青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「界隈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

男爵~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~
界隈~
~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番

「界隈~」 1006, 10ppm, 10995位

▼ 界隈~ (333, 33.1%)

4 様子は 3 娘たち相手には, 家々の

2 [24件] ことを, 人々の, 人の, 古道具屋や, 噂でした, 大地主, 女子供, 小料理屋で, 小間物屋を, 山の, 旦那方から, 景色が, 火事を, 物持で, 物騒な, 男の, 町の, 者が, 若い男, 褒めもの, 評判で, 評判娘です, 金持です, 長唄の

1 [275件] あらゆる犬, ありとあらゆる人間, ある喫茶店, いは, おかみたちことごとく, おこども衆, お河童や, ぐれ仲間, こったもの, ことだ, ことは, この事, ごみごみした, さる由緒, しずけさ, ちんまり工合, どの子供, ひとびと, まだ全く未, ものは, ような, パンパンの, ビルディング街の, ビル街も, 三千や, 下っ引, 下つ, 下宿屋に, 下宿生活には, 下宿街は, 不良を, 不良少女団長として, 与太者共に, 中では, 中に, 乞食の, 事だった, 事や, 事情合い, 人々が, 人々は, 人が, 人たちから, 人に, 人びとを, 人を, 人家を, 人或は, 人気や, 人目が, 人目を, 人達から, 人間にと, 人間は, 他の, 仲間で, 低地は, 住民は, 何処かに, 何処に, 使いあるき, 侍屋敷なら, 停車区域には, 元在りし, 入り荷出荷, 内儀さんたちの, 冬次郎とかいう, 冷飯食いの, 前科者や, 労働者気質も, 取沙汰じゃ, 口入屋を, 古さ, 古代裂れ, 右方に, 各国官辺すじで, 名代な, 名物で, 名物と, 名物の, 名高い話, 問屋筋で, 噂に, 噂ばなしを, 噂話を, 土地をも, 土蜘蛛の, 地下室の, 地主の, 地代は, 地廻りらしい, 地所で, 地理を, 堀割川の, 売春婦全部を, 変り方の, 夜という, 夜は, 大掃除日, 奉公人や, 女たちの, 女は, 女を, 奴等は, 如きもの, 如何なる西洋料理屋, 娘だ, 娘に, 娘の, 娘達に, 嫌はれ, 子供が, 子供たちの, 子供等も, 子達が, 安御家人, 家々此処二三日の, 家家の, 寄席の, 尊敬を, 小さな村落, 小さな船着場, 小売店を, 小学校の, 小待合, 小料理屋である, 屋敷と, 屋敷は, 屋敷者などが, 屋根も, 屋根を, 山の手暮らしだつたらう, 工場から, 巻, 年中廿人位, 役者目当ての, 待合へ, 徒弟や, 思い出を, 怠惰ものと, 性質が, 怪しい酒場, 懇親会として, 或る, 或禅寺, 散歩人は, 料亭の, 料理では, 料理屋から, 料理屋にも, 方に, 旅籠に, 旅館と, 日常生活中の, 昇華した, 明るさ, 明治初年建ての, 景況は, 書家と, 有名な, 札つき娘で, 朱総を, 村, 村民である, 村里へ, 民戸の, 汚い長屋, 沢山な, 浪花町花屋敷に, 海に, 湯沸は, 漁村の, 煤煙に, 爺さん婆さん漁師どもを, 牛肉店へ, 犬は, 犬を, 犬持ちどもが, 珍風景を, 現代青年に, 生活だけに, 生活を, 田野が, 男っ, 男つ, 男や, 男女が, 男女達は, 町が, 町を, 町中の, 町名主等が, 町家の, 画かきなども, 畑や, 病家数十軒を, 百姓たちの, 百姓なぞが, 百姓家の, 目標で, 砲台を, 社交界を, 空気は, 米屋の, 米沢町から, 糸柳めっきり, 紀, 組合仲間で, 縄張りとを, 老人が, 老人連に対して, 老舖, 老舗で, 老若男女は, 者でない, 者の, 者は, 職業婦人には, 自動車屋と, 若いの, 若い娘達, 若い者, 英雄で, 荒れた卵塔場, 蘆洲の, 衆も, 街の, 街通りは, 街道筋を, 裏町に, 裏通りの, 裏長屋は, 製紙の, 見晴らしの, 親分を, 親分面を, 評判だ, 評判と, 評判に, 評判にな, 評判は, 話し草, 話を, 貧民の, 貧民窟には, 路地の, 路地裏から, 踊り場には, 軍人なんて, 農家が, 農民の, 辻, 連合委員会の, 遊女も, 道ばたを, 部落生活で, 郷士たちが, 都会的な, 酒場歩きを, 野伏を, 金持で, 銀杏の, 長屋から, 長屋だけでも, 闇を, 険しい坂, 雪の, 面影は, 面白いところ, 顔役である, 風呂屋を, 風教改革運動に, 風景は, 風致景物の, 鳥瞰図を

