青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「爲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

燈籠~ 燒~ 燕~ 爆弾~ ~爆発 爆発~ ~爪 爪~ 爭~ ~爲
爲~
~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親

「爲~」 7524, 72ppm, 1567位

▼ 爲~ (2056, 27.3%)

12 して, 對し 8 出來 6 之を 5 これを, 或る, 自分の, 身を 4 よりて, わざ, 他の, 多くの, 學問を, 容易に, 教育を, 生きて, 私は, 自殺する

3 [27件] するは, そんな事, とつて, 之に, 之れ, 人の, 何の, 働いて, 建立した, 必要な, 戰ふ, 支那の, 斯う, 書いたの, 枯れて, 此の, 殺されて, 泣く, 然る, 生れたるか, 相當, 神の, 自分は, 言つて置く, 話して, 讀むかぎり, 非ず

2 [103件] あらず, あらずして, ここに, こんな事, さてこそ, さやう訓ん, した, する所, する結婚, それが, それを, つぶれるかの, ならないよ, ならぬぞ, ならねえよ, なると, ようべの, 一と, 一變する, 世を, 世間の, 人まで, 人肉を, 人間を, 今日の, 住宅を, 何か, 何だか屋敷, 何を, 何等かの, 作つてあつ, 來た, 備ふる, 儉約し, 入唐する, 其ほどに, 出て, 切害せられ, 別に家, 力を, 北海道の, 吾人の, 命を, 壓迫された, 多大の, 夢想の, 大なる, 大事な, 好からう, 妹エミリーを, 學資を, 實の, 就いて, 就て, 山尋ね, 干渉する, 幾多の, 彼に, 彼の, 彼は, 後には, 徒に, 心を, 手を, 打る, 折角の, 持つて, 斯の, 於ては, 是程, 時の, 死を, 殉ずる人, 殺したの, 民俗, 氣の, 氣を, 爲出さう, 父の, 狂氣に, 生死する, 用ゐ, 用ゐられる, 用ゐる, 知遇の, 祝福すべき, 私の, 種々の, 種馬の, 稱した, 絲を, 繪を, 罪も, 耳の, 聖衆降臨の, 自分から, 蠢いた, 讒せられ終に, 路を, 身狹乳母も, 辯護し, 運動するで, 過去の

1 [1671件 抜粋] ああなす, あなたの, あれほど, いきみたま, いつの, うたひ, おつぎ, お前が, かう話して, かくわが, かなりの, このやう, この南邊, この日歸京, さう, されたには, したるなり此, すぎまい, すると, する勞働, せめては, そのやう, その日本中心主義, その道を, それで, それ位の, たてたり, だん, つくりごと, とおも, ともによし, どんな事, ならず此上, ならぬ草莱, なりやしないかと, なり將來, なるため, なるまじと, なる品物, なんとなく行き詰まつた, はつきりと, ひどく欣, ふさがる五, みのるの, もと竹, よからじ, よらで汝, わが爲, アンモン人と, キリストの, ストライキを, ハツと, ボタンが, ヨソイキの, 一分でも, 一層の, 一所懸命働いた, 一方は, 一時支那の, 一死は, 一番好い, 一苦勞なりと, 一足先へ, 三方へ, 三阪さん多田さんとも, 上りたる者, 下谷へ, 不知不, 世の中の, 世間第, 中等教育で, 主義政見を, 九州へ, 亂れし, 事實と, 二人は, 二日も, 云ひ, 亡者に, 亭主の, 人には, 人民に, 人知れず殺害, 仇敵といふ, 今此港, 付すとも, 任せず眞言宗全體, 伴ふ, 何と, 何故公, 佛教に, 作つて見た, 使はれ, 使徒等を, 來る, 便所に, 保留する, 信念を, 倒語を, 健康を, 傚ひ, 僅に, 働いた方, 僕は, 元中九年閏十月十五日夜御壽四十九歳御崩百重, 元益, 先ず時々單文, 先づ麁蝦夷熟蝦夷の, 光を, 兒童文學乃至, 入唐入, 兩少年は, 八百倍の, 六十六國の, 共鳴的作用を, 其の人等, 其の大略, 其の生活, 其の資望, 其主義時としては, 其後大, 其處に, 内臟, 内部を, 凡百の, 出た不埒, 出でない, 出羽國に, 切害に, 別に留桶, 利を, 前の, 功を, 動き即, 動く能, 勝手に, 北京へ, 十字路を, 十手捕, 千辛萬苦を, 半分生命を, 南郊に, 即ち昨日, 却つて夥しい, 却つて身に, 厚い草葺, 參られ, 反つて自家, 取つて代つたの, 口に, 古今幾十百萬の, 古説の, 只今屋根へ, 各法律, 同道なし, 名節を, 君主, 吾思ひ, 呼吸が, 哀れを, 啼いて, 善良で, 喪神し, 因こと是は, 圖らすも, 地理學に, 基くもの, 塵土を, 壓せられたる, 壓死す, 外ならざりき, 外務省より, 外物に, 多少ゴシツプ, 大いに普通教育, 大なり小, 大割引, 大敗し, 大都, 天井から, 太陽の, 夫婦としての, 失意の, 奔走し, 女が, 奴隷制度が, 如何ある, 妙に, 始終人と, 子弟に, 字餘り, 孝思甚だ, 學習者に, 宋元, 宗方善五郎の, 官職といふ, 客室も, 家に, 家門を, 寄せられて, 寢そべつて, 實驗を, 尊いの, 導き去らる, 小利益, 小綺麗な, 少しく其の, 少し言葉, 尠から, 屈すること, 屡々惱, 山の, 巧みに, 己の, 常に朝野, 平生殆ん, 幾らづゝでも持病の, 幾度か, 度々神, 廢される, 建てたと, 引越して, 張る氣, 形が, 彼を, 彼等の, 後戻りする, 復疑, 微かに, 心づくしの, 必らずしも, 必要と, 忍び難き, 忽ち壓伏, 急いで, 急激黨の, 恐るべき害, 恒に, 恰も歩行, 悶々する, 惡いだらう, 惡體質を, 愛誦の, 慶賀すべき, 憂慮を, 戀する, 成まじくと, 成るまじと, 我々は, 我が福, 或は官吏, 戰へ, 所々方々と, 手拭を, 抱へて, 拜借した, 捕はれたる露國人ゴローウヰン, 掩はれ, 損はる, 支配さる, 放逐せられ, 政府の, 教へて, 敢て, 敵を, 文壇の, 斬衰三年, 新しい茶碗, 新らしく, 斷, 於て, 日本の, 日本紀の, 早く此膜, 映畫會社, 昨夜追出され, 時々此茶室, 暫らく文箱を, 曇れる, 更めて, 最も救, 有ざれば, 有利である, 朝鮮は, 本が, 材料を, 東道の, 枉げて, 栓を, 棒を, 棺の, 樹の, 櫛笥を, 欺かれたり, 歎惜する, 正しき罰, 此に, 此一文を, 此二三日は, 此村を, 此競技を, 此處まで, 歩くので, 歸り, 死す, 死せんこと, 死にたるピエートロ, 死罪に, 殆ど紊亂し, 殘り, 段々一種, 段々研究, 殺してから, 毎日出, 民の, 水氣等の, 汗が, 汝等を, 法科の, 泣き哀慟, 泣く涕涙, 洞の, 浪人し, 海外の, 消されて, 淑女の, 渡良瀬川通りの, 湯を, 滿洲では, 漱石は, 澤山な, 烟る, 無念の, 焦げて, 熱心の, 爲したる, 父峰之, 牛馬其半を, 物理學は, 特に密封, 特別に, 犧牲に, 獨樂の, 現はれない, 瓜の, 生きこそは, 生ぜしもの, 生命の, 生涯を, 用意した, 申上げよう, 異見を, 當て, 疾病の, 病を, 痛く妨げられた, 痩せ細, 發した, 發堀せられ, 的も, 皆申, 益, 盜つて邪魔に, 盡さない, 盡力す可き, 直ぐに, 直接間接に, 相成ず明白, 相踵, 眞夜中に, 矢張り昨日通りの, 短編一首を, 石垣と, 研究を, 碑文を, 社會と, 祈られん事, 祈祷せよ, 祖先に, 神に, 福運の, 私に, 科する實刑, 稜威に, 稼いでるんぢ, 空腹を, 立てたと, 竝びに, 節を, 精神勞作を, 累せられ, 終夜眠る, 絶えず口笛, 總理を, 置いた物, 美しく育つた, 習うべきである, 耻ぢを, 肉體復活後における, 胸中の, 腰から, 自から心, 自ら敵將の, 自ら起つ, 自分を, 自發的, 與へられた, 舊臣の, 良いことぢ, 色々の, 花札を, 苦しんだこと, 苦めり, 苦心し, 荒物屋夫婦にも, 萬事昔の, 落したる金, 蓋し文學, 蕗の, 藪を, 行くの, 行末惡しかり, 裸體で, 覺悟も, 言つたで, 言ふ, 計畫, 討たれし者ゆゑ, 訝まれ, 試に, 話した, 誠實眞面目にな, 論を, 諸君に, 謀つたなら, 證人と, 變な, 變質し, 貧困の, 貴からず, 買た, 費されました, 賑ふなるべし, 赤くなり, 起ち兇徒嘯集罪, 起る損害, 路開く, 身代を, 身命を, 軛の, 輸出超過正貨の, 轉覆した, 辯じます, 辯護士の, 近い日, 返すので, 逐はるべし, 逞ましい, 進化を, 遁げ行く, 遂に無, 過ぎた, 過すこと, 道教を, 遠大の, 遺して, 都合の, 酷く疲れ, 醫者が, 重く深い緑, 野生を, 金銀の, 銀の, 鍛はれ, 鐵砲で, 長城を, 開かれた送別, 開國後歐人の, 閣下が, 除外例を, 陸稻の, 隱し, 雍丘に, 難有, 雨露を, 非ずして, 非常な, 須臾く, 頗る其の, 顏を, 飜譯しよう, 食料を, 飢饉の, 餘つ, 饒舌を, 驚いて, 髮の, 鯖を, 鷹犬の, 默

▼ 爲~ (1712, 22.8%)

4119 である 17 にその, に私 12 なり 11 であつ 9 だと, になる 7 であらう, であると, にする, に其の 6 にこの, にし, に出, に自分 5 です, には私, に之, に傳, に大, に彼, に彼女, に彼等, に戰, に東京

4 [13件] ではなく, でもあらう, にお, にそれ, には, に何等, に力, に書いた, に犧牲, に身, に金, に非常, のみ

3 [30件] だ, でもある, なるべし, にあなた, にあの, にある, にいつ, にした, にす, にやつ, にやる, に他, に働い, に努力, に外, に寺, に少し, に待つ, に急い, に惡, に斯, に日, に昔, に材料, に生きる, に發, に眞, に義雄, の結婚, ばかりでなく

