青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 治療~ 沼~ ~沿う 沿う~
泉~
泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~ 法師~ ~法律

「泉~」 2454, 24ppm, 4925位

▼ 泉~ (618, 25.2%)

38 ように 27 水を 24 やうに 17 ほとりに 10 水で 9 上に, 中に, 水は 8 そばに 7 なかに, ような 6 なかへ, 名を, 水が 5 傍に, 水に 4 ところに, ところへ, 中で, 中へ, 夜と, 畔に, 面に 3 そばで, ほとりで, 中を, 底から, 底に, 底の, 音が

2 [32件] ありかを, おもて, ごときもの, しぶきの, すみから, そばには, そばへ, ところで, ふちに, ほとりから, ほとりの, まわりに, 中の, 亭の, 側に, 傍から, 傍の, 傍へ, 前を, 台石の, 囁きの, 底にも, 方が, 様に, 母に, 水の, 湧く所, 立派な, 血の, 近くで, 長比賣, 鼎に

1 [312件] あること, あるところ, あるの, ある處, うしろに, おいしい水, おばさんが, お客ぐらいは, お腹に, かたわらで, ききめばかり, きれいな, くちに, くにの, ことを, この安, この薬, ごとき無双, ごとく, ごとくすずし, ごとくわいたそうして, ごとくわき出る話題, ごとく噴き出したもの, ごとく学究心, ごとく尽きずと, ごとく尽きないこと, ごとく左膳, したたり, しぶきが, しぶきは, すがた, すずしさ, すでに涸れたる, すゐ, そばであった, そばの, そばを, ちかくまで, ぢき, ところでは, ところまで, なかから, なかで, なつかしや, ひそんで, ふきあげるしぶき, ふちの, ふち迄, へんに, ほとりへ, ほとりや, ほとりを, ほとり來り着く, ほとり森の, ほとり神聖の, ましろい, まわりの, まわりを, もとにつき, ものか, やうな, よう, ようだ, ようである, ようにさえ, よろこびは, わき出すその, わくよう, ドン, フラフに, メロディーは, 一つ熱き, 一口を, 一号が, 一方の, 三好松永党の, 三草で, 三郎の, 上には, 上の, 下に, 下へ, 中にも, 主たり, 二人に, 二処に, 二重唱の, 二階に, 五人分合せた, 享楽が, 仙女が, 仙女の, 仙女は, 作で, 作中にては, 俗物で, 俗物でない, 側で, 傍で, 傍まで, 内儀から, 写真が, 処女, 出場所とを, 前に, 前の, 勝ちかも, 南部の, 口でも, 口を, 口絵も, 各地には, 名, 名が, 名水幾瓶とを, 告別式に, 周囲に, 周囲を, 噴出に, 噴水は, 囁きは, 図だ, 図であった, 城の, 壮時, 声や, 声夜に, 壺である, 変形だらう, 夕ひかり, 多い地方, 女神, 如き, 如き感興, 如く何時果, 如く湧いて, 如く湧き上る感情, 如く湧くので, 如く湧く敏才, 如く身内, 姿が, 婢と, 婦人を, 学問をも, 家から, 家の, 家は, 小さい燦, 小すげ, 小菅, 尼寺へ, 屋敷では, 山野から, 岸の, 岸を, 市河米庵に, 干瓢鍋か, 平野とが, 序江西の, 底より, 底よりも, 微温が, 思惑を, 恩恵に, 悪口を, 戸の, 所に, 所へ, 所まで, 所を, 接吻に, 散策も, 方から, 方で, 方に, 方は, 方へ, 方や, 方を, 早瀬が, 曲を, 書いたもの, 木, 村, 杜, 杜という, 某と, 柔かな, 様な, 様子, 歌の, 歓びという, 死の, 毒に, 毒水にあたって, 水それだけ, 水でも, 水なかに, 水よりも, 水一杯を, 水中に, 水面に, 水面へ, 汀で, 江戸に, 泡の, 流れが, 流れるという, 流れを, 浅間高原の, 涌くよう, 涌くらんやう, 涌く様, 涸れし事実, 涸れる憂い, 涸渇する, 深い感応, 混混として, 清水満, 渦まいて, 湧いて, 湧き出るの, 湧き溢, 湧くが, 湧くそば, 湧くところ, 湧くよう, 湧く場合, 湧く沼地, 湧く渚, 湧く里, 湯尻が, 源として, 源を, 源頭に, 溢る, 潜んで, 潯に, 潯にて, 為に, 物語も, 物語りでした, 物識り博士の, 瓶が, 甘きをば, 甘美に, 生歿年, 甲斐が, 画を, 畔には, 畔へ, 病婦人めいた, 白さ, 真中に, 石を, 神や, 私語やうな, 称が, 筆意を, 精, 糧道を, 絶えまない, 縁に, 縁へ, 縁を, 美しい複製版画, 美人一枚絵中稀に, 美女では, 美女な, 美女の, 美女は, 美毒に, 自然の, 自然への, 街道木妻, 表面とを, 補充兵ぐらいの, 親類に, 言葉が, 話, 話が, 話を, 話多し, 趣で, 跡あり, 農民が, 辺へ, 辺りに, 近くであっ, 近くの, 迸り出る, 造った模品, 造つた模品は, 邊に, 錦絵そのまま, 門を, 門前に, 附近には, 隅に, 雫を, 霊験を, 面が, 面には, 面へ, 面を, 音の, 音も, 音や, 音何んにも, 音楽とも, 響きが, 類で

