青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「汽車~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~決して 決して~ 決め~ ~決定 決定~ ~決心 決心~ 決意~ 汽船~ ~汽車
汽車~
~沈ん 沈ん~ ~沈黙 沈黙~ ~沖 沖~ 沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~

「汽車~」 8118, 78ppm, 1446位

▼ 汽車~ (2040, 25.1%)

239 中で 156 窓から 46 中に 40 なかで 27 中は, 音が 26 中の 25 窓に 23 窓の 22 中から, 中では 20 時間が, 時間を 15 中でも 14 切符を 13 中へ, 旅を 12 時間表を 11 時間に, 窓で, 窓を, 音を 10 時間の 9 汽笛が, 窓より, 笛の 8 中には 7 中が, 出るまで, 旅, 時間まで, 汽笛の, 罐焚き, 音は 6 旅に, 旅行は, 時間は, 車輪の, 通るの 5 中, 旅は, 窓, 窓にも, 線路に, 走って, 都合で, 音

4 [24件] ことを, すぐ横手, なかだ, なかに, ひびきと, ひびきに, 中を, 出るの, 動揺と, 動揺に, 屋根に, 方へ, 来るの, 正面に, 疲れと, 窓からも, 窓は, 線路が, 線路の, 線路を, 進むにつれて, 進行する, 音に, 響が

3 [36件] ずうっとうし, ない時分, なかには, なかは, ひ, ひびきや, ように, 中だ, 中などで, 中にて, 中にも, 中まで, 事を, 便りよき, 出て, 切符が, 切符も, 方も, 旅の, 時間も, 時間表と, 汽笛は, 窓からは, 窓が, 窓へ, 笛が, 線路から, 線路へ, 走つて, 走る音, 通る音, 進むに, 進む方向, 進行に, 音の, 食堂で

2 [93件] あるところ, がた, ことで, ごう, なか, なかった, ほうへ, やうだ, やうに, ような, 上で, 下りつ, 中だった, 中であっ, 中での, 中とは, 中も, 中や, 乗客は, 代りに, 代わりに, 便の, 便は, 便利が, 係員たちまでが, 停車場という, 内も, 出る時, 出る時間, 出る町, 出る間際, 切符は, 切符売場などで, 動くの, 厄に, 天井には, 姿を, 客が, 客と, 寝台も, 座席に, 廻転が, 戸口に, 方が, 方で, 方を, 旅には, 旅も, 時刻を, 時間だ, 時間と, 時間表に, 時間表まで, 様に, 機関士の, 機関手を, 歌志内の, 為に, 煙が, 煙の, 煤煙の, 疲れで, 疲れを, 白い煙, 相貌花瓶や, 着くの, 窓でも, 窓などから, 線路です, 話, 赤い明るいならんだ, 走るの, 車掌が, 車輪に, 通じない時分, 速力は, 速力を, 速度が, 速度に, 進行中乗客の, 運動を, 運転を, 過ぎた後, 都合が, 長旅は, 隧道の, 音も, 音近づく, 響きと, 響に, 響の, 食堂は, 駛る

1 [682件 抜粋] あえぎはまぢかにせまっていた, あふりではらはら, あゆみが, あるの, あるまち, ある今日, ある路, いちばん最後の, うごく限り, うしろに, うちに, おかげだ, おとはかなく, おもちゃも, おもちゃを, お代, かかったの, かすかな, きっぷが, くるまで, こと, こと考えた, この湖辺, こむ宿, ごとく, ごとし, さわぎあつい, すぎるの, すぐ左側, すべてを, ずうつとうしろ, ために, つかれで, つくの, つくわけ, つもりで, でて, でるまで, ときどき昇降去来, ところへ, とまった山間, と同じ, どの室, ない時, ない越後, なかから, なかででも, なかでも, なかにて, なかまで, なかを, なくなった向う側, にほひ, はしりて, はて, はなしだ, ひどい黄色い煙, ひびき, ひびきが, ひびきの, ひびきを, ふかき鑵鳴, まえに, まだない, まどべに, ものすごい音, やうな, やや暗い, ゆくえを, ゆく音, ようだ, よろい戸を, カダンスが, ガードの, クションで, コンパートメントは, ゴーゴーという, シグナルの, シグナルみたいな, デッキから, デツキに, パスが, ポーが, レースには, レールの, 一件を, 一隅に, 三等と, 三等の, 三等室は, 上だらう, 上り下りには, 上を, 下に, 下まで, 不通, 不通な, 不通も, 中か, 中からでも, 中からとして, 中ぐらゐ立派な, 中その他到る, 中だけででも, 中だって, 中だろう, 中ですつかり組立て, 中ででも, 中でばかり, 中どう, 中な, 中など, 中にまで, 中までは, 中をも, 中唯心を, 中夜が, 中浴衣西瓜川蝉風鈴, 中等へ, 中等室にて, 乗り換えだ, 乗り換へを, 乗客が, 乗客の, 乗客はなはだ, 乗後れを, 乗換え連絡, 乗降り, 乘換にも, 事故が, 事故だ, 事故に, 二等に, 二等は, 二等室に, 二等室ね, 交渉と, 代りには, 作法を, 來たるを, 便あり, 便ある, 便なども, 便も, 便よし, 便器の, 俄かに, 信号でも, 信号みたいに, 倍早い, 停ってるうち, 停る小さな, 停る音, 停車場で, 先頭に, 入る時, 内で, 内でも, 内の, 内は, 内人の, 出たあと, 出たところ, 出で, 出るたびごと, 出るところ, 出るには, 出るステーション, 出る所, 出入りを, 出来なかつた頃, 出発に, 出発前の, 切符, 切符から, 切符売も, 列車が, 初めて開通, 利くところ, 到着を, 前に, 前方の, 前進する, 動いてる最中, 動かんと, 動き出すの, 動くに, 動くまま, 動く音, 動揺が, 動揺で, 動揺や, 動揺病に, 動搖が, 勤務員は, 午後です, 南側から, 去った跡, 反対側の, 右手の, 吐き降ろした千鶴子, 向こうより, 和尚じゃ, 回数券を, 墜落は, 外に, 外へ, 夜は, 奏楽と, 女に, 女を, 如く広い, 妻の, 子だ, 定期が, 実力試験, 客ばかり, 室は, 室内で, 室内の, 寝台から, 寝台では, 小さいの, 小さな影, 尾が, 屋根の, 屋根を, 工事が, 帰途の, 幾時間を, 底を, 座席の, 座席みたいに, 廊下を, 弁当だ, 弁当に, 弁当を, 形すら, 影が, 影だ, 役目は, 往復あり, 往復ある, 往復するあり, 往復を, 往復切符の, 往復頻繁なり, 待合せやら, 待合所を, 御馳走だ, 復旧次第郷里へ, 必要を, 感情による, 扉が, 持って, 掃除に, 揺れるたび, 故障は, 旅が, 旅って, 旅では, 旅でも, 旅と, 旅らし, 旅人が, 旅人なら, 旅行を, 日よけ, 明りは, 時刻が, 時刻は, 時間だつ, 時間です, 時間には, 時間までも, 時間割の, 時間知らせました, 時間表など, 時間表などを, 景色の, 来たらぬとも, 来るまで, 来る方向, 来る時, 来る時刻, 来往頻繁なる, 柏崎発は, 様子に, 歌なら, 歌や, 歸途の, 汽を, 汽笛, 汽笛それに, 汽笛で, 汽笛まで, 汽罐車も, 沿線には, 沿線よく, 沿道一帯を, 混み合, 混亂の, 混雑が, 混雑では, 混雑も, 温気で, 灯が, 無聊を, 煙いま見, 煙で, 煙な, 煙には, 煙も, 煙りを, 煙を, 煙突から, 煙見ゆる, 煤煙が, 煤煙です, 煤煙に, 片隅に, 猛烈に, 玩具が, 生活と, 用事は, 由, 画に, 留ったため, 疲が, 疲れの, 疲労を, 疲勞が, 発着が, 発着する, 発着表を, 発著所たる, 発車する, 発車時刻の, 発車時間には, 発車時間まで, 監督を, 真似を, 着いたこと, 着かないうち, 着きけん, 着く梅田, 着く町, 着すべき, 矢嶽を, 短い汽笛, 破裂した, 窓と共に, 窓には, 窓べを, 窓ガラスへ, 窓側に, 窓硝子を, 窓際に, 窓際へ, 窗から, 立つ時, 立つ駅, 笛さては何とも, 笛を, 笛声が, 等級が, 箱に, 紆曲する, 終点馬流駅まで, 絵を, 網棚の, 線路づたいに往った, 線路や, 美を, 腰掛に, 興味は, 著く, 行くの, 行く音, 行方は, 行方を, 衛生, 衝動と共に, 衝突を, 見えなくなるまでも, 見える所, 話である, 話では, 話ばかりに, 貨車に, 賃銀割引までが, 賃銭表を, 走りて, 走り出すさま, 走る方角, 足だけ, 踏み切りに, 踏切りが, 踏板に, 踏段を, 車掌や, 車輪も, 車輪を, 転覆と, 転覆の, 転覆は, 轍が, 轍の, 轟きがあらゆる, 轟きの下にも, 轟は, 轟音の, 轢死人が, 込むこと, 逆行は, 途中から, 途中でも, 通じて, 通じない頃, 通って, 通ってる, 通ふ, 通りすぎるの, 通るたんび, 通るとき, 通る土手, 通る町, 通わぬ南海, 速さ, 速力が, 速力に, 速力の, 速度の, 進み早く, 進むが, 進むに従って, 進行し, 進行で, 進行につれて, 進行は, 進行中な, 遊びを, 運テン手が, 運動は, 運転手から, 運転手は, 道, 遠ざかる音, 遠音の, 遠音も, 重きとどろき, 鈍いの, 鉄橋のしも, 鉄橋を, 長いの, 開通とともに, 開通小, 間でも, 間に合わなくなって, 間の, 隅に, 隧道に, 震動と, 震動を, 音いよいよ, 音がは, 音だけに, 音で, 音でも, 音とでも, 音には, 音はるけ, 音や, 音より, 音次第に, 音病室から, 音第, 音電車の, 音響によ, 響, 響きは, 響きばかり, 響きほどは, 響きも, 響きを, 響と共に, 響は, 響も, 順路を, 顔を, 風で, 食堂での, 食堂と, 食堂に, 食堂も, 館林佐野間を, 駅まで, 駅名にも, 駐まる駅, 黄河を