2 [120件] かの女, か或は, その度毎, だらう, であ, であります, であるが, であるといふ, ではなかつた, でもあつ, といふ, と云, なの, なら何, なりだ, なん, にお祈り, にかの, にこれ, にそんな, にだらう, にはあなた, にはどうしても, には喜ん, には違, にまた, にも私, によく, にわざと, にわれ, にオルガン, にローウッド, に一, に一層, に一日, に世間, に亭主, に今, に仙臺, に何, に働く, に僕, に出し, に別れ, に利用, に動く, に又, に古, に同じ, に多, に失敗, に學校, に宣傳, に家, に專心, に市, に強姦, に待命中, に心, に悲, に悲む可, に手, に操縱, に支那, に斯く, に早, に早く, に最も, に最後, に會員, に未來, に村, に柔, に歡迎會, に此處, に死する, に死ぬ, に殆, に洋行, に滅亡, に澤山, に特に, に狂, に生き, に生れ, に用, に盡, に目, に相手, に看護婦, に眼, に磨く, に祈, に祈祷, に精神的, に自分等, に苦しん, に苦め, に茲, に謀らず, に謀叛, に辯護, に追, に遂に, に遊廓, に道, に部屋, に門, に閣下, に革命, に飮, に餘, のみで, の婚姻, の學問, の感情, の著述, ばかりで, を思つて, 半數

1 [1093件 抜粋] かいつの間にか, かかる攻撃, かで書, かどう, か二重生活者, か夏, か家, か差向ひで, か此間頃, か知らない, か花, か言葉, この囘答, さ, その日一日天子, だお, だとは, だらうかの, だらう恨めし, であり凡庸, であるとの, であるので, である以上, でがなあらう, ですか, でなくては, でなく家, ではありません, ではない, でもなく, で帝王學, で智惠子等, で渠, とあ, といふ主旨, とそれ, とは言, と又, と披露, と空氣喞筒, と考へられる, ならむとは, なら出來, なりき, なりと論ずる, なるが, にあちら, にあらはれた, にいい, にいたく, にいやいやながら, におの, におれ, にお茶, にかうした, にかの女, にか出掛け, にくみ子, にこんな, にさう, にさん, にそこ, にたつた, にだけだ, につい, につま, にで, にです, にとう, にとてだるま, にともすれば, にと思つて, にと義雄, にどんな, になら, になりました, にねだる, にのみしか生活, にはいと, にはお母さん, にはこんな, にはどんな, にはなりません, にはわれリユビア, には一年, には一肌拔, には世, には何, には君, には四六文, には常に, には待たなく, には心強い, には惡魔折伏, には或は, には是, には有力者, には材料, には此詞, には殆ど全く, には牢獄, には狂氣, には當然隔て, には種々, には解散, には隔世, には非ら, には鳥兜, にふた, にぶるぶる, にぼんやり, にみやげ, にも, にもつれる, にもなつて, にもよる, にも十分, にも彼處, にも我が, にも會, にも此, にも贈, にやめられた, にやツ, によい, にわざとらしく, にカアテン, にチヲリ, にマデイラ, にローウッドフェル, に一つ, に一人, に一寸, に一寸紹介, に一時心, に一眼, に三十哩, に三日三晩, に上品, に不具, に世, に乗馬, に乾盃, に二三分あと, に二週間ごと, に云つて聽, に人, に人目, に仕事, に他日, に以前, に低い, に作つ, に作られた, に使つた, に例年, に便宜上, に修繕, に停るまい, に備, に傷, に働かなけれ, に充分, に先, に全, に全滅, に公使, に其全文, に其去就, に其師三宅石庵, に其樂, に其良君, に其處, に再び, に冷汗, に出かけ, に出すべき, に函館, に切に, に別, に利根川, に力強い, に動き, に勞力, に勤務, に匿, に十分悲しみ, に卓子, に却つて内部的發展, に原稿, に取られた, に口, に古き, に可, に吉原, に名づけられた, に呂律がま, に命, に哭する, に問, に善, に喚ばれた, に嘘言, に四季, に國産車, に地上, に墮落, に壻, に多少, に大事, に大半紛失, に大野, に夫, に奪略, に女房, に好き, に如何, に姑らく文學, に嫁, に子供, に學問, に學者, に宜しから, に寸法, に小, に小使, に小樽, に屡々, に崩れ落ちた, に己, に巴里, に席, に帶び來, に年中, に床, に廢朝三日, に建網家等, に引合, に弱い, に彼自身, に待たし, に後戻り, に從來, に徳二郎, に心中, に忽ちに, に思, に思ひ切, に怡, に息, に患者, に悲む所, に悶えた, に惱, に意氣込, に憂ひ, に我善坊, に或は, に戰死, に承知, に技量, に抵當, に拵へた, に振, に捨て, に探し, に換言, に操, に支那學, に收入, に放逐, に政治上, に數日間何處, に文, に文太郎, に新, に旅, に日本, に日頃素, に早速, に昏禮, に時間, に暗い, に書かれた, に書く, に最, に最近, に有名, に朝食, に本, に本間氏, に村治, に東國, に松葉屋, に極道, に横丁, に檢束, に歌, に止, に正面, に此の世, に此地, に此樣, に此絶島, に歩い, に死, に死んだなら, に殉, に殪, に殿樣, に毎晩, に氏, に氣分, に水淺葱, に汗, に泊る, に泣きぬ, に洋服, に海, に渠, に漢字, に瀬戸物, に火箸, に無事通過, に無益, に煩悶, に爆發, に片側往來止, に物音ひとつ, に狹め, に現に, に生きなけれ, に生じたる, に田原, に申します, に留つた, に畫, に病氣, に發心, に白梅, に百萬圓, に盆踊り, に盜, に相, に眞宗, に眞面目, に着用, に知らず, に知音, に研究法, に硬, に祈り, に神功皇后, に窮經上, に第, に策謀, に紙, に紫いろ, に結婚, に絶えず, に經驗界, に罷り出ました, に美田, に習つて, に老人, に耳, に聖靈, に聲, に肉屋, に自己, に自然主義者, に與, に苦み, に荒膽, に落ち付い, に蒸し, に蕩盡, に衆みな畏怖, に行く, に行使, に表紙, に褒美, に見本帳, に親, に親族間, に設けおけり, に話し, に語り, に誤られつ, に説法, に謀候, に議院政略, に財政, に責めさいなまれ, に賑, に賣られた, に起居, に越中, に路, に踏み荒されたれ, に軈て, に輝いた, に辭任, に近い, に送つ, に造られず, に遊ばされた, に運搬車, に過去, に過敏, に遠のく, に避け, に都合, に酌, に重い, に金持ち, に針頭, に防腐劑, に隙間, に隣り, に雇う, に雨, に青銅, に頭巾, に類書, に顰め, に飮むので, に餘程事件, に騙され, に高句麗, に鶴岡, に點, のお金, のみさり, のみにあらず, のみ彼, のもの, のわる, の不成績, の人間ぢ, の便宜上, の假面, の努力, の參考書, の器械, の大, の女神, の守護神, の幾分白痴, の應接間, の抄録, の支度, の政治, の文學, の日課, の歡迎會, の準備, の獨創, の目的, の秋波, の背景, の薫り, の規約, の邦語神學, の陣痛, の類書, ばかりに詰らない, まご, また半ばはか, もあらう, やなんて加集, をも思, 一層その, 一旦歸札, 並びに自分, 何とも返事, 入御覽候ホトヽギス, 全然肉食, 冷たい空氣, 又と, 又一面, 又御, 多分一途, 大怪我, 好かれとて, 御恨み, 御病體, 愈, 打たれた男, 探せ, 暑苦しい日, 書かれた跋文, 殆ど半年, 特に良人, 畢竟自分, 眠くツ, 知らずに, 純粹, 若くば, 過つて筋斗

▼ 爲~ (318, 4.2%)

22 てゐる 10 て居る 4 たりし, たるに, 能は 3 たるが, たるを, てゐた, 給ひたる 2 たり, たりき, て居, て居た, て神, 慰めにも, 或は器, 給へ, 閣下も, 難いから

1 [242件] あの渡し場, いつ馬の, おのれ毒龍爾が, かの者, がたし, が夜隱, が父, けれども元, すべて誠信欺かざる, そして熱し, その動き, それより, たりとする, たりと友, たりと聞く, たりと語りし, たりや, たり即, たるほどの, たる者に, たる者も, つつ空中, てここ, てしかも, てにツ, てはならぬ, ては居らぬ, ては胃病, ても善く, ても御, ても日本國民, て三五郎, て上り來, て下方, て之, て二重, て仕舞, て侯, て其路, て凸凹錯綜甚, て剋殺, て原語, て可, て呉れた, て地上, て多, て大, て家, て小人, て居つた, て居り, て帝, て待ちける, て後, て後悔, て掠め取たる, て政治, て新, て曰く, て歳月, て流れた, て流れ來, て海外, て漢書, て物質界, て給, て聲, て若き, て荐, て行く, て遂に, て雲, ながら乙, ながら書, ながら死す, ながら涙, に對, に行く, は上, また帝, また爲, やも計り, オイチュロスに, 一切の, 一潮は, 三國志の原本をも, 上尊下卑, 且又三年の, 世の中に, 中に, 中には, 中央を, 久左衞門は, 了はり, 了へ, 了り, 事故不, 二つの, 二千年前に, 人の, 他人に, 代議士の, 以て, 伊藤侯を, 位地を, 何に, 來つてゐる, 俄に, 兩つ, 公と, 其の奉行, 其の極端, 其上に, 其水の, 其生力を, 其用法を, 別部司馬張脩とともに, 則ち, 勇健の, 北劍は, 南は, 即ち他, 又は七, 又其不思議, 又屋外, 口を, 古傳説, 同年六月歸朝し, 名聲, 吾子の, 周回九里三十一町東西櫻島の, 味ひ, 地は, 天地を, 天意に, 太甚しきは, 始て, 學士院の, 官吏登庸法を, 家に, 將來の, 少しも, 居たるも, 屡々無名, 彼娘の, 彼方にて, 後を以て, 得可から, 得可き, 得可し, 得失を, 御取替, 必らず, 必らずしも, 我選擧區民は, 或は國務, 或は宇内, 所謂る, 拍手せず, 挨拶に, 支度さへ, 支那の, 政治上の, 政治團體を以て, 故御面部, 敵が, 既に一刀佩さん, 日夜休まず, 明日は, 易し益, 春秋晝夜を以て, 是が, 曰く此の, 更に之, 未來の, 東し, 東の, 東西南北と, 梅櫻を, 業と, 極力其擧動, 樣子を, 此の, 此處の, 流浪の, 淺草中田圃に, 漸, 爲す, 牛馬羊の, 物を, 玉はれ, 生死の, 當地へ, 當工場の, 當時の, 白雲洞穴に, 皆之が, 直樣店請人, 私し駈, 私利を, 秋に, 空理を以て, 精氣の, 精神界の, 終つてそれから, 終へる, 給ふべし, 給ふや, 緩急を, 總理を, 續け, 置立出ん, 美的價値の, 而し, 而も, 能ざりし, 能ふ, 若くは, 苦しい思ひ, 苦行に, 被支配階級, 警察官の, 譯成したる, 貢慢放逸なる, 貴族院議員三十七名と, 跂, 身の代金は, 逃歸らんと, 遂ぐるのである, 遂に加賀町署, 道理に, 金錢若く, 閣下等に, 難いこと, 難いに, 難き世, 難し, 靜陰儀を, 音響を, 頑として其の, 飮食を, 麹町を

