青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「然~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~無論 無論~ 無造作~ ~無邪気 無邪気~ ~無限 無限~ ~無駄 無駄~ ~然
然~
然し~ 然るに~ 焼~ ~焼い 焼い~ 焼け~ 煉瓦~ ~煙 煙~ 煙突~

「然~」 11936, 111ppm, 953位

▼ 然~ (1699, 14.2%)

93 ども彼 46 どもその 43 ども 31 ども余 26 ども是 19 ども此 17 ども吾人 15 どもこの, ども其の, ども彼等 13 どもこれ, ども伯 12 ども公 11 ども我 10 どもこ, ども人 9 どもまた, ども之, ども人間 8 ども今, ども侯, ども大隈伯 7 ども予, ども今日, ども尚, ども思へ, ども是等, ども若し 6 ども世間, ども幸 5 どもわれ, ども世, ども今や, ども又, 共彼

4 [19件] どもそ, どももし, ども不幸, ども事, ども事実, ども二人, ども同, ども大, ども或, ども斯, ども斯く, ども更に, ども未だ, ども汝, ども読者, ば, ばなり, ば彼, ば御

3 [18件] ども世界, ども人生, ども他, ども其, ども君, ども天下, ども当時, ども愛しき, ども既に, ども此説話, ども渠, ども熱意, ども神話, ども透谷, ども遂に, ど諸君, ば私, ば豫

2 [95件] どこの, どもかく, どもこれら, どもわが, ども一, ども一種敬虔, ども両, ども亦, ども人類, ども今日吾人, ども仙女, ども伊藤侯, ども何, ども偉人傑士, ども僕, ども先生, ども其の如何なる, ども其名, ども其抱負, ども凡そ, ども同中, ども唯, ども大久保, ども大阪, ども夫, ども奈何, ども妄, ども婦人, ども子, ども子規, ども宗教, ども実際, ども小山, ども少なくとも, ども強, ども彼ら, ども待ちつる, ども後には, ども心, ども悪, ども我が, ども我国, ども我政治家中, ども戰, ども抽象的理論, ども支那, ども政治, ども文章, ども日本, ども本, ども梅花, ども極めて, ども此等, ども爰, ども独自, ども猶, ども生, ども皇帝, ども皇帝自ら, ども知己, ども第, ども篤麿, ども終に, ども絵画, ども罪, ども習慣, ども自然, ども茲, ども茶番, ども記憶, ども詩人, ども誰, ども論理痛快, ども讀者, ども財, ども近代, ども造化, ども道徳, ども酒, ども露国, ど之, ど今, ど彼, ばその, ば久兵衞, ば今, ば今更, ば元, ば其方, ば是, ば澄, 共この, 共予, 共今や, 共尚

1 [860件 抜粋] かく汚, とも予, とも其方法たる, とも廣, とも餘, どもいかに, どもいまだ, どもおのれ, どもかたまり, どもかの, どもこれ皆自然, どもこれ裏面, どもさらに一層, どもし, どもその他, どもつら, どもひとつびとつに風吹, どもひねもす, どもまさか, どもわ, どもアカイア軍勢意, どもアキルリュウス, どもアーノルド, どもウオーヅオルス, どもキイツ云々, どもコレラ, どもゴンクウル, どもセルヴヰ, どもトツク君, どもナタナヱル, どもフェノロサ, どもヘーレー彼, どもマストール, どもメリヤス, どもラスキン, どもワン・ピイス, ども一たび顛覆党, ども三歳児, ども上, ども上流, ども下田条約, ども世人, ども世間彼, ども両者倶, ども主, ども久米, ども乳房, ども予輩, ども二つ, ども二個, ども二国交親, ども井伊大老, ども亞細亞, ども人みなわれ, ども人文科学, ども人種, ども人間四囲, ども今これ, ども今度, ども仙術, ども以前, ども仮名遣改定案, ども伊太利帝国, ども佐久間, ども余はさ, ども余自ら, ども作者, ども佳人, ども俗化, ども俺其者, ども個, ども倫理, ども傳中, ども僕畢, ども僕等, ども元, ども児, ども入歯, ども全般, ども六號, ども其主人公, ども其人其罪無し, ども其分量, ども其効果, ども其去, ども其嘗, ども其實病, ども其果, ども其根本, ども其極致, ども其理由, ども其神話, ども其結論, ども其自ら胡麻化, ども其要, ども其諷刺, ども其間, ども内, ども凡て是等, ども出, ども別に, ども劇詩, ども勁箭敵, ども北地, ども十月十六日, ども卑俗, ども卑野, ども南太平洋土人, ども南風劇, ども危き, ども去年十二月五日何れ, ども双肩以, ども叔父, ども古人言, ども只今, ども右手, ども各国, ども各自, ども同じく, ども名誉, ども吾が, ども吾助, ども唐尺使用, ども善, ども善く, ども四角四面, ども図書館, ども国土, ども国家経綸, ども土偶, ども地底, ども基督, ども塞外, ども外交, ども多, ども夜, ども夢, ども大正年間, ども天, ども天年, ども天網爭, ども太平, ども太陽, ども如何, ども妖, ども始め, ども孝行, ども宇遲, ども室, ども害, ども家, ども實, ども将来, ども小屋, ども少し, ども尤も, ども尤斯學, ども屋内, ども山水, ども山門, ども左側, ども巴里, ども巻頭, ども市中, ども帝黙然, ども常世国, ども幕閣, ども平時, ども平生, ども広人稠坐, ども広重板画, ども弟, ども張る, ども形勢俄, ども彼三派, ども彼新, ども彼時, ども後は, ども後世樹木精霊, ども後遂に, ども御, ども徳川氏, ども志気雄邁, ども快楽, ども怒, ども思う, ども思へよ, ども性, ども怨恨, ども恍惚, ども惣領, ども想像力, ども想像的鬼神, ども感業, ども憲政党, ども憲政黨, ども成功説話, ども我儕, ども我國, ども我等夫婦, ども或は, ども戯文, ども手段, ども抱く, ども政治上, ども教会, ども数尺, ども敷島, ども文士, ども文士元来黄金, ども文法, ども文藏夫婦, ども斯馬國以下奴國, ども新興, ども日本現代, ども日葵, ども早晩, ども明治, ども昔時行旅, ども春の屋, ども春信, ども昨年, ども昼牟子, ども時として, ども時に, ども晝夜, ども景勝, ども暫らく塲景, ども朝, ども未開地, ども本年, ども本末, ども来らん, ども松下村塾, ども桴, ども棊, ども横井, ども欧洲人, ども歌, ども此上ふり, ども此両者, ども此二思想, ども此人民, ども此島, ども此形式, ども此所, ども此暗合, ども此種, ども武士, ども武門, ども歴史上, ども母, ども比婆須比, ども毛髮, ども気管喉頭部, ども永楽帝長子, ども汝志, ども沙翁劇, ども法律, ども注意, ども洗礼, ども浮世絵従来, ども海宮行, ども海洋的, ども清十郎, ども滔々, ども火, ども無し, ども熟, ども特に, ども犯人, ども狂句, ども独乙, ども王, ども王プリアモス, ども現象, ども理勢然ること能, ども理想, ども甚しき者, ども甞, ども生前自ら選, ども生活, ども田口君, ども由來, ども男神, ども畢, ども當時, ども白紙, ども百兩, ども皆仲間中, ども皆無谷, ども皮膚, ども盤古, ども眞中, ども矢疵, ども知らず, ども知識其物, ども研究上, ども社会, ども社界, ども神, ども神話学, ども秋, ども程朱, ども空, ども立ちたる, ども童話, ども簡, ども粋, ども粋様, ども維新, ども繁, ども義律, ども翻つて彼, ども考, ども背, ども脂肪分, ども自ら, ども自ら馬, ども至人, ども舟師, ども芙蓉, ども苟くも円満, ども若し更に, ども若宮大路, ども苦海塵境, ども荀卿性悪, ども菅沼, ども著者, ども蘇峰先生, ども行政機関, ども行政機關, ども襄, ども西班牙的潤色, ども親朝, ども言もち, ども試み, ども詩情, ども詳細氏名等, ども誠信, ども説話, ども諸, ども諸公, ども諸子, ども諸般, ども警官, ども讒謗罵詈, ども貧しき, ども賤人, ども賽児, ども足, ども軽, ども迷宮, ども追慕, ども這般, ども進歩党, ども進歩黨, ども運移り世異, ども道也, ども道徳的并, ども野人礼, ども開元, ども間, ども陛下臣等, ども陸奥伯, ども陸奧伯, ども雄志, ども難き, ども露國, ども面たり, ども革新者, ども須臾, ども領有, ども願, ども類想, ども首相阿部伊勢守, ども高大, ども高級神話, ども鰐水, ども鹿島さん, ど主人, ど今われら, ど努力, ど大佐, ど夫, ど宋儒, ど我, ど敵吾助, ど機運, ど汝ら, ど瀧口, ど苛も, ど高利貸, ばかく, ばこそシヽデン, ばこそ山蛭, ばこそ隅田川上下, ばさ, ばその頃, ばとて何處, ばと云つて彼女, ばなう, ばにや, ばよろしく, ばわが, ばキリスト, ばゴンクウル, ば主名, ば五兩, ば五千余騎, ば五百兩位, ば今年, ば仕懸, ば何事, ば先, ば先日ハ両度, ば其の, ば其方共萬澤, ば其時死, ば内ない兵部, ば切首, ば前, ば及, ば各々方, ば單, ば器楽, ば国民, ば園丁, ば夜駕籠, ば奇怪, ば娘, ば子刻時分, ば宇宙, ば小松殿, ば山賊, ば師匠, ば平日, ば強, ば形状, ば彼所, ば忽ち, ば我等, ば戲, ば提, ば新藤氏, ば新規抱, ば明後日, ば昨日官長, ば最, ば横笛, ば此ぢ, ば此妻, ば此度, ば此處, ば母親, ば渠等兩人, ば澄見, ば然, ば現時, ば甚, ば百, ば神, ば福井町, ば秀林院様, ば私馬, ば老中方初め, ば自分, ば荀子, ば藤八お節, ば言, ば逆臣和泉守, ば鎌倉七世, ば隠れたる, ば馬琴, バ御, 共, 共久兵衛, 共之れ, 共今, 共入道相国の, 共其者, 共其金, 共吾人は, 共大岡殿, 共少し, 共幸, 共彼事を, 共彼等の, 共従兵, 共我等同志, 共是, 共松平殿, 共無形, 共独り露西亜政府, 共眼, 共私, 共行家は, 共試み, 共足下, 雖われは

▼ 然~ (1658, 13.9%)

803635 云ふ 26 云って, 言って 2524 すれば 23 思って 22 じゃア, よ 21 かえ, ぢや 19 かね 15 じゃない, でもない 14 然う 13 かも知れない, でご, でせう, 言えば 11 いうこと, いう事 10 いう訳, とも 9 は行かない 8 云えば 7 かも知れぬ, かも知れません, 云つた, 信じて, 思え, 考えて, 言ふ 6 でもありません, 右から 5 いうの, いえば, は参りません, 思つた, 申して

4 [11件] かそれ, かな, か知ら, すりや, なくては, ねえ, は言, やつて, 云う事, 思うん, 言ったん

3 [20件] あって, かそれで, じゃありません, するの, で, であつ, でげす, は問屋, 云いながら, 云う心, 仰有って, 思ひました, 思へば, 急に, 泣いてばかり, 簡単に, 致しましょう, 言つ, 言つた, 言はれる

2 [96件] あるべきだこの, いうもの, いうわけ, いう折, いう気, いふこと, いふ事情, かいや, かなあ, かね何, かも知れん, か何, か加藤, が八重ツ子ア今夜, さな, さ然, すりゃア, するが, すること, するとな, すると此方, する方, だす, ぢやろ, であらう, でもございませんでした, で有る, とお父さん, とも見たかつた, と今, と知, なさい, なさいな, なすつた方, ねお前さん, はいかん, は不可, は思ひません, は行かん, は言つて, は言わせない, やって, よその, 一々他, 云うの, 云う訳, 云つた調子で, 云つてから, 云つてね, 云ふも, 云へ, 仰有, 其, 分って, 大した美人, 小言を, 思うの, 思った, 思つてだ, 思つてゐた, 思つて貴女も, 思ふと, 思わないでも, 急ぐこと, 成らうといふ, 手の平を, 早合点を, 昨夜も, 書いて, 申します, 直ぐには, 直ぐ怒らねえで, 簡単には, 考へて, 聞けば, 見えたので, 見えたん, 見括ったもの, 言ったじゃ, 言ったよ, 言つた健の, 言つてお, 言つて下さる, 言つて呉れ, 言つて後藤君の, 言つて清子は, 言つて私は, 言つて突然, 言つて見たかつた, 言つて解職願を, 言つて首を, 言ひ, 言ふもんです, 言われ, 言われて, 遊ばせな

