青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

清らか~ 清水~ ~済まない 済まない~ ~済む 済む~ ~済ん 済ん~ ~済んだ 済んだ~
渓~
渠~ 渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡す 渡す~ ~渡っ 渡っ~ 渡り~

「渓~」 1294, 12ppm, 9072位

▼ 渓~ (259, 20.0%)

5 水が 4 湯に 3 上の, 下の, 水は, 間に

2 [21件] おもかげ, ことを, つき当り, なぎさに, 上に, 上を, 上手の, 中に, 中へ, 入口に, 向うに, 家で, 底から, 方から, 方が, 方へ, 森端山の, 水で, 水を, 氷河に, 生涯を

1 [196件] あるところ, こちら側に, この催し, すがた, すぐれて, つくり, ほとりを, みぎわに転積し, タイヤル族, 一子玄達も, 一泉へ, 一部である, 上へ, 上流が, 上端を, 上部に, 下流なる, 両側に, 中では, 中は, 中ほどで, 中を, 中洲へ, 中腹や, 中途から, 事など, 事は, 二上山に, 人なる, 住所を, 全風格, 六逸と, 其れ, 処に, 出品に, 出水の, 北方から, 十七年忌に, 友であった, 受嗣と, 史彬の, 合流する, 合流北股, 向うは, 向側の, 周囲には, 嘱を, 固めに, 埼の, 塩原温泉に, 墓である, 墓を, 墓誌を, 墳墓は, 多い割, 大将杜路劉寧の, 奔流を, 奥まで, 始めて, 子直, 存在を, 孝孺を, 宅に, 宅へ, 家は, 家へ, 家を, 宿, 小道で, 山女魚は, 岩に, 岸に, 嶮を, 巌と, 川原に, 川原も, 師で, 幅次第に, 年歯は, 底の, 弟子に, 彼方に, 意味に, 手から, 手を, 描いた本堂, 揚大年という, 援助を, 撰んだ池田氏行状, 撰んだ行状, 方角に, 星かげ髪ほす, 景色に, 景色は, 景色を, 景象を, 曲り流れて, 来り合, 東の, 東を, 東側は, 正面は, 残暑, 残暑だ, 水, 水の, 水や, 水より, 水墨画に, 水声が, 水音が, 水音と, 没した後, 没した文政十年以前, 流で, 流とを, 流の, 流れに, 深さ, 渓かけ, 湯が, 湯だ, 湯は, 湯を, 源なる, 源流が, 源遠く, 準養子, 瀬が, 瀬に, 特色は, 男である, 画が, 画の, 画を, 畔に, 畔へと, 畔まで, 病家先の, 相識であった, 石の, 秩父にて, 空は, 空を, 空気が, 空気を, 窪地や, 竹林小禽図が, 筆に, 筆は, 紅葉の, 絵支那では, 編輯した, 義子で, 自刻, 自撰と, 色も, 苦心を, 草堂の, 落ち口で, 行状に, 行状を, 行詰りの, 街から, 街とが, 裔, 西に, 西岸は, 見も, 詩が, 詩に, 説に, 谷間から, 跋文に, 遺子に, 遺子枕山が, 遺稿を, 釣り人に, 釣興に, 間を, 間隈も, 附近ずいぶん, 隅々を, 難の, 難を, 雨の, 雪が, 雪は, 靄くれ, 音, 音冴えこもり, 頭には, 駅へは, 鬼と, 魚も, 魚を

▼ 渓~ (98, 7.6%)

5 越えて 2 へだてたミュルレン, 其の岩石, 埋めて, 横断し, 跳んで, 隔てて

1 [81件] かける汽車, こすと, して, すぎて, せき淵, なして, なし滝, のぼる, はさんだ山, へだてて, まのあたり見た, めぐらして, よい相談相手, 一々仔細, 下って, 下り更に少しく, 下山した, 伝いて, 伝って, 何とも思わず一心に走り, 作り二三, 冬に, 出でて, 包むすべて, 包んで, 南に, 取らざるべからずと, 取れるに, 圧して, 埋み尽した紅葉, 埋むる, 埋めようと, 孕み谷, 封じたる闇, 彩るであらうと, 思ふごと, 招いた, 招いだ事, 挟む両, 探して, 探りて, 探る釣り人, 探勝せられる, 掩う, 横切って, 横切ってから, 深う落ち流, 渉り, 渡って, 渡つてまた, 渡りなどす, 渡り集落, 登ったり, 知って, 知らず其の, 結ぶ山路, 襲ひ, 見て, 見むといそげるこころ, 覗いて, 越えたり, 越えぬま, 越えまた, 越えられたと, 越すと, 距てて, 距る, 跳ぶ, 辿って, 遡行せし, 遥かの, 限るエギュイユ, 隈取りに, 隔て, 隔てた向う岸, 隔てた松林, 離し点, 離れ三時四十分, 養って, 養ふ, 駒込吉祥寺門前の