▼ 汽車~ (1356, 16.7%)

178 乗って 67 乗った 32 乗つて 31 乗つた 25 のって 22 乘る 20 乗ると 19 乗るの, 乘つた 18 乘り 16 乗れば 15 乗ったの, 揺られて 14 乗る 12 間に 10 ゆられて, 乗ったり 9 乗せて 8 乗ってからも, 乗つたの, 乗りました, 乗ること, 轢かれて 7 乗っても, 乗り込んで 6 乗りて, 乗ろうと, 駕し 5 のるの, 乗らうと, 乗り込んだ, 乗るん 4 乗ったこと, 乗つたが, 乗込んで

3 [17件] して, のる, のること, のると, ひかれて, 乗ったので, 乗った時, 乗ってから, 乗りこんで, 乗り馬車, 乗るにも, 乗る前, 乗る時, 乘つ, 揺られながら, 搖られ, 間に合うよう

2 [60件] おくれないやう, おくれないよう, お乘, のせて, のっかって, のっても, のるはず, ひかれたの, ひかれたり, ひかれた人, 乗せられて, 乗ったせい, 乗ったのよ, 乗った頃, 乗つたり, 乗つた時, 乗つて東京, 乗つて行, 乗らなければ, 乗らねば, 乗りおくれる, 乗りそこ, 乗ります走って, 乗りまた, 乗り両側, 乗り十里, 乗り換えて, 乗り汽車, 乗り着くと, 乗り組んだと, 乗り込んだもの, 乗り遅れて, 乗り遅れは, 乗るか, 乗るため, 乗るつもり, 乗るという, 乗るところ, 乗るより, 乗る事, 乗る人, 乗る時刻, 乗れないと, 乘つてし, 乘つてゐる, 乘らう, 乘りかへ, 乘りました, 乘合せ, 別れる, 向って, 揺れたんで, 搭じ, 注意すべし, 積んで, 転乗し, 運ばれて, 遠い村, 間に合った, 驚いて

1 [549件 抜粋] おのり, おれが, お乗り, お乗りなさい, お召し, かきのって, こちらから, したらいい, しても, しない, しやう, しんべかな, するン, つまれて, つみこまれて, つめないかしら, とびのったが, ねむる写真師, のせられ国元, のせられ東京, のったから, のったと, のったらどう, のったらゆっくり, のったら島田, のったら眠って, のってからも, のむ煙草, のらないでいい, のらなきゃいけないから, のらなきや, のらねば, のりおくれたるばかりに, のりかえったの, のりかえて, のりけるが, のりこんだだろうかと, のりこんだの, のりこんで, のりて, のりました, のりましょう, のり僕, のり来る, のり源吉, のり磯部, のるから, のるとは, のるにも, のる迄は, のれば, のれるか, はかの, はさまれて, はねとばされて, はねとばされる不覚者, はねられて, はね飛ばされ半年, ばけて, ばけるとは, ばけるなんて, ひかれたって, ひかれたと, ひかれた場所, ひかれやがったという, ひかれるという, ひかれるの, まにあわせたいもの, まるまって, もまれて, やがてゆき子, やつと, やられたの, やられて, ゆすられて, ゆられる, ゆられると, わかれて, わたし一人, カチカチに, ガタクリ揺られ, スチームが, トンネルが, ハネとばされた, ヒドク酔いまし, フランスの, レンラクする, 一度現代の, 一等二等あり, 一等客は, 乗せた, 乗せたものの, 乗せたらと, 乗せた方, 乗せなかろう, 乗せよう, 乗せられた, 乗せられたよ, 乗せられました, 乗せられ沓掛, 乗せるなんて, 乗せるの, 乗ったか, 乗ったかと, 乗ったから, 乗ったが, 乗っただけ, 乗ったでしょうよ, 乗ったもの, 乗ったよう, 乗ったら偶然梅ヶ谷, 乗ったら少し, 乗ったら煙草, 乗ったら私, 乗った事, 乗った人たち, 乗った停車場, 乗った当時, 乗った愛敬者, 乗った方, 乗ってからは, 乗ってさえ, 乗ってる, 乗ってるか, 乗ってること, 乗ってると, 乗ってるん, 乗つたから, 乗つたのさ, 乗つたま, 乗つたらい, 乗つた事, 乗つた後, 乗つてしまつたの, 乗つてでも, 乗つてアントワアプ, 乗つてナポリ, 乗つて三十分, 乗つて吉林省, 乗つて哈爾賓, 乗つて家, 乗つて小月, 乗つて巴里, 乗つて旅行, 乗つて昂昂渓, 乗つて河, 乗つて海岸, 乗つて田舎, 乗つて行つた日, 乗て, 乗らうとして, 乗らせて, 乗らっせるが, 乗らないで, 乗らなくっては, 乗らぬと, 乗られた時, 乗られました, 乗りあくる, 乗りおくれるとか, 乗りおくれる時, 乗りかえて, 乗りかえ伊東, 乗りこみました, 乗りこむこと, 乗りこむわけ, 乗りこむ気乗り, 乗りこむ訳, 乗りこめば, 乗りしに, 乗りその, 乗りそれから, 乗りたい, 乗りたいと, 乗りたくなって, 乗りたく一刻, 乗りたく思ひしのみ, 乗りたて, 乗りど, 乗りまして, 乗りましょう, 乗りますから, 乗りまつ, 乗りゃ今夜東京, 乗りやがて, 乗りカレエ, 乗りピイ, 乗り一時間, 乗り七時何分, 乗り五時相老, 乗り京城, 乗り何, 乗り保津川, 乗り千垣, 乗り参拝, 乗り合, 乗り合した様, 乗り合せた, 乗り合せたの, 乗り合わせたが, 乗り合わせたよう, 乗り合わせるよう, 乗り向, 乗り四人, 乗り四駅前, 乗り夜なか, 乗り大, 乗り大月乗り換え, 乗り娘, 乗り家, 乗り彼, 乗り後れた, 乗り後れまいと, 乗り慣れたので, 乗り換, 乗り換えたの, 乗り換えるころ, 乗り換え吉祥寺駅, 乗り換え夜一時発車, 乗り換え夜中進行, 乗り新橋, 乗り日, 乗り替えました, 乗り浅間, 乗り琵琶湖, 乗り甲府, 乗り立川, 乗り竜潭駅, 乗り続けて, 乗り菩提寺, 乗り込ませ車中, 乗り込みて, 乗り込みました, 乗り込み十一時ガヤ, 乗り込むだ, 乗り込むと, 乗り込んだか, 乗り込んだと, 乗り込んだの, 乗り込んだらしいの, 乗り込んだ蝗, 乗り込んだ麻里布, 乗り込んでから, 乗り途中, 乗り通したん, 乗り遅れたから, 乗り遅れたので, 乗り遅れたり, 乗り遅れた時, 乗り遅れてはと, 乗り遅れるわ, 乗り郷里, 乗り金州以東, 乗り電車, 乗り鶴岡, 乗るかを, 乗るが, 乗るため奈川渡, 乗るだけさえ, 乗るだらう夜, 乗るとき, 乗るとともに, 乗るならそろそろ, 乗るなんて, 乗るには, 乗るはず, 乗るべきところ, 乗るべくまた, 乗るまでには, 乗るまでの, 乗るや, 乗るわけ, 乗る一時間, 乗る一路昧, 乗る乗車券, 乗る九時帰庵, 乗る列車内, 乗る嘉川着四時二十分, 乗る四辻, 乗る客, 乗る小学校, 乗る気, 乗る汽車, 乗る省作, 乗る積り, 乗る筈, 乗る繁村, 乗る若, 乗る途中下車, 乗る逢つた, 乗れたやれ, 乗れないという, 乗れないどころか, 乗れなかった, 乗れますでな, 乗れるか, 乗れるやう, 乗れるよう, 乗れる幸福, 乗合はせ, 乗換えたの, 乗換え帯広, 乗移つた, 乗移る旅客, 乗込む, 乗込むと, 乗込むまでの, 乗込んだ, 乗込んだよう, 乗込んだ事, 乗込んだ形跡, 乗込んでからも, 乘せ, 乘せられた, 乘っけて, 乘って, 乘ってね, 乘つたのだ, 乘つたのだつた, 乘つたのである, 乘つたのは, 乘つたのを, 乘つたら, 乘つた事は, 乘つた人たちが, 乘つた時から, 乘つた落人らしい, 乘つて, 乘つてから, 乘つてからに, 乘つてさへ, 乘つてその, 乘つてもんは, 乘つてる, 乘つてゐ, 乘つてゐた, 乘つてゐるだらう, 乘つて一時間ばかり, 乘つて上京した, 乘つて出かけ, 乘つて品川まで, 乘つて娘と, 乘つて平塚まで, 乘つて強く, 乘つて故郷へ, 乘つて東京を, 乘つて稻穗の, 乘つて行かう, 乘つて見た, 乘つて途中妙義山に, 乘つて隣り, 乘らむとして, 乘りつ, 乘り後れる, 乘り込み, 乘り込む, 乘り込め, 乘れない, 乘れる, 乘合せた, 乘合は, 乘換ふ, 乘換ふる, 事變の, 二つくらい, 二度乗った, 人が, 似ず飛ぶもの鳥, 何か, 依つて, 便りて, 働いて, 出るずら, 十分しか, 取つて, 取りかこまれながら, 同乗し, 同乗した, 向かって, 向つて目, 圧せられて, 寝台が, 将軍の, 小さな女の子, 山田夫婦を, 岔水君を, 引かれたり, 弱つて殊, 彼が, 後れたこと, 御苦労様て, 忘れて, 我々の, 手を, 打乗り, 投じて, 投じサンパウロ市, 投じ紅葉, 持ち込んだらその, 揺られた上, 揺られた後, 揺られた疲れ, 揺られつ, 揺られなければ, 揺られ続けて, 揺られ荷物, 揺られ通して, 揺られ馬車, 搖られつ, 搭じた, 故郷へ, 故障が, 敬意を, 晃一の, 来せて, 来ること, 来る事, 樹明君は, 残つてゐる, 滿足な, 父母のせ, 特有の, 独りで, 由りて, 疲れたよう, 疲れて, 発車間際に, 目を, 相違ない, 石炭の, 移った, 移積する, 積み込むと, 積れました, 積んでも, 積込みその, 終日乗っ, 膝栗毛を, 致しました, 行くべき時刻, 襲われる危険, 見る見る追, 見逃しては, 読みし, 身を, 載せられました, 轢かしたわけ, 轢かして, 轢かせる様, 轢かれかかったよう, 轢かれそう, 轢かれた二十四五, 轢かれた女, 轢かれようと, 轢かれるつもり, 轢き殺される, 轢き殺されるの, 迎へて, 近いこと, 近い村, 迫れり, 送つて, 逢うたの, 連るる, 連絡し, 遠い山入り, 遮られて, 遷しました, 酔ったこと, 酔ったり, 酔ったん, 醉つ, 醉つたのに, 醉つた氣味も, 間に合いたいからと, 間に合うため, 間に合うつもり, 間に合うの, 間に合うまい, 間に合う計算, 間に合ったか, 間に合ったとしてさえ, 間に合って, 間に合わせるため, 間に合わないこと, 間に合わなくて, 間に合わなくなる, 間に合わなくなると, 間に合わぬこと, 間違も, 附着い, 電車が, 預けて, 飛び乗った, 飛び乗って, 飛び乗れて, 飛び乗ろうと, 飛び乘つたの, 飛乘る, 馭し