1 [741件 抜粋] ありたくないという, あるの, あるべき理由, あるべき訳, いくもの, いったけれども, いった風, いって, いふ事, いふ事は, いふ俺, いふ具合, いふ御身分, いふ心許ない, いふ新ら, いふ母親, いふ相場, いふ相談でも, いふ自身, いろんな劇団, おっしゃいましょうけれど, おとなしくし, お前さんの, お前さん云っ, お前にまで, お願い致しましょう, かしら, かじゃ, かそいつぁ不可, かと何, かどんな, かなと思う, かねえ, かねエ, かね其様, かね此, かね然し, かの箸, かも知れねえ, かやい, かシテ何処, か乞食, か今金, か十七夜さんだつ, か少し, か怖, か手前年, か担い, か新吉, か碌, か那, ぐず, この間彼方の, させるん, さそれだけ, さだが, さだけど, さなあ, さマア自重してる, さ一つ位, さ何か, さ併し, さ四十もう, さ夫婦といふ, さ真正の, さ私も, さ阿, ざますか, しないと, しないやう, しようか, しようかと, しようかとも, じゃなかろ, じゃろう何れ, じゃァありません, じゃ有りません, すりゃア年, すると, するとお, するときいちや, するとその, するとまた薄, するとアノ誰, するとマル, すると俺, すると先方, すると前足, すると弟, すると急, すると泡, すると深山, すると矢, すると私, すると私達, すると遂に, すると雖, するには, するん, だの左, であらうで, でがす, でがん, でごぜ, でないとあの, でないと何様, でないと是, でなければ早く, でなければ然, でもご, でもございません, でもしなけれ, でもする, でもせん, でもなかろ, でも有りましょう, でも有ろう, でも無, で有らう, で無え, とお上さん, とさ, として僕, として先刻隠居, とは存じません, とは気がつかない, とも思へない, とも思わない, とも知らず, とサ, と一時間近く, と今夜, と大分, と宮地さん, と御飯, と思っ, と極, と此処, と知ったら, と聞い, と自認, と貴女, と雅男, なく開化, なければ, なさいましともさ, なさい中屋, なのかい, なのよ, なんで, なんであらう, ねえも少し, ね何, ね水野君, はいかない, はいきませぬ, はいきません, はゆかぬ, は云, は云わない, は云わねえ, は呼ん, は呼吸, は往きませぬ, は思はず, は思わない, は捗りません, は散らない, は申, は突戻し, は行かぬ, は行かねえ, は言えない, は頭, ばかりは行かねえ, ばかりも行かない, まで云うなら, まで具体的, まで感じ, まで支配, も云, も思える, も見えません, も見える, よこり, よそして, よの, よ今, よ己, よ春部梅三郎, よ確か, よ詳しく, らしく思ふん, センチメンタルに, バタ, ヲイソレと, 一々天氣, 一々小言, 一々訊く, 一人でぐず, 一時の, 一概には, 一足飛びは, 下から, 下さる訳, 云いねえ, 云いましょう秋月, 云いますへえ, 云いやすなね, 云うお, 云うか, 云うつもり, 云うとね, 云うよう, 云う人達, 云う嘘, 云う場合, 云う奴, 云う強い, 云う意味, 云う気, 云う風, 云う馬鹿, 云えぬもの, 云っただよ, 云ったっけが, 云ったね, 云ったの, 云ったよ, 云ったらどんなに, 云ったら美代ちゃん, 云ったろう, 云った様, 云っちゃ, 云っては, 云ってるの, 云つ, 云つたのを, 云つた狂人です, 云つた義男は, 云つてまた, 云つてランプの, 云つて仰向き, 云つて何としても, 云つて出た, 云つて師匠が, 云つて慰め, 云つて泣かれました, 云つて置いた, 云つて考へ, 云つて自分の, 云はれた, 云ひ, 云ひました, 云ふと一旦, 云ふ頭は, 云わないで, 云われたから, 云われては, 云われるか, 云われると, 仰しゃったが, 仰しゃって, 仰しゃっても, 仰しゃると無理, 仰せられるの, 仰やられては, 仰有ったよう, 仰有ったん, 仰有らずに, 低くも, 何時までも, 何本も, 僕には, 僻んじゃ, 出て, 出来れば, 初めの, 前置か, 勃気に, 勿体を, 単純じゃ, 単調に, 参りません, 又一慨, 又人, 取持口, 口穢く, 吝嗇な, 呼ばらつせ, 喧しく掛合っ, 喧嘩腰に, 図々しいばかりの, 地震を, 執着が, 執着も, 大きくなりた, 大きなお, 大した暴れもの, 始終見え, 子を, 定った, 定めたの, 定めて, 実はの, 察しる, 屈託ばかり, 度々は, 度々利用, 度々首, 廻り合せた, 形勢の, 往かないの, 後へ, 心掛けたと, 怒つた, 怒るな, 怖いガ, 思いつい話し込んで, 思いましたよ, 思いません, 思うくれえ, 思うけれど, 思うに, 思うばかり, 思う丈, 思えと, 思えなかった, 思えるん, 思ったと, 思ったところ, 思ったら尊敬, 思ったら然, 思っては, 思ってる迚, 思ってろえ, 思つたほど, 思つた時この, 思つてゐました, 思つて根際に, 思つて眺め, 思つて落す, 思はれても, 思はんでも, 思ひましたから, 思ひましてね, 思ふん, 思へなかつた, 思わせるだけでも, 思わせるだけの, 思わぬでも, 思われては, 思返した, 急いでは, 急ぐにも, 性急に, 悪い成績, 悪くばかりは, 悲観した, 悶えては, 意地の, 感じた, 感じて, 感ずる為め, 感ぜられた, 懇意でない, 我儘を, 手を, 手堅くやっ, 手筈を, 手軽に, 承わりましたわ, 承われば, 捻ぢ, 探索が, 改まられると, 政府の, 教えて, 文壇の, 断言する, 斯う, 旦那様が, 旨くは, 早くも, 昨夜の, 書かないと, 書くぜ, 有仰れ, 有難そう, 来なくちゃ, 来られると, 来るに, 極めてくん, 正確に, 歩きも, 死ぬ死ぬと, 気い落さつ, 気が, 汝が, 決心し, 沒分曉漢では, 没分暁漢では, 泥だらけじゃ, 為た, 無学じゃ, 然う大, 爲ませう, 狐鼠, 現金に, 理窟ばかりで, 甘く口, 申さなければ, 申しましたと, 申しましたらその, 申しますので, 申します那, 申し付けたと, 申上げたら, 発起し, 直ぐくれる, 直ぐ諦める, 矢鱈に, 知つてれば, 私ゃね, 私恁, 続けて, 老人でも, 考えるけれども, 考えるよう, 考へたら然し, 聞いては, 聞くと, 胴突い, 自分一人の, 自慢に, 致そうじゃ, 興奮なすっ, 落ちつき払っ, 藪から, 行き兼ねた, 行き兼ねる, 裂かなくつて, 見えたか, 見えますかね, 見えるの, 見えるん, 見苦しい素人, 規則正しく上らない, 解釈したい, 解釈する, 言い出したん, 言い含めて, 言うて, 言うに, 言ったら奥さん, 言った時, 言つた事さへ, 言つて, 言つてる, 言つて上げた, 言つて苦笑を, 言つて薬罐の, 言は, 言はれまし, 言ふたが, 言ふわ, 言わせまいと, 言わない, 言われると, 言棄て, 認めない, 認定され, 説明する, 誰でも, 諦めたもの, 謂へば, 謂ツた, 負は, 買つて呉れる, 軽々しく定める, 軽く言っ, 込んで, 迷信的に, 遊ばせよ, 遊んで, 違う拙者, 遠くも, 遠慮する, 遣つて, 重大な, 長く続かない, 長く繋げない, 関係しない, 頼む, 頼んで, 願いましょうか, 願えれば, 馬鹿に, 驚く筈, 骨も

▼ 然~ (1602, 13.4%)

114 ざれば 6659 ずんば 36 ばこの 34 ずば 32 ざるもの, ば 26 ばその 24 ば則 21 ば如何 17 ずと, ば何故 15 ばすなわち, ば何 14 ば彼 13 ば汝 12 ば御 9 しめたところ, ば即ち 8 しめたの, ばお, ば今, ば我々, ば是 7 しめたもの, しめるところ, ばどんな, ば我等, ば拙者, ば此, ば自分 6 ざる場合, ざる時, しめるの, ば今日, ば其方, ば君 5 ずとも, ばわし, ばわたくし 4 ばいかなる, ばご, ば先生, ば彼等, ば御免, ば日本, ば神, ば私

3 [29件] しめたので, しめた所, ずといふ, ずは, ずや, ず彼, ぬだに, ばいおう, ばいつ, ばこれ, ばそ, ばそれ, ばといっ, ばどういう, ば人間, ば他, ば何で, ば僕, ば又, ば君等, ば吾, ば婦人, ば我, ば更に, ば歴史, ば真, ば自然, ば試み, ば誰

2 [68件] ざること, ざるべし, ざる人, ざる他, ざる以上, ざる所以, ざる理, ざる莫, しめた悪戯, しめるもの, しめる所, ずた, ずむば憲政, ず世間, ず伯, ず余, ず厭, ばかかる, ばかく, ばここ, ばこれら, ばその他, ばまた, ばロープ, ば万一, ば世, ば乃ち, ば仰, ば何事, ば俺, ば傳吉, ば公, ば其, ば其の, ば前回被告, ば半, ば単なる, ば同一, ば吾人, ば問題, ば国民, ば將來, ば小生, ば御意, ば快楽説, ば念, ば戦前, ば明日, ば星亨氏, ば是非, ば未だ, ば此傘, ば武蔵, ば浮世絵, ば爾, ば物理学, ば猶, ば理想的大隈内閣, ば白状, ば白鳳, ば直, ば直ちに, ば真に, ば第, ば節, ば蘭軒, ば諸, ば貴殿

1 [642件 抜粋] ざりし社名, ざるごとく切に, ざるべしと, ざるユエン, ざる下層民, ざる也, ざる作品, ざる否運, ざる平常, ざる良民, ざる読者層, ざる限り, ざる限り対談, しむ, しむべきところ, しめたが, しめたため, しめたのに, しめたやう, しめた結果, しめますため, しめること, しめるので, しめる当然, しめる習性, しめる部分, ずいかに, ずかれが, ずこの, ずその, ずである, ずです, ずという, ずぼん, ずもう, ずゆゑ, ず一人, ず上下, ず之, ず人倫, ず今, ず以, ず偉大, ず其建設, ず凡て, ず名医, ず基督我等, ず従来部曲等, ず是, ず時勢, ず極端, ず止, ず燕, ず現実, ず眼, ず警官, ず身, ず頂, でも前日, で過ち, は人世, は則, は此, は記憶力, ばいずれ, ばうけ, ばおまえ, ばお前さん, ばお待ち, ばかの, ばこの世, ばさ, ばさき, ばすべてこれら, ばぜひ, ばそち, ばそろそろ, ばそんな, ばそんなに, ばただ, ばちょうさん, ばてまえ, ばで, ばとその, ばとても, ばとて免許, ばとて始め, ばとて手早く, ばとて本堂, ばとばかり馳せ出す, ばと言つて, ばと重く, ばどうか, ばどうして, ばどこ, ばどの, ばひとつ, ばもし, ばやつがれ, ばやむを得ず, ばよし, ばわが子戰, ばわれわれ, ばを双方, ばアヌンチヤタ, ばエレン・ケイ, ばクロノス, ばスコラ学, ばフェノロサ, ばフレデリツク・シイズ, ばボオドレヱル, ばモウ一歩, ばロアイヤル港, ばロシア, ばロッツェ, ば一つ馬, ば一人, ば一体, ば一列励行, ば一同, ば一同口書爪印申付, ば一婦, ば一歩, ば一票, ば一般, ば三河殿始め家臣一統, ば与えられ, ば両, ば主従二人, ば九郎兵衞, ば予, ば事件, ば二十一ヶ條, ば井伏鱒二, ば享年四十六, ば京水, ば人一倍, ば人事, ば人生, ば人種, ば今一升燗, ば今夜逆寄せ, ば今宵限り, ば今日幾何, ば他日, ば何ぞ, ば何だ, ば何れ, ば何人, ば何故特に, ば何物, ば何者, ば何頃受取, ば作家, ば個々, ば個物, ば假名, ば先ず, ば先主, ば先其教, ば先其金子, ば入交つて, ば兩人, ば八千八聲, ば其中, ば其儘, ば其夜, ば其忠兵衞, ば其方妻名, ば其方弟, ば其時, ば其甚之助, ば其用意, ば其石塔, ば其節, ば其詛, ば其諸君, ば其證據, ば其金三十五兩, ば其髯籠, ば出, ば出立, ば刑事部捜査課長, ば列国協同, ば前, ば劉梅泉, ば力, ば助け, ば勝利他, ば匁, ば化物, ば北歐羅巴, ば十一, ば十中, ば十八世紀, ば千住, ば即座, ば即時, ば去り, ば友次郎樣, ば取, ば受取給, ば口, ば右, ば合理的, ば吉岡門, ば同人左, ば吟味, ば吾汝, ば周迪成美, ば唐入, ば唯, ば唯今, ば問う, ば啻に, ば善本, ば善美, ば因幡, ば国家, ば国家必要, ば國中, ば坐れ, ば坑夫等, ば埃及, ば壇浦の戦, ば壽, ば外来, ば多く, ば大岡殿, ば大師入唐, ば大高救援, ば天一坊, ば天下二品, ば天保五年生, ば天保十四年生, ば天保四年生, ば天国, ば天女, ば女史, ば女難, ば好きよう, ば如何に, ば妻, ば子, ば学校, ば學問, ば學術上, ば安永七年幸子二十一歳, ば安積源太夫, ば宗家, ば宜しい, ば実に, ば宿役人, ば寐らん, ば寧ろ, ば寧子どの, ば對面, ば小, ば小生等両親, ば尚書, ば尚武任侠, ば山崎, ば屹度人, ば岡部藩, ば左様, ば常陸坊海尊, ば平次殿, ば幾勢, ば幾日, ば座標, ば弓, ば当今, ば当時徳安改磐安, ば彼女, ば彼安助, ば待とう, ば後刻, ば御所, ば御用, ば心, ば必定外, ば志, ば忠利公, ば忠琢, ば恐れながら, ば惟繩, ば惡, ば惣助, ば愈々, ば憑司, ば我が, ば我委員諸公, ば我我, ば我等其五百兩, ば我郷, ば戯曲作家, ば手前, ば折, ば抱, ば拝借, ば拷問, ば持主, ば提督, ば支倉, ば支那, ば教育, ば敵, ば數, ば文化, ば文化十年生, ば文右衞門, ば文学, ば文明, ば文藏夫婦, ば斯く, ば新島君, ば日本人, ば日活, ば日頃出入, ば明方, ば明日夕景, ば時間, ば時間表象, ば暫らく, ば曹操, ば最後, ば有限性, ば朝倉殿, ば朝鮮, ば未来, ば来年, ば東漸文明, ば柏軒, ば案内, ば梅子さん, ば楊雄, ば榛軒, ば次, ば次に, ば欧州全土, ば歐米人, ば正, ば此の方, ば此一条, ば此上, ば此印籠貴方樣, ば此品, ば此女, ば此宇宙, ば此島, ば此希願, ば此形式, ば此所, ば此所謂弘安本, ば此機會, ば此死骸, ば此段申上, ば此玄宗注, ば此話, ば此輕, ば此進歩, ば此靜的實在, ば武士, ば歯痛ボートク, ば歸, ば殘, ば民族自決, ば民衆, ば汝ぢ其三五郎, ば汝ら, ば汝上手, ば汝無量庵, ば汝送り, ば沢庵どの, ば河豚, ば治め, ば波梨所傳, ば活動性從つて時間性, ば浪人大橋文右衞門, ば然, ば父上御免, ば片時, ば牧, ば犯人, ば狗兒, ば独逸, ば玉, ば現在, ば現在存在, ば理, ば甲斐, ば申し, ば申受ん, ば略伝, ば當年, ば當年中, ば疑問, ば疾く, ば白丘ダリア嬢, ば百千, ば盟, ば相, ば相伴, ば相馬殿, ば知識, ば矩, ば石川, ば破壊, ば社会制度, ば社会生活, ば神様, ば科学, ば科学者, ば税, ば立ち, ば立ち去れ, ば競争, ば筆問, ば精神病院, ば糧, ば紛失物, ば編者, ば縁先, ば翌, ば翌日, ば聞かし, ば聞く, ば聟又七殿, ば聢, ば肛門, ば臣, ば自己, ば與, ば艮鬼門, ば良人, ば英人, ば茶番, ば茶碗, ば菅頼二家, ば藤陰, ば蘭軒門人録, ば蚊帳, ば被告, ば裁判長, ば西宮産所, ば見せよ, ば観客, ば言上, ば記せ, ば詩人, ば詮無く, ば詰り, ば認め遣すべし, ば誰それ, ば論者, ば諸公, ば諸州, ば諸王, ば證人, ば豊内記, ば貰っ, ば買収, ば越前其方, ば越前同道, ば身ども, ば輦, ば農奴, ば近日發掘, ば返辞, ば述斎, ば追, ば途中, ば通っ, ば進ん, ば過日一寸奉申上置候御膳酒味, ば遠慮なく, ば酒, ば醜い, ば金倉, ば金解禁, ば金銀, ば銀二郎, ば閣下, ば關東, ば阪兵, ば陸戦, ば隠れたる, ば雄, ば青春, ば靜的, ば非国民, ば韓国宮廷, ば預け, ば頼むべき, ば飽くまで, ば體驗, ば高尚, ば高山君, ば鳳雲, ば鼓

▼ 然~ (702, 5.9%)

50 といえ 39 と雖 31 とすれ, 而し 22 然り 17 彼は 11 となす 8 とす, とせ, と答 7 といへ, 彼の 6 しこうして, とする 5 と云, 余は 4 といふ, と答える, 偉大なる, 彼等は 3 とは雖, とも否, と云う, と思う, 之即ち, 彼が, 然れ, 而うし, 風である, 風と

2 [37件] かくの, かしこくも, この僅か三秒, しのみならず, しより, ただ一策, と明言, と為す, と言, と雖ども, ながら, われも, われ等の, 今の, 仏教は, 伊藤侯も, 何たる滑稽, 侯は, 其の歴史, 其言稍, 千慮の, 否, 唯だ, 実に悲しい, 実に憎むべきである, 彼れ, 我は, 是れ, 此を以て, 気なく, 氣なく, 義経及び, 自分は, 詩は, 詩人を, 貴族院に, 鑑賞は

