青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「楽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

楯~ ~極 極~ ~極めて 極めて~ 極度~ ~極端 極端~ 楼~ ~楽
楽~
楽し~ ~楽しい 楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念 概念~ 榮~ ~構

「楽~」 5874, 56ppm, 2052位

▼ 楽~ (1277, 21.7%)

58 なった 57 なって 48 して 28 なりました 21 なつた, なる 20 なると 16 暮して 13 なったよう 11 なったと, なったの 9 なるの, 暮らして 8 した, 暮せる 7 なります, なること 6 させて, なったが, なるから, 行ける 5 なったので, なりますよ, なるし, なるよう, なるわけ, やって, 違いない 4 しようと, なったかと, なるかも, なれば, 出来る, 日帰りが, 話が

3 [13件] しろ, すること, なったこと, なったところ, ならなかった, なるだろう, なるでしょう, なるん, 出来ると, 取れる, 息が, 書いて, 自分の

2 [60件] おなりに, させるの, してやる, してやるぞ, なったか, なったでしょう, なったという, なったとこ, なったね, なったやう, なったり, なったわけ, なったん, なった訳, ならざり, なりほっと, なりますて, なり始めた, なり朗らか, なるからって, なるだらうと, なるだろうと, なるという, なるといふ, なれるん, もつと, やれるの, 仕事が, 便利に, 全身が, 出ます, 出来ます, 出来るという, 取れます, 呼吸が, 呼吸の, 坐って, 居て, 居心地よく, 於て, 旅を, 暮らそうと, 来られるという, 横に, 歩けたが, 歩けます, 泊れる, 活計て, 濡れた世の中, 生活が, 登れそう, 登れる, 美しさ, 見物が, 読みこなして, 通れるよう, 遊んで, 釣れた, 食えて, 飲めます

1 [679件 抜粋] あがるが, あちこちと, あれ, あろ, あわせ刀玉取, いけるという, いたせ, いては, いわば自然発生的, うけとり, おなりなさる, おやすみ遊ばし, お山が, お相手, お話が, お金が, かく時, くぐれるくらいの, くつろいだ会話, くらして, くらせたらこの, こした楽, この大謀網, ござって, さし寄って, さす事, させた, させたが, させるため, させる方法, しかざること, しかつ, したいという, したもの, したらええ, しづや, してやらなければ, してやりさえ, してやりたいと, してやるからな, してやろうとして, しなくっちゃ, しなよ, しのいで, しや, しようぢ, しようとして, しろよ, すごすこと, するし, するため, すると, する以外, する道具, する間, すわろうにも, せい, その実用化, その組み合わせ, その返事, それこそ, ちぎれるそう, つきあえて, つとめられるの, できしかも, できそう, できて, できるん, とびだせますよ, とれる, とれるもの, どうぞ膝, なさらなければ, なさりませ, なすって, なったかい, なったし, なったためし, なったっけ, なったって, なったでは, なったとともに, なったとの, なったのに, なったのよ, なったほう, なったらこの, なったらしいが, なったらしいの, なったらしいブリュネット, なったらしくむやみ, なったろう, なったわ, なった彼, なった時, なった証拠, なっても, なつたでせう, なつたと, なつたわい, ならうと, ならうもの, ならないの, ならない貧乏, ならなかったこと, ならぬでは, ならねば, なられたらどう, ならんの, なり, なりかけたら幸福, なりきょう, なりここ, なりさ, なりその, なりたいから, なりたいという, なりたいの, なりたいわ, なりたさ, なりて, なりぬ, なりましたか, なりましたが, なりましたけれどね, なりましたすこし, なりましたわ, なりまして, なりますからな, なります明日, なりもう, なりやす, なり一日, なり今, なり体, なり四年, なり次郎, なり死ぬよう, なり胸, なり軽く, なり過ぎて, なるか, なるすこし, なるぞ, なるだろうじゃ, なるだろうとの, なるだろう愈々, なるであろうと, なるでしょうが, なるでしょうに, なるはず, なるまわり, なるもの, なるよ, なる一方, なる気, なる薬, なれます, なれるだらう, なれるの, なれるよ, ねられそう, ねるため, はいりうるもの, はかって, はっきりすきとおっ, ひけない気分, または威張つ, また新た, みること, むかって, もうけるという, ものを, やってのける, やつぱり暗い, やる, やるよ, やれねえの, やれるやう, ゆく, よめるなどという, わたれるやう, スラスラと, フリーな, 三角点に, 上から, 上げられるだろう, 上の, 上られるよう, 上下出来る, 下りられたの, 世の中の, 五分漕げる, 人間て, 今日を, 仕事を, 付き合える人間, 休めたろうと, 会えないの, 伸ん, 作って, 使うという, 供給する, 候ひし, 働けた, 儲けられる話, 入つて, 入るくらい, 入ること, 入れる, 入れるだろうし, 入れるほどの, 入れるもの, 入れる程, 入浴が, 八十束といふ, 共同主義へ, 其返事の, 出せりゃああ, 出せる, 出はいりできる黒い, 出ますから, 出ようとは, 出られないの, 出られるし, 出るよう, 出来たかと, 出来て, 出来ない辛抱, 出来るお, 出来るし, 出来るよう, 出来る日曜, 出来得ること, 前の, 剥けますが, 創作感興の, 勉強しよう, 動かなかった, 動けますので, 勝手な, 午後四時頃秋岡という, 及第の, 収容しうる, 収容できる, 取り返すこと, 取扱って, 受け流して, 口に, 召上れ, 合せつつ, 合わせて, 呑みこんだ, 呼吸を, 命じて, 唄い退ける, 喫み終る, 喰えること, 在しつて, 坐り直し手, 坐る男, 坐れ完全, 外せて, 夜更け, 大きな声, 天国へ, 始末が, 安ん, 安心し, 家計が, 寝かせて, 寝て, 寝ないと, 寝られるいい, 寝られるかね, 寝られるぜ, 寝られると, 寝られるよう, 寝ること, 小舞台, 届かせて, 差せるから, 己の, 巴里へ, 席を, 平和に, 幸若或は, 座席に, 延ばして, 弾かれます, 往っ, 往復する, 後れて, 後ろで, 御話, 息の, 息を, 悪性男を, 感じますけれども, 感ぜられる時, 感染し, 懐中に, 成った方, 成つて座の, 成りません, 成り候得共, 截れます, 戸を, 托して, 投り込め, 抜けて, 抜けます, 持ち運び出来るだろう, 持って, 持つよう, 挙りよく, 捌けないところ, 捻出し得る, 探り出す事, 推進できる, 換ゆ然, 擬したる, 救われたろうが, 敵を, 断定し得る, 新聞が, 早く建造, 時代と, 暢気に, 暮させたいと, 暮させて, 暮されるやう, 暮したいため, 暮したいもの, 暮すと, 暮すというばかりじゃ, 暮すの, 暮せるでしょう, 暮そうか, 暮らしたいもの, 暮らせるよう, 暮らせる世界, 暮らせ居候, 書けますわ, 書けるという, 有名な, 木を, 本当にしかも, 極まってる, 此小屋に, 此山に, 歩き廻るの, 歩き得るので, 歩けた, 歩けました, 死なさん, 死なせて, 死ねる丈, 死の, 残る月日, 殺しては, 殺せる筈, 江戸から, 沈んで, 沢山の, 治療できる, 泳げるので, 泳げるよう, 流れて, 浮いて, 浮遊し, 渡ること, 渡れると, 溶け合えなかっ, 漕げた, 漕げる境, 熊が, 現して, 現わ, 生え長兵衛, 生きて, 生きるため, 生活出来る, 発し得る肉声, 登って, 登れたが, 登れます, 登れる場所, 登用する, 百倍も, 目的の, 相違ない, 眠ること, 着く, 研究を, 積んだ身代, 立って, 立派な, 筒抜け, 素晴しく, 終る者, 羽織られて, 考えられないの, 考へて, 聞こえゴドンゴドン, 肉が, 肉や, 育てること, 背負う, 背負うか, 胸を, 腰かける事, 腰を, 自由な, 自由に, 致します, 茶碗を, 落ちつけるばかり, 落合の, 行きたいそうして, 行きました, 行くこと, 行くとは, 行くので, 行けます, 行けるぞと, 行けるやう, 行ける山, 行ったが, 行われたの, 西沢の, 見えるところ, 見つかった, 見られる, 見られるので, 見分けられるから, 見物する, 見透かされるよう, 解けたこと, 解けたであろう, 解ける事件, 解して, 解放され, 解釈すれ, 計算できる, 話しかけて, 話そう, 語りたさの, 読みこなす事, 読むもの, 読めて, 読めるから, 貫く, 貫太を, 買えるから, 買える筈, 越えながら, 越すこと, 足を, 踏む余地, 身を, 身をかは, 軽便に, 逃げられるよう, 透るそれ, 透る時, 這入るほどの, 這入るもん, 通ります, 通る路, 通れそう, 通れるほど, 通れる位, 通れる広, 通過された, 通過し得られる, 速く進行, 進行した, 遊ばせて, 遊べるわ, 過ごして, 過す事, 遣いこなせる程度, 酔いきって, 釣れる, 開いて, 開けられる, 開けられるよう, 間違いの, 関せざる, 降り容易, 面白く書ける, 頭蓋骨へ, 飛び越えた背, 飲み食い出来た, 飲めるね, 飽き芸術, 養えるだけの, 養す, 養われて

▼ 楽~ (584, 9.9%)

28 もので 18 仕事では 14 気持で 13 ものだ 10 ことで 9 ことは, んです 8 もんだ 7 のだ, のである, 気持に, 生活を 6 んだ, 姿勢で, 生活が, 身に 5 気が 4 ことが, のです, もの, ものさ, ようだ, 心持に, 気分に, 身分の

