青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「爺さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ ~爺 爺~ ~爺さん
爺さん~
爾~ 片~ 片づけ~ ~片手 片手~ 片方~ 片足~ ~片隅 片隅~ 版~

「爺さん~」 3195, 31ppm, 3812位

▼ 爺さん~ (892, 27.9%)

7 それを 6 さうい, 私の 5 急に 4 自分が, 自分の, 言いました 3 いつもの, にこにこし, 懐から, 歯の, 目を, 眼を, 私に, 竹の, 首を

2 [43件] いう, いつた, いつでも, いまごろは, お初の, お縫, きょとんと, そう言っ, その時, それが, どうした, どうだろう, ニコニコし, バケツの, 三太を, 云った, 六十八に, 内儀さんの, 声を, 大喜び, 天秤を, 妙な, 家に, 小屋へ, 山へ, 急いで, 戸口で, 気の, 爐の, 牛を, 猶太人, 笑いながら, 笛を, 筆を, 答えた, 耳に, 船が, 茶碗を, 袋町へ, 長い髯, 頭を, 顔じゅうを, 黙って

1 [743件 抜粋] ああと, あたりの, あなたさまが, あの勝気, あれで, あれです, いかにも気の毒そう, いきなりそれ, いくつかね, いったい何者, いつもよい, いつもトヨ, いないか, いま娘が, いるだろうな, いろ, うつむいたまま, うなずいて, おまえの, おまえを, お浜, お絞りを, かがみかかった, かしこまって, がらがらと, きっと夜, ぎり, けろりとし, こうしておけ, こう云い, こう言っ, こう話しかけ, このめずらしい, この世に, この少し, この諺, この近く, この間に, こんどは, こんな顔, さう, さびしげ, さも煩, ざぶざぶ河の, しきりに炭焼竈, じっと僕, すぐ津田, すこしもあわてない, すつかり, すると, すゝぎも, せっかく遠く, せっせと鋤, そうしてわたくし, そう云われ, そこまで, そそくさと, そっと立ち上がっ, そのまま小雪さん, その人形, その威光, その晩家, その男, その瞬間病人, その言葉遣い, その野守, その頃宇田川横町, それぞれの, それまで, そんなら, たいがい正確である, たいへん御利益, たうとう, たくましい大男, たづねます, ちょくちょく鉄管長屋, つい今しがた, つてを, とかく手, とっとと歩い, どういう男, どうし, どうしてゐるであらう, どうして政友会, どうせ養子, どこに, どんな姿, ない, なかなか物知り, ながい間, なほ暫く, なるほどと, にっこり笑っ, のんきだ, はっとわれ, はとばに, ひよつと, ひらりと, ふっとある, ふとボートルレ, ほんとにまだ夢, ぼんやりし, まことに耳, まごついた, また七里, また不, また畑, また舟, また頭, まだ埋葬, まだ夕闇, まぶしそう, まるで孫, むきに, むしろ狼狽, もういくら, もうかなり酔つて, もうその, もうよかろ, もう向, もう手, もう袋町, もう長い, もう鼾, もと来た, やがて, やがて今, やがて押, やがて膳, やさしい顔, やさしく云, やっぱり植木, やっぱり無事, やはりそのまま煙草, ゆっくりゆっくり話, わたしを, ゐませんでした, ガリ, ガンと, ジル, チョビ安の, ニコ, ニヤニヤ笑, ハンカチに, ル氏の, 一つの, 一体院長, 一寸頤, 一度婆さんに, 一度辞退, 一生懸命に, 一週三回の, 丁寧に, 丁髷頭を, 上体を, 上着の, 下駄棚の, 不安で, 両手を, 予審判事に, 事件の, 二三日東京へ, 二十何年同じ, 二重廻しと, 亡くなった内儀さん, 人に, 人混みを, 人知れず何処, 今何が, 今年亡くなり, 今更の, 仕事の, 仮装を, 仰山に, 低いつぶれ, 低く頭, 何にも, 何を, 佛壇の, 使い歩行を, 依然として惡口, 傍から, 傍らに, 優しく内儀さん, 元気づい, 先年代馬さがし, 入って, 八百屋の, 六十五六歳に, 内儀さんに, 冬至が, 冷やかに, 凝然と, 出も, 初めて無愛想, 初めて自分, 初めて顔, 初めは, 別に誰, 別れる時復呶鳴, 別人の, 前に, 割合に, 勿論だ, 十九の, 南仲舎では, 又いつた, 又乘地, 又口, 又根, 又棒, 又自分, 口癖の, 古い洗濯, 叩けば, 只一筋, 叫び出しました, 叮嚀に, 吃驚し, 名刺を, 呆れ返るほどの, 呆気に, 呟いて, 呟く様, 呼び込まれた人達, 哀願した, 唯一言, 喉が, 四の, 四角な, 困った事, 困って, 土瓶を, 地べたに, 夕飯を, 夜も, 大が, 大きくて, 大丈夫か, 大天狗, 大得意, 大悪人, 大抵熱心, 大杉氏の, 天狗の, 天狗鼻を, 失心せん, 契約書と, 如何にも皮肉, 始終來, 始終来る, 嬉しそう, 子どもの, 安煙草, 宝物を, 家の, 家へ, 家鴨を, 寄辺の, 寺の, 小い袋, 小倉の, 小柄な, 小船に, 小首を, 少し中風ぎみ, 少し分銅, 少し激し, 少し白い, 少時は, 少時考えこん, 居ざり起きて, 屋根に, 平気で, 平素せんぶりを, 年々雁の, 年始に, 幾らでも, 広く名声, 店へ, 庭土の, 当夜植木店の, 彼の, 後に, 後向に, 徳利を, 心底から, 必と, 怒鳴りながら, 思いました, 思い直して, 思った, 思ひ出したやう, 思わず大きな, 性来歯が, 恨む筋, 惶て, 愉快そうであった, 感心し, 慈悲心の, 慌てて, 憂鬱であった, 懐かしそう, 懸命に, 戸惑ふ, 扇子の, 手綱を, 承知しました, 持って, 持参の, 捩ぢ, 捻り掛, 揶揄ふ, 放心状態の, 文楽の, 斯う, 日光へ, 旦那だ, 旧藩士, 早くその, 昔の, 昔は, 昨夜留守番を, 昼は, 時々, 時折り, 暫く口, 更に, 更に獨憤つた語勢, 本家へ, 村から, 果して岡持, 枯枝の, 桶を, 椅子から, 楊枝歯磨き洗粉などを, 楽に, 横顔の, 檻の, 欣々と, 欲張りで, 此の, 此ま, 此雹に, 死にそう, 死んだのさ, 死んだよ, 殺されること, 毎日一里半, 毎晩そこへ, 気がついて, 水の, 水洟と, 沓ぬぎ, 油桶に, 泣きながら, 泣く泣く我が家, 浅草に, 浜辺の, 海に, 深谷の, 渡して, 湘南漫遊の, 湯川という, 溶けさうな, 漸と, 濃い眉毛, 炬燵の, 然う, 煙管と, 煙草を, 爪で, 独りで, 独言を, 猩々と, 猫を, 獨り, 玉の, 生きてる, 生垣を, 甲田君に, 甲田君の, 異議なく, 畳に, 白状する, 百一歳の, 百円ずつ, 皺のよ, 目下大変, 直ぐに, 眺めて, 眼ざといのでいつも, 睡い眼, 矢つ, 矢張り商人か, 短かい, 破けた股引, 私が, 私達の, 種を, 空洞の, 突然調子, 窓から, 窓越しに, 窘めるやう, 立てて, 竹本駒若と, 答えました, 箱と, 粉煙草を, 素は, 綸を, 縁端に, 縹緻よし, 美的百姓に, 老婆に, 老後の, 考えました, 耳を, 背で, 背中へ, 胴乱を, 脱いだ絽羽織, 腰を, 膝を, 自分から, 與吉の, 花を, 若いの, 苦が, 苦笑した, 茶と, 茶碗の, 荒縄で, 菊の, 蔓の, 薄赤い, 薬屋の, 蚊帳の, 袋町へも, 裏庭で, 見えない目, 見て, 見る見る真青, 解雇された, 言い訳が, 言つた, 言ひ出した, 訳も, 話して, 誰よりも, 調子に, 警察へ, 谷底で, 貧しい船乗り, 貼り立, 越中の, 足が, 身仕度を, 身体ばっかり, 轉げ込む, 近頃陸軍, 逃げ後れたまま, 途中で, 遁腰に, 選挙人に, 避寒避暑二様の, 酒と, 酒の, 重い頭, 重ねて, 金聾だった, 金鵄勲章も, 鈴の, 銀貨を, 鏡に, 長い山路, 長年船に, 長靴も, 隣だ, 雄鶏の, 青々と, 非常な, 面中の, 面白いなあ, 音楽が, 頑固に, 頬張った煮, 頷いて, 頻りに, 頻りに云, 顔中に, 風呂敷の, 首だけで, 馬の, 驚きの, 驚きました, 髮を, 鶴を, 齢は

