青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「松林~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

東~ ~東京 東京~ 東北~ 東洋~ 東西~ ~松 松~ 松平~ 松本~
松林~
~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林 林~ 林檎~ 枚~ ~果

「松林~」 1014, 10ppm, 10923位

▼ 松林~ (518, 51.1%)

51 中に 35 中を 26 中へ 23 中の, 間に 16 間を 15 中から, 中で 10 上に 7 なかに, 中には 6 上を, 方へ 5 向うに, 間から, 間の 4 中は, 蔭に 3 かげに, なかから, なかで, ほうを, 小路を, 松の, 蔭から, 裾を

2 [30件] ある丘, うちへ, かげで, ずうっとずうっと, なかへ, はずれに, やうな, 一角に, 下に, 下には, 下蔭, 丘が, 中, 中からは, 中にも, 中または, 向うには, 向うを, 外の, 奧の, 山が, 影に, 彼方に, 方から, 根もとが, 梢に, 樹の, 緑の, 蝉の, 間で

1 [171件] あいだに, あいだを, あたりまでも, あなたに, あひだ, あるところ, ある寺, ある小高い, ある山, うちだった, うちつづく暗い, おだやかな, かげへ, かなたに, こちらから, こっちの, こんもりと, ざわめきに, すぐそば, すぐ向う, そばを, たらたら下り, つきるところ, つきる処, つづく河原, ところは, ところを, なかなどを, なかを, なだらかな, はずれまで, はづれ, はづれにありて, ほうへ, ほとりに, ほとり少し, まんなかに, むこうから, わきに, スロープから, 一つある, 一区域が, 一区域を, 一方から, 一端には, 上の空に, 上へ, 上や, 上小村の, 下の, 下草の, 丘を, 両側から, 中が, 中だの, 中での, 中では, 中など, 中にて, 中へと, 中腹を, 中途で, 傍らに, 前まで, 匂いが, 南の, 向うで, 向かふの, 向に, 向ふ, 周囲の, 地に, 外から, 外では, 外には, 外へ, 外れに, 外を, 外側へ, 外囲に, 多い崖, 多い裏山, 多い谷間, 多い身, 夜露の, 大広間も, 奥, 奥から, 奥に, 奥の, 奥へ, 奥へは, 奥まで, 奥深くかくれた, 奧に, 小徑, 小蔭に, 小道を, 山は, 幅は, 平山だ, 幹と, 影で, 彼方まで, 彼方を, 懐へ, 所で, 据を, 斜面を, 方で, 方に, 方は, 方へと, 方まで, 方を, 方角から, 景色が, 景色なぞ, 暗闇で, 朝その他の, 木の間に, 松は, 梢から, 梢が, 梢と, 梢を, 模様の, 横手へ, 海で, 涼やかな, 深い茂り, 片隅に, 疎らに, 真上に, 眺めも, 砂原で, 砂浜を, 端れ, 絶勝の, 緑を, 縁の, 美しいの, 美しい五味平, 茂みに, 落窪部落よりの, 蔭には, 薄黒う, 裏に, 見られるところ, 譲り受け社殿, 近くだった, 近路, 逆さまに, 道にかけては, 道を, 道傍であった, 遥かなる, 避難所に, 間からは, 間なぞを, 間なる, 間には, 間を通して, 陰には, 陰翳から, 陰翳を, 隙間から, 静かさとに, 面影は, 頭を, 風景の

▼ 松林~ (110, 10.8%)