▼ 泉~ (166, 6.8%)

6 汲んで 2 あびて, のんで, むすんで, 得たり, 掬み, 汲まんと, 涸らして, 見つめて, 覚えた, 飲まないで

1 [140件] ああいう, あつめて, いでし少女われ, おた, およぐ魚, きったよう, くみたまわずや, くむこと, くむの手, くめど, さして帰ろう, すぎ, すくって, それより, なした, なしたと, なすもの, のどに, のみます甘美, はじめ多くの, ひきつけて, みな胸に, めぐつて水, もって, トコトンまで, 与えるであろう, 中心として, 僕は, 全で, 出た, 出で, 出でしわが, 利用する, 包んだ岩, 去りて, 古作品, 噴出させた, 囲った井, 基調と, 天下第, 女房子供一家四人で, 守って, 引いたせせらぎ, 彼の, 彼らの, 彼女から, 得たらん, 思はせる情感, 意味し, 持って, 指すので, 捜して, 授けられた, 掘って, 掘り下げて, 掘り出し澄んだ灰色, 掘ること, 探しに, 掬んだという, 撫しつつ, 支へ, 支配する, 村, 村中で, 根から梢, 求めて, 汚すもの, 汲まうと, 汲まざりしぞ, 汲みあう客たち, 汲みて, 汲むが, 汲む可, 汲んだであろう, 河を, 注いで, 注ぎかけられて, 涸, 涸らし汚す享楽的, 涸らすやう, 涸渇させる, 渡るに, 湛えその, 湛えた岩壺, 湧かして, 湧き出させて, 源と, 溢らせ, 滅泉と, 滾, 漲らして, 瀦めて, 発して, 發見出來ない, 相続した, 眺めた時, 私どもは, 穿つの, 立出で, 結晶した, 繞って, 繞る, 見いだしたよう, 見つけたよう, 見つけるだけの, 見ないわけ, 見なければ, 見出, 見出さないという, 見出しさえ, 見出したの, 見出し個性, 見出すと, 見出そうでは, 見立てて, 覗くと, 訪, 訪ねたいちど殿, 訪ねるため, 認めても, 誘って, 貯へて, 賞し葛, 贈らる, 通って, 通つて大坂へ, 造りまた, 連用し, 遠くくん, 遣りて, 銀の, 開いて, 閼伽桶に, 飲み, 飲み干すも, 飲むこと, 飲んで, 馬柄杓で, 馬泉と, 騒がす蛙

▼ 泉~ (163, 6.6%)

10 あって 6 ある, 湧いて 4 こんこんと, 湧き出して, 滾 3 あるの, 湧き出て

2 [11件] あれば, いいました, ふき出て, ゆるやかに, 何かを, 倣造した, 出て, 唐太常を, 流れて, 湧いた, 見えて

1 [101件] あった, あったと, あったの, あつた, あつて, ありさうに, ありました, あり堅い, あるいは弱く, あるそう, あるそこ, あるだろう, あるだろうかという, あるもの, えらいからと, ささやき, その中, その底, その眼, それほど遠く, そんな人間, できて, とつぜんに, ないという, にじみ出たところ, ひそめられ自分, ほとばしり出て, まだまだこれら一連, もくもくと湧き出し, わいて, わき出すよう, わき出ました, タドの, チュミク・ガンガー, 一つの, 一大事の, 一斉に, 丁丑の, 二十五間も, 作品全体を, 其時従学した, 其間に, 内から, 初めて活, 副島さんの, 又はじめた, 各の, 同一の, 地面から, 外部へ, 幾つか, 幾らか奇妙, 憤きだした, 批評を, 持って, 掘りぬかれた, 教えました, 文政二年の, 新たに, 方々に, 晩年に, 望まれる, 梅泉荘を, 棗形の, 死なんと, 流にな, 流れ出すまま, 涌き出したの, 涌き出したよう, 涌き出して, 涸れつくしたとき, 涸れ勝, 混, 湧きいかなる, 湧きだして, 湧き出した, 湧き出したよう, 湧き出たという, 湧き出るの, 湧く, 湯煙を, 潮の, 父の, 生じその, 田中で, 発して, 目ざめて, 破裂する, 神辺に, 私の, 竹田に, 肉欲の, 自分の, 豊かに, 近くに, 途を, 金色の, 開けるの, 頗る倨傲, 頤の, 鳴りひびい

