青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「片隅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ 片づけ~ ~片手 片手~ 片方~ 片足~ ~片隅
片隅~
版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~ 牧師~ ~物

「片隅~」 1809, 17ppm, 6547位

▼ 片隅~ (922, 51.0%)

16 置いて 13 身を 10 積んで 8 小さくなっ, 残って, 立って 7 坐って 6 坐つて, 腰を 5 うずくまって, ころがって, 寄せて, 席を, 置かれて 4 すわって, 一人の, 腰かけて, 隠れて

3 [13件] あった, ある, いて, よせて, よりかかって, 僕の, 敷いて, 於いて, 机を, 椅子を, 立つて, 腰掛けて, 蹲って

2 [38件] あって, ぐったりと, こびりついて, すわった, ち, つれて, ぼんやり腰, 一塊り, 下宿し, 住まわせて, 住んで, 出て, 古い熔岩, 咲いて, 寄って, 導いて, 小さくな, 小さく控, 小さく控え, 小さな蚊帳, 居て, 幽かな, 座を, 引込んで, 恭ちゃんも, 押しやつ, 現われかけては, 私を, 積んだ自分, 積重ねて, 立てかけて, 粗末な, 置くと, 脱ぎ捨てて, 起てる質朴漢, 遠慮し, 首を, 鼠の