3 [16件] ことを, のか, ものです, ものは, ような, わけである, んでせう, 仕事だ, 仕事を, 姿勢に, 方が, 方へ, 暮らしを, 気分で, 登りを, 身分に

2 [33件] ことだ, ところへ, の, のね, のは, のよ, ものじゃ, ものだろう, ものであった, ものでない, ものを, もんです, やうな, ようで, ように, んじゃ, 事を, 事件は, 仕事じゃ, 仕事とは, 代りに, 呼吸が, 大股で, 姿勢を, 学校生活を, 広々と, 方へと, 方向へ, 方法で, 日だった, 暮しを, 気持ちでは, 道を

1 [272件] いい心持, お暮し, お白洲, からだだ, くらいであった, くらしが, くらしを, ことだけを, ことだろう, ことであった, ことである, ことでしょう, ことです, ことで御座いましょう, ことな, ことばかり, ご隠居, さい, しかもしっとり, じゃあります, たのしい旅行, ためと, ためパレスの, ため血液循環が, という日, ときは, ときも, ところと, ところも, ところ楽な, ねどこ, のかも, のが, のだらう, のだろう, ので, のであろう, のでこの, のでしょう, のでその, ので二階, ので何度, ので十時ごろ, ので字, のなり, のにちゃんと, のに左, のに橇, のよつき合う, ばかりでなく, ほど疲れ切っ, ほろり主義, もっと意義, ものか, ものかと, ものから, ものでありました, ものである, ものでした, ものな, ものなり, ものに, ものをと, もの入道は, もんさ, もんじゃ, もんで, やりくりであり, わけだ, わけにも, わで, んだろう, んでございます, ゲームが, コオスをと, ニヒリズムで, ハイキングである, フリーの, ンで, 一日行程である, 一部を, 上りで, 事が, 事も, 事業です, 人が, 人だ, 人は, 仕事したら, 仕事でございます, 仕事でした, 仕事でない, 仕事の, 仕事をと, 付合では, 代りつまらん, 以上に, 仲間に, 位置に, 作家では, 作業では, 信用で, 全心的, 兵站部に, 冬の, 処です, 切掛が, 刺戟では, 割の, 努力で, 勤めでは, 勤めなら, 勤めは, 午前を, 印象を, 呼吸を, 商売だ, 商売ぢや, 商売で, 商売に, 商売は, 商売を, 商買で, 四時間の, 固有の, 国だ, 地位に, 夜である, 奉公に, 姿勢であった, 季節に, 家なり, 宿で, 居住が, 山では, 広い世間, 座敷を, 役では, 役まわりを, 往生が, 往生やつた, 後見では, 得の, 御客様, 心持が, 心持を, 快いすらっと, 息を, 愉快な, 意義の, 感じが, 感じです, 或は楽しい, 手を, 手段では, 手段を, 手錠なら, 放逸された, 新味を, 方だった, 方である, 方な, 方を, 方法である, 方法なさうだ, 旅が, 旅であった, 旅の, 旅を, 旅立ちを, 旅行を, 日であった, 日は, 日を, 日本語です, 昔語りに, 時うっとり, 時が, 時代で, 時代に, 時間, 時間は, 時間を, 暮しが, 暮しで, 暮しでも, 暮しなんか, 暮しは, 暮しも, 暮である, 暮らしでも, 暮らしは, 書き方を, 本に, 椅子に, 楽しいこころもち, 楽な, 様に, 様にと, 様子で, 横坐りで, 次第だ, 気分が, 気分だった, 気持が, 気持ちで, 気持ちでも, 気持ちに, 気持でした, 気持です, 気持には, 気持も, 気持を, 水兵服で, 法が, 法で, 点が, 獄屋といった, 理である, 生きかたでは, 生き方を, 生業に, 生活は, 生活や, 画材に, 疾走の, 病気だ, 登りだ, 登りで, 登りでは, 登りな, 登山が, 登山は, 登攀, 目に, 相手では, 程度の, 筈だ, 筈だった, 絵具で, 者は, 職業に, 自を, 芝居が, 行手を, 行軍では, 親子の, 解釈に, 訳である, 話し合いてとしての, 話だ, 話では, 調子で, 路が, 路じゃ, 路である, 身, 身にな, 身の上, 身の上に, 身上であった, 身分で, 軽らかな, 途を, 過ぎこし方, 道が, 道だ, 道で, 道である, 道であるらしい, 道具だ, 面白い生活

▼ 楽~ (387, 6.6%)

25 音が 12 音に 10 音の, 音を 7 音と, 音は 6 音や 5 ような 4 日に, 茶店に 3 ようです, 原譜, 境に, 声が

2 [19件] おやじは, タネ, 一つ, 中に, 余韻に, 唄を, 屏風を, 情感動する, 旋律を, 歌の, 死, 清掻や, 着物を, 色, 音, 音とが, 音よ, 響きに, 顔を

1 [247件] あらしと, あらぬ家庭, いうまま, うちに, うまさ, ことを, さと, したたり, しらべです, そばへ, ために, ところへ, ないもの, のん, はじまりは, は柳, ひびきが, ひびき光, ほうのも, ほかに, ものの, も私, やうだ, やむひま, ゆるい奏曲, ようだ, ように, ケフクて, ゾロリと, フィナーレだった, 一つです, 一として, 一は, 一事を, 一座であった, 一番奥御園村園部と, 一週間分の, 三人会議の, 三紋付けたる, 上には, 上下ぞろい白縮緬の, 世界それを, 世界と, 世界を, 中から, 中でも, 中の, 中曾我や, 主体に, 乱声が, 乱舞と, 亭主だった, 亭主でございます, 人に, 人舞い, 会へ, 会丸一社中が, 住人多羅尾道賀と, 例の, 俄の, 保持者である, 俳優肖像画を以て, 先の, 先駆者あらゆる, 全曲は, 処と, 出でたこと, 出る迄は, 出来っと, 前に, 前の, 南端に, 取乱した湯上がり姿, 口から, 口ひとつで, 台本は, 合奏を, 名声は, 吹奏が, 告白と, 命を, 哀歌が, 喜劇を, 器をぞ, 地獄耳と, 城門を, 場合に, 境の, 壁画が, 壁画でしょう, 壁画の, 壁画を, 声, 声まさり, 声も, 多いもの, 多い世, 多様は, 大極, 天国と, 如きは, 如く落ち, 妙境が, 姿は, 季節である, 家の, 小袖という, 小袖の, 崎という, 工夫であった, 巷に, 幽妙, 弟子の, 影を, 役と, 後には, 後添い, 御身分, 心変りを, 念仏踊りの, 思はれて, 意味が, 感じが, 手から, 手の, 手は, 手もとを, 手下ばかり, 手前極りが, 才に, 描いたところ, 支那名である, 故に歌口, 断末魔, 新なる, 方にも, 方は, 方へ, 日は, 日を, 晩だ, 最初の, 最後は, 本態の, 本義を, 東屋を, 極蒼海けぶり, 楽たる, 歌, 歌に, 歌は, 死について, 死体を, 殿堂大衆娯楽の, 水茶屋が, 法を, 流行は, 海豚どもが, 涅槃に, 演奏は, 演奏を, 濁った声, 為に, 無いあの, 牡丹に, 特徴である, 独演会は, 生活を, 町は, 留守を, 着物の, 短歌を, 礼讃者の, 社会を, 神エウフロシネ, 稍乱れた, 種, 種アッハハハ楽に, 種楽しみ極まっ, 種苦は, 筆あれなる, 筆四季の, 筆竹園に, 系統としての, 結果の, 絵にも, 絵また, 義で, 羽織に, 翌日の, 自得に, 舞, 船, 茶, 茶わんも, 茶屋へ, 茶店の, 茶店へ, 茶碗である, 茶碗の, 茶碗や, 茶碗を, 茶飲茶碗を, 草花柳の, 葛城が, 虚無思想を, 袷羽織おなじ, 襖絵と, 詞曲を, 調べに, 調べを, 調子を, 諧律の, 譜か, 趣が, 途に, 進言の, 酒ほ, 酒殿の, 重要な, 長次郎が, 阿魔, 陶器だ, 陶工吉左衛門の, 雑誌の, 音いろ, 音ぐらゐ寂しい, 音す, 音だの, 音で, 音であった, 音である, 音とともに, 音につれ, 音ばかり, 音立つるなども, 音色とは, 響いて, 顔の, 類を, 風を, 飛沫ふつふつ, 飛鳥井を, 香合の, 馬上杯を, 駅に, 鼠と

▼ 楽~ (338, 5.8%)

74 にし 8 にする 6 があった, にした 5 とし, とする, に思った 4 とした, の一つ, はない 3 が無い, になる, に思う, もない, もなく, を想像