▼ 泉~ (134, 5.5%)

3 涸れて 2 しきりに称讃, とめたるか, 元来毎, 又溢れ, 意気安閑として, 現に閣下, 神辺に, 莞爾と

1 [115件] あのまま, あらゆる形態, ありません, いたずらに, いつかその, いつから, いつまでも, いつもいつもわきて流れ疲れし, おろか溜り水すら, かなり古い, この旅先, これこそと, こんなに言つて, しんせつに, すぐには, そうやっ, その声, その後また, そ知らぬ顔を, たたえて, だん, ちゃくい, ついそこ, つきてか, とてもとてもふかく, とてもふかく, どこに, なぜかれ, ふたたび流れだす, まるで一つ, もちろんくい, もとは, ゆうべよりも, わらひ, アプレゲールの, ゴクゴクと, ザムであり, パリーの, 一筆庵可候と, 予が, 亡くなった青年, 人が, 人民の, 今新たに, 今日に, 伊沢氏に, 何とつきず, 余りに近, 其後復同じ, 力と, 北斎を, 即ち黄泉, 取りも, 和語にも, 嘉永元年に, 地の, 太陽の, 女だけに, 少し離れた, 床下へも, 当時の, 彭城彦二郎游竜彦二郎とも, 恐くは, 携えて, 携へて, 支那に, 文宣王の, 日から, 早く歿, 昔芥川龍之介論で, 欲の, 歎息しました, 正しいタド, 残念に, 毎日私の, 毒の, 水が, 水戸の, 氷の, 永くフランス, 江戸に, 江戸にも, 泉で, 流れ出るので, 海抜六七八米, 涸れはてて, 溢れるしぶき, 溢れ青春, 無尽蔵である, 盛夏にも, 盡き去る, 神の, 積み累, 空から, 竹田荘師友画録にも, 筆に, 聞いたこと, 自分が, 自分の, 見えず聞えずに, 見当りません狩人, 踏み躪, 遂に望む, 遐く, 酔ふと, 金沢であった, 銭に, 長崎に, 長崎の, 随分妙, 霊験イヤチコで, 霽れた, 非常に, 鳴りて, 鳴り響かざりし滝

▼ 泉~ (119, 4.8%)

49 や繁 5 も繁 4 の方 3 と繁, は弟 2 が屋外, が父

1 [51件] が事もなげ, が彼, が眼, が言った, が訊いた, が階下, ですら, に取っ, に繁, の人, の問, の噂, の声, の姿, の小学校, の意味, の机, の沈黙, の癖, の許, はどういう, はまた, はもう, はやがて, は一郎, は三年, は事もなげ, は困った, は庭口, は最早, は気, は父, は父親, は物, は眼, は着物, は祖母さん達, は繁, は義雄, は言った, へ送る, も二人, も庭, も眼, も笑い出した, や繁から, や繁なぞ, や繁等, をはじめ繁, を呼んだ, を言いなだめた

▼ 泉~ (113, 4.6%)

2 なって, もがく, 投影された, 涜が, 添うて, 頼りて

1 [101件] ありと, うけて, うつつて, うつる自分, かかる琴, かがみこんで, しずんで, したたる巨竜, して, ずっぷりと, その名, つけた, つたわって, なぞらえて, なるという, はきなれて, ひきつけられて, ひたしまたは, ひたつた, むかへり, もがく暑, やって, やどす眼, ゆあみする, よい字, よろこびを, ゐないの, 下らむとするを, 似た青空, 似て, 何か, 來て, 入りて, 入る時間, 出逢ったよう, 切れ或いは, 口を, 向かって, 向って, 吸い込まれるよう, 咲いた花, 喉を, 喘ぎよるが, 垂れて, 垂れぬされど, 堪能し, 多くの, 奠都し, 始終せせらがれ, 寄り乍ら感慨, 就きぬ, 当るから, 影を, 投ずるに, 映して, 映れる己, 映れる星影, 来た最初, 来ました, 棲む魚, 此べて, 水を, 沐浴し, 浴するよう, 浸して, 渇するの, 渇を, 満足した, 物の, 玉山を, 甘露が, 眺め入ること, 美が, 肌を, 臨むよう, 自分の, 至て, 落としたの, 蟻の, 行き水, 行けば, 行った, 見たま, 訳して, 話すこと, 誰か, 變ず, 變らせ, 足が, 躍入ろう, 身体を, 近い山林, 近い濕, 近づいただけでも, 近づきたちまち, 通りがかり何という, 達して, 遷都せよ, 都の, 頭を, 馴染は