1 [684件 抜粋] あったので, あった古びた長持, あった鞭, あつた, ありて, あるし, あるもの, ある一叢, ある奥行, ある妙, ある幾つ, ある心地, ある暗号, ある梅, ある椅子, ある特殊部落, ある犬, ある生活, ある竹藪, ある箪笥, ある蜜柑箱, ある顕微鏡, ある骨牌机, いすくむ萩乃, いつまで, いる一団, うかびあがり, うずくまりつづけるという, うずくまりて, うず高く, うつした, うとうとし, えんこし, おかまいせず, かくして, かくれるやう, かくれるよう, かすかに, がたがただ, きちんと下駄, きて, ぐちゃぐちゃに, ぐつしより濡れた, こつそり, この一座, この小さな私, この日本, こもったかは, こんな旅館, さあお上りなさい, さしてるのに, しまっても, しょんぼりし, しりごみし, じっとすわっ, じっと坐り込ん, じッ, すえた石油箱, すがりつくこと, すすり泣きを, すわったまま身動き, すわり込んで, ずらした, せんりやう, そつと, そのよう, その事務所, その市街, それも, それを, たった一ヵ所, たった一人, たって, ちぢこまって, ちやぶ, ちらかして, ついたといふ, つけながら, つつましく肩, つまれたフトン, つみあげられどの, つらなれる島島, とどまって, ともって, とらえて, なげた様, なり趺坐, なんだか氣, ねじ込みながら, のこされたの, のこって, ばかに, ひきよせられ部屋, ひそんで, ひとかたまりに, ひらめいたと, ぴつたりと身を, ふるえて, へばりついたり, ほうり出されて, ぼろぼろの, ぼんやりと, ぽつかり, ぽつんと薄, まかり出まして, まだ背肌, まるめて, もう消えかかった, もしや歓場二十年, もどした, もみくちゃに, やっと木, やっぱりひそん, よせあつめものの, よせかけて, よせた小机, よりて, わがひとり, アメリカの, オイナリ様が, ガサ, コッソリかくれ, コートを, ジッと, チョボ, チラッと, トタンを, パッと, ピラミッド型に, フッと, ブランコが, ブルブルと, ベッドが, ラジオを, ロッセ氏は, 一升徳利が, 一叢の, 一夫人が, 一本の, 一株の, 一面の, 三つの, 三つばかり, 三尺四方ばかりの, 三脚を, 下されて, 並べて, 並べました, 並んで, 丸めて, 乘つて歸つて來よう, 二人は, 二坪ばかりの, 二枚つづき, 互いの, 五ツ六ツなら, 五町歩ばかり, 人々に, 人の, 人夫達の, 仏壇がわりに, 伏せて, 佇んだまま, 佇んだまま無駄, 佇んだり, 佇立んだ, 低い樹立, 低い鉄, 住み最も, 住む民弥, 何かが, 何知らぬ顔し, 余分の, 例の, 俗世の, 傘の, 先祖代々の, 光子が, 入るかも, 入れた, 八手が, 円居し, 冷蔵庫を, 凝っとして, 刀を, 前に, 割拠し, 十字寝台を, 千枚の, 印刷した, 印袢天を, 去ると, 取り残されたる手桶柄杓, 取り残された土地, 取付けて, 古い稲荷, 古い絨緞, 古武士といった, 合歓の, 同じよう, 吸われて, 吹き寄せられた淡い, 呼んで, 嗚呼自分, 噴水が, 四日も, 土を, 土山を, 在るの, 在る小さな, 在る真暗, 坐った, 坐ったま, 坐ったまま, 坐つた, 坐つてモヂモヂ, 坐らされひっそり, 坐りこみ怏々, 坐りそこで, 坐り先輩, 坐り角帽, 坐ると, 埃だらけに, 埃り, 埋めた, 埋められたら死後, 埋火, 墨で, 壁に, 壁へ, 壊れかかった寝台, 夕方などは, 夕方埋葬さるる, 夜具が, 夜露を, 大きな椅子, 失せたが, 女房や, 姉の, 始めから, 姓名の, 娘達が, 子供たちの, 子供の, 存在を, 安置せり, 寂寞として, 寄せかけて, 寄せたり, 寄せられて, 寄せ居たり, 寄ったこの, 寄りて, 寄り集ってる三人, 寝かせた, 寝ころんで, 寝せて, 寝て, 寝るん, 寝所の, 小さい卓子, 小さい娘, 小さい広告, 小さい薄縁, 小さく出た, 小さく立っ, 小さく縮まった, 小さく脱ぎ捨て, 小さく載っ, 小さな一隅, 小さな竹, 小ぢんまりした, 小使が, 小枝, 小鬼, 少さい炉, 居るだけ, 屋根が, 山を, 山宮泉と, 巣を, 巨大な, 常磐木が, 平伏した, 床几と, 建って, 引いて, 引き込んで, 引っぱって, 引っ張って, 引っ込んでる彼, 引のけ, 引寄せられた, 形容した, 彳み, 微笑らしい, 必ず謎, 思い浮べて, 息を, 戸棚を, 手に, 手炉を, 手遊品を, 払いやって, 扣ゆ, 投出して, 抹殺し去られた, 押しかたまり蒲団, 押しこんで, 押して, 押しましたが, 押しやった, 押し寄せられて, 押し込まれて, 押込められて, 押込んである, 持って, 捲上げられたブランコ, 控へ, 控へて, 推しやり手, 支那鞄が, 放りだして, 放擲され, 放擲し, 散らかったもの, 散らばって, 整列した, 敷石にな, 斃れ, 於て, 春は, 曝らし, 朝野と, 木の, 朱骨の, 机と, 束に, 来たという, 果物売の, 柿浸されし, 栽ゑて置く, 梅花心易の, 森村照子も, 模様の, 横たえられた長椅子, 横たわって, 檻が, 正常な, 此小さな, 残してあつ, 残すところ, 毀れかかった鉄製, 母の, 母屋と, 水仙が, 池と, 洋酒を, 浮かない顔, 浮かめ, 涼台を, 深井と, 深紅色の, 湛えて, 湧き出して, 源三郎に, 漆喰で, 漬物桶炭俵, 澄江が, 炭俵屑籠などに, 熱心に, 片づけて, 片づけようと, 物置小舎に, 独りぽっちで, 猫の, 猫を, 生えて, 生かして, 生涯忘れる, 用事も, 田舍縞が, 白いペンキ塗, 白い右, 白い布片, 白崎と, 皆の, 直径三尺ほどの, 眠るベッド, 眼が, 私が, 私の, 私は, 積みあげた米俵, 積み載せた座布団, 空地が, 空怖しく, 突っこんで, 突っ立ち, 突込んである, 窺はれる, 立たせ年少, 立ち並ぶ石燈籠, 立ったり, 立てた二枚屏風, 立てめぐらした屏風, 立てられて, 立腐れに, 竹藪が, 節子を, 簡単な, 紅子が, 細田氏が, 紺絣を, 綺麗に, 縮こまって, 纏めて, 置いた骨壺, 置かれたのみ, 置き直しそれから, 羽目の, 老人が, 老婆が, 肉親への, 腕を, 腰かけながら, 腰掛を, 自殺者は, 茫然と, 茶道具の, 草木の, 菰を, 葬られ石, 蒔絵の, 蒲団を, 薄い布団, 薄汚い洋服, 薬瓶や, 行き男, 袖子を, 裁縫の, 西洋渡来の, 見すぼらしい身装, 見るのみ, 見出された, 記した時, 設けられて, 設置し, 誘ひ出して, 誰か人が, 貯えて, 質子構えと, 赤い枯葉, 走って, 赴き飛鳥, 起ったそんな, 跪いて, 踞りつ, 蹲つてゐた, 蹲つて物憂, 蹲まっ, 蹲りじっと, 蹲居り, 蹴こんだ寒ざむ, 転がって, 転し, 転ってる, 辛うじて座席, 追いつめられて, 退いた, 退きつ, 退き降つて, 退けられて, 通りがかりの, 運び, 酒場の, 重々しく衣裳箪笥, 金吾老人の, 金網を, 長い間, 長谷川は, 閉じこもって, 降ろして, 陣取って, 隠れ忘れられて, 隱れ避け, 集っては, 集まり顔, 雑木の, 電車事故として, 顫え, 風呂敷包が, 飛びのいたけれど, 飢の, 首うなだれ, 馬士交り, 麻雀の, 黒い箱型, 黒い鉄, 黙然と坐り続け