▼ 汽車~ (1049, 12.9%)

16 走って 14 出て 12 着くと 11 動き出すと 9 通って, 通る 8 停まる, 来た 7 出るまで, 動きだすと 6 動き出した, 動き出して 5 きた, トンネルに, 出てから, 出る, 走つて, 通じて, 開通し 4 あつた, 小さな小屋, 東京駅に, 止まると, 着いた, 通るとき, 隧道へ

3 [26件] あったん, きて, とまると, やつて, 上野へ, 不通で, 停って, 停車場に, 出ようと, 出ると, 動きだした, 動き出した時, 動き出すまで, 国府津へ, 土手の, 大阪に, 来て, 東京へ, 着いた時, 着いて, 著いた, 行く, 通ると, 進行し, 開通した, 開通する

2 [84件] あって, ある, あるのに, いま開通し, うごいた, おくれて, ごう, ごうと, とまりました, ないので, まだ遠く, ゴーと, ダディを, プラットホームに, 一つの, 一時間も, 不通の, 今将, 來た, 來る, 停ると, 出た, 出たとき, 出ないと, 出ますよ, 出ますよう, 出るん, 出る時, 出来て, 到着した, 動いて, 動きだしたの, 動き出したとき, 動き出してから, 動き初めて, 動くので, 動くやう, 北へ, 向山を, 品川駅に, 大きな音, 大船を, 小刻みに, 尾道の, 己斐駅に, 徐かに, 新潟へ, 来たもの, 来たよう, 来る, 来ると, 東京駅を, 止ると, 無事に, 煙を, 甲州路に, 留って, 発車する, 百足の, 目的の, 真直に, 私の, 行って, 西の宮駅へ, 見ゆるとか, 走るとか, 走るの, 転覆した, 轟と, 途中の, 通じてから, 通じないこと, 通つた, 通りすぎて, 通るたび, 通るの, 通過し, 通過した, 通過する, 速度を, 静かに, 駅に, 駛る, 高崎に

1 [627件 抜粋] あったか, あったから, あったので, あったらそれ, ありました, ありましたが, ありますの, あるうち逆行, あるかい, あるかね, あるだろうか, あるなら我々, あるまい, ある停車場, ある轟々たる, ある驛, いくらかずつ, いくら走ろう, いまだ停車場, いま大体どの, いよいよリンリスハーフェン, うごき出してから, おくれたの, かかって, かかってから, がたがた云っ, きらいで, くると, くれば, ぐらぐらと, この村, この町, この裾, こんで, ごくん, ございます, ございません, ごー, しけてから, すいて, すこし動き出した, すさまじい勢, するする出, そこまで, その, そのうえを, その上野, その夜九時, その市, その真似, そんな惨状, ちっぽけな, ちょうど全速力, ちょうど出る, ついたと, ついたので, ついに仕立てられた, つきますから, てんぷくした, できたという, できもっと, できると, でた, とまった, とまったらでは, とまって, とまる, とまる道理, どこを, ないん, なかった, なかつたので, なくなったって, なつかしい王子あたり, のろ, のろのろ走っ, のろのろ走つ, はいり出した時分, はいると, はいるまで, はしつたのである, はなはだしく後れ, ひいたこと, ひくまえに, ひっくりかえったとき, ひどく混ん, ひびきを, ひれ伏した稲穂, ほぼ通ずる, また数, また通った, まだあそこ, まだ先, まだ留らない, まだ開通, まどろ, もうひとつ, もう動きだし, もう巴里, もう着く, やがて汽笛, やって来たらはねおりるかぶら下るか, やって来ました, ゆくとき, ゆるゆる動き出す, よっぽど動き出し, わずか遅れた, わるい, イムメンヂンゲン駅を, ガタンと, ガードの, コルドバに, ゴーッと, トンネルの, トンネルを, ニースの, ノロノロと, ヒューと, ピイと, ピイッと, ブルガリア領に, プラットフォウムに, プラットフォームに, プラットフォームへ, プラットフオムの, プラツトフオームに, ベイスフォード駅に, ベルギーの, ボストンへ, メイドストン駅を, モスクワの, レアタアの, 一夜で, 一尺ぐらいに, 一時間おくれる, 一時間ばかり, 一苦労, 丁度高崎近く, 三島を, 三島駅を, 上州の, 上野に, 上野を, 下関に, 不便だ, 不通だ, 不通に, 中間駅に, 二つも, 二三度上下した, 二人の, 二十分後に, 京濱地帶へ, 京都駅を, 今の, 今は, 今少年, 今発とう, 今着いた, 代々木の, 何処か, 何度と, 何度も, 何時に, 俄に, 信濃に, 停った, 停ったから, 停ったの, 停まった, 停まって, 停まつて, 停るの, 停る前, 停車した, 停車場の, 停電中の, 先づ小田原, 入る, 入ると, 全通しない, 兵庫から, 其の眞, 内部に, 出かけると, 出たあと, 出ちまうよ, 出ない, 出るそう, 出るといふ, 出るとき金太郎, 出るの, 出るまでには, 出る場合, 出る迄, 出来たの, 出来たので, 出来た暁, 出来た為, 初めて出来た, 初夏の, 到着する, 到着た, 動いた, 動いたらおれ, 動いてから, 動いてる間, 動きだしたとき, 動きだしたので, 動きだして, 動きだしてからも, 動きだし倉太, 動きはじめた, 動きはじめました, 動きはじめるやいなや, 動き出したと, 動き出したので, 動き出してからも, 動き出しても, 動き出すの, 動き出そうが, 動くか, 動くと, 動揺せず, 北から, 北に, 北の方から, 北方に, 北陸線との, 十時二十分, 千いくつか, 千葉近くなった, 午後八時東京駅を, 半分埋まっ, 南アルプスから, 博多駅に, 危険だ, 即ち其の, 反抗できます, 可也大きなある, 右から, 同じ列車, 向うから, 向う向い, 向こうに, 向ふ, 吸ひ込まれる, 吹雪の, 唐黍の, 喘ぎながら, 営口から, 四台まで, 国境を, 國境を, 堪らないのよ, 塩尻に, 塩山に, 夜中通っ, 大垣へ, 大森駅へ, 大磯を, 大阪駅に, 奔る, 好いじゃ, 姫路に, 姿も, 定刻より, 宮城県の, 小さな煙, 小田原に, 小諸を, 少しでも, 山の, 山へ, 山北駅に, 山地に, 山崎を, 山道を, 岩代から, 岸に, 崖から, 嵐を, 巴里で, 度々すぐうしろ, 延着し, 引っくり, 往復した, 往来し, 待避線に, 後から, 後れて, 徐々と, 徐行しか, 徐行を, 怖いよってよ, 急に, 急勾配, 急行です, 愈々一二町先, 憎し, 手に, 揺れたかと, 揺れるせい, 揺れるただ, 揺れるたび, 支線の, 敦賀に, 敷けるといふ, 敷ける以前, 文挟駅を, 新橋へ, 新津へ, 新緑の, 早いので, 早く出, 早く出るらしい, 明るい灯, 時間を, 暗い山, 曲りくねった峡谷, 曲り角に, 有ると, 朝に, 朝日を, 未だ止まる, 来たとき, 来たならば, 来たので, 来たよ, 来た紫, 来ては, 来るたび, 来るよって, 来る時, 来る時腕, 来る様, 来る迄, 東京を, 桑畑の, 桔梗ヶ原を, 桜木町駅を, 構内に, 構内を, 横切つた, 横川駅を, 横浜の, 横浜近くに, 機械に, 次の, 止つてそれが, 止まったところ, 止まって, 止まりきる前, 止まるとき, 止りかけると, 止りさうな, 止る間際, 氏の, 水橋近くに, 決して崖, 汽車を, 河に, 沼津へ, 沼津辺へ, 海の, 海岸近くを, 海軍の, 海辺を, 消ゆる, 混むの, 渓流に, 渠の, 湖水へ, 漸っと, 濃尾平野を, 瀬田川の, 無くなること, 無くなれば, 熊本へ, 玩具か, 田浦を, 甲州の, 留つて難儀を, 留まったなと, 疾駆し, 発つと, 発着する, 白い煙, 白河駅に, 眼の, 着いたあゝ, 着いたと, 着いたの, 着いてから, 着きました, 着くだ, 着く勘定, 着く頃, 着く駅名, 短いトンネル, 秋田市を, 程ヶ谷近く, 穴を, 突進し, 立つて, 箱根の, 箱根を, 米原へ, 紫川の, 細河の, 網を, 網走へ, 線路の, 置いて, 聞える, 脱線した, 著くと, 蒸気を, 蒸氣機關車の, 蒼み, 行き違い, 衝突し, 西へ, 西洋の, 見えなくなったと, 見えると, 見たい時代, 谺する, 走せ下ると, 走った, 走ったの, 走ってるあいだ, 走りたちまち, 走りだしたが, 走りながら, 走りひとつまみ, 走り始めてからは, 走り汽車, 走る, 走るよう, 走る左, 走る音, 走れなくなる, 軌道の, 轉覆し, 轟き汽船, 込んで, 這入つて, 通い要するに, 通じてからは, 通じてからも, 通じ交通, 通ずるよう, 通った, 通ったり, 通つたさう, 通つてゐるらし, 通りすぎると, 通り過ぎた, 通るやう, 通る二十分前, 通る時, 通れば, 通行の, 速力を, 逢坂山の, 逢坂山を, 過ぎる, 遠くから, 遠くの, 遠く去っ, 遠ざかると, 遠のいて, 遠賀川の, 遼陽の, 郡山駅に, 重い荷物, 野原を, 門司に, 開けて, 開路開路の, 開通すれ, 間もなくやつ, 降雪地帯へ, 雨あがり, 雪で, 雪の下に, 青森の, 静岡と, 靜岡へ, 非常な, 頻りに人, 顛覆し, 風を, 駄目でしょう, 高島町辺に, 高田の, 魚津に, 麦田の, 龜戸を

