青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時分~ ~時刻 時刻~ 時勢~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間
時間~
晝~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色

「時間~」 26090, 242ppm, 401位

▼ 時間~ (3287, 12.6%)

79 かけて 40 利用し 35 費して 30 つぶして 26 きめて, 過した 23 気に 22 費した 21 経て 19 無駄に 17 潰して 16 置いて, 計って 15 空費し, 要する 14 割いて, 空費する 12 さいて, はかって, 与えて, 要した 11 待って, 忘れて, 経過し 10 正確に, 過ごして, 過して 9 節約する, 費やして 8 とって, 私は, 空費した, 隔てて

7 [13件] おいて, つぶすの, もって, 出来るだけ, 定めて, 必要と, 浪費し, 知って, 経過した, 見て, 見計らって, 超越し, 過ごした

6 [11件] むだに, 少しでも, 持って, 要するから, 要すること, 見ると, 調べて, 費したの, 費すこと, 送って, 過すの

5 [11件] つぶした, 持つこと, 決めて, 知らせて, 要す, 要するの, 要するもの, 見はからって, 費すの, 超越する, 送った

4 [25件] きいた, すごしました, とられて, 一時間に, 与へて, 偸んで, 切って, 利用する, 勘定に, 占めて, 取って, 心の, 持たなければ, 教えて, 浪費した, 浪費する, 減らして, 測って, 無視した, 短縮する, 要したの, 要すると, 費やした, 過すこと, 選んで

3 [58件] あけて, かけた, かければ, きって, すごした, すごして, すごすこと, つぶす, つぶすこと, もちたいという, 与えられる, 与えるの, 倹約する, 其處で, 勘定し, 勝手に, 十分に, 含んで, 多くし, 失って, 延長し, 待った, 待つて, 得ようと, 打合せて, 持つ人, 持てあまして, 捧げて, 措いて, 楽しんで, 消した, 消して, 消すこと, 消費し, 消費する, 測定し, 潰しに, 潰すの, 無視する, 現して, 繰り合せて, 置いては, 聞いた, 聞いて, 胸の, 自分の, 表は, 要したが, 記入する, 調べた, 費したこと, 費す, 逆に, 限って, 除いて, 除いては, 食った, 食つた

2 [184件] あだに, おいてから, おくらせて, おくらせるため, お互, かけたよう, かけました, かんがえると, きいたの, きいて, きくと, さくこと, しらべて, すぎて, すぎても, すっぽかして, そこで, それに, ついやした, ついやして, つぶさないよう, つぶされる迷惑, つぶしたもの, つぶしたり, つぶした方, つぶし人, つぶすが, つぶすな, とった, とられたり, とられるの, とりかえすため, とるの, まともに, もつて, もてあまして, もてあましながら, 与えようと, 与えられた, 与えられたの, 与えられて, 与へる為, 二人で, 云って, 享楽せよ, 他に, 仮定し, 何も, 作ること, 倹約し, 写さずして, 写さんと, 前に, 勉強に, 勘定した, 厳格に, 取られるの, 合せて, 合せること, 含んだ物理的空間, 大磯の, 失うこと, 守って, 守ること, 完全に, 容るる, 少しも, 延ばすため, 待たねば, 待ちかねて, 後らして, 得た, 御化粧, 心配し, 惜んで, 意味する, 打ち合せて, 持たない, 持ちたいと, 指を, 掛けて, 教へて, 散歩に, 数えて, 暖炉の, 暮して, 最も有効, 最も正確, 有する上等人種, 有って, 有効に, 机に, 極度に, 楽んで, 樂しんで, 歩き暮したかに, 決定する, 消すに, 減らすまいと, 測った, 測定する, 潰したり, 潰すこと, 潰すため, 無聊に, 特性付ける, 犠牲に, 狙って, 現は, 現在から, 相手に, 省くため, 知ること, 知るため, 知る必要, 私が, 空費してる, 空費す, 節約し, 約束し, 紫玉は, 経た後, 経れば, 経過する, 經る, 經過し, 繋ぐの, 繰り合わせて, 考えて, 考えると, 聞きに, 自分に, 要するか, 要するが, 要するであろう, 要するので, 要するよう, 見くらべて, 見た, 見ながら, 見るため腰, 見計, 見計って, 見計らつて, 規定する, 訂正し, 計つて, 計りながら, 計算し, 計算した, 訊きたがるもの, 記入し, 誤ること, 読書に, 調べると, 貸して, 費さないで, 費さなければ, 費したので, 費したもの, 費しました, 費やした後, 超えて, 越えたもの, 送つた, 送つて, 送ること, 過ぎて, 過ごすよう, 過さねば, 過したか, 過しました, 過す事, 遠慮なく人, 適当に, 邪魔し, 都合し, 長くし, 長くしなけれ, 長く感じる, 限度と, 離れて, 電報で, 食う

1 [1844件 抜粋] あけてを, あたえて, あたえよ, あと二時間の, ある装置, いうの, いって, いままでより, うちに, うめるだけの, おくつもり, おしまず村, おとられに, お取らせし, お潰させ申しましたでしょう, お金を, かけすぎたとか, かけたし, かけた寛大, かけた者, かけよう, かけるの, かける覚悟, かそう, かれこれと, きいたら八時, きき四合, きめての, きめ停車場, くうし, くふと, くり出して, ぐつと寐込ん, こさえること, ことごとく隣人, この玩具, これまでより, ごまかしその, さいては, さぐり当てて, しいて, しらせて, すぐに, すごしたか, すごしたの, すごし而, すっかり世帯, すべて私に, ずいぶん思い切っ, そうし, そして幾十時間, その人, その方, それぞれの, た, たずねた, ただの, たっぷりかけ, たとえ痛もう, ちぢめ, ちょうど境, つかえるし, つくったの, つけさせて, つぶさうと, つぶさなければ, つぶしいい, つぶしたくない, つぶした後地蔵橋, つぶしてる, つぶしながら, つぶしましたからね, つぶし仕事, つぶし夜, つぶし飲み食い, つぶすといふ, つぶすばかりじゃ, つぶす方便, つぶそうと, できるだけ作る, できるだけ長引かしたかった, とびこしたリアリティー, とらないから, とられる, とりその, とりましたが, とり広小路, とるから, とるわけ, とろうという, どうして暮し, どうすごす, どんな風, なぜ覚え, なるべく読書, ぬすんでも, のぞくと, はからって, はかりました, はっきり知る, はぶくこと, ひどい夕立, ぶっと, ほとんど待ちきれない, まあ十時頃, まちかねるよう, まつため, みつけ出した, むかえた, めちゃめちゃに, もたなかったの, もちまた, もっと大切, もてあましても, ものがたるよう, やって, やる, ゆっくりと, よく知つて, よほど過ぎ, わざわざ三時間, わたくしが, カフェーや, ザット一時間と, タイプで, ヒトコマンチャなどと, ポーンと, 一つの, 一定さえ, 一時間ほど, 一時間増す, 一瞬間の, 七時間に, 三十秒とか, 下宿に, 与えずヒョイ, 与えた上, 与えないため, 与えること, 与える為, 与へたり, 与へる, 丸潰しに, 乗り越えて, 予知できる, 事務的に, 二時間すぎ, 云えば, 云ひ置い, 享楽に, 仕事の, 休ませるだけの, 伸ばさせようと, 何から, 何時間も, 余すばかり, 作って, 作ろうと, 使って, 便所で, 信ずる組, 働くこと, 償うため, 先生に, 八分間と, 八時間制の, 其処で, 写すもの, 凶行の, 出でざる間, 分け合つて, 列記せん, 別に, 制限する, 刻込ん, 割いても, 割くこと, 割り出して, 加えた運動学的, 加減しなけれ, 励行する, 勘ちがいし, 勝手の, 区分しました, 十分かけ, 十分活用出来る, 午前午後一日おきに, 半日潰し, 占領し, 取った, 取らせますまい, 取られたろうと, 取りいよいよ, 取り去ること, 取り返すこと, 取ること, 取返すよう, 受持って, 各自勝手な, 合わせたの, 同時に二つ, 含むあらゆる, 告げたの, 告げ知らせたという, 問うたこと, 善くもちいた, 喜びそこ, 喰つて帰途に, 四時間に, 埋めること, 報じたその, 増やす事, 外から, 多く取られない, 多く費しました, 多く食ふと, 大分遅らせた, 大切に, 失うては, 失せず今, 失ったの, 奪い過ぎては, 奪う盗人, 奪われるので, 好むまま, 娯楽と, 守った, 守らなくていかん, 守るの, 定めそれ, 実によく熟睡, 家庭の, 寢て, 尋ねると, 少しずつ, 少し早く, 尽くして, 巧みに, 常に尊重, 庭で, 延ばさうかと, 延ばしたらといふ, 延ばすこと, 強要し, 彼は, 待たして, 待ちかま, 待ち兼ねたの, 待ち焦がれ散歩, 待つた, 待つばかり, 待つ室, 待てなかった, 後らそうと, 徒費する, 得た暁, 忘れいつか日, 忘れたよう, 忘れようと, 忘れ空間, 思い出したが, 思ふと, 急いで, 悠々と, 惜しむから, 惜しむ彼, 惜むという意味から, 愉しむといふ風, 意味すべき, 感じふと, 慾ば, 我室に, 手前勝手に, 打合せ写真班, 抱きしめて, 拵えた, 拾い出すの, 持たねば, 持ちませんから, 持った, 持つ散歩者, 持出したこと, 指定した, 挟むの, 掛けただけ, 推定する, 揉み潰して, 攪拌しはじめたら, 改めたり, 教えても, 教室に, 數へて, 日々の, 早くし, 早く一足お先, 早めたこと, 明に, 時々おくれ, 暁一時過ぎまで, 更に短縮, 更に麗しく, 書き入れた, 最後まで, 有しなかった人々, 有するのみ, 期して, 林の, 極めて例えば, 楽しみます, 構想に, 標準として, 欲し, 此無花果樹下に, 歩いたよう, 殆ど無視した, 殘さない, 毎夜十時まで, 民間の, 永びかさなければならぬと考え, 決めやがったん, 注意し, 浪費おさせ申そう, 浪費しなかった, 浪費せずし, 消しかねるよう, 消し老年, 消すの, 消費した, 減らした方, 測るに, 満足ならしめ, 潜り抜けて, 潰されること, 潰しその, 潰しちゃ, 潰し出して, 潰すから, 潰すよ, 潰す目的, 火の, 無為には, 無限なり, 煎じつめ一方, 犯しその, 独りそう, 珍らしく用いならした, 理論的に, 生命と, 生産に, 甲乙二班に, 男先生は, 番頭に, 病院で, 盗んで, 相手と, 真剣に, 眠らうと, 知つた, 知らした, 知らせたもの, 知らせるディンナア・チャイム, 知らぬ仕事, 知るの, 短いと, 短くする, 短縮せず, 確めて, 示した大きな, 神から, 私の, 稼ぐ一つ, 空しく他, 空虚な, 空費し過ぎた, 空間の, 第二義的の, 精密に, 純粹, 終へて, 経た人間, 経た時分, 経ても, 経る間, 経過しない, 経験しました, 絹の, 經て, 經驗した, 縮小し, 繰り返した, 繼續した, 考えないけれども, 考へること, 聞いたら上司氏, 背負ひこむ, 自然に, 艇長室に, 菊の, 被害者は, 要しさまざま, 要したし, 要したばかりか, 要した為, 要しない, 要しなかった一つ, 要しませんでしたけれども, 要し初め, 要するかと, 要するそう, 要するによる, 要するも, 要する仕事, 要する御, 要せずして, 見つけると, 見ました, 見ること, 見るもの, 見出したつて, 見計らい身, 覚悟し, 言いおく保, 言うの, 計らって, 計る数, 訊いた時, 訊ねた, 許したの, 許せば, 認めなければ, 誤算する, 誰か, 調べない人間, 談話で, 貪慾に, 費さざるを, 費させたが, 費さなかった, 費しその, 費したが, 費したと, 費したらしくふと, 費しても, 費し彼等, 費し選択, 費すもの, 費せば, 費やさぬが, 費やしたが, 費やしたアルプ, 費やすと, 費やす位, 賃銀から, 超躍したい, 越えた常に, 迯げては, 送った後, 送つた爲, 送るよう, 速して, 逸し面白く, 遅らすと, 遅らせる, 過ぎやがて, 過ぐした, 過ごしたその, 過ごし得たの, 過ごすうち, 過ごす事, 過したが, 過したもの, 過した為, 過し十二時, 過すといふだけ, 違えずやって来た, 違えて, 遠慮し, 遲らした, 選むこ, 選んだ訳, 重苦しい気, 銷さなけれ, 長くお, 長く使う, 間違うこと, 間違えて, 間違へて, 限っての, 限りまた, 院は, 陽気に, 隔てまた, 雜談に, 青い顏, 面白く過ごす, 頭に, 飛びこして, 食うミチノリ, 食われた経験, 食堂車で

▼ 時間~ (2829, 10.8%)

49 たって 47 かかった 29 ある, かかる 27 ない 26 ないから 25 来て 24 たった 23 なかった 22 あるから, 過ぎて 21 来ると 20 ないので 19 あれば, 経って 18 あつた 17 あるので, 過ぎた 16 あった, あると, たったか, ないの, 来た, 迫って 13 かかって, なくて, 経つと, 経過し 12 たったよう 11 あるの, かかるの, たちました 10 あって, すぎて, たったの 9 あります, 終ると 8 ないん, 来たので, 経った, 遅いので, 非常に 7 ありませんから, かかりました, かかるん, くると, 余って, 來た, 来るまで, 立つて, 経過した 6 かかります, きて, すぎた, たつたか, たつて, 切れて, 来ても, 来れば, 経ったか, 長いので

5 [16件] あつたら, ありますから, かかるから, かかると, たってから, ないと, 切迫し, 必要である, 必要な, 惜しい, 惜しいので, 時間だ, 経つて, 近づいて, 遅くなった, 違って

4 [36件] あったの, あったので, あっても, ありません, かかったの, かかること, かかるだろう, きたので, きまって, すぎると, すむと, たつ, たつた, なくなって, 來て, 來る, 含まれて, 惜しくて, 来るまでは, 極度に, 気に, 流れて, 無いから, 無いので, 無かった, 私の, 終って, 経ったの, 経ってから, 経つに従って, 経過する, 經つ, 近づくと, 逼って, 遅くなる, 遅れて

3 [51件] あったとき, ありませぬから, あるだろう, あるよ, あるよう, かかつて, かかるので, かかるはず, かかるよう, くれば, ございますから, すぎました, すんでから, せまって, たつと, たつに, たつにつれ, たつにつれて, たつに従って, たつほど, つぶれて, ないという, なければ, ほしい, 一日の, 出来ました, 切迫した, 十分に, 多いの, 多くなった, 少なくて, 少なくなる, 惜しかった, 早いので, 早過ぎ, 来ましたから, 来るの, 流れたの, 無い, 無駄に, 短ければ, 私に, 立って, 立つ, 経ったよう, 経つた, 経つにつれて, 經つた, 迫ったので, 遅いから, 遅れたので

2 [162件] あったと, あつて, あまりに短い, ありさ, ありながら, ありませんでした, ありませんので, あるからと, あるが, あること, あるだろうから, あるもの, あるん, あろう, いります, おあり, おくれて, おしい, おそかった, かかったよう, かかっても, かかりその, かかりましたが, かかるか, かかるかという, かかるが, かかるであろう, かかるでしょう, かかるという, かかる筈, かけられ心労苦吟, きた, きても, きましたから, くるまで, ございません, ございませんから, さうである, すぎてから, すくなく, そのまま過ぎた, たちやがて, たったろう, たつこと, たつたで, たてば, ちょッと, とれて, どうなろう, どれほど, どんどん経っ, ないが, ないこと, ないし, ないよう, ないわ, ない時, なくとも, なくなった, なくなります, なさそう, まだ早い, もう後, ゆるせば, 三十分も, 不正確, 不規則に, 与えられて, 二時間も, 他の, 何千円に, 余れば, 余程多い, 出来たので, 出来て, 制限される, 刻々に, 午前である, 厭で, 同じだ, 大切だ, 好で, 始って, 存在としての, 少くて, 少くなる, 少し早, 彼女にとって, 必要だった, 必要であった, 性格と, 惜しまれて, 懸るという, 掛かった, 掛かりますから, 掛った, 早いし, 早いと, 早かった, 早くて, 早ければ, 早すぎた, 早過ぎます, 時間と, 晩れ, 朝の, 本当の, 来たから, 来たこと, 来たと, 来なければ, 来ました, 来ますから, 来る, 案外に, 極めて静か, 欲しかった, 歴史性に, 殆ん, 殖えて, 永すぎる, 流れた, 流れたか, 済むと, 減って, 潰れて, 無いの, 無くて, 無事に, 無限に, 珍らしく, 短いの, 短かく, 私には, 立っても, 終わって, 経ったため, 経つ, 続いたが, 続いて, 続く, 自分の, 許すなら興津あたり, 近づいたと, 迫つてくる, 迫ると, 遅いし, 遅かった, 遅すぎる, 過ぎる, 遠慮なく過ぎ, 遲れた, 長い, 長かった, 長くかかる, 長くなっ, 長くなった, 長くなり, 長くなります, 長くなる, 長ければ, 長すぎる

1 [1270件 抜粋] あきらめを, あったから, あったその, あったなと, あったはず, あったらまた, あったらソヴェト, あったら君, あったら犠牲者, あつたらい, あの事変, あまりに滅茶滅茶, あまり早, あらう, ありました, ありまして, ありますれば, ありませんし, ありませんよ, ありません先約, あり得たこと, あり親切, あるか, あるかしら, あるしきまり, あるという, あるなら退屈凌ぎ, あるばかり, あるわけ, ある時, ある点, あんなところ, いかにも惜しまれる, いくらかできます, いった, いつであるかという, いつの間にか私, いよいよ看病, いるもの, えらくかかる, おかかり, おくれたからって, おくれること, おくれるよ, おしくて, おしまいに, おそいといふ, おそかつ, おそくなっ, おそすぎる, およろしけれ, かかったが, かかったけれども, かかったとは, かかったので, かかりここ, かかりさうな, かかりすぎる, かかりすぎる感じ, かかりましたけれど, かかりましょう, かかりますつまり, かかりますね, かかり念仏, かかるかも, かかるだらうしね, かかるでせう, かかるもの, かかるらしい話, かかる彼等, かけ違って, かなりに, きたこと, きたな, きた場合, きめられて, きれようと, くるえば, くるまでは, ここでは, この場合私, この装置, こんなにはつきり, ございましたものの, ございますね, ございませんわ, さかれた, すぎたか, すぎましたが, すぎ去って, すくない, すこしおかしい, すつかり, すでに来てる, すみベッド, すむの, せまれば, そしてどう, そのまま生産, その変動, その爲, それで, それでも, たいせつであって, たくさんできた, たくさん有り, たたないの, ただ過ぎ, たちましたか, たちましてから, たちもう, たち日暮れ, たち若い, たったが, たったであろう, たったところで, たったらしい, たっても, たっぷりございます, たつうち, たつとともに, たつばかり, たつやう, たのしみにさえ, たッ, だいぶ迫っ, ちゃんときまってる, ついやされたの, つぎたせるもの, つぶせますし, つぶれるし, つまると, できます, ときどきほしい, とっくに過ぎ, とれないから, とれ且つ, どうしても多く, どうにも私, どしどし経つ, どれだけ, どれ位ノロノロと, どんなに費され, ないかと, ないからと, ないじゃ, ないって, ないといふ, ないな, ないまた, ないらしい, ない位, ない日, ない過去, なかつたから, なかつたん, なかなか見つからないらしかった, なくとう, なくなったので, なくなりますよ, なくなるほど, なく前, にがにがしい時間, のびたので, のびるからといふ, はじまる前, はぶけどんなに, はやいの, ぴたりと, ふえるばかり, まさに運命的, また時刻, まだだいぶあった, まちがって, まちまちで, まとまってなく部屋, まるで水, むだにも, もうせまっ, もう短く, もっと有意義, やかましいこと, やって来ましてな, やや進ん, ゆつくり, よかった, よくない, よく出来た, よろしいよう, わからなくなって, わずか一時間半, アッサリ消え, キチキチや, グラフに, ドイツと, ノロノロと, モウわかっ, 一体どの, 一分間でも, 一向正確, 一定してる, 一年半つづく, 一時一分という, 一時間経っ, 一番大切らしい, 一番落ちついた, 一瞬間続いた, 丁度愉快, 三分間どころか, 三本で, 不定な, 不経済, 不適当, 主に, 予定より, 事實的時間によ, 二十分ばかり, 二時, 二時間ばかり, 五分たり, 五時間ある, 人々の, 今夜かぎりだ, 休みだった, 体に, 何日おきかに, 余ったから, 余り短かっ, 余るし, 余分にか, 余程過ぎた, 停って, 僅かに, 元へ, 充分に, 全生命, 其の威力勢力, 凍結時間より, 出来たわけ, 出来家, 分らないこと, 分るくらい, 切れないの, 切れると, 制限され, 割合に, 十一時に, 十三年で, 十五分か, 十分ある, 十時頃で, 午後の, 半ぱであるせいか疎ら, 半端だ, 原則といった, 取れた, 取れるかも, 合うよう, 合わない, 吾人の, 問題だ, 喰い違ったり, 嚴格に, 因で, 変つ, 多いせい, 多かった, 多くなっ, 多くまた, 多少ある, 大分經つた, 大切な, 大層違います, 天体の, 妙だ, 始まった時, 存在し, 完全に, 実にうれしい, 実に相当, 実感に, 客體的に, 寄せて, 少い, 少くなつた, 少しずつ, 少し余計, 少し早かっ, 少し過ぎ, 少ないから, 少なくなるだろう, 差逼つてゐる, 延ばしたかったの, 延び家中, 彼らに, 彼を, 後へ, 後れたため岡田, 後れて, 後れるけれども, 得られないので, 徴候の, 心配に, 必要で, 必要です, 忌々しく惜, 急に, 悉く論理, 悪いなどと, 惜しいくらいに, 惜しいと, 惜しいまた, 惜しいんで, 想像も, 懸ったので, 懸るの, 抱きしめたいよう, 振動の, 掛かるか, 掛って, 掛るかしら, 掲げて, 支えら, 文化的時間の, 早い, 早いから, 早いです, 早いん, 早かったり, 早くなる, 早く流れ去っ, 早過ぎた, 早過ぎる, 昼で, 時間で, 時間の, 暗がりを, 書いて, 最も楽しい, 有りますか, 有るから, 朝夕に, 来たからじゃ, 来ただ, 来たならまた, 来たのに, 来たらさっき, 来たら電気, 来ない, 来ますと, 来る時, 極めて少なく, 構成される, 次第に長く, 欲しいの, 止ったよう, 止レバイイノニネ, 歴史から, 殆ど無くなっ, 残って, 段々長く, 毎日私に, 永いといふ, 沢山ありよろこび, 活気だって, 流れたやう, 流れるよう, 流れ去って, 消えそこ, 消去された, 減ったの, 溶け合つて, 濟めば, 無いと, 無え, 無くなったため, 無制限なら, 然し唯一, 燠の, 狂つ, 珍しく長引いた, 理解され, 生じて, 町の, 略, 異常に, 發生する, 目やすだ, 直觀, 相当に, 省けるからでも, 省ける丈, 瞬間である, 知れるの, 短いもの, 短か, 短くなった, 私たちに, 私を, 積極的に, 空費された, 空間化された, 立った, 立ってから, 立つたん, 立てば, 第一私, 精一杯で, 純粋持続を以て, 終むとその時その, 終りました, 終る頃母, 終わったら別, 経たなきゃ発作, 経ちその, 経ちもう, 経ったかと, 経ったから, 経ったつもり, 経った時, 経つうち, 経つのに, 経るまで, 經ちさへ, 經つてゐるらし, 經つて居らぬ, 經過した, 縮まる手数, 繩の, 續く, 肝腎である, 自然と, 自由に, 茫っと, 蚊の, 要ったか, 要っても, 要ると, 見つからないと, 解るの, 訪れはれ上るたび, 訪れるまでといふ, 許さない, 許さぬ, 許されないで, 變つたのかも, 費されたり, 足らず着物, 足りないから, 足りないであろう, 足りないのに, 足りなくて, 足音を, 辛かった, 近づいたよう, 近づくん, 迫ったと, 迫つたから, 迫つたので, 迫つて思ひ切つた, 迫つて見る, 迫るので, 追って, 逆転し, 逢わないが, 逼った, 遅くなりましたで, 遅れたから, 遅れるの, 過ぎたか, 過ぎたと, 過ぎたろう, 過ぎても, 過ぎてをりますから, 過ぎ去ったと, 過ぎ私, 違うかも, 遲い, 遲く, 重いので, 重なりそして, 金きょうからは, 長いため, 長いという, 長くかからないで, 長くそれ, 長くない, 長く掛, 長びき又, 長引くので, 長過ぎる, 間に, 間に合わなくなったの, 限られて, 雪を, 静に, 非東洋的, 食は, 魔縛され, 鳴ると

▼ 時間~ (2775, 10.6%)

107 うちに 46 後に 44 間に 31 後には, 方が 30 中に 23 都合で 21 たつの, 余裕が 20 余も 16 余裕を, 長さ 13 あいだに, 経過を 12 問題と, 都合が 11 ことを, 問題である, 経つの 10 上に, 観念が 9 ことは, 上から, 問題だ 8 制限が, 労働を, 問題は, 大部分, 経過が 7 ことで, 上で, 内に, 問題に, 睡眠を, 長短は 6 ために, なかに, ように, 中で, 労働で, 後彼は, 流れの

5 [17件] あること, うちには, か, ことである, のちには, やうに, 中でも, 後であった, 来るの, 経過は, 行程である, 観念を, 諸樣態, 講義を, 都合を, 長いの, 間は

4 [22件] ことが, ことだった, のちに, ほかは, 余裕も, 内容を, 労働の, 問題が, 問題では, 少し前, 延長を, 後, 後再び, 授業が, 正確な, 流れに, 点から, 経過に, 経過につれて, 経過の, 都合も, 間には

3 [55件] あひだ, ことだ, ことであった, たつこと, ようで, ような, 上では, 中では, 中には, 中にも, 余裕は, 内で, 函数として, 制限も, 前に, 労働と, 労働八時間の, 半分は, 問題であった, 問題です, 始めに, 尺度が, 差が, 後その, 後だった, 感じを, 手間を, 授業を, 推移を, 早い時, 時間を, 正確を, 永さ, 流れを, 浪費だ, 消費を, 終りに, 經つ, 自由を, 観念の, 距離が, 距離は, 軸の, 迫って, 過ぎるの, 遠い彼岸, 鐘が, 間で, 間にも, 間の, 間を, 間辛抱し, 関係から, 餘も, 餘裕を

2 [158件] あいだこの, あとで, あとに, ある限り, うちで, うちの, かかったの, かかること, かかるもの, ことなどは, ことに, ことも, つぶしようも, ないこと, ない時, なかにも, のち, ひまにも, ほうが, ゆとりが, ゆとりの, ゆとりを, ようだった, ようでも, 一部を, 三つの, 上の, 上も, 世界を, 中なら, 中へ, 久しきに, 事を, 仕事に, 代りに, 代わりに, 休息が, 休息を, 休息八時間の, 余に, 余裕と, 使用について, 全部を, 再現, 制限を, 刻みの, 前後による, 割で, 力是れ, 労働であった, 労働に, 勉強の, 区劃が, 十時に, 単位が, 問題から, 問題だった, 問題で, 問題を, 喇叭が, 基準が, 始まる前, 差は, 底に, 彼方に, 後この, 後である, 後でなけれ, 後の, 後コロンビアに, 後代, 後兄の, 後全く, 後冬の, 後宜, 後救援隊と, 後私は, 意識が, 意識は, 感覚の, 懸隔なく深く, 所産であり得よう, 打合せが, 打合せなど, 授業に, 授業最中であるべきである, 支配を, 支配権の, 支配権を, 政治生活, 散歩を, 方は, 方を, 旅を, 昏睡の, 時には, 時間が, 最小なる, 朝夕二回ある, 本性に, 本性は, 概念から, 概念に, 概念は, 概念を, 構造を, 汽車の, 浪費を, 点で, 無終極性, 爆撃だ, 猶予が, 登りである, 相対性が, 相違あり, 相違は, 眞の, 睡眠の, 秩序から, 秩序に, 節約に, 約束が, 終わるまで, 経つにつれて, 経済にも, 経過する, 経過には, 經過を, 考などは, 自由が, 航程, 行程と, 観念に, 觀念が, 觀念は, 許すかぎり, 許す限り, 豪雨は, 距たりが, 距り, 辛抱だ, 進行が, 遅れは, 過ぎて, 都合では, 都合や, 長かった, 長短の, 長短を, 長過ぎる, 間この, 間その, 間此病院で, 間盲目滅法, 関係で, 関係は, 關係を, 順序と

1 [1461件 抜粋] あいだ, あいだだけ, あいだは, あいだわたしたちは, あいだ二階座敷から, あいだ流石に, あいだ私は, あいだ自分の, あいだ預かつ, あった事, あつた, あとには, あまり同じ, あるあ, あるを, ある赤衛兵, いつを, うえで, うちたつた, うち一度か, うち二三分のエッセンスあり, うち十五分しか, うち最も, おかげで, おくれるの, おそろしいた, お許しの, かからぬ恋, かかるはず, かかる事, かかる所, かかる競技, かち合いで何, が七時間, くり合わせを, こと, こととを, ことなどを, こと考へず, ご都合, しんと, すぎる間, せいか, せいで, それぞれ具體的な, たったの, たつて, ためにばかり, ちがいで, ちぢまる方, つかいかた, つごうで, つぶしように, できますの, とき処理しなく, ところと, ところも, どっさりを, ないため燈臺, ないやう, ない負担, なかでも, ながれ, のちきちんと, のちやがて, のち幽霊船虎丸は, のち母の, ひるね, ほうは, ほとんどすべて, むだづかいだ, むだに, やうな思ひ, ゆとりつけ, ゆるす限り勉強, わずかな, アブクの, ギヤツプを, パースペクチヴ, マイナス三乗を, レコードのみによる, 一刻だけ, 一番の, 一粒一粒が, 一致じゃ, 三つを, 三十分に, 上からは, 上において, 上大丈夫だ, 下に, 不断なる, 不足が, 不足を, 並木道は, 中よりも, 主要契機なる, 乗りづめでは, 予定で, 予想が, 事である, 二種類の, 交際が, 今の, 仕事や, 以上も, 休みの, 休息あり, 休憩が, 休養で, 会心の, 会話を以て, 何かの, 余あらあ, 余を, 余暇を, 余裕しか, 余裕に, 作業である, 使い方の, 來る, 価値など, 修身である, 停止する, 傷心が, 優越な, 全部は, 具合で, 内には, 内容と, 内幕を, 再現である, 処が, 出口も, 出来事であった, 出来事に, 分けかた, 切迫から, 到來, 制定労銀増額公休日出帆入港は, 制限にも, 制限や, 刻みが, 刻みによって, 削減などが, 前後に, 割に, 割り振りにも, 割引を, 加減とで, 労働である, 労働によって, 勉強でも, 勘定を, 勤労だ, 区切り切断, 區劃に, 十分間は, 午後五時に, 半端が, 単位とも, 印象が, 又は時代, 各々の, 合って, 合間合間に, 同一の, 吾等が, 哲学を, 問題, 問題かも, 問題その他の, 問題とは, 問題の, 問題も, 喰ひ, 四分の一より, 在りかたの, 場合とは, 変数を, 外でした, 外へ, 多い並木, 多少は, 夜の, 夢は, 大切な, 大部分空, 如きは, 如く歴史的過程, 始まる頃, 始原に, 姿を, 安眠を, 定めが, 実在に, 客観的法則性の, 対峙を, 尊さ, 少いため, 少ないの, 尺度の, 尺度をも, 川底生活に, 差, 差であった, 差異のみと, 差違の, 席に, 幕と, 平均誤差が, 延着で, 延長では, 廻って, 当直に, 形式によ, 形式を, 影響の, 後おばあさんは, 後かえったら, 後そこに, 後とは, 後は, 後まっ, 後われは, 後ドオ, 後ランプの, 後之を, 後五位は, 後佐治さんが, 後信子は, 後先生の, 後午前十時という, 後周三は, 後妙に, 後工場は, 後我々一行は, 後手を, 後新吉が, 後津浦線伝いに, 後用達に, 後舟を, 得られる限り, 御都合, 忙しさ, 思ひがけ, 性格が, 性格は, 性質上一たび過ぎ去った, 悠久を, 悲嘆を, 意味に, 意味を, 意識を, 感念に, 感情を, 感覚をも, 或る, 所在に, 持時間その, 指示実験と, 授業の, 掛かるもの, 推定は, 推移とは, 推移の, 損失だ, 改革案なる, 教育という, 教育八時間の, 散歩の, 料理を, 方に, 旅だつた, 旅と, 旅程で, 日光を, 早いひとり, 早さ, 昼休みに, 時に, 時間しか, 暗合を, 曲率の, 最も正確, 最も著しき, 有様を, 本当の, 本日七時五十五分に, 本質を, 束縛を, 果てしなき経過, 枠で, 極端な, 概念であり, 概念のみ, 構造に, 様も, 樣態が, 次は, 正体という, 正確なる, 歩みが, 死ぬよう, 民族心理学とを, 永遠に, 汽車で, 汽車旅行は, 沈黙をも, 波路を, 活動ぶりは, 流れて, 浪費の, 消える方法, 測定などは, 測定には, 準備が, 潮時と, 点が, 点なども, 点は, 為事でない, 無いの, 無限に, 無駄だ, 無駄を, 熟睡は, 爪の, 特性は, 特色である, 状態を, 猶予を, 現在でなく, 現在性なら, 甚だ久しい, 生活であっ, 生活を, 病いで, 百年十年などとの, 直前だった, 相対性は, 相違を, 眠りである, 眺望はよ, 睡りを, 睡眠で, 睡眠にて, 知覚が, 短い間, 短縮, 短縮の, 短距離を, 社会的な, 祈祷が, 科學, 秘密を, 移るにつれ, 種に, 空白が, 空費では, 空費は, 立つに従って, 立話は, 等価物である, 節約と, 節約を, 範囲は, 篩を, 精確ならざる, 約を, 約束も, 終りから, 終りごろには, 終るまで, 組合せの, 経って, 経て, 経済に, 経過, 経過した, 経過だけは, 経過とが, 経過と共に, 経過上についても, 統一は, 經過する, 練習の, 續く, 考へを, 脱落が, 自由行動を, 航路である, 芝苅, 苦心が, 行きつく終点, 衣類の, 表象そのものを, 裕り, 襖を, 見えざる實, 見方を, 規律を, 観念などにさえも, 觀念など, 觀念の, 計算から, 記憶および, 訪問で, 許す限り世, 試験を, 話, 説明を, 課業は, 調節者として, 諸契機, 講義が, 講義である, 講義の, 變種であり, 豊原で, 販売にも, 費し方, 足りないうらみ, 軸じゃ, 辛抱である, 農村や, 迫った旅人, 迫るを, 逆転が, 速さ, 速力は, 連続であった, 連続は, 進むごと, 進行と, 遅いこと, 遅くなるなら, 遅れる時計, 運動の, 運命だ, 過ぎたの, 過ぎ行くも, 過渡期的經過を, 道ゆきを, 違いは, 遣繰を, 都合から, 都合でといふ, 都合にて, 都合上ここへは, 酒も, 重苦しさ以外, 量化, 鏡, 長いと, 長い短いは, 長い間, 長くかかる, 長短が, 長短との, 長短或は, 長編では, 間々を, 間が, 間でも, 間わしは, 間ブライヤアの, 間二人が, 間今死ぬ, 間価格の, 間冬の, 間娑婆苦を, 間安易な, 間当人は, 間我々は, 間敵軍の, 間気絶せる, 間満足し, 間私の, 間聴衆を, 間贖罪を, 間違いで, 間鏡の, 間隔角度を, 間飽く, 関係に, 関係距離の, 關係は, 限りなき, 随分激烈苛辣, 隙を, 隣人だつた, 雪道を, 電車で, 静粛と, 順序が, 風雨に, 餘待たせた, 驚異的記録を, 黙想をすら