▼ 爲~ (305, 4.1%)

9 可き 8 ことも 6 ことが 5 ことを, 可から 4 ところの 3 がま, ことは, と云, の外, ものに, ものは, をうる, 能は

2 [28件] が如き, ことである, ことと, ことに, ことの, ためには, とある, といひ, ところ, ところに, ところは, ところを, と云つて, と雖, に至, に至りたる, に至れり, に非, もの, ものあり, ものあれ, ものである, ものと, ものも, も亦, 事なれ, 可く, 有る人

1 [188件] あるに, ある有能, がまま, が儘, が如し, が幸, が故に, こと, ことあらん, ことあり, ことある, すべなく, ぞよき, ぞ惡名, であらう, といふ, とき豈, ところが, ところぞ, ところである, ところでは, ところみな善く, ところも, とても, とて莊宗, とはさて, とも汝, とも肯はず, と事, と云こと, と云つた方, と見え, と見廻, なかり, なかれ, なり仍つて此長庵, にいたれる, にお, にぞ千太郎, には其の, には注意, には異存, には餘, にも之, にも粗笨, によるにあらず, に任すべし, に及ん, に在らず, に在り, に堪へし, に於, に比す, に汲々たる, に由れり, に疑無い, に至つたの, に至り, に足らざるなり, に足らず, に足る, に遑, のが, のであつ, のであり, のである, のと, のとでは, のには, のみならず, のも, の主意たる, の心, の必要, の志, の思想, の性, の愚, の才能, の男性的活動, の窮途, の端緒, の見, の謂れ, の陶鑄力, の際, は, は又, は徒に, は杞柳, は眞, は聊か, は謬見, ままに, もしくは爲, ものあら, ものありき, ものある, ものが, ものなら, ものなれ, ものには, ものの一科たる, ものの首肯, ものをば, もの是, もまた, も可, も彼, も誰, や, やうに, や公, や叱, ゆゑ越前守殿兩人共默れ, よしも, わが吏, をう, をえざる, をえしめ, をば植福, を一人, を久八, を側, を其方, を好まざる, を得, を得ざる, を得べき, を趣旨, ユウモアが, 上は, 上記乃至, 世間からは, 中にも, 乎彼は, 事する, 仕事なら, 以外に, 儘に, 兵家である, 其力量實に, 則ち, 割烹人吉兵衞と, 勿れ, 十文字峠と, 友次郎お, 可くも, 可けむ, 可し, 君火は, 場合に, 場合には, 場合にも, 外に, 宇宙觀や, 必要より, 我國聽訟を, 所以で, 所以である, 故受取金, 斯の, 方法を, 是れ, 時に用, 時は, 有るもの, 此惡業が, 無く至言, 爰な, 由縁なれ, 當體を, 精なら, 習を, 而も, 能はず, 能はず爲す無から, 能はず靜かに, 蓋し天照大神, 處から, 處は, 處を, 行爲は, 試に, 譯である, 限りわが, 際着用したる, 點であります

▼ 爲~ (241, 3.2%)

3 主體, 立場から, 立場に, 立場は

2 [12件] やうに, 何に, 出來心にて, 客體と, 染料が, 樣に, 武道の, 燈の, 罪障消滅の, 衣に, 語を, 道具である

1 [205件] あつた, あるじまうけの, ある事, いはば, かけは, が最, ことである, ことを, その人, ための, もつとも, をさ, アンニユイ小, 一つひとつを, 一として, 一切の, 三分二は, 上から, 上に, 上には, 世界に, 中に, 中にこそ, 中にも, 中ほどなく, 二三に, 人及び, 人物なる, 人身離脱が, 人達が, 人間が, 仕事で, 仕事でも, 修養である, 個人的形式の, 備へを, 僞りなら, 價値に, 全部又は, 利益だ, 加害が, 動機が, 動機である, 動機は, 動機を, 君は, 呑み屋とから, 哲學眞正, 唯一の, 土蜘蛛傳説なるべけれ, 境に, 壓力が, 士を, 外形に, 外貌は, 大きな市, 大恩人, 大膽, 夫婦養子で, 奧山今日越え, 奧山路嶮し, 存在する, 存在を, 守り神で, 宣傳に, 害は, 害即ち, 容れ物, 尊む可きものである, 對象として, 小説を, 巨石使用農耕灌漑その他を, 幽居, 底に, 廣藝舟雙楫も, 弟子であります, 強い動機, 後來も, 御成敗, 御祝ひ, 徳に, 必要でなく, 性年齡生活環境文化水準等々を, 性質に, 意味に, 意味を, 成年式は, 手配である, 才學を, 損滅から, 收入を, 故に, 教科書として, 教養を, 敬語の, 新進の, 方向を, 日が, 時間が, 普遍的な, 書を, 書論は, 最も根本的, 最も特色, 最多數は, 最高目的として, 月日を, 本である, 本なる, 果實で, 柵を, 極意なりし, 概念は, 權利を, 歌裝飾を, 正客では, 歴史性を, 毀損とに, 氣象と, 決着が, 洒掃と, 涙で, 温和過激の, 源泉に, 準備たるに, 溪間に, 然らし, 物なれ, 物理學者を, 特別の, 猫でも, 用事で, 用心棒だ, 當時の, 目的から, 知識の, 石鹸は, 破壞, 祓へに, 祭祀に, 租税と, 種々の, 種と, 空しくなかつた, 立場である, 立場を, 第一要件, 策謀と, 約束的の, 組合せとして, 結果は, 經濟界の, 缺損有り, 罪惡性とを, 美しきにも, 美と, 職業は, 職業も, 能く, 自敍傳, 色ならず, 苦しい状態, 苦しみを, 茶道であるせゐ, 藝術でも, 藝術よりも, 藥を, 行末も, 行爲者に, 術策では, 裁縫を, 見世物を, 規矩準, 言ほ, 言葉の, 訓練であり, 記憶の, 誇張で, 誇張では, 説明が, 説話として, 論理で, 論理は, 證と, 豫祝な, 豫行の, 跡を, 身體の, 輪廻を, 辯證法は, 迫害に, 遊戲唄その他, 道具に, 適當の, 部曲の, 鉛筆を, 鑄型に, 閑暇には, 關心, 陷穽である, 陷穽には, 離れ業に, 食物, 飾り入らぬこと, 饗宴で

▼ 爲には~ (171, 2.3%)

3 實の 2 働かぬが, 帳臺の, 彼は, 御燈, 水火も, 私の, 第一, 能ふ, 若干の, 表裏二面より

1 [148件] あらで, あらゆる手段, お前の, これほど, これ程誂向, その方, つねに偶然的, どうしても, どうしても先づ支那文化, どうしても右, どれ程の, トルストイ翁が, 主人の, 久しく外國貿易, 些いの, 人の, 仇敵である, 何れだけの, 何樣いふ影響を, 何程の, 傳馬町の, 働くの, 兄に, 先づ此例題を, 先づ第, 先づ經濟的の, 兩國人が, 其が, 其身は, 凌ぎ易, 到底及ばない, 劉禪を, 努力が, 勢ひ, 勿怪の, 卅と, 卑屈も, 却つてそれを, 却つて云ひ, 叔父君に, 吾, 吾人は, 命の, 四十二の, 大に, 大論理學者, 奧州人が, 奮ひ出す, 如何なる吉日, 學者と, 宜い, 容易に, 寧ろ幸福, 少からぬ, 少しく申さなけれ, 少なくとも數千金, 市河博士の, 平次の, 平次を, 幸運の, 床の間の, 建築造船獸獵爭鬪に際して, 廿位から, 後退する, 心を, 必ず父母, 恩人だ, 悲き, 悲しい日, 愉快で, 意旨の, 我々は, 扉を, 手段を, 折角の, 指揮者が, 支那人の, 是非とも, 時と, 時間, 更に他, 最も便利, 最も善良, 木詣, 未だ少し時候, 東洋の, 此の, 此朝日島に, 母親に, 永遠に, 決心する, 注意の, 海底戰鬪艇が, 特に小形, 現在の, 當時最も, 當然吾, 當然足を, 皆仇か, 相當, 眞の, 眞實心に, 矢張り二人以上の, 矢張り支那と, 石斧製造の, 祖宗以來の, 福を, 種々貴重, 第二, 細かしい詩, 終世の, 終世忘る, 繪圖面を, 繼母に, 義理ある, 者數ならぬ, 自分で, 與次郎は, 芝居炬燵と, 苟合妥協を, 若くもの, 虎鬚の, 親の, 親をも, 親分の, 親子の, 親身の, 解體し得る, 討死しなけれ, 諸種の, 賊盜律に, 贅澤といふ, 贊成し, 輕重する, 過去の, 道ばたの, 遠く原因, 邸内に, 金持長者と, 随分一藩, 非ず, 非常な, 順風耳の, 須く, 頑固で, 風情ある, 鬼にも, 齊衰一年である

▼ 爲~ (138, 1.8%)

