青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「欄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 檻~ 櫓~ 櫛~
欄~
~欄干 欄干~ 欝~ ~欠け 欠け~ ~欠点 欠点~ ~次 次~ 次々~

「欄~」 1083, 10ppm, 10322位

▼ 欄~ (322, 29.7%)

6 よりて, 倚って 5 倚り, 凭り, 出て 4 手を, 次の, 眼を 3 よりかかって, 於て, 立って

2 [23件] いづれの, このたび理化学研究所, したる一面, して, つぎの, よりかかりながら, よると, よれば, 倚る, 凭れて, 分ち一欄毎, 寄るの, 干したる敷布, 投稿し, 筆を, 組んで, 肱を, 身を, 載せて, 載って, 週一回ずつ, 靠れて, 鬼才などといふ

1 [228件] あったが, あった第, あった通り, あって, あるもの, いつか夕陽が, いつまでも, いる舎房, お, お孝, かがみこんで, かこまれながら, からまり庭苑, くらべて, この事, この感謝礼讃, この頃, こびりついて, さした油, さしはさまれて, すえつけて, すがって, すがらねば, その文句, たえず求婚, たけなわなる, たたずんで, たった数行, たとえば, ちょっと書いたら, つかまりながら, でたもの, でた記事, とび濠, とられて, なぞらへ, なにかものめずらしい, のせて, のせられた, のって, のるべき俳句, ひじを, ぼくの, またがりて, もたせて, よせたその, よりかかったまま, わが国の, われす, サインし, ヒラリと, 一人も, 一個奇怪な, 一度訴えた, 一括し, 一文を, 一新帰朝者の, 世界尖鋭画壇の, 両手で, 両手を, 主観的な, 久板栄二郎といふ, 乗り出して, 九結婚者を, 二三行書込ん, 交替した, 仆れかかり, 仕切られて, 伝右衛門氏の, 使はれ, 倚っかかっ, 倚つてる, 倚つて見下ろし, 倚りか, 倚りかかっ, 倚れ, 倚凭って, 僕が, 先生が, 先頃二人ばかりの, 入れずに, 入れて, 入れられず趣味欄, 入れる, 入れる訳, 写真入りで, 凭せ, 凭せた, 凭りたる, 凭る, 凭れたお, 凭れながら, 凭れば, 出して, 出す原稿, 出たもの, 出た二日後, 出た時, 出た義雄, 分ち各, 分って, 分類される, 収められて, 同じよう, 吹き込むほどの, 四・二分の一という, 垂れた簾, 夜露べつとり逃ぐる旅, 婦人に関する, 学生と, 官憲の, 寄って, 寄り何心, 寄り酒, 屈ませると, 山野の, 工学士蘆鉦次郎の, 左の, 庄左衞門の, 座談会についての, 弁じたる事, 当の辻堂, 当時学士であった, 憑り, 我ら仲間の, 投書し, 投書の, 投稿した, 折々パリ, 掲げられた, 掲げられたの, 掴まりたるわが, 掴まりながら, 支えられて, 数うる, 斬り込んで, 於ける新刊批評, 日を, 昨夜何山の, 曇リ後晴レとか, 書いた記事, 書かうと, 書きこまれて, 書くこと, 月見の, 木の葉まじり, 本間久雄氏の, 村岡米男という, 東京市中からは, 松野一江という, 林達夫氏が, 歌舞伎座の, 正宗白鳥氏が, 武蔵という, 死亡届を, 残って, 毎夜の, 毎日の, 気の, 気を, 活字として, 添いながら, 渋沢敬三氏が, 漂って, 片手を, 片足を, 猛獣の, 発表された, 発表せられた, 発見された, 盛る擬宝珠, 目を, 短い週評, 神奈川縣の, 福富源次郎は, 私の, 立ちながら, 立ちならんで, 立ち出て, 立っても, 立つやいな, 立つ阿波守, 精悍さうな, 精悍そうな, 納めて, 紹介され, 続載される, 綿密に, 縛られて, 縦令個人, 腰打ちかけ, 臂を, 覆面の, 見えたと, 見えて, 見え出した, 見出された左, 見出しても, 触れる, 記したが, 記入された, 賀古鶴所氏が, 足を, 転載し, 載せたもの, 載せたりなど, 載せたわけ, 載せた短文, 載せられた, 載ったの, 載つた竹さん, 載つた談話筆記, 載つて, 載るもの, 辻待の, 近くい, 近く佇立み, 近く行った, 近づいて, 連載した, 道子の, 関係を, 雪枝さんの, 非常に, 頬杖つい, 顔を, 首を, 駈けよって