▼ 泉~ (54, 2.2%)

2 なって, なつて, 云つて杉の

1 [48件] あつた, あつたの, あふれ肉, いいこれ, いう, いうと, いって, いつて, そこの, その年老, ちがって, なった, なったか, なったけれども, ならず, なりぬ, なり不可思議, なり悲痛, なり苔, なり黒パン, なる, なること, なるだろう, ほとばしる熱血, よび飲めば, わきぬ, 云ふも, 同化し, 同庚, 名づく, 呼んで, 宣っては, 小枝, 杉村の, 果物の, 森とは, 段の, 海と, 清水の, 湧く涙, 称す, 種々雑多, 草青き, 迸り母, 連立って, 関係の, 阿房鳥の, 音楽の

▼ 泉~ (48, 2.0%)

3 は言った 2 の一行, はすぐ, は訊いた

1 [39件] がそれ, が室内, が居る, が玄関, ですか, として置く, とは遂に, と本多, と知り合い, の, のところ, のやう, の家, の方, の註, はあ, はかれ, はなんだか, はひと, はまた, は一種, は何となく, は傍, は八月中旬, は冷やか, は実際, は思っ, は手, は早々, は更に, は海岸, は漁師, は無用, は田宮, は考えた, は自分, は薄ら寒い, も一緒, も本多

▼ 泉~ (48, 2.0%)

4 の店口 3 の隠居, の隱居

2 [12件] から出る, と宗次, と旅籠町, と書いた, に仇, の一家, の中, の御, の提灯, の本家, の表, の養子

1 [14件] で夢, という旅舎, にて一泊, に小島氏, に立っ, の老, の隠居二人, の隱居二人, へ入らう, へ入ろう, へ祟った, へ祟つた曲者, へ行った, へ行つたの

▼ 泉ちゃん~ (46, 1.9%)

9 も繁ちゃん, や繁ちゃん 3 の方 2 お出, も大きく

1 [21件] お留守居, がお, が六歳, が妙, が御, が打った, じゃん, だって好い, ですか, と一, と並ぶ, と来たら, にはよく, のお, のところ, のよう, の顔, はまだ, は根気, を知ってる, 好いもの

▼ 泉さん~ (41, 1.7%)

2 と私, は私

1 [37件] から聞いた, がいよいよ, がくださった, がここ, がこりゃ, が中学生三人, が亡くなった, が好き, が私, ですか, と一緒, と因縁, と日日新聞, と結婚, に眞中, のだるま, のところ, の奥さん, の持論, の死後, の死後イエ, の絵, の軽はずみ, の頭, は, はとても, は厭い, は彫金, は手短, は柳田先生, は緑青, まだ産室, も居た, も居られる, も肉親, を二番町, 御自身

▼ 泉鏡花~ (39, 1.6%)

86 の小説 2 といふ名前, の作品, の話

1 [19件] および我, がくる, がのみにくる, が先, が日本橋, といえ, と同じ, に傾倒, に加え, に思込, は加賀, は時々, も百姓, やエセ正宗白鳥, や森, や永井荷風, や江見水蔭, をし, をはじめ

▼ 泉先生~ (37, 1.5%)

5 の作品 3 の, の場合 2 の新作

1 [24件] が常に, としては隨分, にはそれ, にひけ, に敬服, のやう, のよう, の作中, の作風, の奥さん, の如き, の御, の描出, の眞, の藝, の藝術, は世の中, は文壇, は明治大正, は此, も亦, も里見さん, を擧げたる, 及び永井荷風先生

▼ 泉から~ (35, 1.4%)

3 水を 2 最大の

1 [30件] おのれに, すくいだして, ちょろちょろ流れ出す, つ, ひき離した, 一時に, 仏蘭西の, 月夜の, 来る水, 水が, 決して汲ん, 流れ出すので, 流れ出す清流, 流れ落ちる分秒, 海に, 清水を, 渇を, 湧いた情, 湧いて, 湧き出る水, 湧き流れるこの, 湧く不, 無限な, 白衣の, 百条の, 神を, 美が, 自然に, 苦力が, 茶道の

▼ 泉~ (35, 1.4%)