4 見て 3 敢て 2 おもへ, する, するの, 前提する, 委任する, 思つてゐる, 思ひて, 思ひ出して

1 [115件] あたま, いつても, えしむれ, おもへば, きはめる, さな, したもの, したり, しては, しなければ, すること, なさずして, なしまた, なすこと, なすべきか, なすもの, にくみ終身禁錮, もつて, ゆるさないデパート, れと, 一々嚴重, 一般の, 不埒千萬として, 世間は, 云ひ, 云ふ, 作り出すに, 保つて, 保護し, 做す, 健康的に, 公直, 判定する, 制する能, 加へた場合には, 十ばかり, 卑しいもの, 反覆する, 取らしむる所以, 受けてを, 各人に, 妨ぐるある, 存じ君へ, 孝行として, 左右される, 年齡と共に, 彼に, 律する文字通り, 思つて, 思つてあなたと, 思ひ之, 思ひ込斯, 思ふお前, 思へば, 悔いて, 惡いと, 想像する, 意味した, 意味する, 愛するこ, 愛すること, 或る, 批評せね, 拘束する, 捉へて, 推測し, 支持する, 攻撃した, 攻撃する, 是れ, 是認し, 植福といふ, 正當, 注意深く構成, 準備し, 演ぜさせねば, 爲さしめ, 爲す, 爲る, 物質的欲望の, 猜忌と, 産み出すに, 皆書い, 知るが, 知ること, 知る獵犬, 砥礪し, 破花, 示した本, 示すといふ, 私に, 種々に, 立腹し, 笑つたかも, 繰り返すこと, 考へること, 考へると, 蔽はんため不正の, 行つた, 行は, 行ふとき, 表する動詞, 要するので, 記憶に, 試みんと, 謀れるも, 譴責し, 讎的の, 責めること, 通ししかと, 過去の, 遠慮する, 重んじ教育, 非難した, 高しと

▼ 爲~ (108, 1.4%)

4 事は 3 事が, 事である, 事も, 事成す

2 [11件] が宜, ことを, のが, やうな, やうに, 丈の, 事とては, 事の, 儘に, 可き, 氣が

1 [70件] から私, か知れぬ, がごとし, が可, が能ゆゑ箇樣, ことが, ことだ, ことで, ことである, こととしては, ことの, ことは, こと考へ, だけの事, といふ, とか十七字三十一字, とは淺, と云, と共に衆議院, な, なと兩人, なり扨御笏代り, には何, には當らん, にも當ら, に至る, のでなけれ, ので有らう, のは, のを, の便, の外, の序幕, は侯, は親御, もの, ものか, も之, も尚, や亦, や伊藤侯, をお, を吉三郎最早堪兼利兵衞, を喜内, を目玉, を知る, を認むる, を長助, 中に, 事なれ, 事に, 事を, 事言ふ, 仕事が, 仕事は, 仕事も, 共二十日, 午後二時十分大噴煙同, 可し, 娘が, 憎くさ, 所を, 時は, 業にて, 此乞食めと, 氣遣は, 白痴が, 米價は, 者有るまじ, 處業どことなく

▼ 爲~ (92, 1.2%)

19 あつた 12 せう 9 あらう 5 あつて 3 あらうか 2 あつたらう, せうか

1 [40件] あちらが, あつたらしく現に, あなたは, あらうが, あらう人間, あらねば, お珊, そつと, その眞, それが, でも, でもあつ, なくして, 一番怖い, 三芳屋などには, 人間の, 内心は, 加へた毒である, 善智識と, 塀外に, 害を, 寧ろい, 少しき, 後の, 政府が, 散策に, 既に歐羅巴, 既に禮經, 有たらう, 有つて, 極めて時宜, 此室を, 眞鍮の, 知らなかつたので, 私が, 笹枝一家は, 自己の, 致し方なし, 艇の, 醫する

▼ 爲~ (83, 1.1%)

2 いへば, 一つは, 物とが

1 [77件] ありし, あれば, いづれの, いはるべきもの, いふが, いふべし, いふよりは, し有志, する極めて, すれば, であるが, なし看る人, なつて, ならば, また浪, 一つには, 一家破産に, 上に, 云つても, 云ふ, 云へば, 今一つには, 他面には, 休息と, 信じて, 倦怠とでは, 其の事上向, 内省の, 力である, 取らざるを, 同一視さるべきで, 奏聞有て, 威嚇と, 存ずる淺猿, 宿命的にか, 強制と, 復仇の, 心に, 思つてゐた, 思つて眼を, 思ひし處兄上, 思ひ留め, 思ひ込み父, 思ひ那金八十兩, 思ふかも, 思ふと, 思へる愚かさ, 急行列車の, 態度は, 成て, 我等の, 打算との, 捨てぜりふ言ひ, 推測すべきであらう, 有ば, 有機的な, 看る方, 知ねば, 稱し, 罪報とに, 考へたもの, 考へて, 考へる, 自由とを, 行爲の, 見られる限り, 見るべきである, 見る外, 言つた方が, 言はれ, 言ひ, 言ふ, 言へば, 言句とを, 認めて, 遺跡に, 非難し

▼ 爲~ (79, 1.0%)

2 せぬか, 自己の

1 [75件] さきに, しばらく措き, その何物, その源, たしかに歴史的認識, た我が, つまらない小さな, どうして可能, また必ず, ピサを, 不屆至極, 世間も, 乾草の, 人倫を, 人類の, 他の, 何といふ, 何一つしない, 何處に, 個人的身體と, 偶然的な, 充分注意, 凡て過激極端兇暴で有る, 凡俗でない, 刑罰を, 勿論不都合, 即ち自然, 嚴重に, 奬勵を, 如何なる場合, 存在としての, 客觀的の, 尤も嚴重, 常よりも, 彼の, 彼女の, 必ずしも大きな, 必然的に, 忽ち幕府, 意識を, 慈親を, 成り, 支那程, 時間的である, 時間關係を, 更なり, 未來に, 未成人, 本人は, 某し, 此の世を, 歴史的と, 歴史的な, 死によ, 決して之, 決して君, 決心する, 法令の, 法文による, 爲す無く, 父にと, 獸の, 知らず相手, 私の, 絶えずその, 絶えず未來, 絶對的に, 總て, 罪に, 罪惡では, 自ら二重の, 自由を, 贊成する, 身を, 隱れた

▼ 爲~ (69, 0.9%)

2 案じて

1 [67件] おす, その中心, それとも初, それとも瞳, なんぼにも, ろくに血, わからないが, わく, ゼイ, 三代の, 二た, 今では, 今日は, 他人に, 以前程には, 何か, 何となく見すぼらし, 何も, 何爲も, 其顏が, 凝と, 又は切腹, 古來, 天氣の, 夫とも, 客が, 家主も, 左に, 幹ばかし, 廊下を, 怎し, 昔, 晴れやかな, 朝に, 村落の, 東京よりは, 河の, 漆の, 然ら, 爛れて, 現實, 甚だ小さく, 町で, 當に, 疲れるね, 盜る, 知ねど, 知れぬが, 私は, 經過は, 自分の, 舌が, 色澤も, 落ち切つて, 葬ひ, 襖の, 負嫌, 足が, 近頃は, 途中で, 通へ, 遠い親類, 長い手紙, 陰鬱の, 非常に, 面白し宿, 餘計に

▼ 爲~ (69, 0.9%)

6 而し 4 以て 2 て, てやり, 歴史の

1 [53件] し新, たるに, たるの, てゐる, て主, て公衆, て内部, て各, て國民政治論, て最も, て浮きたる, て發, て第, て黨人, と雖ども, に對, は深く, も餘程變つて, 一轉し, 三元が, 下つて, 下つて附庸, 今や時局, 伊藤侯が, 其曾て, 其餘焔尚, 其黨員を, 勇悍なり, 千歳の, 却て, 同三時三十分, 同十時, 吾人の, 國會論者と, 大隈伯を, 彼れ, 從つて國民としての, 忠義視せらる, 改進黨其餘の, 政黨の, 更に變, 滿洲撤兵の, 烈山氏の, 燒場切手を, 特に十年, 終には, 終に選擧干渉, 而も, 舜の, 藝人と, 閣下の, 隨つて喜怒愛憎の, 黨員の

▼ 爲~ (58, 0.8%)

5 つたのです 4 と云 3 つたと, よ 2 から世間, から我慢, から知つて己, といふ, と思ふ

1 [33件] から汝, か馬鹿, その竿, つた, つたかも, つたで, つたに, つて何だ, つて妻が, つて男が, といふやう, とかさ, とさ, とも云ふし, とも思, とわかる, と云つた, と云つて, と思つて, と思ひ, と確, と聞いた, と聞く, と聽, と言, な十五日, わ, わね, んべが, 下の, 兄は, 本當, 水を

▼ 爲~ (52, 0.7%)

2 あらうとも, 原因で, 物の, 直ちに物

1 [44件] あつた, あつて, あの人, ありと, ある, あるならば, それ自, たい眼の, 不愉快に, 事實としての, 云ひ分けられ, 今宵に, 今度は, 俄に, 偶然的である, 僕には, 制規なる, 動機と, 即ち事實, 同一結果, 同時に物, 多い, 多く人, 屡々自己, 彼の, 惡いのみ, 我々に, 我々にと, 所謂帖學家の, 技術的である, 更に廣藝舟雙楫, 最も推尊, 歴史的行爲である, 氣狂ひじみ, 澎湃として, 物を, 特別に, 犯則に, 羨ましいやう, 自ら書く, 責められた, 賣名, 近代で, 餘り

▼ 爲した~ (51, 0.7%)

4 のである 3 かと云 2 ことが, のは, もので, ものである

1 [36件] かによつて, かの如く, か輕, きものよと, ことで, ことの, ことは, といふこと, といふその, とさ, として宜しい, と取るべき, と同じ, ので, のであ, のであらう, のです, ので且又其崇, ので南北朝, ので無く, のも, ものか, ものと, ものは, やうに, 事とを, 事は, 二つの, 人で, 修業の, 其の時, 殆ど山, 私に, 結果の, 行爲は, 謂は

▼ 爲~ (51, 0.7%)

2 お出なさる, 來た, 居ると

1 [45件] ありやしまいし, くれまいもの, なりとも, ゐた, ゐたのに, ゐたら人間, ゐた樣, ゐる, ゐるかは, ゐるが, ゐること, ゐるの, ゐる時, ゐる者, 下さるか, 了つた, 仕舞はじ, 何を, 入らつし, 呉れたらうか, 呉ろと, 妙賢は, 居ません, 居りましたこと, 彼は, 怒り歎きしが, 怨みを, 校長も, 永の, 田圃道を, 置いた, 置たく, 置ながら, 置れず, 行く事, 見せようが, 見せるだけの, 見せるわ, 話を, 貰つてる, 貰は, 貰はんと, 貰へば, 貰らつたら, 遣たりと

▼ 爲にも~ (47, 0.6%)

2 好い片腕, 成ませう私

1 [43件] あらざりしを, あらず, ならないから, なり事, なり時, なるだらう, なるまじと, はたまた, やはり少から, よからう, 一大不幸なるべき, 一度は, 之を, 亦あの, 亦他, 亦滿洲邊, 人の, 勞を, 及ばじ依て, 喜ばしい, 大なる, 奇しくさげすまるべき, 姑の, 子孫を, 學校を, 少し根本的, 心の, 心強く且賊難, 必然と, 必要と, 必要に, 惠果阿闍梨の, 我が爲, 掛替なき, 死の, 爺さんの, 病院や, 相成まじき段屹度, 竹の, 聞きたかつたし, 股引を, 良からう, 行末わろき

