青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

爆弾~ ~爆発 爆発~ ~爪 爪~ 爭~ ~爲 爲~ ~爲め ~父
父~
父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ ~爺 爺~

「父~」 34910, 335ppm, 294位

▼ 父~ (9885, 28.3%)

165 顔を 70 ことを 61 ために 60 前に 51 名を, 姿を 48 言葉を 44 死を 36 方を, 顔が 33 姿が 32 ように 29 手を, 顔は 28 家に 26 そばに, 姿は 25 ところへ, 後を, 所へ 24 前へ, 家へ, 心を 23 家を, 方へ, 死の, 膝に, 言葉に 22 代に, 家の, 手に 21 言葉は 20 側に, 声が, 眼を, 跡を 19 ような, 代から 18 仇を 17 口から, 声は, 方が, 許に, 許へ, 部屋へ 16 事を, 最後の, 無二斎, 顔に, 骨を 15 様子を, 病気は, 言葉が 14 友人の, 方に, 眼に, 顏を 13 そばへ, ところに, 傍に, 前で, 名は, 意に, 死に, 話を 12 あとを, ことが, 手紙を, 方は, 病を 11 居間に, 手が, 生きて, 肩に

10 [11件] もとに, 前を, 居間へ, 心に, 所に, 敵として, 敵を, 書斎に, 机の, 業を, 遺言を

9 [15件] 仕事の, 命を, 墓の, 墓を, 妹の, 心が, 手から, 為に, 病気の, 背に, 良持, 遺産を, 部屋を, 顔の, 顔も

8 [19件] ことは, もとへ, やうに, 上に, 世話に, 前では, 命に, 声を, 弟の, 愛を, 方から, 死後は, 泰造が, 眼の, 罪を, 腕に, 許しを, 頭を, 顔には

7 [33件] ことも, すること, 世話を, 亡骸を, 代りに, 伊太夫が, 名が, 名も, 呼ぶ声, 声に, 大臣の, 姿に, 家は, 帰りを, 弟で, 心は, 怨みを, 手で, 手の, 方で, 横顔を, 機嫌を, 死, 死が, 病気を, 眼には, 眼は, 胸に, 話は, 讐を, 身を, 部屋に, 頭の

6 [30件] あとから, ない子供, やうな, 一生を, 事が, 仕事を, 代理として, 側へ, 命令で, 唯一の, 噂を, 墓へ, 夢を, 室に, 志を, 意志を, 愛が, 敵, 方の, 書斎へ, 死によって, 気持が, 泰造の, 百ヶ日前後, 目を, 眼が, 許を, 遺骸を, 面影を, 額に

5 [57件] いいつけ, こと母の, この言葉, すがた, ほうへ, 代には, 傍へ, 冤を, 名の, 墓前に, 大臣が, 好きな, 子は, 子を, 容体を, 屍を, 後から, 心づくしの, 心の, 心も, 心入れを, 怒を, 意を, 意見に, 感情を, 持って, 時代から, 書いた文, 書斎の, 枕元で, 様子は, 死と, 死は, 死んだ後, 死んだ時, 死後の, 気持も, 無事を, 無念を, 病気が, 看護を, 立派な, 耳に, 職を, 背を, 背中を, 膝の, 臨終の, 血を, 袖を, 身の, 遺産の, 邸へ, 霊に, 面を, 顔色は, 顔色を

4 [104件] あとに, うしろに, ことに, ため, ためには, ない後, ほうが, スケールの, テーブルの, 世に, 仕事は, 会社の, 伝記の, 体に, 信之は, 傍で, 写真を, 処へ, 勘気を, 危篤を, 名に, 名代として, 命令に, 喪に, 墓に, 墓は, 墓も, 妾の, 姿の, 姿も, 子だ, 子である, 字で, 実家に, 室へ, 家で, 寝て, 寝室へ, 寝息を, 居間から, 市太郎が, 後姿を, 御蔭で, 心配, 怒りは, 性格を, 意志に, 愛に, 態度が, 態度は, 手文庫の, 手紙, 手紙に, 故郷に, 敵だ, 敵は, 時政は, 最期を, 死んだという, 死体を, 死後に, 死顔を, 死骸の, 死骸は, 死骸を, 気持ちを, 気持を, 泰造と, 父も, 犯した罪, 留守に, 留守の, 目に, 目の, 直人は, 真似を, 眼も, 知人である, 称を, 耳を, 背中に, 胸には, 腕を, 莫逆の, 葬儀の, 言うこと, 言葉の, 誕生日に, 誰なる, 財産は, 足音に, 遺志を, 遺業を, 遺産は, 遺骨を, 部屋で, 部屋の, 長八は, 霊を, 頬が, 頭に, 顔, 顔いろ, 顔や

3 [243件] あとについて, いた時分, お伴し, かたきを, かわりに, こと, ことなど, ことばは, ことや, そばを, ためにも, ところへは, ほうに, ほうは, ほうを, もって, もとを, ようすを, アトリエに, 一周忌の, 一生の, 一言いひ出す, 上野介が, 与次, 中に, 事に, 云ひ, 云ふ, 亡い, 亡骸が, 仇, 仇だ, 仇である, 仇と, 仇の, 仕来りを, 代の, 代までは, 伊与, 伊太夫の, 伊太夫は, 伊太夫を, 会社に, 位牌の, 体を, 使に, 供を, 俊亮が, 兄の, 別荘に, 前から, 前には, 十七年忌に, 友人で, 口に, 名と, 周囲に, 命が, 命の, 命日に, 執拗な, 場合は, 声である, 声の, 声も, 大臣に, 大臣は, 大酒, 妹が, 妹に, 妹は, 姉の, 娘として, 婚禮, 子, 子でない, 子と, 子として, 子供の, 安否を, 室の, 室を, 家, 家厳は, 容態を, 寛大に, 寝姿, 寝室に, 寝顔を, 小言が, 小言を, 居間で, 居間の, 市郎右衛門は, 希望を, 庄造が, 廉介は, 弾正が, 後ろ姿を, 心持も, 思ひ出, 性格は, 恨みを, 恩, 想像に, 意見を, 愛, 愛して, 愛妾を, 愛情が, 感情が, 態度と, 態度に, 態度を, 手は, 手元を, 手紙には, 手紙は, 手許に, 教訓が, 敵の, 新五兵衛, 新兵衛, 方も, 日記に, 日記を, 時代に, 時代の, 晩酌の, 書斎を, 曹嵩も, 本当の, 枕もとに, 枕元に, 枕元を, 枕許へ, 枕頭で, 正義の, 歸り, 死ぬまで, 死体が, 死後その, 死後も, 死後私は, 死顔に, 死骸に, 母に対する, 母の, 民部は, 気質は, 汚名を, 注意を, 泰造に, 泰造は, 浄瑠璃の, 消息を, 為めに, 猟銃で, 王が, 王は, 生前に, 生活は, 生活を, 生涯に, 男爵が, 留守を, 病の, 病は, 病気について, 病状を, 目が, 相良寛十郎では, 相良寛十郎と, 看病に, 看護に, 知り合, 神の, 私も, 突然の, 立場を, 納骨を, 罪が, 罪の, 老後を, 考えに, 耳にも, 肖像を, 自分に対する, 芸を, 若い時, 若い時代, 苦心の, 葬式の, 葬式を, 行くえ, 言ふ, 言葉に従って, 訃を, 記念の, 記憶が, 記憶と, 詞を, 話が, 話に, 話の, 負債を, 財産を, 赦免を, 足を, 身に, 身体が, 身体を, 身辺に, 運命は, 達者な, 遺して, 遺書を, 遺物に, 遺物の, 遺稿に, 遺言に, 遺言書を, 郷里の, 酒の, 金を, 間に, 関係し, 霊が, 非業の, 非行を, 面前で, 靴の, 頬に, 頭には, 顔から, 顔と, 館へ, 首に, 首を, 骨が, 骨は, 骨箱を, 鼾が

2 [619件 抜粋] あとへ, いうこと, いう通り, いないの, いない時, うしろから, うちに, おもかげ, お得意, からだが, からだに, ことだ, ことだった, ことで, ことな, ことばが, ことばを, この悲しみ, この頃, こゑ澄みぬる, ごとき志, するよう, そのとき, その強い, その言葉, そばから, それを, ためなら, たよりが, つとめて, つもりで, ところには, は病気, ましろ髯いや, もとで, ものだ, ものと, ようすが, ようには, わずかな, を遺, グロモフは, ネクタイを, フョードルは, ベッドの, レーリー卿が, 一喝に, 一徹も, 一昨年うせたる, 三十幾年と, 三郎左衛門は, 上を, 上京の, 不在の, 不在を, 不興を, 世の, 丹左も, 主意凡てが, 久助の, 事は, 事業が, 事業は, 事業を, 二つの, 二官が, 云う通り, 五兵衛も, 亡霊が, 交際法は, 人格を, 仇は, 仇敵と, 仇敵を, 仕打は, 仕業では, 仕込みで, 代より, 代わりに, 以前の, 仰せに, 伝右衛門が, 位牌が, 位牌と, 位牌を, 住んで, 例の, 信之も, 信之祖父の, 信玄が, 俥の, 健康に, 健康について, 健康は, 健康を, 側を, 傍の, 傍を, 兄に, 兄弟に, 兄弟は, 先輩や, 入道を, 兵助の, 兵法を, 内蔵助も, 円団治でした, 写真の, 冷めたさの, 処置に, 刀は, 到着の, 助左衛門は, 動静を, 勘当を, 勝平が, 十分の一にも, 半蔵は, 危篤に, 厭な, 友人と, 友人という, 友人や, 反對, 右大臣は, 同役の, 名で, 名である, 名でも, 名前が, 名前に, 名誉を, 命ずるま, 商売が, 商売を, 問いに対して, 善良な, 喪を, 嘉門が, 国に, 国へ, 在世中は, 城に, 墓参も, 墓標も, 声だ, 声で, 声と, 声には, 変死の, 夜も, 大きいトランク, 大きい姿, 大きな声, 大事などには, 大神に, 大神は, 大納言は, 太公が, 妹, 妹で, 姿から, 姿には, 姿や, 子だった, 子で, 子に, 子の, 子らしい, 子供に対する, 子爵の, 存命中には, 存在が, 存在を, 存生中と, 守護とに, 安行が, 実の, 実家が, 客の, 宣らしつ, 家と, 家には, 宿を, 寂びたる老, 寐て, 寝床に, 尊の, 尊厳を, 小左衛門は, 少しばかりの, 居間であった, 峰之, 左に, 希望する, 帝へ, 帰宅を, 常用の, 幼名を, 庄八が, 店の, 弟が, 弟である, 弟も, 弥五兵衛が, 弥助と, 弥太郎が, 弾正は, 形見, 形見として, 影が, 影を, 影響による, 役所の, 役目を, 彼に, 往診用の, 後には, 後姿が, 御咽喉, 御神詔, 復讐を, 徳を, 心中を, 心尽しだ, 心持は, 心盡しだ, 忌日に, 忠寛は, 怒りから, 怒りが, 怒りに, 怒りの, 怒りを, 怨を, 息が, 悩みも, 悪行を, 情婦で, 惡事を, 意見で, 愛などと, 愛情を, 愛母の, 感化によって, 感激に, 憤怒の, 憤怒を, 懇意に, 懐に, 房五郎は, 所有といふ, 手には, 手によって, 手ひとつで, 手帖, 手文庫に, 手紙の, 手許へ, 手蹟を, 承諾を, 採点である, 探索を, 放蕩の, 放蕩を, 故郷の, 敵である, 敵に, 料簡を, 斬死した, 日常に, 日常の, 日記は, 旧い友達, 旧友の, 時政が, 晩年の, 暗い眉, 暴怒に対する, 書いたもの, 書斎で, 書斎や, 書院が, 最後を, 最期に, 月給が, 有ける, 望みを, 本意が, 本箱の, 杉野直と, 杖とり犇と, 来るの, 枕元へ, 枕許で, 柩は, 柩を, 様に, 様子に, 様子には, 様子父の, 横に, 横の, 横死の, 機嫌が, 機嫌は, 死ぬ前, 死ぬ時, 死や, 死んだとき, 死んだの, 死体の, 死兄の, 死去した, 死後私の, 死骸が, 歿した, 気に, 気に入るよう, 気に入る様, 気もちに, 気持ちが, 気持は, 気質の, 気質を, 氣を, 汚名, 決心が, 没後は, 没後小さな, 泰造も, 激怒に, 激昂に, 烈しい言葉, 無事な, 燃ゆる, 父が, 狼狽した, 王と, 理兵衛は, 理想には, 理解者であり, 生きてる間, 生命の, 生涯を, 用ひた, 用事で, 病いを, 病床に, 病間へ, 癖として, 監督を, 目にも, 目は, 目も, 相良寛十郎である, 相良寛十郎は, 眼から, 知人に, 石塔の, 祖母に, 祖神に, 祖神の, 神が, 秘密を, 稽古場であった, 窶れた寝顔, 立場が, 筆の, 筆蹟であった, 策略とは, 精神の, 系統を, 紋治は, 素行が, 紹介を, 経営し, 罪亡ぼし, 罪業を, 義太夫の, 義朝が, 老いては, 老の, 老僧, 老大納言, 老男爵, 考えでは, 考えを, 考では, 耳へ, 耳へは, 耿, 職業を, 肩ごしに, 肩を, 肩車に, 背で, 背後に, 胸から, 腕が, 腰巾着で, 膝から, 膳を, 臨終には, 自動車に, 自慢の, 芸の, 苦しい告白, 苦境を, 茶道は, 菩提を, 葬たのみ, 葬に, 葬儀を, 葬式に, 葬式は, 蔵書の, 薄眼, 血だ, 行動が, 行綱は, 行衛を, 衒気では, 要求に対する, 見舞いに, 親友たる, 親友で, 言いつけを, 言うとおり, 言って, 言では, 言葉で, 言葉であった, 言葉と, 言葉に対して, 言葉遣, 訃報に, 計画に, 計画を, 計画通りを, 記憶は, 記憶を, 許から, 評判は, 話では, 話も, 説明を, 謡を, 豪奢は, 負うて, 財力が, 財産が, 賢秀の, 賢造が, 趣味を, 足もとに, 跡目を, 跫音が, 身の上に, 身体の, 車を, 返事に, 追善の, 達雄に, 遺した蔵書, 遺物として, 遺産とも, 遺産も, 遺臣の, 遺言の, 遺訓に, 遺詔, 邸で, 部屋が, 部屋や, 重和は, 重行に, 金箪笥に, 鋭い態度, 長談義の, 院の, 雄之, 霊前に, 霊魂を, 露疑, 青年画学生時代の, 面前に, 面影が, 預金帳から, 額が, 顔つきを, 顔へ, 顔色と, 風貌面影に, 首が, 首級を, 馴染の, 骨に, 鼻の, 鼻を

1 [4608件 抜粋] あしたの, あまりに律儀, あり方が, いうよう, いた時, いないこと, いること, いる観音寺, うしろへ, おかげも, お供で, お気に入りらしく, かけた椅子, かばねと, きて, けっしんを, ことです, こと本家の, この子, この癖, ごとき大, さうし, しかたは, じゃまを, せいの, そうした話, その様子, その顔, そんな風, ためた, ためを, つけて, とり決めた相手, ないのに, なくなった一昨年, においの, はやい死, ひいきの, ふっくらと, ほかに, まさに成功, みやげの, もと音づれて, もの子が, よい所, わきの下へ, ゐない部屋, ウケウリであった, コンタンは, ソェナム・ノルブーという, ナポレオン三世風の, フォードも, マシアスも, メルキオルは, ヴィルジリオわが, 一周年記念日なり, 一年でも, 一生そして, 一言其眼光の, 七斤に, 三十七の, 三年祭です, 上役であり, 下駄の, 不幸な, 不正, 世より, 両頬, 中瀬古鉱三は, 主張としては, 乗馬の, 事な, 事務所へ, 二人が, 云い付, 云った基経, 亡から, 亡くなった旅, 亡くなる何年前, 亡魂な, 人間と, 仇です, 仇今度こそ, 仇武兵衛にとっては, 今村要人と, 仕事に, 他母徳子と, 代わりを, 代診を, 任地なる, 伊太夫も, 伝三は, 伯爵に, 位牌に, 住居附き, 体質や, 余生を, 作太郎は, 使いへ, 依頼された, 信用に, 俤を, 倍も, 健太郎も, 傍らへ, 僻眼でなく, 元買った, 兆久が, 光安も, 全作が, 公使と, 兵庫助が, 内弟子に, 写真来てた, 凡庸さが, 出入の, 出現は, 分別と, 別荘へ, 前でも, 副室, 功績と, 助言に, 勘定の, 勝頼また, 勧農によって, 十三回忌に, 半兵衛に, 半身を, 印象も, 厄介に, 厳粛そのものの, 友人である, 友達つて申します, 反対によって, 取出した布, 口まねを, 古い人名辞典, 古洋服, 右京に, 吉左衛門を, 同情者であり, 名にも, 名声と, 吐血は, 吾平が, 呼吸づかひ, 命は, 命令も, 命日来月の, 唐沢男爵も, 善兵衞, 喪の, 嘖びもしかすがに貧しけれ, 四十二歳の, 国もしくは, 圓太郎と, 在世中兩度まで, 地下より, 垂髯寂び, 場合でも, 墓で, 墓参をも, 墳塋に, 声だった, 変って, 外兄にも, 多忙の, 大きな吐息, 大山津見神, 大病を, 大臣も, 天皇も, 太郎左衛門と, 失踪に, 好物で, 如くに, 如く自殺せよ, 妹に当たる, 妾牧は, 姿, 威を, 嫌いな, 子なる, 子弟に, 字名である, 存生中から, 宅で, 完全き, 定めた伉儷, 実妹の, 実話である, 宮殿を, 家でした, 家までも, 家庭が, 家橘である, 容貌と, 寝室には, 寝酒を, 寵兒では, 射る矢, 小田天庵藤沢に, 就職運動を, 居つた寺, 居る方, 居間が, 屍なりとも, 山左衛門は, 岩倉公が, 左腕に, 市兵衛は, 帝の, 席だ, 帰国を, 常胤も, 平生を, 幸兵衛の, 幼少時代を, 座布団の, 弁当箱を, 引れ, 弟子でした, 弥三右衛門に, 強ての, 影響でした, 律義な怒, 後伏見法皇の, 後姿も, 後醍醐に, 御さい, 御旨, 微笑を, 心と, 心尽しだった, 心理状態は, 忌日を, 忘恩を, 忠行は, 思って, 急死から, 性格が, 性質を, 恐ろしい学問, 恩愛のみ, 恵之を, 悪逆に, 悲慘よりも, 情に, 惣七も, 惻々たる, 意嚮だ, 意志も, 意見も, 愛と, 愛己が, 感傷の, 感覚は, 態度とを, 憤慨が, 懲らしめざる子, 或る, 所から, 所有地で, 手にて, 手下どもが, 手前その, 手帳について, 手記が, 手蹟に, 承諾が, 拵えたもの, 指図の, 捷平の, 撃剣の, 政高に, 教えた塾, 教より, 散歩, 敵五味左門を, 文昌が, 新五左衛門, 方などには, 方針を, 日の, 日課の, 旧知だつた, 易断所とを, 春田居士の, 時代は, 時政や, 暮しぶりに, 書を, 書簡を, 書齋へ, 最後牧場の, 服の, 期待に, 本心が, 杉野子爵で, 東京の, 枕もとへ, 果して日, 案で, 椿岳に, 槍で, 樣子を, 横死を, 欠点ばかりを, 正吉が, 武元が, 歸宅が, 死にました理由, 死ぬ一年, 死んだ後始末, 死去を, 死後そんなに, 死後わずか, 死後京都に, 死後彦四郎は, 死歿を, 死顔と, 歿後に, 残した大きな, 殺害事件の, 氏康の, 気に入らぬらしい, 気性も, 気質に, 水泳場は, 決意を, 法事なども, 泰造に対すると, 浄らかな, 淋しい顔, 清盛は, 満足する, 漁れ高, 炊いて, 為俊卿をも, 無念ばらし, 熱心と, 父すなわち, 牢獄にも, 犬の, 献上した, 王位を, 理窟は, 甚右衛門は, 生前には, 生活だ, 生涯や, 用箪笥から, 申し上げました通り, 画を, 留守中は, 異腹の, 病むの, 病家は, 病気に対して, 病氣も, 痛恨の, 発狂が, 白翁の, 皇にも, 目ざしには, 相国にも, 盾とりき, 真意を, 眼付は, 矛盾と, 知る辺, 短慮を, 碁友達の, 祝いの, 福次郎は, 私設する, 秘蔵の, 空気に, 立場において, 竿を, 第一回, 筆蹟は, 答で, 簡単な, 紋七は, 素朴な, 経営した, 給仕を, 縛めを, 罪咎に, 美徳子に, 義直であり, 習慣な, 老内障, 考えは, 耳には, 聖靈の, 肌を, 肩へ, 背後へ, 胸像は, 脱いだ薄い, 腕の, 腹の中の, 膝下へ, 自分を, 自慢話を, 興毎に, 良平が, 若いころ, 苦しげ, 苦渋の, 茂七は, 草平といふ, 菩提, 落第記, 葬儀は, 蔭口を, 薬を, 虚栄が, 血管の, 行ないの, 行状にも, 衣鉢を, 袂からは, 襟を, 視線を, 親房に, 言い状, 言に, 言葉であり, 言葉までが, 訓え, 記念品と, 許で, 詩です, 話じゃ, 話方は, 誕生祝いの, 語氣は, 説は, 諒解を, 讐である, 貌を, 財産に, 資朝に, 質を, 超人的, 趣味みたいな, 足音とは, 身は, 身分が, 身體を, 輝かしい業績, 辱を, 返事には, 逗留を, 進む前, 道徳上の, 遣り方, 遺伝である, 遺嘱, 遺愛たる, 遺物と, 遺言では, 遺風を, 郡視学に, 郷左衛門を, 酒には, 酒飲友達だ, 重左衛門, 野良犬を, 鈎へは, 鍛錬の, 長者命終に, 開店する, 閲歴について, 険悪な, 隣に, 難を, 非を, 面前にて, 革巾着を, 頓死に, 頭は, 額や, 顔ありあり, 顔容を, 顕如が, 飛騨守も, 飼ひ慣れた, 首と, 馬騰, 驢そのまま, 髑髏と, 高鼾が, 魂は, 黄村が, 鼾な

▼ 父~ (6806, 19.5%)

50 それを 48 私の, 自分の 40 私を 26 私が, 私に 24 さう 20 彼の 19 非常に 18 言った 15 黙って 14 例の, 子の, 母に 13 急に 12 すぐに, 云つた, 彼に, 答えた 11 これを, 云った, 母の, 眼を, 笑って 10 そんなこと, 娘の, 子を, 瑠璃子の, 自分が, 自分で 9 その頃, 何か, 首を 8 いつもの, それに, どうした, わたしに, 帰って, 死んで, 母が, 頭から 7 そこに, 傍の, 彼女に, 思った, 手を

6 [17件] いつまでも, その時, それから, それらの, どこへ, 代助, 何も, 僕の, 僕を, 子供の, 母と, 父で, 瑠璃子を, 眉を, 私と, 自分を, 返事を

5 [30件] あれまで, いつでも, お遊さん, こういった, そう云っ, そのこと, そのとき, その日, その金, それも, にこにこし, またその, 叫んだ, 娘に, 娘を, 家に, 彼を, 東京に, 東京の, 此二部を, 死んだ, 死んだの, 毎日の, 疾んで, 相変らず, 近代の, 近所の, 長柄の, 静かに, 黙つて

4 [41件] この世に, そう云い, その家, その男, た, わたしの, わたしを, 之を, 人の, 何うし, 何の, 何を, 前に, 口に, 口を, 咢堂の, 喜んで, 声を, 姉の, 子に, 家を, 後に, 心の, 感に, 旅の, 暫らくの, 最後に, 此の, 母を, 煙草を, 父の, 申しました, 相手の, 着物の, 腕を, 自分に, 自分は, 若い時, 非常な, 驚いて, 黙々として

3 [120件] あなたが, いって, いろいろの, かねて, この言葉, これまで, これらの, すでに歿, そこで, そつと, その中, その事, その人, その晩, その次, それが, それまで, そんなもの, ただ, どこに, ないの, なか, みんなに, よく言った, わが子の, わたくしたちあまり, わたくしの, わたくしを, わたしが, セエラの, 一人で, 一度も, 一言も, 亀の, 事もなげに, 五十の, 京都に, 人に, 人を, 今度は, 今迄, 仕事を, 何とも, 何にも, 兄の, 先に, 前から, 前にも, 前の, 又父, 口癖の, 君の, 君子の, 夕方に, 大きな声, 如何に, 娘が, 娘に対する, 子供に, 家族を, 寒いも, 寝ながら, 尋ねた, 小格子, 少年の, 山宿で, 年の, 幼い時, 床に, 当時の, 彼が, 彼と, 忙しくて, 怒って, 思って, 急いで, 息子の, 或る, 承知した, 持って, 早く死んだ, 昔の, 晩年に, 普通の, 最初の, 最後の, 朝から, 極く, 次の, 歎息し, 死ぬまで, 気を, 熱心な, 父として, 父母は, 狂気の, 珍らしく, 生きて, 町の, 留守だ, 盲目であった, 知って, 祖父の, 窓の, 簡単に, 自分から, 若いとき, 若い頃, 訊いた, 話を, 遉に, 遠くの, 酒に, 酒を, 長い間, 長羅, 靜かに, 額に, 顔を, 高名な

2 [465件] ああいう, あしたおしおきに, あたふたと, あとの, あなたの, あのときあなた, あの通り, あまりの, あり, いいました, いうまでも, いった, いつに, いつまで, いつも黙っ, いよ, いよいよその, おとよを, おどけて, お蝶, かつて多少の, かれら, きかなかった, きつと, こ, こういっ, こうも, こう云う, こう言い, ここに, このよう, この上, この世の, この家, この方法, この時計, この町, この頃, さうし, さぞ私, さちよの, さっきの, さびしきひと, さも安堵, さらに第, すぐ, すこし疑念, すつかり, すべての, そう云った, そこを, そっと雨戸, そのため, そのなか, その夜, その子, その後間もなく, その心臓, その新聞, その爲, その監督, その石, その穴, その空々しい, その緊張, その美しい, その蔵書印, その言葉, その頭, それには, そんな事, そんな私, そんな風, ただぽかんと, だまって, つづけて, つぶやいた, つれづれの, ともかく, ともかくも, どうかする, どこかへ, どこからか, どこ行った, どんな椿事, なけ無し, なんじに, なんといふ, はばかるを, ひとりで, ひと晩眠らず, ひらりと, ふいと, ふたたび隣り, ふだんは, ふとある, ふらふらと, ほとんど小半日, ぼくを, まず知りたかった, また, また訊いた, まだ帰っ, まだ気, まだ起き, むつかしい法理論, もうそこ, もうその, もう六十, もう凡て, もう普通, もう死床, もう私, もう自棄, もう酔っ払っ, もう鉈鎌, もはや死ん, よくそう申しました, よく彼, よく知っ, よろこんで, わざと抑えた, わたくしが, イギリスへ, ニコリとも, パトリック, ペンを, 一人ゆきたる, 一時間も, 一間ばかり, 三流以下の, 下の, 不弥, 世を, 世間へ, 両手を, 久し振, 乾いた会話, 予期し, 二つの, 二人に, 二人の, 二言三言瑠璃子に, 五十九歳を, 五年まえ, 京都の, 今から, 今度の, 今朝早くから, 今行く, 他の, 代議士の, 伊勢の, 似寄りの, 低い力強い声, 低くうめく, 体を, 何ぞと, 何と, 何とも返事, 何処かに, 何時でも, 何時の間にか見, 余り興味, 俄かに, 俄に, 信心の, 俺を, 僕に, 元京都, 元気に, 先年この世を, 入婿であった, 八十ちかき, 其処で, 内心子爵を, 再びかの, 再び現場, 刀が, 初めから, 別に, 別室へ, 勅勘の, 包みを, 十七の, 十二年前に, 十分もの間近くから, 千住で, 半歳程, 半蔵から, 半蔵に, 即座に, 厭な, 厳正な, 去年の, 又, 又もや引っ返し, 又もや足, 又杉野子爵, 反対に, 叔母が, 叔母の, 取ってつけたように, 叫びました, 台南へ, 叱る信吾, 吉原の, 名画を, 呆気に, 呶鳴った, 呼び留めて, 和助と, 品物が, 唐机の, 唾でも, 固より, 地方の, 声低く, 変人です, 夕飯が, 外出し, 多少の, 夜に, 夜露に, 大いに機嫌, 大に, 大喜び, 奈々子が, 奥に, 奧深く, 女に, 女は, 好きな, 妙に, 妹に, 妾の, 威丈高に, 嬉しさ, 子供たちを, 子供を, 存外穏, 孤独な, 学者であった, 宅に, 宗助を, 官吏, 実際に, 客が, 客間に, 家の, 家内の, 家族の, 家産を, 寝室へ, 尋常の, 尻を, 山に, 峻嚴孤獨の, 川向うへ, 州判でございました, 差出人の, 已を, 帰った, 常に客, 平気で, 幸に, 幼い心, 幼き姉, 幼少の, 店先で, 度たび学校の, 座にも, 座敷の, 強情に, 彦根藩主井伊家の, 彼女を, 彼等の, 往来の, 御定まり, 微笑を, 微笑んで, 応接室に, 怒を, 性質として, 怯びれも, 息を, 患者以外の, 悪事の, 意外に, 意外の, 憤怒を, 我が子, 我を, 手ごろの, 手も, 手燭を, 手紙の, 手紙を, 政府当局からは, 教へ, 既に世, 日に, 旧来の, 早く死ん, 明治の, 時々学生, 時々眼, 書いて, 最初から, 最愛の, 有名な, 朝食事の, 木下が, 本堂から, 杉野子爵を, 村の, 来て, 根よく, 案の, 正月に, 歯が, 歯を, 死にたり, 殆ん, 母や, 永遠に, 池の, 泥だらけに, 泥まみれに, 泳ぐよう, 涙を, 渋面を, 温和しい, 源太と, 滅多に, 激しい興奮, 激せず, 火鉢の, 烈しい然し, 烟草盆を, 無きか, 無理に, 無類の, 煙草入に, 熱に, 熱心に, 父である, 父らしい, 片足に, 物に, 犬に, 犬猫を, 玄関に, 玄関へ, 珍らしい, 田舎の, 由緒ある, 男壮には, 男壯には, 留守, 病死し, 病気で, 病気の, 病院の, 益機嫌を, 目が, 目を, 直ぐ応接室, 相手が, 相手と, 相手を, 真事し, 真直に, 眠つてゐる, 眼が, 眼に, 眼鏡の, 着物を, 祖父が, 祖父と, 私より, 私利栄達を, 穩か, 突然警視総監, 立ち上がった, 笑いながら, 笑ひ, 第三, 箸を, 素人鑑定家として, 素気なく, 素裸に, 結婚し, 縁側に, 縁側の, 縦しや, 義太夫の, 羽織を, 習慣に, 老巧の, 考えて, 肺を, 胃癌に, 腕組を, 腹を, 自動車の, 自己を, 自慢でございます, 自殺の, 自殺を, 自認し, 自身の, 舌打ちし, 苛く, 苦々しげ, 苦い顔, 苦笑し, 茶が, 草むらを, 荒々しく封筒, 荘田へは, 蒲團を, 蒼ざめながらも眼丈は, 藩政の, 行かすも, 表へ, 親らしい, 言つた, 訊ねた, 詩が, 話好きであります, 語った, 貧しい靴職人, 貧乏の, 貧乏時代を, 貴女の, 起きては, 身ご, 身を, 軸が, 遠島母は, 部屋から, 酒の, 酒間に, 酔って, 里の, 鉄砲の, 銀行に, 長々と, 長い手紙, 長井得と, 長崎の, 陸軍の, 陸軍大佐で, 雨戸の, 雷火に, 静かな, 頑固で, 頑固な, 頗る熱した, 頭の, 頭を, 顔色を, 髭の, 鼻の

