青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~瓶 瓶~ 甘~ ~甘い 甘い~ ~甚 甚~ ~甚だ 甚だ~ ~生
生~
~生え 生え~ ~生き 生き~ ~生きた 生きた~ ~生きる 生きる~ ~生じ 生じ~

「生~」 10760, 103ppm, 1052位

▼ 生~ (2833, 26.3%)

34 ままの 26 哲学 19 ままで 15 主體 1312 中に 10 ために, 深みに, 間に 8 方が 7 うちに, 人は, 力の 6 ような, 力が, 力を, 喜びを, 執着に, 拡充の, 肉を 5 やうな, やうに, ように, 上に, 前を, 哲学の, 執着が, 手を, 野菜を, 顔を

4 [20件] お母さんは, ひとつの, まま食う, よろこびを, 三吉が, 哲学に, 城は, 城へ, 姿が, 希望を, 性格を, 意義を, 拡充は, 日, 最高の, 深みより, 経済哲学, 續く, 美しさ, 行宮を

3 [57件] あるもの, ところへ, なかに, ほうへ, ままな, ままに, ものが, もので, ものは, ものを, 一人が, 中から, 中で, 中の, 事を, 今村は, 儘の, 元に, 充實, 全體, 共同である, 共同を, 力, 名を, 向上及び, 哲学が, 哲學は, 問題を, 喜びは, 城に, 執着は, 執着を, 好きで, 如きは, 尊さ, 心を, 悦びを, 悩みの, 愉しさ, 意味の, 意義である, 慾望と, 手に, 拡充を, 時分から, 最も好む, 歓びを, 歓喜が, 目的に, 肉の, 肯定を, 言が, 許へ, 論ずること, 須臾なる, 頭を, 魚を

2 [221件] あらゆる形態, あるうち, ある者, い, ことは, ことを, すがた, たたかいが, ための, となりに, なかには, はかなさ, ままがりがり, ままである, ままむしゃむしゃ, カスターソースを, キウリを, バンドを, リアリズムに, 一つの, 一形態と, 一種の, 一群と, 一般性は, 一般的進化の, 不安に, 世界に, 世話を, 中には, 中にも, 中を, 中心に, 中心を, 享楽を, 今村が, 儘で, 充実を, 内容を, 写実と, 写実も, 割れ目が, 力に, 助手だ, 厄介者が, 原子の, 口には, 哀愁に, 哲学から, 哲学である, 哲学と, 哲学には, 哲學と, 哲學の, 唄, 唯一の, 問いを, 問題として, 喜びが, 土臺の, 圧迫に, 城と, 城という, 域に, 執念深い要請, 基礎の, 基礎を, 壞滅, 声と, 夢, 夢という, 大きな鼻, 如くに, 始めに, 姿は, 姿を, 存する, 完全なる, 家と, 家に, 家の, 家へ, 小野の, 帰らないの, 常世の, 弟子に, 弥次, 彼岸の, 必然の, 思想にすら, 恐怖も, 恥辱に, 悦び, 悦びに, 悲しみを, 愉悦を, 意味に, 意味は, 意味を, 意志を, 意義が, 意義の, 意義への, 愛着は, 感情を, 懊悩が, 手先などを, 手紙の, 手首には, 抱負を, 拡充, 拡大と, 數は, 方々は, 方から, 方は, 時には, 時間的性格は, 曲, 有する一般性, 望むところ, 本來, 本質に, 本質は, 本質を, 根源的なる, 極致だ, 楽しみを, 機能の, 欲望の, 欲求を, 歌を, 歓びから, 歓びに, 歓びの, 歓喜とを以て, 歓喜を, 歩みの, 歩みは, 歴史性の, 段階において, 殼である, 母の, 母を, 泉を, 活動の, 流の, 渦巻の, 焔は, 無遠慮な, 爲に, 父母の, 父母は, 物に, 現実に, 現實, 生活も, 男が, 発展に, 発見探求の, 目に, 目的は, 目的を, 真の, 真理の, 着て, 着物の, 秘密は, 穀物を, 空虚を, 立場から, 立場に, 立場の, 粉を, 群が, 群れを, 義務に, 考察を, 肉が, 肯定, 肯定と, 自叙伝を, 自己解釈に, 至上の, 芽生, 若胡瓜, 苦しみ, 苦痛を, 苺を, 葉は, 葉を, 術を, 衝動が, 衝動の, 表情を, 表現である, 表現の, 裏側に, 裸体でしか, 裸体に, 言ふ, 試験を, 話を, 象徴性は, 資格で, 赤茄子の, 赤茄子へ, 身を, 身辺を, 途の, 道を, 里の, 重荷を, 間には, 間を, 闘争, 隣に, 隣の, 靴を, 顏を, 顔は, 首を

1 [1870件 抜粋] あいだいずれの, あなた, あの合戦, あらゆる光明, あらゆる活動, あるところ, ある人間, ある限り胸, いい姐, いかなるもの, いとなみ全, いろを, おばさんには, お墓, お寺へ, かたはらには, ぎりぎりの, くちこ, こころを, この世の, この自己矛盾, これらの, ころ歩いた, ごとく喜び, したがる面白い, しらすは, すくない, する通り, たくさん集まる, ただ一つ, ためという, たんげいすべからざる, とき知る, なかから, なかへ, においの, はうの, はじめに, ひとりも, ほかの, まっただ中, ままいくらか, ままそれに, ままとれた, まま三分位の, まま人に, まま味噌汁の, まま四時間湯煮, まま強烈に, まま残し, まま直ぐ, まま舌で, まま酢と, まま黒パンと, もっとも有効, ものには, もろもろの, やわらぎを, よろこびの, ゐること, ウイスキーが, ガス分子で, セ話致し, トマトの, パインアップルを, リズムの, 一人だ, 一人の, 一字に, 一日一日を, 一片を, 一般的基本的構造の, 一部分です, 万物を, 三女長一人である, 下問を, 不如帰の, 不安と, 不振に, 世界と, 両将, 中心, 主人と, 乱暴を, 乳母は, 争闘を, 事も, 事実は, 井出君を, 交響楽を, 人々は, 人たる, 人に, 人気の, 今村と, 仏で, 仕事である, 仲間なり, 伊勢蝦飛びはねにたり, 住居まで, 体験の, 余韻を, 來書に, 価値に, 信仰及び, 信者として, 個性ある, 偏重を, 側面には, 像を, 儘稱美される, 充実と, 充実完全美の, 光, 全ての, 六年は, 共同も, 其の一人, 具體性に, 内容が, 内容は, 内弟子と, 再来である, 凄さ, 凱歌に, 分化殊に, 列が, 刺とか, 前と, 前は, 創造偏僻する, 力である, 力には, 力をも, 勉強ぶりに, 勝義の, 北, 半分を, 印象新鮮な, 原始的基本的段階として, 原的エネルジーを, 參考の, 反覆に, 可能について, 同じ律, 名を以て, 名殘, 君が, 味, 味覺が, 命が, 哲学などに, 哲学も, 哲学者として, 哲學である, 哲學者, 商売なり, 問うに, 喜が, 喜びに, 喜び野, 営みが, 器具でも, 因子が, 團體客が, 土臺に, 在家散, 城が, 城の前は, 城攻むると聞か, 執着心を, 基本的事實な, 基礎で, 基體として, 塊團に, 境遇に, 壊滅後に, 声とが, 外祖母と, 夢みるやう, 大きな声, 大殿から, 天台に, 奥底に, 好い鰹, 如きなり, 如くその, 如何にも, 姉妹から, 姥も, 姿に, 姿も, 婚礼の, 子ども, 子分だ, 存在そのものが, 存續と, 孤獨を, 學理を, 完成である, 実感に, 家です, 家中で, 寢言が, 寫實と, 寸志にてしか, 小僧が, 就職の, 山の, 岸端に, 巣である, 希望とは, 平蔵が, 幻影で, 幽麗, 廃村の, 弦とが, 強調や, 形態の, 役をも, 律動の, 後村上天皇が, 從つて實在, 微妙さに, 徹底化は, 心持を, 志願を, 思いが, 思想において, 恐れも, 息吹に, 恰好で, 悦びたり, 悩みなどで, 悪夢に, 悲しみ, 悲痛と, 悲運だつた, 情調を, 意味かを, 意義は, 意識の, 愚弄という, 愛執を, 感動が, 感覚と, 態度に, 懐しい匂, 我等に, 戦乱や, 戸も, 所謂, 手の, 拉甸型の, 拡充という, 拡張である, 持續は, 握力が, 改悛は, 故里に, 教育といふ, 數多し, 斜面に, 断片性を, 新しくなる, 方々に, 方法とも, 旅行期と, 日光の, 時その, 時代には, 時自在坊蓮光といへる, 時間性の, 暗澹さを, 曾我岩蔵中間木八吉助である, 最も基本的根源的姿, 最大宝庫なる, 月, 期間にだけ, 未練が, 本分を, 本質である, 本質的性格を, 杏は, 東京の, 松茸を, 果実を, 枝の, 染み込んだ卑劣, 核心を, 根本の, 根本的規定に, 根源力に, 桐苗を, 椎たけであった, 極と, 楽しみ文体, 榻に, 構造を, 樣に, 樹を, 次にありがたく, 欲望を通じて, 欲求も, 歓喜か, 歓喜に, 歡喜に, 歩みと, 歴史性, 歴程を, 死骸を, 毀損が, 母でない, 母にも, 母も, 母親に, 気焔を, 氣風について, 水蜜桃や, 決算, 泉が, 泉等よ, 波を, 津田生が, 活動を, 流に, 流れは, 流転を, 海外留学外国法律書の, 涙劇的ヒロイズムの, 深い思い, 渾一を, 満足に, 源であり, 源泉に, 潮を, 瀧である, 火を, 為に, 烏帽子籠とが, 無い影, 無意義さ, 煙に, 燃焼の, 爲すべから, 牛乳に, 牡蠣を, 物質から, 特権の, 独り合点なり, 現実について, 理想である, 理由が, 理解生の, 甘き夢, 生甲斐を, 申分は, 男子の, 疲れた眼, 痛ましい残忍, 発展そのものである, 發展が, 盡る, 目標は, 直接の, 省察こそ, 眞相である, 真実, 真面目は, 眼瞼を, 知慧のみ, 研究臺と, 破算, 祈りの, 神経が, 神髄は, 私は, 秘密を, 穀粉の, 空虚に, 立ち木はちよっと, 竜眼肉が, 第三, 粢を, 純潔を, 細茅に, 終りに, 終るの, 組と, 結果が, 絶対権を, 綴方と, 縋って, 罪, 美しい横顔, 美味さ, 群に対して, 羽で, 考へる如く常識, 耳に, 肉煮た, 肩に, 肯定が, 肯定は, 胡瓜を, 胸底に, 脈動に, 腫物の, 膝頭が, 自己理解は, 自己矛盾を, 自然の, 自由なる, 自覺, 興味を, 色どりを, 芍藥も, 花は, 花茎を, 若さ, 苦しみである, 苦患に対する, 茅生の, 萱の, 葱を, 蕗は, 蕾を, 虚無なる, 衆生有形の, 行手を, 衝動な, 表と, 表面と, 裁縫を, 裸体を, 襟に, 見地からのみ, 親にでも, 親や, 観念の, 解釈の, 言論に, 記録である, 許へは, 試験応募の, 話とも, 語るところ, 論理が, 諸段階, 謝るやう, 豆府だ, 豊満の, 象徴だ, 豫感に, 責任を, 資料を, 赤茄子を, 足蹟が, 躍動, 身である, 身の, 軍服の, 辨難の, 連れらしい, 進化の, 過程を, 道は, 部屋にな, 酒のみ, 重心を, 野生虎の尾という, 野邊に, 金井を, 長之助で, 間で, 闇みの中に, 限りなき尊, 隅から, 隱れ休む, 雑駁な, 面に, 音づれ, 頃から, 頃は, 頃旅行する, 頌歌, 頭に, 頽廃まで, 顕微鏡一つと, 類でない, 飄々として, 餌食と, 香気を, 駅で, 高調を, 魂と共に, 魚肉に, 鮑を, 鰻の, 麦を

▼ 生~ (1076, 10.0%)

13 享けて 10 得て 8 うけて 7 享け 6 享くる, 意識し 5 もって, 享ける, 受けて, 営んで 4 して, 愛し死, 愛する心, 求めて, 知らずいずくんぞ, 知らぬ世界, 終るまで, 続けて, 送って

3 [19件] うくる, 享けてから, 代表す, 保つもの, 偸んで, 助けて, 孕んで, 弟の, 愛して, 支えて, 楽しんで, 生そのもの, 目し, 相手に, 示すもの, 肯定し, 自分の, 見ると, 貪って

2 [58件] あきらめ死を, この世に, つかまへて, つかむため, つづけて, ぬすまんが, 与うるため, 享けたことも, 享けたまたは, 人身に, 保って, 出すの, 前に, 否定する, 味うて得た, 味は, 味わい外, 善くせん, 大観する, 奇麗に, 妨げて, 始め大勢の, 安ん, 寄せて, 幸福に, 引き寄せた, 弥次, 恐れざりしごとく, 愛し慈む, 愛するという, 托すだけの, 教へる, 更え, 有するもの, 楽しみその, 楽みたい, 樂ま, 殺して, 火花の, 營み, 理する, 生それ自身, 留めて, 知らず焉んぞ, 終へ, 終るの, 肯定する, 表現する, 西門の, 見れば, 解放する, 訪ねて, 詮議する, 諦め死, 超ゆる, 超越する, 軽ん, 通り抜けた

