青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「熟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~煙草 煙草~ ~照 照~ ~照らし 照らし~ ~煮 煮~ ~熊 熊~
熟~
~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~

「熟~」 1014, 10ppm, 10923位

▼ 熟~ (340, 33.5%)

26 見て 21 視て 14 視め 11 視た 10 顔を 9 見ながら 5 此方を, 瞻る, 視る, 視ると 4 して, 瞳を, 耳を 3 物を, 目を, 見る, 視たが, 視ました, 視る時, 黙って

2 [20件] あり, こちらを, すかして, 俯向い, 僕の, 撓めながら, 瞻めて, 紫玉の, 紫玉を, 考へ, 見られて, 見ると, 見詰めて, 視たの, 視ながら, 覗いたの, 覗いて, 覗く, 透かすと, 闇夜に

1 [156件] あの煙, うつむいた, お房, くらやみの, こっちを, したが, しばらくし, そっちを, その勁敵, ともに天井, どこかの, なる, 中空を, 主人の, 二人を, 人形を, 仰いだ美津, 仰ぎ見て, 俯向く, 候へ, 僕を, 僵れ, 先刻から, 其の邪気, 其少年の, 内向き, 凝視した, 凝視ました, 凝視めて, 制しつ, 南天燭の, 合う時, 合はせ, 吟味も, 図書の, 圧えた, 城下の, 堪えて, 大人しくし, 天頂の, 奥様の, 姉妹の, 存ぜられまする, 守つてさ, 客人の, 室の, 寝た振を, 対手を, 小首を, 復いつた, 思ひ入りて, 思案を, 手を, 打仰い, 抱き合って, 抱合ふ, 据る, 握って, 日の, 是方の, 是方を, 暗い森, 暮れかかる, 柔順くし, 検し, 池の, 池の上を, 沖を, 沼の, 流を, 渓流の, 澄ますよう, 灰に, 灰吹を, 狙つてひしり, 理想化された, 留ったと, 白尾が, 相手に, 眸を, 眺めた母, 眺めて, 眺める, 眺め入り乍ら寺住の, 瞶め, 瞶めて, 瞶る, 瞻た, 瞻って, 瞻ってて, 瞻つて, 瞻れ, 私どもを, 私の, 立って, 精神を, 糸七と, 紙入を, 考えた, 考えて, 考え込んで, 考へ給, 耐えて, 聞かれて, 聞きながら, 聞き耳を, 聞く, 聞くと, 肩を, 落着い, 襖に, 見せて, 見た, 見たが, 見たまい, 見たり, 見たん, 見た白い, 見た目を, 見た瞳, 見た瞼, 見つつ, 見つめた, 見ても, 見まもって, 見られた愛吉, 見られた時, 見るうち, 見るの, 見るや, 見入て, 見守ったが, 見定める眼, 見惚, 見据えた目, 見据えて, 見据えると, 視たと, 視たもの, 視つめて, 視るの, 視ろと, 視詰めて, 覗くと, 覗くよう, 観察する, 身体を, 辛抱を, 酒も, 重たげ, 霊魂に, 頤を, 頸窪を, 飴屋の, 黄變とを, 黙つて

▼ 熟する~ (80, 7.9%)

14 のを 43 を待つ, 時に, 頃で 2 ときは

1 [51件] からやがて, が如き, ことが, ことさらに, ころと, ころにでも, といふ, といふ語, ところなる, とばらばら, と三つ, と否, と図, と早く, と蔕, と螺旋圧搾器, と開裂, と黄色, にいたっ, にたと, によつて秀色, に及び, に従っておの, はずが, は諸, までにはすくなくとも, までの平和, まで迹, を待っ, を待った, を待てといへり, を待てる, を待て居る, を竢, を見, を見る, を見れ, 所たり, 時どう, 時分は, 時猴これを, 時鵜飼の, 畠の, 筈の, 迄はなるべく, 頃なぞには, 頃に, 頃まで, 頃堀君の, 頃漸く, 頃農夫垣根の

▼ 熟した~ (69, 6.8%)