7 ぬけて 4 出ると, 抜けて, 脱け 3 通って, 過ぎると 2 ぬけると, 抜けた所, 散歩し, 歩いた, 眺め何, 背に, 走るやう

1 [71件] すこし離れた, すすんで, のせた白い, はいって, はるかに, わたる風, 一町あまり, 両袖, 中心と, 中心に, 二人ぎりで, 伐サイ, 写生し, 出た, 出たりは, 出て, 出ようと, 切り開いて, 包みこむよう, 只庭, 吹きぬけて, 吹きぬける風の音, 奥ふかく, 寫生し, 徘徊し, 思い出した, 思つてた, 思ひ出した, 想像に, 抜けたらば, 拔けて, 指さして, 描いたもの, 新らしく, 植えたの, 横切って, 歩き, 歩み木の根, 歩む, 洩れて, 照らし出した, 発見した, 眺めた, 眺めて, 眺め四周, 磯の, 穿つて, 縫って, 縫つて家路を, 背景に, 背負いながら, 背負ひ, 行きつ戻りつ嘯く人, 見る度, 見下しながら, 走り砂丘, 越えて, 越えると, 越して, 越すまでは, 透いて, 透かして, 通つ, 通つて砂山を, 通り抜けて, 通り越すと, 通越し, 過ぎつて, 隔てて, 震わせながら, 鳴らし去った

▼ 松林~ (75, 7.4%)

4 なって, 蔽はれた 2 なつて, ねて, 入る, 雨の

1 [59件] あつた, ある教会, おおわれ木の間, お控え下さるまい, かこまれた茅ヶ崎, かこまれて, きのことりに, さしかかるころ, したいと, せみの, つづく丘, つづく広い, なつた, なり樅林, ねころんで, ひと聲蝉, まじって, まじつて, ラヂオを, 九紋竜と, 二人の, 俗に, 入って, 入りて, 入り小笹, 初茸が, 向った, 向ったところ, 向って, 吹き込んで, 囲まれた家, 囲まれて, 寝ころんで, 強い風, 待ち望生一人, 惹き寄せられた為, 日の, 明るく陽, 月が, 来た時, 梅雨の, 正月三日の, 沿うて, 濃い朝靄, 照りつけると, 続いて, 續い, 聞えた, 肺病患者の, 蕭々と, 行き着く頃, 行つた時です, 走り着こうと, 距てられ, 近く船が, 連なり一つ, 隠れそれから, 鳴いて, 鳴る音

▼ 松林~ (68, 6.7%)

4 あって, つ 2 あった, あつて, 幹を, 連つて見える, 頭を

1 [50件] あった筈, ありますやろ, あり小川, あり普請役場, あり樹, ある, あるからね, おますやろ, ごうごう音, ごうと, ざわざわと, しきりに蕭々, しばらくの, そこに, その辺, つづいて, まず真っ先, まぼろし, ドッと, リンクスの, 二重に, 伸びて, 切れて, 取巻いて, 多くなり, 孤巌を, 尠い, 尽きると, 尽き雑木林, 山上に, 庭に, 意外に, 段々沈ん, 流れて, 混る, 燒ける, 白砂の, 盡き, 砂地の, 私に, 竭きる, 繁って, 繩手にな, 見える, 見えポプラ, 見渡せる大阪天満川, 道の, 銀の, 陽蔭を, 風で

▼ 松林~ (30, 3.0%)

2 ねころんで, 雨の, 鳴いて

1 [24件] あつた, すてて, その娘, その抜き, ひっくりかえって, ひつくりかへ, わたしは, 働いて, 区切られしゃれた囲い, 啼いて, 囲まれた三尺, 囲まれて, 小鳥の, 左が, 待てと, 暴風雨に, 松林を, 松露を, 漁夫らしい, 狐が, 疎ならず, 終日斧を, 聞きなれた鳥, 蔽われて

▼ 松林~ (29, 2.9%)

2 ときおり林, もちろんもちろんまっ黒, 夕陽を

1 [23件] この方, この町, ひっそりと, ひつそりと, やや疎ら, よく掃除, 一向に有難く, 今や夕日, 体操教師の, 天滿川といふ, 小塔, 届いて, 度々目, 後ろの, 暗い雲, 灰色の, 無人境です, 眠り谷, 砲煙に, 見える, 路を, 頂上までは, 黒くし

▼ 松林~ (19, 1.9%)

1 [19件] いつに, この建築, その上, それに, なった, なつた, なつて, なる, まざり合って, 人家とは, 向うの, 小商いする, 杉林ばかり, 清い谷川, 灌木の, 砂丘と, 砂丘との, 砂山の, 薔薇色の

▼ 松林には~ (14, 1.4%)

