青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「無数~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~無く 無く~ 無し~ ~無事 無事~ 無心~ 無念~ 無意味~ 無意識~ ~無数
無数~
~無理 無理~ ~無用 無用~ 無礼~ ~無視 無視~ ~無言 無言~ ~無論

「無数~」 3099, 29ppm, 4059位

▼ 無数~ (2338, 75.4%)

31 星が 19 人間が 13 人が 12 人間の, 星の 10 人々が, 蛇の 9 ものが, 人々の, 顔が 6 人の, 女の, 影が, 眼が 5 ものを, 変化を, 星を, 生物の, 蛇が

4 [15件] やうに, ように, 人影が, 光の, 嘆きは, 嘆きよ, 巨大な, 松明が, 猿が, 眼は, 花が, 触手の, 足音が, 軽い擦過傷, 頭が

3 [36件] 事実を, 傷が, 卵を, 名も, 名を, 宝石を, 影を, 手が, 手と, 敵を, 槍と, 死を, 死体が, 民衆が, 気泡が, 氷柱が, 泡を, 火の粉が, 灯が, 生物が, 男女が, 男女の, 皺が, 皺の, 眼に, 線条は, 群衆は, 群集が, 蛇を, 蝋燭が, 針の, 雪の, 顔の, 魚が, 鳥の, 鴎が

2 [180件] おおかみ, かげが, くちびると, それらの, つまらぬ出来事, ものに, タブーを, ダイヤモンドを, ハンケチを, ブランキが, リズム, 不平不満を, 人々に対する, 人々は, 人たちの, 人と, 人に, 人を, 人声が, 人間, 人間に, 仏像を, 例を, 例証をも, 個々の, 傑作を, 傘が, 傷に, 傷口が, 光が, 兎が, 兵船が, 危機や, 哀しい生命, 商船や, 嘆きが, 嘆きと, 嘆きに, 国家的羅曼主義者即ち, 塵毛の, 声が, 変り果てた顔, 大作を, 大小の, 天人が, 妙に, 子供の, 宝玉の, 宝石が, 宝石の, 小さい虹, 小さな喚き, 小さな流れ, 小坊主が, 小枝, 小波が, 小猫, 小舟を, 小説が, 小路が, 少女の, 岩燕が, 島々を, 島が, 川が, 建物が, 心像が, 感情を, 房, 抽出が, 探金者たち, 掻き疵, 提灯が, 教会と, 敵の, 旗が, 星である, 星にも, 星屑が, 時計の, 枝を, 椅子を, 構図を, 死骸が, 死骸の, 死骸を, 毒蛇を, 水泡を, 泡が, 注射の, 浪人が, 渦を, 漁船が, 灯の, 灯を, 炭焼窯が, 点を, 焔に, 無形の, 燈火が, 爆弾が, 片々が, 物象めまぐるしく, 獣の, 玉が, 理由を, 生きものが, 生存者が, 用語を, 痕跡の, 瘋癲人を, 白骨を, 目と, 真珠を, 眼を, 矢が, 矢を, 知られざる死, 破片や, 神兵が, 神兵も, 神秘な, 穴が, 穴を, 窓から, 窯場が, 筏を, 糸が, 紙片の, 紙片を, 紫の, 細かい雪, 細かな, 結節が, 縄を, 群衆と, 羽虫が, 考えが, 者が, 脚が, 腐りかかった肺臓, 興味ある, 船が, 船に, 花粉を, 荷船は, 落葉を, 葉の, 虫の, 蛙が, 蜂が, 蜘蛛が, 蝗の, 蟇が, 蟻の, 言葉は, 赤ん坊の, 足どりと, 足跡が, 身辺の, 軍馬の, 追憶的風景画を, 過去の, 過去生を, 醜いもの, 金銀を, 針を, 長所を, 階級が, 隣人たちよ, 雀が, 雑器が, 雑音無数の, 電燈が, 頭を, 顔は, 風変りな, 飢えを, 魑魅魍魎が, 鯨舟が