1 [4422件 抜粋] あ, あざ笑った, あのお弁当, あの儘, あの波間, あらなくに, ある日, あゝ云, いうこと, いかにも快, いくつもの, いつか泥ンこに, いつもその, いつも家中, いつも留守勝, いはば, いやいやおれ, いらない夫, うそ寒い病院, うれしそう, おくから, おとなしく下, おれも, お家流を, お箸, お骨, かつて忠善, かなり歩く, きげん, きめつけるよう, けっしてわれわれ, こういう解釈, こう異論, こちらへ, このと, この事, この古, この宴, この扉一枚, この神棚, この赤ン坊, この鶴屋, これまた, こんな差出口, さうい, さっそくぼく, さらに言葉, しきりと, しばしば発作的, しゃがんで, じっと眼, すぐ元, すぐ隣, すでに帰っ, ずっと昔, そういう時, そう叫び, そっちこっちの, そのほう, その上一人子, その問題, その家族, その当時, その悪辣, その時紙, その翌晩, その薬, その陽, それきり何とも, それで, それほど足, そんなところ, たいていの, たしかにそれ, ただこれ, ただ気, だれ職業, ちょうどその, ついに憤死, つまらない日常, とうに世, とても陽気, どうしたろう, どうしても行く, どこかで, どなった, どんなに困る, なおまだ, なかなかの, なにか心, なんだか惜しく, にやにや笑ったぎり, はじめその, はなはだ瞹眛, ひと息に, ひどく咳込ん, ひどく落胆, ふいに, ふッつり酒, ほんとうに, ぼくも, まえから, ますますむずかしい, またし, また添付, また考えた, また長男, まだむしゃくしゃしてるらしかった, まだ帰らなかった, まだ銀行, みんな達者だ, むっとしたらしかった, もうこの, もうバチ, もう亡くなっ, もう夢中, もう手足, もう眠っ, もう証書, もったいないくらい, もともと見えぼう, ものを, やさしく尋ねた, やっぱり戻っ, やはり強情, やや面, よくそんな, よく後々, よく私, よく高らか, わが娘, わざと子供ら, わたしと, ゐなかつた, イタチ組の, エックホオフと, ガリレイだ, コレラで, シヤツを, スースー云い, チクリと, トリエルの, ハムレットさまの, フランス生まれの, ホースの, ミスシツピイで, ユリウス, ワンタンを, 一丁先に, 一体遅い, 一夜だけ, 一寸帽子, 一層勿體振つた手附, 一度難儀, 一旦断りました, 一生何かに, 一軒の, 丁度現在, 三井の, 三十五六田舎には, 三度ほど, 上り端に, 下手人の, 不忍, 不機嫌な, 与八さんという, 世間からは, 中年から, 丸切り相手に, 久しぶりだ, 九州の, 事業の, 二三言それに, 二十年前に, 二日滞在し, 云いだして, 五つに, 五十歳限り砲兵工廠を, 亡くなりました, 京橋の, 人類の, 今まで, 今年四十七歳に, 仏師です, 他人に対しては, 代議士に, 仰臥した, 会釈の, 佐太郎と, 何もかも忘れ, 何人か, 何故あの, 何時も自分, 余り取り合わないらしかった, 侍あがりで, 俊亮の, 俳句を, 借金が, 側役と, 僕と, 元の, 元気らしく笑おう, 先代の, 入口で, 八十三で, 公証人であり, 六臂三面の, 其夢占はず, 再々私が, 写真を, 出て, 刀の, 初めに, 別に僕, 到底交誼, 剣も, 勝った時, 北海道へ, 医者の, 十六の, 千樹園の, 南の, 単なる娯楽, 却, 厳格で, 又岡, 友達の, 叡山へ, 古ぼけた軍人帽子, 可笑しがる, 合羽を, 同僚が, 向うの, 呟いた, 咳払いを, 商人だ, 喋れた声, 嘗て道子, 四十五六で, 四日目ぐらいから, 困つたやう, 地震の, 場内へ, 変った, 外交にも, 多助の, 夜中ピストルを, 大いに怒っ, 大した考えなく, 大儲けを, 大型の, 大奮発, 大工と, 大正七年の, 大賛成, 天子様の, 失ったけれど, 女と共に, 妊娠中の, 妾が, 始終出歩い, 威厳の, 子にと, 孝平を, 宇都宮の, 官吏だ, 客と, 家へ, 家内を, 寄り合いに, 寝台の, 専ら悲観説, 小さな女中, 小川に, 小立野と, 少しは, 少し落ち着いたらしく, 尾道や, 屏風の, 山, 山気の, 島田の, 左衞門茂頼とて, 市場の, 帳合ひ, 常に悪, 平伏しながら, 年も, 幸福そのものの, 幾日間も, 店用の, 座蒲団を, 庸三の, 建築設計家であった, 弓を, 弟子も, 彫金師だった, 彼には, 彼自身の, 後ろを, 従来富貴功名には, 御目附, 心配するらし, 必ず僕, 忙しいので, 忽ち遮り, 怒鳴つて, 思い切りの, 思ひ出した様, 恐く不意, 恐ろしい力, 息の根の, 悪者では, 意外そうに, 感心する, 慌て, 憑司母は, 我が家に, 戦場の, 手ずから金盥, 手綱を, 折好く, 振り返つて其, 摂津大, 放浪の, 故郷に, 散らばった熊手, 文学なんかより, 断じて許さなかった, 新しい配偶者, 方位九星に, 既に五十, 日本の, 日毎に, 早くも, 早速郊外, 明治十, 昔よく, 昨夜一時頃に, 時々囈語, 晋侯の, 普通なら, 暫くし, 更なり, 書類を, 有名の, 朝早くから, 末に, 本妻と, 朽つべくし, 東京へ, 板の間に, 柩の, 案外平, 検査場の, 構内の, 次郎さんを, 正直に, 此武具を, 武田の, 死に, 死ぬ間際, 死病に, 段々抜擢, 母にたいする, 毎年粒立つた, 毎晩若い衆たちに, 気がついたの, 水菓子屋の, 汝等を, 決して惡, 沈んだ声, 法律学校を, 注意し始めた, 洪武九年を以て, 浄瑠璃を, 海の, 涙一滴こぼさなかった, 渋面一杯鯉の, 源頼朝母は, 漢学者風の, 激しい肉体, 炬燵には, 無器用な, 然うし, 煩さがり, 父たり, 牢城の, 特に名誉餓鬼, 狂った, 独言を, 玄瑞で, 珍しく金口, 生きたか, 生前文部省の, 生来羸弱, 田幸家という, 男ながら, 画家なり, 疑って, 病を, 病後の, 痩せ我慢を, 登城し, 皆な, 目付でも, 直に娘, 相当に, 県知事に, 眼じり, 矢張り大工で, 知らぬ顔を, 確信が, 祖母を, 神経質な, 私とは, 私達を, 稀見, 突嗟に, 突然額, 立ち留って, 竹の, 笑つて汗を, 筒井を, 節子の, 納戸方で, 素朴な, 組合さ行った, 継母とも, 罵るよう, 老いたまひ, 考えに, 肉屋に, 胃潰瘍と, 胸を, 腹の, 自分一人の, 自身さえ, 興覚め, 芝居遊芸道楽に関する, 若い時分継母, 苦しいと, 英国公使館に, 茶人であっ, 荒川放水を, 葉巻を, 薄暗い仏間, 蘭医方に, 行かないほう, 衰弱し, 裸に, 要心の, 見下, 親密な, 言い終って, 言葉に, 詩文の, 誠にその, 誰であれ, 謡の, 負って, 貴族政治を, 赤ん坊を, 起ち上つて, 跳ね起きて, 身辺いっさいの, 軽かった, 辭み, 近衛に, 追, 這入つて, 遂に最後, 道具を, 遠州刺史, 郷里の, 酒毒で, 重たげ, 金華山の, 銃を, 長い年月熊本, 長生きしたい, 間もなく用事, 附け焼, 陸軍省の, 障子を, 隨分奇行に, 電報を, 青年の, 面倒だ, 鞄を, 頻りに手巾, 類人猿の, 食いつきたいとでも, 飾屋で, 首肯いて, 駒とどめ, 高価な, 魚雷の, 鹿児島です, 黙して

▼ 父~ (3556, 10.2%)

27 死んで 22 自分の 16 それを, 私の 15 死んでから, 生きて 13 出て 12 急に 11 何か, 自分を 10 帰って, 死んだ 9 家に 8 亡くなつて, 彼の, 来て, 遺して 7 此の, 私に

6 [11件] まだ生き, 亡くなって, 何を, 彼を, 死んだの, 死んだので, 死んだ時, 歿く, 母の, 私を, 立って

5 外国へ, 帰つて来た, 持って, 死にました, 死ぬと, 母と, 母を, 移り住んでからも, 自分に, 言つた

4 [22件] 云った, 亡くなってから, 亡くなりました, 女の, 好んで, 家の, 寝室へ, 最後に, 東京に, 東京の, 残して, 母に, 涙を, 申しまして, 病気に, 知って, 自分で, 見て, 話して, 負うて, 貴族院の, 酒を

3 [62件] お君, この土地, この頃, これを, そんなこと, どこからか, ひとりで, わたくしの, わたしの, イギリスに, 一人で, 三人の, 上京し, 世を, 云つた, 亡くなった, 亡くなったの, 亡くなった後, 京都の, 仕業も, 傍に, 僕の, 兄の, 入って, 勤めて, 口を, 外国から, 好きな, 好みて, 姉の, 子に, 子に対する, 存生の, 家を, 容易に, 屋敷の, 帰ると, 常住歎いた, 彼に, 後から, 戦死した, 手を, 教えて, 最後の, 来た, 死んだのち, 死去した, 涕は, 無慈悲で, 申して, 病気で, 癇癪を, 秘蔵の, 胃潰瘍で, 若い時, 言って, 訪ねて, 話した, 起きて, 迎えに, 違って, 金策の

2 [264件] ああいう, あの几帳面, あの強い, あらゆる世界, あらわれて, ありその, いいました, いって, いつて, いましし春, いやに, いるの, いれば, お遊さん, きて, こう云った, ここに, こしらえて, この世に, この二階, この雑談集, ころげ落ちたところ, さがし当てなかったの, そうであった, そこに, その夜, その札束, その男, その立場, そんなもの, では佐川, どうしても承知, どんなに怒り, ないの, なくなったとき, なくなって, なければ, ひそかに, まるで私自身, むかし住ん, もどって, やつて, よく知っ, よせば, よろしくと, わたしに, ゐないから, オイソレと, ビルマの, 一家を, 一生かかっ, 一生を, 三十年来の, 三十年来貴族院で, 不倫な, 不自由な, 世話し, 世話を, 世間態を, 両手を, 並の, 丹精し, 予想以上に, 云うの, 亡くなった時, 亡くなりますと, 京に, 今でも, 今の, 今日に, 他から, 他人の, 代助, 低く然し, 何かの, 何でも, 何とも返事, 使い果して, 使って, 俄かの, 俄に, 僕を, 入口に, 全盛時代に, 六十一の, 冷めたいから, 前から, 前に, 力を, 勝手に, 十八歳で, 卑しみ抜い, 卒中で, 厠へ, 又聞いた, 向うの, 咳拂ひ, 咳込んで, 喜ぶか, 四五日前から, 四十歳の, 在るだけ, 墓は, 声を, 変な, 外へ, 大酒家, 大阪に, 失職しなかったら, 好きであった, 妾を, 始めて, 娘に, 子を, 宗助に, 宣伝しよう, 家督を, 寝て, 尋ねた, 小声で, 小夜衣の, 少しも, 少し昂奮, 帰つて来る, 帰宅する, 帰朝し, 建てさせたもの, 引っ返して, 役所から, 役所の, 往診から, 待って, 従来の, 御折檻, 心配し, 心配する, 必死に, 応接室へ, 怒って, 急病で, 恋しい, 息子に, 息子の, 想像した, 戦争に, 手づか, 手に, 手紙で, 持病の, 敵の, 旅に, 日本で, 早く亡くなっ, 早世した, 昂奮し, 明治以前から, 昔は, 昨夜遅く, 昨年の, 時々瑠璃子, 晩年の, 書いて, 最初に, 望んで, 末路の, 東京を, 此上兄を, 歸る, 死せばとて, 死なうとは, 死にかかって, 死ぬとき, 死ぬまで, 死ぬ時, 死ねば, 死んだあと, 死んだとき, 死んだらその, 死んだん, 死んだ事, 死んでからは, 死亡し, 死亡した, 母が, 母へ, 気が, 氣に, 江戸から, 江戸一番の, 法名を, 流されたの, 漕ぎました, 激怒する, 無理やりに, 父の, 牧師補時代ヨオクシヤーの, 犯人たる, 猟に, 玄関を, 生れた時, 生涯の, 用事で, 用意された, 申しました, 留守中に, 病床に, 目を, 直ぐ返し, 相手の, 眼を, 砲兵工廠を, 祖父の, 私が, 突然出かけ, 米国で, 米屋の, 素気なく, 終りの, 経営し, 継母を, 聞いた, 聞いて, 肩を, 肺病で, 臨終に, 臨終の, 自害した, 興奮の, 苦しそう, 苦しんで, 英国から, 西洋から, 見張って, 言うの, 言った, 言ふ, 訊いた, 訓戒する, 許して, 語って, 誰にも, 貧乏な, 車に, 返事を, 退院する, 連日の, 過去を, 遠いところ, 遺産の, 遺言に, 郷里の, 重態だ, 銀行の, 長いこと農商務省, 閉じ込められて, 関係し, 非常に, 非業の, 面と, 預かって, 顏色いかに, 養子に, 駭い, 黄金魔と

1 [2405件 抜粋] ああし, あとを, あのよう, あの時, あまりにも, ありながら, あるか, ある日慎太郎, ある鉱山事業, あんなにまで, あんな不慮, いうには, いきなり彼, いしんてん, いたらきっと, いったこと, いつぞやおっしゃった, いつも二三人, いつ斃, いなかったこと, いふ, いよいよふしぎ, いるか, いろいろ調べ, うらめしいか, おき時計, おたみ, おれに, お引受け, お目, かえった時, かたまって, かの田崎, きた, くだらぬ励み, くれた濃い, けむったくおそろしく, こうして有, ここへ, この人, この大, この東京, この錦画, これほど, これ丈の, こんな大きな荷物, さうで, さびしがる, しきりに涙, した話, しめやかに, すぐに, すでに精神的, すわって, そういう, そういう趣味, そうです, そう仰し, そう訊いた, そのお, そのまま色, その人達, その子, その屋敷跡, その手, その書付, その機会, その短い, その道を, それっきりまた, それらの, そわついて, そんな嫌味, たくさんの, ただ一人で, たび, だし, だんだんこの, ちょっと出る, つくづく言いました, づか, とった態度, とんと田舎紳士, どうしてこの, どうしてアマーリア, どう云う, どれほど葉子, どんなに怒る, どんな漫画, なお生き, なくなりまして, なぜ座興, なにか欲し, なんといっ, はいって, はっきりと, ひよつこりやつ, ふっと, ぶっぱなした, ぼくが, またいっこうに, また先代, また怒鳴りつける, まだおき, まだ学生, まだ生きてる, まだ酒屋, まるでむき, みるところ, めぐり合って, もう一度世, もう戒め得なかった, もしその, もともとこの, やかましいもの, やすく買い取っ, やって来たころ, やつと, ゆうべ正義の, よくこぼします, よく言った, よろしいでは, わざと知らん顔, ゐなくな, アレを, カンカン帽, チウメンで, ノッソリ縁側に, プランした, ホントに, マレーフスキイ伯爵の, ロックリンの, 一九三五年の, 一人の, 一喝する, 一度あ, 一方の, 一生本を, 一番町の, 七之助を, 万一したら, 三人を, 三里も, 上京の, 下手人なる, 不在で, 不意に, 丑松に対する, 世の中の, 中へ, 主観的に, 九州からの, 乱軍の, 事ム所の, 事実その, 二三日でした, 二十四歳で, 二心なき, 二階を, 云ったらお, 云ふか分らない, 亡くなったのち, 亡くなってからは, 亡くなりそれ, 亡くなるとき, 京都へ, 人手に, 今にも声, 今度の, 今生き, 仕事の, 他界いたします, 以前めんどうを, 休暇を, 伺ったら西氏, 何ぜとも, 何の, 何年か, 何時でも, 余りに寛大, 使い慣れた古, 侮蔑だ, 保証人にな, 俳書を, 倹約な, 健在の, 傍見, 元の, 先に, 先生を, 入浴に, 全責任, 公使を, 其の木像, 其機会を, 再び上京, 再婚した, 凝と, 出かけます, 出たあと, 出入りに, 出現する, 切符を, 初めてこの, 初老に, 前を, 加った, 動いたところ, 勤めに, 北条に, 十何年も, 午を, 博覧会の, 原型を, 去って, 友達が, 受けだしたと, 受取らうと, 只今重態で, 叱る時, 同意した, 向うから, 呉れるの, 呼ぶの, 呼寄せて, 哀れや, 商売人に, 喉頭癌で, 嗅薬を, 四十で, 困つたらしい, 土地の, 在宅の, 堤の, 声涙ひとつに, 変死を, 外から, 外国暮しを, 夜よく, 大きな声, 大切か, 大学の, 大患での, 大阪で, 太っ腹過ぎ, 夫ダビデを, 奉公の, 奨めて, 好きで, 如何程金を, 妾宅へ, 姫路の, 嫌と, 子へ, 子供の, 存生中に, 学資の, 定府を, 宴会へ, 家庭内で, 家畜を, 寝ずの番を, 寮へ, 小用か, 少年二人を, 尺八の, 居ないので, 居りました, 居間の, 岡山地方裁判所長の, 巨財を, 帰ったと, 帰つ, 帰りませんので, 帽子も, 年を, 幾たびその, 店の, 庭へ, 引取り, 当主に, 形見に, 役所へ, 彼なぞには, 彼女を, 後でどんなになろう, 御勤役, 御承知, 徴兵検査の, 心臓麻痺を, 応待した, 怒る度び, 思ひ當, 急にげつ, 急病ゆゑ見舞に, 恋しい佐渡, 恐ろしい悪心, 恢復する, 恭三に, 悪いこと, 悪政腐, 悲しみに, 意気込んで, 愛用の, 憎い, 憤然として, 我一人の, 戦乱平定の, 扇ヶ谷の, 手狭な, 手造りでし, 承知する, 折角美しい, 拵へて, 捜し当てて, 控え左, 政党関係から, 教えたか, 敵であるなら, 文通し, 斯の, 旃陀羅であった, 旅行する, 日本一の, 旧岡山, 早く死んだ, 昔くれた, 昔浜寺の, 時々し, 時たまとりだし, 晩餐の, 書きました書, 書画骨董までも, 最近彼に, 服を, 朝子と, 未来の, 本当の, 杉野子爵に対して, 来た翌日, 来られるだろうし, 東京から, 果して上, 柿の木を, 案外な, 植えたん, 楽しそう, 横井を, 機嫌がい, 欲しい, 正義の, 武芸の, 死にこの, 死ぬちょうど, 死ぬる時分, 死を, 死んだその, 死んだもの, 死んだり, 死んだ戦場, 死んでからの, 死病に, 残した事業, 殺された翌日出奔, 殺害された, 毎日お, 気がついて, 気の毒さうな, 気違いに, 汗を, 沓脱石の, 泥棒しました, 流刑され, 浦和神戸和歌山長崎と, 海軍将校であった, 渡辺老人を, 滑川を, 漢学者な, 濠洲を, 無二, 無理を, 焼跡へ, 熱し親戚, 片手に, 物好きに, 特命で, 独りで, 珍しくも, 現代教育の, 生きとつ, 生れた土地, 生前極力, 生涯親しみを, 田島君の, 申しつけを, 申すの, 留守な, 疾くに, 病んで, 病死した, 病氣にな, 痛撃しよう, 癩病を, 白いハンカチーフ, 監獄から, 相当の, 真先その, 眼も, 知り翌日, 破産し, 磁石を, 神の, 私たちに, 秋田で, 秘蔵した, 空想し, 突然健三, 突然誰, 立つ玄関, 端の, 笑ったの, 筆の, 答えない先, 管理し, 築いて, 精工社の, 紹介した, 経験した, 続いて, 縁日で, 置いて, 老衰し, 聞きました, 職人を, 胃弱で, 脚に, 臆病者を, 自分から, 自動車を, 自身に, 若い女, 草臥れた時, 蕎麦屋か, 蝶子の, 行けと, 街頭で, 製糸に, 見たらその, 見台に, 親しめた, 言いますと, 言つてゐた, 言葉腑に, 討死せし, 許可し, 詩書類を, 話しかけるとき, 話題に, 語られた, 読み手であった, 調停係に, 讒せられた後, 貰って, 買った舶来, 賜暇を, 走り出て, 身の, 軍人の, 軽薄な, 近郷近在に, 退職手当に, 這入って, 造ったの, 過日巡査と, 遠く江戸, 遺言を, 鄙吝, 酒飲みである, 酷く叱った, 重病でも, 鍛冶屋で, 長崎に, 長火鉢の, 開拓した, 関氏に, 陸軍省の, 難儀を, 青年で, 非常な, 鞭を, 頑固に, 頼りに, 顔を, 風琴を, 飯尾さんを, 養鶏事業を, 馬を, 高輪の, 鰹節製造の, 黙って

▼ 父~ (2001, 5.7%)

47 連れられて 31 似て 24 つれられて 23 代って 21 して 17 向って 14 伴われて 13 むかって 12 頼んで 11 向かって 9 なって, 告げた, 死なれて 8 向つて, 向ひ, 言った 7 伴れられ, 就て, 手紙を, 相談し, 訊いた, 話して 6 それを, 手を, 買って 5 とつて, 伴はれ, 何か, 感謝し, 渡した, 無断で, 話しかけた, 話した, 隠れて

4 [18件] こき使, しては, せがんだ, 依つて, 先って, 叱られて, 向つて云, 宛てて, 對し, 對する, 相談する, 私の, 見せた, 言つた, 言われて, 話すと, 逢うと, 逢って

3 [30件] かわって, さう云, しても, ついて, つきて, なる人, 云つた, 代つて, 会いに, 依って, 別れた, 反対し, 取っては, 向へば, 呼ばれて, 呼びかけた, 喰べ, 報告し, 報告した, 抱かれて, 死別れた, 當る, 白し, 肖て, 背いて, 言って, 言わせると, 訊いても, 話しますと, 讒言の

2 [147件] あてて, きいた, こう言った, この督促, この種, こんなこと, さへ, したこと, すすめられて, すれば, せがんだもの, せがんで, そう云われる, そのこと, その話, つく, つけて, なったこと, ならって, なりすまして, なり自殺, なるの, ばけて, まさる者, もつて, よく似た, わかれて, わたした, 一寸目礼し, 云った, 云って, 今朝に, 仕えて, 仕へ, 会いたいと, 会うと, 会って, 会わせて, 会わなければ, 伴いて, 似ず背, 似たの, 似つかぬこと, 似ぬ立派, 似る, 侮辱に, 促されて, 信仰が, 先つ, 内密で, 内緒で, 内証で, 別れると, 劣らない意地張, 反いた, 反省し, 取つて, 取りつく, 取り次いだ瑠璃子, 取次ぐこと, 叱られた記憶, 向つて言, 告げる父, 呼ばれた, 呼ばれてから, 命ぜられて, 報ゆる, 売り渡したの, 寄り添って, 対して, 尋ねて, 小言を, 就いて, 建てて, 引っぱりまわされさんざ, 当たる人, 当る人, 彼の, 心の, 怯え母, 愛されて, 感謝の, 懇願した, 抗議する, 持って, 於ても, 早く死なれた, 最も接触, 死なれた口惜, 死なれてからは, 死別し, 死別した, 比して, 比べると, 気づかれまいとして, 気の毒だ, 気の毒な, 添ふ, 満足を, 煙管で, 特別に, 申して, 発見された, 相槌を, 相違なかつた, 知られて, 私は, 紅茶を, 習ひ, 聞いて, 背かなければ, 見せて, 見せること, 見て, 親しみの, 言葉を, 訴えた, 訴へ, 評させると, 話さないで, 話す話さないの, 誘われて, 語ろうと, 説明し, 談判し, 請はれ, 請ひ, 諫めた, 護られて, 負われて, 足を, 輪を, 近づいて, 迫った, 追われ第, 送られたもの, 逢いに, 逢うこと, 逢は, 附添っ, 隠し通すこと, 隠すとか, 非ざれ, 非ずなりぬ, 頼んだ, 飛びかかって, 食卓の

