青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「河岸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~ 河内~ 河原~
河岸~
河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 治療~ 沼~ ~沿う 沿う~

「河岸~」 2300, 22ppm, 5208位

▼ 河岸~ (787, 34.2%)

17 方へ 10 先生だ, 柳の 8 先生 7 柳番屋の 6 ほうへ, 方から 5 柳は 4 ほうから, 上の, 佐吉は, 先生です, 家の, 景色を

3 [11件] お園, 上に, 丘の, 八新に, 家を, 小店の, 柳並木の, 渡し場の, 石垣の, 船宿の, 軽子

2 [69件] お濠, これこれと, ところに, ほうは, ような, ように, マロニエの, 上で, 上へ, 下屋敷へ, 中でも, 住居では, 佐吉と, 佐吉も, 佐吉を, 佐吉親分に, 先生の, 先生も, 先生よ, 先生よう, 公園へ, 前へ, 前を, 割烹店の, 半九郎, 古本屋で, 吉田の, 名は, 問屋の, 夜ふけに, 夜露を, 女橋から, 宵明りを, 家並が, 屋敷へ, 屋根を, 川の, 斜面を, 方に, 方へと, 方より, 方を, 方角から, 材木置場へ, 柳も, 桟橋の, 桟橋へ, 橋の, 橋を, 浦島, 浦粕亭で, 渡し鎧の, 源介の, 石置場百貫あまりの, 空地へ, 美しい灯, 美倉屋の, 脇の, 舟の, 船宿から, 葦の, 街灯の, 裏長屋の, 角に, 通りを, 連中の, 道傍で, 風情と, 高品さんの