2 [11件] がある, そうに, て, とす, になっ, に思い, に来, に致し, のひとつ, をし, を発見

1 [177件] から遠ざかる, があっ, があり, がない, が七分, が其処, が出来なけれ, が多かっ, が無え, が無けれ, ぐらいの事, さこの, それに私, たまたま下枝, たりし, つつ欄頭, て再び, て又, て味, て生きぬべき, て笑, て鄙劣, で, でもあった, で大, で好い, で幸福者なんだい, で撃っ, で猿若, というもの, といふ, といふたら, とかいっ, としてその, としてゐる, として二人, として居る, とせし, とせず, と致候, と苦み, と見え, ながら今頃, ながら博士, ながら夜, ながら帰る, ながら机, ながら歩いた, ながら発現, にいたし, にしたい, にしてる, にしとった, にします, にしよう, にするだ, にならぬ, になりました, になりません, にねお婆さん, にまあ, にもし, にも充ちた, によく, に世間, に久松, に何, に其頃, に再び, に加え, に外妾, に夜中, に妻, に岸本, に帰途, に年寄, に従い, に御, に感じた, に成っ, に日, に暮した, に毎日, に為, に耽り, に耽りたかった, に買取っ, に酔うた, に食べる, に飼つた鯉, のない, のよう, の中, の処, の半分, はただ, はなく, はまた, は三世相, は其昔, は其身, は夢, は此処, は茶, は行脚的旅行, は金, ひとり悲んで, もありませんです, もある, もなくなった, も大方, も楽, も深かっ, も無い, も無く, よ, よくお, よりは苦み, よりもいかに, をさ, をさし, をもっ, をり, を与え, を与へ, を今, を今年, を再び, を包ん, を取っ, を取る, を喚び起す, を妨げる, を思う, を恣, を感ずる, を我と, を望ん, を止める, を殺がれ, を殺がれし, を求めるだらう, を知っ, を胸, を長, を除い, を驚かし, 一方の, 也, 互に得たる, 仁者は, 以上に, 候は, 吾が割れし, 唯もう自然, 夏に, 孔夫子が, 少く僅か, 少なき農民, 居候, 居候処俄に, 彫刻を, 涙を, 疲れに, 礼は, 礼を, 窮る, 終りて, 自己に, 苦むとも, 茶山は, 著み, 薄しと, 謳ひ, 身を以て, 道に, 雨を

▼ 楽~ (312, 5.3%)

23 して 13 させて 11 しようと 8 奏して 4 得て

2 [11件] さして, しようという, する, するつもり, する目的, 仕よう, 味ふ, 奏しはじめた, 奏でて, 好むは, 添へ

1 [231件] あらためず賢, うたいどよもし候えば, おひき, お舞い, かなでさせること, さしたいと, さして真実, さして置い, させずば, させぜいたく, させたいと, させなければ, させべ, させまする, させようため, させようと, させられたのにな, させるぜ, させるつもり, させると, させるとて, させるよ, させる処さね, させる料簡, させる様, させ是, されるだろう, したいからだけ, したいため, したいと, したいという, したいな, したいね, したいもの, したい安閑, したがるさもしい, したがる性分, したこと, したもの, したり, した人, しても, しながら, しなくても, しに, しまた, しやう, しよう, しようぜ, しようたって, しようとしては, しようとは, しようなぞとは, しようなど, するか, するため, するだろうと, するであろうと, するよりは, するん, する事, すれば, たくまず, つれて, なすとや, のぞめないもの, はかるの, はさんで, はじめ様ざまの, やらせたと, 一つに, 与えんと, 与え玉わんため, 両断し, 並べて, 二度目の, 享けられ, 享けん, 今一時間の, 仕様とは, 伴れ込んだ, 余所に, 作さんと, 使って, 傍に, 傷つけは, 入れて, 六芸の, 共にせん, 分つもの, 分出させた, 助けて, 化け物とは, 取つたもの, 取ること, 取去つたら世の中, 受け禅定, 口ずさみに, 同じ屋根, 含む, 吹くとき, 味わい仏教, 和し, 咏ずるなんて, 唱へたり, 問題に, 嘗め同じ, 夙くから, 奏させた, 奏さなければ, 奏し, 奏した, 奏したとて, 奏したもの, 奏しつつ, 奏しながら, 奏しぬ, 奏します, 奏し一峡呼応, 奏し天女, 奏し始む, 奏し技, 奏し旗, 奏し羈旅, 奏し蜀兵, 奏し読経, 奏し踊り, 奏す, 奏するその, 奏するとかいう, 奏するの, 奏するを, 奏する中, 奏する所, 奏する者, 奏せず, 奏づる, 奏でるとき, 奏でるなか, 奏で明るい, 好む自然, 好んだり, 好んで, 守つてゐる, 家業と, 山楽として, 引取って, 張って, 弾きながら, 待って, 律へ, 得させられた, 得たい禍, 得たり, 得べく山水花鳥, 得べし, 心得た奴, 択ぶなり, 招き富貴, 拵へ, 持ち候もの, 捨てずとは, 授る, 描いた, 改めずと, 散楽という, 望んで, 極むべし, 極めてなお, 極めるかの, 楽しむもの, 欣求する, 欲するも, 殺した時, 殺す動機, 求めたわけ, 求めやう, 求めようと, 求めるところ, 注ぎ入れたところ, 添へて, 為せない, 為では, 為やう, 為よう, 現実として, 生じたためし, 生ずるの, 生むか, 監督した, 相手に, 知らないこと, 知らなければ, 知り父, 立てて, 美音の, 聞いた後, 聞けば, 聴いたの, 聴いたら銀行, 聴きし頃, 聴き迂余曲折, 聴くが, 聴くこの, 聴くほどに, 胸に, 致し候, 舞って, 舞つた, 行ひ, 行ひます, 見しょうとて, 見つめて, 見に, 見やった, 見ること, 許さない, 語げて, 説き最後, 説くに対し, 誰か, 謡うの, 譲って, 貪り得る也, 貰って, 買うには, 贈ったり, 蹤けて, 追い出せとは, 追うて, 連れ込むの

▼ 楽~ (162, 2.8%)

36 はない 20 はなかっ 5 はありません 3 あつた, はございません, はなかつた, はなく 2 はある, はないでしょう, もない

1 [83件] あらう, あらうが, いい, いいだろう, うらやましい, かぶり心地, がんしょうがの, がんす, くさり芝居, げえ, ござりましょう, しかも時々, すぐ刈取る, せう, それなら, それも, それ以来旗下八万騎の, ただ少し, つとや, どんどんそれ, ね, ね息づかい, はあった, はありませんでした, はありませんです, はあるまい, はござらん, はな, はないだろう, はなくなり, は明らか, は無い, は無かっ, また速, もう遣っとる, もっと体裁, もなかろう, よいといふ, よいもの, ようございます, よく受ける, よろしい, わざわざ代らう, アットホームである, 三人組の, 今の, 余禄の, 便利である, 便利に, 先注意しなけれ, 吉川町の, 問題さえ, 大きい仕事, 好からう, 好きな, 始まる, 安全である, 安全剃刀の, 宜しい, 度び重る, 御金, 手堅い渋い話術, 早いという, 春から, 是だけでも, 有った, 松本君と, 案外早く, 気持よく, 登りとは, 綺麗な, 自然に, 自身でも, 舞は, 菅原の, 設備が, 話が, 近く二時間半, 速いけれど, 雪も, 面白いや, 面白く廻る, 食事

▼ 楽~ (142, 2.4%)

543 ということ, というの, と思う, と思った, な, ね, わ 2 からな, か知れない, が矢張, し, という, 楽だ

1 [100件] あネエ旦那ア, かしれやしない, から, からおまえさま, からで, からであった, からである, からです, からとすぐ, からと言っ, からね, から一度, から便宜上, から夜, から自分, かわかんねえ, か知れ, か知れなかった, か知れやしません, か解らねえ, がここら, がしかし, がそれでは, がそれでも, がだんだん, が一方, が下, が喇叭, が実, が実験室, が待ってる, が悪場, が登り, が遠く, が面白く, が頭, が首, けれども, けれどもいま, けれども座敷, けれども憩う, けれども毎日, この方, しかし人間, しその, しそれ, し仕事, し仕合せ, し当り狂言, し移民, し賃銀, し途中, それにしても水, ぞと答えた, というよう, という新聞, という触れ込み, という風, といっ, といふ, といふ有様, といわぬ, とかごりごり, とさえ思った, とでもいう, との事, とは云えないだろう, とは思えません, と云, と云っ, と云った, と云つて, と伸子, と内々, と口ぐせ, と大, と安心, と小菊, と思います, と思うだろう, と思うでしょう, と思っ, と思ひます, と感じた, と知った, と私, と考えた, と脱走, と見極め, と論じ立てはじめる, と銀ちゃん, なあれ, ねこれ, のなんて, べ, よと云, よどこ, アね, 急斜, 斎宮もう

▼ 楽~ (128, 2.2%)

2 そう言っ, できないもの, なかりけり浮世, 物に

1 [120件] あるまいからな, いかばかりでしょう, いつの間にやら, お菊, こういううち, この鍋, これを, ございません, させられねえ, しほた, すっかり気, すでに推古時代, そうない, その五代目, その茶碗, それからは, そんな故実, だまって, だんだん激し, ちょっといぶかし, ぢき, できねえ, できません, できませんやっぱり, どうのむ, どの家, なおさら地, なきもの, またこんな, またその, また来た, わがつかれとう, われに, ガラッ八, キリキリと, ツイ恥も, ホンマに幸福, ミンラクとも, 世を, 中, 二十五六か, 互いに顔, 代わるが, 何かと, 何楽と, 其れ知るべきなり, 出来ないと, 分けで, 分りますが, 剣を, 十分なり, 又別, 又楽, 口を, 吹奏され, 圓朝直門の, 大得意, 大急ぎに, 太田道灌の, 奈良じゃと, 好いが, 娘の, 学問なら, 小さく両手, 山楽でなけれ, 市中ながら, 平次の, 庭越しの, 彼方である, 後家独楽に, 得ず御, 御座んせんのね, 恐らく皆, 恐る恐る坐り込みました, 恐る恐る樽, 成るか, 房州生れの, 支配者の, 断崖を, 日曜に, 明けないうち, 時の, 普通の, 有之, 本名見, 本当の, 来るなれ, 柄に, 楽と, 正に, 沢山ある, 泣いて, 深かるべき, 漸く涙, 瀬戸黒の, 無いと, 無いの, 甚だあやしく, 田楽では, 真っ先に, 笑いの, 精進料理が, 細竹を, 翁が, 聞いて, 聴くべきもの, 能きない, 自分の, 芸者楽の, 螺旋椅子を, 衆とともに, 西から, 西域楽だろう, 見事な, 金で, 長生を, 青年の, 音楽と, 顔を, 飛出しました