▼ 時間~ (2011, 7.7%)

40 二時間も 39 かかって 38 前から 29 前に 26 すれば 25 三時間も 24 すると 16 たって, 空間も 14 して, ない, 何時間も 12 経って 11 たつと 8 なかった, 四時間も, 経つと 7 おくれて, かかった, じっとし, たつて, ぶっとおし 6 そうし, たたないうち, 坐って, 待たなければ 5 かかる, たたぬうち, たってから, 待って, 文字に, 無駄に, 立って, 過ぎて

4 [20件] あった, あれば, たったころ, たてば, つづけて, やって, 坐り込んで, 場所も, 幾時間も, 待たされて, 掛って, 暇が, 歩いて, 汽車に, 私の, 経たないうち, 経った頃, 置くと, 費して, 遅れて

3 [36件] ある, かからなければ, かかるところ, かかれば, しないうち, そこに, た, たったのに, たった後, たった頃, たつてから, つづいて, ないの, はいつて, ぶっつづけに, ぼんやりし, まえに, 一時間半も, 与えられなかった, 五時間も, 彼処に, 待たせて, 待つて, 掛かって, 時間を, 机に, 歩くと, 登ると, 経たぬうち, 経ったろうか, 経ってから, 経てば, 經たぬ, 續けて, 遊んで, 非常に

2 [115件] あつた, ありますから, ありません, あるから, あること, あるし, あるの, あろうに, かかったと, かかったの, かかったよ, かかったよう, かかっちまっただよ, かからないで, かかります, かかると, かかるの, きめて, ぐずついて, したと, したらきっと, したら自分, しびれを, しますと, するか, そこで, そのままで, それに, たったかと, たったと, たった時, つづいたよう, ないし, ないので, なかつたん, なければ, ねばって, はいって, ぶっ通し, まえから, またした, やれば, 一所に, 七時間も, 仕事を, 凝つと, 出て, 前だ, 前まだ, 十六時間も, 同じ場所, 外に, 夜の, 夫, 密談してる, 密議し, 居たらたまらなく, 居て, 居られたの, 帰って, 延着し, 延着した祟りで, 彼の, 忘れて, 慾も, 接吻し, 損を, 教壇に, 日を, 旦那の, 早かった, 早く出勤, 早目に, 暮らさなければ, 歩いた, 歩いてるうち, 殆ん, 沈思する, 湯煮る, 煮て, 煮ると, 相違の, 眠ったかしら, 眠ったと, 眠ったよう, 眠って, 石の, 確かで, 私は, 私を, 空には, 立ちつづけて, 経たない裡, 経たぬ間, 経ったが, 経った後, 経つらしい, 経過し, 經つた, 続いた, 続けて, 腰を, 見て, 見物し, 話して, 話を, 費すこと, 費やして, 費り, 走ったころ, 連呼し, 遅かった, 過ぎたと, 金も, 黙って

1 [1152件 抜粋] あったはず, あとの, あなたの, あの天窓, あの暗い狭い, あませど, あらうし, ありは, あります, ありますよ, ありませんが, あるうち, あるといふ, あるのに, あるわけ, いえことに, いっしょに, いましたのね, いようもの, いると, うき立ったこの, うずくまり自分, うつらうつらと, うろついて, おくれちまった, おしんで, おそくなった, おそらく一分以上, およいで, お化粧, お持て, お金もか, かかったらどう, かかったろうと, かかってさ, かかつて, かからず彼ら, かからなかった, かかりそれだけ, かかりますかな, かかりますし, かかりません, かかるから, かかるが, かかるよう, かかる仮令, かかる東北地方, かかる県都, かかる道中, かけまわるので, かなりある, くどくどと, ぐうぐうねむりつづけている川上を, ぐるぐると, こうしてひとり, こう云う, ことことやってる, このとき, この露次, こんな調子, ございませんので, したらお前さんとこ, したらかれ等, したらわたし, したら二人, したら通るでしょう, した頃館山寺, しつこく続け, しまりが, しゃべっては, しんけ, じっともちこたえられ, じっと横たわっ, すぎて, すごせない, すわって, ずり下げて, せまりますから, そう閑, そのとおり, そのままでいたらしい, その庭, その死滅, その肌, その間に, それ以上も, そんな山, たえず私たち, たたない中, たたなければ, たちすぎて, たったでしょう, たったよう, たったら計算書, たった頃博士, たってるよう, たって気がついた, たっぷり余裕, たつかた, たつのに, だまって, ちょうどでありました, ついに過ぎ, つづいた戦闘, つづくん, つづけねば, とうとう暮れ, とろとろと, どしどし駈け, どんなにか, ないこと, ないどうしても, ないねえ, ないみたい, なかつた, ながくそして, なくさ, なくまた, なくベル, なく何年, なく屡々, なし今日, なし金, なにも, ねちねちと, のたくりまわった, はこばれるの, ひざまずいた, ひと言も, ぶっ続けに, ほうり出して, ぼんやり坐っ, ぽつねんと待つ, まず八時頃, また同じく, また意義, まちやっと, むく妖術使ひなん, むりやりに, もう僅か, もつまいと, もませや, やかましく学校, やるの, よしこの, よほど経ちました, わからないし, わめき通したあげく, アレコレと, キェルケゴールの, シーツ一つで, スケジュールの, チャンと, テーブルの, トラックで, ハッキリと, バックを, ピアノを, フライに, ブランデーを, リッターの, 一しょに, 一つ所に, 一室に, 一時間づゝきまつて勉強する, 一秒間も, 一緒に, 丁度よ, 三十分も, 三時間もか, 上空を, 下りて, 不在勝で, 与えられずに, 並んで, 乗りまわすので, 乗り続けると, 二人が, 二時間半も, 五分ないし, 亦従って, 亦自然, 人いきれの, 仕事が, 付き添って, 伏して, 休む寝床, 休息し, 会って, 何十時間も, 余計に, 倦きず, 停止した, 働いて, 働かせられ云いつけに, 働らかされ, 先生が, 全くない, 六カしいです, 出かける勇気, 刀を, 列を, 判らなかつたが, 前後不覚の, 効いたの, 動かずに, 動かなかつた, 動くこと, 化学実験室に, 十分二十分と, 午前二時頃と, 午後の, 半ば裸の, 受けずに, 同じよう, 同じ持場, 君を, 吹き曝され夜, 哨戒艦隊は, 喋つて行く, 喋り立てた挙句, 喋舌つた, 囀りつづけて, 四時間もの, 地壇の, 坐つて, 垣根の, 変り痰, 多いし, 多く戦時, 夜なかまで, 夢想に, 大分おそく, 大分過ぎた, 大抵夜, 天上を, 女に, 婆の, 子供と, 存しない, 家人と, 寝そべって, 寝たわけ, 寝れば, 対座する, 小歇, 少しは, 少なくなる, 居た, 山田の, 帰らなかった, 幌内の, 幾時間もに対して, 延長しうる, 引っぱり廻されて, 強て, 彼と, 彼女が, 待たされた, 待たされたり, 待たされては, 待たされるから, 待たしめて, 待たせる根性, 待ちかま, 待ちました, 待ちましたけ, 待ったかと, 待ったであろうか, 待ったと, 待ってから, 待つたその間, 待つの, 待つ必要, 後な, 御手紙, 心ゆくまま, 必要なら, 怠けませんでした, 恐らく静か, 息苦しい台所, 悲しく泣かした, 惜しいところ, 惜しまないからね, 意外に, 懐中鏡で, 我慢が, 打ち続けたあげく, 打っちゃらかしとくなんて, 打通し, 押しづよく, 捜して, 授業を, 掛かつて, 掛った, 掛らぬのに, 掛るに, 揉む, 散歩に, 斯う, 既に十二時, 早いの, 早うございました, 早くことに, 早くなり, 早く事務所, 早く出掛け, 早く支度, 早く着いた, 早く聞い, 早けや, 明かでない事, 昼の, 時の, 時間であります, 暮し向きの, 書いて, 最も長い, 本当の, 材料も, 東京の, 椅子の, 極地飛行の, 横って, 機会も, 止めて, 正篤が, 歩いたで, 歩き, 歩きつづけ見知らない土地, 歩きまわったあげく, 歩き回った揚句, 歩き廻った, 歩みを, 殆どこの, 段々短, 気に, 水の, 江東義塾の, 汽車で, 法悦に, 注意もすつかり, 流れ過ぎた, 浪費した, 渋谷の, 準備に, 漕いだ, 漕いで, 火にあたり, 灰を, 無くとても悠々, 無意識の, 無遠慮な, 焼いて, 煮ますが, 煮れば, 燻せば, 独りで, 狭められたよう, 玄関の, 珈琲店を, 生きて, 町はずれを, 病室から, 登り続けたが, 盆栽の, 相手も, 眠った頃, 眠つては, 眠れないよう, 眺めた, 睡つたらうか, 知らせなかったのね, 知りたい, 短いので, 短かかった, 磨いて, 私に, 私達を, 空腹を, 窶しや, 立たされたり, 立たされるの, 立たせや, 立たぬうち, 立ちつくして, 立ち尽しそして, 立ち続けて, 立ったと, 立っとったなら俺, 立てば, 立明し, 精力も, 糸を, 経たない中, 経ちますので, 経ったか, 経ったの, 経った午後, 経ってからの, 経つた, 経つたと, 経つて, 経つ頃, 経ぬ間, 経過って, 絶叫した, 続いたが, 続いたよう, 続いたろうか, 続きましたが, 続くの, 続けさま, 緩くり, 繰りあげて, 續け, 考えたうえ, 考えたつもり, 考えました, 考へたあげ句, 聞き入つた, 脳中を, 膳の, 自分の, 自惚, 自由だった, 苦しい思い, 草原に, 蒸焼に, 行くと, 裁縫し, 要しませんから, 要った, 見てから, 見ゆるごとくさびしく, 覗いて, 言い争い, 話しこんで, 話した, 話し込むと, 読み続けてるうち, 読書力も, 謂わば, 議論し, 貴女は, 費したかも, 費やした, 費用も, 走って, 走りつづけたのち, 走ると, 越すであろう, 足りなくて, 身しろ, 辛かつ, 辛棒し, 迫って, 迷って, 退屈で, 遅いし, 遅いので, 遅かったら, 遅れたし, 遅刻した, 遊ぶ時間, 過ぎたらほんとう, 過ぎましたらその, 過ぎ会員, 過ごした時, 過して, 過すの, 違い一方, 遡って, 邪魔した, 釣れば, 鏡の, 長い長いあいだそれ, 長くか, 長くなったらしい, 長くはね, 長く続く, 長座を, 閉ぢ込められたら, 間にあわず残念, 闇の, 限られて, 雨や, 震えて, 非常管制が, 頬杖を, 額を, 飛行した, 食事に, 飲みつづけて, 駄法螺を, 駈けと, 骨折ったが, 高い頂, 黄金を, 黙り込みあるいは

▼ 時間~ (1710, 6.6%)

86 して 74 なると 31 なって 16 すれば 15 於て 11 なる 9 なった, 私は 8 なるの, 亙って, 彼は 7 なっても, 對し, 間に 6 おくれて 5 なりました, なれば, 亘って, 余裕が, 僕は, 先生が, 於ては, 間に合うよう

4 [13件] お話します, しても, なるまで, 制限が, 合せて, 同じよう, 渡って, 私が, 私の, 行って, 起きて, 遅れて, 間も

3 [17件] すると, なつた, なるが, なるので, ゆとりが, 一定の, 二階で, 何百里という, 余裕の, 先生は, 出て, 出勤し, 制限の, 帰って, 於ても, 素子が, 自分の

2 [79件] あつて, あまる長い, あれだけの, いろいろの, おいでに, お話を, きまった場所, くるから, こんなところ, それが, たぬきが, なったが, なったので, なった時, なつたら, なつて, ならなければ, なりましたので, なりますと, なるわ, ラジオを, 一回転する, 一緒に, 三四人の, 仕事を, 余裕を, 使う標本, 僕等の, 出る汽車, 出来ること, 制限を, 十度も, 取りに, 合せの, 合わせの, 夫が, 学校の, 家に, 家を, 居眠りを, 左右されない, 廊下へ, 延して, 当って, 彼の, 後れて, 後れると, 後藤君の, 必要な, 忘れて, 思われた, 感じられた, 或る, 手紙を, 於ける現在, 比例する, 火を, 生きて, 祭壇の, 私を, 約束の, 絵は, 自動車を, 自宅で, 見えた, 観察する, 解決させる, 追はれ, 遅れたので, 遅れては, 運動場の, 遲れ, 関係の, 階下へ, 零す語数, 非常に, 食堂へ, 駛せ, 高い梁木

1 [1107件 抜粋] あたしが, あたるから, あて, あてる, あの辺, あの雑誌, あらといふ, ある人, いかなる影響, いくら星は, いって, いつもし, いつも話し, いねむりを, いろ, うとうとと, おおよそ日本, おくれたこと, おくれては, おくれないよう, おくれるなんて, おくれる必要, おじいさんを, お友達, お妃さま, お帰り, お訪ねしました, かまわず, きつちりその, きびしい制限, きまった仕事, くいこんで, くらべれば, けいとうの花を, こうすらすらと, ことに夕方, このごろ感じた, この年老いた, この浴槽, こめられた静寂, こんなに生えた, こんな田舎道, さう云, した, したって, した方, しばられるもの, しようと, しろ乗って, すぎなかった, すこし遅れ, するん, せず八時間, せよ道江, その先生, その沼地, その生徒, その雪人形, それを, たつた一人, だも, ちやんと, ちょうど夜中, つい計算, とつて, どうした, どうして四十面相, どこからか, なお一度, なぜに, なったこと, なったの, なったらさ, なったろう, なってから, ならったん, ならないうち, ならねば, なりましょう, なりますから, なりやすい, なり五時間, なり或は, なり次, なるか, なること, なるで静まりましょう, なるべく出遇わない, なるべく多量, なるん, なる様, のび縮みは, はっきり見た, はるかな, ひっかかりました, ひどいあらし, ふと彼, ふりむけること, ほれぼれと, ほんの一寸, まいります, まだ三十分, まにあうばかりに, まるで卓一, みんなを, もう十五分, やって来て, やつぱり僕と, やや早, やるの, ゆくと, よし半歩, わが一生, わざわざ取り, わたしが, わたって, アイビキし, アントニーと, イナックが, エスターから, カドリールと, カンニングを, キッチリ, コップに, ズレが, トルーフル三十五キログラムを, ナオミが, パスカルの, ピーチクパーチク騒がれ, ボナパルト街の, マダム・ベルネの, メリー・ゴー・ラウンドに, リュクサンブール公園の, 一と, 一九世紀の, 一人の, 一品料理を, 一回転として, 一度自転, 一時間の, 一時間後れた, 一晩二つ三つある, 一番ずつ, 一階から, 七十八發, 七千ガロンも, 三つ位の, 三分おくれる, 三十哩急用の, 三千百十万四千人で, 三四回必ず, 三百廻轉の, 上記の, 下駄箱の, 不足は, 両三名, 丸の内辺の, 主客として, 乗り合わせたので, 乘つて來る, 事務員は, 二万七千里だ, 二人で, 二分, 二十や, 二畳敷き, 二百四十回転, 二里半として, 五分ぐらいずつ, 五分間を, 五十三マイルの, 五里走っ, 亘った概論, 亘り昼酒, 亘る会見, 亘る葬式中, 亘る講演中, 亙つて, 亙る, 交替すべき, 人々が, 今こそ, 仕事なさる, 付き正規労働時間, 伊兵衛は, 休んで, 会社に, 伸子を, 何の, 何人が, 余が, 作用する, 例の, 便所へ, 俳句の, 候男らしき, 値切られて, 僅か數分, 働くいわゆる, 僕が, 僕の, 優位を, 充たずそれ, 充分間に合う, 入ったんでさ, 入浴を, 全く往来, 公園の, 兵隊達は, 再び運動場, 写真でも, 出かけて, 出られるやう, 出るの, 出向いて, 出掛けて, 出来るだけ, 函館海峽で, 別の, 制約される, 刻みを, 劇場へ, 労働する, 勘定出来る, 勝手口で, 十五度なれ, 十五里の, 十回も, 十町とも, 千字として, 千百枚を, 半数は, 又一時間, 及ばない, 及ぶとも, 及んだ, 双生兒の, 受験勉強を, 只此丈, 台所を, 各家庭, 各自の, 合わせたの, 合わせ切ったり, 同じこと, 同じ顔, 含まれるの, 唄い出さなくては, 喋ったり, 四つあった, 四トンの, 四分五分位づゝ水は, 四千万メートル即ち, 固有な, 在った, 堀口生は, 場所も, 変な, 外ならぬ, 外出する, 多くの, 大きな鱈, 大急ぎで, 大阪では, 奥畑も, 好きな, 娘と, 子供たちの, 字書を, 学校に, 学生に, 宏子は, 定まって, 実の, 寝て, 対比し, 對する遊ん, 小中大三個の, 小寺と, 小野が, 少し遅れ, 就いて, 就いては, 属し美術, 岩を, 工夫し得た, 差ひ, 帝国ホテルへ, 帰る, 帰ること, 帰れなくなった, 帰宅恥かしい, 平速力五十六海里, 幾本一本が, 広縁に, 店を, 庭を, 延び延びと, 弁当を, 当てて, 役所に, 彼らの, 彼女は, 待ち合し, 後れさせようと, 後れたの, 後れるとか, 従事する, 從つて秩序付けられた, 心付いたと, 必ずネジ, 快い眠り, 思へる, 思われました, 思われ九死, 急行に, 悪寒, 成ると, 我々から, 手早く食事, 持って, 換算し, 擦りへらされた, 改む, 教へた通りを, 教師を, 散歩する, 散歩を, 数学を, 文句が, 新らしい, 於ける根本関係, 於ける精神, 於ける頭脳反応, 旅客機が, 日比谷の, 早速先生, 明きが, 時計屋の, 暗くなり, 更に空間, 最も多く, 服しつつ, 本職の, 村端れ, 来いと, 来ないか, 来られる場処, 来ること, 某教科書, 校長先生が, 森先生の, 極く細い, 機械体操に, 正確に, 此処へ, 歸つて來た, 殺されたと, 気づいて, 江田が, 汽車が, 洋服を, 流れぬ永遠, 浅草橋駅の, 渉る, 渡った問答, 渡る会見, 滴下する, 漫画などを, 煮ます, 父と, 牛肉の, 独り歩く, 現れた, 現実へ, 甚しく, 生きながら, 生産できる, 男は, 疑惑を, 癒されないもの, 百十四回以上その, 百囘あくびを, 目が, 目覚め虫, 相当する, 相応した, 眠つてゐよう, 眼が, 眼覚める, 矢代は, 短縮された, 砂場で, 砧の, 確実なる, 私達は, 突如廊下, 立つ列車, 答えて, 約〇・五リットル, 級長が, 細川や, 結合される, 絵を, 縄を, 縛られて, 縛られるからね, 縮まって, 縮めるには, 置く演劇芸術, 考慮され, 聞こうと, 肉體の, 胸は, 自分は, 自身の, 至つて周囲の, 船が, 船長室に, 落書し, 藥を, 蜜柑の, 行は, 見たるもの, 見ようと, 見廻って, 解剖し, 解剖を, 訪問する, 詰めこまれた人間生活, 誌す, 誰が, 諸君が, 警視庁の, 象つて歴史的時間が, 負けたと, 責任を, 起きるもの, 起き上るから, 起される, 起った様々, 起るであろう, 足りなくなったの, 蹈破する, 車が, 近いほどの, 近い旅, 近づいたらしく人人, 迫って, 迫られヤキがま, 追い懸けられて, 送りむかえして, 逃亡を, 途中まで, 這入ると, 通る列車, 遅れずに, 遅れたよう, 遅れたら大変, 遅れないよう, 遅れぬよう, 遅れやすまいかと, 遅れるとは, 遊ぶ気, 運動場へ, 過ぎないであろうその他, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 過ぎぬ, 道場の, 違いなかった, 遠慮深い, 部屋の, 針仕事を, 長さ, 間にあわない, 間に合わせるため, 間に合わない, 間に合わないほど, 間違ひ, 関らず, 関係ない, 關し, 限って, 限られいたるを, 限りたれ, 隙間も, 集中され, 零りつもる, 靖国神社に, 靜かに, 頓狂もの, 頬杖を, 風呂には, 食事を, 餌を, 駆付けて, 驅け, 鶴が, BKの

▼ 時間~ (1452, 5.6%)

8 かかる, ない, 過ぎて 6 ある, たっぷりある, 経過し 5 あるが, たって, なかった 4 いくらも, たっぷりあります, まだ早かっ, 人間成長の, 十分ある, 十分に, 早かった, 私の, 非常に

3 [23件] あった, かからなかった, かかるの, これは, すぎて, たっぷりかかる, どの位, ないが, ないの, ないもの, わずかに, 大丈夫だ, 少しも, 彼の, 彼女の, 或る, 昏睡し, 永遠の, 短い, 立って, 立つて, 自由が, 過ぎた

2 [86件] あったが, あるの, いくらでもある, いつもの, かかった, かかって, かからないの, かからなかつた, かかります, かかる針ノ木峠, かなりある, こ, このやう, すぐに, ただ矢, たっぷりあった, だんだんたっ, どう使われ, どん, なかなかかかっ, はっきり分らない, ほんの僅か, まだたっぷりある, まだ早い, もう午後, わかって, わからないが, 一時すぎでした, 事實的時間によ, 人間の, 今日の, 何か, 何時ごろでした, 信一郎に, 個性の, 充分ある, 充分に, 八時間から, 刻々と, 刻々に, 刻一刻と, 十五分について, 十時から, 十時を, 午前九時から, 午後の, 合って, 固より, 外界の, 容赦なく, 少ないで, 幾らでも, 必らず, 必要でない, 愈々堪え難い, 意外に, 文化的時間の, 時計の, 有効に, 正確な, 歩いて, 汲めないよう, 流れ去る, 湯を, 無限に, 無限の, 生徒と, 知れたもの, 短かい, 短かく, 確かに, 経ちました, 経つた, 絶対に, 自分が, 自由に, 覚醒し, 過ぎ去って, 過去から, 遠慮なく過ぎ, 長いが, 長くて, 随分かかる, 雪に, 電光その, 黄金の

1 [1118件 抜粋] 〇・九秒と, あたかも有明荘, あったのに, あった様, あつた, あと僅に, あと四時間を, あまりたつ, あまり長く, あります, あるかも, あるだろうか, あるだろうねと, あると, あるな, あるもの, あるわね, いうまでも, いくらでも, いくらでもありましょう, いずれも, いっぱいだった, いつの間にか迫つて, いつもなら, いはば, いよいよ減じ, いろいろの, うめきつもがきつするなり, おどろくほど, おぼえて, およそ五分, かえって長く, かからなかったし, かかりましょう, かかりませう, かかりませんよ, かかるが, かかるといふ, かかるまいよ, かかる大, かきまわして, かたむいて, かなりの, かなり経っ, かまわずずんずん, きょうの, きわめてまれ, ぐんぐんと, けっしてむだ, こうして静か, ここに, この報告書, この統一作用, これの, これをかへ, ごく僅か, ごく短い, ございませんでしたわ, さぞ待ち, ざっと〇・〇五秒, しっかりもてる, じゅうぶんあった, すぐたちます, すこしかかるでしょう, すでに過ぎ, ずいぶんかかる, ぜひともいっしょ, そうで, そのいづれ, そのままに, その日, その無, その行動, その頃, それぞれの, それによって, それは, それより, それを, それ自身如何なる, そんな事, たかだか一時間に, たしかに自然的時間, ただ一つ, ただ町, たった, たっても, たっぷりな, たっぷり待った, たつて, たつぷりあるから, たつぷりと, たのしく心, だんだん短く, ちと不足, ちょうど六区, ちょうど貞之助, つまり彼等, づれにいわし船を, できるだけねむる, とうに過ぎ, とっくに来, とらせない場所, とらない, どうかしら, どうして充, どうだろう, どうな, どこに, どのよう, どんどん廻っ, どんなにかかろう, どんな劇烈, ないこの, ないずいぶん, ないそんなに, ないので, ないわ, ないワケ, なかつたが, ながくは, なしよしんば, なれた町, ねむりました, のろくさくたっ, のろのろ過ぎた, はたらく人々, はつきりとは, はやくたっ, ひどいわ, ぶっ通し, ほとんど義務的, ほんとに懐しく, ほんの三, ほんの六, ほんの短い, まことに守らない, まず初め, また革命, まだすこし早かっ, まだゆっくりで, まだ充分ある, まだ日, まだ本当, まだ間に合う, まちまちだ, まるで懲役囚, みんなの, むなしく刻まれ, もうここ, もうそこ, もう八時, もう夕食時, もう尽きかかっ, もう故人, もう永久, もしその, もって, もっと短縮, もつまいと, もはや時間, やっぱり八時間, やつた, やはり三十分, ゆっくりだ, よく出, わからない, わかりませんでしたが, わずか三時間, われらの, アメリカの, オレに, ジャン, チット早い, ハッキリしない, ブランコと, ラエーフスキイは, 一の, 一分しか, 一度でも, 一方にのみ, 一時を, 一時十分に, 一時間ごとに, 一時間以上かかる, 一瞬ごとに, 一秒ないし, 一般の, 一閃電の, 七八秒程, 万人一様に, 三分の, 三十分な, 三四十分に, 三時間交替だ, 上に, 不変である, 不規則で, 九時と, 九時間以上十一時間十三時間, 予備智識に, 二三十分間に, 二人の, 二分間だけ, 二十分と, 二昼夜にわたって, 二時間か, 二時頃まで, 二階に, 五・三秒程に, 五分しか, 五分以内, 五年生さ, 五時もし, 人生における, 今から, 今より, 今何時ごろだろう, 今夜だけしか, 仕事に, 付き合っても, 休みなく, 休むと, 伸子が, 伽藍への, 何かの, 何だかいい, 何と経つ, 何の, 何を, 何時ごろだ, 何時も二十分, 何處に, 余ります, 余程たっ, 俸給の, 僅かより, 働かなくっちゃ, 充分かかる, 先ずあるまい, 入って, 全く無理, 全部と, 全部勉強の, 八時という, 六ヶ月ぐらいまで, 六時と, 内ヶ崎作三郎氏の, 凡そ四五十分間なるべし, 出席しなく, 出来事の, 分らない, 分らないの, 切迫する, 刻みで, 前夜の, 前後合し, 副教師, 割合に, 勉強の, 十三時間づつ二日で, 十二時少し, 十五分も, 十分である, 十分の一秒程度の, 十分間ぐらい, 十時, 十時五十二分であります, 十時間から, 十時間で, 十銭で, 午前の, 午前九時十二分だ, 午前六時十五分で, 午前十時場所は, 午後三時だ, 午後八時すこし, 午後六時場所は, 午後十二時を, 午後四時頃から, 即ちこの, 厳守だ, 口を, 台所で, 合つ, 合計百六十一分, 君に, 哲学者によって, 唱歌室には, 問題外だ, 喋つては, 四時を, 四時間ずつに, 壁に, 夕方から, 外出し, 多くかかる, 多くを, 多分に, 大したもの, 大丈夫で, 大丈夫待たせる, 大人の, 大体十二時から, 大分過ぎ, 大念寺の, 大抵知てるだろう, 女の, 如何なる意味, 存在する, 學校の, 完全に, 実に金五円七拾六銭, 客觀的時間を, 家々の, 家計簿の, 寝る, 寸刻の, 專ら現, 小刻みに, 少しおそく, 少し許, 少ないの, 尽きました, 山には, 帳簿の, 常に晩, 平均九九七秒である, 度量衡の, 張合が, 当日朝八時より, 彼が, 往復四時間だ, 待って, 待つですな, 後れましたが, 後先を, 心, 必ずしも限定, 必ず泣き通す, 必ず讀書, 忽ち過, 息を, 悲しみを, 意識の, 意識無意識の, 懸らなかった, 懸るであろう其上見通, 懸るという, 我慢が, 持つてない, 掛からない, 控室で, 放送時間の, 教室が, 数学だった, 数秒しか, 新に, 新聞小説を, 日に, 日中よりも, 日曜以外では, 早い, 早いの, 早くたち, 明らかならず, 明日の, 昏迷と, 昨夜十二時前後それより, 昼間の, 昼食後一時間乃至, 時の, 時間だ, 時間意識だけ, 晩御飯後の, 暇が, 暇どるといふ, 暦の, 最も長い, 最大限三十五時間です, 有らあ, 朝とも, 朝七時から, 未だ一時半頃, 本來, 本統は, 来ました, 極く限られ, 極めて短縮, 概して七八秒, 機械が, 欠席する, 次第に迫っ, 正に六時廿分, 正午を, 正確に, 歴史の, 歴史的時間にと, 殆ど一生, 殆ど目分量で, 残りすく, 毎日十時間に, 気分の, 永く打つ手, 永遠に対する, 決して短く, 沢山あります, 流れた, 流れると, 溶けて, 火事の, 無くなったけれども, 無ささうです, 無始無終の, 熟睡し, 物理的時間以外に, 特別に, 現在であり, 生きられる時, 生とも死, 画面と, 當然職工長室で, 病人は, 百万分の一秒位だ, 目的論的な, 直下に, 眠られたよう, 眠れさうな, 眼の, 瞬間である, 知らせないの, 短いので, 短いもの, 短かかった, 短く刻限, 砲撃が, 確かである, 神と, 私にと, 私は, 私共が, 稽古を, 空間では, 空間化された, 第一, 節約されるであろう, 約一時間, 約二十分, 約半刻, 約束の, 経たなかったよう, 経った, 結局意識の, 絶対的に, 經つた, 続様, 續樣に, 群集は, 考へられ得ないと, 自ら経つ, 自分には, 自殺にも, 自然的時間を, 至って短かっ, 色々の, 街上に, 見出されない, 記憶が, 読書に, 論理の, 講義に, 警察医の, 走って, 辛かった, 迫りけれども, 迫るし, 追, 速に, 連続し, 遅々として, 遅くは, 遅れ雨風, 運動では, 運動及び, 過ぎたと, 過ぎました, 遲かつ, 避けるの, 鍵盤の, 長いもの, 長くは, 間違いでは, 電信局に, 電燈を, 静かに, 頗る長引き, 頭に, 飛んで, 駅で, 騒がしいくらい