1 [523件 抜粋] あかしや, あたりから, あたりで, あたりに, あたりまで, あたりを, あちこち, あちこちに, あっち側で, あのうち, あの妓, ある町, おじさんが, おじさんと, おじさんは, おでんやには, お前の, お宅, お家も, お屋敷, お母さんが, お玉が, お船蔵, お茶屋に, かくれ家, かなたは, かもめの, さびしい村, すし屋が, せいかな, その栗木屋, そば, そろいの, でっぱりの, ところには, どよめき畳町五郎兵衛町あたりを, は同じ, ふうである, ほうで, ほうに, ほうの, ほうまで, まぐろの, まぢかを, やうな, やつらは, よく見える, アラビア人の, アンパッス二十七番地の, オルセェ駅から, クルーゲルの, グルノオプル市の, コンクリートの, サラトフといふ, ジョホールへ, ツクという, バラックも, パレス, プロムナアドへ, ベンチの, ホテルへ, モダン乙姫と, レストランで, レストラントで, 一寸した, 一枚の, 万華寺という, 万華寺の, 三周など, 三國屋で, 三國屋に, 三國屋は, 上, 上には, 上を, 下に, 下の, 並みぐらの, 並み藏の, 並倉の, 並木の間からは, 並木の間を, 並木も, 並蔵の, 中は, 中へ, 中島先生に, 中村梅車なる, 中橋本邸へ, 中洲よりの, 丸清と, 丸清の, 丸石に, 乾いた道, 乾物屋から, 亀長から, 事務室を, 二三春の, 二階へ, 人々も, 人が, 人生, 人通りの, 人通りも, 人間に, 人間は, 人間も, 仕事場に, 仕出しが, 伊達遠江守邸に, 伝統を, 住のちに, 作事場から, 侍に, 倉庫そして, 倉庫と, 倉庫の, 停車場から, 停車場に, 側で, 傾斜わずか, 兄弟か, 光電社へ, 八新, 公休で, 公園にも, 公園を, 公園出, 兵営の, 其処彼処で, 内儀へ, 写生を, 凹凸の, 前で, 前には, 前まで, 北側には, 午前四時曙の, 印象は, 危険な, 原っぱが, 取つき, 古いプティー・ムュスク街, 古本屋が, 古本屋は, 古絵葉書屋, 右を, 叶屋の, 吉田と, 吉田という, 吉田とは, 吉田幸之助という, 向こう側で, 向こう側に, 呉服問屋へ, 商売を, 四五間目で, 団子屋の, 国技館の, 圓朝の, 土の, 土までは, 土産屋で, 土蔵の, 地名, 埋立辺に, 堀に, 堤防に, 堤防を, 夕まぐれや, 夕風で, 外科医は, 夜の, 夜道小雨の, 夜鷹小屋そこらを, 大建造物, 大木の, 大竹という, 大道路, 大邸宅, 太田媛神社の, 太陽は, 太鼓と, 奥に, 女, 妹の, 官衙の, 実家に, 実家の, 客などに, 家々には, 家々の, 家から, 家が, 家で, 家でも, 家へ, 家並には, 家並の, 家並も, 家畜病院の, 宿屋を, 寂しく郊外, 富士見楼で, 寿司の, 小屋に, 小砂利, 小高いところ, 小鰺, 小鰺売, 屋敷から, 屋敷と, 屋根でも, 屋根は, 山善とかいう, 崖に, 川ぞいに, 川に, 川にさえ, 川にも, 市場は, 市川権十郎の, 平底船へ, 広場が, 広場に, 広場の, 店から, 店の, 店は, 建物に, 張見世を, 役所の, 御船御殿という, 怪物か, 悪僧は, 情緒を, 所で, 所番地を, 手前の, 手摺に, 改築せられた, 料亭に, 斥候が, 断崖に, 新しい地蔵堂, 新しい家, 方からと, 方からの, 方とかで, 方にでも, 方へも, 方まで, 旅館みつよし, 旗亭稲垣にて, 日の, 旦那の, 明け暮れ, 景色に, 暗い所, 暗まぎれ, 曲がり角で, 更科へ, 月夜の, 朝の, 朝焼けに, 朝霜に, 朧ろの, 木影に, 木魚庵という, 本家を, 本願寺境内に, 材木やは, 材木屋の, 材木屋を, 材木納屋から, 材木置場から, 村で, 松原あたりは, 松平相模守屋敷に, 枯柳は, 枯蘆の, 柳が, 柳に, 栗木屋っていう, 桃井の, 桟橋まで, 森に, 森蔭や, 楊柳の, 榧寺には, 様子も, 模様も, 横町が, 横町に, 樹が, 樹に, 樹の, 樹帯の, 樹木は, 樽屋の, 橋場から, 橋袂に, 檀那と, 檀那とも, 檀那御機嫌宜しゅう, 櫨の, 欄壁に, 欄干に, 欄干側へ, 正造の, 此方の, 歩道に, 毛彫安が森治から, 毛抜鮨深川横櫓の, 水に, 水泳場の, 水際まで, 氷室の, 河原で, 河太郎, 河太郎てんが, 河風に, 泰明小学校へ, 泰明小學校へ, 洋服屋へ, 洋館の, 洞窟と, 洞窟に, 津藤が, 津藤と, 津藤の, 淋しいあたり, 淋しいところ, 渡し場では, 渡に, 渡を, 渡場にも, 渡船を, 源さんが, 源吉, 潰れた女郎屋, 濠端の, 灌木の, 火の手が, 火の見櫓から, 火事って, 火事と, 炭問屋の, 燕の, 父子を, 物ばかり, 物揚げ, 猫柳や, 生活なども, 田川堂で, 町家の, 番屋へ, 病院, 病院に, 百本杭に, 百本杭の, 眞暗, 真顔が, 真顔でございます, 眺め, 眺めが, 眺めさ, 眺を, 石だたみや, 石の, 石垣が, 石垣に, 石垣は, 石垣伝いに, 石垣傳ひ, 石崖の, 石崖伝い河の, 石畳の, 石疊の, 石置き場の, 石置き場まで, 砂利場へ, 砂利置場へ, 砂揚場の, 砲兵工廠の, 磨硝子脊に, 秋の, 称が, 稲荷の, 空, 空から, 空へ, 空地へと, 空荷を, 窓の, 竃屋の, 端れ, 端を, 竹の, 竹藪へ, 笹巻の, 箱にも, 箱を, 米屋村勝という, 粘土層を, 紀伊家下屋敷に, 紅葉も, 紫, 緑地遊歩場を, 群の, 義太夫の, 者から, 者に, 者や, 育ちである, 胸壁に, 胸壁にも, 胸壁の, 腸拾い, 自身番を, 船から, 船場まで, 船宿へ, 船宿小松家と, 船源さんな, 船源って, 船頭は, 若い者, 若い衆もう, 茶めし屋の, 茶屋の, 茶店に, 草の, 荒廃した, 荷あげ, 菩提樹の, 葬具屋に, 薪の, 藪の, 蘆間に, 蛇籠の, 行き倒れを, 街角から, 西洋料理屋兼カフヱに, 西辰と, 見せ物小屋です, 親方かと, 親類が, 親類の, 角から, 角が, 角まで, 豊島屋の, 買い出しを, 買出しから, 賑かな, 路に, 路地に, 軒並が, 辺に, 辺りの, 辻番だ, 近くまで, 通りへ, 道に, 道には, 道を, 道路を, 邸から, 邸の, 邸内から, 邸内に, 部屋へ, 酒屋の, 酒席に, 金原館時代, 釣舟師舟辰だった, 錺屋に, 鏡心明智流の, 門へ, 間にあって, 闇で, 闇へ, 隅に, 雨, 雨露は, 青い草, 青大, 風に, 風呂屋女に, 高壇, 魚の, 魚揚場から, 鮨は, 鮪の, 鰹生, 鰺売る, 鰻屋へ, 黒い倉庫, 黒まった