▼ 片隅~ (267, 14.8%)

8 方に 6 テーブルに 5 椅子に 4 ベンチに, 方へ 3 机に

2 [20件] なるべく人目, ような, レコードの, 一と, 動作で, 卓子に, 場所に, 壁に, 壁の, 幸福, 幸福が, 幸福を, 方で, 暗闇の, 本箱の, 机で, 横丁の, 物陰へ, 話を, 長椅子に

1 [197件] ある小さい, いたや楓の, かまどの, すみれにも, ところで, どこかが, ほうで, ほの暗い場所, やうな, アトリエだ, カーテンの, ゴブラン織りの, ゴミの, ゴミ箱に, ゴミ箱には, ストーブの, ストーヴに, ソファに, テーブルで, テーブルの, バネの, バンドが, バーに, ビクトロラの, ボックスで, ボックスに, ボックスへ, ランプをと, 一人と, 一劃に, 一員で, 一室に, 一寒村の, 一物を, 一番低い, 一間四方の, 三畳の, 下宿において, 世界で, 世界へ, 事件として, 二本杉の, 人の, 低い岩, 便利な, 便所など, 先客など, 八日巻の, 冬鴨の, 函, 刃の, 化粧台の, 十坪あまりの, 卓に, 卓の, 卓へ, 卓を, 卓子には, 卓子の, 又物蔭, 喜怒哀楽ありふれたる, 図書館に, 固いベツド, 土地に, 土間炉から, 堅木の, 壁際に, 壞れた, 売店で, 大きな瓦斯暖炉, 大きな立木, 大鍋, 大音寺ま, 奥深いところ, 女ぞ, 存在であろう, 存在と, 存在としての, 存在に, 孤独な, 実にま, 家庭生活の, 家族の, 寂しい所, 寂しさ, 寝台へ, 寝室に, 小さい椅子, 小さな温泉, 小さな薬瓶, 小さな記事, 小僧が, 小卓, 小机, 小窓, 小道を, 屏風の, 席に, 席にかけて, 席について, 席へ, 幇間的存在として, 幸福さえも, 幸福とでも, 幸福に, 幸福は, 床の, 床几に, 座席に, 座蒲団が, 思想の, 戸袋に, 所へ, 扉から, 扉の, 手洗場の, 押入から, 押入の, 揚げ蓋を, 支那カバンを, 故ら, 文字なき, 文机の, 方などに, 方には, 方を, 暗いところ, 暗がりで, 暗がりへ, 暗きあたり鮮麗, 暮しにも, 机上に, 板戸で, 板戸を, 枸杞の, 柱の, 校番室の, 桃の, 梁に, 梅の, 棚には, 殆ん, 毛氈を, 水瓶の, 水道から, 氷の, 洋服掛に, 浮浪青年は, 湿つた処, 湿りの, 焜炉で, 狐憑きの, 生存まで, 生活が, 町の, 眠むげな軍曹の, 矢印を, 石垣の, 秘密室へ, 稲荷の, 穴の, 空いてるところ, 空席を, 窓辺に, 竈に, 竹囲いの, 精密を, 置時計が, 腰掛に, 腰掛にかけて, 舟木が, 芝生から, 花瓶の, 芳秋蘭の, 蓆の, 蓙の, 薄あかり背に, 薔薇, 薬研に, 藁の, 藁屑の, 街, 衣裳戸棚から, 衣裳戸棚は, 衣裳箪笥の, 言訳めい, 赤髪の, 野井戸の, 釣竹を, 長屋か, 長持の, 長椅子で, 闇中より, 静かな, 食卓に, 香炉から, 高い小