▼ 時間ばかり~ (663, 2.5%)

39 して 25 前に 17 すると 11 かかって 10 待って 9 後に, 話して 8 経って 7 たった後 6 いて, 経つと, 話を 5 たつと, 前から

3 [13件] うずくまって, かかった, では, 前の, 坐って, 待たされて, 煮て, 経った, 行って, 行乞する, 遊んで, 過ぎた, 間が

2 [32件] お話を, してから, たって, たつた後, で出て, めえ, 休んで, 休息し, 古本屋だの, 寝て, 後の, 早いけれども, 歩いた, 歩いた後, 歩いて, 歩きま, 水に, 湯煎に, 煮ます, 相手を, 省営自動車, 眼を, 私は, 立って, 腰かけて, 行乞, 行乞し, 行乞した, 行乞そして, 費して, 走って, 闇を

1 [397件] あるので, いた, いたが, いつもの, いると, うとうとした, うとうとと, うろついて, おくれた, お休み, お宮さんを, お復習, お話が, お説法, お邪魔, かかったが, かかる田舎, かけて, からかって, くって, ここに, ごはんを, さまよっただけ, さらに談, しかつめらしく談話, したらお, したら帰って, した後, してからの, しみじみと, しゃべりつづけて, しゃべり込んで, しゃべッ, しようこと, じっと眺め, すぎた後, すぎて, すべり最終列車, する, するとお, すると打, すれば, そうやっ, そこで, そこに, そこを, そして純, そっと逢った, そのため, そのまま絶対安静, その岩蔭, その座, その狹, その辺, そんな品物, そんな洋装, た, たち勝沼, たったとき, たっても, たつて, たつ中, たてば, だから, だった, つきあった, つぶして, であつ, できり, でした, ですっかり, ですませますからと, でその, でまた, でシュピーツ, でヒルテルフィンゲン, でヘタ, でラウテルブルンネン, で一同, で一頭立, で下呂着, で下島, で佃, で切りあげた, で吾手, で大方家, で大邱, で天神山, で寝附きますから, で小菊, で戻つて, で晴れて, で横浜中, で温泉, で片岡さん, で町, で福昌寺, で艦, で赤羽根, で鉱山行き, で順序よく, で駒ヶ岳, で鳧, とどまって, とりとめなく愉快, とりとめも, どこかへ, なりしに, ねましたひどい, ねむって, ねると, のぼると, ぼんやりし, まえ, まえに, また退屈, まるで小説, むつまじく話し, もさうし, よく煮る, よく眠りました, ゐて, シャベルを, ストーヴの, トオカルは, ミュジック・ホールへ, ルクサンブールの, 一しょに, 一生懸命に, 上り込んで, 下って, 下船する, 世間話に, 丹永の, 乗って, 亀は, 二尺くらいの, 人工の, 今更ながら, 仕事, 休みました, 休んだ, 休んでから, 会いに, 何等かの, 余って, 余裕を, 余計か, 借りて, 先き, 出席を, 列に, 前あなたの, 前からに, 前な, 前なら, 前まで, 前わたしの, 前停車場から, 前出かけた, 前来た, 右岸の, 同席し, 名誉教授室で, 唱えて, 喋って, 嘉川方面を, 四時すぎに, 圭介の, 坐つて, 塩漬に, 壁画を, 夏の, 夕ぐれの, 外出しました, 妾の, 学課の, 宵闇を, 家から, 家を, 寝かして, 寝かせたいもの, 寝つかれなかった, 対談し, 少年たちに, 居た, 居たの, 居残って, 山から, 山田わか氏を, 川尻町行乞久しぶりの, 市街行乞今日一日の, 帰って, 延着したらう, 弥撒は, 強くない, 当時の, 彫刻室の, 彼の, 彼は, 待たなければ, 待たねば, 待ち合わせること, 待った, 待ったところ, 待ったのに, 待つうち, 待つたが, 後それを, 後であった, 後であれ, 後れて, 後僕たちが, 後彼等は, 後私は, 御喋舌, 御話します, 微睡むこと, 忍びの, 思い迷ったこと, 思ひに, 懸って, 戦闘が, 手当を, 打ってる掛時計, 押問答を, 描いて, 損を, 散歩し, 散歩しよう, 文火で, 日向ぼっこが, 日比谷公園で, 早いそこでまた, 早く帰つて, 早く抜け, 早く起きた, 昼寝を, 時間が, 晝寢を, 暇かい, 暇だ, 書類を, 會つて話し, 松の, 柳吉の, 根掘り, 棺前に, 椅子で, 此処で, 歩き続けたあと, 歩くと, 歩くどうしても, 殆ど東京中, 母子を, 毛布に, 気まずい無言, 気長に, 氣に, 氣を, 水から, 水の上で, 水を, 水中に, 水入らずに, 汽車で, 汽車に, 汽車にも, 泡鳴が, 泥水と, 泳いだ後, 洋食の, 流氷と, 海の, 湯煮, 湯煮た, 湯煮ます, 湯煮る, 漁村行乞ありがたい, 漂った末, 漕いで, 烈しい驟雨, 焚火を, 煮たら液, 煮ますと, 煮る内, 煮詰めたの, 煮詰めなければ, 熱演し, 父と, 牛を, 町を, 病人の, 病室に, 登って, 登り続けた頃, 登り續けた頃我等は, 相談を, 真暗な, 眠った, 眠ったらしかった, 眠って, 眠らして, 眠り先生, 眠れても, 眺めた, 眺めて, 私の, 稽古する, 立った後, 立ってたらウィスキー, 竹田町行乞そして, 算術を, 経た, 経たないと, 経ったと, 経った後, 経った時一つ, 経ってから, 経つた十時, 経つて, 経つてから, 経つてからの, 経つての, 経てから, 経過する, 絶えず海, 經つて入, 經ツて, 続いたが, 続きまったく, 続くと, 繰返されて, 習字を, 考へる為, 自動車で, 自動車に, 舟中に, 苦ん, 草の根を, 虫征伐を, 蟹江は, 行かにゃ, 行ったところ, 行つた半田と, 行乞さらに, 行乞まだ, 行乞やうやく, 行乞一週間ぶりの, 行乞二里歩い, 行乞宿に, 行乞或, 行乞此宿を, 行乞街は, 要つて仕方, 見それから, 見て, 訓諭を, 話します, 話し込んで, 語って, 語つて帰る, 説教を, 読書する, 誰も, 警察に, 讀書した, 讀書する, 谷崎の, 費やして, 走らなければ, 走ると, 辛抱強く待っ, 追い廻したが, 遅いのよ, 遅れた, 遅れたん, 遊んだ末, 運んで, 過ぎて, 過ごしたが, 過して, 遲れ, 酒を, 長くて, 長椅子で, 門内に, 附き合って, 雑談し, 雨やみを, 雪の, 風に, 飛んだ時, 飮んで, 鯡の, 鳴りを, 麓の

▼ 時間~ (648, 2.5%)

21 空間の 19 空間との 18 たたないうち 15 労力とを 10 云うもの, 場所を 9 空間とを 8 労力を 6 空間とに 5 空間に, 空間を, 精力とを, 精力を 4 たたぬうち, エネルギーの, 空間は, 見えて, 見て 3 いえば, たつうち, なった, なるを, 云ふも, 力とを, 労力の, 勞力を, 経たぬうち, 言葉の

2 [39件] いうものの, いえども, いつて, きめ十時, た, たたない中, たたねえうち, なく気永, なつた, なつて, なりました, 事件の, 二十三分も, 云っても, 五分前に, 仕事の, 余裕とを, 力が, 努力とを, 労働とを, 労力と, 労力との, 場所とが, 場所とを, 場所は, 実際の, 空間が, 空間と, 空間とが, 算段の, 精力と, 精力とが, 経たないうち, 経たぬ間, 経って, 経ぬうち, 考えて, 見ると, 距離とを

1 [384件] あるが, いいまた, いい客車, いい後, いい物力, いうから, いうので, いっては, いへども, いられません, いわずに, おくらされて, お前の, かい摘んで, かからない街, かからない近距離, きめて, きめてるらしかった, きめよう, きめる, きめる根拠, こんな眺め, されて, して, しないうち, しない内, すこし, すべきか, すると, する様, そしてさらに, そして僕, その回数, その賃銀, それに, それの, それらの, たいくつ, たたない後, たたぬ時刻, たたねえ前, たって, ちゃんと法律, てなかった, なくこんこん, なくさまよい歩いた, なく室内, なく戸外, なく海, なく遅れ, なげやりな家主, なさんか, なって, ならぬのに, なりぬれば, なり二部, なり先生, なり居たり, なる, なるという, なれば, はか, ほか考えられなく成っ, ほぼ匹敵, まごころ, まつたく同時, やり方とで, わたしは, ギリギリの, コース予定は, サイクル割当てとを, フィルムを, 一分も, 一寸な, 一時間半の, 一秒だって, 一週三時間の, 三十五分を, 三十六分, 三十分という, 三十分掛かっ, 三十分程か, 三十分続いた, 世界を, 並べられて, 事情が, 事情との, 二三十分働きさえ, 二円か, 二分, 二十分あれ, 二十分か, 二十分ぐらゐの道で, 二十分位焼け, 二十分費やし, 二度目に, 二時間の, 云うと, 云うの, 云う分らぬもの, 云う考, 云う鑑定, 云ったら一日, 云つたら, 云つては, 云は, 五分, 五分かかった, 人目を, 人間的自然の, 人間経済の, 今朝また, 今朝スチームが, 仰ゃるのは, 休み時間の, 休む時間, 休憩する, 似た程度, 位置は, 体力で, 体力によって, 何十分だ, 便宜を, 信じて, 修道女の, 停車場で, 傷問題は, 傷時間と, 働いて, 働かされ賃銀, 先方の, 入費とを, 全然一致, 全精力, 六分かかっ, 内的な, 円筒の, 力と, 力とは, 努力を, 労を, 労働とだけによって, 労働とによっても, 労力が, 労力だけが, 労力とが, 労力よ, 労銀増額と, 勞力とを, 匹敵する, 十メートルほど, 十一分という, 十七分という, 十九分あとの, 十五分に, 十分, 十分かかる, 十分ぐらい, 午後に, 半の, 危険を, 又行数, 合わせたわけ, 同じに, 同じ向, 同値だ, 同程度, 名づける, 向うで, 向きあって, 向ふで, 呼ばれる特性, 哲学史一週二時間の, 唯坐, 唯質的, 四五十分の間は, 四分の一である, 四十五分, 四十五分しか, 四十五分を, 四十分, 四十分そう, 四十分だ, 四十分で, 四十分のあいだタイタニックの, 四十分のあいだタイタニック号は, 四壁を, 四時間違う, 地球いつ, 地理の, 場処だけを, 場所が, 場所と, 場所については, 場所の, 声量と, 変わりは, 夏の, 多くの, 多大な, 夜の, 大人の, 天候の, 季節と, 定まって, 定めら, 定められて, 家に, 家の, 少しかかっ, 少しだった, 少しで, 少しの, 少しばかり, 少し働け, 少ない費用, 届書を, 差引いて, 帰宅時間食事入浴も, 幕間は, 平行する, 度数とを, 彼の, 彼らの, 待って, 心労を, 心理の, 心理学の, 忍耐の, 思ひつ, 思われる二時, 情意的時間との, 意志とが, 感じられた, 慰安が, 成長との, 或る, 所謂客観的に, 手数とを, 手数に, 手数の, 手数を, 技術と, 握手せぬ, 方法とを, 旅費との, 日を, 昼飯時の, 時は, 時間に, 最も密接, 最上の, 月曜が, 根気が, 根気とが, 根気を, 次ぎの, 正比例する, 歩きます, 歩き廻って, 歩速に, 歴史的時間との, 死したる季節, 気持の, 永遠とが, 永遠との, 決められて, 沓を, 海, 満足な, 無言の, 無限に, 無駄を, 煤煙と, 熱の, 物質に, 物質の, 独立した, 生命が, 生活力を, 疲れが, 目を, 真心と, 眼前に, 睡眠ならざる, 瞬間との, 私共の, 空気と, 空間, 空間という, 空間とは, 空間とも, 空間な, 空間によって, 空間をさえ, 空間を通じて, 空間原因と, 立たぬ内, 競争で, 粗野な, 精力で, 精力とは, 精力に, 精神とを, 紙とが, 終了した, 経たない中, 経たない近距離, 経つ, 経つこと, 経ない内, 経済と, 経済に, 経済の, 経費の, 経験が, 經ない, 經過し, 続くこと, 續い, 考えとを, 考えようと, 考えられて, 考えること, 考へられては, 聞いて, 肩に, 能力との, 能力とを, 脳力とを, 自分独りの, 自然とだけは, 自由, 自由とが, 自由とを, 苦痛とを, 茶代とを, 蒸すに従い, 行かないうち, 衛生規則は, 覚えて, 覚しく見たところ小屋, 親切とを, 親切を, 解しても, 言い戸締り, 言うもの, 話しして, 語学の, 読むうち, 議論を, 費用との, 費用とを, 費用の, 賃金の, 賃銀を, 質量とが, 距離とに, 距離を, 路銀を, 過ぎた, 過ぎて, 過すこと, 道筋を, 道順を, 酒量の, 金が, 金銭との, 金銭とを, 金銭を, 金錢の, 錯誤と, 長い引用, 関連せず, 限られて, 隔たって, 隔たつて, 雖も, 雲の, 電車速度の, 青春と, 音数と, 食べる時間, 食堂の

▼ 時間ほど~ (469, 1.8%)

37 して 20 前に 19 すると 7 してから 6 たって 5 煮て 4 まえに, 前の, 湯煮, 煮ます, 経って, 話して 3 いて, そこに, たったころ, 前には, 弱い火, 後に, 汽車に, 湖畔を, 眠って, 経つと

2 [21件] お話できないだろう, した後, すぎて, するうち, たったとき, たってから, まえまでは, 前から, 待って, 待つと, 朝の, 歩いて, 湯煎に, 湯煮ます, 眠る, 置いて, 置きます, 置くと, 話したが, 話す, 遊んで

1 [279件] あそこい, あとから, あとでした, あると, いたらしい, うとうとと, うろうろし, おくれて, おしゃべりを, おそなるかも, お話を, かかったので, かかるこの, かかるの, かの友人, ぐっすり昼寝, この部屋, ごく安静, したが, したころ, したらまた, してね, しなければ, しゃっくりを, しゃべりました, じっと動かなかった, じっと聴い, じつにた, すつかり, すれば, そうし, そうっと置きます, そこで時間, その仕事, それから支線, たたかって, たち十四手目, たったその, たった一人, たった頃, たつごと, たつと, だと, つづいて, であったが, でした, でしょう, ですっかり, でそれ, でほどよく, で丸善, で寿江子, で激烈, なその間, ねたばっかりで, のちの, のちハヤブサ丸の, のち上山さんの, のち四十面相の, のち宇津木秋子女史が, のち少年たちの, のち明智探偵の, のち横浜から, のち警視庁の, のち魔法博士の, のぼったところ, ひとりで, ふたりの, ほかで, ぼくは, まえぼく, まえ妙, まえ小林さん, まえ道, まとめて, まるで死んだ, みた, みんなが, もさうし, もどかしいもの, よく煮, よる, ゐた, ゐて, グツグツと, ジャン, スケッチに, テンピに, ノロクソとして, フロイスと, ブラつい, ボンヤリ椅子に, マーシェンカの, ヴィール夫人と, 不在だ, 乗り沼宮内, 人工呼吸を, 今日の, 以前前後の, 休憩, 会話を, 余裕が, 停車した, 停車の, 停車場前の, 全世界, 其処に, 凝っと, 前, 前だつた, 前な, 前ひとり, 前まで, 前までには, 前わたしは, 前ポケット小僧が, 前丁度十一時だった, 前久美子が, 前君が, 前土地の, 前巡査が, 前濡れものを, 前牧野さんは, 前船長は, 割いて, 北上したら, 北上する, 友ちゃんと, 呻吟し, 喋りつ, 喋りつづけあんまり, 多く過ごす, 大きな声, 夫人を, 宣教師たちと, 寂寞と, 寒い道ばた, 寝ころんで, 寝こんだそう, 寝た, 寝て, 居て, 川や, 巡査の, 工場でも, 広島から, 床に, 弱火で, 彼は, 待ちました, 待ち合せて, 待ったとき, 待つた, 後の, 後ひどく, 後れしは, 後れて, 後四少年は, 後急報に, 後金五郎は, 御家で, 心斎橋筋の, 思案した, 患家さきから, 戎橋筋を, 掛ったの, 探してから, 掻き廻しながら, 揺られたやう, 教えて, 散歩する, 日の, 日本全土寂として, 早く帰宅, 昼寝人魚の, 書物を, 来て, 東方に, 楽しいとき, 横に, 歩いた, 歩いた頃, 歩きちょうど, 歩きました, 歩き廻わる, 歩くと, 死ぬまで, 気長に, 永く感じた, 汁沢山に, 汗びっしょり, 汽車で, 泣いたり, 温泉気分を, 漬けて, 濃霧の, 焦げの, 焼いて, 焼きます, 煮ますと, 煮ると, 煮込んでも, 牛乳一合の, 留守に, 登って, 皆が, 盆茣蓙に, 盲目滅法に, 眠ったかという, 眠ったが, 眠ったので, 眠つたらい, 眠つたらう, 眠りましたから, 眠り得る程度, 眠ると, 眠る情けない, 睡る, 禁断症状が, 立ち往生する, 立ったまま, 立ってから, 筆を, 紫の, 経ちますね, 経った, 経ったかと, 経ったのち, 経った其の, 経った後, 経つか, 経つてから, 經つてから, 置きますと, 聞いてから, 聞えて, 自分の, 蒸焼に, 行乞また, 行乞蘭竹の, 裏の, 見知らぬ男, 話させた, 話した, 話を, 語りて, 説明を, 読書三昧に, 調べられた, 起きて, 超過した, 送った時, 途中下車し, 進んだ頃, 遅いの, 遅れて, 遊びました, 遊ぶと, 遊んだ国森さん, 過ぎたころ, 過ぎて, 避難した, 郊外電車に, 長く喋, 間が, 降った岩曲, 陸奥湾を, 雑誌を, 雑談した, 雨の, 雪間が, 電熱を, 電車に, 霧の, 静かに, 須永と, 馴染んだだけ, 鮎川の, 黙りこくって

▼ 時間~ (467, 1.8%)

29 あつた 7 いえば 6 地球を 5 行って 3 い, 終った, 言えば

2 [22件] あらう, は到底, よお, サンフランシスコへ, 云えば, 充分である, 参れます, 大方自分, 完全に, 帰って, 往復される, 枯れて, 満洲里, 火の, 片付きましたが, 登れる, 着くの, 私の, 行けるところ, 計って, 逝いた, 運んで

1 [367件] あつたらう, あつて, あとの, あらうか, あり得る所以, あんで, いいから, いいどこ, いいの, いいん, いうと, いうならば, いけるという, いって, いふと, いまだ鉦太鼓, いろんな用, おいと, おしまいに, お暇乞い, お目にかかれ色々, お話を, かえって来た, きりつめる人々, くさぐさ, ここで, ここの, ことごとく死滅, この謎, こられると, さえこんなに, さしもの, さへ, さめる, しかも半年, して, しろという, すっかりお話, すむの, すむよう, せうな, せめては, そのご, その人, その公式, その眼, それが, それに, それまでに, それも, それを, ただ一つ, ちよつと, つく, つづけて, できるか, できること, できるの, できる仕事, できる生産物, でも, とんで, どのよう, どの位貰, なすつもり, なにも, なんか飲まされない, はおきた, はかること, はなく, はむづかしいでせう, は半端, は帰れぬだろう, は指揮, は短いとお, は礼拝, は腰, は行けなかった, ぱったり止められ, ふたたびあの, ぶっこわれる, また決して, まだあたり, まだ足らず, まだ霜柱, まとめようという, みな石垣から, もじっとしては, もつと, も眠つて, も眠られれ, も良い, やった事, やつた, やらなくては, やらなければ, やんだ, ゆける, ゆける小, よい, よいの, よく教わった, わずかな, アムステルダムです, インテルラーケンに, カケ持する, サクラ湾の, サラファンの, チューレに, バケツ四五杯は, パリの, プラットフォームは, ベイルートに, ミズナラトチブナセンなどの, ミラア先生が, ロンドン着, 一分も, 一千万年の, 一廻転する, 一緒に, 丁度八時頃神宮の, 七十五円, 三窓の, 上陸予定地へ, 下田の, 中庭で, 主人もろとも, 乾くセメント, 二合半まで, 云うと, 云う六時, 五時半起き, 京都に, 人間の, 仮分数, 伸子が, 伸子たちが, 伸子と, 体外へ, 作りあげたと, 來た, 來る, 借りたわけ, 働かせて, 働くの, 充分歩い, 全く乾燥, 全部売り切れと, 八十留, 八幡宮と, 八景の, 公式を, 六ヶ敷い, 六時間分である, 写せそう, 凍って, 出かけいよいよ, 出るバス, 出来あがるわ, 出来ただろうと, 出来る, 出来るだけ, 出来るよう, 出来る仕事, 出来上るわけ, 函館へ, 切符制限し, 前座の, 創りあげられたこの, 勤めて, 十一月四日の, 十二時に, 十五銭まあ, 十八歳未満の, 十分だつた, 十分教わっ, 十銭ぐらゐ稼げる, 午前二時五十七分であった, 印象深く観せる, 即ちその, 又くみ上げ, 取りこわし, 合法的とは, 同じよう, 君の, 呉須なら, 固まりますから, 国境の, 坐る場所, 執筆する, 場所を, 塩が, 墨の, 夕食後から, 多くの, 夜と, 大仁温泉ホテルへ, 太平洋大西洋を, 太陽が, 始めよう, 子供達が, 寄宿舎中最も, 尊い遺品, 市会議員とも, 市場に, 帰りつくこと, 帰れば, 平岳沢の, 彼には, 彼女の, 往っ, 往復した, 往復の, 御ざいました, 急激に, 愛妾を, 感心にも, 成る可, 打ち壊せます, 授業が, 授業を, 数えること, 数世紀掛っ, 整えられて, 敵の, 新しい歌, 日が, 日本の, 早く物, 晴れますよ, 暮せる, 書かれて, 書き上げたが, 書き上げる技倆, 書き終ると, 月三回休みが, 木の根かたや, 来たリモオジュ, 来られそう, 来られる, 来るよう, 来るバス, 来れたもの, 東京および, 栃ノ木山神という, 楽に, 機を, 次郎は, 止めて, 此の, 此処に, 歸って, 死んで, 死体を, 気軽に, 氣輕に, 沢山の, 河の, 油の, 泳ぐつもり, 泳げる筈, 海峡を, 済みますが, 済むが, 済むの, 済む用事, 済んだわけ, 済んだ下, 烏帽子岳北側へ, 焼いて, 焼き尽される, 片づき最後, 片附け, 牛乳が, 王様の, 生ずるその, 生れお, 生徒たちは, 田舎の, 町中を, 発病する, 登った, 登山された, 皆は, 目が, 目付けた, 目的地へ, 目覚める, 真実の, 着いた, 着いたこと, 着くだろう, 着くアミアン市, 着陸だ, 破壊される, 破風の, 神戸に, 私共の, 私達が, 穴倉で, 空腹と, 窓ぎわの, 笠森仙太郎馴れない, 答えて, 箱作へ, 終ったかも, 終りあと, 終る面白く, 終わった, 終了に, 結構な, 縛られる商売, 繊維労働者は, 繰返されるはず, 習ふ, 肋木に, 自分が, 若い娘たち, 英語の, 蘇州へ, 蛇肉の, 行うと, 行かれますか, 行き着けるある小, 行ける, 行けるし, 行けるのよ, 行つ, 西から, 見た陶器, 見ると, 見事に, 覚えたの, 解ける暗号, 解決し, 解決す, 計量せられる, 話すこと, 話せるもの, 説明する, 誰かに, 走ること, 足りる, 身体を, 追いつくかという, 追いつけると, 通う手伝い, 通える道程, 通って, 通るもの, 遊戯に, 運転する, 運転出来る, 達しますから, 達せられる, 達せられ澳門, 配電室から, 長い所, 限られては, 頂上の, 飛び渡った, 飛ぶという, 飛ぶよう, 飛ぶ飛行機, 飛べるの, 魚籠は, 黄包車の

▼ 時間~ (355, 1.4%)

10 なもの 7 であると, にも空間的 5 に進行 4 であること 3 なるもの, な問題, に, には短い, に考える, に見, の変化

2 [19件] である, であるが, であるならば, で個性的, なものの, ならびに空間的, なる典型, なリズム, な一如, な意味, な秩序, な規定, にどう, に一定, に動い, に縦, に規定, に言, の意味

1 [263件] あるいは空間的, が考へられる, であらう, であり意識的, であるから, であるという, であるところ, であるの, である点, である限り, でなく却, でなく寧ろ, でなく音楽, でなければ, では, で永遠, として優越, と云う, と認められる, なそれ, なひま, ならぬもの, ならぬ如何なる, なること, なるに対して, なる個々, なる客體, なる所, なる根源的罪惡, なる自己觀想, なイメージ, なプロセス, な一致, な不, な不利益, な不思議, な事物, な側, な全, な内容, な前後関係, な国, な外部, な妥當性, な存在, な實質, な差, な座標軸, な形而上学的原則, な心象, な或, な持続, な推移, な未来, な本質関係, な根據, な構造, な橋, な現実, な理解, な矛盾, な精神, な素材, な経過, な統一, な緊張, な自然, な表象, な見方, な証拠, な距, な距離, な近代, な過誤, な長, な順, な順序, にある, にいう, にいえ, にいっ, にいつ, にいろいろ, にうまく, にしか表象, にすこぶる, にずれ, にそういう, にその, にどうこう, にはおくれ, にはこういう, にはごく, にはそう, にはたしかに, にはちょうど, にはまことに, には一夫一妻, には一昼夜, には十五万フィート, には均整, には当, には永く, には甚だしく, には近接, には連続, には随分, には非常, には1, にまた, にまつ, にみんな空, にもあの, にもさうな, にもつ, にもまにあわない, にも一人, にも一夫多妻, にも丁度, にも便, にも内容的, にも前後交錯, にも可, にも地理的, にも場所的, にも変化, にも存在, にも容易, にも得られない, にも手近, にも文化的, にも早い, にも東京, にも楽, にも永く, にも無理, にも無限, にも燃料消費, にも生動, にも相当, にも複雑多様, にも逆, にも週期的季節的循環, にも間に合わない, にや, にやつ, にやや, により永続, に一, に一つ, に一元的, に一歩, に一致, に不, に不一致, に不便, に不可能, に中断, に事件, に云っ, に人事, に以前, に何時, に余裕, に値い, に先ず, に分たう, に制約, に前後した観, に効果, に包括, に又, に可能, に四五年, に困難, に変化, に外, に大変, に寸断, に対比, に差別, に彼, に彼女, に所置, に持続, に数十倍, に新聞, に早く, に早すぎ, に最も, に材料, に極めて, に溯った, に溯源, に現, に現実性, に申しまし, に畫, に発生, に直ちに, に短, に短い, に短く, に私一人, に空間的, に窮屈, に経済的, に考え, に考えられなくなる, に聚集, に見れ, に規則正しく, に観る, に解釈, に言え, に起こる, に距離, に農村, に近代, に追及, に逆行, に通じる, に連続, に週期的, に過去, に遠から, に遡っ, に都合, に配分, に長い, に長く, に限定, に順, に順序, に順次, に飛躍, のもの, のリズム, の一致, の余裕, の句中, の変遷, の多様性, の気象変化, の生, の美し, の量, の錯覚, の錯誤, の音樂美, または空間的, もしくは超, 不規律, 乃至は, 即ち超, 即空間的, 及び空間的, 可滅的現在, 現實, 超時間的存在, 超時間的客體, 超空間的, 長さ

▼ 時間~ (327, 1.3%)

6 を費し 5 か二時間, の後, の間 43 で帰っ, の行程, ばかり前, もあれ, もかかっ, も待つ, を費した, 煮て

2 [24件] あるな, いや二時間, かかりました, かかるの, から二時間, です, で飛んだ, ないし二時間, にし, に亙っ, に過ぎず, のうち, ばかりし, ばかりで, ばかりの平野, ばかりの間, ほどする, もかかる, もたっ, もたった, もぼんやり, も登っ, も立ち続け, 乃至三時間半

1 [230件] ありますと, あると, あれば, おそく出発, かかったが, かかって, かかる, かかる手術, かことに, から四時間, か三時間, か其所, か急げ, がすぎさっ, がたちまち, が濟, が私, くらいのもの, くらい睡った, くりあげて, ぐらいし, ぐらいで, ぐらいでしょう, ぐらいではない, ぐらいで循環, ぐらいな, ぐらいに殺された, ぐらいは何, ぐらいは経った, しかかからない, しかかからぬ, しかなかっ, しかもてなくなっ, しか無い, すこしも苦痛, ずつの大幅, ずつ仕事, だ, だから自動車, だけは権田, だけ私, だぜ, つ, であったかと, である, でくる, ですけれども, ですよ, でその, ではあった, でカンタン, でジヤン・ダルク, で一冊, で二十五立方尺, で二百五十円とり, で帰, で楽, で此の先, で歸, で済まし, で目, で行かれる, で行けた, で録音, で間に合う, で頂上, というところが, というながい, というもの, という時間, という短時間, とは言つて, とみれ, と云う, と見, と見なけれ, と過ぎ, にあ, にて着駅, にもわたる, にわたる演説, に七百三十九頭, に亙り, に亙る, に縮める, に至る, のあいだ二人, のところ, の上映時間, の二つ, の余裕, の喘登, の大, の小, の手術, の映写時間, の時間, の漏洩, の道程, の長い, の開き, の飛行, の高原地帯, はあの, はいっ, はかかった, はかかりましょう, はたっぷり, は労働時間, は大丈夫, は少し, は懸る, は時間, は過ぎた, は長, ばかり, ばかりあった, ばかりお話し, ばかりせわしく, ばかりたっ, ばかりたった, ばかりでもぎ終えた, ばかりで書き上げた, ばかりの, ばかりのうち, ばかりの不思議, ばかりの見学, ばかりはお客, ばかりは掛かる, ばかりロース, ばかり乘, ばかり待ちます, ばかり日米交渉, ばかり歩く, ばかり泣き続け, ばかり演説, ばかり行った, ばかり行乞, ばかり見る, ばかり費した, ばかり進め, ひきのばし喋つた, ほど, ほどかかった, ほどかかりました, ほどしか眠らない, ほどしたら, ほどたつ, ほどである, ほどです, ほどで追分, ほどの後, ほどの間どこ, ほどはそこ, ほどは何, ほど二階, ほど廻らなけれ, ほど待たね, ほど応接間, ほど戻す, ほど煮, ほど熱心, ほど間, までかかった, までにはまだ, もあった, もある, もおそく, もか, もがらがら, もしやべつ, もたたない, もたつた, もゆられる, も休み, も俥, も停留場, も働かす, も同じ, も彼, も待たなけれ, も待たね, も待っ, も待った, も待ったろう, も揺られ, も搖, も早く, も曙楼, も歩い, も歩いた, も洋上, も海上, も漬かった, も登る, も眠ったろう, も経つ, も経て, も經つて, も踊りつづける, も間, よ, より二時間半, を無言, を疲れ, を經過, を要する, を費す, を費せ, を費やし, を費やした, キッカリ, 乃至二時間, 乃至二時間位, 乃至二時間近く, 少し長, 弱い火, 待たされるしかし, 待って, 或は二時間, 最も短かい, 煮ます, 程しかありません, 程前, 程眠った, 程立つ, 経った, 近い御, 通って, 飛んで

▼ 時間~ (262, 1.0%)

25 の克服 7 の觀點 6 である, の徹底化 4 の性格, よりの離脱, を克服, を超越, 可滅性 3 とそれ, に關, の或, の最も, は主

2 [18件] との聯關, と空間性, について論じた, のあらゆる, の世界, の惱, の支配, の根源的性格, の桎梏, の理解, の缺陷, はこれ, は成立つ, もなほ克服, を全く, を意味, を本質的性格, 及びそれ