▼ 河岸~ (323, 14.0%)

9 立って 7 沿って 6 出て 5 住んで, 沿うて 4 二本の 3 添って, 舟を, 船を, 近いところ

2 [17件] ある洋食屋, いたじぶん, いた当時, いて, つないで, 付いて, 佇んで, 住み東湾汽船, 囲って, 大勢の, 来たとき, 来ると, 沿うた裏家根, 着いて, 立つて, 近い水, 面して

1 [241件] あった, あったもの, あった八ツ橋団子, あった梶平, あつた, ありさして, あり裏, ある, ある一軒, ある始発駅, ある小, ある本多伊予守頭取, ある材木薪, ある林, ある石屋, ある紀州屋敷, ある製材所, ある部屋, いた川長, いた師匠, いって, いるじぶん, いる山口善右衞門, いる洗濯女, かからうと, かならずやつて, さしかかっても, さまで高から, ずっと将監橋, そって, たたずんで, ただずみ水を, たつ材小屋, ちッちゃ, ついたもと, ついた四五艘, ついてるの, つきて, つきましたの, つくと, つづき柳原, つないだこの, つないだぼろけたモーターボウト, つらなるパリ, とばさなかったこと, なければ, なほ物見る, のぞんだ横町, のぼる日, ぶっ倒れ, へたばって, へたばり着いたまま, まぐろが, まわると, むかって, やつて, わたくしの, ゐた故人柴田是, ゐる百姓, トウキオという, 三月の, 上げられたの, 上げられてからは, 上げられるまでに, 上る前, 上陸させね, 不規則な, 並べて, 並んだ古本屋, 並んだ小屋, 並んで, 中村梅車とかいう, 乞食が, 事務所を, 人の, 人目を, 仮住居, 伊能一雲の, 位置を, 住し, 住まって, 住みし時, 住む日本美術, 住む町家, 住む詩人, 來る, 出ず, 出た, 出たとき, 出ると, 切結んだ時, 到着せられたる, 十四五軒あっ, 古い伝馬船, 古本の, 向いて, 向けはじめた, 向った角店, 在りました, 坐って, 坐り暗い, 城壁を, 墜落し, 多し, 大代地, 妾宅を, 始めて, 寄った所, 寄った方, 寒うひびらく音す, 小さい藁屋根, 少くとも, 居るよう, 帰った, 帰り父, 帰ろうとして, 幾箇かの, 建って, 廻しました, 引き始めた, 引付けられた, 当る辺, 復た, 心中の, 忍ばせて, 急造した, 惨殺され, 懸って, 懸つて, 戻って, 打揃つて, 掛る, 控えて, 揃つて荷の, 散って, 散布する, 数歩を, 日田米を, 材木が, 来たの, 来て, 殘せし, 水面に, 沈められた, 沿い万世橋, 沿うたままビイル會社, 沿うた所, 沿った一劃, 沿った袋小路, 沿つて歩い, 沿ひ, 沿ふて建てられた, 泊って, 流れつく木, 流れ着いた若い, 海苔が, 涙を, 添いながら, 添うて, 漂いよった生活, 濳み, 灯が, 片寄せられた浚渫船, 生い茂って, 異彩ある, 當る, 白い壁, 着いた, 着いてから, 着くこと, 着く筈, 石の, 石材木積置し, 積まれた空箱, 積み上った車, 積んで, 突っ立った, 立った腰, 立ってるパークス, 立つと, 立てかけし竹, 立初める, 立止まっ, 竹を, 等しい小, 繋いで, 繋がせて, 繋って, 繋留し, 繰り返されるの, 聳え立つある, 育ったので, 育ったもの, 育った女, 至る七, 舟が, 舫って, 艤し, 花火が, 莢を, 落ち合つて, 著く, 藺草の, 蟠って, 行きそこ, 行った, 親子の, 誰かが, 豐島屋十右衛門と, 近い吉良家, 近い方角, 近い路地, 近い門, 近い露路裏, 近い黒い物体, 近く舫って, 近づいて, 迫って, 連なり続く土蔵, 連る, 進んだ, 遊んで, 運んで, 避難した, 険しい所, 隱宅立て, 集まった人数, 集まつた人數, 雲集する, 静ない, 面した家並, 面した庭, 面した長方形, 響きわたった, 頑張って, 風呂屋と, 飛びました, 駆けて, 駆け出し漕ぎ手, 魚くさい, 鮪が