3 実が, 実を 2 のが, のを, やつを, 決定の, 葡萄の

1 [53件] かは分っ, か熟, ことである, ことを, ときである, ときには, ところは, ところへ, ところを, ほどに濃い, ものが, ものだけを, もので, ものである, もの静な, ような, トマトの, 人糞肥料でなけれ, 今朝とな, 作の, 創作境に, 南瓜の, 古藤に, 唖娘には, 娘だ, 技術である, 日光が, 時その, 時に, 時田を, 木へ, 果実の, 果物が, 果穂を, 果肉を, 桑の, 桜桃を, 気分を, 物語作者が, 瓜の, 甜瓜を, 畑などが, 真桑瓜に, 稲に, 肉の, 肉體と, 自在の, 色に, 言葉で, 貝ばかり, 頃兵馬を, 魂の, 黒い実

▼ 熟~ (25, 2.5%)

1 [25件] とある, とも判然, と書いた, と書く, と高く, にも雌, に似, に白子, に近い, の缶詰, の蕃殖, はなく, はスペイン辺, はレプス等, は兎, は根, は物, は皮, や蛇, を猟殲さん, を移す, を見れ, を道, を養う, 過殖

▼ 熟~ (22, 2.2%)

3 知つてゐる

1 [19件] こんな家業, とながめ, と見入る, は判らぬ, は眠られぬ, は知らない, は視, 二個の, 分つて, 分り候はんや, 咬み砕いて, 家に, 後悔した, 御思案, 承知し, 渠と, 熟く, 眠つて了つた, 知つてゐた

▼ 熟蝦夷~ (21, 2.1%)

2 にし

1 [19件] がいた, が活躍, となりし, とはもはや, とは已に, と名, と麁蝦夷, なり, に對, の住地, の種, の語義, は其以南, は後, は毎年, よりも更に, を渡り, 即ち俘囚, 即ち渡り

▼ 熟~ (16, 1.6%)

2 真教

1 [14件] うち, ままに, 作用をば, 候を, 功を, 善悪を, 基だ, 嫌いが, 時期が, 瞿氏と, 素が, 職人の, 腕前とから, 週期は

▼ 熟~ (16, 1.6%)

4 して 2 すると 1 した, したま, したもの, した書物, しないで, し余, し爛讀, するに, する勇氣, せよ

▼ 熟せる~ (13, 1.3%)

2 桃の

1 [11件] ところ路傍に, まさに是, もの忽ち, を報じたる, を幸, 大敗し, 實, 柿の, 美果を, 者に, 麦一面夕日に

▼ 熟として~ (13, 1.3%)

2 待つ筈

1 [11件] いさえすれ, いたんじゃ, ゐる瀬, 兩足を, 嚔した, 居よう筈, 待って, 柔順に, 石に, 立つて, 頬杖を

▼ 熟すれ~ (12, 1.2%)

2 ばその 1 ばささい, ばよく, ば即ち, ば己, ば独りでに, ば甘美, ば真赤, ば美しい, ば褐色, ば赤黄色

▼ 熟せざる~ (12, 1.2%)

3 間は 2 に早く 1 がゆえに, さきに, に失敗, も議論, をえざれ, 前は, 吾等若き

▼ 熟視る~ (12, 1.2%)

1 [12件] とこれ, とやはり, と三十, と人違い, と今度, と其奴, と年, と木, と生れ, と穴, のでつい, 度に

▼ 熟しない~ (10, 1.0%)

1 かも分らず, で書き, と見, な, のでしんみり, 人には, 先の, 別れ, 実が, 彼女の

▼ 熟~ (9, 0.9%)

1 わかる人, 云々され, 付き纏って, 分ったから, 反省され, 喰べたいと, 奉られた, 恥かしい, 恥ずかしくて

▼ 熟~ (9, 0.9%)

1 ている, てゐた, て燗, て行く, 了はらず, 冬は, 機嫌も, 無花果の, 練行積って

▼ 熟せず~ (8, 0.8%)

1 として日, と観, 世の, 判断力も, 歸依者なき, 病人病馬は, 経験未だ, 見識未だ

▼ 熟~ (8, 0.8%)

2 経て, 見るに 1 広告し, 得たりか, 理由として, 貴ぶ率意

▼ 熟~ (8, 0.8%)

2 せずと 1 され過ぎたもの, したるもの, せざるの, せざるもの, せざる麁蝦夷, せる蝦夷

▼ 熟~ (8, 0.8%)