1 [147件] がいかに, がかく, が人間性, が依然, が全く, が果して, が罪惡そのもの, ではなく, と, として主, として理解, とともにこの世, との交渉, との内面的聯關, との親密, との間, とは通常, とへ墜落, とを克服, とを示唆, と共に壞滅, と從つて主體性, と時間的生, と極めて, と死, と比べ, と永遠性, と表裏, にいくら, においてすでに, においては主, においては存在, においては將來, において最も, において有, において根源的, において現在, において變貌, におけるが如く, における根源, についてはすでに, に喘ぐ, に對, に求められ, に求められね, に等しい, に等しき, に蔽, に踏み留まりいつ, のこの, のそれ, のそれ以外, のなき, のみである, のレンズ, の一變種, の上, の主, の克服者, の制約, の制限, の危機, の原理, の原理的克服, の取る, の單純, の場合, の如く時, の完, の客觀化, の形式的特徴, の影響, の思想, の思想そのもの, の意味, の本質, の本質的性格, の本質的構造, の根, の根源的體驗, の構造, の段階, の源, の特徴, の猛威, の異, の直接的體驗, の稱呼, の立入つた論述, の續, の覊絆, の觀念, の超越, の關係, はいくら, はすでに, はそれ, はどう, はなほ殘, はむしろ, は人間性, は儼, は又, は同時に, は嚴密, は完全, は文化, は文化的時間性, は文化的活動, は斷片性, は時間性, は無常性, は直接, は結局, は自然的時間性, は超越, は離脱, もともに, も亦, も実は, も幾分, よりの全面的影響, より救, より永遠性, より自由, をも乗り越え, をも體驗, を力強く, を又, を忘れ, を惹起, を手蔓, を持たぬ, を有する, を根源, を特徴, を率直, を理解, を脱, を限界, を離脱, 乃至罪惡, 即ち歴史性, 及びこの世, 及び死, 無時間性, 超時間性

▼ 時間でも~ (210, 0.8%)

14 二時間でも 11 三時間でも 4 五時間でも 3 黙って 2 いいから, 利用出来る, 四時間でも, 坐って, 好いから, 待って, 続けて, 金でも

1 [162件] あの男, ある, あるいは少い, あるまいが, あんなに仕合せ, いいからね, いいその, いい残って, いったい自分, いられるもの, お前に, お目にかかり度, お眼ざめ, きたの, きっとやっ, こうし, ここにさえ, この奇妙, ございますし, しかしいい, じいっと仏像, すんだらそっと, そのくらい, そのそば, そのままに, その内容, その少, その間一分間も, それからさき, それを, たのしかったら, ちっともお, つき合, ときどきは, ない, ないの, ないので, ないのに, なかつたの, ながく彼等, はやく怪星ガン, ひとりで, ひまが, ぶつと, ぼんやりし, まるで彼女, もっと有効, らくになる, ウンチクを, タッタ一人で, ボールドの, ヨソ見, 一分間でも, 一室中に, 一日でも, 一気呵成だ, 一緒に, 七時間でも, 三十分で, 三十分でも, 三四時間でも, 不断に, 与えられなければ, 二十日でも, 二十時間でも, 二時間で, 人の, 人を, 他人より, 先へ, 六時間でも, 動かずに, 十五時間でも, 十六時間でもの, 十分でも, 半日でも, 口の, 口を, 君を, 否一分間, 否應, 唇の, 問い合わせたかと, 坐つて, 増すん, 壁だの, 多くそば, 大切な, 天体観測の, 姿勢を, 学科を, 宜い, 寐て, 布衍し, 平気さうだつた, 平気で, 店から, 庭の, 引き延ばすの, 強い興奮努力, 彼は, 待ちつくし街角, 待つこと, 待つ気, 待てば, 心から, 必要に, 持つて, 探すという, 故郷の, 散歩する, 早くあの, 早くお, 早くわが, 早く完了, 早く届く, 早く捕える, 早く目的地, 早く私, 早く自然科学, 時と, 来て, 此の, 氣輕に, 永く楽しませ, 泣き通す, 無エ, 無駄に, 独占できる, 皆と, 真夜中の, 眺めて, 眼を, 睡むること, 石盤に, 私に, 私共は, 私達には, 空に, 立体的な, 結婚を, 聴けるだろうと, 見せて, 見飽きせえへん, 話しこんだ, 話し合うの, 話は, 説明し, 誰かの, 退屈する, 遅れさして, 部屋を, 長く生き, 開場を, 面白い小説, 革を, 飽かず眺めて, 飽きず伸子, 馬の, 駈けつける気もち, 默つてゐ, 黙つて

▼ 時間~ (195, 0.7%)

6 に私 3 に鯰, のこと

2 [15件] から彼, から為事, だと, にその, にはいつ, にはどんな, に悉皆, に漸, に見た, の二人, の名古屋市, の告白, の彼, の賀川豊彦, まで見

1 [153件] お金や, からけだるい, からこの, からしきりに, からずっと, からひとりしょんぼり, から六週間前, から坐っ, から始まる, から客, から感じ, から既に, から白く, から目撃, から負かされた, から雪, から鯰, ぐらいの山々, この席, だ, ちょうど小林, であった, であつ, である午前三時, ですから, で低い, という, とは全く, ならば, に, にあれ, におれ, にここ, にこれ, にこんな, にさえ楽屋, にすでに, になつ, にはこの, にはまた, にはまるで, には夢みず, には弁護士, には料理番, には横浜, には熱帶, にぶらりと, にまたは, にまるで, にやっと, にゆ, によじ上った, にエポニーヌ, にケー・ドルセー, にナポリ湾, にバラック, にプリューメ街, にボヂル婆, にラスコーリニコフ, に予言, に來, に入日, に別, に到着, に失礼, に学校, に家, に少年嬢次, に幸福, に弁士控室, に当家, に彼, に彼ら, に心, に怖, に恒夫, に撮した, に数時間前, に新橋, に楽屋, に水槽, に渠, に港, に滝口坑, に漸く, に現に, に生き, に産婦, に着い, に知らせました, に石原, に砲, に福次郎, に秋田県五城目町, に結婚, に自分, に荘厳, に落下傘, に行われた, に観察, に解散, に誂えた, に象, に起床, に防柵, に集っ, に集り, に頸, に飛び出し, に飮ん, に飲んだ, に鳴らした, に龍頭, のよう, のジャン・ヴァルジャン, の事, の伊香保, の倦怠, の前菜, の勇敢, の吉里, の恐しいさわぎ, の朝, の泣顔, の激情, の犯行, は一時間前, は夢みず, は当日, は銀座, まであの, までこの, までしか助手, までというの, までに入場, までに席, までに見物席, までのあいだ, までのセエラ, まではあれ, までは信吉, までは元気, までは叔母さん, までは皆, までは自分, まで人間, まで入室, まで全く, まで千代子, まで心持, よりは二倍, より中止, 既に傍聴席

▼ 時間には~ (190, 0.7%)

4 何でも 2 あれを, なって, なりさ, 僕は, 好んで, 必ず配達, 私は, 窓の

1 [170件] あくびばかり, あなたに, あのベンチ, あの物売, いねむりをしていてもおしゃべりを, いやな, おそすぎた, お前は, お話が, かならず顔, きっと市場, きつちり, この溜り一杯胡麻, さまざまの, さんざんに, せかれて, そこの, その上, その新しい, それからあと, それが, それぞれ各々の, それを, たいがいグッ, ただ静か, ちゃんと帰っ, ちゃンと, どうする, ならないでは, ぴったり閉まってる, ふたすじ, ほとんど欠かさず出, まだだいぶ間, まだ五分, まだ少し早い, まだ少し間, まだ早, まるで湖, みな店さきへ, もういくら, もう校友会事務室, もう補助, もう顔, やって来なかった, ゆっくり間に合う, ゆったりと, よくその, よく先生, よく黒板一杯, わけても忠実, わたくしが, エツバも, ソヴェト式の, ペンを, ボールドの, 一人教室へ, 七・五ミリの, 上級生の, 互いに顔, 互ひ, 人力車が, 休みなく, 修道院の, 個人生活の, 僕が, 先生は, 児童の, 全作が, 六百囘距離に, 出て, 出なかつた, 列外へ, 又ストーブ, 受刑者は, 同時に成子, 君は, 夏冬とも, 外出する, 大した量, 大イビキ, 大分ある, 大学部の, 大部分, 太陽が, 奧行も, 始めが, 子供達が, 学生同士が, 小さな慰安, 小生停車場に, 少し間, 当直の, 後れたれど, 必ずの, 必ず一定, 必ず一度, 必ず帰っ, 忘れるとも, 恵まれて, 愛するもの, 愛人関係が, 慎ましくひとり日蔭椅子, 所謂綺羅星の, 手すり廊下の, 指名され, 探偵の, 控所の, 教場に, 早いだろう, 時代興亡の, 未だ一時間, 本物が, 来て, 架空の, 柄の, 柔らかな, 正確に, 歩行者よりも, 殆ど全員, 決して不意, 決して生徒, 汽車の, 治良右衛門は, 消灯した, 渡しまゐ, 温かい饅頭, 港湾中一切の, 滅多に, 熱湯を, 犯罪の, 状況などは, 独りで, 玄関へ, 町は, 白い大きな, 皆さんが, 皆さんは, 皆校庭に, 相当もまれる, 短い眠り, 秀麿は, 私どもは, 稽古が, 紋切型に, 絶えず貴君, 脈搏が, 自信を以て, 興味ある, 若林の, 苦い顔, 莫大な, 被害者は, 誰にも, 起床した, 起床する, 足が, 辛棒し, 遊びましたが, 運動場へ, 鉛筆だの, 鋭敏な, 開いて, 間が, 間に, 間に合う位, 限りが, 院長始め修道士全部が, 集会所で, 鶴雄は, 6の

▼ 時間以上~ (187, 0.7%)

4 になる, もある, を経過 3 かかって, の労働, もかかっ, もかかった, 煮ます

2 [12件] にもなる, はかかるらしい, もか, もかかる, もたっ, も前, も待っ, も歩いた, も男, も費し, 待った, 待って

1 [136件] ある, おくれさうな, か, かかる, かかるという, かかるのでね, ずつかけ, そうやっ, たくに, たちました, たって, たつと, だ, つづけざま, つぶしたの, でございますから, ですから, とは甚だ, なので, にわたつ, に亘る, に及んだ, のむだ, のよう, の時間, の潜行, の眠り, の間何, の雨, はかからないだらう, はしない, はそこ, はたっ, はたつ, はほとんど, は必要, は決して, は眠りつづける, は駄目, もあった, もあるでしょう, もおくれ, もかか, もかかりました, もかかるだろう, もこう, もご, もし, もしゃべっ, もそれ, もそんな, もつきあわね, もつづいた, もつづけた, もなが居, もはいっ, もま, もわたくしたち, も上機嫌, も下っ, も云いあっ, も仰向け, も低温室内, も働かなけれ, も危険, も垂らし, も幾人, も彼ら, も待たされた, も待たし, も待った, も待つ, も後れ, も懸った, も搖, も早く, も書い, も森, も模糊, も死骸, も泣きました, も生存, も眠った, も私達, も空しく, も空費, も立ちん, も笑, も経っ, も経った, も経つ, も経て, も船, も話, も谷川, も身動き, も遅く, も遅れ, も遅れた, も過ぎる, も頑張っ, も飛ん, やって, をさ, をちゅうちょ, をついやした, を三浦屋, を必要, を節約, を経, を要した, を要する, を要するであろう, を費し, を費す, 寝た, 寝た事, 寝るの, 弱い火, 待たねば, 書いて, 歩いても, 深い鍋, 眠りたることこれ, 経つそう, 続け得ない様, 置きまして, 置きますと, 蒸せば, 話した, 話して, 語った, 費します一日分, 走りつづけたので, 遅れたの, 過ぎた時分大概

▼ 時間~ (158, 0.6%)

11 二時間の 3 そこい, 二時間か, 二時間で

2 [12件] うとうとした, して, たった, やると, 三時間で, 三時間の, 二時間を, 二時間屹度清子と, 凌いで, 前に, 早かつ, 自分では

1 [114件] うして, え, かつた, かつても, かつて毛穴, かつて穴, かつて駿介, さもなければせき立った, じっと坐っ, すぎた, すれば, そこいらお, そこいらだった, そこらで, そこら前, そこら経つ, そこら航海の, それともあるいは一時間, たちました, たって空襲, たのしい休養, っきりで, であった, のち水道端で, ひどい汽車, もうおくれた, もしくはそれ以内, やって来て, よし休息, よその, アイヌ語で, 一時間ずつ, 一時間だった, 一時間だつた, 一時間半かかる, 一時間半ごとに, 一時間半で, 一時間半以上毎日必ず, 七時間か, 三時間したら, 三時間だ, 三時間だろう, 三時間位の, 三時間半ぐらいに, 三時間目に, 二時間あれ, 二時間いのこり, 二時間お, 二時間かきまぜ, 二時間する, 二時間な, 二時間は, 二時間はう, 二時間ばかり, 二時間ひる, 二時間アテられ, 二時間事務所い出んなら, 二時間位お, 二時間半の, 二時間取り留め, 二時間微睡む, 二時間浄瑠璃を, 二時間病みつい, 二時間私は, 二時間読め, 五時間で, 何かの, 何十時間かが, 余が, 働いて, 全く愉快, 八時間で, 八時間の, 六時間でしょう, 其所い, 前と, 前までは, 半も, 四時間か, 四時間ずつ, 四時間だけ, 四時間で, 四時間です, 四時間の, 坐って, 坐禅を, 多くて, 山野から, 待つ間, 後で, 後であり, 後氣, 或はそれ以上, 時間は, 相手を, 眠った後, 眠つた, 私は, 立ちづめである, 立つたらしい, 経たらしい, 経った, 経った様, 続きました, 縮めて, 自分の, 行ったところ, 過ぎた, 過ぎた後, 過しても, 選挙訓示を, 酸漿の, 鉛の, 青年と

▼ 時間~ (158, 0.6%)

6 のこと 3 に彼 2 だ, には自分, には遂に, に帰っ, に起る

1 [139件] およそ十時, かなん日後, かに雷, からはじまっ, から午餐, かれは, か將, が最高, じゃな, その詩人, たまらなくなっ, だった, であった, であつ, であるから, であること, であろう, ですか, という, と調整, に, にいけなくなりました, においてまず, におなじ, におびただしい, にお前, にこう, にこれ, にしか出ない, にしか出なかった, にしか彼, にしか渡し, にそれ, にどんな, にはここ, にはこの, にはしかし, にはしっかり, にはすでに, にはたしかに, にはちゃんと, にはどう, にはどんな, にはまた, にはもう, にはわざわざ, にはカナダ, にはメリー号, には停車場, には出立つする, には夢みる, には大利根, には大風, には当地, には意識, には愴惶, には死する, には死ななけれ, には死ん, には気球, には生きのこった, には私, には非常, にふと, にもう, にも実現, にも彼, にやっと, にイグナチオ・ヴィテリオ, にクリストフ, にフェルト, にブーラトリュエル, にヘヒト, に何分, に修復, に出口, に出張先, に列車, に初めて, に利かせる, に又, に同市, に大庭常子, に女中風, に安東, に安治川菊子女史, に崩壊, に引上げ, に強く, に彼等, に思い知らされた, に我々, に扉, に新郎仁雄, に於, に最も, に最初, に東京, に棺中, に母, に水泡, に発した, に発車, に的, に眼, に絶命, に芝居, に起った, に近所, に迫っ, に鐘, のいや, のうち, のお, の一昨々日, の予報, の今, の光景, の出来事, の十一時三十分, の回想, の夜汽車, の大, の暮方, の暴風, の次回, の講義, はむかし, は夢みる, は諸, または数日後, まで, までその, までも継続, まで帰らなかつた, やっと墓地, 並んで, 帰って, 運びこまれた附近

▼ 時間~ (156, 0.6%)

1954 から 3 からと云つて, わ 2 から悪童ども, という, といふ, な, イヤ三時間だ, ツ, 一時間だ, 二時間だ

1 [106件] かそれ, かそれとも, かとにかく, かも分らなかった, からあす來, からぐったり, からこの, からこんな, からさ, からその, からだ, からってそれで, からです, からという口実, からとでは, からと出かけ, からと思わず, からな, からねえ, から不便, から仕方, から何処, から催促, から僕, から十三時間, から土曜日以外, から天ぷら, から失礼, から帰ろうじ, から引きあげ, から戸, から横臥場, から橋, から止めよう, から皆, から砂, から簡単, から道, から食べる, か何十時間, か六時間, が, があなた, がお, が二三年, が日曜日, が汽車, が私, が花子, が長かっ, が鵜戸, し何, し雨, ぜ, ぜと云った, ぜカイゼル, そろそろ出かけなくっ, ぞ, ぞ出ろ, つた, つたから, つたと, つたなと, つたのかも, つて彼女とは, ということ, というの, という事実, といくら, とか云, とか四時間, とは思い, とは思われない, とオリヴィエ, と云, と云う, と云った, と思える, と思っ, と思った, と思つて, と母, と私, と考えた, と見へ, と言い, と言っ, と過去, なんて出掛け, なア, ねそれ, ね二時間目, のといふ, のに, のにあたし退屈, のを, もう一分, もの, よオー, よドゥーネチカ, よ鶴, わ行きましょう, わ行きませう, 又來年, 帰りは, 時間だ

▼ 時間あまり~ (137, 0.5%)

4 か, の後 3 というもの, の間 2 あった, あつた, あります, もかかった, 続いた

1 [113件] かかって, かかりました, かかると, がまるで, が全く, ございますわね, しかたっ, しかない, してから, その終点, たった午後十時頃, たっても, だと, ついで神保夫妻来庵, ついに肚, でかけつけた, で全部艇内, で切れる, で十一時半, で大助小屋, で帰っ, で止めた, で歩い, で歩いた, で片, で犯人, で私, といふもの, にさげ, にし, のあいだ, のうち, のところ, の労働, の昼食, の時間, の汽車, の留置, の絶命, の苦しい, の苦闘, の説教, はかかる, は息, は戻る, は行乞, まえに, も, もあった, もうオオゼエル村, もこう, もこの, もさがし, もそれ, もたずね歩く, もたっ, もたって, もたつた, もてくてく, もぼんやり, もトーマス, も一人, も力, も口, も啀, も坐っ, も夕暮時, も完全, も寝た, も屈ん, も平気, も往来, も待ち, も待っ, も意識, も探しました, も改札口, も早く, も歩い, も歩きつづけた, も歩き廻った, も熱心, も経つた, も続いた, も續, も菓子, も話し, も話しこんだ, も走っ, も走った, も蹲らしめ, も転がっ, も進み, も過ぎ, も雨, を, を地獄, を寒い, を私, を空費, を要した, を費し, を過した, グッスリ, 小休, 待って, 歩いたであらうか, 死んだ時間, 経って, 話して, 話す私一人, 詳しく説明, 黒いメフィスト

▼ 時間という~ (124, 0.5%)

21 ものは 17 ものが 15 ものを 6 のは 3 ものの, ような 2 のが, ものである, ものも, 全体の

1 [51件] ことに, ことは, ことを, とこだらず, ところで, のも, ふうに, もの, ものから, ものからも, ものだけを, ものであろう, ものに, ものに対して, ものへの, もの一服も, もの何も, もの完全に, もの小, もの欠かさず読みふけった, もの自身については, ように, カテゴリーを, レコードが, 事に, 二種の, 他の, 労働であった, 座は, 形式に, 怨霊が, 所です, 時間も, 時間を, 最後の, 札を, 生緩い, 直観の, 空間と, 線は, 考の, 者を, 虹の, 観念を, 言葉が, 郊外電車の, 長い間, 開きは, 間を, 鞘から, 風に

▼ 時間~ (114, 0.4%)

5 二時間で, 二時間は, 空間の 3 三時間で, 空間は 2 そこい, 三時間は, 二時間の, 五時間は, 教室を, 運動と

1 [81件] さかいホテル, そこらで, そこらの, その他についてまで, その他を, で, ブルジョア社会機構なりによって, メガネの, 三時間の, 三時間を, 三時間帰らない, 三時間待つたつ, 二時間, 二時間か, 二時間くらい, 二時間ずつ, 二時間に, 二時間を, 二時間後れる, 二時間早う, 二時間発つ, 二時間間違えられ, 体力に, 何かで, 何かの, 六時間で, 冬季夏季の, 分秒の, 到着した, 労力や, 労力よりも, 労力を, 勢力を, 十二時間すぐ, 十二時間は, 十時間先に, 喰べ, 四時間ぐらいでは, 四時間は, 四時間後に, 執拗な, 季節や, 心の, 手数を, 授業時間最中にさえも, 放課後ひそかに, 旅程で, 日数は, 時間の, 機会は, 渡渉進軍の, 温度や, 物理的運動の, 用事の, 矢数の, 空気や, 空間が, 空間それ自身が, 空間それ自身の, 空間という, 空間や, 空間を, 空間物質や, 精力を, 約束を, 線路が, 考えたり, 語数などを, 課題や, 警衛の, 費用が, 運動が, 運動に, 運動の, 運動を, 遠出の, 金銭を, 面白く暮す, 風雨を, 食事の, 食事其他の

▼ 時間~ (113, 0.4%)

11 を見 3 の前, を眺め, を調べ 2 と時計, による, をしらべ, を買っ

1 [85件] があり, がここ, が出, が置い, が襖, が買えなかった, だって何年前の, だよ, だろうが, でずる, では二十時間余, では十四時, で見る, とにらめっこ, とを支え, とを麺棒, とビイル, など, などめちゃめちゃ, などを探し, などを熱心, など見, にはいつも, に依る, に合, に合せた, に忠実, に準じ, に照り合す, に睨まれ, に誤り, のとおり, のよう, の側, の地図, の常識, の掲げ, の数字, の様, の無味乾燥, の見, はいくら, は男性, は首相, へしきりに, まで前, まで鵜呑, もありません, もよく, も汽車賃表, や地図, や蚤取粉, をうつし, をかりた, をくっ, をそっと, をつくっ, をめくっ, をポケツト, を仰向い, を作った, を作成, を出し, を取り出す, を取り寄せ, を取出した, を変更, を拵えた, を拵えます, を探し出し, を検める, を睨み, を知っ, を細長い, を繰っ, を繰つ, を見せ, を見た, を見たら, を見る, を見れ, を見上げた, を見直し, を覚える, を調べる

▼ 時間から~ (112, 0.4%)

5 いうと, 云えば 3 いえば, いっても, 解放され 2 七時間に, 三十分も, 推して, 解放された, 言っても

1 [83件] いたんだね, いつもサボつて, いふと, おしてたこ, かがやきはずみ, して, すぐ続い, では, はなたれると, ひとま, まだ三十分, めちゃめちゃでした, 一時間半の, 七時間あります, 三四時間生き, 三時間は, 九時間以上休みなく, 九時間以上職場に, 二時間, 二時間も, 二時間一人で, 二時間半ぐらい, 云うと, 云って, 云っても, 云へば, 五時間一息に, 何や, 兇行も, 八時間くらい, 六時間何分という, 出さうと, 判断する, 區別された, 區別せられた, 十三時間で, 十三時間の, 十二時間も, 十二時間働く, 十二時間労働を, 十四時間働い, 双方の, 四五分しか, 四時間だ, 四時間ぶっ, 四時間位強く, 図式世界へ, 大てい三, 学校の, 居なくなつ, 引いて, 彼の, 後れたさ, 忽ち苦痛, 悪戯なぞを, 所謂講演に, 抜け出したよう, 教室に, 数時間死に, 日によっては, 時間までの, 東京警備司令部の, 椅子を, 段々と, 淫売婦の, 独立に, 理解される, 申しても, 皆集まっ, 眼を, 空間から, 続いて, 考えますと, 考えると, 考へても, 見ると, 言って, 言つてどの, 言へば, 計ると, 逸脱し, 違うの, 間隔から

▼ 時間~ (111, 0.4%)

3 して, の間 2 かかって, しか寝, で到着, のもの, は待たされ, 小さければ

1 [93件] ありました, いこの, お約束, かうして, かかった, かかる, かかるン, しかたつ, しか学校, しか授業, しか眠らず, しか眠り, しか眠る, しか行乞, しか離れ, してからに, ずつぶっつづけ, ずつ教え, だつたが, でしょう, です, でなおり, では火, でゆき子, でよう, で倒れます, で冷え, で固, で固まっ, で帝都, で朝, で済ます, で登れる, で直ぐトコトコ, で能楽, で行ける, で起き, で通つてしま, なもの, なもん, にのびた, に一度, に亘っ, に用, の労働, の後, の時, の気もち, の汽車, の相違, の部長会議, の長, はゐた, はウットリ, は坂, は夢, は居たであらう, は早く, は生き, は罷, は走, ひはか, ひ眠つたん, ひ経つたら吹雪, もし, も待たされた, も待った, も攪, も殘, も走った, も走つた, も馳, も鼻, やる, よく煮詰める, 全く一人きり, 喋った, 坐って, 少しの, 強くない, 掛かり御門, 早い, 煮て, 煮ないと, 煮の, 煮る, 煮ると, 白い壁, 眠ったでしょうか, 経つと, 続いたのに, 語り合いましたが, 過ぎた処

▼ 時間近く~ (107, 0.4%)

4 かかった, もかかった 3 もかかる, も話し込ん 2 か, なって, もか, もその, も美奈子, 待たされた, 待って, 眠る

1 [77件] あいてを, かかったが, かかったと, かかったの, かかって, かかる, が経っ, たった頃, たってから, たって入替り, なるだろう演説, になっ, になった, に亙った, のたうち廻つて, のりまわしそれで, の昼寝, の目的, の芸談, は余白, もお, もしやべつ, もたつ, も一字, も乗っ, も乘, も人工呼吸, も余裕, も其岸, も又, も対座, も待, も待たされた, も待ち, も待っ, も押し黙っ, も旅行, も歩いた, も歩きまわった, も歩く, も混亂, も演奏, も登っ, も眠つて, も続いた, も荒天, も荒野, も話した, も論戦, も走っ, も通読, も遅れる, も過, も門際, も闇, ゆられた, を要し, を要した, を要する, を費し, ブラブラした, 下ると, 力一杯に, 多い, 待たなければ, 御座いますわ, 歩きまわって, 現われずわし, 経って, 続く, 見てると, 話した, 費して, 費すであろう, 走り続けた, 追い逼, 過ぎて

▼ 時間~ (104, 0.4%)

15 して 11 前に 4 おくれて 3 たって, 経って 2 すると, のちに, 書斎の, 眼を

1 [60件] ありますね, いけないもの, かかって, くつろがして, ぐる, ぐるぐる乗り廻し, この室, してから, するうち, その辺, たてば, であったり, で桑港, ひた泣き, まるで煤掃, ゐて, 上ると, 事務所へ, 休息し, 会った, 先生と, 全く意識, 出ただけ, 前にね, 前の, 前までは, 前友は, 前右の, 前日比谷公園の, 午睡した, 待受けました, 後であつ, 愚図つい, 持つて, 散歩を, 早く切り上げ, 本棚を, 横に, 汽車に, 浪費すれ, 眠ったの, 眠ると, 私は, 立って, 経った, 経ってから, 経つた, 経つて, 経つと, 経つ内, 経ねば, 經つて昌作は, 若槻邸で, 英語を, 行はれ, 話してから, 話す, 読経それから, 躊躇した, 隔たった

▼ 時間~ (103, 0.4%)

7 の授業 2 か三時間目, が終わる, ぐらいに一回, に, になる, にやっと, に又, の数学, の歴史

1 [78件] かの始め, からだんだん, からみ, がくる, がすむ, が戸田, が気, が終る, ぐらいという一般, だって一人, でしたろうか, です, でその, という, ときまっ, なら三時間目, にかかりましたろう, になっ, にはじめて, にはどの, には仔猫, には受刑者, には国語, には欠伸, には生徒, には菊池先生, には退屈, にもきっと, に一回, に一息, に再び, に初めて, に動きだした, に吉岡先生, に同, に教師, に校長室, に此処, に海上, に白墨, に菊池先生, に起こる, に転機, に逮げ, のこと, の休み, の体操, の修身, の哺乳, の唱歌, の喇叭, の国語, の地理, の授業中, の教場, の板木, の算数, の終, の終り, の終わり, の習字, は一年生, は体操, は半分, は吉田さん, は夏冬, は少し, は思った, は欠席, は歴史, は満足, は算術, までも終っ, も四時間目, も昼過ぎ, を, をお, を休ん

▼ 時間だけ~ (101, 0.4%)

3 だ, である, 外で 2 では, 働くよう, 遅れ過ぎた, 顔を

1 [84件] あるいは気, いくらかつまっ, いっしょにべんきょうしてお別れ, お伴を, お通, かかるきり, かってに, この危険, この浜, こんな塩梅, して, すぐ近く, たりなくっても, だった, つづいて, であった, でおしまい, です, もつという, やつと, やります, アンジュウ街の, 一つ舟に, 丁と畫室, 二十年後の, 会えたらよい, 余分に, 余計に, 余計の, 停車する, 働いて, 働くこと, 働くだろう, 働くと, 入って, 出勤し, 出勤すれ, 出来事の, 動いて, 南へ, 君と, 君を, 家庭における, 寝ますから, 延ばしても, 彼の, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 待って, 後れるわけ, 念頭に, 授業を, 放して, 散歩する, 断りました, 時間が, 書きます, 有りゃたくさん, 残されて, 気にかけて, 水温を, 照射する, 眠って, 睨みつ, 私の, 立つの, 経つと, 経過し, 結晶を, 統一し, 継続する, 翻訳の, 聞けば, 聴いて, 自分は, 自動車を, 葬式に, 行つたら, 行乞しかも, 貸して, 這ひまはらす, 遅らせて, 過ごされるの

▼ 時間ぐらい~ (84, 0.3%)

3 たって, なもの 2 かかった, 経って, 経過し

1 [72件] ああし, あとに, ある, あるでしょ, あると, あれば, おいて, かかって, かかりますかね, かかるん, こうしてしんと, この辺散歩, して, してから, すると, その床, たった, たったとき, たってから, たてつけに, であっさり, であろう, で月, ならもつだろうからと, はか, よろしいでしょう, オタツの, グッスリ, コーヒーをの, 会えるとこ, 働く, 前です, 前に, 前トオカルは, 勉強しなけれ, 同じ所, 実地の, 寝床に, 対座し, 干したの, 廃墟を, 待って, 後だった, 後に, 後の, 手紙を, 早く殺され, 普通の, 根気よく, 歩くの, 気に入ってたこと, 渡良瀬川を, 漫然と迷っ, 眠ったという, 突っ立ってる, 立っても, 経った頃, 続いたこと, 見廻って, 見物に, 話が, 話した, 話し合って, 話を, 豚の, 費やされた, 費やした, 遊んで, 過ぎた時分, 風に, 黙ったまま父, 黙って

▼ 時間~ (84, 0.3%)

3 の後, を費し 2 にし, も経っ, ゐて, を費した, を費やした, 待って

1 [66件] つづいた青葉かげ, である, です, でバス, で上り, で京都, で帰宅, で正味, で着く, で達ちゃん, で頂上, というもの, にもわたつ, にわたって追求, にわたる長広舌, に亘り, に亘る, に及べり, のあと, の大, の後峠, の長篇, もあんな, もかかる, もたつた, もっとも成功, もつとも成功, もねり歩いた, も入乱れ, も同じ, も寝た, も弱火, も彷徨, も待たされた, も御, も恁, も椅子, も歩いた, も水中, も漬け, も煮ます, も煮る, も登っ, も眠つた, も私ども, も縦走, も講義, も進んだ, も遅れた, も過ぎぬ, ゐた, をここ, をすごし, を経る, を経過, を要す, を費やせり, を過せ, 在るを以て, 待つ, 待つの, 揺られ, 煮て, 考える, 話す, 走って

▼ 時間しか~ (77, 0.3%)

3 ない, ないの, 寝ない晩, 経って 2 ありません, なかった, 泊らないこと, 経過し

1 [57件] ありませんでした, ありませんよ, いられないの, かからない, かからないこと, かからない景色, かからなかった, ございません, ございません私, そこには, たたないのに, つづかないこと, つづかないはず, ないから, ないじゃ, ないと, ないという, ないとき, なかつたん, なくそして, はたらけないの, もたない身分, もたぬかも, コレットに, 上げられないから, 与えられて, 事務所に, 使えないの, 保たないと, 出なかったので, 割けなかったし, 効果なく, 取れませんので, 口を, 地上に, 寝ない現在, 寝なかったそう, 役に立たないという, 持ち合わせず而, 散歩する, 無いが, 無いのよ, 無い時, 無かつ, 熟睡できなかった, 猶予が, 留まって, 眠らないで, 眠らないので, 眠れなかったよ, 聴きに, 自由に, 自由を, 観せないと, 許されて, 読書の, 違ひません

▼ 時間まで~ (76, 0.3%)

