青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「棒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

梁~ ~梅 梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒
棒~
~棚 棚~ 棟~ ~森 森~ 森林~ 棺~ 椀~ ~椅子 椅子~

「棒~」 5991, 58ppm, 2000位

▼ 棒~ (1377, 23.0%)

81 持って 26 もって 16 引いて, 手に 15 持つて 12 取って 10 して, 握って 8 入れて, 呑んだよう, 拾って, 横に, 立てて 7 のんだよう, 出して 6 かついで, 引いたり 5 かって, 引く, 振って

4 [16件] かかえて, さしこんで, ついて, とって, はずして, もつて, 何本も, 動かして, 唐櫃と, 外へ, 小脇に, 抜いて, 持ったの, 持ったり, 握ったまま, 揮って

3 [20件] かざして, したり, たてて, つかんで, なさりませ菊, ふりあげて, ふりまわして, 倒すよう, 加へ, 取つて, 呑んで, 引いた上, 投げすてて, 抜くと, 振り廻して, 構えて, 水泡に, 片手に, 肩に, 見て

2 [76件] あげ, かつたり, きりきり眼, さしのべて, さし込んで, されるもの, しっかりと, すべりおりて, そこへ, つかって, つきだして, つけて, なぜ外, ならべたよう, ひッ, ふった, 一本さし, 一本付け加える, 下して, 下ろして, 両手に, 二人で, 二人の, 五六本見付けました, 伝って, 何の, 使ったもの, 使って, 取りに, 取りのぞいて, 取り直して, 取上げると, 土の, 地に, 引いた, 強く張れ, 当てて, 恨んで, 投げ出して, 投げ出すと, 折って, 押取って, 担いで, 括つて, 拾つては, 持ちて, 持ち左手, 持ち直して, 持った変人, 持った番人, 指さしました, 指して, 振りかぶって, 振りながら, 振上げ, 捨てて, 提げて, 放り込むくらいの, 斜に, 斜めに, 杖に, 構へ, 渡して, 着物に, 石の, 空中に, 突き立てて, 突込む, 立てその, 立てる, 芯に, 見ると, 見定めた上, 跳び越えたん, 通し赤, 離すな

1 [834件 抜粋] あげて, あつら, あわせて, いくつか, いつまでも, いれて, えッしと, おしたり, おっかって, おろして, お遣い, かいこみ斉天大聖孫悟空, かうと, かけたって, かけて, かけなかったの, かぞえだそうと, かたからおろし, かった, かついだので, かついだ女, かつぎたくあん福神, かませ太綱, かりかりやっ, がちゃがちゃさせ, くだす掟, くっつけて, くらう必要, くらって, くらわしたで, くらわすぞ, くる, くれくれなけれや, くわえさせて, ぐいと握っ, ぐるぐる頭, こせえときました, こんどは, さがしはじめました, ささえに, さして頤, さし大きな, さし通されたよう, した, したつて恥, しっかり握っ, しても, しなきゃだめ, しました, し徹して, すぐに, すべらぬため, すること, するって, するの, せっせと這いのぼる, そのまま肩, た, たがいに, たずさえて, たてる穴, ちらしたよう, つ, ついた凸, つかむ者, つかもうと, つきとおされるよう, つき出すよう, つくらせて, つけたので, つっ込みながら, てこに, できるだけたくさん, とおして, とがらして, とらないで, とりその, とりだし丁々発矢, とろうと, ななめに, ならべたやう, にぎって, にぎりしめた町, にぎりしめ足音, にらんだ, のみこんで, のんで, はさませ火, はずし庭, はずし蓋, はずすこと, ひいて, ひきながら, ひくやう, ひっつかみそれで, ひっ提げて, ひとの, ひもで, ひろいあつめて, ふりあげた, ふりおろすの, ふりかざして, ふりかぶつて, ふりま, ふりまわした, ふりまわす, ふり上げて, ふり上げました, ふり下しふり, ふるこの, ふるって, ふるって打ち倒し, ぶんぶんふりまわし, へし折り毛箒, ほぼ半ば, むりやりに, めぐるよう, もった人々, もった少女たち, もった男, もってる, もてこれ, もて緞子, やって, やや前下り, ゆすぶった, ゆらゆらさせた, よく使います, よく使った, よじ登って, わしの, わたして, わたせば, カセに, ガリ, ギチギチならし, グルグルと, コトンコトンと, サスという, シンに, ズーッと, ダイノコと, トンと, ネギという, ネンギ伊予の, ボクトと, ポトリと, ムク犬の, 一人の, 一方の, 一本あてがっ, 一本ずつ, 一本づつ持つ, 一本一本刺し込ん, 一本外し, 一本探し出しました, 一本横に, 一本貰っ, 三本ないし, 上げかけて, 上げる内, 上手に, 下すと, 下ろし元, 両手として, 並べた様, 中止させた, 二つに, 二三遍ビュービューと, 二本ずつ, 二本入れた, 二本左右の, 二本持っ, 二本横に, 二本渡した, 五六本たて, 何に, 何度も, 作らせたという, 作り精卒五千, 使うとか, 使うの, 使うよりは, 使えば, 使わせたら天狗, 借りて, 働いて, 入れこれ, 入れるにも, 兩方の, 兵馬の, 冷かされたやう, 出したり, 出すと, 刀の, 刃物で, 切つて其柱に, 切ると, 刺して, 刺し徹されたよう, 前に, 力一杯に, 動かした, 勤めたの, 包んだもの, 十四五本長, 友だちの, 取った, 取った処, 取っては, 取りあげると, 取りはずして, 取り上げその, 取り上げた, 取り上げて, 取り出して, 取り回し枠, 取り直した, 取り直そうと, 取り縦棒二本, 取る, 取上げる, 取出して, 取直して, 受け取りました, 受取った, 叩き斬ったの, 呑んだ人形, 咬んだが, 啗わす, 喰は, 喰わされたかも, 嚥んだ, 圧えぬ, 圧石に, 地べたに, 執りて, 堅く握り締めた, 外したり, 外して, 外しガラリ, 外す音, 奪い息杖, 奪られた, 小舟の, 少年の, 山朸と, 巖へ, 差した縞ズック, 差して, 差荷いに, 平氣, 店の, 廻しながら, 弄し, 引いたって, 引いても, 引き, 引きかつ, 引き抜いた後, 引く事, 引ったくった, 引っ掴んで, 引つこぬきながら, 引つたくつて, 引つ張つて, 引掴んだ, 引提熊谷堤を, 当てるよう, 彼等の, 待った侍童, 忘れるもの, 怒りに, 怖れなかった, 恰度梃代りに, 意味も, 愛した, 所持する, 手を, 手放して, 打ちつづけて, 打ち振ふ決死, 打ち振り, 打ち砕いて, 打ち込みそれ, 打ち附けた窓, 打つ如し, 投げそれ, 投げた, 投げて, 投げ付けた, 投げ付ける者, 投げ捨てる拍子, 投り出した, 投出して, 折つた様に, 折り曲げて, 抛り上げて, 抜いた, 押し開きその間, 押立てて, 括りつけて, 拾いあげた, 拾いあげると, 拾った, 拾っては, 拾つて追, 持たなければ, 持ちあげるほどの, 持ちいづれも, 持ち五人力, 持ち出す者, 持ち此棒, 持ち胸, 持ったお方, 持ったひとり, 持った夷人, 持った官兵, 持った小僧, 持った正二, 持った若干, 持った若者, 持った鬼, 持つた, 持つた人, 持つもの, 持ッて, 持出して, 挟んだ平次, 振った仲裁, 振りかぶつて, 振りまわされちゃ, 振り上げた, 振り上げたとき, 振り上げやが, 振り回して, 振り回す儀式, 振り廻せば, 振るよう, 振る東宝オーケストラ, 振上げた, 振上げて, 振上げると, 振舞す, 挿し込んで, 挿込んだ, 捨てた, 捨てろ, 捨てろよ, 掛けなかつたの, 探して, 探り当て銀杏, 掴みなん, 掴むやう, 掻い持たせて, 提げ立って, 握った, 握ったり, 握つて, 握りしめたその, 握りしめながら, 握り片手, 握るもの, 握るや, 揮うもの, 揮り, 揮りあげない, 携うる, 携えて, 携えるわけ, 携え靴, 携へて, 携帯す, 擔ぐのだ, 攀ぢ登つて行つて壁へ, 攫んで, 支える芸, 放して, 放り出されたみたよう, 故意と, 早くから採用, 曲げるとまで, 有り合うまま, 杖け, 杖について, 束ねた店, 栗五合なら, 植えたよう, 楊枝に, 構えたの, 構えては, 構えながら, 構へた一人の, 横たえ, 横たえた図形, 横たえた踏切, 横な, 横目で, 櫂に, 水に, 注意し, 海藻の, 添え衣服, 滑らせば, 無性にあげ, 片っ, 片手で, 玄関の, 用いて, 用意し, 畠の, 発見し, 登って, 白熱化させ, 目のあたりに, 真直に, 着物で, 砂上に, 積み重ねて, 空に, 突きこまれ腕, 突きさして, 突きつけられても, 突き出したよう, 突き出し白い, 突き刺して, 突き通して, 突く, 突っこまれて, 突っ込んで, 突ッかえし, 突出し, 突出したら, 突出す, 突支え, 突込んで, 窃と, 立てかけて, 立てた, 立てたおれないよう, 立てたり, 立てた上, 立て一定, 立て服, 竪て, 竪に, 簓の, 米友が, 糸で, 組み経棒, 結はへ, 結び下, 網の, 繩の, 置いたよう, 翳した時繩, 肩で, 背後へ, 脱却し, 膏雨として, 自分で, 苧殻の, 落としました, 葭簀に, 見やった, 見付けて, 見受ける, 観念し, 豚小屋の, 買い笈, 貸せ, 越えて, 越そうと, 跳び越えました, 身体の, 軒先に, 軽気, 轉が, 近づけると, 追ひかける, 通しさ, 通した, 通し人夫, 造ったもの, 造りました, 過ぎり, 重ねて, 釜に, 隱し, 離して, 零下の, 飛ばして, 飛び退いて, 食って, 飲みこんだやう, 飲んで, 馬右エ門は, 高くふりあげ, 高く荒縄, 黄昏の