▼ 片隅~ (182, 10.1%)

4 自分の 3 一人の, 何か

2 [12件] すらそれ, そんな話, ひっそりと, やって, よく日, ノートに, 古風な, 始めること, 泣いて, 耳を, 釦を, 静かに

1 [148件] あまり酒, あれから, いたしました, いつまでも, おとなしく遊ん, かくれるよう, かれは, きかされた, きっちり品, ぐったりし, こういうもの, こそこそ仕事, こっそりいわゆる, この六七年, さくらが, じっとどこ, じっともの, そういう異変, その雛, それとなく期待, そんなこと, ただ無意味, とても非常識, とにかく待つ, なにもかも忘れ, はりさけるやう, ひそひそ訊い, ひとりダンスを, ひとり心を, ひどく不吉, へこたれて, ぺらぺらと, ほこりを, ぼんやりと, ぼんやり見, まるで天下, やるという, ダブルボタンの, ボンヤリ時間を, ムクムク動い, 丁度その, 上下し, 予感し, 二人の, 亭主の, 伸びて, 佗しい, 余喘を, 例の, 兎の, 内職を, 冷たいベル, 処理し, 別の, 力の, 台本の, 問題に, 四五人の, 四五十枚の, 坐って, 大きい椿, 大声を, 妻の, 孜々として, 学校の, 安住の, 実験台を, 小さい火鉢, 小さくなっ, 小さな綿繰り機械, 屍体の, 工作し, 平助は, 廻転する, 後悔し, 微笑し, 急ぐとき, 手紙を, 打ち合せを, 抜きさしの, 推理する, 描き始めたの, 擦る燐寸, 文化の, 日光に, 日本女が, 晩酌を, 朋輩の, 松葉杖を, 楽しんで, 横で, 横に, 毎日採っ, 決心し, 泣いてる女中, 温火の, 無燈, 焼肥, 煙草を, 煮えて, 独りのけものの, 独りぽつんと, 珈琲を, 疑って, 疲れて, 白萩が, 真剣な, 真鍮の, 睡不足, 砲丸を, 確めながら, 祝の, 私が, 私は, 私一人が, 私一人辛い, 突然玄竜, 窓から, 精神的に, 紡ぎ車, 縁日の, 考えて, 考えながら, 考える事, 背丈の, 自分を, 若い海軍軍医, 藁を, 藁打ちを, 虚空を, 行われて, 見物し, 見覚えて, 誰か, 誰かの, 誰か五六人の, 跳ね返り彼, 醤油の, 針仕事を, 鑢がけや, 露命を, 静かな, 靜かに, 額を, 飢え凍えて, 鷲尾洋三が, 黙々と葱, 齋藤が

▼ 片隅~ (104, 5.7%)