1 [1627件 抜粋] ○○○○○○○○、網目の, いとも不快, うちの, おもいが, お犬様以下, かすかな, きのこを, こまかい事情, これらの, しかも密接, だん, つぎが, どんぐりが, ばからしくくだらない質疑, ぼうふらが, まだ生れない, ものにおいて, やぶ蚊, アンゼルスを, エピソードと, ガラスの, クレヴァースは, サンブリ族及び, ソヴェトの, デザインと, ドブという, バラツクを, パリ独特の, ビルディングの, ヘッドライトの, ホドが, ミタマサマを, ラマが, ワラ人形を, 不均衡な, 不規則な, 世界の, 中国人, 乳房を, 事例において, 事実から, 事柄に, 五十匁掛の, 交通路が, 人々よ, 人たちを, 人命をも, 人家軒を, 人民が, 人物の, 人間で, 人間を, 人類が, 仏陀の, 仕事が, 仕方においての, 住民が, 何でも, 俊徳丸が, 信者が, 信頼の, 偃松の, 傘の, 傷を, 儀式が, 光りかがやく泡, 光点の, 兵士が, 内房を, 写真を, 出品画の, 刀傷また, 刃と, 切支丹が, 剣の, 力発展しよう, 労働者無数の, 動向性を, 勤労大衆に, 区別が, 卑屈な, 卵が, 卵細胞が, 原始的な, 反射と, 口碑が, 古本の, 叫喚を, 史料か, 同じ仲間, 同時作家の, 名が, 名僧知識たちが, 否定無数の, 吹雪と, 唐松の, 問題を, 噛み傷, 囚人達を, 団栗が, 国家群が, 土偶も, 地域には, 埃の, 場合から, 場合において, 墓が, 墓石塔地蔵尊等塁, 壁を, 壺が, 外船が, 大きな渦, 大将が, 大木を, 大鯨, 天体が, 天使たちが, 夫たち玩具の, 失恋を, 奇岩怪石が, 女が, 女に, 女性の, 妖星と, 妻や, 嫌味が, 子供を, 宝物お, 実を, 宣教師が, 家々が, 家族, 家鴨たちの, 寓話物語を, 寺院で, 対立しあった, 小さいもの, 小さい泡粒, 小さい滝音, 小さなばった, 小さな光, 小さな地響き, 小さな明るい, 小さな球, 小さな魂, 小国に, 小川が, 小弾や, 小灯, 小禽の, 小舟からも, 小蜂, 小軽音楽団体, 小野が, 小鳥が, 尖った岩石, 屍で, 層を, 山を, 山尼達は, 山蟻が, 岩の, 岩石の, 峰の, 川に, 巨幹は, 差別が, 帆ば, 幟の, 幻影が, 広範な, 庶民が, 建物から, 引き出しが, 強いエレクトロン, 形体を, 影と, 彼を, 征矢は, 後胤を, 微水滴, 微笑を, 微賤, 応用においても, 思考を, 怨恨が, 怪獣が, 恒星の, 惑星恒星爛として, 意であろう, 愚僧その, 憂患を, 成り上がり者, 戦争原因が, 所謂自殺遂行者たちが, 手傷だ, 手紙の, 投げ槍, 折助連は, 指先の, 探照燈, 提灯で, 提灯大勢の, 擦り傷引掻き, 支那人に, 散歩路で, 敵が, 文芸同人雑誌が, 斬り傷, 新しいめまぐるしい豊富, 旌旗を, 旗の, 旗幟が, 旧董卓派, 明りと, 星とが, 星に, 星も, 星群として, 時期に, 暗鬼を, 曲線が, 曲面が, 書籍を, 木の葉または, 木箱が, 未来が, 本を, 材木を, 条件によ, 松明, 枝道が, 枯枝と, 