1 [321件] あによめ, いかにもラエーフスキイ, いわんや字, いわんや日々中尉, か, ここに, このまま, この不思議, この世に, この峰丹波, この男, これが, これも, これを, これ最大の, さいきんの, されども, しかしていづれ, しかして地球, しかるに善人, しなり, しものあらん, しや, しや否や, そが, そしてそこ, そして灰皿, そして過ぎ, その理, その老いし, その超人的視力, それから維新, それが, それは, それよりも, それを, そを, たしかに人権ジュウリン, ただその, ただそれこれ, ただ一死, だが仲裁裁判, ぢや, て後, であらう, と, という, というは同じく, というべからず, という答, といったよう, といった調査会, といつ, といはし, といひきる, といふは何故, とか何とか, とか否, とせず, とていくら, とてもこの, とて否, とて敵, とて數寄屋町, とて是, とて歸國, とて理, とて私, とて竹村, となさざる, とのこと, とはいうまい, とはいえ, とはいへ, とは信じ, とは戀, とは言われない, とも知らざれ, とも知らで, とも知らぬ, と云い, と信ず, と信ずる, と否, と思ふ, と悲痛慷慨, と斷定, と書い, と爲, と申し, と聞く, と見, と言っ, と謂う, と返事, と雖ども予, と雖ども國會, と雖他日能文, と雖地, と雖時移り酷熱加はる, と雖秀峯, と雖自動車, と雖雲, ながらお, ながら一度, ながら同一, ながら忘れ, ながら我が, ながら斯申, ながら此程, ながら然, に代, ねばならなかつた, ひとつの, まことに不幸, また同郷人間, また汝, みな皇室に, もし宇宙, もし正義, もし足下, もはや抗議, わざと進めたるなり, われは, われ等は, アル, クリティシズムは, トロイア領主ラーオメドーン, ヒユーマニチーは, プリアモスの, ユウリュピロスは, 一撃彼に, 一般の, 一部人士の, 七面鳥動く, 上杉謙信も, 不用意, 世界の, 丹青家が, 事件は, 人間の, 仁清乾山木米あるいは, 今は, 今度は, 今所証の, 仙台では, 何れの, 何人が, 余が, 余に, 余の, 余予め, 俗人も, 俳諧の, 做し, 先生は, 其他の, 再び秀子, 冒険である, 冥府の, 凡ての, 匿名での, 千万遍も, 単に紙, 友よ, 友達とは, 古唐津, 古来義士なき, 各, 君の, 唯寒い, 唯物論も, 土の, 地の, 地を, 城山に, 基督教は, 多年の, 夜に, 夜深, 大塚君は, 大学非難の, 大知大能大聖は, 大賛成, 天下の, 子母口然, 孝孺の, 富貴栄達の, 寛容は, 将軍の, 小学の, 小生も, 山野泉流ただ, 師は, 平氏は, 平民の, 幸か, 床屋, 彼らが, 彼女と共に, 御機嫌, 心の, 思いの外殺, 恋人として, 悲しき, 愚かにも, 懲膺せよ憎むべき, 我が五十年, 我らは, 我國も, 我輩が, 故郷なり, 教導的に, 文学などよりも, 文学は, 断じて鏡, 斯かる, 新夫婦, 日本國民は, 日本神話に, 日耳曼神話に, 日英同盟は, 昌益然, 是が, 是実に, 更に文科大学, 書を, 最も天下, 本願寺も, 東京の, 根本的には, 桑樹に対して, 機は, 歌に, 歌ふとい, 正しくなけれ, 此の, 此地而已高し, 此老人の, 武州然, 死も, 残念ながら, 段々不要分子, 氣ない, 水盤の, 氷店も, 永遠の, 江戸ッ児の, 況や人間, 海底潜行艇の, 渠は, 源氏は, 澄江の, 然して裸一貫江戸, 然も, 然りであり, 然るに彼, 父よ, 爾に, 牢獄なり, 狂なり, 狂暴驕, 獲物は, 画においても, 畏ろ, 真に, 真に然り, 矣, 確かに, 祈祷は, 神は, 禅においても, 秀子に対しては, 私も, 種を, 競争は, 第一, 筑波日光然, 締切がと, 罪なり, 罰なり, 美術学校然, 耻辱を, 聖人だって, 膺懲せよ, 自由詩には, 芸を, 芸術は, 葛の葉の, 藝術は, 蛇草に, 蛇身を, 蝋燭の, 西部劇かね, 記者永く, 誰か, 誰人も, 謙信も, 豈夫, 責任に, 賛成反動という, 超越である, 身体が, 軍事において, 軍人も, 造化の, 造化も, 銀の, 長与の, 間部要撃血誓の, 雨の, 霊魂を, 非ざる, 非なる, 革命の, 須らく男児, 駒岡子安篠原樽箕輪最も, 駒貞両, 驚奇なり, 骨肉の, 高田然

▼ 然~ (698, 5.8%)

14 それが 9 それは 5 彼は 3 あるべきこと, それに, なければ, 之は, 有べし, 松園氏の, 此の, 私の, 私は, 自分が

2 [36件] ありさうな, あるべしと, その人, それを, なくて, なくば, なんばと, 不具の, 二列に, 二度三度繰返し, 亦此考證的解釋, 其が, 吸口まで, 幾千年間引續い, 彼の, 彼を, 心の, 怎した, 我に, 有可し, 此一封が, 此処に, 此方へ, 此葬列は, 無くば, 熱心に, 猶これ, 癪に, 皆洋服, 私が, 科学は, 稍烈しい, 穩健な, 自分は, 非常に, 面を

1 [568件 抜粋] あいつは, あなたとは, あらば, あらむ, ありなん, あるべき事, あるべし, あるべし但, あるべし如何, あるもの, ある可, ある満足, あろうが, あんまり工合, うまれつき, おぼろおぼろという, かう云, かなり乱雑, かれは, きっちりと, くつきりと, げにもと, こういう, こういう重大, この不幸, この不思議, この別荘, この博士, この問題, この小山, この教え, この最も, この民衆, この淡路, この若衆, この表面, この謝儀, この責任, これに対して, これは, これらの, これ未だ, これ程微妙, ずっとこちら, そいつが, そういう苦労, そう深窓, そこからは, そのこと, その不善, その人々, その分家, その副業, その十, その可能, その同じ一分間, その害毒, その寡黙, その年代相, その意, その拓本, その時, その活動ぶり, その神, その稗, その興味, その蛇, その言語たる, その読書, その長男, その門閭, その馬車, それら人工材料は, それ等を, そんなこと, つるりと辷る, どれも, どんな実践力, なお彼, なお詩, なき時, なくは, なんといふつ, ひと鍬ひと鍬, ぼつちりした, まだ年若, まだ彼, まだ誰, めいめいその, やはり気狂, よくよく考え, わざとらし気, シヨオペンハウエルは, セリファンは, ブルジョア作家の, 一ヶ月税銀八匁の, 一人や, 一家の, 一寸位では, 一思いに, 一種の, 一粒撰り, 一統と, 一脈の, 三月分を, 三月十五日子の, 三種位の, 下には, 不幸を, 不快な, 不思議そうに, 世に真に偶然, 両側に, 中にも, 之が, 之れ, 之を, 之等も, 事に, 事實上支那の, 二人, 二人共可成り, 二臺, 互いに妻子, 五つばかり, 五年前に, 人に, 人の, 人は, 人心は, 今また, 今を, 今年五月東北を, 今度のは, 今日多, 他人の, 以前漱石氏の, 仰天せし, 仲間は, 会期中に, 低地から, 体を, 何うであろう, 何となくギロギロ, 何となく活, 何も, 何処か, 何百人と, 何等かの, 余り容易, 余処より, 作風的にも, 俺は, 偉大なる, 偶然二人の, 僅かに, 僕は, 優勢な, 先刻と, 児童達の, 全然真面目, 八甲田山を, 八郎は, 其の人, 其の労力, 其の挿絵, 其の短篇, 其の行, 其実歴せし, 其復興は, 其時は, 其時妾が, 其時身を, 其真面目を, 其祝詞が, 其種々な, 其緘黙は, 其責任を, 具体的に, 内儀には, 内田博士は, 凄じく, 凪ぎた風, 凸凹ぐら, 出世魚と, 出来るかぎり, 出臍, 刈萱の, 初心らしく, 別段何, 前途遼遠という, 力の, 力めて, 力強い生命, 効力も, 勇ましく障子, 勇壮果決の, 動けなかったの, 北九州一圓に, 半分は, 厭と, 厭な, 厳然たる音声, 友達として, 取残された恨, 可なりに, 可笑しそう, 同じ道, 同社は, 君自身の, 呆れ返った如くねえ, 呪はれた, 哀れ氣に, 唯一の, 唯物論で, 喜ばしげ, 喜劇にな, 四ヶ月も, 四作目な, 国民的自覚の, 土牛の, 墨子の, 夏の, 夕に, 夕暮らしく, 大に, 大事件そう, 大分手重, 大家先生等の, 大智勝観氏は, 大男の, 大石より, 大衆文芸に, 天下の, 女中は, 奴等は, 奸黨の, 好ましそう, 如月の, 始皇の, 娑婆氣な, 婀娜めいて, 婚姻に, 婚礼を, 婦人の, 嬉しい事, 嬉しげ, 子の, 学ぶの意, 學生の, 安らかに, 安心し, 官憲は, 実を, 寂しい世間, 寡言な, 實際は, 實驗談を, 将来の, 小ぢんまりと, 小倉氏の, 尚あの, 尚進化, 山村は, 岸と, 巌が, 己が, 平安に, 平山子龍, 幽靈, 広大な, 弟子同士の, 張り詰めた心, 張三, 彼に, 彼らは, 彼等の, 後代の, 御世話, 御服合, 徳川氏三百年を, 心ある, 心安き體, 心細そう, 必ず過まる, 忠臣らしく, 忠臣蔵の, 快さ, 念入りに, 思いも, 急速に, 恐るべき速, 恐ろしき顏色, 恨し, 悲しい努力, 悲しかつ, 惚, 意味なき, 感心した, 憚りながら青涕, 成るべく落附, 或時期, 戯談らしく, 所望する, 手ばしこく行われ, 手馴れて, 批評的能力から, 拔く, 掴んだら威勢, 揃つて美しい, 握り太, 操業停止の, 教養の, 散文語を, 数多くその, 文化の, 料理で, 斯んな, 斷じ, 日の, 日本画の, 早急に, 明確に, 昨日買たてなりと, 是なき, 是なく, 時代の, 暇なく, 暗き奥, 最も普通, 最大の, 最早一銭, 有らんコリヤ長庵小夜衣, 有るべしとて, 有益に, 未だ成れる, 村里の, 東京の, 杳として, 松陰人情の, 桃色の, 桜の, 極めて輕, 横柄の, 欲し相, 此度周藏喜平次木祖兵衞等罷, 此等の, 此等は, 此説も, 死に, 段々質, 母国を, 母親の, 民衆的である, 気の毒げに, 気質的には, 氣の, 汚れた, 決して危なく, 決して殺人事件, 波が, 泪を, 泰西の, 浮世絵の, 淫亂だ, 淫売屋へ, 清閑高雅所有方面の, 渋を, 湯上りかと, 湯氏は, 源太を, 滋養に, 滿足したらしい, 潔し, 潮は, 澤山に, 激しい情熱, 無くて, 無ては, 燃え立つばかりの, 燒けたかと, 爲たり, 片腕捩つ, 独りで, 猪頸で, 猶鴻雁, 王覇の, 現在に, 現実には, 生きて, 生前現在の, 生命を, 甲斐, 申合わせた, 疲れたやう, 病身な, 發奮んで, 白昼穢ない, 白晝穢ない, 百合ちゃん丈は, 皆美しい, 目を, 直間接, 眉間の, 眼の, 知らずや, 知らぬ體, 社会的な, 神に, 私には, 私等が, 私達の, 稚氣愛, 稻葉樣へ, 空は, 穿物の, 窶然き, 端倪し, 端物の, 竹の, 糠にぶく, 紅は, 純な, 紛乱した, 紫色の, 紹介状などは, 終に従わず, 纔に, 美人を, 羨ましそう, 羽織には, 聞きたがり知りたがり噺, 肉落ち眼窩凹める, 胴体の, 腕は, 腹工合に, 自ら切符を, 自分の, 自家の, 自身では, 良人は, 芹沢東洋は, 若旦那が, 若氣, 英仏の, 落款まで, 蒲柳の, 蓋が, 行て, 表面は, 要求した, 見えざる加速度, 見馴れたる昔, 解難し, 設計予算まで, 詩趣に, 詩趣饒かに, 誠しや, 誰も, 諧謔的に, 貴方が, 軟, 軽蔑を, 輕い, 近い聲, 近く人の, 速かに, 遊びに, 過去に, 遜志斎, 邪魔物扱いに, 酒の, 金粉を, 銀の, 鋭く彼, 長たらしく, 間借りを, 間斷なく, 隱れたる, 隱蔽した, 雪の, 震を, 面白く話し, 音も, 音羽へ, 頼もしそう, 顧る, 風下眞下である, 餘り好まない, 馴, 騷が, 驚きし樣子, 驚きたる樣子, 高らかに, 高慢に, 高陽王, 鬱屈し, 魔性の, 鷹揚に, 黒松を

▼ 然~ (599, 5.0%)

56 後に 20 可き 17 上は 12 のみならず 10 ときは, や否や 9 時は 7 のみ 6 が如く, が故に 5 ものか, 可し

4 [11件] か, か否, のちに, のである, のみで, ものなり, 上に, 可く, 後は, 所以の, 所以は

3 うちに, が如し, ので, を世, を知らずし, 可から, 弱虫とは, 後その, 後徐に

2 [32件] かいかなる, さまは, ところここに, ところその, のちちゆう, のであらう, びょう存じ申す, びょう思われる, ものあり, や, ゆえんは, ゆえんを, を今, を女, を強, を彼, を得る, を覚えず, 也, 処に, 処年を, 可きだ, 後, 後それに, 後それを, 後内閣を, 後古めかしい, 後往き, 心を, 所へ, 時に, 波瀾に

1 [301件] うえは, かあゝ, かいちど手合せ, かどう, からに執念, からはこれ, かを正面, かを知り, かを考, か君, か然, か薔薇, がごとく, がごとし, がゆゑ, がよう, けれども能, とき社会は, ところある, ところに, ところもう, ところ今朝に, ところ先般は, ところ其次の, ところ去承, ところ同体に, ところ寛永十八年妙解院殿存じ寄らざる, ところ数日前正確に, ところ旦那さまや, ところ昔海だった, ところ昨今これに, ところ松向寺殿御遺骸は, ところ驚くべし, とせ, のちこれを, のちその, のち初めて, のち生死の, のち米を, のち遺子の, のでありました, ので有らう, ので有る, のみにあらず, のみに非, のみ余, のを, は其頃, びょうお願い申しまする, びょう存じまする, ものあら, ものである, ものと, ものに, もの有, もの有る, もの耶非, も凡傭, も吾人, も基督, も彼, も我が, も我國, やを究めん, ように, よりし, よりも尚, を, をいわんや, をお, をかの, をこの, をこれ, をそれ, をつい, をなほ, をねがふ, をやっと, をルネッサンス, を下女, を主税, を予, を事珍, を人麻呂京, を今天一坊, を今宵, を今村役人共, を今此方, を何, を何ぞ, を何ん, を何者, を元嘉, を先日, を先生余, を其方, を冀望すべ, を初, を初心, を加藤小西, を勝氏, を同人, を君, を坪村, を如何なる, を姑, を婦人, を家主八右衞門熟, を家名断絶, を己, を得ずし, を得せしめた, を惣, を愚図, を慮こ, を我, を我が, を手前, を打捨て置い, を斯, を明言, を未, を此方, を汝, を汝等, を汝衆神, を況ん, を浮加, を渠, を然, を熱意, を白状さ, を省, を知る, を私し, を自殺, を船, を落命, を見, を見る, を言行相反, を論者, を論者これ, を近, を道十郎, を長病, を隣, ニ上段の, 上からは, 上善後策を, 乎, 事ながら, 事なし, 事にて, 事実なし, 人あり, 人ある, 人の, 以上は, 以上日本も, 仰せあらん, 儀なら, 儀なれ, 処いろ, 処この, 処へ, 処また, 処俺等聞及んだ, 処幸い, 処昨日御, 処横井相答え候には, 処氏直天道の, 処穢多, 処続, 処釜沢の, 医に, 古代こがれでない, 可きで, 可きであらう, 可きである, 可きな, 可きもの, 可と, 右よ, 大商人, 大役を, 尼の, 尼寺の, 常の, 平凡なる, 後あはれ然, 後これの, 後これを, 後それが, 後ち, 後どの, 後において, 後にて, 後ふたたび, 後また, 後イリオン城に, 後フト正眼を, 後マルクス主義文学の, 後主人に, 後乙の, 後但し, 後全, 後公権の, 後其名を, 後刊刻せられた, 後刑に, 後初めから, 後前にも, 後動く, 後化粧すべし, 後去る, 後同, 後國政を, 後始め, 後尾瀬ヶ原に, 後幽邃なる, 後広東咬, 後従っ, 後心臓嚢を, 後我れ始め, 後我等の, 後政を, 後文語の, 後時を, 後時期を, 後更に, 後最も, 後朽楹を, 後東西両, 後松柏の, 後正論正義を, 後此の, 後渡る, 後父母に, 後犬を, 後猛然と, 後現像すれ, 後用事が, 後神が, 後神州復た, 後私の, 後私は, 後組織し, 後義盛の, 後膝を, 後自分の, 後良人に, 後覚えられる, 後言を, 後試験しよう, 後詩形を, 後貴様の, 後足下が, 後適不適の, 後降, 後駆っ, 後高砂一番を, 憂慮なし, 所世の中に, 所中納言樣には, 所今藤兵衞が, 所以に, 所以を, 所其後右藤兵衞等外二人の, 所北印度の, 所問題は, 所夫人は, 所孔雀は, 所安部君は, 所小生卒業論文にて, 所貴文中, 故に此度, 故貴殿, 方が, 時先ず, 時八道人あり, 曲者を, 災禍の, 程に, 者ある, 者也, 處, 處へ, 處九執, 處其夜亥刻時過, 處右にも, 處同人儀幼年の, 處小夜衣は, 處是に, 處重き, 酷きこと, 門地ある, 間に, 間前の, 間当, 類なりき