1 がまだ, じゃ, でし, ではない, でもなかっ, にすぎませぬ, に御, は身の程

▼ 熟せり~ (7, 0.7%)

2 しかもいかに 1 と, とのこと, と神算, と見た, 延宝の

▼ 熟~ (7, 0.7%)

2 ぬ果物 1 して, せた, ないの, 思へば, 視て

▼ 熟~ (7, 0.7%)

2 の匂い 1 の中, の大麦, の穂麦, の色, や月夜

▼ 熟女眞~ (6, 0.6%)

1 である, で今一つ, といふの, と生, に關, はその

▼ 熟~ (5, 0.5%)

1 ありふれた直, 作品か, 左傾思想を, 物が, 邦文の

▼ 熟~ (5, 0.5%)

1 が來, が近づい, といふ時に, にはいつ, をすぐ

▼ 熟~ (5, 0.5%)

3 である 1 によってありふれた, を行く

▼ 熟させ~ (4, 0.4%)

2 過日の 1 てようろ, 土臭を

▼ 熟せない~ (4, 0.4%)

1 ことを, 創作動機から, 反省の, 時に

▼ 熟~ (4, 0.4%)

1 して, 先だつ安, 帰して, 待ちましょう

▼ 熟~ (4, 0.4%)

1 し麥, て落ち縁先, 真白の, 石垣を

▼ 熟るる~ (4, 0.4%)

1 らし, 火の, 草奇異の, 豆柿に

▼ 熟~ (4, 0.4%)

1 熟が, 熟は, 熟又, 鍛錬な

▼ 熟~ (4, 0.4%)

1 となり, に入, に入る, に於

▼ 熟~ (4, 0.4%)

2 せざる 1 し給わん事, せよと

▼ 熟えて~ (3, 0.3%)

1 墜ちたり, 落ちたる果, 落ちる音

▼ 熟く見る~ (3, 0.3%)

1 と兎, と庭, と彼

▼ 熟しなけれ~ (3, 0.3%)

1 ばならぬ, ば時節, ば百

▼ 熟せざれ~ (3, 0.3%)

1 ばいかなる, ばなり, ば何処

▼ 熟せぬ~ (3, 0.3%)

1 前から, 果実を, 青年は

▼ 熟~ (3, 0.3%)

1 別として, 多く鉄道, 案外にも

▼ 熟~ (3, 0.3%)

1 こと著しき, のかとは, のであつ

▼ 熟~ (3, 0.3%)

3 するに

▼ 熟察し~ (3, 0.3%)

1 ていた, てゐた, て深く

▼ 熟~ (3, 0.3%)

1 とに分れた, とも言, なるが

▼ 熟~ (3, 0.3%)

1 あらば, して, すれば

▼ 熟~ (3, 0.3%)

1 の大, の穗麥, や月夜

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 たるに, て

▼ 熟えすぎた~ (2, 0.2%)

2 葡萄めく

▼ 熟く考へ~ (2, 0.2%)

1 てみる, て見る

▼ 熟く視る~ (2, 0.2%)

1 と埃, と此

▼ 熟く視れ~ (2, 0.2%)

1 ばこの, ば読める

▼ 熟しきった~ (2, 0.2%)

1 会話を, 黄色い農作物

▼ 熟せし~ (2, 0.2%)

1 ものには, 時千八百六十七年

▼ 熟せた~ (2, 0.2%)

1 口調で, 子も

▼ 熟った~ (2, 0.2%)

1 丹波王母珠ほど, 葡萄畑の

▼ 熟っと~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 熟なり~ (2, 0.2%)

1 編輯期日に, 請ふ諒せよ

▼ 熟なる~ (2, 0.2%)

1 伊藤侯の, 愛憐の

▼ 熟を以て~ (2, 0.2%)

2 念と

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 があつ, を出し

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 に向う, に見る

▼ 熟~ (2, 0.2%)

2 虫の

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 と共に来た, 不驚禽

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 を以て波風, 永く御

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 のよう, の墜ちる

▼ 熟此火~ (2, 0.2%)

2 を視る

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 のライ麦, の黄金

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 して, するの

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 したれば, を買

▼ 熟~ (2, 0.2%)

1 が産み出す, にてをぢ

▼1* [145件]