▼ 河岸~ (207, 9.0%)

9 歩いて 8 かえて 5 あるいて 3 両国の, 散歩し, 歩きながら, 走って, 通った, 通って

2 [12件] ぶらついて, 変えたの, 変えて, 変えると, 山谷堀に, 換えて, 歩いたか, 歩む, 練り歩いて, 通りかかると, 通りぬけた, 離れて

1 [143件] あとから, いかつい影, かえた, かえましょうよ, かえるん, かえ体, かけ回り互いに, こうして逍遙, さまよ, すこし歩い, せせって, ぞめいて, でた乾鰯船, はなれた, ぶら, ぶらついた, ぶらついた事, ぶらぶらと, ぶらぶらゆく, ぶらぶら帰っ, ぼんやり眺め, まだら, みたる遠見, ゆく人, ゆく往来, よく流し, ブラブラ公園, 一と, 一周し, 一廻りし, 一散に, 一日買ひきつた, 万遍なく, 上手へ, 上流の, 下へ, 二つ目の, 二丁目の, 五六丁ほど, 代えたところ, 代えたらいい, 代えて, 代えよう, 代表する, 伝うて, 伝って, 伝つて新大橋を, 使って, 使つてゐた, 修繕し, 先へ, 兩國の, 出抜けるの, 厩橋の, 去って, 向いた裏通り, 回って, 回つて鍛冶橋を, 土手に, 変え, 変えた, 変えたそう, 変えたらしい, 変えたらどう, 変えようぜ, 変えようという, 変へ, 変へて, 変へての, 奔走し, 尋ねまわりセザル塔, 尾行て, 左右の, 左手に, 廻って, 廻りクラースヌイ・プロシチャージ, 影の, 往復する, 思いだして, 急いだ, 振り顧, 換えたの, 散歩する, 散策し, 数寄屋橋の, 新大橋へ, 更える, 替えて, 替えなければ, 替えます, 替える, 替へた, 柳橋の, 橋の, 歩いた, 歩き出した, 歩み築地, 歩もう, 歩るいて, 水茶屋の, 洗い流すので, 洗って, 流して, 流す声色屋, 浸して, 渡れば, 的も, 目ざしました, 目指して, 眺めやった, 突いた舟, 米租界の, 色どる, 花川戸の, 行く, 行ったり, 襲って, 西に, 西へ, 見て, 見ると, 見廻した, 警戒させ, 變へ, 變へて, 追った, 逍遥した如く, 逓信省の, 通っても, 通りかかったの, 通り三疋の, 通り掛ると, 通り過ぎる時, 通ると, 通るの, 通る人, 進んで, 過ぎて, 陽氣に, 離れたコルシカ島行き, 難波橋の, 馬車で, 駈け抜けて

▼ 河岸~ (197, 8.6%)