▼ 汽車~ (1014, 12.5%)

12 動き出した 8 だんだんゆるやか, 走って, 駛る 6 出て 5 ゆくゆく 4 きらびやかな, その時分, そらの, だんだん川, もうだんだん早く, 走る, 降りて

3 [18件] こ, じっさいどこ, その日, ない, もう遠く, やつと, ゆくゆく二人, 今横須賀線に, 何時に, 出た, 動き出して, 夜の, 山を, 煙吐きつ, 相変らず, 見る, 速力を, 鉄橋に

2 [73件] いくつもの, いつもの, いま出た, うごきだしと, うごき出しと, この頃, しずかに, しづかに, すいて, すぐに, それから, だんだんしずか, だんだんしづか, とまって, どん, なかった, はなれたり, ほんた, ほんとうに, まだ出ません, まだ森, みるみる出, もうしずか, もうしづか, もう停車場, ようやく落ち着いた, わたくしを, 三間と, 不合理な, 停って, 停車場を, 出發, 別のかと, 動き出しました, 動出した, 大層な, 宿屋の, 尾花の, 山の, 川に, 広々と, 急いで, 悠々と, 新橋を, 明日の, 更に激しい, 横浜に, 此等の, 決して向う, 流星の, 海近い, 無いとか, 無事に, 煙を, 玉の, 琵琶湖の, 着きました, 石狩から, 私たちの, 箱根の, 美奈子の, 血色の, 行く, 走つて, 通勤の, 速度を, 進行しだした, 釧路まで, 隧道を, 雲の上を, 非常に, 音も, 駒が

1 [739件 抜粋] ああし, あいかわらず満員, あったが, あったわ, あのまま, あの可愛らしい, あまり混ん, あまり長く, ありませんし, あるいて, あれども, いかにもカタリコトリ, いくつかの, いくらかかる, いずれも, いっしんにその, いっしんに走りました, いつしか上り坂, いつでも, いつの間にか伊野町, いつも三等, いつも動い, いつ出ます, いまどの, いまや, いま巴里へ, いま狂女の, いよいよ夕張, おおらかな, おそろしい響き, かかれり, がら空きです, きわめて緩い, くるとき, ぐんぐん前進, ここまで, この大きな近代風, この節, これから大阪, こんだで, こんで, ございませんでしょうか, ごとごと走りました, ごめんだ, さうし, しきりに煙, しきりに警笛, しだいにとまりかけ, じっとし, じつさい, すぐ前日, すぐ来た, すぐ近く, すごく混ん, すでに七千フィート, すでに動き出し, する, ずいぶん込む, ずん, そういうところ, そのあたり, その夏最初, その発着, その車輪, その野, それからご, それから眞, それを, そんな私, た, たあいなく, たいへん爽, たしかに反対, たしか九時幾分, ただひたすら, たちあちこち, たんぽぽの, だんだんと, だんだんに, だんだん速度, ちょうどこの, つくつく, とある停車場, とうとう, ときどき立ちどまっ, とっくに出, どうにか通じ, どことも, どこへ, どのあたり, どの辺, どの鉄橋, どれも, どんどん走っ, ないですね, ないん, なく自動車, なぜ来ない, のろのろあるい, のろのろ歩い, ひた行く, ひた走り千里の, ひとつの, ほかに, また動き出した, また暗く, また深い, また行き過ぎ, まだある, まだあれ, まだかと, まだそこ, まだなかっ, まだ出さう, まだ制限, まだ韶関, まっ白な, ま向ふ, もういつの間にか幾つ, もうとくに盛岡, もうなかっ, もう二度と来ない, もう人々, もう動い, もう動きだし, もう新橋, もう時間, もう線路, もう進行, もう間近, もちろん三等, もはや来ない, やうやく落ちついた, やがてトンネル, やっとこさ, ゆきちが, ゆき雲の上, ゆくゆく二人を, ゆるゆると, よりよい, われ等二人を, アメリカとは, カンナの, ゴウ, サクラメントの, スティームや, チェアリング, チタから, トンネルに, トンネルへ, ドウヴァを, ドナウに, パリへ, ピタッと, ブラウの, プラットホームに, ボロ汽車, ミシミシと, ルーアンに, ループトンネルに, レイルを, レールを, 一つ一つの, 一刻の, 一向平気, 一日に, 一時の, 一時間ほど, 一目散に, 一聲の, 一行四人を, 丁度ゼンメリング, 丁度隧道, 七時に, 三メートルくらい, 三四十分停車する, 三日の, 三等に, 上れり, 上田へ, 上野で, 中国語の, 丹波市を, 久らく停, 九時十五分であった, 二つばかり, 二十分延着します, 二度と来ない, 二時間で, 二等だった, 五分ごとに, 五分間停車と, 京都へ, 人が, 今ごろトンネルを, 今ごろ宇都宮に, 今ひたひた, 今まさしく, 今大府, 今度は, 今朝の, 今着いた, 今追懐, 仕合せに, 仲, 佐世保行きで, 何て, 何処へ, 何処までも, 何時しか山路, 何時だ, 何時の間にか動きだし, 何物にか, 併し, 來た, 例によって, 例の, 保吉には, 倒に, 停止した, 停車場も, 全速力を, 八分に, 六七年前に, 六月七月だ, 其麓を, 再び止まろう, 出るんで, 出発し, 出発した, 函館を, 切符代さえ, 利根川の, 到頭あそこ, 刻一刻東京へ, 前進し始めた, 動いて, 動き, 動き出したの, 動き始めた, 動出し, 動揺が, 勿論なし, 勿論もうない, 北の方の, 北へ, 北海道の, 匪賊に, 十時三十分に, 千曲川に, 午前六時に, 午後九時五分養父駅を, 午後九時頃駅を, 南へ, 南方の, 去年の, 又ゆすぶれ, 吉松に, 同じだ, 名古屋へ, 吼ゆ, 唯闇, 四時二十分に, 国境に, 國境を, 地響を, 堤の, 外国の, 外景を, 夜通し駆け, 大いに混む, 大きな眼, 大な, 大へん, 大同に, 大変こん, 大沽, 大船が, 大雪の, 天窓から, 姿が, 孤独に, 容易に, 容赦なく, 寂しい田舎町, 寂しかつ, 小駅, 少しずつ, 尾道に, 尾道肥料臭い, 山また, 山峽を, 山科の, 山腹を, 岩見澤に, 峠の, 崖の, 嵯峨より, 川から, 川を, 川中島を, 幌向川が, 平らに, 平原を, 平時と, 幾百マイルも, 広い野, 待ってるだから, 後れましたね, 徐かに, 御丁寧, 復員輸送で, 志す人, 急に, 急行で, 恰も雨, 截割った, 数時間後にしか, 新宿から, 新宿に, 方向を, 既に, 既によほどの, 既に人々, 既に静岡県下, 日に, 早い有難い五時, 早くも, 明るい車室, 時々素通り, 時に, 時男さんを, 時間には, 時間的に, 智頭の, 暫らくドナウに, 曲り角や, 最小速力で, 朝夕唯だ, 本線と, 札幌驛に, 来た, 来ないの, 東京を, 案じたほどにも, 機関の, 機関車の, 次第に山, 次第に東京, 次第に速力, 止つた, 止まったまま, 止まって, 正直に, 此処で, 此処へ, 此処より, 殆ん, 段々山国, 比較的早い, 気に, 水戸に, 江に, 決して向こう, 沸きたつ笑, 沼津で, 沿岸に, 津幡で, 浅虫を, 浜名湖を, 浦幌迄, 淋しい海岸, 混んで, 混雑し, 渓川に, 温泉行きには, 湖水の, 満員と, 溪川に, 滑かに, 激しい動揺, 烈風の, 無し十里以上, 無心に, 無限に, 煙り吐き, 物凄い軋み, 物憂げ, 特別急行で, 狩勝駅に, 狩勝驛に, 猶も私, 猶予なく, 瑞の, 田園を, 畑を, 留まつた, 疾風を, 疾駆を, 発車しました, 白河へ, 目の, 目まぐるしいほどの, 直ぐ動き出した, 直ぐ發, 相も, 着きぬ, 矢の, 石炭の, 碓氷峠へと, 神戸の, 秋雨寂しい, 突然停まった, 突然闇, 箱根火山彙を, 米原に, 糠雨の, 細いナラ, 経済の, 經濟の, 緩く長野停車場, 美濃の, 花の, 苦しそう, 茫と, 落葉松の, 著るしく, 蕭条たる, 蛇の, 衆声を, 行きより, 行くなり, 行くの, 裏町の, 西へ, 見えなくなった生徒, 見る見るうち, 見覚えの, 触媒の, 警笛を, 豊原と, 赤城山を, 赤羽を, 走ったの, 走り出した, 走り努力, 走り去つて, 走り続けた, 走り続けて, 走り込むの, 走れたもの, 越えつれど, 越前の, 轟々シュッ, 轟く, 轟と, 轟然と, 退屈金語楼の, 途中で, 這って, 通って, 通つてし, 通り過ぎた, 通過しました, 進行を, 運び去って, 遠慮も, 都会の, 金沢迄しか, 鈍かった, 鉄橋わたる, 長い間, 長岡方面へ, 長距離列車な, 間が, 間もなく出た, 闇の, 闇を, 阿蘇の, 隣の, 離れて, 雨を, 雪の, 電燈の, 震災当時の, 霧深い, 青森に, 静に, 非常な, 順ぐりあと廻しに, 駅には, 駛せ, 駿河湾に, 高いところ, 高い山々, 高崎に, 高崎へ, 鳥取を, 鶴見を, 鼻先を

▼ 汽車~ (873, 10.8%)