4 あつた 2 水を

1 [29件] あびて, いつも湧い, うるほし, おもちゃの, お眼, かねて, その傷, その量, なかしゃるで, よく洗ッ, 一秒間も, 出来ること, 唇と, 啼いて, 垢穢を, 堀内敬三先生の, 守られた門, 昔は, 汗ばんだ四肢, 汲んだ清い, 洗いますから, 現名珍珠泉, 神像は, 私は, 自分の, 遊んだ切り何, 雲と, 面積は, 飲んだ水

▼ 泉嘉門~ (32, 1.3%)

5 の屋敷 2 であった

1 [25件] がしっかり, だ, であったが, でござる, というお, という穢らしい, と申し, においてはしたたか, のいなくなった, のため, の娘, の手, の玄関, の珍し, の花, の近況, はそう, はただに, はなお, はよろめき, は仰天, は嘲る, へ弟子入り, ほどの人物, をいくら

▼ 泉~ (30, 1.2%)

2 いつて, 行きませんか, 行くこと

1 [24件] いって, いつたの, かえりました, かけて, むかって, 三十分以内で, 保養に, 出て, 出懸けて, 参って, 引きよせ私, 持たせて, 来ると, 案内した, 水を, 注いで, 着きました, 行く, 行くからね, 行く道, 行って, 身を, 飛んで, 馳着ける

▼ 泉殿~ (25, 1.0%)

2 に擬, のあたり

1 [21件] から池, から見送る, がま, とよぶ, にせせら, のほう, のよう, の住居, の使い女たち, の前, の廊, の春, の橋, の殿口, の灯, の芸, の門前, へ, へ伺っ, へ伺った, や釣殿

▼ 泉~ (24, 1.0%)

2 鉄斎も

1 [22件] あった, ありました, ありませんでしたが, すべての, ない, なかった, なく人ひとり, なく自然, なければ, みださず彼, わしには, エボリの, 一週に, 大雅堂, 始めて, 底が, 木蔭も, 涸た, 滝も, 牧童も, 築山も, 頂きも

▼ 泉鏡花氏~ (24, 1.0%)

3

1 [21件] が, がまだ, がよく, が喜ん, と逢っ, などは, にはじめて, に似, のご, のやう, の口, の名作, の小説, の影響, の書いた, の湯女, の芸術, の話, は二階, は好ん, をもお誘い

▼ 泉という~ (21, 0.9%)

3 のは 2 ものが, ような, 人は

1 [12件] のが, のも, のをの, ものに, 人が, 加州金沢の, 字の, 意味, 所には, 者を, 部落が, 郷党の

▼ 泉~ (21, 0.9%)

6 の川岸 2 の杜, の空, の藪 1 の絵はがき, の裏, へも行, へも行っ, や常盤橋, ノ方, ノ樹木空ニ舞ヒ上ル, ノ竹藪ハ倒レタリ, ノ路

▼ 泉鏡花先生~ (16, 0.7%)

3 の御作 2 の作品

1 [11件] こそは自分, である, に初めて, に逢, の, のお, のやう, の新作, は天賦, は我が, 並びに里見

▼ 泉~ (15, 0.6%)

1 [15件] そういうもの, そこに, 井戸よりも, 井戸水の, 国貞の, 小鳥の, 山風の, 普通の, 流れの, 湖に, 滝の, 白石川や, 蜜の, 釣瓶から, 黒石などは

▼ 泉屋一家~ (14, 0.6%)

4 を荒し 2 の大, へ仇 1 で荒し, で荒し残された, ばかりを狙, ばかりを狙う, ばかり狙, ばかり狙う

▼ 泉より~ (13, 0.5%)

1 [13件] いつも新鮮, いづ而, いでし聖なる, いで二, 出で, 出でて, 水を, 流れ出で, 流れ出る恩惠, 湧き出づる奥秘, 溢れいづる平和, 迸り出たこの, 造れるサイダア

▼ 泉~ (12, 0.5%)

1 [12件] ありや, する母岩, たりしなり, であって, なるもの, に至りし, は人間, は爰, は遠く, を発露, を造り, 涸れて

▼ 泉~ (10, 0.4%)

1 からの招聘, が読ん, に向っ, のこと, の宅, の招き, の解題, ははつ, はもう, は利用

▼ 泉~ (9, 0.4%)

1 か知らない, がきみ, が全く, というの, とかそういう, とする, と知りつ, な, ぽか

▼ 泉まで~ (9, 0.4%)

2 来ました, 汲みに 1 来ると, 行かなければ, 行きあの, 行くこと, 誘いよせて

▼ 泉小次郎~ (8, 0.3%)

8 親平

▼ 泉~ (8, 0.3%)

1 かと鼻, がいい, はリューマチ, は何, は清らか, は炭酸泉, もよかっ, も箱根

▼ 泉である~ (7, 0.3%)

1 その山, といっ, と伝え, と申さね, のに男, ものは, 生命の

▼ 泉鏡花さん~ (7, 0.3%)