11 出て 7 出た 6 かけて, 行って 5 出ると 4 出る 3 いった, いって, 出るの, 船を

2 [11件] おびき出して, つくと, 下りて, 出かけて, 廻らせながら, 戻る途中, 河岸へと, 越して, 逃げだしたという, 運び出す, 降りて

1 [124件] あがると, あつまって, いったまま, いっぱいに, きて, ついた, つけようと, とって返した, とびだすと, ぬけ寒橋, はいった, まいりまして, もう四分, やって, やって来ました, やれ, ゆき雨, よせる水, 一荷ごとに, 上って, 上つ, 上りました, 上りましたそう, 中る浪, 伝って, 來る, 光った, 出たが, 出たところ, 出たの, 出たもの, 出ました, 出ましたので, 出ますと, 出られ南, 出る角, 出る間, 出到津, 出向いて, 出張って, 到着した, 参りますゆえ, 反らした, 吸いつけられるよう, 呼びだして, 呼び寄せたと, 大層着いた, 居酒屋の, 屋根舟を, 帰って, 廻って, 廻ると, 引きかへ, 急がせた, 手を, 投げこんだの, 抜けると, 持って, 捨る, 掛けた橋, 揚げて, 旅の, 曲った所, 曳き上げるには, 来たの, 来て, 来るまでの, 来る度, 止った時, 流れ着いた妊娠, 涼みに, 渡して, 渡って, 渡んな, 漕れ, 火が, 疾走した, 着いたという, 着いたばかりの, 着いた帆柱, 着かず神田川, 着きましたが, 着く, 着くと, 着けて, 着けようと, 立上りますに, 箱丁を, 繋けて, 置いたなりに, 置くから, 膝を, 荷役の, 荷揚げに, 落ちた, 落る, 行き砂, 行く, 行くと, 行く度, 行く肴屋, 行け早く早く, 行った, 行ったの, 行つたのは, 見に, 誘って, 買出しに, 走る土地, 退って, 逆とんぼ, 這い上ると, 通う物揚場, 通って, 通つてゐた, 通ふ, 遁げた, 運ばれて, 運ぶの, 運んで, 釣りに, 風変りな, 飛び弁天, 鮪が

▼ 河岸~ (82, 3.6%)

2 ハタと, 仕掛花火, 夜網に, 石原の

1 [74件] あの傳三, あんな事, うまうま, お敏, お船藏, お蝶, かごを, きょう仕入れた, くれて, しよつちゆう艶, それを, ひびくの, ぶっ込み, やっとうるさい, ゆっくり腰かけやす, よく釣り, カーンカーンと, ジプシイの, ジャコウネズミが, 一寸息を, 一斉に, 一番首を, 一頭の, 丁度亀清, 七八軒米屋が, 上げる, 云ったじゃ, 今日仕入れた, 仕出しを, 初めて聞いた, 別れました, 十尾釣れた, 堀に, 多吉に, 夜船を, 天地は, 妙な, 妹は, 子供達が, 家の, 小用を, 屁十と, 島へ, 彼に, 待ってる, 悪人たちが, 拾った品, 拾つた品だ, 昨夜は, 書院の, 朝早く, 果物売の, 植木職の, 止まりました, 武家を, 洋服の, 火は, 生れました稀代, 男の, 私が, 私たちは, 窓ぎわに, 紙砧の, 緩い傾斜, 腕まくりを, 若いうぶ, 荷揚の, 見たが, 見た侍, 逢ったの, 遊んで, 食料品を, 高見の, 鮪でも

▼ 河岸から~ (68, 3.0%)

2 堀について, 百メートルほど, 石原へ, 芝浦品川沖の, 駒形まで

1 [58件] あがって, あの邊一帶, おみつ, お吉, ごちゃごちゃと, しきりに手巾, すぐ車, そう遠く, やってきた, ドロンを, ヴォルテール河岸に, 一筋に, 上り道突きあたる, 五六町と, 仕入れて, 伝奏屋敷の, 出発し, 取り寄せて, 吹く度び, 大名屋敷へ, 大川の, 大川へ, 安治川へ, 小舟を, 少し岐, 岸本の, 川の, 帰ったおせん, 帰って, 新富町の, 新来の, 旅館を, 早船を, 明神下は, 本願寺の, 来れば, 桟橋で, 河岸と, 流れの, 浜町附近の, 漕ぎもどして, 眺めると, 矢の, 石垣づたいに住居へ, 米屋の, 聖天町の, 舟に, 艀舟に, 花火を, 買って, 身を, 轉げ込んだ, 追っかけて, 追つかけ, 雉子橋ぎわまで, 飛び込みそう, 鯨を, 龍閑橋鎌倉河岸に

▼ 河岸まで~ (54, 2.3%)

3 持って 2 いって, 一杯の, 息も, 曳き戻されたの, 水汲み, 通じて

1 [39件] お客を, やって来た, やって来ると, わざ, 下って, 両側の, 來りたれ, 円タクを, 出る, 参ると, 同じお, 四五丁歩む, 押し出した群集, 担いで, 揺られて, 来た, 来たけれど, 来たもの, 来て, 来ましたが, 来ると, 来るとも, 来るの, 歩きに, 泳ぎ着いて, 焼け抜けて, 着けると, 能く, 若旦那様に, 行くの, 行って, 買いに, 追っかけて, 送って, 送られて, 遠いが, 遠いその, 青年を, 馳け