2 書いて, 知って, 読者に

1 [70件] いっぱいだった, お教え, きまって, ぐっすり其儘, ここに, この努力, さうだつ, それを, つなぐこと, どうしていい, はっきりと, われわれを, 一人も, 一時間あった, 一時間あつ, 一秒の, 三時間なり, 予告し, 五分しか, 今までの, 伸子と, 例によ, 俺アちゃんと, 先方へ, 分りゃしませんよ, 勤務や, 十二時間でも, 大急ぎで, 失くし, 学校へ, 少しあった, 少し暇, 待たしても, 待つたが, 待てと, 忘れかけること, 忘れちまったの, 戸を, 打合せて, 持たせようと, 放されなかったろう, 教壇の, 明言した, 昨日と, 時計を, 暇が, 本でも, 東停車場へ, 棺の, 横町の, 残業し, 決めて, 照し, 狂って, 短くしよう, 紙型に, 言い残し双方, 計って, 話し牛込, 読んで, 踊り度いと, 通知し, 遊ばせられる, 過ごすよう, 過して, 金に, 鎮守の, 頭かって, 食堂に, 飲み酔って

▼ 時間ばかりの~ (73, 0.3%)

13 間に 2 ところに, 間は

1 [56件] あいだに, うちに, うちには, ところで, ところへ, のちホテルに, ひまを, 丘の, 余裕しか, 其の間, 内に, 墓地の, 奮闘の, 学課が, 小さな村, 後, 後に, 後ふたたび, 後ジャン, 後何処へも, 後来客らしい, 後汽車は, 後私は, 後私達は, 後霧が, 後馬車が, 所だった, 日向ぼっこも, 時で, 朝茶の, 汽車で, 汽車の, 汽車旅行を, 海辺に, 発作が, 眠りを, 短時間である, 續い, 話を, 距離に, 道程であった, 間, 間が, 間その, 間で, 間にも, 間の, 間家の, 間彼が, 間熱心に, 間率直に, 間老人は, 間行っ, 間言い争った, 頃どこからとも, 頃徒歩で

▼ 時間では~ (69, 0.3%)

7 ない, なかった 4 あるが, ないの 2 あったが, あつた, ないなぜなら, なかつたが

1 [39件] あったけれど, ありえなかった, ありことに初めて, ありましたけれども, ありませんよ, あり悦子, あるまいが, ございません, その七二%, できぬこと, どうなるでしょう, どうにも手, ないかと, ないが, ないがと, ないので, ないのに, ないまして, ないよ, ないらしく, ない発見, ない運動, なかつた, なかつたので, なくそれだけ, なくって, まだしまっ, もはや刻み, 変わりも, 工合が, 往来も, 有ったが, 有るけれども, 済まなかった, 満足せず, 無かった, 盡す事が, 真夜中, 計ること

▼ 時間余り~ (69, 0.3%)

4 を費した 3 を費し 2 の後, も立ち尽した, も経った

1 [56件] ある, が過ぎ, たった, たって, つづいた捜索, です, でやっと, で大, で終った, で阿蘇駅, というもの, にもなる, に過ぎなかった, の時間内, の汽車旅行, の苦しい, の辛抱, の途のり, の道中, の間, もある, もうろつき廻った, もおびえ, もこの, もすれ, もそれから, もつづいた, もポカン, も床, も悪戦苦闘, も掛る, も斯, も時間, も歩んだ, も汗, も見物席, も語り続け, も走った, も闇, も隔てなく話した, も雑談, やって, を無心, を要するであろう, を過しました, 喋り続けた, 待った, 待ったが, 待っては, 曝されて, 有り合せの, 燃えて, 眠ったの, 眠る, 続きましたが, 聞かされた上

▼ 時間~ (68, 0.3%)

17 のだ 5 のです, んだ 4 のである, んです 32 のでした, ので座

1 [26件] のかと, のかも, のが, のだらう, のでがらん, のでただ, ので一年生, ので三鴨倉太, ので六時, ので出, ので出かけ, ので出た, ので大学生, ので客, ので支度, ので放送局, ので池内医院, ので辞した, ので飯代部屋, のに, のにこの, のにそれ, のにも躊躇, のよ, んだろう, んで行かんなら

▼ 時間にも~ (67, 0.3%)

3 なる, 私は 2 なるの, なる二階, まだお, 近い間

1 [53件] あの方, あんまりあたし, おくれがち, こくりこくり, できるだけ塾生たち, どの分秒, なった時分, ならないのね, ならなかった, ならぬ内, なりさ, なりまして, なるぞ, なるたけこれら, なるのに, なるもの, なるん, なる遅刻, ひろげて, また空間, よく校庭, よるが, れいに, わたくしは, クリストフを, シュミイズ一枚着た, 一針でも, 亙る労働強化, 休めないという, 分け広げられるもの, 制限を, 劣るもの, 同じ話題, 好んで, 子供たちが, 庭で, 思えた, 思われたほど, 感じられたの, 感じられた数分の後, 抱擁に, 文章を, 汗を, 渉る, 爲事の, 用い空間, 當嵌まる, 相当します, 自分は, 足りないこれ, 足りなかったであろう, 間も, 餘裕の

▼ 時間~ (63, 0.2%)

14 りも 6 りの 3 り前, り經 2 りして, りで源助, り家, り経つと, り議論

1 [27件] の説教, り, りかねて, りしか, りで, りでいい, りで水, りで炭焼, りで赤湯山, りに, りを, り二階, り入, り公園, り初め十五分間運動, り坐つて, り外, り小屋, り待たなければ, り愛国詩人キヨルネル, り登ると, り眞面目, り経, り経つた, り読書, り遊んで, 待つには

▼ 時間~ (62, 0.2%)

2 にお, にもつ

1 [58件] ずっと石油, ずっと静か, た, だけ平常, だぞ, であった, でなくとも, でもその, でもどたばた, と練習帳, ながら鳥渡お伝え, に, にある, にはあまり, にはそこ, には蠅, にもこの, にもつまらぬ, に与える, に仕事, に何ご用, に内藤堀口, に包有, に各々何升, に小林先生, に小説, に村長, に来, に正三君, に砂場, に落着き, に行われた, に起こった, に遊び, の全員, の大, はきちんと, はけっして, はほとんど, は一分, は一意精励マイシン, は一歩, は一生懸命, は子供たち, は煙草一服, は短波長通信, は空中, は自分以外, もたいてい, もたえず, も初代, らしく玄関先, らしく私達, をサボってる, 各交換者, 決して生徒, 繰り返さなければ, 黙つて

▼ 時間~ (59, 0.2%)

2 にこんな, の消費熱量

1 [55件] だが, だけその, での知己, では弾丸, では数値, では時, で継起, で讀み取れる, に, にある, にさ, にしか歩かせられない, にその, にたった, にひどく, にキチン, にロンドン, に一つ, に二度, に仕上がるだろう, に何年, に充血, に八時間, に六時間休息, に吾人, に図らず, に圧縮, に巴里, に弥, に御, に忠君愛国, に於, に於ける, に更め, に浮き上がった, に湯屋, に生命, に発熱, に発見, に秩序, に移る, に終っ, に終る, に絶命, に要求, に誘導的, に起った, に起る, に降れる, に鶏, の同じ, の行動, の訓練, は全く, は重力

▼ 時間ずつ~ (58, 0.2%)

1 [58件] ある, おくれて, かかります, かければ, そのこと, では, ほかの, ほとんど一年間教授, みなで, やって来る家政婦, クリストフは, ヴェランダに, 一区切りで, 三日間で, 三田の, 交替で, 会議に, 伸子と, 何十年の, 修身倫理の, 働いて, 働かせて, 働き通して, 働けば, 労作した, 労働し, 勉強し, 動員する, 博士に, 学校に, 完璧に, 家の, 少しも, 幾何や, 引いて, 彼の, 彼女の, 復習する, 授業を, 探偵小説を, 教えて, 教師を, 散歩する, 時間を, 本山村の, 正坐し, 毎夜授講する, 登校し, 眠って, 私が, 私の, 緯度変化の, 自修を, 草を, 見張って, 課業が, 費やして, 額に

▼ 時間とを~ (58, 0.2%)

2 消費する

1 [56件] お綱, かけて, きめた, くらべて, ついやさせや, ついやす値うち, どれだけ, はかって, はる子に, もつて, タイムテーブルによ, 一定の, 与えなかったよう, 与えられなかったから, 使って, 制限し, 削がれるでしょうし, 前から, 區別し, 定めしむるようにしてある, 定る, 幸福に, 惜しまずに, 指定し, 控えそれ, 書きこみそれから, 書き入れた, 浪費する, 浮かすこと, 消費せね, 混同し, 犠牲に, 知らして, 知らせ, 知らせて, 統一する, 統一的に, 置いて, 要した, 要しなくなつ, 要します, 要しますか, 要するとしても, 要する事, 要する爲事, 計って, 費されたこと, 費したかは, 費したこと, 費して, 費やしあわせて, 費やしたこと, 費やしたの, 超越した, 限られること, 音楽に

▼ 時間空間~ (58, 0.2%)

8 の問題 6 を超越 3 の形式 2 に於ける

1 [39件] あり, から抽象, が現象, が純粋直観, この木ここ, という如き, という直観, という直観形式, という認識形式, とか法則, と無関係, には君臨, による現象界, に束縛, のこの, のなん, の上, の中, の傳播, の凡て, の定理, の方, の概念, の無限, の相対性, の精密, の規定, の観念無視, の間, の限定, は, は別, は宇宙的意識統一, は意識統一, を有意義, を構, を無視, を遊離, を駆使

▼ 時間以内~ (56, 0.2%)

3 に地震 2 にここ, の出来事

1 [49件] おそても, だッ, である事, でなくては, ではないでしょう, で果せるでしょう, で終る, で行ける, で食いたい, という推定, にいつ, におれ, にせよ, にそれ, にはさらにもう一度, にはそこ, には地震, には新しい, には死体, には水中, には氷, には立派, にもう, にジルベール, にソーンフィールド, にミュウチュアル二三三一番, に三万法, に何もかも, に八万, に出かけなけれ, に問題, に圧縮整理, に大工, に完全, に官金, に帝都上空, に帰る, に弟, に死ぬる, に河, に発生, に私, に銃殺, に電話, の出帆, の積込みです, の行動, の行程, はどんな

▼ 時間とは~ (55, 0.2%)

4 異る

1 [51件] ある方面, かからない近距離, かからなかった, かからぬ町, この本質的, すべて違つて居る, その席, そもそも何事, たたぬ中, つづかずせいぜい, なかった, なり得ないという, まさにかく, 云うまでも, 何か, 全く別物, 出来ない相談, 前後に, 唯形體の, 單に, 堪えられまい, 容易の, 射して, 尻を, 性質が, 打って, 擬設である, 暇が, 決してそういう, 温度の, 無い, 生きて, 異った, 異なる客觀的時間, 眠らないうち, 等値物, 経たないうち, 経たない窓, 経たぬ間, 経たん前, 経って, 続かないすぐ, 続かなん, 自然と, 見られない事實, 費さないであろう, 過ぎぬ時分, 違うよう, 違つた, 長居も, 関係なく

▼ 時間です~ (53, 0.2%)

145 からこの 4 から 3 ね, もの, わ 2 からね, んだ

1 [17件] か, かそれとも, からこれ, からどこ, からみなさん, から兎, から客, から立ち去ります, から芝居, ぜ, とくる, とピタリ, な, の, よと促す, わちょっと, 僕は

▼ 時間くらい~ (51, 0.2%)

2 かかったろう, しなを, やって, 前に, 待って

1 [41件] うつうつし, かかる最初, きり生きられない, ここで, ここは, ご一緒, してから, しゃべって, じきすごし, そうし, たってから, であるのに, でもう全く, で充分, で切り, で東京, で行ける, なら春夏秋冬, ぶっつづけに, ぶっ通し, わけなくたって, 他の, 休み峠, 地震津浪に関する, 寝たでしょう, 彼は, 死人の, 毒瓦斯の, 無駄に, 照射し, 煮ると, 立読し, 第二日, 経つと, 身動きも, 連続的には, 遅れて, 過ぎた頃, 阿呆みたいに, 霧の, 鳴きつづけたころ

▼ 時間ばかりも~ (49, 0.2%)

3 経って

1 [46件] うろつきま, お座敷を, かかったので, かかって, した, したら用談, そこにと, そんな事, たったころ, たつたころ, ぶらぶら歩いた, ゐたるに, ゐて, 一服喫った, 一服喫つた後短い, 何か, 可哀そうな, 君を, 坐って, 太子と, 寒い思ひ, 彼女は, 待たなければ, 待ちくたびれた私たち, 息を, 搜した, 摩擦し, 摩擦を, 昔の, 時が, 松林の, 海の, 無事に, 無言で, 留つてゐた, 眠りつ, 眠りました, 立つた時, 経ったと, 経つと, 義雄は, 見て, 足を, 辛抱強く待っ, 過ぎた, 駆けたと

▼ 時間ほどの~ (49, 0.2%)

4 時間が 3 間に, 間を 2 後に

1 [37件] あいだの, あいだは, うちに, しんぼうだ, ところである, のちまるで, のち竜太郎は, ものであった, ようにも, 中に, 休息を, 余裕が, 後であった, 後である, 後には, 後小屋へ, 後明智探偵事務所門前の, 後自分の, 時間の, 時間は, 時間を, 暇が, 猶予が, 睡眠と, 読経を, 講義を, 賑かな, 辛抱である, 道を, 違いで, 間は, 間地揺れと, 間坐った, 間奏き, 間小夜子は, 間次々, 間私は

▼ 時間足らず~ (49, 0.2%)

7 のうち 2 の前, の睡眠, の間, 話して

1 [34件] あるから, かかるの, だったであろう, であつ, ですん, でそれ, でやれます, で伊波, で來, で再び, で初島, で千波, で宝映画スタヂオ着, で急遽, で書けた, で汽車, で済む, で渋温泉, で行かれる, で走り抜け, なんで, にて落着, に百五十七疋, のガス, の中, の会見, の会話, の会談, の周期, の汽車, の話, の談話, は一人, 遊んだ後

▼ 時間つぶし~ (47, 0.2%)

3 をし, をした, をする 2 である, のよう

1 [34件] だ, だという, だわ, であった, であり演説, でした, というの, とはどう, なこと, なん, にかく, にしかならない, にそれ, にと思っ, にもなります, にやつ, に一段一段, に一番, に何, に出かけ, に困っ, に女, に日本, に松之助, に筋向い, に買いこんだ, に過ぎた, に過ぎなかつた, のつもり, の会合, の外何, の相手, の話, を僕

▼ 時間である~ (46, 0.2%)

4 ことを 3 といふこと 2 から, から雨

1 [35件] から吹い, から廻転速度, から滑稽, から現在死火山, から辞書, がこれ, がと思い, が何, が散歩廊下, が是, が時に, けれども津浪, ことは, こと常に, こと疑いも, その大切, ためには, ちょうど人間, とみえ, とも云, と云, と思う, と考へ, と見え, ので, のでなく, のは, 今改めて, 以上それは, 余輩を以て, 夜の, 故に進歩, 昼の, 限りに, 限り最初の

▼ 時間ほども~ (44, 0.2%)

2 他愛も, 話して, 走ると

1 [38件] うろついてから, かかって, くると, すると, その青年, そんなこと, たったころ, たつと, ぶっとおし, よそへまは, 世間噺に, 両人無言にて, 來た, 倦きなかつた, 先生の, 前と, 合間が, 店内の, 弱い火, 彼女は, 待たなければ, 待ちましたが, 意味も, 所在が, 捜索を, 歩いて, 歩きました, 海底を, 炉の, 焚火を, 眠ったとき, 眺めて, 素見したる末, 経った頃, 話した, 話し続けて, 降りつづいて, 隣組の

▼ 時間より~ (39, 0.1%)

2 一時間も, 半時間も, 早いけど

1 [33件] おくれて, まだ二時間, やや早, 一日中で, 一時間二時間二時間半と, 三十分も, 三十分や, 余ほど, 十五分前に, 半時間遅れ, 四十分おくれ, 四十分ほど, 多少過ぎ, 將來を, 少し早く, 少し早目, 少ない時間, 後れたくせ, 早い目, 早く出勤, 早く来られる, 早く赤井, 早めに, 早目に, 特に體驗的時間, 眠って, 逢は, 長いか, 長いの, 長いん, 長くなる, 長ければ, 間が

▼ 時間ごと~ (38, 0.1%)

2 に交代, に変っ, に見る

1 [32件] いや一分間ごと, か二時間ごと, にいい, におしっこ, にこう, にちがった, にでも会っ, にふい, にほんのちょっとした, にもどんどん, に十分間, に取替, に同じ, に変化, に寝室, に彼女たち, に扉, に教員, に昼夜, に柝, に注射, に炭, に無益, に照らし, に発車, に繰返される, に試みました, に誰, に起こし, に鐘, に高潮, の見まわりです

▼ 時間との~ (37, 0.1%)

5 間の 2 區別に, 関係に

1 [28件] あいだに, あいだには, ために, 不足を, 中の, 交叉点に, 全部を, 区別さへ, 区別などが, 區別で, 問題で, 問題や, 夫, 對立に, 平行を, 接触を, 積の, 結合として, 翻弄にも, 要素だけで, 間に, 間には, 関係, 関係で, 関係である, 関係は, 関係を, 關係交渉は

▼ 時間~ (35, 0.1%)

8 の偶合 2 の先行条件

1 [25件] から云え, でも室生, には切れ, にムダ, に先だつ, に於, に考え得られる, の位置, の反動, の変化, の實, の得, の条件, の段階, の発展, の発展段階, の自然的秩序, の表象, の迅速, の連続, の進行, の遠近, の関係, の順序, 並びに論理上

▼ 時間ちかく~ (34, 0.1%)

2 はかかったであろう, もかかった, 書いて

1 [28件] ある, いっしょに, かかった, かかって, かかりましょう, かかるよう, かかるらしい, つづいたろう, でこの, の演説, も姿, も寢臺, も構内, も父, も行方, も飛ん, ガラス棚を, バスに, 井戸端を, 必死の, 暗い郊外, 経ったとき, 経過し, 線香の, 自動車に, 調べられた, 過ぎて, 電車に

▼ 時間労働~ (34, 0.1%)

2 で三〇円

1 [32件] がすむ, したされば, せし後, だから, だが, である, でしぼられ, です, です平均, でも大人なみ八時間労働, でやっ, で一円五六十銭, で働き, で充分, で十六歳以下, で映画, というよう, という中, といっ, としても二日, とまったく, と定めた, に同じ, に有給休日, に服さなけれ, の娘さん, の要求, をし, を原則, を強制, を終っ, を続け

▼ 時間といふ~ (33, 0.1%)

4 ものは, ものを 3 のが, ものが 2 ことを, のは, ものも

1 [13件] のだ, まるで乾いた, ものに, ものの, もの兎に, もの溢れる, ハンデイキヤップの, 僅かな, 巨大な, 武器を, 言葉が, 長考を, 靜かな

▼ 時間たっ~ (31, 0.1%)

3 ても彼 2 ている, ても二時間, て夜, て彼

1 [20件] てからであった, てから使, てから寝る, てしまうでしょう, てだまっ, てもう, てもすまない, てもどっ, ても帰らず, ても死ななかったら, ても遂に, ても音沙汰, てわたし, て俊夫君, て家, て戻っ, て現場, て田中君, て職員室, て順一

▼ 時間だった~ (31, 0.1%)

2 と思う, のだろう, のでしょう

1 [25件] かも知れない, からか因果, から出ない, か余程, か私, がある, が彼, が次郎, が給仕, せいか, そうである, と思います, と見え, にかかわらず, のか, のであります, のである, のでご, ので兵士等, ので晩餐, ので矢代, ので食堂, のにたった, ように, 事が

▼ 時間かかる~ (30, 0.1%)

2 しそれ, 事も

1 [26件] かまた, かも知れません, か三時間, か狂言, ぐらいは多少, ことも, ことを, この定期飛行, そうだ, とわかった, と云っ, のだ, ので霰, のにヒル, のは, ものは, わ, わ真夜中, んだ, ツウルに, 位の, 出勤は, 大村市の, 或海岸, 講義の, 頂の

▼ 時間よりも~ (30, 0.1%)

1 [30件] おくれて, この碁会所, すこし遅れ, すこし遲, ずっと早く, その待つ, ながい尺牘, はるかに, もっと前, やや遅れ, より長く, セントルイスの, 二十分も, 五分遅れ, 六時間遅れ, 奇怪に, 寧空の, 少し早かっ, 待ってて, 早かつ, 早くは, 早く校長, 時点すなわち, 東京と, 遅れたならば, 遅れるため, 遙かに, 遥かに, 醒めて, 長かった

▼ 時間さえ~ (29, 0.1%)

4 あれば 3 ないの

1 [22件] あたえない, あったならニールス, あったらエジソン, かければ, その儘僕達, たてば, つぶす事, もてないで, ハッキリ示し得たなら, 与えない, 出て, 分らなくなって, 制限し, 惜しいよう, 惜しがった, 惜しくなっ, 惜しむよう, 惜んで, 数時間経った, 構わなければ, 知っては, 考えた

▼ 時間~ (29, 0.1%)

2 にその, に呼び, に熱

1 [23件] にかわる, にゆつくり, にサイド, に一秒毎, に三十分ごと, に二十分づゝ, に二銭, に増し, に家, に寒暖計, に弛ん, に弾奏, に彼女, に授乳時間, に淋しい, に甘い, に自分, に観測, に電報, に電球, に非難, に高瀬, の温度

▼ 時間おき~ (28, 0.1%)

2 に出る

1 [26件] くらいにつぎつぎ, ぐらいにいつ, ぐらいにやって来た, ぐらいに小便, てい, に, にうつ薬, につみかえ, には椅子, にゾシマ長老, にバス, にマダム, に七回放送, に二十分間, に代る, に保姆, に強心, に手当, に満員, に牛, に看護婦, に起きてない, に鐘, に飲んだ, に鳴る, ほどの正確

▼ 時間かかっ~ (26, 0.1%)

2 てやっと, て一つ

1 [22件] ている, てさて, てしまった, てはじめて, ても地図, て一段, て七, て二人, て他, て傑作, て出来た, て出来上がる, て城, て好み, て姿見, て子ども, て帰っ, て徐々に, て心臓, て痿, て落ち, て説明

▼ 時間たつ~ (26, 0.1%)

3 かたたない 2 と頓死

1 [21件] うちに, かたたぬ, てもまだ, ても二時間, ても何, ても死なねえ, とそれ, とだんだん, とまた, とみな胡坐, とセエラ, とゾシーモフ, と三人, と今度, と再び, と効く, と明るく, と表, ぷりかゝる, ぷりのものだつた, ぷり見

▼ 時間通り~ (26, 0.1%)

1 [26件] といいたい, にした, にチョッキリ, に下宿, に五分前, に出掛け, に分量通り, に学校, に帰し, に来た, に来れ, に歸つて來, に着く, に羅馬, に行き着きません, に行く, に裁判所, に訪ね, に起きた, に開いた, に集まっ, キッチリ, 働きづめ, 出て, 来たこと一度, 集らなくて

▼ 時間かの~ (24, 0.1%)

2 後この, 後私は

1 [20件] うちに, 人事不省の, 休憩時間に, 体験によって, 後に, 後には, 後もう, 後カンタベリの, 後信之は, 後彼が, 後駒鳥絹枝は, 時間を, 浅い眠り, 緊張を, 間この, 間に, 間の, 間を, 間氷に, 間見舞いに

▼ 時間だけは~ (24, 0.1%)

2 一組の

1 [22件] この人たち, せめてあなた, やはり働かなけれ, キチンと, グット遅, 人間の, 休む, 働かせられるの, 別として, 厳格でした, 平等に, 持ちこたえて, 最深約, 極端の, 気に, 生きて, 相当ねばっ, 私の, 立派に, 辛抱し, 長男に, 非常に

▼ 時間もの~ (24, 0.1%)

2 ように

1 [22件] あいだ, あいだじ, あいだに, あいだ司令官に, あいだ彼は, ことで, このこと部屋, として昭和三十年代, ながい間, ような, をいわなかった, を書く, 大演説, 登攀を, 苦闘を, 連続作業に, 連続観測を, 長い講演, 長い間, 間呼吸を, 間迷っ, 音楽会で

▼ 時間~ (24, 0.1%)

2 に出, の分

1 [20件] で一週間一睡, で合宿所, で間, という考え, にこうした, にもポオズ, に働いた, に働く, に弔問, に成る, に掃除, に酒, の労働, の居残り, の料金, は一切米, は無く, は眼, は締め切っ, へ出

▼ 時間として~ (23, 0.1%)

1 [23件] ある, いくらでも, おれに, それ自身前後の, たつぷり三時間, だれかが, まだ宵の口, 事實的時間に, 事實的時間によ, 仕事と, 作用し, 信長を, 即ち自然, 大切に, 家に, 感じます疲れるとしても, 新聞雑誌や, 歴史的時間を, 注意され, 特性付ける, 経過する, 言いあらわしたもの, 限定されなけれ

▼ 時間あれ~ (22, 0.1%)

4 ば充分 2 ば往復

1 [16件] どもその, ばこの, ばすっかり, ばやってこられる, ば不足, ば十分也, ば大抵, ば楽々, ば沢山, ば組み立て, ば行かれる, ば行けます, ば襲撃, ば雁峠, ば頂上, ば鳥居峠

▼ 時間にわたって~ (22, 0.1%)

1 [22件] いよいよ深く, ふたたびかれ, チンプンカンプンの, バクゲキし, ヒロポンの, 停電が, 四月の, 声を, 対談した, 庭面の, 意見まとまらず, 支那の, 検事の, 熱心に, 生徒たちが, 結婚の, 続けられた, 芸術へ, 英語の, 話されたこと, 話を, 鉱毒処分について

▼ 時間までに~ (22, 0.1%)

2 皇帝を

1 [20件] あますところ僅か一時間, なかなか間に合いません, まだ一時間以上, まだ四十分, もうキッチリ五分, 参ること, 家族が, 帰つて来ませう, 帰らなければ, 彼が, 書く, 来て, 登校し, 舟宿へ, 菓子を, 行かれるでしょう, 通天閣上に, 鎮台へ, 間が, 顔を

▼ 時間器械~ (22, 0.1%)

3 に乗っ 2 の部屋, を使っ

1 [15件] が働かなくなった, でよびもどし, というもの, と同様, なの, にのせ, による密航者, による旅行者, のところ, の力, へ入れ, をかけ, をまもっ, を動かし, を走らせ

▼ 時間のち~ (21, 0.1%)

5 のこと 2 にはもう

1 [14件] がひ, がひで, だ, だったと, という, になっ, には彼, には消される, に口, に天文台, に自動車, のたより, の命, 同じところ

▼ 時間乃至~ (21, 0.1%)

1 [21件] 一時間半一二度は, 一晝夜である, 七時間なり, 三時間は, 三時間を, 九時間今日は, 二十二時間或は, 二時間の, 二時間後である, 五十時間の, 五時間も, 十四五時間という, 半時間, 四十八時間ぐらゐです, 四時間の, 数十分で, 数十日間に, 空間として, 空間による, 空間を, 自然的時間性は

▼ 時間~ (21, 0.1%)

4 煮て 2 から例, に入る, の入口, の温度, へ集る, 煮ます 1 というの, といふの, の光景, の音, 煮ると

▼ 時間~ (21, 0.1%)

1 [21件] 七日継子岳を, 七日鳳凰を, 三日伊那町より, 三日鷲羽, 二に, 二學年には, 二日三ツ岳, 二日早朝出発し, 二日浄土, 五日台ヶ原へ, 五日塩見を, 五日平, 八日黒沢口下山福島へ, 八時より, 六日八ヶ岳を, 六日扇沢, 六日農鳥へ, 四日上高地温泉へ, 四日仙丈へ, 四日荒川より, 四日薬師を

▼ 時間~ (21, 0.1%)

5 りも 2 なり, にし, りを 1 にも及んだ, の汽車旅行, も待ち, も恁, も那麼處, りと, り燃えて, を費し, 待たされた北マラアストランド街, 睡りつづけたわけ

▼ 時間であった~ (20, 0.1%)

3 ことは

1 [17件] かその間母, から, からさっき, からどれ, から待ちしびれ, から簡単, から院, が, がいつも, がそれ, が庄吉, が彼, が相手, が眼, ことか, に相違, 池畔に

▼ 時間とか~ (19, 0.1%)

1 [19件] いうので, かかるところ, その他の, であって, とられるの, なると, または熱, また天候, 位置とか, 何とかでは, 作用とかいう, 八時間とか, 十五時間とか, 十分とか, 半時間とか, 幾何の, 栄養とか, 現像の, 空間とか

▼ 時間と金~ (19, 0.1%)

1 [19件] とがあっ, とがあつ, とが男, との欠乏, とをその, とを可, とを彼女たち, とを惜しまず, とを濫費, とを魔術, と安楽, にだけ換算, の浪費, の空費, をかけ, をかけれ, を使っ, を吸いとられ, を毎日いくら

▼ 時間経っ~ (19, 0.1%)

2 ていた

1 [17件] てから私たち, てしまった, てもうまく, てもただ, てもまだ, てもやって来ぬ, ても二時間, ても仕事, ても確, ても赤井, てやっと, て客, て小使, て帆村, て帰った, て王舎人荘, て電車

▼ 時間この~ (18, 0.1%)

1 [18件] こはれ, ように, 作業は, 国の, 変な, 女に, 室に, 小さい虫, 教室に, 村を, 河原を, 片盤坑の, 物質を, 箱自動車ごと僕に, 蜜の, 話を, 連中にも, 部屋に

▼ 時間たった~ (18, 0.1%)

4 のか

1 [14件] あとは, かよく, かわからない, がどう, が犬たち, その日, とき伸子が, とき宿屋の, のだろう, のであろう, ものか, 後白は, 時分に, 翌朝の

▼ 時間ばかりは~ (18, 0.1%)

2 故障なく

1 [16件] ぐつすりねむつたが, すきな, そこに, なれたところ, 何の, 何事も, 信乃は, 動けなかった, 大佐を, 安心し, 小使を, 待たぢ, 狂ひ走る, 眼の, 闇中を, 首を

▼ 時間ほどで~ (18, 0.1%)

2 行ける海岸

1 [16件] すっかり仕度, ゆける島, トゥルの, 一, 二条の, 出発した, 室堂に, 尾根は, 帰宅する, 林は, 烏帽子小屋へ, 竜王岳の, 行けますので, 行けるフロウナウ, 行ける處, 降りやみ眼

▼ 時間までは~ (18, 0.1%)

1 [18件] お座敷を, ここに, さすがに, まだたっぷり間, まだ少し間, もうあと五分, やらないという, ゆっくり遊ん, ゐないで, 一時間半も, 何事も, 別段の, 四十分しか, 待ち遠い, 決して乳, 王様を, 附添っ, 附添つて差支へ

▼ 時間早く~ (18, 0.1%)

2 ても晩, ひけたん, 仕事を

1 [12件] この家, すれば, つたつて, 出て, 初められ, 北浜三丁目の, 学校を, 引上げられる, 聞いたの, 職場を, 起きて, 近海へ

▼ 時間待っ~ (17, 0.1%)

2 て下さい

1 [15件] てくれ, てその, ても一向, ても三時間, ても二時間, ても太陽, ても時計, ても記代子, ても頭, て二, て何とも, て出, て来た, て楽しみ, て熱海

▼ 時間潰し~ (17, 0.1%)

2 をし

1 [15件] でありまた, でなければ, でも本, でタイムレコーダー, とよけい, と思つたの, にもなる, に入ってる, に良人, に苦労, に過ぎない, の余話, は一切, をさせ, をやった

▼ 時間かを~ (16, 0.1%)

1 [16件] ぐっすりと, その人達, その氷室, その軽便, むなしく湿地, 与え残余, 何んの, 廓内の, 組合の, 親兄弟でも, 費したるも, 過ごしたという, 過ごしたの, 過した, 過したもん, 過した後

▼ 時間ぐらいは~ (16, 0.1%)

1 [16件] あった, いつもです, かかると, この説明, それを, そんな風, つづけられたが, のべつに, もつ, 夏服一枚で, 夢中に, 我慢し, 損に, 歩いて, 睡るよう, 自分の

▼ 時間じゃ~ (16, 0.1%)

3 ない 2 お時間, ないこと 1 ないか, ないのに, ないわよ, ないん, なくって, 御殿の, 来られねえや, 無理ね, 苦しいから

▼ 時間その~ (16, 0.1%)

2 声を

1 [14件] あいだに, あいだは, うちの, ために, ま, ような, 上に, 二十四倍が, 日の, 時に, 時の, 時間に, 辺の, 長い航空

▼ 時間によ~ (16, 0.1%)

4 つて構造付けられ 2 つて構造付けられる 1 つてでなく, つては, つてトロコが, つて制約される, つて剥製され, つて構造付けられた, つて汽車は, つて規定され, つて規定される, つて震原