▼ 爺さん~ (540, 16.9%)

18 顔を 12 家へ 8 家に 7 家の 5 ことを, 云ふ, 前に, 手で 4 手に, 方で

3 [16件] その言葉, もとへ, やうな, やうに, ような, 姿も, 手が, 手は, 手を, 眼に, 膝に, 船は, 遺言, 頭は, 顔が, 顔は

2 [30件] しなびた顔, ところに, ところへ, ようすも, アリバイは, 代に, 住居に, 内儀さんに, 姿は, 娘分に, 家では, 家には, 居どころを, 庭先の, 庭先まで, 所へ, 手らしく, 方は, 方へ, 留守を, 眼が, 眼の, 肩に, 草屋を, 言ふ, 言葉は, 話では, 話を, 隣家に, 頭へ

1 [359件] あざらしの, あせった姿, あとから, あとばかり, あとを, あの人がい, いふの, うちにでも, おかみは, お扱い, お神さん, かげへ, こけた背中, ことが, ことだ, ことな, じまんの, そこに, そばに, ためにも, ところでは, ところには, とりなし万端, にきまった, はげしい癇癪, はちと, は強い, ほうは, ほかには, ほか乗客は, ほか人間の, ほか最初私を, みすぼらしい服, むすめ, めくら縞木綿, やうだ, やすんで, ゆすりは, ように, よりも彼, アトリエは, シー・フールの, スピードで, チョボも, 一人ッ子で, 一人ツ子で, 一人息子は, 一代に, 一家は, 一癖も, 下駄の, 世に, 世界観が, 両眼, 中の, 主張が, 主義である, 乞食が, 二人乗を, 云うこと, 云った様, 云ひさう, 亡くなる時分, 人がらを, 今までの, 仕事は, 仕事着の, 他には, 他愛も, 低い鼻, 住いは, 住む山中, 住居, 住居です, 住居には, 作阿弥は, 像と, 像を, 元気に, 元気も, 兄さんにあたる, 入歯を, 入金した, 内には, 写真と, 処へ, 出ないとき, 前が, 前では, 前身である, 前身を, 勝手な, 十八番が, 受けとったの, 口から, 口ぶりから, 口を, 口一つに, 口利きで, 古手拭, 周到な, 問いに, 喉仏を, 喜び樣は, 噂には, 回向が, 土間へ, 声だった, 声には, 声風貌動作の, 夢を, 大きな藻蟹, 奇特でございます, 女房が, 好意から, 妻の, 姓を, 姿が, 姿を, 娘かい, 娘が, 娘です, 娘という, 嬉しそう, 子か, 孫お, 宅で, 室も, 家が, 家それから, 家だ, 家で, 家は, 家へは, 寝姿, 寝臥して, 寿命を, 小作田で, 小使い, 小皺には, 小舎に, 屋台店へ, 屋号と, 屋敷などへ, 屋根の, 年は, 店先は, 弟です, 弟の, 強い意地張つた眼, 形が, 形を, 役目で, 御代参, 御父さん, 御馳走に, 心が, 心の, 心は, 心を, 心持をも, 心根を, 心算では, 忙しげ, 怒鳴り声, 怪し気な, 恐怖が, 息子さんだった, 息子に, 恰好であった, 悪口を, 想像は, 愛嬌噺である, 態度に, 憤りは, 戀女房で, 我慾と, 所の, 扇子が, 手から, 手の, 手のひらに, 手へ, 手も, 指さす方, 指の, 指図で, 按摩を, 挨拶に, 掌に, 掌面に, 方が, 方に, 方へは, 方へも, 方も, 方を, 昔の, 時分では, 晩酌が, 曰く, 曰くうっちゃっ, 本体の, 本名な, 枯れ木の, 根気に, 格好, 梅子湯やら, 棺桶代に, 様に, 権幕を, 横顔に, 横風な, 機嫌が, 死後二人は, 殺された, 気が, 気にいって, 汚れた, 油断を, 洋灯から, 濁ったよう, 無雜作, 爲にも, 物腰ようすに, 猿が, 猿じゃ, 猿だろう, 猿に, 獨りぼ, 生活ぶりを, 生涯の, 申し出には, 畑の, 留守の, 畠へ, 畠打ちを, 番だった, 番小屋かい, 病気は, 癖な, 癖に, 発明は, 発狂の, 白足袋は, 百姓服を, 監督の, 目には, 目の, 目は, 相変らず, 真面目くさった一徹, 眼では, 眼付と, 知ってる寺, 知つてる, 知つてゐる, 短い蒙, 硫黄は, 硫黄熱の, 窓口から, 竈禿の, 笑った顔, 笑って, 第一印象, 算盤の, 約束に, 素性を, 給仕が, 給仕の, 絵だ, 繰り言は, 置土産に, 義太夫は, 考へでは, 耳にも, 耳へ, 聲も, 肘の, 肩へ, 背中で, 背中へ, 脇腹を, 脱ぎすてた結城, 腰に, 腰を, 膝で, 膝を, 膝元に, 自慢の, 船が, 船頭が, 苦心は, 菅の, 薬を, 行くところ, 行ったあと, 行って, 行つた方から, 袂を, 襟首に, 親切は, 言うよう, 言つた, 言葉に, 言葉も, 言葉や, 言葉を, 言葉通りに, 言語が, 詫言を, 話が, 話だつた, 話と, 話の, 話より, 話球磨の, 話生きた, 語るところ, 説明が, 諦めて, 財布を, 質問に, 跡を, 蹲って, 身辺に, 躾を, 述懐と, 連れてる猿, 運転手は, 道楽である, 酒へは, 釜に, 降るよう, 隠居所へ, 面白いところ, 面白くない, 頓狂な, 頭からは, 頭には, 頭やら, 頭を, 額に, 顏に, 顏も, 顏を, 顏色を, 顔から, 顔も, 驚きは, 驚駭は, 魂は, 魔法よりも, 黒紋着意地の, 鼻は, 鼻を, 鼻先で, 鼻先に, 鼻唄か

▼ 爺さん~ (521, 16.3%)

9 出て 4 いた, やつて, 来て, 青べかを 3 ある, 一人で, 死ぬと

2 [21件] あった, それを, ゐた, ゐる, 一人と, 一所に, 何か, 何を, 即ち今度金婚式, 口ぐせに, 問うた, 引受けたら間違ツこ, 未だに何十年, 来た, 死んだって, 狸婆さんに, 真直に, 眼を, 訪ねて, 話を, 軒下に