1 [797件 抜粋] あたえた神, いとおしんで, うくかく, うけ, うけえず味わいえないの, うけた, うけたもの, うけた黒天黒地, うけはじめて, うけるもの, うけ滅, えんと, おいて, おした, おちつけて, かえりみた, からかった, かろんずるに, こうしてお, ことごとくあやまらせる, この世を, この土, これだけ, ささげた世捨人, さずかって, さへ, さも惜しん, すと, そう想い諦めさす, そこの, その愛, それに, たしなみながら, たのしみ生, たのしむ, たもって, つかさどり北斗星, つづけてること, つとめたもの, つないで, とじたの, とめ月姫, とりかへ, なし五, はしご段で, ば人と, ふたたび燃えたたせるであろう, まじまじ見守り, みんな放免した, むさぼって, むさぼり死, むさぼろうと, もとめて, やつて, よろこぶよう, わきに, レンショウと, 一ぱいに, 一人容れ, 一層愛し, 一杯貰, 三人ばかり, 下から, 与うる絶対, 与えたものの, 与えた以上, 与えて, 与えられ実在, 与え子, 世に送る, 乞う日, 了せむことを, 了らん哉, 二三人書生として, 五人演出助手を, 享けしは, 享けし身の, 享けたかという, 享けたが, 享けたと, 享けたのも, 享けた人々は, 享けた喜びを, 享けた憎むべき, 享けた鬼は, 享けてからも, 享けられぬ, 享楽し得る, 享楽すべき, 人界に, 人間に, 仏家に, 伝奇化し, 伴なつて, 使つてゐる, 使嗾し, 保ちつ, 保つ, 保つあたわず, 保つの, 保つべからず, 保つ事, 保つ計, 保てども, 信愛する, 信証せしめ, 偸み, 偸むを, 偸も, 傷い, 充たすに, 充實した, 免れない, 全うせし, 全体として, 共生する, 内院へ, 凝視する, 出入せし, 別室に, 利用し, 前ほど, 劇の, 動かすところ, 募集試験により, 勤め上げて, 半に, 厭うとは, 厭悪する, 収斂させ, 取り出して, 受くる, 受けし限り, 受けたこの世, 受けた人間, 受けた大陸人, 受けた生物, 受けた私, 受けるの, 可能ならしめる, 司るもの, 吐くもの, 否定し, 否認する, 呆ん, 呪うもの, 呪ひ, 呪ひ初める, 呪わぬ心, 味わい得るだろう, 味わい死を, 味わうという, 味わう心, 味わっては, 呼び戻して, 唯だ, 喜び死を, 営みつつ, 営みながら, 営み人類, 営むの, 営むもの, 営む一点, 営む人々, 営む人間, 営む婦女, 営む覚悟, 営んだか, 嘆くよう, 噛みしめ直して, 回復し能わぬ, 国土に, 国恩に, 地上に, 地面に, 基礎と, 塩漬けした, 壊って, 多く顧客, 天の, 天運に, 奪うため, 奪うみじめさ, 奪へる, 好むと, 婿に, 存分に, 守る勇気, 守ろうと, 守護しなけれ, 安んずること, 宋の, 完成する, 実子の, 実現し得ん, 害う, 害うなり, 害すること, 害せざるに, 寄する, 尊重する, 尚び, 己の, 幸うの心なし, 延引し, 引くと, 引延ばすべき, 彩る世界苦, 征旅の, 征服した, 得これ, 得たこと, 得た女体人造人間, 得ながら, 得るの, 得る何ぞ, 得る者, 得んには, 得ん爲, 徳と, 心服さした, 忍ぶべきか, 忘れて, 忘れるの, 思ひやれば, 怨み候胸, 恃む所なり, 悲しましむることに於, 惜しみましょう, 惜む, 想ひ, 愉しみ, 愉しむべ, 愉しも, 意識した, 愛さずに, 愛させて, 愛したといふ, 愛したもの, 愛しては, 愛しない者, 愛し人類, 愛し慈む心, 愛すべし, 愛する気持, 愛まざりし, 愛着する, 感じながら, 感じる, 感受し, 感謝する, 慰むる事, 憐れんで, 懷しい, 托すも, 托する, 抱えて, 抱きとめて, 抱き締めて, 拝んだ, 拡大し, 拾いあげた第, 持ち直したもの, 持ったら芸術, 持てあましながら, 捐つる者は, 捕えて, 捨て去るの, 採用した, 探しだした私立探偵, 探し出させその, 搏つてゐる, 擔ふ, 擧げて, 支へて, 收容し, 救うため, 教えあるいは, 断つこと, 明らめ死, 最もよく生きる, 最後まで, 有し宇宙, 有し捨, 有する証, 有らしめ乃至, 未亡人として, 本質的に, 根から見, 根柢から, 棄てしむこ, 棄てむ, 植ゑたのであつたらうとも思つた, 楽しませようという, 楽しみあんなに, 楽しみ生, 楽しむそれ, 楽しむもの, 楽しめないの, 楽み, 楽みし, 構成し, 樂しみたい, 樂むこ, 欲する, 欲するため, 欲するもの, 欲する万人, 欲せば, 歡迎された, 此の世から, 歴史の, 死と, 段々送, 毀ち主人, 永らえ得るに, 求むるもの, 求むれども, 求めよ, 求めるくらい, 求めんや, 泊める, 注ぎ入れ, 活かす底, 派遣する, 浪費し, 深めたの, 深めるため, 滅し得たの, 漸う保っ, 無意義に, 無終極的, 熱愛し, 燕獄に, 營ま, 物質的文明に, 狙う勉強家, 獄舎に, 率ひ, 現ずるよう, 生きながら, 生きる, 生きること, 生きる同一主體, 生きる者, 生きエロース, 生み出すとき, 生命の, 疑うに, 痛感する, 発展させる, 発見した, 發展させる, 眺むれ, 眺め暮らすも, 睨んだ, 知って, 知らず, 知るに, 知れ, 確立せん, 神ならぬ, 神祕と, 禀くる, 秘めて, 移植した, 稟け, 穢土なりとのみ, 突退け, 窒息さしてる, 築かなくては, 築く, 籠絡し, 約束し, 純粹持續, 終えたその, 終えアウレリアス王以来, 終ったこと, 終ったの, 終ったら弥陀, 終ふ, 終ふと, 終らしめた戸主, 終り栄国公, 終る, 終るので, 終るまでの, 終ろうと, 終わったのち, 絶ちに, 続けしめん, 続けたくは, 維ぐがためには刻下の, 総がかりで, 繋ぐただ一本, 續ける, 罵ったので, 考へた, 考へるの, 聊せしめ, 聊ん, 聚めて, 肯われる, 肯定しよう, 肯定できる, 脱却した, 自然そのものに, 與へ, 與へる, 舟とは, 苦しんで, 蕩し, 虚無と, 表わして, 装つて地面を, 要求する, 見いで, 見せたり, 見たり, 見つめて, 見て, 見ること, 見守った, 見廻して, 観じたま, 觀迎し, 言うな, 託すること, 訪うたが, 試みんとして, 誘ふがに, 読み, 請て, 謳歌する, 讃めたた, 變ふる, 象徴し, 貪らずには, 貪らんと, 貪るは, 貪る勿, 貫通し, 賛美する, 賭け思慕, 起さず何処, 起たしめたる, 超え死, 超越しなけれ, 踏み躙ったと, 身に, 軽うし, 軽蔑し, 軽視する, 迎ふ, 追うた行止り, 送つた, 送らなければ, 送らねば, 送りしもの, 送り如何, 送るべきである, 送るより, 送れるもの, 通り拔ける, 連れて, 遂ぐべしである, 遂ぐるの, 遂ぐる所以の, 遂げしめん, 遂げ得べきもの, 遂げ得る樹, 遊離した, 運動場の, 過さん怨, 過さん貪る人, 過して, 避難させ, 邀えて, 重んずるというは, 鍋に, 長い間徳, 開拓しよう, 開拓する, 隔つれ, 隔てて, 集めて, 離れ死, 静に, 顧みて, 顧り, 食ってるダア, 養って, 養はんと, 養成し, 養母と, 驗問させた, 高めようと, 高める, 高めるという, 高めるとは

▼ 生~ (948, 8.8%)

7 女の, 驚いて 5 すぐに, その意味, それを 4 眼を 3 そこで, その手, 和歌に, 家へ, 歌よみに, 正三君の, 照彦様の, 生の, 自分の

2 [73件] うずたかい柚, おじぎを, ここに, これを, して, その女, その燈, その道, それから, それが, それに, それも, たよりない, つねに特殊的, ふと魏法師, ぽつねんと立っ, また逃げよう, もう亡くなった, われわれの, 不断の, 乃ち, 他の, 何ごころなく, 何である, 公子を, 匙を, 喜んだ, 国歌を, 夢中に, 女の子の, 嬉しく死, 学校の, 客観に, 客観的にのみ, 室の, 寄なり, 尊い, 尊いもの, 少年の, 形を以て, 扉を, 早速に, 時の, 月の, 月湖の, 未だ生き, 机の, 柩の, 歌よみよりは, 死と, 永遠の, 湖縁の, 湖縁を, 濁った靄, 無意味だ, 照彦様を, 特殊的な, 生意氣, 目を, 私を, 窈娘の, 結合する, 老人の, 肌脱で, 腰を, 自己の, 自由に, 薄暮暗, 袞繍橋の, 走り寄っ, 金蓮の, 首を, 驚いた

1 [742件 抜粋] あったが, あなた方の, あり生, あるの, いいだした, いいね, いい教師, いかにし, いかに多様, いきなり正三君, いきなり諸肌, いくつかの, いそいで, いつに, いつも僕, いつも時間性, いつ船を, いと卑しく, いま船長室で, うっかりする, おいおいに, おとなしく從, お前の, お艶ちゃん, かたく死, かつてあった, がらりと, きまりが, こう言った, こう遇う, ここでは, ことごとく黙々の, ことし二十三で, この群, これからである, これに, これは, こんなにめいわく, ごく手輕, さながら私, さびしいもの, じっと考え込ん, じれったそう, すぐ返っ, すつかり, ずっと通っ, そうたんとねえ, そう答えたぎり, そこ, そして死, そっぽを, そのお初, そのさ, その中, その刀, その坐, その夜珊珊, その山, その座下, その後役人にな, その後思いだし, その獲物, その男, その畢生, その穴, その老人達, その血, その路, その金, その間に, その顏, それぐらゐ氣位高く, それのみの, それらの, そんなもの, たたかれて, ただ断えざる, ただ記述, たまにしか, たまらなかった, ちかく退院, つっぷしたまま, つまり意味, つめよって, ときとしては, とくに厳重, とび起きて, とりあげである, どうしてこの, どこから, どこまでも, どっさりいた, ない, なおしばらく, なお尾沢生, なんでしょう, にらんだ, はじめて公子, はじめて生, ひじを, ひとへに, ひとり靜, ひどく喜ん, びっくりした, ふしぎに, ふりも, ほっとした, まことに情, まず芝生, またほうぼう, また元, また最前小圓太, また泣きだした, まだぞ, まだ夜着, まだ東京, まだ煙草, みな天から, もう大胆, もう眠つた, もう腕力, もう西側, もっとも確実, やや案外の, よくよく意気地, よく本郷, よろめいたが, よわいと, わが家に, わざとおだやか, わななく, ガチャンと, グイッと, スカを, トラだ, ドイツ人に, ホントウに, ポックリ死ん, 一あ, 一つの, 一人で, 一人も, 一切の, 一同を, 一晩泊っ, 一瓶で, 一秒の, 一種特別の, 一週間の, 一面過去の, 三歳の, 下りながら, 不審に, 不審を, 不服そうに, 不良少年の, 両方見比べ, 中国の, 主觀性, 之を, 二人の, 二本目の, 云つた, 人々が, 人の, 人気が, 人違ひ, 今度事件を, 今度問題を, 他者における, 他者の, 代助, 以来これを, 休み活版所, 住所を, 何かしら気が, 何と, 何ものであろう, 余に, 例の, 例も, 俄かに, 個人主義で, 健康者の, 傀儡に, 僕たちが, 僕を, 充分目的, 先ごろ細井君と, 先刻から, 先生の, 公子に, 公子兄妹と, 其の勢, 其処の, 其処へ, 内在する, 内心得意であった, 再びない, 再び芝居がかり, 刀を, 分脚, 則ち, 前後左右を, 前進の, 前非を, 力強く動い, 勉強家だけ, 勿論この, 半ば憐むように王生の, 卒業し, 卒業すれ, 単に生徒, 却つて死に, 去って, 又よび留めた, 受ぬ, 口先ばかり, 古へより, 吉右衛門まさしくそう, 同本, 君だった, 君の, 吸い寄せられるよう, 吸殻を, 呼吸を, 命ぜられた通り, 唯自己, 唯運, 問題に, 善きもの, 喧嘩以来後悔を, 單に, 嘆息した, 嘗て秦啓源, 國歌を, 在り得る, 在宅だった, 在英九年, 執念深いから, 堪えられなくなったの, 増長し, 墮落せりといふ, 多かれ少かれ大抵, 多く小姓に, 夢さめ, 大いに悦ん, 大なり小, 大事死を, 大広間に, 大王の, 大磯附近の, 失敗の, 奪ってを, 女で, 好い獲物, 如何した, 妻君を, 始末に, 嬉しくて, 存在としての, 學校を, 學生らしく, 安ん, 客觀的にのみ, 客體との, 寄で, 寄とは, 實在者と, 小使い部屋, 小姓の, 尾沢生を, 岳母の, 己の, 常に客観化, 常に死に, 年長だけに, 幸か, 幾等訊い, 建設される, 当時の, 形を, 形式的な, 彼処に, 彼女の, 徒に一身, 得られないと, 微笑し, 必しも, 必ず死に終る, 必要と, 思った, 急いで, 恐れられて, 恐れ入った, 恐ろしい嵐, 恭しく礼, 悲苦その間に, 意識が, 感じられず死, 懲り, 成生と, 成立つこと, 或博士, 戸口まで, 手探りで, 投げそこねたと, 持つて, 振返ツ, 擬ひ, 支那政府から, 改心した, 改心以来一日一善を, 改心以来人に, 教室へ, 教室を, 文化の, 文章即ち, 斎園の, 新しく今日, 新劇協会の, 旅費が, 日曜も, 日本の, 易し死, 昨夜自分が, 時としては, 時間的生に, 更に彈ツ, 書庫の, 最悪の, 月に, 望みえられない, 朝廷から, 未明に, 未来の, 本質的に, 本質的性格として, 東だ, 東京で, 松村君の, 松村君を, 柵の, 栄えないだろう, 根が, 根源的に, 桜色と, 植物性に, 業を, 榛實の, 横田生と, 歐化主義と, 正にし, 此間に, 歴史を, 死ならず, 死に, 死の或, 死はよ, 死よりも, 殆ん, 毎日一枚づつ教頭に, 気の, 気味悪く思い, 水上瀧太郎の, 決してかかる, 決して拙い, 泊ること, 泝州の, 泣きはらした真赤, 派遣しなかつた, 淡巴菰, 滅びること, 為方, 烈しく眉, 無言の, 無霊, 煤けた頬, 熱心に, 父祖伝来の, 狂人の, 玄関の, 珊珊を, 現在死は, 理屈を, 理解, 生くる, 生けるもの, 生な, 生みずから, 甲田が, 甲田の, 病気で, 皆を, 皆肩身の, 盛んに, 直接勧誘を, 相変わらずカンカラカン, 相憐れみ, 相手が, 真理の, 真黒く凍った, 矢を, 知って, 短し, 短しという, 神魂瓢蕩己で, 禮を, 私に, 秦の, 空を, 窮屈だ, 立ちあがって, 立って, 笑って, 笑わせたけれど, 答えないまま空虚, 答へて, 簑村文學士に, 精神的に, 紅い女, 終ひ, 終わること, 絶望の, 継続し, 缺乏と, 罪を, 老人と, 老人に, 考えたの, 耳を, 肩を, 脱ぎ捨てた服, 腰の, 腹心の, 自分ひとりで, 自己を, 自然的生の, 自然的生を, 自然的直接性に, 艦橋に, 芝生に, 苦しく死, 苦しむの価値, 苦笑いした, 茶がかった, 萬鍬を, 虚勢を, 複雑に, 見よ私, 観念なり, 觀念の, 詩稿を, 話しはじめた, 誰にも, 談たまたま, 貴下の, 賈似道を, 起きた, 起きて, 足が, 足元の, 躍りあがって, 車中で, 逃がして, 逆に, 途中で, 速に, 遂に庶務, 運動として, 運動場に, 部下の, 酒を, 金助や, 金持や, 門外に, 開展の, 閑静な, 間もなく頭, 階下の, 難く死, 難しここ, 難し君, 青磁の, 非常に, 頭から, 頭が, 飛んで, 食に, 飽くまでも自然的生, 香を, 馴染の, 驚いたやう, 驪姫に, 驪姫の, 高谷君と, 高遠な, 默つて眉の, 黙って, 鼻の

▼ 生~ (498, 4.6%)

5 わきの 4 あるの 3 ある, 尚書を, 手を, 排斥する, 死を, 自分の, 言つた

2 [21件] あらば, あるもの, いかに想像的, いて, きいた, 一人と, 人間の, 何である, 僕に, 先生の, 口を, 問うた, 四六の, 墓場へ, 夜に, 好む所, 如く堅, 帰って, 後ろから, 想像的な, 終りどこ