▼ 時間的性格~ (15, 0.1%)

3 は現在

1 [12件] が現在, としての, として對應, として言, となす, について語つた所, は純, も徹底, を保ち得る, を與, を許され得る, 従って風土的

▼ 時間ある~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] からそれだけ, というよう, と思った, ので茶, のみ, のん, ひは, よ, 二時間は, 留の, 訳だ, 譯だ

▼ 時間それ~ (14, 0.1%)

2 が私

1 [12件] からずッ, から今町行乞三時間, が純粋, だけで彼ら, にか, に目, に聞きほれてる, はだめ, は日曜日, も年, をおろそか, をこの世

▼ 時間どおり~ (14, 0.1%)

3 に家 2 にあかなけれ 1 であったと, におきる, におばあさん, には客, に出なけれ, に定め, に登校, に薬, 帰って

▼ 時間など~ (14, 0.1%)

1 [14件] きまって居らず, であっては, である, なくなって, ふりかえる由, めちやめちやに, 余りない, 列を, 吉川訓導は, 大変規則正しい, 慣れた調子, 日本の, 気に, 輸入部に

▼ 時間的存在~ (14, 0.1%)

2 の根源

1 [12件] がそれ自ら, が完全, こそ哲學, においては生, において共通, の基礎, はいつも, は勿論, も永遠的存在, を保つ, を置き棄て, を許される

▼ 時間経った~ (14, 0.1%)

3 のか

1 [11件] か久らく, か何日, か分らない, か分りません, か此, か知りませぬ, が一片, その翌日, ように, わけだ, 後の

▼ 時間~ (13, 0.0%)

1 [13件] あきに, ききいただいて, すみに, 休みに, 友達に, 惣菜の, 梅どんから, 灸を, 相手を, 粂を, 訊きして, 邪魔した, 邪魔を

▼ 時間おくれ~ (13, 0.0%)

2 てやって来た

1 [11件] がちとは, てしまう, てつく, てスボート, てドレスデン, て大阪着一時半, て居る, て真, て終った, て船島, て行った

▼ 時間とが~ (13, 0.0%)

2 物そのものの

1 [11件] それである, 一致しない, 分ると, 又相互, 大体一致する, 急に, 有り余る出雲屋, 測定され, 私を, 等しいと, 違う

▼ 時間において~ (13, 0.0%)

2 私は

1 [11件] それだけの, それと, はるかに, もっとも平静, 存在の, 存在は, 思い設けぬ天候, 最大限に, 有した絶對性, 未来に, 現在を

▼ 時間ばかりで~ (13, 0.0%)

1 [13件] かえる, しまわれること, すぐ飛び立ち, アガり, 乾いた, 帰って, 帰つていつた, 帰つて来た, 描く, 止すつもり, 行かれる埼玉県下, 解散に, 買物が

▼ 時間~ (13, 0.0%)

1 [13件] だが, で来, で次, といふの, となった, になっ, になり, により工場, に改めて, の三交代, の月給, を高唱, 始まって

▼ 時間及び~ (13, 0.0%)

2 事實的時間の, 空間の 1 あとから, 空間から, 空間とを, 空間を, 空間的存在である, 自然的時間の, 運動が, 運動の, 階級の

▼ 時間待つ~ (13, 0.0%)

2 のか

1 [11件] ぐらゐ厭な, ことに, てもちつ, ても二時間, てゐ, て枯川, のは, のよ, ものとしても, わけです, 間水タキを

▼ 時間概念~ (13, 0.0%)

2 の場合

1 [11件] から来る, だと, とは自己矛盾, と結び付い, に関するもの, の分類, の進化, はこの, は到底, は歴史, は部分的誇張

▼ 時間くらいは~ (12, 0.0%)

2 ざらであり 1 いっしょに, かかる, かかるつもり, すぐ立っ, ぼんやりと, 動かないで, 多少自分, 大丈夫, 歩いて, 辛うじて原形

▼ 時間~ (12, 0.0%)

5 へあれ 1 へあつ, へも誤解, へ与, へ忘れ, へ數, へ經, へ經過

▼ 時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] ておやじ, てお父さん, てから来, ても帰っ, ても第, て一つ, て伊藤, て来る, て照井, て自分達, て船渠, やべら

▼ 時間ぶっ~ (12, 0.0%)

5 通しに 3 とおし 2 通しの 1 とおしで, とおしに

▼ 時間まえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] つまりその, でも表, にあんな, にかれ, に息, に次郎, に示された, のあの, までに社, までは諸君, モデスト・アレクセーイチは, 私が

▼ 時間をも~ (12, 0.0%)

2 惜んで 1 かってに, こめて, 向上の, 媒介しなけれ, 忘れたり, 忘れ朝じゅう無駄, 惜しんで, 減して, 要しないが, 超過する

▼ 時間一時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] が実感, が抱きしめたい, ぐらいもそう, とおくらされ, と過ぎ, に実, に激しく, の長編, ばかりも坐っ, をただ, を抱きしめ, を男

▼ 時間二時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] おいては, がホン, だがまだやっと, となつ, と時, と歩き廻っ, と續, と過ぎた, の説明, を教室, 若い詩人, 話しこむ

▼ 時間以外~ (12, 0.0%)

2 のとき 1 には, にはな, に意識, に着, の余裕, の臨時, は全く, は出入り口, は好き, は病室

▼ 時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] とその, とだけいた, につきあっ, の家, の小学読本, はひどく, はよそ, は何かしらほっと, は寢室, は新橋, は眠ったろう, は腹部

▼ 時間過ぎ~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいには出る, しか一日過ぎ, てみる, ても帰っ, ですから, で見物, なので, なん, には中座, のカフェー, の座敷, の酒

▼ 時間ぐらいで~ (11, 0.0%)

1 [11件] すむん, ゆかれる, 到着する, 斃れた, 日本語が, 村に, 来られますから, 消えた, 行きましょう, 行けるか, 飛べるん

▼ 時間について~ (11, 0.0%)

1 [11件] いくらと, みても, カングリ警部に, 分析する, 十分に, 悩まない, 注意すべき, 考えた, 考えて, 言ふ, 訊いて

▼ 時間によって~ (11, 0.0%)

1 [11件] きまること, こういうちがい, はかるべからず, またよく, 人通りが, 命を, 変化する, 或は金曜日, 色々に, 規定された, 進行せず

▼ 時間三時間~ (11, 0.0%)

1 [11件] おくれて, この作業, ずつかけれ, ずつ教師, たてば, でも平気, と歩きます, に一息, のおなじみ, の漫歩, を過す

▼ 時間働い~ (11, 0.0%)

1 [11件] てい, ていた, ている, てかすかす, てくたくた, てしかも, てわれわれ, て八時間休養, て家, て織物, て退け

▼ 時間半位~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかります, しか無い, なの, に三度湯, の処, よく湯, を費やし, 寝たかな, 待ったのよ, 煮ますが, 立って

▼ 時間汽車~ (11, 0.0%)

1 [11件] がではいりします, でがまん, にゆられ, にゆられる, に乗, に乗っ, に乗り, に揺られ, の乗後れ, の行程相, ば待っとる

▼ 時間程も~ (11, 0.0%)

1 [11件] うた, その門前, たったであろう, たった時分, たって, 待って, 後であつ, 抛り出されて, 楽しい睦言, 歩き続けて, 石壁と

▼ 時間表象~ (11, 0.0%)

2 に於 1 が除外, と空間表象, に就い, の特殊, はどう, は世界形像, をも除き去っ, を本質的, を除き去った

▼ 時間間隔~ (11, 0.0%)

1 [11件] がうまく, がどれ, が気体, が長く, たとえば一日, だと, はと言え, はやはり, は南行, は決して, を置い

▼ 時間あるいは~ (10, 0.0%)

1 これらの, むしろ数分間の, もっとながい, もっと少なく, 一昼夜吊し, 七時間位で, 三時間も, 六時間を, 十五時間位勉強する, 数日前に

▼ 時間かかった~ (10, 0.0%)

1 か分からない, が降りる, そうです, とする, のである, よ, ようで, んだ, 事を, 後の

▼ 時間そのもの~ (10, 0.0%)

1 がその, がもの, が止つて, と独立, の問題, は永遠, を体験, を含まない, を殆ど問題, を體驗

▼ 時間たて~ (10, 0.0%)

1 ばかならず, ばここ, ばまったく, ばもう, ば人民たち, ば彼女, ば熱, ば私, ば自由, ば軍港

▼ 時間などに~ (10, 0.0%)

1 これを, たまたま先生, なって, べつの, よく出かけた, 執る筆, 塾の, 夫人を, 拾い読みし, 次郎が

▼ 時間なり~ (10, 0.0%)

1 さうし, しに, すな, 三時間なり, 二時間なり, 又研究, 四時間なり, 委せようと, 故に兩詩人, 私の

▼ 時間なんか~ (10, 0.0%)

1 ありゃしない, じきに, どうだ, 一分間も, 予定され, 何時だ, 判らぬ, 尋ねて, 忘れて, 長くは

▼ 時間にわたる~ (10, 0.0%)

1 ものと, 彼の, 息苦しい場面, 拷問の, 激戦に, 焼夷弾攻撃を, 熟慮の, 爆撃が, 爆撃を, 長講を

▼ 時間に対する~ (10, 0.0%)

1 何等の, 意識は, 感覚歴史に対する, 態度が, 正当な, 比または, 観念の, 通過距離の, 遊んで, 錯誤の

▼ 時間即ち~ (10, 0.0%)

1 一昼夜半を, 一昼夜半少し, 一萬八百秒に, 事實的時間から, 二千八百八十時間, 固有なる, 客觀的實在世界の, 時間性の, 歴史的時間に, 歴史的時間の

▼ 時間四十分~ (10, 0.0%)

3 遅れて 1 ぐらい早い, で駒ヶ岳, というもの, に仕事, はなし, も逆, を経

▼ 時間的経過~ (10, 0.0%)

1 が加わる, と実在的, のみを叙, の研究, をあらわす, をも含ませ, を含めた, を味わう, を現し, を自由

▼ 時間かは~ (9, 0.0%)

1 きつと, こいさんに, まるで自分, わからないが, 休息し, 信子と, 夫, 必ず日, 自己を

▼ 時間ぐらいの~ (9, 0.0%)

2 間に 1 あいだに, ところに, はずだった, ものです, 短時間で, 研究会では, 説教を

▼ 時間じっと~ (9, 0.0%)

2 して 1 こらえて, してること, すわって, たたずんでは, 学習する, 想を, 考えこんで

▼ 時間たらず~ (9, 0.0%)

2 で行ける 1 でしりきれ, で終り, になっ, のところ, の処, の時間, の行動

▼ 時間~ (9, 0.0%)

4 やありません 2 やない 1 やできない, やなかつた, やア

▼ 時間であり~ (9, 0.0%)

1 その限り前後, ながら街, ひとも, コンパスであり, 二人きりの, 再び闘場, 又意識そのもの, 寒さ, 空間であり

▼ 時間にて~ (9, 0.0%)

1 これを, 地心より, 往復する, 摩利支天着三角点にて, 明治三十六年九月に, 暁を, 積了せり, 誰も, 足れりと

▼ 時間前後~ (9, 0.0%)

1 でほぼ, という所, の汽車, の行程, は何, もさうし, を要する, を費し, 待って

▼ 時間的変化~ (9, 0.0%)

2 によって箱 1 があまりに, がある, となれ, に支配, をもたらし, を写生, を研究

▼ 時間眠った~ (9, 0.0%)

1 かわかりません, かをもよく, か何日, か判れません, か知りません, とお, わけだ, わけである, 休息が

▼ 時間くら~ (8, 0.0%)

2 ゐの 1 ゐして, ゐたつて, ゐは, ゐもか, ゐ乗つて, ゐ睡つた

▼ 時間くらいの~ (8, 0.0%)

1 あいだでしょう, あいだに, ことであった, 時は, 時を, 時間は, 短時間に, 道のりで

▼ 時間ぐらいしか~ (8, 0.0%)

1 ありませんので, たつて, なかった, 余計に, 眠らぬ男, 経ってないという, 能率は, 見なかったのよ

▼ 時間する~ (8, 0.0%)

2 と大地 1 とわし, とゾシーモフ, と大きな, と月, と自然, と起き

▼ 時間ないし~ (8, 0.0%)

3 一時間半に 1 一時間半待たされる, 三時間は, 八時間の, 十四時間生存し, 数時間後に

▼ 時間などは~ (8, 0.0%)

2 てんで頭 1 この意識的, ないけれども, 千差万別で, 忘れて, 放送員の, 正確で

▼ 時間なら~ (8, 0.0%)

2 早い方 1 ばきみ, ば丁度七時半前後, ば格別, 十時間と, 待合室には, 楽々到着

▼ 時間ばかし~ (8, 0.0%)

2 汽車に 1 いて, で今度, 前に, 自分達の, 色々工夫, 見物した

▼ 時間~ (8, 0.0%)

1 てシチュー, て今度, て出します, て出す, て普通, て砂糖, て肉, 燗し

▼ 時間眠っ~ (8, 0.0%)

1 ていた, ている, てうち中, てしまいました, てすっかり, て七時, て十一時, て苦しみ

▼ 時間置き~ (8, 0.0%)

1 につまり一日, に人乳, に出る, に気圧計, に氷嚢, に測定, 位に, 位には

▼ 時間観念~ (8, 0.0%)

1 が彼此, に彼此, も実は, を含まず, を含んだ, を増加, を忘却, を挿入

▼ 時間だけが~ (7, 0.0%)

1 いやに, なにものにも, 一番心理的にも, 儲かる事, 流れ去って, 私の, 追跡者の

▼ 時間だけの~ (7, 0.0%)

1 仮死です, 光線の, 授業を, 月給を, 燈料を, 相手に, 間さ

▼ 時間だけを~ (7, 0.0%)

1 告げる素裸, 持續する, 正確に, 気に, 知つて震原, 進めても, 除いたと

▼ 時間とともに~ (7, 0.0%)

1 だんだんとおく, 人数が, 正弦波形に, 水平線は, 流れて, 消え去るのに, 渓谷を

▼ 時間なども~ (7, 0.0%)

1 すっかり極, 予め錯誤, 厳格な, 嚴格な, 変えられて, 大抵は, 気短かに

▼ 時間ばかりを~ (7, 0.0%)

1 ポーチに, 三郎は, 散歩の, 本艇は, 経て, 費し朝寝坊, 過した

▼ 時間交代~ (7, 0.0%)

1 で晝夜, で朝, で私, ということ, なり, にし, の番兵

▼ 時間~ (7, 0.0%)

21 だ, である, と大差, の月給, の給料

▼ 時間労働制~ (7, 0.0%)

21 が実施, と専制政治, の実現, や労働組合公認問題, 同一職業

▼ 時間半以上~ (7, 0.0%)

1 か, の間隔, も, もベッド, 煮なければ, 煮ますが, 煮ると

▼ 時間~ (7, 0.0%)

1 がなけれ, でアク出し, につけ, に浸し, に漬かってる, に漬け, を流す

▼ 時間的存在者~ (7, 0.0%)

1 が依然, が合一, に働きかける, の共通, の觀想, はそれ, も他者

▼ 時間的生~ (7, 0.0%)

2 を生き 1 とが行く, においてすでに, においては共同, に對, の主

▼ 時間的進行~ (7, 0.0%)

2 の形, の過程, を展開 1 に従ってつじつま

▼ 時間立つ~ (7, 0.0%)

2 と發光 1 たままで, ても二時間, ても動きません, ても歸つて來, と今

▼ 時間経つ~ (7, 0.0%)

1 か経たない, ている, て終了, とこんど, とまた, と一袋, と沖縄

▼ 時間あと~ (6, 0.0%)

1 だね, でなければ, でバルブレン, にそこ, にどの, にどんな

▼ 時間きっかり~ (6, 0.0%)

1 ですって, ですもの, に帰っ, に授業, に来, に行く

▼ 時間こそ~ (6, 0.0%)

1 一切の, 元の, 凡そ時間, 凡てである, 本当の, 運命的な

▼ 時間そこ~ (6, 0.0%)

1 で仕事, で持ちこたえた, で過した, に因果, を出た, を出なかった

▼ 時間たっぷり~ (6, 0.0%)

2 かかる 1 あり全線座, かかったの, かかって, はございますです

▼ 時間たつた~ (6, 0.0%)

3 のか 1 ことやら, ときには, 頃には

▼ 時間だって~ (6, 0.0%)

2 生きて 1 おちついちゃ, もうおそい, 元気よく, 待って

▼ 時間であっ~ (6, 0.0%)

1 たりその, てもソファ, て他, て東京, て穴, て霧

▼ 時間でない~ (6, 0.0%)

2 時でも 1 かぎりほとんど, と食事, 時に, 自分の

▼ 時間と共に~ (6, 0.0%)

1 その巡回器, だんだん薄らい, 墨の, 墨膜の, 彼の, 無終

▼ 時間なき~ (6, 0.0%)

1 がゆゑ, ために, をもっ, をもって上府, 仕事でありました, 時間に

▼ 時間における~ (6, 0.0%)

1 ものと, 売上げの, 將來に, 控室の, 物音と, 過去は

▼ 時間に対して~ (6, 0.0%)

2 その人間 1 同じ賃金, 調和が, 頗ぶる, 飲めない口

▼ 時間ばかりに~ (6, 0.0%)

3 して 1 しとくわ, なる, 輕い

▼ 時間ほどに~ (6, 0.0%)

3 して 1 なる, なるでしょう, 長く感じ

▼ 時間または~ (6, 0.0%)

1 しばしば数日, 一日の, 三時間にわたって, 十二時間の, 本來, 絞りを

▼ 時間までも~ (6, 0.0%)

1 わたしの, 万人が, 報らせ, 大臣が, 心せわし, 薬餌を

▼ 時間~ (6, 0.0%)

2 さあ出かけよう 1 おれは, そして短いはかない, 早くお, 紙風船を

▼ 時間休み~ (6, 0.0%)

2 なしに 1 がある, もくれぬ, を得る, 故部屋

▼ 時間半後~ (6, 0.0%)

1 である, にはもうあまり, には絶命, に寢床, に達する, の二時

▼ 時間~ (6, 0.0%)

2 とは表面 1 か, と來, と来, やり出しました

▼ 時間意識~ (6, 0.0%)

2 の心理 1 だけで, を一般的, を出し, を永遠

▼ 時間或は~ (6, 0.0%)

1 二十四時間の, 何日経った, 全一晝夜, 日没前一時間位の, 真面目に, 終日でも

▼ 時間的空間的~ (6, 0.0%)

1 だと, な抑揚, な系列, に形式表現化, に恐ろしく, に限定

▼ 時間程の~ (6, 0.0%)

2 間に 1 のちオテルの, 間やはり, 間倫敦市の, 間矢張り二本の

▼ 時間程後~ (6, 0.0%)

1 その夜, であった, でございませう, に, に扉, 多分十一時近く

▼ 時間立っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, てしまうやん, て居た, て帰っ, て時計

▼ 時間経ち~ (6, 0.0%)

2 二時間経ち, 十二時が 1 お客様も, やがて二時間

▼ 時間~ (6, 0.0%)

1 だから, だよ, ですよ, で出る, になっ, のひどい

▼ 時間~ (6, 0.0%)

1 であったの, との比, と空間軸, は抽象, を変換, を現

▼ 時間遅れ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, てくれた, てこの, て行った, ながら社会主義連邦中枢

▼ 時間~ (6, 0.0%)

1 がある, におかれ得る, に固定, に對, に於ける, をばかりでなく

▼ 時間あつ~ (5, 0.0%)

21 たが, たら大丈夫, てゐる

▼ 時間いや~ (5, 0.0%)

1 この一刻, 一分一秒ごとで, 一生の, 三十分で, 二時間以内に

▼ 時間おき位~ (5, 0.0%)

1 には湿布, にボー, に時計, に眼, に通った

▼ 時間かかり~ (5, 0.0%)

1 おまけに, て食事, またその, 勲章は, 青山に

▼ 時間かが~ (5, 0.0%)

1 こうして過ぎ去った, すぎさりました, 経過した, 過ぎた, 過ぎ犬

▼ 時間かと~ (5, 0.0%)

2 私は 1 びつくりし, 思う, 驚いた

▼ 時間したら~ (5, 0.0%)

1 また出かけなく, カフエ・リツツに, 僕を, 家内と, 警報で

▼ 時間その間~ (5, 0.0%)

4 に一つ 1 にキリキリ

▼ 時間たったら~ (5, 0.0%)

1 また板木, ザルプという, 今の, 寝台車で, 返しに

▼ 時間だつた~ (5, 0.0%)

1 かし, かしら, ので冷吉, わ確か, 筈で

▼ 時間でございます~ (5, 0.0%)

1 からその, から憂鬱的退屈, が, もの, よ

▼ 時間でした~ (5, 0.0%)

1 から塔, が, がときどき, がね, が小さな

▼ 時間とに~ (5, 0.0%)

1 よった, 於て, 注意を, 相当した, 飽かした豐かさ

▼ 時間においては~ (5, 0.0%)

1 それの, 現在ある, 現在が, 現在は, 過去は

▼ 時間ばかりと~ (5, 0.0%)

2 云うもの 1 いふもの, 云う約束, 思ふのに

▼ 時間ほどしか~ (5, 0.0%)

2 たって 1 ないこと, 眠らず出かけかえって, 自分の

▼ 時間ほどを~ (5, 0.0%)

1 その灌木林, 山めぐり, 経て, 過ごしたかと, 過したかと

▼ 時間までには~ (5, 0.0%)

1 いかれるわ, よほどの, 不思議な, 間が, 餘程の

▼ 時間もう~ (5, 0.0%)

2 づくまつ 1 これだけの, 二時近くなつた, 夕がたに

▼ 時間二十分~ (5, 0.0%)

1 か, で往復, という途方, ばかりで, をもって東京

▼ 時間勤務~ (5, 0.0%)

1 で一日交代, で働く, と改めた, に改め, をさせられ

▼ 時間~ (5, 0.0%)

1 されると, されるとき, される所以, といふこと, よ

▼ 時間十三分~ (5, 0.0%)

2 の大 1 が終つたの, も考えた, 考えた

▼ 時間半前~ (5, 0.0%)

1 ぐらいで, になっ, に入場, に台所, に行く

▼ 時間厳守~ (5, 0.0%)

1 でしょう, でなければ, に忠実, の習慣, もいい

▼ 時間未満~ (5, 0.0%)

1 だったら御, だったら無条件, でなけりゃ駄目, ということ, ね

▼ 時間湯煎~ (5, 0.0%)

3 にし 1 にしなけれ, にします

▼ 時間~ (5, 0.0%)

2 である, とに於 1 に外

▼ 時間的世界~ (5, 0.0%)

2 を超越 1 に置き棄てられた, の眞中, はそれ

▼ 時間的推移~ (5, 0.0%)

1 からは独立, でなく送るべきこと, に従っても見て取られなけれ, に於, をも示し

▼ 時間的關係~ (5, 0.0%)

1 があつ, が個人, が範疇, を知覺, 即ち感覺内容

▼ 時間短縮~ (5, 0.0%)

2 を鉄道局 1 の必要, の訴, をさまたげる

▼ 時間経たない~ (5, 0.0%)

3 うちに 1 中に, 以前に

▼ 時間経過~ (5, 0.0%)

1 したらしく策, した夜分, して, に於ける, の法則

▼ 時間~ (5, 0.0%)

1 たぬうち, ちしも, つた, てば女中達, ても一時間半經

▼ 時間置く~ (5, 0.0%)

3 と砂糖 1 と今度, と大層

▼ 時間芸術~ (5, 0.0%)

1 といふ一面, としての制約, としてはや, として散文, の生命

▼ 時間~ (5, 0.0%)

3 をする 1 をし, をした

▼ 時間関係~ (5, 0.0%)

1 が, がかなり, にまで拡大, に説明, を含まない

▼ 時間あなた~ (4, 0.0%)

1 と安川, に筆, の為, はどんな

▼ 時間いじ~ (4, 0.0%)

2 ょうも 1 ょうあるんなら駅で, ょうもありますよ

▼ 時間かけ~ (4, 0.0%)

1 て, ておく, てゆっくり, て清書

▼ 時間がか~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ 時間ぎれ~ (4, 0.0%)

2 を狙つた手 1 で苦しむ, を狙うてる

▼ 時間くらいも~ (4, 0.0%)

1 かかったであろうか, かかって, たった頃, 食べつづけて

▼ 時間ぐらゐ~ (4, 0.0%)

1 よろしいで, 同じ所, 漫然と迷つて, 過ぎて

▼ 時間これ~ (4, 0.0%)

1 じゃあ夜, で十五分, を二週間, を使用

▼ 時間すぎ~ (4, 0.0%)

1 てもお, ても戻らなかった, の食堂車, 去った

▼ 時間すれ~ (4, 0.0%)

1 ば吾, ば夜, ば帰っ, ば船

▼ 時間だろう~ (4, 0.0%)

1 が空間, ということ, と三十分, ね精

▼ 時間とも~ (4, 0.0%)

1 たたないうち, ちゃんと席, ゆつくりし, 思わなかったが

▼ 時間ない~ (4, 0.0%)

1 ことは, よってに, わ, わ予感なぞ

▼ 時間なく~ (4, 0.0%)

1 て今日, て駄目, 医者へ, 日劇へ

▼ 時間においても~ (4, 0.0%)

1 そのとおり, また原因結果, 哲学の, 或る

▼ 時間については~ (4, 0.0%)

1 これに, 未だ正確, 次の, 証人らの

▼ 時間にな~ (4, 0.0%)

3 つても 1 つて東京から

▼ 時間にわ~ (4, 0.0%)

3 たつて 1 ざわざいらしつたのよ

▼ 時間に関する~ (4, 0.0%)

2 トリック 1 独立な, 観念や

▼ 時間ねた~ (4, 0.0%)

1 かあるいは, かそれ, か三時間, 起きると

▼ 時間はと~ (4, 0.0%)

1 いうと, つくに, 思ったが, 聞けば

▼ 時間また~ (4, 0.0%)

1 いたって長く, 一里歩い, 三里ひきか, 自己が

▼ 時間~ (4, 0.0%)

1 に戻っ, に東京, の手工, の授業

▼ 時間ようやく~ (4, 0.0%)

1 これを, 十時真近に, 破門を, 私と

▼ 時間よりは~ (4, 0.0%)

1 一年にわたる, 世の中が, 外で, 遙に

▼ 時間らしく~ (4, 0.0%)

2 二三の 1 その百軒, 嬉々として

▼ 時間~ (4, 0.0%)

1 て交殉社講堂, て又, て帰つて, て座

▼ 時間をば~ (4, 0.0%)

1 あやに, その固有, 世紀を, 舟遊びに

▼ 時間一人~ (4, 0.0%)

1 ずつ五分聞演説, でいた, でお話し, で歩き

▼ 時間交替~ (4, 0.0%)

1 だと, で夜勤, にしなけれ, の巡回

▼ 時間以前~ (4, 0.0%)

1 には温度偏差, に単独攻撃, に彼, に行われた

▼ 時間休ん~ (4, 0.0%)

1 でから五時出発, でから少し, で九時, で二時四十五分

▼ 時間働かなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならない 1 ば私共, ば賃金

▼ 時間割り~ (4, 0.0%)

1 がある, にない, は先学期, を見まし

▼ 時間十五分~ (4, 0.0%)

1 ぐらいただし, というもの, ないし三十分, は亂世

▼ 時間~ (4, 0.0%)

1 標であるなら, 標の, 標は, 標を

▼ 時間~ (4, 0.0%)

1 が七時, は日, も昼, 眠る前

▼ 時間性そのもの~ (4, 0.0%)

1 と本質的, に罪惡, の本質, の範圍

▼ 時間漬け~ (4, 0.0%)

2 ておい 1 ておきます, ておく

▼ 時間的順序~ (4, 0.0%)

1 については不明, によってのみ区別, によつて, はこまか

▼ 時間程で~ (4, 0.0%)

1 お暇, ツヤ消しが, 登れると, 結い上げたの

▼ 時間自分~ (4, 0.0%)

1 の家, は動かなかったろう, は殆ど, も待っ

▼ 時間行程~ (4, 0.0%)

1 のリュッシュハウス, の処, の所, の登山

▼ 時間話し~ (4, 0.0%)

1 たりした, て帰った, て後, て行かれる

▼ 時間~ (4, 0.0%)

1 における, の中, は遙, を根本的

▼ 時間あまり行乞~ (3, 0.0%)

1 しぐれて, する, それから鵜戸神宮

▼ 時間いっぱい~ (3, 0.0%)

1 ですよ, になり, に遊びまわった

▼ 時間おい~ (3, 0.0%)

1 ておく, てはちょくちょく目, てもビク

▼ 時間おそく~ (3, 0.0%)

1 なったとしても, 本船を, 行く

▼ 時間からの~ (3, 0.0%)

1 ひどいダイヤ, 勤務だ, 完全な

▼ 時間ぎめ~ (3, 0.0%)

2 の出張教授 1 の辻馬車

▼ 時間くらいしか~ (3, 0.0%)

1 無い, 経って, 違わないし

▼ 時間ぐらいずつ~ (3, 0.0%)

1 ピアノの, 歩かせて, 自由時間の

▼ 時間ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 して, でて, なります

▼ 時間ぐらいも~ (3, 0.0%)

1 そうし, 帰って, 漕いだ

▼ 時間ここ~ (3, 0.0%)

1 で暮します, にいれ, に坐っ

▼ 時間こそは~ (3, 0.0%)

1 何という, 僅かで, 私の

▼ 時間しない~ (3, 0.0%)

1 とそう, と一回分, と用意

▼ 時間すなわち~ (3, 0.0%)

1 〇・二七秒で, 凍結時間を, 四十年の

▼ 時間そして~ (3, 0.0%)

1 今再び, 物理学的時間, 馬鹿者が

▼ 時間その他~ (3, 0.0%)

1 がすべて風速, が刷っ, の一つ一つ

▼ 時間それ自身~ (3, 0.0%)

1 に非, の性質, の相対性

▼ 時間たたぬ~ (3, 0.0%)

3 うちに

▼ 時間たる~ (3, 0.0%)

2 所以は 1 老年においては

▼ 時間だけで~ (3, 0.0%)

1 帰って, 張る氣, 計られない内容

▼ 時間だけでも~ (3, 0.0%)

1 出したいと, 少からぬ, 自分の

▼ 時間だけに~ (3, 0.0%)

1 とどまるし, なります, よい音楽

▼ 時間だつ~ (3, 0.0%)

1 てある, てお前, てそんなに

▼ 時間つづく~ (3, 0.0%)

1 ことは, と人, と死ぬ

▼ 時間でなく~ (3, 0.0%)

2 却て 1 超時間的

▼ 時間としての~ (3, 0.0%)

1 意味でなく, 瞬間から, 過去では

▼ 時間としては~ (3, 0.0%)

1 どうしても一時間, まだ僅か半年位ほか, 短い二ヵ月余

▼ 時間どころか~ (3, 0.0%)

1 すくなくとも十時間, 一生涯を通じて, 東京御

▼ 時間ながら~ (3, 0.0%)

1 三人とも, 兵庫殿に, 車の

▼ 時間などには~ (3, 0.0%)

2 自ら進ん 1 私は

▼ 時間などを~ (3, 0.0%)

1 きいて, 推定する, 規則正しくしなけれ

▼ 時間なる~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 ものの

▼ 時間なんて~ (3, 0.0%)

1 のは, 忘れて, 気にも

▼ 時間についても~ (3, 0.0%)

1 これと, 同樣, 待ちさえ

▼ 時間につき~ (3, 0.0%)

1 一四四ないし, 三十五分六だけ, 十八海里を

▼ 時間のせゐ~ (3, 0.0%)

1 であつ, にした, ばかりでなく

▼ 時間のみ~ (3, 0.0%)

1 ならず, 女も, 費して

▼ 時間のみを~ (3, 0.0%)

1 嫁の, 眼中に, 選んで

▼ 時間はずれ~ (3, 0.0%)

2 の御飯 1 の朝餐

▼ 時間への~ (3, 0.0%)

1 侘しいノスタルジア, 変化は, 懐古的郷愁を

▼ 時間ほとんど~ (3, 0.0%)

1 不変に, 差別ない, 昼夢に

▼ 時間ほどにも~ (3, 0.0%)

1 なろうが, 思われた, 思われる十五分

▼ 時間ほどは~ (3, 0.0%)

1 がまんし, 有難い真黒, 眼を

▼ 時間までの~ (3, 0.0%)

1 あひだ, 腸なら, 間を

▼ 時間もか~ (3, 0.0%)

2 かつて居た 1 かつて読む

▼ 時間やっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てそれ

▼ 時間をと~ (3, 0.0%)

1 つたのは, つてし, ッ違え

▼ 時間をは~ (3, 0.0%)

1 かつてその, かつて電話, かつて電車

▼ 時間を以て~ (3, 0.0%)