▼ 欄~ (163, 15.1%)

5 ところへ 4 ところから, 上から 3 ところに, 上に

2 [16件] ある新聞, ほうに, ような, 一句の, 上へ, 下から, 下に, 下の, 下段に, 中に, 前に, 外には, 所に, 方に, 片隅に, 記者が

1 [112件] あるの, ある処, ある箇所, うえに, うちに, かたへに, そばに, それは, ついてる露台, ところには, ところを, なかは, ほとりに, まわりに, もと僅, ものと, フランスの, ブック・レヴューが, 一片らしい, 一隅に, 一隅にのみ, 一隅の, 三行広告の, 上での, 下には, 下は, 下を, 不徹底な, 主幹が, 人は, 人事往来に, 人気者に, 仕事は, 仕事を, 以て, 倒れるよう, 側から, 側に, 傍まで, 傾斜度天井の, 先生方に, 先生方は, 全体は, 前の, 前面に, 半分の, 南側から, 単価とに, 双方に, 受け賣りだが, 名に, 噂話これだけ, 外に, 外の, 外へ, 外を, 外側には, 外務記者で, 大呼物, 大組み, 如く見, 宮本竹蔵先生の, 小さい活字, 小原壮助さんと, 張交箱に, 形さえ, 愛読者だった, 愛読者は, 所々に, 所まで, 扱いかたなどは, 批評と, 投書中に, 折れ曲がったかどに, 方, 方へ, 方を, 横木を, 灯と, 用件で, 目的では, 直下へ, 眼鏡の, 空間的区別の, 線と, 編輯へ, 編輯を, 考えもの亀鯨兎蛙あざらし蟻ペリカンこの, 背後には, 袂には, 角柱から, 解説者が, 記事だけ, 記事で, 記事として, 記事の, 記事を, 記者でさえも, 記者として, 詩文に, 責任者に, 賑やかで, 辺で, 選者を, 鈴木桂子の, 長廊, 間から, 隅つこ, 階段に, 際まで, 青簾, 高さ

▼ 欄~ (147, 13.6%)

7 見て 5 見た 4 見る

2 [11件] 担任し, 担当し, 見せた, 見ると, 設けて, 設けること, 読む, 読んで, 賑は, 越えて, 離れて

1 [109件] あさって見る, あれほどの, かりて, くらべて, こえて, こすって, ごらんなさい, するすると, ちらりと一瞥, つくったらどう, つけて, とび越えた釘勘, のけて, ひらいて, まっさきに読む, むさぼる如く読み支那, めぐらした一堂, めぐらし十八世紀風, めぐり夜空, やめること, よむと, 一瞥すれ, 中心に, 主宰し, 作った, 作成し, 写したり, 出でたる豚, 分つた年表, 切りぬいて, 前に, 占有し, 受け持った, 受け持って, 受け持つ事, 受持つ事, 受持ゐたる, 圧迫する, 埋めてる恐ろしい, 境に, 幾まがり, 張り出して, 打って, 担任しよう, 担任する, 拡げて, 拡大し, 指した, 指して, 指差した, 探した, 探るべきなのに, 掲げて, 掴まへて, 掴んで, 描き円塔方柱, 握むで屹, 握りつ, 握んで, 新人気取りの, 早くから設け, 架けた中庭, 永いこと, 注意深く読み, 浄め立つ, 濡らして, 理解する, 眼を, 立てた美しい, 編集する, 舞台に, 被り店ぐるみ葭簀張り, 襲ひ, 覆わんと, 見ただけで, 見たらなるほど, 見たり, 見た事, 見ても, 見まいと, 見ますと, 見るだろうし, 見るの, 覗きながら, 設けこれ, 設け各界, 読みそれから, 読みたるのみ, 読みふけつて, 読み始めると, 読み家庭欄, 読むこと, 読むという, 読む心持ち, 読んだ, 賑した, 賑わして, 越えた平四郎, 越えなど, 跨いで, 踏み台に, 躍りこえて, 転載し, 開いて, 開くと, 開けて, 開設する, 離れた, 飾る八星形

▼ 欄~ (49, 4.5%)