▼ 楽~ (117, 2.0%)

10 ある 3 できて 2 あるので, 出来る

1 [100件] あつたら, ありますね, あると, あるの, あるもん, あるん, あればこそ, いかなるもの, いささかの, いつも, いつわって, いる故, くずれて, させたくは, さながら生ける, したいもの, したい訳, したけり, したさ, その廃墟, ちょうど四十歳前後, つくった陶器, できないけれども, できなかった時, できねえ, できます, できらア, できるから, できると, できるよう, できるん, どうした, ないでしょう, ないので, はじまる頃, よく記憶, わずかに, テムペラメントと, ボケた, 不図考, 不断に, 主であった, 人々の, 今の, 仲人に, 何か, 先代文楽と, 冴えた鋏, 出たもの, 出て, 出るやう, 出来ない, 出来るわい, 化物娘と, 十両の, 南門柱東を, 多くて, 大岡越前守殿と, 奏されて, 容易に, 幾つか, 引き抜き道具立, 引退披露に, 彼の, 待ち受けて, 後家独楽に, 御所であっ, 思う様, 成立する, 我々の, 手下を, 敷物を, 来る明日, 染み渡るよう, 横から, 正式の, 死んだ, 段々変じ, 殺されて, 池田新太郎少将の, 深いとか, 混じり池, 満ちて, 無ければ, 現はれ, 生じたこと, 着ると, 神前に, 答えたから, 耳に, 聞えて, 聞える, 自分を, 舞われるの, 苦の, 裂ける, 谷中浄名院なる, 追いかけて, 遠く聞え, 高座に

▼ 楽老人~ (102, 1.7%)

2 から出る, なの, の柄杓, の顔, は, はまるで, をつかまえ

1 [88件] いっかな退かない, いつもの, がいる, がお, がかれ, がそこ, がそば, がちょこちょこ, がスラスラ, が全身, が八代公, が口, が叫んだ, が書いた, が来, が首, このとき, この上様, そう一言ひと言, たいへんな, だ, だと, ちょうどすれちがった, つるつるの, である, とその, と上背, と主, と大岡越前守, と柳生藩, なん, なんかただ, にこの, にでもとっくり, に対面, に挨拶, に突っかえされ, に袖, に言いがかり, のこと, のほう, のほか, のやる, の声, の意見, の手, の眼, の言った, の言上, の言葉, はお, はおかしい, はからだ, はくすぐった, はせかせか, はせっかち, はそういう, はその, はそれ, はますます, はまた, はわが, はジリジリ, はチラ, は一匹, は人形, は何事, は受け取っ, は大きな, は平然, は憂わし, は殿中, は眼, は紙, へつつぬけな, へ御, へ突きだし, へ賄賂, もさっき自分, もそば, もにこにこ, も知らない, よりそれとなく, をじろりと, ナ彼, 大きな手, 大狼狽, 実に達者

▼ 楽~ (96, 1.6%)

3 せり 2 するのみ, 言ふ, 響けども

1 [87件] いうほどの, いうより, いえば, いって, いつたよう, いやしない, いろいろお話, お吉, お楽, お角, きた日, この味, した, しも, し希覯, する事暖国, する者, なし禍, なす, なす何ぞ, なったと, なって, なつて, ならむとやすらむ, なり, なると, なるの, ひびけども, ヒダ楽を, 一つの, 一緒に, 云い楽, 云う, 云う境遇, 云ふ, 云ふも, 伝えられて, 做した, 分類的に, 動との, 動とは, 動とを, 同一である, 喋りふた, 器とが, 執筆の, 大笑いです, 客観主義の, 屋根にも, 心の, 思うか, 感じるの, 昔の, 望とは, 染附と, 歌とが, 洪濤に, 満庭, 源助を, 為す, 焉馬と, 生死を, 申すもの, 祈り上げて, 聖譚曲, 聴かれて, 脂粉の, 自分と, 舞とが, 舞忽然と, 花やかな, 苦と, 角舘町に, 言い切支丹名, 言うた, 認める事, 謡うたり, 越前とが, 越前守とで, 越前守の, 越前守を, 違った人間, 鉄火で, 雅楽類だった, 響きそう, 響くなり, 黙行

▼ 楽~ (93, 1.6%)

7 をし 6 がし 3 して, のよう, をした 2 がある, の痕

1 [67件] がたくさん, がよく, が出来ぬ, が変化, が書かれ, が汚らしく, が無い, されて, したと, したも, した行灯, その振舞, だつて, だと, でいっぱい, でほとんど, で捏, としては随分, と小刀, などし, なども見える, によって有名, に相違, のし, のせい, の中, の余白, の作者, の形, の文字, の書体, の獅子, の研究, はしだいにはっきり, はじつに, はせぬ, はどこ, はひどく, は一切, は勿論, は徳川時代, は相成らぬ, は私, は赤鉛筆, もある, もし, も倭文字, をしたがる, をしたごとく, をしはじめる, をし散らし, をする, をやつ, を一つ一つ, を取上げた, を始めた, を思い出し, を思い出す, を恭しく, を極, を次, を発見, を禁ずる, を見る, を見詰め, を見過す, を読む

▼ 楽~ (91, 1.5%)

3 と藪八, の家, の駕籠 2 の手, は小さい

1 [78件] がいつも, がなぜ, がやって来る, が前, が当局中, が立ち帰っ, が薬籠, が訪ね, が駕籠, ただ恥じ入る, だの水野越前, とおもい, とかの, とても大岡どの, となつ, との関係, と義平太父子, と諮っ, と顔, どの自身, なら留守中, にあらずし, になっ, にも自信, に取り入っ, に托し, に縄, の, のこと, のすすめ, の一徹, の世事ばなし, の子, の意中, の方, の言, の足音, の門, の隣, の隣家, の養女, はあい, はあっさり, はいつ, はかれ, はさっと, はすぐ, はたしかに, はどう, はふり向い, はもう, はわが子, は何, は先, は出, は坐る, は夜, は役宅, は後, は憮然, は手, は洒落人, は深く, は自説, は貴様, は越前守, へも, ほどの名, も, もすぐ, も匙, も息子, も病人, よりも段ち, を信じる, を先生先生, を召捕っ, を追いかけ

▼ 楽んで~ (89, 1.5%)

6 いた 3 いたの 2 いたこと, いるうち, いると, いるもの, 居た, 歩いて

1 [68件] あげるからね, あるいは歌, いたころ, いたは, いた一ツ, いた画, いながら, います, いよいよ窮らざる者, いられて, いられました, いるかの, いるから, いるに, いるの, いる事, いる人, いる伊之はん, いる暇, いる間, いる際, おられる, おりました頃, おるなどは, やって, やってきた今度私, やつて, ゐた, ゐたが, ゐたの, ゐました, ゐます, ゐるうち, ゐるの, パンを, 人にも, 何の, 余生を, 内なる, 勝とうと, 去れりブラジル国, 口に, 家に, 居たでしょう, 居られたの, 居りましたが, 居る, 居るそれゆえ叔母さん, 居ると, 強ち, 慰めり, 憂いを, 死んで, 死んでしまつた, 毎月この, 毫も社会, 氏の, 溺れぬ季節, 穏健な, 老の, 肉の, 自らの, 見た, 見て, 見るの, 買ふ, 過ごす事, 陰に

▼ 楽~ (71, 1.2%)

29 文庫 6 文庫の 2 という, のなか, 玩具に, 道具を

1 [28件] がただ, が無器用, でも古く, といっしょ, として彼, のやう, のよう, の分子, の瀬戸物, の物置, もだんだん, をかなり, をむやみ, を取っ, を標榜, 文庫です, 文庫と, 文庫も, 文庫や, 文庫売上の, 文庫発行所硯友社なる, 文庫第, 玩具それが, 玩具で, 玩具と, 玩具に対する, 道具なんか, 道具は

▼ 楽じゃ~ (70, 1.2%)

9 ない 3 ないぜ, ないね 2 ありません, ありませんぜ, ないが, ないって, ないでしょう, ないと, ないの, ないよ, ないわ, ねえ

1 [35件] ありませんが, ありませんでした, ありませんね, ありませんよ, あるまい, あるまいが, あるまいと, あるめ, ござるまい, ないか, ないからな, ないからね, ないそう, ないそれ, ないそんな, ないですよ, ないな, ないなあ, ないなどと, ないねと, ないのよ, ないは, ないよう, ないらしいね, ないわね, ないわねえ, ないん, ない様子, なかろ, なさそう, ねえぞ, ねえな, ねえね, アございません, アそれを

▼ 楽~ (51, 0.9%)

8 うと

1 [43件] あしらったが, ある, あろう, いい演出, いつのまにか緊張, うとして, うとも, うと好, きけた, さうだ, させないと, すっかり気, する, せず火鉢, ついこの間, なく何物, なく知, ねえ老, ひっくるめて, ひどくエロ, まずそこら, やる, 五年の, 何もかも識, 其一種な, 出来たの, 出来やう, 出来ると, 初音屋の, 午前十時ごろ若い, 可うございます, 喨々と, 多かろう, 帝に, 平家物語も, 御車を, 心が, 拝む事, 枝折戸を, 殊の, 無い, 無いからなあ, 無いほどに