1 と稲生武大夫, に, の, のお, の小説, も見えるでしょう, や鏑木清方さん

▼ 泉あり~ (6, 0.2%)

2 池あり 1 て湧きこ, て詩神等, アワラと, 広昌県

▼ 泉ある~ (6, 0.2%)

2 ためあの 1 こと知れ, 事を, 処に, 所に

▼ 泉なる~ (6, 0.2%)

1 ものが, を確め, 人より, 石根をも, 神, 聖母マリアダンテの

▼ 泉には~ (6, 0.2%)

1 どこまでも, 友人も, 悉く不純, 水が, 清ら白鳥も, 芙蓉の

▼ 泉~ (6, 0.2%)

1 がせせらぎ, ただ自然, の主観, の咽ぶ, は温か, 多きイデー山

▼ 泉豊洲~ (6, 0.2%)

1 が其師, が晴雪楼, が歿, に受けた, のあに, の門下

▼ 泉では~ (5, 0.2%)

1 あつた, ない, ないか, ないから, ないこと

▼ 泉とは~ (5, 0.2%)

1 こんな泉, したの, 徒然草に, 恐くは, 諸民衆

▼ 泉タクシー~ (5, 0.2%)

1 からまわされた, というガレーヂ, に電話, の前, へ電話

▼ 泉~ (5, 0.2%)

1 では城代家老はじめ六人, のある, の給仕, の長い, へ移った

▼ 泉刑部~ (5, 0.2%)

1 が立っ, というの, に自分, はすぐ, は大次郎

▼ 泉~ (5, 0.2%)

1 という本, との紅花墨, の菓子, へお菓子, もその

▼ 泉でも~ (4, 0.2%)

1 あるか, 何でも, 流れて, 稍古い

▼ 泉といふ~ (4, 0.2%)

1 ものでありまし, 人が, 男だ, 階上階下の

▼ 泉仙介~ (4, 0.2%)

1 がにじり出た, がふと, という越後, はすぐ

▼ 泉院様~ (4, 0.2%)

1 のお, のこと, の如く, を

▼ 泉こそは~ (3, 0.1%)

2 かすかに 1 なつかしいもの

▼ 泉ちゃん達~ (3, 0.1%)

1 が大きく, のこと, の大きく

▼ 泉として~ (3, 0.1%)

1 存在し, 性を, 湧きあふるるもの

▼ 泉~ (3, 0.1%)

2 んです 1 のである

▼ 泉ガレーヂ~ (3, 0.1%)

1 できく, へかかつ, へカイゼル髯

▼ 泉ヶ谷~ (3, 0.1%)

1 などと呼ぶ, の和子さん, の浄光明寺

▼ 泉三郎~ (3, 0.1%)

1 で前, は八百蔵, を舞台

▼ 泉~ (3, 0.1%)

1 なぞで, にもなつて, を経過

▼ 泉~ (3, 0.1%)

1 には比翼塚以外, へ行きました, まで一緒

▼ 泉岳禅寺~ (3, 0.1%)

1 の常法堂, はいう, は関東一

▼ 泉~ (3, 0.1%)

1 の助役, の小学校, の役場

▼ 泉~ (3, 0.1%)

21 の老大家

▼ 泉~ (3, 0.1%)

1 に与ふる, は備中国長尾村, 同寿太郎

▼ 泉~ (3, 0.1%)

1 のひろい, の雪岑, は陣貝吹

▼ 泉いったい~ (2, 0.1%)

1 にわたる日和見的, の潜伏勢力

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 作同, 作泉祐三郎などの

▼ 泉かと~ (2, 0.1%)

1 幾たびも, 見える

▼ 泉からの~ (2, 0.1%)

1 水が, 温熱の

▼ 泉であった~ (2, 0.1%)

1 のであります, 彼が

▼ 泉であるなら~ (2, 0.1%)

1 個性に, 最も用

▼ 泉とか~ (2, 0.1%)

1 古来名所の, 称されて

▼ 泉とかいふ~ (2, 0.1%)

1 のださうで, 待合は

▼ 泉とが~ (2, 0.1%)

1 あって, なければ

▼ 泉との~ (2, 0.1%)

1 ささやきに, 間に

▼ 泉とも~ (2, 0.1%)

1 いうべきで之, いうべき水溜り

▼ 泉とを~ (2, 0.1%)

1 見つけてからは, 較べて

▼ 泉なく~ (2, 0.1%)

1 して, 満山焦土の

▼ 泉など~ (2, 0.1%)

1 王国連見物に, 種々の

▼ 泉にまで~ (2, 0.1%)

1 溯らずば, 溯ること

▼ 泉にも~ (2, 0.1%)

