青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「煙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~然 然~ 然し~ 然るに~ 焼~ ~焼い 焼い~ 焼け~ 煉瓦~ ~煙
煙~
煙突~ 煙管~ ~煙草 煙草~ ~照 照~ ~照らし 照らし~ ~煮 煮~

「煙~」 7124, 68ppm, 1659位

▼ 煙~ (1644, 23.1%)

268 ように 90 中に 79 ような 67 やうに 45 中から 28 中で 25 なかに 24 やうな 23 中を 16 ために 13 なかで, 中へ, 様に 11 行方を, 輪を 9 出て, 間から 7 下から, 下に, 如くに, 如く消え 6 ごとく消えて, 中の, 立って, 立つの, 輪が, 間に 5 あがるの, なかから, ようで, 下を, 尾を, 柱が, 立ち昇る, 立ち登る 4 あがって, でるボール, においが, 上に, 下には, 出るところ, 向うから, 如し, 末を, 渦が

3 [17件] なびく由尋常, 上って, 上るの, 中には, 出るほど, 向うに, 塊が, 底に, 方を, 末が, 末に, 柱を, 渦巻が, 濛々と, 空に, 立つ線香, 見えるの

2 [65件] あとを, ごときもの, ごとし, その中, たちこめた底, ための, つくり, なかを, にほ, にほひ, ほかには, ゆくえを, ようだ, 中より, 信号が, 内に, 出ぬ煙管, 出ようが, 出るの, 出るよう, 出る逞, 勢いは, 匂いが, 吹き方, 味の, 団塊が, 外へ, 如き一線, 如き存在, 如くである, 如く消え失せた, 如く空しい, 底を, 末の, 柱の, 樣に, 浪を, 渦を, 渦巻いて, 煽りを, 環を, 登るの, 空を, 立ちこめた中, 立ちのぼるの, 立つて, 立つやう, 立つよう, 立つ日, 立つ液体, 立登る, 糸が, 色が, 行く見れば, 行衛を, 街の, 衣露の, 輪の, 隙間から, 隙間に, 雲を, 靉く, 静かに, 香が, 香ひ

1 [575件 抜粋] あいだに, あがり方, あがるを, あがる碓氷社分工場, あたりに, あとの, あるため, ある今日, ある窓, いぶって, いぶるよう, うすあおく立ち昇る, うすれた海面, うず, うちから, うちでも, うちに, えぐさ, えむら, おくから, かかった山, かげから, かげで, かげに, かげも, かたまったよう, かたまりが, かたまりに, かたまりは, かなたに, からんで, ことで, ことは, こと女の, こめて, こもったガタガタ, ごときは, ごとき寿命, ごとき幕, ごとき物体, ごとき翼, ごとく, ごとくいず, ごとくかすむ花, ごとくたな, ごとくである, ごとく仄, ごとく他, ごとく吹き立てたれば, ごとく城下, ごとく捕捉, ごとく消, ごとく消えた三千両, ごとく消え去ったあの, ごとく消え失せて, ごとく消なむ, ごとく消息, ごとく軍兵, ごとく辻, ごとく逐電, ごとく重る屋根, ごとく霧, ごとく静か, しまらくも, しみ込んだよく, すじが, すゑも, せいか, せいばかり, たちこめた中, たちこめた室, たちのぼりはじめる朝食後, たちのぼる煙管, たち昇るも, たなびいた禿げ山, たなびき, たなびくなか, たまが, ためすぐ, ためである, ため直義の, ため眼が, たよたよし, ちまたに, でねえ物, でる土管, ともしきを, とりでへ, ない処, なか, なかにおいて, なかにでも, なかへ, ながれ, ながれた樹陰, なびき, なびきかかるところ, なびく大島, なびく方, においと, においの, はいらぬよう, はけばに, はひかかる, ふきかたは, ふたいろ, ふちを, ふつふつとして, ほうが, ぼらね, まい込む生温, まだのこっ, まっただ中, みぞ長き, むくりむくりむくりぽ, むこうが, もえ立たば, もつれるよう, もつれ方, もと, やうな頼り, ゆう, よう, ようであった, ようにも, ウエーヴで, テンポが, ビスケット, ベリュー, ボールは, 一すじも, 一方に, 一筋も, 一群が, 上から, 上がって, 上がるの, 上がる処, 上がる家, 上がる曇った日, 上がる煙突, 上つてゐる, 上る場合, 上部の, 下あの, 下で, 下の, 下へ, 下より, 与兵衛は, 与兵衛節穴の, 中, 中である, 中でか, 中にでも, 中にも, 中へと, 中も, 二三本鼻から, 五条むら生える, 他に, 低迷する如く, 余波も, 信号は, 傍へ, 傍まで, 傘が, 内へ, 出ぐあいがことに良かっ, 出てるの, 出ないころ, 出ない煙筒, 出ぬ細い黒い, 出るツチグリ, 出る味噌汁椀, 出る山, 出る湯壺, 出る藷, 出る飯, 出る鯛焼, 出入の, 出口が, 出場所さえ, 出方が, 前面で, 勢が, 匂, 匂いの, 匂いも, 匂に, 匂は, 匂やかな, 匐ひ出, 千切れに, 合間に, 吐き出し方, 吐くと, 向うは, 向こうから, 吹いて, 吹きこむ隙, 吹き出して, 喘ぐ音, 噴いて, 噴火が, 四方に, 団が, 団塊の, 団塊は, 塊り, 壁の, 外なにも, 多い石炭, 天から, 奥の, 女神, 如き哀愁, 如き横雲, 如き異臭, 如き盗児, 如き遁走ぶり, 如き陋巷, 如くかすみ, 如くなら, 如く出, 如く前後, 如く多, 如く市中, 如く影, 如く意味も, 如く梯子段, 如く水を, 如く浴せ掛けた埃, 如く消えた, 如く消える, 如く消え去りさらば, 如く消え失せ, 如く消滅し, 如く淡く, 如く渦, 如く潜入し, 如く潮, 如く砂塵, 如く立ち迷う, 如く胸, 如く花咲, 如く費い果し, 如く起っては, 如く足元, 如く輕, 如く醉, 如く闇, 如く降り, 如く雲, 如く靜, 如し夜は, 如し天暗く, 容積に, 小さな羽飾り, 小野に, 少いの, 少しと, 少ないとき, 少ない時, 尖端は, 尾が, 届かないところ, 巖ちゃんは, 巨大な, 市街戦だった, 布くが, 帯と, 幕に, 幾筋も, 底と, 底の, 店で, 形を, 形状を, 影が, 影すら, 影は, 影ほど, 影を, 役を, 彼方に, 彼方此方に, 彼方私と, 急駛, 恰も鴎, 恰好を, 揚がるの, 揚がるを, 揚る筈, 揺曳する, 散った後, 散って, 数億万の, 文を, 文字が, 断え, 方で, 方へ, 旅を, 曲藝に, 曲藝を, 最後の, 有様世に, 未明は, 末にも, 末は, 来ないこと, 果を, 柱に, 柱は, 根本的研究に, 棒で, 棚引く中, 様な, 樣な, 樣なる, 横から, 横に, 横雲が, 母, 氏の, 氷の, 波だ, 流るる, 流れて, 流れるの, 流れ出て, 浅間山が, 消えたパイプ, 消えて, 消えるとも, 消えるよりも, 消ゆる, 混合物だ, 渦に, 渦も, 渦巻, 渦巻は, 渦環や, 満ち充ちた飾り窓, 源へ, 源を, 滅し, 滿ちた, 漂い出した障子いちめん, 漲るキングスクロス, 濃さ, 濛々として, 為か, 為どちらを, 為に, 無いこと, 煙立つ, 煤の, 熱で, 爲めに, 状態は, 現じ, 異臭に, 目に, 眞中に, 真っすぐに, 真中からは, 立たない時, 立たない石炭, 立たぬ日, 立ちこむる都, 立ちこめたある, 立ちこめた真っ暗, 立ちこめて, 立ちのぼるは, 立ちのぼる夕空, 立ちのぼる空, 立ちやう, 立ちようでは, 立ち上るの, 立ち上るを, 立ち上る事, 立ち上る屋根, 立ち去つたその, 立ち昇っ, 立ち迷う水縁, 立ち靡く, 立ち騰る, 立ち騰る隣り, 立った汁, 立つごとく木, 立つその, 立つたいまつ, 立つと, 立つところ, 立つ厚焼, 立つ木, 立つ煙草, 立つ燐寸殻, 立つ燒, 立つ葉巻, 立つ釜, 立ない, 立昇る, 立罩めた, 立迷うの, 立迷ふ, 竜が, 筋を, 範囲も, 籠ったなか, 籠った家, 籠り過ぎたの, 粒子などを, 粒子細塵などに, 糸に, 細々と, 細く, 細くな, 細くなびい, 絡んだまま, 絶えんよう, 絶え間より, 綱あはれ手中にか, 線は, 群その, 群に, 膜が, 膜の, 膨張拡散する, 臭ひうる, 舞ひ, 舞踊会というか, 色とが, 色も, 花が, 蔭に, 蔭を, 薄り, 行きわたるよう, 行手に, 行方が, 行末を, 街に, 裙が, 裡で, 見えざる淺間, 見えた方, 見えない土地, 見えるところ, 見ゆるの, 見ゆるは, 谷の, 起こるの, 起ったところ, 跡が, 輪, 輪と, 輪に, 輪にな, 輪は, 辺から, 近くへ, 迷つてゐる, 迹か, 這い廻るなか, 這う壁, 這出して, 通うこと縷, 道を, 都です, 都に, 都の, 都は, 重さ, 量も, 間を, 降りそそぐの, 隙から, 集りが, 雪なす, 雲が, 雲にも, 霽れゆく, 靡いたので, 靡いて, 靡くも, 靡く天井, 靡く浅い, 音, 音楽会というか, 響もの音ばかり, 頸環を, 風に, 飛ばんとして, 香に, 高さ, 魔軍には, 黒い吹上げ