1 [445件] ああドーデー, あきない馴れた肉切り職人, あちらにも, あって, あっ気に, あつた, あの種々, あの額, あまりこの, ありますがね, ある所, ある日川, ある日船長, ある時南合衆国, ある時華盛頓, あんなにも, いうの, いかにし, いたっけ, いつたと, いつまでも, いつも口癖, いつも酔, いて, いなくなってから, いました, いる, いるだけ, いるわけ, いる切り, いろいろ眼, いろんな歌, うやうやしげ, え, おしきせ, おせんちゃんに, おそろしく驚いた, おも, おりました, お召捕り, お嬢さんを, お母上, きょうは, ぎくっと, けさも, こうして十八, こう云っ, こう言います, ここの, こしらえて, こぼす, こんなにも力, さう云, さも苦々しい, しかも首, じっとあたし, すぐ話しかけた, すりへったレコード, する事, すんで, ずっと面倒, せっかくの, せっせと梭, そう節, そこへ, そっと庭, その主水正, その仲間, その松, その様子, その話, その達者, そんな事, ただで, ただの, たばこを, ためには, とびあがって, どっかから, どんな仕合せ, どんな反応, なったらいい, にぎり賑, にこにこした, ひと晩泊りの, ひどいこと, ひょろりとやって来た, びっくりしてる, ふと池, また云った, また茶碗, また非常, まだい, まだわし, みじめたらしく, もう花壇いじり, やかましく言い, やがて段々酔つて, やって来た, やって来たぜ, やって来まして, ゆったり両手, よう出とる, よく実地, よく看板, よぼ, よれつもつれつして, わたくしに対して, わたくしを, わたしの, ゐるばかり, コツンコツンと, シロと, リンゴを, 一人いました, 一人いる, 一人だ, 一人よごれ, 一人不思議そうに, 一人立つ, 一人通った, 一日がかりで, 一羽新しく, 一足踏み入れ, 一銭で, 七十六かで, 丸い背, 云った, 云ったが, 云つて呉れた, 五分刈を, 交つてゐた, 交番へ, 今の, 今夜も, 仕入れた蕎麥, 以下だけを, 仲には, 休めば, 伝馬船に, 伸び上つてその, 住んで, 体を, 何かとひきかえ, 何かの, 何かを, 何の, 何処から, 余りに気の毒, 作阿弥の, 供養に, 倒れて, 側から, 側で, 偽札なんぞ, 傍から, 僕の, 僕らの, 先に, 入って, 入るぜ, 八時頃に, 六十九で, 其所在を, 初めて其処, 初入り, 加わったの, 加わって, 動かぬし, 動き出せば, 北海道に, 医者に, 十五年前は, 原子における, 叔父の, 取り出して, 口笛を, 叱る場合, 右の, 右手に, 合鍵で, 同じ処, 同行し, 向ひ, 向岸, 呶鳴った, 呶鳴つた, 唐机の, 唯一人ゐた, 商売から, 坐って, 城を, 堆肥の, 夕飯後ストーヴの, 外から, 夜る, 夜話する, 大きな包み, 大地に, 大声に, 大騷ぎをして搜, 天井の, 天国へは, 天狗に, 天狗の, 天狗來る, 天秤棒を, 奇警な, 奥さんの, 妾宅を, 始めて, 家鴨の, 寝て, 尊い女御, 小判の, 少なからず, 居た, 居なくなつたん, 居る, 居るので, 山高を, 帰って, 年の, 年増の, 店を, 庫裡から, 庭先に, 引き受けて, 彼の, 後で真似, 得意に, 御土産, 復た, 心配し, 忰は, 思ひも, 急いで, 恍けた顔, 恐い, 恐る恐る申しました, 息を, 悪いらしい, 悪いん, 惚気る, 慈善家だった, 慰みに, 手に, 手拭を, 手車に, 承知しません, 抜切って, 招かれて, 拝んで, 拝殿の, 拾って, 持込んで, 振りかへ, 捻鉢卷, 文字通りスルメの, 旅館の, 日向ぼっこを, 日本から, 早速腰, 明日からは, 時々お, 景ぶつに, 暇々に, 更にいつた, 更にやや詳しい, 書きもの, 未だ達者, 村の, 来たばかり, 来る, 松平伊豆守様への, 枕元に, 柳生対馬の, 案内し, 案内を, 楽だろう, 橋懸りを, 正気に, 此の, 歩いて, 死に稲次郎, 死んだこと, 殘し, 毎日の, 毛布に, 気に, 気の, 気付かぬ筈, 気味の, 水中眼鏡に, 水桶の, 汗を, 泊りました, 泥鰌の, 注意する, 洋燈に, 洋科の, 浄土に, 浴衣がけで, 