▼ 渓~ (94, 7.3%)

9 の水 6 の音 3 が流れ, に沿う, の縁 2 が怒る, に夜, の上, の奥入, の岸, の流, の流れ, はもう, へ水, を佐奈志川

1 [50件] あり合して, から伊織, から強い, があっ, があつ, がある, が冷たい, が来た, が生じ, でその, で其渓, とで形, となる, におち, にて捕らるるいわ, になっ, に危うく, に対して限り, に山, に朽ちかか, に沿える, に添っ, に添つて, に譬え, に遊び, の, のあたり, のうなりである, のところどころ, のほとり, の前方, の向い, の在る, の水車小屋, の真白川原, の石津瀬, の絶壁, の見, の辺, の間, の雪, の響, は魚栖, へ流れ落ち, を境, を更に, を望見, を渡っ, を縫っ, を見る

▼ 渓~ (92, 7.1%)

8 沿うて 2 して, 入って, 入りて, 出た, 咲くを, 沿って

1 [72件] あふれる急流, いる, かぶさって, こもる椙森夕日, しても, そいて, そうて, ただ身, つ, ねばついて, のしかかって, またがり幽邃閑雅, もとめきませ若狭, 一泊する, 下り瀑, 倣ひたる, 傾いて, 入つて南, 入らうと, 入り右岸, 入ること, 冷水を, 及ぶもの, 向った方, 就きぬ, 岩が, 席画を, 干俣という, 幾倍する, 引返し深夜, 懸った吊橋, 戻りて, 挟まれた急, 散りこむ姿, 斬り手, 架した, 棲んで, 横たへて, 毒を, 汽車見, 沈んだり, 沿いながら, 沿うた三四丁, 沿った山, 沿った街道, 沿つて上つ, 沿つて下りました, 沿ひ, 流水なく, 海に, 滴るので, 生ふる, 生れて, 男と, 知らる, 石垣で, 簇集し, 臨める巨巌, 至りおみやげ, 至り所謂梅泉荘, 至るまで, 舞い下って, 船を, 落ちんと, 著いた, 行つて見たい, 見れば, 負かざりき, 遠くからでも, 遺嘱, 釣する, 面した方

▼ 渓~ (84, 6.5%)

2 に, の鯉, へでも突落

1 [78件] からは朝雲, から望め, から野原, か高雄山, がある, だけに初め其処, であるため眺望, ではなに, では恐らく, で斬, で菖蒲, で鳴く, と到る, なる人山女魚, にある, にその, にはこの, にはまだ, にはキヂ, には朝, には細草灌木, にまで遡り込ん, にゆく, にゐる, にゴタゴタ, に一小屋, に入り, に入れ, に出, に宿屋, に棚びきそめた, に水, に添い, に漲, に点々, に特有, に築いた, に蜩, に起っ, に起り, に降り, のぼる, の一丘上, の一丘上文珠菩薩, の佳饌山女魚, の停車場, の姫百合, の小, の小さな, の小流, の径, の懸絶, の方, の月影, の林, の流れ, の清水, の温泉, の湯, の窪, の紅葉, の間, の雪, の静か, の駅, の魚, の黒松, へでも吹飛, へまでも珍しい, へ山奥, へ渓間, へ虎杖取り, へ駈けた, より根, をさかのぼり, を一段, を導い, を野馬

▼ 渓~ (71, 5.5%)

2 世に, 東游記の, 浅くなり, 行状に, 養父の

1 [61件] いかにし, いよ, ここに, ことに私, この比事歌, その最初, それでもまだ少し, そろそろ浅く, とにかくに, どうかなどと, また画, まだ寝, ようやく狭まっ, タイヤルの, 七古, 上毛高崎の, 二三の, 今は, 何故に, 元禄十三年浅野家が, 先生の, 六十五歳の, 再び松平冠山, 唯静か, 夜明けを, 家に, 尾張の, 平坦で, 年三十九, 幾曲折し, 当時十八歳にな, 愈々細く, 慷慨の, 援兵を, 文仲の, 文化の, 文化十三年の, 文化年間弟松隠, 文政九年の, 既に三十三歳, 晩年下谷御徒町に, 杏春より, 松浦陶である, 正伝を, 流れて, 深く樅, 深林に, 渓を, 父の, 狩野家から, 狭い信州上高地, 狭く前, 理蕃政策に, 画家としては, 病みがち, 白い眉毛, 精里の, 纔に, 遙の, 頗る峻, 養父錦橋の