18 東京へ 7 帰って 6 来て, 東京に, 東京を, 行って 5 京都へ, 通って, 通ると 4 出発した, 帰るの, 帰京, 徳山へ, 立って, 黎

3 [11件] 出掛けて, 半日も, 博多へ, 大連へ, 巴里へ, 帰ると, 帰京の, 新橋を, 東京から, 立たなければ, 立つ

2 [70件] あつた, お帰り, かえる, こ, ここを, たつた二時間, なしに, ゆくのに, よく戦争, ヨーロッパを, 一二時間の, 上京し, 上野を, 両国から, 乗り合わした女, 九州へ, 事務所へ, 二時間かかる, 二時間ほどで, 京都に, 八幡へ, 出発, 出発する, 函館へ, 十里二十里歩く, 南へ, 大阪駅を, 尾道へ, 巴里を, 帰ること, 帰京した, 帰庵, 帰途に, 広島に, 広島へ, 式でした, 彼は, 御立ち, 旅行する, 旅行を, 本を, 本郷に, 来た, 来たの, 来られたの, 東京の, 東海道を, 此の, 歸る, 直ぐ大沼, 着いた明日平岡, 私は, 立たせた, 立つこと, 立つと, 緑平居へ, 行かれるの, 行きそこで, 行くこと, 行くだか, 行くと, 行っても, 訪ねた, 送られて, 通っても, 通つても, 鎌倉行きの, 長く揺られた, 長崎へ, 高崎まで

1 [612件 抜粋] あの辺, いきなり隣り, いっしょに, いよ, いよいよ出発, いらっしゃれば, うとうとと, おしっこを, おひささん, およそ二時間, おりた西洋人夫婦, お會, お発ちな, お発ちの, お立, お連れさん, かえること, がすよ, がまんを, くるの, ぐるりと, こちらを, こつちへ, この土地, さんざんゆられ, すぐ國, すぐ大阪, せいぜい三, せう, そして樹明君, その町, それから自動車, それが, そんなもの, たつた, ちよつと, ついたばかりの, ついた人たち, つかれただろう, つかれて, ではすこし, でも, とおっても, ねそう, ひとりかえった, ひと思い, ほとんど眠っ, まいりましたちょうど, みんな博覧会見物に, もう出発, やって来た, やって来ただなあ, やつと, ゆき子は, ゆすられる関係, ゆられて, わけなく行かれるの, アーヴルに, イーサルに, イーハトーヴォ海岸の, ウィインから, カトマンドゥへ, カレエ迄, キョーベンハムから, スペインへ, センダードの, タカオに, ダージリンへ, ドクタア・マレーと, ニューヨークに, ノースペニンシュラへ, ハリファックスへ, ハルビン満, パリへ, ビクター音楽部隊が, ホーヘンシュワーンガウ城へ, ボギイ車でない, ポルトガルへ, ミラノへ, レエルの, ロケーションに, ロンドンから, ロンドンへ, 一人ずつ, 一人の, 一人出かけた, 一家を, 一日要った, 一時間あまりか, 一時間くらい, 一時間だ, 一時間の, 一時間ほどで, 一時間十分位の, 一時間半ばかり, 一緒に, 三十分くらゐ, 三十分ぐらゐかかつて行ける, 三吉の, 三四時間で, 三四時間或, 三時間ばかりの, 三時間ばかりは, 三時間ほど, 三時間ほどの, 三駅目の, 上り下り別れ, 上京しました, 上京する, 上京の, 上斜里へ, 上田まで, 上田を, 上野に, 下りる人々, 両国を, 中村へ, 中村憲吉君は, 主婦さんの, 乗り出して, 乘つ, 乘越す, 九里, 予約の, 二三時間ばかり, 二三時間も, 二人は, 二十分ほどの, 二時間上野から, 二時間半で, 二里ばかり, 五つ目の, 五日モスク, 五時間かかる, 五色に, 京まで, 京城に, 京都を, 今夜お, 今来た, 仙台に, 伊達驛で, 会ったと, 伯林へ, 伸子と, 佐世保へ, 佐野駅へ, 余も, 佛蘭西の, 來る, 偶然千種から, 僅か三十分の距離, 僕は, 僕らは, 先へ, 全員帰京の, 八王子まで, 其処へ, 内蒙, 出かける宮市, 出かける要件, 出て, 出京, 出掛けたが, 出掛けよう, 出発された, 出発し, 出発したく, 出發, 出立, 刎飛ばされた, 別な, 助川を, 動られ, 北京へと, 十五時間で, 十時四十七分に, 十時間も, 半田まで, 南フランスの, 南行中部印度の, 博多発小倉乗かへの, 参つてそれから, 参りました, 古河君と, 吉松まで, 吉野口の, 同じく着いたらしい, 同席した, 同驛, 名古屋に, 名残惜しくも, 君は, 和歌山から, 咲国二人旋風の, 哈爾賓に, 商用の, 四五時間は, 四五時間南下した, 四平街を, 四里徒歩で, 国境の, 国境を, 国男と, 塔の村へ, 夏通る, 夕日の, 外金剛の, 大同に, 大変でした, 大森に, 大道へ, 大道まで, 奈良に, 奈良を, 奉天へ, 女に, 女房と, 嬬恋まで, 嬬戀まで, 学校へかよ, 宇土へ, 宇都宮に, 宇都宮へ, 宮太田岡山を, 宮様が, 富士川へ, 富士川を, 富士見高原に, 富山へ, 寝られる奴, 寝られん, 小仏峠を, 小倉通いを, 小宮さんも, 小諸へ, 小郡, 小野へ, 局へ, 山口へ, 山鹿まで, 岡麓さんは, 市外へ, 市駅まで, 席が, 帰す, 帰った, 帰ったとき, 帰ったらもう, 帰つた, 帰つていつた, 帰つてきた, 帰つて再会を, 帰つて行つたにも, 帰らないと, 帰りたいと, 帰ります, 帰るだけの, 帰る事, 帰る彼, 帰る筈, 帰る頃, 帰れる, 帰ろう, 帰ろうかしら, 帰ろうと, 帰京された, 帰京し, 帰京しよう, 帰京する, 帰京せり, 帰京る, 帰京車中甲賀三郎の, 帰国と, 帰庵うちが, 帰庵夕餉の, 帰庵月はよ, 帰省味噌と, 平なる, 平泉へ, 幾日も, 広島まで, 引きあげて, 引き揚げて, 当方へ, 彦根駅発京都へ, 彼の, 彼方此方へ, 往復する, 往来する, 御代田まで, 御殿場に, 戻つた, 戻りました, 折尾まで, 故郷を, 新加入, 新橋から, 新淀川を, 新潟へ, 旅から, 旦那様は, 時の間に, 暫く来, 更に八代, 書生が, 朝鮮へ, 木津まで, 札幌へ, 来たが, 来たと, 来たパアテー, 来た外人たち, 来た心算, 来てるん, 来るだろう, 来ると, 来るの, 来るほか, 来るよう, 来庵, 東に, 東上する, 東京駅に, 松山へ, 松江まで, 果物を, 柏原へ, 柳井に, 根室線に, 桑名へ, 梁場へ, 森さんは, 極僅, 横断しよう, 横浜へ, 樹明君と共に, 次のは, 此処までや, 歸つた方が, 歸つて再, 歸札する, 母の, 民顕を, 水上まで, 水蜜桃を, 法隆寺駅まで, 浜松へ, 海の, 海岸を, 海岸線を, 清水隧道を, 渡った片貝川, 渡つたドナウ河は, 温泉へ, 無事に, 熊岳城駅に, 熊本入百余日さまよい, 熱海まで, 熱海行, 父は, 父帰国される, 牛久へ, 現場を, 由利から, 甲州から, 甲府の, 町に, 當市を, 疲れても, 発って, 発つか, 発つので, 發たせ, 白河を, 直ぐ帰っ, 直ぐ歸つて往, 直方へ, 眠れない方, 着いた四人連れ, 着いて, 着いても, 着くこと, 着くという, 知り合いに, 石山の, 神戸へまはり, 福岡へ, 福岡まで, 私達は, 立たせて, 立ちますから, 立った自分達, 立つたが, 立つたこと, 立つた私, 立つはず, 立つ時, 立てなくは, 素通りし, 縦断し, 縦横走し, 羽咋で, 自殺した, 自殺を, 若い娘, 著かれた, 蒲郡へ, 蘇家屯へ, 行かれないところ, 行かれるほどの, 行きなさいと, 行き一晩, 行く, 行くこと百里, 行くなら国鉄, 行くの, 行くより, 行くわ, 行く事, 行く内地, 行く気, 行こうかと, 行こうと, 行こうという, 行った, 行ったが, 行っちまえない, 行つた, 行橋へ, 裡里へ, 見たの, 見たもの二つ三つ, 見たりゃ寺, 見た時, 見た木, 見物に, 見送つた, 謙一と, 赤蝙蝠に, 走るだけ, 走るん, 走る途, 走れば, 轢死を, 近江路を, 追っつかねば, 送らせて, 送らせる事, 逃げて, 逆戻りし, 逆戻り二時鳴子下車多賀の, 逗子へ, 通えるじゃ, 通った時, 通つてゐた, 通つて見, 通ふ, 通りました知人, 通る度, 通る度毎, 通る時, 通過し, 逢つたまさ子で, 連れて, 運ばれて, 運ばれる事, 運んだりは, 運搬される, 遠方まで, 遠足で, 遣って, 郊外の, 重岡まで, 金沢へ, 釧路へ, 鎌倉の, 鎌倉へ, 鎌倉駅を, 鎌倉驛を, 長府まで, 長春を, 門司から, 門司に, 門司へ, 閣下を, 防府へ, 電車で, 露西亜や, 青島から, 青森あたりへ, 飯坂へ, 駈けつけて, 駈け通ってさえ, 高原へ, 高原地へ, 高崎新田へ, 鶴岡の, 鶴見それから, 鹿児島に

▼ 汽車~ (416, 5.1%)

19 下りて 13 待って 12 待つ間 11 降りた 10 待つて, 見て 7 走らせて, 降りて 6 見に, 降りると 5 おりて 4 下りた, 利用し, 眺めて, 見送って 3 乗換えて, 待つあいだ, 目がけて, 見た事, 見るの, 追って, 選んで