柳絮が, 根を, 検査官や, 楽器それらの, 槍を, 横笛へ, 樹木の, 檻車が, 欲求に, 武士が, 歯を, 死がいを, 死傷者を, 死者, 毒舌を, 毒蛇は, 民に, 民戸が, 気味合事物の, 気泡を, 水を, 水禽の, 水芭蕉の, 氷柱を, 江戸から, 沢蟹が, 河童を, 泊まり客や, 泡は, 波を, 波頭を, 洗濯ものが, 流氷が, 浮浪者が, 海底隆起部に, 海鳥の, 深い亀裂, 渡り鳥が, 渦と, 温泉が, 滅亡の, 漁船も, 漢詩人が, 瀑が, 灌木の, 火の玉と, 火傷と, 火影は, 灯に, 炭火の, 烏が, 無名の, 無銘な, 焼死者を, 煙突から, 煩悶と, 燈明煙り, 燭火と, 牙を, 牝が, 物質が, 犠牲によって, 犠牲者, 犬無数の, 独立な, 玉に, 王国に, 珊瑚州の, 珠玉を, 理由から, 琳琅を, 瓶が, 生と, 生命保存用品を, 生霊の, 甲州大判であった, 男女であった, 町, 疋田の, 疑問を, 痘痕の, 発見と, 白い布, 白い花, 白粉の, 白髪が, 皮下出血を, 皺は, 目潰し, 相談を, 真珠の, 真蒼, 眼で, 眼光から, 瞬間とは, 知らない力, 石の, 石塔が, 石筍の, 砂と, 砲丸と, 破片の, 礫を, 神像が, 神経繊維あり, 禽が, 私転, 秘宝が, 種子を, 種類の, 穴の, 空間一間に, 笛が, 筍が, 箇性的差異を, 精巧な, 糞甕と, 糸を, 紅い龍舌旗, 紐に, 素朴な, 細い棒, 細い線, 細い針, 細胞の, 絃が, 経験, 結婚に, 絵の具皿で, 絶壁は, 線の, 縁者を, 繰り返しから, 羊が, 美しい器, 美しい眺め, 美徳が, 群立と, 群集を, 老人老女が, 職工を, 肉塊が, 肩が, 腕で, 自動車が, 至細, 航空路の, 艨艟が, 芝山の, 花の, 花を, 芸術批評家らの, 若者を, 苦悶と, 英雄門閥の, 草花と, 萌芽は, 落葉である, 葉を, 薬壺が, 藁蓆と, 藪蚊が, 藻草の, 虫箱が, 虹を, 蚕が, 蛇でも, 蛇一対は, 蜘蛛の, 蝉の, 蝦夷菊の, 螢が, 蟻が, 蠅と, 蠢, 行為が, 衛兵に, 衝突を, 表現的形成的な, 複雑した, 要素は, 規格品の, 観念が, 触角を, 訴訟を, 試験管など, 話が, 読書の, 諸悪や, 警句を, 豆を, 財宝を, 貸物自動車, 赤い傷, 赤とんぼが, 起伏を, 足の, 足跡ばかりが, 跡に, 軍兵に, 輜重は, 迷い子の, 透明な, 遊糸の, 違った音, 部下の, 部屋と, 部屋や, 都人やら, 醜悪な, 金属の, 金銭や, 針が, 釣船が, 鉤刺は, 銀の, 銀線が, 錦絵に, 長い脛, 長靴と, 関係が, 闘争を, 陣幕が, 陰鬱な, 階段の, 障害物たる, 隠密を, 雁の, 雨の, 雨燕が, 雪片が, 雲助は, 電燈と, 霊を, 青い実, 青年が, 青蠅, 面は, 音に, 音物が, 順列を, 頭, 顔と, 風習と, 風雲児は, 餓鬼は, 首級を, 馬酒顛童子の, 騾を, 骨が, 高低強弱を, 鬼に, 魂は, 魚児の, 鰻浮き出た, 鳥で, 鳥獣と, 鳥籠を, 鳩にも, 鴉が, 鴨が, 鶏無数の, 黄色な, 黒いなりの, 黒い松, 黒色の, 黴菌を