▼ 河岸~ (49, 2.1%)

9 ぷちに 5 ぷちの 4 ぷちを 3 ぷち, 縁に 2 ぷちの家にでも, 縁で

1 [21件] ぷちだけに見当を, ぷちで, ぷちで開け放した, ぷちにとまっている車の, ぷちのおでん屋の, ぷちのそのお湯屋の, ぷちのは鳶人足や, ぷちへ, ぷちへでも, ぷちまで, ぷちをまっすぐに亀久橋を, ぷちを上へ, ぷち千坪ばかりの, ぷち道を, 端で, 端へ, 端まで, 縁うっかりする, 縁の, 縁は, 縁へ

▼ 河岸~ (37, 1.6%)

2 また静か

1 [35件] いつも見る, おれっ, その青年, そんなに荒涼, とうに通, どこでも, どんな工合, なつかしきかな, トップリと, 不漁で, 人通りも, 低く流れ, 何んと, 古河の, 埃溜を, 夏は, 大博覧会, 大名下邸の, 宗右衛門町で, 宗右衞門町で, 小船への, 岸本であった, 平沢旭山が, 掘割に, 掘割り, 暗し頃, 松, 船舶の, 花道では, 身動きも, 鈴木作右衛門に, 霜が, 露を, 静かであった, 香りを

▼ 河岸通り~ (36, 1.6%)

2 に沿っ, に面し, をも元

1 [30件] で待合せ, には, にはちら, には人通り, に向いた, に青い, の人々, の古道具屋あたり, の右, の店, の本屋, の端, の花売娘ら, の見える, の観世物小屋, の静か, は暴風, は片側町, は追い羽根, へ出た, みくら橋, や古い, をからから, を北, を去っ, を右, を夢想, を急い, を此方, を過ぎる

▼ 河岸には~ (33, 1.4%)

2 コンクリートの, 石垣の, 通船が

1 [27件] あの婆さん, いっぱい食物, いつも渡船, お幾, これが, もうプラターヌ, 一つの, 三囲り, 上州の, 二人の, 二人並ん, 今しがた數艘の, 今以, 仮小屋, 墓地が, 日本全国から, 柵を, 氷を, 涼しそう, 灯が, 税関の, 職業組合の, 警護の, 酒造家の, 釣を, 雪の, 魚十という

▼ 河岸~ (33, 1.4%)

2 のみならず, を歩み, を西

1 [27件] から人通, から築地, から風, が向う, なる破笠子, にあった, にある, にて五世音羽屋宅, には日暮, には昔, に主, に向った, に続く, に行燈, のとある, の人家, の夕照甚佳, の小玉亭, の格子外, は倉庫, へしかも, よりも案外, をぞめい, をば大声, を歩みつ, を見下し, を通っ

▼ 河岸~ (21, 0.9%)

2 この堀

1 [19件] いう, いった, きまったん, こっち河岸, なって, やがて吾妻河岸, よばれて, よばれる辺, 其中通とが, 出て, 向かい合った所, 呼び来, 変らなかった, 川とを, 橋の, 河岸づたいに二つの, 牛込見附の, 陸上を, 飯田町の

▼ 河岸~ (21, 0.9%)

1 [21件] で眼前, に, には鍋焼饂飩, に一人, に真黒, に立ちどまりました, に蹲ん, の三日月長屋, の家, の方, の蟹, へ出, へ切れ, へ来, へ車, を帰ろう, を新内, を襁褓, を西瓜, を赭, を走っ

▼ 河岸ぷち~ (18, 0.8%)

2 を歩い, を歩く

1 [14件] がそう, で買い求めた, には深夜, に佇ん, に屈みこん, のこと, の向う, の方, の柳, の砂利場, へ出, を深夜, を行っ, を離れ

▼ 河岸ぶち~ (16, 0.7%)

2 に出, へ案内

1 [12件] に佇ん, に大きな, に寄っ, に悄然, の博士邸, の石垣, へ出た, を散歩, を歩いた, を見廻し, を通りゆく, を駈け

▼ 河岸~ (12, 0.5%)

1 [12件] あろうとは, いいわ, そんな出たら, だんだんと, もう一度岸本, よくみえる, ダラダラ坂, 三十メートル突きだし, 崩されて, 目に, 誰の, 通れるよう

▼ 河岸~ (11, 0.5%)