海へ, 海軍中佐の, 渡仙, 渡仙の, 測らず大, 漁りに, 火を, 火鉢を, 灰色の, 無茶苦茶に, 熊手で, 爺さんなら, 独り椋の, 猫背の, 玄關を, 玉葱を, 現われてから, 琉璃だ, 生きて, 生前先生には, 用意の, 畑の, 留守がちな, 番を, 病身らしい, 発動汽船の, 白髪あ, 盆に, 目を, 目覚しに, 真白い着物, 眼の, 着よう, 神様狩の, 禿げて, 私を, 私達に, 突然わ, 窓を, 窓際に, 竈の, 立って, 立上っ, 竹の, 笑い出した, 笛を, 筋向の, 米国一流の, 約束した, 素敵な, 絣木綿の, 絵馬の, 綱の, 縁側に, 羨んで, 聖霊に, 聞いたの, 聞いて, 肉づき, 肥った若い, 胡弓を, 腰掛けて, 自分の, 花婿なら知らない, 芸者を, 苅って, 若い時, 若い時分在所, 若かった, 若ければ, 苦心し, 葬られて, 蓋を, 蕎麦餅を, 薄暗い壁, 薬屋の, 蛇を, 血眼に, 行って, 表へ, 袋町へ, 裏庭に, 裡には, 褌一つの, 見えるか, 見つけて, 見舞に, 親方に, 親方へ, 言い出した, 言うには, 言った, 言ったの, 言ひ出した, 言葉を, 話したよりも, 語りました, 誰にとも, 謡い御座ったあの, 警察に, 負いかご, 貧相な, 貴方の, 買出しに, 赤, 赤い帽子, 赤い黄色いまた, 赤ん坊の, 起きて, 跡を, 踊りだすから, 車屋台を, 這入って, 運転手の, 道楽に, 酒買いに, 酔うて, 重たく点頭, 金を, 釣に, 鉄砲を, 鋏を, 鍛って, 鍬を, 長屋を, 降って, 難かしく, 青くなっ, 静かだ, 面白い事, 鞭を, 音頭を, 頷いた, 顋で, 額で, 顔を, 飼って, 首を, 馭者台に, 高笑いを, 魚を, 鷄を

▼ 爺さん~ (198, 6.2%)

5 頼んで 3 尋ねて, 話して

2 [16件] ペンキを, 似て, 初めて会った, 向って, 君の, 手を, 払った三つ半, 捕へられさ, 捕へられもう少し, 案内せられ, 紹介し, 聞いて, 逢って, 限らずその, 頼まれて, 頼んだこと

1 [155件] あげるよ, あずけお, あたる, いひますとね, うら問い, うれしい感動, お灸, お聞きなすっ, お金を, かぎって, かわって, きいた, ことわって, さし出す, して, しろ高, すこし遠慮, すつかり話しました, すまないよう, せずもつと, そう云っ, その連れ, それを, ちょん髷を, ついて行くこと, つかまれて, つれられて, なって, なりきって, なりますと, なると, なるよ, は種が, ばかに, ひと口上, ぶつかったが, めくば, やっても, ゆすられること, よろしく, わかりよい, わけを, リューマチスの, 一変した, 上げるが, 下女の, 下男一人二人, 与えて, 会ったと, 会わねばと, 似たり, 似合わない壮士芝居, 何かの, 借金し, 倣って, 先を, 克く似てる, 分けるん, 切り出すきっかけ, 別れて, 助けられても, 取つて, 叱られるけれど, 向かって, 呆然と, 呉れて, 呼ばれて, 命ずるが, 問うて, 嘲弄つ, 塵芥箱の, 声を, 売つて, 売りつけた, 売り大酒呑, 女中, 子供を, 山の, 強請って, 当るわけ, 御馳走する, 心当りを, 挨拶した, 挨拶を, 握られて, 教へ, 教わった刀, 断って, 断わって, 日本女は, 暫らく目を, 案内を, 武者ぶりつい, 殺されて, 比べて, 比べても, 渡して, 渡錢に, 焼酎を, 犯罪意志の, 留守を, 白状させ, 目礼し, 相談し, 相違ない, 知れたらしいが, 研ぎこんで, 礼を, 紀州ネルを, 翻訳の, 聞いたら果して, 聞かせたら何と, 聞くと, 聲が, 聲を, 若いとき, 衣食の, 被せるの, 褌二本を, 見えないよう, 見えるくらい, 言つた, 言われて, 訊いた, 訊いて, 訊たいがね, 訊ねさ, 話かけられる, 話した, 話したところ造作, 談判し, 貰った幣, 貰つた袋を, 起された時, 跟い, 返事を, 追われて, 逃げられた時分, 逢った, 逢ったん, 逢った事, 逢った話, 過ぎなかつたが, 道を, 違いない, 違いなかった, 隠れて, 電話の, 靴が, 預けたの, 頭脳を, 頼まれましたとて, 頼んだだけ, 麻酔を, 黙って