▼ 楽です~ (40, 0.7%)

742 な, わ

1 [25件] から, からその, からどうぞ, からね, から功徳, がそれでも, がでも, がどう, がねえ, がわれわれ私立探偵, が今, が大変砂, が日本, が雛, けれどもそれでも, けれども種々, し, しこころ残り, とひざ, ものねえ, よ隠れ, わそう, 体の, 気持の, 私に

▼ 楽~ (38, 0.6%)

2 とが一如, と楽手, と聴衆, の心

1 [30件] がい, がそれぞれ, がそれでも, が一人甲板, が人生, が他, が皆, たる春風, でそんな, で性格, になり, によって奏せられる, に優しい, に勝ちたい, のいない, のなか, のアルゼンチン人, の修行, の戦死, の手, の死骸, はさびし, はさらに, はちょい, は全然, は皆, ももう, や歌姫, を師匠, を養成

▼ 楽~ (34, 0.6%)

2 の中

1 [32件] が次々, が無, が高まっ, と四部作, についてすでに, に与えた, に比べる, のまん中, の一部, の中途, の妄想, の形, の意味, の断片, の終わり, はヨハン・セバスチアン・バッハ, は彼女, は螺錐, をくり返し, をこしらえ上げる, をこしらえ出した, をその, をぞっと, をつぎ, をところどころ, をともなっ, をひき終えた, を好む, を求め, を組立てよう, を頭, を飽く

▼ 楽~ (33, 0.6%)

2 のふたり, の輩, は槍

1 [27件] か, が, がそこ, が去る, だ, という魏, とのあいだ, と押しすすめ, と李典, などがよく, などみな歯, など主, など呉, なり, に斬っ, のひきいる, の子楽, の弩弓隊, の眉間, の真, は, はすぐ, はひそか, は首, や夏侯惇, を副将, を相手

▼ 楽~ (31, 0.5%)

82 だこと, だもの

1 [19件] だそう, だって, だであろう, だよう, だりする, だり人, だり鉱泉, だ吾人, だ将軍, だ後, だ故, だ方, だ者, だ風狂, でるです, でゐた, で為つて, で行く, で行った

▼ 楽である~ (27, 0.5%)

2 ことを

1 [25件] からした, からそれ, から劒沢, から猫又川, が, がそれ, がとても, が会場, が千九百三十九米, が困った, が研究, が零度, けれど伸子, ことは, ことも, し当然そう, という, ということ, となれ, とのこと, と共に着る, やうに, ように, 所から, 自身そのまま

▼ 楽には~ (27, 0.5%)

2 なったが

1 [25件] あれど, いられるくらいの, いるだけ, いるほど, それの, なお分らない, なって, ならざり凝っと, ならざれど, なり切れまい, 入れそう, 出来なかった, 取って, 暮されない, 暮せない, 楽かも, 楽です, 楽な, 気がつかなかったの, 相違ない, 米が, 行かず食はず, 行かない, 走れないこと, 通れませんでした

▼ 楽~ (27, 0.5%)

2 喜ぶなど

1 [25件] が如くならずし, が捨, ということ, というところ, という望, という美風, と云い, と言っ, に似, に最も, に有, に止まれり, に至る, に過ぎない, の仁者たる, の何の, の味, の智者たる, ばかりである, また一, を好み, を得, を知らざりし, イヤその, ネ

▼ 楽書き~ (25, 0.4%)

4 をした 2 をし

1 [19件] がある, がし, が戦争みたい, されて, されてる壁, して, しピラミッド, すること, するぞ, だ, でいっぱい, などをし, の文句, の的, をいたしまし, をいたしました, をする, を勝手, を書い

▼ 楽でない~ (23, 0.4%)

2 ことは

1 [21件] かもわかりません, があの, がその, ことから, ことだ, ことだけは, それに, といふだけで, とかうじうじ, ところが, とたちまち, と言う, のです, のでその, ほど病人, ものねえ, ような, ように, んだ, 日常に, 道筋であった

▼ 楽~ (23, 0.4%)

1 [23件] が力まかせ, が水火棍, そのほか, で, ですわ, といったよう, などの七名, にむかい, にむかっ, に会い, のするどい, の叔母, はうたい, はすっかり, はその, はとたんに, はまた, はもと茅州, は牢屋勤め, は頃あい, へかみなり, も従兄弟, を手伝い

▼ 楽だった~ (21, 0.4%)

1 [21件] か, かしれなかった, からである, から頑張っ, か知れない, か知れません, が国境, が意識, しよろこばれる, し彼自身, し皆, とは言え, のだ, のであります, ので私, のにと後悔, ものを, ように, よと, んだ, 位の

▼ 楽だろう~ (21, 0.4%)

2 と思います, と思う, と思っ

1 [15件] が其時, が資本, という憬れ, という説, といわれ, とついで, とほっこりし, と土地, と心配, と思いました, と思わず, と考えた, などとたより, に, よ

▼ 楽~ (21, 0.4%)

2 ない

1 [19件] しむ, しめること, しめるやう, ないで, ないわけ, ない別, ない容子, なかった, ぬの, ぬ心, ば楽め, むとする心の, れるだけ, れるの, ん, んと, んなど, んのも, ん事を

▼ 楽翁公~ (20, 0.3%)

2 の為人, の甥

1 [16件] が十一代将軍, が大いに, が奨励, が御, が禁裡, が老中, につれられ, のなされた, の天下, の寛政改革, の幕政改革, の書室銘, はそれ, は言, は酒間梅, は顔

▼ 楽~ (17, 0.3%)

2 り, るという

1 [13件] ないで, ば好い, よメエフイスト, よ光, るが, ると, るなり, るも, る前日, る王, る者, る色, る貴き

▼ 楽であった~ (15, 0.3%)

2 か, が煮

1 [11件] あの生活, かも知れない, からあと, が台地, ことは, というの, に違い, ので彼, ので選んだらしい, のに, のは

▼ 楽~ (15, 0.3%)

2 行く

1 [13件] こんな事, よばれ久保田, ビクター岡の, 例の, 向けた, 子爵連の, 寄り涼拌麺, 岡, 招かれ御馳走, 笑いかけながら, 行き上品, 行こうと, 行って

▼ 楽~ (15, 0.3%)

1 [15件] お静, つばめや, と見え, ないらしい, オラトリオが, シューベルトの, 一思いに, 俵屋宗達などの, 大庭, 婚姻の, 山王ホテルへ, 延喜楽を, 法師田楽などの, 肥後の, 都船の

▼ 楽でも~ (14, 0.2%)

2 ないん

1 [12件] ありかつ, あり手, あり船, あるの, あるまい妻子, あるらしく思い潜ます作法, させべ, ない, 一枚持っ, 三人な, 始めようか, 気が

▼ 楽という~ (14, 0.2%)

1 [14件] ことに, ものが, わけに, 一種の, 人も, 女房を, 字の, 字を, 師の, 者が, 若い芸者, 落語家の, 軍楽が, 輪舞い

▼ 楽~ (14, 0.2%)

2 軒云, 軒氏の, 軒氏は 1 助で, 助と, 助の, 助嵐吉松郎実川実太郎など, 軒の, 軒氏から, 軒氏が, 軒氏に

▼ 楽といふ~ (13, 0.2%)

2 のは, 随筆あり 1 とり屋へ, ものが, 一種の, 何だか固くるしい, 名を, 境界まで, 考へが, 言葉が, 語の

▼ 楽~ (13, 0.2%)

2 の境遇, の間 1 ありて, に至らしめ, の中, の創造, の境涯, を得, を見出し, を開く, 送流年

▼ 楽~ (13, 0.2%)

1 [13件] である, と, とに, にとろかされた, に克つた, に追われ, の, の渇, の苦痛, は君, を先づ了解, を求むる, を漁ら

▼ 楽むこ~ (12, 0.2%)

5 とが出来る 1 ころであった, とが出来ない, とが出来ます, となし, とは薄らい, ともする, とも出来ない

▼ 楽~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことが, ことで, ことは, もので, 一生を, 事だ, 仲間に, 唄が, 御暮, 日にも, 空想が

▼ 楽~ (11, 0.2%)

1 [11件] しれないよ, しれません, 出たら目, 分らないと, 又は当時, 知れないと, 知れないとも, 知れないや, 苦しいかという, 西洋の, 風通織にて

▼ 楽さん~ (11, 0.2%)

1 [11件] が一匹, と今, に清書, の店, の責任問題, はこの, はわざわざ, はニヤニヤ, は静か, も演, を外

▼ 楽しかるべき~ (10, 0.2%)

1 いわれは, ときでさえ, はずの, を, 世の, 会合が, 夏来たりぬ, 日曜を, 晩食に, 浮世を

▼ 楽そう~ (10, 0.2%)

1 だった, だったので, だと, だろう, である, なので, な姿勢, な顔, に押され, に長々

▼ 楽ませ~ (10, 0.2%)

3 てくれた 1 つつある, てくれ, ながら錯, むと, 人の, 少しも, 玉へ

▼ 楽~ (10, 0.2%)

1 せしむる土地, であり精神的, のため, のできる, の地, の地域拡大, をはかる, を与える, を得さし, を欲する

▼ 楽~ (10, 0.2%)

3 の志我津 1 の墓陵, の志賀, の故, の旧き, の比良山, の比良山風, の遺物

▼ 楽翁どの~ (10, 0.2%)

1 がお, とここ, にも来診, の申し立て, の行方, の隣家, へ誓った, も手, を待っ, を迎え

▼ 楽~ (10, 0.2%)