▼ 渓~ (70, 5.4%)

3 流れて 2 ひどく鳴っ, 俄に, 見えた, 見える

1 [59件] いじらしくも, すべて御料林であり, なに美しく, 一幀五百両なり, 下谷に, 之を, 五十七歳の, 伝写した, 住所の, 何とも言, 何故当時, 十三年忌の, 又二分, 向うの, 売つた, 大烏帽子, 始て, 孝孺に対する, 寛政二三年の, 左右に, 平生の, 平生冠山老公の, 採つて, 文化より, 文化十三年細井徳昌の, 文政八年歳晩, 方生の, 晩年移居した, 最終の, 来り合, 林家の, 柴野栗山と, 次ぎ, 次第に浅く, 歿し, 比事歌に, 江戸の, 没して, 洞穴を, 流れてを, 流れ出して, 浅くつて比べもの, 深々と, 父子し, 狭くなった, 生前の, 画いたとか, 瞰下ろされた, 神田の, 細井平, 落合う所, 詩壇の, 遠ざかったので, 遷館三所といった, 遺稿に, 長崎から, 開けて, 雪で, 駒込吉祥寺門前より

▼ 渓~ (47, 3.6%)

2 に遊び秋冬, の音, へ蚕

1 [41件] がそこ, がちょろちょろ, がニゴシ, が少しく, が急, が湧き出, といつた, といふ, と共に流れ, と共に里, と後, と落款, にあの, にて茶, によく, に乗っ, に入り, に向っ, に嗽ぐ, に岩魚, に棲みつい, に耳, のせせらぎ, の中, の中層, の涼風肌, の諸家, はみる, は染粉, は死屍, は氾濫, は落ち, より袖海, を幾十, を汲ん, を真っ赤, を越え, を運ん, を集め, を飲む, 浅流

▼ 渓~ (30, 2.3%)

5 の名主 2 の山上

1 [23件] だよ, との二聚落, と東渓村, には無事, に宿命星, に馳, のほう, の大, の奴らめ, の幽鬼, の托塔天王, の旧家, の晁蓋, の村道, の見晴らし, へさして, へとばす, へ入った, へ入ったら, へ殺到, へ逃げ, まで行っ, や小さな

▼ 渓~ (24, 1.9%)

3 号した 2 なるの, 名付る

1 [17件] なつて, ロンツァの, 交を, 倶に, 号し, 号す, 同じく幕府, 名を, 呼ばれる渓流, 四辺を, 変わり流相, 珍しく青, 相携え, 相識って, 親しむこと, 言ひ, 黒竜江省の

▼ 渓~ (23, 1.8%)

2 下りて

1 [21件] おりようと, かかって, ぬけて, のぞんで, 一文字に, 下って, 入ると, 入る道, 入れば, 向って, 堕ち込むよう, 来て, 落ちた, 行って, 越える繁藤, 越すサンゴタール, 迂回する, 降りて, 降ります, 降りる捷径, 飛び込むの

▼ 渓~ (19, 1.5%)

1 [19件] から汲ん, から沸き上る, から瀬, から響い, との高, にあたって大木, に糸, に見る, のマッテン, の小村, はもう, は無論, へ吊され, まで八十度位, を左, を深く, を見る, を駆け下っ, ヲ漲

▼ 渓~ (17, 1.3%)

2 その一人

1 [15件] いつか緩, そう云われ, その信頼, その時, それらしい, また渓, 一様に, 亦京水, 亦正しく, 召連れる, 峙つ巌, 年既に, 此の, 深くタンネ, 黒船騒ぎなぞは

▼ 渓~ (14, 1.1%)

1 [14件] か, からの報告, がそれ, が高時, であった, とが五月, のまわり, の唇, の姿, はその, は一ばい静か, は明晰, まずそれ, を出した

▼ 渓~ (13, 1.0%)

2 を渉

1 [11件] から汲み上げ, が流れ, で畳まり畳まり, の北, の水, の流れ, の浅き, の清水, の音, へ落ちる, をこえ

▼ 渓から~ (11, 0.9%)

2 出た氷河 1 午前十一時二十五分発の, 山腹に, 枝別れし, 渓が, 渓へと, 湧いて, 源を, 送られた手簡, 離れて

▼ 渓~ (10, 0.8%)