▼ 棒~ (1042, 17.4%)

213 ように 85 ような 45 やうに 40 先に 28 先で 13 さきに 12 やうな, 上に, 先へ 11 様に 9 先を, 様な 8 両端に 7 長さ, 駕籠に 6 さきで, 形を 5 上を, 下に, 間から 4 ことだ, 中に

3 [17件] ことを, さきには, さきの, さきへ, はしに, 一端を, 上で, 乘物にて, 先から, 如くに, 杖を, 樣に, 端に, 若いの, 話だ, 返事を, 音

2 [39件] かん定を, さきが, さきは, ために, もつ素朴, ようだった, ようで, ようである, ようには, 上から, 下から, 下りた音, 両はし, 両端が, 両端へ, 両端を, 中を, 二つある, 例として, 兄貴と, 先が, 先き, 先の, 先三尺ほどの, 先端を, 出た汽車, 前後両端が, 前端互いに, 看板を, 立って, 紐を, 衆と, 話で, 質問に, 跡だ, 間に, 音に, 頭には, 頭を

1 [367件] あたる所, あっし達, あひだ, あるため, ある部屋, うえへ, うしろは, お小姓, お蔭で, かたちで, かわりに, くせに, ことで, ごと, ごときは, ごとき無口, ごとくする樫, ごとくまっすぐ, ごとく大きく, ごとく太い, ごとく屹立, ごとく揃って, ごとく真直, ごとく立ちすくんだ, ごとく立って, ごとく立てて, しごきあざやか, しどころと, それらの, たたき合いに, ついた板, ついた秤, つかいかた, つぎ脚を, つく, つくつくぼうし, つっこまれたまま, つよいこの, てっぺんから, てっぺんへ, とがった先, ところに, ところを, なかにて, なかほどに, ならないそれ等, なる筈, はしの, はしを, はまって, ひとり語とは, ひびき, ほどいたところ, まにまにそれぞれ, ままで, ままであった, まま倒れる, まん中へ, もとで, やうだ, やうでした, やうにね, やうやつた, よいこと, ようだ, ようであった, ようでした, ようです, よりはやや, わたしが, ハネる, 一ばん端の, 一撃に, 一撃を, 一方を, 一本に, 一本を, 一本一本点の, 一番はじを, 一端に, 一端は, 七三の, 万太と, 三十打を, 三打聞える, 上からは, 上でも, 上には, 上の, 上へ, 上半分を, 下で, 下へ, 下を, 両方に, 中央が, 丸太越に, 主なり, 主意に, 乘物といふ, 二又の, 京吉の, 仕甲斐, 他端に, 付いたの, 代りに, 作用である, 使いみちが, 使い手は, 使い手を, 使い方, 使い方が, 使い方も, 使い方を, 信仰が, 修行を, 倒れるよう, 値段の, 側面を, 先, 先きが桃色, 先きで押さ, 先でつ, 先ででも, 先は, 先端が, 先端である, 先端に, 入れ換えが, 入口を, 具合を, 冴えに, 処々には, 分類, 切れはしを, 切口の, 前方には, 剣突を, 力, 力を, 力松を, 動揺する, 半分が, 半分を, 又四郎が, 又四郎であった, 又四郎と, 右の, 右足の, 同じ太, 名で, 名は, 名人だ, 名手変装の, 向こうの, 吾輩も, 周囲に, 呼吸だ, 唸りに, 唸りは, 問で, 問題についても, 図が, 土地で, 均平と, 外に, 外れに, 外見は, 大きくない, 大きな力, 大先生, 大愛, 天辺へ, 太くない, 奪還を, 女駕, 如き一身, 如き粗末, 如く寢臺, 如く尖りて, 如く真直, 如く突, 如く突立つた女, 如く立って, 如く立つた, 如く立つて, 如く身, 如し, 始め, 小口貝殼等を, 尖, 尖で上げたり, 尖に, 尖端から, 尖端で, 尖端まで, 嵌った出窓, 己が, 平太郎さへ, 幾本かで, 幾条を, 引き方, 形に, 影が, 役割で, 役目から, 後から, 後ろにも, 性格について, 意味が, 意気で, 意気を, 所まで, 手だ, 手ほどきを, 手を, 手柄, 手紙は, 手練ほとほと, 打撃が, 扱いかたや, 折るる, 抜けは, 指図に, 揚句やつと, 握りが, 撃剣じゃ, 擲り合い, 改良も, 攻撃を, 数も, 敷物が, 断面よりも, 方, 方から, 方が, 木には, 木口に, 木地から, 末端が, 末端に, 材料は, 束と, 束へ, 柔かく打ち, 根もとから, 根もとに, 根元に, 様なる, 横に, 歴史, 歴史あんな, 歴史の, 汚点の, 泥棒か, 災いから, 無礼を, 燃焼にも, 片々を, 片はし, 片仮名の, 片方の, 片方丈, 片端を, 片荷, 状袋も, 玉の, 生ずる光波位相, 田口に, 甲斐が, 痛みかな, 発見没収を, 発達は, 百叩きも, 相合する, 看板に, 看板の, 真中に, 短いの, 秘術は, 秘術も, 程度の, 種族な, 稽古や, 穴から, 突端は, 立つて, 端から, 端が, 端っこを, 端つこ, 端には, 端切れが, 竹輿路次口へ, 筆では, 精進に, 純い音, 組合せから, 絵が, 絶え間が, 耳に, 肩を, 背へ, 良いもの, 芯に, 芸を, 若い駕籠屋, 荒格子が, 蔭で, 衆, 見舞いを, 親仁が, 言葉と, 話が, 話な, 話に, 調子を, 謎までも, 質問で, 質問であった, 足が, 足に, 身には, 身受の, 軌道に, 転がる音, 辷りを, 返辞を, 送り狼に, 速さ, 連結を, 運動とを, 達人豹子頭林沖は, 酒桶は, 針金の, 銀子は, 長いの, 長くした, 長さ一尺, 間には, 間の, 隠し場所です, 雨で, 鞭で, 音が, 音と, 響きは, 頂上から, 頑固光沢消しを, 頭で, 頭に, 頭の, 頭へ, 頭部が, 類で, 類を, 駕より, 駕籠すなわち, 駕籠それに, 駕籠であった, 駕籠にて, 駕籠には, 駕籠にも, 駕籠の, 駕籠も, 駕籠屋, 駕籠屋の

▼ 棒~ (706, 11.8%)

32 振って 24 して 17 なって 11 答えた 9 いった 7 云った 6 あたる, 云って 5 そんな事, ふって, 云つた 4 つかまって, ふつて, 手を, 振ったという, 言った

3 [12件] あたると, こんな事, すがる身なり, なるほど, ふること, 云いました, 振ってまで, 振らなければ, 振ること, 答えて, 答へ, 野原を

2 [40件] あたるとは, いうと, いって, くくりつけて, こんなこと, さした蛇, し人間, する長い, そんな乱暴, つかまつて, なるわけ, ふったよう, ふるところ, ものを, 二〇メートルごとの, 云ひました, 同じ, 変化し, 大であり, 当る, 当ると, 当るという, 彼は, 打崩す, 振った, 振ったと, 振っても, 振つて, 振つて了, 振るところ, 振るの, 捲いて, 着物を, 美奈子が, 訊いた, 訊ねた, 辛棒し, 通して, 過ぎない, 黒い尻