▼ 煙~ (1476, 20.7%)

91 吐いて 37 あげて 31 立てて 30 輪に 22 吐きながら 20 はいて 17 吐いた, 吹いて, 見て 15 吹きながら 14 噴いて 13 眺めて 12 たてて, 上げて, 吹いた 9 吐き出して 8 くぐって, 出して, 揚げて, 立て 7 はいた, 吐きつつ, 吐き出した, 空に 6 ふきあげながら, 吐く, 吹く, 見ると 5 ふきだして, ふきだしながら, 吐き出しながら, 吹き出して, 噴く, 濛々と, 空へ, 立ち昇らせて, 長々と, 鼻から 4 うしろに, ふきながら, フーッと, 吸った, 吹き出した, 払って, 残して

3 [24件] あげながら, だして, ながめて, はきだして, はきながら, ふいて, ふうと, ふかしながら, ふきだした, ふー, ゆるやかに, フッと, 出すため, 出すの, 吐いては, 吐かないの, 吐きつ, 吹かして, 吹きつつ, 天井に, 挙げて, 立てる, 見ること, 鼻の

2 [88件] あげた, あげたり, あげる, かきわけて, かぶる仕儀, こめて, さかんに, すうと, すかして, たなびかせて, だにも, つらぬいて, とぎれとぎれに, ながめ, なつかしむ風情, のこして, はく, ふいた, ふかした, ふかして, ふかしはじめた, ふきあげて, ゑがきぬ, フウと, プカプカと, 上げた, 不精らしく燻す, 仰いで, 出した, 出すよう, 口から, 吐かなかった, 吐き乍ら, 吐き出してから, 吐くこと, 吐くと, 吐くの, 吸い込んだ, 吸い込んで, 吸って, 吸ひつけられた, 吹いては, 吹かしながら, 吹かす, 吹きあげながら, 吹き上げて, 吹き出しそして, 吹き出しながら, 吹き出すと, 吹くと, 咽喉へ, 嗅ぐこと, 噛みしめるの, 噛むやう, 噴きあげて, 噴き上げて, 噴き出して, 噴くの, 団扇で, 外へ, 夢の, 天井の, 天井へ, 少しづつ, 払うよう, 捲いて, 揚げたの, 揚げる英吉利, 敷いた道, 曳いて, 望んで, 残しながら, 流して, 浴びて, 満面に, 漲らして, 眺めながら, 穴の, 空中に, 立ちのぼらせて, 立てた, 見つめて, 見ては, 見る, 見詰めながら, 透して, 遠望し, 隔てて

1 [697件 抜粋] あげあたかも, あげここ, あげた二隻, あげた様子, あげつつ, あげつづけた, あげなば, あげるほどに, あげるチーフメート, あげ海面目, あげ火, あげ鼓, あてに, あとから, いやがって, いろんなもの, うかがいに, うまそう, おおよそ想像, おさえたり, かぐごと, かすかに, きるよう, くぐつた, くぐらせて, くぐりぬけたため, くぐッ, くゆらしながら, くゆらしはじめた, くゆらす乞食坊主, くゆらせながら, ぐっと一息, こめ血, さけながら, さり気なく吹き上げ, しのいで, しばらくたらし, じつと, すうっと, すさまじく突き, すって, すぱすぱと, そこに, その中, その形, ただよわして, ただよわせて, たちあげるので, たてながら, たてる, たて折竹, たなびかせるため, ださない代り, だしたの, だした後, だすボール, つかうモールス符号, つかまえようと, つたわって, つつみはじめた, となりの, とむらわんと, とめたり, どうにかならない, ながめては, なびかせながら, なびかせ地, にらみつけた, のぼらせて, はいたり, はいてる煙突, はきだし, はきだしながら, はきだすの, はきだす口辺, はき光, はき出した, はき出して, はく音, はらいのけるよう, ばあり, ぱあっと散らせ, ぱっと口, ぱっぱっと吹き出した, ぱつと鼻の, ぱッぱと吐き流し, ひきちぎる風, ふいたという, ふかく吸いこみ, ふかし吉原, ふかし始めました, ふきだしたと, ふきだしました, ふきだす発煙筒, ふきつづけだつた, ふきはじめました, ふき出して, ふく, ふっとはいた, ふっと口, ふっと天井, ぷうっと吹きちらした, ぷっとそなたへ吹きやる, ぷっぷっと上げ, ぷつと空へ, ほがら, まき上げ恐ろしい, ますます濃く, また広々, まだ火, まって, みつめながら, みて, みとめたので, みるたび, みると, みんなあおぎ込ん, むくむくと, めがけて, もくもくとただ, もって, やけにふかす, ややしばし眺め, ゆうゆうと, ゆらゆらと, ゆるく吹き, サッと小屋, サツと, ジッと, ドッサリ吹き出しました, ハリス黒船が, フツと, プウと, プウプウふいた, プカプカ吹かされました, プツと, モクモクと, 一つずつ, 一ぱいにみなぎらす焔の, 一口吸った, 一時に, 一服黒い, 三十里先の, 三方に, 上げその, 上げてる傷口, 上げながら, 上げると, 上げるの, 上げ山腹, 上へ, 上昇させる, 乱すまいと, 予想し, 仰ぎ合って, 仰ぎ感慨深, 何度にも, 作り得るかという, 作ると, 使ったこと, 使ったり, 便宜に, 内端に, 円くはき, 冷やかな曇り, 凝視し, 凝視めて, 出さない, 出さないこと, 出したん, 出しても, 出してるが, 出しながら, 出しサディ, 出し始めただけ, 出し火, 出し燈火, 出す, 出すこと, 出すと, 出すん, 出す炬火, 利用し, 前に, 剰す, 劈ざいて稻妻の, 動かして, 包んで, 厭うところ, 口の, 台所に, 右に, 吐いたかと, 吐いたが, 吐いたとき, 吐いたり, 吐いた形跡, 吐いてた煙突, 吐いてるその, 吐かない, 吐かなかったわねえ, 吐きあげた, 吐きかけられた以後, 吐きかけるのみ, 吐きこの, 吐きだしながら, 吐きつづけたかも, 吐きはじめました, 吐きわし, 吐き出させくさるので, 吐き出しぬ, 吐き出し吐き出し彼, 吐き出す, 吐き出すの, 吐き出す煙突, 吐き吐き少年武士, 吐き始めた, 吐き始める, 吐き白煙, 吐き自動車, 吐き街道, 吐き込んで, 吐き霧, 吐くそう, 吐くだろうが, 吐く大, 吐く大島, 吐く山, 吐く心持, 吐く怪物, 吐く此処彼処, 吐く此處彼處, 吐く浅間山, 吐く煙筒, 吐く空, 吐く蒸汽船, 吐く赤煉瓦, 吐けり, 含み危根石, 含んだ神聖, 吸いこみかるい, 吸います, 吸い上げ塗戸, 吸い込みながら, 吸い込んでは, 吸うの, 吸うより, 吸う如く彼ら, 吸ったが, 吸つては, 吸ひこんだら, 吸ひ込む, 吸ふ, 吸わして, 吹いてる, 吹いてるん, 吹きあげた, 吹きあげて, 吹きかけて, 吹きかけながら, 吹きかける, 吹きかけ吹きかけ雨交, 吹きだした, 吹きつけ乍ら私, 吹きつづけたが, 吹きて, 吹きはじめた, 吹き上げた, 吹き上げながら, 吹き出し嵐, 吹き出す習慣, 吹き吹き正面, 吹き払, 吹き揚げて, 吹き細君, 吹き込むと, 吹し, 吹っかけた, 吹上げる, 吹上げ初めた, 呑吐し, 味ふべき, 呼吸し, 喉の, 喫った, 嗅ぎながら, 嗜みしは, 噴いた車, 噴いてる美し, 噴き上げながら, 噴き上げる, 噴き出す貨物列車, 噴き地, 噴き火薬, 噴き船, 噴くこと, 噴く浅間山, 噴く火孔, 噴けるは, 噴出し, 圧して, 多量に, 夜空に, 大きな灰皿, 天井高く, 天窓へ, 始めて, 威勢よく, 実行せん, 室一杯に, 尻からは, 尾に, 巧者に, 常に噴い, 庇形の, 座敷に, 引いて, 弗と, 強く吸い込んだ, 彼が, 征服する, 後へ, 徹して, 忌みその, 忙しそう, 思い出した, 思い出して, 急造し, 恐る雨, 惜しげも, 意味する, 感じると, 戸外に, 手で, 払ったとき, 投げつけるよう, 押して, 押し開いて, 押跨ぐ, 拂つた絲の, 拂ひ, 拂ひでも, 持ちながらでも, 指さして, 挙げはじめる, 挙げる私, 挙げ始めた, 採ったそう, 掻分ける, 揚げつつ, 揚げながら, 支配人の, 断やすまい, 新らしく継いだ, 日毎に, 月の, 望み次第に, 染めて, 棚引かせて, 棚曳かし, 横に, 欄に, 毒々しく吐きあげ, 沢山に, 洗つて酒の, 流し続けた, 流し見るま, 浴びながら, 消して, 深く吸いこみ, 渋団扇で, 渦立たし, 満たし黒煙, 溶きながら, 滿面に, 漂わせて, 漂わせながら, 濠, 炎々と, 焚いた程, 煽ぎ入れるの, 燻じ, 玄関の, 環に, 生じる, 男の, 疎林の, 発生せしめ, 白っぽくし, 目あてに, 相手へ, 眺む, 眺むる儂の, 眺めた, 眺めたとき, 眺めると, 眺める位, 眺めれば, 瞰下した, 短くあるいは, 私の, 私は, 秋の, 空いっぱいに, 空脛に, 突いて, 立ける, 立ちこめた, 立てしかも, 立てずに, 立てつ, 立てては, 立てに, 立てると, 立てるとともに, 立てる有様, 立てる裡, 立てる長い, 立て燻って, 立て続けて, 立登らせ, 紗の, 細く吹き出し, 絶えさせぬよう, 絶やさないから, 絶やすため, 縫い焔, 肩先に, 胸一杯に, 至極婀娜っぽい, 舐め尽して, 草に, 草鞋の, 行灯の, 衣類などに, 製造し, 見, 見あげて, 見せても, 見たので, 見たらもう何もかも, 見つけて, 見つける, 見つつ, 見つめました, 見ても, 見ながら, 見まちがいしやが, 見まわして, 見よ, 見るまでは, 見る思い, 見れば, 見出したの, 見足許, 見送って, 詰め込んで, 諸所に, 赫っと, 起つるなり, 越後の, 軽く吹き乱し, 追いながら, 送り込みました, 這わせて, 這わせました, 遙か, 遠くに, 避けようと, 部屋の, 部屋中に, 錦子に, 長く上, 長く吐き出し, 長く残し, 開いたかと, 防ぎ切れないから, 防ごうと, 陸の, 離れてからは, 雲となが, 青み, 青森の, 青白く透かし, 静かに, 静に, 靡かしたおでん, 靡かせながら, 頬に, 頬張つた, 頭の, 顏に, 風の, 飛ばせて, 食ふも, 騒ぎたてて, 高々と, 高く挙げ, 高瀬に, 鼻へ