1 [1176件 抜粋] あいその, あけさせた, あたるよう, あの事変, あやまれと, あらずや, あらわれん為, あるか, いいました, いうて, いかに懺悔, いったところ, いつも優しく, いわせれば, うち明け, おくれて, おまかせを, おも, お書き下さる, お義理, お辞儀を, お金を, かかって, かくして, かくれて, かまわずと, きいて, きかせては, きくと, きびしく責め問われ, けさ話し, ことなあらせ, ことわりその, この発見, ご遠慮, さういふやう, さからって, ささやきました, しかずだ, したがって, したところ, しろ母, すがりついて, すがりつくと, すすめて, すまない気, するなどという, せがみはじめた, せがんでの, そういう境遇, そうどなられる, そう云った, そう促される, そう言われ, そう言われる, そこまでの, そのあと, その半分, その孫, その鬱念, それ以上理屈は, たずねたらあるいは, ただしたらやはり, たったひとつ, たびたび無心, たよらずに, ついで摂政または, つぎて, つれられ亭劇, できなければ, どうして浄瑠璃, どう返事, どんな目, なった, なった彼, なついて, なにか, なに反抗はむ, ならねば, なり娘, なる, なれるさ, ねがって, ねだって, のませました, のみなずきかつ, はべりて, ふたたび乗船命令, ほんとうに, まさる遊び相手, みせ傍ら, めぐまれ母, もうよい, もち母, もって, もつたかれは, ゆかりの, よう似た, よくきい, よせ明白, よりて, わかるるも, わかれ十八, わたして, ハッキリ告げた, マリアを, 一ト目会わせ, 一時金百五十円の, 一目会っ, 上原よりも, 不平でも, 与えたという, 与えた恥辱, 与えるの, 与へた手紙, 丸うつし, 乞ひ, 事えて, 二人は, 云いたい気, 云つてやる気は, 云ひつけられ, 云わねえか, 五十瓦の, 今日時男さんが, 仕えながら, 仕込まれては, 代つて非, 代り度いが為, 代り病身, 代わって, 休んで, 会いたいばかり, 会うたよう, 会うの, 会う以外, 会える悦び, 会った, 会った義詮, 会ひ, 会わせると, 会同せん, 伝えた善兵衛, 伝えなければ, 伝へて, 伴な, 伴われては, 似ざるよな, 似し母, 似ずからだ, 似たところ, 似たる翁, 似た性格, 似た男, 似た自分, 似る故, 似合わしいの, 何の, 何らの, 何処かの, 余り景色が, 侍し, 依りて, 倒れられて, 傾倒し, 優るゆゑ, 兄や, 先つて天保三年, 先んじて, 先立たれて, 光榮を, 内密に, 冷遇される, 出会った, 出会ったの, 出逢った際, 分けて, 分らぬの, 刑死の, 別れたかった, 別れたまま, 別れた彼, 別れて, 別れようと, 別れ全く, 別れ母, 剣の, 加えた押勝, 劣らない修業, 劣らぬ交わり, 劣らぬ天才半十郎, 劣らぬ若者, 劣りし太刀, 勘当され, 勝るて, 勧めたという, 勸めて, 匡救せられ, 即答しなかった, 及ばずして, 反く, 反對, 反抗する, 反抗の, 取りつくの, 取り上げられた, 取上げられては, 取次いで, 叛か, 口返しは, 叫んだこと, 可愛がられなくても, 叱られたもの, 叱られた保吉, 叱られました, 叱られると, 叱られるを, 叱られ叱られ寝床, 同じく播磨守, 同情したくなっ, 同意し, 向い, 向い断然, 向けては, 向つて名刺, 向つて論議, 否定された, 吻接す, 告げないの, 告げること, 告げると, 告げれば, 呟やく, 呶鳴られる, 呼びかける, 呼び付けられたり, 呼び起されて, 哀願した, 問うたり, 問ひかけた, 喰って, 堅く誓った, 報いた心理, 報らせ, 報告すべき, 塩湯を, 変じて, 多少の, 好んで, 娘を, 嫁いだの, 嫁し, 孕みて, 孝に, 孝行する, 宛てた手紙, 寄する, 寄せた書, 対って, 尋ねられた時, 尋ね問, 小言でも, 少し届かん, 尽した, 差しあげますから, 幾分でも, 床の, 弓引く事, 引きずられながら, 引き離されて, 引取られ, 強いられる恐れ, 強請つた, 当てはまる人相, 当分紋を, 後れないよう, 従はず鎌倉の, 從ふ, 復讐しなけれ, 心許なさ, 応接すべき, 怒られっから, 怪しまれるし, 悪意を, 愛せら, 愛敬された, 感謝した, 慈恩あり, 憎まれて, 我から, 戦に, 手伝って, 打ちあけたのに, 打ちとけるよう, 打ち明けようと, 打明けただけでも, 打明けること, 承諾させ, 投げつけら, 抱かれしがみついて, 招ばれ, 持ちかけようか, 持ち他人, 持ち豊臣秀頼, 持つた志士肌, 持込みけむ, 挨拶を, 捨てられた幼い, 捨てられ八重, 接するを, 揚板の, 擬し五更, 敍する, 教えられたこと, 教へ, 教訓された, 新らしく, 早くわかれ, 暇を, 書いて, 最初の, 有つ, 服從せなけれ, 朝の, 本を, 来た手紙, 棄てられ苦しい, 次いでの, 止められて, 死なれただけ, 死なれたとき, 死なれた以外, 死なれた私, 死なれても, 死なれ母親, 死に別れたのみか, 死に別れてからは, 殉じて, 母に, 比べて, 気を, 求める気, 河洛の, 注意された, 注意する, 洗いざらい申し上げ, 済まないそういった, 渡しました, 漠然とした, 為て, 無心さした, 焼跡を, 物語った, 犠牲を, 甘えたい気分, 甘やかされて, 生写, 用事の, 申したそう, 申しますには, 申し訳ございません, 當るべき, 疎まれて, 盟い, 盟わしめ太子としての, 直接会っ, 相談いたしました, 相談なすつ, 相談打とう, 眼が, 着せて, 知れたらどんな, 知れれば, 礼を, 禪する, 秘してまでも, 突然めぐり合った, 笑われました, 答え父, 答へる, 約束し, 組付きぬ, 継で, 繋がるものの, 罪なき, 習ったと, 習って, 耳うちを, 聞いた九淵, 聞きますと, 聞くという, 聞こうとして, 聴さるる, 肖らずば, 肩車で, 背いても, 背くと, 背負はれ, 自分が, 自分も, 芥川は, 落籍されたとの, 行って, 袂別の, 襟元を, 見えた, 見せたら, 見せないで, 見せません近, 見せようとして, 見つかって, 見つけられる事, 見ならって, 見られないよう, 見染められて, 親しみを, 解ったの, 言い負けて, 言ふ, 言付けるよう, 訊いたら拳固, 訊かれる位, 訊ねた, 訊ねて, 訊ね返した不服そう, 訣れ倉持家, 訴えても, 訴えると, 診察し, 詫びて, 詫び母, 詰め寄って, 詰りかけた, 話さなかった, 話しかけたの, 話したところ, 話したらしい, 話した時, 話し金物商組合, 話せば, 詳しくお話, 語った, 語り聞かせたの, 読む, 請いて, 請うて, 諭されては, 謝し, 謝罪を, 讐討ちの法を, 讒を, 負ぶさって, 貰ふと, 賜は, 贈った, 起されて, 超えること, 身近かの, 軽蔑され, 近づきたがって, 近づくに従って, 返した, 返答した, 迫るもの, 追いだされてしも, 送って, 送つて, 送る手紙, 逆らうこと, 逐われ隠遁, 逢いたい逢いたいと, 逢えたの, 逢った夕暮れ, 逢つたのである, 逢つて話を, 逢ふと, 逢わないまま, 逢われるでしょう, 連れられアメリカ, 連れ出されて, 逼り, 遇ひたいが, 過ぎない自分, 違なかっ, 遙かに, 遣って, 酷く似, 金が, 鋭く響いた, 関したこと, 關し, 隠せなかった, 非常に, 預けられた書類包, 頭を, 頼みこむの, 顔を, 願って, 食わすと, 黄金の

▼ 父~ (1767, 5.1%)

59 母との 49 母と 48 一緒に 34 母とは 31 子の, 母とが 30 子, 母の 26 子と 18 二人で 17 いっしょに, 母が 16 母とを 15 子との 13 子が, 母とに 12 一しょに, 母 11 同じよう, 子とは, 母は 10 兄が, 兄との, 兄の 9 娘との, 子は 8 なり母, 呼んで 7 なって, 並んで, 兄とは, 娘とは, 娘は, 自分の 6 云ふも, 娘, 子とが, 母に, 私との, 私の, 自分との, 話して, 話を 5 いえども, して, 二人きりで, 兄は, 兄を, 娘の, 子である, 彼とは

4 [11件] なった, なつた, 一しよ, 一処に, 云うもの, 大喧嘩, 娘とが, 母とから, 母を, 私と, 結婚した

3 [29件] その子, なつて, なり, なる, アニヨメの, 一所に, 一緒の, 三人で, 云うの, 云ふ, 兄と, 別れて, 同年で, 同様に, 呼び母, 子とを, 子を, 彼との, 彼は, 思え, 思って, 息子の, 息子は, 最後に, 母とに対する, 祖父とが, 私とは, 私を, 連れだって

2 [97件] いつしよ, おなじよう, し同じ, し母, する, ただ二人で, なったと, なった豹一, なりきって, なり王, ふたりで, ふたり父の, ほとんど同じ, また初めて, よば, よばなければ, 一ヶ月に, 云う人, 云ひました, 五十近い, 仲が, 仲違ひ, 何か, 僕とは, 兄とから, 兄とが, 兄弟と, 全く同じ, 叔母と, 叔母との, 叔母とは, 叔父は, 口論を, 同じこと, 同じに, 同じ蒲團, 名の, 向ひ, 呼ぶこと, 和解し, 夫と, 夫との, 妹が, 妹に, 姉と, 姉とに, 姉に, 姉の, 娘が, 嫂と, 嫂は, 子で, 子より, 子供, 子爵とは, 客との, 山田との, 平和の, 平岡ばかりを, 幼友達な, 弟と, 弟とが, 弟との, 弟の, 彼と, 思はめ, 思へば, 斎藤とは, 旅行した, 杉野子爵との, 母から, 母とで, 母へ, 母世に, 母冬は, 母夕安らけ, 母性合はずさびしく, 母竝びいましてしづけさよ七十路越え, 母竝びおはしていよよたふとさ, 決戦すべき, 爭ひ, 父とが, 父との, 父の, 申すの, 相撲を, 相談の, 祖母と, 私が, 私は, 竝ぶ, 衝突した, 話し込んで, 違って, 顔を, 高木が, 高木とが

1 [738件 抜粋] あしたの, あなたの, あらたま, いいこの, いうと, いうべき半蔵, いえない人, いさかいを, いつし, いつまでも, いろいろの, いわれたところ, いわれる古代ギリシア, うやまう人, おっか, おっ母, おなじに, おなじ半白, おみつ, おようさん, お年越し, お時さん, お蝶, お酒, きめた丹下左膳, こう肩, ここに, この家, この父, この義弟, こもるに, これも, こんな言葉, さうし, さっきの, した, したまたは, した者, しばらく話, しギリシア, し囚徒, し多勢, し大地, し天台道士, し孤独, し後, し梅菊, し画家, すと, するもの, するを, するポリュポンテース, する彼, する慶喜, せる正信, そしてあ, その兄, その先代, その村, その話, それから哀れ, それから女, それほど深い, そんな深い, たつた二人, たのまれたほど, たのみ死しては, ちがって, ちょっとしたこと, つれ立って, ですか, どっちが, なったか, なった人, なった実感, なった私, ならうとして, ならないの, ならば, なりし友, なりたれば, なります母, なりよく, なり一つ, なり兄弟, なり子, なり親爺, なるの, なる日, なる機会, なれるを, ひとりの, ぼくたち子供の, まったく同感, みにくい, みよ子の, もし兄, ものを, やぶ蚊, ゆっくり話した, よばれる自分, よべる人, よんだ幼い, わかれてからは, わが恩愛, わたくしと, わたくしとが, わたくしとは, わたしと, アニヨメとの, アマーリアとが, アランパッカースンの, エルネストは, ジョヴァンニの, セエラが, トロイアの, ドミトリイの, ベーリングの, ホテルに, ユカイに, レイモンド嬢を, 一つ部屋に, 一二言交わした, 一処の, 一度映画館, 一緒だ, 七十九の, 三人の, 三兒は, 三四寸の, 下町へ, 不和に, 並べる墓, 主筋の, 乱暴な, 争いて, 争うの, 争う苦しみ, 争ったと, 争って, 争つ, 争つて負け, 争つて黙つ, 争は, 争論した, 二人きりに, 二人きり向き合っ, 二人だけで, 二人でを, 二人は, 二人ばりだら, 二人通っ, 二十歩ばかりの, 二言三言話し, 云い争い, 云っても, 云はれ, 云へば, 井田さんとは, 亡くなった母, 仁吉の, 今年小学に, 今日の, 代つて映写機, 代用の, 仰がれるヘンリック・イプセン, 仰ぎ奉った帝, 仰ぐ伴天連, 仰っしゃると, 会い深夜, 会わせるに, 伯母の, 伯父との, 伯父とのみが, 伸子だけ, 似て, 佃との, 佃とは, 何の, 何れが, 信じて, 信じ母, 俺らと, 倶に, 健三との, 健三の, 兄とに, 兄とを, 兄らとが, 兄弟の, 兄弟弟子だった, 先日東野の, 先生とを, 全く打っ, 八十四歳の, 共にある, 共に住む, 共同で, 共同生活を, 内の, 出かけた後, 出遇, 刀を, 分れば, 切り離すこと, 別れるという, 別れるの, 別居し, 十四五ばかりに, 協定し, 及び二, 友とに, 双生子の, 反対党とも, 叔父と, 叔父とが, 口論した, 同じ, 同じく突然脳溢血, 同じだ, 同じ厭, 同じ愛情, 同じ栄光, 同じ病, 同じ真似, 同じ砲兵工廠, 同じ藩, 同じ野袴紋附羽織, 同意見, 同時に急病, 同時代, 同様の, 同様珠算という, 同職の, 同腹であろう, 同陣, 名づけられたもの, 向き合ったまま, 君の, 呼ばるるは, 呼ばるる身の上, 呼ばれるデーカルト, 呼ばれる人, 呼ばれツキヂデス, 呼ばれ若い, 呼びその他, 呼びつつ, 呼び続けて, 呼ぶ, 呼ぶチョビ安, 呼ぶ日, 呼べ父, 呼んだの, 呼んだ方, 和一郎が, 和一郎とは, 喧嘩ばかり, 喧嘩を, 囹圄の, 国男一緒に, 圭子の, 坊さんと, 夜更くる, 太閤との, 夫婦の, 女の, 妹と, 妹とに, 妻と, 妻子たちは, 姉との, 姥の, 娘だつた, 娘という, 娘を, 子だった, 子であった, 子とで, 子とともに, 子どもの, 子も, 子三は, 子三人が, 子供二人の, 子供達の, 子夫と, 子子と, 子犯す, 孤独な, 孫との, 安東とが, 客とが, 家に, 家へ, 寂しい話, 密, 対坐し, 対座した, 尊み, 小さい娘, 小さな妹, 小田原で, 屋の, 山林の, 島田との, 左右田喜一郎の, 師を, 平七との, 幻覚した, 幼い弟妹, 幾との, 引き離されて, 弟とは, 弟どもなど, 弟へは, 弟妹が, 強欲な, 彼を, 彼女とに, 彼女は, 従兄弟に, 志を, 思いこんで, 思えそ, 思えと, 思しき品格, 思はれて, 思へ, 思わず突ッ, 恋人, 息子, 息子を, 息子以外の, 悴を, 惡しき子とを, 愛子との, 我と憂へ, 戦ひ一刀, 戸外に, 手古奈と, 折鞄が, 拙者の, 指さして, 挨拶をかは, 握手した, 散歩かたがたアメリカン, 敬稱された, 数日暮した, 新吉との, 旅行出来る, 早く死別, 時々争, 時々往来, 時々顔, 最も昵懇連日座敷, 朝から, 朝倉先生とは, 村川との, 来たとき, 来た時分, 来て, 東京へ, 東京見物に, 松之助は, 松平翁とが, 校長が, 検校との, 此後また, 歩調を, 段々離れ, 母さ, 母だ, 母であった, 母とには, 母とへ, 母にも, 母によって, 母のみ, 母より, 母弟と, 母次兄と, 比呂志との, 江戸市民たちが, 沢庵の, 浄瑠璃を, 浅草の, 激論を, 烈しいいい合い, 無尽燈, 父, 父武士と, 牧師二人と, 特別の, 狗との, 甚内との, 用談を, 由良とばかりに, 申しますの, 申す人, 男の, 男まさりで, 異つて, 病める母, 百合さんの, 百合さんは, 監督との, 相会わぬ, 相談いたし, 真実を, 知るや, 社長名義人の, 祖母とが, 祖母との, 祖父とに, 祖父との, 私そして, 私たちと, 私とが, 私とのみに, 称して, 称す, 称する人物, 稲富が, 立つ, 算哲様は, 節子との, 簡単な, 簡素な, 細々し過ぎる, 結びつけて, 結婚し, 結婚の, 継母とが, 継母は, 縁を, 罪悪とを, 聖子と, 聚落母が, 肉体の, 自分と, 致しましては, 艶子から, 花とは, 花田は, 若いとき, 英語の, 茶の湯の, 茶漬を, 茶碗を, 蒲団を, 薄暗い風呂, 蝋燭の, 行き來, 衝突し, 衝突だ, 見に, 見破った瞬間, 親しいし, 親しくし, 親子の, 言い争い, 言い争って, 言うの, 言っても, 言ひ, 言ふ, 話が, 話さぬかと, 話しながら, 話し出した, 語つた, 語るひま, 諜し合せ, 諦めて, 貧乏な, 辛苦艱難を, 逢いました, 逢い名のり, 連れ立って, 連帯関係が, 運命を, 道づれに, 道づれになつた, 酒を, 野蛮な, 銅鑼打つ, 長く咄, 関係は, 闘う為, 隆吉へ, 隔てそれほど, 静岡に, 非常に, 面識の, 頻りに何, 顎十郎の, 顎鬚と, 飲み合つて, 養鶏場設計の, 鮎とが

▼ 父~ (1614, 4.6%)

21 見た 11 売る子, 見て 8 愛して, 殺したの, 訪ねて 7 尊敬し, 持って, 殺して 6 憎んで, 見ると 5 信じて, 助けて, 見たの

4 [12件] うしな, して, 呼んで, 失い母, 尋ねに, 殺した犯人, 父と, 相手に, 眺めた, 眺めて, 私は, 見ること

3 [27件] あんなに大事, たずねて, 亡い, 呼びに, 呼ぶと, 呼んだ, 喪ひ, 失って, 尊敬する, 捨て母, 殺害した, 真中に, 知って, 知つてゐた, 見た時, 見つけて, 見に, 見るの, 見殺しに, 見舞いに, 討ったの, 訪れた, 負ふも, 避けて, 除いて, 非難する, 馬鹿に

2 [118件] あきらめて, いつまでも, うしないひとり, えらいと, たしなめて, ともにし, どなりつけた, なくして, なぐったこと, ば早く, ひどい目, もって, よろこばせること, 一人の, 一日も, 中心に, 乗せた自動車, 亡くしたの, 亡くした人, 何うにか, 侮辱し, 侮辱する, 呼ぶ, 喪った, 喪って, 喰殺し, 大事に, 失うに, 失ったの, 失ってから, 失ってからは, 失ひて, 失ふ, 妙に, 寝させようと, 寝室へ, 尋ねて, 尤もだ, 師匠代りに, 弁護した, 弁護する, 心中ひそかに, 怒らして, 怒らせる気, 怖れる, 思うと, 思つた, 思ふであらう, 思へば, 怨んで, 恐れて, 恐ろしい恥辱, 情なく返す, 意味する, 愛し父, 感じて, 慕って, 慕ひ, 慕ふ, 慰めたいと, 慰めよう訳, 慰めるもの, 憎んだ, 憚って, 憶うて, 抱えて, 捕縛し, 捜して, 探して, 援けて, 棺へ, 欺くの, 殺したという, 殺したよう, 殺し母, 殺す必要, 殺害いたした, 母の, 気の毒に, 無みする, 理攻に, 生かして, 異にした, 矛盾の, 知らない, 置いて, 肯定する, 胡魔化す, 自分に対する, 苛めること, 苦しめた男たち, 苦しめようと, 苦しめる相手, 要しないで, 見つけたお, 見なかつた頃, 見る, 見るに, 見る眼, 見上げた, 見出して, 見捨てて, 見送って, 見限って, 覘う, 観察する, 診察し, 説きつけて, 諫めて, 諭した, 責めて, 軽蔑し, 軽蔑する, 迎へに, 返せ, 連れて, 離れて, 首肯かせるに

1 [1134件 抜粋] あげつらうよりも, あしざまに, あべこべに, ある家, あわれむ心, いくら捜した, いたはりたい気持, いたわる半蔵, いとしう, うしないその, うしない十三の, うしない赤貧, うしなったの, うたい祖母, うっちゃらかして, うまいと, うらみの, おしつけて, おどしわたくし, お助けくださる, お助け下さる, お疑い, かかえ込んで, かねた両親, かばって, きらつて, くどいた, けなしたあと, この子, これへ, ころした悪人, こんなめ, さう思つて, さがし求めジャン, さげすむ心, さしさて, さほどに, しのぐ力量, し念, すぐベッド, ずっとみ, せびって, そういう人, その下, その隠居所, たしなめた, たすけて, ただの, だよ, ちらりと見, つれもと, とても愛し, とめた, どう輔, どんなに悲しませた, なじると, なだめ母, にくみながら, にらんだ, のぞいては, ののしった, はじめ一家一門にも, はじめ宮崎準, はじめ家族が, はるばると, ふて合して, ほめるよう, まことの, また椅子, みかけた時, みつめる, みること, もう二度とかえらぬ, もち何, もった子, もつ女, もつ者, やだ, やりば, ゆるせ, よってたかっ, わきへ, わたしたちに, シシリア島の, チークム・セーロンと, テレさせた, ベンゴしよう, モデルに, 一人で, 三事と, 上野まで, 世間から, 主と, 久しぶりに, 了解し, 井上さんの, 亡くしたばかりの, 亡くして, 亡くしましたが, 亡した, 亡ひし, 京都の, 伴ひ, 何かに, 依頼する, 侮辱しました, 促が, 促すと, 保護しなきゃならん, 信じる者, 信長に, 偉いと, 偲ぶよすがと, 傍に, 傷けた種牛が, 傷ましいとも, 兄に, 先立てて, 共にし, 兼吉母を, 写したもの, 出すこと, 初め一同, 初め家族が, 制止しよう, 刺せしは, 力づけるよう, 助けたるもの, 助けました, 助け傍, 努眼と, 励ました, 動かさない様, 医者に, 十五か, 半兵衛様の, 占めけるなり, 取り入れた第, 取巻いて, 口説いて, 叫びながら, 可笑しく思, 叱って, 合わさして, 同じゅうする姉以上, 告発し, 呪って, 呼び, 呼び二三日, 呼び寄せ下田, 呼び留め仔細, 呼起そう, 哀れと, 喚び寄せ, 喜ばせた結果, 喪い遺産, 喪うてからは, 喪った兄弟, 喪った末娘, 喪つて以来稍とも, 嘲い父, 嘲った, 囚へ, 土屋昌遠, 地上から, 執えた, 売る心, 多くうけついだ, 大いにいたわり, 大切に, 天水香はんと, 夫を, 失いいちばん末ッ子, 失いまして, 失い去, 失い孤児, 失い永らく, 失い親類, 失える, 失った, 失ったとき, 失った妻子, 失った子供たち, 失った結果, 失つた, 失つたのは, 失つた残念な, 失つて心配し, 失ひ又, 奪い去った海, 奪うの, 奪われた, 奪われて, 妙日母を, 威すやう, 婿養子に, 嫌つたを, 子を, 子供たちの, 安右衞門, 宥めて, 家に, 寛恕せよ, 尊敬した, 尋ね出して, 小型に, 少年は, 崇拝し, 帰ると, 庄兵衛と, 座敷に, 弑し継母, 弑する者, 弑せんと, 引き取り世話, 引受けねば, 弥五右衛門といふ, 待たないで, 待って, 後方へ, 御存じな, 心からいとほしく, 必ず訪れる, 念じ殺したなど, 怒らしたに, 怒らせた, 怒らせたの, 怒らせて, 怒らせるだけ, 思いだす時, 思い出させるだけ, 思い出した, 思う, 思うという, 思う処, 思う心, 思ひだして, 思ひ出す, 思ふ, 思ふハ, 思へか, 怨みお茶の水, 怨む気, 怨めしいとさえ, 恋しいと, 恐れたため, 恥か, 恥じる彼自身, 恥ぢる彼自身, 恨むよう, 恨めしと, 恨んで, 悲しみも, 想う心情, 想ふ, 想像する, 意志の, 愛したの, 愛しは, 愛し愛して, 愛するエリカ, 慕う娘, 慕う心持, 慰めて, 慰めようとの, 慶太郎は, 憎く思った, 憎むの, 憎悪した, 憐むといふ目付し, 憐んだ, 憶ひ, 懲役人に, 戦線に, 手古摺らせたもの, 打ちふせたいと, 打って, 打殺したに, 抑える, 抜け出られないほどの, 抱いて, 抱き上げたので, 抱へて, 押しのけて, 拝し奉るの, 持たせたこと, 持ち上げる人々, 持ち幼年時代, 持った諸戸, 持つた友達, 指摘し, 振り顧, 捨て, 捨てましょう, 捨て家財殘ら, 探し出さなければ, 掴まへた, 揶揄した, 揺り起し, 撲りかけたくなった, 改めるそれで, 故意に, 救い出す決心, 救うこと, 救おうという, 救った男, 救助せん, 敬い畏れた, 斬って, 斬る, 断念し, 斯の, 明石の, 最初に, 朝廷の, 東京の, 案じるよう, 梨枝子は, 椅子から, 権右衛門と, 欺いて, 欺きこれ, 欺し, 止めた, 正座へ, 武士の, 死なせた友, 死より, 殘し, 殺さなかった, 殺さなければ, 殺され殺した叔父, 殺した, 殺したと, 殺したん, 殺した光秀征伐, 殺した後, 殺した罪, 殺しぬ彼, 殺し一家, 殺し候, 殺し見知らぬ, 殺すつもり, 殺すよう, 殺すワケ, 殺せりとも, 毆つてゐた, 母は, 毒づく, 民部大輔菅雄と, 気の毒がりたかった, 求めて, 浮かせた, 満足せしめるであろう, 漢中に, 無し君, 父として, 父を, 狙う小太郎, 独り去らしめた, 玄関に, 理解しない, 生めるもの, 男爵とも, 異した, 疑い弟ども, 疑った, 疑っては, 病人扱いに, 省し, 真心から, 眺めつ燦爛, 睨みつけて, 知ってからは, 知らずして, 知らなかつた, 知らぬやう, 知り父, 知るよう, 知る者, 破産させ, 祖父も, 移した, 窺つ, 竜宮に, 笑わせたの, 笑わせて, 終日見た, 絶望と, 置きて, 罵り子, 罵ること, 罵倒ばかり, 羽柴さんと, 考えると, 聖人だ, 肯定しつづけ, 脅かす者, 自由に, 良人を, 芥川は, 若返らしめん, 苦しめて, 落胆さし, 落選させ, 葬らねば, 葬るとともに, 虐待し, 衝撃した, 裏切らせるもと, 裸に, 見あげた, 見いだし肩, 見かけました, 見せようと, 見せんと, 見たが, 見たやう, 見つけた時, 見つめた, 見つめながら, 見ての, 見なかった, 見るたび, 見れば, 見上げて, 見兼ねて, 見又, 見棄てて, 見父, 見舞うという, 見送ってから, 見遣つて微笑, 視る眼, 覚醒させ, 討たれて, 討たれまして, 討ち取ったる悪漢, 討ったる刀, 訪い母, 訪ねその, 訪ねないばかりか, 訪ね晩食, 訪問し, 設けた人, 訴えた人間, 訴える意気込み, 評した言葉, 誅せら, 認めず自分, 誘い出して, 誘ったので, 誘って, 語るごと, 説いて, 説き付けては, 説き伏せて, 説き伏せようと, 諌めようと, 謝罪させる, 護る覚悟, 責めた, 責めるわけ, 責め始めた, 買って, 賛美し奉った, 起さずにおいて, 越えて, 軽ハズミ, 辱しめざる, 迎えたいこと, 迎えるため, 迎ふべし, 追い送ってから, 追ひ, 追ふと, 追福する, 送らせるため, 送り出して, 逃げて, 逐わせたの, 連れ帰りたいとのみ, 遁れ, 選ぶこと, 郷里に, 醜いと, 釣り出そうと, 長崎言定と, 門口に, 除いては, 離れなかった, 非難し, 預けて, 頑なにした, 頼もしく思はず, 風や, 養子に, 馬鹿だ, 騙着, 高野へ

▼ 父~ (1108, 3.2%)

221 母も 28 兄も 8 それを, 娘も, 私も 7 子も 5 なく母, 叔父も 4 あり母, さうし, そこに, その時, それに, 今は, 母の, 祖父も, 許せかし 3 ある母, そのあと, 不幸な, 今の, 喜んで, 姉も, 子の, 死んだ, 私の

2 [52件] あのよう, あり, いい加減読書, いろ, おふくろも, ぎょっとした, そう解釈, その姉, その母, むかしの, もう根負け, 不快な, 二人を, 人に, 仕舞には, 代助, 伯父も, 何か, 六年前に, 内心には, 唸るよう, 大の, 妹も, 家に, 少しは, 帽子を, 年を, 得とは, 心の, 折々は, 明治三十五年に, 昔の, 最初は, 木下も, 来て, 来ないから, 母と, 父だ, 父の, 瑠璃子も, 生きて, 知って, 私が, 私と, 私を, 肉腫で, 自分の, 身支度し, 遂にその, 遊ばむ, 長兄には, 霞ヶ浦の