1 [443件] ああと, あいさつする, あたるだ, あたるを, あてて, ある刻み目, いしに, いひました, うまく絡んだ, おつつけ, お駒, かう言, かかったと, かけた, かけて, かじりついて, かつて息, かような, きいた, きちんとすわった, くくりつけること, くくりつけるめんどう, くくりつけるもの, くくりつけ寝台, くくり付けて, くつ, くつつきました, くつつきます, くみ子の, こういった, こう云っ, こう云わなけれ, こう言っ, こう驚かされる, こしかけて, この問い, こもった充実, こもるカ, ごつんと, さげながら, さして, さっそく用件, さわって, さわれば, しが, しがみついて, したくないの, したま, したよう, したり, したテーブル, した高, しっかりと, しつかりつかまり背中, しては, しなやかな, しばりつけこれ, しました, しましたぜ, しゃべり合って, すがりついたまま, すぎないの, すぎなかったが, すまぬこと, するには, するよう, する商, する商売用, そいつは, そういう必要, そう云っ, そりゃあ人違いだ, それを, そんな無理, たずねた, たずねたとき, ただ, つかぬこと, つかまった, つかまらせられた, つかまりながら, つける, つけ加えた, つけ売りし由, つながれて, とびつきました, とんでもない, なった, なったの, なったり, なった早, なってるの, なっとるし, ならんで, なりて, なりました, なりますから, なり一枚, なり棒, なり真白い, なる, なるから, なるに, なるまで, なるよう, なる腹, なれ, はまるよう, ひっかけて, ひょいと飛び出した, ふさわしく然, ふった, ふったこと, ふったぜ, ふったぞ, ふったん, ふった甲斐, ふっても, ふつた, ふつたんだ, ふつても, ふつて迄, ふとんを, ふらせた妓, ふらせやが, ふりやしないよ, ふる, ふるかも, ふるから, ふるからなあ, ふるなんて, ふるの, ふるほど, ふる人間, ふる男, ふる覚悟, ふる話, ふッ, ぶつかったDOG, ぶらさげた両方, ぶらさげて, ぶら下げたの, ほそびき, ほめて, まいて, まくり立つ, またがって, また一つ, また小さい, まとめて, やらうと, やろうと, ハンガアが, 両膝, 丸い握り, 乗った四角い, 乗って, 乗り仲間等, 二人後棒に, 云いすてて, 云い出した, 云い切った, 云い放す, 云ったもの, 云ふ, 云ふきりだ, 云ふと, 今度は, 付いて, 付けた真田紐, 仲裁無用の, 会計の, 伝わって, 似たもの, 似た形, 佐柄木が, 何の, 何を, 価するその, 候へども, 働く了簡, 先生は, 入つたらう, 六百メガサイクルの, 円いの, 凝った筆法, 出て, 出るなんて, 刃物を, 制帽の, 刺さった稲束, 刻んだ線, 前途ばかり, 化けて, 化して, 化った, 反りの, 取り囲まれて, 取る数, 取次は, 叩きつけるよう, 吊して, 吊るして, 土足を, 垂らしたの, 塞かれて, 変ずるまでの, 変って, 変事た, 外ならなかった, 大かく成つたつけ, 大きかった, 大きな支那人, 大きな鳥, 大変と, 奥へ, 安い牛, 室の, 寒い晩, 寒い暁近く, 尋ねあぐんだ当人, 尋ねた, 尻を, 差し地蜂, 差し蛙, 巻いた旗, 巻きしめた, 幾筋も, 張つた肩を, 張るため, 当たる, 当たるとか, 当った, 当てました, 当るから, 当るじゃ, 当るというくらい, 当るとは, 当れば, 彫刻を, 後から, 後頭部を, 忍び込まれた娘, 応えた, 応じたの, 怒りだす理由, 性急に, 怨を, 手拭を, 手間が, 打ちひしがれた時, 投げつけた, 折られたり, 挨拶を, 振ったかという, 振ったくやし, 振ったこと, 振ったって, 振ったの, 振ったよ, 振ったよう, 振ったん, 振ったんで, 振った火夫達, 振った生涯, 振った男, 振ってさ, 振っては, 振ってよ, 振つたと, 振つたといふ, 振つてる, 振つて了つた, 振らせては, 振らせながら, 振らなきゃならん, 振らなくても, 振らんと, 振りかけたの, 振りたくは, 振りなさったの, 振りゃあがった, 振りや, 振り一生, 振り一生怨み續, 振るか, 振るかも, 振ると, 振るなんぞは, 振るべし大切, 振るほどの, 振るもの, 振るよう, 振る冒険, 振る決心, 振る男, 振る處, 振る覚悟, 振ッ, 挿入され, 捉まっ, 捨科白の, 掛く, 掛けて, 掛けツルツル, 掛ってる古い, 掴まって, 撫で廻した, 撲殺された, 攀ぢ登る, 断ったが, 斯う, 斯んな, 日本人かと, 書いて, 書きこんであるんでさ, 横木を, 注意, 浸した清水, 消えて, 温るいや, 無闇と, 父が, 現れて, 球を, 申しては, 當る, 痛痒い, 百足虫を, 眸を, 石上という, 石製の, 神の, 私の, 移って, 突きさして, 突き刺すよう, 突ツ立つ, 突立ち, 窓掛みたいな, 立ち去って, 立つて, 立上った, 笑った, 答えたつもり, 答へた, 答へて, 粗製の, 紐を, 細い枝, 細工を, 結びつけそれ, 結びつけた, 結びつけた紙鳶, 結び附けて, 結んで, 結付けられ, 縛つた綱を, 縛られて, 縛りつけた肉, 罹りて, 聞いた, 聞き返した, 聞こえて, 聞ゆゑ女共は, 職を, 肉桂の, 肩を, 腰かけて, 腰を, 腸の, 自分で, 自分の, 臭えや, 至っては, 興味の, 興奮し, 花が, 荷い, 藤吉が, 衝突し, 見入るトラ十, 触れ少し, 言い出したの, 言って, 言つたお玉, 言つてそれでも, 言つて額に, 言ひすてた, 言ひたい, 言ひ出した, 言葉を, 訊きた, 訊きに, 記号を, 詰問され, 誰に, 課長は, 豆捻じ, 負けたため, 貴様か, 質問を, 足を, 身を, 辛棒を, 込めて, 迂遠つけえ, 近寄りますと, 返って, 返事した, 返事しました, 返事を, 返辞を, 追はれ, 追ひたて, 通すもの, 速い航空機, 過ぎなかった, 違ひない, 遮り止められ瞬く間, 金輪を, 針金を, 釣りかけて, 鑵を, 長々と, 長くつて, 閃めく, 附いて, 附けた眞田紐, 附けて, 限っては, 響いたの, 響いて, 頤つき他は, 頬ずりし, 頼まれて, 顔を, 類するもの, 飛び込んで, 飛んで, 食い付いた小柄, 高い熱, 高くな

▼ 棒~ (412, 6.9%)

14 下に 8 立って 6 ある 5 立つて, 長いもの 4 出て, 引いて 3 あれば, して, ついて, ならで戻つたと, なるほど, 斜めに, 落ちて

2 [18件] ありや, あるが, そこに, その側, とどかないので, はめて, わかりませぬもう, 一本と, 二本並ん, 二本相互に, 外れたから, 大切だ, 宙へ, 引かれて, 急に, 槓杆に, 突き出して, 逆に

1 [309件] あしらわれて, あったっけ, あったにも, あって, あつて, ありますからね, ありまた, ありゃ叔母さん, ありゃ越せますよ, あるでしょう, あると, あるという, あるばかり, あるもん, いいよ, いかにも邪魔そう, いかに彼, いったい親分何, いつまで, うごかなくなった, うずたかいまでに, うやうやしく立てかけ, うるさくて, おいて, おそろしい早さ, かって, からだに, からんから, きたら, ぎゆつと水から, くさって, くらやみを, ぐいぐいと, ぐんにゃりまがって細い, このため, この文, ございます, ご自慢, さされて, さしわたし五メートル, しきれずまるで, しきれないという, しきれなくなったが, しきれなくなったという, しきれませんや, しずかにごろん, しつこく堤, じゃまに, じりッ, じわじわしなっ, その背中, その長い, たくさんくくりつけ, たてよ, だんだんに, つき出て, つき立つて, てんじょうに, できた, できないだろうと, できないほどの, できなかったり, できん, でて, とんで, どういう形, どれほど長い, ないかと, ないのね, なおも彼方, なかった, なかつたため私, なかなかとれない, ながながと, なめらかに, ならない, ならなくなった, なりかねると, なり兼ねて, なるもん, のっそり来た, のって, のびて, はね返って, ぱたりと, ひとりでに磁石, ひらひらと, ぴかりと光る, ふっと消え, ふらふらし, ほしいん, ほしくな, ぽっぽと湯気, まあずいぶんやせこけた, また半, また恐ろしく, まるでいない, やわらかい肉, ゆらりと動いた, よこたわって, よっぽどかたむい, わかりませぬもうもうもう, われらの, アメリカ製であった, ガリガリガリガリと, ズンズンと, タッタ百円の, バラバラに, パッと, ブルン, マチアの, 一メートル五十センチほどの, 一人前に, 一当り当ったら, 一本いる, 一本おち, 一本か, 一本ずつ, 一本はじけ飛んだ, 一本ヌッと, 一本古い, 一本外れました, 一本突き出された, 一本立っ, 一本筋違に, 一閃した, 万物の, 三分ぐらい, 三分位一番下の, 上から, 上に, 下ち, 下って, 下りて, 下方から, 並みよりも, 中途から, 中途で, 二つ打つつ, 二三度も, 二分ぐらい, 二分位下の, 二本ある, 二本の, 二本下から, 二本僕の, 二本穴を, 互に相, 五本ずつ, 五本ばかり, 五本続けざまに, 交ぜて, 人の, 人形と, 仕切れなくなって, 付いて, 何本か, 何本も, 倒れると, 倒れるよう, 傾いた堂宇, 入って, 入つた, 入りました, 入用だった, 入用だつた, 全く同じ, 其老人の, 冬と, 出來, 出来さ, 出来ずに, 出来たか, 出来ないから, 出来ないで, 出来ない程, 出来なくちゃあ, 出来なくなった君, 出来ますか, 出来るもの, 出来れば, 出来ん, 厳重に, 右の, 吭へ, 唸った, 噛ませて, 噴いて, 嚴重に, 土の, 土塀に, 地面に, 地面の, 執事が, 外れて, 外れると, 大変です, 天井に, 天鵞絨を, 始まった, 子路の, 寝かそうと, 射して, 小さすぎ, 少ない丈, 届くはず, 峰々谷, 嵌めて, 平行に, 廊下とも, 建てならべて, 引受けて, 引懸け, 当ると, 彼に, 彼の, 後光の, 必要だった, 忽ち僕, 手か, 手中に, 打ちつけて, 折れたの, 持たれて, 持ち上げられた時, 掛って, 揃つて飛出す, 損んだ, 撓めて, 支って, 放火を, 散乱し, 曲って, 最後の, 有りませんから, 果して使, 梢に, 横た, 横に, 横にわたって, 武蔵の, 気に, 水平な, 沢山さし込ん, 渡して, 温められました, 激墜し, 瀑布落しに, 無きゃなりません, 無数に, 物を, 玄関の, 現はれ, 現われそう, 発矢と, 百三十本ほど, 相搏ッ, 眞直ぐに, 眼に, 短いの, 石垣に, 神伝夢想流の, 秘蔵され, 空に, 立てかけて, 立てならべて, 立派な, 紋也の, 細いの, 縦横に, 縦横無尽に, 繰出された, 義理の, 肝心, 肝心です, 肩に, 肩へ, 自分の, 落ちた説明, 落ちるから, 融けるでございましょう, 行く手ゆく, 見あたらないぞ, 見えませうあれ, 見だて, 言いました, 言うの, 走りでて, 走り出たが, 足だ, 跳越せない, 這入って, 通ったよう, 通りぬける為, 鉄の, 鋭い刃物, 長くかつ, 長く八人, 間もなく縮ん, 闇黒に, 雲の, 零下三十九度より, 露路へ, 青田風, 風を, 飛び上ったので, 飛んで, 飴を, 駈け集まって