2 あるが, 当時の

1 [45件] いつでも, おそらく大抵, お貞さん, かつても, こんなおそろし, そのままに, それぞれ違っ, たいして注意, ちゃんと彼, めったに読まない, アルハベツトの, ラジオ版や, 一日の, 一時松根東洋城氏の, 三百六十五日の, 主として婦人記者, 全部戯曲を, 八分乃至, 創刊号において, 君等の, 外洋の, 女流ばかり, 婦人欄へ, 廃止し, 廢止にな, 思うまま, 政府の, 政治的醜聞として, 書いて, 木札の, 朱に, 朽ち帝, 死後も, 殊に熱中的, 毎号紙数の, 毛筆の, 特別意義ある, 特色が, 私と, 空白の, 興味が, 角田竹冷氏が, 逆に, 題目だけを, 黙殺家庭欄は

▼ 欄~ (46, 4.2%)

5 あって 3 ある 2 ついて, 昨日までは, 眼に

1 [32件] あつた, あつて, あるが, あるだろう, いかにも淋しい, いって, かわって, すっかり, その場所, ちか頃, できたお蔭, できるに, ふるはぬといふ, もうけて, もつ記事, ようやくに, 倒れて, 傳へた日本劇の, 出来るよう, 埋められて, 戦争協力作家でなく, 拵えて, 死亡の, 段々やかましく, 片側に, 目について, 磨いた金, 社会欄と, 私には, 設けられて, 設けられること, 面白いので

▼ 欄~ (44, 4.1%)

2 幾度も

1 [42件] あつた, お馴染, この問題, たしかに君, ひどく腹, ほめて, もっとも盛ん, よく見覚え, ミオドラック・イヴロバッツ著, 三鷹へ, 人目も, 代用食について, 吾輩の, 囲んで, 売家の, 奮つて居る, 尽きて, 尾崎士郎氏が, 後は, 悪徳巡査の, 愚痴といやみだけじゃ, 愛子という, 感想を, 慈善病院孤児院等が, 批評家, 抗議された, 文士の, 書いたこと, 最も大きな, 東京の, 武蔵の, 毒筆を, 注意した, 発言した, 篠原蔵人が, 自分の, 西田博士が, 言葉を, 話題を, 讀んだこと, 赤丸の, 高見順が

▼ 欄~ (39, 3.6%)

3 肱を 2 一本の, 出て, 寄せて, 片足を, 腰を

1 [26件] あらわれた不思議, お収め下され, くくりつけて, それを, ふと目, もたせた忠房, ジュムゲジュムゲジュムゲの, 出ると, 寄稿し, 手紙を, 掛けて, 掲載される, 文学者と, 早速一文, 村の, 棒を, 歩を, 毎朝顔, 移ったと, 立ったり, 縛って, 走り寄っ, 載せたくらい, 面を, 順々に, 顔を

▼ 欄から~ (34, 3.1%)

5 下を 2 下の

1 [27件] いくらも, からだを, しばらくの, すぐ下, 一二節引用し, 出して, 出身した, 北斗の, 多くの, 始めて, 川の, 庭を, 往来へ, 戸外に, 手の, 投げ落して, 河原の, 百尺下の, 真下へ, 突っ立った, 腰を, 葉子と, 見つめて, 読んで, 身を, 離して, 離れて

▼ 欄には~ (30, 2.8%)

1 [30件] いかにも一種, きまって彼, こんな事, ちらほら参会者, なんと単に, ペルシャ猫が, 一二と, 中村孝也博士に, 二と, 二段抜きで, 五点という, 以前の, 僕も, 全然眼, 分明に, 同じ赤インク, 四親の, 戯曲しか, 昭和三年二月二十一日午後四時と, 東京市, 死亡の, 毎月それに, 燈火を, 硯友社の, 絞首刑の, 蔦蘿が, 親しみを, 豊砂橋と, 辻堂の, 隠居届を

▼ 欄~ (16, 1.5%)

1 [16件] いっても, なって, 三面記事しか, 中央の, 云い文芸欄, 云ふところに, 云へば, 備考欄とが, 区別されるべきである, 姓名の, 川岸との, 新傾向欄, 早稻田文學, 河べりの, 発信欄の, 週刊朝日で

▼ 欄~ (16, 1.5%)

2 の上

1 [14件] が見え, が見え出した, にかかっ, にすがっ, にもたれ, に半身, に水音, に身, の吹飛ばされた, の端, はどう, はもと, や金屏風, をめぐらした

▼ 欄にも~ (12, 1.1%)

3 たれて 1 かかる作品, たれた, どこにも, 二三行の, 何か, 大に, 娯楽雑誌の, 書籍小売店の, 矢や

▼ 欄~ (7, 0.6%)

2 に登録 1 で惡口雜言, に左, に毒, へ記入, を填め

▼ 欄~ (7, 0.6%)