▼ 煙~ (1445, 20.3%)

45 出て 23 濛々と 15 あがって 14 立って 12 風の 10 立つ 8 上って, 流れて, 渦を, 立ちのぼって 7 でて, 上がって, 眼に 6 あがった, ゆらゆらと, 出る, 立ち昇って 5 むくむくと, 出た, 立ちのぼった, 立つて, 見える, 静かに

4 [13件] たちのぼって, 一パイに, 出たり, 出るほど, 吹き出して, 彼の, 望まれる, 洩れて, 渦巻いて, 真直に, 立ち上って, 立ち昇つて, 見えた

3 [26件] あがる, かすかに, たちこめて, たなびいて, ながれて, なびいて, のぼって, ふきだして, もうもうとたちこめ, ゆるやかに, ゆれて, スーッと, モクモクと, 上った, 吹き出て, 山から, 朦々と, 目に, 立ちのぼる, 立ち昇り, 立った, 立騰る, 縷々と, 見えて, 雲の, 鼻の

2 [94件] あが, あたりに, うすれると, こもって, すうと, すーっと, その度, その赤い, たち昇って, たつ, でるの, ふうわりと, ほっと流れ, ほの, ほのかに, また互いに, まっすぐに, もう, もうもうとあがっ, もうもうとふきだし, もれて, ゆら, ムクムクと, 一杯に, 一杯立ちこめ, 上から, 上りだした, 上る, 二三ヶ所にも, 低く地, 侵入し, 入る度, 出だした逃げよう連れて, 出なければ, 出るの, 勝手から, 匂って, 口の, 向うへ, 地面を, 壁の, 天に, 天井を, 室の, 室内に, 家の, 川の, 巻いて, 幾すじも, 幾条と, 幾筋か, 後の, 徒らに, 御縁, 微かに, 揚がって, 揚った, 揺れた, 散ると, 昇って, 朦霧の, 波と, 淡くこめ, 漲って, 濛々として, 烈風に, 煙が, 物の, 白い円い輪, 白くかすか, 盛に, 眩しい野末, 空を, 立ちこめて, 立ちの, 立つた, 立つよう, 立つ道理, 立上っ, 立昇っ, 納まって, 紫に, 細々と, 自分たちの, 蒸した, 薄く渦, 裡へ, 見えその, 見えました, 見えるか, 起った, 身に, 雲に, 靡いて

1 [901件 抜粋] あがり, あがりました, あがるくわんしやんと, あがると, あたりを, あっちこち, あふれて, ある, あるには, あんなに早く, いきなり風, いちめんに, いっぱいで, いっぱいに, いっぱい満ちた, いつまで, うす, うすくこめ, うすく濃く海風, うすく這っ, うす青く立ちのぼりました, うっすらと, おおかた消える, おかしい, おもしろそう, お笑いの, お雪ちゃんの, かかるよう, かさなった葉, きれぎれ, くっついて, ぐいぐいと, こっちに, この月夜, こめて, ごッ, さかんに, さらにかたまっ, さア, しずかに, しゆ, すうすう, すうーッ, すぐ海, すごいいきおい, すすけた天井, すっとたちのぼっ, すつと, すらすら抜け出, すー, そこからは, そして次に, そのあと, その姿, その時, その辺, その頸窪, たちこめたよう, たちのぼりたちまち, たちのぼりました, たって, たつて, たなびいたよう, たんたんとし, だいぶ立ちこめ, だんだんひどく, ちょっととぎれた, つて飛び出し, とぎれ, ところどころにあがった, とびだして, どうかする, どんどん拡, ない, ないので, ながれだすと, なんともいえない, のぼった, のぼり空, のぼるかと, のろのろと, はいったとき, はい上がっ, はき出された, はって, ぱっととんだ, ぱつと立つ, ひっかかって, ひとすぢ, ひとつの, ひどいので, ひろがって, ふうと, ふきこみ紅蓮, ふきこんで, ふきだしたと, ふき出て, ふわふわと, ぶすぶすと, ぷうっと高く高く, ほうほうと, ほとんどまっすぐに, ほのぼのと, ぼうッと, ぼッ, まず噴き上がり, またたくうち, また眼, まだどんどんのぼっ, まだのぼっ, まだ棚びい, まだ消えやらぬ, まだ見えてる, まっ黒な, まつすぐ, まるで数千, まる二日, みえて, みな黄色く, むくむくで, むせっぽく, むつの, むら, むんむとこもつてるなかで町の, もうもうし, もうもうとこめ, もうもうとわい, もうもうと上がる, もうもうと流れ出し, もうもうと渦, もうもうと立ちこも, もうもうと立ち上り, もう少し治る, もくもくと上がり始める, もくもくと吐かれ, もくもくと布, もつれあって, もんもんと, やっと薄らいだ, ゆらゆらし, ゆるい運動, ゆるく立, ゆるく這った, よいと, よく眼, よく詰まり, ウェストミンスターの, コンクリートの, サッと上っ, サッと部屋, シヨボ, スタンドの, ソヨソヨと, ヌラヌラメラメラと, パッと, パツと, フンワリからむ, ボヤボヤと, ムラ, モウモウと, ユラユラと, 一す, 一つ家の, 一ぱいで, 一分間も, 一切を, 一寸先も, 一度にど, 一直線に, 一筋ほうと, 一筋ボーッ, 一面に, 上がった, 上がりトロッコ, 上つてゐる, 上に, 上へ, 上り沖, 上ると, 上るの, 下から, 中川隊を, 乗鞍の, 二すじ三すじ立ちのぼる, 二人を, 二日二晩も, 二様に, 交ったと, 人家の, 今に, 低くこめ, 低く山腹, 低く這い, 何事も, 偃つてだ, 偉なる, 光を, 八十助の, 六百打詰の, 凄じい勢い, 出たこと, 出たわ, 出てるが, 出ないの, 出ないん, 出なかったの, 出なくなるかも, 出るしかけ, 出るほどの, 出過ぎとるぜ, 分れたよう, 初冬の, 前方から, 匍い出し, 千切れ飛び, 南へ, 去った後, 去りやらず匍, 口に, 吐き出された, 吐き出されて, 吐き出され十五節, 向うから, 吹いて, 吹きだし合掌, 吹きつけて, 吹きなびかされて, 吹きまく, 吹き出し屍臭, 咽喉に, 喘ぐ様, 噴き上って, 噴き出して, 噴出し, 回るとともに, 地の, 地上の, 垂れて, 埋めたと, 夕暮の, 夕靄と, 多いから, 多く出過ぎ, 大きく空, 大入道の, 大分薄い, 大嫌いでし, 大股に, 天井に, 天井へまでも, 太ぶとしく, 太政官の, 奥深くこもり, 妙に, 室へ, 宮内を, 家々から, 寒い空気, 少くなっ, 少しも, 屏風の, 山の, 山風に, 島崎の, 川一面に, 巻きだしついで, 巻きのぼって, 巻き揚って, 巻込んで, 幕の, 幾ヵ所と, 幾条も, 広がって, 座敷一杯に, 廣がりやしない, 弱くいつも, 強い臭気, 彼女の, 徐ろに, 微風にも, 忽ち彼, 急に, 息づまるほど, 悪くむせる, 意地わるく, 憂鬱に, 懐手を, 所きらわず這いまわっ, 折柄の, 捲き上ると, 提燈を, 揚がった, 揚がり出した, 揚って, 揚る, 揺れて, 散じた時, 散ってから, 斜に, 旅人の, 日夜絶えぬ, 日本中を, 早春の, 昇り始めた, 時々は, 暑く咽, 暗いもの, 暫し空, 最初に, 朝雲夕雲の, 木立の, 木造で, 本物同様に, 村の, 来るから, 枯木の, 栗の, 根の, 棟の, 榛名山の, 横丁の, 横雲の, 正面に, 残つてゐた, 毎夜の, 民家の, 永久に, 沖に, 洩れた, 洩れてる, 流れた, 流れでるとともに, 流れも, 流れるに, 流れ出した, 流れ落ちて, 浅い春, 海坊主の, 消えた, 消えると, 消え失せた時, 消ゆる, 淡蒼く湿気, 深かった, 渦く, 渦巻いた, 渦巻きかかって, 温突紙の, 湧きだした, 滲み出て, 漂いだして, 漂ふ, 漲り込んで, 濃いの, 濃く出, 濃淡あい縺れ, 濛と, 炉の, 焔を, 煙突に, 燧の, 燻り出て, 物すごくたなびい, 物寂しう, 玄関を, 町の, 疾風の, 発した時, 登り始めた, 白く, 白く真直, 白く這, 白綿の, 目口へ, 相当あれ, 真一文字に, 真直ぐな, 真直上った, 真黒く渦巻い, 石油製造所だ, 穏かな, 空から, 空に, 空へ, 空気の, 立たうもの, 立たないもの, 立たなければ, 立ちこめかま, 立ちつづいて, 立ちのぼり樹脂, 立ちのぼる玉手箱, 立ちはじめた, 立ち上つて抹香くさい, 立ち始めると, 立ち揚る, 立ち昇りました, 立ち昇り出し, 立ち材木, 立ち登る, 立ち罩め, 立ち迷い西坂, 立ち騰つて, 立ったと, 立つといふ, 立つやう, 立つ頃, 立てこめて, 立て風, 立上り薪を, 立昇つてゐます, 立籠め障子を, 立罩めてる, 籠って, 紙と, 紫色に, 細くズッ, 細雨の, 絲の, 絶えたこと, 絶頂から, 線香の, 罩もっ, 美しい, 自分の, 舞いあがった, 舞い上って, 舞い込んで, 舞起つ, 色テープの, 葭簾の, 蒼くうすれ, 蒼く割れた, 薄くかす, 薄く立, 薄れた跡, 薄暮の, 薄紫に, 街に, 裏手の, 西へ, 見えたわ, 見えだしたぜ, 見えだして, 見えない, 見えねえじゃ, 見えますが, 見えませんでしたが, 見えるでしょう, 見えん, 見え初め, 見と, 記憶の, 試みられたに, 谷や, 走ろう数万人, 起りそこで, 辛い, 近く三人の, 迸り出て, 透く, 這い廻って, 這って, 這っては, 遥かに, 部屋の, 重く地面, 重く立ち, 重相に, 鉄水母の, 陸の, 雨の, 雪に, 雪の, 零れて, 霧の, 靄とも, 青く黒くあがっ, 静, 靡いたので, 靡きますあれ, 靡く, 風が, 風に, 風向きに, 颯颯と, 餘所へ, 騰つた, 騰る度, 高い蒼空, 高く立ち, 高く高く挙っ, 鳴る, 鳴るだよ, 黄に, 黒い煙, 黒みと, 鼻から, 鼻に, 鼻先から