1 [651件 抜粋] あかんと, あつた, あまりだ, ありがたなみ, ありませんやがて, あれだけに, いうまい母, いうん, いたくお世話, いちずに, いつしか眼鏡, いないと, いやだ, いよいよ快癒, いるので, うすうすは, うっとうしいけれども, うつらうつらし出し, おそらくは, おどろいて, おなじく喜兵衛, おなじ意見, お前に, お前の, お叱り, お客さんたちの, お幸, お母, お目にかかつてお礼, かういふ女, かつて私, かなりに, きたが, きっと世, きっと自分, こうして難儀, ここに, ことの, このぐらいの, このごろ遠廻しに, この事, この吉, この学校, この家, この小母さん, この時, この病人, この群衆, この随行者, これには, これを, こんなにどっさり男, さう, さうらしかつ, さすがに, さぞ冥加, さだめし欣, しばらくの, しよつちゆうシャボン, じかに, すぐに, すこし不思議, すでに亡き人, すでに昔, ずいぶん可愛, そういうの, そういう家庭, そうした物, そこには, そこへ, そのうなり, そのかたわら, そのよう, その会員, その供, その夜, その女, その応対, その数, その昔, その水橋, その緑組み, その通り, その頃側役から, そばに, それくらい, それぞれの, それで, それは, それらの, そんなになるでしょう, たいてい出かけた, たった一度身, だいぶ年, だいぶ恢復, つむじを, てる三太, とうとうまじめ, とうとう仕方, ともにいる, ともに日本人, ない, ないの, ない伯父, ない母, なかなかそこ, なかなか正しい, なく子, なみだ, なんだかいや, なんだか不安, のっぴきならなかった, はじめは, ひそかに, ひと目会いたいでしょう, ほかに, ほとほと感じ入った, ほとんど無銭同様, またおなじ, またかく, またこの, またまったく, また一生懸命, また兄, また同様, また悩ましい, また我々, また救い出された, また殺す, また王妃さま, また田舎, また私たち, また素顔, また船長, また良人, また見, まだ帰っ, まだ昔風, まだ生き, みな往時旅人の, みまかりて, むろんそれ, もう打ち捨て, もう打捨て, もっといい, もはやそんなに長く, もはや未来, やかましいと, やはり三条西家奉公人, やはり微風, やはり自分, やむをえず何, やられた, よいお, よかろう, よく人, よく描け, よく睡, よく通っ, よく遊ぶ, よほど困ったらしい, よろしく申し, わかうど, わけなく承諾, わたしに, わたしも, ゐた, ゐないから, デスクの, ハンケチを, ママ母も, 一向家事, 一層配慮, 一度は, 一度省作に, 一旦総, 一緒に, 丁寧に, 上首尾で, 不審そうに, 不幸を, 不思議そうに, 世話に, 中年から, 九泉の, 二階で, 云つた, 五十に, 井田さんも, 亡くなった, 亡くなって, 亡くなりまして, 亡くなり自由, 亡くなり間もなく, 亦友, 亦子, 亦汝等, 亦知る, 今とな, 今年かぎりで, 今谷中の, 会社から, 会社の, 体の, 何も, 何分老年, 余人には, 信光だけは, 偉い予言者, 僕も, 儲けざあ死, 兄もの, 兄夫婦も, 兄弟も, 共に唯暗然, 其所まで, 其父も, 写真屋の, 出品を, 分かって, 初めは, 別の, 別段やめろ, 別段意, 剃髪いたし候え, 加つて三人で, 助勢し, 厭だった, 厳かしく, 厳格で, 参りましょう, 又私, 友に, 叔母も, 叡山へ, 口の, 口を, 同じく医者, 同じ事, 同じ名, 同主義, 同様だつた, 同様であった, 名なし, 呆れて, 呆れ勘当, 命数迫る, 和尚年來の, 和泉の, 哀れわたくしも, 喜びましたで, 四五日うちには, 在世し, 坂田という, 声を, 変って, 外出しなかった, 大そう, 大事に, 大公爵令嬢, 大変喜ん, 大変本, 大学と, 好まないよう, 子どもも, 子供たちも, 子供にも, 存生中そんな, 孝次の, 安堵したる, 実は其の, 実は大変, 実直な, 家から, 家庭の, 家計が, 寂しそう, 寄席の, 小さいし, 小さいとき疱瘡, 小山の, 小言の, 小説も, 少しあるい, 少なくとも三万円, 少年の, 尻を, 居ないので, 屋根に, 工合わるい, 帰すと, 帰った, 帰って, 帰つてゐた, 平三郎も, 平生よりはずつと, 幼い者, 度々あらはれた, 庭下駄を, 庭口から, 弟も, 当惑であろう, 当時の, 彼も, 彼を, 彼女も, 彼方で, 御時服二重, 御領下に, 徹夜で, 心丈夫で, 心動き, 心身おののき, 念流の, 怒りから, 思い迫ったごとく眼, 思はずニヤニヤ, 性質が, 息つい, 息子らも, 悦ぶでしょう, 悪い気, 悲んで, 懇意に, 戀も, 我も, 我を, 我慢し, 或は座, 手内職で, 招かれず, 持ち前の, 持って, 指輪も, 挙措の, 摂津殿も, 攘夷家老等も, 敗けずに, 敢て, 数学的分析の, 文句は, 断りかねたの, 断りかねたので, 新聞を, 既に亡くなっ, 日ごろ好き, 日頃の, 早や, 時には, 暫くその, 書きおろしの, 最う笑っ, 最上家の, 最近までは, 最近めっきり, 朝廷によって, 村の, 来なかった, 来る阿母, 東国で, 根が, 極まり悪, 槍師さすが, 次の, 次第に健康, 次郎左衛門の, 此事を, 死したれば, 死にはせなかった, 死に母, 死に莫大, 死ぬであろう兄, 殆ん, 殺して, 母もは, 母をか, 毎々の, 毎晩の, 気が, 気に, 永機祖父も, 汝らを, 江戸に, 沈みぬち, 沢田先生は, 法律なら, 泣き兄, 泪に, 洋服を, 流人の, 海北友松も, 涙を, 深い眠り, 滋幹を, 滑に, 無い母, 無事に, 無論あわてた, 熱心で, 熱病に, 牧殿の, 狩衣袴烏帽子弓胡, 獄門の, 田, 田廻りから, 略同年位, 病気をな, 痩せずには, 痩せて, 目を, 相変らず, 相当いける, 眠って, 着物の, 矢は, 矢張りそこに, 知らない, 知り合いの, 知るまい, 碌に, 祖先伝来の, 祖母も, 祝福し, 私たちに, 私に, 稽古を, 笑いました, 笑い出し若やいだユーモラス, 笑って, 笑顔と, 精根尽き, 精神科専門に, 継母も, 義庵と, 義父なり, 老いた母, 考えて, 聲を, 肉の, 腹立たしそう, 自分が, 若い時, 若い頃, 苦しかつ, 苦笑し, 荻原君が, 虚弱な, 虚無僧に, 表情の, 見えない, 見ず世, 見たと, 触れるの, 言いました, 言った, 言って, 許して, 誇るよう, 説いたり, 読んだに, 讀んだに, 財産も, 貪焚, 起きて, 起き直って, 身仕度し, 退隠して, 這入る前, 逝くなり, 連れ帰ること, 遂いに, 道具屋には, 遠慮勝では, 選挙の, 遽に, 郡部で, 里子の, 金が, 金に, 長兄も, 長年の, 閉口したらしかった, 間もなく後, 陣中と, 隆吉も, 隆正と, 随分酒, 雲, 非常に, 頑固だ, 頻りに心配, 顔青ざめ, 風邪の, 颯子と, 食べたの, 食客を, 養子の, 鯔は, 鳩山一郎と共に, 齢の

▼ 父さま~ (777, 2.2%)

24 のお 1614 がお 12 やお母さま 9 はお 7 とお母さま, のこと 6 の御, の所 5 があの, がかへつたら, が御, の前, の王さま, もお母さま 4 が, にお, は何

3 [18件] だつて, に似, のそば, のところ, の側, の名前, の幽霊, の形見, はこの, はご, はその, はどうして, はもう, は御, ももう, も母さま, やお母様, を呼ん

2 [43件] がある, がいらっしゃる, がかはいさうだ, がわざわざ, がわたし, が仰し, が好き, が心配, が生き, だ, だから, だけがわたし, とご, と一, にお願い, にすぐ, に殺される, に知れ, のいふ, のなさる, のよう, の佐太夫, の手, の言, の遺言, はああ, はあの, はいま御用, はお金, はきっと, はたいへん, はどう, はなに, は今, は今日, は偉い, は去年, もお, もそれ, やお, をお, をくるしめ, 助けて

1 [494件] あたくし, あのね, ありがとうありがとう, いいえ私, お元気そう, お大切, お帰りやし, お父さま, お祖母さま, お酌, かういふ教, かと思った, から, からあれ, からいただい, からお, からかも知れない, からはなれ, からひどく, からよ, から云, から云われた, から伺, から伺つたお話, から何, から叱られる, から改, から申し上げた, から銀色, があくる, があやしい, がいない, がいらっしゃらなくっ, がいる, がおしこめられ, がお呼び, がお客さま, がお寺, がかっ, がかへる, がきっと, がこの, がこれ, がごらん, がそう, がそれだけ, がたいそう, がちょっと, がとりこ, がどう, がどこ, がどなた, がどんなに, がなされ, がなぜ, がなんてお, がねお前たち好き, がね生き, がびっくり, がぶじ, がもうかへる, がもうがっかり, がよく, がよろしい, がトマトー, がニコニコ, が丈夫, が上野, が亡, が亡くなる, が他, が入り口, が口惜し, が君, が呼ん, が四, が塩梅, が大切, が宜, が宮内省, が帰った, が帰つて, が帰られ, が後々, が忰, が急, が敵, が敵国, が日本軍, が朝吉, が来, が死ん, が牢獄, が物堅くっ, が病気, が社交, が突然, が長, こそひどい, こつちの鬼, この頃, ご自身, じゃなくっ, すみませんね, それではお願い, そんなこと, そんな顔, だけの慰め, だけれど, だっ, だって, だってむかし, だって小さい, だつたの, ちょっと起き, って己, であるか, でございますよ, ですか, ですわ, でなく, とああ, という人, といっしょ, とお, とおっ, とお母様, ときたら, とその, とどんな, ともかくこれ, と一番最初, と二人, と云う, と共に同じ, と同じ, と大事, と小母さま, と遊ん, と金さん, と高一兄さん, どうかなすった, どうした, どうしたら, どうぞ床, どうぞ相手, なあこ, なぜお母さま, なぜ富栄, など私, なにか御, なのよ, なら今, にあげる, にあたし, にいう, にいつか, にいろいろ, にお目にかかった, にお目にかかりました, にかず子, にこんな, にご, にしかられる, にしらせたら, にすがり, にそっと, にそんなに, につかえ, につて, にでも言いつけ, にとおっしゃいまし, にとつて, になくなられ, になっ, には, にはあんまり, にはだまっ, にはちっと, には同国人, には困つ, には役所, には済まない, には生き, には破門, には私, にほんとに, にまだ, にまでこんな, にもお子さん, にもお母さま, にもお気, にもこっそり, にもなれる, にもよくそう, にも会える, にも犯人, にやもう, にわたし, にネ, に二人, に会っ, に会わせ, に何度, に優しい, に初めて, に只今, に叱られ, に叱られる, に向かっ, に左様, に悪い, に愛想, に抱かっ, に洗つて, に申しわけ, に算数, に習うた, に聞い, に聞きました, に見つかる, に言っ, に話したら, に頼ん, に飛びつい, に魂胆, ねえお父さま, のいい, のおっしゃった, のお出まし, のお金, のかへつて, のくせ, のご, のする, のそういう, のため, のない, のなく, のなされ, のなすった, のほか, のもと, のやう, のナニ, のムシュー・マネット, のユーモア, のロチスター, の事, の云われた, の亡くなった, の亡くなられた, の仇, の仇磯貝浪江, の仰, の仰っし, の仰る, の位牌, の傍, の傷, の兵, の分, の名, の変死, の大蔵大臣閣下, の奥さん, の姉さま, の姿, の居どころ, の帰らん, の年, の幸福, の廻し, の後頭部, の御返事, の心持, の心臓, の応接室, の思し召し, の指, の捜索, の政策, の方, の最期, の歎きの, の死になさる, の死骸, の気, の気に入らねえ, の気持ち, の洋傘, の消息, の無鉄砲, の特徴, の王様, の甘やかした, の生命, の生涯, の病いが癒, の発明, の秋山技師, の稻垣小左衞門さま, の胸, の膝, の苦し, の莊園, の血, の話, の身, の身の上, の身の上話, の身体, の達者, の金太夫さん, の顔, はあ, はあたしたち, はあゝ, はいったい, はいま日本, はうさぎ, はえらい, はおいしい, はおま, はおまえ, はお前, はお母さま, はかへる, はきみ, はけさ, はこちら, はこのごろ急, はご用, はさも, はすゞちやん, はすゞ子, はそれ, はそれからまた, はたいそう, はぢ, はどうぞ, はどうも, はどこ, はなくなられました, はなぜ, はにこにこ, はね, はひざ, はへん, はほんの, はまつ, はもうこ, はやはり, はよけい, はよそ, はよろこん, はわたし, はチエ子, はニキフォール, はパリー, は一週間前, は二度目, は今どこ, は以前, は何と, は何とか, は何事, は何者, は佛, は冷静, は別に, は助手, は勿論, は卑怯, は古い, は叱らない, は夜, は大将, は大臣, は嬉し, は学問, は学者肌, は密輸品売買, は小紋, は帽子, は平, は平素言つてら, は廿年, は彼女, は御苦労, は心配さうに問, は怖い, は急, は悪魔, は愛国心, は持ってる, は敏, は敏行さま, は新太郎君, は明日, は最早, は海軍, は淋し, は無, は狂氣, は直ぐ, は硯箱, は義理, は興味, は薔薇, は言, は軍艦, は近ごろ, は近頃, は遁世, は鉄砲, は間もなく少し, は鳶, は黙っ, は齒, へとした, へのお願いごと, へもよく, ほどじゃない, ほんとに水臭い, また木下様, まで力いっぱい, も, もあきらめ, もあなた, もあの, もい, もいらっしゃるでしょう, もう次, もおやすみ, もこの, もころし, もご, もご存じ, もさう, もたぶん, もちょっと, もめずらしく, もよかつ, も上々, も合戦, も喜ん, も嘸, も安心, も気, も決心, も私, も賛成, も頭髪, も館, やお母さまたち, や敬さん, や母さま, よ, よっぽどお, よりまるまる, より外, らしくは, をあ, をいつ, をお呼び, をお待ち, をそこ, をひどい, をぶじ, をま, を不孝, を悪く, を慕う, を探し出す, を殺した, を生き返らせた, を生命, を疑, を見, を見送らねえ, 似の, 嬉しそう, 実は孝助殿, 帰ったらお, 御気分, 御自身, 本当に, 来て, 珍しいお, 聞えて, 誠に残念, 迂濶, 迄瞞

▼ 父~ (496, 1.4%)

55 母の 38 母に 27 母は 26 母が 23 母や 13 母を 11 兄に 10 兄の 8 母と, 母も 7 兄が 6 兄と, 祖父の 5 兄は, 兄人たちも 4 兄や, 弟と, 母に対して 3 お母, 一族の, 兄たちの, 夫の, 姉の, 父の, 祖父から, 継母に

2 [25件] げに昭和八年一月元旦, 一族に, 主人や, 伯母の, 伯父の, 兄からも, 兄に対する, 兄を, 叔父と, 叔父の, 夫や, 嫂から, 嫂の, 嫂を, 師匠の, 弟の, 母たちは, 母には, 瑠璃子の, 祖父が, 私も, 自分の, 良人を, 阿母, 隆吉の

1 [162件] ある, あると, おきえさん, おしず, おっ母, おふくろの, おふくろを, おまえの, お祖父さんが, お神, きょうだいは, その他の, それからまたそういう, それらの, たづきなからしをりを, また酒, みわの, わたくし共が, んが, エリザベートや, 一家の, 一族どもの, 一族どもも, 一族は, 世評の, 亡きかと, 人間の, 今古, 代々木に, 令嬢に, 仲間と, 伯父などは, 何かと, 作番頭は, 倉知位の, 兄から, 兄たちには, 兄たちや, 兄という, 兄とは, 兄とも, 兄などの, 兄なる, 兄について, 兄には, 兄への, 兄も, 兄やは, 兄夫婦などの, 兄夫婦や, 兄妹の, 兄弟が, 兄弟たちは, 兄弟の, 兄弟は, 兄弟や, 兄弟を, 兄弟姉妹の, 兄達が, 兄達の, 入道殿に, 友だちや, 叔母の, 叔母は, 叔父たちや, 叔父や, 叔父親類連中は, 叔父達の, 和一郎も, 女の, 女房が, 妹たちの, 妹や, 妹を, 妻が, 妻の, 妻子とも, 妻子に, 姉たちを, 姉に, 姉や, 姉妹と, 娘や, 子には, 子供や, 家来と共に, 小松の, 山の, 弟から, 弟などの, 弟に, 弟にばかり, 弟や, 弟らや, 弟を, 弟妹が, 弟妹は, 弟妹等が, 弟達も, 彼等が, 従妹が, 恋人たちが, 恩師の, 故郷を, 春子の, 村長の, 松之助が, 正木一家に, 正木老, 殊に, 母から, 母さえも, 母でさえ, 母などに, 母にたいする, 母について, 母にまで, 母に対しても, 母までが, 母やとね, 母やの, 母よりも, 母よりもね, 母をばかり, 母をも, 母方の, 沢庵が, 浜の, 源家の, 玄人上りの, 生き残って, 田所さんたちと, 番頭の, 異母兄たちへの, 百合さんと, 目を, 祖先の, 祖母と, 祖父よりは, 私が, 私であった, 私と, 私の, 私共の, 紋付を, 継母に対する, 継母の, 継母を, 義兄と, 良人の, 葛岡の, 親しい友達, 親戚の, 親戚や, 親族たちに, 許負やの, 貞盛の, 金兵衛に, 隆吉が, 隆吉に対しては, 頼春や, 黄金にも

▼ 父から~ (433, 1.2%)

11 聞いて 4 それを, 手紙が 3 子に, 子へ, 聞かされて, 金を

2 [34件] おこづかい, この話, その名, はぐれて, 三千代へ, 何か, 受ける物質的, 受け継いで, 呼ばれた, 呼び出される事, 子へと, 尤も厳格, 彼は, 御談義, 手ひどく跳, 手を, 手紙を, 描けば, 教えて, 時日を, 杉野子爵の, 熱誠の, 物質的に, 独立し, 私に, 私の, 絶縁の, 聞いたよう, 見た妻, 見れば, 許された旅, 貰つた, 貰つた旧式の, 貰つて来た

1 [334件] あずかったの, あらまし聞い, ある年, あんなに叱られた, いいつけられたが, いうと, いう何事, いえば, いずれも, いふと, いろいろな, いろいろ聞い, いわれたので, いわれて, うけついだ理性, うけて, おくられて, お講義, かういふ話, かねて云い付けられ, きいたが, きいたこと, きいたに, きいたの, きいた話, きかされるの, ききました, きびしく叱られ, きめつけられた, こういう時, こうして無造作, こっぴどく叱られ, この弱気, これに, こんな愛情, さほどの, しかって, じかに教わった, せきたてられたので, そう呼び慣わされ, その写真, その後を, その話, そんな憤慨, ついでもらった, つぎの, できるだけ離れ, ですし, どういふ, どんなに怒られた, どんな酷い, なにか聞い, なにも, ひと言, ひどく叱られ, ほんのわずか, もらい句会, もらい良人, もらう少し, もらつて, やかましい伝来, よくきかされた, よく聞かされた, よく言われ, ビタ一文だって, 一つの, 一喝を, 一応の, 一枚の, 一通の, 一週間の, 上記の, 下女の, 与えられて, 事務所の, 二千円貰っ, 云ふと, 五六間も, 享け, 仄めかされたと, 仕事場には, 仕送りを, 任せられたの, 伝えられた余, 伝えられて, 伝えられました事, 伝授された, 伯父に, 何も, 何千かの, 來た, 信用され, 俳句で, 借りて, 借り受けた, 傳染し, 僅かばかり, 兇悪の, 光子の, 全く離れました, 出て, 出府する, 出資させる, 分けて, 切出, 助けて, 勘当された, 勘当を, 勘当同様の, 十手術の, 千ちゃんの, 厚いボール箱, 厳しく言い渡され, 厳重に, 友釣りという, 反かせた, 叔父さんへ, 受けた, 受けた恩顧, 受けた沈黙, 受けた金, 受けついだ千人以上, 受けついだ臆病, 受けついだ領土以外, 受けて, 受けても, 受けました, 受ける壓迫, 受け父母, 受け甚だしい, 受け継いだの, 受け継いだ品物, 受け継いだ茶舗, 受け継いだ財産, 受け継がれたの, 受取った, 受取った彼, 受取つた手紙を, 叱られずに, 叱られたこと, 叱られたそう, 叱られるたび, 叱りつけられるよう, 名主職を, 君を, 呼ばれて, 呼び起すこと, 問いつめられた事, 嘗められるみたい, 団十郎に, 圧制される, 基経の, 塩冶の, 填補し, 声の, 声を, 多くの, 大きく成った, 大眼玉, 妙な, 始め彼女の, 委しいこと, 子供を, 孫に, 學ばねば, 學資を, 宝の, 家督は, 家計を, 寄越したこの, 将来の, 将軍の, 少しでも, 尺八を, 希臘の, 幾らかの, 幾人もの, 彼女に, 彼彼から, 後継に, 怒鳴られても, 急に, 恩義に, 息子へ, 憎悪の, 抗議が, 拳闘の, 持出された時, 授かった漢学, 授かって, 教えられた, 教えられたお, 教えられたところ, 教えられた日本固有, 教えられなければ, 教えられ自分, 教わりました, 教訓された, 数歩離れた, 数週間の, 断然と宣告, 旨を, 是から, 暇を, 書物を, 書生代わりにも, 書類の, 月々きまった, 月々送らる, 月々送らるる, 来る新聞, 柱時計を, 森口愼一が, 楊弓を, 横面を, 殴られた時, 母が, 母へ, 母親の, 毎月生活費を, 比べると, 求めら, 浴せられる侮辱的, 無心に, 特別の, 猿を, 生れた, 生命の, 申しつかって, 発生した, 盃を, 直接に, 直接弟子に, 直接聞かされ, 相談を, 着物を, 矢代の, 知らせて, 祖父から, 禁じられて, 稲富流の, 突飛ばされた拍子, 結婚問題に, 絵解を, 続けられるにつれ, 繋がる不思議, 美しい感情上, 習い覚えたもの, 習得した, 耳に, 聞いた, 聞いたぐらいの, 聞いたそんな, 聞いたと, 聞いたのみ, 聞いた覚, 聞いた覺, 聞かされまた, 聞かれた西氏, 聞きました大阪行き, 聞きました話, 聴いたと, 聴いた前生譚, 聴いた話, 聴いて, 聴かされた二, 臨時随意に, 臨時隨意に, 自分に, 與へらる, 芥川に, 莫大な, 補助を, 襟首を, 見ると, 見捨てられて, 見据えられた面, 見込まれましたくらいやの, 言いつかって, 言い出されたこと, 言えば, 言ひ, 言われて, 訊きだして, 訓えられ, 評された通り, 詳しくその, 説明を, 読み聴かされたの, 譲られた少し, 譲れと, 譲受けた, 讀書を, 貰ったもの, 貰ったオパール, 貰った五十カペーカ, 貰った金銭, 貰って, 貰つた金が, 貰ひました, 貰ふ, 買って, 贈された盃, 贈られたこの, 起用され, 身を, 返して, 返事が, 送って, 遠ざかって, 遠ざかつて行つたの, 遺された財産, 遺されて, 遺物に, 遺産どころか, 遺言された, 邪魔ものの, 酌を, 酒を, 金餅を, 隠れて, 電報が, 電話が, 電話がか, 非常に, 面と, 頒けられる, 頼まれたとしても, 頼もしくない, 養われた美徳, 養われて, 養父は, 餞別に, 驚いた手紙

▼ 父には~ (167, 0.5%)

3 父の

2 [12件] すくなくともこの, たしかにこの, ちっとも判らなかった, なんにも, 一人の, 何か, 何も, 叱られ母, 娘の, 私の, 秘密で, 酷く仕置

1 [140件] あてはまるかも, いうまい, お内儀さん, かつて一方, この無神経, さういふ記憶, さうし, さうは, せっぱつまると, そういう孤, そういう記憶, そういう迷信, そうした相手, そのシュクシュク, その口封じ, その意, それまで, そんなこと, ただ, どうしてもごまかし, どうしてもまた, どうして風, どうする, ながい地獄苦, なれないおよび, なんとも返辞, なんにも出来やしません, ぬるいや, ねがっても, はなはだ冷淡, ほとんど何, またこの, まだどこ, まだ内証, もうこの, もうはっきりわかっ, やはり些細, よくわかっ, わかるだろう, わざわざ出, セヽラ笑つて置いた, タブーである, 一つの, 一中節囲碁盆栽俳句などの, 一度会っとい, 一種の, 七人の, 三人目の子母には, 不可能であろう, 不満が, 主人筋に, 二人共義理ある, 云うべきこと, 云わず母, 五つの, 五年くらいの, 人いちばいこたえた, 人に, 以前から, 会わなかったが, 依存しない, 兄が, 内々で, 内緒で, 内緒でございます, 内証で, 出るの, 分らないよ, 到底似合, 勿論その, 十の, 十五歳の, 去年死に別れ, 及ばないよう, 叱られた, 告げぬ自分, 哲学や, 唯一人の, 商売人の, 嘘にも, 執拗な, 夜と, 大きな満足, 大名趣味と, 大変上等な, 失意の, 妙な, 実に深い, 少しも, 少年が, 巧まない瓢逸, 市内という, 後妻が, 息子の, 意識が, 感づかせまいと, 慈父の, 手が, 手紙を, 日本外史の, 是非を, 晩酌囲碁の, 暢気な言い, 正妻が, 母から, 母の, 母への, 沢田先生の, 泣かれるよりも, 渋面を, 甘える味, 生きての, 生甲斐として, 町中敵という, 直接申しませんでした, 眼を, 知らせて, 祕密だ, 神信心の, 私が, 耳慣れぬ言葉, 聞こえて, 聞こえない, 背けども, 能は, 自分の, 自分を, 見舞に, 言いませんでしたが, 誠意が, 諦めに, 逢わなかったらしい, 違ない, 重ね重ねの, 金歯が, 間違いつづき, 隠して, 露骨に, 養子として, 黙って

▼ 父なる~ (158, 0.5%)

11 人は 8 人の, 神は 5 神の 4 神を 3 人が, 神に, 者は

2 [11件] が故に, ものが, ものは, ラインの, 二番番頭の, 人に, 国家な, 太陽が, 奇妙の, 神でさえ, 老村長

1 [91件] おん神は, か母, ことを, ひとが, ひとの, ひとは, むしろお前, もの, もの旅人宿を, わ, を知り, アプスー, コルナヴァイユの, ヂュウス・クロニオーン, ヂュウス之を, ツァー, ピエトロ・ディ・ベルナルドーネと, プロメテウスの, ペンドラゴン王と, ボードレールが, ヨハン・セバスティアン・バッハを, ライン河では, ライン河に, 七十の, 人, 人ある, 人と, 人については, 人のみは, 人へ, 人ほど, 人も, 人甲州第, 人祖父なる, 人自ら手本をも, 人間が, 人間の, 作阿弥と, 先生の, 公保は, 准后一人が, 勇将ウスナは, 博士に, 博士は, 卿の, 回, 国家は, 大将は, 大忌人, 天に, 太守劉度も, 官兵衛にも, 富豪が, 小左衛門が, 山元椿荘氏から, 左衞門に, 帝は, 弾正の, 彼は, 彼も, 我が何ぞ, 教師の, 日本の, 木部の, 浪人者の, 海に, 濱島武文氏と, 燈台守は, 画伯は, 皇帝よ, 神, 神が, 神だ, 神と, 神も, 神よ, 神及び, 神永遠に, 私が, 竹原入道の, 竹陶兵助五十四歳である, 者, 者の, 者汝等と共に, 與三左衞門景安は, 若者が, 西班牙の, 連歌を通して, 重兵衛, 霧渓は, 香以の

▼ 父~ (153, 0.4%)

4 の家 3

2 [18件] が引越し, といっ, にどんなに, に受け, に目, のあいだ, のもの, の生活, の者, の胸, の身, の部屋, への義理, もある, もそんな, もよく, を責めさいなんだ, 揃って