1 [426件] あっけに, あって, あつたら, あらかじめ念, ありますが, あるかね, あるが, あると, あるわけ, ある横, あればこそ, あんなにニコニコと, いうと, いかなる理由, いかにし, いきなり後ろ, いきなり押した, いきまいたが, いた, いたので, いたらめったに, いった, いつか俗化する, いつも食べ, いとおしかった, いふには, いわれたの, えりの, おこのみの, おし出し, おだてなければ, おり僕, おる, お化粧, からに, ききたかった, きき出した, くす, こ, ここに, こっち向い, この世に, この過激蛮野, これまで, こわいので, ごき, じつはぼく, すっかり忘れ, すでに惠, すべての, そのまま朽ちてる, その事情, その家, その瞳, その騒がし, そもそも地獄, それの, そんな下手, たかきびを, たとえば限り, つい二, つっかかった, つめよったところ, づか, とがめた, とくに自説, とつぜん大きな, どうのっ, どう云う, どの位, どやどやとは, どんなに他愛, どんなに華やか, なんだ, なんと今夜最終, ぬけないの, はやしたてた, ひかな, ひよつくり, ひよろひよろ生, ふいと, ふりかえった時, まずその, まず進みよっ, まだ挨拶, みすぼらしくまた, もう五百名近く, もっともらしく, やうやく分る, やがてもう三ヶ月近く, やってきて, やつて, やるアルバイト, ようやく分る, よろけて, わきである, ゐた, ゐないで, コッソリひき返し, コロンビア大学オクスフォード大学に, ゴロ, サインし, ダイアモンドに, ナポレオン的超人に, ノッソリと, ポケットへ, モデル台に, 一の, 一人で, 一人でも, 一人も, 一人擦れ違った, 一同を, 一寸散歩, 一度に, 一律に, 一朝に, 一番左向けを, 三人あれ, 三人で, 三人一匹の, 上がって, 上の, 上着を, 下りて, 不穩, 世間の, 両頭の, 中, 中央から, 中学の, 主張した, 久しぶりに, 乱暴な, 予科練へ, 二三人乘つて居た, 二人あった, 二人來た, 二列に, 二名ほど, 五百も, 人の, 人丈に, 今しも, 今まで, 今やその, 他の, 仰せられました, 佐野次郎左衛門さ, 佐野次郎左衞門さ, 何だ, 何でも, 來た, 來集した, 例の, 促した, 傍に, 元の, 充ちわたって, 先に, 入用だ, 全く克服, 全く時間性, 共学の, 共鳴し, 其処に, 具体的に, 出て, 出まして, 出来たため, 列を, 前に, 割りこんだ, 加わって, 十三名ばかり, 十五人無慙にも, 十五六の, 十人ほど, 十円借り, 即ち歴史, 双手を, 取りも, 受くる, 受けた, 叫んだ, 合唱した, 同二月二十二日, 君に, 否定した, 吾, 呼びとめた, 命を, 咲, 問題を, 喜んだ, 單に, 四五人時々, 四百人以上にも, 固有の, 地上において, 基體として, 基體を, 壁に, 声援した, 多いので, 多かつ, 多く次に, 多く見られる, 夢の, 夢中に, 大きな声, 大地に, 大福帳型の, 大部分, 失戀し, 好い加減に, 好むところ, 始まつたの, 始皇を, 姿であり, 學業を, 宇都宮の, 完全なる, 實踐的に, 寧ろ觀想的, 小学内生が, 小學, 小窓, 屁放った, 居て, 居る, 山遊亭猿松と, 帰らないので, 帰京の, 帰省の, 年二十五で, 幹事役として, 延びるも, 強ひ, 強調し, 当時の, 役所で, 彼に, 後進生に, 徐々として, 得たい, 得らるる, 得意に, 徳川時代の, 徳義を以て, 徹夜勉強すれ, 怒った, 怖くて, 恋しいの, 恋しく慕わしく思われる, 惚れ込みある, 想像し得べき, 愛である, 感心した, 慨然として, 憎いの, 成立つ以上, 或は躊躇, 或る, 戻つて來, 扇を, 手足を, 拓本といふ, 拵えますから, 持って, 指さした几, 揚げ足を, 改心し, 改心した, 故障を, 教えること, 教育ある, 文化より, 文化的段階まで, 文化的生の, 文章即ち, 新らしく, 新来の, 日本に, 易く彼, 映じた, 昭和の, 時々姿, 智慧や, 暴力を, 更に新た, 更に發展, 書いたもの, 最もいい, 有つて, 朝鮮海峡や, 朧月に, 本來, 本号の, 本質上活動である, 本質的に, 朱いろ, 来た, 来て, 柵の, 根もと深く, 正三君を, 武を, 歴史でない, 歴史の, 歴史を, 死に対しての, 死骸から, 沈滞し, 法廷に, 波間に, 注進に, 洩れ聞いてね, 活動であり, 消滅したなら, 潛在的に, 潰れた喇叭, 潰れ方, 澤山來て, 無くなると, 無精鬚を, 煙草に, 物売りに, 犬養首相を, 現われるの, 現在の, 現在若い, 理髮店に, 生きて, 生理的偶然に, 甲府を, 疑問を, 病気届けを, 白山で, 盛れば, 目を, 真正面を, 眼を, 神と, 神の, 秀子を, 私の, 私を, 空うそぶいた, 空気草履を, 突然手, 第貳圖ロ, 等しく夏帽子, 紙製の, 紹介した, 終るまでは, 絶えずざわめい, 絶大の, 続けば, 考へて, 耳を, 聞きつけて, 聞きとがめた, 聲を, 自分にとっては, 自分達に, 自己を, 自然と, 自然に, 自然的生の, 自然的生よりの, 自轉車, 興も, 花磁盞を, 苦心は, 苦情らしくいった, 落ち散る一枚, 蒼い顔, 藁を, 虫様突起と, 血液の, 行きはる, 裏に, 西洋へ, 要求する, 見せた会, 覗くよう, 計算を, 訊きかえした, 訪ねて, 許し難き, 話したよう, 認識に, 調子を, 講義を, 豊富で, 貴いが, 貴重だ, 起上つた, 超然として, 踊り跳ねて, 身は, 輝く, 追って, 進み出た, 邯鄲という, 配置し, 長い列, 開展である, 隊を, 集まつて, 震災跡始末の, 青ざめて, 面白半分, 頓狂な, 頻りにふえる, 顏を, 飛行機の, 飯の, 飼った黒犬, 飽くまでも主, 養われて, 體驗として, 高等学校の, 黒いマント, 黒板に

▼ 生~ (473, 4.4%)

11 なって 9 向って, 對し 8 して 7 對する 6 執着する 5 とつて, 於て 4 向けての, 執着し, 害が 3 向ひ, 執着が, 訊いて, 連れられて, 關する

2 [25件] しては, その子, なったん, なつて, なると, よつて, 不安の, 事うる, 内存, 啼いて, 外ならない, 好意を, 子は, 憑り付く, 挙られ下野, 於いて, 注意する, 生きて, 種々な, 育ちたる, 菊の, 變へ, 身を, 近づく手だて, 金を

1 [336件] あずかりその, あっては, あの集中, あふれた芸術品, あふれた鉄線, あやまられてから, あられも, ある事, いい教育, いうには, いかにうけとっ, いたっては, いたるまで, うち克たね, うま, おならひする, かじりついて, けしかけられて, この噺, この演出, したところ, じろじろ見られ, すが, すがると, すこしの, すすめた, するなんと, せられた, ぜひねがいたい, その価値, たのまれて, ついて, つかへ, なったから, なったこと, なったとしても, なったの, なった允子, なった方, なった私, なってから, ならなくても, なりたるやと, なり得たが, なり緊張感, なるについて, なるには, なるもん, なれたという, はたらきかけ生産的, ほかならない, まじる死, ますます熱く, めあわしたい, もし努力, ゆだねたり, ゑの人の, カルメンと, 一定の, 一年以上文章の, 一足分貰つたのを, 一體如何した, 三宅の, 与える心理的苦痛, 事える義務, 二人とも, 二枚の, 交らんことを, 交り, 人生を, 仏に, 仕へたの, 仕へる, 仕へるの, 代えて, 代えるの, 代って, 任官した, 伴う恐ろし, 似たもの, 似た倒錯心理, 似て, 何の, 使用する, 來れる, 依って, 価するもの, 価値が, 価値を, 保存せられ, 倦んだ時, 充ち溢れて, 充実しきっ, 入る霊魂, 八円を, 共通な, 出たが, 出會, 分ちレア, 別れて, 到達し, 到達する, 剣を, 勝たんと, 勝ると, 十円下等生に, 即して, 即し生, 參ずる, 反し虚妄無責任, 取りあげて, 取立てた, 同宿を, 同情させられ, 同情し, 向かいて, 向かって, 向つて, 向つてさ, 吩咐け, 告ぐると, 喘いでる一人, 囘らしむ, 囚われ滅, 固有な, 固着した, 執したこと, 執する力, 執着しすぎてる, 執着した, 執着したい, 執着してる, 執着の, 執著, 変えたいの, 外ならざる, 奉仕すべき, 奉仕せしめる, 始まるより, 威かされて, 学費を, 守られて, 安から, 安んぜずして, 家督を, 対立し, 対酌, 尋ねた, 對立し, 少しの, 属するもの, 巧みに, 差別ある, 引き直される, 張り切った実質, 強ひる, 形相を, 影響を, 後ろから, 得たるも, 御着, 復したま, 復活せしめられ, 徹したいと, 徹して, 心から吹き込む, 心を, 忠実な, 忠實な, 恋々と, 恋々として, 恐ろしい罪, 恩を, 悩むごとただ, 悶ゆる, 意味が, 愛着する, 感じて, 感心し, 懸ける心理, 戀, 成るの, 戻って, 打たせるつもり, 扮装した, 抗し, 拂下げた, 拝を, 拠るの, 捨てられました, 掃きもどす, 採用された, 擧げられ越前, 救われる前, 教え又, 教へて, 教授し, 於いても, 於ける基礎經驗, 於ける實踐, 於ては, 早苗之, 昇りエロース, 昇る際, 時々敬礼, 晩年は, 晴衣着, 朗読させる, 松岡勇記と, 松崎鼎甫と, 枯葉の, 根源を, 横なぐり, 次の, 止っては, 止まる榎, 死に苦悶, 殘さしむべきならざる, 比較し, 毛が, 沒頭する, 活動としての, 深い女, 清算は, 満ちて, 火を, 物理學初歩を, 特別の, 献上した, 理会が, 生けるため, 生って, 生つた木蔭, 生るが, 生るので, 生れる主, 生甲斐を, 甦る如く世界, 疲れたといった, 疲れてから, 痛められたいかに, 発する, 発するごとく偶像礼拝, 登場し, 盧度世と, 目くばせ, 目くばせした, 目見えに, 目覚めたわけ, 目覚めた人, 相應, 真剣に, 真摯であれ, 眼覚める, 着いて, 着した, 着して, 矢を, 示されること, 示す関係上, 禮を, 立ち直ってからは, 笑って, 符合し, 約束し, 累結し, 紹介方を, 置き後者, 翻しもって, 聞候得バ小松者お, 聴くの謙遜, 育て, 脂桃の, 至って, 至っては, 至りて, 至るまで, 與かる, 苦勞する, 英文は, 西鶴と, 見えた, 見るよう, 見出されて, 親の, 触って, 触れて, 触れない人, 触れ且つ, 言った, 訊くと, 許すところ, 許す者, 証入する, 詞を, 話す時, 話を, 誘惑された, 語つた, 語學の, 諦めを, 講釈も, 負けて, 貫ぬかれ, 貫徹する, 贈った, 赴くため, 転じて, 転換し得る, 較ぶれ, 近いの, 近い方法, 返すと, 返らしむ, 追い附いた, 退屈し, 送り届けるから, 逢ては, 過ぎない, 遠くから, 避けられ吉野, 関って, 関係し, 關し, 關係し, 關與せしめぬ, 限る, 離れず, 非ず, 非ずして, 頼んで, 食い入っては, 飽和した, 飽満し, 骨は, 骨曝さん

▼ 生~ (336, 3.1%)

37 死との 15 死の 10 死と 9 死とを 6 死とが 5 死は, 死を 3 云ふも

2 [24件] どこかの, なって, なつて, 三人で, 三人の, 並んで, 云ふ, 会員に, 会員は, 同じく幸福, 存在とは, 時の, 死が, 死とは, 滅とを, 玄関の, 篠崎生が, 老と, 話してるの, 論理との, 間違へ, 麗卿と, 麗卿とが, 麗卿の

1 [198件] あとから, あの生, いい弟, いうが, いうと, いうので, いえば, いつて, いはれるもの, いふと, いわれた同士, かなたの, さかりの, したの, した原始, して, しるして, し桂華, し生けるもの, し生ける者, し生る物子, するの, すれば, そのため, そのつれ, その一味, その崇高, その表現, つけたから, つけ女, なし死と, なし気, なす, なったからは, なったの, なりて, なり一六五三年二十一歳, なり大学南校, なり姓, なり暦法, なり生, なり私, なり第, なる, なると, なるには, また江戸, めあわせること, アリョーシャと, エロースとへ, 一しょに, 一平との, 一緒に, 一齊に, 世界とが, 並び称されて, 中學生との, 二人で, 云うたが, 云うの, 云う妻君, 云う相互, 云う青年, 云つても, 云ひ, 人間性とを, 人間性の, 会員それから, 伴うて, 余とは, 倶に, 僕は, 其プロバビリテイと, 円遊に, 円遊の, 刈りも, 労作からの, 労作との, 労作は, 勢朝改め圓楽は, 友達は, 叫びて, 号しその後夢, 同じだけの, 同じで, 同じ疑問, 同様に, 名づけられる時, 名づけるもの, 名づける靈妙, 名づけ得るもの, 名告つた人, 呼ぶもの, 喧嘩した, 圓楽は, 夏期講習の, 大して相違, 女子大生の, 対立する, 小川生は, 小川生も, 少なくとも多少でも, 少女とを, 島原の, 川北老, 希望と, 希望との, 希望の, 師匠の, 彼の, 從つて時間性とを, 心の, 思ふと, 思へない, 思考との, 情緒の, 愛の, 戀に, 支那人, 文化的生との, 文学とを, 文学への, 文學者以外に, 日夕往來し, 書いた塔婆, 本科生とは, 根源的時間性とへ, 横田生と, 横田生は, 此天地の, 死, 死で, 死という, 死とで, 死において, 死におのれ, 死に別れた戀, 死喜劇と, 死差引勘定零と, 死恋愛個人と, 死知と, 永劫の, 沒交渉なる, 法学生とで, 深いかかわり, 滅との, 為り無, 無数の, 独逸公使を, 玉佩を, 生にたいする, 申す地, 目と, 相対し, 相背き, 相談し, 瞭らか, 知性との, 秋田練習生が, 称せられて, 稱する, 窃かに, 篠崎生に, 精神の, 結び附き生, 結託し, 經驗において, 經驗の, 署名した, 老に, 老人が, 考えるか, 聯關を, 自分との, 自分の, 自然的實在, 衝て, 表現に, 見えるだろう, 見ゆるなるべし, 親密なる, 観察との, 覺しき學生が, 言いけさ, 言ひ, 訳しアイテル, 話すの, 話を, 認めて, 赫々たる, 逢った, 運命との, 道庵とが, 關係した, 關係する, 限られて, 隣りあわせに, 青年部の

▼ 生~ (182, 1.7%)

26 死も 3 なく死, 昔は 2 あとから, かかって, そこで, 何か, 出て, 友達と, 実際に, 強ち, 数年前までは, 自分の

1 [130件] あいた口, あたって, あつた, あながち反対, ありけりさればこそ, あり中學生, あるとの, おいおい引きこまれる, おなじウェッツラ, おもしろい男, お辞儀を, この点, これ妙法の, さむいたたき, すくなしの, そうした眼, その時, その瞼一皮, その虫けら, だんだんその, ない, ないの, ない何, ない鞄, なく又, はた, ふたりの, またおとなしく, またその, また懶き, また相当, また隣, もう道楽, や, やはり寄宿, やらず死, よいお方, よく知らない, よって, わかって, ゐるし, ゐるん, ハッキリと, 一切の, 一面から, 三生も, 不快の, 中学生も, 主張した, 予定の, 任ぜ, 何の, 來て, 修學旅行で, 働いて, 元来わるい, 先刻承知の, 共にす, 共に死, 内へ, 力いっぱいに, 勝たる, 協力し, 同じく二重, 同一の, 同様だ, 同等の, 問題でない, 困るよ, 変りが, 多くなった, 多ければ, 大いなる自然物, 天に, 実験室番の, 容易には, 寄りそった, 寢室は, 小數, 小聲, 少からず, 少しき, 少なかつた, 己の, 平日よりは, 後を, 得意だった, 必定観じ, 意識の, 懲りて, 戻つて, 手を, 教壇の, 数年前迄は, 敵同志の, 數年前迄は, 昼食料を, 最初は, 東京馴れる, 柳枝も, 楽しく夢, 樂しく, 標本係の, 横田生も, 残り少なに, 滅も, 無意味死も, 無駄に, 理想的に, 男生も, 相当に, 相槌を, 短日を, 砲員も, 確か二三人は, 神仏に, 立ち竝ん, 考えない決死, 職業探し, 舌を, 薄気味悪くなっ, 血を, 行くと, 言葉を, 語学将校も, 諸國, 質問した, 通る, 遠慮なく味, 顏を