2 今夜も

1 [12件] いって, しきりにせみ, はげしい蝉時雨, はるばると, 夥しい鹿, 折々出, 日光豊かに, 未だ虫, 松蝉が, 梟が, 潮風が, 茸狩の

▼ 松林桂月氏~ (12, 1.2%)

3 の作品 1 の, の場合, の小品展, の方, の画壇的位置, の画業, の綿密, はある, は非常

▼ 松林~ (11, 1.1%)

2 歩いて 1 さがれ, はいって, 一散に, 一面に, 入り込んだ兵馬, 入ると, 向って, 逃れるので, 這入って

▼ 松林~ (11, 1.1%)

1 [11件] また村, ポプラの, 家々や, 市街の, 杉並木の, 森が, 海岸の, 白い砂, 竹藪の, 草堤が, 雑木林が

▼ 松林から~ (6, 0.6%)

1 ときどき松籟, 何か, 出て, 吐き出す強い, 松籟が, 船見山を

▼ 松林~ (6, 0.6%)

1 あり, ここは, なければ, 大方は, 昔ありし, 段々に

▼ 松林伯円~ (6, 0.6%)

2 の講談 1 がある, とその, の講釈, も嘗て

▼ 松林では~ (5, 0.5%)

1 松蝉が, 淡日, 蝉が, 鳥が, 鳩が

▼ 松林まで~ (4, 0.4%)

1 やって来た, 行かないうち, 退き姿, 逃げた

▼ 松林~ (4, 0.4%)

1 にあり, に古寺, に騎手, の露天学校

▼ 松林との~ (3, 0.3%)

1 境に, 間に, 間は

▼ 松林~ (3, 0.3%)

1 になる, に日本的詩情, は構図

▼ 松林~ (3, 0.3%)

1 が広がり, はアスファルト, を入り

▼ 松林あり~ (2, 0.2%)

1 彼の, 近く海を

▼ 松林だの~ (2, 0.2%)

1 ぐんぐん窓, 山畑だ

▼ 松林なら~ (2, 0.2%)

1 んと, 地被

▼ 松林にかけて~ (2, 0.2%)

2 あたかもそれ

▼ 松林にも~ (2, 0.2%)

1 かかって, 腕白らが

▼ 松林より~ (2, 0.2%)

1 ほかには, 落葉松林の

▼ 松林をしか~ (2, 0.2%)

1 見出さなかった, 見出さなかつた

▼ 松林桂月~ (2, 0.2%)

1 くらいな, といふ生きた

▼ 松林~ (2, 0.2%)

1 に案内, をその

▼ 松林草原~ (2, 0.2%)

1 が断続, が斷續

▼ 松林~ (2, 0.2%)

1 に滞在, に行ったら

▼1* [55件]

松林あたりに可也, 松林すぐ二階の, 松林そこへ龍, 松林その断崖, 松林それから落葉松山そして, 松林それだけの眺め, 松林それらの上, 松林し谷あい, 松林だった厨には, 松林であり松林の, 松林であるといふの, 松林でしてね, 松林とともにすっかりもう陰っ, 松林とは反対側に, 松林とをも車の, 松林ので空, 松林などがふえて, 松林などはへえもう疾く, 松林なんぞが眼に, 松林にて柏崎の, 松林のみが日本の, 松林へでも出て, 松林へと吹いて, 松林へはいる手前, 松林よりも澪の, 松林をずつと向うに, 松林を通して引いた筧, 松林一ツ越して, 松林亭伯圓がでた, 松林し春, 松林伯円木挽町六丁目にいた, 松林伯知先生のビラ, 松林に閑靜, 松林円盛が伯円種, 松林円盛俗に煙ヂウ, 松林は青々, 松林叫び海濤咆哮し戸, 松林吉田東里と倶, 松林図屏風がはう, 松林堂谷松崎など一流二流, 松林外側は下り線, 松林なるところ, 松林小鳥の声一つ, 松林は赤松林, 松林数町連なり野草繁, 松林校長の家, 松林氏以外に他, 松林深きあたり閑靜頗る, 松林田疇の眺望, 松林百舌もどこ, 松林続きの岩山, 松林銀鼠の薄明, 松林鎧戸を閉した, 松林の住宅地, 松林雜木林が取り