1 [110件] があった, がめぐり逢う, が二人きり, が何度, が向, が向い合っ, が地雷火, が夕靄, が娘, が控え, が旅立ち, が泣い, が猛烈, が車, が階段, がKR, じゃ, だけ跡始末, だった, だとは, である, であろうとは, でもあろう, でも見解, とが打ちつれ, としての心, とも芸事, と浩一郎さん母子, と相対, なの, にし, にしかみえぬ, にとつて, にどういう, には実際, には性格, にもまるで, に会ったら, に対する怨み, のあらそい, のけじめ, のため, のはなし, のよう, の一方, の仏, の仲, の名乗, の名乗り, の命, の和やか, の好意, の姿, の室, の小さい, の愛情, の散策, の日頃, の気に入りました, の熊野見物, の秘密, の苦悩, の苦惱, の苫, の表情, の親切, の詫び声, の身の上, の釣り, の間, の雜用, はこうして, はこの, はその, はその後, はただ, はちらちら, はシマッタ, は乗っ, は唯, は土間, は声, は夕飯, は夜な夜な, は大阪行き, は嬉し, は工場, は後難, は懐中電灯, は旧知, は牧, は物珍し, は祭, は葵原夫人, は誓つて, は道, は酒, は陰気, ふしどを, へ涙金, もわが, も唐辛子屋, を憎ん, を見る, を訪ね, を訪ねる, を責めたてる, を養つて, を驚かす, を骨

▼ 父~ (136, 0.4%)

31 あんの 16 あんが 14 アん 5 ァん 4 あんを, さんが 3 さんは, アんは 2 ぁんは, さんに, さんの, さんを, ちやんと, アんの

1 [44件] ぁんいるかな右衛門だ, ぁんから, ぁんくれえなものだろう, ぁんそいつァ, ぁんというのはその真実の, ぁんに, ぁんの, ぁんもとうから知っ, ぁんや阿, ぁんを, ぁん阿, ぁン, あん, あんから, あんからは, あんがこりゃ, あんがつむじ曲りにな, あんが一人で, あんが十七から, あんが酒を, あんなざあ, あんなどんなに, あんなの, あんな淋しかろ, あんにいひつける, あんにそつくり, あんには, あんによ, あんによほど喧し, あんに代ら, あんに使われた, あんに叱られる, あんに抗, あんに知らし, あんに負け, あんに足, あんや, あん等自分の, あ来春俺, さんお前の, ちやん, ちやんの, はんは, アんも

▼ 父~ (131, 0.4%)

17 さんが 15 さんは 14 さん 13 さんの 7 さんも, ちゃん 5 さんに, さんや 3 さんお, さんと, さんを 2 あんには, あんの, あんを, さまお, さんだ

1 [29件] あんが, あんがよう, あんが楽しみに, あんが煙草が, あんなそんなそんな腕, あんに叱られる, あんは, あんや, さま, さまが, さまに, さま薪が, さんいい, さんか, さんかと, さんでした, さんとこへ, さんどう, さんどこを, さんには, さんにも, さんへ, さん厭だ, さん折角, さん血って, さん騒ぎなさん, ちゃんと呼ん, ちゃんと父親, ちゃん小僧

▼ 父にも~ (120, 0.3%)

26 母にも 5 兄にも 2 どうにも, 妹にも, 慾が, 確かに

1 [81件] あきあきしていたし, あったの, ありますまい, おしず, おとらぬよう一ばい忠誠, おふくろにも, この, すまぬ, そのうちなつい, その由, その言葉, それが, それは, そんな悩み, とめられて, よろしく言っ, 一族の, 二人の, 亦これ, 仕事さえ, 会って, 伯父にも, 似て, 似合わしからぬ事, 何度も, 係はらず, 健かな, 僕の, 優る英豪, 兄夫婦にも, 其の話, 内緒で, 冷淡だった, 出席し, 分けようと, 分っては, 勝るところ, 勝る御方, 勝る珍, 危害を, 叔父にも, 告げたらとは, 問はず學校朋輩にも, 増して, 多少どこ, 少年としての, 弟にも, 怒を, 怪ま, 暇乞いし, 最近までは, 申しまして, 申すの, 病名を, 相談いたしました, 相談した, 矢張り氣まぐれな, 知らさずに, 短所が, 祖父にも, 私にも, 義母にも, 聞えるよう, 聞かせて, 見せい, 見棄てられ何オメオメ, 親戚の, 許して, 話して, 話してないが, 語らわず密か, 読み聞かせたいもの, 買って, 通じたので, 通じて, 週期的に, 酒が, 關する, 隆吉にも, 隠して, 頼みましたが

▼ 父とは~ (103, 0.3%)

2 不和に, 似ても, 全くつながる, 全く年齢, 異った, 私に

1 [91件] いつごろの, いつでも, いつまでも, いつも喧嘩, おもっても, この小説, すこしちがった, そうは, それこそ, たった一つ違い, たった二度, たつた一つ違, たつた二度, ちがう, ちがった感じ, どんな人, ひどく人, べつに代州烏丸, また別, まるで反対, まるで違った, よく福島, よく話, 一言も, 不快な, 之から, 二つか, 二三言挨拶を, 他人同志だ, 以前から, 仲直りした, 何ぞや, 何だ, 個体こそ, 兄弟の, 全く違っ, 全く違つて, 切りに, 別に煙草, 別に百石, 別らし, 別れること, 十六ばかり, 友人で, 友達であり, 反対に, 反対の, 同国の, 同郷であり, 呼びかけ難い, 大分意見が, 大層若く, 学校からの, 家族たちに, 年が, 年齡が, 年齢の, 座敷に, 彼にたいして, 彼女よりも, 往来で, 従兄弟に, 従兄弟にあたる, 従妹の, 従来懇意であり, 忽ち諍, 思いようが, 思って, 意見が, 懇意な, 打つて, 政敵の, 料理屋は, 日ぐれ, 旧同僚, 段々心細く, 汗を, 沈黙がちな, 父が, 特別懇意に, 生れ來ませし, 病室の, 矛盾した, 義を, 超自然, 違う緊張, 違う自分, 違った意味, 遠くから, 酒を, 関係の

▼ 父~ (102, 0.3%)

4 のお 3 も可愛, 様の 2 さまの, の恨み, の遺言, はあの, 樣の

1 [82件] があの, がこの, がそ, が世にも, が島田かつら, が是非とも, さまと, さまを, さんが, さんの, じゃが勝手, では, というの, といひし, といへば, と一緒, と思いこん, にお, にご, にすがっ, になり代っ, にのみ罪, にも悦ばせ, のうらみ, のおつもり, のさし, のしろを, のもの, の仇, の口, の呪った, の回向, の墓参り, の子, の小殿, の引き合せ, の心, の本懐, の病気, の相良寛十郎, の相良寛十郎さん, の相良寛十郎殿, の罪科, の資産, の足利どの, の閉門, の館, は, はそ, はなんと, は世, は乱国, は大, は御身, は斬り死なされ, は極楽, は母さん, は独りもの, は白井備後守, ばかりで, ひとりを, へ涙, ほどござっ, もいずれ, もさぞ, も戦, や母御, をののしる, をほろぼし, を宥め, を当家, を持たれ, を探し出し, を知らぬ, を破滅, を陥れた, 兄御, 様にも, 母兄上幼き, 母御一家一門の, 江戸根津あけぼのの, 百合の

▼ 父~ (101, 0.3%)

10 母よ 7 我は 6 あなたは, 其手綱を, 吾も 4 父よと 3 余は, 我に, 私は, 粉を, 願くば 2 父よ

1 [45件] あなたが, あわれんで, いまあなたは, いまこそ, おめ, おんみの竪琴の, かくの, かの物, ここは, この村, こは, すべての, なんじに, ふりか, わが鳩燒, 今こそ, 何処へ, 冀くは我, 勘定が, 告げたまへ, 墓の, 幸に, 幼児を, 彼等に, 彼等は, 彼等も, 我なんじ, 我よく, 我等を, 我諸, 救ひ, 汝とともに, 汝に, 汝は, 汝耳を, 清子は, 父, 父には, 皇帝または, 私達教育の, 若しみこ, 若し出, 若し出来る, 還れと, 願はくは

▼ 父~ (99, 0.3%)

5 の御 4 もお, 御母樣 3 のお 2 お母樣, が遠慮, ですよ, とか何とか, と噂, は何, は眞實, も御, も母樣, や母樣

1 [63件] お歸, お父樣, かといふ聲聞, からソフィーつて, がいふ, が世に, が度, が御, が悲想, が惡, が惡計それ, が最初, が然, が生き, が私, が誰方, が道破, そんな事, ったらお, でお, ですか, とおんなじ, にご, にどの, にねだ, には私, には私達二人, にもお, にも内, にも勘藏, にも御機嫌能, に抱かれ, に見付けられた, に遺言, の二の舞, の我, の手, の手筐, の樣子, の歸, の物ぢやあ, の財産, の身, の顏, はたしかに, はとても, はどうして, はやく亡, は今日, は何方, は善い, は幾年, は銀行, へのお, もゆるし, も嫌, も寒い, や喜三郎さん, や居た, や御, を叱り飛ばし, を怨ん, を此處

▼ 父との~ (96, 0.3%)

13 間に 3 間が 2 あいだに, 会見を, 別れを, 左う, 感情に, 間にも, 関係を

1 [66件] あいだは, あひだ, いさかいは, いる都, ことを, ために, つながりは, つながりを, ときどきの, また母, 三人, 三役に, 下に, 不和の, 争いに際して, 争いは, 争ひ, 互いに劬, 交渉の, 今日までの, 今日迄の, 仲が, 仲に, 会い方, 傍に, 共同生活は, 再会に, 前に, 前にて, 労苦だった, 商談です, 堅い約束, 夫婦仲が, 対話が, 対面が, 応対という, 愛の, 旅行の, 様子を, 永訣によって, 物語に, 真ン中に, 眼に, 約束は, 約束を, 結婚も, 縁談の, 言合ひ, 話に, 話の, 賜物である, 距離が, 距離は, 配偶夭折した, 間で, 間は, 間も, 間柄は, 関係が, 関係では, 関係については, 関係も, 関係父から, 隔りが, 雑談の, 静な

▼ 父~ (91, 0.3%)

3 云った, 向って, 宛てて 2 低く呼びかけた, 林檎が, 母へ, 給仕を

1 [74件] あて妹, あんな承諾, お詫びを, かかって, かけた, すすめた, せめて身, それも, たいしてどう心, たいしては, たかッて, つきました不孝者, なんとか話, のこして, ひそかに, またし, もたれかかるよう, やさしい長い手紙, やって, やるため, タテつい, 下されました御, 下宿の, 不満であった, 云ったそう, 任せて, 伝えて, 伝えられたと, 再起に, 勧めて, 反抗を, 名のって, 向うの, 告げた事, 呼びかけた, 報告が, 嫁いで, 孝を, 学校からの, 宛て, 対して, 対しても, 忠言いたした, 怨みを, 恨みを, 懇願した, 手を, 手紙を, 打ち明けて, 押しつけねば, 持って, 提出された, 旦那様何とかと, 楯を, 歎願する, 殿中で, 浴せ掛けた, 深く帰依, 渡しお, 申しおきましょう, 申したという, 私は, 縋ろうと, 訴えたそう, 訴え出した, 詫びて, 詫びての, 詫びようと, 詫び入り元, 詰め寄った, 話しかけた, 送って, 酌し, 駈け寄ろうと

▼ 父である~ (86, 0.2%)

6 ことを 2 ことは, ところの, とされ, と云, と思う, ばかりでなく

1 [68件] かのよう, からさては, からだ, からである, からなんと, がこの, がそれにしても, がハム, ことが, ことに, ことも, ぞよ, ためには, という, ということ, という家老, という自覚, とすれ, と云う, と云われ, と信じさせ, と思い返す, と思ひ返す, と思われぬ, と申す, と見る, と言っ, などといい, にしろない, はずは, ひとも, ように, わたくし自身の, オーギュスタン・ジャンナンは, 上原老人が, 人な, 人の, 仁三郎の, 位置の, 体験から, 兵部大輔の, 勇壮な, 君としては, 哲学者, 大久保次郎右衛門氏が, 天の, 山下博士の, 山林技師の, 弾正太夫が, 彼に, 彼は, 掃部頭直幸は, 故人の, 昔から, 本間氏と, 片目のぶくりんが, 牧師は, 相良寛十郎に, 私が, 私の, 自分は, 蘇我石川麻呂大臣は, 関白も, 阿波へ, 院長に, 青鬼先生に, 領主に, 領主義鑑に

▼ 父つあん~ (79, 0.2%)

3 はな 2

1 [74件] あの人, おれが, お出でなさらん, お前さんは, お居やす, お父, お辻さん, これからすぐ町, これがら町さ, そうら, そのこと, それ面皰, そんなお金, そんなふう, だけほつ, ちよつと, ぢや, とこへ, とは矢, と一所, と別れ話, と同い年, と呼ぶ, と金毘羅, はあ, はああ, はあかん, はいつ, はたつ, はとても, はどう, はどうも, はまだ, はもう, はシベリヤ, はソツ, は一體律儀, は俺ら, は地下足袋, は學問, は家, は心配, は昨晩, は死んでしまつた, は沈黙つて煙管, は真っすぐ, は私, は苦勞人, は茄子, もお, もお母さん, もさ, もな餘, も毒性, も気の毒, やつぱり一度醫者に, 一人だ, 今日は, 今日古, 今日廣岡の, 俺先に, 借金し, 十八, 夜が, 家へ, 幾つ, 幾つだ, 最後まで, 町へ, 病気だらう, 負へん, 遲い, 青柳さ行つた, 馬は

▼ 父として~ (76, 0.2%)

2 どんなに苦しい, 人間として, 子を, 生き延びようと, 良人として

1 [66件] あるいは先生, いや愚か, おん礼申しあげる, この手紙, これ以上の, これ位の, さっきから, それを, なつかしく母, また母, よう馴つきおる, わが子を, ゐること, 一度いろんな, 一応は, 不如意であった, 人知れぬ, 仕えよ, 会っても, 体を, 何も, 何を, 其泣く, 大地主, 太陽, 娘の, 嫁入り近い, 子は, 崇拝し, 帝王として, 彼女を, 後刻懲らしめまする, 御希望, 心強く云う, 拝すこと, 昔なら, 最もよい, 有名な, 欣ぶ, 死に水まで, 死んだ他人, 死んだ相良寛十郎, 死んで, 残念な, 無論行かね, 燦き, 父が, 甘へ, 生まれたとか, 生まれるという, 生れた, 生れた永徳, 生れて, 皇女から, 省み且つ, 知って, 私を, 粋を, 老いた人, 育つた少年, 自分に, 苦労し, 見る時, 言い難, 語られるヒポクラテス, 責任の

▼ 父~ (74, 0.2%)

16 あつた 3 ござります 2 おくびにも, さへ, でも, 村には, 釜師としての

1 [45件] あつたなら, あつたらしい, あつて父, あらう, あらうとは, あり得ない息子, あり得るならば, あわてて, お屋敷, きびしい冷たいよそよそしい態度, さえそう, さへも, すらもない, そいつを, そして三十歳, その一生, その名, どういうわけ, はっきり自分, また私, よい子, ジャコバン党に, 且夫たる, 人気の, 何だか目, 傍に, 先日亡くなった, 内親王である, 周字は, 周防良元と, 塩屋の, 大きい家族, 大実業家, 大家族, 当時の, 彼の, 後に孟, 忠邦は, 新吉の, 次郎が, 漢学者の, 父に, 私の, 臣民は, 親戚の

▼ 父~ (70, 0.2%)

6 様は 4 さまに, 様が 3 さまの, 様の 2 お父, と, ーちゃん, 様

1 [42件] あんな無茶, が戻っ, が鍬, さっきあの, さまにも, さまや, ちゃんという, ぢやとて, とお, のこと, のとこ, の早く, はばみの, はばみは, は誰, は馬一匹, ばかり, やおっ, よお, んじゃ鎮守さん, 何だか変, 寢とる, 様あちらには, 様あなたは, 様からでも, 様さ, 様さえ, 様だって, 様に, 様チェウスの, 様チンダレオスが, 様程, 様蒔い, 様行つて参ります, 樣が, 樣に, 此方へ, 甘いん, 用心なさんせ, 眼が, 等は, 虎雄なあ

▼ 父に対する~ (68, 0.2%)

2 告訴を, 愛で一杯, 暴行の, 毎に, 遠慮では

1 [58件] いたわりや, おまえの, その負債, ほんとの, ような, ように, 不足も, 不足を, 二人の, 例の, 保証の, 健三の, 債権者と, 債権者とな, 兄の, 反抗の, 反抗心は, 哀惜の, 喪服を, 好意から, 好意が, 孝である, 孝なる, 尊敬から, 尊敬の, 崇拝の, 崇敬の, 従順の, 心は, 思慕の, 思慕哀惜の, 怨みも, 恐怖的服従と, 悲しみが, 意見を, 愛と, 愛慕の, 愛着から, 感じなど, 感傷的な, 感情は, 態度は, 慍を, 敬虔の, 涙を, 深い愛情, 無限の, 甘えが, 義理も, 胸いっぱいの, 親しみの, 親愛の, 解釈は, 軽蔑の, 釘としては, 関心は, 非難が, 面当としか

▼ 父たる~ (56, 0.2%)

3 ことの, ことを, この江漢, 君に 2 ものの, 人が, 君公の, 方が

1 [36件] あなた様の, その人, にふさ, の地位, の権威, ものその, ものは, ゆゑに, よりはその, リヴィングストーンの, 人である, 人に, 人は, 人へ, 名に, 天賦の, 家の, 小生が, 市辺押磐皇子の, 彼に, 彼は, 情を, 愛情の, 感情が, 態度では, 折衷民権派なりき, 挨拶として, 故を, 日の, 日本民間伝承学の, 時政へ, 権利に対して, 海中の, 藩主の, 貴下と, 近藤氏であった

▼ 父という~ (56, 0.2%)

9 のは 7 人は 6 ものは 3 ものが 2 のが, ものと, ものを

1 [25件] ひとが, ひとは, ひと母という, ほか何も, ものについても, ものの, 人と, 人の, 人も, 人物が, 人間が, 仏も, 地方の, 字だ, 字に, 御関係, 感じが, 感念が, 気もちに, 気持に, 者が, 者の, 言葉が, 言葉を, 語も

▼ 父に対して~ (56, 0.2%)

2 何時に, 冷然たる, 己れ, 新たな

1 [48件] あのよう, あれほど, いろいろききまし, かつて不信, かなり勢力, こういう滑稽, こんなふう, こんな崇高, さほど情愛, ずけずけ云う, その危急, たと, なんの, はさほど, はぶあいそで, もって, ゐるの, 不平を, 不親切であった, 今もっ, 今もつ, 何うし, 何ともいへぬ親しみ, 国元の, 執拗な, 女の, 好意を, 学費を, 強い愛, 急に, 恐怖と, 抗議を, 改ため, 日頃の, 機嫌が, 残酷で, 母が, 気の毒な, 決して幻滅, 済まなくも, 無論さう, 無論そう云う, 物を, 癇の, 私は, 親切で, 言い過ぎたという, 非常に

▼ 父より~ (54, 0.2%)

2 娘を, 長い音信

1 [50件] いずれ御礼, すこし先, ひんぱんな, ほかに, 一と, 一人の, 三代目以前の, 三年早く, 与えられたもっとも, 主イエス, 二つの, 五円の, 交渉あった, 他に, 余程年上, 優れりと, 先に, 先輩では, 出ずる力, 出づるがゆゑにその光, 前に, 啓示さるる, 報いを, 夢中に, 子に, 子へ, 学校を, 帰国しろ, 御頼み申, 惡しき子の, 戒められ候事, 承った, 承って, 授けられ十, 教へ, 早く亡くなった, 更に一本, 母だ, 母より, 永く生き, 生まれ追放令, 生涯の, 甲田に, 聞いたすべて, 聞かじりたる事なき, 聞きし所, 詳しく承わりました, 貰いおきました, 遠ざかる歩み, 電報が

▼ 父~ (53, 0.2%)

5 のお 3 の御 2 と姉君, の喪

1 [41件] から子, があくまで, がお, がお迎え, がその, がつい, が大事, が心苦しく, さえおいで, であったから, でなく源氏, ではなかっ, でもない, などの希望, などの遺産, についてお, にもお, に取りもどされる, に子, に育てられ, のこと, のため, の喪中, の御事, の感化, の服喪, の言っ, の遺愛, の霊魂, はたびたび, への厚情, への発表, へも浅香木, も先方, も姉君, も聞い, をお, を唯一, を失われた, を思い出す, を見

▼ 父と共に~ (51, 0.1%)

2 死ぬる

1 [49件] いるという, ここへ, そこを, だんだん金魚, ゐた時, ウッケラートに, クレタを, パリに, 三国ヶ嶽の, 下宿の, 九段に, 仕えて, 住居し, 信州軽井沢に, 信盛の, 利根川で, 南画を, 古着の, 同行した, 埋めて, 外に, 奈良井の, 家業に, 尋ねた家, 幕府の, 或物静か, 本所三目の, 村の, 楽しい日, 死ぬなどは, 池の, 活き而, 港を, 爆藥ナイトロ・グリスリン製造を, 王事に, 登って, 移転しました, 苗代地の, 若鮎に, 藝者屋の, 藩地に, 虐けた, 行べし, 製粉会社を, 詣でて, 譜第の, 送った娘, 酒の, 鎌倉へ

▼ 父としての~ (49, 0.1%)

4 彼が 2 力も, 愛が, 権力や, 自尊心が

1 [37件] お気持, そのこころもち, レフ・トルストイの, 不遇は, 世話を, 主張あるべく, 伊太夫が, 厳粛な, 基経は, 彼の, 彼は, 心からは, 思いは, 情は, 愛情が, 感情は, 権利も, 権威を, 男の, 監視の, 真実が, 真情の, 祝福を, 私が, 私は, 私を, 義務とを, 義務の, 考えを, 自分が, 自分と, 自分の, 自分は, 苦渋を, 親としての, 資格以外に, 願いでも

▼ 父では~ (48, 0.1%)

6 ない 4 あるが 3 ないか 2 あったが, ありません, あり得ないという, ないの, ないよう, なかった, なからう, なくて

1 [19件] あつた, ありませんから, ありませんが, ございません, ございませんでした, ないから, ないでしょうか, ないと, ないので, ないん, ない物体, なかつた, なかつたか, なかろう, なくお祖父さん, なく母, 御座いませんでしたろうか, 無い, 随分骨

▼ 父とも~ (47, 0.1%)

6 母とも 3 言はるべき 2 なって, 呼ばるべき, 思うぞ, 思えるであろう, 相談し, 話を

1 [26件] なった, よく相談, ろともに, 主とも, 仰ぐ恩師笠神博士夫妻, 信頼し, 名のらず, 呼べなかつた子, 多分に, 思うと, 思うといった, 思う細巻, 思ふ專務さん, 慕い師, 折合が, 書けないじゃ, 相談の, 称すべき急激民権派, 稱すべき, 約束し, 終日談笑し, 芥川は, 親しく半年, 計らい後刻, 話した, 話せません

▼ 父よりも~ (47, 0.1%)

4 誰よりも 3 母に, 母よりも 2 先に, 母を

1 [33件] お母, かえって高尚, この母, はるかに, もっともっと自分, わたくし自身穢された, 一つ年上である, 二三年前に, 二三年前の, 兄よりも, 先へ, 六年ほど, 六年程, 十歳も, 好い身分, 嬉しがっ, 寧ろ千種自身, 年高し, 恋しいか, 或場合遥か, 早く死んだ, 権力が, 正直を, 母が, 水, 無性格, 神様なんでも, 背が, 背丈が, 賢い継母, 賢こ, 重いの, 頼朝よりも

▼ 父~ (44, 0.1%)

2 からそれ, という人, と思っ

1 [38件] お前の, からと言っ, から仕方, から祖母, か母, がこれ, がもう, が四人, が曾呂利どの, この人, し他, ぜ, つたから, つたのか, つたのだ, ということ, というの, という六助, とし, とその, とは夢にも, とばかりおもっ, と云う, と云っ, と信じ, と信じかねた, と宣告, と思い込ん, と思う, と思った, と思ひこん, と思ひ込ん, と思ふ, と気づいた, と生前, と言う, 母だ, 私が

▼ 父からの~ (43, 0.1%)

3 送金が 2 ものである, 催促を, 報知に, 影響である, 手紙で, 手紙を, 注文ばかり

1 [26件] かたみ, ものが, もので, ものであった, 仕送りを, 何か, 便りで, 借着の, 命を, 屆物である, 届物である, 手紙, 手紙だった, 教育や, 死亡通知状に, 用事である, 職業を, 脱出の, 言いつけを, 贈物の, 返事を, 郵書だった, 金で, 長い紐, 頼みの, 館も

▼ 父吉左衛門~ (40, 0.1%)

1 [40件] からしかられた, からの依頼, から家督, から青山, が彼, が養育, それから今, だ, でも容易, とも一緒, と相変わらず, にし, にそっくり, にその, について, には隠そう, に交わり, に比べる, のこと, の亡くなった, の代理, の名代, の問屋役時代, の病, の百, の許し, の隠居所, はそれ, はと見る, はもう, は和算, は多年尾州公, は家, は尾張藩, もめっきり, も伊之助, も茶色, をさがした, をよろこばしうる, をよろこばせた

▼ 父ちや~ (39, 0.1%)

3 んお 2 ん戻つたら, ん父ちやん, ん痛い, ん脊中洗つて

1 [28件] まが, んいつも, んおでん, んおみ, んおれ, んとこ, んなに, んね, んはね, んまだ, んわたし, んタキ, ん三輪車, ん何, ん何時, ん何處, ん僕ん, ん助け, ん嘘, ん坊, ん戀, ん摩つて, ん矢張り, ん私, ん脊中, ん血, ん遊ばない, ん金魚

▼ 父への~ (39, 0.1%)

2 謝罪とが

1 [37件] あきらかな, あしらい方, お手紙, その小さな疑惑, なみだで, 何よりの, 便りに, 便りの, 冒涜だ, 反感が, 反抗に, 反撥心から, 土産に, 孝行の, 孝道に, 孝道も, 安心が, 思い出も, 愛を, 愛悲し, 愛母への, 感情が, 憎しみが, 憎悪が, 手前心は, 手紙, 手紙を, 書面の, 申訳に, 笑い顔でも, 義理立てに, 胸を, 親愛も, 話, 軽蔑は, 追善又, 追悼を

▼ 父うさん~ (38, 0.1%)

2 だと

1 [36件] があぶない, がお世話, がこ, がなくなる, が危篤, が喜ん, が死にかかってる, こないだから, しばらく, じゃない, と一緒, に, にどれ, に抽斎, に書い, に東京, に飲み込ませたい, ね, の, のそう, のとても, の満足, の目丈, は, はまだ, は俺, は動かず, は忘れっぽい, は支那浪人, は浪人, は矢萩大蔵, もなくなった, を殺す, を納得, を見よう, 奇麗でしょう

▼ 父~ (38, 0.1%)

3 のお 2 の御

1 [33件] からお, から下された, がお, がどれほど, が人臣, が死ぬ, が溺愛, が皇太子, とわかれた, なる文武天皇, には, にも母女御, に似たる, に告白, のこと, のなき, のほう, のもと, の喪, の女房, の後嵯峨, の御事, の御陵, の手, の死んだ, の目, の碓, の遺業, の霊, は住吉, は女帝, もこんな, をしばらく

▼ 父~ (37, 0.1%)

3 の仇

1 [34件] から貰いました, が王子, とその, と印度政庁, に仕え, に知らせた, に見せな, の, の亡霊, の代り, の全, の力, の千人, の命令, の如き, の政治, の方, の死, の禍難, の第, の話, の身三年来氷, の霊, は彼, は死, や姉君, や英国政庁辺, より六年前, より呼び還され, を再, を殺した, を殺せし, 尚圓王, 現国王

▼ 父なし~ (35, 0.1%)

9 子を 3 子の 2 児でございます, 児に, 児を, 子に

1 [15件] には保ちません, 児, 児じゃ, 児だ, 児で, 児と, 児という, 兒, 娘は, 子いとし, 子だつた, 子ぢ, 子で, 子は, 子幾人も

▼ 父自身~ (35, 0.1%)

2 が認め, にし, の口

1 [29件] からは何, がああ, がまた, が勉強, が帰っ, が最初, が死んだ, きづかないで, でも不思議, で書いた, にまで鋭鋒, に向っ, に買っ, のこと, のため, のやくざ, の愉し, はこんなに, はそう, は元, は随分, も, もおのれ, も久しく, も出所当座, も又, やがて書き送らなくなっ, を失望, 死ぬとは

▼ 父ちやん~ (33, 0.1%)

1 [33件] が, がとつちやふよ, が好い, が痛から, が翌朝外, ずつと商売, だつて, ていふ, といふんぢ, と二人今日一緒, と坊, と日光, なんか何處, にいはん, にお金, について山, について行つたこと, に叱られる, に教はつたん, の復讐, の故郷, の馬鹿, はなあつ, は何, は女, は小判, は沢山, は泊るでねえ, は誰, は附い, もお前, も毎日會社, や母

▼ 父でも~ (32, 0.1%)

3 あった 2 母でも, 祖父でも

1 [25件] あり母, ある, あるのみ, あれば, あんまり勝手, この相良寛十郎, さすがに, そう容易く, たった一度, ない, なかった, なくなった, なし父, なんでも, 何でも, 兄でも, 呼び寄せて, 居るよう, 師でも, 師匠でも, 無職で, 知るわけ, 私には, 誘惑には, 阿母

▼ 父からは~ (30, 0.1%)