▼ 爺さん~ (120, 3.8%)

6 婆さんが 4 一緒に, 婆さんとが, 話を 3 いえば, 婆さんは 2 いっしょに, ジムは, 三人で, 云ふ, 婆さんと, 婆さんとの, 此の, 猿とは

1 [80件] いうだけ, いって, お美夜ちゃん, かいつて, ご飯炊き, すれ違って, そのおかみさん, その内儀さん, その娘, その息子, その猿, その荒寺, であった, なじみに, なるの, ほか二三人の, よばれて, シロと, ミユアといふ, 三十分ぐらい, 与三爺さんは, 並んで, 二人きりに, 二人っきりで, 云うの, 云う声, 人が, 例によって, 別れられないん, 別れるの, 十四の, 友達の, 反りの, 合乗りし, 同じやう, 同じよう, 呼ぶよう, 呼んで, 大に, 大天狗, 婆さんとに, 婆さんとは, 媼さんが, 子供の, 孫が, 寝床ならべる, 山歩きし, 御婆さん, 思わせますたしかに, 息子と, 拝観に, 昔御, 木の, 末の, 母との, 毎晩同じ, 泰軒小父ちゃんの, 猿とに, 猿とを, 相談し, 知り合いかって, 福の神とを, 私とは, 私の, 結婚し, 老母とが, 肩の, 肩を, 表面何ら, 言う, 言って, 言ふ, 話した, 話して, 連れ立って, 違って, 郵便局で, 酒を, 顔馴染に, 馬鹿に

▼ 爺さん~ (113, 3.5%)

4 相手に 3 みて 2 つれて, 呼びつけた, 呼びに, 呼んで, 見つめて, 見て, 馬鹿に

1 [92件] おどしつけて, お前さんの, きめつけたとき, して, しりめに, じっと見, たのむ, ついぞ見かけた, つかまえて, つけて, とりあつかって, どこか, どなりつけて, なだめた, のぞきこんで, ふりかへ, みた, もって, もてなしました, やった人, よびました, 一喝し, 一目見る, 下っぱに, 乗せ竜宮, 乳母車に, 今度は, 何気なしに, 俺は, 先導且つ, 先達に, 其處に, 口汚くやり込め, 口説いて, 叩き起し出入商人, 叱らなかった, 呼び起し, 外に, 寐か, 専門に, 帰らせた, 引き据えぽかぽか, 当に, 思いきりどなりつけ, 手こずらしたもの, 批難する, 招いても, 振りかえって, 捨てて, 探したり, 探してること, 探すからね, 掴めえて, 描いて, 案内し, 残したまま, 殺した事, 殺すこと, 殺す気遣い, 氣の, 激賞した, 無視し, 熟, 睨みつけましたが, 知ってるかね, 知ってるったって, 砂の, 脅かしつけて, 自分勝手に, 見た, 見たこと, 見るたび, 見ると, 見ろよ, 見直した, 見送って, 視ながら, 覗いて, 訪れた, 訪問する, 負わして, 蹴返しました物見高い, 迎えに, 追い払う云わば, 送って, 連れて, 選んで, 酔っぱらわすには, 酷いこと, 長火鉢の, 雇って, 霊公が

▼ 爺さん~ (100, 3.1%)

6 婆さんも 2 いた, 坊主頭である, 婆アさんも, 立ち上りました, 笑ひ

1 [84件] あった, ある, あんまり嫌い, いつまでも, いつ主人, えらいのね, おせんちゃんも, おもしろか, お婆さんも, きっと元気, きもを, これなら, こんなこと, さう言つて, さぞ満足, すつかり, ずるい爺様, そのこと, それを, ちったア, びっくりした, ぷつんと口を, まだそれ, まだ見える, やれやれと, よっぽど焼きが, わたしを, チビリと, 一緒に, 丁度こちら, 中折も, 云い居っただ, 亡くなりました, 亡くなり好, 今年の, 仕舞には, 休ませ婆さん, 何処へ, 余りの, 元彦に, 去つて畢, 合間合間に, 同じ処, 向かいあって, 商売を, 噂し, 大きな菅笠, 子供たちと, 寂しかと, 少し待っ, 年を, 弱って, 強情過ぎる, 当時の, 彼の, 御婆さん, 御父さん, 御爺さん, 御荷物, 慎作も, 我々の, 持って, 早く手車, 未だ出, 本望だったろう, 村の, 死んだらやっぱり, 爐の, 猿も, 目を, 笑い三人, 素直に, 老人だ, 若い頃, 蘭堂に, 言って, 言葉を, 話さないし, 起きた頃, 這入ったと, 這入りその, 達者です, 騙されたが, 驚いて

▼ 爺さん~ (39, 1.2%)

6 あつた

1 [33件] あとの, あらうと, お前たちと, お金が, かれは, けっこうだ, こんな邸, どう間違っ, どう間違つて, もしこの, クロア・ド・フューの, ユリの, 一寸婆さん等, 別の, 唄うたう, 小柄の, 彼女が, 日を, 来て, 死ぬる, 母は, 生涯を, 百二十までも, 直言が, 眼は, 石粉か, 耳が, 肯きませんから, 背中には, 街で, 誰一人として, 鉄斎翁は, 隣室へ

▼ 爺さん~ (35, 1.1%)

