で洗っ, 番さき観音さんの絵エ, 番ささげをつみ, 番さした後, 番さして負け通した, 番させるにゃかえっていいかもしれねえ, 番されながらやって来る, 番さんおみおつけ三つというところ, 番さんお立ちですよ, 番さん三番さんと順に, 番さん御飯おかわり, 番さん晩の御馳走, 番しおりこの金剛石門, 番しおる水牛を, 番しとったのいい, 番しましたがやっぱり, 番し続けている, 番じゃったね, 番すなわち父の, 番すべきであると, 番すべしとの心, 番すりや, 番するらしきが何ゆゑかあまたゝび顔, 番すゝみ, 番むとしたりしにぞ白き, 番せねばたちまち, 番せよとて睡る, 番せらる学問所番と, 番その時は, 番たてつづけに敗けた, 番たび百軒二百軒と焼けるんじ, 番たび督促しなければ, 番たらしめている, 番たる五人の, 番だけが凍死した, 番だけで足りないの, 番だけを引受け通した, 番だしというよう, 番だそうな矢野, 番だに何を, 番だの女中達が, 番だらうつて, 番ちいっぽけな, 番ってとこね, 番たま, 番つく初太郎どんに, 番つづけて負かし, 番づけを難, 番づつ指し分けになつ, 番であり弁護士の, 番でありますからこちら, 番でいらっしゃいますか, 番できいて, 番でとちゃんとほんま, 番でない時も, 番でなくて見物, 番でなければならぬ, 番での留守を, 番でむこうさまの, 番で御座いますと御, 番とかいうもの凄いお, 番とかに當つた, 番とかの札出, 番とかやいう畳十, 番としてのよい口, 番としてはこれ以上の, 番とて非役の, 番とで沢山だ, 番とともに提灯が, 番とへよって, 番とりにさし, 番ろを, 番どころを占め, 番どりの声, 番なぞはその一例, 番などが客の, 番などとのべつに, 番などにも同じ流れ, 番などへの心づけ, 番などをして, 番ならできら, 番なんざ心得たもの, 番にあたって出張るの, 番にあたるあたりその, 番にこりともしない, 番についていたんでは, 番についてのロランの, 番につけ置かれた, 番になつた人も, 番になんぞつけて, 番にまでなり下がりました, 番によつて観世大夫の, 番に迄なり下がりました, 番あれは, 番のせゐでひどく, 番はじめに電話, 番はもうい, 番ばかりはいやだ, 番ばやしがあっ, 番ひつ放つ矢, 番ひで私たちのま, 番ひとあそばすに, 番ひまな時期, 番ひ始めた巴里の, 番へでも賭けられて, 番へながら葦原醜男を, 番へは電話は, 番ほど指して, 番ほどの小鳥を, 番またの名は須須許理等, 番またの名須須許理のこしらえた, 番または事務所に, 番までとは段の, 番までも文平君の, 番み合って格闘, 番め以下の娘, 番め僕が入ってる, 番め四番めととい, 番め組のもの, 番もっと手を, 番やってまた, 番やら道具方やらが, 番より劣った暮らし, 番よりは下らないん, 番よりも高いの, 番らしく熱心に, 番の八番, 番せること, 番わせやあしめ, 番をぞ致しける良藥, 番をば致さる, 番で従い, 番アンドリュウス方まで屆, 番イヽデショウイルガピリンハ悪イ副作用ガアルカラ, 番クジの客, 番コオスに立つ, 番ザルと唱え, 番セシめてやろう, 番ダヨチョーセイ, 番ッさんぬるいぜ, 番デューカーの, 番ト云ウ故一同ガ嬉シガッタ, 番ニナッタソノ親父ガ悦ンデ一生コノ恩ハ忘レヌト云ッタガ, 番ニョに乗せ, 番ニョ片籠と天秤, 番ニ短調第三番ハ長調, 番何番ト云ウ故, 番バチぐらい抜ける, 番ピンク色のパフ, 番ブウランジェ裁縫店の隣りである, 番ヘハ耳に入, 番ミス・アビロックの用事, 番ルイザであると, 番一人駕籠かき二人御草履取大小二人, 番一氏だった, 番一番のかねあい, 番一統に改まっ, 番一見迂遠に, 番七番と二列縦隊, 番三十六番とワッショイワッショイ, 番三田の部屋, 番三番七番と二列縦隊, 番三番四番と二十人あまり一しょ, 番三番四番五番六番の五島, 番三造から聞き込んだ, 番上席にせられた, 番上田のこと, 番下げ処分にする, 番下のとがはずれ, 番下馬纏被仰, 番下馬纏兼被仰, 番不足之場に被, 番並みに扱われ, 番久世大和守殿に左, 番者共に, 番乘ソレ大得意, 番九十番のお方, 番九番を下, 番乾坤新なり, 