▼ 棒~ (356, 5.9%)

4 二尺も 3 かついで, もって, 叩いたり, 叩いて

2 [19件] あつた, あつて, かきまわしたり, それを, たたいて, もつて, 叩いても, 喉笛を, 塀を, 少しずつ, 打って, 押しつぶして, 木の, 死骸の, 火を, 犬でも, 突いたよう, 突ッついた, 節を

1 [302件] あっしには, あつしには, あなたの, あの大, あらうか, いうならば, いちいちコツコツと, いっしょけんめいに, うち合う音, うつ, おそれ入りますが, おどしては, お世辞, お打ちなすった, かき回して, かき寄せられ京都, かついだ男, かついて, かつぎ起した, かなりな, かぶと虫と, がんと, くらわして, こいで, こじあけたという, この島, さぐると, ささえて, さぞ変, さはる, さほど数, さわるい, さんざんに, さア, しょっちゅう水面, しわぎつけてやれ, すこんすこんと, すさまじいな, すべての, そっと追います, その一端, その上, その上焼餅, その底, その果, その肋骨, たたいたって, たたきおとして, たたきながら, たたき潰さねば, たたき落とした, ちょっと分りかねる, ついて, つきあげて, つぎ足した, つっつくと, つついたり, つついて, つつつい, でも, どやされるに, どやした奴, どやし付け, なぐったり, なぐって, なぐられた, なぐられたり, なぐられる, なぐりつけること, なぐり殺したら, なぐるしかも, なぐる音, なんでも, ねりこの, はじまって, ばた, ひっぱたいて, ひとり飲みこみで, ぴた, ふらふらと, ぶたれたって, ぶたれたり, ぶち殺され, ぶつよう, ぶてぶて鞭, ぶんなぐったの, ぶんなぐりゃカメ, ぶん擲ぐられる, ほじくって, ほん山の, むやみに, もう一つ瓦, もたらしたよう, よくかきまぜた, わいわいと, わたしを, わらを, ガクンと, ガンガンと, コツコツ搗く, コンクリートのかべの, ゴツ, ステッキの, パンに, ブチおった, ブンなぐられた, 一つたたきました, 一つの, 一人の, 一日置き, 万三郎を, 三百あるいは, 三百ほど, 両方に, 乱打を, 二つ三つ鼻面を, 何の, 作つた, 使いようによっては, 保護された, 保護し, 修驗者では, 兄を, 先が, 全く見込, 写真の, 分らないが, 力いっぱいたたきつづけた, 力つよく, 力まかせに, 力任せに, 区域の, 受け留めて, 受け飛ばしたり, 口が, 叩かれ, 叩かれたと, 叩かれて, 叩きつけた, 叩きつけて, 叩き殺す, 叩き落した, 叩き込む, 叩く, 叩くこの, 叩くと, 叩くの, 叩くよう, 合羽や, 向う脛を, 唇を, 噛ろうと, 四人の, 固定し, 土蔵の, 地上を, 地面へ, 地面を, 塞いで, 境を, 大きな箕, 容易には, 小さな炉, 小突かれちや, 岸の, 己の, 引つ掛けて, 弱つ, 強く打たれ, 強た, 弾く, 彼らに, 後から, 愛嬌のね, 戸を, 打たれたよう, 打たれて, 打たれようと, 打たれること, 打たれるの, 打たれ方, 打ちのめされいちど, 打ち叩いて, 打ち合う音, 打ち殺されて, 打ち砕いて, 打っては, 打つかとばかり, 打つて, 打つ足, 打込みましたが, 抑えつけて, 抑えて, 押しあけること, 押して, 押し殺されたという, 押し殺されたといふ, 押へ, 担い後, 担ぎ出しますに, 捧げた人, 掌を, 掘り出さなければ, 接続され, 掻き出し眼, 掻回そうと, 掻廻わした, 揖を, 搏しつけ, 撲った, 撲ったり, 撲られた事, 撲り伏せた, 撲り合って, 擔いで, 擔つた, 擦り上げて, 擲りつけられた, 攪き混ぜられる, 敲きこは, 敲くよう, 日本で, 暗号書を, 暮すは, 木琴を, 机博士を, 板を, 枝ごと叩き落とし, 標点けられ, 横に, 歩きながら, 殴って, 殴られたと, 殴られたよう, 殴りつけたこと, 殴りつけられたこと, 殴り付けた, 殴り付けた様, 毆つたくらゐ, 毆り合う, 水司又市の, 泥を, 滅多打ちに, 滅茶苦茶に, 澄明な, 無愛想な, 猫を, 玉を, 現在は, 男女を, 百ぶんなぐっ, 百打の, 皮を, 相手の, 秋涼に, 突いたやう, 突きあげられるやう, 突き出して, 突き出そう, 突き流す, 突けと, 突っついてる男, 窓を, 立上った, 竹筒を, 組立てられた檻, 結ばれて, 編みはじめて, 繋いだよう, 肥桶の, 肩を, 背中を, 脳天の, 腰が, 舁が, 草を, 蒲団を, 語勢や, 誤解という, 説明し, 負かされた, 負けたそう, 貫かれた感じ, 責めて, 軽くトントン, 追ったり, 追っぱらいながら, 追つ, 追歩く, 重吉たちの, 鍛えあげられたか, 鍛えられ, 閉じこめられて, 阿弥陀様を, 雄やぎ, 雨戸を, 青苔の, 頭を, 頭部を, 馬の脚を, 鬢を, 鰐の

▼ 棒~ (173, 2.9%)

4 彼の 2 して, 則いにしへの, 大抵頸, 苦も

1 [161件] あの銀座, ありませんか, あるいは半分, いい思いつき, いかが, いなかった, いまも, かかって, ぎつと突き透した, くらわせられるし, こう言う, ここでは, こっちを, この他, この高原, これへ, しても, しなかつたとは, すぐに, すぐは, そのため, その両端, たしかに真, だんだん燃えつき, ついに棒, どれだけ, ないから, ないので, ない方, なかった, ななめに, なんの, のびて, ひとを, びっくりし, ぶんぶん鳴っ, へびに, ぽくり, また彼, まっすぐに, まるで生きもの, まわりに, もうすっかり冷たく, もう心配, やっとうごいた, オコと, オーアンから, カニ怪人の, カンと, ツツツと, テイネイに, ハンカチより, ムクの, ムク犬の, 一丈ぐらい, 三四本で, 三部屋ぶんの, 両端が, 中止せい, 二本通し, 今朝戸袋の, 伸縮自在の, 何なんだい, 倒れも, 先を, 先方へ, 兩端に, 其の後鷹見家, 円の, 凉軒の, 出来ないから, 出来なかつた, 勿體なく, 北の, 半ちゃんの, 博士の, 口鬚棒と, 右手と, 同じよう, 同高に, 唸りを, 四尺二寸で, 塀を, 外したま, 外したまま, 外に, 大事な, 大人一人に, 大喜び, 大地に, 太陽の, 実際においては, 岩を, 島山の, 広巳, 引き綱で, 彼が, 忽ち半ちゃん, 忽ち紺蛇目, 急に, 意地悪く, 戸袋の, 手に, 折れた, 折れたけれど, 折れほとんど, 折れ矢庭, 押釦一つおす, 挿し渡し, 敵の, 斜めに, 日の, 日本支那朝鮮を通じて, 最初から, 朸として, 松やにを, 松山の, 根もとの, 棟の, 欅字の, 此, 無雑作, 熱いコーヒー, 片っ端から, 猶予しとる, 王進の, 益々太く重く, 直ぐ温まっ, 直角に, 相かわらず, 相手かまわず, 真中で, 真二つ, 眼ば, 砕け飛びそして, 祖母の, 禁物だ, 空を, 筆始めに, 糞掻き, 紐を, 肩の, 腕ぐるみ捻じ曲げられ, 莚が, 見えぬ, 見るうち, 警察で, 貸金二千両を, 貸金二千兩を, 鉛筆位の, 鋭い穂, 隣人とか, 雄蕋, 雨より, 雲まで, 青い初秋, 音が, 音を, 頭髪を, 風を, 駕籠も

▼ 棒~ (131, 2.2%)