▼ 煙~ (630, 8.8%)

29 なって 28 して, 巻かれて 19 まかれて 17 包まれて, 巻いて 12 むせて, 捲かれて 10 むせながら 9 咽せ 8 まいて 7 つつまれて, 顔を 6 まかれたよう, 卷かれて 5 むせびながら 4 しては, まかれた, 咽せた, 咽んで, 捲いて 3 くるまれて, つ, つつまれたよう, まかれながら, 乗って, 交る, 包まれながら, 巻いたり, 巻かれたよう, 巻かれながら

2 [28件] あらはる, つつまれた, つつまれても, なったり, まかれたの, まかれた形, まく, むせび近き, むせんで, 似て, 向って, 吹かれて, 咽びながら, 噎せた, 噎せて, 大仰に, 巻いた, 巻いたつもり, 巻きながら, 巻くよう, 捲かれたよう, 捲かれた形, 捲かれながら, 捲きながら, 目を, 紛れて, 追われて, 隠れて

1 [304件] あうと, あたりを, あの冷たい, あらず雲, いぶされたよう, いぶされて, いぶされながら, いぶして, おおわれるよりも, おかされて, おしだされて, おなりに, かくされて, かくれ出すと, くもって, ぐらぐらと, こげたまま, さいなまれながらも, さへぎられて, されて, したの, したよう, した上, した溺煙家, した煙草, しちまったよう, してじつと, しても, しなければ, しようとしては, すすけて, すべく遺骸, するくらい, すること, するこの, するそれ, するつもり, するという, するとして, するに, するには, する野郎, その後の, だも, つきものの, つつまれそして, つつまれたまま, つつまれた永遠, つつまれた火, つつまれだした, つつまれる, つつまれ一時, つつまれ風, つつんで, つれて, とざす草, とじこめられ一瞬, とじられて, なす事よと, なったかなと, なったこと, なった御, なった頃, なっちまったん, なつて, ならないとも, なりかねない勢, なりたいと, なるって, なるん, なる前, なる勘定, なる最後, なる覚悟, なれ, なれば, はなせないの, ひとしき何もかも夢, ほんのりと, ぼかさる, ぼっとかすん, ぼろぼろ涙, まいたわけ, まかれし夫人, まかれそれから, まかれたとき, まかれたらしく大きい, まかれた金五郎, まかれでも, まかれはじめた, まぎらせ横, まくだけの, まくところ, まくの, まく目的, まじって, まつわって, みたされる, みちたここ, みちて, むせたから, むせたの, むせては, むせびてたふれ伏, むせびな, むせび狂って, むせぶ, むせようと, むせると, むせんだ振り, むせ小屋, むせ返って, むせ返りながら, めげず必死, よごれたところ, よごれた裸, ジツと, 一層薄暗く, 一枚ずつ, 不審を, 乾燥し, 交って, 交つて住慣れない, 交つて何か, 交つて斯の, 交り, 代つて, 似た, 似たの, 似たる花, 似たる間, 似た悲しみ, 似た淡い, 係恋を, 先立ちなまし, 入った, 包まれた, 包まれたほの, 包まれたやう, 包まれた時司令塔内, 包まれつつ, 包まれる硫黄島, 包まれ兵隊, 包みこまれて, 化して, 卷かれたら地面, 卷かれたんで, 卷かれた娘, 卷かれた形, 取りまかれた紅月莪, 吐きもて武男, 向いながら, 向けた, 吹かれた真黒, 和し, 咽せる, 咽せ入った, 咽びつ, 咽び返って, 咽ぶ顔, 噎せる, 噎ぶ程哄笑, 困って, 声が, 変って, 変るあたり, 夢みる近代, 天の, 姿が, 射す青い, 對し, 小山は, 巻いたが, 巻いたこと, 巻いたという, 巻いたところ, 巻いたもの, 巻いたわけ, 巻いた上, 巻いた事, 巻いてでも, 巻かれざるを, 巻かれた, 巻かれたが, 巻かれたという, 巻かれた人, 巻かれた形, 巻かれた表情, 巻かれてばかりは, 巻かれないわけ, 巻かれました, 巻かれる, 巻かれると, 巻かれるの, 巻かれるは, 巻かれるよう, 巻かれ乍ら, 巻かれ炎, 巻かれ驚嘆, 巻きとうとう, 巻き或, 巻き支度, 巻く, 巻くぐらゐの舌, 巻くだけの, 巻くといふ, 巻くの, 巻く博覧, 巻く花痩, 巻けァ, 巻れ, 当ったもの, 当てて, 思わず声, 悩まされたる光, 惱亂した, 我心の, 捲いたの, 捲かれざるなく, 捲かれたかたち, 捲かれたの, 捲かれたやう, 捲かれた体, 捲かれた様, 捲かれた気味, 捲かれます, 捲かれること, 捲かれ通し, 捲きました, 捲く, 捲くくらいが, 捲くこと, 捲くに, 捲くん, 捲こうと, 捲れたまま引退, 掩はれた, 映る美しい, 曇った高い, 曇るランプ, 母も, 気がついた所, 気がつかなかつた, 気がつきますと, 汚れた米国, 注いでも, 注がれた, 消すも, 消ゆ, 混じって, 混って, 混り合っ, 満ちた室中, 溶け込んで, 濁った空, 烟びながら眉を, 燻されて, 燻ぶっ, 燻ぶる, 燻りたるも, 物々しい生動, 犬の, 現れ来, 疲れた眼, 目の, 眉を, 眼を, 立ちまじり思はぬ方, 立てば, 紛らかしにっこり, 羽羽たきぬ, 脈を, 茫としている, 草木も, 蒸されながら, 蔽はれ, 薫さる, 襲われるよう, 覆われて, 見入って, 触れること, 近づいた時, 追いまくられて, 追われながら, 追蒐, 送られて, 過ぎませぬ, 遠いとこ, 遠ざかつてずん, 還る, 酔いつつ, 酔ひて, 酩酊を, 醉つた八五郎までも, 閉されて, 閉ざされた谷, 閉ざされて, 閉じこめられて, 閉じ込められたる, 陰々として, 陽を, 音は, 頭痛を, 馴ては