1 [11件] お祖母さんが, 万年の, 兜町の, 林の, 橋に, 橋梁を, 此方の, 町の, 蘆の, 隅田川べりに, 魚河岸を

▼ 河岸~ (9, 0.4%)

2 縁に 1 ぷちで, ぷちで開け放した, ぷちにちらばつてゐるその側らの, ぷちの, 端で, 端へ, 縁は

▼ 河岸では~ (9, 0.4%)

2 三十六号船の 1 二十世紀の, 人々が, 盛んな, 筏を, 評判でした, 酒屋の, 鷄の

▼ 河岸あたり~ (8, 0.3%)

2 に又 1 であゆ, で待っ, にもやっ, に続い, のいき, は憚

▼ 河岸~ (8, 0.3%)

3 に何紫 1 に三百二十八人, に上つて一夜, に坐っ, の二階, の勤め

▼ 河岸~ (7, 0.3%)

2 勿論 1 このあいだ, すでに炎々, 月を, 焼けてるのね, 見えないほど

▼ 河岸ッぷち~ (7, 0.3%)

1 です, に名物, の空地, の闇, へ, へバラバラ, を風

▼ 河岸でも~ (6, 0.3%)

2 特に釣り師 1 そう恥, 心配し, 旧い問屋, 葉は

▼ 河岸にも~ (6, 0.3%)

2 大根畑にも, 昔に 1 やって, 籠を

▼ 河岸へと~ (6, 0.3%)

1 ねって, 張りだされて, 急ぐ便船, 水に, 舟遊びに, 降りて

▼ 河岸近く~ (6, 0.3%)

1 でその, にも材木屋, の一帯, まで来た, まで行ったつき, を進ん

▼ 河岸~ (5, 0.2%)

1 から新宿, であるから, の往来, の茶店, へもいらっしゃいません

▼ 河岸すじ~ (4, 0.2%)

1 の稼業, は便船, を夜な夜な, を振り

▼ 河岸ぞい~ (4, 0.2%)

1 などは一時, にゆく, に急い, に歩い

▼ 河岸づたいに~ (4, 0.2%)

1 この船, 帰って, 追って, 送って

▼ 河岸という~ (4, 0.2%)

2 のは 1 ところで, 一枚の

▼ 河岸とは~ (4, 0.2%)

2 反対の 1 そう遠く, 大川より

▼ 河岸について~ (4, 0.2%)

1 かけ出した, サン, 赤煉瓦の, 走って

▼ 河岸にて~ (4, 0.2%)

1 出会いました人物, 失ひ又重箪笥二棹, 木造の, 見せ物小屋の

▼ 河岸までは~ (4, 0.2%)

2 目を 1 京橋を, 柳原の

▼ 河岸一帯~ (4, 0.2%)

1 がどよめい, にどうして, の竹藪, は百本杭

▼ 河岸~ (4, 0.2%)

1 だけむかし三叉, のテーブル, の洋館, は荷揚げ小屋

▼ 河岸沿い~ (4, 0.2%)

1 の一棟, の宅, の易者, の水

▼ 河岸~ (4, 0.2%)

1 で師範, には小, の川長, の御

▼ 河岸なる~ (3, 0.1%)

1 さかさ, 梅若能楽堂跡に, 椎の木屋敷の

▼ 河岸ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく遊びつけ, 多い暗い道, 漁つて歩く

▼ 河岸より~ (3, 0.1%)

1 下流に, 大川の, 橋場の

▼ 河岸ツ縁~ (3, 0.1%)

2 を歸 1 を眞

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

1 両国だ, 両国橋だ

▼ 河岸じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんね, ねえか

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

1 し隣, とぬかしゃがる

▼ 河岸だけ~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼ 河岸である~ (2, 0.1%)

2 が岩

▼ 河岸です~ (2, 0.1%)

1 から簡単, から隅田川

▼ 河岸での~ (2, 0.1%)

1 人殺しそこへ, 喧嘩の

▼ 河岸どおり~ (2, 0.1%)

1 から姿, をへだて

▼ 河岸などを~ (2, 0.1%)

2 通れば

▼ 河岸なみ~ (2, 0.1%)

1 の白き, は赤き

▼ 河岸なら~ (2, 0.1%)

1 この不思議, 蛤河岸さ八幡前不動前これが

▼ 河岸ふち~ (2, 0.1%)

1 の平, を歩い

▼ 河岸への~ (2, 0.1%)