16 のよう 6 のやう 3 じゃない, に, の上 2 か石ころ, が建っ, で組上げられた, と水, と藁縄, に結えつけ, に縛り, をうちこん, を立て

1 [82件] あり, かじゃない, から樫木, から茅屋, がこれ, がふい, が余りに, が口, が四, が坂本, が埃, が左方, が弱々しい, が打立てられ, が死体, が立つ, が見出された, が頭, さえ馬, だの木, で強か, と何と, と灰, にしがみつい, にしばりつけ, にす, にちゃんと, にちやん, につないだ, につながれ, にでもよりかかる, には見えた, にひっかかっ, に合同, に引か, に打ちつけ, に抱きつい, に掴, に書, に止っ, に止つて, に水, に氷雪, に漸く, に結ばれた繰, に結びつけ, に結びつけられ, に行きあたった, に裸, に見え, に註, に躓く, のある, のところ, の一つ一つ, の如く, の方, の立つた, の義足, の腐れ, の間, は林, ばかり入れ, みたよう, も山脈, や茶碗, よりもっとキョトン, を, をその, をひきぬい, を右, を打ち, を打ち込ん, を打っ, を抜いた, を持っ, を掴ませ, を水中, を立てた, を立てる, を覘, を蹴つた

▼ 棒~ (105, 1.8%)

8 ている 5 て下さい 4 ていた 3 てい, てくれ 2 ていたら, て呉れ, て呉れと, て居りました, て居る, て期限, て見, ばりに

1 [66件] つつ五年, て, ていただかね, ていたまえ, ていたろう, ていらっしゃい, ていらっしゃる, てお, ておい, ておくれ, ておった, てきた, てくださる, てくれた, てくれません, てこうした, てごらん, てしなけれ, てする, てみます, てゆく, てよい, てゐた, てゐられない, てゐられます, てゐる, てをりました, て下さいました, て下手, て下男, て九時半ごろ, て住, て何, て働い, て働き, て働きます, て僕, て其, て博士, て呉れる, て居た, て居られない, て居られなくなる, て待っ, て御, て御覧, て書生, て来た, て気, て私, て終, て結局, て考え直さなけれ, て聞い, て芸術座, て貰い度, て買わず, て黙っ, にくいこと, にくいでしょう, ばりが, ばりを, 万事は, 破産を, 給へ, 野菜袋を

▼ 棒~ (93, 1.6%)

4 なって 2 いふ, いふ所も, なった, なつて, 一緒に, 化して, 睨んだの, 言は

1 [73件] いうから, いうが, いおうか, いった, いったり, いふに, おなじに, この四枚, しこれ, しまた, それからどんな, どなった, なし或は, なった片手, なむいふ, なりおわった, なりそれ, なりという, なりました, なり汚名悪名, なり点, なるの, まるい紙, よぶ仙人掌, ハイダシの, 一本の, 並べて, 二本の, 云いたいが, 云う麻殻, 云っても, 云へ, 云われ得る天性, 交叉し, 仕事欲とは, 刃に, 匕首とが, 化しかけて, 化しやがて間もなく, 十間の, 厳しい槍組, 同じに, 同じ速度, 同様に, 同長の, 呼ばれる, 唱へて, 大馬鹿野郎, 封蝋とで, 封蝋ばかりを, 少しばかりの, 思う心, 思つたのは, 手細工の, 手綱を, 書籍と, 棒とで, 棒を, 槍とを, 球です, 直角に, 磨硝子の, 竹とで, 等しく石製, 綱とで, 脚立とを, 自分の, 見えたの, 触れざる者攫者, 言ひ, 違う, 鐵棒との, 食い詰め者

▼ 棒~ (75, 1.3%)

5 調子で 3 返事だった 2 口調で, 声を, 挨拶を, 横柄な, 話が, 話だ, 語調で, 車だった

1 [51件] あんな野郎, いいよう, ことが, その仲間たち, それでいて熱情的, なかに, のが, のだ, のだろう, のです, ので人, んだ, ソロバンが, チョボイチが, 人が, 健三に, 儚なさ, 冷淡な, 口の, 口調だった, 字で, 客から, 強い語調, 態度で, 挨拶が, 日本語だった, 椿事が, 漁師の, 無愛想な, 爺だ, 物の, 物言ひ, 男であった, 竹の, 答えでしか, 節を, 言い方と, 言葉の, 言葉を以て, 話ァ, 調子だ, 調子の, 質問には, 質問を, 返事だけ, 返事を, 返辞を, 部屋が, 金を, 願いを, 願ひ

▼ 棒にも~ (68, 1.1%)

3 かからないよう 2 かからないの, かからない代物, かからない奴, かからない悪党, かからぬ代物, 掛らぬ連中

1 [53件] おえない地廻り, かかった代物, かからず候, かからない, かからないお, かからないこと, かからないという, かからないもの, かからないやくざ者, かからないノータリン, かからないロク, かからない山師, かからない悪, かからない放浪児, かからない放蕩者, かからない欠陥, かからない淫婦, かからなかったが, かからなかったわが, かからぬ, かからぬと, かからぬという, かからぬならず者, かからぬのらくら, かからぬもの, かからぬよう, かからぬわからずや, かからぬバカ, かからぬ何もの, かからぬ図太い, かからぬ悪書, かからぬ放埒者, かからぬ曲者, かからぬ淫婆, かからぬ男, かからぬ若, かからねえやくざ野郎, かからねえ曲者, かからん, かからん横着者, かかりは, かかりやしない, かかるん, かかツ, たれて, なりますが, なり槍, 何やら差し, 刀にも, 掛らないよう, 掛らない長, 掛らぬ手合, 隅ぼく

▼ 棒~ (67, 1.1%)

3 しませうけれど 2 かたまって, なしに, 入って, 同じこと

1 [56件] いたしました, いたしますが, いること, かろくやがて, するでしょう, そこに, そこらの, そのけむり, たしかけありに, だいぶ急, ちゃんと行, なければ, なりませんや, なるまじく彼男, ふくまれて, ほんの僅, みえなければ, みんな二人の, ステツキも, ナタも, バケツも, 二度捕えた, 二本抜い, 二本拔い, 何も, 出された, 出来ないので, 出来るが, 出来るん, 剣も, 左手の, 幾本か, 役立なかつた, 心得て, 拳も, 拳銃も, 放され刀, 旦那芸じゃねえ, 曳くと, 木の, 棄てられた縫針, 止めそして, 歩けば, 残って, 残つてゐる, 水の泡だ, 炭である, 無いと, 無心で, 用を, 背嚢も, 見えぬ, 見る見るうち, 見当らずかえって, 見當ら, 重い

▼ 棒~ (47, 0.8%)

2 にもたれ, へ手, をおさえ, をそろえ

1 [39件] からはずした, がおさえられ, が叫んだ, が押えられた, が支え, が相手, におどる, につかまっ, にゆらゆら, にブラ, に吊された, に手, に突, に集中, のあたり, の下, の先, の向き, の小田原提灯, の提灯, の辺, の辻, へ, へかけ, へブラ, へ入りたる, へ笠森おせん御用駕籠, まで廻る, をおさえられた, をおさえる, をさえぎった, をした, をドン, を叩いた, を向け直し, を抑えた, を押す, を突き返し, を突き返した

▼ 棒~ (45, 0.8%)

2 二寸角ほどの, 箒を, 臆病者の, 鍬を

1 [37件] かいが, かたまりも, さかいな, さす叉, チョガシ朸も, ナンキン豆の, ヤリが, 下へ, 何かが, 刀を, 匙でかき, 十リットルも, 太鼓など, 広い板, 息杖を, 折助そんな, 朽ちかかった杭, 杖を, 板などの, 板の, 板や, 歯の, 点を, 石剣を, 竹キレで, 竹刀などで, 竹刀を, 箒で, 細長い紙, 羅刹女の, 鉄棒が, 鉞や, 銀の, 銃剣を, 鋤や, 鞭を, 麻縄などを

▼ 棒でも~ (37, 0.6%)

1 [37件] あるか, あんな物, かついでって, こと足りた, ささえて, さされて, して, しゃぶらしてやろうと, すこし力, する覺悟, なおオコ, なんでも, ふりあげねば, ふりまわして, 何なく, 何んで, 入って, 割れ目でも, 動かざるは, 動くもの, 呑んだよう, 噛る, 嚥んだ, 囓る, 引寄せられない, 振るよう, 放るよう, 束に, 来は, 構は, 構わねえが, 殺せる足, 突っ込んだよう, 立て, 立てたやう, 通るよう, 隊の

▼ 棒~ (37, 0.6%)

10 になっ 9 になった 3 になつ, になつて 2 になり, に立っ, に立つ 1 になつた感, になりました, に立ちすくん, に立ち上がった, に立った, のまま

▼ 棒~ (32, 0.5%)

32 というの, な, のを

1 [23件] お吟, か棒, が他, が余韻, が時には, が横柄, けど蓬亭さん, けれどいよいよ, ぜ, という, という印象, とみずから, とアルコール, と云う, と思え, と思っ, なお前, なんてひどい, ね, の, のという, わしで, 誰も

▼ 棒~ (31, 0.5%)

3 のよう, を握っ

1 [25件] が飛ん, でいじくって, でした, でも倒す, で叩い, で押えて, で砂越し, で穴, で突, で脛, とか砂利, のやう, の先, の尖, の鞭, や貝殻, をにぎっ, をひろっ, を以つて其土, を初めて, を投げつけ, を持っ, を揮っ, を揮つて, 持った小児

▼ 棒~ (26, 0.4%)