1 が終夜私, すなわちこれ広長舌, であつ, に和す, の裡, の高い, はどうどう, は耶馬渓, を聞く, 響く処

▼ 渓という~ (8, 0.6%)

2 人が 1 のが, やや広い, 人の, 人は, 川の, 意味で

▼ 渓~ (8, 0.6%)

1 にて死したる, に向, に帰らず, に遇う, の雨, を出で, 吐不, 還作渓中雨

▼ 渓~ (7, 0.5%)

2 あつた 1 いつの間にか此処ら, その辺, もある, 邑人に, 駕籠を

▼ 渓~ (7, 0.5%)

3 たに 2 たの 1 たにでも, たを

▼ 渓向う~ (7, 0.5%)

2 の山腹 1 に大ら, のそれ, の山, の山葵沢, もそそり立った

▼ 渓あり~ (6, 0.5%)

2 云々, 魚沼郡小出の 1 という山水, といふ山水

▼ 渓には~ (6, 0.5%)

1 ほとんど魚, 四季雪原と, 夏の, 河鹿が, 浅いながら, 箱根山椒魚が

▼ 渓~ (6, 0.5%)

3 も養軒子 1 という人, の同行, は紀行文

▼ 渓二世瑞仙~ (5, 0.4%)

1 が幕府, の家, の所謂, は此年正月二十六日, を識つて

▼ 渓~ (5, 0.4%)

1 その畔, となり, を渡り, を越え, 時には飛瀑

▼ 渓かけ~ (4, 0.3%)

2 てはらはら 1 てうねり, て汽車うねり出づる

▼ 渓斎英泉~ (4, 0.3%)

1 の二人, の口絵, は北斎, また英二

▼ 渓~ (4, 0.3%)

1 に天幕, に横たわるあり, に転, を下流

▼ 渓その~ (3, 0.2%)

1 人の, 日は, 牧渓が

▼ 渓など~ (3, 0.2%)

1 ほんの八, 南北朝期一連の, 男の

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 東海散士の, 牧場の, 高い山

▼ 渓合い~ (3, 0.2%)

1 に移り, に花やか, へ溢れ込む

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 の欲, の間, 迫りて

▼ 渓~ (3, 0.2%)

2 の行状 1 の錦橋行状

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 の姻家窪田氏所蔵, の後裔, 若くは

▼ 渓殿~ (3, 0.2%)

1 の住居, は京都, へもお

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 に近い, の美し, を噛み

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 の方, を拾, 深造

▼ 渓~ (3, 0.2%)

1 に小ぢんまり, の温泉, を歩い

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 ひに, ひの

▼ 渓あい~ (2, 0.2%)

1 にまた, の小さな

▼ 渓がはの~ (2, 0.2%)

1 岩の, 岩床の

▼ 渓せまく~ (2, 0.2%)

1 煙しづかに, 轎を

▼ 渓それから~ (2, 0.2%)

2 この夏珪

▼ 渓にでも~ (2, 0.2%)

2 陥らば

▼ 渓のむ~ (2, 0.2%)

1 こうも, こう側

▼ 渓まで~ (2, 0.2%)

1 お送りする, 温かそう

▼ 渓までは~ (2, 0.2%)

1 よも来まじ, 山駕籠であった

▼ 渓よりも~ (2, 0.2%)

1 気候が, 長じ

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 と始め, の間

▼ 渓一系~ (2, 0.2%)

2 の合墓

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 岱の, 徳安長は

▼ 渓先生~ (2, 0.2%)

1 が謂, 抜け上った額

▼ 渓召波几圭維駒等皆師~ (2, 0.2%)

2 の調

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 に入っ, をあなた

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 から椀, には雪

▼ 渓子養軒子~ (2, 0.2%)

1 はここ, も少々

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 にかがやき垂れ, の日かげ

▼ 渓川道~ (2, 0.2%)

1 はよく, へ降り

▼ 渓平賀源内~ (2, 0.2%)

1 と申す, などが長崎

▼ 渓沿~ (2, 0.2%)

2 ひに

▼ 渓沿い~ (2, 0.2%)

1 に川下, の平

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 の市街, の戦

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 に沿, の炎暑

▼ 渓父子~ (2, 0.2%)

1 が鷲津氏, の知人

▼ 渓種信~ (2, 0.2%)

1 というの, はその子野田三郎兵衛種勝

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 があった, に及び

▼ 渓裳川先生~ (2, 0.2%)