1 すすめた, 喩へらるべきであります

▼ 泉によって~ (2, 0.1%)

2 自己の

▼ 泉ひとつ~ (2, 0.1%)

2 ないのに

▼ 泉ゆたか~ (2, 0.1%)

1 にあふれ湧く, に湧きいづる

▼ 泉をも~ (2, 0.1%)

1 取り入れて, 絶やすこと

▼ 泉一ぱい~ (2, 0.1%)

1 にふくらん, の水

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 と言いまし, なん

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 助十三, 精爽

▼ 泉乳虱接吻~ (2, 0.1%)

2 のあと

▼ 泉先生逝去後机辺~ (2, 0.1%)

2 の篋底

▼ 泉嘉門殿~ (2, 0.1%)

1 の十九, の屋敷

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 というところ, といふところ

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 は二枚, をかく

▼ 泉太等~ (2, 0.1%)

1 のこと, の眼

▼ 泉小太郎~ (2, 0.1%)

1 との対立, はこっち

▼ 泉屋さん~ (2, 0.1%)

2 を困らせ

▼ 泉屋本家~ (2, 0.1%)

2 へ曲者

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 に下ら, 深き井水

▼ 泉末雄氏~ (2, 0.1%)

2 の手記

▼ 泉村役場~ (2, 0.1%)

1 という札, の応接室

▼ 泉殿式~ (2, 0.1%)

2 の舞台

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 のそば, の渡し

▼ 泉流豐~ (2, 0.1%)

2 かなる

▼ 泉湧き~ (2, 0.1%)

1 倏忽自ずから, 流の

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 の遺, を有し

▼ 泉蔵寺大門先~ (2, 0.1%)

1 なる関谷安次宅地内, には大道店

▼ 泉親平~ (2, 0.1%)

1 といふ人, に劣らず

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 かに猛, かのイデー中

▼ 泉邸入口~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 泉~ (2, 0.1%)

1 と唱え, を建設

▼ 泉鏡花君~ (2, 0.1%)

1 で泉, は申されました

▼ 泉阿弥~ (2, 0.1%)

1 という筆名, となのり

▼1* [235件]