▼ 然~ (560, 4.7%)

32 して 8 静かである 7 笑って 5 なった, 構えて 4 笑った, 静かであった, 静かに

3 [12件] した人, した眼, するに, なる, 云った, 四辺は, 坐って, 控えて, 涙を, 静まった, 音が, 顔を

2 [34件] お金を, した, したもの, した中, した声, した姿, した彼, した微笑, した男, しました, すると, はしる汽車, みすぼらしい虚名, 云ふ, 取澄まして, 坐つて, 声を, 後は, 微笑した, 晴れた初夏, 正しい輪廓, 歩いて, 消えて, 涙流し, 湧いて, 熱き涙, 白い輪廓, 真似び建てたる, 肩を, 腰を, 起こって, 起った, 鑿を, 静まって

1 [387件] あらわれる, いった, いふよりも, うそぶいて, うたいだした, うなずいて, おこころ, お光さん今日新版, お峯, かざす鉄杖, かつての, こういった, ここまで, こころを, この家, この教室, させかつ, しかし無限, しかも威厳, しかも荘重, したあの, したいでたち, したうつろ, したところ, したまた, したまま, したやつ, したる容子, したる紋御召, したキタ助, した中年, した中形單衣, した件, した伽藍, した体躯, した何某, した作り話, した兆, した口, した品位, した四人, した婆さん, した容子, した寺僧, した小刀, した心持, した恰好, した態度, した懐中時計, した拵ら, した暗やみ, した柔弱児, した森厳, した構え, した様子, した樣子, した正成, した歩調, した気質, した洞, した渋い, した父親, した状態, した白髪, した美少年, した苦み, した落語家仲間, した藪, した虚しい, した蛯さん, した表情, した見上げるよう, した見方, した言辞, した貫録, した造り, した雅びなリズム, した静けさ, した面, した頼り, した風, した風貌, した風采, した風間, した饗宴, してる村田, しながら, し亦, すこし反身, する, するの, するばかり, せず, その一節, その後は, その愛する, その頸, たずねる, たった二人, ちゃんと控え, つけあがらせて, つめ込まれしは, なったり, なつた, なつて, のさばって, のしあがって, ひびいた, ふけた夜, また東京, まるで世間知らず, むらがりおこりそっと, やっても, わき起った, わらうと, アガメムノーン大王に, オテル・ド・パリへ, ゲームの, スコアを, タスキ十字に, テノールの, テーブルに, 一ぷくやらかさうやれ, 一座は, 一知の, 一笑した, 一笑を, 上品ぶっ, 上座の, 世に発表, 両側の, 二人肩を, 云う注意, 云った者, 云って, 京都へ, 人の, 伏見の, 休めるという, 何らの, 余自身を, 光った, 光らかせて, 光る, 兩側の, 其の石段, 内に, 冷嘲, 凭れて, 出かけた訳, 出て, 出発した, 出社し, 刈りたて, 刑事や, 反撥を, 反覆し, 取りすまして, 叩き起された, 同志の, 名前を, 否, 否とに, 否との, 否とは, 否寧ろ, 含んだ微笑, 吹聴し, 告げるには, 呑気に, 呟いた, 味って, 呼ぶどん, 呼吸し, 咲き誇って, 咲き誇つて, 哄笑を, 四方に, 四方へ, 在さずして, 坐り込んでるん, 声も, 夢から, 大きく張った, 大焼け, 大空裏に, 大道を, 天井を, 奥の, 好奇心が, 妙な, 妻を, 威張った色男, 安坐し, 安座を, 客間へ, 家に, 寝静まり犬, 居て, 居流れる前, 山を, 平日の, 広すぎる, 床から, 床の間に, 座つて居た, 座に, 建てられて, 彼の, 彼は, 彼を, 待つこと, 復もや, 微笑し, 心が, 心の, 悲みの涙灑がんわれの, 意見を, 感じて, 懐に, 戦ってこそ, 戻って, 打ち笑みながら, 打ち開けた広い, 押し並んで, 持ちこたえて, 捲き起って, 提げて, 放尿した, 故なき, 数笑, 整理された, 敵の, 旅中の, 日陰の, 暗い口, 暗くなった, 曝露し, 更けた, 更けた七月, 更けた夜, 更けた町, 更けた霊岸島, 更けて, 書きすすめる, 書き並べて, 月江の, 朝飯の, 来る, 構えこんで, 構えるなあ, 構え込んで, 横倒しに, 歩く, 歩く時代, 残された, 気取って, 気取つて, 気取りながら, 気取る奴, 気持がい, 水の, 汚穢な, 治療も, 泣いた, 泣く, 流し車上, 流れて, 涌きのぼって, 涙そ, 涙の, 済して, 溶けあって, 澄しこん, 澄し込んでる, 澄まして, 焚火に, 煙を, 片隅に, 物寂しく何ん, 現れたの, 生茂り片側, 産道に, 申すは, 痩せっこけたり, 発表される, 目を, 瞑想に, 示して, 私を, 立し, 立ちすくんだま, 立ちすくんで, 立ち去った, 立ち聞きを, 立って, 立つたま, 立去る人, 笑いながら, 笑い仰向いて, 笑う相手, 笑ったとき, 笑ったもの, 笑った左膳, 笑つてはち切れ, 笑みつつ, 答えた, 答えたので, 終止とが, 終止との, 絶叫する, 羽織の, 肩でも, 肩の, 胸を, 自ら失う, 自然に, 自白致し, 興味と, 船を, 色付て, 茂つてゐる, 茶を, 草原へ, 落ちつき払っ, 蒼い, 蘇って, 行くもの, 西へ, 見える, 見せたがる, 見比べない訳, 解けるよう, 話を, 誰に, 談笑を, 豊かな, 赤城の, 赤革の, 起き上って, 起こり陽気, 起ち上ったかと, 起つて, 蹄で, 軍事的うごき, 軽く寺田, 輝いたの, 輝いて, 輝き渡って, 通せんぼうを, 連用とにも, 遊んで, 道場を, 鋪道を, 鍔鳴りさせ, 鍛へ, 長身を, 閃めき出た, 開いて, 開かれて, 間隔を, 陥みて, 陳述する, 険悪に, 隻腕に, 雷火の, 霊気を, 霜柱の, 青天白日の, 静でした, 静まり湛えて, 静まり返えり, 静まり返って, 静まり返り何ん, 静まり返り夜業, 静もる, 音を, 音信し, 頭の, 額を, 顔色を, 風さえ, 飛び起きた, 飜然と, 高く四山, 高まって, 鳥の

▼ 然として~ (291, 2.4%)

3 天を

2 [18件] ゐたが, ゐる, 之れ, 人の, 坐って, 夕陽の, 大笑, 来た, 椅子に, 此の, 毫も之, 泣けり, 眼を, 立って, 笑へ, 翳塞の, 首を, 高く皓

1 [252件] あたかもコンノート殿下歓迎, あまたたび, あらはれざる, あらはれて, いられないので, いられるかと, おこなわれること, さえぎるもの, そこは, その乱れる, その夜, その寒, その幽, ちらかって, ちらかつてゐる, はじめて司令塔, ほとばしり出るの, むしろそういった, もう一家, わいて, わきたったの, ゐたから, ゐて, ゐられるが, ゐる中, コップ酒を, スクリーンの, 一つである, 一つの, 一日を, 一笑しなけれ, 下に, 不承諾, 並べられて, 中は, 之に, 人々と共に, 人に, 人目を, 人自らそが, 今の, 何事かを, 個人を, 傲れる, 光明を, 六尺ばかり, 其處に, 其間何等の, 冴えまさったその, 冴渡っ, 出でて, 刺繍を, 動き来り, 古い机, 古人に, 向うの, 向上する, 吾が国, 吾独り在り, 周なり, 味が, 唯其梢, 土芥に, 地に, 坐ろに, 坐客, 堪えきれぬ思い, 塵一本も, 壁に, 壑が, 壑中に, 大道を, 天に, 天下の, 天地なし, 天地の, 天造に, 好きな, 威張った, 孔子の, 宇宙の, 安住する, 容を, 富貴栄達を, 尽きぬの, 尾濃, 居た, 居ながら, 居られる理由, 居るが, 居ること, 居ると, 居る卯平, 山に, 峙ッて, 峰の, 己の, 帰宅した, 常に二三番, 平らかなる, 広小路に, 床に, 当るもの, 彷徨へ, 待って, 徒処せん, 得たりと, 得意の, 微笑みながら, 心の, 心を, 心胸の, 怒り莞爾として, 思わず泣きました, 息まず, 情寡き, 懸かり自生自存, 打たせて, 打ち笑いながら, 控えて, 擡げたるその, 日午なり, 明白なり, 明鏡は, 春は, 昧, 昼霞, 暗い, 暗く見, 机に, 来る, 松の, 林を, 森閑なる, 構内を, 横はる, 樹を, 樹木を, 歩いて, 歩む西行, 歩來り, 残って, 毎日の, 毛鈎に, 気品に, 沈黙し, 沸ぎりたったのも彼等が, 泣かざる能わず, 泣きしが, 泣きて, 泰平を, 流るる涙, 涙なき, 涙なる, 涙は, 涙を, 淫猥な, 深い谷, 湧いて, 潔きと, 潔き一種卓絶, 濶歩し得る, 牛込赤城の, 特色の, 独りその間に, 獨り, 獨り佇む, 現れて, 現われる, 理を, 生を, 発酵し, 真っさき, 真綿に, 眼球を, 知るなき, 破裂し, 私の, 空嘯いて, 空宇人を, 突っ立った, 笑った, 笑って, 笑つて居ります, 笑ひつ, 笑出し, 答へて, 紙鳶に, 続くべきであった流れ, 織り出されたる女, 美人の, 美味を, 群を, 考ふべし, 聞えよがしに, 肩から, 胡国に, 胡蝶と, 臥ころん, 自ら好し, 自ら立っ, 自分の, 自失する, 自然に, 舌端に, 船に, 落ちついて, 落着き澄まし, 虚明なり, 蝙蝠の, 衝と, 表へ, 襲い来るが, 見惚れたの, 覚む, 解体し去るべきである, 言つてる, 言ふ, 言放てば, 調子の, 講明し, 谷底より, 豆から, 走馬燈の, 跫音を, 踞して, 輝いた, 逃げ出しました, 道に, 遮るものの, 酒興を, 醉へる, 金貸に, 釜の, 鉢巻を, 長え, 長しへに, 長閑に, 開け万里雲, 間断なく, 雲を, 電車に, 露見し, 面を, 音なき, 顛倒せしめ, 風景を, 飛帆鳥の, 高きもの, 鬼魅の, 鳴ったと, 默祷でも

▼ 然うし~ (280, 2.3%)

6 て下さい, ましょう 5 たもの, てくれ 4 てこの, てゐ, て居る 3 てお, てくれ給え, 給え

2 [25件] たの, たら私, た場合, て, ている, ておくれ, てその, ては, てるところ, てる所, てズシリ, て一生懸命, て二度許, て呉れ, て地, て奈落, て後, て御座, て戴きましょう, て擦, て私, て置い, て自, て蚊, や

1 [187件] たあからさま, たいもの, たこと, たみのる, たもん, たら, たらお母さん, たら何, たら富五郎はくり, たら斯, たら甚, たら社會, た一つ, た世界, た仕草, た傾向, た外見, た女, た小説類, た性格, た意味, た意氣, た折, た時, た服裝, た橋, た理由, た素, た處, た言葉, た身, た運命, た関係, た順序, た類, た點, ちゃア, てあと, てあんな, てい, ていよ, てお前, てお前様死人, てお父さん, てぐる, てし, てしまえ, てす, てずうっと, てその小さな, てそれ, てなか, てにや, てねお前, ては居られません, てぶらぶら, てまた, てみのる, てらッ, てゐる, てサラ, て一二年, て一杯, て下さいまし, て下さる, て下され, て下せい, て中, て久留島さん, て乘合馬車, て二人, て二本, て二箇, て云う, て人々, て仇, て今度, て仕度, て他, て何ぞ, て何ん, て先生, て其枕元, て其處, て凡て, て出, て出家, て劇團, て又, て同じ, て同室, て吾, て四邊, て坐っ, て多く, て大, て大地, て夫, て夫婦喧嘩, て失敗, て奥, て奴蛇の目, て妹, て妾, て姉さん, て姉弟, て宜いか, て家, て寂しい, て寝, て少し, て居た, て山, て幾度, て後日永井君, て御前, て思, て思はぬ, て急い, て戴かない, て戴きます, て戴け, て按摩, て撓や, て日, て是, て時折母堂, て晴々, て暮らせ, て書, て月, て望み, て朝, て朝日新聞, て未練, て本, て枝, て枯萱, て桂舟畫伯, て横根, て此, て此方, て毎日, て活きてる, て浅草, て涙, て滑らか, て澄まし, て無理, て牢, て皆んな, て直に, て眞夜中, て矢, て砲術稽古, て禮, て稿, て絹針, て織り込ん, て自分, て自己, て著書, て見え隱, て見た, て見れ, て親共, て貰いましょう, て貰い度, て貰おう, て貴様, て足, て送つ, て金, て頂けれ, て頂戴, て飲め, て鴻の巣, て默つて, て龕燈, なさい, なまし私, ねえ, ましょうかな, ます, ますか, ますから, 給えよ

▼ 然たる~ (216, 1.8%)

3 ものが, 微笑を

2 [11件] のが, ものである, 仁が, 勢力を, 月塀の, 歩振, 神光の, 老婆が, 静かな, 面持で, 鼈甲の

1 [188件] かたで, こえで, こしらえでも, ことが, こと能は, この掴み挿し, ご様子, そのデイクション, その様, ところと, ところなし, ところの, なが, なりをし, に如かぬ, はひとり, は胃袋, ものあり, ものだ, ものとしての, ものの, ものは, やつで, わが露伴先生, を視る, ゴルファーは, ハルトマンに対して, パノラマ, メルキオルは, 一大敵国を, 一宇の, 一種の, 一身蕭然たる, 一道の, 万有を, 不思議な, 事実として, 五月蠅さと, 人柄で, 人物に, 仁人の, 伝公とは, 佐田介石師が, 俥を, 偉容を, 偉男子, 働きを, 光が, 光彩を, 冷やかな, 処から, 処の, 刺叉袖がらみ錆槍その, 剛力どのには, 割に, 勇敢な, 勢いに, 千代三とは, 友人が, 口を, 叫びを, 可能力, 呉青秀の, 哀しむべきの, 嘴に, 国家的若しくは, 地下室を, 壁訴訟を, 声を, 声調の, 大冊と, 大冊数十巻を, 大狸, 大穴が, 大雷雨, 天真師を, 女を, 婆さんが, 婆さん皺首を, 容貌で, 小山, 小形の, 小次郎の, 屋根裏まで, 山林に, 幾つかの, 建物にて, 弦返り, 御趣意, 心を, 心境に, 恰好に, 感じが, 態度に, 戦車の, 扮装し, 扮装で, 摸倣時代より, 旅, 暗やみの, 暗闇の, 暗黒で, 服装だった, 服装と, 服装を, 松本楼に, 松林の, 枯れ桜, 樣子と, 気焔を, 気魄を, 水の, 決死の, 沢へ, 洒落な, 活版摺の, 深い横穴, 清潔さが, 無人の, 無恰好, 煉瓦の, 物凄まじい響き, 物産陳列所郵便局それから, 物象を, 理由は, 男が, 男の, 痩せぎすの, 白い光, 相貌の, 眼前の, 眼鏡を, 眼鼻立の, 着物へ, 睨みを, 秋晴の, 空洞である, 立姿を, 粗野の, 精力的な, 老人軽から, 肉塊を, 肥大漢それから, 胎内潜りを, 若侍, 草稿を, 落ち着きを以て, 落雷の, 血氣の, 裡に, 親切振りは, 調子が, 調子で, 議長が, 谷であっ, 貫禄を, 赤い幕, 趣きで, 足どりで, 足踏みの, 身嗜みを, 野末の, 金柑頭を, 銀の, 長い羽織, 雄叫びを, 雨柱と, 雪の, 雰囲気の, 青年が, 非常時の, 音が, 音は, 顔色と共に, 風あり, 風姿を, 風景と, 風格, 風致あり, 風貌でも, 風貌に, 風采から, 風采が, 風采である, 駱駝帽を, 魁偉の, 鴎外で, 黄金を