番争いから揃い衣裳, 番事件の時, 番二人と風呂番, 番二十八番は六号, 番二十六番に非, 番二千石の知行, 番二名を負傷, 番五番六番の五島, 番五郎めは奥, 番人並に積問屋共, 番人工細胞ではない, 番人気で百六十円, 番人足にも徴集, 番今日は御苦労, 番代銀をエタ, 番以下七八人の男, 番以内三藏の眼中, 番以内平田は二十番以内, 番伊達と信夫, 番会社へ渡す, 番位演奏があっ, 番体ニ障リマスカラ, 番何番がよろし, 番に言, 番信吾さんに面白い, 番信吾様に面白い, 番え池田勝三郎, 番僧どもは有無, 番僧はじめほかの房, 番僧らと一つ, 番僧セラビオンは群集, 番僧敷居ぎわへ一通, 番僧蝋燭の火, 番僧雑人十数名を殺傷, 番儲かることを, 番先だって構やしない, 番八号の皆川, 番は最近ここ, 番其余両人計参居申候, 番兼下男の為木音也, 番内坂本の小, 番内外にまで減少, 番出たら遊びに, 番出仕のもの, 番出汁というよう, 番切並に諸国, 番列車夜明けの五時十分発, 番まってから, 番利益を得た, 番加役宮崎若狭守の子息市之丞, 番効くやうだ, 番勝ったんだ, 番勝つたツた, 番勝之助改和吉である, 番勝吉改勝太郎五番勝四郎六番勝之助改和吉である, 番勝四郎六番勝之助改和吉である, 番勝治郎三番勝松改勝右衛門四番勝吉改勝太郎五番勝四郎六番勝之助改和吉である, 番勝越してす, 番勢力のある, 番し其後二百石加増, 番勤務で日勤, 番勤御免被下, 番勧進帳のいわば, 番医法印天野源伯が登, 番十数名を殺傷, 番十番にすわる, 番原口から一ツ橋かかり, 番参拝長い橋, 番取つて反り, 番取り進んで, 番取り進んだとき竹沢村の, 番にやる, 番古城の趣, 番い椅子, 番台場の一, 番右定家の歌, 番合わせて三十六番, 番同様ご城内, 番のお, 番吹上お茶屋付藪田助八, 番呼吸をつめ, 番咲きとして一方, 番員長を勤め, 番問題になる, 番喜之助の伜喜太郎, 番嚴敷して, 番四人の為, 番四番五番六番の五島, 番四組にわかれ, 番の使者和, 番国志を採りたる, 番土井が守つて, 番坂井右近の人数, 番坑のへしゃがれた, 番城配下の手, 番埠頭で別れる, 番堂十二番順もなく, 番墓掃除せぬ墓守, 番壁辰の十手, 番士いつまで経っ, 番士らとがそこ, 番士一人と足軽一人, 番士一統寄合いを開い, 番士三人を伴, 番士二人と足軽八人, 番士付きで伊那, 番士伊兵衛ならば, 番士十七名のこと, 番士十人が左右, 番士哨兵その他軍卒多勢軍楽隊など, 番士役に限っ, 番士日中は大した, 番士番士門衛の番士たち, 番士神尾喬之助, 番士老人を表, 番士船手の人々, 番士衆の溜り, 番士足軽の左右, 番士部屋にあっ, 番士長岡頼母の屋敷, 番士門衛の番士たち, 番売場の何処, 番にはまつ, 番御番, 番外国の文人, 番夜想曲作品二七ノ二, 番なる慾, 番大久保加賀守忠真へ届けた, 番大久保藤次郎の弟, 番大久保藤次郎実弟と生まれた, 番大貫の居る, 番大迫玄蕃の住居, 番大道芸人チーハーの運送屋, 番大阪より播州, 番大隊の辺見十郎太, 番大隊どこを歩い, 番大隊長の桐野利秋, 番天文地文人相家相あらゆる知識, 番太から聞きましょう表, 番太ホイトなどと混同, 番太刀の武林唯七, 番太戸の注進, 番太稼業なぞはやめ, 番太精神をよび返した, 番太袴にワラ草履, 番の掃溜, 番奥小姓などが付き添う, 番が叔母, 番始まりが紀州, 番始め近所の衆, 番威張つてゐた, 番娘伸子の叔母, 番婦これに随, 番婦人にとって必要, 番子三番子の談合, 番子寮の民家, 番存在して, 番学校さへ出れ, 番したので, 番守安部弥左衛門の家, 番安物を掴みだし, 番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 番室以来の彼, 番宮崎若狭守のせがれ市之丞, 番家老こちらは町方, 番家老此方は町方, 番家老門地高ければ, 番富士太鼓を謡っ, 番富武五百之進殿, 番富武五百之進です, 番寮民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式又見, 番対抗が五番, 番専用の小さな, 番将火耳灰を得, 