▼ 生くる~ (168, 1.6%)

9 か, ものに 4 人々 3 ことの, ことは, ことを, ので, 日の 2 かって云い始めた, ときは, にしかず, ももろ, 光, 光の, 正義は

1 [117件] がゆゑ, がゆゑに, が故に, ことが, ことにも, こと能は, こと能わざる, すべての, その者, ための, ため造られし, ということ, といえ, ときに, とこし, とも死ぬる, と聞く, と雖, な, なり明日, にあらざる, にあらず, にも生きられない, に値, に如かず, に異ならず, に過ぎず, のか, の点, はわが, はパン, は楽し, は辱, は酔生夢死, ほかには, ほどのこと, もので, ものである, ものなら, ものなり, ものは, も一所ぢ, も天命, も恋, も死する, も死ぬる, も益, も精魂, や, やくざもの, やは我, や我, をしれる, を写す, を好み給わず, を知り, を知る, アルゴスの, 人, 人こそ, 人と, 人の, 人物あり, 価値ある, 光に, 光は, 光わが身の, 光を, 印, 印が, 心の, 愛を, 懷, 懷の, 星, 星の, 時である, 時なる, 時も, 望, 望み, 望みこそ, 望みに, 望みの, 根本的態度については, 梁木, 梁木の間に, 欲物の, 正義を, 火, 火出で, 火花流れより, 焔翼は, 独りの, 甲斐なし, 瞳の, 者, 者こそ, 者と共に, 者に, 者にも, 者の, 者らの, 者同士だった, 者等に, 肢體におけるに, 自負を, 認識とともに, 讚美即ち, 足にて, 身ぞ, 道あり, 間も, 限りこの, 限り彼らに, 限り春毎に, 黄玉よ

▼ 生~ (144, 1.3%)

16 あつた 6 抽斎の 4 はなく 3 食ふ 2 はない, スエデン人の, 二人とも, 食うこと, 食うの

1 [105件] あつた人, あらう二人, あるいは軽く, いながら, いわば人生, がりがりかじ, この年四十三歳, しかも沖縄人, せう, そのやう, その有柄葉, たべる御馳走, とうきょうのひろいおうちにすんでいました, なしという, はある, はあるまい, はいって, はなく焼いた, はめこみ居士, は使えない, は気味が悪い, は用, は食べなく, は食べぬ, ぼくは, まず一介, もなく, ヒヤシンスや, ムシャムシャ食った, ムシヤ, ロンドンに, 一本気で, 三十三歳に, 世帯の, 中学校が, 二疋ずつ, 今日は, 仕上げたの, 何か, 全感覚, 其當時は, 内證, 前途に, 卅五把だの, 卒業ま, 卸に, 原田水山緒方の, 君の, 喰ろうと思っ, 器の, 四十九歳に, 土地の, 夏は, 大使の, 好かつ, 如何にも眞面目, 実際水中, 居たの, 崩御, 幅を, 幼稚で, 当時十一歳に, 心經の, 意固地だ, 既に一人, 早くその, 明和七年に, 暑中休暇に, 栗鼠が, 楊某という, 極めて短い, 榧, 横つかじり, 此年五十七歳蘭軒は, 此年甫て, 此等の, 氣と, 無垢な, 男女混合の, 相識つたのです, 碁の, 私も, 純で, 美味しくありません, 聞分が, 膳に, 致仕の, 色が, 苦学生の, 薨去した, 西洋の, 親に, 誌され, 賞味できる, 通したので, 食う, 食うと, 食うとき, 食うに, 食うよう, 食う所, 食う時, 食う水貝, 食えば, 飲んだん

▼ 生やさしい~ (129, 1.2%)

27 もので 12 ことで 4 事で 3 ことじゃ, ものでない, もんじゃ 2 ことは, ものじゃ, ものだ, 仕事では, 内省から

1 [67件] おやじでは, お待ちようでは, こじつけは, ことが, ことぢや, ことである, ご主人, のが, ものじ, ものでなく, ものでも, ものに, ものは, ゼスチユアの, 上手を, 世では, 世情でない, 人物が, 仕事じ, 光では, 切り方, 名聞などは, 味では, 問題では, 女じゃ, 女では, 奴じゃ, 好意では, 小芝居, 山中生活では, 度胸では, 引力では, 形容を, 御家人やなんぞと, 御方では, 心の, 心境を, 怪我では, 意志で, 戦では, 戯談半分遊山半分ばかり, 技や, 抱擁でなかった, 敵では, 料簡方で, 族党では, 景気じゃ, 物ぢや, 物で, 犯罪では, 研究では, 程度では, 者には, 肚では, 色恋の, 苦労と, 虱では, 言葉で, 話ぢや, 話では, 軽薄才子の, 金じゃ, 金では, 離縁などを, 額では, 顔付では, 食いつめ者

▼ 生ある~ (98, 0.9%)

23 ものの 15 ものは 4 もののごとく 3 うちは, 者の 2 うちには, ものと, 間は, 音を

1 [42件] うちに, うちの, かぎりひたぶるに, かぎりやはり, かの如く, すべての, ので氣, もの, ものいかん, ものが, ものすべて世の中に, ものだ, ものである, ものなれ, もののごとくうごめい, もののごとく睦みあっ, もののごとく睦み合っ, もの必らず死す, ように, 一物不思議は, 万物に対しては, 中出, 人に, 人は, 以上いつまでも, 以上動物の, 夏の, 如くに, 柱, 物の, 物皆は, 生命の, 者だ, 間わが, 限り, 限りその, 限りという, 限り伸び育ち発展します, 限り死ぬ, 限り牡牝を, 限り知は, 靄で

▼ 生ふる~ (87, 0.8%)

20 かに 6 馬酔木を 4 清き河原 3 がに 2 百木の, 箒木や, 色香とも, 馬醉木を

1 [46件] あやめのねのみ, かにあり, かにな焼き, かにの, かにまかせ, かに勿, ここの, ことなし, ごと此処に, ごと此處に, たらの木の, と聞く, に任せよ, やうに, エニンに, トアルハ自然ニハエテ居ルコトデ蒔イタ者カ栽ヱタ者ナラバまきし, 一つ松, 三稜の, 古江かな, 命の, 土針心従も, 寝床の, 山かも, 山吹を, 山草の, 広き池塘, 松と, 橘, 橘玉に, 櫻に, 沙原より, 浜つづら汝を, 浜木綿の, 箒木, 紫草衣に, 羊齒草え, 花卉の, 草にも, 草の, 葛の葉の, 薑脣ひ, 藻の, 蘆の, 虎耳草その, 鉾杉の, 鼬羊歯かすかなる

▼ 生への~ (83, 0.8%)

5 執着が 4 執着を, 意志を 3 執着の, 意志 2 執着と, 執著, 或る, 精進と, 精進を, 逃亡

1 [52件] あがきだった, きずなである, このねが, たたかいとして, たたかいの, はたらきかけこれ, 一種の, 上昇は, 主張だった, 交渉を, 冷淡と, 努力を, 動物的な, 呼びかけで, 囘顧執着, 執念を, 執着, 執着は, 執着も, 執着力を, 変化に, 宗教的思慕と, 強い執着, 強烈な, 復歸として, 復歸を, 復歸をも, 必死な, 悲痛なる, 意志でなけれ, 意志と, 意欲へと, 憧憬によって, 抵抗を, 挑戦でも, 接近かかる, 有害な, 有用性の, 本能に, 歓びと, 狼狽, 研究費補助とも, 聯關が, 要請を, 誘いの, 諦めは, 諦めを, 講義が, 進軍の, 道を, 郷愁の, 願望を

▼ 生~ (64, 0.6%)

4 んだ 3 のだ, のである, 調子で 2 まと, んです, 思想が

1 [45件] お客だ, かな武力, からめ, か母, か途中, がらに, きものに, きものの, ところが, のであつ, のなどが, のに, ものは, ものばかり, ものをも, もの厭な, もの許で, やり方は, んざどう, 事で, 処を, 原始的な, 奴が, 娘の, 娘も, 川端氏の, 情熱の, 愛着を, 感を, 感情を, 所が, 松の, 無頼漢みたいな, 生活の, 目には, 眼色は, 肉を, 色, 色どり, 色の, 言葉, 言葉を, 議論を, 身装を, 通人めらが

▼ 生~ (61, 0.6%)

7 にけり 6 たり 3 のもの, は同じ, ば 2 たり苗代, ば生, 出で, 茂つた杉木立に

1 [31件] たちぬ, たりと見ゆる, て, てうれし, てむつかし, て寝, て水, て草藤, にける, にでなく, のばら, の二枚目役者, の伝説, の教材, の文學, の歌, の演劇, の神, の血, はびこつて, ほのかに, 出づる神とでも, 出でん, 据れり, 繁つた全く, 繁つた雑草の, 繁つてまるで, 繁つてゐる, 茂つて水際には, 葉生ひ, 路を

▼ 生温かい~ (61, 0.6%)

4 風が 3 血が, 陽は 2 友愛や, 小春日和午後の, 青葉の

1 [45件] お供餅, そして妙, のが, のに火鉢, ものである, ペラッと, 中国の, 五月の, 享楽の, 人いきれが, 初夏の, 午後の, 夏の, 夜の, 夜風が, 底に, 悪臭が, 慰めの, 故国の, 日が, 日の, 日和に, 春の, 春先の, 晩で, 晴れるかと, 曇天の, 水が, 水を, 海水が, 液體で, 潮風が, 牛乳の, 狂風が, 秋の, 空気の, 肉を, 腕が, 蟾蜍を, 血で, 血潮を, 西風が, 陽を, 雨が, 静かな

▼ 生から~ (59, 0.5%)

5 死に 3 死へ 2 その罪, 反感を, 得た物, 死への, 理由を

1 [41件] まわって, ゆっくりと, よこしたので, 仕上げて, 何も, 其に, 出たの, 出來, 出所進退を, 区別すべき, 去って, 奮発し, 完全に, 引っ抱え, 引つ擁, 弱さ, 意地惡を, 排斥された, 新しき生, 根こぎに, 死へと, 死まで, 獨立的である, 直接に, 砲兵中尉に, 考えるから, 考へるから, 聞かされたかも, 舎内生に, 薬を, 解脱する, 詩を, 讓られ, 負傷者が, 車體設計圖案を, 逃げ出して, 逃れるため, 遊離した, 選抜した, 金を, 離脱せん

▼ 生たち~ (58, 0.5%)

3 はその 2 に對, の間

1 [51件] がいく人, がすべてうしろ, がそれ, がどやどや, がみんな歸, がやがて, がやつ, がスト, が一列, が一塊, が三年後, が仰天, が來, が急, が此頃試驗前, が行李, が通, が驚い, だって結局, て浮世, との淡い, にいくつ飼つて, にこれ, にとっても明日, にも珍重, に事情, に何かと, に対して乱暴, に彼等, に追われ, のお, のし, の人波, の姿, の寢床, の黒い, は, はあらかた, はこの, はひくく, はむしろ, は困つ, は地下室, は夏帽, は學問, もよく, や奉公袋, や町, をどんどん, を從, を誘つて小諸

▼ 生~ (58, 0.5%)

2 いて, いること, ゆく道

1 [52件] いたころ, いたもの, いた一面, いた時代, いらっしゃる最後, いらっしゃれば, いられたうち, いるうち, いるおりなら笑みくずれるほどに, いるかぎり, いるかも, いるしかも, いると, いるとき, いるなんて, いるよ, いるわけ, いる悩み, いる時, いる毛, いる生作り, いる甲斐, いる肉, おりても, くる, しまつたん, ふ貧民, ゐたら誰, ゐて, ゐやう, ゐるもの, ゐる生甲斐, 一人の, 出で, 勘當免さる, 居たくも, 居たら誰, 居て, 居な, 居には, 居るかと, 居るが, 居るはい, 居る中, 居る間, 恥をか, 憂恥晒さんより, 甲斐なき, 肉身の, 色赤黒く, 見えますので, 還候

▼ 生優しい~ (58, 0.5%)

13 もので 7 ことで 2 事で, 人間じゃ, 命の

1 [32件] うぶな, ことじゃ, ことじゃあねえ, ことぢや, ものじゃァ, ものぢや, もんじゃ, 世では, 予猶も, 事だ, 事件じゃ, 人間ぢや, 人間では, 問い方では, 問方では, 声では, 変装では, 女では, 心を, 悩みでは, 手段は, 敵では, 方で, 生き物では, 男では, 相手ぢや, 職業では, 腕前じゃ, 金でない, 金高じゃ, 額では, 顔が

▼ 生捕っ~ (58, 0.5%)

3 て来た 2 てきた, てくる, てこなかったら, てしまった, てみせる, て来

1 [43件] てあげよう, てお上, てから, てくれ, てくれね, てご覧, てしまいました, てしまいます, てしまえ, てしまっ, てしまったら, てでも来た, てどこ, てまた, てみせます, てみる, て下さい, て与ろう, て仕舞え, て仕返し, て参り候わん, て山, て帰っ, て帰ろう, て後, て後三, て御覧じろ, て戦争, て投, て旗揚げ, て昨夜幾松, て来い, て来たらしい, て来れ, て檻, て汝, て江戸表, て見しょう, て見せる, て調べたら, て逃がし, て進呈, て雑巾

▼ 生として~ (54, 0.5%)

2 九州の

1 [52件] つとめて, はや幾人, ケンブリッジに, 一時間でも, 下宿住居を, 中学で, 二三度ヴィユウ・コロンビエの, 五十七である, 五十三歳の, 何もかも, 僕は, 儕輩から, 先生と, 先輩であった, 入った水産試験所, 入り込む時, 入學, 入所し, 創造の, 匿名で, 友人たちと, 合格させた, 四十二にな, 大学を, 嫌われて, 學校に, 學資に, 崇める方, 彼女を, 支那に, 放送局に, 数々の, 新たなる, 映画の, 机を, 柄に, 横濱に, 止まる事, 残して, 残らないかと, 生きて, 私が, 秋江の, 立派に, 終始した, 終日この, 聴講し, 藩地より, 覺悟を, 這入って, 逝った好い, 鶴巻町の

▼ 生~ (54, 0.5%)

3 次第の 2 た, ませず其やう

1 [47件] おどり帰った人間, かかりしを, かねないの, そめて, そろつたので, そろつて, そろひまことに, たくましい腕, たことは, たら地球, たるつく, たる如くで能, たる洲が, た鼠色, だしたの, だしたん, ちやあ, つ, ない, なりあ, ひきあげられたものの, ひらく唯一, ひろが, ませずその, やった, 下りた事, 仮象の, 其風采も, 出して, 出で, 展開する, 山茶花を, 当てた第, 当てて, 揃ふよ, 時間性の, 突破せしめられる, 繁つて女子供が, 行くこと, 行ったから, 赤くた, 逃げ落ちられたあと, 鍵形にな, 際が, 際の, 際のみ, 頼み込んだであろう

▼ 生~ (53, 0.5%)