3 の横 1 から白十字, というの, と云, にいる, の前, の広い, の請負経営

▼ 楽~ (9, 0.2%)

4 やない 1 やありません, やあんめ, やねえか, やア, や無

▼ 楽~ (9, 0.2%)

1 で支那食, という寄席, とウイ, に筆札, のおかみ, のやき, の支那めし, の支那料理, を買い取り

▼ 楽~ (9, 0.2%)

2 もある 1 であり愉快, である, として建てられた, にある, を意識, を睥目, を脱すべからず

▼ 楽~ (9, 0.2%)

1 がうまく, がはじまっ, が自分, が降り, である, の変奏, をその, を口笛, を見出した

▼ 楽茶碗~ (9, 0.2%)

2 の如き 1 あるいは黒無地塗り, などを彼, に押され, に見ゆる, の完成, はその, は最初

▼ 楽~ (9, 0.2%)

1 にある, の前, の十番地, の大通, の屋根, の広, は大勢, へ入りこん, を散歩

▼ 楽~ (9, 0.2%)

1 という円宿ホテル, に落つき, の祝っ, は大, へ, へは帰れない, へまっすぐ, へ打った, より大分まし

▼ 楽かも~ (8, 0.1%)

2 知れぬ 1 わからないの, 知れない, 知れないが, 知れないこと, 知れないとさえ, 知れなかった

▼ 楽しからず~ (8, 0.1%)

21 ば来っ, やというよう, やの, や天, 己れ, 蒼海約し

▼ 楽まず~ (8, 0.1%)

1 なりて, にはいられない, に些, 一方に, 其後は, 動も, 如何に, 心は

▼ 楽みだ~ (8, 0.1%)

21 か知れませんでした, ということ, という人, と云った, と言った, な

▼ 楽~ (8, 0.1%)

1 である, であるまいか, です, に忙殺, は自己, を同, を奪われた, 亦多

▼ 楽~ (8, 0.1%)

1 が行い, たらんと, に劣らず, に擬し, に比し, に比せ, は地, は春秋戦国

▼ 楽ある~ (7, 0.1%)

1 ことなし, に至ら, のみと, は太平, ものと, ものに, を暁ら

▼ 楽から~ (7, 0.1%)

1 ざるをも, すすめられた, んとは, んよと, 採ったもの, 蝶花楼馬楽に, 醸される陽気

▼ 楽しか~ (7, 0.1%)

2 つた 1 あない, ことばかり, つたの, ッた, 気もちで

▼ 楽じゃあ~ (7, 0.1%)

1 ないか, ないね, ないよ, ないん, ねえさ, ねえて, ねえな

▼ 楽であり~ (7, 0.1%)

1 さうだ, なんとなく親しみ, 一身の, 又ひどく, 墨絵の, 自分に, 西域楽である

▼ 楽でした~ (7, 0.1%)

1 がそれ, が今, が旧暦, が昨夜, し何処, ね, 矢張上村君の

▼ 楽とは~ (7, 0.1%)

1 いったい鐘, なしたりき, バッハや, 思われない, 意味が, 施主だ, 言へ

▼ 楽にも~ (7, 0.1%)

1 ならず後で, 似たりけり, 召使の, 喜悦する, 猿楽にも, 私に, 飽かずなん

▼ 楽~ (7, 0.1%)

1 のやう, の余韻, やがやがや, をあげた, を聞いた, を聴い, 更に壮ん

▼ 楽~ (7, 0.1%)

1 が横笛, とした, とは高官, のわたくし, の屍, の石碑, を実

▼ 楽~ (7, 0.1%)

1 だ, との紛争, と恰度垣一重, の住職, の和尚, は彼, は陰鬱

▼ 楽~ (7, 0.1%)

2 の五人組 1 に対するモスコー派, の一人, の交響楽作者たち, の人々, の大

▼ 楽~ (7, 0.1%)

1 が夏, との関係, に触れ, を伝え, を喜ぶ, を夏祓, を行

▼ 楽~ (6, 0.1%)

1 うで肺部, であった, で主婦, はいや, は日なた, るるのみ

▼ 楽しかりし~ (6, 0.1%)

1 ころよ, ぞや, 日の, 時を, 経験といふ, 過去を

▼ 楽であろう~ (6, 0.1%)

1 が困った, が島々, と思います, と思う, と思った, よ

▼ 楽でなかった~ (6, 0.1%)

1 からともかく, が井口君, ことさえ, ことと, ことは, ので一人

▼ 楽とも~ (6, 0.1%)

1 いふべき一日, いふべき類, 弦楽とも, 思いも, 思わないで, 言は

▼ 楽むの~ (6, 0.1%)

1 が本当, だ, である, でした, は実に, を禁ずる

▼ 楽む人~ (6, 0.1%)

1 が年々, のため天, の少ない, の繁花, はない, は実に

▼ 楽~ (6, 0.1%)

1 の感激, の楽茶碗, はこの, は代々茶碗, も一般聴衆, も満堂

▼ 楽真院~ (6, 0.1%)

31 が, を, 御医師方子息

▼ 楽~ (6, 0.1%)

1 として雅楽, に譲った, のオーケストラ, の伶人, の伶人たち, の雅楽

▼ 楽~ (5, 0.1%)

2 事か 1 はあらざら, 夜の, 娑婆世界と

▼ 楽します~ (5, 0.1%)

1 ことに, ために, もの, ものも, 何物も

▼ 楽まし~ (5, 0.1%)

1 むるの, むるのみならず亦, むるものはおのづか, むる馥郁たる, めんと

▼ 楽むべ~ (5, 0.1%)

21 からざる, き友人, く毎

▼ 楽手たち~ (5, 0.1%)

1 がモツァルト, が席, の自棄糞, はそれ, は蒼ざめて死

▼ 楽~ (5, 0.1%)

1 と刻苦精進, のある, の乏しい, はモーツァルト, をなん

▼ 楽毅論~ (5, 0.1%)

3 から兄 1 の臨書, も残っ

▼ 楽~ (5, 0.1%)

1 の梨, の節調, や円車, や奈良丸, 然与

▼ 楽あれ~ (4, 0.1%)

3 ば苦 1 ば即ち

▼ 楽する~ (4, 0.1%)

1 ことの, ことを, ごと考えでる, 事を

▼ 楽だらう~ (4, 0.1%)

2 と思ふ 1 しテレビ, 君は

▼ 楽なる~ (4, 0.1%)

1 のみなりしも, 地狂言が, 弥撤の, 挽歌が

▼ 楽まざる~ (4, 0.1%)

1 心は, 所なり, 故を, 生を

▼ 楽ませた~ (4, 0.1%)

1 か知れません, に相違, 事でしょう, 庭の

▼ 楽ませる~ (4, 0.1%)

1 ことが, ものを, 劇, 歌です

▼ 楽みたい~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 と思う, のである

▼ 楽みで~ (4, 0.1%)

1 この手伝酒, なかなか死ねない, もなけれ, 幸い今宵

▼ 楽みなん~ (4, 0.1%)

2 です 1 だから, ですよ

▼ 楽む事~ (4, 0.1%)

1 が出来るであろう, にし, は出来ない, を得べく

▼ 楽む心~ (4, 0.1%)

1 から彼, に生きなけれ, もて, を鷦鷯

▼ 楽ホテル~ (4, 0.1%)

1 のニューグリル, の三階, の自分, へ連れ戻った

▼ 楽~ (4, 0.1%)

1 の末, の村, はその, 主船司

▼ 楽~ (4, 0.1%)

1 がいきなり, という俳人, のつながり, の末裔

▼ 楽春院~ (4, 0.1%)

1 という, として載せ, に作っ, は元

▼ 楽源太郎~ (4, 0.1%)

1 が為したる, と地の利, の命, の添書

▼ 楽翁さま~ (4, 0.1%)

2 を乗せ 1 のお, をお

▼ 楽翁侯~ (4, 0.1%)

1 が政柄, に近侍, の歌, の養母清照院

▼ 楽翁自身~ (4, 0.1%)

1 がひどく, が式台, すぐ出, すら医者

▼ 楽進李典~ (4, 0.1%)

1 などの加勢, のふたり, の二名, の二手

▼ 楽あり~ (3, 0.1%)

1 とおっしゃった, 十歩則ち, 楽ある

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 吉弥助, 吉源吉ガラッ, 菊の

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 世に, 夜に, 暮せる

▼ 楽これ~ (3, 0.1%)

1 に越す, はすべて貴様, より大

▼ 楽だって~ (3, 0.1%)

1 もう日, 気の, 笑って

▼ 楽だの~ (3, 0.1%)

1 いやもう, 友松だの, 贅沢だ

▼ 楽でしょう~ (3, 0.1%)

1 と思います, ね, ねえ

▼ 楽にて~ (3, 0.1%)

1 余は, 推し通すは, 斎藤先生送別小宴を

▼ 楽にと~ (3, 0.1%)

1 すすめると, ほると, 言つ

▼ 楽ばかり~ (3, 0.1%)

1 いたしたいとは, しようと, でも

▼ 楽みし~ (3, 0.1%)

1 がただ, という, ところなり

▼ 楽みであった~ (3, 0.1%)

1 のです, ようでした, 時代の

▼ 楽みと~ (3, 0.1%)

1 おもふ, なせし, なつて

▼ 楽みの~ (3, 0.1%)

1 その杯, 大いなるほど苦しみ, 深い幸福

▼ 楽友協会~ (3, 0.1%)

1 における初演, に紛糾, の演奏会

▼ 楽和さん~ (3, 0.1%)

1 てえの, とかいう, には吝

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 で催された, で管絃楽, の中央

▼ 楽女貂蝉~ (3, 0.1%)