番将番卒たちが, 番小笠原は自分, 番小笠原左近将監です, 番小舍が, 番山東平七郎の三角剣, 番山番などを始め, 番山豚の何番, 番岩殿寺觀世音に御無沙汰, 番巡礼などもこれ, 番巣三番巣はあまり人, 番左側の棟, 番左右二つを碎き去る, 番帰りに結納, 番帳方舟手軽子頭, 番年若で初々しい, 番幸若観世太夫と順々, 番幹事の猪, 番庄作のせがれ庄吉, 番座限のお話, 番も開い, 番いので, 番く行, 番弟子が襲い, 番弟子勝治郎の家, 番弱げに見えた, 番強請その他暴力団の追っ払い, 番をし, 番役人共がどうしても, 番役人蔡福蔡慶にも申しふくめろ, 番役服部式部邸で傳手, 番役横川勘平とはすぐ, 番役高三百俵というの, 番得策なの, 番御用御年金, 番を取れ, 番を引かれた, 番思ったより得る, 番恐れますのは, 番恩山寺遥拝第十九番立江寺拝登, 番息子丹次が京, 番悪くない私, 番愚楽老人なの, 番戦って五番, 番つたが, 番戴宗以下順に, 番戸棚田氏宅から夫人光子, 番戸田大隅守殿へも御, 番手近かなモデルぢ, 番打ち三人で, 番打ちましたが三番共, 番打つたさうですよ, 番抜きに手拭一本, 番抵当のこと, 番担保の方, 番持ち石ともいう, 番持てあましてゐる, 番の糟, 番挽きにはわし, 番据腰に手, 番のまま水, 番支配心得で父, 番数多く碁を, 番斎藤と極めた, 番を千俵, 番料理番の下男七八人, 番新豊花であった, 番方屋敷と町, 番方見習となる, 番早駕と後, 番早駕三番早駕と後, 番明るく電気を, 番が非, 番御番, 番智慧をし, 番暖簾等ノ芸妓ニ於テハ先ヅ小梅, 番書けそうな, 番書留役札番読上役などが控え, 番書記はじぶんの帳面, 番書記アンモニアツク兄弟の中, 番書記トバスキーとゲンゾスキー, 番書記ベーリング地方旅行の注意, 番書記ベーリング地方有力者の名称, 番最御崎寺に向, 番木戸の士, 番による, 番同三番戴宗, 番てもらいたくなかった, 番東京で之, 番松山さんの凄まじ, 番松平山城守殿お二方, 番松平玄蕃頭殿家來と云且水田屋藤八, 番松野豊後守どのへ一通, 番松高四番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 番の牛切り, 番というふう, 番枡なになに村のは第, 番栄さんのところ, 番桂かん治爺さんの姿, 番桂馬飛びという, 番の本, 番森子之吉という者, 番植村土佐守殿京橋口の御, 番椒烟草の茎, 番楽そのものに関係, 番楽その他神楽系統のもの, 番楽其他奥州に分布, 番の御家來, 番機右翼と左翼, 番に陣, 番次に作事奉行書記と, 番を降される, 番歌合というもの, 番歌合百三十六番右定家の歌, 番歌結三十四番左の, 番此句が熱, 番武者どもは執拗, 番残士と源助町, 番殖えたのは, 番毎こっちの縄張, 番毎仲間が釣られる, 番毎格子を外され, 番毎格子戸に鉢合せ, 番毎犬と猿, 番毎膽を冷やす, 番毎菱川に先手, 番毎顫へ上がらせ, 番が越後国南蒲原郡下保内村, 番呼んで, 番を頂戴, 番水先頭与之助帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 番水車番を振り廻し, 番汚くて憎い, 番池三番池は貯水池, 番河岸へ逆, 番洗堰という持場, 番清蔵楫取弥之助, 番済みて立食, 番に到着, 番をササメ, 番演奏したという, 番漢十余万を率, 番潜水洞へはいれ, 番濟んだと, 番火の番野番山番などを始め, 番火桶には火, 番足之場に, 番煎じかの出がらし, 番煙草と見ゆる, 番が合図, 番牛小舎鶏小舎の番, 番になる, 番狂いしたか, 番狂ひで仕方もない, 番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 番の好奇心, 番獅子と言つた様, 番玉造口定番の詰所, 番生えの形, 番田結の観音寺, 番甲種で墓石, 番が二人, 番町さまのありがたい, 番町さんの泉, 番町のがここ, 番町今井谷を下りまし, 番町名代のもの, 番町奉行所司代誰あって, 番町女王としての艶名, 番町学校へ上げました, 番町小學校の鐵柱, 番町旗本大沢八郎右衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 