2 [28件] おしながら, おりてから, とめて, もって, 下りたが, 下りると, 下る, 出ると, 利して, 待ち合, 待ち合せて, 待つこと, 待つ客, 待つ母, 捨てて, 止めました, 止めると, 渡す大, 目懸け, 脱線さした, 見つめて, 見ながら, 見ると, 見送つた子供たち, 見送つて, 迎えるため, 追ってるん, 飛び降りた二つ

1 [217件] いじるよう, うんてん, えらんだの, おそう, おりた, おりたペンベリー, おりると, おりれば, お降りなさい, かうした國, きいた, ごうごうと走らし, さほど嫌がらない, しらべて, そこで待たない, それほどにも, それらの, つかまえて, つかまへようと, とつて, とめるの, のせて, のばして, はじめて見た, ひかへて, ひっぱる機関車, ひろは, またいだり, またいだ怪巨人, やり過して, やり過してから, よして, テンプクさせよう, レエルから, 三等に, 下らば, 下りしに, 下りたんで, 下りた人達, 下りた兵士, 下りた津田, 下りてから, 下りるとき, 下りるや, 下りる僕, 下り停車場前, 下り先づ驛前, 下り北上川, 下り平潟市街, 下り船に, 下り藤岡, 下り途中浸水, 下ると, 下れば, 乗りかえて, 乗りると, 乗り回す必要, 乗り換えて, 乗り換える, 乗り換えると, 乗り通して, 乗り遅らせること, 乗り違えたため宇都宮, 乗換えた, 乗換えねば, 乗換ふ, 乗替え, 乗替えた, 乘り, 乘り替へ, 二時間待たなく, 二時間待つ, 二階つきの, 二駅乗り越し, 人吉に, 停めたの, 停めて, 全速力で, 共にする, 写すまでは, 出たその, 出たり, 出て, 出でて, 出レール, 利用する, 動かして, 動かすこと, 埋めて, 夢に, 工面し, 待たう, 待たせといて, 待たねば, 待ちうけて, 待ちて, 待ちながら, 待ちシュトラスブルク行き, 待ち合す時間, 待ち合せる間, 待ち合わして, 待った, 待つた, 待つため, 待つだけと, 待つなるを, 待つの, 待つべきプラットフォム, 待つ事, 待つ二三時間, 待つ客七, 待つ数時間ホテル, 待てども, 待佗びている旅人の, 待合し, 待合は, 待避し, 後へ, 急がせようと, 懐しく思はず, 懷しく思はず, 扱って, 押し潰そうと, 捉えるため, 捨てた, 掘り出すと, 掴まえて, 撰択すべき, 支那苦力が, 教へて, 新橋で, 早く止めたら, 棄てたの, 棄てて, 棄てる, 棄て人力車, 棄て板敷山, 棒の, 止めたの, 止めて, 止めようと, 止めるには, 求めいろいろ, 減らすといふ, 渡す所, 眺めてる, 眺めるべく弁当, 知らせよ, 祝福した, 約した, 考えなかったなんて, 脅やかし, 脱線さしたり, 見ずに, 見まもって, 見ようと, 見る, 見慣れたが, 見送ったよう, 見送った子供たち, 見送る, 見送ろうと, 見送ッ, 見降して, 走らせる, 走らせる無邪気, 走らせる道路, 軽井沢で, 迎えては, 追ってるんぢゃないんですよ, 追って走る, 追って飛び乗る, 追つて, 追つて來, 追ひ抜く, 追ひ越し, 送りに, 送り出してから, 逃れ出たい一心, 途中で, 通さなければ, 通すとき, 逸して, 遥に, 選びたいと, 選んだ, 選んだの, 避けたくなくなった, 避け了, 開放した, 間違へて, 降りそこ, 降りたが, 降りたところ, 降りたの, 降りたら直ぐ, 降りたら雨, 降りた保吉, 降りた新しい, 降りた時, 降りた町, 降りた私, 降りた私たち, 降りてから, 降りねば, 降りますと, 降りるか, 降りるから, 降りること, 降りる人, 降りる時, 降りる直ぐ, 降り宿, 飛び降りた影, 飛び降りようと, 駆りて, 駆り宇都宮

▼ 汽車~ (141, 1.7%)

6 がない 3 はあります, もない, をこし

2 [17件] がなかっ, が何れ, だけはある, と弁当代, と自分の, にし, にしよう, にしろ, の事, の算段, はどんな, はもう, も出す, や何, を借り, を出し, を持っ

1 [92件] から差し引いた, があぶなく, がある, があれ, がか, がなかつた, がなくっ, が一銭, が不足, が出来る, が増し, が意外, が残る, が足らず, が足らない, が足りない, ぐらいあの, ぐらいの事, だけある, だけは上げる, だけを握っ, だつて, で安藤, と僅か, と滞在費, と車代, と途中, どころかもはや, なしで, にお, には事欠かない, にも差支え, にも足りなかん, に使っ, に十銭玉, に皆, のこと, の二倍半, の払戻し, の汽, はあと, はありません, はおれ, はたしか, はどう, はない, は一人片道四百法, は三円五十銭許, は三圓五十錢許, は九十セント, は俺, は出ない, は四捨五入, は大杉, は寝台, は旭川, は行き, は高い, まで使っ, もあがります, もくれない, も今, も八重, も子供ら, も残らない, も煙草銭, も要らね, も電車賃, や弁当代, をもおれ, をわすれ, を使つて五度, を借りだし, を倹約, を冬村君, を出す, を割引, を十円追加, を十圓追加, を呉れ, を手帳, を払う, を払っ, を明日朝, を渡した, を無理矢理, を用達, を貰っ, を送っ, を食い込み, 使わず, 小使い

▼ 汽車から~ (131, 1.6%)

17 降りて 6 下りて 5 降りた, 降りると 4 見えたきれい 3 出て, 見て 2 下りた, 振り落されたとき居士, 降されて, 降りたとき, 降りた時

1 [78件] おりた, おりたひとたち, おりた先生, おりて, おりると, おろされた, とび下りた, とび下りて, とび下りるく, とび下りるの, みえる, バスで, 上って, 下りた客, 下りた時, 下りた私達, 下りようと, 下りるまた, 会釈なく, 吐きだされた乗客, 吐き出された時, 外に, 婀娜と, 引き下ろされて, 持つて, 振落されさうに, 振落されそう, 放れようと, 新しい日本人, 會釋なく, 来る客たち, 河村の, 浪に, 溢れて, 火夫が, 眺めて, 眺めてる夕顔, 眺める平野, 私が, 突き落し, 置き去りに, 自動車それから, 見えて, 見える当麻, 見える滝, 見た渓, 見た遠, 見た青森市, 視め, 覗いて, 解放される, 走り出て, 遠くの, 降りたの, 降りたまま, 降りた人, 降りた人たち, 降りた外人たち, 降りても, 降りました, 降りられる支度, 降りるとき, 降りるところ, 降りるもの, 降りる客, 降り他, 降り立ったとき, 降ろされた, 降ろされた英國人, 雜然と, 離れた土地, 電車に, 飛び出して, 飛び出しました, 飛び降りようかと, 飛び降りようとして, 飛降りたり, 駅の

▼ 汽車~ (93, 1.1%)

12 乗って 5 乗ると, 乘る 3 乗ってから, 乗るの 2 乗せて, 乗った, 乗ったか, 乗っても, 乗ってるん, 乗つた, 乗る事, 乘つ

1 [49件] いらっしゃる貴下, ゆくもう, 一回乗る, 乗せそして, 乗っけて, 乗ったおかげ, 乗ったこと, 乗ったところ, 乗ったの, 乗ったので, 乗ったらまた, 乗ったら好い, 乗ったり, 乗ってさえ, 乗つたん, 乗つて, 乗て, 乗らうと, 乗らずとも, 乗らないでも, 乗り合せて, 乗り換えた蝗, 乗り込むや, 乗り込んだが, 乗り込んで, 乗るすこし, 乗るや, 乗るんぢ, 乗る前, 乗れなかったら明日, 乗れぬ身, 乗れば, 乗ろうと, 乗込んで, 乘つてから, 乘つてる, 乘つて歸れる, 乘り, 吊して, 忘れたん, 戻つて, 歸つて倒れる, 積み込まれる豚, 積込んで, 見送る, 見送るお, 見送る尽きない名残, 駈けつけへとへと, 黎

▼ 汽車~ (82, 1.0%)

4 電車も 2 うごかずしずか, うごかずしづか, 乗客も, 其程有難い, 止まらず人家, 疲れたの, 馴れては

1 [64件] ああなっては, あえぎ, あの通り, あります, あるには, ある世, ある筈, いや飛行機ヨット馬, おくれたほど, こわくは, すき七時五十何分かに, そういう密偵達, そちらへ, そろそろ通じ, つくられて, とまりました, ない地方, ない昔, ない時分, ない船, なかった, なくて, なければ, ふる郷, ほぼこれ, まだ木曾, わるくない, スピードを, トラックも, バスも, パツと, 久しぶりだ, 何も, 例外に, 停った報道, 凡て八月の, 別々だ, 動いて, 回数券は, 大混乱, 嫌いで, 室内が, 居なくなって, 慣れると, 春風の, 汽船も, 留つたやう, 翌日の, 自動車も, 自動車もと, 行く, 走れ電車, 通じて, 通らず電車, 通らぬヘンピ, 通る様, 進行しない, 鉄道馬車も, 開通し, 開通する, 隧道は, 電話も, 飛行機も, 馬車も

▼ 汽車~ (69, 0.8%)

7 電車の 4 汽船の 3 船に 2 汽船が, 汽船に, 自動車が, 電車に, 電車は, 電車や, 電車を, 飛行機の

1 [39件] そのほか絵本, その学者, その學者, そんなよう, バスで, ブリキや, ホテルや, マスコットや, 乗合自動車は, 刀や, 大久保板橋を, 川舟で, 帆船に, 徒歩で, 汽船で, 汽船は, 汽船や, 温泉宿で, 牧田の, 琥珀の, 線路は, 自動車で, 自動車などを, 自動車の, 自動車は, 自動車や, 自動車飛行機などの, 自轉車, 電信を, 電信電話の, 電車が, 電車と, 電車によって, 飛行機で, 飛行機や, 飛行機を, 馬や, 馬車の, 高架地下の

▼ 汽車~ (50, 0.6%)