44 の雲湖 2 の害 1 にも極めて, の主義, の迫害, の雲湖死闘記, やむをえぬ事, よいか, 良き事

▼ 生という~ (44, 0.4%)

4 ものは 3 ものが, 者が 2 ことを, のが, のは, 男は

1 [26件] あとの, こと生の, のであった, のに, ものも, ものを, 中国作家は, 中心意義を, 主人公が, 人が, 人物が, 仮りの, 僧侶であります, 名を, 名前までも, 名前を, 奇怪な, 意味を, 愛情です, 死復活の, 点にしか, 男が, 看板を, 芸名を, 若い男, 都合上自分一人善い

▼ 生~ (44, 0.4%)

2 新來, 栄えその

1 [40件] かしたつ, さう, その仲間達, または小, みな天地陰陽の, ジナイーダと, 今日の, 他の, 先々代市馬を, 其他の, 危ふからむ, 叔孫通も, 坊さんが, 大学生の, 女の, 女學生地方から, 小學生, 師恩に, 愚かの, 松娘などが, 横田生にも, 死に, 死の, 死は, 洋画家の, 現在の, 生の, 生活の, 盧生が, 看護婦などを, 經濟的打算だけ, 自然は, 裸形の, 西洋人少なからず, 貧民街の, 重耳, 門下生が, 青年達と共に, 青年雜誌の, 鼠の

▼ 生~ (42, 0.4%)

32 つた私は

1 [37件] からあっち, からたからないでおくれ, からだろう, からスペルリング, から何, から売口, から外, から手当, から折, から此年二十九歳, から私, か何だか, が, がホーちやん, が当人, し人物, ぜ, つた, つたのを, つたらしい, つた事実である, つた二十一の, つた僕は, つた時分の, つた男とは, つてまた, というその, とお, とは考へられない, と云う, と分った, と口説かれ, と思わない, と細かく, と解, ね, のと

▼ 生~ (41, 0.4%)

17 死か 2 死かと, 死かの, 死かは

1 [18件] いずれを, いづれをいづれとも言, しむ, それとも死, ないしはそれ, ないと, または死, 何かの, 何んかの, 或いは大学, 死かに, 死かも, 死を, 決戦ある, 火食の, 知ら, 精神かの, 誰かから

▼ 生~ (40, 0.4%)

10 にした 7 にし 6 にする 2 にされた, に致した

1 [13件] し若く, にされ, にされる, にされ叫べ, にしたろう, にしなく, にしなけれ, にせらる, にせん, になつ, になる, の一行, の宣告

▼ 生さん~ (38, 0.4%)

3 の家 2 の白石さん

1 [33件] から方向転換, から来信, がみし, が蜊貝, が警官, が贈つた, だってうっかり, だべ, でなア, と, とひと通り, と私, と肚, と連れ立つ, と那須, なんかでも若い, にどんな, には感服, に私, に逢, のお, の友人末光さん, の好意, の方, の気持, の温情, の真情, の言, はあたし達, はとんだ, は人殺し, は少し, も小遣い

▼ 生である~ (37, 0.3%)

3 ことを 2 のか, 吉田は

1 [30件] か, かは解らなかつた, からこの, から二十歳, から五十三歳, から十八歳, から四十七歳, から年, から当時四十三歳, から神, から長崎, から風采, がそんな, が掠奪獸, が茎, ことから, という反省, としてもとにかく, ともいえるであろう, と云, と思う, に相違, のに独り優, のみでなく, 以上この, 彼は, 彼等は, 昔の, 竹中は, 自分などの

▼ 生るる~ (36, 0.3%)

2 ものの, 美この, 頃

1 [30件] が幸福, ことを, こと必定疑いなし, ところより, とより, と符節, なき名画, に至った, も, もとすら, や束縛, よりし, 事ある, 事その, 事を, 事百年ばかり, 人類本具の, 前に, 前米沢の, 子は, 寂しさ, 小供, 微笑愛し, 愛しさ, 敵手の, 時に, 笑みの, 美であっ, 美より, 靈の

▼ 生には~ (35, 0.3%)

2 虫にも

1 [33件] あったの, あはれ死の, あまり用は, いるから, すなわち賢愚, その老人, ひどく執着, ツバを, 一層気, 一種の, 中入りを, 中學生で, 之に, 仲, 何も, 何んの, 及ばないでも, 存在理由が, 尾沢横田篠崎小川の, 山田要蔵と, 常に死, 広義と, 支那の, 時々遠足会, 未だ深き, 無論そんな, 父母が, 科学上の, 空の, 虚偽しか, 見込ある, 遺書を, 附添ひ

▼ 生~ (34, 0.3%)

2 の望む, の相, の眼, を邀

1 [26件] が復仇, が案, にとっては現実, には深見草, に最も, の前, の指導者, の注意, の生活, の絶えざる, の能, の落語協会, の間, はある, はその他, はそれ, は今, は右, は喜んだ, は皆, は血眼, は頭巾, も美人, も近親, も集まっ, を命じ

▼ 生~ (34, 0.3%)

3 の岩, の岩片 2 の山, の岩質, の露出

1 [22件] から成っ, がある, が地表, が押しひろがっ, が赤裸, との侵蝕谷, と相, と花崗岩, と花崗岩地, に掩, の岩片狼藉, の岩角, の接触線, の洒麗, の源氏山, の緑色斑岩, は久慈川, より成れる, らしい岩崖, を主, を戴ける, 及びジュラ層等

▼ 生~ (34, 0.3%)

5 にした 3 にし 2 つたのは

1 [24件] つた, つたな, つたのが, つた人は, つた野猪の, つて來た, つて來ては, つて江戸表へ, つて責殺し, つて香具師に, と氣, にされ, にしてやる, にしろ, にする, になさつた, になっ, に合い, に成つた, に越した, の荒熊, リニセン, 引立し, 斬首

▼ 生に対する~ (33, 0.3%)

5 執着が

1 [28件] いっさいの, ふまじめ, ものであり, 卑怯です, 執着とが, 執着などは, 執着の, 執著, 寄与である, 希望を, 強い執着, 強い執着心, 彼女自身の, 愛情が, 愛情は, 探求の, 死苦痛を, 消極的態度からは, 深き執着, 渇望は, 無限の, 猛烈な, 考えは, 脅かしさ, 脅しを, 自分の, 衷心の, 逞しい健康

▼ 生との~ (31, 0.3%)

3 統一である, 聯關を 2 間に

1 [23件] やうに, ように, 一線の, 不確實, 不離なる, 争ひ, 事件に関する, 分界線が, 取捨に, 名状し, 從つて體驗と, 文壇だつた, 新しい貸借契約, 根本問題を, 流転の, 為に, 緊張聯関を, 聯關において, 苦しみから, 観察を, 間には, 関係を, 關係清久の

▼ 生~ (31, 0.3%)

4 にあり 2 のこと, の霊魂

1 [23件] すでに存在, ですらも, と同, と名づけ, にありし, においてすでに, にし, にはなん, には感覚性, には肉身, に及ばずん, に安く, に実在, に現に, に精神作用, の光榮, の存在, の精神作用, の衣服, の覚識, はその, は貴人, を以て慊ら

▼ 生若い~ (29, 0.3%)

4 男女の 2 者の

1 [23件] その方, ものである, ものを, 世間知らずの, 人間が, 伍長が, 似非デカダン道楽デカダンには, 侍から, 兵が, 坊さんは, 声を, 大した男, 女原奴, 武士の, 武士や, 男や, 癖に, 紺絣の, 者が, 許嫁が, 身には, 連中が, 青年だつた

▼ 生でも~ (27, 0.3%)

2 なければ, 千早先生の, 女生でも, 煮たの

1 [19件] あつたら, なくまた, なく存在, 何でも, 分って, 喰いますが, 大抵寝る, 好いかへ, 料理し, 普通の, 消化が, 煮ても, 知つてゐる, 米の, 職工でも, 言えること, 食う証拠, 食えるけれど, 食べたが

▼ 生捕られ~ (27, 0.3%)

5 てしまった 2 て刑死

1 [20件] すぐさま手配, ておしまい, てきた, てしまう, てしまひました, てついに, ては武家, て市, て殺された, て画伯, て行き, て都, でもした, 二人の, 左衛門尉殿は, 無念やる, 爺さんの, 直ぐ樣手配, 給ひし, 部下は

▼ 生たる~ (26, 0.2%)

2 心地し, 心地は, 心地も

1 [20件] こ, の歓び, の歡び, の義務, ものは, もの今に, もの何かの, 不幸と, 事も, 人の, 同郷の, 天幸を, 子と, 心地せず, 心地なく, 柏軒に, 母に, 芦は, 虫ゆゑに, 鶏を

▼ 生とは~ (26, 0.2%)

3 何か 2 何ぞ, 想像である

1 [19件] かくの, この場合直観的, 何ものである, 冷たい幸福, 去年の, 同一の, 天才にと, 実際全く似, 徒らの, 新たに, 朱の, 概念としては, 渾て, 異り, 異名同人だ, 自己の, 見えぬ風體也, 道で, 黒洞

▼ 生~ (26, 0.2%)

2 生ナシ

1 [24件] さう, そんなこと, である, でも他, でも当時大蔵大臣, で後年, で桑江, な事, な暖気, にある, には最早, にも全く, に一人, に人並, に此意味, に萬緑叢中一點, の大, の小, はいろいろ, は堅く, は母, より抜擢, を出ずる, 常に手足

▼ 生~ (26, 0.2%)

2 は我

1 [24件] の小娘, の物語, の話声, の驢馬, はいい加減, はいなくなった, はきまって, はその, はてんで, はとうとう, ははっと, は今宵, は喘ぎ喘ぎ, は女, は娘, は差される, は構わず言いたい, は滅多, は破れかぶれ, は粗忽, は馬煩悩, も今度, も堤川, を劬わりがち

▼ 生~ (26, 0.2%)

3 はその

1 [23件] から聞い, ががやがや, がこの, が澤山, であること, と彼, と異, に加はつ, に反感, に引率, に示し, の催, の及ばぬ, の批評, の記念祭, の遠足姿, の面前, はぞろぞろ, は放課後, は氣輕, は特別, は風, やお店者

▼ 生においては~ (25, 0.2%)

6 主體

1 [19件] かくの, その都度, それはわ, アガペーは, 主體そのもの, 他者との, 他者は, 來る, 共同の, 共同は, 共同を, 勿論さう, 囘想によ, 客體内容に, 忠実な, 有のみ, 有は, 現在の, 自己性と

▼ 生~ (24, 0.2%)

1 [24件] がやつ, が教授, が靴, が骨, と別れ, には嫌, には深見草, に供養, に問はる, に嘱, の劇, の樹木庭園, の疳癪, の眼, の職業, はふい, はまた, は一歩, は大概其樣, は月, は畏縮, は皆辮髮, は解剖臺, もあった

▼ 生~ (22, 0.2%)

2 といふ

1 [20件] このゆゑ, この生々死, しかもかく, という, ということ, といひ, といへる, とても為す, とて下, とふならぬ, ねがはく, びを, またミノス我, また時, 八十八の, 可き, 怏々として, 汝等ふたたび, 爾等努力せよ, 神の

▼ 生捕る~ (22, 0.2%)

2 ことも, ために

1 [18件] か, かさもなければ, かしてやらう, か玄徳, ことが, ことだ, ことは, ためなら, つもりで, つもりな, ということ, とか退治, となる, と後, のは, もこれ, 事も, 工夫を

▼ 生生産物~ (22, 0.2%)

1 [22件] から大, が何ら, によって外国, に対して与えなけれ, に対する租税, のその, の交換価値, の価値, の価格, の価格騰貴, の剰余, の増加, の相対価値, の真実価値, の絶対量, の輸出, の量, は一二, は価格, を二〇%, を国内, を輸出

▼ 生において~ (19, 0.2%)

5 主體 2 如何に

1 [12件] いかに重要, すでに永遠的生, それを, 他者性を, 完全に, 實在者, 成立つこと, 我々は, 發見されたる, 直接に, 自己を, 親密なる

▼ 生~ (19, 0.2%)

2

1 [17件] いつもあた, が今夜私, とどこ, と一しょ, と握手, と私, に, に怒鳴られた, に画帖, のいわゆる, の言葉, は八丈島, は戦時中, は豆, もしば, を訪ね, 駆け付けて

▼ 生命からがら~ (19, 0.2%)

2 逃げて

1 [17件] ここまで, ただ身一つ, ふもと村へ, 伏見の, 何一ツ持ち出せなかつた, 喫茶店ギロンから, 山を, 山林に, 帰って, 怒濤, 潜んで, 独木舟に, 谷底へ, 逃げだした, 逃げ込んだの, 逃出し, 離陸しなく

▼ 生残った~ (19, 0.2%)

1 [19件] としても人類, との噂, と知る, と言う, のは, のみかみな子孫, 三人は, 人たちの, 人の, 人間は, 助手と, 戯作者の, 技術員たちに, 数人の, 江戸音曲の, 私たちの, 者と, 者は, 連中に

▼ 生~ (18, 0.2%)

2 であった, の足日, は

1 [12件] がきた, がちょうど, が来た, でこの, に増加, に於, の会, の光采, の日なか, はわからぬ, は二月二十四日, 入荒川東畔

▼ 生残っ~ (17, 0.2%)

6 ている 4 ていた 1 てい, ていなかった, ていよう, てピン, て内容, て呉れる, て寺坂

▼ 生くべき~ (16, 0.1%)

32 道を

1 [11件] や, 唯一の, 心を, 日と, 条件の, 生き方が, 者越人能これを, 途の, 道に, 道は, 道理ござらぬ

▼ 生~ (16, 0.1%)

1 [16件] が住ん, が嘗て, が固く, が振返っ, の, の力作, の恩頼, の時代捕物, の紹介, はそれでも, は朝鮮, は本, は瀟洒, も精進, よこれ, を訪れた

▼ 生~ (15, 0.1%)

1 [15件] のを, はいなし, ものは, やうに, 亀, 人まで, 儘の, 心地も, 紅玉を, 美少年の, 頭から, 駄洒落を, 魚でも, 魚よ, 鰻の

▼ 生としては~ (15, 0.1%)

1 [15件] これは, 一番慥かな, 予期しない, 実に不満苦痛, 将来の, 少し不, 春秋社が, 松岡君の, 極度に, 此度の, 滅多と, 監督した, 立場上くわしい, 變つ, 高價

▼ 生における~ (15, 0.1%)

4 主體 2 實在 1 それでなけれ, それの, 他者との, 他者の, 他者性の, 形相及び, 根源的空間性を, 沒頭, 限り他者への

▼ 生ひたる~ (15, 0.1%)

1 [15件] かば桜, がこ, が上, ぞま, と尋, と見, のみにてどこ, 中に, 孤丘を, 河岸に, 芽生の, 苔を, 若草の, 苫の, 髯なども

▼ 生~ (15, 0.1%)

2 ぬるいもの

1 [13件] あくびを, ししより, の内皮, はつたんや, キズよりも, 唾を, 温い体温, 物じゃ, 白い, 白い皮膚, 肉の, 臭い化け物, 身の

▼ 生らしい~ (15, 0.1%)

3 のが

1 [12件] ところは, ものが, 人が, 口調と, 大勢の, 心持だ, 惡戲性が, 所が, 男が, 細かい心, 若い男, 青年に

▼ 生及び~ (15, 0.1%)

4 自然的實在 2 それの, 存在の 1 その他の, 世間の, 友人諸君, 妹の, 學問僧の, 工業生産物においては, 工業生産物の

▼ 生捕った~ (15, 0.1%)

2 のは

1 [13件] から下り, しいま, そうでございます, たった一匹, 一疋の, 小魚, 張飛は, 敵の, 敵を, 檻の, 虎の子でござい, 蜀の, 鷲の

▼ 生であり~ (13, 0.1%)

2 そして自然

1 [11件] その少女, それを, ながら教會, 他者との, 業を, 死である, 現実的にも, 私は, 空は, 酒興の, 闇の

▼ 生ながら~ (13, 0.1%)