8 何かで 3 くしを 2 なにかで, 何か, 竿で 1 その迅, なにしろすごい, なんかない, 何にかで, 刃か, 杭の, 竹で, 竹の, 竿か

▼ 棒きれ~ (26, 0.4%)

2 の先

1 [24件] か大きな, でいっしょう, でそっと, でもっ, で池, で落ち葉, のある, のやう, や竹, をせ, をたてたごとくかすむ, をひろいあげる, をひろっ, をもっ, をもった, を二本, を地面, を持っ, を持つ, を振りかぶった, を探し, を握った, を枝, を足

▼ 棒~ (26, 0.4%)

2 手を

1 [24件] ささえられた, さしたよう, しっかりと, つかまりのり出して, つきました, はい上がり, コタえた, 下緒, 力を, 卷いては, 小石が, 床を, 掴った, 楔を, 横つ, 横のりに, 火薬を, 練付けた, 藁を, 蝋燭の, 透して, 通して, 附けて, 飛びつくにも

▼ 棒みたい~ (25, 0.4%)

5 なもの

1 [20件] なの, なやせ脛, なブウジイ, な息, な意志, な模様, な物, な表情, な頭, にたれ, にひょろ長く, にブラブラ, に味, に捻じ, に硬, に突っ, に立ってる, に結論, に考える, のもの

▼ 棒から~ (18, 0.3%)

1 [18件] あの窓枠, いつのまにかつる, さがりそれ, たちまち藩老, つるされ棒, ぶら下って, 丸太棒へと, 外して, 放して, 救はれ, 棒へ, 硫黄色の, 肩をは, 脆くも, 落ちる黒い, 蚕の, 離れたと, 飛び下りよ

▼ 棒した~ (17, 0.3%)

1 [17件] お蔭で, が暑く, けれど, ぜ, そうです, って雌ねこ一匹, とか人, とか強姦, ところで, ねエ, のだ, のは, 七時, 人の, 人間は, 揚句に, 魚芳久振りに

▼ 棒強く~ (17, 0.3%)

2 横に

1 [15件] も礼義, やらねば, やり遂げさ, より分けるの, 世話した, 働いて, 働く下婢, 凝視した, 平敍, 年期奉公を, 愛情に, 月の, 甘受し, 私達の, 聴耳を

▼ 棒する~ (14, 0.2%)

2 のだ

1 [12件] がい, ことは, と云った, なア馬鹿, のさ, のは, やうに, んだ, んです, 人に, 禰宜様宮田は, 覚悟さへ

▼ 棒一本~ (14, 0.2%)

2 か鍬一挺, でどんな, で塀, で庇 1 あれば, であったという, の木, の落下音, を毒蛇, 渡せないはず

▼ 棒では~ (13, 0.2%)

2 なくて

1 [11件] ありません, ないが, ないこと, ない明るさ, なからう, なくよほど, 何の, 想像する, 桶が, 無いよ, 腹も

▼ 棒という~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことには, ことの, ものの, ものを, んだろう, 万事万端無理の, 具合に, 名の, 文字は, 棒鞘に, 漢字を, 物で, 言葉の

▼ 棒には~ (13, 0.2%)

2 長いし

1 [11件] いろいろの, い上るころ, おまけに, お話が, 一定の, 兩端に, 当分用事のね, 手を, 違いない, 違ない, 黒いはん

▼ 棒~ (13, 0.2%)

2 のよう

1 [11件] が立ち迷う, でしきりに, で容捨, で扉, で掻きたて, なぞ持っ, のやう, をつい, をもつ, を持つ, を除い

▼ 棒~ (12, 0.2%)

1 [12件] が唇, だけそっと, でお, に入れた, のまん中, のよう, の中, の毒薬, の頭, へ穴, を取上げ, を持っ

▼ 棒縛り~ (12, 0.2%)

3 にし 2 になつ 1 にぎりぎり, にした, になし, の目, の縄目, を試み, 程楽

▼ 棒~ (11, 0.2%)

2 にし 1 に思い, に感じ, に言い立て, に言い触らしたる, に述べ立て, のざれ, の内患, や何, をなす

▼ 棒などを~ (10, 0.2%)

4 持って 1 ふり廻して, 取りだした, 土産に, 持つて, 滅茶苦茶に, 立てた場合

▼ 棒を通して~ (10, 0.2%)

2 二人の 1 二人で, 前後から, 十脚ぐらいずつ, 担いで, 挾み箱, 炭火の, 首が, 駕を

▼ 棒寄せ~ (10, 0.2%)

2 の呪文 1 といい, と同, と称する, について実験, の秘術, はいずれ, を解く, を試みたる

▼ 棒~ (10, 0.2%)

3 振が 2 振も 1 振から, 振と, 振の, 振らしい男, 振を

▼ 棒押し~ (10, 0.2%)

3 をし 2 というもの, のよう 1 なんかやりかねない, の実相, を見物

▼ 棒です~ (9, 0.2%)

32 よ誰 1 から気に入らない, がどうも, が子供, よと言外

▼ 棒など~ (9, 0.2%)

1 いろんなもの, てんでに何, であった, もって, 並べて, 婆さんに, 持って, 持て山, 振りまわすもの

▼ 棒である~ (8, 0.1%)

1 から相手, が仕事, が為, けれども構えた, ことを, というよう, 中館公一郎を, 横木の

▼ 棒まで~ (8, 0.1%)

2 掛けて, 添えて 1 しつかり掛つて, ねぶらせて, ヘシ折っ, 當てて

▼ 棒渡り~ (8, 0.1%)

1 がご, とな, の空中芸, までも演ぜしめた, をいたします, をし, をする, を一見

▼ 棒だち~ (7, 0.1%)

2 になつて, に立ちつくした 1 になっ, になつ, に立ちすくみました

▼ 棒などが~ (7, 0.1%)

2 あった, 出て 1 そばに, 手を, 折れると

▼ 棒を以て~ (7, 0.1%)

1 之を, 古史に, 地を, 戸を, 打ち或は, 渡り合って, 突然側

▼ 棒駕籠~ (7, 0.1%)

1 だけは残し, である, といっ, に乗り, に打, は一挺, もこの

▼ 棒ぎれ~ (6, 0.1%)

1 に突き刺した, に過ぎない, を拾っ, を持っ, を振り廻し, を握っ

▼ 棒~ (6, 0.1%)

21 て人々, られまた, る, 持てり

▼ 棒~ (6, 0.1%)

2 切れが 1 切の, 切れでも, 切れに, 切れの

▼ 棒とか~ (6, 0.1%)

1 クイとか, 二つある, 取つ組み合ひと, 大風呂敷包み, 小楊枝の, 縄とか

▼ 棒とも~ (6, 0.1%)

2 いって 1 ちがう, 全部回収した, 手代とも, 見える抜刀

▼ 棒~ (6, 0.1%)

1 えそいつア土蔵, え借せられる, こう見えた, とうとう不, と云, と云い捨て

▼ 棒使い~ (6, 0.1%)

2 の名人 1 だ, だという, で八尺余, のでく

▼ 棒強い~ (6, 0.1%)

1 から口にこそ, のである, 努力を, 方です, 老婆子供に, 鼠かな

▼ 棒~ (6, 0.1%)

2 のローラー, 或はリウゴ形 1 に捻る, に筋

▼ 棒だら~ (5, 0.1%)

1 なぞという, なぞの, なんぞ食う, なんて人間, を美味

▼ 棒ちぎれ~ (5, 0.1%)

1 で叩い, もここ, をぎゅうぎゅう, を刀, を振廻す

▼ 棒といふ~ (5, 0.1%)

2 物前に 1 のだつた, のは, 物で

▼ 棒とが~ (5, 0.1%)

1 ありあちら, 付いて, 入り乱れて, 焚火の, 降下する

▼ 棒として~ (5, 0.1%)

1 使って, 犬の, 転が, 転がって, 連絡を

▼ 棒とで~ (5, 0.1%)

1 こしらえたバリケード, 世界の, 化学的及び, 戦うん, 起すの

▼ 棒よりも~ (5, 0.1%)

1 図々しい輩, 堅い, 始末が, 恐ろしい力, 手痛かつ

▼ 棒キレ~ (5, 0.1%)

1 など持っ, をもっ, を探し, を見る, を集め

▼ 棒包み~ (5, 0.1%)

1 になりました, にバラ, を作る, を四本, を手帛

▼ 棒~ (5, 0.1%)

1 がころがっ, がなげ出し, でつぎ足し, を持った, 赤いガラス

▼ 棒砂糖~ (5, 0.1%)

2 の形 1 のよう, の切れ, 少し持てき

▼ 棒~ (5, 0.1%)

1 なるを, にはたいがい, の境屋, の葉茶屋, をさし

▼ 棒からは~ (4, 0.1%)

1 なれて, まるで一本, 焔が, 筵で

▼ 棒くい~ (4, 0.1%)

1 とこっち, の銀座, や審判台, 野郎奴

▼ 棒じゃ~ (4, 0.1%)

2 ない 1 ないこと, アあるまい

▼ 棒だの~ (4, 0.1%)

1 いろんなもの, 息杖だの, 竹竿を, 面子だの

▼ 棒との~ (4, 0.1%)

1 外には, 暴風雨と, 間に, 間には

▼ 棒とを~ (4, 0.1%)

1 使って, 持ちたる多く, 持って, 見た

▼ 棒なら~ (4, 0.1%)

1 なんでも, 俺だ, 垣根だって, 首尾よく

▼ 棒にて~ (4, 0.1%)