▼ 爲すべき~ (46, 0.6%)

5 ことは, ことを 3 事は, 事を 2 ことの, 仕事は

1 [26件] かといふ思案, かについて決定, かは今や, ことである, ことと, ことには, すべてを, ところの, ところは, にあらざる, もので, ものに, や覺悟, 事の, 仕事の, 唯一つの, 善を, 塲處も, 役を, 所なれ, 所は, 旨内訓を, 目的と, 程文化が, 責務で, 道を

▼ 爲したる~ (31, 0.4%)

2 事なら, 結果は

1 [27件] が其後二十三年, ことを, ぞよ, ときに, は排星運動, ものは, ものを, もの安ぞ, もの是れ, 一種の, 上同年十一月一日各, 也, 事を, 事實と, 五十兩を, 人あら, 人なり, 十四五人の, 外務大臣小村男とは, 我が惡事, 故其儘, 時は, 此書の, 結果陰謀に, 考察に, 自由黨の, 貴族院研究會すら

▼ 爲~ (30, 0.4%)

3 ことの, ことを 2 ものだ, 事に, 事は, 方が

1 [16件] ことだ, ことで, ことに, ことは, とあれ, といふ道徳的, と云つた, のである, のと, やうな, やうに, んです, 事で, 事を, 仕事は, 氣取で

▼ 爲さん~ (29, 0.4%)

12 とする 3 と欲, と欲する

1 [11件] かと言, といへる如く, とし, としても出, として努力, とねがふなり, とまで言, と企てたる, と思ふ, と決定, より彼

▼ 爲でも~ (29, 0.4%)

7 あつた 4 あらうが 3 ある 2 あらう

1 [13件] あつたらう, あらうか, あるが, あるまいが, これを, なかつた, なかつたやう, なく全く, なく利慾, なく若旦那徳太郎, 何でも, 構は, 苟も自ら新

▼ 爲~ (29, 0.4%)

3 のである 2 んだ, んです, 海軍

1 [20件] からし, ことを, のさ, ので初め, のは, んでせう, 人々は, 僧侶が, 帝國海軍, 昨日で, 歳月が, 海軍士官と, 生活では, 私も, 者が, 若い人々, 追放された, 退屈で, 阿呆野口を, 青年教授は

▼ 爲す所~ (26, 0.3%)

2 を知らず

1 [24件] あたかも最, あらんと, いで我, が前年配下, であるが, なきに, なりと云, にし, にはあらず, に倣はん, に傚つたの, のもの, は如何, は張る, は韓國, は黨首たる, を以て痴態, を學ぶ, を憂ひ, を知らざる, を見, を見る, を見るべきである, を見れ

▼ 爲である~ (26, 0.3%)

1 [26件] かといふこと, かを知つて, か乃ち謂, か精神, が支那, ことが, ことしかも, ことに, ことを, それから, と, とは申します, ともいふ, と見られる, と解されるなら, と解釋, に過ぎない, を解するであらう, 事に, 兎に, 夫の, 宗教上から, 家の, 詐僞と, 隨而これを, 隨而正

▼ 爲三郎~ (24, 0.3%)

2 といふの, なんか唯, を殺した

1 [18件] がこの, が死んだ, が肌身, が自害, で, で御座るよ, とやらはどんな, と伊之助, と養子, にも手傳, に對, の死骸, はあの, はお, は殺された, は繪姿, を殺し, を殺す

▼ 爲~ (23, 0.3%)

2 あつた

1 [21件] ありさうに, ある, あるでせうが, ある事, さして不思議, そ, ないので, なくて, なく確固たる, 之を, 亦實, 亦是, 單に, 成程, 技巧も, 敢て, 歴史的とは, 無く誰, 相手が, 試驗ずみだ, 餘り

▼ 爲では~ (22, 0.3%)

5 ない 3 なくて

1 [14件] あるまいか, かなはじ, ないかと, ないと, ないといふ, なかつた, なかつたの, なかつたらう, なからう, なく, 有られぬやう, 有るまい, 無く一, 非常な

▼ 爲ない~ (20, 0.3%)

2 で宜, のだ

1 [16件] かと甚だ, かの眞劍, から, から萬望, が其, ことである, でゐた筈, でゐる, で賄, といふ方, に違, ものだ, やうな, 事を, 勇氣は, 男だつた

▼ 爲~ (18, 0.2%)

3 ない 2 しむ, まくば

1 [11件] う言, しむと, ないその頃, ないと, ないの, ないほど, ない事, ない低, ない特性, なくなり血行, へ微細

▼ 爲~ (18, 0.2%)

2 申ます

1 [16件] ても可, て見よう, といひ, と命ずる, ども彼家此家, ばいくら, ばなり, ば可, ば朝, ば熟練, ば衆人, やうと, 一切の, 他の, 勇健に, 給へ

▼ 爲せる~ (18, 0.2%)

2 が宜, ことが

1 [14件] がこの, ことまた, に由る, わざの, 下町の, 人の, 城山, 學派の, 所あり, 時, 業と, 處より, 路三四町に, 鬚武者の

▼ 爲する~ (17, 0.2%)

1 [17件] ことは, ことを, さま是なり, ための, といふ, とき我々は, のは, の二大, もの, ものとして, ものとしての, ものとの, ものは, ものを, 必要あり, 性能を, 間に

▼ 爲し得る~ (16, 0.2%)

2 を許し

1 [14件] かも知れない, か爲, ことである, ことでございます, ことは, ことまた, ところの, に相違, のである, ものである, ものは, 場合と, 素質を, 職務は

▼ 爲せし~ (16, 0.2%)

2 や何

1 [14件] が如し, が果ては, こと此日汝に, こと無き, と思はる, に由り, ものなるべし, 儀と, 岩石の, 惡事は, 業云ふも, 業刃こそ, 物か, 者と

▼ 爲~ (16, 0.2%)

2 わとて連れら, 事し, 方が 1 かと又, かと存じまし, か其, か或は, とか理屈, とは知つて, のである, 又同町, 客車で, 樣に

▼ 爲~ (16, 0.2%)

2 と思ひし

1 [14件] ければ, だとう, だな, とする, とせし, とて頓, と云, と腹の中, のだらう, や, やうを, よりは奉行所, 事を, 物と

▼ 爲す者~ (14, 0.2%)

1 [14件] ありと, が一部面, たらんか, でなくて, と見たら, なるが, なれば, のみひとり, の意志, の者, は亦, は未だ, は論語よみ, を指すなり

▼ 爲なら~ (14, 0.2%)

1 [14件] いかなる勞, で, でまこと, で富, ばたと, ばと忠義, ばと誓, ば猶, ば老人, ば行爲そのもの, む, むその, 命を, 少しも

▼ 爲合せ~ (13, 0.2%)

3 になれる 1 だつた事, である, ではなかつた, なり, なんぞにはなれ, になつ, になれよう, に存じ奉ります, に見え, をはつ

▼ 爲さざる~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことなり, によりて我, に至らなけれ, ものとして, を可, を得ない, を爲, 三百代言的氣質ある, 可から, 惡事を, 所なり, 物有り

▼ 爲すこ~ (12, 0.2%)

2 と勿, と能 1 とその, とたとへば, と即ち, と數度, と極めて, と甚だ, と能はず, と言

▼ 爲す事~ (12, 0.2%)

2 の時 1 が出, と求むる, によつて, に化し, の外, の次第, はみな神, もなく, も無い, をばこれ

▼ 爲~ (12, 0.2%)

1 [12件] とも宜し, には居られ, には居られなくなる, に室, に歸らん事餘, 善か, 悠然として, 手足を, 控へたり, 無遠慮に, 綿なども, 翌朝遂に

▼ 爲さしめ~ (11, 0.1%)

21 たりとい, たり排星運動, たるを, てゐる, て居る, よ, んと, 一方に, 終に皇帝

▼ 爲さむ~ (11, 0.1%)

8 とする 1 とし, と欲, と欲す

▼ 爲たる~ (11, 0.1%)

2 もあれ 1 や決して, を免れない, 事なら, 事には, 事舊説通りだらう, 庄兵衞上に, 有樣, 段彌, 罰なら

▼ 爲された~ (10, 0.1%)

2 ことは 1 にせよ, のであらう, のであります, のである, 事なら, 學問から, 御方に, 藏經である

▼ 爲すべ~ (10, 0.1%)

3 からざる, からず 1 からざること, からざる筈, かりき, かりし事

▼ 爲~ (10, 0.1%)

2 やて, やない 1 や, やありません, やあるまい, やあんめ, やねえ, や無

▼ 爲よう~ (10, 0.1%)

2 かと思つて, かな 1 こそあれ, でな, といふやう, とはしなかつた, と智惠子, と言

▼ 爲~ (10, 0.1%)

2 ば怒る 1 ども心冴其上夜, ばよい, ば亦, ば今, ば何, ば侯, ば其政黨, ば理外

▼ 爲その~ (9, 0.1%)

1 一を, 人の, 先に, 性に, 繪や, 裳裾を, 許を, 身内の, 點で

▼ 爲たり~ (9, 0.1%)

1 しが, した事, しと, しを, し際, するあらゆる, する力, 言つ, 面に

▼ 爲として~ (9, 0.1%)

1 之れ, 事實としての, 取扱はれる, 承認し, 殊に表出, 現れて, 省みなければ, 紙を, 複雜靈妙なる

▼ 爲ならず~ (9, 0.1%)

1 そこに, とせむや, とせん, と思案, と懇, 人に, 太陽自らその, 寶澤人に, 汝が

▼ 爲なれ~ (9, 0.1%)

1 ど原因, ど極めて, ば人, ば先是, ば咎むるなかれ, ば地上, ば少し, ば惡病人, ば此身

▼ 爲にと~ (9, 0.1%)

1 つて置いた, 先祖の, 多くの, 大佐が, 御座る御, 思つてし, 思つて一とつ是非奮發し, 急ぎ, 茅葺の

▼ 爲やう~ (9, 0.1%)

2 とも思はない, と云 1 が無い, として愉快さうに, もありませう, 少しは, 思はるれば

▼ 爲さず~ (8, 0.1%)

1 と, とある, アキリュウス, 故に彼, 而も, 自己忘却の, 豫め事實網につき, 運命だけが

▼ 爲し得た~ (8, 0.1%)

1 かの如く書い, ことに, といふ消極的, としてもその, とする, とすれ, にし, 氣が

▼ 爲といふ~ (8, 0.1%)

2 ものは 1 とき行爲する, のも, のを, 動機も, 文明の, 觸れ込み

▼ 爲なけれ~ (8, 0.1%)

4 ばならぬ 1 ばならぬで, ば可, ば方, ば足

▼ 爲なる~ (8, 0.1%)