2 では, で夫, で感じた, の出来事, の衆人

1 [40件] こわれること, での見聞, での言葉, でも絶えず, で伝染, で伝染病, で受け取っ, で有毒細菌, で消え, で湯, で覚えられるだらう, で計らず, と旅人宿, にて, にてまた, にて信用状, にて妹, にはじまり, に英語, に頓死, のこと, の一件, の乘客, の二時間, の光景, の弁当料, の料, の旅客, の無邪気, の衛生, の衛生法, の駄洒落, ばかりでありません, へ生き物, を分時, を取り締つ, 向ふ, 大いに文芸論, 思いがけない人, 暑し名古屋駅立派

▼ 汽車~ (48, 0.6%)

2 この田舎者, 停車場で, 同じよう, 汽船の, 違って

1 [38件] いうと, この田舍者, それに, もう一枚林檎, バスに, 一しょに, 一緒にかけ, 乗客を, 云う物, 云えば, 云ふ, 云ふも, 偶然にも, 別れて, 同じぐらい, 同じに, 同じ調子, 同じ速度, 呼んで, 宿屋との, 寒い灯, 擦れ違いさま, 擦れ違って, 氷との, 白い着物, 竝んで, 競争しよう, 自動車だ, 船とが, 船の, 草鞋で, 言へば, 諸とも, 違ひ, 電車と, 電車の, 顔過, 騎馬との

▼ 汽車にて~ (39, 0.5%)

1 [39件] クララ耕地を, シュタルンベルク湖に, ドレスデンより, ドレスデンを, バンキポールに, ブリュッセルを, リバプール・スツリート・ステーシヨン著, ロンドンに, 一時間半の, 上京し, 上田を, 上野を, 上野発, 上野驛を, 下男を, 二十マイル余を, 二時間半土浦より, 博士は, 同所に, 大阪に, 居眠りし, 帰す, 帰京, 帰船す, 当地に, 日光に, 明科発, 本庄まで, 札幌に, 横川に, 歸途に, 河口氏とともに, 渡りけり明日, 直江津に, 行き越し, 走る太平洋, 逗子に, 道後著入湯一泊, 鎌倉に

▼ 汽車には~ (38, 0.5%)

2 まだ時間, まだ間に合う, 間に

1 [32件] いって, まだ間, みんなが, スチームが, レーニンが, 乗って, 乗らないの, 乗らなくちゃ, 乗らぬという, 乗れませんし, 乗れると, 乗れるね, 前田侯爵こないだ南方で, 大臣と, 太く倦, 宵の, 寝台車といふ, 少し早, 弱くて, 張作霖が, 慣れて, 日本人が, 汽船とは, 目も, 踏切番といふ, 間にあいますから, 間に合いかねる心配, 間に合いませんでした, 間に合うか, 間に合ったが, 限らず日本, 食堂が

▼ 汽車にも~ (31, 0.4%)

2 乗せた人, 汽船にも

1 [27件] あいませんでした, あひませんでした, おくれて, かばかりの, きっとそういう, のり合わせましたが, のれないのに, スチーム駅にも, 乗せられぬ状態, 乗ったろうし, 乗らずに, 乗らず横浜, 乗らなければ, 乗る程, 乗れないくらい, 乗れなかった, 乗れなくなりますね, 乗れぬ山中, 屋根も, 得乗らず夏, 時季と, 沢山のっ, 自由に, 酔ひません, 酔わなかったと, 酔わなくなりましたけれども, 閑却せられたる

▼ 汽車旅行~ (29, 0.4%)

3 をし 2 に疲れた, をした

1 [22件] がキライ, が出, して, で女, と暑, などする, なんてまるで, にさ, にさえ堪えかねる, にはわたくし, に飽き, のあいだ, の折りや, はもう, はわたし, は随分, もする, をする, をつづけた, をやつ, を必要, を終っ

▼ 汽車~ (24, 0.3%)

2 からといふ, と思つた

1 [20件] からね, からよい, から人, から恐く, から雀, が, これが, こんな筈, つていふから, つて何だ, つて歴史だ, と云っ, と十分, と思う, と聞かされ, と駅前, ね, よあれ, ッけね, 汽車だ

▼ 汽車でも~ (21, 0.3%)

1 [21件] あるならいっそ, たつぷり一時間, まれたり, よろしいじゃ, よろしいぢ, ハタと, レールが, 一番早い, 乗れなくなること, 六里笹栗町新屋, 喫煙室では, 大助りでした, 宿屋でも, 彼女が, 早く東京, 汽笛を, 汽船でも, 通って, 通へる, 電車でも, 飛行機でも

▼ 汽車~ (17, 0.2%)

2 の上, の踏切

1 [13件] から三町位, に出で, に添い, に狐, の一筋, の山腹, の方, の長, は昔, は死んだ, へ行っ, へ駈けつける, まで走り

▼ 汽車~ (16, 0.2%)

2 はかなり, を択ぼう

1 [12件] であったから, にうん, につく, に三十時間, の混雑, は比較, は緊張, は随分, をする, をつづけ, を一息, 殊に白河あたり

▼ 汽車弁当~ (15, 0.2%)

2 のおかず

1 [13件] である, ですまし, で夕飯, というもの, とはその, とを買, にありついた, に劣る, の味, の残飯, を思い出す, を持っ, を私

▼ 汽車電車~ (15, 0.2%)

2 自働車

1 [13件] が案外, そんなもの, などに乗る, に自動車, のた, の中, の便, の利便, の車窓, の開通, は無論, へ乗る, を見る

▼ 汽車汽船~ (13, 0.2%)

2 が便毎

1 [11件] などによる空間, のごとき, の垢, の行き尽す, の都合, はもちろん, は二等, よりも大切, を始め, 又は自動車, 自働車飛行機

▼ 汽車では~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありますまいね, ありません, ない確か, サイラスは, 一層込みあっ, 一車室全体が, 七曲りの, 四五日を, 忘れずに, 片隅だけしか, 通れなくなって

▼ 汽車まで~ (11, 0.1%)

2 まだ三時間 1 そこに, ついて, 一つの, 二時間以上を, 出させるほどの, 向かわせたの, 持って, 見たこと, 送って

▼ 汽車という~ (9, 0.1%)

3 ものが 1 ものの, ものは, 一つの, 交通機関が, 名を, 汽車の

▼ 汽車にでも~ (8, 0.1%)

1 のせて, のって, 乗って, 乗ってるよう, 乗つて, 乗りおくれるよう, 乗れたら乗ること, 乗れば

▼ 汽車よりも~ (8, 0.1%)

2 大きな地響 1 二分先へ, 列車が, 早いくらいに, 早くなっ, 自動車が, 間の

▼ 汽車~ (7, 0.1%)

1 二た, 何か, 先の, 地震かの, 宿屋で, 電車に, 飛行機か

▼ 汽車なら~ (7, 0.1%)

1 いい, ば五時間, 一等寝台が, 上信越線の, 宜しいじゃ, 日の, 無論白切符

▼ 汽車だって~ (6, 0.1%)

1 かまわない北, こういう場合, まだ見た, 一分ぐらい, 歴史だって, 自動車だって

▼ 汽車です~ (6, 0.1%)

21 からともかく一旦, から君等, かバス, とあやうく

▼ 汽車ほど~ (6, 0.1%)

2 こんで 1 のんきな, 二十世紀の, 仕切が, 個性を

▼ 汽車との~ (5, 0.1%)

4 間は 1 間に

▼ 汽車より~ (5, 0.1%)

1 早くやってくる, 早く歩ける, 早よ, 発する汽笛, 速いと

▼ 汽車便~ (5, 0.1%)

1 でとり寄せた, で送る, で飛び切り, に頼らず, の都合

▼ 汽車辨当~ (5, 0.1%)

1 で飲んだ, はうれし, を携, を買う, を買つて

▼ 汽車そのもの~ (4, 0.0%)

2 が文明的 1 にいつ, に囚われ

▼ 汽車~ (4, 0.0%)

1 のだ, んだ, んです, んでせう

▼ 汽車~ (4, 0.0%)

4 つぽ

▼ 汽車~ (4, 0.0%)

2 中で 1 なかで, 乗つて

▼ 汽車~ (4, 0.0%)

2 はうまかっ 1 が不安心, を食い

▼ 汽車時間~ (4, 0.0%)

1 の都合上, までの間, まで大急ぎ, を失

▼ 汽車石炭~ (4, 0.0%)

2 をたい, をたいてい

▼ 汽車賃位~ (4, 0.0%)

1 いどう, ゐなら貸して, ゐは, 出来る道

▼ 汽車あり~ (3, 0.0%)

1 それで石井氏, 支那街あり, 海に

▼ 汽車おくれた~ (3, 0.0%)

1 ッて, 二時半頃ので, 間に

▼ 汽車さえ~ (3, 0.0%)

1 まどろ, キャバレー主人の, 通らないここ

▼ 汽車しか~ (3, 0.0%)

1 ありませんわ, 通さないよう, 通らなかったわけ

▼ 汽車~ (3, 0.0%)

1 いま擦れち, 来る汽車, 来る真黒げ

▼ 汽車~ (3, 0.0%)

1 ゅうには別に, ゅうの, ゅう退屈し

▼ 汽車でと~ (3, 0.0%)

1 ほつたこと, ほつた時, 駅迄

▼ 汽車と共に~ (3, 0.0%)

1 うねり流れ, 二三間も, 浚はれ

▼ 汽車など~ (3, 0.0%)

1 もちろんある, 平気だ, 石太郎の

▼ 汽車はと~ (3, 0.0%)

2 つくに 1 まつたが

▼ 汽車自動車飛行機~ (3, 0.0%)

2 はみんな殺人機械 1 まで知る

▼ 汽車~ (3, 0.0%)

1 に添つた街道, を走る, を通っ

▼ 汽車おくれ~ (2, 0.0%)

1 たり, て出

▼ 汽車かも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ 汽車からも~ (2, 0.0%)

1 火夫が, 見えるはず

▼ 汽車それ~ (2, 0.0%)

1 から歩ける, はどこ

▼ 汽車だけは~ (2, 0.0%)

1 ごく新しい, 休まずに

▼ 汽車だった~ (2, 0.0%)

1 がやはり, が中途

▼ 汽車だつた~ (2, 0.0%)

1 から, が横浜

▼ 汽車~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 汽車でした~ (2, 0.0%)

1 が拵, ね

▼ 汽車といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 奴が

▼ 汽車とは~ (2, 0.0%)

1 とうてい比較, 違い海風

▼ 汽車などの~ (2, 0.0%)