62

1 [27件] から今年十三, から何処, から寒い, か胴間声, がな, がね難, が夫人, が彼, が昔, が身の丈, けれど天才, けれど関さん, し塾生, し舟, つても, として言い進んだ, とも, と思うた, と思った, と感じない, と言わ, なあ, ね, よう篠町から, よどう, よまア, 五十二で

▼ 爺さん婆さん~ (32, 1.0%)

2 は私

1 [30件] があつ, が何, が可, が大きな, が寢, だが, で貰つた, と子供, なので, になっ, になった, に見, に道路, のこと, のやってる, の年齢, の日向, の群, の老人づれ, の頭痛, はだまっ, は耳, まで, まで出かけるらしい, も微酔, を拾っ, を置き去り, を見送った, を集める, 若い者

▼ 爺さんには~ (23, 0.7%)

1 [23件] そこに, どうしても身分, まだそんな, まだ相当, もうひとつ, パリで, 一彦といった, 今地主, 何か, 何が, 何となく不平, 内儀さんの, 別に挨拶, 呑みこめて, 大して遺産, 娘が, 宮方も, 少しも, 洒落すぎたもの, 然るべく云っ, 自分の, 良作といふ, 迷惑を

▼ 爺さんから~ (20, 0.6%)

2 あづかつて, 何か

1 [16件] きつぱりとした噺, そんなこと, 何かに, 斯んな, 昔話を, 来て, 竹製の, 聞いたところ, 聞いて, 自著の, 見ると, 豆腐二丁買ふ, 貰う物, 酔つてチクチク, 頼まれて, 餌代五銭出し

▼ 爺さん~ (19, 0.6%)

2 お鶴, 婆さんが

1 [15件] おいらを, お上さん達が, お美夜ちゃん, お袋や, わ, わしは, ジコーサマでは, 久助さんが, 二十五の, 婆さんたちが, 媼さんが, 父親の, 老婆さん, 若い衆たちを, 赤児を

▼ 爺さん~ (17, 0.5%)

2 と婆さん牛, はこれ, も婆さん牛

1 [11件] が思はず, のひつくり, の方, はお可, はお婆さん牛, はかういひ, はさびしく, はなにか, は横合, は腹, は飼主

▼ 爺さんという~ (14, 0.4%)

5 のは 2 のが 1 ので, 御仁こそ, 村の, 渾名の, 研屋を, 頗る風采, 香具師の

▼ 爺さんです~ (11, 0.3%)

321 から女, がお, がね, がね一人土間, し食, よどう

▼ 爺さん~ (11, 0.3%)

1 [11件] あの世へ, いつも云つて, のが, のです, のに, よく毎日殘つて, わるくする, んです, 今ごろどの, 勇助と, 陰気ツ臭い

▼ 爺さんたち~ (10, 0.3%)

2 の方, は皆 1 が鸚鵡返し, とここ, の懐中時計, はぷんぷん, は蒼く, をここ

▼ 爺さんとは~ (9, 0.3%)

1 ちがって, びつくりし, ほとんど出会った, よくも名づけた, 世を, 両方とも, 私が, 見知り越しの, 話を

▼ 爺さん~ (9, 0.3%)

1 にお, の方, の行く, はエライ, は眼, も驚いた, を吃驚, を招待, を除い

▼ 爺さん~ (8, 0.3%)

2 めえ 1 つ魂消て, 光が, 待ちかねだぞ, 止しよ, 相手を, 臍と

▼ 爺さんお前~ (8, 0.3%)

2 の手柄, はあの 1 か, が呻吟, の伜, を呼んだ

▼ 爺さんこの~ (7, 0.2%)

1 仕事を, 司書は, 手拭を, 手桶を, 投網が, 村では, 組合の

▼ 爺さん夫婦~ (6, 0.2%)

1 から睨まれ, が一隅, としか居らん, にすれ, のもの, は養子

▼ 爺さんお前さん~ (5, 0.2%)

2 は最初 1 に又, はどうしても, はマア気

▼ 爺さん~ (5, 0.2%)

1 えオオオオ, 婆さんか, 父親な, 船乗りかが, 豚だけよ

▼ 爺さんだった~ (5, 0.2%)

31 けれどもいくら, のか

▼ 爺さんである~ (5, 0.2%)

1 ことが, ことだの, ことよ, バーナード・ショウだの, 事は

▼ 爺さんでは~ (5, 0.2%)

1 ありませんか, ない, なからう, なく頭, 長過ぎる

▼ 爺さんにも~ (5, 0.2%)

1 似気, 似氣, 判って, 聞せよう, 逢って

▼ 爺さん~ (5, 0.2%)

1 に用事, はお前, は君, は本望, をその

▼ 爺さんその~ (4, 0.1%)

1 お前さんの, 合羽を, 池田の, 燕麦の

▼ 爺さんそれ~ (4, 0.1%)

1 からどう, がさびしい, とは知らない, はお

▼ 爺さんでも~ (4, 0.1%)

1 いじりそう, そのつもり, 事実だ, 金袋を

▼ 爺さん~ (4, 0.1%)

1 か君, か落ちた, の眠つて, をそう

▼ 爺さん~ (4, 0.1%)

2 は御用聞 1 が立替える, の云ってる

▼ 爺さんあの~ (3, 0.1%)

2 屋敷の 1 野田あれが

▼ 爺さんお早う~ (3, 0.1%)

3 ございます

▼ 爺さんじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, ちょっと出来ない, ねえけれど

▼ 爺さんだけは~ (3, 0.1%)

2 苦手だ 1 不思議に

▼ 爺さんとも~ (3, 0.1%)

1 幼な, 言いたいよう, 言いたい年配

▼ 爺さんどう~ (3, 0.1%)

1 したえ, するだろうと, だね

▼ 爺さんなんか~ (3, 0.1%)

1 あまり気, 一人も, 誰も

▼ 爺さんにとっては~ (3, 0.1%)

1 孫です, 無縁の, 釣が

▼ 爺さんひどく~ (3, 0.1%)

1 氣遣つてゐた, 驚いたという, 驚いたといふ

▼ 爺さん~ (3, 0.1%)

1 こう浪, 心の, 縋りついて

▼ 爺さんもう~ (3, 0.1%)