1 の, の門

▼ 渓裾紅葉鉾杉~ (2, 0.2%)

1 の暗き, の暗み

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 に出よ, に海金砂

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 まで寄せ, まで来た

▼ 渓鉄腸ら~ (2, 0.2%)

1 のシロウト, の小説

▼ 渓関雪江~ (2, 0.2%)

1 である, の二人

▼ 渓~ (2, 0.2%)

1 が吹き渡っ, が身

▼ 渓駐在所~ (2, 0.2%)

1 がある, を襲っ

▼1* [136件]

いっぱいに密雲, 渓からはラ・フレジェールの, 渓なたが, 渓その他合せて, 渓ひに, 渓づたひに山に登つた, 渓であるときいた, 渓でも横たわって, 渓とか老人連は, 渓としてはという話も, 渓との交際は, 渓とは智恩院の, 渓ともいえぬ極めて, 渓なく谷あり, 渓などという名が, 渓などといふ画人が, 渓なども神掛とは, 渓などをあるいて, 渓なる鍛工組合事務所の, 渓について学んだ, 渓にて水晶の, 渓にばかり生きて, 渓にも月の輪熊は, 渓のなだり伐り下ろしほうり出し積む, 渓のみとなった, 渓へとさまよ, 渓ほそほそと, 渓ますます広し, 渓みな梅で白い, 渓望めば, 渓よりして, 渓をわたつて, 渓タルヲ知ル能ハズ, 渓ユコマンペツの温泉, 渓ヲ発シテ三峡ニ向フ, 渓を飛び, 渓上りくる大安寺かな, 渓上幾株の松, 渓の方, 渓白流の, 渓二代瑞仙直郷, 渓二分す, 渓の巨螺, 渓先生ハ幕府ニ仕フ, 渓全体として面白い, 渓と三子松隠混, 渓冰敲不砕, 渓碓冰関作, 渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 渓即ち路也, 渓厳子に感謝, 渓叟水鴉等の田園, 渓叢語の泉舂, 渓の雲, 渓口雲纔向渓中吐, 渓口雲詩にいふ, 渓声便是広長舌山色豈非, 渓宗匠石州怡渓派の耆宿, 渓は日本青年館, 渓小栗貞夫三木善八の三代, 渓の丸小兼, 渓に手長猿, 渓の頂, 渓のひでりつ, 渓巌綜雲がある, 渓川伝いに聞え, 渓川崖の際, 渓の吉田絃二郎随筆剽窃問題, 渓或は白簾虹を, 渓所撰の錦橋行状, 渓撰行状中その偶符合, 渓斎英泉鳥居清峰らは不幸, 渓早死に付跡目, 渓時代に百日課, 渓最初の観光場所, 渓染半, 渓朱震亨である, 渓のあいだ, 渓のお, 渓毅堂ト同ジク舟, 渓水つて誰なの, 渓水みたいに彼, 渓水七八道相湊リ南流シテ北原ヨリ牧平ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, 渓水旧に依り, 渓水翁と私, 渓江天暮雪大名物瓢箪茶入, 渓河沿いの道, 渓に切れ, 渓処踞, 渓湖影清らなり春雪, 渓ゆるよう, 渓のごとき, 渓瑞仙晋分家天渓瑞長又分家, 渓瑞翁大居士, 渓男氏の話, 渓畔空帰去, 渓卿の, 渓細流の岸, 渓翁雪江蘆洲柳圃董園ノ諸, 渓ではありません, 渓の, 渓色濃車窓一望洗心胸蘇山深, 渓過ぎて, 渓の影絵, 渓の汽車, 渓行く水は, 渓行水車ノ声並ニ, 渓裳川翁の, 渓見えそめぬ, 渓見た様な, 渓親子と奥, 渓解せんのでござる, 渓に立っ, 渓近い第一線に, 渓道隆の門, 渓子菩薩戒疏二巻, 渓鈴木松塘関雪江植村蘆洲福島柳圃その他の詩友, 渓門下の知名, 渓間こちらの山腹, 渓間数十里人能く窮むるなし, 渓間渓間から野原, 渓関雪江らと和泉橋, 渓関雪江僧智仙の三人, 渓関雪江沢井鶴汀釈智仙らの相, 渓関雪江釈錦河である, 渓ヲ過, 渓青絶無人跡渾蕭颯唯有, 渓が幽か, 渓音水声昼か夜, 渓の謂, 渓風之を邀, 渓風驀然として袂, 渓がある, 渓駿河の馬蹄, 渓を食っ, 渓鷲津毅堂菊池秋峰の三人