▼ 界隈~ (152, 15.1%)

8 住んで 3 若い衆と

2 [13件] よく姿, 住むもの, 出没し, 出没する, 古く住んだ, 名も, 噂が, 寄り付かねえ工夫, 幅を, 斃れ, 火事を, 知らぬ者, 限られて

1 [115件] あった高等内侍, あつた, あるいろんな, あると, あるふしぎ, あるハムブルグ酒場, ある高田屋, いくつの, いると, いるもの, うろうろなんぞ, くり返し伝えられた, くる豆腐屋, こうした低級, この頃, これを, ずいぶん出入り, そういうこと, たくさんある, ちょっと気, つきものの, とんと情熱, どんな地主, ない筈, のこって, はいりこんで, はめつきり家, ぱっと立ちました, ひろまると, ぶらついて, よく見かける, わかったんでさ, ザリガニが, フッツリと, 一軒ある, 下宿させられ, 不穏なきざし, 並ぶ者, 乞食が, 住みつき土豪, 住む貧乏人, 何十軒と, 優るとも, 出かけたこと, 勢力を, 勤める人達, 匪賊化した, 古くから, 古びた廂, 名誉の, 名高い豆腐屋, 名高き寺, 呉服屋を, 在っては, 在る小町, 執着し, 多いに, 多いの, 多い踏む, 娯楽場が, 寄るべき親族, 居そう, 居る不良, 左手利きは, 巫女あいねえか, 建てられた農家, 悠遊した, 打展いた, 拡まった, 散ばって, 武蔵野の, 求めて, 沢山住ん, 浮遊し, 滞ります, 潜んで, 瀰漫し, 灯の, 炎天の, 無えがら, 特有な, 知られた吉新, 知られた男, 知られた顏, 知られた顔, 立ち廻わり, 米機の, 網を, 総髪姿で, 總髮姿で, 置いとくもの, 美人の, 聞えた貧乏長屋, 育つたからといふ, 自分だけ, 至る腰掛, 蕃殖した, 行方知れず, 見かけない娘, 見つけるもの, 見られないころ, 起居されたる, 身を, 野犬が, 限って, 陣取って, 隠れも, 隠れ居ります, 隱れ, 集つてゐたらしい, 集まって, 顔を, 驚愕と, 魑魅魍魎を, 鳴らした綺麗さ

▼ 界隈~ (86, 8.5%)

5 有名な 2 よく知られた, 知らないもの, 知らぬ者, 若い男, 評判の, 顔の

1 [69件] あつた, あの時代, いくらか名, いくらか知っ, いちばん手入れの, いまかくれ, おとといの, かくれないもの, それを, そんな有名, ちっとで, ちょっと目, とらが, なにかしら, なら吉田山, はめッた, 一時評判に, 一番と, 一番という, 不景気面な, 二度とくり返す, 人に, 他の, 伸子たちの, 働く女たち, 古ショウガ, 夜叉権と, 大阪の, 好奇の, 娘を, 家々は, 家を, 寂光院の, 巡回音楽師を, 悪浪人, 手に, 拙者試し, 持てあまし者, 最もむさぼり読んだ, 本式の, 気焔を, 決して女, 流行り出した赤痢, 湯屋覗きが, 物音を, 男女寄り合っ, 男嫌いという, 発見された, 發見された, 百瀬を, 盗まれた品, 盜まれた, 知らぬもの, 知らねえもののねえ, 義を, 草木も, 蝶子さんが, 見つけること, 誰ひとり, 誰知らぬ, 辻斬沙汰が, 金田さんの, 露路という, 頻々と, 顏の, 顔利き, 餌を, 鳴らした人, 鼻つまみな

▼ 界隈~ (78, 7.8%)