1 流れて, 簡潔に, 除したる

▼ 時間を通じて~ (3, 0.0%)

1 その夜, 彼女の, 村の

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 以テ修養ニ享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲ, 狙ッテ挨拶ニ来タノデハナイカ, 知ラセニ来

▼ 時間一般~ (3, 0.0%)

1 ではなくし, は決して, を之

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 けであった, けは几帳面, け全く

▼ 時間三十分~ (3, 0.0%)

1 で我々, で達する, も過ぎ

▼ 時間中でも~ (3, 0.0%)

1 すしは, 内地同, 台を

▼ 時間仕事~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をしたい

▼ 時間休んだ~ (3, 0.0%)

1 ために, という部屋, ので元気

▼ 時間何時頃~ (3, 0.0%)

2 だつし 1 だっしゃろ

▼ 時間働く~ (3, 0.0%)

1 から男, と云っ, のであろう

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 はこの, はだまっ, は小さい

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 に文太郎君, に爆発, の大きな

▼ 時間六時間~ (3, 0.0%)

1 おくれる, という座, と議論

▼ 時間内外~ (3, 0.0%)

1 であるから, の時間, の長丁場

▼ 時間分布~ (3, 0.0%)

1 の関係, はこれ, を調べ

▼ 時間半二時間~ (3, 0.0%)

1 ちかくかかりましょう, と経つ, にもなる

▼ 時間外労働~ (3, 0.0%)

1 には倍額, は二時間, を許す

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 で遊ん, に来, を空けた

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐなさい, て廿時間

▼ 時間待ち~ (3, 0.0%)

1 午後十時十分発の, 松井田驛に, 通したって

▼ 時間感覚~ (3, 0.0%)

1 の喪失状態, の奇妙, の狂った

▼ 時間我々~ (3, 0.0%)

1 に見えた, のいふ, は精神的

▼ 時間~ (3, 0.0%)

2 を空中 1 でつかんだ

▼ 時間早かっ~ (3, 0.0%)

1 た, たため, たら

▼ 時間昼寝~ (3, 0.0%)

3 する

▼ 時間時計~ (3, 0.0%)

2 が進んだ 1 進む

▼ 時間時間~ (3, 0.0%)

1 がまとまっ, には玄関, を待ちくらした

▼ 時間構造~ (3, 0.0%)

1 の中, の根底, をのがれ

▼ 時間正しく~ (3, 0.0%)

1 乳を, 規則的という, 規則的といふ

▼ 時間歩い~ (3, 0.0%)

1 てい, ていきます, ても人っ子一人

▼ 時間歴史的時間~ (3, 0.0%)

2 及び事實的時間 1 及び自然的時間

▼ 時間決定~ (3, 0.0%)

1 の助け, の問題, を求め得た

▼ 時間浪費~ (3, 0.0%)

1 に話し, の損, はたまらない

▼ 時間測定~ (3, 0.0%)

1 が可能, が必要, の一

▼ 時間煮た~ (3, 0.0%)

1 がなお, ものを, 後ジャガ芋を

▼ 時間病室~ (3, 0.0%)

1 にい, に詰める, の陰気

▼ 時間的時間的~ (3, 0.0%)

2 であると 1 即空間的

▼ 時間的継続~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, した事柄, をあらわす

▼ 時間的間隔~ (3, 0.0%)

1 は九百五十四年, をもっ, を調べ

▼ 時間的関係~ (3, 0.0%)

1 から推し, は必ずしも, を調べ

▼ 時間眠る~ (3, 0.0%)

1 と一通り, のである, 事に

▼ 時間程を~ (3, 0.0%)

2 経て 1 その園

▼ 時間立ち~ (3, 0.0%)

1 て迎, どおし, ン坊を

▼ 時間立てつづけ~ (3, 0.0%)

1 に眠っ, に踊っ, の早口の

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 一尺許なり, 三十キロの, 四時間である

▼ 時間経たぬ~ (3, 0.0%)

2 うちに 1 中に

▼ 時間自身~ (3, 0.0%)

1 が種, に代えよう, の中

▼ 時間英語~ (3, 0.0%)

1 の稽古, を教, を教え

▼ 時間蒸焼~ (3, 0.0%)

1 にし, にします, にする

▼ 時間行乞~ (3, 0.0%)

1 そして一時, それからあちら, それから水

▼ 時間走っ~ (3, 0.0%)

1 てもまだ, ても岡山市外, て来た

▼ 時間軌道~ (3, 0.0%)

1 ということ, にとりついた, に達し

▼ 時間~ (3, 0.0%)

1 キチ, ステイヴンスンは, 続きさ

▼ 時間迄が~ (3, 0.0%)

2 娑婆の 1 何となく忙し

▼ 時間迄に~ (3, 0.0%)

2 生徒の 1 大学へ

▼ 時間遅い~ (3, 0.0%)

1 と早い, はずだった, んです

▼ 時間遅く~ (3, 0.0%)

1 て十時頃, なります, 帰って

▼ 時間運動~ (3, 0.0%)

2 という如き 1 せずに

▼ 時間~ (3, 0.0%)

2 には一足 1 のこと

▼ 時間あった~ (2, 0.0%)

1 が日陰, 昼休みの

▼ 時間あったら~ (2, 0.0%)

1 お試し下さい, 別室の

▼ 時間あの~ (2, 0.0%)

1 女を, 朝日という

▼ 時間あまり後~ (2, 0.0%)

1 に仏租界, に帰りました

▼ 時間あまり私達六名~ (2, 0.0%)

2 は暮した

▼ 時間あります~ (2, 0.0%)

1 ねん, もっともそちら

▼ 時間いつ~ (2, 0.0%)

1 しんに, までたっ

▼ 時間うち~ (2, 0.0%)

1 に空襲, 合せて

▼ 時間おくれる~ (2, 0.0%)

1 と一時間, 由

▼ 時間および~ (2, 0.0%)

1 勤労者農民炭礦および, 空間的に

▼ 時間お待ち~ (2, 0.0%)

1 になれ, よ

▼ 時間からも~ (2, 0.0%)

1 外聞からも, 推測された

▼ 時間がかり~ (2, 0.0%)

1 だった, で妻

▼ 時間きっちり~ (2, 0.0%)

1 に伸子, に八番

▼ 時間きめ~ (2, 0.0%)

1 て書いた, て朝

▼ 時間ぎりぎり~ (2, 0.0%)

1 に参会, に帰っ

▼ 時間くらいずつ~ (2, 0.0%)

1 愚痴を, 綱を

▼ 時間くらいで~ (2, 0.0%)

1 来た速達, 連絡出来る

▼ 時間くれ~ (2, 0.0%)

2 えも

▼ 時間ぐらゐも~ (2, 0.0%)

1 煮ると, 経つたころ

▼ 時間こんな~ (2, 0.0%)

1 暇に, 臭いところ

▼ 時間さえも~ (2, 0.0%)

1 不足する, 今の

▼ 時間すこし~ (2, 0.0%)

1 前だ, 歩きました

▼ 時間すごした~ (2, 0.0%)

1 ことが, ばかりだ

▼ 時間すっかり~ (2, 0.0%)

1 当てて, 極東時間に

▼ 時間すら~ (2, 0.0%)

1 ないの, 持たない男

▼ 時間ずつに~ (2, 0.0%)

1 して, なって

▼ 時間そう~ (2, 0.0%)

2 やって

▼ 時間そういう~ (2, 0.0%)

1 ものには, 本を

▼ 時間その他これ~ (2, 0.0%)

2 に類する

▼ 時間それだけ~ (2, 0.0%)

1 の行乞, 使って

▼ 時間たいてい~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 時間たたなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばお

▼ 時間たち二時間~ (2, 0.0%)

1 たった, たったが

▼ 時間たつたら~ (2, 0.0%)

1 甕を, 自由な

▼ 時間たり~ (2, 0.0%)

1 とも不快, とも休もう

▼ 時間だの~ (2, 0.0%)

1 お客だ, 工場の

▼ 時間ちかい~ (2, 0.0%)

1 穴が, 討論の

▼ 時間つづけ~ (2, 0.0%)

1 て後姿, て歩け

▼ 時間つなぎ~ (2, 0.0%)

1 に亭主, に少年力持

▼ 時間づく~ (2, 0.0%)

2 めでなく

▼ 時間づつ~ (2, 0.0%)

1 も讀まれ, を聖書

▼ 時間づゝ~ (2, 0.0%)

1 働いて, 喋り暮して

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 なんだか寝, ものが

▼ 時間であろう~ (2, 0.0%)

1 か, が店主

▼ 時間でしょう~ (2, 0.0%)

1 なあ, ね

▼ 時間でっせ~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ 時間での~ (2, 0.0%)

1 ように, 先生である

▼ 時間といつて~ (2, 0.0%)

1 はもてない, もある

▼ 時間とで~ (2, 0.0%)

1 彼は, 済むくらいに

▼ 時間とどまっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ているなら

▼ 時間などが~ (2, 0.0%)

1 あって, 直接に

▼ 時間などという~ (2, 0.0%)

1 伝統的な, 観念を

▼ 時間などの~ (2, 0.0%)

1 ことは, 数字を

▼ 時間なに~ (2, 0.0%)

2 がしか

▼ 時間なりの~ (2, 0.0%)

1 観念という, 間じっと

▼ 時間なんぞ~ (2, 0.0%)

1 出て, 呑気に

▼ 時間にさえ~ (2, 0.0%)

1 及ぶもの, 深い御

▼ 時間にしか~ (2, 0.0%)

1 ならないのに, 遊びに

▼ 時間にても~ (2, 0.0%)

1 二時間にても, 聴いて

▼ 時間にでも~ (2, 0.0%)

1 また超, 思わぬこと

▼ 時間に対し~ (2, 0.0%)

1 必死の, 無限なる

▼ 時間に従って~ (2, 0.0%)

1 言うの, 運動する

▼ 時間ねかし~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 時間のち須々木乙彦~ (2, 0.0%)

2 は内幸町

▼ 時間のみが~ (2, 0.0%)

1 その不可思議, 存在し

▼ 時間ばかりが~ (2, 0.0%)

1 いちばんむずかしい, 切なく過ぎる

▼ 時間ばかりという~ (2, 0.0%)

1 ことに, もの無

▼ 時間ひる~ (2, 0.0%)

1 ねし, ねをする

▼ 時間ぶっ続け~ (2, 0.0%)

1 に切りつけよう, に試験

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 急ごうとして, 食ひ込む

▼ 時間まだ~ (2, 0.0%)

1 下へ, 警察から

▼ 時間まる~ (2, 0.0%)

1 三日は, 遊び

▼ 時間もさ~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ 時間もの間~ (2, 0.0%)

1 育ちかけ, 黙って

▼ 時間やっと~ (2, 0.0%)

1 フィリップの, 電線が

▼ 時間をもって~ (2, 0.0%)

1 大急行, 自分は

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 アル, 駄目

▼ 時間一ノット一チェーン~ (2, 0.0%)

1 ずつあるきます, の速

▼ 時間一分~ (2, 0.0%)

1 でも早く, などと計量

▼ 時間一年~ (2, 0.0%)

2 に二度

▼ 時間一日~ (2, 0.0%)

1 ずつとおっしゃった, で槍

▼ 時間一睡~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ 時間七時間~ (2, 0.0%)

1 で十八歳未満, というよう

▼ 時間上野~ (2, 0.0%)

1 から早朝, でねばっ

▼ 時間不足~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 時間中ボンヤリ~ (2, 0.0%)

2 と屈託

▼ 時間中私~ (2, 0.0%)

1 には意地悪, は退屈

▼ 時間主張~ (2, 0.0%)

2 しおとなしい

▼ 時間事務所~ (2, 0.0%)

1 い出んならん用, の壁ぎわ

▼ 時間二人~ (2, 0.0%)

1 でぶらぶら, とも黙っ

▼ 時間五分~ (2, 0.0%)

1 ほどの差, 経って

▼ 時間五十五分~ (2, 0.0%)

1 で行かれる, までは皆意味

▼ 時間五時間~ (2, 0.0%)

1 とたつ, 立ちン坊

▼ 時間五枚~ (2, 0.0%)

1 という自慢, 乃至十枚

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 がない, さえあれ

▼ 時間~ (2, 0.0%)

2 ないニ

▼ 時間以上十二時間~ (2, 0.0%)

1 と云う, は寝る

▼ 時間以下~ (2, 0.0%)

1 しか労働, の勤務

▼ 時間以前奈々子~ (2, 0.0%)

2 に別れ

▼ 時間以後~ (2, 0.0%)

1 のアリバイ, は防火扉

▼ 時間休む~ (2, 0.0%)

2 と広島駅

▼ 時間休息~ (2, 0.0%)

1 するの, を取らざるべからず

▼ 時間休息その他~ (2, 0.0%)

2 の勤勞條件

▼ 時間休憩~ (2, 0.0%)

1 したの, といふ

▼ 時間休養~ (2, 0.0%)

1 して, をとる

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 か彼, がし

▼ 時間何分~ (2, 0.0%)

1 しっかり受け, というところ

▼ 時間保存~ (2, 0.0%)

1 されること, した後

▼ 時間借りる~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 時間停車~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 時間働いた~ (2, 0.0%)

1 と同じ, 上に

▼ 時間働かし~ (2, 0.0%)

1 ています, て僅か

▼ 時間働きつづけ~ (2, 0.0%)

1 ても生活, にさせられます

▼ 時間働ら~ (2, 0.0%)

1 かされて, かせられる勤労婦人

▼ 時間八分~ (2, 0.0%)

1 だか, をムダ

▼ 時間六分西~ (2, 0.0%)

2 に鹿島槍

▼ 時間別れた~ (2, 0.0%)

2 あとが

▼ 時間割合~ (2, 0.0%)

1 としずか, にくたびれ

▼ 時間勉強~ (2, 0.0%)

1 すること, すると

▼ 時間十セント~ (2, 0.0%)

2 の給料

▼ 時間十五哩~ (2, 0.0%)

1 の速力, 走る力

▼ 時間千四百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 時間半ぐらゐは~ (2, 0.0%)

2 経つたやう

▼ 時間半ごと~ (2, 0.0%)

1 に三十分, に起き

▼ 時間半以上湯煎~ (2, 0.0%)

1 にし, にします

▼ 時間半以内~ (2, 0.0%)

1 になさね, に短縮

▼ 時間半湯~ (2, 0.0%)

1 煮て, 煮れば

▼ 時間半自動車~ (2, 0.0%)

1 が走りつづける, に揺られ

▼ 時間呼吸~ (2, 0.0%)

1 の息ん, をつづけられる

▼ 時間問題~ (2, 0.0%)

1 のその後, は空間問題

▼ 時間四五十分~ (2, 0.0%)

1 すぎて, も座

▼ 時間図式~ (2, 0.0%)

1 に代る, に較べ

▼ 時間地下電車~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ 時間坐り込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でゐた

▼ 時間多く~ (2, 0.0%)

2 の級友余

▼ 時間天下~ (2, 0.0%)

1 でありしたがって, の書記長

▼ 時間契機~ (2, 0.0%)

1 がそこ, こそ現実的

▼ 時間学校~ (2, 0.0%)

1 に在り, の復習

▼ 時間家庭~ (2, 0.0%)

1 の内, の為

▼ 時間寝た~ (2, 0.0%)

1 か覚え, か解らない

▼ 時間寝る~ (2, 0.0%)

1 のを, んだ

▼ 時間寝れ~ (2, 0.0%)

1 ば充分, ば沢山

▼ 時間少し~ (2, 0.0%)

1 だ, のよどみ

▼ 時間少時~ (2, 0.0%)

2 も休む

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 で過ごした, の中

▼ 時間屹度清子~ (2, 0.0%)

2 と睦

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 だった, のうち

▼ 時間平気~ (2, 0.0%)

1 でガン, で生存

▼ 時間延着~ (2, 0.0%)

1 だ, で午後九時過ぎ

▼ 時間延長~ (2, 0.0%)

1 し日曜日, を希望

▼ 時間廻っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくりゃ

▼ 時間待たされ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, てオルテン

▼ 時間待たなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 時間待たね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば成らぬ

▼ 時間待て~ (2, 0.0%)

1 ど二人, ど二時間

▼ 時間後れた~ (2, 0.0%)

1 ばかりだ, わけだ

▼ 時間後れる~ (2, 0.0%)

1 ことに, 位の

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 休憩で, 辛抱なす

▼ 時間必ず~ (2, 0.0%)

1 先生の, 十数通の

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 にすっかり, はわれわれ

▼ 時間手当~ (2, 0.0%)

1 なしであった, をつづけ

▼ 時間打通し~ (2, 0.0%)

1 にそれ, の労働

▼ 時間放置~ (2, 0.0%)

1 したの, する

▼ 時間散歩~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 は丁度, を乗じた

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 に乾す, の落ちる

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 が取れました, をくれ

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 に三十日, の出

▼ 時間条件~ (2, 0.0%)

1 から自由, を考えるなら

▼ 時間極め~ (2, 0.0%)

1 の女中, の自動車乘ら

▼ 時間~ (2, 0.0%)

2 を歌う

▼ 時間歩いた~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 時間歩く~ (2, 0.0%)

1 と同じ, 間に

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 にいたる, を含む

▼ 時間毎位~ (2, 0.0%)

2 に彼

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 が気, の向いた

▼ 時間活動~ (2, 0.0%)

1 しつづけ曳網, を営め

▼ 時間温泉~ (2, 0.0%)

1 から燕小屋, にいる

▼ 時間煮詰める~ (2, 0.0%)

1 とジャム, のです

▼ 時間熟睡~ (2, 0.0%)

1 したそう, すると

▼ 時間生き~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 時間的位置~ (2, 0.0%)

1 は単に, を定める

▼ 時間的分布~ (2, 0.0%)

1 が規則正しき, である

▼ 時間的制限~ (2, 0.0%)

1 から云え, より解放

▼ 時間的前後~ (2, 0.0%)

1 の型, の關係

▼ 時間的変動~ (2, 0.0%)

1 はいくつ, はこの

▼ 時間的感覚~ (2, 0.0%)

2 の欠乏

▼ 時間的持続~ (2, 0.0%)

1 として性格, は正に

▼ 時間的活動~ (2, 0.0%)

1 そういったもの, としてのみ成立つ

▼ 時間的秩序~ (2, 0.0%)

1 とは無関係, をもっ

▼ 時間的移行~ (2, 0.0%)

1 に就い, に於

▼ 時間的表現~ (2, 0.0%)

1 が許されるなら, と見るべきであろう

▼ 時間的観念~ (2, 0.0%)

1 とはいつの間に, や実在的観念

▼ 時間的距離~ (2, 0.0%)

1 は一層, を外的事件

▼ 時間的速度~ (2, 0.0%)

2 であらゆる

▼ 時間的連続~ (2, 0.0%)

1 である一つ, の形式

▼ 時間的連續~ (2, 0.0%)

1 では學習, を意味

▼ 時間的過程~ (2, 0.0%)

1 である, の相

▼ 時間的配列~ (2, 0.0%)

1 であると, はそのまま

▼ 時間目事件~ (2, 0.0%)

1 が学校内, を口

▼ 時間省略~ (2, 0.0%)

1 で, の形

▼ 時間眠つた~ (2, 0.0%)

1 か知らぬ, らしく今度三人

▼ 時間眠り~ (2, 0.0%)

1 て頭, とおしたって

▼ 時間睡眠~ (2, 0.0%)

1 ししかして, をとれ

▼ 時間私達~ (2, 0.0%)

1 は果し, は流れ泳いだろう

▼ 時間程は~ (2, 0.0%)

1 十八節の, 病人の

▼ 時間程度~ (2, 0.0%)

1 で横浜, は先ず

▼ 時間空間個人~ (2, 0.0%)

1 を知る, を超越

▼ 時間立った~ (2, 0.0%)

1 ぎりでいると, ままで

▼ 時間経済~ (2, 0.0%)

1 だからね, の徳

▼ 時間絶え間~ (2, 0.0%)

2 なく書きつづけた

▼ 時間縮める~ (2, 0.0%)

2 為に

▼ 時間置い~ (2, 0.0%)

1 て今, て前

▼ 時間置かなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばなりません

▼ 時間茶の間~ (2, 0.0%)

1 でよむ, へラジオ

▼ 時間行っ~ (2, 0.0%)

1 ても三時間, て半

▼ 時間見え~ (2, 0.0%)

1 て八時間, て十二時間

▼ 時間話す~ (2, 0.0%)

1 のは, 川口に

▼ 時間講義~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 時間豪雨~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 時間費し~ (2, 0.0%)

1 ても惜しく, 門を

▼ 時間費した~ (2, 0.0%)

1 のだった, 訳だ

▼ 時間距離~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 時間辛抱~ (2, 0.0%)

1 して, する決心

▼ 時間辞書~ (2, 0.0%)

2 をひい

▼ 時間近い~ (2, 0.0%)

1 がそれにしても, ところから

▼ 時間近く経過~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 時間近く近代思想~ (2, 0.0%)

2 に関する講演

▼ 時間遊ん~ (2, 0.0%)

1 でいられる, でいる

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 の客, シテ来テクレ

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 い臺灣, れし爲め父

▼ 時間長く~ (2, 0.0%)

1 て一時間半, なっても

▼ 時間露営~ (2, 0.0%)

1 第七日, 第三日

▼ 時間~ (2, 0.0%)

1 の体, を立て

▼1* [1547件]