▼ 煙~ (376, 5.3%)

3 ほそくとも, 上へ, 天を, 空に, 風に

2 [17件] なんだ, ますますこく, 出たと, 大禁物, 崩れた家屋, 川へ, 幕切れの, 極めて僅か, 渠の, 渦を, 濛々と, 煙突から, 立たない, 薔薇色の, 襖の, 西へ, 青々と

1 [327件] あがらぬとは, あがり日光, あきらかに, あけがた, あたりの, ある高度, いかにも遠い, いかに立つ, いくつと, いったん銀白色, いつまでも, いやな, いよいよ濃く, いよいよ立ち迷う, うすい霧, うすく立つ, うねりながら, おえぬ, かすみ人生すべて飛花, か細くユラユラ, くずれるよう, この小さな樽, この戦闘, この部屋, この雪礫, さかんに, さだかにも, さっときれい, さて見えない, さびしくなった, しろしほのぼの, すうつと, すぐいちめん, すっかり止まっ, すでに裏門, すなわちその, そこから, そこら一面に, その日, その時途断, その間に, それと, そッぽ, たしかにこの, たたないから, たたぬと, ただ空中, たちまち晴れ, だんだん濃く, だんだん細く, ちっともありません, ちっとも出, つつがなく立ち騰っ, てんじょうの, とりもな, どうして出る, どうだ, どこであろう, どっちへ, どどん, ない, ないし, なかった, なんです, ふしぎに, へやいっぱいに, ほやほやと, ほんの僅か, ぼうぼうと, ぼんやり応接室, まき上がった, まさに羽黒, まじり合って, ますぐ, また横, まだ依然として立ちのぼっ, まだ冷め, まだ消え, まだ消えなかった, まるで天, みえなかつた, もうすつかり逃げ出して, もうもうと部屋, もう一方, もう絶え, もう行く, もくもくと立ちあがった, やはり竹輪麩, やや鎮まった, ゆるやかに, ようやく家ぜんたい, よく覚え, ピストンを, ラクダの, 一つの, 一万尺の, 一分一分に, 一切あげなかった, 一団ずつ, 一團にな, 一寸ばかりの, 一寸許, 一日一日と, 一日一晩どこを, 一面に, 万井を, 万天に, 丈に, 上から, 下に, 中に, 中天に, 二つの, 二度とは, 二条に, 二条内裏へも, 二百米も, 仄赤く, 今は, 今も, 会釈なく, 低く這う, 何か, 何だ, 何となく湿った, 何ともいえぬ, 何處から, 依然として盛ん, 信濃あたりの, 俺達の, 僅に, 光線の, 全世界, 全市の, 其間に, 再び銀屏, 凄く時々, 出ぬ, 出ますさかいに, 刻々と, 十分位は, 去つて一抹, 又風呂場, 反魂香にも, 収った, 口から, 口腔の, 同じ方, 同じ空, 吐いて, 向うの, 吸い込まれて, 吹雪よりも, 四方から, 固より, 土を, 坑から, 夕方遲くまで, 大きな馬, 大抵の, 天井まで, 天国の, 太い赤松, 太く濃くなっ, 定めて, 実に黒く, 富士ので, 寥しやむ, 小さな青い, 少しも, 山の, 崖の, 市全体を, 幅を, 平常も, 幾条にもな, 建物の, 彼女の, 彼女等の, 往来へ, 御廂, 忽ち城下, 忽ち炎, 恐らく私, 悲しみの, 我が単, 戸惑いした, 手槍や, 折柄の, 拭うが, 揚げずとも, 擧らない, 故国に, 敵だった, 敵の, 敵勢では, 早春の, 早見と, 旺んに, 昇る, 昇れり, 時として街道, 時に激しく, 時の, 暁の, 暗い木, 月夜の, 朝の, 木の, 木戸の, 本能寺の, 束ねた煙, 板屋を, 果して流行, 柵を, 桟橋に, 森の, 極めて少なく, 極楽寺山の, 楼門の, 楼門を, 次第に濃く, 次第次第に, 歌の, 此處を, 殆ど消, 残って, 殘る, 殘月の, 河の, 津軽から, 活, 流れに, 流れ入るが, 海岸の, 消えないので, 消えろ, 深し園, 滿山の, 濛々として, 濛々漠々として, 火に, 火の, 火事でなけれ, 火葬場の, 煙草の, 煤けた台所, 熱湯池から, 猫いらず的作用です, 田端の, 田舎家には, 男が, 町の, 異様に, 異臭を, 白い輪, 目に, 目や, 目を, 目口鼻を, 相変らず出, 眼を, 砲門と, 禿げ山, 私の, 空しく横目, 空にく, 立たないもの, 立たぬが, 立たぬと, 立たぬという, 立たぬとか, 立たんと, 立たんといふ, 立ちしなり, 立って, 立て初めたこ, 筵の, 粟野さんの, 紫に, 紫色に, 細くなる, 美しい彼女, 肺病に, 胸を, 自分自らを, 花壇の, 苦く咽喉, 茅屋の, 草に, 薄蒼白く, 藻汐焼く, 表御堂, 裾野一円に, 西国煙草らしい, 見えません, 見へぬかと, 谷を, 辺り間近に, 迷ふ, 逆様に, 途切れて, 道徳に, 遠慮なくその後, 部屋の, 部屋中に, 重なる, 鈍む日に, 闇と, 陽の, 雨の, 雲に, 雲を, 雲切れの, 霧よりも, 青く立っ, 青空に, 静かに, 靜かな, 靜に, 頂上からも, 風の, 風呂の, 風呂場の, 騰つて, 鼻の, 龍王山からも

▼ 煙~ (243, 3.4%)

26 なって 10 一緒に 5 いっしょに 4 なる, 化して 3 消えて, 焔の

2 [12件] して, なつて, 喘いで, 火とを, 火を, 灰に, 焔を, 石灰工場の, 石炭酸で, 砂煙, 金粉を, 雨の

1 [164件] いい山, いって, いつしよ, いひ山, かなり高い熱, こうばしい汐, この雨, しながら, すず虫と, せし北米, ぞんじます, なす者少なから, なす迄の, なった, ならば, なり, なりあと, なりし雲井ならでは, なりて, なりにし, なりぬとも, なりぬべし我子, なりはてて, なりましたか, なり点, なり蒸気, なるこそ, なるわけ, なる間, ののしる声, はるか海の, ひとりの, まッ赤, アルコールの, エジプトたばこの, カクテルの, コーヒーの, パチパチという, ホースの, 一しょに, 一つに, 一所に, 上から, 乗鞍ヶ岳の, 乱れて, 人いきれと, 人とに, 人は, 他の, 信じて, 兄の, 剣の, 匂いに, 匂ひで満たす, 化したかも, 化したところ, 化したもの, 化した機, 化しつつ, 化しやがて, 化し了ん, 右往左往に, 同時に, 名づけても, 吸口だけに, 呼ばれる以所, 土けむり, 土とが, 埃と, 埃とで, 埃に, 塵との, 塵埃と, 変化する, 大きな腹の中, 失業者, 妄執の, 尊の, 屈託の, 幻想の, 息とを, 悪食乗客の, 悲鳴と, 戦って, 打ち捨てて, 散じた一方, 敵兵だった, 明笛の, 春雨と, 汽笛と, 注せりき, 消えたので, 消えたる也, 消えた一代, 消し天晴な, 消やし, 火が, 火との, 火に, 火の粉とを, 火ばかり, 火消の, 火炎とに, 灰と, 炎とが, 炎に, 焔と, 焔とが, 焔に, 無心に, 無智, 焼け砂, 焼棒杙の, 熔岩とを, 熱気に, 燃えて, 燃える畳, 燃やさせて, 燈火の, 燐に, 爆音には, 爆音の, 牛の, 琥珀色の, 男子に, 異臭とが, 異臭の, 白い波, 白い煙, 白と, 短い火, 砂とを, 砦の, 硫黄とは, 硫黄の, 空は, 立ち昇り, 立のぼっ, 粉を, 素朴な, 細君とを, 腥い血, 臭で, 茶話會が, 西日とに, 見たの, 見ふめり, 言は, 謎の, 赤い焔, 轟音と, 過激な, 酔っ払った人いきれ, 重々しく合した, 釜の, 閃光を, 間違えたの, 雨とが, 雨との, 霧とを, 音響を, 響と, 香いが室内に, 高い三本

▼ 煙~ (137, 1.9%)