21 お示し, 荷いつりかけたる

▼ 棒ブラシ~ (4, 0.1%)

1 を使つて, を拾, を持つた, を捨て

▼ 棒二本~ (4, 0.1%)

1 ぐらいに切った, は下, を以て毛拔, を糸

▼ 棒和尚~ (4, 0.1%)

1 が海清寺, にし, の弟子, の許

▼ 棒~ (4, 0.1%)

1 上打て掛る, 剣術の, 剣術や, 虫の

▼ 棒~ (4, 0.1%)

1 とでつかい, と分銅, の鈎, の鉤

▼ 棒~ (4, 0.1%)

1 がいかに, ではこういう, なるもの, へ忽ち

▼ 棒~ (3, 0.1%)

1 つとり黄金丸, つに, つ嵌めんなもんぢ

▼ 棒ぐい~ (3, 0.1%)

1 に倚, の傍, を見ない

▼ 棒さえ~ (3, 0.1%)

2 あれば 1 折れなかったら今ごろ

▼ 棒しよう~ (3, 0.1%)

1 とする, と思いまし, と思った

▼ 棒すれ~ (3, 0.1%)

1 ばじき, ばする, ば理想的

▼ 棒だけが~ (3, 0.1%)

2 やっと残る 1 手に

▼ 棒だった~ (3, 0.1%)

1 と思います, に相違, よ

▼ 棒だろう~ (3, 0.1%)

1 が何, けれど御免, と思われる

▼ 棒なぞを~ (3, 0.1%)

1 やはり普通, 払ふために, 斬ると

▼ 棒などは~ (3, 0.1%)

1 いったん広く, 意味が, 見えないま

▼ 棒なり~ (3, 0.1%)

1 がたきは, 傳吉殿も, 点なりの

▼ 棒なんか~ (3, 0.1%)

1 でグーンと, 要らないはず, 要らない筈ぢ

▼ 棒にでも~ (3, 0.1%)

1 うたれたの, かかったもの, 一寸手を

▼ 棒みた~ (3, 0.1%)

1 やうに, ように, よに

▼ 棒もの~ (3, 0.1%)

3 あれに

▼ 棒ゆすり~ (3, 0.1%)

1 だとか, の習慣, をはじめた

▼ 棒~ (3, 0.1%)

1 じき無くなっ, 御辞儀, 繩よと

▼ 棒をに~ (3, 0.1%)

3 ぎつて何が

▼ 棒をも~ (3, 0.1%)

2 取らぬを 1 そう呼ぶ

▼ 棒刺叉~ (3, 0.1%)

1 などの捕, を戞矢, を物

▼ 棒千切れ~ (3, 0.1%)

1 で二人, のゆび, を采配

▼ 棒受け~ (3, 0.1%)

1 網が, 網の, 網や

▼ 棒~ (3, 0.1%)

2 そんな夢 1 出されねえもの

▼ 棒~ (3, 0.1%)

1 とか呼べる, にて毫も, も済んだ

▼ 棒書き~ (3, 0.1%)

1 でこの, で小遣帳, で歌

▼ 棒火矢~ (3, 0.1%)

1 が飛びこん, といふもの, の抱え打方

▼ 棒磁石~ (3, 0.1%)

1 がある, でもやっ, を

▼ 棒讀み~ (3, 0.1%)

1 に暗誦, のやう, の方

▼ 棒~ (3, 0.1%)

1 の強い, の男, の者

▼ 棒あるいは~ (2, 0.0%)

1 数珠で, 木切れに

▼ 棒おし~ (2, 0.0%)

2 と言

▼ 棒かなんか~ (2, 0.0%)

1 で殴り殺し, 持って

▼ 棒かなんぞの~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 棒がらみ~ (2, 0.0%)

1 です, で御用

▼ 棒ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものを, 大きさ

▼ 棒これ~ (2, 0.0%)

2 が花嫁

▼ 棒さき~ (2, 0.0%)

1 が鉤, を切り

▼ 棒しきれず~ (2, 0.0%)

1 べっとう, 大きな棒

▼ 棒しきれなくなっ~ (2, 0.0%)

1 て二階, て横浜

▼ 棒したい~ (2, 0.0%)

1 ものだ, んだ

▼ 棒します~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 棒しろ~ (2, 0.0%)

1 よ, 気の

▼ 棒~ (2, 0.0%)

2 わりの

▼ 棒せね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばなるまい

▼ 棒その他~ (2, 0.0%)

1 はみみず, は黒い

▼ 棒それ~ (2, 0.0%)

1 は言, は言うまでもなく

▼ 棒だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, パラフィンに

▼ 棒だけを~ (2, 0.0%)

1 持って, 捨てれば

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 切の, 杭の

▼ 棒つきれ~ (2, 0.0%)

1 をつきだし, を握り

▼ 棒づよく~ (2, 0.0%)

1 この窓下, 正しく親切

▼ 棒であり~ (2, 0.0%)

1 その棒, また他

▼ 棒できない~ (2, 0.0%)

1 ときに, ファラデーの

▼ 棒でございます~ (2, 0.0%)

1 がこれ, よ

▼ 棒でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばなりません

▼ 棒でに~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 棒とでも~ (2, 0.0%)

1 いいたいよう, 云おうか

▼ 棒とは~ (2, 0.0%)

1 ちょうどあいあい, 全く別物

▼ 棒とり~ (2, 0.0%)

1 ていづれ, ながらわれ

▼ 棒なすっ~ (2, 0.0%)

1 てわたくし達, 頓狂な

▼ 棒などといふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 物騷な

▼ 棒などの~ (2, 0.0%)

1 木や, 頑丈な

▼ 棒なる~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものは

▼ 棒なんぞを~ (2, 0.0%)

1 がりがりと, 出さねえでもっと

▼ 棒について~ (2, 0.0%)

1 いて, もっと深い

▼ 棒にな~ (2, 0.0%)

1 つて動かなかつた, つて幾つも

▼ 棒ねじ犬~ (2, 0.0%)

2 の糞

▼ 棒のけ~ (2, 0.0%)

2 づりかけの三尺ばかり

▼ 棒のぼり~ (2, 0.0%)

1 のゲーム, の百足虫

▼ 棒はな~ (2, 0.0%)

1 といふ事, をそろえ

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 なでどやしつけられまったく, なで薙がれもの

▼ 棒ふら~ (2, 0.0%)

1 のよう, の様

▼ 棒ほど~ (2, 0.0%)

2 願って

▼ 棒ほどに~ (2, 0.0%)

1 言うって, 訴える

▼ 棒ほどの~ (2, 0.0%)

2 肉片が

▼ 棒らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, もので

▼ 棒をでも~ (2, 0.0%)

1 持って, 持つて

▼ 棒キレみたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 棒ッ杭~ (2, 0.0%)

1 のよう, をひろっ

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 圧スルコト能ハズ只二寸ヲ, 持ッテ一人出タカラ二三ベン刀ヲ

▼ 棒上り~ (2, 0.0%)

1 にのぼる, や金輪

▼ 棒~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 とて里子, のくせ

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 で突, の身じたく

▼ 棒出來~ (2, 0.0%)

2 さうな事

▼ 棒出来~ (2, 0.0%)

2 そうも

▼ 棒出来なくなっ~ (2, 0.0%)

1 て家, て来た

▼ 棒出来る~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, ところも

▼ 棒千切~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持った

▼ 棒小屋乗越~ (2, 0.0%)

1 で向う, を越し

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 が一軒, に向

▼ 棒或は~ (2, 0.0%)

1 根の, 篦を以て

▼ 棒打ち~ (2, 0.0%)

1 されたここち, を背

▼ 棒投げ~ (2, 0.0%)

1 をし, 遊び

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 しながら, の方

▼ 棒振り剣術~ (2, 0.0%)

1 と違っ, の先生

▼ 棒撲り~ (2, 0.0%)

2 に撲る

▼ 棒杭みたい~ (2, 0.0%)

1 だお前, に乱雑

▼ 棒杭一つ~ (2, 0.0%)

1 でそれ, 打って

▼ 棒杭満潮~ (2, 0.0%)

2 に流れ寄る

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 などを持った捕, をとり直した

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 のドリ, よい酒

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 が違った, を付けろい

▼ 棒矢来~ (2, 0.0%)

1 の塀, をこしらえ

▼ 棒示杭~ (2, 0.0%)

1 に, の後

▼ 棒箱小道具~ (2, 0.0%)

2 を投げつけます

▼ 棒組ん~ (2, 0.0%)

1 でこの, で浅ましい

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 がテラテラ, でもあった

▼ 棒袖がらみ~ (2, 0.0%)

2 は持出さない

▼ 棒~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 棒~ (2, 0.0%)

1 の張番, の酔

▼ 棒野郎~ (2, 0.0%)

1 の落度, の蛆虫野郎

▼ 棒~ (2, 0.0%)

2 をやらさねえ

▼ 棒飛び~ (2, 0.0%)

1 梁木遊動円木天秤台機械体操射撃場名前は, 縄飛び輪投げ輪廻し

▼ 棒馬術水練~ (2, 0.0%)

1 しかも, ともの

▼ 棒高飛び~ (2, 0.0%)

1 の離れ業, をする

▼1* [336件]