1 いい加減, ひとがまん, 戻つて

▼ 爺さん~ (3, 0.1%)

1 こうしてさっき, また逢えたら逢いたい, わしも

▼ 爺さんわし~ (3, 0.1%)

1 はいったい, は妙, もどれほど

▼ 爺さん一人~ (3, 0.1%)

1 で割らした, の受持ちみ, 淋しく牛馬

▼ 爺さん~ (3, 0.1%)

1 婆さんだ, 婆さんと, 爺さんし

▼ 爺さん~ (3, 0.1%)

1 で若い, は船, 何と感じ

▼ 爺さんお前何~ (2, 0.1%)

1 かこの, をする

▼ 爺さんお家~ (2, 0.1%)

1 の大事, の大事つて

▼ 爺さんここ~ (2, 0.1%)

1 に大した, に家

▼ 爺さんこと作阿弥~ (2, 0.1%)

1 である, は垢

▼ 爺さんこりゃ~ (2, 0.1%)

1 五分刈じゃ, 姉さん

▼ 爺さんこれ~ (2, 0.1%)

1 が物, が高座

▼ 爺さんこれから~ (2, 0.1%)

2 どこへ

▼ 爺さんそいつ~ (2, 0.1%)

2 はいけねえ

▼ 爺さんそれぢ~ (2, 0.1%)

1 や分るまい, や餘ンまり

▼ 爺さんだろう~ (2, 0.1%)

1 か下駄, よ

▼ 爺さんちょっと~ (2, 0.1%)

1 一走り頼む, 云って

▼ 爺さんであった~ (2, 0.1%)

1 が職業, が若い

▼ 爺さんとで~ (2, 0.1%)

1 この二人, 二人とも

▼ 爺さんとの~ (2, 0.1%)

1 對酌が, 間に

▼ 爺さんについて~ (2, 0.1%)

1 いくら探し, いつたが

▼ 爺さんにと~ (2, 0.1%)

1 つて九人目の, つて綿入りの

▼ 爺さん~ (2, 0.1%)

1 なんでも, 大どん

▼ 爺さんはじつ~ (2, 0.1%)

1 と考へる, と胸算用

▼ 爺さんひとり~ (2, 0.1%)

1 は酒, を大勢

▼ 爺さんへの~ (2, 0.1%)

1 信頼が, 無心も

▼ 爺さんまあ~ (2, 0.1%)

1 其んな, 私は

▼ 爺さんまた~ (2, 0.1%)

1 わし達の, 帰りに

▼ 爺さんまだ~ (2, 0.1%)

2 頑丈で

▼ 爺さんみたい~ (2, 0.1%)

1 にだらし, に頻りに

▼ 爺さんより~ (2, 0.1%)

1 五歳上の, 外には

▼ 爺さんわけ~ (2, 0.1%)

1 も言はず, も言わず

▼ 爺さんをも~ (2, 0.1%)

2 呼んで

▼ 爺さん上方~ (2, 0.1%)

1 から來, から来なすった

▼ 爺さん~ (2, 0.1%)

1 持つて, 来たよ

▼ 爺さん媼さん~ (2, 0.1%)

1 があった, までが顧盻つて

▼ 爺さん嬢さん~ (2, 0.1%)

1 が待ってる, と語呂

▼ 爺さん幾ら~ (2, 0.1%)

2 だね

▼ 爺さん役者~ (2, 0.1%)

1 のよう, をだまそう

▼ 爺さん流しませう~ (2, 0.1%)

2 かこつち

▼ 爺さん湯川氏~ (2, 0.1%)

1 はそれから, も自分

▼ 爺さん甚だ~ (2, 0.1%)

1 平か, 平らかじゃ

▼ 爺さん鉄砲玉~ (2, 0.1%)

2 はと聞く

▼ 爺さん~ (2, 0.1%)

2 爺さん

▼ 爺さん頻りに~ (2, 0.1%)

1 促す, 息をは

▼ 爺さん飛んだ~ (2, 0.1%)

1 ことだつた, 迷惑を

▼ 爺さん驚かなく~ (2, 0.1%)

1 てもよい, ても宜

▼1* [248件]