1 おもちゃを, 通らないところ

▼ 汽車などは~ (2, 0.0%)

1 不完全な, 無かった

▼ 汽車なんか~ (2, 0.0%)

1 不完全な, 私が

▼ 汽車にすら~ (2, 0.0%)

1 乗ること, 驚くの

▼ 汽車について~ (2, 0.0%)

1 緩く大きく廻る, 話を

▼ 汽車になんぞ~ (2, 0.0%)

2 乗って

▼ 汽車にばかり~ (2, 0.0%)

2 なれて

▼ 汽車への~ (2, 0.0%)

1 あわただしい旅, ツタポカ

▼ 汽車へは~ (2, 0.0%)

1 乗らない馬車, 乗りませんよ

▼ 汽車よりは~ (2, 0.0%)

2 もっとゆるく

▼ 汽車らしい~ (2, 0.0%)

1 と思った, 汽車を

▼ 汽車~ (2, 0.0%)

1 中ナンゾデ痛ミ出シタラドウナサルンデス, 中ヘハイツテイツテ

▼ 汽車不通~ (2, 0.0%)

1 となりける, にて参る

▼ 汽車~ (2, 0.0%)

1 でたれば, でぬ

▼ 汽車~ (2, 0.0%)

1 の汽車, より來

▼ 汽車~ (2, 0.0%)

2 だ二つ

▼ 汽車案内~ (2, 0.0%)

1 が一册, の細字

▼ 汽車汽船電信電話飛行機潜航艇~ (2, 0.0%)

2 を始め

▼ 汽車汽船電車自動車地球~ (2, 0.0%)

1 の周囲, の周圍

▼ 汽車自動車~ (2, 0.0%)

1 の便, の新

▼ 汽車衝突~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 汽車見物~ (2, 0.0%)

1 に出, をした

▼ 汽車賃さ~ (2, 0.0%)

1 へなかつた, へ残つて

▼ 汽車遊び~ (2, 0.0%)

2 に耽

▼ 汽車鉄道~ (2, 0.0%)

1 などいう, などいふ

▼1* [259件]

汽車出るから, 汽車あることを, 汽車あるいは村における, 汽車うねり出づる白き湯, 汽車おくらせて大森, 汽車かなと思ひながら, 汽車からでもほんの一丁場, 汽車からの眺望は, 汽車からは見えなかった, 汽車がかかつて居り, 汽車ががう, 汽車がぜいぜ, 汽車がたうとうな, 汽車がではいりします, 汽車がとまつたら降りませうね, 汽車がをり, 汽車ぎらいな婆さんを積込ん, 汽車ぐらいおくれたって, 汽車ぐらいの速さ, 汽車こそまだ開通, 汽車この地を, 汽車これが碓氷, 汽車つこ, 汽車ごつこを, 汽車へ轟き, 汽車じゃ御免だ, 汽車じゃというたところ, 汽車じゅうへ響き, 汽車すいて居た, 汽車すぐ寝台へ, 汽車そこから自動車みたい, 汽車その他のうち, 汽車それに私が, 汽車だけいつも電車, 汽車だけがすさまじい音, 汽車だけの時間を, 汽車だったら助かるがと思います, 汽車ちんがなけれ, 汽車ったらあんまりがらあきな, 汽車ってものは, 汽車でござったのでの, 汽車ででも着いたらしい新顔, 汽車でなかったら泊めて貰おう, 汽車でなくッちゃ, 汽車でなければ自動車, 汽車とか蠅とか, 汽車とで東京へ, 汽車とやらが向うの, 汽車どころでは, 汽車なれば関守, 汽車なんかのろ臭くっ, 汽車なんかをつかうより, 汽車なんぞひっくりかえりは, 汽車なんてありゃしないだろう, 汽車なん時だべ, 汽車にさえ乗れば, 汽車にての失策は, 汽車にと思って, 汽車にとっては大変な, 汽車になど乗れば, 汽車にのつたのは, 汽車にまで棒切れを, 汽車によるときは, 汽車に関する知識も, 汽車ぬちにゆれ, 汽車のうへでは隅ツこに, 汽車のけむりがしいろいひゞき, 汽車のべんとうの, 汽車はからつぽ, 汽車はじぶんの任務, 汽車はや来れりいそぎ下り給, 汽車待っとる位, 汽車ばかりはどんな寒い, 汽車ばっかりやかましいこと, 汽車ひどい雑踏なり, 汽車へでも乗せて, 汽車へなんぞ乗つて, 汽車までが大国気取る, 汽車までのわづかの, 汽車までは一時間は, 汽車までも旧式で, 汽車まるでひどくこむ, 汽車みちの両側, 汽車みち阻礙なしと, 汽車やったら悦ちゃんが, 汽車やらで新さん, 汽車やらを下に, 汽車やり過して次, 汽車やれやれといふ気分, 汽車見る結氷, 汽車ここは, 汽車ようやく渓流に, 汽車をよける為の, 汽車オートバイの響, 汽車カラ引ツパリオロサウトウロタヘテヰルウチニガタンゴトント, 汽車クレオンで描け, 汽車コーヒーをのみ, 汽車ニテ直接慶応病院ヘ入院ス, 汽車ポッポ見物に来, 汽車マニアがヒット, 汽車七時間おくれて, 汽車丈二十六時間ね, 汽車下関へ汽船, 汽車に電車, 汽車中伊達の大木戸あたり, 汽車中佐々木邦の, 汽車中幾十日にわたる船中, 汽車中棚から落し, 汽車中殆ど休みなしに, 汽車中氏に約した, 汽車中私は不幸, 汽車中言ひ暮して, 汽車中電車中食後散策後架上就眠前等々, 汽車乗りのいう, 汽車り遲, 汽車二列車に送らしめ, 汽車二十里は煙草, 汽車二点打って, 汽車二百十一マイル馬車十二マイルあり, 汽車を載せ, 汽車とある, 汽車だけやすまん, 汽車代位司にどう, 汽車以上の運輸力, 汽車以外で通った, 汽車会社の設計, 汽車たる, 汽車俥宿すべて規則的な仕事, 汽車全く雪原に, 汽車八幡まで歩く, 汽車内ニ往所ニ停車場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 汽車出づる間際まで令夫人令嬢, 汽車出來て更に, 汽車出發の汽笛, 汽車切符のため, 汽車利根川の鉄橋, 汽車到着までの時間稼ぎ, 汽車動くのかしら, 汽車勝浦で降りる, 汽車十時から一時, 汽車十時間ほど遅れ, 汽車半分否室一つ我, 汽車即ち地球を, 汽車四十分遅れたれど, 汽車四時間の延着, 汽車土瓶も一時, 汽車までは七八里, 汽車の弁当, 汽車工場貯水池ガスタンクの, 汽車定めだと, 汽車宿屋僕ら見てるの, 汽車富士見駅から超, 汽車小淵沢駅下車改札口を出よう, 汽車広軌となっ, 汽車弁半分食べきれないの, 汽車弁当式であること, 汽車むけよ郭公, 汽車徃路一日が帰途一時間, 汽車待つ間話し, 汽車待合兼業の旅宿, 汽車で来た, 汽車後らして大, 汽車後れたり, 汽車忙シク馳セ郵便来去忙シク電信往復忙シ, 汽車成田から両国行き, 汽車旅だつたのでゆき子, 汽車旅行許りして, 汽車ねもす, 汽車早く乗れば, 汽車最後の停車場, 汽車未設上中下学校豈分, 汽車て嬉し, 汽車来た時旗出せ, 汽車東海道は箱根附近, 汽車権利義務道徳礼義で疲れ果てた, 汽車横浜に着き, 汽車歯医者のよう, 汽車汽船人力車の如き, 汽車汽船等に積み卸した, 汽車汽船電信電話特に自動車, 汽車汽船電車飛行機のよう, 汽車汽船飛行機工場田地すべて身近なもの, 汽車汽車から自動車, 汽車沿ひの, 汽車沿線地域の痩せた, 汽車活動館太神楽の小屋, 汽車爆破を企, 汽車の手燭, 汽車発達して, 汽車福特号にはちと, 汽車自分を, 汽車笹子峠は長, 汽車はいまだに, 汽車を無賃, 汽車蚊帳ペンキ絵碁石鉋子供の産衣, 汽車製造会社長のグルネ・ビョルゲ氏邸, 汽車に来り, 汽車見えてやがて, 汽車見たいなものが, 汽車訪問に神戸駅, 汽車を考えた, 汽車諸共に動き, 汽車賃といつても二圓位, 汽車賃ほか遺らない中, 汽車賃バス代二十五円の汽車賃二百七十円, 汽車賃一人十七銭なのに, 汽車賃三十銭は惜し, 汽車賃九ペンスすなわちわが, 汽車賃二百七十円六人分で千七百七十円也, 汽車賃五十銭は仕方, 汽車賃五時間分と大差, 汽車賃以外に一銭, 汽車賃位出來る道, 汽車賃八十銭宿料五十銭小遣二三十銭は食, 汽車賃十三銭バスは十銭, 汽車賃十円貸して, 汽車賃十圓貸して, 汽車賃四十七銭は惜し, 汽車賃宿の費用, 汽車賃宿料毛布布団それに周旋料, 汽車賃弁当代から荷車, 汽車賃表も時計, 汽車賃辨当代をいた, 汽車賃電車代茶代メンソレタム一銭の使途, 汽車転々として登る, 汽車を一手, 汽車辨当がまづくて, 汽車辨当持参で来訪, 汽車辨當の味, 汽車食事を, 汽車迄に間が, 汽車近くの行き, 汽車近づけば, 汽車ひ初めもろもろ, 汽車通学をし, 汽車進行を始め, 汽車遅らして札幌, 汽車遅らせて下さる, 汽車遅らせようぢや, 汽車遅れたんだ, 汽車れて, 汽車が出た, 汽車ひだけ, 汽車銭その他を払え, 汽車電話の世の中, 汽車電車バスなどの公衆, 汽車電車乗り物の中, 汽車電車乗合自動車に乗る, 汽車電車乗物のなか, 汽車電車鐵道の枕木, 汽車の若葉, 汽車頭痛のする, 汽車風景で, 汽車飛び過ぎぬかくて, 汽車飛行機何をとりあげ, 汽車食堂の定食, 汽車鳥羽から紀伊, 汽車鳴き過ぐる, 汽車鵜沼より名古屋