▼ 然うです~ (211, 1.8%)

652018149 けれど 8 とも 4 かね, ってね 3 か私, わ 2 かえ, かねす, か喃, か怎, ねえ, ねえ貴女, ねと言っ, 然うです, 畢竟僕自身

1 [45件] かな, かなに, かねえ, かナ, かナ酒, か何処, か何處, か否, か成, か甚だ, か螢, か阿, が, がお召物, がこ, がその, が何, が此処, が馬, けれども, けれども家, けれども未だ, それ等は, って, ってねえ私, ともいや先, ともそれで, なあ, なおや, なこれ, な埋め, ねと婦, ねと濁し, ねと言った, ねは有名, ね年少, ね澤山, もの何んな, よ伯母さん, わね, 三千年前の, 少し飮つて來, 少し飲つて, 柵初枝と, 道場へ

▼ 然~ (210, 1.8%)

8 の儀 7 ならば 6 の事 5 心得よと 4 な事 3 いふこと, いふ場合, して, すれば, であつ, で御, に相違無, のこと, の覺

2 [17件] いふやう, いふ傳説, である, では無い, で有, で有る, ならばと, なるか, なること, な儀, にては有, に候, に自由, の名, の御, の空言, 有り度

1 [119件] いはる, いふところ, いふの, いふ俗氣俗意, いふ價値, いふ境地, いふ大切, いふ感情, いふ擧動, いふ次第, いふ種々, いふ精神, いふ結果, いふ肩, いふ譯, いふ過不足, いふ道理, かとある, かと云, かと咄, かと思ふ, かと有, かなと暫時考, かコリヤ汝, か公儀, か其藤助, か分, か夫, か手前, か縁, か能其方, か親類, じや, だなど, だ餘, であらう, である莊, では御, では御座れ, では有, では無, でも御, でも御座らん, で幽, で御座ると, で有らう, なくとも, なければ, なこと, なつた, なつて, なもの, ならお先, なら今宵一走り, なら御, なりと答, なりと言, なるかと, なると, なるので, なるや, なる一大事, なる不, なる事, なる儀, なる心當, なる時, なる者, なる覺, なる邪心者, な一件, な前後揃, な勝手, な境界, な心, な惡事, な者, な處, にては跡, にて候, には之無私, には申されず, にばかり言, に御, に御座候, に心弱き, に成す, に成れよ, に拷問, に申, に申せ, に相, に覺, に計, に金子, に陰慘, の不, の事覺, の働き, の儀覺, の始末, の御事, の思召, の惡心, の所, の義, はなれぬ, は定, は行かぬ, ばかりにならず, も言, よ, 存ずべしとの, 存ぜよとて, 御座らば, 思うたらば, 思ふなり, 有るべき理, 甘くは

▼ 然~ (178, 1.5%)

2 其方が, 則ち, 嘉川主税之, 天一坊は, 文藏夫婦は

1 [168件] お三婆, お光, お專殿, お節が, かくれたるに, こそ急, この度退散の, すなわちいやしくも, すなわち我が, で御座る世間, なりその, なり四十三四, なり私, なり藤重, にて候一兩年以前, にて候其金高, にて候外, にて候此上骨身, にて候澤, にて候私儀呉, に候悴儀, よく, サ先は, 主税之, 亂心と, 今の, 今宵の, 今日の, 今晩は, 今此若者百姓, 今般主人縫殿頭儀台命を, 仰せに, 仰に, 似者, 何で夫婦, 何分頼む, 何所の, 使者の, 傳吉お, 元祿, 先方へ, 光照寺住持祐然, 兩三年の, 兩人とも, 其下に, 其事なり後の, 其事に, 其儀を, 其儘に, 其十兵衞を, 其夜何れも, 其富右衞門が, 其後一向に, 其方共願ひ, 其松五郎儀は, 其段今一應申上べし, 出雲守殿一通り調べに, 勘兵衞の, 勘兵衞は, 吾助, 告げよわれ神, 喜八は, 嘉川家一件大岡殿追, 大岡殿は, 大岡殿是を, 大岡殿石川安五郎と, 大岡越前守殿の, 大橋文右衞門の, 大膽不敵, 大金儲に, 奉公人の, 如何し, 妻女の, 委細の, 娘の, 宅兵衞より, 宮樣の, 寶珠花屋八五郎は, 左仲は, 市之丞が, 平左衞門, 平澤村には, 廿二三年跡の, 彼伊勢屋千太郎は, 彼兩替屋にては, 往三日半歸り, 後藤半四郎は, 御先, 御咄, 御坊に, 御城代, 御自分, 御身分の, 御途中, 徳川八代將軍吉宗公の, 忠兵衞も, 急, 急ぎ大, 手札を, 拙僧, 拜見せんと, 斯樣に, 新藤夫婦は, 早々埓明ん, 明日は, 明朝は, 昨日迄に, 是より, 是非なし, 暫時此處に, 未だ夜, 未だ返さぬ, 末代に, 村の, 松葉屋の, 根が, 此丁字屋方へ, 此上は, 此品暫時借用申す, 此度の, 此度は, 此方も, 此日も, 此由丹後守殿聞れ, 此畔倉重四郎も, 死したる者, 段々と, 殺害せし, 汝等に, 江戸表に, 泣, 澤の, 無慚, 無殘, 狂言とは, 猶後日, 甚だ憎き, 男乍らも, 癪氣にて, 發足有べし, 白妙は, 白状仕, 眞直に, 秀盛先生は, 私し, 篤と思慮, 組合働役好, 縁と, 翌日の, 與惣次は, 菊が, 藤八は, 裁許を, 訴訟所にて, 詰合の, 諸司代屋敷, 證據の, 貴樣, 賣帳, 赤川大, 越前守殿には, 越前守殿の, 近日出立に, 近頃藤五郎兄弟の, 迚一先歸國すべし, 金子を, 雲切仁左衞門抔も, 馬喰町米屋市郎左衞門伯母を

▼ 然うだ~ (170, 1.4%)

18175 な, ねえ 3 とも, 然うだ

2 [23件] が, という, とさ, とさ何, とする, と思っ, と自分, なア, なツ, ツた, 一昨年の, 今日だ, 今日は, 十時半だ, 吃驚した, 此事を, 此椅子も, 父親が, 矢張一番先に, 菊池君の, 菊池君は, 金崎の, 頸の

1 [73件] あナ, うちたての, お前何處へ, がね姉さん人, が五人, が出世, が君, が子供, が小, が独り言, が顏, けれど, けれどその, けれども, けれどもあれ, けれど他家, けれど仲裁, けれど僕, けれど先方, けれど君, けれど君達, けれど問題, けれど大将, こりゃア息, こんな風, そうです, その時, っけ, っけや誠に, と二拾人, と云, と云う, と思, と有難い, と見え, と言っ, なあ, ねえ十時頃, ねえ嬉しい, ねえ彼, ね七日, ね僕, ね十時, ね封, ね男, は旗幟鮮明, ぽぷらの樹, もの吾, よそういった, よ屹度, よ江戸, わ, わねえ, 全くタルマ, 其だ, 名譽, 如何した, 姉え, 実際だ, 寢ても, 實際だ, 己アもう, 幼い中, 此方の, 然う, 然し私, 行つて行け, 誠に何, 趣味が, 那処に, 那處に, 青年の, 鳥を

▼ 然うい~ (148, 1.2%)

13 う意味 6 う次第 5 う人, う場合 4 う折 3 う了簡, う御, う時

2 [12件] うお, うと, う性格, う料簡, う直観, う評判, う話, う連中, う風, つまでも, へば, へば自分

1 [82件] うお前, うお方, うお金, うことに, うにも, うに極って, うロマンチック, う不, う不精者, う不貞腐れだ, う事情, う人達, う人間, う例, う偉い, う六, う勘定, う口, う口吻, う名, う含蓄, う命令, う因縁つき, う国家, う地方, う女, う娘, う家庭, う尾籠, う心, う心持, う思想, う性質, う態度, う成績, う手堅い, う手蔓, う折新聞, う文章, う旧友, う条件, う柔弱, う気概, う混成的, う炭層, う狡い, う独善主義, う理由, う甚だ, う男, う疑問, う直接為め, う篤志家, う約束, う素人考え, う経緯, う結構, う美しい, う老耄, う華美, う西, う誘惑, う誤魔化しを, う説, う身の上, う道理, う間違った事, う関係, う黙契, ってくん, っても間に合う, って嘘, って居た, って居ます, つて握, はずと, ふよ其れ, へばいつか番傘, へば十時五十分, へば来る, へば沢山, へば遠目鏡

▼ 然らし~ (125, 1.0%)

6 むる所に 4 むる所である 3 むる所で, むる所なりと 2 むるところなり, むるところにてその, むるのみ, むる所か, むる所だ, むる所であった, むる所であろう, むる所なり, むる所以の, めたる

1 [89件] むるかは不明である, むるからではなくて自分の, むるか他の, むるか記性が, むるぞや又, むるためと知らずや, むるとおりに王党で, むるところいわば, むるところか, むるところかそれとも, むるところか谷を, むるところだ, むるところだった私は, むるところだと云えないだろう, むるところだね, むるところであった, むるところであったでしょう, むるところであつて直ちに, むるところであらうか, むるところでありしかも, むるところでありまして申そうに, むるところであるから如何とも, むるところであるらしい, むるところでしょうな, むるところですね, むるところでもあろうか, むるところで人類共通の, むるところで我々の, むるところとしてま, むるところとしてまず, むるところとしてまづ御身を, むるところとでわたしは, むるところとは申し, むるところとは言へ, むるところと大雑把に, むるところと考えられ, むるところと諦める, むるところにしてその, むるところにしてまた, むるところにて人力に, むるところに他ならない, むるところ一度は, むるところ人民字を, むるなり, むるに, むるにあらざるに似, むるにはあらずして皆な, むるによつて來る, むるのかも知れない, むるのか無料理髪券でも, むるのであらうか, むるのであらうと併し, むるのである, むるのであるから古なら, むるのでは無い, むるので心理の, むるので有らう, むるので生理の, むるのみではなからう, むるものあってかと, むるものであって両, むるものであろう, むるもの前方溪の, むるを, むる処か, むる処で, むる処でも, むる処なら, むる処なり, むる所が, むる所これを, むる所でありませう, むる所でしょう, むる所とで, むる所とは, むる所なら, むる所なる, むる所なるべし, むる所によって, むる所一歩を, むる所以だ, むる所教權の, むる所腐敗の, むる所自分ながら, むる活滑なる, むる経世的器度においては, むる處二千年來の, めんと, め給ふところで

▼ 然~ (103, 0.9%)

10 あれど 4 あれども 3 然ながら 2 云へ, 緒合せに

1 [82件] あの夜, ある黄昏, あれどこの, あれどその, あれど我が, あれ汝, お道, こちらに, さりながら, しかし馴れ, その書院, そんなこと, たちまち感傷, だしぬけに, でもあんまり, とりわけて, なくして, なくとも, なく共お, ふと言, ほのめきつ, ほんとうに, ぽつぽつと, まるで何, わざと情婦, 一言だに, 不思議に, 二人の, 五里ばかり, 今朝早く, 仰せらるれ, 例の, 偶然の, 凡太にも, 出迎, 別に凡太, 単に叫喚, 印度へ, 又いきなり, 友人である, 右都督孫桓は, 各々方も, 周章し, 坂の, 大軍を, 女衒の, 妾を, 学生時代にも, 山奥に, 已に明るい, 彼を, 思ひきり, 思ひけれども, 恐らくこの同じ, 息の, 我が身の, 母の, 江戸表より, 洒脱な, 無して, 父母も, 物置から, 留守で, 突然谷川, 竿の, 素氣なく, 聞いたその, 聞て, 腹を, 茅柴の, 莫迦野郎です, 衆みなこれを, 言葉を, 記せるもの, 車に, 追い慕って, 通夜の, 野に, 陸奧の, 面を, 馬鹿や, 鼻を

▼ 然すれ~ (82, 0.7%)

6 ば其方 3 ば我が 2 ば何, ば御, ば我等, ば是, ば汝

1 [63件] ども天, ば三人, ば三十枚, ば不動院, ば久八, ば九郎兵衞親子, ば人, ば今, ば今の, ば伊豆守殿, ば何ぞ, ば何程, ば何程苦痛, ば傳吉, ば先づ三河町二丁目, ば先住感應院, ば其市, ば其方ども, ば其方百兩, ば勿, ば却, ば取, ば右, ば同人, ば和郎, ば商ひも必ら, ば大久保家, ば天下, ば如何, ば定め, ば家内中鏖ろ, ば小夜衣, ば引合ゆゑ, ば彼, ば御前, ば惣内, ば我, ば昨夜, ば昨夜河原, ば某, ば此事, ば此惡事, ば此等, ば武士, ば殘, ば永く, ば汝等, ば渠等, ば爾, ば男, ば病氣, ば相違, ば知らず, ば穀平殿, ば第, ば紀州, ば藤五郎樣御兄弟, ば見合, ば豫, ば貞盛, ば貴公樣, ば鏡淨, ば長兵衞彼

▼ 然らざる~ (59, 0.5%)

5 なり, はなし 4 なし, を得ず 2 はこれ, も亦, を得ざる

1 [35件] あり, か判定, が故に, とによって聖凡, とにより, とに係わらず, とに論, とはそが, とを問はず, なしと, なり事, なり余, なり希臘神話, に似たる, のみならず, はあらず, はない, はなき, は何ぞ, は幾, は無けん, は無し, は父母, ものあり, も人一, も冷淡, も尾, やを辨, をば不徳無道, を申せ, を知りうるなり, を知る, を見る, を証す, を証明

▼ 然るべく~ (58, 0.5%)

3 候, 御取まとめ 2 叔母に

1 [50件] おもてなし申し, お伝, その民芸精神, という意味, と恐れ, 中枢の, 住居致せ, 修繕され, 処分を, 処決せられい, 処置された, 処置を, 加減し, 双方を, 吹聴に, 善用する, 土地の, 妻帯も, 始末を, 嫁を, 存じ候と, 存じ申す, 工夫した, 床几に, 御披露, 応答する, 慰問の, 手順を, 排列の, 提燈記事を, 斡旋する, 時代に, 概ね避け, 潤色する, 無理にも, 犒らつて呉れない, 用を, 相槌を, 私し, 紹介を, 繃帶し, 繪を, 良経と, 處理を, 計う, 諸君で, 警察へ, 購ひ取り, 赤ん坊に, 采配を

▼ 然~ (53, 0.4%)

2 女は, 方で

1 [49件] ことである, ほかに, やうな, 事より, 口ぶりを, 叫喚で, 名などとを, 唯一の, 声左右に, 好みの, 姿が, 字が, 学識には, 学識に対しても, 形化し, 悦びに, 情婦で, 意に, 手から, 手に, 投票を, 招かれた先, 敗北と, 方が, 書院へ, 歸結として, 残骸から, 気配に, 沈黙の, 法則プロバビリチイの, 法衣を, 淋しい気持, 為に, 物腰には, 肩を, 脇も, 自然石なる, 詩式と, 詩式には, 詩式の, 話は, 起ったが, 起る可能, 超然と, 足どりだつた, 身の上で, 輔行弘決を, 通り主人の, 過失から

▼ 然うで~ (50, 0.4%)

10 はない 7 もない 6 は無い 3 はございません 2 はなく, もなかっ, も無い, 断定的に, 然うで

1 [14件] はありましょう, はありません, はあるまい, はないでしょう, はなかっ, はなかつた, は有るまい, は無かっ, 何うもねえ, 其の通り, 名ぶつ, 堅い方, 平生の, 石花菜を

▼ 然~ (49, 0.4%)