1 [13件] その肉, 之を, 土中に, 寸断し, 彼處より, 怨靈と, 木偶の, 死せる, 籠りたる也, 致すこと, 葬らるべき罪, 解剖という, 鶏子一枚を

▼ 生よりも~ (13, 0.1%)

2 死の

1 [11件] たのしきなり, むしろ死を, 上手だった, 力強く生, 単純な, 天上の, 尊とい, 死を, 溌剌たる, 甘しと, 讀書に

▼ 生~ (13, 0.1%)

1 [13件] といふ短篇, とやらを自分, に憑, に若し, に限らず, の序節, の評判, はしかし, は作, やや大いなる, を一読, を仔細, を見なけれ

▼ 生といふ~ (12, 0.1%)

3 のは 2 ものを, 強いもの 1 ことを, ものが, ものに, 人, 俗見

▼ 生とを~ (12, 0.1%)

1 [12件] 交錯させ, 仮構する, 分つ境界, 別物の, 奪ひ去り, 弁当持で, 從つて又, 思ひ出した, 決める刻限, 理解せん, 知り著, 躊躇なく

▼ 生捕られた~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことは, ぞ神妙, という評判, ときにも, のである, のは, は味方, セラノの, 動物が, 怪物は, 獣の, 獸の

▼ 生~ (12, 0.1%)

2 の権, 與奪 1 の座, の気, の自由, の関係, は天, を捉, シノヨウナ手足, 自在に

▼ 生~ (12, 0.1%)

1 [12件] と飯, のまま, のよう, は程よく, をかじり, をつかん, をやった, を口, を噛, を噛む, を御, を齧り

▼ 生返った~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことが, ことも, のでした, のです, のと, ばかりにこういう, ような, ように, ようね, 娘を, 泉を, 証拠に

▼ 生であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] かなどと考え, から, から病, がある, がさながら, この男, ので元服, 人々と, 時二十五年前に, 青年の, 頃青桐も

▼ 生なら~ (11, 0.1%)

1 [11件] ばそのまま, ばやはり, ば二斤, ば好く, ば如何, ば弔慰, ば極, ば湯, ば目的, 生だけ, 花生という

▼ 生にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あやまった, あらず死, なれないし, 伴立つ, 入込み生, 勸めたい, 及ばないくらい, 惜しみなく注がれる, 死にも, 笑ふ, 訊いて

▼ 生~ (11, 0.1%)

3 声を 1 な優し, 声早々, 毛が, 毛だらけで, 毛だらけの, 毛で, 毛に, 毛の

▼ 生吹矢~ (11, 0.1%)

1 [11件] がここ, の室, の死体, の顔, の首, はすぐ, はその, はふと, は学歴, は彼自身, は目

▼ 生学舎~ (11, 0.1%)

1 [11件] にはいった, に通う, に通っ, の学生, の書生, の書生さんたち, の近く, の長谷川泰翁, は実に, を出, を襲う

▼ 生~ (11, 0.1%)

3 に生じた 2 なもの 1 な化學實驗室, な哲学, になつ, になる, に発生, の頂上

▼ 生~ (10, 0.1%)

1 たり, て中, て天守, のしげみ, の役者, の江戸ッ児, の者, の鈍帳役者, 出ずる神とでも, 髪長く

▼ 生する~ (10, 0.1%)

1 がごとし, ことを, だけのそれ, だけのそれくら, に至った, ものである, ものなり, 傾向ある, 先見の, 大業は

▼ 生その~ (10, 0.1%)

1 人が, 人は, 医学生を, 喜び珍, 手を, 故里の, 物なる, 物に, 物の, 腕に

▼ 生~ (10, 0.1%)

2 白いの, 白くて 1 白い三十餘, 白い弱さ, 白い打越金, 白い番頭野郎, 白い面しや, 白い頬桁

▼ 生です~ (10, 0.1%)

1 か, から, からそのまま, からやめ, から新しい, がどうか, ぞ, ね二人, もの, わね

▼ 生としての~ (10, 0.1%)

1 学生, 学生などに, 学生の, 富之助の, 文学談を, 文學談を, 最後の, 生に, 生活を, 諸君の

▼ 生に対して~ (10, 0.1%)

1 ある猜疑, こっちに, よい暗示, 不誠実な, 主動的であろう, 外国小説研究の, 死をも, 盲目である, 職業紹介所を通じての, 逞しく健康

▼ 生より~ (10, 0.1%)

1 して, 文化的生に, 文化的生への, 死に, 死に之, 死に之くま, 生い出る, 発したので, 美味いという, 重き幾倍の

▼ 生~ (10, 0.1%)

1 かな, が上方, が二人, とかえ, と言ったあやかりで, に扮, のこころ, の太刀, をレンショウボウ, を髣髴

▼ 生温かく~ (10, 0.1%)

2 初夏の 1 なって, なつて, ぽかぽかし, 人間の, 感じた, 敷きっ放し, 敷きつ放しにな, 臭気が

▼ 生病院~ (10, 0.1%)

1 におくられ, に連れ, のため, の如き, の都合, は度々, は申す, へと走る, を訪ね, を訪ねるべく

▼ 生~ (10, 0.1%)

1 だけが代, などは慄, に白粉, の下, の工合, の油, の薄く, へ手, もよい, 幾分憂鬱

▼ 生なる~ (9, 0.1%)

1 にかはる, に取り替えるべし, 五月の, 仮名を, 吾子の, 物の, 私どもは, 老人は, 者貧しく

▼ 生においても~ (9, 0.1%)

2 他者性は 1 すでに存在, すでに直接的體驗, すべての, 實在, 惡しき有限性即ち, 愛の, 死においても

▼ 生をも~ (9, 0.1%)

4 死をも 1 少しも, 愛し重んずること, 持って, 私は, 送れば

▼ 生~ (9, 0.1%)

1 との境界線, とをさえ混同, に好意, の反響, の態, の為, の臟腑, の道, 之道而已

▼ 生吹矢隆二~ (9, 0.1%)

1 こそ実に, の両, の室内, はその, はつい, はようやく, は守衛, は彼, は生ける

▼ 生憎く~ (9, 0.1%)

1 お婆さんは, お赤飯, その木, 今日のは, 僕は, 先に, 町の, 番人共の, 闇夜である

▼ 生かの~ (8, 0.1%)

2 分岐点まで 1 奈落を, 暗き衝動的, 樹下に, 腹を, 運命の, 鎌倉さいご

▼ 生がい~ (8, 0.1%)

1 にたつた, に償う, の中, はなれず, を暮さね, を見出した, を誓つた一人, を送ろう

▼ 生だった~ (8, 0.1%)

1 がもう, ころに, ね, のと, 土肥庄次郎は, 松本烝治だけが, 私は, 頃伊勢の

▼ 生とも~ (8, 0.1%)

3 死とも 2 いわじ死 1 一緒で, 職工とも, 言うべき歌劇

▼ 生~ (8, 0.1%)

2 姿なり 1 にも似る, 住吉の, 可し, 池の, 蓬は, 蔭に

▼ 生まし~ (8, 0.1%)

2 ている 1 ちゃあきちんきちんと, てあげたい, ておい, てきた, て絵巻物, 大捫択

▼ 生~ (8, 0.1%)

1 乎, 具也, 呼吸也, 夢, 志行, 時無, 本也, 終

▼ 生~ (8, 0.1%)

2 の恐ろしい 1 が危, の短, の長い, を自分, 籠る望み, 長いもの

▼ 生原料品~ (8, 0.1%)

1 が大, が資本, しか購買, により多く, の下落, の価値, の価値騰貴, は大抵

▼ 生~ (8, 0.1%)

2 は何國, は相州 1 は何方, は存じませぬ, は越後高田, へ歸

▼ 生~ (8, 0.1%)

1 でありましたろう, に名, の無い, をいただく, を上げたら, を断っ, を食, を食う

▼ 生あり~ (7, 0.1%)

1 てその, て其の, 又これ, 死あり, 死ある, 生中生, 迦楼羅鳥王とて

▼ 生うる~ (7, 0.1%)

1 しがあるだろう, しがないはず, 一葉より, 弱き葦である, 林相の, 片葉, 雑草を

▼ 生とか~ (7, 0.1%)

1 いて, 交通機關とかいふ, 少々リウマチ, 書いた字名, 死とかの, 称するもの, 論理とかいう

▼ 生へて~ (7, 0.1%)

2 ゐる, ゐる一本 1 ゐた, ゐる山, 居る

▼ 生へる~ (7, 0.1%)

1 とさ, のが, のを, わけで, 時代と, 杉の, 芹を

▼ 生具する~ (7, 0.1%)

2 のと 1 ということ, といふ, ものであり, 眞の, 真の

▼ 生あれ~ (6, 0.1%)

1 ばこその御, ばこそ北, ばまた, ば必ず, ば必ら, ば死

▼ 生いたる~ (6, 0.1%)

1 いわゆる毛人, のみ, 中に, 広き原, 柳が, 青楓の

▼ 生だつた~ (6, 0.1%)

2 ので一時休息 1 が軽い, が鋭い, ためで, のでどうも

▼ 生だの~ (6, 0.1%)

2 死だ 1 何だ, 在外商店の, 天女の, 母親だの

▼ 生なき~ (6, 0.1%)

1 を幸とせむ, 人形共が, 物だ, 物にまで, 物体を, 鞄が

▼ 生にたいする~ (6, 0.1%)

1 愛と, 愛は, 敬虔なる, 洛内の人氣が, 興味が, 賛歌を

▼ 生について~ (6, 0.1%)

1 それから自然科學, ゐる虫, 一つは, 感ずるもの, 知らず無頓着, 語る

▼ 生によって~ (6, 0.1%)

1 来る, 来ると, 来る以上, 生き上がりわれわれ, 発見し, 経営される知らぬ

▼ 生ました~ (6, 0.1%)

3 子で 1 ところ産科医の, のだろう, 老伯爵

▼ 生まで~ (6, 0.1%)

2 その妄執 1 昇つてはじめて, 時々オールドミス, 来て, 遡れば

▼ 生よりの~ (6, 0.1%)

2 解放の 1 解放としては, 解放は, 解放自由の, 距離は

▼ 生乃至~ (6, 0.1%)

2 劫をも 1 動作, 四大, 生命に, 道徳が

▼ 生~ (6, 0.1%)

1 かと異き, と呼ぶ, に乳, の体質, の制限率, を養育

▼ 生残る~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, か自分, のが, 丑松の, 人民海辺の, 者四人と

▼ 生かじり~ (5, 0.0%)

1 のため, の学問, の智慧, の知識, の者

▼ 生けり~ (5, 0.0%)

1 とおも, ともなし, とも吾, とも斯く, と見し

▼ 生こそ~ (5, 0.0%)

2 凡ての 1 アガペーであり, 殊にうまし, 氣の

▼ 生であっ~ (5, 0.0%)

1 てしばしば, てアメリカ, て助手, て結実, て言語文章

▼ 生にて~ (5, 0.0%)

1 ありけむ, くれ十二三日, 不治の, 二年以来パリイに, 本間次三郎という

▼ 生にな~ (5, 0.0%)

1 つたのを, つてからは, つてこの, つてゐた, つてオオデンゼに

▼ 生もの~ (5, 0.0%)

1 のため, の故, を食べない, 知りか, 知りより

▼ 生やさしく~ (5, 0.0%)

1 はない, は平らげられなかった, 出入りを, 家庭生活を, 頼まれるだけ

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 あゝ慾, おう生, かしさる, もぎを, 繁殖よという

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 中ニ於テ, 切リ口ニ, 如シ是物理小識ノ, 時苗葉ヲ, 須臾ナルヲ哀ミ長江ノ

▼ 生意氣~ (5, 0.0%)

1 だ, な百姓, な議論, な野郎, になつ

▼ 生捕られる~ (5, 0.0%)

1 くだりとの, のは, ばかりだろう, わけには, 者数知れなかった

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 が過去, という王様, のため本国, は生身, は自身

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 とは印度, に見ゆる, は佛經的, は印度佛教, は隨分澤山

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 つてしまつた是に, つて了つた身體も, つて來る, 詞を, 辭を

▼ 生返る~ (5, 0.0%)

1 かね, やうです, 生活の, 訳で, 訳エなえ

▼ 生~ (5, 0.0%)

1 にある, についても書かう, の紹介, へ喚きかかった, を過ぎ

▼ 生あら~ (4, 0.0%)

31 ば抗議ぐらゐ

▼ 生あるごとく~ (4, 0.0%)

1 に微妙, 畳を, 躍動する, 飛来し

▼ 生じゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 ありませんか, ありませんわね

▼ 生だけ~ (4, 0.0%)

1 あって, であ, です, 考えるという

▼ 生では~ (4, 0.0%)

1 ありません, ないが, なくて, なくなります

▼ 生で食べられる~ (4, 0.0%)

1 という点, ものは, ものも, 日は

▼ 生で食べる~ (4, 0.0%)

2 のが 1 ものであり, もの及び

▼ 生とが~ (4, 0.0%)

1 對立させられる, 当代の, 或る, 行く處

▼ 生ども~ (4, 0.0%)

1 から問, によって幾度, ナマリだらけで, ノートを

▼ 生などが~ (4, 0.0%)

1 大勢乘つてゐた, 本國, 輸入した, 風早學士に

▼ 生なれ~ (4, 0.0%)

1 から本, ば屋敷方, ば甚だ, ば鈴ヶ森

▼ 生にと~ (4, 0.0%)

3 つては 1 つても

▼ 生ひ茂り~ (4, 0.0%)

2 て径 1 て重, 銃獵を

▼ 生まず~ (4, 0.0%)

2 あはれと 1 の女, 女の

▼ 生また~ (4, 0.0%)

1 懶しの, 懶し英雄, 死の, 絳雪の

▼ 生一同~ (4, 0.0%)

1 が東寮, が笑った, は, を厳罰

▼ 生以上~ (4, 0.0%)

1 でありまた, である, には両, はすべて

▼ 生以前~ (4, 0.0%)

1 のもの, の尚書, の本, 既に一たび世

▼ 生~ (4, 0.0%)

2 を見よう 1 と金鉄会, に女人等

▼ 生命がけ~ (4, 0.0%)

1 じゃねえ, だぜ, で勧告, の御

▼ 生寫し~ (4, 0.0%)

2 ぢや 1 といふほどによく, にし

▼ 生師匠~ (4, 0.0%)

1 からこう, とは事変, のところ, の弟子

▼ 生捕つ~ (4, 0.0%)

1 てお上, てやらう, てやりませう, て昨夜幾松

▼ 生時代~ (4, 0.0%)

1 からの先生, に当事者, に級友, のこと

▼ 生~ (4, 0.0%)

1 から救済費, では十年, で苦行, 御産所

▼ 生~ (4, 0.0%)

1 と称する, に念, の奥義, の玄奥

▼ 生~ (4, 0.0%)

1 とは木, と同時に, の理, の説明

▼ 生立っ~ (4, 0.0%)

1 て何, て来た, て殊に, て毎年

▼ 生緩い~ (4, 0.0%)

1 ものも, 冗漫の, 吻を, 考を

▼ 生繁っ~ (4, 0.0%)

1 ている, て居る, て崖, て真暗

▼ 生蒼く~ (4, 0.0%)

4 隈する

▼ 生~ (4, 0.0%)

1 として受取られる, に就, に於, は此派

▼ 生際白粉べつ~ (4, 0.0%)

4 たりと

▼ 生いたった~ (3, 0.0%)

1 杉の, 私は, 者の

▼ 生い出~ (3, 0.0%)

1 ている, ても多様, て大きな

▼ 生い繁った~ (3, 0.0%)

1 中に, 地面に, 真に芝居

▼ 生い繁り~ (3, 0.0%)

1 てもと, 一, 加うる

▼ 生かい~ (3, 0.0%)