2 ことを 1 かと疑, かと見返へれ, に失望, よし渠等自ら名乘出たる, 可し, 折から

▼ 爲かも~ (7, 0.1%)

6 知れない 1 知れません

▼ 爲す可~ (7, 0.1%)

2 からず 1 からざる事, きかを, きこと, きところ, き事

▼ 爲とは~ (7, 0.1%)

1 いへ三十歳前後, いへ人肉, いへ天下, 可笑しいぜ, 見え透きたり, 言は, 顛倒した

▼ 爲によ~ (7, 0.1%)

4 つて再び 1 つてその, つて完成に, つて規定される

▼ 爲のみ~ (7, 0.1%)

1 でなく男女, では, で無いので, ならず便り, ならず父母その他彼等, 仕つり村方, 而も

▼ 爲~ (7, 0.1%)

1 他の, 冒險を, 墮落に, 方法に, 果して道徳的價値, 言葉は, 雲の

▼ 爲~ (7, 0.1%)

21 しめたり, ず, ずベアトリーチェ, ず彼, ぬ浮世

▼ 爲を以て~ (7, 0.1%)

1 之を, 埋むる事, 戀人に, 押へる, 推す時, 美人の, 言語に

▼ 爲~ (7, 0.1%)

5 なもの 1 なこの, な歪められた燒物

▼ 爲さね~ (6, 0.1%)

5 ばならぬ 1 ばならなかつた

▼ 爲とか~ (6, 0.1%)

1 で宛然石膏細工, 主人の, 信仰の, 好奇の, 專心精進の, 社會の

▼ 爲なり~ (6, 0.1%)

1 世間或は, 其爲に, 地に, 幾重にも再, 斯淺果なる, 然ども

▼ 爲ばかり~ (6, 0.1%)

2 でも 1 でなく口調, でなく部曲制度, では, で無い其の

▼ 爲~ (5, 0.1%)

3 かしの 1 かしに, かしを

▼ 爲される~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことである, ことを, ので, 場合が

▼ 爲し得ない~ (5, 0.1%)

1 といふその, と思慮, のだ, のみでなく, やうな

▼ 爲~ (5, 0.1%)

21 やと, 劇藥を, 義理有る

▼ 爲との~ (5, 0.1%)

2 間には 1 多種多, 間に, 關係において

▼ 爲とも~ (5, 0.1%)

1 なきいた, なく淋しく思ふ, 判明しない, 自分の, 言へる

▼ 爲なかつた~ (5, 0.1%)

2 のです 1 が一體何, のである, ばかりで無い

▼ 爲ながら~ (5, 0.1%)

1 何と助, 市郎左衞門の, 心中に, 言ひ, 長八に

▼ 爲べき~ (5, 0.1%)

1 事が, 仕事を, 樣も, 當も, 裁縫の

▼ 爲~ (5, 0.1%)

1 卑怯だ, 執りて, 決定にも, 説にも, 辨解にも

▼ 爲~ (5, 0.1%)

1 のすぐ, の爲, はこの, はキャバレー, は行つて寢

▼ 爲~ (4, 0.1%)

1 品の, 菊を, 靜の, 預りの

▼ 爲さずし~ (4, 0.1%)

1 て全, て寧ろ, て曰, て民間

▼ 爲さぬ~ (4, 0.1%)

1 からな, には餘, のである, 人が

▼ 爲し遂げた~ (4, 0.1%)

1 と私, のであらう, 人々の, 者は

▼ 爲すあらん~ (4, 0.1%)

3 とする 1 として爲

▼ 爲そのもの~ (4, 0.1%)

1 が不都合, が事實, が既に, の根本的

▼ 爲たい~ (4, 0.1%)

2 ならん 1 のであらう, ものだ

▼ 爲たら~ (4, 0.1%)

1 ば女, ば男, 可いか, 可から

▼ 爲だらう~ (4, 0.1%)

1 か, がちよ, と思つて, と私

▼ 爲です~ (4, 0.1%)

1 からケチ, か昨晩, が, な

▼ 爲なく~ (4, 0.1%)

2 ても可 1 たつて, てはならない

▼ 爲にか~ (4, 0.1%)

1 やうな, 天の, 彼は, 此の

▼ 爲にこそ~ (4, 0.1%)

1 シストも, 下界にて, 彼が, 斯かる

▼ 爲ねば~ (4, 0.1%)

1 とて命, 成ず否, 成ぬは, 成らぬと

▼ 爲べし~ (4, 0.1%)

1 と留めけれ, と言和ら, 江戸へ, 然れ

▼ 爲め渠~ (4, 0.1%)

1 はあちら, は喜ん, は度, は自分

▼ 爲りたる~ (4, 0.1%)

1 は實, もの, もの歟然, 所以は

▼ 爲~ (4, 0.1%)

1 少數者, 或省ニハ, 著シク國民, 諸遺跡

▼ 爲かと~ (3, 0.0%)

1 思ひます, 解釋する, 話して

▼ 爲この~ (3, 0.0%)

1 家へ, 手紙の, 方面の

▼ 爲さざりし~ (3, 0.0%)

1 ことを, のみならずし, 事をも

▼ 爲さなかつた~ (3, 0.0%)

1 といふこと, とは信ぜられない, ので有る

▼ 爲さなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ばなるまい

▼ 爲され~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 てゐた

▼ 爲し居る~ (3, 0.0%)

1 とは知らぬ, の政治家, やを知る

▼ 爲し得べき~ (3, 0.0%)

1 ことで, やうの, 能力を

▼ 爲し遂げる~ (3, 0.0%)

1 ためには, と云, には身

▼ 爲すべく~ (3, 0.0%)

1 來る, 僊人遇ふべく, 諸將

▼ 爲す如く~ (3, 0.0%)

1 その萎えたる, 或は寡婦, 銛に

▼ 爲す業~ (3, 0.0%)

1 だ, であるそれ, とて如何

▼ 爲せり~ (3, 0.0%)

1 といふ, 今回の, 時々岩塊

▼ 爲つて~ (3, 0.0%)

1 ゐて, ゐるので, 居る

▼ 爲ては~ (3, 0.0%)

1 ならぬ事, 下さらんか, 踈大なる

▼ 爲であり~ (3, 0.0%)

1 この後, また甲, 同時に又

▼ 爲でない~ (3, 0.0%)

1 ことを, と言, まして家族主義

▼ 爲とて~ (3, 0.0%)

1 大海の, 居酒の, 旦那寺に

▼ 爲とに~ (3, 0.0%)

1 分つ惡戯, 女子の, 由り正確

▼ 爲~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばなるまい

▼ 爲めだつ~ (3, 0.0%)

1 たらしくおり, てね, て從

▼ 爲め父~ (3, 0.0%)

2 を殺害 1 に叱られる

▼ 爲よりも~ (3, 0.0%)

1 宗教の, 寧ろ自家頭上, 皇室の

▼ 爲れる~ (3, 0.0%)

1 が如し, として見, 状實に

▼ 爲~ (3, 0.0%)

1 が餘程, を善, を惡

▼ 爲~ (2, 0.0%)

1 子細らしく, 彼う

▼ 爲かとも~ (2, 0.0%)

1 思つた, 思ひましたが

▼ 爲ける~ (2, 0.0%)

1 に元, を主

▼ 爲けれ~ (2, 0.0%)

1 ば惣右衞門, 共小僧

▼ 爲さう~ (2, 0.0%)

1 といふ, とする

▼ 爲さざるべからざる~ (2, 0.0%)

1 一事件也, 者多く

▼ 爲さば~ (2, 0.0%)

1 和ぎて, 彌

▼ 爲さる~ (2, 0.0%)

1 ので御座ん, 事を

▼ 爲されたる~ (2, 0.0%)

1 ものと, 根本動機の

▼ 爲さんこと~ (2, 0.0%)

1 を乞, を欲す

▼ 爲ざりし~ (2, 0.0%)

1 に不, 由檢使場でも

▼ 爲ざる~ (2, 0.0%)

2 は勇

▼ 爲しなれ~ (2, 0.0%)

2 ども生憎

▼ 爲し遂げ~ (2, 0.0%)

1 てゐなかつた, て未來

▼ 爲し遂げられた~ (2, 0.0%)

1 ところが今度, のであつ

▼ 爲すか~ (2, 0.0%)

1 と云, と思ふ

▼ 爲すなき~ (2, 0.0%)

1 が如く, に歸

▼ 爲すべきである~ (2, 0.0%)

1 かに氣, かも學んだ

▼ 爲すべし~ (2, 0.0%)

1 又幾度, 實行は

▼ 爲すまじき~ (2, 0.0%)

1 は戀, 卑しきこと

▼ 爲す人~ (2, 0.0%)

1 も有る, 或は物

▼ 爲す無から~ (2, 0.0%)

1 んと, んとして

▼ 爲せぬ~ (2, 0.0%)

1 前から, 此の

▼ 爲たりけり~ (2, 0.0%)

1 因てり, 斯て

▼ 爲たれ~ (2, 0.0%)

1 ども今更立, ども考

▼ 爲つたの~ (2, 0.0%)

1 である, は未だ

▼ 爲でなく~ (2, 0.0%)

1 て寺本さん, 單なる

▼ 爲なき~ (2, 0.0%)

1 にもあらじ, は職

▼ 爲なりと~ (2, 0.0%)

1 極論したる, 語り合へる

▼ 爲にて~ (2, 0.0%)

1 この郷, その所以

▼ 爲にのみ~ (2, 0.0%)

1 生れて, 設けられたるもの也

▼ 爲にや~ (2, 0.0%)

1 あらん, 觸感に

▼ 爲により~ (2, 0.0%)

1 いい生活, 囘避し得る

▼ 爲ねろ~ (2, 0.0%)

2 かも

▼ 爲~ (2, 0.0%)

1 やと持てなやみぬ, 不便や

▼ 爲ませう~ (2, 0.0%)

1 よ, 日向樣

▼ 爲めそれ~ (2, 0.0%)

1 が李贄, を見る

▼ 爲めだつた~ (2, 0.0%)

1 のか, のである

▼ 爲め世人~ (2, 0.0%)

1 の注意, をし

▼ 爲め今~ (2, 0.0%)

1 のところ, までの下

▼ 爲め國~ (2, 0.0%)

2 の爲め

▼ 爲め學校~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は長く

▼ 爲め彼~ (2, 0.0%)

1 の妻, は旅行癖

▼ 爲め會社~ (2, 0.0%)

2 の爲め

▼ 爲め痛み~ (2, 0.0%)

1 が一層, 強くわ

▼ 爲め策略~ (2, 0.0%)

1 をする, 破れた海賊船

▼ 爲め自己~ (2, 0.0%)