4 非ず

1 [45件] あらざること, あらず我が, あらず既に, あらず目, あるを, お三婆母子, お房, して, なつて, ふと物音, 不思議の, 与へられた多額, 今では, 何から, 何時何処から, 先日は, 加納屋利兵衞方にて, 吉兵衞は, 因て, 大極丸, 妻は, 對ひ, 惹き起される支配階級, 我が情, 昨年祖母も, 是等学芸の, 暇を, 書寫させ, 東西雲焼し, 此度土州イロハ丸かり, 此篇の, 此長三郎は, 清十郎が, 澤の, 特殊な, 略海軍の, 目礼を, 知らされた, 與へ, 見たの, 訊ねて, 述懐し, 銀座で, 階下の, 非ずして

▼ 然うでした~ (47, 0.4%)

2753 な, よ 2 かな, か怎, ねえ, の 1 わね

▼ 然ども~ (47, 0.4%)

2 余が, 里言は

1 [43件] お深, この癖漢, なほ安ぜ, また純粋, 三人寄時は, 今將, 何も, 先ア関係わんが, 先何事も, 八ヶ年以前八月廿八日の, 勇氣の, 半四郎は, 又七は, 命には, 喧嘩口論は, 外には, 大藤親子の, 天子には, 天誠を, 宵月の, 市郎左衞門申立より, 御表札, 忠臣は, 息子長三郎は, 我云所の, 故意參りし, 是を, 時として鷄, 桃青と, 此お, 此の度は, 此義にて, 浪食もとの, 町奉行に, 破れたる骨柳一ツ, 私し, 藤八は, 遊女などの, 醫師といふ, 隱し, 面體は, 鬼の, 鰻を

▼ 然るべし~ (47, 0.4%)

2 と存じ, と存じます, と存ずる, と申, と評議一決

1 [37件] その費用, とあれ, という理由, という見解, といふ吉兵衞始め, とその, とて近江守, との事, と云, と云う, と借入, と刎, と大御所, と彼, と御, と御意, と思います, と思う, と思つて, と思ふ, と惟うに, と為した, と申す, と申事, と申時主計, と異口同音, と相談爰, と聞き居, と謂う, と辨, と述, と道理, などまたは, 併し, 其間には, 此御勘定とても, 然すれ

▼ 然~ (44, 0.4%)

2 でも無い, に大岡越前守殿

1 [40件] では無い, では無く, でも無, で無いが, にはなるまいで, にもない, に上野中堂, に久兵衞, に光陰矢, に吉之助, に喜八, に執心, に堕落, に大した, に大岡殿, に官位, に彦三郎, に待っ, に忠八, に思はれな, に思ひ, に新, に早く, に村井長庵, に来たく, に深く, に物惜, に畔倉重四郎, に穀屋平兵衞, に見えず, に近い, に運命, の事, の大, の惡黨, 御案事, 迄にも逢度, 迄の御, 迄我が身, 違うこと

▼ 然ながら~ (43, 0.4%)

2 御前樣には

1 [41件] お三人, これは, 一旦中山樣, 不死の, 今は, 今日只今迄は, 今更夫, 今迄, 兩人の, 公儀に, 其人殺, 其節我は, 前世の, 千太郎は, 夢に, 天に, 夫程まで, 女の, 如何なる因果, 強て, 彼奴も, 後悔致し, 我々身延山を, 我懷ろに, 我等も, 手前に, 押て, 捨置が, 斯る, 斯樣申せ, 此儘に, 此彌十は, 汝が, 然程, 爰に, 相果, 種々に, 自分でも, 親旦那も, 證據人と, 面目なき

▼ 然うでございます~ (40, 0.3%)

5 か, よ 4 とも 3 かそれ, ね, の 2 な, わ, わね

1 [11件] かと云っ, かねえ, かねそれから, か不思議, か仙太郎親方, か幽霊, か本当に, けれど愛惜, ねえ, のよ, 藁が

▼ 然かも~ (40, 0.3%)

2 それが, 之を, 大きい

1 [34件] あの境遇, かういふ孤島, こういう直接, この西, これだけの, これは, その夜, その大, そろ, な言, ゆつたりと, 互に糾紛, 先生に対して, 同じ仕事, 図抜けの, 多くの, 大きなもの, 大酒, 尚ほこらひ居りや, 彼等は, 徂落とか, 急いだ, 惜し氣, 放翁六十三歳, 最もおそき, 梁山が, 欧陽公必ず, 濁った水, 競子の, 総赤, 若いぴちぴち, 若さ, 近く聞えた, 馴れない人達

▼ 然うだろう~ (30, 0.3%)

63 て, と思った 2 と思っ, よ

1 [14件] か, が謡曲, が道子さん, さ, とも, とも矢, と大概推察, と思いました, と見当, な, なあ, ねオイ船頭さん船, ね成, 然う

▼ 然~ (30, 0.3%)

2 自己を

1 [28件] あらば, あらんかと, あるといふ, いふさ, なければ, 呼ばれるもの, 呼んだこと, 呼んだもの, 宣すれ, 宣ん, 宣給へど, 思ひて, 思ふは, 思へりし, 思へる, 我ら二人を, 教へ, 考えたること, 考えられるばかり, 考えるの必要, 言ひし, 言わるること, 認めら, 認められたりしもの, 語つて居る, 読んだもの, 陳じ, 音転か

▼ 然~ (30, 0.3%)

10 な事 2 なこと

1 [18件] なぐず, なに云わない, なに薄情な, なに飛ぶ, ならばと, なら何故, なら早く, なら私, なら鞄, なれば, な人, な手紙, な未練, な気, な無礼, な真似, な考え, な訳

▼ 然まで~ (28, 0.2%)

2 可恐い, 大きくも, 案ずる事, 珍しくも, 遠くない, 難儀は

1 [16件] おびえまいよ, さもしき根生, たまさかの, 下らず此方, 古い事, 吉祥と, 嗜むとも, 大凶と, 寢惚けた, 役立たないこと, 惡人とも, 時が, 混雑も, 諸人の, 遠くの, 遠くも

▼ 然やう~ (27, 0.2%)

73 な事 2 なら, な毛氈

1 [13件] で, でご, でございませうとも, でとばかり, なもの, な目, な陣笠, の事, の人, の善から, の情, の道, 申しましたやう

▼ 然らずし~ (25, 0.2%)

2 て唯

1 [23件] てあなた, てかかる, てこの, てわたくし, てインド, て人間, て倨傲自ら処, て其官權, て再三, て別に, て単に, て嘉永元年, て国家, て恰も, て抽象的, て政府, て東京, て歴代, て特殊, て皮相, て相, て自己, て長く

▼ 然うかと~ (23, 0.2%)

6 思ふと 4 いって 2 いつて, 思つた 1 も思う, も思ツ, 云つて別に, 云つて向う岸と, 思って, 思へば, 言つて並木の, 言つて焚え, 謂つて勿論

▼ 然うでない~ (22, 0.2%)

2 のです, のは

1 [18件] あれは, お血統, とも謂, にし, のよ, までも十日, まア診, ものを, 一体貴様, 今日は, 只主, 実は旦那, 年が, 御新造は, 是は, 真実愛敬の, 貴様ア感心な, 雪は

▼ 然~ (22, 0.2%)

1 [22件] いかに志閑禅師, これを, たずねた, つけて, ひかえて, ふを, またたずねた, 何分大枚, 作品に, 俺達に, 口を, 岡寺に, 書いた詩, 横あいから, 残骸を, 片手に, 發明頓才の, 目を, 聞いて, 自ら羊僧と, 見えると, 詩議と

▼ 然~ (21, 0.2%)

2 つけと, よ, 世の中から, 今自分, 同じ風, 慥かに, 然だ, 燐寸箱だ 1 この声, この聲, と思った, 今の, 炬火が

▼ 然うさ~ (20, 0.2%)

151 したの, な, なア, ね七歳, ね其処

▼ 然~ (20, 0.2%)

2 つてるん, ふと問

1 [16件] からいふ, からく, から出た, がな, が体言, が名詞法, であらう, ではあり, と終止言, にこめ, につく, に形容詞接尾語, の方, や終止言, る, をもと

▼ 然うでしょう~ (19, 0.2%)

3 とも 2 か, な

1 [12件] かな, かね, がまア, が以前, が大変, けれど, と思っ, と言っ, ね, ねこれ, 些とは, 少し声

▼ 然うなれ~ (18, 0.2%)

2 ばまだ, ば私

1 [14件] ばいい, ばといっ, ばと頼まれ, ば何故, ば兄妹, ば力, ば大学, ば宜しい, ば患者, ば此, ば私イ, ば結構, ば誠に, ア浮びます助かります

▼ 然りで~ (18, 0.2%)

1 [18件] あつた, いわんや臣隷諸神, 一杯やる, 作者の, 其の氣, 其の粗, 君と, 孔子が, 學問の, 彼は, 惜福者が, 支那が, 片紙斷簡を, 独西鶴のみ, 私は, 苟も眞, 若し精, 面にまで

▼ 然うだった~ (16, 0.1%)

2 か, かね, ね, よ 1 かも知れない, から, から況や, が中学, に相違, のか, のかい, のである

▼ 然ばとて~ (16, 0.1%)

2 雪に

1 [14件] 十人の, 外に, 大望の, 夫の, 岡山近所にも, 承知し, 斯し, 早速使, 榎本屋三藏に, 盥に, 與力に, 西濱の, 阿容, 餘儀なく

▼ 然らん~ (16, 0.1%)

431 しかれども, と, とおもう, と思い, と思います, には人生, には其間, には我輩, には甘んじ

▼ 然~ (15, 0.1%)

2 ふを, ふんだ, ふ譯 1 はれて, ふお前, ふ事, ふ人間, ふ信仰, ふ天氣, ふ時, ふ物, ふ生活

▼ 然うと~ (14, 0.1%)

1 [14件] お半, でも思っ, オイ直, ナカ, 今夜は, 今日は, 今日唯今初めて, 何う, 博多も, 君達は, 小川さんは, 御金蔵, 正雪殿昨日, 馬鹿に

▼ 然うなる~ (14, 0.1%)

2 と君

1 [12件] とこの, とする, と不思議, と人, と周三, と女, と婦人, と幾ら努力, と悲惨, のが, んだろう, 理窟ね

▼ 然とて~ (14, 0.1%)

1 [14件] 云ねば, 人一人たり, 何時迄も, 何程考へ, 傳吉に, 其儘捨て, 又近所, 外, 外に, 是迄に, 此所に, 生返らせな, 空然々, 親類縁者とても

▼ 然~ (14, 0.1%)

1 [14件] 三郎兵衞は, 予は, 二日二夜海上に, 今一人に, 其人殺, 其方は, 原田兵助は, 又斯, 告げよ, 四海に, 始めて, 歎て, 汝を, 汝若し

▼ 然~ (13, 0.1%)

4 はあるまい 2 あつた, はない 1 あらう今度, せう, は有, もあらう, 御座ります

▼ 然~ (13, 0.1%)

1 [13件] 七八里程脇にて, 下さる, 今回小次郎ト私トハ敵対, 先達て將軍の, 只今は, 吉兵衞は, 吾助は, 夫等を, 折角是迄, 持參金の, 爰は, 隱居が, 餘り

▼ 然かし~ (12, 0.1%)

1 [12件] もう斯, 伯母さん, 僕が, 彼女が, 彼等の, 彼等は, 松本君余りに, 決して御, 篠田君山木の, 能くしたもの, 貴様剛造の, 閣下御

▼ 然のみ~ (12, 0.1%)

1 [12件] 何とも思はざる, 厭わねば, 大功とは, 大金とも, 心を, 急に, 損も, 濶から, 苦に, 賤しからざる, 距って, 難儀にも

▼ 然~ (11, 0.1%)

1 [11件] 両立すべからざる, 互に陳, 大なる, 我々に, 氣乘り, 熟練せり, 狭隘なる, 珍重せられた, 簡単には, 衆軍祈る, 陳じ

▼ 然なり~ (11, 0.1%)

3 と雖 2 然なり 1 とは聞召, と云, と答, と點頭きし, 情なしと, 誠に君

▼ 然~ (11, 0.1%)

1 [11件] つけて, もて之, 呼んで, 宥めすかし飛んだ疑ひを, 思ひ出したの, 爰へ, 聞て, 訪れて, 謀殺せん, 迎へに, 追っていよいよ

▼ 然うで御座います~ (10, 0.1%)

6 ねえ 4

▼ 然~ (10, 0.1%)

2 へまいる 1 からの招聘, の娘, の市民, の海岸沿い, の牧場, の警視庁顧問, へ出掛ける, へ行く

▼ 然うだらう~ (9, 0.1%)

3 と思ふ 2 ともさ 1 と思つた, と言, なは, 然うだ

▼ 然うでございましょう~ (9, 0.1%)

2 とも, よ 1 かね, な, ね, 万年町の, 私も

▼ 然かく~ (9, 0.1%)

2 宣んして 1 云ふこ, 信じおれるが, 劣等なり, 寐入つて居るらしい, 簡単ならぬ, 英武の, 陳じ

▼ 然たり~ (9, 0.1%)

2 是右の 1 し時に, 予は, 人文神話の, 機会に, 汝等黒闇に, 飽くまで従容自若, 飽くまで從容自若

▼ 然なく~ (9, 0.1%)

1 てその, ては叶, とも崛強, ばや, ば外, ば最初九, ば那處, ば隱見出沒, 候共千太郎が

▼ 然うお~ (8, 0.1%)

1 もつた, 三どん新参で, 云いだと, 云ひなさい, 出に, 太皷口を, 憤りに, 為

▼ 然する~ (8, 0.1%)

2 にあらずや 1 にあらず, のである, ものだ, をえざる, をえざるなるべし, 時は

▼ 然にも~ (8, 0.1%)

1 あらば, そこを, その友達, 並つた初段級の, 斯んな, 用ゐられ, 蜂の巣に, 遺書を

▼ 然うだっ~ (7, 0.1%)

2 てね 1 てえ, てまア, て前, て大層, て話

▼ 然うらしい~ (7, 0.1%)

1 と思ひました, ね, のよ, やうな, よ, んでございます, んです

▼ 然~ (7, 0.1%)

1 が熱心, と衝突, に追い出されました, の小乗教, の言う, はその, も不快

▼ 然あらぬ~ (6, 0.1%)

4 體にて 1 面にて, 體に

▼ 然うだつ~ (6, 0.1%)

2 たかい, たね 1 け, た

▼ 然かのみ~ (6, 0.1%)

1 ならずその, ならず不品行, ならず余, ならず古文, ならず国, ならず自分

▼ 然から~ (6, 0.1%)

1 この寺, ちら, ふを, るに, 与へられた橄欖寺, 通じて

▼ 然~ (6, 0.1%)

2 クドイ男だ 1 う思つて, へする, へすれ, もあり

▼ 然らば~ (6, 0.1%)

1 が口, で口, の勲何等風, の文句, の献酬, は願い下げ

▼ 然~ (6, 0.1%)

1 ではなう, という, とも見るべき, と語尾, の音転, も終止法

▼ 然あり~ (5, 0.0%)

1 しか弟, てその, て乾, て遂に, て還り上ります

▼ 然いふ~ (5, 0.0%)

1 口なら, 此方は, 目出度お話, 解あり, 譯なら

▼ 然うな~ (5, 0.0%)

2 のかも 1 のか, のかね, ので現に

▼ 然うなら~ (5, 0.0%)

1 ば万一, 人を, 巧いんだ, 彼等も, 早く知らせ

▼ 然かなり~ (5, 0.0%)

1 き厄, 友よ, 女性君が, 故は, 正しくも

▼ 然~ (5, 0.0%)

1 姿にて, 御力量哉加, 御挨拶, 挨拶を, 親族知己などの

▼ 然した~ (5, 0.0%)

1 うとう立上, とひ死んだ, ッた, 樣な, 目の

▼ 然たる人~ (5, 0.0%)

1 がスコッチ, が羽織袴, でやたら, にあらず, はさ

▼ 然~ (5, 0.0%)

21 やで云, やはあ, や然

▼ 然ばかり~ (5, 0.0%)

1 何に, 心を, 明日の, 蔓つた牛の, 降るとも

▼ 然りである~ (5, 0.0%)

1 がその, が墨子, だから, 支那の, 道教も

▼ 然るべからず~ (5, 0.0%)

1 ただしおんな, と存じます, と拒ん, と諫め, 叶ふまじ

▼ 然~ (5, 0.0%)