1 ちゃア, ておきたかった, て置い

▼ 生からの~ (3, 0.0%)

1 感染であった, 手紙を, 解脱を

▼ 生くべく~ (3, 0.0%)

1 もあらず, 日々死し, 猛進する

▼ 生これ~ (3, 0.0%)

1 が死, なり, を研究

▼ 生そのもの~ (3, 0.0%)

1 が直接心, と共にのみ排除, のよろこび

▼ 生それ~ (3, 0.0%)

1 こそ泰然, はサケ, を見

▼ 生だけは~ (3, 0.0%)

1 休みも, 取り逃がしたという, 楽しく死

▼ 生であろう~ (3, 0.0%)

1 ともその, とも己, と帝はじぶん

▼ 生でなく~ (3, 0.0%)

1 たけの, よく図案化, 死とは

▼ 生でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば死ん

▼ 生で食べ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てもパリパリ, ても梅干

▼ 生とともに~ (3, 0.0%)

1 コポオの, 歴史の, 荷蘭の

▼ 生と共に~ (3, 0.0%)

1 彼も, 必ず死, 陣屋横町を

▼ 生など~ (3, 0.0%)

1 犯人は, 英語の, 言ふ

▼ 生などの~ (3, 0.0%)

1 いる頃, 中に, 大かたは

▼ 生なり~ (3, 0.0%)

1 といつても, 同じくする, 是等の

▼ 生なんて~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 今時ある, 分らないもの

▼ 生のみ~ (3, 0.0%)

3 あつて死

▼ 生のみを~ (3, 0.0%)

1 思つた, 思つて死を, 責めるの

▼ 生ばかり~ (3, 0.0%)

1 であ, でなく当時, なので

▼ 生ひぬ~ (3, 0.0%)

1 まに, わが夢, 夕庭は

▼ 生ます~ (3, 0.0%)

1 ために, と申す, 能力も

▼ 生一人~ (3, 0.0%)

1 が感心致候, は中学生, を遣

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 の懷疑心, の教育者, 太い方

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 だから, の弟宗次, の男同士

▼ 生労作~ (3, 0.0%)

1 そして自他, の記録, は厳

▼ 生即ち~ (3, 0.0%)

1 天地の, 實在, 自然的文化的生における

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 やらを寄せた, を獻, 寄せて

▼ 生層地帯~ (3, 0.0%)

1 から流れ出し, を持ち, を持っ

▼ 生~ (3, 0.0%)

2 生へ 1 生より

▼ 生捕つた~ (3, 0.0%)

1 曲者が, 荒熊でござい, 豹でござい

▼ 生捕れ~ (3, 0.0%)

1 ばよい, 文醜, 自らを

▼ 生文楽~ (3, 0.0%)

1 の二君, の二枚看板, を特別

▼ 生曝し~ (3, 0.0%)

1 がある, が一つ, の坊主

▼ 生曲り~ (3, 0.0%)

2 の和尚さん 1 の上

▼ 生~ (3, 0.0%)

2 來の 1 散誕

▼ 生~ (3, 0.0%)

2 や樅 1 の並み木

▼ 生残り~ (3, 0.0%)

1 の人, の私たち, らしい老

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 といふもの, なき物象, の通路

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 で疾病絶滅, の免許皆伝, や治療法

▼ 生温か~ (3, 0.0%)

2 さが 1 な吐息

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 だと, の肉, や生

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 だその, だろう, と号

▼ 生立った~ (3, 0.0%)

1 が生涯町家, 人だ, 者じゃ

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 の御, の朝比奈, の頭棟朝比奈

▼ 生腥い~ (3, 0.0%)

1 ツララは, 臭いに, 風を

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 によつて, も决, を立つる

▼ 生諸君~ (3, 0.0%)

1 はこの, は我等, よりもなお

▼ 生返っ~ (3, 0.0%)

1 て, て来た, て見れ

▼ 生返り~ (3, 0.0%)

1 人が, 手術を, 率は

▼ 生鈍い~ (3, 0.0%)

2 汽車で 1 肉声に

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 と云, にうつ, の生活

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 が三年忌, の土塀, の森

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 で内地, は第一線, へ進まるべき

▼ 生雲塔~ (3, 0.0%)

2 の釘一本 1 いよいよものの

▼ 生順四郎~ (3, 0.0%)

1 から運動費, に払下げ, に草山

▼ 生~ (3, 0.0%)

1 をうつしとってる, をぜひ, を見た

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 がりで, ツたかく

▼ 生あがり~ (2, 0.0%)

1 の松田, の軍曹

▼ 生あつき~ (2, 0.0%)

1 にほひ, 色と

▼ 生ありし~ (2, 0.0%)

1 ものとが, ものを

▼ 生い出た~ (2, 0.0%)

1 のであったなら, 草花の

▼ 生かと~ (2, 0.0%)

1 云う之以上重大, 聞いたら茹でたので

▼ 生からは~ (2, 0.0%)

1 一向に予定, 嫌はれた

▼ 生がさつぱりあつまらず~ (2, 0.0%)

2 それになに

▼ 生くべきで~ (2, 0.0%)

1 どんな人間, はない

▼ 生くらく~ (2, 0.0%)

1 あはれ, は鯉市

▼ 生くれ~ (2, 0.0%)

1 ど争, ど飽く

▼ 生けらぬ~ (2, 0.0%)

1 と聞えよ, 命同じく

▼ 生ここ~ (2, 0.0%)

1 にはじめて, までの生涯

▼ 生こそは~ (2, 0.0%)

1 幾多の, 欲すれ死

▼ 生すれ~ (2, 0.0%)

2 ばすなわち

▼ 生せず~ (2, 0.0%)

1 にゐられない, 滅せず

▼ 生せる~ (2, 0.0%)

1 区域甚だ, 麗質で

▼ 生だらう~ (2, 0.0%)

1 と思, と紳士

▼ 生ては~ (2, 0.0%)

1 居られぬと, 居られねば

▼ 生てる~ (2, 0.0%)

1 よ顔, 者が

▼ 生でした~ (2, 0.0%)

1 けれど今, 其以前に

▼ 生でない~ (2, 0.0%)

1 ということ, 一寸そらした

▼ 生で食っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておられる

▼ 生としてのみ~ (2, 0.0%)

1 成立つ故, 自己の

▼ 生としても~ (2, 0.0%)

1 既に訂正, 結果の

▼ 生とても~ (2, 0.0%)

1 同じ, 皆聲を

▼ 生とで~ (2, 0.0%)

1 持ちきって, 隠されて

▼ 生などでは~ (2, 0.0%)

1 あるまいかと, なくて

▼ 生などに~ (2, 0.0%)

1 出遇, 分るものぢア

▼ 生などは~ (2, 0.0%)

1 この前, 中

▼ 生についての~ (2, 0.0%)

1 ロマンティックな, 認識の

▼ 生にとって~ (2, 0.0%)

1 たいへんな, 有用である

▼ 生にまで~ (2, 0.0%)

1 呼び戻して, 昇り自己

▼ 生によ~ (2, 0.0%)

1 つて紹介されたる, つて試みられた

▼ 生に対しては~ (2, 0.0%)

1 世話も, 研究上その

▼ 生はん~ (2, 0.0%)

1 かな物知り, かのちいさい

▼ 生ひ続き~ (2, 0.0%)

1 て其間時, て蒼髯白沙

▼ 生ひ繁る~ (2, 0.0%)

2 阜は

▼ 生ふと~ (2, 0.0%)

1 いふ動詞, いへど

▼ 生ふべくある~ (2, 0.0%)

1 に, 様にと

▼ 生ふべく見ゆる~ (2, 0.0%)

1 なつかしき此野, に

▼ 生へと~ (2, 0.0%)

1 這い出そうと, 連れ戻すこと

▼ 生または~ (2, 0.0%)

1 生に, 精神生活の

▼ 生みなせる~ (2, 0.0%)

1 ヂオメーデース又, ヂオーレスいま命つきぬ

▼ 生やかした~ (2, 0.0%)

2 ままだ

▼ 生ゆる~ (2, 0.0%)

1 こと勿れ, を捨てた

▼ 生よりは~ (2, 0.0%)

1 まだまし, 楽な

▼ 生らしく~ (2, 0.0%)

1 も見える, 學校の

▼ 生を以て~ (2, 0.0%)

1 し太平洋, 母を

▼ 生イワノウィッチ~ (2, 0.0%)

1 の負傷, は人間

▼ 生ズル所~ (2, 0.0%)

1 ノ毒水ト毒屑ト, ノ毒水ト毒屑ト久シク澗谷

▼ 生レ封建的~ (2, 0.0%)

2 ナ空気

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 以テ念ト為サザルニ在, 治メテ以テ尺寸ヲ

▼ 生不動~ (2, 0.0%)

1 のよう, の仕返し

▼ 生不滅~ (2, 0.0%)

2 という語

▼ 生二人~ (2, 0.0%)

1 がカルチエエ・ラテン, には帰化人三人

▼ 生二百生~ (2, 0.0%)

2 乃至劫

▼ 生付き~ (2, 0.0%)

1 の性質, の癖

▼ 生仲間~ (2, 0.0%)

1 と欄干, を訪問

▼ 生傷杜景死驚開~ (2, 0.0%)

2 の八部

▼ 生全部~ (2, 0.0%)

1 に起立, の犠牲

▼ 生共に~ (2, 0.0%)

2 中学時代の

▼ 生冷たい~ (2, 0.0%)

1 壁紙の, 煮返し

▼ 生出す~ (2, 0.0%)

1 能力を, 計畫

▼ 生出せざる~ (2, 0.0%)

2 も保す

▼ 生出る~ (2, 0.0%)

1 もの片, より實

▼ 生利き~ (2, 0.0%)

1 ぞと思召, にも猿

▼ 生募集~ (2, 0.0%)

1 の事, の試験

▼ 生十五人~ (2, 0.0%)

1 に向っ, ばかり一時間四十分

▼ 生原料~ (2, 0.0%)

1 とこれ, の若干

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 であって, には統一

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 でシリンダー, の怜悧さ

▼ 生埋され~ (2, 0.0%)

1 其より, 次の

▼ 生埋し~ (2, 0.0%)

1 て之, て寺

▼ 生大いに~ (2, 0.0%)

1 喜びこれ, 愕く

▼ 生層地~ (2, 0.0%)

1 の峡間, は白峰

▼ 生師父~ (2, 0.0%)

1 の礼, の禮

▼ 生思想者~ (2, 0.0%)

2 であり神祕的

▼ 生意氣ざかり~ (2, 0.0%)

2 の十六

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 は事実, を立ち退き

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 は南京, は反

▼ 生殊に~ (2, 0.0%)

1 それに, 生の

▼ 生殿~ (2, 0.0%)

1 に山, は僕

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 の為め, ノ為ニ図リテ

▼ 生温かかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 のコン吉, のコン吉氏

▼ 生町三番地小林~ (2, 0.0%)

2 第一支店鈴木三重吉

▼ 生発する~ (2, 0.0%)

1 芸術であります, 言葉の

▼ 生的物質~ (2, 0.0%)

1 の一塊, の中

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 の藝術, は転々悶々

▼ 生繁り~ (2, 0.0%)

1 て庭造りなんどがた, 掩冠さったる

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 が時には, を眺め

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 気も, 法印洒落や

▼ 生自身~ (2, 0.0%)

1 の自発的研究, は何度

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 を御牧, ヲ入替

▼ 生菩提~ (2, 0.0%)

1 の祈り, 南無頓生菩提

▼ 生落し~ (2, 0.0%)

1 たりと云, て夏

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 として解消, を遵奉

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 は今昔物語等, をも語

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 四山之, 独淑人

▼ 生赤い~ (2, 0.0%)

1 夕焼け雲の, 斑點の

▼ 生~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 生返つた~ (2, 0.0%)

1 ことも, 泉を

▼ 生返らせる~ (2, 0.0%)

1 という話, 事が

▼ 生門下~ (2, 0.0%)

1 の逸足, の音曲師

▼ 生~ (2, 0.0%)

1 だか, の男

▼ 生麗卿金蓮~ (2, 0.0%)

1 の三人, の邪鬼

▼ 生齧り~ (2, 0.0%)

1 の哲学者メ, の法律口調

▼1* [717件]