3 何の 2 まだ何とも催促, 得られない理解

1 [23件] あらためて善作さん, いじめられてばかり, お前の, お祖母さま, かえりみられず岡村, ずっとおくれ, まだなんとも申し, まったく勘当同様, むしろ苛酷, よく便り, 不甲斐, 何んとも, 前にも, 厳格な, 得られない別, 怒った手紙, 怒つて, 手紙は, 既に大阪, 時折軍事郵便が, 母が, 色々助け, 離婚を

▼ 父であり~ (28, 0.1%)

3 母であり 2 夫である

1 [23件] しかももはや, そしてよい, つつましい市民, よい良人, 一人にとっては, 兄は, 先生は, 吉野とも, 善良な, 天皇の, 夫で, 夫であり, 子であるであろう, 実姉の, 弟である, 恐らくは何人, 息子であるだろう, 昼間の, 曾我兄弟には, 模範的な, 母である, 自分と, 良人である

▼ 父~ (25, 0.1%)

5 母か 2 兄か, 母に

1 [16件] たまに母, 何を, 兄かが, 叔父の, 山路気づかふ, 所天で, 母かが, 母かで, 母かに, 母かの, 母でも, 母の, 病ひ, 省吾という, 祖父かが, 祖父かも

▼ 父とが~ (25, 0.1%)

2 自分の, 自動車に

1 [21件] お茶を, こんなこと, ずっと昔, その問題, またなにやら, 一緒に, 別々の, 口喧嘩にでも, 子と, 小さい時, 幾らか金, 手に, 日頃別懇に, 晴れやかな, 極く親しく, 泣くであろう, 私の, 舟に, 議論を, 開墾し, 頭を

▼ 父らしい~ (25, 0.1%)

2 ものが, 愛である, 気が

1 [19件] ひとが, むずかしさ, やり方で, 人が, 人と, 人の, 優しさ, 劬り, 務めを, 声だった, 嬉しさ, 微笑の, 心胸を, 意識に, 抵抗を, 活方で, 活気とも, 父で, 父を

▼ 父~ (25, 0.1%)

2 が行かなく, が魚, はね腥い, は何事, や

1 [15件] いうもん, いふもんぢ, が亡くなっ, が寝, が御, が船頭, には黙っ, に聞け, に肯く, の家主, の敵, の総, も黙諾, を取絞め, を取絞める

▼ 父~ (25, 0.1%)

3 のお

1 [22件] が泊まった, さえ嘆い, と一生, と会っ, には余りに, にも内々, のいわゆる, のうばい, のため, のもと, の万感, の前, の後醍醐, の御, の御所, の老い, の遠謀, は山陰, は笑っ, への御, をお, を慕っ

▼ 父~ (23, 0.1%)

4 んです 3 んだ 2 のだ, のであつ, のでございます 1 のか, のじゃ, のだろう, のである, のです, のでへん, ので小林勘蔵, のにやつぱり周囲, んざあこの, 嫁にでも

▼ 父允成~ (23, 0.1%)

1 [23件] がおる, がしばしば, が七十四歳, が五十九歳, が四月朔, が子婦, が或, が致仕, が酔堂説, である, と親しく, に至っ, の実父稲垣清蔵, の愛し, の気質, の茶碗, の門人, は五十一歳, は四十二歳, は本皓, は経芸文章, は隠居料三人扶持, を経由

▼ 父ちゃ~ (21, 0.1%)

2 ま, まと, まに

1 [15件] あん, の方, まいつ, まお父, まそんな, まだの, まて云われないからね, まとお風呂, まは, まみたい, まよう, ま大きい, ま嫌い, ま自分, ン

▼ 父~ (21, 0.1%)

2 は母

1 [19件] から贈っ, から贈った, がまた, として現在不如意, と本野子爵, に叱られる, に話し, に話したら, の地, の子供, はその, は朝, は物質的, は美貌, また先祖たち, もその, より与えられた, 及びその, 幼い弟妹

▼ 父っつ~ (20, 0.1%)

2 ぁん, ぁんが, ぁんの, あ, あんの 1 ぁんおっ母さんいま帰りました, ぁんが一人で, ぁんしっかり, ぁんと, ぁんとても心配してる, ぁんどうしても, ぁんに, ぁんにか, ぁんは, ぁンなかなか

▼ 父信階~ (20, 0.1%)

2 に報じた

1 [18件] に与, の仕へ, の像, の時, の養母, の養母大久保氏伊佐, の養父信政, の養父信栄, は五十七歳, は五十八歳, は五十六歳, は年三十四, は板橋, より始つた, より少き, をし, 即井出門次郎, 大升

▼ 父からも~ (19, 0.1%)

4 母からも 2 何の

1 [13件] あまり来なかつた, おきき及び, 兄からも, 勘当された, 厳しく云い渡され, 友達からも, 問われて, 堅くいましめられ, 宜しくとの, 旧恩の, 時々送金, 聞きも, 色いろ申し

▼ 父~ (18, 0.1%)

3 まっ 2 あん, に喜ん, まア 1 お母さ, から六十錢, とお, どうかこの, へこの, へも彼女, までいらっしゃいます, までお, 抱きあげ抱きあげほれ坊や

▼ 父であった~ (18, 0.1%)

2 ことを

1 [16件] かのよう, からである, かドウ, か他, が, が今宵, が父, という説, とすれ, のだろう, ので尚更, のを, ばかりか私, 人が, 木部に対して, 獅子羊とも

▼ 父のみ~ (18, 0.1%)

5 前に 2 命は

1 [11件] ことの, だ, でなく召使ら, ならず云われる自分, ならず娘, ならず母, もとの, 何事を, 前にとり, 知りたもう, 身はは

▼ 父信秀~ (18, 0.1%)

5 の代

1 [13件] から, がある, が伊勢, が生前, にはその, にわかれた, の墓前, の教育, の死後, の立場, は小豆坂, を御存じ, を知った

▼ 父ぎみ~ (17, 0.0%)

1 [17件] との御, ともこの, と初めて, に, に付い, に持った, のこと, の今朝, の後醍醐, の御, の膝, の返書, はいと, はしはぶき, やら俊基朝臣, や立派, 後宇多法皇

▼ 父としては~ (17, 0.0%)

2 それが, 寧ろ露骨

1 [13件] こう云う, そんなこと, むしろそれ, 一世一代の, 仕方が, 妻の, 子を, 恥じ入りお詫び, 承認できない, 斯う, 私や, 種々の, 首尾一貫し

▼ 父なき~ (17, 0.0%)

4 後は

1 [13件] あとの, あとも, あとを, のち, アーサー少年が, 人とばかり, 兒, 子らに, 少年の, 後の, 御孝道, 時は, 母

▼ 父なり~ (16, 0.0%)

4 母なり 2 祖母など 1 しや, し者ラヴェンナ, 叔父なりが, 国民の, 天なれ, 夫なりに, 姑は, 母なり子なり, 汝いたく, 私なりが

▼ 父蘭軒~ (16, 0.0%)

1 [16件] が二十八歳, が在世, が死んだ, が秋, と同じく, に子, に肖た, に足疾, の墓, の如く, の手, の手校本, の時, の柏軒, の遺風, は前

▼ 父貞氏~ (16, 0.0%)

2 の法要

1 [14件] が亡くなった, と意見, には, に伴われ, のみはかつて, の健やか, の喪, の病間, の眼, の祐筆, は亡き, もこの, もだ, や憲房

▼ 父へも~ (15, 0.0%)

1 [15件] あてつけて, いい客たち, その由, 一言, 会いには, 何も, 叛く, 大孝, 幕府へも, 当然に, 手紙の, 正家へも, 母へも, 甘える日, 諫言

▼ 父その~ (14, 0.0%)

1 [14件] 上に, 人が, 人でなけれ, 人に対しては, 兄その, 子の, 子等および, 次の, 母が, 父の, 者は, 良人その, 言の, 長大異常なる

▼ 父たち~ (14, 0.0%)

1 [14件] が出立, が殺された, が行く, ぐらいの人々, と過す, のなさる, のよろこび, の他, の住ん, の暮し, の精神, は朝, を残し, 酸きブドウ

▼ 父について~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいは兄, いう母, わざわざ山奥, 上京すれ, 十手術を, 家を, 寿座へ, 戦に, 敦賀に, 歩くより, 生涯忘れる, 紐育へ, 考えて, 行けなかったの

▼ 父ばかり~ (14, 0.0%)

3 では

1 [11件] だと, であったが, でその, でなく, でなく僕, でなく兄, でなく母, でなく皆, 住む世界, 怨んで, 死んだら自分

▼ 父ひとり~ (14, 0.0%)

4 が縁側 2 でほか 1 が取残された, くらいであったろう, で私たち, になっ, のつもり, の動坂, をそちら, を悪く

▼ 父アん~ (14, 0.0%)

2 の家

1 [12件] からあと, がいつ, がゐ, が亡くなられ, のする, のやつ, の代, の代り, の死んだ, の跡, はお, は酒

▼ 父中将~ (14, 0.0%)

1 [14件] すらもさすが, のわが, の傷心, の名声海内, の姿見え来, の愛, の持てあまし, の教え, の涙, は, は浪子, も継母, や兄, を首

▼ 父とともに~ (13, 0.0%)

1 [13件] あれだけの, かれの, 三国ヶ嶽の, 内々苦しん, 堂内に, 広い座敷, 心配を, 支那の, 朝食を, 来たころ, 社会の, 行って, 詣でしこと

▼ 父子爵~ (13, 0.0%)

1 [13件] が眼, といふ人, とても人, と衝突, にし, に對, の妄, の手許, の敗北, の頑固, は彼, は最早猶, も亦

▼ 父義朝~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいる, にどこ, にもまた, に似, の五七忌, の五七日, の仇, の轍, の遺臣たち, は敗れ, や兄, や家人, をはじめ

▼ 父良持~ (13, 0.0%)

1 [13件] がまだ, が息, が擁し, が自分, などはそれ, の代, の健在, の威勢, の弟たち, の旧領, の死後, の法要, はまだ

▼ 父だった~ (12, 0.0%)

2 のです 1 か母, がそんな, けれども何ん, し家財道具, と嬉しく, と聞いた, の, のだ, のでございました, 人だ

▼ 父です~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, から, が, があんな, がわが子, けれどそれなら, って, ともなんで, ね, もの殺され, わ, 父の

▼ 父をも~ (12, 0.0%)

2 安心させます 1 さしたる武人, また長蔵, 加えいかよう, 含めて, 失うこと, 思い出させます, 数に, 晩年に, 母をも, 蔑み憎んだ

▼ 父ッさん~ (12, 0.0%)

21 が何, であるこの, と御, に叱られた, のピエール, は坊主, は嫌い, は臆病, は誰だい, は長

▼ 父信長~ (12, 0.0%)

1 [12件] が多年手塩, が旧館, という人, とちがい, と兄信忠, にさえ多年, に愛された, の, のよう, も黄母衣, を失い, を殺す

▼ 父宗円~ (12, 0.0%)

1 [12件] からの早打ち, が子, であり, の主筋, の兵力, はさすが, はなお, や一族, や妻子, をさす, を始め, を攻めつぶせ

▼ 父~ (12, 0.0%)

2 といっ, は 1 でお呼び, で呼ん, の頭字, は誰, をつけ, を君, を略し, を訊いた

▼ 父さえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] そしてもの, その気, どんなに吃驚, 今は, 善良な, 彼の, 母を, 活きて, 私の, 蔭で, 討たれなかったら旅

▼ 父たり~ (11, 0.0%)

3 母たる 1 しと, し明石正風, また補佐, 夫たり, 子は, 師たり, 得るし, 愛人たり

▼ 父にあたる~ (11, 0.0%)

2 人は 1 お人, 人である, 人物である, 先代の, 旧水戸藩士, 美濃の, 老翁と, 花村甚五衛門その, 董承

▼ 父にとっては~ (11, 0.0%)

1 [11件] どうでも, また周囲, 人々の, 何等の, 倉田家の, 初孫である, 娘以上の, 蹠の, 酒の, 非常に, 養母が

▼ 父はん~ (11, 0.0%)

1 [11件] お入りませ, がよう, とけ行かずと, とは知合う, に来, のおくれ, の一番おしまい, の勲章, の命日, をきょう, 離れずに

▼ 父われ~ (11, 0.0%)

2 が食む, の大き, はピアノ 1 に冴, の麥稈帽, の麦稈帽, は, まず子

▼ 父一人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がお, で忙, になった, に悪名, に惡名, に育てられ, の家, の所為, は彼, をたより, を引き去った

▼ 父圓太郎~ (11, 0.0%)

1 [11件] がよく, といっしょ, とて遠い, の上, の名, の死後こっち, の頬, の顔, はただ, はフラリ旅廻り, をおもわせる

▼ 父~ (11, 0.0%)

2 が島, の間借り 1 が南部, の上書, の会話, の風骨, は仙台, は相, も可愛

▼ 父さまお母さま~ (10, 0.0%)

1 おたっしゃ, と云う, にとってとても, に御, のお, のため, の密, の御, の魂, 御元気

▼ 父だけは~ (10, 0.0%)

1 こんな刺激, その性分, 二人の, 何と, 失敗の, 孫の, 欺いては, 自慢で, 至って無造作, 酒を

▼ 父とか~ (10, 0.0%)

1 いずれ反対派, いづれ反対派, 兄とかは, 兄姉を, 先生という, 子とかいう, 或は兄, 母とかの, 良人とか, 養父とか

▼ 父なども~ (10, 0.0%)

1 この人, した, その一人, その典型的, それを, 交際し, 可なり, 終生朝暮, 親しく見た, 非常に

▼ 父にとって~ (10, 0.0%)

1 あんなに恐しい, たしかに容易, ついぞこれ, むしろ勿怪の幸い, 実の, 家庭は, 恩給という, 烏山という, 重大な, 隠栖の

▼ 父家橘~ (10, 0.0%)

1 が藤松, に承ける, の前, の子, の愛顧者, の演じた, の芸目, は浮島新三郎, は芸域, も丑之助後

▼ 父かた~ (9, 0.0%)

4 の祖母, の祖父 1 から伝わった

▼ 父だけが~ (9, 0.0%)

1 そうな, わかって, 一人で, 任国に, 単身で, 書いて, 知つて居た, 自分の, 至極元気

▼ 父とを~ (9, 0.0%)

1 三日おきに, 並べて, 救い妹, 殺し又, 殺害した, 比較し, 結合したる, 置く勿, 見くらべた

▼ 父なく~ (9, 0.0%)

3 して 2 母なく 1 ならん, 家なく, 母なき, 父ある

▼ 父なら~ (9, 0.0%)

1 あたしは, あの手紙, すぐ除く, ばいつ, ば母, ん然, 何で今, 多少は, 父流の

▼ 父までが~ (9, 0.0%)

1 いかにも確信, ぐるに, そう云っ, どんなに人, 一緒に, 手つだいを, 継母と, 職を, 藤木さんに

▼ 父よと~ (9, 0.0%)

1 いはけ, いひて, 名の, 呼ばふ子, 恋しがっ, 曰ふ, 歌子は, 鳥が, 鳴きて

▼ 父伯爵~ (9, 0.0%)

1 が追い返し, の実妹, の寝室, の居間, の手, の手文庫, の顔, は一同其居間, は微笑

▼ 父信玄~ (9, 0.0%)

1 がむす, が直属, に似, に遠く, の在世中, の旧法, の自信, の霊, を傷つけられ

▼ 父孫堅~ (9, 0.0%)

2 を殺した 1 が禁門, すらその, にしたがっ, の傍ら, の家臣, の屍, の龍首船

▼ 父であっ~ (8, 0.0%)

3 てみれ 1 てその, てそれ, ても父, て基督, て母

▼ 父でない~ (8, 0.0%)

2 ことを 1 かも知れない, ことが, しいつも, とする, 娘でない, 父あゝ

▼ 父とに~ (8, 0.0%)

2 面と 1 しろ, ひどく叱られた, 一身を, 又民, 戯れチラリ, 明かな変化

▼ 父などは~ (8, 0.0%)

1 あまり早く, こういっ, モウ局に, 今少し, 幕府の, 決して愧づべき事, 温泉地に, 自ら常に

▼ 父に対しては~ (8, 0.0%)

2 只薄暗い, 心から気の毒 1 たいへんやさしかっ, つながりを, 不孝と, 冷笑的に

▼ 父に対しても~ (8, 0.0%)

2 ない 1 それから殊, 事ごとに, 同じ事, 抗議を, 母に対しても, 間接に

▼ 父に関する~ (8, 0.0%)

1 その想出, 噂を, 思い出は, 思ひ出, 記憶が, 記憶と, 記憶を, 話とは

▼ 父へは~ (8, 0.0%)

2 四五日前に 1 そんなこと, ややも, わしから, 勿論誰, 叛骨ばかり, 常によく庇っ

▼ 父以上~ (8, 0.0%)

1 であらね, なもの, な親しみ, に備わりすぎ, に文明開化, に潔癖, のそれ, の暴君

▼ 父兼松~ (8, 0.0%)

1 が六十一, のその頃, の弟, の顔, はもはや, は明治三十二年八十二歳, は生粋, は都合

▼ 父博士~ (8, 0.0%)

1 とは性格, によって椋島技師, の仕事, の胸, の腕, の遺した, は一言, や婚約者

▼ 父富右衞門~ (8, 0.0%)

1 がまた, が名代, には孝行, の代り, の名代, の災難, は蘇生, も蘇生

▼ 父忠兵衛~ (8, 0.0%)

1 の外, の妾, の歿, の病気, は即座, は年, も牧, をいたわり慰め

▼ 父恋し~ (8, 0.0%)

3 母恋し 1 さは, さを, やと, 母も, 母嶋見れ

▼ 父~ (8, 0.0%)

1 が年來, が年来, の業, の老, の衣鉢, の許, の面痩目, はいつぞや

▼ 父こそ~ (7, 0.0%)

1 ちがうが, 不幸なれ, 完全に, 実に今日, 最もその, 眞に, 誰よりも

▼ 父といふ~ (7, 0.0%)

2 のは 1 ことから, ものは, 人は, 味夢にも, 點で

▼ 父にて~ (7, 0.0%)

1 おはする, おはせし, おわし候, その譯, アッシージの, マラテスタ・ダ・ヴェルルッキオと, 候ふ

▼ 父はと~ (7, 0.0%)

3 見ると 1 ほくぼんやり, 問へば, 見れば, 言へば

▼ 父やん~ (7, 0.0%)

61 はあ止め

▼ 父よりは~ (7, 0.0%)

1 かえって怖かっ, 伯父に, 小柄な, 小柄なう, 濃い直衣, 猶更大切, 背丈伸び

▼ 父~ (7, 0.0%)

1 が, が帰った, のこと, はあんまり, はどうして, も今, を探し

▼ 父及び~ (7, 0.0%)

1 われらの, 奥平の, 教化の, 特に私, 端嚴の, 継母に対する, 身毒の

▼ 父~ (7, 0.0%)

3 に来た 2 の書留 1 に三月十四日, の手紙

▼ 父~ (7, 0.0%)

4 忠は 3 忠の

▼ 父弾正~ (7, 0.0%)

2 の死顔 1 が江戸, の枕元, の胸, は尺八, は老年

▼ 父春水~ (7, 0.0%)

2 に寄せた 1 と比べ, の友, の屋敷, をさえ道学先生, を喪

▼ 父~ (7, 0.0%)

4 して 1 し弟, なんとする, にて母

▼ 父皇子~ (7, 0.0%)

1 がたしなめよう, が雄略天皇, の前, の墓, の御, を拝, を養い奉った

▼ 父~ (7, 0.0%)

2 と子等 1 が当時, この名, のため, の事業, の人達

▼ 父たる者~ (6, 0.0%)

1 が最も, の家事, は何処, は其苦労, は子, をし

▼ 父に従って~ (6, 0.0%)

1 その地, 上京し, 播州に, 江夏へ, 江戸に, 軍中に

▼ 父ヂュウス~ (6, 0.0%)

2 よアレース 1 に祈祷上げ胸, は虚僞, よ君, よ群神

▼ 父一人子一人~ (6, 0.0%)

2 であと, の娘 1 の久し振り, の生涯

▼ 父以外~ (6, 0.0%)

1 にある, にはその, に一族, に対して脅迫状, の力, の者

▼ 父但馬守~ (6, 0.0%)

1 であった, とともに道場, に別れ, の位牌, はいかなる, は過

▼ 父信之~ (6, 0.0%)

2 の末, の計 1 が学生時代, が學

▼ 父半蔵~ (6, 0.0%)

1 がこれ, そのままである, に似, の娘, の座敷牢, を迎えた

▼ 父~ (6, 0.0%)

1 が下, と同じ, の綱たる, は子, み靈, を大勢

▼ 父時政~ (6, 0.0%)

1 とが正面, に對, のさし, は平氏, へこの, を幽閉

▼ 父楊庵~ (6, 0.0%)

1 が二十四貫八百目, である, とである, に求めた, は三十一歳, は金

▼ 父~ (6, 0.0%)

1 二斎, 二斎と, 二斎について, 二斎の, 児を, 子と

▼ 父皇後醍醐~ (6, 0.0%)

1 とともに軍事, とのご, のご, のむね, へ直接, をさがし

▼ 父~ (6, 0.0%)

1 の, の呪咀, の堂, の荒魂, の許, は日輪

▼ 父竜池~ (6, 0.0%)

1 がこの, が鎌倉, の事, の師秦星池, の後, は毎

▼ 父関羽~ (6, 0.0%)

1 の名, の姿, の手, の遺物, も父張飛, を殺した

▼ 父あて~ (5, 0.0%)

1 に, におくった, に手紙, に長い, の手紙

▼ 父あり~ (5, 0.0%)

1 けめ, て空襲警報, という, 即ちペーリュウス, 母ある

▼ 父この~ (5, 0.0%)

1 子の, 愛づべき花の, 母この, 辺一帯の, 通り五両と

▼ 父さまたち~ (5, 0.0%)

1 にはないしょ, に向っ, のお, のお話, を探し出し

▼ 父じゃ~ (5, 0.0%)

2 ないわ 1 ございませんか, アない, アねえ

▼ 父すなわち~ (5, 0.0%)

1 ジャン, ヘルマン博士の, 私たちの, 私の, 藤原の

▼ 父だけ~ (5, 0.0%)

1 おいて, だったろう, である, では, なの

▼ 父だって~ (5, 0.0%)

1 この際相当, それまで, 人間だ, 歳は, 辛いし

▼ 父っあん~ (5, 0.0%)

1 こいつあ, これ, すみません, どうしたえ, どが

▼ 父でございます~ (5, 0.0%)

21 もの, わね, 弟も

▼ 父といふは~ (5, 0.0%)

3 三つの 1 上田の, 日頃極めて

▼ 父によって~ (5, 0.0%)

1 されて, その運命, 傷けられた, 表示された, 黙って

▼ 父はね~ (5, 0.0%)

2 恥ずかしい商売 1 こんどの, まきで, 僕に

▼ 父また~ (5, 0.0%)

1 お前の, その妻みな, 其他の, 白山が, 鬢毛の

▼ 父ヴィーク~ (5, 0.0%)

1 と仲直り, に伴われ, に結婚, は全欧, を説き落す

▼ 父久政~ (5, 0.0%)

1 である, の仮, の侍臣, へも彼, も浅井

▼ 父亡き~ (5, 0.0%)

1 あとの, あと直ちに, きょうの, 今自分の, 母の

▼ 父伊太夫~ (5, 0.0%)

1 が小町庵, とその, の立場, はその, を関ヶ原

▼ 父俊成~ (5, 0.0%)

1 が幽玄, とを立て, のところ, の庭訓, は四十九歳

▼ 父司馬談~ (5, 0.0%)

2 の卒去 1 と面會, に河洛, を失つた譯

▼ 父同様~ (5, 0.0%)

1 な心, に育て, のもの, の弱者, の御

▼ 父壁辰~ (5, 0.0%)

1 から受け継い, の出入り先, の十手, の胸, の脚

▼ 父~ (5, 0.0%)

1 五郎四十六歳鉄材商土地会社重役, 五静かには, 毘古と共に, 誦は, 隅と

▼ 父天皇~ (5, 0.0%)

1 たる後宇多天皇, の御, の御前, の御名, の病気平癒

▼ 父娘二人~ (5, 0.0%)

1 が同腹, になっ, になつ, はのんびり, 細々と

▼ 父将軍~ (5, 0.0%)

1 が不, の惨め, の苦戦, の預金通帳, はちょっとした

▼ 父小左衞門~ (5, 0.0%)

1 から笛, が拝領, の法事供養, へ宛てた, を鴻

▼ 父彦兵衞~ (5, 0.0%)

1 が惡名, が死骸, の外, の手, の骨

▼ 父~ (5, 0.0%)

2 の母 1 が帰っ, には舅, の父

▼ 父忠寛~ (5, 0.0%)

1 が最後, と同, の嫡子, の晩年, は未だ

▼ 父~ (5, 0.0%)

2 は言 1 の眼, はここ, 泣かゆ

▼ 父旅人~ (5, 0.0%)

5 の其年頃

▼ 父杉百合~ (5, 0.0%)

5 之助

▼ 父~ (5, 0.0%)

1 たらざれば, たれば, という, にあらず, も北海道さ行

▼ 父あの~ (4, 0.0%)

1 仏壇の, 母あの, 老いこんだ, 調子で

▼ 父~ (4, 0.0%)

2 ひし, ひし母こ

▼ 父さア~ (4, 0.0%)

21 にも合せる, に言

▼ 父さー~ (4, 0.0%)

2 んッ 1 ん, んお

▼ 父~ (4, 0.0%)

2 この日, 恋しきという

▼ 父だけを~ (4, 0.0%)

1 一人残し, 人間として, 同じう, 誘って

▼ 父だの~ (4, 0.0%)

2 母だの 1 僕だ, 母だ

▼ 父つつ~ (4, 0.0%)

1 あんがなあ, あんご飯, あんの, あんは

▼ 父であろう~ (4, 0.0%)

1 としても見れ, として居ます, と弟, ものなら

▼ 父でなく~ (4, 0.0%)

1 ては私, なつた父, ッちゃあ, 三味線引きの

▼ 父についての~ (4, 0.0%)

1 少年の, 思い出を, 性格は, 悲しい思い

▼ 父については~ (4, 0.0%)

1 あまり多く, それ以上触れたがらない, 一空さまも, 眼の

▼ 父にまで~ (4, 0.0%)

3 遠慮がちなれ 1 栄さんの

▼ 父ほど~ (4, 0.0%)

1 あった, 天子様を, 純粹, 軍人らしい

▼ 父らしく~ (4, 0.0%)

1 懸命に, 振舞つた, 篤実な, 素直に

▼ 父を通して~ (4, 0.0%)

2 間接に 1 かの女たち, 駿介の

▼ 父~ (4, 0.0%)

1 がこれ, と二人, なにを, の身

▼ 父シュミット~ (4, 0.0%)

1 のところ, はケーテ, は十七歳, は折

▼ 父マルクス~ (4, 0.0%)

21 はこういう, は十八世紀フランス哲学

▼ 父一色清五郎~ (4, 0.0%)

2 からお, の封じた

▼ 父三成~ (4, 0.0%)

1 の刑死前後二三年, の正室, の消息, の行年

▼ 父~ (4, 0.0%)

2 死んで 1 我を, 牢獄に

▼ 父以来~ (4, 0.0%)

2 の功臣 1 の敵, の遺産田領

▼ 父作松~ (4, 0.0%)

2 と母, に説いた

▼ 父兄弟~ (4, 0.0%)

1 でも, という存在, にわかれ, を失った

▼ 父公保~ (4, 0.0%)

1 が六十三歳, の時代永享十一年十八歳, の跡, も内大臣

▼ 父勝頼~ (4, 0.0%)

1 が暗愚, との父子, の従弟, の消息

▼ 父~ (4, 0.0%)

1 嶺の, 左エ門へ, 左衞門は, 左衞門へ

▼ 父合邦~ (4, 0.0%)

2 が返事一つ, の侘び住居

▼ 父善助~ (4, 0.0%)

1 のため, の声, はそれきり, は子供たち

▼ 父四郎左衛門~ (4, 0.0%)

1 であつ, の事, は十六歳, は明治三年十月十日

▼ 父安房守~ (4, 0.0%)

1 から柳生宗矩様, といったの, に劣るまじく, のいい

▼ 父官兵衛~ (4, 0.0%)

1 が引き揚げ, にははや, に伴われ, のおる

▼ 父庄右衛門~ (4, 0.0%)

1 が前, を悪逆無道, を殺し, を殺害

▼ 父~ (4, 0.0%)

2 の命 1 からの人間, が並ん

▼ 父教授~ (4, 0.0%)

1 と行, の助手アラン・エヴァンス学士, の唯一, を助け

▼ 父榛軒~ (4, 0.0%)

1 が主として, が壽, は数日来感冒, も山陽

▼ 父樣私~ (4, 0.0%)

2 で御座んす 1 は御願, は私

▼ 父殺し~ (4, 0.0%)

1 さへ, の犯人, の言う, を悪

▼ 父河村靱負~ (4, 0.0%)