4 あがって, 見えず雲 3 見えない 2 ない, 立て難く, 見えず, 見えなくな, 通るまいよ

1 [116件] あが, あがらずその, ありません, いつしか薄らい, いづこ, うごいて, うすく見え, うす気味, おさまった長屋, お珊さん, かすかに, こちらへ, これに, しずまると, しだいに消え, すぐ薄らいだ, そこから, その方角, その間に, それに, たえがち, たしかに擬勢, たとうヘリコプター, なく, なくどこ, なくなって, なく石狩川, なく薫, におう, のぼっては, はっきり見えた, まが, またちりぢ, まっすぐに, みえず雲, みえん, みなぎりしょせん, わからなかった, 一列に, 人も, 仏前の, 伴わずまた, 何もかもみんな私, 何処へ, 余り立ちこめ, 出さず葉巻, 出ず鉄, 出て, 出ない, 出なければ, 双方の, 噴き出して, 噴き止んだ, 噴くべき驕慢, 地を, 地面までは, 埃も, 大分今は, 妙な, 小さく薄くなっ, 峰に, 幾すじか, 掛布団の, 揚げずに, 揚らない人間, 放たなかった, 日の, 昇らずまた, 朝夕軒の, 此四五日は, 残って, 段々うすれ, 沢深い, 消えて, 清き松, 漬物の, 無かった, 空の, 立たずに, 立ちこめて, 立ち登り, 立っちゃあ, 立つて, 立てずに, 立てず戸, 立てず火, 立てなかった, 立兼る, 純粋に, 細くかの, 結ぼほれ絶えぬ思ひの, 舷に, 薄く上り, 見えいい, 見えず人, 見えず音, 見えな, 見えないここ, 見えないの, 見えないやう, 見えないよう, 見えない叫喚, 見えぬか, 見えぬの, 見えます, 見えません, 見える, 視線の, 誰の, 遠く真直ぐ, 重いガス, 防げまた, 頬を, 風無け, 風無けれ, 飛行雲も

▼ 煙~ (96, 1.3%)

3 いっぱいに, 濛々と 2 あつた, 充ちて, 暗くなっ, 汚れた長い

1 [82件] いっぱいだった, いつぱい, いつぱいなのと, いつぱいになつてきました, いつも濁っ, いつも空気, いぶされ松脂, いろいろな, お目, かくそうと, きれいな, この世界, こんなにいぶった, しかめ顔, すらこう, その中, その煙, むせんだら, もって, よどんで, ムンムンし, 一ぱいに, 一ぱいになつたので南側の, 一ぱいになつてゞもゐるやうに濛々として, 一ぱいの, 一杯に, 中廊下, 人影は, 作った煤, 倒して, 充たされた, 充分に, 其の白い, 埋められる, 夜か, 太陽が, 太陽を, 室内は, 家も, 小鳥を, 彼の, 暴れた竈, 曇った窓ガラス, 曇つた窓の, 曇らすの, 曲芸を, 曲藝を, 次が, 濁った室内, 濁った小, 濁って, 濛々として, 煤けたまわり, 燻すが, 燻べて, 爆発する, 痛む目, 痛めたらしかった, 目は, 目も, 目を, 真っ黒だ, 真っ黒に, 空は, 空中に, 窒息するであろう, 絶命する, 荒されて, 荒れる山, 蚊を, 血に, 褐色を, 赤くなっ, 隠す位, 霞んで, 黒くし, 黒くすすけ, 黒くすすけた, 黒くする, 黒っぽい油絵風, 黒光りに, 黝み

▼ 煙つて~ (60, 0.8%)

15 ゐる 5 ゐた 4 ゐたが, ゐて 3 ゐるやう 2 ゐるの, 見えるの

1 [25件] だらだらと, ゐました, ゐましたから, ゐること, ゐるだけ, ゐるといふ, ゐるばかり, ゐる寂, ゐる山, ゐる川端, ゐる彼方, ゐる景色, ゐる朝, ゐる湖, ゐる窓, 居た, 居りました, 居るの, 居るやう, 居る靜, 居眠つて, 来た, 見えた, 見ゆる溪, 青白い灯光

▼ 煙術師~ (40, 0.6%)

3 のお 2 が往来, ではない, を眼

1 [31件] かもしれません, がすきとおる, がはいった, が小走り, が水戸様石置き場, が煙術, だこっそり, ではございません, で一人, というよう, としてお, としてのお, と山県紋也, などには逢いませんでした, に印籠, のはいり込んだ, のほか, のみなりをした, の二間あまり, の嘆き, の変った, の後ろ姿, の行った, の足, はいない, は入り込んだ, は小, は行き過ぎた, は誰, も曲者, を見送った

▼ 煙~ (36, 0.5%)

2 黒い煙

1 [34件] いろいろな, ほこりが, また近頃, ガスが, 不潔な, 人いきれで, 塩酸と, 撞球の, 横に, 汽笛の, 海の, 涅槃像, 火が, 火の元子は, 火花により, 火花は, 火花を, 灰や, 灰を, 焔は, 煙草の, 煮物の, 白い温かそう, 白い蒸気, 白くて, 砂漠の, 硫気その他の, 米の, 紫の, 草ぼこり, 蒸気や, 血けむり, 酒の, 黄色い煙

▼ 煙客翁~ (23, 0.3%)

2 はこういう

1 [21件] がいくら, が張氏, が有体, が私, とひそか, と画論, には多少, の書, の賞讃, の身, はこう, はすぐ, はそう, はその, はまるで, はもう, は先生, は庁堂, は手, は潤州, は頭

▼ 煙とも~ (22, 0.3%)

3 霧とも 2 言ひかね

1 [17件] つかず重く, つかず雲, つかないもやもや, つかぬ灰色, わからないもの, わかれ, 分かぬ朦朧, 分らぬもの, 判らない黒い, 夕靄とも, 定めがたい, 灰とも, 見えるもの, 見える船影, 言いかねて, 豊香とも, 靄とも

▼ 煙と共に~ (22, 0.3%)

1 [22件] この静か, ただよ, どことも, べろ, 口を, 吐き出されて, 吹き上げて, 呼吸する, 地上から, 室内に, 庭先へ, 往来へ, 戸外へと, 消えなければ, 湧き起るの, 漂って, 転げ出して, 転げ出て, 輕く, 近づく旗, 食堂に, 高く噴いた

▼ 煙~ (19, 0.3%)

2 が, とさ, と思った

1 [13件] から役に立たない, から軽い, か雲, つた, といふ, と咀, と考えた, と言, な, よ, 寂しいいい紅葉, 煙だ, 砂だ

▼ 煙~ (19, 0.3%)

2 が少し, の一つ, の上る, の見物人, は消える 1 のよう, の候, の巷, の晩, の落ち, の街, もある, よりも豪華, 猶記昔遊曾

▼ 煙濛々~ (17, 0.2%)

1 [17件] しかし一向に, たるなか, たる労働者街, たる手紙, たる黒船, です, で地, としてこの, として咫尺, とたち昇った, と空, と立, と立ちのぼり, のうち, の地団駄, の大, 誠に是

▼ 煙~ (16, 0.2%)

1 [16件] あらず, きたえて, それとも迷, たなびきすも, オロシャ船紅毛人の, 三条の, 何かの, 峡谷から, 幽霊か, 晴天に, 渦巻く中, 紗の, 藪に, 雨かと, 雲かの, 霧かとも

▼ 煙とが~ (12, 0.2%)

2 逆捲く 1 うねりに, すべてを, 一杯に, 同じ一直線, 寺の, 彼の, 深い眠, 深い眠り, 渦巻いて, 見えて

▼ 煙~ (12, 0.2%)

5 を使っ 1 とはどういう, と来た, も結構, より縹緻, を眺め, を種, を見

▼ 煙とともに~ (11, 0.2%)

1 [11件] せり上がっ, シューッと, 如海の, 宙天へ, 悪態を, 散り失せ飛び去って, 流れる, 湧き起るの, 猛火は, 生まれその, 蝕する日

▼ 煙とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] たてる烈火, なれ, 以前は, 吐いて, 吹き流した, 朦朧と, 無理に, 目前に, 衝いて, 近々とその, 鼻の

▼ 煙つた~ (10, 0.1%)

3 やうに 2 やうな 1 かとみる, がられる, さうな顏, 七月が, 光りの

▼ 煙~ (10, 0.1%)

2 を先頭 1 から見る, はちらりちらり, は向き, は正夫, は煙草, は議一, は順々, を不思議そう

▼ 煙立つ~ (10, 0.1%)

2 汽船漁舟が, 見ゆ 1 夕を, 民の, 煙と, 紅葉の, 見ゆを, 誰が

▼ 煙客先生~ (9, 0.1%)

1 から聞かせられた, が見られた, が驚倒, だけはたしかに, です, の心, は五十年前, もあの, や廉州先生

▼ 煙~ (9, 0.1%)

5 の中 1 が通じ, との交叉点, に向っ, のところ

▼ 煙でも~ (8, 0.1%)

1 あった, あろうか, うもう, なんでも, 吹いて, 吹き出すよう, 払うよう, 眺めたいと

▼ 煙とに~ (8, 0.1%)

2 攻められて 1 つつまれて, なって, 仄かに, 溢れた家, 追われながら, 額から

▼ 煙のみ~ (8, 0.1%)

1 いたずらに, いよいよ高く, たつ, で人影, なる汽車, 立つぞ, 立てて, 覚めて

▼ 煙みたい~ (8, 0.1%)