▼ 無数~ (608, 19.6%)

33 ある 11 あって 8 あるが, 並んで 6 あります, あるの 5 存在する, 散在し 4 出来て, 林立し 3 あった, あること, あるもの, ついて, 住んで, 出て, 立ち並んで, 立って, 集まって

2 [44件] あつた, あり蛆, あり詮, あるから, あるだろう, あると, あるん, いる, かたまって, きこえる足音, ぎっしりと, して, できて, できる海苔, ならんで, 交錯する, 傷を, 光って, 入って, 入り乱れて, 分枝, 動いて, 咲いて, 四散し, 存在し得る, 散らばって, 散乱し, 棲息し, 残る, 殖へ, 点々と, 皺が, 目に, 知って, 砂の, 砕けて, 空中を, 群がって, 自己自身を, 落ちて, 通って, 連って, 露出し, 飛んで

1 [403件] あけられて, あったが, あっただろう, あったと, あったの, あったもの, あったり, あつて, あつて因習, あらわれたが, あらわれて, あり, ありそれ, ありたるならん, ありましたが, あり地球, あり無限, あり網, あるいや, あるうち, あるであろう, あるという, あるに, あるね, あるので, あるのに, あるはず, あるわけ, ある交叉点, ある他, ある微小凝結核, ある様, ある民藝品, ある点, ある訳, ある迷信, いた, いたこと, いること, いるそば, いるでしょうから, いるの, うごめき出すの, うろついて, おりるガラス, かかげられて, かたまつてぴらぴら, きらめいて, くりかへ, こうして漂い来る, こしらえて, こしらえ始めた, ござるな, さきみだれて, さし通して, しきつらねた海底, しわが, すくすくと夜空, すんで, その中心, その小, そびえ立つて, たたまれて, たれ下がった岩, ちらついて, ちりばめた夜, ちりばめられ時計, つくらせた, つけその, つづいて, つみ重ねたよう, つるんで, できた訳, でき上がって, とぐろを, ともし出され酒肴, なる, のたうち交錯, ひきよせそれ, ひとり秘め, ひらめく提灯, ひるがえって, まいったお迎え, もぞもぞと, やって来た, ゆらいで, わかれ河原, ゐた, ゐるが, ガサガサと, キラキラ輝い, クネクネと, ツバを, ヒラヒラさした, レコードされ, 一つ所に, 一方の, 三角形に, 上から, 上ぼつた, 下ろされそれ, 並び出して, 並んだ沢庵桶, 並列し, 乗込んで, 乱れてる中, 乱れ飛んでは, 乱舞する, 乾しひろげられたそれ等, 亡き数, 交錯し, 人を, 仕切られて, 住み大, 作らせて, 使って, 侍し, 保たれながら, 個々別々である, 倒れて, 入り交って, 入り込んで, 全島を, 典型的な, 出来たよう, 出来るわけ, 出逢ったとしても, 切り傷が, 列べ立てて, 列を, 列挙された, 刺さって, 刺し殺した, 刻みこまれて, 加える特権, 印せられて, 印刷し, 印刷配付し, 厳重に, 反対である, 反復され, 取り囲んで, 取付けそれ, 取巻く, 受けて, 可能に, 右往左往しはじめた, 含まれて, 吸い容れそしてまた, 吹いた, 和みあ, 和みあって, 咬み殺したといふ, 唱えられるので, 嘉吉の, 噴き出したの, 在って, 地を, 垂れさ, 垂れて, 垂れ下った岩, 増せば, 増やした, 増加し, 変化の, 多くの, 天井から, 天鵞絨の, 存し, 存する, 存すること, 存するの, 存在し, 存在す, 孵化し, 宇治に, 実つて, 宵の, 容赦なく振い落される, 寂しく熱く, 寄り集まっ, 小船が, 展開し, 川を, 巣くって, 建って, 張り出して, 彫った, 待機し, 御分配, 恋も, 手の, 投げつけて, 投げ出し酒肴, 抱いて, 押し合って, 押し合つて, 押し着けられたまま, 拵えた, 拾いだせるはず, 指摘する, 按配した, 揺れて, 撒きながら, 散らして, 散在した, 散在する, 散点した, 整然と置かれ, 日本へ, 映ったから, 映る, 書くだろう, 書けるよ, 書店から, 有ること, 来集し, 東へ, 松火が, 枝から, 植えて, 植えられて, 櫛比し, 止まった, 残しその, 残して, 残って, 残存し, 殖えたの, 殖えて, 殖え腕, 殺傷し, 沈んで, 波上に, 流布され, 浮かんで, 浮き上って, 浮上って, 浮游し, 海中へ, 浸って, 渦巻いた, 游いで, 溢れる無機的現象, 潜んで, 灯火が, 点じて, 無数に, 無類に, 焼け死んだ, 照って, 熟して, 燦い, 獲た矢, 現はれる, 現れた, 現れたので, 現れて, 現われて, 現われ出して, 生え, 生ずること, 生まれて, 生まれ出たの, 生れて, 生んだ功績, 生起し, 産ませ世界, 産出する, 用意し, 発生し, 発表した, 発見され, 発見し, 発見する, 発見できる, 白くまた, 盛りあげられた土山, 目を, 眼を, 着いて, 矢を, 破れ穴, 示されるもの, 種子を, 積み上げて, 積み重ねたあの, 積み重ねて, 空に, 空へ, 空中に, 空間に, 穿った軽量, 突出し, 立った, 立てられた銀燭, 立昇りひとみを, 立迷ってる肉眼的, 籠められ, 納めて, 紐の, 細い廊下, 絃を, 結びたれ下げられて, 結び垂れ, 縫いつないで, 繁茂し, 繋がれ嘶き地, 織られて, 繰り出して, 繰り返されこれから, 繰出して, 繰返された喜劇, 繰返された悲劇, 美しいもの, 群がりながら, 群がり夕立雲, 群を, 聞いて, 胡麻粒ほど, 臨時燈を, 落しても, 落ちる胞子, 蒔かれて, 蔓って, 蔓で, 蔦の, 蔵し, 蕾を, 螢が, 蠢いて, 行なわれねば, 行はれ, 行われて, 製造され, 複本を, 見いだされたに, 見えた, 見えてるきり, 見えましょう, 見える, 見かける猿, 見て, 見ること, 見出された, 覗き下ろす, 観世縒りで, 詰め谷間を, 買い込んだ, 赤く日, 起伏し, 跳ね出しでも, 踊り乱れて, 躍って, 転がって, 転落し, 軽井沢に, 載せながら, 輝いて, 近い大小船舶, 迷い出してること, 送つて, 送り出した囲い場, 逃げ走るの, 連れて, 連絡し, 道が, 遺して, 重なった, 重なり合う刃, 重なり合った樫, 重なり合ってるの, 重ね合せたふう, 野獣に, 針が, 釣って, 釣り場が, 開鑿され, 関係し, 附着いてる, 降って, 降りそそぐという, 陳列され, 集って, 集まる騒々し, 集めそれ, 集めて, 集めても, 雪の, 露路や, 青虫が, 飛びたったの, 飛びちがい流星, 飛び付いて, 飛び出して, 飛び回りうようよ, 飛んだ, 食いその, 飾って, 飾り付けられて, 馳けだす, 駅からな, 鴨が