2 の股肉

▼ 爲やすし~ (2, 0.0%)

2 加擔人は

▼ 爲より~ (2, 0.0%)

1 この結果, 樣

▼ 爲らざる~ (2, 0.0%)

1 は殆ど人生, も然

▼ 爲らしめたる~ (2, 0.0%)

1 は他, は蓋し

▼ 爲わざ~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 爲メニ~ (2, 0.0%)

1 極東西比利亞, 約十年後ヨリ地方自治制

▼ 爲~ (2, 0.0%)

1 ではこの, 茲に

▼ 爲出さう~ (2, 0.0%)

2 と出精

▼ 爲又は~ (2, 0.0%)

1 屋内を, 漢服を

▼ 爲及び~ (2, 0.0%)

1 態度の, 活動の

▼ 爲君權擁護~ (2, 0.0%)

2 の爲

▼ 爲太郎~ (2, 0.0%)

2 といふ子

▼ 爲始める~ (2, 0.0%)

1 と全く, 耄碌爺の

▼ 爲~ (2, 0.0%)

1 の何人, の死せ

▼ 爲~ (2, 0.0%)

1 慈悲の, 所持の

▼ 爲故意~ (2, 0.0%)

1 に焚き火, に破

▼ 爲日想觀~ (2, 0.0%)

2 に最

▼ 爲異教徒~ (2, 0.0%)

2 と戰

▼ 爲祝典儀式~ (2, 0.0%)

2 又は行事

▼ 爲筑前~ (2, 0.0%)

2 へ下る

▼ 爲自分~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 爲難けれ~ (2, 0.0%)

1 ば双, ば早速

▼ 爲難し~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, 依て

▼1* [650件]