1 なもの, な人影, な浪人, な風聞, にすっと, にフラフラ, に消え, に立ちのぼる

▼ 煙よりも~ (8, 0.1%)

2 果敢い 1 はかなく消え, 八十余齢という, 淡々しき鼻挨拶, 濃くお雪ちゃん, 白く海, 細い煙

▼ 煙~ (8, 0.1%)

4 を洩る 3 を漏る 1 を洩るで

▼ 煙さえ~ (7, 0.1%)

1 いと絶え絶え, 一と, 今朝は, 何となく神代, 動かないよう, 焦熱地獄に, 立たず福原

▼ 煙では~ (7, 0.1%)

1 ないかも, ない湯気, なかった, なくこの, なくて, なささうです, 無さそう

▼ 煙ばかり~ (7, 0.1%)

1 だ, だった, であった, 吐いて, 眺めやって, 細く沖, 鼻から

▼ 煙れる~ (7, 0.1%)

1 ような, 冬木, 奧に, 梢に, 生際, 瞳を, 門の

▼ 煙~ (7, 0.1%)

1 の先, へ詰め, へ詰める, をひっ抱え, をカラリ, を両手, を取ろう

▼ 煙~ (6, 0.1%)

6 がつて

▼ 煙だらけ~ (6, 0.1%)

1 だ表, な山岳鉄道, にした, になっ, になつ, になる

▼ 煙とで~ (6, 0.1%)

2 いっぱいに 1 お清書, そのほか, 息が, 黒く外見

▼ 煙~ (6, 0.1%)

1 のだった, のである, のであろう, びかふ, びく, んです

▼ 煙~ (6, 0.1%)

1 かね, でつまっ, で塞がらう, で真黒, の方, の浸みた

▼ 煙だけが~ (5, 0.1%)

1 ばかに, 割に, 望まれる, 白くまっすぐ, 薄く静か

▼ 煙である~ (5, 0.1%)

1 と, という説明, としても東方, と云う, 塵である

▼ 煙との~ (5, 0.1%)

1 ただ中から, 海でした, 用に, 間に, 間を

▼ 煙~ (5, 0.1%)

2 向って 1 さして, 小手を, 近づいた

▼ 煙千子~ (5, 0.1%)

2 の先 1 と称する, を入れ, を取り上げた

▼ 煙あげ~ (4, 0.1%)

1 つつ, てこれ, て群, て追っかけ

▼ 煙から~ (4, 0.1%)

1 導かれたもの, 此方を, 現ずるお, 道を

▼ 煙こそ~ (4, 0.1%)

2 あはれなれ 1 世には, 遠山里の

▼ 煙~ (4, 0.1%)

2 しに 1 しに彼女, しに長谷川

▼ 煙であった~ (4, 0.1%)

1 かと思う, と知ったら, のだ, のである

▼ 煙にな~ (4, 0.1%)

1 つてし, つて濛々と, つて濛濛と, つて跡方も

▼ 煙にも~ (4, 0.1%)

1 ならぬ人, 似し悲鳴, 種類が, 見えない

▼ 煙~ (4, 0.1%)

3 へり 1 ひきこゆ

▼ 煙らしい~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものは, ものも, ものを

▼ 煙吐い~ (4, 0.1%)

31 てゐる

▼ 煙~ (4, 0.1%)

1 とにみちた, の見えない, を吹き払う, を絶ち

▼ 煙~ (4, 0.1%)

1 であって, との区別, は淡く, は粒子

▼ 煙~ (4, 0.1%)

2 に冲する 1 に冲しました, を翳め

▼ 煙~ (4, 0.1%)

3 の火 1 と一回分

▼ 煙かと~ (3, 0.0%)

2 思ふ色 1 思ひなし

▼ 煙がも~ (3, 0.0%)

1 く, くらも, やの

▼ 煙さえも~ (3, 0.0%)

1 何だかかれ, 多くは, 液体に

▼ 煙すら~ (3, 0.0%)

1 ありありと, 見えませんでした, 起らず一

▼ 煙それ~ (3, 0.0%)

1 はチエスターフイルド, は馬鹿げた, 自體

▼ 煙たち~ (3, 0.0%)

2 つづけたり 1 濁る地平

▼ 煙だけは~ (3, 0.0%)

1 たくましく京橋方面, 極めてはつきり, 素晴らしさ

▼ 煙っぽく~ (3, 0.0%)

1 て喰っ, て埃, 見え殆ど

▼ 煙~ (3, 0.0%)

1 たま, てくる, ぽくて

▼ 煙とは~ (3, 0.0%)

1 むざんな火の, 何物ぞ, 巌の

▼ 煙など~ (3, 0.0%)

1 いつもよく思い出します, 妹に, 裸の

▼ 煙などは~ (3, 0.0%)

1 名から, 煙の, 皆無であった

▼ 煙には~ (3, 0.0%)

1 吃驚し, 妖気が, 面を

▼ 煙までが~ (3, 0.0%)

1 いつもより, 何だか陰気臭く, 莨の

▼ 煙より~ (3, 0.0%)

1 よいもの, 二千尺くらい, 何處かの

▼ 煙をも~ (3, 0.0%)

1 燃やしつくす竈, 見た, 見遁

▼ 煙ヂウ~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, の円盛, は

▼ 煙~ (3, 0.0%)

1 が半, で聞いた, 甘泉堡

▼ 煙曳く~ (3, 0.0%)

2 のみ 1 煙筒竝び爽かなり高麗丸は

▼ 煙~ (3, 0.0%)

1 がもくもく, をつづる, をながめ

▼ 煙~ (3, 0.0%)

2 なば 1 霧散に

▼ 煙濃く~ (3, 0.0%)

2 かをりよき 1 なりまさり

▼ 煙~ (3, 0.0%)

2 の火 1 へ火

▼ 煙~ (3, 0.0%)

2 に見れ 1 の先

▼ 煙~ (3, 0.0%)

1 が続い, に上げ下げ, のない

▼ 煙立て~ (3, 0.0%)

2 にけり 1 たり蘆

▼ 煙~ (3, 0.0%)

1 に化, のつばさ, のレンズ

▼ 煙おびただしく~ (2, 0.0%)

1 渦まき起こりぬ, 立ち上れど

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 え全く, へ逆

▼ 煙しづか~ (2, 0.0%)

1 に, にし

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 めに, めよ

▼ 煙そう~ (2, 0.0%)

1 な面, に横

▼ 煙その~ (2, 0.0%)

1 中を, 臭い

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 いとど立ち, 釜なし

▼ 煙たつ~ (2, 0.0%)

1 庭に, 見ゆ

▼ 煙だけを~ (2, 0.0%)

1 火事の, 相図

▼ 煙だった~ (2, 0.0%)

1 と言う, のである

▼ 煙つたい~ (2, 0.0%)

1 葉の, 顏に

▼ 煙つた月~ (2, 0.0%)

2 を見あげず

▼ 煙つた樣~ (2, 0.0%)

2 に見ゆる

▼ 煙つた白色~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 煙であり~ (2, 0.0%)

1 東北の, 痙攣し

▼ 煙であろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, 微に

▼ 煙です~ (2, 0.0%)

1 って原田さん, よ

▼ 煙でない~ (2, 0.0%)

1 という事, 処は

▼ 煙などが~ (2, 0.0%)

1 強風下に, 薄白く寒い

▼ 煙などを~ (2, 0.0%)

1 しばらく眺め, 苦に

▼ 煙のみが~ (2, 0.0%)

1 暗紫色の, 濛々として

▼ 煙はと~ (2, 0.0%)

2 聞くと

▼ 煙はれ~ (2, 0.0%)

2 つつその

▼ 煙ばかりが~ (2, 0.0%)

1 吊洋燈, 自由であった

▼ 煙みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 煙むらむら~ (2, 0.0%)

1 とたなびく, と渦まき起こり

▼ 煙をよ~ (2, 0.0%)

1 けるため, けるよう

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 たくて, ぽくなってる

▼ 煙万丈~ (2, 0.0%)

1 で羞恥, の間

▼ 煙低く~ (2, 0.0%)

1 横はる, 流れぬ

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 とは世間, を創め

▼ 煙医師~ (2, 0.0%)

1 が交, は慌て

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の臭い

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 といふ, のコレクション

▼ 煙幽か~ (2, 0.0%)

1 なれかかし幽か, なれども

▼ 煙~ (2, 0.0%)

2 に這

▼ 煙抜き~ (2, 0.0%)

1 の吹き飛ぶ, らしいもの

▼ 煙攻め~ (2, 0.0%)

1 にしよう, の策

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 ジテ入, 後空留唯我独尊山

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 と酒精ランプ, をくわえ

▼ 煙機械~ (2, 0.0%)

1 としての人間, のよう

▼ 煙次郎~ (2, 0.0%)

1 と草吉, は行

▼ 煙水晶~ (2, 0.0%)

1 の眼, をはめ込んだ

▼ 煙程の~ (2, 0.0%)

1 ストーヴの, 濁りも

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 にみなぎっ, をおおい

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 つるめり赤き, 昇りて

▼ 煙立ち~ (2, 0.0%)

1 あくまでも暑き, て寒き

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 の火, を掌

▼ 煙絶えず~ (2, 0.0%)