1 去ル七月廿七日及八月朔日, 御ちう, 御別後三田尻, 拙儀御国, 誠になげくべき

▼ 然ルニ~ (5, 0.0%)

1 今摸傚, 初學ニハ差支アルニ, 大西郷等革命精神, 御相談, 非ズ

▼ 然和上~ (5, 0.0%)

1 が法衣, と夫婦, に差上げ, の災難, は三十四歳

▼ 然有ぬ~ (5, 0.0%)

4 體にて 1 風情にて

▼ 然ありて~ (4, 0.0%)

2 後に 1 後には, 後還ります

▼ 然あるべき~ (4, 0.0%)

1 こと, ことである, ものとして, やうに

▼ 然うす~ (4, 0.0%)

2 か, か解職

▼ 然うである~ (4, 0.0%)

1 とすれ, のが, 一番多い, 事を

▼ 然うでございました~ (4, 0.0%)

21 か知ら, わね

▼ 然うなっ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ています, ている, て来る

▼ 然う御~ (4, 0.0%)

1 心配なれ, 期待下さる, 相談が, 贔屓下さいます

▼ 然う被~ (4, 0.0%)

2 仰るからには, 仰る事

▼ 然かと~ (4, 0.0%)

1 人いは, 喰せ, 存候, 相願候事ニ御座候

▼ 然かもなほ言~ (4, 0.0%)

2 ひ難い, ひ難き

▼ 然たら~ (4, 0.0%)

1 ざるを, ざる者あらむ, ば汝, んと

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 一方の, 世を, 悩ける, 理と

▼ 然とは~ (4, 0.0%)

1 して, ならなかったが, 以前の, 思うが

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 事を, 悪気流, 機会を, 糸子の

▼ 然ほど~ (4, 0.0%)

1 先君の, 別懇なら, 生命が, 苦に

▼ 然までに~ (4, 0.0%)

1 云る, 口汚く詈, 浮世をば, 臆病ならざる

▼ 然までの~ (4, 0.0%)

1 事も, 困難は, 怪我にも, 距離は

▼ 然らば余~ (4, 0.0%)

2 もその 1 の迷惑之, は最早

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 にも先年, は即興詩人, は右五十兩并, は商

▼ 然名詞法~ (4, 0.0%)

1 であつ, であらう, であること, で綯

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 儀と, 奉公も, 差圖被成可被, 断り下さるやう

▼ 然樣いふ人~ (4, 0.0%)

1 だと, は自ら, も有る, を強

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 から出た, に条件, は普通, 又はあの

▼ 然無く~ (4, 0.0%)

1 ても古, ても軍隊, とも城中疑懼, ば四方

▼ 然~ (4, 0.0%)

1 去明治十一年六月七日, 当屋敷御上始め重役, 懸御, 無申訳御無音戦栗

▼ 然あら~ (3, 0.0%)

1 ば取, ば發足有, ば白状

▼ 然うかい~ (3, 0.0%)

1 さうかい, 一寸気, 驚いたなあ

▼ 然うじゃ~ (3, 0.0%)

1 ございませんか, ございませんけれども, ございませんわ

▼ 然うせんけれ~ (3, 0.0%)

1 ば事穏, ば僕, ば宜しく

▼ 然うでなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばと考へ 1 ば瓜井戸

▼ 然~ (3, 0.0%)

1 て物, 上がった, 上らなかつた場合

▼ 然かは~ (3, 0.0%)

2 あれども 1 あれど

▼ 然かる~ (3, 0.0%)

1 かという, ことを, 後に

▼ 然こそ~ (3, 0.0%)

1 あるべし而金子紛失, 便なく, 東京にて

▼ 然しか~ (3, 0.0%)

2 うなると 1 やうな

▼ 然しさう~ (3, 0.0%)

1 とは気が付かない, とも断言, とも言

▼ 然~ (3, 0.0%)

21 や閻羅

▼ 然~ (3, 0.0%)

1 かしと, やと, 尊き玉津島山

▼ 然です~ (3, 0.0%)

3

▼ 然といふ~ (3, 0.0%)

1 図書館長と, 坊主も, 老人が

▼ 然とも~ (3, 0.0%)

1 お花は, せず帽子, 必要の

▼ 然とを~ (3, 0.0%)

3 さまる

▼ 然ならん~ (3, 0.0%)

1 が目前, とおも, と思へる

▼ 然よう~ (3, 0.0%)

1 であります, でご, 致しますれば

▼ 然らざる者~ (3, 0.0%)

1 とを区別, に対しては実質的釈義, を疎外

▼ 然るべく取~ (3, 0.0%)

1 はからへと, 繕はれた, 計へと

▼ 然るべく存ずる~ (3, 0.0%)

1 が越前どの, と申出, 也と

▼ 然るべく計らっ~ (3, 0.0%)

2 てくれる 1 て参ります

▼ 然レドモ~ (3, 0.0%)

1 今ヤ柳北ト二子ハ, 当初稿, 猶有縁

▼ 然上人~ (3, 0.0%)

1 が参内, が腰, の唐

▼ 然思ふ~ (3, 0.0%)

2 事が 1 は理

▼ 然樣云~ (3, 0.0%)

1 てみませう, ないなどと, る

▼ 然~ (3, 0.0%)

1 なく善六, なく御意, なく感應院

▼ 然~ (3, 0.0%)

1 聖と, 聖などと, 聖冷暖自

▼ 然あがり~ (2, 0.0%)

2 人是が

▼ 然あらしめた~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ 然ある~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ 然いはれる~ (2, 0.0%)

2 と立瀬

▼ 然ういう~ (2, 0.0%)

1 役が, 病が

▼ 然うであった~ (2, 0.0%)

1 から皆此頃, と云う

▼ 然うであるなら~ (2, 0.0%)

1 ば如何, 其れ

▼ 然うでしたらう~ (2, 0.0%)

2

▼ 然うでなく~ (2, 0.0%)

1 てもこの, 至極国際公法的

▼ 然うで無い~ (2, 0.0%)

1 と恁, のか

▼ 然うなつ~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, てる

▼ 然うならしめられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 然うなんです~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 然うに違~ (2, 0.0%)

2 ひない

▼ 然う不~ (2, 0.0%)

2 機嫌でも

▼ 然う大~ (2, 0.0%)

1 さは, 辰って

▼ 然う手~ (2, 0.0%)

1 はか, 輕く

▼ 然う曲~ (2, 0.0%)

1 解しちゃ, 解して

▼ 然う無~ (2, 0.0%)

2 暗に出る

▼ 然かぞ~ (2, 0.0%)

1 かし無き, 待つら

▼ 然しこつち~ (2, 0.0%)

1 にし, は寧ろ

▼ 然しさうでない~ (2, 0.0%)

1 と信じた, 時子供や

▼ 然じゃ~ (2, 0.0%)

1 での, ねえよ

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 と云, 虎多し

▼ 然せる~ (2, 0.0%)

1 は安, 怪無き

▼ 然その~ (2, 0.0%)

1 場に, 手の

▼ 然たるも~ (2, 0.0%)

1 のであつ, ので彼

▼ 然たる一陶器~ (2, 0.0%)

1 であ, であっても

▼ 然たる声~ (2, 0.0%)

1 であった, で一言

▼ 然たる顔~ (2, 0.0%)

1 をし, を装っ

▼ 然だす~ (2, 0.0%)

2

▼ 然だら~ (2, 0.0%)

2 ハア俺ア酒

▼ 然でない~ (2, 0.0%)

2 と信ずる

▼ 然でなかつたら~ (2, 0.0%)

2 具合が

▼ 然という~ (2, 0.0%)

1 方が, 男は

▼ 然ど御~ (2, 0.0%)

1 城代の, 浪人には

▼ 然なき~ (2, 0.0%)

1 だに白晝さ, にもせよ

▼ 然なすべく働い~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 然なる~ (2, 0.0%)

1 保護を, 時は

▼ 然なるべく~ (2, 0.0%)

2 と存候

▼ 然にても~ (2, 0.0%)

1 慥に, 船は

▼ 然には~ (2, 0.0%)

1 あらずや, 勝って

▼ 然のみならず~ (2, 0.0%)

1 かの輩, 戀し

▼ 然はん~ (2, 0.0%)

1 がえらい, の方

▼ 然ば九郎兵衞~ (2, 0.0%)

1 は仕損ぜし, は是

▼ 然もこそ~ (2, 0.0%)

2 あらんと

▼ 然もさうず~ (2, 0.0%)

1 と元, と千助

▼ 然もたれ~ (2, 0.0%)

1 か彼等, か聖書

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 うさ惡い, 毎日新聞の

▼ 然~ (2, 0.0%)

2 高沼の

▼ 然らざらん~ (2, 0.0%)

2

▼ 然らむ~ (2, 0.0%)

1 斯くて, 然れ

▼ 然らん事~ (2, 0.0%)

1 をと, をと呪願

▼ 然りこ~ (2, 0.0%)

1 の地, の変化

▼ 然りだ~ (2, 0.0%)

1 から仕方, から召使たち

▼ 然りであり~ (2, 0.0%)

1 その次に, 否定に

▼ 然り働く~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 然り書かれた~ (2, 0.0%)

1 以上に, 以外に

▼ 然るた~ (2, 0.0%)

1 ぐひありといひ又, ぐひ多し

▼ 然るべく執り成し~ (2, 0.0%)

1 て置い, て自分達

▼ 然シナガラ~ (2, 0.0%)

1 大多數婦人, 若シ此

▼ 然ニ先日~ (2, 0.0%)

1 の御, 御直申上置候二件

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 然ラハ我カ國勢次第ニ進長シテ遠征, 然リ

▼ 然ルガ~ (2, 0.0%)

1 故ニ婢モ, 故ニ汝等ハ此

▼ 然レ共~ (2, 0.0%)

1 あの門田宇平, 万一うらむ

▼ 然一笑~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 と思ひ居し, ながら設此先

▼ 然云う~ (2, 0.0%)

1 お達, 訳じゃ

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 をし, 御見立

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 つて其領佐倉にか, 復回

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 当時, 手と

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 笑し, 酒不

▼ 然大悟~ (2, 0.0%)

1 し人, し帰って

▼ 然~ (2, 0.0%)

2 越雪之

▼ 然所詮~ (2, 0.0%)

2 本木を

▼ 然樣御承知~ (2, 0.0%)

1 下さる, 下されよと

▼ 然樣思~ (2, 0.0%)

1 し召, 召し下さるべし返

▼ 然樣成~ (2, 0.0%)

1 ば女, や四郎左衞門如何

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 は陳風墓門, 苦いほど

▼ 然程慾~ (2, 0.0%)

2 の無い

▼ 然笑い~ (2, 0.0%)

1 ながら細君, 狼狽て

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 樂, 田何而上未

▼ 然~ (2, 0.0%)

1 仰れては, 思召候は

▼ 然言つて~ (2, 0.0%)

1 ましたから, 上げた方

▼ 然~ (2, 0.0%)

2 ヲ成シ俗

▼1* [683件]