あの精神は, 爲あらゆる言葉から, 爲ありて免官, 爲ありし者を, 爲ありたるによりてなり, 爲あゝした批評的, 爲ことなし, 爲かうした點にも, 爲かぞく, 爲かとばかり己が, 爲かのやうに, 爲からそんな處罰, 爲こと成ず依て, 爲こと勿に若, 爲さいました事には, 爲さうな原因は, 爲さうならば人, 爲さざるなる可し, 爲さざれ少欲にし, 爲さしむるに適當, 爲さしむることである, 爲さしむることに由て危險, 爲さしむるべくあるか又夏, 爲さしむるべくあるかといふ事を考察, 爲さしむるべく彼に曰, 爲さしむるをよしとし我は全く, 爲さしむる多くの黒き, 爲さしむる能はざる, 爲さしめし者たり, 爲さしめたのである, 爲さずんば, 爲さず思ふ可き, 爲さつても能, 爲さないで合理的, 爲さぬ思ふ可き, 爲さば吾人は歐洲, 爲さば是れ妄信, 爲さば最後の馬, 爲さば爲せ他, 爲さむとせし此大聖人の徳, 爲さむとせば則ち之, 爲さらない樣, 爲さりますな, 爲されしことなし, 爲されなかつたことである, 爲されませ和吉も, 爲さ時刻ばかり念入り, 爲ざりしか, 爲ざればコリヤ何, 爲しあたはざる, 爲しうべき事いかばかり, 爲しえんや, 爲しかねてゐた, 爲しける後は, 爲しこと小西屋, 爲ししが如き, 爲したいと望む, 爲したく無いものである, 爲したなら其は, 爲したるやを知る, 爲したればなり, 爲した如く物子は, 爲しとては大した, 爲しとげられたことである, 爲し了せんと, 爲し學ばうと欲する, 爲し居りし由との, 爲し待つに客禮, 爲し得たりし, 爲し得ざりしならむ, 爲し得ざる彼らの, 爲し得ぬので, 爲し得るであらうか, 爲し得るならば或は, 爲し思ふ可から, 爲し果てない動作の, 爲し終り得べき且つ最も早く, 爲し絶えて彼此, 爲し遂げぬうちは, 爲し遂げられなかつたのである, 爲し遂げれば國産車, 爲し遂げ得ないことである, 爲し遂げ得ましたほどのこと, 爲すごとくかの青葉, 爲すさまを眺め, 爲すなりといふ, 爲すなるべしか, 爲すなれば自然茲, 爲すべての美, 爲すべて愛より出, 爲すまじ我を, 爲すやとよばはる, 爲す如き技を, 爲す所一も常識, 爲す時の清爽, 爲す無き能は, 爲す等の事, 爲す者其方の外, 爲せしか御奉行所, 爲せしならんと, 爲せたくなく廻り路でも, 爲せないと云, 爲せぬでございますけれども少々, 爲そ此れ吾人, 爲ぞと一喝し, 爲たく夫に, 爲たならば其時, 爲たりと口から, 爲たんじや, 爲だけで生きて, 爲だつたよ, 爲だろう藥品で, 爲つたことも, 爲つづけた苦勞が, 爲つて七年も八年, 爲つて是れには, 爲つて言つてるのに, 爲てるんでせう, 爲であらふと考へる, 爲でありますと答, 爲であるべきことさへ, 爲であるらしく考へらる, 爲でしたがお, 爲で御座いますから, 爲といふとも羞しからぬ, 爲といふも知れて, 爲とかを何處かへ, 爲とが擅な, 爲とでもして, 爲とのみ云はんや, 爲とを有する時, 爲と共に等しく自由, 爲盜み, 爲ども元より大家, 爲ども茲等は場末, 爲なかった, 爲ながらも餘り, 爲なと力身で, 爲なとて口惜し涙, 爲なども評するやう, 爲ならじ汝に, 爲なりきアレッサンドリアと, 爲なりきかれらま, 爲なりきさればこの, 爲なりしまだ其下, 爲なりしならむ, 爲なるべし此品, 爲において全く同一, 爲においてもそれを, 爲にかの光めぐる, 爲にてもあるべけれど, 爲にとて一曲を, 爲にとは何事ぞや, 爲にのみは筵も, 爲にまで驅りやつた漠然と, 爲にをり, 爲ねと言る, 爲ねど已に夫婦, 爲ねへ夫迚も, 爲のみの利益でない, 爲のみを行ひ, 爲はじめた私は, 爲はななえにも, 爲ばかりとは受取れなかつたの, 爲ばかりに一所懸命で, 爲らく韓非, 爲べからずと吉平, 爲べけれども母, 爲づ強き, 爲まくはこの, 爲ましやうとは, 爲ましたつけ貴方と, 爲まじ虚は, 爲まじき者にも, 爲ませんかつた, 爲または態度の, 爲まで皆一定, 爲まもる操の, 爲みつばよつば, 爲むすべを知らず, 爲めあす山に行つて, 爲めうたはざる, 爲めきのふの朝, 爲めさう云ふ, 爲めつけ落しやつけ加, 爲めつまり相續人を造る, 爲めどこかの書生雜誌, 爲めなほ二三の小論文, 爲めむしろでちひさい, 爲めウーリュンポスに悲みき, 爲めモラヂガエタに留まる, 爲めヴェヌス・ヴェルチコルヂアの大社, 爲め一厘一錢の差, 爲め一士官に命, 爲め一所懸命の覺悟, 爲め一部は水, 爲め七八年前こんな教師風情, 爲め三田はなだめる, 爲め三省堂から發行, 爲め三里に足らぬ, 爲め上京して, 爲め上京此段町奉行にも心得有べき, 爲め不孝の罪, 爲め世の爲め, 爲め世間に在りし, 爲め中央は別, 爲め之に關, 爲め二三年前越年期のマオカ, 爲め五十嵐が何某, 爲め五十路近くやうやう, 爲め亡父の一周忌, 爲め人を殺した, 爲め人間は兎角, 爲め他の古, 爲め他人の聲, 爲め他方少くとも, 爲め何を考へる, 爲め何千年とか何萬年, 爲め何處に體, 爲め來たる能はず, 爲め信者もある, 爲め先生の顏, 爲め入院して, 爲め入院前後の事, 爲め兵庫洲本間の最終定期船, 爲め兵隊の宿, 爲め其一族が外戚, 爲め其儘になつて, 爲め其儘病室に置かれた, 爲め内閣と議會, 爲め凡ての事業, 爲め出版されて, 爲め函館へ行, 爲め前の十八字, 爲め北海道のをん, 爲め南洋の風土産物, 爲め却つて缺點を擧げる, 爲め同衾も出, 爲め名義上の監修國史, 爲め向うへは聽, 爲め吾兒の爲め一所懸命, 爲め唐でも當時, 爲め單衣もズボン下, 爲め四臂六臂の佛像, 爲め四郎右衞門如何程か難儀, 爲め國家の爲め, 爲め垂下し或は, 爲め外交の上, 爲め多くの學者, 爲め夜明前より門, 爲め夢と見, 爲め大分不景氣, 爲め大岡越前守が立身, 爲め大野を日比谷公園, 爲め夫婦でもある, 爲め女への支送り, 爲め家の爲め, 爲め家族はこんな, 爲め寺の石壁, 爲め封爵を獲た, 爲め小樽旭川帶廣釧路室蘭地方へ社員, 爲め居附かないと, 爲め山が荒れ, 爲め幕府の末年, 爲め平年に比し, 爲め強ひたの, 爲め彼等兩人の遺骸, 爲め後世の手本, 爲め御家の爲め, 爲め徽宗は宰相, 爲め急性肺炎になつて, 爲め怪我して, 爲め惡かれと, 爲め意志の疏通, 爲め我等の處, 爲め我等身に添大切, 爲め戰場ヶ原にさ, 爲め手を振つ, 爲め手古奈の爲め, 爲め拷問を用, 爲め換言すれば, 爲め播磨の家島, 爲め支那文典若しくは其他語學, 爲め敏感なる歐羅巴, 爲め數ヶ月の臭い, 爲め斧で柱, 爲め斯うした, 爲め斯樣なこと, 爲め新家の家, 爲め日本の發達, 爲め昇があと, 爲め明史を編纂, 爲め朝早く出かけた, 爲め机を床の間, 爲め村に小屋, 爲め村役場は天滿宮境内, 爲め東北地方に兼ね, 爲め松岡にはこの間, 爲め栃木町より藤田古河邊, 爲め横山町の出店, 爲め樹木を愛惜, 爲め歐洲へ一寸歸國, 爲め止宿と書き付け, 爲め此後は製造, 爲め歸北した, 爲め死亡せし場合, 爲め死刑に處, 爲め殆ど堤防が水, 爲め氣を變, 爲め水は落ち行く, 爲め永劫に衰, 爲め池沼にする, 爲め汽車の動搖, 爲め流沙葱嶺の險, 爲め浮世の義理, 爲め海がいよ, 爲め清新の趣味, 爲め渠等の方, 爲め渡來之儀差免し候云々, 爲め演説口調で喋る, 爲め漢書にも樂浪, 爲め潛かに御, 爲め澤山の石ころ, 爲め激烈な絶交状, 爲め火が消える, 爲め無代價で二三百枚づつ配布, 爲め父母の爲め, 爲め物足らない何と, 爲め當市に下車, 爲め皆なで相談會, 爲め皇后を池, 爲め盟へ, 爲め眞鑄時計だと, 爲め眼をつぶつて, 爲め知覺も認識力, 爲め石佛寺を探訪, 爲め石川縣の潟, 爲め硫酸紙の代り, 爲め祖父の機嫌, 爲め神に念ずる, 爲め神經が再び, 爲め福建の官憲, 爲め私は別に, 爲め私法を以て轉下, 爲め積極的にし, 爲め空敷嘉川家斷絶に及びし, 爲め窓は一層, 爲め窓ぎはの客, 爲め糸價下落したるは, 爲め紹介しに, 爲め結婚式に列席, 爲め經濟其他法律上權利の研究, 爲め縣廳に飼, 爲め義雄は外出, 爲め義雄自身は有志, 爲め翼腰をはなる, 爲め老子尹子を此等, 爲め老母の怒, 爲め耐へ難き, 爲め耳を痛め, 爲め職を辭, 爲め自分の慘め, 爲め自分等の新, 爲め自然に三田, 爲め致し方のない, 爲め興奮し汗, 爲め芝居の, 爲め茲に首卷, 爲め蘆の湖, 爲め蟇口を開け, 爲め表面には出ず, 爲め製造場の帳簿, 爲め西方の大字, 爲め訴訟に干預する, 爲め詔敕を作る, 爲め變じたるなり, 爲め豫め劃然として具, 爲め豫而寄稿の依頼, 爲め販賣したいと, 爲め買はなけれ, 爲め賊徒は利禄, 爲め身を以て之, 爲め身命を惜, 爲め輪に輪, 爲め退社するもの, 爲め通り三丁目の嶋村, 爲め造りたるもの, 爲め遠く彼の來, 爲め遠慮して, 爲め遺言して, 爲め酒井事件に關, 爲め重要なる地位, 爲め金勝寺に出掛ける, 爲め鐵橋はそこ, 爲め長安は饑窮, 爲め隋書經籍志には譜系, 爲め階級制に伴, 爲め隣接した地方, 爲め雇ひ技師, 爲め雙方妥協するに, 爲め電話でお話, 爲め非常に遺憾, 爲め飄然として清國漫遊, 爲め食卓では一切日本語, 爲め食物などはちつ, 爲め養生の積り, 爲め驛遞の馬, 爲め體を損じ, 爲め高山に登りし, 爲め鴨緑江畔の滿浦鎭, 爲め黒門町の樽屋金兵衞, 爲もう一度きいて, 爲やうぢやない, 爲やや情念に, 爲やら述作に, 爲よかれとての言葉, 爲よりはなどと罪なき, 爲らしいと思はれ出し, 爲らむ憲政黨をし, 爲り勉めて其生涯, 爲るではなし, 爲るべき用は, 爲る如き癡人に, 爲る成ん此事病氣の, 爲れぬでは御, 爲れりと雖, 爲と又, 爲わざとそのま, 爲われは盃, 爲をば彼等の, 爲をも不動の, 爲アイヌの小屋, 爲イタリアのオルヴィエート, 爲カエサルの攻むる所, 爲キリストの死し, 爲サンノミ然リト雖モ贅疣, 爲シ更ニ故, 爲シ物品交換ヲ行ヒ居リシガ, 爲シ終ニ一家ノ見, 爲シ邑ハ又國, 爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, 爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, 爲ス所悉ク大帝降世, 爲ス者ニ非ズ邪, 爲セリ原ト一種海事的並ニ冐險的, 爲ニ來レリト宜シテ終ニ羅馬, 爲ニ僅カニ思慮ヲ費セドモ一タビ足ヲ動カセバ, 爲ニ凡テ關税ハ此省ノ計算ニヨリテ内閣ニ提出ス, 爲ニ國内ニ不法ナル土地兼併が行ハレテ, 爲ニ大名ニ私用セラルルコトト同ジ, 爲ニ忠ナル者ト謂フベク假令少數タリトモ此, 爲ニ戰場ニ死戰スルヲ見, 爲ニ攻伐シツツアル現代支那ガ政治的ニ統一セル者ト云フ能ハザル如ク, 爲ニ日本ハ露國ノ復讐戰ニ對スル, 爲ニ物價騰貴ニ至ル恐アル時, 爲ニ男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, 爲ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, 爲ニ經濟的私兵ヲ養ヒテ相殺傷シツヽアル今, 爲ニ起リタル日清戰爭及ビ滿洲ニ來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, 爲ニ起ル疑惑ハ事業家ノ奮鬪心, 爲ニ騰貴スルトキハ國家ハ一般國民ノ購買能力ト世界市價トノ差額, 爲一海軍將校海中潜行艇ノ, 爲メニシテ從テ英國ガ一時的全勝將軍タルガ爲ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, 爲メニ一擧根本ヲ屠, 爲メニ不具廢疾トナレル者ノ國家扶養, 爲メニ個人ノ名, 爲メニ制限サルル如ク戀愛ノ自由, 爲メニ則チ日露戰爭ノ結論, 爲メニ占有者又ハ侵略者, 爲メニ夫ノ濫用セントスル戀愛, 爲メニ存スル日本ノ軍備及ビ戰鬪的精神ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無, 爲メニ市ハ五年目毎ニ借地料ノ評價, 爲メニ戰フコトノ單ナル我利私欲ニ非ザルコトハ, 爲メニ戰爭ヲ開始スルノ權利, 爲メニ日本大多數國民, 爲メニ日露大戰, 爲メニ特ニ日本ノ享有セル領土擴張, 爲メニ簡明ナル一事一物ヲモ迂漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ, 爲メニ英軍ニ獲ラル, 爲メニ被告ノ平常, 爲メニ遂ニ國家ノ法律, 爲メニ開戰スル如キハ國家ノ權利ナリ, 爲メ彼等少數者ニ, 爲又青, 爲リ黒ト爲リ又青, 爲ルハ一ニ外物ノ感化ニ是レ由ル幼時, 爲禁ジ特ニ法律ヲ, 爲一同立會の上目, 爲一地方の爲, 爲一時として安らか, 爲一時代は一時代, 爲一時拒絶された事實, 爲一朝の怒, 爲三人を乘, 爲三次へ頼み, 爲上げてゐる, 爲上げる骨折りは非常, 爲上京し所, 爲不自由あらせじ憂き, 爲不都合の吟味, 爲主君の爲, 爲主義と實生活, 爲乃至實踐の, 爲久し振りで執筆上, 爲を事實, 爲二千兩の寄進, 爲を啖つた事實, 爲人爲を以て埋, 爲人物を招致, 爲人間の運命, 爲今日に至る, 爲以下一一一行まで神, 爲伊賀伊勢志摩の三國, 爲倉廩空虚となつ, 爲偉大な人間, 爲はずつと遲, 爲の主人神樂坂, 爲先例そのものの精神, 爲免自他苦患云々義盛聞此事太忿怒已雖法體可追返, 爲全く心配な, 爲其處に轉, 爲具體的に證明, 爲冥土の國, 爲初めると毎, 爲千八百九十一年に出, 爲南方の王羲之, 爲母方に, 爲各行が必ずしも, 爲四百の人命, 爲坊數は多少, 爲城壁の, 爲がにじん, 爲多き斯く在る, 爲大切なこと, 爲大平西至日所入爲大, 爲の靈感父母, 爲天子其後世貶帝號號爲王とあるの, 爲太平西至日所入爲太, 爲奉公をした, 爲好んで戲文, 爲始終喧嘩が絶えませんでした, 爲學術の精微, 爲宗助より後れ, 爲定めて聽衆諸君, 爲寂寞の國, 爲少し御心, 爲尤も荷數之儀は, 爲屋根の燃え, 爲島田宿の水田屋藤八, 爲左陣は生, 爲平凡な日, 爲か不幸, 爲彼方此方に借金, 爲彼等は故意, 爲後藤の當主, 爲後閑樣が手, 爲徐に物象を, 爲復仇の爲, 爲心ならずも離れ離れに, 爲忠義を思召, 爲忠臣ごかし, 爲惡の, 爲圖及塗板ヲ用ヒ, 爲所持の金, 爲手短に説明, 爲損じたるときの, 爲の爲, 爲新聞紙には記載, 爲斷つて私はお婆さん, 爲早くらちの, 爲曼陀羅を盜, 爲最も自由な, 爲最早や先, 爲朦朧として絶えず, 爲東京へ出かけた, 爲歐米の教界, 爲止むを得ず有り合せ, 爲正しい目的を, 爲正直山村の舊家, 爲寒い夜, 爲此處へ伴, 爲武田氏の武威, 爲死骸を見せ, 爲んど, 爲汝等の天秤, 爲江戸表へ連行事, 爲法律行爲である隨而これ, 爲活動を尚, 爲海水退きて, 爲混雜はした, 爲温暖を取らん, 爲無能の好, 爲中こがれ, 爲生みいでぬ, 爲生活費を得ん, 爲畠山六郎被惡口, 爲畫壇へ投じた, 爲異端邪説に關係, 爲當時本所區小泉町十五番地の芥川家, 爲登城に及べり, 爲白秋氏は僕, 爲盜賊詮議といふ名義, 爲空想は愈, 爲立て弟猾に, 爲立てたに過ぎません, 爲竹村書房に於い, 爲簡易仁義刑政未だ立たざる, 爲をし, 爲習練江戸大阪共爲致往還度彼是相伺候可然御, 爲聖母マリアに祈り, 爲育て長うせし, 爲の上, 爲自害致さんにより, 爲自然に埋まる, 爲若くば舅姑, 爲荊州は一旦, 爲藏書や刀劍, 爲虚榮の爲, 爲西安に出掛けた, 爲の爲, 爲記念撮影了更相携遊于八瀬受博士之饗應於平八茶屋, 爲記憶に訴, 爲評判の惡, 爲誇張とが蔓, 爲説明更に合はず, 爲請取差出し申候恐惶謹言, 爲請取證仍て如件, 爲諸人の爲, 爲貞節を盡候趣聞召, 爲賊徒は利禄, 爲賓客に對, 爲赤くなりたる女, 爲を賣つた, 爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 爲送る義務を, 爲逗子にゐる, 爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 爲遂げて見せる, 爲遂げたのかも, 爲遂げられて來, 爲遂げられることで, 爲遂げることが, 爲遂にわが女イピゲネイア, 爲運動または態度, 爲場の, 爲雙方妥協するに, 爲難き次第あり, 爲電報を打つた, 爲預けたる證文を, 爲高等女學校は中途