爺さんというの, 爺さんあごが地, 爺さんいねえか, 爺さんいま帰った, 爺さんいやたあ, 爺さんいよいよ赤い顔, 爺さんえらいことに, 爺さんおっ魂消て, 爺さんお伝婆さんどちらも人, 爺さんお先に手酌, 爺さんお前そうだろうな, 爺さんお前前々から知っ, 爺さんかと疑うごとくマクベス, 爺さんからと言っただけ, 爺さんからなど一度だって, 爺さんからはそんなこと, 爺さんからも聞いたし, 爺さんかわいそうに少し, 爺さんががみ, 爺さんがね見ると, 爺さんこそ稀代の, 爺さんこりやなんて花だい, 爺さんこれなあにと小, 爺さんこんどこそはひとつモノ, 爺さんこんな男だ, 爺さんごはんです, 爺さんさっと押入れを, 爺さんさんがいつた, 爺さんています, 爺さんしかも数字さえ, 爺さんしっかりしなくちゃ, 爺さんしようがないん, 爺さんしよんぼりお勝手口, 爺さんじつはよそで, 爺さんじゃあ色気がねえ, 爺さんつかりいい, 爺さんすこしぼけてるね, 爺さんそうじゃあねえか俺ら, 爺さんそこで何し, 爺さんそりゃたしかな, 爺さんそれだけの人数, 爺さんだけだったの, 爺さんだって旅他国で, 爺さんだらうと思つて, 爺さんつい口ごもって, 爺さんであろうと思われる, 爺さんでがした, 爺さんでしてネ, 爺さんでしたから, 爺さんでなくまだ五十代, 爺さんでなくつちやならない, 爺さんでなければ夜, 爺さんといふのは, 爺さんとか白髯の, 爺さんとこへ誘, 爺さんとしか思われなかった, 爺さんとしてそのあばた顔, 爺さんとしての存在でしか, 爺さんとしては一彦の, 爺さんとだけ話を, 爺さんとだって今さらの, 爺さんとでは全くはやうめ, 爺さんとともに悍馬足曳に, 爺さんとんだことだった, 爺さんどうかして, 爺さんどもを一カ年五割, 爺さんどんな悪いこと, 爺さんなぞの話しかけて, 爺さんなぞは君今に, 爺さんなどどれも, 爺さんなどがおとくい, 爺さんなどだっていまよりは, 爺さんなどに尋ねて, 爺さんなら民衆も, 爺さんなる古老に, 爺さんなんかが来ると, 爺さんなんかも世放れ, 爺さんなんぞは寝たっきり, 爺さんなんて物覚えの, 爺さんにだけは会いたいと, 爺さんについてはくわしい説明, 爺さんにでもなつて, 爺さんはずつと垂れた頭, 爺さんはちよつと気むづかしい顔, 爺さんはと頷かれたの, 爺さんはにこ, 爺さんはのつそり, 爺さんばかりはこの貧乏, 爺さんびくびくする事, 爺さんふたりに附き, 爺さんふと立って, 爺さんふらふら出て, 爺さんぶりなどなかなか, 爺さんへんな物, 爺さんほんとにおもしろいよ, 爺さんまで出て, 爺さんむっとして, 爺さんもう宜いから, 爺さんもちよつくら見, 爺さんやっこらと腰, 爺さんやっぱり鰻が, 爺さんやら迎児やら, 爺さんやるわい, 爺さんよくまあ達者, 爺さんよりも年が, 爺さんらしい話を, 爺さんらしく見えて居た, 爺さんわかりましたか, 爺さんは, 爺さんクリュシフィクシオン長老は二十年, 爺さんゲートル巻き下駄ばき, 爺さん持って, 爺さんポチが鳴く, 爺さん一つ喰べておかない, 爺さん一寸明けて, 爺さん一日に三匁, 爺さん一時間くらいはかかる, 爺さん一杯機嫌らしく片肌, 爺さん三度に一度, 爺さん上がるがいい, 爺さん京橋の上, 爺さん仁左衛門さん与右衛門さん武太さん田圃向うの信心家, 爺さんの女, 爺さん今のは彼, 爺さん今日は波, 爺さん今晩は, 爺さん今頃になっ, 爺さんはここ, 爺さん何でもあれを, 爺さん何んか急, 爺さん便所に立つ, 爺さんれえ, 爺さん其の衝立を, 爺さん其処は城ヶ沼, 爺さん其弟の辰爺さん, 爺さん出帆は今夜, 爺さん十五両もありゃ, 爺さん危なかつた, 爺さん危なかったな, 爺さん叡山の総長, 爺さん同様うとましく思っ, 爺さん同様酒を好んだ, 爺さんを伊藤孝太郎, 爺さん名刺を見よう, 爺さん向こうから謂わねえ, 爺さんこの着物, 爺さん喧嘩ア止めだ, 爺さん言いいたい, 爺さん囲炉裏の上, 爺さん堪忍して, 爺さん売り物はおよそ, 爺さん大変ッ綾吉が殺された, 爺さん好きなの, 爺さんな惡名, 爺さん妙高の農牛, 爺さんは関名, 爺さんのお, 爺さんあさん達, 爺さん婆さんたちであるが, 爺さん婆さん息子さんみんな深切だつた, 爺さん婆さん漁師どもを捉え, 爺さん婆さん連中が村, 爺さんの岩公, 爺さん実は作阿弥という, 爺さんは何處, 爺さん家のは大きく, 爺さん寒いだろうが, 爺さん小児たちに見せびらかした, 爺さん小首をひねり, 爺さん左様なら明日, 爺さん左樣なら明日, 爺さん平気なもの, 爺さん平生は一週, 爺さん形代の犠牲, 爺さん彦兵衛さんむかし料理番の入婿, 爺さんなんぞも器用, 爺さん待ちねえお前, 爺さん後生ですから, 爺さん来るぜ, 爺さん心配おしでないいま, 爺さん思つたよりお前さん, 爺さんう言, 爺さん慌てなさんな, 爺さんをとっ, 爺さん手間は取らさねえ, 爺さん扱いにしなさん, 爺さん救いを求める, 爺さんらしい靴, 爺さんぐお出や, 爺さん早く出ないか, 爺さん明けてくん, 爺さん昨夜の騷ぎ, 爺さん時代いやまだ, 爺さん望見の機会, 爺さん木口公平にあっ, 爺さん本当に帰つちやダメ, 爺さんの澁, 爺さんをどう, 爺さん此方へ這入んなせ, 爺さん此間直した風呂桶, 爺さん此頃莫迦げて肥えた, 爺さん死んだ方の, 爺さん気がついたかね, 爺さんにしない, 爺さん済まねえがひとつ, 爺さん満足して, 爺さん爺さんを, 爺さん牛婆さん牛はその, 爺さん描きかい, 爺さん白髮になつた, 爺さんをわずらっ, 爺さん硫黄鉱山が売れました, 爺さん祕傳書と御, 爺さん祖母さんに聞い, 爺さん秘伝書と御墨付, 爺さん稼人はお, 爺さん立花様へ飛んだ, 爺さんであった, 爺さん等何れも上演, 爺さんが出る, 爺さん精一杯のお, 爺さんを持っ, 爺さん聞きゃおめえの扮装が, 爺さん胡瓜畑の傍, 爺さんを川, 爺さん蝉蝶々蜻蛉いろ, 爺さん血だらけで虫の息, 爺さん袢テンすがた, 爺さん覚えていらっしゃるでしょう, 爺さん言いがかりというの, 爺さんに身, 爺さん起きて居, 爺さん躍起となった, 爺さん軽く笑って, 爺さん辛抱を切らし, 爺さん退かつせい放さつ, 爺さん逃げてもおそい, 爺さん達四五人集って, 爺さん達彼処此処に鳶色, 爺さん酉刻だ早, 爺さん重助さん此方へお, 爺さんのついた, 爺さん鑑識研究所だよ, 爺さん長い話が, 爺さん鞍馬の知人, 爺さん飛んでもねえ, 爺さん馬具屋といふきよろきよろ兄さん, 爺さん黙って見