あらずは國, 然あらんかなれ, 然あるべきなんだ, 然あれば瑣事, 然いいしなり, 然いうだけで, 然いうならばそれ, 然いふ病の有る, 然ういいながら木本君, 然ういいましたが恐ろしい, 然ういうところは, 然うかいそれは有難い, 然うかいぢやア何処, 然うかい君も然, 然うかい私は初めて, 然うかてえば貴方, 然うきゃも, 然うさ通常の文, 然うじやない, 然うじゃあねえ見て, 然うず然もござりませう, 然うせいよ, 然うたいキンキラキンキンキラキンの, 然うだったらお父さま, 然うだろう惚れてるからな, 然うだんべえ, 然うだ死んだと言, 然うであったろう此の, 然うでありましょう併し出来ない, 然うでございませうよ, 然うでねえ訳な, 然うといへば宜, 然うとも然う, 然うともうソロ, 然うと長いですね, 然うなったので, 然うなったら是までの, 然うなつたら仙臺會津庄内と, 然うならざるを得ない, 然うなら訊いても駄目, 然うなりそうです, 然うなりますとがつ, 然うなんだよ, 然うなんだらう頭が, 然うなんでございますか旦那, 然うにも限りません, 然うのようでございますね, 然うまで謹直, 然うまずい顔と思わない, 然うもして遣ったら, 然うも云うことが, 然うも参りませんからねえ, 然うも行かないさ指井君, 然える護摩の, 然銀は, 然おまえは一体, 然おもひ給はず, 然かおもひ侍りき, 然かけし後石尊様詣り, 然かさやうに翔る, 然かし体躯は以前, 然かし其んな物好き, 然かし大和君は我, 然かし失礼の様, 然かし姉さん旧思想, 然かし山木君もナカ, 然かし左様心配した日, 然かし松島才色兼備の花嫁, 然かし此頃娘共の話し, 然かし篠田は覚つて, 然かし足利時代は慥か, 然かし郎君を良人, 然かする時は, 然かせばアカイア, 然かせるにあらず, 然かもわしが用件, 然かもガ氏といひ, 然かも一つならず二つ三つ, 然かも一ヶ年中僅かに四五日, 然かも一首に, 然かも二日の日, 然かも儒者の爲め, 然かも其人は將さ, 然かも其國家は偏武的, 然かも其起居挙動の野鄙, 然かも出口としてはその, 然かも力を入れ, 然かも古色を帶びて, 然かも吾人は人種, 然かも坦々たる會津街道, 然かも大水の中, 然かも奈々子も父, 然かも實際の人生, 然かも平板に堕, 然かも廢藩の後, 然かも心から消し, 然かも情景ともに哀感, 然かも意識は明瞭, 然かも愛國の情, 然かも數次其の新鮮, 然かも文明の統一, 然かも斯うした, 然かも日に幾, 然かも横柄な驛員, 然かも此の残稿, 然かも此財を費し, 然かも洋書を読む, 然かも灣口は風向, 然かも知人を殺めた, 然かも秋でも冬, 然かも竟に是, 然かも繁茂した野茨, 然かも美くしい桃色, 然かも聲高に不, 然かも膝をつい, 然かも論語に於ける, 然かも識者の眼, 然かも金属を腐蝕, 然かも頑迷な彼等, 然かも首位に列, 然かも鬱然として居る, 然かも鬱蒼と掩, 然かも黄泉の道行, 然かも鼻をひくひく, 然からざるもの天下に, 然からず舊を, 然からば其七助を, 然く思はるればさしも, 然こう叱りつけた, 然こそと存じ候, 然こそは呆れつら, 然ことを何者, 然さてどの方角, 然しこつそりと, 然しさうだと私, 然しさうではなかつた, 然しそは特別, 然したうとうひき, 然しなずかしき故郷の, 然しねえ國友君貴島は, 然しねられるかな, 然しぶくりんだ, 然しめる所にも, 然しよつぽど, 然む, 然せざるべし欧米人が, 然せざれば代金支払い後難題, 然せしにあらず, 然せず神これを, 然せぬと天狗, 然そのものであつ, 然たらしめている, 然たりと評したと, 然たりという顔つきに, 然たるあるがごとし, 然たるつき当たりの暗黒, 然たる一人乗を横付け, 然たる一壮夫が私, 然たる一爆音を発し, 然たる一発の銃声, 然たる一筋路が劃然, 然たる上からは出, 然たる事も門前, 然たる云ひ換, 然たる形で扨, 然たる悄気返った態度に, 然たる憤りの半面, 然たる所あり, 然たる所謂政治小説が最高文学, 然たる数千の職工たち, 然たる額に幽霊, 然でありしか市之丞, 然でなければならない, 然とあるのを, 然といった先生の, 然とおっ立っている, 然とか日常性とか, 然とかたり出した, 然とからおの, 然とこう思った, 然としては何事か, 然としてやみぬ, 然とぞ申しける, 然とては御氣, 然とても又棄置時, 然ともり返えし, 然なから裾に, 然なければ一文貰, 然などと申候, 然なら水を, 然ならざりし形は, 然なりきさには, 然なりしか, 然なれこそ現身, 然な刈りそね, 然にて鼾の, 然にやの形を, 然だに口やかましき, 然のみは御過憂, 然はたばかりておびき出す, 然はもうどこを, 然はれそは, 然ばさ何だ, 然ばとよ日外慈恩寺村へ, 然ば一先遠く江戸表, 然ば一應の咄, 然ば一生涯を送る, 然ば九助出先無量庵, 然ば九日ならでは, 然ば先此方へと一間, 然ば先此金子にて請出し, 然ば外には言分, 然ば曲れる者, 然ば次右衞門は桐棒, 然ば次右衞門其方は只今, 然ば金は取られず, 然ば長八ナゼ貴樣, 然ば長庵を指, 然て, 然べからず其仔細は, 然べからんとぞ申されける, 然べきことをも, 然べし欠替, 然ぼくは又, 然さば恐し, 然またこれを, 然までには寒くない, 然までにもないが, 然までをかしくも, 然もかの駒込の, 然もこそと云うよう, 然もござりませうぞや, 然もさその四十七人, 然もさういふ試驗は, 然もじつと彼, 然もって人類, 然ものも可, 然もやっている, 然やうぢやな, 然やう何の音, 然やう八犬伝は父, 然やつたら坊主, 然ゆる天使なり, 然よりもづつと具象的現, 然らざらん, 然らざる所に放火, 然らしむればなり, 然らば先中を改め見ん, 然らば後にと云, 然らば感應院病死の節, 然らば所謂かつぷく, 然らば所謂中継か, 然らば時の流れ, 然らば氏はアプリオリテート, 然らば目に物, 然らば科學研究所の使命, 然らば長局の南一, 然らん明後日も, 然らん詩人も唯一, 然らバ小弟亦薩長二藩, 然らバ谷中堤内の二村, 然りかも知れない, 然りし後此の, 然りじゃね, 然りであったが, 然りでなくて伝えぬ, 然りや真偽の程, 然り亡ぶべきものが, 然り勉めてこれ, 然り有る時に, 然り飢えてるね, 然るあらんのみ, 然るあるなりと斷, 然るごとくわが研究会, 然るなりといわざる, 然るなれとしかれ, 然るべからざるペイヂには, 然るべくととのえさせては貰え, 然るべくとりはからって上げる, 然るべくもって自戒, 然るべくやっておい, 然るべく云いふくめてある, 然るべく云っておい, 然るべく取り繕って置い, 然るべく取計らったものであろう, 然るべく心掛けて口, 然るべく思われるのにそんな, 然るべく手懐けておい, 然るべく振り方を, 然るべく教えるであろうそう云っ, 然るべく教え導き適宜に, 然るべく書く方式の, 然るべく構えている, 然るべく着こなして日頃, 然るべく窺われることが, 然るべく聞え候わむという, 然るべく見せて工合, 然るべく覚え候, 然るべく運んで参れ, 然るべく養えば裕福, 然る如きの輩, 然る忌まはしき事, 然る能わざるものあり, 然ウ而ヤガテ退城ノ後, 然カモ皆辛薫, 然シアナタノ作ヲ読ムノハヒマガ, 然シ乍ラ示談シテ呉レトアラバ示談スルガ今後ハ旭川町役場デ近文アイヌ, 然チョイと会釈, 然トシテ之ヲ敬ス, 然トシテ天佑ヲ夢ム, 然トシテ正義ヲ持シ一時コレガタメニ獄ニ下リ幾ド死セントス, 然トシテ詩ヲ賦スルコト前日ニ, 然トルコ人六人とも知り合い, 然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ無シ, 然ニ人並のよふ, 然ニ今日右よふ, 然ニ今日木圭より一紙相達候間, 然ニ先日此地を上方, 然ニ先生此頃御上京, 然ニ先頃ハ罷出段, 然ニ先頃西郷より御, 然ニ先頃長崎より後藤参政, 然ニ別封桂小五郎先生まで相達申度, 然ニ去月伏見船宿寺田屋ニて一宿仕候節, 然ニ土佐のいもほり, 然ニ壱万金と申, 然ニ小弟宿の事, 然ニ当今世上の人情目前, 然ニ彼者本ト悪心, 然ニ忍で之, 然ニ此儀ハ英人等道路雑説を聞取, 然ニ此度云々の念, 然ニ此船行合の事ハ夫ニ, 然ニ水少シ物, 然ニ海船ヲ入, 然ニ私ニ非レバ, 然ニ私儀此頃老主人, 然ニ私共長崎へ帰りたれ, 然ニ私十一月廿四日浪華出帆同廿六夕上, 然ニ私方にも唯今長府馬関, 然ニ船一条甚因循のよし, 然ニ越前行は今, 然ニ重役も何分, 然ニ長州ハ曽てより, 然ニ龍馬すこしもつ, 然ハ先夜御別後, 然お内, 然バ出帆仕候, 然バ此度土方楠左衛門上国より下り, 然バ銭之議, 然バ陣中ハミノヲ用ト見エタリ, 然モ兇悪ナル旅行者の烙印, 然ラザル者トアルハ恰モ等シキ人間ノ中, 然ラザレバワレ汝ヲ子視セジト, 然ラザレバ其西客ニ一名ヲ付て送, 然ラザレバ徒ニ纏頭ヲ他, 然ラズバ又卑彌呼, 然ラズンバ辱ヲ忍ン, 然ラハ我カ國勢次第ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 然ラバ多大ナル俸給ニヨル傭兵ヲ以テ戰ヒシ英米, 然ラバ是ヨリ旭川町役場ニ行キ奥田町長ニ会ツテ話スルト云フ故入山同道ニテ町役場ニ参リ奥田ニ会ヒ, 然ラバ果シテ前段ニ云ヘル早歳能語, 然ラバ社會則チ國家ガ自己ノ蓄積セル者, 然ラバ私ガ開墾料貸スト云フカラ, 然リト定リタル事ニ, 然リトイヘドモ余コレヲ能クストイフニ非ラズ, 然リト雖モ其ノ諸, 然リト雖モ愚子狂子稀レニ良薬ヲウケテ嘗メズ何ゾソノ拙キヤ, 然リト雖モ贅疣尚ホ能ク衆目, 然リ方言ニ山の尾づる尾さきト云, 然リ而シテ彼ノ火, 然ヲ極, 然ルナラバ男子ニ謠曲ヲ課セザレバ不可, 然ルニコノ信念ハ外ニ於テハ国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, 然ルニモノクテエカシ外一同三浦ニ欺レタルコトヲ, 然ルニ一日ヨリ今日ニ至ル迄一日, 然ルニ七十七歳ノ今日ニナリ, 然ルニ其後彼ノ行ヲ調ベ, 然ルニ其後道庁ニ参リ園田ニ面会シ近文アイヌ全部開墾シタルニ依リアイヌニ土地指令, 然ルニ前ノ, 然ルニ双方の士官, 然ルニ小次郎ハ忠興様御船ニテ被遣, 然ルニ川村エカシ村山エカシ川上コヌサアイヌ三名ヨリ助ケテ呉レトテ書留ニテ書面来リ, 然ルニ川村モノクテエカシヲ連レテ上京スル考デアルガ川村エカシハ天保生レノ御, 然ルニ後來ニ至リ心意開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 然ルニ我ハ纔ニ下谷ナル鷲津氏ノ家人ニ聞キシ所, 然ルニ明治三十七年九月札幌検事局ニ送ラレ未決監ニ, 然ルニ昨日急ニ気ガ変リ, 然ルニ本願ト同様ナル着想ハ本願出願以前ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 然ルニ本願出願以前帝国領土内ニ於テ義手或ハ義足ガ, 然ルニ栗山国四郎如キ者ヲブ告罪, 然ルニ此感覺直チニ智タルニ, 然ルニ此理性ト云フ者ハ經驗ニ因テ愈々練熟, 然ルニ此言ヲ以テ癖説ナリト, 然ルニ此鏡ハ王莽ノ鋳, 然ルニ汝ハ毫モ吾ガ心ノ憂悶ナルニ関セズ, 然ルニ町長奥田ノ代理入山弁護士裁判所ニテ判事曰ク, 然ルニ皇制ノ余沢僻隅ニ澆浩シ維新以降, 然ルニ関原ノ合戦敗レテ父討死トモ言ヒ, 然ルニ高時ノ頃ニ至ツテ, 然ルベシナド立チ所ニ答ヘ我等ガ, 然ル事ニテ姫兒ト云フ稱ハ物ニ見エタルコト, 然ル後之ヲ書スベシ, 然ル後菜ヲ治ス, 然レトモ火ノ災ニ至テハ, 然レドモイマダ一方, 然レドモイマダ能ク前日ノ三分ノ二ニ復セズ, 然レドモコノ集ノ絶佳ニ, 然レドモコレ等ノ小, 然レドモソノ考証研覈ノ如何, 然レドモ九皐詩文ヲ以テ高ク, 然レドモ人ト為リ気ヲ尚, 然レドモ人烟上国ノ中, 然レドモ仔細ニ原名ヲ考フル時ハ国際法, 然レドモ僅ニ半部ヲ閲スルノミ, 然レドモ僅ニ稀粥ヲ通ズル耳, 然レドモ其種属ヲ識ラズンバアルベカラズ, 然レドモ君マタ文ヲ能クス, 然レドモ吾レ毎ニ一議論ヲ発シ一文章ヲ綴レバ, 然レドモ唯摸傚ヲ事トシテ, 然レドモ唯本邦學術ノ沿革ニ據テ, 然レドモ太真罪業甚ダ, 然レドモ彼等ノ中, 然レドモ方今英夷ヲ防グノ術火攻, 然レドモ昭君ハ三十六宮第一, 然レドモ是ニ繼デ思慮, 然レドモ是中央開化ノ四邊ニ, 然レドモ是等遺跡ノ中, 然レドモ朕ハ爾等国民ト共ニ在リ, 然レドモ總テノ點ニ於テ同樣ナルニハアラズ, 然レドモ脚疾ヲ以テ跋渉スルニ便ナラズ, 然レドモ酒ト妓ト有ノミナレバ未其, 然レドモ長短二百余篇固ヨリ皆連城, 然レバ先頃長崎ニて大洲蒸気船ハ三月十五日, 然レバ其事ハ行ハれまじく残念, 然レバ則余ノコノ道ニオケルヤソレ誰ニカ適従セン, 然レバ国本より家僕及老婆壱人, 然レバ彼西村源吉方へ頼置候フラフ, 然レバ愛進より何ぞ, 然レバ此ま, 然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ先初ニ此談ニ, 然レ共先ヅ後藤由井佐々木ニ談判ニてかた付申候, 然レ共此度の上京私一人外当時船, 然レ共私し此儘長崎, 然レ共軍法として敵国ニ, 然一升徳利とともに橋, 然一服しまへう, 然一緒に家, 然一身独去無, 然丁ウルグァイ方面よりの来信電報, 然丁人なの, 然丁春は牧場, 然丁海岸沿いに北上, 然不動でなければ, 然異變, 然が因, 然之氏族等但彼時人數記, 然乍らさう, 然乍ら娘も覺悟, 然乍ら弟十兵衞の女房, 然乍ら我々が夢, 然乍ら是必ず他人, 然乍御手紙参候ごとに一寸御返事, 然にすまし, 然事候条右之断然と, 然事柄さへ解, 然二三日まへに, 然云ことなら某, 然云ひきとぞ, 然云事なら是非, 然云御前の心底, 然何則造物之始, 然何時か義母, 然候わば今日道通り, 然先生なり先輩, 然なく声, 然宋渡天の, 然之武威, 然公共的の事業, 然共お出入知行にても, 然共物入を厭, 然其処に私, 然其爲實在不可, 然其神常昼, 然其説ク所必ズシモ正トスルニ足ラザルナリ, 然処私兼て聞及居候一事有, 然刀柄を擬し, 然ち承たま, 然則靈魂爲身國活體之主宰而能與外界庶物相交, 然副詞法を参照, 然卒爾に之, 然即令家僮朝掃時或不能如意, 然周子の父親, 然呼び做したるなるべけれ, 然呼ぶまで変つて, 然和気婦人好女, 然哉之旨申聞候に付, 然哉否於左大将殿可宜御沙汰, 然れては, 然問う仲由と, 然嘯いたといふこと, 然囁くのだ, 然囘也屡空, 然因って刀, 然国端の山々, 然を造っ, 然を作す, 然大家とは知ざれ, 然存候此段御直, 然奉公在付も無, 然好く解る, 然総禅定尼, 然之意, 然學問は獄中, 然実は両親も, 然寓意物に留まらず, 然という尼, 然巍然としてその, 然常住するを, 然に生きるだらう, 然形系統の特殊相, 然彼奴の頭, 然後次章に於い, 然御風語被成下度, 然之微, 然ふ君待ち, 然忽チニシテ行雲ヲ翻, 然思つたから勇ん, 然思はれまいと微笑, 然思ひ做し, 然思ひしかども今, 然思ツたから, 然惡樣に云なす, 然惡病のある, 然惻然として家勝, 然愁眉を開きし, 然感じ申候, 然るところ, 然所流行痢疾にて八月三日相果候, 然に入れた, 然挨拶を為ろ, 然描写のみでなく, 然政界を牛耳っ, 然日本及ビ支那ノ必要, 然昭青年の答え振り, 然豈一謙信一正則而已乎, 然は拙, 然時ハ猶敵中, 然時ハ薩州人さし立テ御受取申, 然の山水, 然曲りたるを殊に, 然有る時は, 然有時は將軍, 然然と, 然植物学教室の出入り, 然業已賣與無如何, 然樣いふ貴い努力, 然樣いふ上乘の信, 然樣いふ事は無い, 然樣いふ生動飛躍のところ, 然樣いふ生活をした, 然樣いふ路を取るなら, 然樣お前等に云, 然樣さへ成, 然樣さアノ大井戸より左, 然樣さ只馬喰町とのみ承, 然樣ぢや, 然樣云事なら直, 然樣云其方も何やら, 然樣云後ぐらい片, 然樣云此方は阿部川, 然樣何時までも畏まり居, 然樣容易に出, 然樣御聞成れたら嘸, 然樣成事思ひ寄ずお, 然樣決心をした, 然樣申せども, 然樣申さば責られて, 然樣申上なば, 然樣申成べし何, 然樣自分の思, 然樣致した者, 然樣致さんと早々, 然樣道に缺, 然の人, 然歩いたり急い, 然殿様然と, 然ない風, 然に臨ん, 然氷釋して, 然泊つて行けるだらうの, 然清照もとより浮世, 然役し, 然漠々然何時, 然漠然として一, 然潘璋の軍勢, 然潘璋周泰徐盛丁奉など, 然無きだに他国者, 然無ければ洪水, 然燃焼させて, 然には何程, 然著眼鏡, 然不過陋巷, 然の挨拶, 然畏まり候と, 然留守のよう, 然病鶴の如し, 然発達して, 然白地に御馬, 然百歳坐枯蓬, 然古刻, 然盤中の肉飯, 然もあてられぬ, 然直にまさに天下を, 然相似たる所, 然眼ざめ御奮励, 然つてるから, 然知つた見得, 然知清水半次郎長知公一噌要三郎と記録, 然の心中, 然には連体, 然程注意を惹かない, 然程能力の有, 然程苦には成ら無, 然程零落の身分, 然傾けつ框, 然何次かの, 然之則歸靈魂之, 然紛然としてゐる, 然紛雑し容易, 然素より頓智才辨の, 然縄床に居, 然者これは去年, 然者企謀反事已爲虚誕若依, 然者先年一閑斎を狙, 然者先日御相談, 然者兼而御話御坐, 然者拝任何事之有, 然者末世之今に, 然者此与右衛門ト申者我等数年兵法などをし, 然者貴様儀御隠居様, 然一向知らぬ, 然而呂律倶に存也, 然而将門尚与, 然而植物学者自ラ図ヲ製スル能ハザル者ハ毎ニ他人, 然而自無銭だ, 然を断ち割っ, 然至其相見莫不握手相歓四十年如一日況我故妻弟紳六受先生之子養承先生之嗣重以姻, 然至内部體機榮養此心魂與此躯幹者則無一相關焉, 然至外物供資之性則亦無, 然を失っ, 然無茎根衡嶽志所謂万年松, 然其形状則不可得而知, 然華麗の人, 然處右に付, 然處貴君の行跡, 然ては, 然見えてさ, 然見せつえやとを, 然見る所の, 然言ツてました, 然言聲はお, 然を決し, 然訥子の甚兵衛, 然談笑されて, 然請合て呉れ, 然論之者非此書, 然赤酸醤に似, 然越三日過其間聞哭聲扣隣人曰少婦因産而死今三日矣, 然轟然たる色調, 然途中で樂隊, 然過ぎ経た彼の, 然にあり, 然鉱業家と被害民, 然庵の, 然間日の神, 然間糧つきて, 然へも詣でる, 然降るかも知れんです, 然雲影波光を見る, 然非難せられても, 然を昇降場, 然当周泰