番町旗本片柳伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 番町書房というところ, 番町様とか言っ, 番町泉様方にて, 番町片柳殿の家中, 番町界隈や基督教界, 番町皿やしき, 番町神田へかけ, 番町能谷邸に, 番町袖振坂, 番町辺津の守坂下あたり, 番町辺牛込御徒町辺を通れ, 番町野平助殿被仰, 番町青山家の座敷, 番皿洗いまで一人, 番結構随分おもしろく, 番相手にどう, 番知らぬ存ぜぬとしら, 番でしりぞけられた, 番砲塔へ, 番砲門の下, 番の禿筆, 番の禿筆, 番祗候せしむと云々, 番神修行者猶如薄伽梵, 番福浦号福浦始福浦苧福浦村福浦便福浦理福浦及び吉福浦, 番禺象郡の交趾, 番種吉とか言, 番が六番, 番立帰之振, 番れの, 番の寛, 番管伴となり, 番米津が守つて, 番を唐箕, 番粉位を使います, 番終りに重吉, 番絶対有利だから, 番綱張れいとか弛めろ, 番を切っ, 番罪人処刑処刑者の張番, 番美濃の谷汲, 番習った事が, 番妻に, 番老中水野越前守忠邦の沙汰, 番老母と細君, 番考へる所で, 番聖ジャゴの料理人, 番肝入り名主の手當, 番肥料で忙しい, 番能邇邇芸命とつけました, 番腕まくりして, 番の後, 番至極退屈な, 番興味深く思い浮かべられるの, 番で五十番, 番の火, 番舞わせて興, 番船付け置き候, 番船伏見の過, 番船出でずといふに, 番船梁に打ちつけ, 番芹沢八番斎藤と極めた, 番の三ツ葉, 番芽生を待つ, 番苦めんの満, 番茶入である, 番草ここが苦労, 番草四番草まで続く, 番菊地弥六三番松高四番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 番薔薇の花びら, 番薬王寺拝登仏殿庫裡もがっちり, 番のそば, 番號第二千〇九十一右の者, 番號納付包數等をそれぞれ, 番衆例幣使尾州御材木方, 番衆列座し縁側, 番衆屋敷で一組, 番衆松平玄蕃頭殿の家來, 番衆達を突きのけ, 番街宏壯な五階建て, 番衛役も召しあげられ, 番西が西大番, 番てきた, 番見ましたがあまり, 番見習表医者, 番観音の御利益, 番設置出願の本当, 番設置運動に対して最後, 番許可の裡面, 番試合五番試合をいいつのる, 番詰所一同の失態, 番読んでみたい, 番読上役などが控え, 番諸侯の屋形所在地, 番の集り, 番貝三番貝とすべて準備, 番に狸穴, 番も滅法, 番足らずの曲目, 番踊っている, 番踊りつづけてハンケチ, 番退から御用多, 番退きの帰り, 番退けから間, 番通りのコーナー, 番通詞も, 番連雀町の熊坂, 番遍照寺いやな風景, 番道具方をのぞきます, 番駆, 番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 番遣ろうかと云われる, 番適切だった, 番には一時マコウレイ, 番部長の帯来, 番都合のい, 番酒倉の門口, 番の自由, 番の支度, 番釣りに熱心, 番鋭く春が, 番にかける, 番鍛冶一文字に多し, 番は自分, 番長岡頼母の屋敷, 番間違ひの, 番附けを手, 番附こちらが名人鑑, 番附その他の設備, 番附二枚が今, 番附位置にまではゆけた, 番附屋は扇子, 番附板材や樽, 番附様のもの, 番附発行人の一人, 番附祭の例, 番附表看板等の下絵, 番は殿, 番から池州, 番つこに, 番隊三番隊四番隊と京, 番隊中川三番隊池田勝入という順序, 番隊以下の後続部隊, 番隊四番隊と京, 番隊池田勝入という順序, 番階下の六疊, 番の番, 番雁木坂加番玉造口定番の詰所, 番雉子町の花車, 番かしいの, 番非人等として知られ, 番面番被仰, 番もなく, 番頭取土肥半蔵の長男, 番顏さん雨戸をすつかり締め, 番飛脚は堀秀政, 番食べたかったのは, 番養父の兄きが取持ち, 番養蚕の教師, 番館おふくろ晩秋赭毛南の風, 番館以外のホール, 番館陳列所の角, 番首三番首と十七, 番馬場の近く, 番駈けはいったい, 番を蔵す, 番騎指揮王騏馬を躍らせ, 番高木伊勢守のみ相, 番鬣美なる馬, 番鳥三番鳥が鳴い, 番鳥居峠を追, 番をくわえ, 番鶏時分から風