1 にもたれ, に添っ, に肘, に飛び上ろう, の上, の厚, の間

▼ 欄では~ (6, 0.6%)

1 先生非か, 正宗白鳥が, 永井荷風などの, 無しに, 父親の, 良人の

▼ 欄~ (6, 0.6%)

1 建具は, 政治欄に, 政治欄を, 歌壇や, 歩廊の, 発送された

▼ 欄という~ (5, 0.5%)

2 ものは 1 ものに, ものを, ような

▼ 欄~ (4, 0.4%)

1 それらの, ない階子段, 干大根, 腐って

▼ 欄~ (4, 0.4%)

1 に斬り落され, の溜池, をうつ, を流れる

▼ 欄~ (4, 0.4%)

1 など生, に瑠璃草, やチューリップ, や亞米利加撫子

▼ 欄かの~ (3, 0.3%)

3 活字が

▼ 欄などを~ (3, 0.3%)

1 一べつする, 手伝って, 見るとも

▼ 欄まで~ (3, 0.3%)

1 できて, 読みあげる者, 走って

▼ 欄より~ (3, 0.3%)

1 下階を, 幼稚なる, 登り来る階段

▼ 欄~ (3, 0.3%)

1 に九十五行, に五十三, に六十五行

▼ 欄あり~ (2, 0.2%)

1 その内容, 短歌を

▼ 欄でも~ (2, 0.2%)

1 論ぜられて, 述べたこと

▼ 欄などが~ (2, 0.2%)

1 かすかに, 拡げて

▼ 欄などに~ (2, 0.2%)

1 しばしば伝えられ, 眼を

▼ 欄にかけて~ (2, 0.2%)

1 そこから, 聲高く

▼ 欄によ~ (2, 0.2%)

1 つて唾を, つて思索し

▼ 欄一樹~ (2, 0.2%)

2 の雪

▼ 欄~ (2, 0.2%)

2 には奇石

▼ 欄~ (2, 0.2%)

1 にまで進め, に虚碧

▼ 欄越し~ (2, 0.2%)

1 に庭, に模糊

▼ 欄~ (2, 0.2%)

1 にくくりつけ, を先

▼1* [85件]

あたりを読む, 欄ある梯は, 欄からは将来, 欄かんに至つて, 欄きぬ水色の二人, 欄これに生じ, 欄しに椰子, 欄ごとじっと押えた, 欄ずつ日ごとに, 欄そうだ, 欄だけを見ても, 欄であるが将棋, 欄でしたが, 欄ですそれに, 欄ですますことに, 欄といふところ, 欄とがあったが, 欄として又は特別, 欄とでも申しましょうか, 欄とに綱を, 欄とのあること, 欄とはちが, 欄とをおよそ幾棟, 欄などの狙って, 欄などは楢崎佐保子の, 欄なるものの, 欄なんぞをひっくり返え, 欄なんて少しでも, 欄にでものって, 欄によってのびあがった, 欄によるのに, 欄に関しても怠り勝ちと, 欄見れ, 欄ばかりみて, 欄ばかりがほのかに, 欄へと彼女の, 欄へのお応, 欄ほど頼りに, 欄まぢかに移された, 欄よりも幼年期を, 欄をばこ, 欄を通して欄の, 欄トップに先生, 欄ニ憑ツテ之ヲ観ルニ, 欄ハ學者ノ忌日, 欄ブック・レヴューも出版屋, 欄三分の一くらいに今, 欄うつくしき, 欄以外に掲げ居り, 欄に書きつめ, 欄保守です, 欄全体は現金勘定, 欄の日差, 欄の上, 欄娯楽欄は黙殺, 欄広告の代金, 欄所載の武田君, 欄の陶器, 欄打ちし音は, 欄があつ, 欄文芸欄に目, 欄杆伝ひに, 欄に群, 欄梨花と題する, 欄横檻の珠玉, 欄正覚山前残月, 欄と咲き, 欄玉階彼の裳, 欄百七十二頁に於, 欄を転ずれ, 欄社会欄等の記事, 欄第一線の現代作家, 欄の記事, 欄である, 欄花アネモネ薔薇そして枝, 欄花帽子の帶, 欄花罌粟の花, 欄西の最も, 欄記者に拾われ, 欄に案内, 欄近き籐椅子に, 欄近く籐椅子を持出し, 欄鉤ニ倚リ嬌声外頭ニ出ヅ若シ是織女ニ, 欄の山, 欄問訊