1 が袖, であった, というもの

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 とでも言う, の境, の大家

▼ 楽家録~ (3, 0.1%)

1 には軾, には鏡, に拠ります

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 に鼓, の伶人, の役人

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 の二騎, の駒, は一抹

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 にも越え, の仙楽, を講じる

▼ 楽手達~ (3, 0.1%)

1 が, も同じ, も小金

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 が始まり, に出かける, を勧められた

▼ 楽書する~ (3, 0.1%)

1 のか, ものと, ものとき

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 の, も嫋々, 放飲

▼ 楽~ (3, 0.1%)

2 には終身 1 に身

▼ 楽玻璃~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 めいた裂罅

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 に蛟窟, の李誕, の県令

▼ 楽~ (3, 0.1%)

1 で宝山, に転生, また音楽天

▼ 楽くに~ (2, 0.0%)

2 仕上げる事

▼ 楽させ~ (2, 0.0%)

1 てあげんならん, てやる

▼ 楽そのもの~ (2, 0.0%)

1 すらも感じ得ない, に関係

▼ 楽だけは~ (2, 0.0%)

1 一文半銭も, 一行の

▼ 楽であっ~ (2, 0.0%)

1 てまだ, て所謂

▼ 楽でございます~ (2, 0.0%)

2

▼ 楽でな~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ 楽でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば永徳

▼ 楽とかいう~ (2, 0.0%)

1 そうです, 女は

▼ 楽との~ (2, 0.0%)

1 上にも, 分離による

▼ 楽とを~ (2, 0.0%)

1 併享くべき, 愛して

▼ 楽なし~ (2, 0.0%)

1 あたかも仏, ょうばいではないて

▼ 楽など~ (2, 0.0%)

1 出来め, 弾かむ

▼ 楽などの~ (2, 0.0%)

1 狩野調から, 豪宕絢爛な

▼ 楽なんぞ~ (2, 0.0%)

1 したくねえ, やる奴

▼ 楽にでも~ (2, 0.0%)

1 お命じ, 送らせて

▼ 楽ひとり~ (2, 0.0%)

1 が頑張る, だった

▼ 楽みである~ (2, 0.0%)

1 と同時に, と言

▼ 楽みでございます~ (2, 0.0%)

1 な貴女様, ね

▼ 楽みです~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 楽みなこと~ (2, 0.0%)

1 さえありゃ, には自分

▼ 楽みなもの~ (2, 0.0%)

1 だと, はない

▼ 楽みは~ (2, 0.0%)

1 あるもの, 即ち予

▼ 楽み居り~ (2, 0.0%)

2

▼ 楽むか~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 楽むよう~ (2, 0.0%)

1 に成った, に生れ

▼ 楽む事実~ (2, 0.0%)

2 に天幸

▼ 楽む歌よみ~ (2, 0.0%)

2 が多く

▼ 楽む者~ (2, 0.0%)

1 がいや, に及ばない

▼ 楽やら~ (2, 0.0%)

1 うんともす, 舞うけに

▼ 楽よりも~ (2, 0.0%)

1 しげく, 東遊びの

▼ 楽らく~ (2, 0.0%)

1 としていられる, 掛かりそう

▼ 楽んでを~ (2, 0.0%)

1 るか, るの

▼ 楽一人~ (2, 0.0%)

1 だけ, ですから

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 という南地, の原田式道具

▼ 楽~ (2, 0.0%)

2 破笠が

▼ 楽友館~ (2, 0.0%)

1 の広間, の給仕

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 と南支, の悒鬱

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 其中で, 其中まことに

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 がながれ, の音

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 の心境, の必須条件

▼ 楽屋入~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 楽師匠~ (2, 0.0%)

1 がいた, は昨夜

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 から造形美術, に民間

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 よりやうやう, を作った

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 の彼岸, の破片

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 にあらず, に来たるや

▼ 楽手ら~ (2, 0.0%)

1 のやっ, はめいめいただ自分

▼ 楽散人~ (2, 0.0%)

1 とかいえる, の昼寝

▼ 楽書帳~ (2, 0.0%)

1 が今日, にたより

▼ 楽東門~ (2, 0.0%)

2 に達する

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 しながら, をし

▼ 楽椅子~ (2, 0.0%)

1 に凭, を夫

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 と南町奉行大岡越前守様, にお目にかかる

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 に凭掛, に此群

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 だぞ, の悲愁

▼ 楽田楽諸国~ (2, 0.0%)

1 のひなぶり, の地謡

▼ 楽翁時代~ (2, 0.0%)

2 の江戸

▼ 楽翁様~ (2, 0.0%)

1 も決して, やあなた様

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 と絃楽者, に限り

▼ 楽至安~ (2, 0.0%)

1 の地位, の天地

▼ 楽~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 に較べ, の軍用列車

▼ 楽過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て人麿, て彼

▼ 楽~ (2, 0.0%)

2 無憂

▼ 楽頭職~ (2, 0.0%)

1 として大した, を継がせる

▼ 楽~ (2, 0.0%)

1 な, の柄附

▼1* [482件]