あきれたぼういず, 棒あたりの提唱, 棒あつたそう, 棒あのオランダ伝来の, 棒あめはどなた, 棒あれや何で, 棒いいのです, 棒いうたらどれどい, 棒いたしましたがその, 棒いたしましょうか, 棒いづれも其一, 棒いや門柱くらいに, 棒いろいろの討ち, 棒うちを喰ら, 棒およそ四五十合の, 棒おろさぬ事なし, 棒お前はどこ, 棒お話しにも何, 棒かのように, 棒がじゃまして, 棒きれでむいてまだ, 棒ぎれでもいいから手にしっかり, 棒ぎれで尻に一撃, 棒ぎれで岩や木, 棒ぎれのようだし挙措動作もはきはき, 棒ぎれや竹竿をもっ, 棒ぎれや電球や本, 棒ぎれをにぎってさきを争う, 棒ぎれをひろつてあちこち灰の中, 棒くらゐに, 棒くらべみたいな, 棒ぐいやつんで, 棒げんとす, 棒こそしなかつたらうが, 棒こっそり使うたり, 棒このカリコは, 棒この世に雲霧, 棒ごと剥がれるの, 棒で答えた, 棒さこちとら, 棒さしをその, 棒させて魚, 棒しいしいだんだんに, 棒しかねてお玉ヶ池, 棒しきれなくなった風で, 棒しきれなくなるが彼等, 棒しごきに下げ, 棒したらどうかね, 棒してるんだ, 棒しなくちゃなるまい, 棒しなけりゃならないから, 棒しなければと思います, 棒しなさいと私, 棒し切れない風が, 棒し切れなくなったので急, 棒ま透綾, 棒じゃあねえぞ, 棒せし結果は, 棒せよとそう, 棒そんなことされつかえ, 棒しのべかし, 棒だけになります, 棒っきれのよう, 棒ってなんの, 棒つづかず一ト月と, 棒つまみ喰ひ, 棒つよい模範的な, 棒つん燃したくつてつん燃す, 棒づよいいい娘さんですが, 棒づよいものですから幾度いけないと, 棒づよい偵察をつづけ, 棒づよい偵察姿勢だとは, 棒づよい婦人たちとは根底, 棒づよい日本の勤労女性, 棒づよい社会勤労者の代表, 棒づよくきいて下さらなくては, 棒づよくそしてお金ためるの, 棒づよくも探し求めて, 棒づよく一歩ずつ動き, 棒づよく努力したか, 棒づよさが出て, 棒づよさを雪間の嫁菜, 棒であってそれ以外, 棒でありますがつまり, 棒できなかったのである, 棒でしかなかった, 棒でどしゃっとやられたとき何と, 棒でなくてよかっ, 棒でのされるに, 棒でやッさも, 棒といったのも, 棒とかいうやつは, 棒とかにやっぱり癖, 棒としか見えない, 棒とってそいつ, 棒と共に暮して, 棒ながらいくらか優しく, 棒なぐりは好き, 棒なさって下さい, 棒なしで, 棒なすつて御, 棒なぞ携え伴藏, 棒なぞはウッカリする, 棒などで痛めつけられて, 棒などに拙者めったに, 棒などもそうである, 棒なら遊ぶのは, 棒なれば大, 棒なんかの反対な, 棒なんぞはいらない, 棒なんぞと芝居めいた, 棒なんぞもよく蒸し, 棒なんてする必要, 棒な話しがある, 棒な鳴り方を, 棒にかういつて, 棒にかけてかつがせました, 棒にかけてはなかなかの, 棒にかけても尾張が, 棒にしか見えやしねえ, 棒については言って, 棒にもべに絵が, 棒によって天を, 棒に対して静止し, 棒のみを斥す, 棒ばかり影も, 棒ばつかりで, 棒ばなが当りましたから, 棒ゃらりこドン, 棒ひとつ残って, 棒ひとり動かずさわれば, 棒びきにし, 棒ふりふりおどって, 棒ふり剣術にちがい, 棒ふり虫よ翌日, 棒へそッと手, 棒へと伝い伝って, 棒ほどもない痩腕, 棒さかりこういう, 棒また犬また, 棒または田の, 棒までが醉ツ拂つて踊り出す, 棒めうちなんかいくら, 棒めら丸太棒を押立, 棒め先生だって出来ない, 棒め弟子が大勢, 棒め手前じゃア, 棒め江戸っ子でえ, 棒め腕が鈍い, 棒め誰のため, 棒め顏はといへ, 棒め飯場たあ, 棒もしくは杖という, 棒もって御殿山, 棒もっとも中には, 棒もてわれを, 棒やを六七本立てかけ, 棒よと騒ぎ始めた, 棒よみをせず, 棒わ, 棒られねエ, 棒るつぼ用の, 棒をつつ込みました, 棒グレらと, 棒シテオリマシタガ無論ドットネテイルトイウデハアリマセズ, 棒ステッキ毛皮のトンビ, 棒ズイコは明白, 棒チョコレートを噛, 棒ッ切れや枯葉, 棒テコでも苦闘, 棒トナル又棒切折ラレテ, 棒ニフル者ガ少クナイノハ, 棒ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, 棒ネコのよう, 棒ノヨウニマッスグナノハ曲ガナサ過ギル, 棒パンのよう, 棒フリの手, 棒ヨミにずら, 棒ヨリモ利アリ刺ストキハ則チ刃ヨリモ利アリ両ナガラ相済フ, 棒一挺あと垂駕籠という体たらく, 棒一日の手間鍛冶屋, 棒一本手に入れる, 棒下さいませんか, 棒中央の下, 棒九州の各地, 棒仕切れなくなって夜, 棒合ひもない, 棒以上に相手, 棒へ向っ, 棒何處に色, 棒作り屋にあ, 棒使や力持, 棒使い海蘊絡めの, 棒倒しに引っ, 棒入りの蝋燭, 棒出来かねる様に, 棒出来さうな事, 棒出来なくな, 棒出来なくなったらしく水色の, 棒出来んのは, 棒切みたいなもの, 棒切一本持たいでも, 棒切折ラレテ半棒トナル, 棒切様のもの, 棒切竹の皮, 棒刺叉林の如く立並べり, 棒剣術だとか, 棒剣術好きの町家, 棒であるが, 棒十四に分銅鎌, 棒の如く, 棒喝等人間の表現手段, 棒にしるく, 棒振などは, 棒天秤棒から長押, 棒太い棒何處に, 棒太鼓鐘石油缶そんなもの, 棒女子供に食い詰め, 棒の顏, 棒家賃でも滯つた日, 棒対馬でコッパラ, 棒小屋乗越辺の疎林, 棒小舎の乗越し, 棒小舎乗越のウイスキー, 棒に刺し, 棒に突, 棒にした, 棒引金曲つた棒細い棒, 棒さとで, 棒強き労力を, 棒徳利を執りあげる, 棒怖いものか, 棒思わず後に, 棒がない, 棒手ふりまでが気勢い, 棒手めえ達, 棒打喧嘩にもならんで, 棒批評などは画家, 棒を使, 棒折っぺしょるぞ, 棒折ると予言, 棒っ取りて, 棒押取って禾場, 棒持ちたるが歩み寄, 棒持った人が, 棒振りの眞, 棒振りあげて彼, 棒振り剣術物の本の素読, 棒振り劍術と違つて, 棒振り劍術物の本の素讀, 棒振り技を見物, 棒振り的理論を作曲家たち, 棒振り芸何事かあらん, 棒に活けたる, 棒にした, 棒毛を, 棒掴みに掴ん, 棒敲きぐらいの軽い, 棒方二人五尺ばかりの物, 棒旅行はいや, 棒時によると, 棒時間よりも早, 棒木太刀などが掛っ, 棒の爪折傘, 棒杭一本を打ち込ん, 棒杭立ちになった, 棒東京では, 棒しが, 棒のよう, 棒栓張棒なぞ携え, 棒へくくりつけ, 棒棒千切れで二人, 棒棒引金曲つた棒細い棒, 棒棒棒引金曲つた棒細い棒, 棒槍十手そんな武器, 棒槍野太刀狩弓などを持っ, 棒次第に動揺する, 棒ちに, 棒武技という武技, 棒殿はどう, 棒火矢炮碌玉を作らせる, 棒火矢狼煙揚物その他火術の一般, 棒煉瓦が入れ, 棒爪楊枝洟をかんだ, 棒に触れ, 棒だか, 棒発頭人と思われ, 棒槍薄刃刀天秤棒あらゆる, 棒をつかっ, 棒石塊の危ない, 棒石塊刀斧その他いろいろな兇器, 棒と唱え, 棒願って, 棒突叉なん, 棒突足軽が三十五人, 棒立体縞等を配置, 棒立小屋を建てやした, 棒竹槍などをひろっ, 棒笑っている, 棒筆矢筈に磨滅, 棒細い棒太い, 棒細引でなぐられる, 棒のささくれ立った, 棒を, 棒羯麿馨架雲板魚板木魚など余, 棒自身が棒, 棒え衆等, 棒茨城県などではフルチガヘシ・フルチボー, 棒荷縄を持っ, 棒萩犬虱しほん, 棒落胆の光景, 棒の古典, 棒薙刀のよう, 棒薙刀千鳥鎌の類, 棒見たような, 棒見るような, 棒越後の道祖神, 棒跳縄その他一々ここ, 棒踊りの連中, 棒取上臺が, 棒を走らせた, 棒達磨に玉兎, 棒達磨狸の糞, 棒部隊が出動, 棒金庫やドア, 棒をふりあげた, 棒を教えた, 棒鎗術の名人, 棒雑多な得物, 棒雑巾で武装, 棒に熊, 棒吹きビイドロ細工, 棒騎馬雑芸何でも器用, 棒鳶口クワを持っ, 棒鳶口刺叉あらゆる得物, 棒鼻あたりへ待伏せ