1 安宅の, 径を

▼ 河岸今日~ (2, 0.1%)

2 の東京劇場所在地

▼ 河岸伝い~ (2, 0.1%)

1 に吾妻橋, の新道

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

1 の庇, へ運びこん

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

2 里の

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

1 へ来た, を二の橋

▼ 河岸寄り~ (2, 0.1%)

1 のその, の向う側

▼ 河岸~ (2, 0.1%)

1 は儀十, は入口

▼ 河岸牛込揚場~ (2, 0.1%)

2 の河岸

▼1* [116件]

河岸あの山あの, 河岸からやにわと大川へ, 河岸きりでお, 河岸ぎわに佇ん, 河岸ぎわですがねその飛び離れた, 河岸ぎわに一軒と二カ所, 河岸ぎわのほうへどんどんと歩いて, 河岸さまがお, 河岸さ八幡前不動前これが富岡門前, 河岸しだれ柳の下, 河岸その他に於, 河岸それから斜めに, 河岸だけで別れる口実, 河岸だってこの位, 河岸だの多町だの, 河岸ちかく三方を, 河岸や後日おと, 河岸つきの引っ, 河岸つづきの竹林, 河岸つづきで河岸には, 河岸づたいにまっしぐらに飛ばし始めた, 河岸づたいに二つの影, 河岸づたいに五明楼の庭, 河岸づたいに道を変え, 河岸づたひに歩みを運ぶ, 河岸づたひ羊の歩む, 河岸といったじゃねえか, 河岸とか吉原や, 河岸とがこたえ合って, 河岸とにいっぱいに, 河岸との間に, 河岸とを持つ大きな, 河岸ながら手に, 河岸なぞへ行っ, 河岸などでした, 河岸にかけて諸大名, 河岸にまで来て, 河岸のみならず灌田, 河岸のよしず張り, 河岸はたまた海, 河岸ぷちでささやかな商売をし, 河岸ぷちの家に戻る, 河岸へなど持って, 河岸へは着けないと, 河岸へまでも回って, 河岸べりにうち, 河岸までのして, 河岸まではものの十歩とは, 河岸みたいな飛び離れたところ, 河岸むこうへかえる, 河岸もうすっかり暗くなっ, 河岸もうすつかり暗くな, 河岸よりにひとかたまり旧, 河岸をかへた時期である, 河岸をかへた頃, 河岸をかへてバルカン方面で, 河岸をばもう四年以来, 河岸ッぷちでおれと天堂一角, 河岸ツ端まで歩きました, 河岸一体にまでその, 河岸一軒は赤坂豊川稲荷横手裏, 河岸両国河岸厩河岸とやがて, 河岸に金, 河岸ひ思ひがけ, 河岸新亭, 河岸別にこれと, 河岸厩河岸とやがて, 河岸四日市河岸を通っ, 河岸大名小路を嘗め, 河岸大老井伊掃部頭様お上屋敷, 河岸安宅河岸両国河岸厩河岸とやがて, 河岸小屋の方, 河岸小路から急, 河岸山彦甚太は外, 河岸山鬼一郎と来る, 河岸左手は草木, 河岸帰りの車, 河岸或は木の下などへ, 河岸払いをする, 河岸の職人, 河岸摂津国屋の暖簾, 河岸日本橋倶楽部にて清元一枝会温習会, 河岸春日出の宏大, 河岸景色を整調, 河岸本多隠岐守の中屋敷, 河岸の枝, 河岸橋梁等の光景, 河岸江戸の方角, 河岸没落の年, 河岸河岸の家, 河岸海軍原に於, 河岸添いの釣舟屋, 河岸皆学頭を置く, 河岸稲垣にて清元香風会さら, 河岸稲垣亭にて清元香風会さら, 河岸箱丁殺しの花井於梅, 河岸箱崎河岸と河岸づたいに, 河岸納屋が有りやす, 河岸船付桟橋より強盗忍び入り候もの, 河岸には米十萬七千俵, 河岸行く辻占売の, 河岸の侠客出石屋四郎兵衛, 河岸豊島屋の剣菱, 河岸貫一氏の, 河岸を辿る, 河岸の輪, 河岸通り大通りラタン街区市場町などには労働者, 河岸通五郎兵衛町を出番, 河岸遊びをし, 河岸へ飛出し, 河岸遠くをり, 河岸重石でもつけ, 河岸に小さい, 河岸附近にある, 河岸の泥溝, 河岸青い川面に