できねえよ, 楽あたりにある, 楽あまりに緊張しすぎた, 楽あらゆる人の, 楽いと書いて, 楽いような所謂, 楽ものは, 楽うしている, 楽お前のよう, 楽かい満足かい, 楽かが絢爛として, 楽かたわらの扇, 楽かったと申す, 楽かと云えば, 楽かというような, 楽かな定県, 楽かなんぞの大時代な, 楽かるべき大礼を, 楽がきのごとく, 楽くなもんだ, 楽く美しい花園である, 楽く遂げられる事に, 楽けむ吾が通, 楽に戦い, 楽この境地が, 楽ごときは番頭, 楽ご覧なされいご覧, 楽さうな日も, 楽さまから, 楽さん長屋の人たち, 楽しからずやといったさま, 楽しからねば公園, 楽しかりにし, 楽しかるびょうとも, 楽しまうといふ元気, 楽しましてくれる, 楽しますべきかというの, 楽しまふとする, 楽しめり玉ふくむ, 楽しようって, 楽じゃあねえ屋敷者, 楽じゃあねえ楽じゃあ, 楽じゃろうてハハハハハハハ, 楽すぎて毎日, 楽すぎるくらいよ, 楽すぎる打つてつけ, 楽すすむなり夜ただ, 楽すなる伶人の, 楽すれやいい, 楽そちの抱い, 楽その黄金が, 楽そのうち又タイアップ, 楽その他神楽系統のもの, 楽それがお前, 楽そんなところは, 楽にし, 楽たる所以が, 楽だったろうが手頃, 楽だつたが, 楽だつたせゐもある, 楽だつたらいいだらう, 楽もとの, 楽くりし, 楽ってものさ, 楽ふうち, 楽であったろうに小次郎め, 楽でありますから, 楽であり見て居る, 楽であるごとく喨々として, 楽でございましたがだんだんそう, 楽ですつかれかたが, 楽でないらしいのは, 楽でなかろうと思えた, 楽でなくてはならない, 楽でなくなったというよう, 楽でなく困り抜いた揚句であったろう, 楽でねえ坂へ, 楽でみいりのある, 楽で好んで蛇, 楽で寝られるんじゃ, 楽で打ちよいよう, 楽で無いもので無けれ, 楽で疲れませんもの, 楽といったような, 楽とが対立し, 楽として認識し, 楽となつてから, 楽とべにおしろい, 楽とまで呼ばれ猿楽師, 楽と共に左右楽部として, 楽どこか俺, 楽どころでは, 楽どころかもう本当にいや, 楽どのがお, 楽どんに会わする, 楽なきのまま, 楽なくしては, 楽なさって跡腹, 楽なぞいうもの, 楽なぞはこの現代的感覚, 楽などというと, 楽などと共に緑林に, 楽などにも著しく外国楽, 楽なども最初は, 楽などをもって, 楽ならむ, 楽なりこの曲, 楽なればこんな, 楽な駈足で, 楽における個性の, 楽にこそなって, 楽にさえ悦喜にさえ, 楽について論評された, 楽にまで溯つて, 楽にゃ行かねえそうですね, 楽によって生活を, 楽にわかに別人の, 楽に対して民間の, 楽に関する教へを, 楽のきげんを, 楽のねに心上の, 楽のみが栄え伎楽, 楽ばかりになって, 楽ふたたびそこへ, 楽ほどの知恵が, 楽まうとする, 楽まさるる事は, 楽まされし貫一も, 楽まざりしを密か, 楽ましめ能く人生, 楽ます園主の, 楽ませずには置かなかつた, 楽ませようとし, 楽ませるだらうといふ, 楽ませ驚かせ危がらせ, 楽またその過半, 楽まで売切れとか, 楽までは平時なら, 楽みだし芸を, 楽みだろうな, 楽みであり我自らの, 楽みでしたわねえ, 楽みでしたろうが私, 楽みでつんだり崩し, 楽みでない筈は, 楽みとし得意と, 楽みどころでない道楽どころ, 楽みなのだ, 楽みな事アねえ, 楽みのかず夜は, 楽みの上にては竿, 楽みより御自分, 楽みらしく勤に, 楽み待っている, 楽み待つなる流眄を, 楽み得ることを, 楽み看る所で, 楽み耽つて居た, 楽み聞きし誰彼, 楽み過ぎて来た, 楽み食べる時は, 楽むではなし品柄も能, 楽むとも知らず, 楽むというのではなく地から生れた, 楽むという人が出, 楽むという訳でない, 楽むという風の娘, 楽むといつたやうなのんびりした, 楽むといふのはカアネギーから始まつた, 楽むところがあるように見受けられます, 楽むところを度として改正, 楽むと言ひしは, 楽むなどいうのは一つもない, 楽むにもそれ, 楽むに外ならざるべし, 楽むは所有人事の根柢, 楽むばかりで言わばその, 楽むものと思はれます, 楽むもの虞ふもの, 楽むやうになつた, 楽むような愉快な女学生, 楽むような精神が仄, 楽むようにお休になった, 楽むようになってから智識的な事, 楽むよりも団子でも食べたい, 楽むんだ, 楽む一場の風流, 楽む主人も不幸, 楽む人世間にいくら, 楽む人俳句を楽む人, 楽む人其他種々なこと, 楽む人歌を楽む人俳句, 楽む子供もあれ, 楽む守銭奴なりしかして, 楽む就中好んで, 楽む念願ありまた, 楽む所ぞ, 楽む気もない, 楽む点であるそれ, 楽む種々な朝顔, 楽む若旦那の心, 楽む道なるを, 楽めったに引き, 楽もうでは, 楽やき面白い, 楽ゆえ段々漕上, 楽手が, 楽よりは背中に, 楽の手下, 楽らしいくすんだ中に, 楽らしく何かと取り繕い, 楽ら墓参の途次, 楽をばお為せ, 楽をも以外に, 楽させるん, 楽シイ生キテイタ時ヨリ遥カニ楽シイ, 楽シイコトモナイシ颯子モ病人扱イニシテ真面目ニ相手ニシテクレナイコンナ有様デ生, 楽シイコノ上ナク楽シイ生キテイタ時ヨリ遥カニ楽シイ, 楽シキニ当テヤ老婦笑ヒ少女笑ヒ, 楽シミヲ考エツイタ, 楽シミガ消シ飛ンデシマッタ, 楽シミト食慾ノ楽シミトデ生キテイルヨウナモノダ, 楽シミニシテイタガ京都滞在中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 楽シミニシテルンダカラ佐々木サンヲ行カシテオヤンナサイヨ, 楽シミニシテ居タガ六月カ五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 楽シミノ方ガズット大キイ筈ジャナイカ, 楽シミヨリ君ノ楽シミノ方ガズット, 楽シミ一律ニ拘ラズ, 楽シムコトガ出来ナクナッタ腹癒セニセメテ他人ニ冒険サセテソレヲ見, 楽シムベシか, 楽シンデ溯江数百里, 楽セリフが一体, 楽チンきわまるもの, 楽たらないん, 楽アル, 楽デー今日は放心日, 楽トンガリ座の若手新人熱演, 楽ナヤマシ会同人忘年会で富士見町, 楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ極, 楽ニ死ノウナンテ虫ガヨスギル今苦シムノハ, 楽ハネ後銀座へのし, 楽ミ得ル者当ニ是, 楽ミ申候今夜もふで, 楽ルパンへ寄り, 楽奏ス, 楽デ其大ナルヲ知ラズ, 楽一揃いとして普通, 楽万歳楽と屋根, 楽三万人虎を市, 楽三木助の五君, 楽三枚重ね黒魚子五つ紋, 楽三遊亭圓生もっぱらこれ, 楽自在な, 楽君子邇, 楽の寒冷, 楽仰不, 楽也得天下英才而教育之三楽也, 楽事一切集まる, 楽事春多少, 楽となり, 楽人事を弁ぜず, 楽以上であるが, 楽仮面の伝統, 楽休みだ, 楽会会長の原田幸太郎氏, 楽佐藤邦夫も来た, 楽俗眼の見る, 楽修行になる, 楽に一封, 楽先代燕枝華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 楽光悦宗達等の色彩絢爛, 楽から試楽, 楽其ものである, 楽其他奥州に分布, 楽其俗鄰国相望鶏犬声相聞民至老死不相往来, 楽其俗隣国相望鶏犬声相聞民至老死不相往来, 楽其方ではない, 楽出来れば, 楽十六年死す, 楽半分に発行, 楽となり, 楽友会館に於ける, 楽古田織部光悦小堀遠州, 楽句全体をひいた, 楽句自分の気に入った, 楽右衛門は全く, 楽合奏などした, 楽吉宗公の三人, 楽和おばさん飲屋を訪ね, 楽和それと湯隆, 楽和もすぐ飛び込ん, 楽和大砲火薬の智識, 楽和張青孫の妻, 楽和解兄弟とひとつ, 楽和鄒淵鄒潤の四客, 楽善堂という, 楽喨々のうち, 楽地ナリともいっ, 楽地獄だ, 楽地蔵に詣, 楽になっ, 楽堂下ノ楽, 楽声快活に敬虔, 楽声沙門伊留満等の祈祷唱讃, 楽変化天の如き, 楽大岡越前が相談, 楽夫婦と親子, 楽女たちが美音, 楽女の子大さわぎ, 楽嫌いを真っ向, 楽孝経の緯書, 楽官補佐の陽, 楽との婚儀, 楽家康がしばしば, 楽家達の優しい, 楽寄席に行く, 楽寺事件の終篇, 楽禦書数と, 楽小山三小はん, 楽少く妻ある, 楽就陳紀梁剛の四大将, 楽展覧会を見る, 楽と自称, 楽府一巻其他文集詩鈔の類, 楽府政記そのほか, 楽府艶史の類, 楽府詞に云, 楽府雑録を読む, 楽助夫婦, 楽往生したこと, 楽律的性質を内蔵, 楽御酒漫談など, 楽悲何れの観想, 楽の私, 楽などを綜合, 楽手二名だけ見える, 楽手寮など数え, 楽手稽古被仰, 楽改め八代目林家正蔵君の, 楽長十郎団子踊り, 楽旅行の楽, 楽といふ観念, 楽映画のかなり律動的, 楽春院二百表元矢, 楽時代の土俗, 楽書きせんとして背伸び, 楽書きだらけの汽船, 楽書したる児童が, 楽書みたいなもの, 楽書一切相成らぬ壁, 楽書同然のまた, 楽書無用夫れは, 楽哉, 楽来れども打背き, 楽来年の日光, 楽来往常ならずして, 楽の着つけ, 楽様々二にも愚楽様々, 楽次郎という役割, 楽欲主義と云, 楽歓迎の祝辞, 楽殿の楽器, 楽毅いま何処にあり, 楽毅之伝を読む, 楽毅伝のあの, 楽漕ぐ人, 楽永徳であるか, 楽没際涯の劫風, 楽派五人組の最も, 楽浪あたりと交通, 楽浪丸の一等船室, 楽浪文化を朝鮮, 楽浪海中に倭人, 楽浪郡または帯方郡, 楽浪郡以下の四郡, 楽清閑楽在其中, 楽源太郎富永有隣小河真文古松簡二高田源兵衛初岡敬治, 楽無く復憂い無し, 楽煎餅の別荘, 楽は頭, 楽燕張りの節廻し, 楽燕門人の浪曲師, 楽とやら先の日, 楽はおらぬ, 楽生母は草心尼, 楽うる紐, 楽男子の会心事, 楽なもの, 楽目黒の茶屋, 楽真院法印多紀安良法眼である, 楽真院法印父安長奥御医師, 楽真院門人森養竹である, 楽着用として実に, 楽礼讃の短歌, 楽のお玉杓子, 楽が彼等, 楽等々その中心, 楽答えて, 楽紅燈緑酒美人の膝, 楽細君を携, 楽は除く, 楽総ての自由, 楽の着物, 楽や史牟, 楽翁さんというお, 楽翁どのきょうは一つ, 楽翁コーの, 楽翁事松平越中守を, 楽翁公定信を老公, 楽翁公山形の鷹山公等, 楽翁公松平越中守定信の執政, 楽翁宇治黄檗の鉄淵禅師, 楽翁白川老侯は, 楽翁逃げかくれする者, 楽老人ただの風呂番, 楽老人ひそかに思っ, 楽老人ひとりを相手, 楽老人スックとたちあがった, 楽老人一度にそこ, 楽老人上様拝領の葵, 楽老人亀背なん, 楽老人以外にはない, 楽老人城中では常に, 楽老人将軍さまのお, 楽老人神屏風を作っ, 楽老人配下の忍び, 楽而王天下不与, 楽を欠い, 楽の管楽, 楽能楽演劇を見る, 楽自在なるを, 楽のよう, 楽舞用具の一種, 楽舞部の台本, 楽花見月見雪見等に行く, 楽としての発達, 楽即楽, 楽茶園と言う, 楽といふ此, 楽華族はケチ, 楽を読, 楽薩摩御召大島結城位の区別, 楽を奥, 楽西域楽は音楽, 楽西域楽仮面の伝統, 楽見せ物興行物を見る, 楽角笛のうち, 楽という書物, 楽を以て飲宴, 楽詩人に見る, 楽詩人シュピッテラーの巨人族的叙事詩, 楽せよ, 楽調あり, 楽謡部はその, 楽貧乏楽この境地, 楽賀皇恩などという舞, 楽進たちであった, 楽進もひとりで, 楽進于禁などの諸, 楽進字は文謙, 楽進曹仁らは主君, 楽進李典徐晃などの勇将, 楽遊君が部屋村, 楽道灌山に武蔵野, 楽を飲ん, 楽鈴木桂介の所置, 楽に杯泉, 楽鍵ごとにその, 楽長門の編物, 楽閑叟杉本樗園である, 楽阿弥も魂, 楽院上陵の阪道, 楽院貞芳と云, 楽院飯田氏の名, 楽陵王の舞, 楽韓暹胡才の三親分, 楽頭職観世大夫が平伏, 楽ひ物, 楽すること終日, 楽高畠藍泉というよう, 楽高麗楽よりも東遊び, 楽黙々の中