2 なびけり

▼ 煙緊張~ (2, 0.0%)

2 と不安

▼ 煙臭い~ (2, 0.0%)

1 塵臭い, 風に

▼ 煙臭く~ (2, 0.0%)

1 つてし, なつた鰯

▼ 煙艸工場~ (2, 0.0%)

1 の, の煙突掃除

▼ 煙~ (2, 0.0%)

2 という別名

▼ 煙見せ~ (2, 0.0%)

2 つついつか暮れ

▼ 煙見ゆる~ (2, 0.0%)

1 ところをも, は

▼ 煙~ (2, 0.0%)

2 の術

▼ 煙重く~ (2, 0.0%)

1 傾むく, 軒より

▼ 煙~ (2, 0.0%)

1 の下半部, を透し

▼1* [316件]

あがりしきりに, 煙あがるや家, 煙あがれり船通ふらし, 煙あたらし乱舞の, 煙あの靄の, 煙あはれなれども, 煙いつのまにやら大船, 煙いま見ゆ, 煙うすくも空, 煙うずまき上り紅の, 煙うまかつた, 煙経の, 煙かすかに, 煙かとも思える雲, 煙かなしも, 煙かも知れない, 煙からは煤に, 煙がさつと引い, 煙がはいこんで, 煙がまゐら, 煙がられている, 煙がりながら鄭重, 煙くさい空気を, 煙くらいで辟易する, 煙くらいの眠りでも, 煙くらべに, 煙ぐらゐ砂漠で風, 煙あも, 煙こもらふ芝の, 煙ざわざわとした, 煙しき湧けば, 煙しきりにうなづく, 煙しめらふ朝の, 煙じゃなく砂ぼこり, 煙するもよから, 煙そしてそれだけ, 煙その他いろいろな光景, 煙それらの中, 煙それ自体で救, 煙たげな表情に, 煙ただならぬかも, 煙たち夜ふくれば, 煙たって火, 煙たてゐて, 煙たどりて音, 煙たなびけり振さけ見れ, 煙だけだった, 煙だけで用を, 煙だけでも霧の, 煙だして煙, 煙だてり風か, 煙だに下へ, 煙だらうとおも, 煙だろうか, 煙っぽくっては眼, 煙つたのであるが, 煙つたランプが一つ, 煙つた中から若い, 煙つた岬を眺め, 煙つた広場が私達, 煙つた明るみの中, 煙つた沖を眺め, 煙つた海原を眺め, 煙つた町の多く, 煙つた碧い海原, 煙つた空間を伝う, 煙つた街の, 煙つた陰鬱な低い, 煙つた霧を眺め, 煙つた青田から蛙, 煙つてすべての物音, 煙つて了つたのである, 煙つて娘お絹, 煙つて晴天十日の大陸, 煙つて沼底の観, 煙つて海の向う, 煙つて空はただ, 煙つながれて朽, 煙であってたぶん, 煙であったろうと踏んだ, 煙でございますほかほかの, 煙でとぢこめ, 煙でなかったのは, 煙というのは, 煙といッしょに二本, 煙とけ一層陰翳, 煙として吐き出した, 煙とつが渡良瀬川, 煙とでやぐらから, 煙とに対する抵抗力に, 煙とよみたるかも, 煙とを通してそこに, 煙めでごはん, 煙どんなア, 煙なき純白の, 煙なぞが濁った空気, 煙などといって, 煙などに心を, 煙などには驚かない図々しい, 煙などのゴチャゴチャした, 煙なども立ち昇った, 煙なみなみならず美し, 煙ならず白い沫, 煙なれども目に, 煙について然と, 煙についての研究討論会を, 煙にて苦しめたり, 煙にでもなったの, 煙にばかり晦んで, 煙に対する無頓着に, 煙に関して研究すべき, 煙ぬきからさかん, 煙のうづ卷く, 煙のくゆる間, 煙のけの字, 煙のぼりゐて秋, 煙のぼるを見れ, 煙のむこうに, 煙はいちめんにたちこめ, 煙はさほどまで視線, 煙はじゅくじゅくした雨もよい, 煙はのん残る, 煙ばかりか火の粉を, 煙ばかりを眺めて, 煙ひとすぢ, 煙ひろがるゆふ, 煙ふきてむらさき色, 煙ふた塊あがれり, 煙ぶたがってるわ, 煙ぶつてゐる, 煙のに, 煙ほそぼそと天, 煙ほどの煙が, 煙ぼうぼうとして, 煙まず見えついで, 煙また遠い煙筒, 煙またもふたすぢ, 煙まだ立たず, 煙まっ黒にまき上り, 煙までいっしょに, 煙までへの路を, 煙までも黄色である, 煙みなぎり京の, 煙みなぎる空を, 煙むつてしづか, 煙むらさきふかし今日, 煙めがけて投げ込め, 煙めぐりたり, 煙もう一つの, 煙もくもく怒るやう, 煙もにほひも, 煙ものんの, 煙やら魚燈の, 煙ゆるやかに出で, 煙行く方, 煙よけにこれを, 煙らし金鈴や, 煙れるごとき藤の, 煙わびしき年の, 煙をとほして, 煙をはきはじめた, 煙をばありありと, 煙を以てくらます, 煙を通してゴチャゴチャ煙筒, 煙エルムの若葉, 煙ジウと仇名, 煙ダモ認ムル能ワザルノミナラズ当該被害者モ亦直, 煙ハ暮雲ヲ逐ツテ飛ブ, 煙パツと立, 煙モウモウたるとき, 煙リモ見エズ, 煙リ吹出シタルニゾ万一往時浅間山, 煙リ吹出ス等ノ事ハ, 煙一つ立てない事, 煙一室を罩め, 煙一帯知是大英州, 煙一抹を戸口, 煙一抹霧のご, 煙一発の銃声, 煙一筋もあがっ, 煙すぢ, 煙三幕を上場, 煙上り横山村の, 煙の下, 煙両側の廂, 煙へ捲き込まれ, 煙中死人の膏血, 煙何一つとして岸本, 煙し私達, 煙信号をつづけ, 煙先づ現はれ, 煙先発万歳声埋汽笛声, 煙を出し, 煙鳥下幽, 煙胡神即, 煙口物干臺, 煙井戸の, 煙各種の土, 煙吐き出すと気取った, 煙吐く煙突林の, 煙きの, 煙吹かして戯談, 煙吹かせつつわれ, 煙吹き紫色の, 煙吹きかけてみる, 煙吹き散るか, 煙噴きつぎて未, 煙噴出同十一時, 煙四方に遮り, 煙を這いまわるほ, 煙などの文字, 煙南米猶, 煙をつきぬける, 煙墨だらけの煉瓦, 煙外三万里の感, 煙の如く棚引き, 煙天下に遍から, 煙高く昇る, 煙学者に養, 煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 煙小さく渦巻きて, 煙山遥水遠望無辺平原一色青如染不是麦田渾牧田, 煙引く, 煙はまだ, 煙心弱さに, 煙を研究, 煙より昇る, 煙きの, 煙文字を蒼穹, 煙が, 煙曲香尋篆盃深酒過花, 煙微茫, 煙木場の景色, 煙本尊の前, 煙東京の半ば, 煙東方に棚曳, 煙横蓬窓日漸没, 煙止めとなるなら, 煙止めせいとのお達し, 煙毒水は広重北斎以来, 煙なお鬱せる, 煙けむり土煙, 煙水相隔つれども一片の至情ここ, 煙水緑新雨山頭茘枝熟, 煙のうち, 煙淡く立ち苔, 煙深くては姫君, 煙を巻き, 煙渦まき起こりて蟻, 煙渦巻く瓦町を, 煙濃き檣の, 煙が半, 煙煤防止の演説, 煙燈下に濛々, 煙猛火を味方, 煙を持った, 煙があった, 煙白い煙目の, 煙皆煤黒き手, 煙真直にたちのぼれり, 煙に入り, 煙眼光を遮る, 煙瞬きを一ツ, 煙の鈴, 煙禅榻の七絶, 煙秩父八ツ富士かすかに南アルプス, 煙立ち上るあたりには, 煙立ち立つ海原はかまめ立ち立つ, 煙立って, 煙籠むる若干の日, 煙細田枯萍氏などが集つて先生, 煙終に七す, 煙ゆる時, 煙綿を束ね, 煙脂だらけの黒い, 煙脂屋で村, 煙脂焼のした, 煙なり, 煙立てのけはい, 煙艸色なる, 煙花時以外は淋しかっ, 煙草花の, 煙よりも埃, 煙落日の間, 煙蒸しのせいろう, 煙蒼霧の埋め, 煙蓋し当時の, 煙青く遠くまで, 煙薫らし賽銭さえ, 煙蠻雨の荒郷, 煙術使いでもあります, 煙術師姿の若い, 煙術師煙術師のはいり込んだ, 煙に埋没, 煙裝置が多分, 煙つつ真赤, 煙とでも名, 煙にし, 煙責めにし, 煙賤ヶ伏屋の夕霞, 煙赤城は近く, 煙踏み越ゆる, 煙を繞, 煙が出, 煙這入り来秋の, 煙通信をうまく, 煙にぞ沁む, 煙長く靡き小松原, 煙かに巻き, 煙き時, 煙青々と其土壁, 煙のほう, 煙高く天に, 煙の聲, 煙黒い煙, 煙鼓膜に錐