3 寄って, 寄つて話し 2 坐って, 寄ると, 小さく十王, 彼女を, 持運ぶと, 腰を, 身を

1 [84件] かくれたか, かたまりついて, さし招いた, ただぼんやりと, ひきずりよせて, へなへなと, ほッ, もぐりこまざるを, よせて, わしらの, 一人一人の, 乗せて, 二人だけ, 二間に, 今しも, 仕舞いかけて, 他の, 伴いながら, 入れ女の子, 去りすでに, 古き偶像, 召しつれて, 吸殻の, 呼んだ上, 呼んで, 圧迫し, 寄せて, 寄せられそこ, 寄せられて, 小さくなっ, 小さくなった, 小さく寄つて, 店を, 建ったとき, 引っこん, 待避した, 手を, 投げすてた, 投げて, 押えつけ唇, 押しこんで, 押しつけるよう, 押しやらせて, 押し遣つた, 押遣った, 押遣り, 押隠すやう, 招いた, 持ち去る, 推しやると, 暗くかくれた, 来て, 棚の, 歩み去る, 片付けてから, 皺を, 眼を, 縮むやう, 群雄割據の, 胸像が, 落ちついたとき, 蒲団を, 蓆を, 行くと, 行ったお, 行って, 行っては, 蹙んで, 蹴飛ばし蹴飛ばし転がしや, 転が, 追いこんで, 退いた, 造りつけた朝顏棚, 連れて, 運んで, 違えて, 遠慮ぶ, 避けた, 陣どったら容易, 集まりそこ, 離れて, 頭を, 餅桶を, 馳け

▼ 片隅には~ (77, 4.3%)

2 シャツを, 彼が, 怪しきもの, 聖像の

1 [69件] どの一枚, はすかい, もっとひどい, アオイ, タンダルヂニスが, ピアノが, 一人の, 一台の, 一昨年の, 万年薬局生の, 乙女椿と, 二三本の, 二十七八の, 二反歩くらいも, 亭主から, 人に, 人の, 人形細工に, 今年六十三に, 他の, 以前の, 何かの, 兵卒の, 四五人の, 四角な, 夕闇が, 天井から, 女の, 寝床が, 小さなピアノ, 帙入の, 彼女が, 心中前に, 戸板を, 手の, 手桶に, 故国の, 杉や, 果して窓, 棚を, 植木鉢も, 水の, 泥の, 流行唄を, 浅間から, 温室が, 燈油箱などと, 牛の, 看護婦の, 確かに, 神経に, 種々な, 空箱だの, 筧で, 縮尺五千分の一の, 聖像が, 職人図を, 肩掛や, 自分の, 芥中介が, 草鞋や, 見苦しき馬具, 診察用の, 遺って, 酒棚と, 鍬や, 長火鉢を, 青いネル, 飛んでも

▼ 片隅から~ (72, 4.0%)

2 片隅へと

1 [70件] あわただしい声, いつも自分, さう云, じっと彼, それらの, それを, どなりつけた, ひょいと後ろ, ふご, やかましい子供たち, ヒョイと, ムックリ, 一つ二つと, 一人, 一冊宛古い, 上りかけると, 井伏さんの, 今までは, 低いけれども, 來る, 冷然と, 出たかという, 出て, 厭な, 古ぼけた炬燵, 叫んだ, 向こうへ, 吸いさし, 喧嘩の, 大声で, 客に, 小さな石, 少しにじり出た, 平井家の, 庫裡の, 彼の, 憂はしげに, 憂わしげに, 打上げられた時, 拾い上げたの, 掃いて, 斜めに, 新約聖書を, 日光の, 水道の, 江戸の, 浅田の, 火光が, 片隅まで, 畳を, 疊を, 疲れた鈍重, 発足し, 白い歯, 真蒼, 眺めて, 睨みつけて, 石の, 私は, 移されたもの, 空罎を, 窃み, 競りのぼっ, 老酒を, 苦痛に, 見出したいつこ, 親愛な, 遠く眺めた, 青葉の, 響いて

▼ 片隅~ (62, 3.4%)