時間ああよろしい, 時間あおむけに寝, 時間あたりて行ん, 時間あっちこっち御覧になった, 時間あてもなく, 時間あと一時間とギリギリ, 時間あと小倉と田代, 時間あと屋井の方, 時間あまりお話を申し上げた, 時間あまりださうで山の, 時間あまりなにごともなくすぎさりました, 時間あまりになるね, 時間あまりのちです, 時間あまりのち午後五時ごろのこと, 時間あまり一緒に過し, 時間あまり三人は縦横, 時間あまり乗合馬車の立場, 時間あまり二人はすっかり, 時間あまり伸子は空しく, 時間あまり例の大, 時間あまり初瀬はこの, 時間あまり和田校長の平泉郷土史, 時間あまり山を歩いた, 時間あまり彼は続々, 時間あまり後日を約し, 時間あまり新町から椹野川土手, 時間あまり水を見, 時間あまり溜息ばかりつい, 時間あまり熱心に研究, 時間あまり石のよう, 時間あまり行乞帰庵の途中, 時間あまり行乞純然たる肉体労働, 時間あまり訓されづめ, 時間あまり途中行乞すること, 時間あまり釣つたので, 時間あまり鉄道省のパス, 時間あまり鉛筆を主役, 時間あるいて行く, 時間あるくと見物, 時間あるでしょうか, 時間いいかしら, 時間いうたらほんの何, 時間いくらと言, 時間いたが百五十マイル向う, 時間いっしょにいる, 時間いつか船は揚子江, 時間いのこり算術や, 時間いやあるいは数日さえも, 時間いる間に, 時間いればいい, 時間な木ペン, 時間うっちゃって置く, 時間うとうとしただけ, 時間おおぜい, 時間おきぐらゐに何千倍かの昇汞水, 時間おくれるだろうね, 時間おくれればいかなる, 時間おさえている, 時間おったか知らぬ, 時間およげるね, 時間およそ三十分なり, 時間お前は稽古, 時間お座敷の方, 時間お立ちなされ候, 時間かい相変らず, 時間かかったろうかい, 時間かからぬくらいの道程, 時間かからねば話し尽せ, 時間かかるだろういくら写生文, 時間かかれば来れる, 時間かきまぜている, 時間かさうした, 時間かたち楢雄は急, 時間かたったが残念, 時間かっきりに駆け上る, 時間かまへ, 時間かまえにこんなに, 時間かまはず不意に電気, 時間かまわぬ行き当りばったりで, 時間かれとアザラシ, 時間がはづれたりしていつも, 時間がほど床上に, 時間がも少しです, 時間がよかつた, 時間がんばった記録を, 時間きき疲れたけれども気分, 時間きって昼寝, 時間きつちりに, 時間きまって十時頃御, 時間きりオルガンも鳴らさなくなりました, 時間ぎめだからふいに, 時間ぎめで順ぐり用便させるとき, 時間ぎょっとして, 時間ッちゃ, 時間くらいにしたら収穫, 時間くらいにて雪崩れたるあり, 時間くり上げになった, 時間ぐずぐずして, 時間ぐっすりと眠る, 時間ぐつぐつ煮て, 時間ぐらいずつも楽しく遊び, 時間ぐらいではいくら足, 時間ぐらいよまる八日, 時間ぐらゐしか能率はあがらぬ, 時間ぐらゐして帰つて, 時間ぐらゐすぐ経つて, 時間ぐらゐぢや歩かないで, 時間ぐらゐづつは先生の看病, 時間ぐらゐであつさ, 時間ぐらゐなら案外新鮮, 時間ぐらゐなら何かしやべ, 時間ぐらゐな所だが, 時間ぐらゐの軽い実習, 時間ぐらゐのものかも知れないが, 時間ぐらゐは寝たらう, 時間ぐらゐ休息しても, 時間ぐらゐ寝床にゐます, 時間ぐらゐ庭の散歩, 時間ぐらゐ続けざまに英語, 時間こうやって, 時間こういう場合に, 時間こうして身動きも, 時間こそが本当の, 時間こだわらぬことだ, 時間ことによると, 時間ざります, 時間ごと三十分ごとに時計, 時間さいて, 時間さきに迫っ, 時間しかねなかったんです, 時間したら帰っていた, 時間しゃべるにはどれ, 時間しらべた上伸子は, 時間しんぼうすれば, 時間ゅううむことのないそのしなやかさ敏捷さを, 時間じゅう小学校の教室, 時間じゅう微分の宿題, 時間じゅう梁木の下, 時間すぎた後二人は, 時間すぐ経って, 時間すごすため黙っ, 時間すばらしい永遠の, 時間すらが彼女の, 時間すると大錦関, 時間する現われるということ, 時間すんだところで, 時間ずうっと自分, 時間ずっと霽れ, 時間ずつときめて, 時間ずつは早く出社, 時間ずつも弾いて, 時間せまい穴の, 時間そうすると山葵の, 時間そこそこできげん, 時間そこでじつとして, 時間そしたら私は, 時間そのうち四時間は, 時間そのままで午前, 時間それから文学的資質という, 時間それに中一日, 時間それらを知る, 時間そんな風に, 時間時間ぞう, 時間がはず參列, 時間たがいに出会っ, 時間たしかに動き続けたという, 時間たたされて説諭, 時間たたないうちに, 時間たちするうち, 時間たちますねかれこれ, 時間たち一時間たつうち, 時間たち二時間經つた, 時間たてつづけに調べられた, 時間たぶん未来の, 時間だがまだやっと日, 時間だけしか学校へ, 時間だけも御新造は, 時間だったらいいでしょう, 時間だったらしく垢じみた, 時間だったろうがこれ, 時間だろう出かけたらどうだ, 時間だ始まるよ, 時間だ寝やうぢや, 時間だ見つかるとまた, 時間ちゃんとね, 時間ちやうどに帰つて, 時間ちょっとかかったが, 時間ぢかくも途中, 時間ついに判然しなかった, 時間つきあって三人合計, 時間つくればいか, 時間つづいて来た, 時間つぶしなくらいである, 時間つぶし議論つぶしに過ぎない, 時間つまらない待ちぼうけを, 時間つまり一日一時間である, 時間づつしかお目にかからなかつたせゐ, 時間づつやらなければ凡ての學科, 時間づつやれない譯はない, 時間づつドイツ文學の講義, 時間づつヴエランダに出, 時間づつ七日間で指し, 時間づつ二日で勝負, 時間づつ勘定して, 時間づつ机に向, 時間づつ習字ばかりやらされ, 時間づゝきまつて勉強するよう, 時間づゝ無駄に費す, 時間づゝ習ふこと, 時間づゝ聖アンブローズだの聖クリサスタム, 時間であったら彼は, 時間であったろうと気がつきました, 時間でありますので私, 時間であり生ける空間であっ, 時間であり耐えられないほどの長い, 時間であるであろうその精密, 時間でございましたのに只今, 時間でさえ君は, 時間でさえも絵を, 時間でしきりと, 時間でっぷり太った栄養, 時間でないであろうか, 時間でなく絶えつ続きつ一時間以上も, 時間でなければならぬ, 時間でもの精勤に, 時間で御座いますな, 時間で死んで臭く, 時間といったのは, 時間といふほどの時間を, 時間といふもの一つの, 時間とかいう物理学的諸, 時間とかとどういう関係, 時間とかという如きもの, 時間とかなどいふもの, 時間とかにしかならぬという, 時間とかの道を, 時間とかを経て, 時間ときには二十四時間を, 時間としてのみ成立つ, 時間とったのも, 時間とては多くて, 時間とでは前者の, 時間となつて居た, 時間とにおける現象の, 時間とについてはここに, 時間とばしても変化, 時間とぼされていた, 時間とをば時間は, 時間どうにもならず, 時間どうかすると, 時間どおり黒煙を吐い, 時間どころでは, 時間どっさりあります, 時間どれ程の道のり, 時間どんなに私を, 時間なおらぬものなる, 時間なかなか長いねえ, 時間ながくて三四日, 時間なくしては行なわれない, 時間なければ明朝, 時間なしと宣告, 時間なぜなら瀬戸, 時間なぞ悉しく訊かれた, 時間なぞに先生が, 時間なぞはありません, 時間なぞを岸本に, 時間などで教わった, 時間などについていろいろ訊き質した, 時間などにも出して, 時間などによっても著しく異る, 時間などはわァわ, 時間なにかかにかの, 時間なら待とうが, 時間なりしとは, 時間なれば日出, 時間なんかは勿論いつ, 時間にかぎられてゐるさうだ, 時間にすらも見放されたよう, 時間にだけ享楽される, 時間についての就中二つの, 時間につけとくから, 時間につれて色々の, 時間にとつて單に, 時間にとって何を, 時間にのうちに, 時間にまでも希望を, 時間により茂市の, 時間にわたりまるで白昼, 時間に対しては叶は, 時間に対しても無限である, 時間に関して市学務課に, 時間て十二時, 時間ねむったらどんなもん, 時間ねむらせてくれ, 時間ねむればタクサン, 時間のがれられない拷問を, 時間のくひちがつた時, 時間のち私は少年, 時間のねうちを, 時間のまどろつこしさ, 時間のみか情況の, 時間のよゆうは, 時間はうと, 時間はかかつた, 時間はかれのもの, 時間はさまでにもなかっ, 時間はっきり知らさなかったのよ, 時間ばかしも寒い店さき, 時間ばかりずつ世間話を, 時間ばかりとの約束だった, 時間ばかりにて十五里歩みぬ, 時間ばっかりぐずぐずし, 時間ひきつづけたんだ, 時間ひっぱるほどのとても, 時間ひどい寒風に, 時間ひまがあっ, 時間ふきつづけたかじ, 時間ぶつ通しの勞働, 時間ぶりに御飯, 時間ぶんいびきかく必要, 時間ほかなかった, 時間ほとんどきっかりに東京高校, 時間ほどと言って, 時間ほどよこに, 時間ほんちょっとしか, 時間ぼくのカバン, 時間ぼんやり窓際に, 時間またされたがその, 時間まつが三時, 時間までが長ったらしく退屈, 時間までぐらいの腸を, 時間まるで気狂ひ, 時間みのるの机, 時間みんなは息, 時間むかい合って坐っ, 時間めいめい遠慮なくしゃべった, 時間め春吉君たちは校庭, 時間もしつくりと, 時間もしくは一二時間の, 時間もじっとしてテーブル, 時間もたず一時間で, 時間もっともっと気を, 時間もつッ立ちつくし, 時間もとの室, 時間もどって来る, 時間もにてまだかたく, 時間もに対して内容を, 時間もの間ベシーがな, 時間もの間一人でじっと, 時間もの間壜の中, 時間もの間椅子にすわり, 時間もの間誰も出入り, 時間もはや夜中の, 時間もをしく誰, 時間やうやうただ今着きました, 時間やらせ金魚の, 時間やり能勢と, 時間やればもうこ, 時間やれるわけである, 時間つくり飲んで, 時間ゆっくりすること, 時間ゆれにゆれた, 時間よく晴れた日, 時間よむところは, 時間らしいの, 時間わが七十五銭を, 時間わたくし共はまるで, 時間わたしたちの所, 時間わりと気, 時間ゐましたかね, 時間をかへりみるの, 時間をわづか二三時間, 時間アテられに行く, 時間アベコベですよ, 時間アリーと私, 時間アルカージイと二人っきり, 時間インチキの時間, 時間ウトウトしたつもり, 時間オナラを連発, 時間オフィスで働い, 時間オランプさんのところ, 時間オルガンを彈, 時間カミシモはすべてムダ, 時間カ十時間ハ寝ル, 時間ガカヽルンデ今カラ工事, 時間ガスははかばかしく, 時間ガ時間ダカラ必ズドコカデデモ隊ニ打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, 時間ガ来タコトヲ知ラセニ来タノデ颯子ハ一層面, 時間ガ餘レバ読書ナドスルガ午前中ヲ日記ニ費スコトガ, 時間キッチリつい, 時間ギリギリに楽屋, 時間グライデ直グ帰ル, 時間グルグル舞うた後, 時間ゴム管を口, 時間ゴーリキイは口論, 時間スコット翁の記念碑, 時間スタルンベルヒに着きし, 時間ストについで, 時間スト指令私鉄の動き, 時間セバスチエーに到る, 時間ダカラ必ズドコカデデモ隊ニ打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, 時間テレビジョンで放送, 時間デスクに向っ, 時間トランクの中, 時間ニ外ノ廊下ヲウロツイテイルノハ予モオカシイ, 時間ネバって来た, 時間忍耐ヲ, 時間ノオ暇ヲ戴イテ歯, 時間ノチ左舷前方ニトツゼン大海魔アラワレ海中ヨリ径一メートルホドノ丸イ頭ヲモタゲ, 時間寝ル, 時間ハ一律ニ八時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃銀, 時間バスにゆられ, 時間パチパチッと人体, 時間ピアノをひき通した, 時間フルに一族郎党ここ, 時間ブッ通したの, 時間ブッ通しの仕事, 時間ブラブラして, 時間ブルタアニュの西海岸, 時間プラットホームで待っ, 時間ベルリンにいた, 時間ホテルに坐るなら, 時間ホド三人デ話シテ帰リカケル様子ダッタノデ, 時間ホド揉メテイタガシマイニオ爺チャンチョットイラシッテ下サイト婆サンガ予ヲ呼ビニ来タ, 時間ホド雑談ヲ交エル, 時間ホームで待つ, 時間ボンヤリ河原に突っ, 時間ムダに考える, 時間モウロウロシテ来タノニ違イアルマイ, 時間モ長キヲ要, 時間ヲ費シテ夕飯前ニ, 時間ねむりの, 時間一しょに勉強, 時間一つ守れない者達, 時間一ルーブリ六十カペイキの煉瓦, 時間一三分である, 時間一世紀もたった, 時間一円で博覧会, 時間一分何秒ノ一, 時間一哩位の速力, 時間一定するが, 時間一寸で宝映画スタヂオ着, 時間一寸よく描けたので, 時間一息にやっ, 時間一日一日であったから, 時間一時間一日一日であったから, 時間一時間半二時間と経つ, 時間一時間計も坐, 時間一杯というとき, 時間一浴して, 時間一生懸命に掘った, 時間一通りの事情, 時間七十マイルという狂速力, 時間七十一時間その長い, 時間七十七哩するの, 時間七十哩を突発, 時間七千ガロンというの, 時間七千キロメートルの早, 時間七時間八時間ということ, 時間七時間労働だから, 時間七里の割合, 時間三〇円という賃銀, 時間三ドルはとる, 時間三ノット三チェーンずつあるきます, 時間三七分となり, 時間三九分に対して著しい長, 時間三五分三〇秒が使用, 時間三十ページの割合, 時間三十三分です, 時間三十五ドルから五十ドル, 時間三十五分六だけ遅れる, 時間三十分前と出, 時間三十分後すなわち三月三日午前七時ごろ, 時間三十四分二着佐々木二時間丗六分で二十五哩, 時間三四海里くらいの速度, 時間三峰からは五時間, 時間三度目はとう, 時間三日と二十三時五十分, 時間三時少しすぎ, 時間三時半に眼, 時間三時帰庵行乞相はよかつ, 時間三時間五時間六時間おくれる, 時間三時間四時間もう夕がた, 時間三時間時はようし, 時間三時間気の向いた, 時間三月の一八四・九時間, 時間三百ページ読んで, 時間三百円ときめた, 時間三里を行く, 時間上人の精神, 時間上人心を維続, 時間上何かに原因, 時間上価値上の差別, 時間上固定されて, 時間上変化しやすき, 時間上手に一寸, 時間下り三時間と見, 時間不意にくだん, 時間世俗的な慣習, 時間丗六分で二十五哩, 時間両方で一週四十五時間, 時間両親だけが彼等一日, 時間中よその課, 時間中会社の中, 時間中何かまだ, 時間中倦怠に倦怠, 時間中前にもきいた, 時間中女事務員が公務, 時間中後ろと話す, 時間中息も絶えだえ, 時間中患者のどんな, 時間中意味なく太鼓, 時間中教員室でお目玉, 時間中教室に一人, 時間中相手になっ, 時間中英語の訳解, 時間中蟹はがさ, 時間中黒板の横, 時間乃ち四月九日年前四時の頃, 時間乗鞍大池小屋に泊っ, 時間九ノットの速力, 時間九分で北極経由モスクワ, 時間九時より十時, 時間九時間になる, 時間乞食はこんき, 時間乾燥させて, 時間事件はお, 時間二シリング分だけネット裏, 時間二フランのきめ, 時間二三分五三秒とし, 時間二三枚の紙, 時間二三海里くらいのもの, 時間二円として一週, 時間二割増し深夜業, 時間二十マイルの速力, 時間二十三浬〇一の速度, 時間二十二時間の夜, 時間二十五分をもって二十日午前八時, 時間二十五時間の優秀機, 時間二十何分の由宿屋以後が受け, 時間二十分デンワもきく, 時間二十哩の速力, 時間二十四マイルの速度, 時間二十時間の汽車旅行, 時間二十時間二十二時間の夜, 時間二十銭の奮発, 時間二時間いつまでたっ, 時間二時間おきに起きてない, 時間二時間ガスははかばかしく, 時間二時間一世紀もたった, 時間二時間三時間この作業, 時間二時間三時間時はようし, 時間二時間二時間半と過ぎ, 時間二時間半と過ぎ, 時間二百円でい, 時間二百時間の由, 時間二里半の速度, 時間二銭の双眼鏡, 時間云わば発生期, 時間五〇分です, 時間五スウで裁縫, 時間五円朝までなら, 時間五分前からソロソロ食堂, 時間五十コペエケンで音楽, 時間五十七分か, 時間五十三哩半だ, 時間五十九分を打破, 時間五年生たちがその, 時間五日間ですね, 時間五時間六時間おくれる, 時間五時間十時間と蒸す, 時間五浬の速力, 時間五町も進めません, 時間五銭盤も駒, 時間交代牛乳支給が行われ, 時間最も長, 時間京都の街, 時間に会っ, 時間人々が話し, 時間人事不省に陥っ, 時間人形のよう, 時間人数文字等のこと, 時間人生から, 時間今年始めての, 時間今日は雪, 時間他所行きの言葉, 時間以上その間に将軍, 時間以上ジッとしてる, 時間以上一人で待つ, 時間以上休みなく働いた, 時間以上余計に朝寝, 時間以上前から火の気, 時間以上労働する, 時間以上喋つてゐた間, 時間以上対談する好, 時間以上弱火で煮ます, 時間以上彼と対話, 時間以上昏睡がつづく, 時間以上杭を取り, 時間以上毎日の勤労, 時間以上気長に煮た, 時間以上湯煮ます, 時間以上湯煎にし, 時間以上睡眠を取らせる, 時間以上経ッテイル筈ダガマダ血壓ガ下ラナイト見エル, 時間以上職場にしばられ, 時間以上腰を落ち着け, 時間以上雪の中, 時間以上骨董の講釈, 時間以下十六歳以下は四時間以下, 時間以内ここに坐っ, 時間以来押えようと, 時間以来胸の中, 時間以来自分をとらえ, 時間仮りに三時間, 時間仮睡するなり, 時間仮睡状態にふける, 時間休まして下さい, 時間休ませて下さいません, 時間休ませれば小僧, 時間休みますと幸い, 時間休めると思ったら, 時間休息一日に一つ, 時間会話の練習, 時間佇立してたと, 時間位ここで死ななけれ, 時間位すべての電車, 時間位づつオルガンを弾く, 時間位ひで行かれる海辺, 時間位サラダ油に漬け, 時間位ヘデもない, 時間位勉強する, 時間位宛おくれちまった, 時間位実験とはとんでもなく, 時間位後のこと, 時間位持續するの, 時間位按摩して, 時間位気長に煮る, 時間位湯煮て, 時間位立往生したよう, 時間位経過して, 時間位行はれた, 時間位親子二人裸でこの, 時間位話をした, 時間位転寝をする, 時間位鏡の前, 時間体中に留まる, 時間体操でもした, 時間何しろ魔術師の, 時間何億時間を消費, 時間何処へいらっしゃいました, 時間何時や知らん, 時間何百円など, 時間何金に当る, 時間余うちで座った, 時間余きょうも二時間近く, 時間余それも平坦, 時間余りジョン少年は漕ぎ, 時間余り何事もなく, 時間余り余りにも颯々, 時間余り別にこれ, 時間余り山中にて停止, 時間余り彼と話した, 時間余り我慢して, 時間余り机に向わなけれ, 時間余り横に搦, 時間余り無駄に遊ん, 時間余り痴呆の様, 時間余り続けた頃ガソリンが, 時間余り道程にし, 時間余り雑談して, 時間余ガタくり馭者, 時間余ドライブして, 時間余ブッ通して, 時間余六時間ほども前, 時間余弱火で煮ます, 時間余昼寝した, 時間余火を弱く, 時間余裕あるの, 時間余話した, 時間作業であって, 時間使わせていただけない, 時間例へば晩飯の, 時間て辛うじて, 時間保ちさらに三十度, 時間保って次に, 時間信吉はホテル, 時間借りにし, 時間を測る, 時間航し, 時間に三秒程度, 時間僅か五町くらいしか進みません, 時間働いてるところを, 時間働かざるを得ぬ, 時間働かせられたらたまったもんでない, 時間働きづめでして, 時間働き通して彼是百年近く, 時間働けばすむ, 時間働こうと汽車, 時間先だってダアバンを出港, 時間先生のところ, 時間入れて置いた, 時間入れられていた, 時間精力あらゆる, 時間八合目の小屋着, 時間八時間ということ, 時間八時間ぢやア, 時間八浬の経済速度, 時間八銭でしかも, 時間公園のあちこち, 時間六分に短縮, 時間六十三時間二十五分をもって二十日午前八時, 時間共に大體, 時間兵士のよう, 時間内外午後は三時頃, 時間再現可能を単に, 時間冷蔵庫に入れた, 時間凝れば一時間, 時間てい, 時間出席したばかり, 時間初歩英会話を主として, 時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃銀, 時間制度よ, 時間制限のため, 時間制限問題賃銀値上げ問題夜業禁止問題等についてもまた, 時間前おれに向っ, 時間前マリユスが見た, 時間前ラスコーリニコフを送っ, 時間前三十分後は三十分後, 時間前不義の外出, 時間前中央ステイションのプラット, 時間前二百名の兵士, 時間前僕はお話, 時間前妻から聞いた, 時間前彼女は畳, 時間前後位でいい, 時間前後左右みんなこの少年, 時間前徒渉しようと, 時間前急に決心, 時間前機密局は例, 時間前水戸も知っ, 時間前私たちはドイツ, 時間前細君と二人, 時間前蜂谷良作と哲学, 時間前金曜の夜, 時間前鞄は巴里, 時間励行に関してはあれ, 時間労働十六歳以下は四時間, 時間労働市民の自由, 時間労働説なん, 時間動きもせず待っ, 時間勘定のうち, 時間勞働でどうやら, 時間勞働法のごときが, 時間勞働要求の時, 時間むれば, 時間勤務十二時間休息一日に一つ, 時間勤務時間すらが彼女, 時間勵行の日課, 時間北条より筑波町, 時間北海の波, 時間区切って一日二人位, 時間十マイル以下の割合, 時間十一ドルの料金, 時間十一二浬を走っ, 時間十一時間というの, 時間十三分の長考ぢや解説, 時間十三時間ずつ三日間, 時間十二時間と働かされ, 時間十二時間働らかせられる勤労婦人, 時間十二里の割合, 時間十五ノットの速力, 時間十五分の後命令された通り, 時間十五分十二秒二着は髯将軍, 時間十五分立ちん坊いたしましたそして, 時間十五浬ほどの速力, 時間十五粍に達する, 時間十八節の船, 時間十六マイルを走り, 時間十円である, 時間十分とって, 時間十分位の距離, 時間十時ごろからそろそろ, 時間十時十五分を示し, 時間十時半乃至十一時, 時間十時間と蒸す, 時間十時間平気で生存, 時間十法なら日本金, 時間十海里くらい, 時間十銭で特別, 時間午前と午後, 時間午後にし, 時間午後一時半の自動車, 時間午後一時間人形のよう, 時間午後一時頃から四時半頃, 時間午後九時三十一分発にて神戸, 時間午後五時五十五分発の汽車, 時間午後六時十一分あなた方の幾, 時間午睡ヲシ, 時間半おきには起され, 時間半ぐらゐどつち, 時間半ぐらゐは昼寝をします, 時間半そこを出る, 時間半その間に一作家, 時間半ばに飛び出し, 時間半もとぢ込められた, 時間半マイクを通じて名, 時間半ルーブルという謝礼, 時間半一二度は三時間餘, 時間半三ルーブリをもう, 時間半三窓より小, 時間半上りは六時間半, 時間半五時半頃迄裸, 時間半以上毎日必ず和文英訳, 時間半余りもプラスビイユ, 時間半俥ざっと二時間, 時間半八百や魚, 時間半其に狂言, 時間半十二時にロンドン, 時間半十五度小便をした, 時間半噴出したとして, 時間半土浦より北条, 時間半夕食が終っ, 時間半往復では一日仕事, 時間半後亀之介, 時間半日でもおとなしく, 時間半橇だと, 時間半留萌本線の終端駅, 時間半発焔噴霧器を働かしつづける, 時間半経過して, 時間半經ても中, 時間半舟賃二十五錢最も簡易, 時間半許で帰っ, 時間半車の中, 時間半近くかかって, 時間半道程三里にし, 時間半関谷座てふ, 時間半雁峠から雁坂峠, 時間半青森より函館, 時間半餘に及ぶ, 時間南下したところ, 時間厚狭二時間それだけの, 時間参詣がある, 時間又は数日前に, 時間及川先生と僕たち, 時間取り留めのない, 時間にされた, 時間口先で喋る, 時間古賀は自分, 時間で終る, 時間叱り飛ばすような, 時間度三つは, 時間各室を封鎖, 時間合せて十三時間以上, 時間同じ場所で, 時間向うにいる, 時間吹くならばなお, 時間呑みつづけでしたからね, 時間和助は六郷川, 時間問題解決の尺度, 時間をつきました, 時間四五時間本気の読みもの, 時間四仙の増給, 時間四六分二二秒とした, 時間四分の三だけ長い, 時間四十五分で着い, 時間四十何分とか, 時間四十分の長いもの, 時間四十分の労働時間中は一分, 時間四十分の差を利用, 時間四十分の長篇澱みなく行っ, 時間四十分一分の遅刻もなく, 時間四十分後に沈んだ, 時間四十時間その上, 時間四時間もう夕がた, 時間四時間二時間となつ, 時間四時間自動車はまだ, 時間四浬は走り, 時間四百五十粁で一万八千粁, 時間回復の休息, 時間因果律もやはり, 時間図書館で勉強, 時間の上, 時間土木業をやっ, 時間地上の生活, 時間均一ね, 時間坐らされたつけ, 時間坐り込まれるか判らない, 時間基準の労働日, 時間場所監督等いろいろ条件つき, 時間場所等の打合せ, 時間増すための, 時間増六の二階, 時間のご, 時間壱円で淋しかっ, 時間売っている, 時間変数として導き入れます, 時間外れの朝餐, 時間外労働強化がつい, 時間外勤めは一ヶ月中, 時間外取扱料をせしめ, 時間外界の動き, 時間外苑の透明, 時間外茶一つのめないの, 時間外規定の時, 時間外賃銀は二割増, 時間多少の準備, 時間夜具の中, 時間夜昼の爆撃, 時間夜興行四時間半其に狂言, 時間よりは一層, 時間夢うつつの状態, 時間大体毎日いること, 時間大天才にする, 時間大抵のひと, 時間大洋の波, 時間大約十五分間ばかりなるべし, 時間大衆と讀物, 時間太陽の恵み, 時間奮闘して, 時間女の子の裸, 時間女中達は休息, 時間女八時間の社会的, 時間女子が八時間, 時間と二人, 時間娘たちの登校時間, 時間子供はそういう, 時間存在としての人間, 時間季節上流中流下流他の釣り人, 時間学生に教授, 時間安臥させる事, 時間定めて看守, 時間宛日本美術史を講じ, 時間実に堪え難い程, 時間実働八時間午前と午後, 時間の中, 時間室内をあちこち, 時間家事の相間, 時間宿屋の汚い, 時間寄港の船員, 時間寒汐に漂うたら, 時間窓より, 時間小さな流れが, 時間小梅橋というところ, 時間小樽の埠頭, 時間尚早のため運転手等, 時間尺度がわれわれ, 時間居すわってなんと, 時間居ることを, 時間山伏を困らし, 時間に腰かけ, 時間巨大な桃尻, 時間希望の六十分, 時間帰らないからといっ, 時間帰りに十一時間, 時間帰宅時間娘たちの登校時間, 時間念へ, 時間ったくいえば, 時間平均五哩以上進行する事, 時間幾らです, 時間庄吉から聞かされた, 時間で執務, 時間座敷の窓, 時間座標までが変換, 時間座標一つとこの, 時間弁当を四食分, 時間引き回されるのは, 時間引き続いて床石, 時間で右, 時間弱火で煮ます, 時間の間隔, 時間強要された, 時間当方娘十六歳ケンブリッジ大学生を求む, 時間当時に於, 時間当番掃除当番を決め, 時間形成的な三要素, 時間は身動き, 時間彼女に会い, 時間彼等は互に, 時間待たされたわけだ, 時間待たされるかも分らない, 時間待たされるだろうと思った, 時間待たせた手前も, 時間待たせるつもりな, 時間待たなくてはならない, 時間待ちましたわと本, 時間待ったか, 時間待つたつてこんな, 時間待飽倦んで, 時間後クラヤミの氷川町, 時間後タイタニックが沈没, 時間後デアッタカマタ違ッタ夢ヲ見, 時間後一人残らず食堂, 時間後上海は平穏, 時間後亀吉は何, 時間後事件の現場, 時間後二人の同乗, 時間後二時間後のうち, 時間後仁吉が弁当, 時間後僕は岡山, 時間後僕等はベンチ, 時間後十分後に生命, 時間後四時に交代, 時間後女は一人, 時間後座を立ちかける, 時間後彼は娘, 時間後数時間後または数日後, 時間後朝酒に彼, 時間後杉村は元気, 時間後東が白む, 時間後炯々たる眼光, 時間後町を歩い, 時間後白骨になった, 時間後自分の室, 時間後陰気に炉, 時間従って物理学的時間, 時間從つて客觀的時間においては現在, 時間復えりが十時間, 時間微睡むつもりで, 時間に征服, 時間心労にし, 時間快い海上であった, 時間思い続けて来た, 時間怠けものにとつて, 時間に時計, 時間急ぎで眼, 時間性外に向, 時間性從つて時の無, 時間性時の不可逆性, 時間性質より推理, 時間患部に接し, 時間七兵衛景清なら, 時間悪寒をおぼえる, 時間意識等が検討, 時間感傷の色, 時間る港町, 時間戸塚へ一寸, 時間戻れば信号手, 時間所定の場所, 時間手紙を書く, 時間手間が掛かる, 時間手間取っていたら, 時間通し十六荘, 時間打ちくつろいで雑談, 時間打っ通しの, 時間打合せしてる間, 時間に就, 時間投げ出してる仕事駄目に, 時間抜きにつらねる, 時間押しても引い, 時間拘束されるの, 時間拜見しようと, 時間拭きすました紫檀の, 時間持たせられたのさ, 時間持たせるのには, 時間持って貰おう, 時間持参の本, 時間指示に達する, 時間授業だったの, 時間掛からなければ終らんです, 時間掛かりました昼の, 時間掛って書く, 時間掛るだらう後先を, 時間換言すれば, 時間をした, 時間支那人が唾, 時間ッぽ, 時間放っておかれたら, 時間放送する, 時間教えてやった, 時間教えれば二三, 時間教育をうける, 時間数減少のため, 時間数等の関係, 時間もさまで, 時間文士になろう, 時間料金は御, 時間方向留任問題ヲ解決ス, 時間旅行がここ, 時間既に早くグラウンド, 時間日数百幾日とにかく始め, 時間早う着いても, 時間早ければそこ, 時間早めに吩咐, 時間早目に行き着く, 時間明朝起きてからの, 時間昏睡に落ちる, 時間の懶, 時間春夏秋冬口論の絶え間, 時間は炊事場, 時間はようし, 時間時に一時間も, 時間時には一時間半は, 時間暗くして, 時間暮らしていた, 時間曝されて得た, 時間書きつづけることは, 時間書けば一カ月六十万字, 時間書庫の中, 時間書類とハンコ, 時間最中にさえも時々そっと, 時間月給同僚恋愛と結婚, 時間朝子の生活, 時間木蔭でやすみ, 時間末吉で一時間行乞, 時間の講義, 時間本気の読みもの, 時間にもたれ, 時間来れば川, 時間東京にいる, 時間東郷町一時間行乞それから水, 時間椅子にもたれ, 時間植物とにらめ, 時間構はずですから, 時間構成をする, 時間横ッ腹の痛く, 時間橘丸だと, 時間正しさと, 時間正午といふの, 時間正明市二時間飯米煙そしてそれ, 時間此処の食堂, 時間歩かなければならない, 時間死にもの狂いの, 時間死ぬような, 時間死んで長生, 時間殆ど探す手間, 時間残ることが, 時間毎時間そんな風, 時間気イにし, 時間気付かれぬ程度の, 時間水上にいた, 時間水中に浸す, 時間水底に潜ん, 時間氷雪の間, 時間決めで暫く, 時間汽笛を吹く, 時間沈默反省したとき, 時間沸らせやわらかく, 時間治療して, 時間沿道の田園, 時間泳いでいた, 時間流石の後藤新平氏, 時間浄瑠璃を稽古, 時間捜したり, 時間消えても彼ら, 時間深川という駅, 時間済んでしまう, 時間湖水の面, 時間湯殿から一歩, 時間満足に睡眠もとつて, 時間航による, 時間滑ったわけだ, 時間滞留しただけ, 時間演奏しなければ, 時間演説したと, 時間灼熱して, 時間無限の空間, 時間を越し, 時間焼きますが焼く, 時間焼き続けたのだ, 時間煮つめた上献った, 時間煮る中で, 時間煮出してスープ, 時間煮詰めて出来上った, 時間煮通してシチュウ, 時間熱心に耳, 時間燃えてやがて, 時間燃えるかなどといろんな, 時間燃料等の複雑, 時間燃焼したもの, 時間も食べず, 時間特に過去は, 時間特別講演をした, 時間犯行を遂げる, 時間現象を計数, 時間現象学的時間それが純粋, 時間甚だしきに至つて, 時間生存して, 時間生徒の進退, 時間生活の統一, 時間ふと二割方光度, 時間用意それぞれが評論, 時間用紙印刷並に費用, 時間男達の眼, 時間で過ごした, 時間町田へも二時間, 時間から解放, 時間で過す, 時間留って自分, 時間留守番に来, 時間留置場の内, 時間番組のテレビ, 時間病みついてなおらない, 時間病人と二人ぎりで, 時間痛むので困る, 時間発つのが, 時間登って見, 時間發展歴史などいふ, 時間百キロの速度, 時間百二十回でやっと, 時間百海里前後の大, 時間百頁のスピード, 時間的ゆとりさえもなくなり, 時間的ゆとり人的条件を刻々, 時間的デティルの上, 時間的一致は世界産業, 時間的不合理について説明, 時間的世俗的の存在, 時間的並に空間的, 時間的充実が画家, 時間的分布等についてはなかなか, 時間的分配を少し, 時間的切迫の表現, 時間的制約を超越, 時間的割合いかんによって感覚, 時間的動作の根源, 時間的区別と異, 時間的単位例えば一日, 時間的可逆性重複性などの自由性, 時間的墮罪といふ, 時間的存在そのものも創造, 時間的実在である以上, 時間的客體として永遠, 時間的展開が無限, 時間的延長や時間的位置, 時間的径路とは多く, 時間的律動とその, 時間的從つて超時間的, 時間的恒久性という点, 時間的意味にも社会的有用性, 時間的把握に関係, 時間的拡りを, 時間的持續を考へない, 時間的時間観が歴史的時間感, 時間的本質について, 時間的条件を有, 時間的構成でなく視覚, 時間的歴史的推移の必然性, 時間的永続性がない, 時間的永遠的なるもの, 時間的永遠的神的と成る, 時間的環境だ, 時間的生活が一切無茶苦茶, 時間的発展形態を示し, 時間的発達に基く, 時間的空間としてそこ, 時間的空間的分布の片影, 時間的空間的制約を受ける, 時間的空間的微分係数が小, 時間的空間的週期をもって交代, 時間的終局を認めない, 時間的経路のその間, 時間的継起を指摘, 時間的綜合が悟性, 時間的綜合態はこの, 時間的繰り返しの精神的エネルギー, 時間的繼起の關係, 時間的背景を明, 時間的蓄積に相当, 時間的行爲の罪惡性, 時間的表象ということ, 時間的規定によるもの, 時間的距離感に基く, 時間的逼迫性を効果的, 時間的部分的なもの, 時間的音樂的の美, 時間に入れた, 時間目ぐらゐになつてやうやく彼の喋つて, 時間目ころからだんだん, 時間目剣道の時間, 時間目型をちよ, 時間目毎十五分目毎の鐘, 時間目的地へ着く, 時間目英語の試験, 時間直後のこと, 時間直立不動の姿勢, 時間相手は色々, 時間眞面目な活動, 時間真直ぐの里程, 時間真面目な活動, 時間て起きる, 時間眠つたのだらう, 時間眠つた後で傷口, 時間眠つてゐたの, 時間眠つて跡で十二時間, 時間眠りましたよ, 時間眠れた次の, 時間眠れるのか, 時間睡りじありん, 時間睡眠平均または時に, 時間睨み合っていた, 時間睨み合つてゐたが, 時間短縮競争となり, 時間のごとく動か, 時間研究を示唆, 時間社会芸術などの領域, 時間神学的時間そして物理学的時間, 時間秘密に話しこむ, 時間程かと思う, 時間程しか経たない, 時間程ずつ夕刊を, 時間程と推定された, 時間程後パノラマ館の入口, 時間程後大江蘭堂と怪画家黒瀬, 時間程間を置い, 時間種類優劣等によつて, 時間稼ぎに過ぎなかった, 時間稽古を授かり, 時間空中に留まった, 時間空腹を先, 時間空間上における偶然的連結, 時間空間人に由っ, 時間空間個人以上である個人, 時間空間個人等の形式, 時間空間的なもの, 時間空間的世界形象から抽象的, 時間空間的事実としては知る, 時間窮屈をする, 時間立たされたのである, 時間立たせろと言っ, 時間立たぬうちに, 時間立ちよって喋っ, 時間立番をし, 時間竝びに空間, 時間竹輪で三杯, 時間笑顔を作っ, 時間で名高い, 時間算出なんか小学生, 時間算定の実用価値, 時間節約したかったのみ, 時間精力の浪費, 時間精霊殿たった半, 時間糟味噌に漬け, 時間て馬耳, 時間経たねば元, 時間経たろうか時計台, 時間経ったでしょう水の, 時間経つたと思ふ, 時間経つたら完了だ, 時間経てば青木, 時間経とうが何日, 時間経過ったか眼, 時間統制といふもの, 時間絶対に水, 時間經つて家内が髮結さん, 時間継続して, 時間続いたのか, 時間続いたら自分は, 時間続けた後に, 時間綿密極まる調査, 時間緊張のしつ, 時間縫い物をした, 時間繰り上げて二時半, 時間置いた後に, 時間置いといたならばお, 時間置きますとお, 時間美しく燈の, 時間美女坂道を通らぬ, 時間考えごとをし, 時間考へた處を, 時間聞きなれた僕の, 時間聴けるんだ, 時間職務上には変わり, 時間いて, 時間をさらした, 時間をかけた, 時間を交え, 時間自修させられる, 時間自動車はまだ, 時間自由な教育, 時間舞踏会の時間, 時間船頭案内人賃金釣果を書い, 時間芝生の上, 時間若い詩人と, 時間若くは其以上, 時間若しかすると, 時間苦い顔し, 時間苦しみ続けた後に, 時間草木も眠る, 時間の落ちた, 時間蒸してもよろしゅう, 時間薄暮の状態, 時間行くと大町, 時間行った時我々は, 時間行乞すつかりくたぶれたけれど, 時間行乞やつと食べ, 時間行乞今日はまた, 時間行乞例の石豆腐, 時間行乞宿に帰つて, 時間行乞行乞相は悪く, 時間行乞近来にない, 時間を歩いた, 時間表出帆日程或はクツク, 時間被害者と被告人, 時間裁縫工場で働かなけれ, 時間西洋史の先生, 時間ても興味, 時間見ただけです, 時間見とかなきやならん, 時間見当らずああ俺, 時間見物したが, 時間見物席に縛りつけ, 時間規定との内部的, 時間親方の頭, 時間が歴史的時間感, 時間観客を退屈, 時間観念欠乏症の代表, 時間解放と休息, 時間も坐, 時間計器とする, 時間計測の目的, 時間計算して, 時間託児所からあふれる, 時間訪問を許す, 時間評価の実験的研究, 時間話し合っても疲れる, 時間語学に没頭, 時間読み続けたあとで, 時間読めば一冊, 時間読書のため, 時間もその, 時間課することに, 時間課外が二時間, 時間調べ物とか会合, 時間諭吉はあるい, 時間議員食堂で待つ, 時間議論をし, 時間さいなまれるまでの, 時間責任のない, 時間買物にでも出かけなけれ, 時間費す事さえも, 時間費用の関係, 時間賃金勉強する条件, 時間走り続けるとして五百哩, 時間足らず乘つてゐると, 時間足らず顔を見せれ, 時間踏みとまった人々の, 時間を隠し得た, 時間身じろぎもせず, 時間転換の問題, 時間輪講が当る, 時間辛棒する覚悟さ, 時間迄をどうして暮さう, 時間近くゆーもあ, 時間近くコニャックを傾け, 時間近くベンチの上, 時間近く吉岡の話相手, 時間近く坂道をゆられ, 時間近く散歩して, 時間近く暇がある, 時間近く水押に水, 時間近く火鉢の前, 時間近く爐に坐, 時間近く警官は膝, 時間近く連続的に低温室内, 時間近く馬に揺られなけれ, 時間近しとてもよき, 時間近づくモロー彗星の, 時間近代的な無限進行, 時間迫り序幕連中は, 時間逆行の視野, 時間途中相当人口, 時間通り分量通りに乳, 時間通り到着して, 時間通り営業すること, 時間通り始めるわけは, 時間通り豫習をやつ, 時間逢っていた, 時間逢った後夕方別々に, 時間連続存在の問題, 時間連続観測をもう, 時間進めて四時半, 時間進んでいたらしい, 時間進駐を延期, 時間る, 時間遅れたとしても乙, 時間遅刻したので, 時間遅延して, 時間遅滞させられた, 時間運動場のすみ, 時間過ぎた処が, 時間過ぎないと泡立てる, 時間過ぎる二時間過ぎる, 時間過てもまだ, 時間は少し, 時間道場の方, 時間違わず例の, 時間違わず出やがるし小便, 時間遲らせて, 時間部分に対しては特有, 時間都合六時間以内の行程, 時間配置の具合, 時間配達するから, 時間が切れる, 時間酒精等に漬け, 時間釜山まで十時間, 時間の眠り, 時間銀座へ出る, 時間銭四銭米四合あまり功徳を戴いた, 時間に向っ, 時間長い貴重な, 時間長きは三十四年, 時間長広舌はさらに, 時間長生をし, 時間際だつた, 時間間違えている, 時間間違えられても腹, 時間関係雷鳴の音響, 時間の領域内, 時間關係を不可能, 時間附けなどを見, 時間降水の形態等, 時間隔てて前触れ, 時間の時間, 時間寮は, 時間雜談に過ごしける, 時間である, 時間電話をかけ, 時間の晴れる, 時間の中, 時間青森にい, 時間頂上より三窓, 時間頃山上には闇, 時間に並べ, 時間預けては下さるまい, 時間を出し, 時間はたえまなく吹き, 時間飛んでからその, 時間飛行でジャビー, 時間飛行機を使わし, 時間食っちまった書き上るとホッ, 時間食事入浴も物差, 時間食物を与えない, 時間飯米煙そしてそれ, 時間飯能についた, 時間飲み通すのが, 時間餘走つて汽車は狩勝驛, 時間馬鹿話に花, 時間駅附近を行乞, 時間駈出して行っ, 時間りました, 時間體系の内部, 時間薄き老, 時間黒板の前, 時間黒百合平という草原, 時間黙って石, 時間黙坐して