▼ 無数~ (50, 1.6%)

3 人間の 2 人馬の, 顔が

1 [43件] さむらい, のである, ものが, 世の, 人たちが, 人渦の, 例も, 傷を, 光の, 出家と, 剣戟が, 古来の, 大小の, 天幕に, 天幕を, 子供を, 室それぞれの, 小旋風, 小隊の, 尼僧が, 屍を, 岩や, 川すじと, 弱き者, 影が, 旗幟を, 民家の, 波紋の, 灯が, 狭間に, 生命の, 矢が, 精霊に, 細かい穴, 群集の, 背景の, 足の, 鈴が, 鉤鎌鎗が, 頭の, 顔という, 顔も, 飛魚の

▼ 無数~ (21, 0.7%)

6 いって 2 いうほどに, いっても, 結びつく 1 云うぐらい, 云って, 植えつけられて, 死体を, 称して, 続いて, 言って, 言っても, 言つてよ

▼ 無数~ (7, 0.2%)

1 その一波一波, その中, それだけでも, キリが, 無尽蔵で, 累々たる, 雌蕊は

▼ 無数である~ (7, 0.2%)

2 がその 1 うえに, から鬼光, がそういう, が特に, のみならず

▼ 無数なる~ (6, 0.2%)

3 個物の 1 を見る, 瞬間の, 霊感は

▼ 無数~ (5, 0.2%)

2 もって 1 一々切出小刀, 作りそして, 殺した後

▼ 無数~ (4, 0.1%)

1 がそれら, が直接行動, という, という伊予

▼ 無数無限~ (4, 0.1%)

1 といっ, な人間, にある, の方面

▼ 無数~ (3, 0.1%)

1 無数の, 発達し, 製造され

▼ 無数には~ (3, 0.1%)

3 いって

▼ 無数だろう~ (2, 0.1%)

1 し姓名, とのこと

▼ 無数であり~ (2, 0.1%)

1 これに対しては, それらに

▼ 無数という~ (2, 0.1%)

1 外は, 感じの

▼ 無数とも~ (2, 0.1%)

1 無限とも, 言う可

▼ 無数~ (2, 0.1%)

1 の事, の間不文

▼ 無数無名~ (2, 0.1%)

2 の二千年間

▼1* [31件]

無数あって羅列, 無数あるにも拘はらず, 無数それは慶長年間, 無数だったことだろう, 無数であって文字, 無数であったけれども後, 無数であろうがそういう, 無数ですからね, 無数としか思はれないさまざま, 無数なしやつぱに, 無数なれども那個, 無数な生まな感情が, 無数によりあはせた, 無数のやどかりども, 無数のよぢれた, 無数零ノ, 無数不可思議阿僧祇劫と念, 無数仲裁も捕手, 無数億衆生爾来無量劫, 無数投降者約一万, 無数数億而も仏, 無数汀洲と, 無数生死の千変万化, 無数持つ身, 無数の大, 無数空気中を飛行, 無数糧草は山野, 無数続き游ぎ船坐る, 無数を害す, 無数連山映夕陽, 無数隠れている