3 歩いて 2 掴んで, 見つめたまま, 見つめて

1 [53件] かかげた, かして, かすめて, かりようという, すかして, ボロボロに, 上の, 二尺四方ぐらい, 五寸か, 仏壇に, 伝い行き花道, 使って, 借りて, 借り申し上げたい事, 借用する, 利用し, 割いて, 区切って, 占むるやその, 忘れる事, 択んで, 押へ, 拝借し, 指さした, 指して, 指先で, 振り顧, 掃いて, 探し小さく, 摘み上げ此, 整然と爲切つて, 明けて, 暫くの, 来るもの, 横ぎって木の, 檻の, 歯入れの, 溝を, 無言の, 照らしはじめた, 睥んだ, 睨んだ, 睨んで, 破つたか, 立つて, 端折つて外, 細長い竿, 自分の, 行く船員, 見つめ初めたの, 見ると, 覗いた, 露天商人に

▼ 片隅では~ (18, 1.0%)

2 ひとか

1 [16件] こういう研究, しよツ, そんなに平然と外出, なにか烈しく, 光一を, 大きな器, 安心を, 山巡りの, 渋皮の, 火が, 精霊と, 紫檀の, 自分を, 若い女優, 薔薇の, 親子揃っ

▼ 片隅~ (9, 0.5%)

1 どこにも, にわかに騒がしく, べたりと折れ, ぼそん, 塵芥捨場の, 学校の, 見られた, 重々しい雲, 雑誌の

▼ 片隅にも~ (6, 0.3%)

2 潜んで 1 ある大所, ぼんやりと, 刺子を, 四五人の

▼ 片隅~ (6, 0.3%)

1 ただ大きな, まだそこ, 末節で, 末節であっ, 棚に, 棚にな

▼ 片隅なる~ (5, 0.3%)

1 が大きけれ, 一榻に, 大木の, 山笹の, 盲翁は

▼ 片隅でも~ (4, 0.2%)

1 どこか, よろしいな, 借りたよう, 有ろうか

▼ 片隅において~ (4, 0.2%)

1 ある砂箱, ひそかに, 光一の, 去年の

▼ 片隅~ (3, 0.2%)

1 けりや, 衛門府の, 陰気な

▼ 片隅~ (3, 0.2%)

2 ない 1 ありは

▼ 片隅~ (3, 0.2%)

1 夜店の, 小石川の, 愛くるしい鼻つき

▼ 片隅~ (2, 0.1%)

2 とかいつた

▼ 片隅~ (2, 0.1%)

1 明るみの, 自分の

▼ 片隅にしか~ (2, 0.1%)

1 ないもの, 意義を

▼ 片隅にでも~ (2, 0.1%)

1 そのパラソル, 容易に

▼ 片隅へでも~ (2, 0.1%)

1 残して, 泊めて

▼ 片隅へと~ (2, 0.1%)

2 這ひ

▼ 片隅まで~ (2, 0.1%)

1 来て, 短時間の

▼ 片隅~ (2, 0.1%)

1 にあの, に押し寄せ

▼ 片隅をも~ (2, 0.1%)

1 我家の, 暗所

▼1* [44件]

片隅こっちの片隅, 片隅そういうものほど, 片隅だけ引歪める, 片隅だけしか見て, 片隅だけは洋燈を, 片隅でしか生息し得ない, 片隅ででも教えて, 片隅での一小, 片隅といった方が, 片隅とに卓子が, 片隅とのみ答えて, 片隅離れの, 片隅ながらも国家的な, 片隅なぞでふと, 片隅なぞにタッタ一人で, 片隅などで淋し, 片隅などから生れて, 片隅などでごく限られた, 片隅などの僅かな, 片隅にかけてある生成, 片隅にさえ見つからぬよう, 片隅にだけその存在, 片隅により集り悲し, 片隅はまぐり料理屋とおもしろい, 片隅へはいこんで, 片隅へまで行ったが, 片隅へより何か, 片隅ほとんど鋭角を, 片隅までも真蒼き, 片隅みたいにゴチャゴチャ, 片隅一日の種々, 片隅一間の壁, 片隅円卓のまわり, 片隅分けても暗い, 片隅切って縁, 片隅井戸の, 片隅大きな畳の, 片隅心持ち斜面をなしてる, 片隅或は村の, 片隅横河の山中, 片隅町角どんな埃, 片隅赤ン坊の泣き声, 片隅階段の裏, 片隅風船昇降用のロクロ