4 の形見

▼ 父法外~ (4, 0.0%)

1 がしずか, としては人, の仇敵, を手

▼ 父玄俊~ (4, 0.0%)

1 であつ, の師, の死後八十日, は名

▼ 父王昇~ (4, 0.0%)

1 が巷, のこと, の代, は後

▼ 父~ (4, 0.0%)

1 に抱く, のキモノ, の愛情ひとつ, の祖父

▼ 父精一郎~ (4, 0.0%)

3 の従弟 1 の妹貞

▼ 父織江~ (4, 0.0%)

1 がお世話, は福原別懇, を殺害, を討っ

▼ 父者人~ (4, 0.0%)

1 であった, に対して卑怯, は十六, は戦

▼ 父道庵~ (4, 0.0%)

2 が不思議 1 の注文, の註文

▼ 父重明~ (4, 0.0%)

1 が伺うべきでございます, とともに, もはや, や大覚

▼ 父うえ~ (3, 0.0%)

1 お城大工, が, のお

▼ 父うち~ (3, 0.0%)

1 やんだつて, やんを, やん父

▼ 父うに~ (3, 0.0%)

1 あったらおら, きいて, 逢うて

▼ 父こそは~ (3, 0.0%)

1 セエラにとって, 渾身愛に, 父こそは

▼ 父これ~ (3, 0.0%)

1 ぐらいハッキリ, にその, を愍

▼ 父そして~ (3, 0.0%)

1 夫に, 涼子の, 面と

▼ 父そっくり~ (3, 0.0%)

1 だった, であります, な顔

▼ 父それ~ (3, 0.0%)

1 から散歩, は見もの, を同じ

▼ 父だけに~ (3, 0.0%)

1 ござります, 彼の, 親権が

▼ 父でさえ~ (3, 0.0%)

1 いちばんひどい, いった, 羽織だけは

▼ 父でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばならない, ば式部官

▼ 父とても~ (3, 0.0%)

1 可哀さうに, 同じ考え, 知らなかったでしょう

▼ 父などと~ (3, 0.0%)

1 いうて, ちがい清盛, 一所に

▼ 父などの~ (3, 0.0%)

1 営利事業に, 行方は, 話で

▼ 父なれ~ (3, 0.0%)

1 ばこそと子, ば知らず, や別れ

▼ 父にたいする~ (3, 0.0%)

1 あらゆる不満, ことばでしょう, 畏敬というか

▼ 父にでも~ (3, 0.0%)

2 兄にでも 1 見つけられてはと

▼ 父のみか~ (3, 0.0%)

1 どのあと, どのいます, 母も

▼ 父のみかどは~ (3, 0.0%)

1 すぐ先, ともかく母情, 今夏いらい

▼ 父はな~ (3, 0.0%)

1 ほんとの, 木曽の, 江戸の

▼ 父~ (3, 0.0%)

1 おろして, とに飛びかかっ, 可哀相だって

▼ 父ほどに~ (3, 0.0%)

1 圓滿な, 地に, 實際に

▼ 父ほどの~ (3, 0.0%)

1 ものを, 乗り手を, 経済的知力を

▼ 父よりの~ (3, 0.0%)

1 便りでありました, 手紙で, 知らせによって

▼ 父アブラハム~ (3, 0.0%)

2 に語り 1 よ我

▼ 父アンキセス~ (3, 0.0%)

1 にめぐりあひ, の魂, はこの

▼ 父クロニオーン~ (3, 0.0%)

1 わが軍勢, 又アテーネー, 又アテーネー・アポローン

▼ 父ステツレル~ (3, 0.0%)

1 の妖怪的, の怪異, の顔

▼ 父ゼウス~ (3, 0.0%)

1 に請, の傍, は天上

▼ 父~ (3, 0.0%)

2 つあんは 1 つァ

▼ 父ッあん~ (3, 0.0%)

1 とお, のピエール, の胤

▼ 父ツちや~ (3, 0.0%)

1 ん俺, ん早く, ん甚太郎さん

▼ 父中條精一郎~ (3, 0.0%)

1 が死去, と協力, のところ

▼ 父九郎右衛門~ (3, 0.0%)

1 の告発書, の跡, は病気

▼ 父六兵衛~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の寝息

▼ 父~ (3, 0.0%)

1 の六波羅, 将軍の, 年来横浜桟橋合資会社の

▼ 父危篤~ (3, 0.0%)

3 の電報

▼ 父~ (3, 0.0%)

1 ハ男子ナクシテ貧困且ツ勞働ニ堪, 他の, 早ク亡ス

▼ 父吉田~ (3, 0.0%)

2 大納言定房 1 ノ大

▼ 父地母~ (3, 0.0%)

1 の交会作用, の思想, の生殖

▼ 父大國主~ (3, 0.0%)

2 の神 1 の命

▼ 父太子~ (3, 0.0%)

1 にとつて, に似, の執政生活

▼ 父孝高~ (3, 0.0%)

1 のいる, の剛毅, の潔白

▼ 父少将~ (3, 0.0%)

1 の書斎, はどう, も母夫人

▼ 父左衛門~ (3, 0.0%)

1 は生前, は生前彼, は紙帳

▼ 父後醍醐~ (3, 0.0%)

1 との一年半ぶり, へ直々, もはじめ

▼ 父忠琢~ (3, 0.0%)

1 は養父宗伯, も共に, を養つて子

▼ 父忠盛~ (3, 0.0%)

1 の所領, の死後, は伊勢

▼ 父抽斎~ (3, 0.0%)

1 の榛軒, の継嗣, は遺言

▼ 父曹操~ (3, 0.0%)

1 の帝位, の若い, の近習たち

▼ 父栄玄~ (3, 0.0%)

2 が歿 1 の褊狭

▼ 父正一氏~ (3, 0.0%)

1 が狂的, のウケウリ, の立場

▼ 父武蔵守輝国~ (3, 0.0%)

1 が領地, はすでに, や牡鹿山

▼ 父法主~ (3, 0.0%)

1 が急, でも兄法主, は逝き

▼ 父玄徳~ (3, 0.0%)

1 のいる, の両手, の威

▼ 父玄道~ (3, 0.0%)

1 あるが, は人, は寿海

▼ 父甚五衛門~ (3, 0.0%)

1 の内命, の声, へこの

▼ 父男爵~ (3, 0.0%)

1 が世, に答えた, の後ろ

▼ 父相良寛十郎~ (3, 0.0%)

1 のおも, のなれ, の掛け小屋

▼ 父経盛~ (3, 0.0%)

2 の許 1 などは目立たない

▼ 父~ (3, 0.0%)

1 将祖父高望王, 橋太郎入道へ, 永と共に

▼ 父蔡大臣~ (3, 0.0%)

1 のお, のお蔭, の誕生祝い

▼ 父薪左衛門~ (3, 0.0%)

1 と向かいあっ, に仇, は都合

▼ 父藤原豊成朝臣亡父~ (3, 0.0%)

3 贈太政大臣七年

▼ 父譲り~ (3, 0.0%)

1 と言, の伝来, の貞宗

▼ 父輝宗~ (3, 0.0%)

1 から家, が殺された, の臣

▼ 父道三~ (3, 0.0%)

1 と鷺山, を憎む, を討っ

▼ 父道斎~ (3, 0.0%)

1 が島原, と懇意, の作った

▼ 父道齋~ (3, 0.0%)

1 が島原, と懇意, の作つた

▼ 父適斎~ (3, 0.0%)

1 に別れ, の命, は四年

▼ 父隆升軒信階~ (3, 0.0%)

1 が猶, の友, は此年五月二十八日

▼ 父音母音~ (3, 0.0%)

3 の区別

▼ 父頼房~ (3, 0.0%)

1 に謁, の側室久子, は徳川家康

▼ 父~ (3, 0.0%)

1 を山子, 騰と, 騰に対して

▼ 父鴎外~ (3, 0.0%)

1 によって深く, の姿, を自分

▼ 父ある~ (2, 0.0%)

1 も父, 人と

▼ 父うちゃん~ (2, 0.0%)

1 お芝居, こんなところ

▼ 父おも~ (2, 0.0%)

2 かげに

▼ 父かとぞ~ (2, 0.0%)

1 おもう, 思う母

▼ 父がと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼと夜半, 云ふ

▼ 父ここ~ (2, 0.0%)

2 に坐す

▼ 父さまあなた~ (2, 0.0%)

1 おうれしく, はこの

▼ 父さまこれ~ (2, 0.0%)

1 お好き, は囲碁

▼ 父さまわたし~ (2, 0.0%)

1 お父さま, がわるう

▼ 父さま大丈夫~ (2, 0.0%)

1 だ, ですよ

▼ 父しか~ (2, 0.0%)

1 いない, 記憶に

▼ 父すら~ (2, 0.0%)

1 亡くなる一週間, 目出度い目出度いと

▼ 父そのまま~ (2, 0.0%)

1 の蒼ざめた姿, を父

▼ 父そのもの~ (2, 0.0%)

1 がニス, であって

▼ 父その他~ (2, 0.0%)

1 からも勧められた, の数人

▼ 父そんな~ (2, 0.0%)

1 こと云っ, 風な

▼ 父だろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 父つあんだ~ (2, 0.0%)

1 つてなかなか, のという

▼ 父など~ (2, 0.0%)

1 ことにそうで, 成程

▼ 父などが~ (2, 0.0%)

1 多少漢学, 常々

▼ 父などとは~ (2, 0.0%)

1 殆ど顔を, 肌合いの

▼ 父なりき~ (2, 0.0%)

1 この名, 人に

▼ 父なりと~ (2, 0.0%)

1 きけるも, 稱する

▼ 父なんか~ (2, 0.0%)

1 云は, 倭文子には

▼ 父なんかも~ (2, 0.0%)

2 何時の間にかあんな

▼ 父なんて~ (2, 0.0%)

1 この小屋, 何が

▼ 父にこそ~ (2, 0.0%)

1 告げなかったが, 恨みは

▼ 父にさえ~ (2, 0.0%)

1 なれたらそれで, 顔を

▼ 父にたいして~ (2, 0.0%)

1 いだくべき尊敬, 争わなければ

▼ 父にだけ~ (2, 0.0%)

1 させて, 似て

▼ 父にだけは~ (2, 0.0%)

1 批評なし, 面倒を

▼ 父にと~ (2, 0.0%)

1 つても, ケーローン與へ

▼ 父にな~ (2, 0.0%)

2 つてゐた

▼ 父によ~ (2, 0.0%)

1 つて圧迫を, つて経営されました

▼ 父に対し~ (2, 0.0%)

1 一様に, 主人に対し

▼ 父に対してすら~ (2, 0.0%)

1 向けられて, 従順には

▼ 父のう~ (2, 0.0%)

1 でにかけ, はばみは

▼ 父のみかどへ~ (2, 0.0%)

1 おわびいたしましょう, お渡し

▼ 父はが~ (2, 0.0%)

1 つくりして, むしやらに

▼ 父はよ~ (2, 0.0%)

1 くさういふ, くさう言

▼ 父ばかりが~ (2, 0.0%)

1 死んで, 飽くなき

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 に怒られる, の子

▼ 父または~ (2, 0.0%)

1 母を, 祖父の

▼ 父まで~ (2, 0.0%)

1 嘲弄し, 憎むよう

▼ 父までも~ (2, 0.0%)

1 拘泥の, 驚いて

▼ 父もさ~ (2, 0.0%)

1 うだつた, のみに驚き

▼ 父もしくは~ (2, 0.0%)

1 叔父に, 叔父の

▼ 父もち~ (2, 0.0%)

1 と狼狽, よくち

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 の遇逢, も

▼ 父らしくなく~ (2, 0.0%)

1 子が, 浅ましい爺

▼ 父をけ~ (2, 0.0%)

1 えせ, えせっ

▼ 父をさえ~ (2, 0.0%)

1 寝間へ, 甘く見

▼ 父を以て~ (2, 0.0%)

1 余りに, 唯一の

▼ 父アさん~ (2, 0.0%)

1 がやめ, の一周忌

▼ 父アラスデル~ (2, 0.0%)

1 が世, が生きてる

▼ 父ウイリアム・レスリイ・シュナイダア~ (2, 0.0%)

1 が法廷, もその

▼ 父キリスト~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 父サン~ (2, 0.0%)

1 と, の仇讐

▼ 父ジョン~ (2, 0.0%)

2 はフランス人系統

▼ 父ツさん~ (2, 0.0%)

1 が毎日, は年取つて腰

▼ 父ツちやん~ (2, 0.0%)

1 が云つて, は屹度永生き

▼ 父トオカル~ (2, 0.0%)

2

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 代理ダト云ッテ御, 子ゾカシ

▼ 父フョードル・パーヴロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 との反目, をはじめて

▼ 父ペレウス~ (2, 0.0%)

1 とテチス, より傳

▼ 父一代~ (2, 0.0%)

1 で不可能, のほこり

▼ 父一個~ (2, 0.0%)

1 の人間, の理想

▼ 父三右衛門~ (2, 0.0%)

1 が持っ, の筆

▼ 父三宅光安~ (2, 0.0%)

1 であった, の手許

▼ 父上っ~ (2, 0.0%)

1 彼の, 父上っ

▼ 父上庄八郎殿~ (2, 0.0%)

1 には日頃, のおり場所

▼ 父世阿弥~ (2, 0.0%)

1 が阿波, の血

▼ 父二人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の幼い

▼ 父二官~ (2, 0.0%)

1 の合鍵, の妙

▼ 父井上外記~ (2, 0.0%)

1 が丹精, が江州鍛冶

▼ 父亡き後~ (2, 0.0%)

1 の母, 久しく丁原

▼ 父京水~ (2, 0.0%)

1 が祖先, の例

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 としてはその, を殺し

▼ 父仁右衛門~ (2, 0.0%)

1 と手分け, の名

▼ 父今や~ (2, 0.0%)

1 なしああ, 亡し

▼ 父以南~ (2, 0.0%)

1 の実家新木氏, の胸

▼ 父伊兵衛~ (2, 0.0%)

2 は恐らくは

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 かさえ判らず, ともいえよう

▼ 父佐太夫~ (2, 0.0%)

1 なりし, に申

▼ 父作阿弥~ (2, 0.0%)

1 とひとり娘, の言

▼ 父俊亮~ (2, 0.0%)

1 の聰明, の顔

▼ 父信虎~ (2, 0.0%)

1 を姉婿, 少しも

▼ 父傳藏~ (2, 0.0%)

1 に至り, の代

▼ 父儀造~ (2, 0.0%)

1 と幼い, は二川重明

▼ 父先生~ (2, 0.0%)

2 の神宮清臣

▼ 父克勤~ (2, 0.0%)

1 の昼, は済寧

▼ 父六角博士~ (2, 0.0%)

1 の容態, をぜひ

▼ 父兵衛~ (2, 0.0%)

1 のこの, の苦労

▼ 父利兵衞~ (2, 0.0%)

1 に叱られん, を牢舍

▼ 父利安~ (2, 0.0%)

1 に贈られた, は跣足

▼ 父勝重~ (2, 0.0%)

1 の推挙, をぶんなぐった

▼ 父十兵衞~ (2, 0.0%)

1 が年貢, は古稀

▼ 父卜庵~ (2, 0.0%)

1 が左右良, の友ぢ

▼ 父卯八~ (2, 0.0%)

2 や兄卯太郎

▼ 父右京~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 父吉田定房~ (2, 0.0%)

1 などもほのか, の家

▼ 父同士~ (2, 0.0%)

1 の知り合い, の間

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 は恭忠, は経

▼ 父問屋~ (2, 0.0%)

2 へ持

▼ 父夏侯淵~ (2, 0.0%)

1 とは似, とは余りに

▼ 父大久保卿~ (2, 0.0%)

1 にねだっ, に伴われ

▼ 父大山津見~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 父大岡五郎左衛門忠英~ (2, 0.0%)

1 が幕府番頭, が番頭

▼ 父大病~ (2, 0.0%)

1 につき, にて死なん

▼ 父~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ 父太公~ (2, 0.0%)

2 を擒

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 と娘たち, に謀

▼ 父娘仲~ (2, 0.0%)

1 のよい, もよかっ

▼ 父娘喧嘩~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 父宇右衛門~ (2, 0.0%)

1 のころ, は老後茶道

▼ 父定家~ (2, 0.0%)

1 の歌, はそれ

▼ 父宛て~ (2, 0.0%)

1 の封書, の手紙

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 兼なども, 蔵について

▼ 父室山~ (2, 0.0%)

1 は東浅井郡, へ登っ

▼ 父家康~ (2, 0.0%)

1 から授, の怒り

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 阿と共に, 阿殿

▼ 父富右衞門儀~ (2, 0.0%)

1 は今日, を御

▼ 父富武五百之進~ (2, 0.0%)

1 には非常, の墓標

▼ 父対長島~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ 父小野政秀~ (2, 0.0%)

1 が日ごろ, などと同列

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 弐貞経, 童には

▼ 父岩城判官正氏在京~ (2, 0.0%)

2 の時讒

▼ 父~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 のそば, よ仰ぎ見すれ

▼ 父左団次~ (2, 0.0%)

2 を語る

▼ 父左近太夫~ (2, 0.0%)

1 がこれ, を見舞わなけれ

▼ 父帝後嵯峨~ (2, 0.0%)

1 の偏愛, の未亡人

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 の三つ, の如く

▼ 父平兵衞~ (2, 0.0%)

1 に見せし, は肩先

▼ 父平助~ (2, 0.0%)

1 でなくて, のもの

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 に一, も四十幾つ

▼ 父幸村~ (2, 0.0%)

2 は弟

▼ 父庄司右京~ (2, 0.0%)

1 と残る, と殘

▼ 父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 父弥一右衛門~ (2, 0.0%)

1 は一生瑕瑾, は笑った

▼ 父弥右衛門~ (2, 0.0%)

1 とちょうど, の持っ

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 が史記, の業

▼ 父忠右衛門~ (2, 0.0%)

1 が横死, の天国

▼ 父思ひのせゐ~ (2, 0.0%)

2 だのやれ

▼ 父恩田~ (2, 0.0%)

1 と運命, はもはや

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 お案じ, の闇

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 でたび, の鞭

▼ 父憲秀~ (2, 0.0%)

1 と相談, と謀り

▼ 父拳法~ (2, 0.0%)

1 に手, の遺産

▼ 父文蔵~ (2, 0.0%)

1 の若党, は喜ん

▼ 父斉興~ (2, 0.0%)

1 がおわす, とは親しみ

▼ 父昌幸~ (2, 0.0%)

1 がどう, の法事

▼ 父昌幸以来~ (2, 0.0%)

1 のいろいろ, の恩義

▼ 父曹嵩~ (2, 0.0%)

1 は宮内官, も

▼ 父朝之助~ (2, 0.0%)

1 だろうか, を小型

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 が阿部家, とまだ

▼ 父桐壺帝~ (2, 0.0%)

1 が源氏, の妹君

▼ 父森三左衛門~ (2, 0.0%)

1 が悲壮, 可成

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 を継い, を継ぐ

▼ 父楽翁~ (2, 0.0%)

1 とおもい, の駕籠

▼ 父樣一遍勇さん~ (2, 0.0%)

2 に逢

▼ 父樣母樣~ (2, 0.0%)

2 といふ折

▼ 父正成~ (2, 0.0%)

1 がいう, の誠忠

▼ 父死後~ (2, 0.0%)

2 の始末

▼ 父殿~ (2, 0.0%)

1 が恋しい, に会いたい

▼ 父母小川久兵衛牧師泉田精一教誨師前坂和子君所長~ (2, 0.0%)

2 にも僕

▼ 父水戸~ (2, 0.0%)

1 の篁大学, へ行く

▼ 父河原~ (2, 0.0%)

2 ノ入道

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 の柄, の考え方

▼ 父浜之助~ (2, 0.0%)

1 が遂に, は脳

▼ 父源兵衛~ (2, 0.0%)

1 に引き渡し, の秘蔵息子

▼ 父為義~ (2, 0.0%)

1 も朝議, を見殺し

▼ 父無し児~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だと

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 は亜米利加産, 之助

▼ 父~ (2, 0.0%)

2 に飲

▼ 父玉井金五郎~ (2, 0.0%)

1 と母マン, は終生

▼ 父百両~ (2, 0.0%)

1 の現金, の金

▼ 父石崎源三~ (2, 0.0%)

1 が景岡, を殺そう

▼ 父石崎金次~ (2, 0.0%)

1 という浪人者, といふ浪人者

▼ 父石舟斎~ (2, 0.0%)

1 に伴われ, の孫

▼ 父秀義~ (2, 0.0%)

1 だけが近江源氏, にも劣らない

▼ 父秋山佐仲~ (2, 0.0%)

1 というの, といふ

▼ 父立花博士~ (2, 0.0%)

1 の苦心, は北上川

▼ 父経清~ (2, 0.0%)

1 は実に, を責め

▼ 父織田信秀~ (2, 0.0%)

1 の皇室中心, の霊

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 のよう, もない

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 この三人, は安

▼ 父藤原~ (2, 0.0%)

2 の伊太夫

▼ 父藤原豐成朝臣亡父~ (2, 0.0%)

2 贈太政大臣七年

▼ 父藤孝~ (2, 0.0%)

1 に遠く, も

▼ 父蘭軒兄榛軒~ (2, 0.0%)

1 と同じく, の余沢

▼ 父衛侯~ (2, 0.0%)

1 の訃, の返辞

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 を報ずるあたわ, を復せ

▼ 父貞氏どの~ (2, 0.0%)

1 の御, はあの

▼ 父~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 父越前守~ (2, 0.0%)

1 が立て籠っ, に会わせ

▼ 父輝国~ (2, 0.0%)

1 のせい, や一閑斎

▼ 父近江~ (2, 0.0%)

1 は竹田, を討った

▼ 父逝く~ (2, 0.0%)

1 や明星霜, 日まで

▼ 父適斎道有~ (2, 0.0%)

1 の七十, は霞亭

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 兵衛といふは, 左衞門より

▼ 父重忠~ (2, 0.0%)

1 が安房州長, も北条氏

▼ 父鉄斎~ (2, 0.0%)

1 とは幽明さかい, の横死

▼ 父長政~ (2, 0.0%)

1 が夫人保科氏, に與へた具足

▼ 父陰謀政治家~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ 父青木丹左~ (2, 0.0%)

1 がゆうべ先, の失脚

▼ 父~ (2, 0.0%)

1 と母音, の後

▼ 父須和康人~ (2, 0.0%)

1 に久世喜善, また大伴家歴代

▼ 父高橋高敏~ (2, 0.0%)

1 に約する, は通称

▼1* [1258件]