4 歩いて 2 まご, 念入りに, 睥睨し, 鵜の

1 [66件] あてども, うろつき廻って, うろつく人力車, くまなく封鎖, すっかり攫っ, そう遠く, のたうち廻ったもの, ひっくるめて, 一日歩き廻っ, 含んで, 商い歩く, 夕方に, 夜っぴて捜し廻りました, 大分離れた, 天地として, 年寄たちへの, 廻って, 往っ, 御覧銀座の, 思い浮かべて, 担いで, 探し廻って, 搜した, 救ったという, 散歩した, 散歩する, 散歩も, 朗かな, 朝夕に, 根城に, 検分に, 歩き回るだけに, 歩くの, 歩く狂人, 残らず捜しま, 毎日の, 永久に, 流して, 焼き討ちにかけても, 物貰いを, 物貰ひ, 立ち去りその, 縄張に, 縄張りに, 繩張に, 舞台と, 血だらけに, 西から, 覆って, 見きわめること, 見まわしても, 見下ろして, 見廻らなければ, 見晴らす二階, 訊きほじッ, 説明した, 警戒し, 貸間探し, 通る事, 通る者, 遠廻りに, 酒を, 隈なく, 離れがたい, 離れ静か, 騒がせて

▼ 界隈~ (74, 7.4%)

2 しずかな, どこを, 土の

1 [68件] あなたがたの, いうまでも, いつもの, いま自分の, おろか江戸市中までも, ことに白木, さながら禁裡, さんざんに, すれちがう通行人, ずいぶん繁昌, ずっと軒なみ問屋, そういうもの, とみに淋しい, どちらかと, まだ旧, まだ追剥, みじめな, もう静まり返っ, もとより中通り, もと孫逸仙, もと芝増上寺, わきかえって, 一品食堂の, 一面の, 人の, 人間の, 俄かに, 初冬の, 労働者や, 古いお, 同一の, 場所がらだけに, 増上寺を, 夜ふけ同様だ, 夥しく兎畜養場, 安いと, 容易ならぬ, 寂然として, 封建の, 弓之衆の, 彼には, 愚か東京あたりにでも, 新しいもの, 日本人が, 昔私が, 昼でも, 昼間と, 柄が, 歌に, 気楽な, 火事と, 物騒だ, 眼を, 祭と, 竹やぶが, 筍と共に, 綱張内の, 見舞いの, 評判で, 貧民区と, 車だ, 辻, 近頃物騷で, 都会らしい, 閑寂し, 間に合わせの, 関内芸妓の, 馬鹿に

▼ 界隈では~ (54, 5.4%)

2 一番古い

1 [52件] あらゆる里人, あるが, この大雪, この居酒屋, すこし綺麗, そのしず, その家, それは, だだッ児, どの家, なかなか上手, まだ糸鬢奴, まるで世間ぢ, 一二と, 一二を, 一匹の, 不思議な, 且つ知っ, 何から, 南雲さんの, 厄介者視し, 古くから, 名うての, 名の, 四五歳の, 垢抜けした装飾, 夜学へ, 富んで, 専らの, 市人と, 彼の, 彼を, 敬はれ, 氷島の, 用心を, 男も, 男達が, 発田は, 相当評判, 知らぬもの, 葉子は, 行われない, 裕福の, 評判が, 評判の, 誰でも, 誰も, 誰知らぬ, 近ごろさっぱり, 近ごろ誰でも, 通寺町保善寺に, 錢形平次の

▼ 界隈には~ (37, 3.7%)

2 まだカフエ, 猫の

1 [33件] お妾新道, こう云う, すっかり売込ん, たくさんいよう, どこへ, なかった, まだまだ知らない, まだ江戸, まだ花, バアという, 丁度彼等四五十人, 今の, 何という, 余り見馴れぬ, 全く見あたらなくなった, 前日から, 地所は, 娼家らしい, 小堀とか, 已にカフェエ, 御案内, 手工業の, 業病人が, 江戸伝来の, 火花が, 無事な, 焼夷弾も, 猶一種, 珍らしい, 真人間は, 自分の, 飲み屋蕎麦屋天ぷら屋軍鶏料理屋蒲焼お, 馴れて

▼ 界隈でも~ (25, 2.5%)

2 あまり見かけた, 五人や, 他の, 評判の

1 [17件] きこえた古い, さんざんの, なかった, 一と, 例の, 厭がられ, 名だたる女房, 名判官, 名打て, 喧まし屋で, 娘によって, 散々の, 最も閑静, 最早真夜中, 無職渡世と, 私たちの, 長い馴染

▼ 界隈~ (21, 2.1%)