いろの柔か, 熟おもへば同人, 熟くお眠ツ, 熟くさうは思ひ, 熟くも思ひ得ざりしかど, 熟くわかったのです, 熟く寝入ってい, 熟く思ふのです, 熟く検めて見る, 熟く焼けてゐなかつた, 熟く眠ったと思う, 熟く知っていた, 熟く知れ渡りたる競呉服にて, 熟く考えて見る, 熟く考えると春泉, 熟く考へると今, 熟く見たとて何, 熟く見れば白髪, 熟これを思へ, 熟にやならん, 熟させないとうまく, 熟させることが, 熟されたる同根の, 熟しかかっていた, 熟しけん或は他, 熟しすぎたやわらかなのを買っ, 熟したくだものが, 熟し切ったいちごを, 熟し鳴世の, 熟すべきものが, 熟すらむ, 熟せざりしものと, 熟せしめるもの三河の, 熟せずしてにわかに, 熟せなかったため一向に, 熟その他の一種, 熟それでさがし出し, 熟たらたんと召し上がれ, 熟と寺島良安, 熟くり考えこん, 熟っく視ました所根から, 熟っても残らず自分一人, 熟つたら綺麗で, 熟つた丹波王母珠ほど紅う, 熟つて里川に澄んだ, 熟終って, 熟であったが甘, 熟でして, 熟でもあり亦, 熟とは若冠, 熟ともの思いに, 熟なかなかもって, 熟にしか階級の, 熟によつてのみ, 熟によってこれを, 熟から水戰, 熟までも知りぬかうと, 熟もんでございます, 熟ゆえでございます, 熟らそれを眺め, 熟ら攷るに, 熟ら痛感する, 熟ら私の思うた, 熟ら高利の塩梅, 熟りきって今, 熟りたる胸小枕, 熟シテ之レ, 熟シテ食フ日ヲ見, 熟シ晒シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 熟スルハ一ニ御蔭ニ因ラスト云フコト無シサレハ凡ソ此里ニ生レム者謹ミテ累世, 熟スルモ畢竟皆此理性, 熟スルモ藝術ニテ練熟スルモ畢竟皆此理性, 熟スル後三段以上ノ題, 熟スル時ハ皆甜クシテ, 熟スル時ハ内ニ薄片多シ, 熟スレバ黒シ一タビ地ニ堕ル毎ニ即チ小樹, 熟セザル時ハ皆苦渋, 熟と見, 熟極ムレバ, 熟一中秋一送敦卿一, 熟は此久兵衞事嫁, 熟二種族に分れた, 熟人也君美謝罪而去云詩以調之, 熟人物一変なるべくと, 熟兎のよりも一層, 熟兎児は裸, 熟兎夥くなっ, 熟兎樹を根抜き, 熟兎等をよく, 熟化すと云, 熟原始性をも語っ, 熟勤惰によって, 熟呟くことが, 熟和するものは, 熟を霹靂物, 熟ヲ耕ストハ事変リ, 熟天下足とある, 熟に落ちし, 熟実はこれを, 熟寂びの意味, 熟せよ, 熟ている, 熟察し臣等の願, 熟こみ居て, 熟寢入し體, 熟後褐色を呈し, 熟思慮仕候處, 熟愚考仕り候処, 熟我商賣の, 熟損毛の合計, 熟の一つ, 熟のせい, 熟に, 熟演出来ない位, 熟した科学者, 熟燃している, 熟するありて, 熟の竹井, 熟の技術, 熟知った亀と, 熟知るがかの, 熟粗野であること, 熟して, 熟者これが幾十年ぶり, 熟を拾っ, 熟蝦夷中のある, 熟蝦夷曰く麁蝦夷曰く都加留と, 熟蝦夷次を麁蝦夷, 熟蝦夷生蝦夷の国, 熟蝦夷麁蝦夷都加留の三種, 熟蝦夷麁蝦夷都加留蝦夷の差, 熟視れば清, 熟親睦せしなり, 熟観稔察して, 熟覽有て長, 熟語格を作つた, 熟讀三思せらる, 熟讀玩味する事, 熟するやう, 熟過た無花果が, 熟錬している, 熟宜亭席上, 熟食スレバ婬ヲ発シ性霊ヲ損ズ, 熟を川, 熟にも恥ずべし