あたらしいその高札, 生あたりの, 生あって初めて, 生あったかかった, 生あらしめるものである, 生あるいは叢生の, 生あるごとく流れ出て源三郎, 生あるごとく舞いこんできた, 生いうなッ, 生いしげりおまけに, 生いたるべき不敵の, 生いたればここ, 生いってらア, 生いついたもので, 生いつけば福, 生いでて来る, 生いなむわが夫, 生いよいよ買わないな, 生いらえするに彼, 生い伸びて野宿, 生い伸びた白樺の, 生い出でて, 生い出る絶妙な, 生い埋める餓鬼山の, 生い移した不幸な, 生い立てる本能の, 生ている, 生うごめく気配の, 生うちゑみて, 生うち笑ひて, 生うつしの姉, 生うつしなりと思へりしに, 生うつしなるまま夫の, 生うべきものだ, 生うるしを筆, 生拔きの豪士で, 生えっちまうんでねえ, 生おまえは食う, 生かえった心地が, 生かえりつつ夷, 生かすかである, 生かつてビナレスの, 生かを賭する, 生がい完全な自制, 生がかったメザシよりは, 生きりだわ, 生くさく吐息する, 生くされば選ばれし, 生くるあたわずしかしながら人, 生くるも亦一興, 生ぐさい臭いの, 生けどられたかな, 生こころまどひ, 生こころゆかであれば香玉, 生この邸に, 生ごときはすでに, 生ごろのこと, 生がし, 生さんたちのキャムプ, 生さん小勝さんバタバタと, 生さん帰宅さつ, 生さん方には内, 生ざらめや, 生しかども其甲斐なく, 生しかも他者への, 生ぜひなくまた, 生そこに芳烈, 生その他めまぐるしい程, 生その他有志の者, 生うめ, 生たらしい笑い顔は, 生たらしめようと誓った, 生たりしだけに, 生だけのその簡単, 生だけをまんまと取り逃がし, 生だつたりする, 生だらに利用, 生ちり小芋, 生つきの眞白栲, 生つたらどうする, 生つたら持つて往くだ, 生つていふの, 生づくりが何, 生であらねばならぬ, 生でありますが之, 生であれ死であれ, 生でおろし込むことが, 生でかじりかじり歩いたりした, 生でございますが何, 生でたべてもよう, 生でなけりやア, 生でのめるような, 生でぶっつかって微妙, 生で使っている, 生で供え人は, 生で出さずにいのち, 生で帰って来た, 生で持って来, 生で渡せという, 生で聞かなくつちや, 生で見せられると根っから, 生で見るような, 生で食えるものだ, 生で食った生活剣の峰千願岩猿の, 生で食べてるのだ, 生で食べられませんが赤茄子, 生で食べるべきもので, 生というも己には, 生とかが併んで, 生とかになる迄, 生とかや中村の, 生とだけ名乘, 生とて終日書読みくらしたる, 生とでももつと, 生とに絶望する, 生どころの若い, 生どって了, 生ながらの幽霊でございます, 生なぞといった感情, 生などと夜学で, 生などとは違ひ, 生などには其の勇氣, 生などよりどれ程, 生などを遣るつもり, 生なりしか不明, 生なるやと問, 生なんかとうとういっぺん, 生なんぞをコソコソと, 生なんてもんぢや, 生においてこそ吾, 生においてと同じであり, 生においての如く文化的生, 生にだけ置いて, 生については何ほどの, 生につきお話したい, 生にても食ひ, 生にでも見せて, 生にとっては昼と, 生にのみ留まる間, 生にばかり執着する, 生により生は, 生に対し促進的生産的な, 生に対しての希望が, 生に対しても根が, 生に関するくだりだけを, 生のは, 生ぬくいものが, 生のくひちがひ, 生のでも構いません, 生のみに執着するなら, 生はじめて化する, 生はじめ三遊派の主立った, 生ばかりで出して, 生ひかはる芽を, 生ひけん草を, 生ひざりし草生ひ, 生ひざるさきに, 生ひざれど状可, 生ひし古松の, 生ひしけりて一つ色, 生ひしげる土地, 生ひすがふ, 生ひせずしげりける樹には, 生ひたるかげふかきまで, 生ひたれど日, 生ひであつた, 生ひでないまでも必一度, 生ひと膝乗りだした, 生ひと所謂高天原傳來との交錯状態, 生ひひろご, 生ひ出た鈴蘭, 生ひ出でて名, 生ひ垂れた一人の, 生ひ立つに連れ, 生ひ茂らせそして爛漫, 生ふざけて, 生ふし開き給, 生ふべき為に, 生ふべくなれるを, 生ふべく焼くこと, 生ふべく見ゆ, 生ぶりを發揮, 生へても友達同士の, 生へぬ蒔いた種は, 生へは特殊な, 生へるだろう芋を, 生べき景色にて, 生ぼしにし, 生まことに汝が, 生まされたりし, 生まされた子を, 生まされる女も, 生まざらんと, 生まじと固く, 生まじめの議論, 生までには行き渡らぬため, 生まではちと無理, 生まると, 生みいだされたことだ, 生みたいな文字, 生もうす鬼魅悪く, 生もっぱらこれを, 生もとより天より, 生やいた奴は, 生やさしいこっちゃねえ, 生やさしき表面的な, 生やはり名人と, 生やむなくその臂, 生ゆるかような不思議, 生ゆるきは, 生ゆるごとわが, 生よりとなって, 生らしき男の, 生ら奔せいでて, 生ら聲放りあげて, 生るれば必ず, 生わが自己が, 生わった野道を, 生わるく男の, 生をからかつた, 生をのみ慈しむ涙ぐましい, 生をば第一, 生をもって直下に, 生をわづらは, 生アリ生中生ナシ, 生てる果物畑, 生エタリシテソノ全体ガマタ二重ニ見エタ, 生エタ猟師ヲ見, 生エテルケレド黒人ハ毛ガ少イワ, 生エル馬糞菌ヲ喜ン, 生キテイテ彼女ノ全身, 生キテイルヨリヒト思イニ残酷ナ殺, 生キテイル動物妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, 生キテハオ目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 生キテ逆転セザル妄想ヲ深, 生キ甲斐ヲ見, 生クル者ニ非ズ, 生ケロリとし, 生サザンカである, 生ジタヨウナ感ジガシソコヲ中心ニ体ガ一方ヘ傾クノデアル, 生ジテ最肥大ナルハ茎太サ八九寸, 生ジテ後魚汁ヲソヽグベシ此種近年異国ヨリ来ル花ハ山吹ニ, 生ズト雖ドモ亦種植スベシ, 生ズル負擔ハ, 生ズル処ハ一筋ニシテフトシ末ニ枝多ク分レ下垂シテフサノ如シ, 生ズル収入ハ於菟茉莉杏奴類ニ平等ニ分チ与フ於菟ハ志げ, 生ズル犯罪ノ大多, 生ズル立体的切口ナリといえる, 生ズル諸君身辺ノ若干, 生ズ之レヲ掘, 生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 生ズ市食ノ菌ニ, 生ズ形チ帯ノ如シ, 生ズ秋時ニ掘取レバ輒チ, 生ズ葉ハ手ノ如ク, 生ズ貧民ハ其実ヲ多, 生ズ陸地ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 生ズ雨後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, 生ズ高野ヘ至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草, 生セサル程, 生ゼリ而シテ其全ク一種ノ寄生植物ニシテ年, 生た, 生ッ粋の旅館, 生ニテモ塩ニ漬ケテモ清水ニ数返洗フベシ其脆ク淡味香, 生ニ執着スル気ハ少シモナイガ, 生マタ些カ鍛腕ヲ撫シテ, 生無シ, 生ヤシテ置クト尚更病人ジミルンデネ, 生ルレバ皆各其体質アリ, 生ルヽノ我ヨリ先後ニ論ナク皆悉ク, 生ル也茎ノ百重アルナリ, 生ル所山河清シといった, 生ノ御, 生レタラシイガ前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, 生レタル利益ヲ與ヘズ他方, 生レツキ陰性デ秘密, 生レテハ十歳ニモ成ヌレバ甲冑ヲ帯シ, 生レテ身ヲ農迹ニ, 生レデアルカラ背ガ低ク, 生レデレスリート云ウ名ダッタノデソノ仔モ同ジ名, 生レナガラ御旗本, 生レマセヌノデ白米氏ニ敗ラルル点ニオイテハ御同様デス, 生レモンか橙酢, 生レ其ノ見, 生レ出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, 生レ四十一歳ニシテ來朝シ尋デ歸化シ姓名, 生レ幼時早ク我父母, 生ローベルト・クロップシュトックと知り合い, 生ンダ我ガ子ノ督, 生一人それに勝手, 生一個の問題, 生一念無量劫とは申し, 生一派の論士, 生殺, 生三十年ばかり郷里, 生三年の修業, 生三語楼小勝が落語協会, 生上りの役人, 生下女皆玄関に出, 生下女皆玄關に出, 生生の, 生不滅本覚本来之真心, 生並みに, 生中あいつ等のこと, 生中ひとつでも松蟲, 生中ロシア共産党への組織率, 生中朝鮮人あり一寸, 生中村幸治さんといふ青年来庵, 生中浪華亭の養女, 生中生なし, 生中蔵前に移った, 生中隣家の美人卞非雲, 生主人公は山頭火, 生乃ちかへり来, 生久経領送使, 生でも復, 生事吉村忠雄氏或はもつ, 生事某氏は, 生二三人が今, 生二人隣室に遊び, 生二代目円橘売りだしの, 生二名来訪ちよつと新, 生二百名くらいが四列縦隊, 生云いねえ云え, 生五十まだ學ん, 生輔圓歌可, 生今月十七日より北陸漫遊, 生今般時代の流行, 生仕事鏡に掛, 生他方事實としての生, 生他者への存在, 生故更に, 生付いての鳥目, 生に同じ, 生以來相傳の本, 生以外にあるまい, 生以後の尚書, 生以後兩漢の間, 生な日本人, 生伊川君ひよつこり来訪, 生を見せ, 生伸びようともとても, 生より外, 生位癪にさはる, 生の仇, 生何とかの招牌, 生何カイリか, 生何不自由なしに, 生余計な世話, 生來風が大, 生なる伯父, 生かに病みぬ, 生に從, 生の払子, 生優しかった, 生元気です, 生先頃自身の旧作, 生兒宗次の女房, 生入学許可の方針, 生入用ってありましたでしょう, 生入道の一族, 生兩儀といふの, 生兩方の學生, 生して, 生兼図案家常にウシマレス大王, 生円遊円右馬車の円太郎, 生再び生まれるという, 生で在, 生写しな菌, 生処種姓形色力勢皆師子に勝る, 生出したりといえ, 生出せしめんと, 生出せるを標す, 生出せるなれと余所事, 生分らねえ才槌だ, 生初めわれわれ外来の学生, 生則商均之神又非, 生則気聚死則散有, 生の理, 生逆剥, 生剥ぎにすべし, 生劃一ナル兵隊服ヲ着用セシムベシト云フト一般, 生が物質, 生のある, 生勘定臺これらはみな借金取, 生するを, 生化學雜誌に掲載, 生化生の四つ, 生北山とのあいだ, 生北限ということ, 生十五六から二十ぐらゐなのが揃つて來, 生十餘日以前より發熱, 生と海苔, 生原料品機械食物船舶等の分量, 生取って来, 生口拡は文事, 生口財物若有疾病, 生楽について, 生司馬龍生三升亭小勝と名人上手, 生司馬龍生三升亭小勝二世三遊亭圓生とあと, 生各人の自由, 生同様のもの, 生命毛の筆, 生咯血の事, 生咽喉が渇い, 生哲学ね, 生哲學の書物, 生を出す, 生じりの, 生四五人連れて, 生四十なほ人生の一學生, 生て袂, 生圓朝親子いっしょに今度, 生圓橘圓馬しん生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 生圓遊圓喬圓太郎圓橋圓馬の門人たち, 生在世之時, 生地方から上京, 生坊宇都宮頼綱は岳父, 生埋したによる名, 生埋すると最早, 生埋する如く家の, 生埋せうと望んだ, 生で猛犬, 生がぼんやり, 生塩屋入道信生千葉六郎大夫入道法阿渋谷七郎入道道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 生壬生忠岑小野小町大伴黒主はじめこの道, 生を聞く, 生変って来られた, 生多く隣に, 生の浄土宗, 生大学の秀才, 生大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 生大道ひろしと歩, 生れ何くに, 生夫婦を抱く, 生つり産後肥立兼相果られ, 生女史とその, 生女性を装っ, 生女房を何, 生女生が二列, 生女生兩方の學生, 生本当にお前, 生奴奴ア何故此家, 生奴汝ア何故此家, 生好かない気障, 生姉妹が躍りあがる, 生威海蘇山雲忽鎖鉄車衝雨入英京, 生を大事, 生子葉を有し, 生孟山譽王子閭等は皆墨子, 生学教授エリオットは大学講座, 生学教授クレフトン・エリオット博士に深厚, 生官吏または, 生室二箇所各二畳, 生容易い業じゃ, 生と云う, 生寺垣内に十四五軒, 生寺縁起による, 生學生の, 生小勝今輔, 生小山すみれであること, 生小山すみれ嬢とがびっくり, 生壯老衰死等の, 生末光居, 生層つまり水成岩の層, 生層岩山の特色, 生層水成岩地を分け, 生層西は花崗岩, 生層西側は, 生川鉄忠氏これなり, 生師匠りう馬師匠他いろいろ, 生帰って来た, 生を冠つた横顏, 生せえ, 生たかく手握り, 生弓矢を以て汝, 生弓矢もちて汝, 生弱々しい顔を, 生当代文治が睦会, 生して, 生に於い, 生徐三庚趙次閑, 生得意の自, 生の三, 生心地のある, 生るまいと, 生忘れまいといふ, 生快生連名の, 生を算定, 生の家主勘兵衞め退役, 生意氣さうに見えるあんなに, 生愛しまむ日, 生愛慕のおも, 生為整骨至于牛馬, 生或いは天使あるいは, 生抜きの宿, 生ガ兵卒ト大差ナカリシ平等ノ, 生指さして, 生捕された平重衡が, 生捕らば顔良, 生捕らずんば生還, 生捕らせてはいけません, 生捕らないまでも半死半生, 生捕られしを長生王, 生捕られたくないならば舊, 生捕られました呼延灼の, 生捕らんものと, 生捕るくれえな, 生捕ろうじゃない, 生採用の可否, 生揃って来ます, 生撲るぞ, 生された, 生の報, 生則死二気之, 生文楽両君と主宰, 生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 生新しき社会の, 生日後の尺牘断片, 生又来, 生時にあつて, 生時には畫家や, 生時人に怨恨, 生曹達白似霜, 生死替し, 生最後の息, 生會生日の日なか, 生有り生中生無し, 生有るものは, 生よりの夢, 生の長い, 生杉山彬が途上, 生村石橋の杭打場, 生来りて見る, 生が植え, 生枯槁の躯, 生にどういう, 生柳枝つばめ馬生小勝今輔, 生栗ニ勝レリ好デ食スベシト, 生棲間のもつれ, 生横溝正史城昌幸水谷準諸氏, 生をつくる, 生を中心, 生正岡子規に引きこまれ, 生武次であった, 生の道, 生歿を列記, 生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 生残して成人, 生残りうるものだ, 生残り婦人の話, 生残者でありますが, 生殺で罪は, 生殿爲内道塲復毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 生は草心尼, 生氏住し野間郡池原, 生にあらざる, 生気づくだらうと思はれた, 生気風が抜け, 生を平手, 生沙漠礁磽の地, 生の修辞学徒, 生添って葉, 生漉紙よごちり, 生潮田玄乗氏来訪あり, 生火火生土これが相生, 生烏賊を沢山, 生片岡鉄兵岡田三郎塚原健次郎などという人達, 生を買, 生牛一疋兵隊へ頂戴, 生牡蠣を乾いた, 生独り居のすさまじ, 生独特の持ち前, 生獄丁などの下役, 生獲してこの, 生獲ったような, 生玄川子との四人連, 生そばの, 生生き代わり死に, 生生徒にし, 生生意気な事, 生生活に先づ學校, 生の帳面, 生男子風の優美, 生の千枚岩層, 生番付といったよう, 生施スナク竟ニ西洋, 生的人物と彼, 生的動的ね, 生的存在論の完成, 生的注意も遺憾, 生的物質中に考えざる, 生的生活の苦悩, 生獲大, 生皆富貴延命を獲させ給え, 生目様へ私, 生相憐み死相捐, 生看護婦まかない方, 生とて祝杯, 生短い袴纖い, 生研究だけで, 生確かに猶, 生にき, 生社会に必須, 生祠記の内容, 生福寺に止まっ, 生秋羅歌川真研SK生等々いろいろの, 生立つからで, 生立つた娘だ, 生競った茸の, 生等々いろいろの, 生等其項目甚浩瀚なり, 生と虚弱, 生細長を着た, 生終了の証書, 生組奸党の者, 生ふ地, 生給い亦た, 生総数約二百人, 生の首, 生て両, 生繁ったのを, 生である, 生たまたま肩, 生翌日は活子, 生老病死の憂患, 生曝さなくとも, 生聊か擡頭し, 生聖リューク療養所より追放, 生聴きの上, 生職人衆集金屋さんといつた, 生育ちて乗物ならでは外, 生育った自分の, 生育つのです, 生を一眼, 生に包まれ, 生は廃藩, 生臘月のすゑ故郷, 生臨時弓箭亡坐爾時御祖神魂命, 生自分の運命, 生自己の我, 生自身二年間ゐて, 生自身何の経験, 生臭入りの弁当, 生致したのは, 生芳子まで口, 生とちぎ, 生若い衆の御, 生若い青い頭を, 生若き腕ながら, 生若しくは次郎生事吉村忠雄氏或は, 生の味, 生苦生だよ, 生英文に關, 生を焼い, 生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 生菩薩と西藏本來, 生葬カシモド焼けどした子供, 生藤原孝道によって書かれた, 生處也所産生臨時弓箭亡坐爾時御祖神魂命, 生の幼虫, 生蝦夷の国, 生に酷似, 生被さった雑樹の, 生親父は殺された, 生觀善さんは高祖, 生訓練に一生, 生評定所御呼出しこれ, 生話掛の一人, 生読みて涙ぐましく, 生調として見え, 生證人として平田源五郎, 生なま, 生貞山らの会社派, 生資格の条件, 生賢い僧が, 生賢しい智慧やなんぞを, 生赤城一字は相, 生足れりとする, 生ヲ免レ, 生躍する人肉を, 生は早世, 生返ったらそれこそ, 生返つてる連中だ, 生返らしてそれから, 生返らせなば又, 生訪予於宇氏寓館, 生過剰の現象, 生達三四人団結して, 生向南極天, 生野菜が如何にも, 生え持っ, 生鈴子といふ, 生長くなつて, 生長らえる効も, 生門人音曲をよくす, 生院様モ止観院様モ何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 生院薫誉智才信士という, 生際丈が代, 生雷声送雨晩天晴, 生を流亡, 生青い優男である, 生青春と明る, 生頃家は横濱山手, 生養成としてもズット合理的, 生驚いて犬, 生骨柄は然, 生骨美事通して, 生を正直者, 生高座で使い, 生高校生中學女學生間などのグループ, 生鮭生鯨猪熊など煮, 生鮭粕漬夕吸物牡蠣海苔口取蒲鉾卵橘飩青海苔を塗, 生鯨猪熊など煮, 生が半身, 生鳴雪翁ほどには得意, 生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助