1 [21件] しずかな, そういう心理状態, それを, まだ草茫々, むかしも, トピックに, 三四軒やけた, 不良少年の, 今夜は, 十七世の, 学者町で, 宇治茶の, 少しも, 岡の, 心遣いでも, 森林原野に, 焼けようなぞと, 界隈だけに, 群集の, 開けて, 非常に

▼ 界隈~ (19, 1.9%)

1 [19件] かけての, はいって, わたる羽子板市, 出掛けても, 大通から, 拡がりますと, 朝鮮色を, 来て, 毎朝何処かの, 珍しい白芙蓉, 移住し, 納豆を, 行くこと, 行つて見た, 越して, 足も, 近寄るはず, 逃げたので, 集って

▼ 界隈での~ (10, 1.0%)

1 すしやに, 共同の, 大きな山川, 富豪の, 旧家で, 物持と, 物持の, 老年者の, 老舗だった, 舊家で

▼ 界隈から~ (8, 0.8%)

2 外へは 1 一時あまりで, 大阪奈良初瀬と, 少し離れ, 彼を, 薬に, 離れて

▼ 界隈~ (8, 0.8%)

1 ヒドく, 今夜は, 同じくこの, 探したが, 支那財界の, 灰色の, 穏か, 騒然と

▼ 界隈きっ~ (4, 0.4%)

1 ての博徒, ての名人, ての旧家, ての綺麗

▼ 界隈切っ~ (4, 0.4%)

2 ての物持 1 ての無頼漢, ての美人

▼ 界隈じゃ~ (3, 0.3%)

1 ア小町娘と, 知らない者, 評判な

▼ 界隈だけでも~ (3, 0.3%)

1 何十人何百人行倒れに, 既に澤山, 生易しい数

▼ 界隈だけに~ (3, 0.3%)

1 地に, 夕方など, 嫉ましい氣

▼ 界隈~ (3, 0.3%)

1 いうよりも, くらべて, 見込みを

▼ 界隈~ (3, 0.3%)

1 基督教界で, 御堂筋に, 銀座通りを

▼ 界隈一番~ (3, 0.3%)

2 の呉服屋 1 の物持

▼ 界隈切つて~ (3, 0.3%)

1 の物持ち, の縹緻, の美人

▼ 界隈にまで~ (2, 0.2%)

2 知られて

▼ 界隈にも~ (2, 0.2%)

1 うろついて, 全く三人

▼ 界隈へは~ (2, 0.2%)

1 寄りつけなかった, 近づくなと

▼ 界隈へも~ (2, 0.2%)

1 鈴を, 雨の

▼ 界隈トンネル工事~ (2, 0.2%)

1 の労働しゃが, の勞働

▼ 界隈一円~ (2, 0.2%)

1 にどうやら, の大

▼ 界隈一帯~ (2, 0.2%)

1 にわたる相当, に大

▼ 界隈一面~ (2, 0.2%)

1 がこの, の青

▼ 界隈~ (2, 0.2%)

1 一番という, 一番といふ

▼1* [54件]

界隈いちめんの武家, 界隈かういふ人たちばかり, 界隈からは然るべき聟, 界隈つた, 界隈だけじゃないよ, 界隈だけのこと, 界隈だけはどこの, 界隈や昔, 界隈であるが宵, 界隈であればこそあんな, 界隈でこそ押したり, 界隈でございますか, 界隈としてきたない細町, 界隈としては目新しい, 界隈との因果関係に, 界隈とはこれから先, 界隈とも思われない程, 界隈にだけ古くから, 界隈について云われる, 界隈にても皆, 界隈にまでは塾の, 界隈にゃ且那に, 界隈にや渡辺国武だの, 界隈ばかりでなく江戸内一帯静か, 界隈ばかりは明るかった, 界隈へまで出掛けること, 界隈まで来ながら, 界隈までの強盗山賊あぶれ, 界隈までは距って, 界隈までも及んで, 界隈までを誌上に, 界隈やかましいことで, 界隈やら旧東京, 界隈一体に人, 界隈一圓の大, 界隈一帯近く芝となり, 界隈何百軒の人々, 界隈名うての分限者, 界隈唯一の大, 界隈手掻小路と合戦, 界隈数カ村の青年たち, 界隈殆ど人家も人, 界隈洪水だ, 界隈浅草あたり亀戸新宿辺から消散, 界隈立ち退かない家は, 界隈華族様方や政治方面, 界隈出かけたとは, 界隈近国の芸妓, 界隈遠からぬ百姓家, 界隈随一の名題, 界隈隣国大和よりも人郡集, 界隈静かである, 界隈顔見知りの編集者, 界隈騒然と戦場