ひ寄り峡, 泉あたりの末流, 泉あるべしその水みなアペンニノ, 泉国芳の, 泉かつて掛けても, 泉くみませう, 泉これらの物, 泉ごとに一人, 泉さぐるとも, 泉さまがお, 泉さよならよい水, 泉さんあなたはカトリック, 泉じゃないか, 泉奉天省の, 泉すべての守護地頭, 泉それを殆ど知らず, 泉たちといっしょ, 泉たる愛を, 泉だの藤村だの, 泉ちゃん大久保だよ, 泉ちゃん氷レモンだぜ, 泉ちゃん皆で今あなた, 泉ちやんと猟坊, 泉であったろうとも考えられる, 泉であればある, 泉であろうしワサミ, 泉でさえその一つ, 泉でないことは, 泉というは待合で, 泉といったのは, 泉とかがありそう, 泉とくに枯れ, 泉とて素敵な, 泉なき砂に, 泉なす液汁や, 泉なほたらずけり歌, 泉ならねど, 泉なんかがはいって, 泉にぞ汲むと, 泉になつて湧き出し, 泉にばかりくっついて, 泉のみによって涵養される, 泉はじつと覗き込ん, 泉はじめて悠然として, 泉ばかり見下して, 泉ふたたび流れ灌ぎ, 泉へといつもやって来た, 泉ほとばしるあの金, 泉また英二の, 泉まではわずか七八分の距離, 泉流れて, 泉ものが幅, 泉ゆらゆら湧き上り, 泉いと浄, 泉よりも非芸術的, 泉らしい状景を, 泉わき緑の木陰, 泉エネルギー生命の源泉, 泉ペントランド丘陵などが気分, 泉リキュールフラン毛布西洋料理と明治開化, 泉一石昔ながらの, 泉三國の太守, 泉三郎忠衡が義経, 泉九谷方面では山代, 泉二ヵ国の領主, 泉井戸だつたの, 泉京子だ, 泉今川槐庵があつ, 泉今川槐庵及蘭軒が来り, 泉伊勢守も武人, 泉伝説がある, 泉侯劉豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 泉の伽藍等興隆, 泉倉人形のやう, 泉先生西宗は西洋画, 泉先生逝去後机邊の篋底, 泉という, 泉処向山黄村あの人たち, 泉刑部はじめ自分の弟子たち, 泉刑部らの前, 泉刑部等に一言, 泉前代生活の味, 泉北斎其他の漫画本, 泉南西葛城村が近江甲賀, 泉浣花道人とも, 泉及び祠あり, 泉という, 泉は就, 泉君たちはなんだか, 泉君らが出発, 泉君君は谷崎君, 泉含章氏小艇をもっ, 泉の四州, 泉土人の小屋, 泉に宿り, 泉この次, 泉にドンチャン騒ぎ, 泉の富家, 泉大きな事業を, 泉大和の船, 泉天佐藤節や東, 泉天嶺につかまり, 泉天嶺氏のいまだに, 泉太繁の兄弟, 泉太繁二子が時々, 泉太繁等は時々, 泉守りの仙女, 泉宗十郎は次席家老, 泉宗十郎のちに国老, 泉の別荘, 泉宿は寂然, 泉富子と情, 泉における夏季講話, 泉寺山孝女泉及び祠, 泉寺門前の料理屋角伊勢, 泉屋のが一番高級, 泉屋吉蔵という順序, 泉屋夫婦が離屋, 泉屋市兵衛のほう, 泉屋忠兵衛といへるくるわの, 泉屋敷で弓弦, 泉屋旅館に旅装, 泉という千二百米足らず, 泉或は湖, 泉に謁, 泉だの若狭屋, 泉と称し, 泉も今, 泉張掖の辺, 泉御本写之, 泉忠愛の妻, 泉恋白鳥王子妖精が眼前, 泉ひは, 泉採れども尽きぬ, 泉播州等であった, 泉敬虔な喜び, 泉斧太郎が此人, 泉というの, 泉蕭条兮烟霜新近山自, 泉明楽寺と北上, 泉有り泉有れ, 泉有るよし, 泉有れば必ず, 泉本多越中様だとよ, 泉村江此間の海岸, 泉杵時聞伊軋声, 泉松山龍門寺菅神みずから当社の御, 泉の手, 泉校長の声明, 泉で昼, 泉の一客室, 泉様方にて, 泉そのほか, 泉橋病院の若い, 泉歿後経数歳有母仍在, 泉殿東は二条三条, 泉にこの, 泉比良坂に引塞, 泉氏本城氏御兄弟, 泉氏横溝正史氏などその, 泉にある, 泉気分になつて, 泉といひ, 泉が造られ, 泉河湖に住む, 泉河湖沼のもの, 泉法寺の縁日, 泉浄澄にし, 泉涸れたりしかさらず, 泉という名高い, 泉なり, 泉温かである千頃, 泉湧き出で, 泉湧くところ, 泉溢れて巉崖, 泉の音, 泉滴ところどころに起り, 泉無尽蔵な希望, 泉の試みた, 泉燈籠築山などの数寄, 泉物語の詩, 泉病院遠からざれ, 泉相伝う唐, 泉祐三郎などの照葉狂言, 泉の源, 泉空庵氏手紙にて尾上菊五郎余, 泉立原翠軒野呂介石田能村竹田等は悉, 泉一の, 泉を持っ, 泉米津までの間平原, 泉老人から, 泉が縦横, 泉至って多くまた, 泉の類, 泉も香, 泉芥川の両君, 泉花さんの厭, 泉英七という人, 泉荒しの武者ブリ, 泉落て凹処降る, 泉蔵人形の顔, 泉蔵来話及其事意似譴魯皐, 泉蔵様始家内御一統, 泉蔵達の裔, 泉虎夫来りふたば, 泉のバス, 泉豊洲名は長達, 泉豊洲門人なり, 泉迸出す於是寛政十二年閏四月, 泉通りにある, 泉鉱飲料店を出し, 泉の原稿, 泉鏡花らの新作, 泉鏡花作婦系図の芝居, 泉鏡花先生作中の人物, 泉鏡花喜多村緑郎久保田万太郎などの諸氏, 泉鏡花喜多村緑郎鈴木鼓村市川猿之助松崎天民などで蓮, 泉鏡花子の, 泉鏡花島崎藤村芥川龍之介谷崎潤一郎佐藤春夫北原白秋室生犀星等いづれも, 泉鏡花川上眉山江見水蔭小杉天外饗庭篁村松居松葉須藤南翠村井弦斎戸川残花遅塚麗水福地桜痴等は日露戦争, 泉鏡花氏喜多村緑郎氏の他, 泉鏡花等は戦争小説, 泉鏡花饗庭篁村村居松葉戸川残花須藤南翠村井弦斎遅塚麗水福地桜痴等がその, 泉長達神保簡受遺言尽返之各, 泉を潜つて石階, 泉門池の北方, 泉院勝延行者の四人, 泉院殿黄鶴大居士安永五年辰正月, 泉除川として一種, 泉の産, 泉静養せむためなり, 泉顯藏氏と赤木氏, 泉鳥居清峰らは不幸, 泉鵠裸体の美人, 泉鶺鴒があそん