ぁんもうそれ, 父あすの朝, 父あっての母, 父あらぬ身を, 父あれば, 父あんお前の, 父いかなれば, 父いかに舊の, 父いつか眠りに落ちた, 父いませし頃, 父いまだ帰らざりけり, 父うえ安房守さまの御, 父うえ駿河大納言のけら, 父うさに言う, 父うさんいいでしょう, 父うさんから誤解された, 父うだども普門院, 父うちゃんが, 父うちゃんがねえ母ちゃんとモル, 父うちゃんとおるす番しとったの, 父うちゃんはねえいまお弁当, 父うに砂糖を貰うた, 父うのいうとおり, 父うばおろして, 父う乗つて戻ろう, 父納戸役人吾孫子なにがしという, 父おいらにも銭くん, 父おやとして, 父および母と, 父かうして横つて, 父かく己が, 父かくれたるに在す, 父かのように, 父かも判らない, 父からさえも冗談を, 父がからかふやう, 父がねやはり正夫, 父がはいつて, 父がめつきり身體が, 父がめつきり老, 父がも少し待て, 父ぎみさまお兄ぎみさま, 父ぎみ叔父ぎみ道に立ち, 父ぐらいの年輩で, 父これぐらゐハッキリと, 父が意地, 父さあは帰っ, 父さあーん, 父さえも一と, 父さては家に, 父さまあたしいま中支でやっ, 父さまあたしたちお願, 父さまいま御門の外, 父さまうちの鬼瓦, 父さまお母さまお願いでございますどうぞ, 父さまお願いです私, 父さまここへ泊まる, 父さまつたら大層, 父さまつて方は確か針製造, 父さまぼく毎日いつしよけんめい, 父さまわたし頭をもむ, 父さま今帰ったよ, 父さま今日はどこ, 父さま今日写真屋さんをお呼び, 父さま今晩お仕事, 父さま何処へ行つて, 父さま僕この宅, 父さま可哀そうだわ, 父さま大丈夫硯箱はもらはれます, 父さま女はだめ, 父さま娘を見, 父さま居給ふやと, 父さま帰つてらつし, 父さま弥生もお, 父さま彗星が出る, 父さま拝見いたします, 父さま斯う致しましょうか, 父さま春はもう, 父さま晩になった, 父さま栄町の三八さま, 父さま火事です, 父さま無二の御, 父さま百日紅と書い, 父さま私が結った, 父さま私はずゐぶん, 父さま釣りにゆきましょう, 父さり姉ゆき友また, 父さんこうしよう, 父さんだつたら気, 父さアーん, 父さーんと泣く, 父さ今夜は我慢, 父しきりに合図を, 父すこしはなれ, 父すこやかなれば, 父すまねえがおら, 父そうして夫である, 父そっと涙を, 父それぞれの顔, 父ぞとは思われぬ, 父まついに, 父たち母たちに押しつけなすりつけよう, 父たらざれば子子, 父たらしめたのである, 父たらずといえ, 父たらずして子子, 父たるべき君と, 父たる余の面影, 父たれば子子, 父だけしか居ないの, 父だけじゃなしに, 父だけの善良さ柔和さ義理堅, 父ゃまについちゃった, 父やな, 父つあんかて少し殺生, 父つあんちつと酒, 父つあんでなうても, 父つあん思ひきつて, 父つあん見やはつたら, 父つあん飲んでくれ, 父つかれたと見え, 父つちやんべい, 父つづいて祖父, 父つまり私の, 父エ名の, 父でありますゆえ, 父であり働き繁昌し, 父である預かり役の, 父であれそれ以外に, 父でさえも居間に, 父でしたがそれ以来, 父でなきものだつた, 父といった方が, 父といふの外なし, 父とおきえが, 父とおしずとは, 父とからつながって, 父としてのみでなく母, 父としましては子としての, 父とだけであるが, 父とて吾領主の, 父とでずいぶん永い, 父とではいろいろの, 父とのみ見て, 父とも号して, 父とやらは真実の, 父はじく, 父どこ置いで, 父どれを見, 父ながらあの眉, 父なくなりて弟留守, 父なぐさまず風流でも, 父なぞと云う存在, 父なぞはいっそもう商売, 父などからも聞いて, 父などでも家の, 父などというもんじゃ, 父などにもよくない, 父などに対しても誠に面目, 父などを彼は, 父なにとぞして, 父ならぬ父に, 父ならびに多くの, 父なら盗み兼ねませんわ, 父なりが連れて, 父なりにちゃんと出来, 父なりの切りかえの, 父なるならしとみに, 父なんかが話して, 父なんぞは慈愛だ, 父にか母の, 父にたいしてはなんらの, 父にだって今の, 父についてばかりでは, 父にとってこそなくては, 父にとっての債鬼な, 父にとってもかさだかであったろう, 父にとりましては大打撃, 父ににて勝気な, 父にのみあって, 父にはとお糸, 父にぶあいそを, 父にもさうだつた, 父により以上な, 父による遺伝に, 父にるすを, 父に対してだけは心からしみじみと, 父に対しての無情の, 父に対しましても敷居を, 父に対するがごとき一種, 父に対すると常に一種悲痛, 父に対するよりも更に強い, 父に関してはあれ以後母が, 父ねむい眼で, 父のせーせ, 父のみかど御母, 父のみかどが子の, 父のみかどしか知らぬ宮, 父のみかどと争いは, 父のみかどにもお渡りくださる, 父のみに学んだ, 父のみよりを尋ねて, 父のやしきだ, 父のよこに, 父はかがまっ, 父はかぶりを振る, 父はくな, 父はじつと代, 父はじめて喜ぶ, 父はててら, 父はにが笑いを, 父はの元来が, 父ははなからお, 父ははのかいなに, 父はも少し酒, 父はをかしさうに笑, 父はんどこやあらへん, 父はんアレちゃなんで, 父はん私も, 父はん車が戻りました, 父ばとであったでしょういちばん端, 父ひでよしことさしさわり, 父ひとのこと, 父ひとり娘ひとりの私, 父ひとり来たりて人々, 父へだけ電報を, 父ほどはうまくゆかなかった, 父ほら此様に, 父ぼくにとっては祖父, 父まさか塚屋から, 父まさりの腕達者, 父まつる日の, 父までの代々の, 父までをこんな渦中, 父みたいだったわけ, 父めいた好意, 父め確に俺, 父め遉に吃驚, 父もうつかりして, 父もにはかに吃驚し, 父もへばまうら悲しき, 父もをりませんので, 父やうやく老い, 父やむをえず板額は, 父ゆずりで溌溂, 父ゆずりで小柄だった, 父ゆゑに身ひとつ, 父ゆゑにこそ悲しくも, 父よき祖父そして, 父よし子の弟, 父よは愛よ, 父らしい坐り方を, 父らしい肥った男が, 父らしくできていた, 父らしくない父が, 父らしく寛ぐ暇も, 父らしく感ぜられてきっと, 父らしゅうない父, 父ら天宝銭でも八文銭, 父ら暢気もんだから, 父わが息子な, 父わたくし弟女中が五人, 父わたしの創造者, 父をからかつたり, 父をこそ頼むなれ, 父をと言うより, 父をば其室に, 父ををふて合して, 父を通じて彼には, 父んお, 父アウレル帝の御代, 父アクリシウスを殺さん, 父アサー陣中で竜, 父アトラ王をはじめ, 父アルベルト及び彼等, 父アレサンドロは役者, 父アンピアラオスの仇, 父アーン分つたよ, 父イイイイ母の, 父イカリオスがヂオニソス, 父インド母ギリシアの間, 父ウイリアム・シュナイダアは近く, 父エクタはキリスト, 父エドワード七世とちがい, 父オイデプスの後, 父オホヤマツミの神, 父オーストリア皇帝プロシャ皇帝同盟国の最高君主, 父カン暦の誕生日, 父カーターの魔術, 父カールをお父さん, 父クロニオーン之に聽, 父クロニオーン人界の王, 父クロニオーン其智あらゆる人天, 父クロニオーン奇怪の計, 父クロニオーン果なき地上人間, 父クロニオーン穀を産する, 父クロニオーン過度の高言, 父クロニデー神明すべての中, 父グームに起った, 父コノール・マック・ネサが死んだ, 父コンの死後, 父サア・トマス・セシルだけが賛成, 父サフォオク公に宛てたる, 父サンニハ約束ノ, 父サンヨ私ハ従来男女七歳ニシテ席ヲ同, 父シモンがイギリス王エドワード一世, 父シャルル二世の, 父シャルル五世がその, 父ジシッヤクが盛り, 父ジュピタア様の宮殿, 父ジョゼフが目覚める, 父スエ子づれで行ったら, 父スエ子咲枝母国の順, 父セシルに手紙, 父セネカと區別, 父タウス息子門の前, 父タレスも天体, 父ダサラダ子なきを, 父ダニエルはヴォルテール, 父ダヴィデの位, 父チュウヂュウスその昔, 父チューヂュウス去れる時我, 父ヂュウスわれの今, 父ッちゃんはピンピン, 父ッチャハ半トシモネテ, 父ッ戸なんか蹴破っ, 父つあん, 父ツぁん負傷あります, 父ツさん子だつたから, 父テオドジウスの事, 父デューマやメリメ, 父トマスは廻転灯, 父トマス・スティーヴンスンもまた, 父トリスタンの血, 父トリスタン・ベルナアルの血, 父トルストイの余恵, 父トロースに與, 父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, 父ト母トハソノ古イ方, 父ドイツに兄, 父ドウデエの作品, 父ドン・ベデロのはげしい, 父ナキ兒童ガ孤兒ト同一ナル權利ヲ有, 父ナキ兒童ハ國家ノ兒童タル權利ニ於テ, 父ニ内證デ一ト足先ニ日航, 父ニ對シテ賠償ヲ命ジ, 父ニ強ヒザル所以ハ遺棄シタル事情ガ背徳ニセヨ又, 父ニ遺棄セラレタル兒童亦同, 父ノアは自分, 父古イ弁護士カ代言人, 父ハイドンの慈愛, 父ハロンドン生レデレスリート云ウ名ダッタノデソノ仔モ同ジ名, 父ピウス七世の特別, 父フィレスのごとく, 父フリードリッヒはその, 父フレデリック老人を思い出した, 父フーラー博士の復讐心, 父プリアモス打圍む數多の子息, 父ルマン博士の, 父ヘクトール命ぜし名, 父ヘルマン・カフカはシュトラコニッツ在, 父ヘーラクレース偉なる, 父ベルナールと生粋, 父ペンドラゴンだ, 父ホムダノマワカの王, 父ボーアの相補性原理, 父ポセイドンに牲, 父マネット医師を呼び出す, 父マルコヴァルドはグアルドラーダ, 父マンが母, 父マールヅッコ他の僧侶, 父ミュンツァ博士がグリーンランド, 父メルザル・ベル氏の考案, 父ヤ我ヲ産ミ母ヤ我ヲ育ツ, 父ヤ母ヤ祖父ヤ祖母タチノ墓モ何処カ東京デナイ所, 父ユーグとを混じ, 父ヨハンは音楽家, 父ラバンの許, 父リヴィングストーン三十年間もアフリカ, 父レオ小右衛門母クララは共に, 父レニンのお, 父刑務所ニ閉ジコメ諸君, 父ヴェストファーレンに深く, 父の台, 父一人中甲板に立っ, 父一人娘ひとりその娘, 父一切衆生皆是吾子深着世楽, 父一夢斎稲富直家が慶長十六年, 父一家の主, 父一日なんぼになっ, 父一母を与, 父一流の耳学問, 父一色刑部は健在, 父一閑斎の恩, 父丁角としてあります, 父七代目団十郎の寿海老人, 父七郎左衛門とある, 父七郎左衛門殿をたずね, 父万事万端応揚にてさながら, 父は酔っ, 父三たび家を徙, 父三也は刀, 父三十七回母五十回忌の法事, 父三原太兵衛は喜兵衛, 父三左衛門可成, 父三庵が書生, 父三斎に限り, 父三斎子光尚と, 父三斎隠居の身, 父三越婦人公論来る, 父三郎兵衛の名跡相違, 父上平左衛門殿へ, 父下人を召, 父下野守光綱が臨終, 父次衛門, 父を逝, 父世阿弥殿から少し, 父に遠, 父並びにすべての, 父中将殿の怒り, 父中田某脩の親戚山田健三, 父中隊長の戦死後, 父中頼隆はわが子, 父丹七はあさ子, 父主義とでもいう, 父久助とともに木場, 父孝子, 父り馴れし駿足, 父九万一の東京帝国大学, 父亀之助と年老いた, 父亀四郎の死骸, 父御仕置, 父事日頃三浦殿と往来, 父事服部石見六十歳の老年, 父は父, 父二三母あるは, 父二十九母二十六という若, 父二番の車, 父五代目菊五郎の芸, 父五十一母三十六の時, 父五平次先代芝翫の松前鉄之助, 父五郎右衛門の十七年忌, 父五郎左衛門の死, 父五郎左衛門長秀は信長, 父亡き後幼少彼は叔父, 父亡す者敵大なる竜, 父庭を, 父京野憲之は在職中, 父を報, 父令図と倶, 父以上兄以上な生活, 父以上本気になっ, 父以上積極的な性格, 父以下少数の人, 父以下数脈のいのち, 父以來の老臣, 父仲太郎殿の誠忠無比, 父任せだつた, 父伊予守正右が明和六年七月十二日宿老, 父伊勢守正倫が詰衆, 父伊東宗休は切腹, 父伊東祐親の墓, 父伊豆守にも言い聞かせた, 父伊達自得翁この田辺, 父伏完にご, 父会社より急, 父伯耆守僅か二三千騎, 父の身分, 父位わたしはもとより, 父位着手の億劫, 父佐月の死んだ, 父作左衛門へ最後の, 父に病みた, 父俊忠も中納言, 父信太郎の三男, 父信忠が二条城, 父信政に先, 父信玄以上だつたの, 父信虎信州佐久の海ノ口城, 父信虎様のお, 父信重は実は, 父信長兄信忠の霊, 父信長長兄信忠の死, 父俺毎月五円ずつ送っ, 父個人はひんまがっ, 父が推恩, 父健吉画伯がデッサン, 父を悪しざま, 父儀助に代わり, 父儀十郎を見る, 父優しい母そして, 父允成妻岡西氏徳尾島氏出の嫡子恒善, 父允成妻徳嫡男恒善長女純次男優善の五人, 父元宗の後, 父元就四万騎をもって大友修理大夫義鎮, 父の二代, 父兄姉などへ交互, 父兄弟子孫なり, 父兄弟良人の力, 父兆久と共にひどく, 父光古は蓮月尼, 父光安殿にすがり, 父光秀が叛旗, 父光紀が香月氏, 父光雲の還暦, 父克巳四朗みな無事に帰国, 父の啼く, 父入道が非道, 父八十三翁四年前手術の甲斐, 父八左衛門は法諡, 父八百屋市左衛門はこの, 父八郎右衛門はその, 父八郎太よりも親しみ, 父八郎太殿の斬死, 父公樣の御, 父公甚太夫殿此節俄に大病, 父六郎と同, 父に外, 父兵馬はこう, 父具簡が亡き, 父典重の直弟子, 父典養に相伝, 父再度没落, 父再起の緒, 父冠山定常は佐藤一斎, 父出家したる, 父出発の際, 父初代エセックスは夢想家, 父初代玄悦が玄吾, 父利兵衞吉三郎ともに御免, 父則義は侍, 父則義氏は廿二年ごろ, 父剛造の為め, 父剛造自ら頭を垂れ, 父しく手紙, 父劉向など, 父劉度もまた, 父劉焉が封, 父加藤五景員は子, 父加藤弾正どのも侍, 父助宗の行く, 父勘五郎に別れ, 父勘兵衛がまだ, 父勘兵衛景憲の病気, 父勘弥の晩年, 父勝頼君をうばいとらね, 父北庭菟玖波も五人男, 父北海道さ俺と一緒, 父北畠親房卿とき, 父十三日にかえられる, 父十二代目の紀, 父十兵衛には叔父, 父十太夫殿からだった, 父十方斎の信任, 父千葉亀雄の墓標, 父午後一時の急行, 父するに, 父于が, 父幽の, 父卯女子幾と云, 父危篤直戻れ, 父厳母慈ならび行, 父又は母が, 父及母ニシテ十フラン以下ノ人頭動産税, 父及母ハ人頭並ニ動産ニ対スル課税ヲ免セラルルモノトス, 父叔完疆柔の三人, 父叔父兄に向っ, 父叔父従兄弟そのほか何千マイル, 父叔齊を立てん, 父可成は去年, 父台州とである, 父に叔母, 父右府のうらみ, 父右近に従きまし, 父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 父吉右衞門國元より來, 父吉右衞門是を聞, 父吉川直広が横浜, 父吉見とは取高, 父吉雄がお, 父和田左衛門尉義盛さまはその, 父品陀の眞若, 父問三十項に対する答, 父善兵衞の亂行, 父善右衞門は百日, 父喜びて莫大, 父喜善だと, 父嘉明が卒し, 父四十三歳母三十一歳の時, 父四十代自分をつれ, 父団五郎がみずから, 父団十郎の振附け, 父国津神は母, 父国香の葬儀, 父国香叔父良正良兼また源護, 父の後, 父國夏は歌人, 父園田氏の容赦, 父土肥半蔵だった, 父在せし頃より, 父在りし日さへ, 父在世時代から何時, 父地縁共同体での領主, 父坪右衛門の請, 父から母型, 父有君存, 父基経に似あわず, 父堅く巻きたて, 父塚原土佐守の直弟子, 父壽皇孝宗に對, 父夏彦の首級, 父外記が小栗長右衛門, 父須那橘豊日天皇, 父多門氏が惨死, 父夢酔軒勝太郎左衛門小吉の回想録, 父夢酔道人の, 父大介義明のやしき, 父大伴安麿の宅, 父大宅氏は村長, 父大工のヨセフ, 父大弐と藤井殿, 父大殿様とよぶ, 父大海人皇子御母額田王, 父大秀の死, 父大納言のかたき, 父大納言御子左為世なども切に, 父大臣の勢力, 父天津國玉の神, 父天神ツォイスは第, 父太兵衛の口, 父失ひて今, 父失職母病床子供が居る, 父は思ひ, 父ぎで行ぐわけでねえちゃ, 父好次の下, 父妙恵の死, 父妙恵入道がおりまする, 父の僭越, 父姉其他今一人の死者, 父のない, 父威能の祖父, 父娘それを見送る, 父娘なにしとるか, 父娘三人で搜, 父娘二人きりの夕飯, 父娘二人さし向いの生活, 父娘二人水泳場へ寝泊り, 父娘名乗りをしない, 父娘問答を想像, 父娘師弟の三人づれ, 父娘相争う不思議, 父娘腹を合せ, 父嫡子をよび, 父子供のよう, 父子供たちにとつて, 父子孫という三代, 父子聖霊など, 父子聖靈の象徴, 父子霊の関係, 父存命ナラバ二度本意ヲ遂ゲ, 父孝之進の黒い, 父孝元の妻, 父孫右衞門が何處, 父安中越前守長房でお, 父安元として載せ, 父安元二百表向柳原, 父安左衛門もついに, 父安房守譲り与えて, 父安良御医師方子息, 父安行すらも矢はり, 父安長奥御医師, 父宗円どのが城代, 父宗円職隆の家僕, 父宗太郎憔悴したる有様, 父宗麟は信仰, 父官兵衛孝高が早く, 父官吏乞丐皆ナ笑フ, 父官蔵が早く, 父官藏景次は播磨國高砂, 父右衛門が, 父定宗が白石, 父定所の友, 父実隆の致仕, 父の少ない, 父宣宗皇帝は漢王高煦, 父へ登った, 父室村を経, 父室部落から頂上, 父宮仁孝天皇のお, 父宮様の御, 父家厳の手, 父家厳以下多くの家臣, 父家斉と六, 父家親が楯岡甲斐, 父家長制や半, 父家長的な社会関係, 父容太郎であった, 父寂照坊母千里御前そのまんなか, 父寅吉といへるは, 父富さんがそういった, 父富五郎は体, 父富右衞門御所刑に相成, 父富右衞門殿が夢, 父富蔵は割元, 父富造翁死去の電報, 父寛齋の門人, 父寿江私とお, 父将監討死ときい, 父尊氏の許, 父尊霊を見, 父啜即, 父小五郎の時, 父小学校校長であった母, 父小西隆佐であった, 父少将丈けがやっと病室, 父円の, 父居所を知らせ, 父山下博士に対しても別居, 父山中にし, 父山内忠兵衛は名, 父山木もその, 父山淵左馬介義遠は, 父岩倉公の名代, 父岩瀬庄兵衛氏は麻酔薬, 父島見むと母島の荒き, 父崩れなどより以上, 父川手庄兵衛は乳母, 父左翼は浩一郎, 父左膳のまね, 父左衛門尉下野守益之は正徹, 父左衞門殿に親實, 父左馬介であった, 父市之助が養, 父市川楽翁がいつも, 父市川楽翁どのにも来診, 父市辺押磐皇子殺害の罪, 父布引氏に呼びかける, 父帝玄徳のよう, 父帝艶な東宮時代, 父帯刀はどっち, 父帰る等大受け, 父帰国される, 父帰来の由, 父常に美衣を, 父常徳また勤倹, 父平兵衛が長い, 父平太郎の初, 父平川養乙の墓, 父平左衛門に発見, 父平左衛門兄舞二郎袴広太郎, 父平素にたがわず, 父平良持とひとしく, 父年毎に容体, 父幽斎に比べる, 父幽斎以来自分の家, 父幽斎細川藤孝の住居, 父幾多の子, 父幾次郎が急, 父庄造は享年七十七, 父延若とても美しい, 父弁三郎は廃藩後, 父弓之進は呟いた, 父弟夫婦弟たちのところ, 父弟達に対する婦人たち, 父弥五右衛門景一死去いたし候, 父弥兵衛が申し, 父張飛もふたり, 父弾正政高公のおん形見, 父弾正殿が此, 父十郎が, 父戸は, 父彦兵衞事去冬人, 父彦兵衞人を殺し, 父彦兵衞儀江戸へ下りし, 父彦兵衞罪なき事明白, 父後伏見からいたく, 父従五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 父て子, 父爾列謨第一世王も, 父心配そうな顔, 父忠宗の跡, 父忠左衛門の時代, 父忠廣には徳川家, 父忠明より開祖一刀斎, 父忠朝は大坂役, 父忠琢成器長兄章斎義方の名, 父忠茂の謀, 父忽ち自責の, 父思いなの, 父思へわれは, 父思元が扇ヶ谷, 父に甲州有野村, 父恋いの記, 父恋しくばおもと, 父恐ろしい娘, 父恒藤権右衛門はそこ, 父恭忠が歿, 父恭斎に句読, 父息災武男の武運長久, 父恵み深き聖母, 父悪漢の主義思想, 父情母血によって作られた, 父惇親王が親, 父惣七が成敗, 父惣八はとうとう, 父惣兵衛始め姉弟共一同種々意見, 父ひの, 父愚庵師潜渓の見, 父憂憚惜く能わず遂に, 父憲之を一晩, 父懿文太子の長女江都公主, 父懿文太子太祖に紹ぎたもうべかりしが, 父し母戀, 父我が母ないし, 父手紙なんかを書かない, 父才八は永禄元年出生候, 父打つおのが, 父押し切って異議, 父押上村新兵衛, 父持ち貧しき姉弟, 父掘るや芋以上, 父政宗が死んだ, 父政苗が幕府, 父政高の病死, 父故人某のもと, 父敗訴身を退き, 父所ノ, 父文伯の母季敬姜, 父斎木元楠, 父斎藤四郎左衛門利行もまた, 父斎藤太郎左衛門利行殿を敵, 父斯成行しは, 父助の, 父新免無二斎, 父方正の師, 父旗本伊沢四世吉兵衛正久は武鑑, 父日光屋安左衛門なども常陸, 父早くもまた, 父早川三左衞門殿には正義, 父遠の, 父昌幸兄信幸にもまさる, 父明けても暮れ, 父明日の朝出発の, 父春庵根一が歿, 父春日王のこの, 父春水等の計画, 父時家の代, 父景員であった, 父曰く汝の職, 父曹丕の愛, 父丸ぬ, 父有リ児ヲ携フ者アリ妓, 父朝茶をのみ, 父杉山三郎平灌園, 父李伯将軍キシさんの主人, 父たり村人, 父松尾與左衞門とはどんな, 父松根備前が幕府, 父松沢彦次郎を無事, 父林吉松本喜一ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 父林町の父, 父柏岡と高橋, 父柏岡倅柏岡西村宮脇橋本白井孝右衛門と暴動, 父柏岡等重立つた人々, 父柏岡西村杉山と瀬田, 父柏岡西村茨田高橋と瀬田, 父柏軒が奥医師, 父染井鬼三郎の死骸, 父栗山利安は素播磨, 父根来小角のあ, 父桐壺の帝, 父梅玉との長い, 父條七當時出家大源が願, 父棠軒の同僚, 父椿岳はこの, 父椿岳さんが開いた, 父楽春院として載せ, 父楽春院二百表元矢, 父楽真院御医師方子息, 父榎本玄昌も亦, 父榮左衞門よりも哀れ, 父槐園の後, 父樣ぢやございません, 父樣一緒に, 父樣今死ぬ私, 父樣何卒九助が命乞, 父樣何處へ行の, 父樣寸時も早, 父樣居給はば折檻, 父樣御元氣, 父樣折ふしのお, 父樣死なれし以來種々不幸, 父樣母さま何と仰せら, 父樣父樣となき, 父樣逃げはしません, 父横浜桟橋合資会社の起業, 父橘家圓太郎の高座姿, 父櫨陰もこの, 父が良兼, 父次郎兵衛千二百石あたごの下, 父歌六の大阪, 父盛が, 父正久が何歳, 父正岡子規が, 父正木一家春子恭一そして最近, 父正木作左衛門汝等神妙に帰国, 父正武氏の退隠, 父正氏と云, 父正義を叫び, 父正行が群, 父正邦がみまかり, 父の無, 父武士と武士, 父武左衞門は自, 父武次郎は代々請地, 父武蔵守の膝下, 父死すと聞かん, 父死んで今週, 父死亡の電報, 父死亡母健在兄三人のうち二人戦死, 父死刑囚われの短歌, 父死去の電報, 父死去昨日帰宅本日埋葬明日は帰京, 父歿き後, 父歿後も伯父, 父殺しし人の, 父殺した人を, 父殿宮愛四郎氏は本県, 父殿宮愛四郎氏宛に残し, 父母兄などの面影, 父母兄三人姉四人弟一人それに叔母, 父母兄弟親戚お友だち, 父母叔兄に告ぐる書, 父母妹みんな一応取り調べ, 父母妹有原共に再び呼び出され, 父母姉妻女は硝子戸, 父母姉村人の恨み, 父母子を失っ, 父母子七名どうやら飢え, 父母子供兄弟姉妹男女娘すべての者, 父母弟妹いくたりか, 父母明治やの上, 父母私弟これがその, 父母親と父親, 父毛人よりし, 父水没す, 父水谷丹下のあつ, 父永寿に勘当, 父永遠の母, 父池田全安の許, 父没してから今日, 父沢渡助左衛門がその, 父河村が胸一杯, 父河津氏の所領, 父治右衛門と腹, 父治太夫が浪人, 父況して母が, 父法月一学の家, 父法皇を目送, 父泣キ官吏泣キ乞丐泣キ客モ亦泣キ, 父泰英の武士的風格, 父津山喜内と云う, 父流芳院春応道円居士元禄四年辛未五月十八日, 父浅尾工左衛門であつ, 父浅野又右衛門です, 父海神のもと, 父淳昌は天保十年, 父清一祖父雅衛曾祖父裕八郎玄祖父儀右衛門の四人, 父清三郎の子, 父清左衛門云って, 父清盛の命, 父清衡と同じく, 父済政今日この琵琶, 父渓石深造, 父源兵衞病死の後, 父源内が入牢, 父源内立歸りければ, 父源四郎に勘当, 父源次郎母たかの, 父之介, 父滄洲翁と去年江戸, 父濱島武文は遙なる子ープルス, 父為時がをし, 父為景に及ん, 父無きあとの, 父無しの女の子, 父無し児がら松という遊び仲間, 父無頼にし, 父爲時がをし, 父父たらずして子子, 父爺さんや, 父牧三郎宗親さまにお, 父牧仲太郎の悪い, 父特有ののんき, 父独得の自然, 父独特のもの, 父独立して, 父太を, 父獲たる資財を, 父玄亭に似, 父玄斎が隠居, 父玄昌はこれ, 父玄王の国, 父玉葱噛んで, 父王アルベエルは地下, 父王ワイナ・カパクが好ん, 父王南延君球の陵, 父王子なきを, 父王市の邊, 父王平生人間はただ, 父王歿するや, 父は泰山, 父班彪は世, 父班超の死後, 父現在と三代, 父瑞仙が江戸, 父瑞英四十一歳の時, 父甚五兵衛兄四郎兵衛両人にて殺, 父甚右衛門の長煩い, 父甚太夫も大いに, 父生存シテ而モ父ニ遺棄セラレタル兒童亦同, 父生存シテ遺棄セラレタル兒童亦同, 父の文房具, 父用明天皇が御悩, 父甫仙の江戸, 父田中甚左衛門御旨, 父田丸氏と並ん, 父田原弘平は凡て, 父田口儀三郎の窮, 父由之が倅, 父甲田とに久しい, 父申しますにはそ, 父異いの兄さん, 父異母の子女, 父病気だぢゅうがら, 父病気彼女いそがしい, 父痛ましきかも我が, 父白仙綱浄は嘗て, 父白帝城の李厳, 父百合之助, 父的位置と芸術家, 父皇帝よ, 父皇後宇多の世頃, 父皇後嵯峨の崩御, 父広は, 父直ちに汝の, 父直人の日誌, 父直人氏の談, 父直広死去, 父直江蔵人でございます, 父相沢半之丞も生き, 父相澤半之丞も生き, 父相良勘解由につかえ, 父眞先に彼ら, 父眞咲翁は井出曙覽, 父斎でござる, 父が孔父, 父知らぬ子供生む, 父石見からは足, 父見要, 父礼介の祖父, 父祖父が一郷, 父神ウラノスを殺さしむ, 父神出で見, 父神靈ヂュウス産むところ, 父福助が二代目梅玉, 父福次郎は彼, 父禪門の御身, 父秀康世にありし, 父秀康卿の臨終, 父秀忠と祖父家康, 父秀水弟の正也, 父秀盛は更に, 父私たちにとって西村, 父秋元であった, 父秋山技師をつれ, 父秋田時顕内管領長崎円喜, 父程に心を, 父之助, 父竜王の謀, 父竜王さまが, 父笹部準之助の顔, 父へて曰はく, 父篁大学を斬った, 父篤麿のごとき, 父精一郎はじめ何人かの青年, 父精母血を借り, 父系統母系統の優劣, 父紀州大納言光貞からその, 父を守らざりし, 父結城と父甲田, 父織江儀御用に付き, 父を攘, 父美濃守に申しつけられ, 父義助はこの, 父義実の一言, 父義朝どのにな, 父義盛殊に歎息, 父義龍と似, 父を作り, 父老いてくり返し, 父老健に喜雨, 父老練のリュカオーン其美, 父者人母者人と三度目, 父耕作といふはかつて, 父能登守のそれ以上, 父臥床中周易研究に凝り, 父自ら或は母, 父自ら一鶏を取り, 父自ら法名を案じ, 父自分にとっては祖父, 父自分三代の年代, 父自身俥を飛ばし, 父舁かれて帰り, 父與惣次と申者, 父舊知だ相, 父良人長兄などと云う, 父良範の代, 父芝翫は随分, 父若江量長は伏見宮家職, 父茂丸が香港, 父茂兵衞は安心, 父茂兵衞病氣に付枕元, 父茂右衞門を切り殺した, 父茶わん屋捨次郎はあの, 父草君が是非, 父草居にて, 父草雲はといえ, 父菊五郎を生世話, 父菊五郎自身生世話と言ふよ, 父萩原密藏は大坂, 父蒲開宗の時代, 父ふる種々, 父蔡京の返書, 父蔵人に此由, 父藤九郎は快, 父藤原為時の邸宅, 父藤左衞門を討った, 父に食わる, 父虎もとより一向, 父蛇母と称する, 父さそふ細工蜂, 父蟇六だの母, 父の一生, 父血尿を出した, 父をただ, 父衆母の言語挙動, 父がねえご, 父行徳助宗はご存じ, 父行綱が御, 父衞侯の返, 父衞公の訃, 父衡山王の逆, 父衣笠貞之進の上役, 父袁紹が在世中, 父西母が命, 父視学官は引責覚悟, 父親息子たちはいづれ, 父親鸞上人の廟所, 父討死トモ言ヒ又行方知ラズトモ聞ヘケレバ, 父ではない, 父許由の故事, 父誠に当惑致しました, 父葛珪の, 父諸共に家, 父譲り裁縫は絹物, 父讃岐守頼儀には五人, 父りで數學, 父豊浦大臣子孫等皆之ヲ滅ス, 父貞時が亡くなる, 父資朝が囚われ, 父賢秀が光秀, 父しい育ち, 父起き上がることは, 父趙誘の讎, 父趙雲子龍の病歿, 父足さなど這入んねえ, 父足利貞氏は多年, 父車長九郎あるのみ, 父軍兵衛と共にこの, 父輝国以来筑摩殿の恩顧, 父輝国公隣国筑摩殿と御, 父辞安良安の弟磐安, 父も変, 父追いかけて取りすくめ, 父通方なり, 父通武が没後, 父逝いて幾年, 父逝去の後, 父道十郎事牢死いたし候後母光, 父道有は適斎, 父道誉の還暦, 父郷党のちゃきちゃき, 父郷左衛門は観念, 父郷左衝門をこの, 父酔うてしきりに, 父重元以来の岩手城, 父重光の弟, 父重和が芸者, 父重昌の讐, 父重盛卿は智仁勇, 父重行が急死, 父の番人, 父金五郎が死ん, 父金井朝雲は左門, 父金兵衛の名代, 父金森兵部少輔, 父鉄胤に代わっ, 父鉄馬の命, 父銀五郎の病氣介抱, 父銀五郎病中にて私, 父銀五郎病死致せし, 父銀左衛門の逸話, 父鋤雲氏の歿後, 父錦橋にあらずし, 父長島五郎兵衞だと, 父長直は常に, 父関白がそれ, 父能静山は, 父阿久津繁は土木関係, 父阿波民部殿は降, 父の崩御, 父陳珪も徐州城下, 父雄策は狂死, 父雅縁は両統合体後, 父雉岡の後, 父霧渓の行状, 父青木丹左衛門にここ, 父ざれば, 父非情な男, 父面接に来り, 父韓徳は心, 父順造の書斎, 父須佐之男命, 父頭中将は内大臣, 父尚は, 父頼恕はまえ, 父頼春水へお, 父頼朝の代, 父頼母を殺された, 父頽齡に衰, 父顕家に早く, 父飛んだ見損ないをいたしました, 父飛騨守は, 父ふべき餌, 父養安院二十人扶持きじはし, 父養庵は井上筑後守正滝, 父高橋鏈之助はそれ, 父高氏を尋ねる, 父高氏さまにとっては一代, 父を使っ, 父魚屋清左衛門大阪玉造のお, 父は失敗者, 父や母鳥, 父鷺坂の居城, 父黒田宗円の主君, 父黒白混血のイタリア人, 父龍池作福禄寿図一幀等あれども